2022/05/25 更新

写真a

ヤマダ ヒロシ
山田 宏
YAMADA Hiroshi
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 5

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院生命体工学研究科 生体機能応用工学専攻
職名
教授
メールアドレス
メールアドレス
外部リンク

研究キーワード

  • 医用生体工学・生体材料学

  • 機械材料・材料力学

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 材料力学、機械材料

  • ライフサイエンス / 生体材料学

  • ライフサイエンス / 生体医工学

出身学校

  • 1984年03月   名古屋大学   工学部   機械学科   卒業   日本国

出身大学院

  • 1989年03月   名古屋大学   工学研究科   機械工学専攻   博士課程・博士後期課程   単位取得満期退学   日本国

取得学位

  • 名古屋大学  -  工学博士   1990年03月

学内職務経歴

  • 2014年04月 - 現在   九州工業大学   大学院生命体工学研究科   生体機能応用工学専攻     教授

学外略歴

  • 1994年06月 - 2001年03月   名古屋大学   講師   日本国

  • 1989年04月 - 1994年06月   名古屋大学   助手   日本国

論文

  • Mechanical characterization of dissected and dilated human ascending aorta using Fung-type hyperelastic models with pre-identified initial tangent moduli for low-stress distensibility 査読有り 国際誌

    Bhat S.K., Yamada H.

    Journal of the Mechanical Behavior of Biomedical Materials   125   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Ascending aortic dissection (AD) is a potentially fatal vascular disease associated with degradation and fragmentation of the elastic fibers in the aortic media, increasing low-stress distensibility, and a dilated aorta may lead to dissection. In this study, a Fung-type hyperelastic model was formulated incorporating the initial tangent moduli (ITM) of stress–strain curves as an index of low-stress distensibility. ITM were correlated with the material constants by linearizing incompressible stress–strain relationships at zero strain. For uniaxial loading tests, the robustness of the material constants was examined in the stress ranges of 0–200, 0–180, and 0–160 kPa and to the ITM values of 100%, 95%, and 90%. Examination revealed stable changes in the material constants of 80% of the specimens. For equibiaxial stretch tests, the material constants were determined for each curve of the isotropic and anisotropic deformation groups by pre-identifying the ITM and minimizing fitting errors using isotropic or anisotropic models. The errors for all groups were <6% using a transversely isotropic model, and <10% for an orthotropic model. Comparisons with experimental curves showed that Fung-type models described both the ITM and significant stiffening at high stress levels. The mechanical characteristics of the aorta in the stage prior/posterior to dissection is such that while hardening occurs under both low- and high-stress levels with an increase in collagen content as an aging response, softening occurs under low-stress conditions due to histological abnormalities such as elastin deficiency and fragmentation. Numerical simulations using Fung-type models implied that elastic fiber degeneration and fragmentation in AD tissues reduced not only the low-stress stiffness but also the elastic stiffness with superimposed shear. The latter stiffness was modulated by the stiffening at high stress levels in tensile deformation behavior and normal-strain state under physiological loading conditions, and therefore provides further insight into wall rupture.

    DOI: 10.1016/j.jmbbm.2021.104959

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85119209269&origin=inward

  • 褥瘡の発症・予防に関わる力学的因子の評価 招待有り

    山田宏

    非破壊検査   70 ( 4 )   158 - 164   2021年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Measurement and finite element analysis of the load-dependent pressure redistribution behavior of various types of mattresses 査読有り

    Fuwa Y., Hasan W.Z.W., Yamada H.

    Journal of Mechanics in Medicine and Biology   20 ( 5 )   2020年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Load dependence must be kept in mind when evaluating mattress pressure redistribution, to prevent the development of pressure ulcers at bony prominences. However, there is no standardized method for analyzing load-dependent behavior after mattress pressure redistribution. In this study, a portable palmtop device with a simple load-sensing mechanism was developed for measuring the mean pressure exerted by a protruding shaft surrounded by a disc on low-resilience polyurethane (LRPu) foam, latex foam, coconut fiber and latex (CFL) mattresses, as well as polyurethane (Pu) foam bed and an LRPu foam mattress laid on a bed. Finite element (FE) analysis was used to analyze deformation and contact pressure in detail. The pressure redistribution was greatest for the LRPu foam mattress, and excessive compression was avoided by using an underlay made of stiff Pu foam. FE analysis revealed that the contact pressure increased significantly near the outer circumference of the protruding shaft and the surrounding disc. Significant nonuniformity in pressure was evident, according to the edge and bottom geometry of the device. The measurements and FE analysis revealed load-dependent pressure redistribution behavior, which should allow mattresses to be tailored on an individual basis.

    DOI: 10.1142/S0219519420500311

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85091157593&origin=inward

  • Identification of uniaxial deformation behavior and its initial tangent modulus for atheromatous intima in the human carotid artery and thoracic aorta using three-parameter isotropic hyperelastic models 査読有り

    Bhat S.K., Sakata N., Yamada H.

    Journal of Mechanics in Medicine and Biology   20 ( 3 )   2020年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2020 World Scientific Publishing Company. Uniaxial stretching tests are used for mechanical identification of small fibrous regions of atheromatous arteries. Material constants in isotropic hyperelastic models are determined to minimize the fitting error for the stress-strain curve. We developed a novel method to better characterize the material constants in typical forms of Yeoh, Ogden, Chuong-Fung (CF) and Gasser-Ogden-Holzapfel (GOH) isotropic hyperelastic models for fibrous caps and normal intimal layers from human carotid artery and thoracic aorta by incorporating Young's modulus, i.e., the initial tangent modulus of uniaxial stress-strain relationships, as one of three material constants. We derived a unified, isotropic form for the anisotropic exponential-Type strain energy density functions of CF and GOH models. The uniaxial stress-strain relationship equations were expanded to Maclaurin series to identify Young's modulus as a coefficient of the linear term of the strain and to examine the roles of the material constants in the nonlinear function. The remaining two material constants were determined by curvefitting. The incorporation of Young's modulus into the CF and GOH models gave reasonable curvefitting, with errors <10%, whereas large errors (>10%) were observed in one case for the Yeoh model and in two cases for the Ogden model.

    DOI: 10.1142/S0219519420500141

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85084917787&origin=inward

  • High Salt intake worsens aortic dissection in mice: Involvement of IL (Interleukin)-17A-dependent ECM (extracellular matrix) metabolism 査読有り

    N. Nishida, H. Aoki, S. Ohno-Urabe, M. Nishihara, A. Furusho, S. Hirakata, M. Hayashi, S. Ito, H. Yamada, Y. Hirata, H. Yasukawa, T. Imaizumi, H. Tanaka, Y. Fukumoto

    Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology   40 ( 1 )   189 - 205   2020年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1161/ATVBAHA.119.313336

    Scopus

    PubMed

  • Finite element modelling of a bulging behavior in a cerebral artery with dissection 査読有り 国際誌

    S. K. Bhat, H. Yamada, N. Sakata

    CMBE19 Proceedings, 6th International Conference on Computational & Mathematical Biomedical Engineering   838 - 841   2019年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Application of finite element analysis on balloon expandable coronary stents: A review

    Bekal C., Yamada H., Shetty R., Shenoy S.

    International Journal of Engineering and Technology(UAE) ( Science Publishing Corporation Inc )   7 ( 3 )   1640 - 1647   2018年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    © 2018 Chandrakantha Bekal et. al. Numerical analysis of complex physical environment continues to be preferred over "build and test" approach in product development process. Finite Element Analysis (FEA) of coronary artery stenting is studied and researched worldwide for many years. Potential of using FEA for mimicking in-vivo is high as experimental test is ruled out for variety of reasons. This review aims at discussing issues and challenges of numerical simulation based on part of available literature on usage of FEA techniques for investigating behavior of balloon expandable (BE) coronary stents inside artery. Literatures of past 16 years of study on the structural analysis is summarized and potential issues for research is discussed. Study tries to investigate deployment characteristics and biomechanical response of artery post stenting and significance of non-physiological conditions induced. Effects of geometrical parameters, simulation strategies are summarized. Study mainly underscores the potential challenges of reliable numerical investigation. Scope of FEA in predicting contributor for in-stent reste-nosis (ISR), a major drawback of stenting procedure, by correlating the engineering aspect of stent design and its clinical significance supported by clinical trials are highlighted. Study is expected to serve as qualitative assessment for cardiologists to minimize procedural failure and quantitative tool for the designers for stent optimization.

    DOI: 10.14419/ijet.v7i3.13845

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85068887230&origin=inward

  • Finite element analysis of a rupture-induced deformation of a carotid atherosclerotic plaque with intraplaque hemorrhage 査読有り

    ESMAEILI MONIR Hamed, SENJU Omi, OGATA Toshiyasu, INOUE Tooru, SAKATA Noriyuki, YAMADA Hiroshi

    Journal of Biomechanical Science and Engineering   13 ( 1 )   17-00436   2018年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>Intraplaque hemorrhage (IPH), bleeding in a plaque, is caused by a neocapillary rupture in an atherosclerotic plaque. We used contrast-enhanced ultrasonography to diagnose carotid atherosclerotic plaques before carotid endarterectomy (CEA), a surgical operation to remove an arterial intimal layer including a plaque lesion. We found lumenward (inward) deformation in some cases of ruptured plaques with IPH. The aim of this study was to evaluate the mechanical effects of infiltrated blood in the lipid core on the luminal shape of the ruptured plaque in the short-axis view. We created a finite element model of a carotid artery bifurcation with a ruptured plaque based on a sample obtained from CEA. As physiological loads, we assigned pressures on the surfaces of the lumen and the lipid core, the sum of a gradual pressure drop in the artery obtained from computational fluid dynamics analysis and a uniform pressure, and a constant longitudinal stretch. In the simulation, the fibrous cap in the ruptured model became almost flat in the short-axis view with lumenward deformation, being less deformed than that observed in ultrasonography. The simulation results show that inward deformation of the fibrous cap is correlated with an equal pressure in the lumen and the lipid core. In comparison, a hyperelastic model of soft unruptured plaque reproduced a round lumen. A better understanding of contrast-enhanced ultrasonography images from a mechanical perspective may facilitate the morphological identification of plaque rupture with IPH.</p>

    DOI: 10.1299/jbse.17-00436

    Scopus

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130006247203

  • Skin stiffness determined from occlusion of a horizontally running microvessel in response to skin surface pressure: a finite element study of sacral pressure ulcers 査読有り

    H. Yamada, Y. Inoue, Y. Shimokawa, K. Sakata

    Medical & Biological Engineering & Computing   55 ( 1 )   79 - 88   2017年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/s11517-016-1500-2

    Scopus

    PubMed

  • Assessment of the relationship between deformation characteristics and the presence of calcification in human atheromatous plaques using uniaxial stretching evaluations with digital image correlation, CT scanning and histological examination 査読有り

    H. Esmaeili Monir, H. Yamada, N. Sakata, Y. Morita, Y. Nakashima

    Journal of Biomechanical Science and Engineering   11 ( 3 )   15-00611   2016年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1299/jbse.15-00611

    Scopus

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jbse/advpub/0/advpub_15-00611/_article

  • 力学試験と超弾性モデルの適用によるウレタンフォームマットレスの骨突起部圧分散メカニズムの解明 査読有り

    井上仁瑛,山田宏

    バイオメカニズム   23   233 - 242   2016年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Age-related distensibility and histology of the ascending aorta in elderly patients with acute aortic dissection 査読有り

    H. Yamada,N. Sakata,H. Wada,T. Tashiro,E. Tayama

    Journal of Biomechanics   48 ( 12 )   3267 - 3273   2015年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.jbiomech.2015.06.025

    Scopus

    その他リンク: http://www.jbiomech.com/article/S0021-9290(15)00363-2/abstract

  • A nonlinear finite element simulation of balloon expandable stent for assessment of plaque vulnerability inside a stenotic artery(共著) 査読有り

    A. Karimi, M. Navidbakhsh, H. Yamada, R. Razaghi

    Medical & Biological Engineering & Computing   52 ( 7 )   589 - 599   2014年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/s11517-014-1163-9

    Scopus

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s11517-014-1163-9

  • Reconstruction of small diameter arteries using decellularized vascular scaffolds(共著) 査読有り

    Y. Nagaoka, H. Yamada, T. Kimura, A. Kishida, T. Fujisato, K. Takakuda

    Journal of Medical and Dental Sciences   61 ( 1 )   33 - 40   2014年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Scopus

    その他リンク: http://lib.tmd.ac.jp/jmd/6101/05_Nagaoka.pdf

  • Low pressure condition of a lipid core in an eccentrically developed carotid atheromatous plaque: A static finite element analysis(共著) 査読有り

    H. Yamada,N. Sakata

    Journal of Biorheology   27 ( 1 )   9 - 17   2013年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/s12573-012-0051-x

    Scopus

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s12573-012-0051-x

  • 基質伸展下の内皮細胞底面における変位場の微視的解析(共著) 査読有り

    高嶋一登, 山田 宏

    日本バイオレオロジー学会誌   26 ( 3 )   109 - 112   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.11262/jpnbr.26.3_109

    CiNii Article

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jpnbr/26/3/26_109/_article/-char/ja/

  • Abaqusによる血管・細胞の変形挙動解析

    山田宏

    バイオメカニズム学会誌 ( バイオメカニズム学会 )   34 ( 2 )   157 - 163   2010年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Correlation between stress/strain and the retention of lipoproteins and rupture in atheromatous plaque of the human carotid artery: A finite element study(共著) 査読有り

    H. Yamada,K. Yuri,N. Sakata

    Journal of Biomechanical Science and Engineering   5 ( 4 )   291 - 302   2010年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

    DOI: 10.1299/jbse.5.291

    Scopus

    CiNii Article

  • Three-dimensional morphometry of single endothelial cells with substrate stretching and image-based finite element modeling 査読有り

    H. Yamada,N. Mouri,S. Nobuhara

    EURASIP Journal on Advances in Signal Processing   2010   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

    DOI: 10.1155/2010/616091

    Scopus

  • Finite element models with dense focal adhesions reproduce the deformation of an endothelial cell under substrate stretching 査読有り

    山田 宏

    Proceedings of the 4th Asian Pacific Conference on Biomechanics   279 - 280   2009年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    New Zealand   Christchurch   2009年04月14日  -  2009年04月17日

    主要論文集(会議)

  • The effect of temperature on the morphology of fibroblasts in a collagen gel in nutrient-free medium 査読有り

    H. Yamada,S. Nobuhara,S. Miyata

    Proceedings of the 5th International Conference on Information Technology and Applications in Biomedicine   539 - 540   2008年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    China   Shenzhen   2008年05月30日  -  2008年05月31日

    Scopus

  • Hardening of the porcine thoracic aorta subjected to freezing and thawing: Experimental evaluation and mathematical modeling 査読有り

    H. Yamada,K. Yasuno,K. Fujisaki,H. Ishiguro

    Proceedings of the First ASME Micro/Nanoscale Heat Transfer International Conference   2008年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Taiwan   Tainan   2008年01月06日  -  2008年01月09日

    主要論文集(会議)

    Scopus

  • Orientation of apical and basal actin stress fibers in isolated and subconfluent endothelial cells as an early response to cyclic stretching 査読有り

    H. Yamada,H. Ando

    Molecular & Cellular Biomechanics   4 ( 1 )   1 - 12   2007年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

    Scopus

  • A simple method of estimating the stress acting on a bilaterally symmetric abdominal aortic aneurysm 査読有り

    H. Yamada,Y. Hasegawa

    Computer Methods in Biomechanics and Biomedical Engineering   10 ( 1 )   53 - 61   2007年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

    Scopus

  • Three-dimensional finite element modeling of a vascular endothelial cell based on confocal microscopic images at unstretched and stretched states 査読有り

    H. Yamada,Y. Takahashi

    Proceedings of the Second Asian Pacific Conference on Biomechanics   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Taiwan   Taipei   2005年11月23日  -  2005年11月25日

    主要論文集(会議)

  • Effects of actin binding and substrate deformation on the array of actin filaments in an endothelial cell under cyclic stretch: Numerical simulation study 査読有り 国際誌

    H. Yamada, H. Ando

    Proceedings of the 2005 Summer Bioengineering Conference   653 - 654   2005年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2005年06月22日  -  2005年06月26日

    Scopus

  • Evaluation of possible stress distributions in abdominal aorta on the basis of physiologically loading data 査読有り

    H. Yamada,S. Momii

    Proceedings of the 2004 ASME International Mechanical Engineering Congress and Exposition   2   1 - 2   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    アメリカ   Anaheim   2004年11月13日  -  2004年11月19日

    主要論文集(会議)

  • 血管内皮細胞の変形とストレスファイバーの配向に関する数値解析 査読有り

    山田 宏,松村 仁,森田大作

    バイオメカニズム   17   2004年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • 培養血管内皮細胞の基質伸展下での力学的挙動に対する有限要素解析 査読有り

    山田 宏,松村 仁

    日本機械学会論文集A編   70 ( 693 )   2004年05月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

    Scopus

  • Geometry-dependent deformations of the vascular endothelial cell: Investigation of intracellular behavior with finite element analysis 査読有り

    H. Yamada,D. Kageyama

    Proceedings of the First Asian Pacific Conference on Biomechanics   2004年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Osaka   2004年03月25日  -  2004年03月28日

    主要論文集(会議)

  • Modeling and numerical simulation of the mechanical responses in vascular endothelial cells 査読有り

    H. Yamada,J. Matsumura,D. Kageyama

    Proceedings of the Workshop on Biomechanical Engineering and Biomaterials - The International Symposium on Bio-Inspired Systems   2004年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Kitakyushu   2004年01月23日  -  2004年01月24日

  • Finite Element Analysis of Cultured Endothelial Cell under Uniaxial Stretch : Effect of Cell Shape on strain Distribution 査読有り

    H. Yamada,J. Matsumura,D. Kageyama

    Proc. 2003 Summer Bioenginnring Conference   1029 - 1030   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2003年04月  -  2003年04月

    主要論文集(会議)

  • Orientation of Stress Fibers in a Cultured Endothelial Cell under Cyclic Deformation Taking Account of its Nonuniform Deformatin: Strain Limit Hypothesis and Numerical Simulations 査読有り

    H. Yamada,D. Morita,J. Matsumura

    Proc.2003 Summer Bioengineering Conference   41 - 42   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2003年04月  -  2003年04月

    主要論文集(会議)

  • Numerical Simulation of Stress Fiber Orientation in Cultured Endothelial Cells under Biaxial Cyclic Deformation Using the Strain Limit Hypothesis 査読有り

    H. Yamada,D. Morita,J. Matsumura,T. Takemasa,T. Yamaguchi

    JSME International Journal, Series C   45 ( 4 )   880 - 888   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌 代表的研究業績

    Scopus

  • Substrate Deformation Governs the Orientation of Stress Fibers in Cultured Cells under Cyclic Deformation: A Hypothesis and Theoretical Predictions 査読有り

    Hiroshi YAMADA,T. Takemasa,T. Yamaguchi

    Proc. 18th Congress of the International Society of Biomechanics   2001年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Zurich, Austria   2001年07月08日  -  2001年07月13日

    主要論文集(会議)

  • 患者起立介助の模擬作業実験に基づく介助作業能力の力学的評価 査読有り

    山田 宏,小野雄一郎,蛭田秀一,島岡みどり,堀 文子,安藤詳子,服部洋兒,今枝敏彦

    ライフサポート   12 ( 4 )   125 - 130   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Theoretical Study of Intracellular Stress Fiber Orientation under Cyclic Deformation 査読有り

    H. Yamada,T. Takemasa,T. Yamaguchi

    Journal of Biomechanics   33 ( 11 )   1501 - 1505   2000年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

    Scopus

  • 骨の力学的再構築過程に対する数理モデルの定式化 査読有り

    田中英一,山本創太,青木洋一,岡田崇洋,山田 宏

    日本機械学会論文集A編   66 ( 641 )   191 - 197   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌

    Scopus

  • Mechanically Optimized Orientation of Intracellular Stress Fibers under Cyclic Stretch 査読有り

    H. Yamada,T. Takemasa,T. Yamaguchi

    Proceedings of the ASME Heat Transfer Division   HTD-366 ( 2 )   127 - 132   2000年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2000年04月  -  2000年04月

    主要論文集(会議)

    Scopus

  • Relationship between Orientation Angle in Intracellular Stress Fibers and Range of Uniaxial Cyclic Stretch 査読有り

    H. Yamada,T. Takemasa,T. Yamaguchi

    2000 Advances in Bioengineering   BED-48   81 - 82   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2000年04月  -  2000年04月

    主要論文集(会議)

    Scopus

  • 介護に関わる労働衛生の動向と課題

    小野雄一郎,今枝敏彦,安藤詳子,堀文子,巽あさみ,蛭田秀一,島岡みどり,服部洋兒,山田宏,吉田勉,谷脇弘茂,長岡芳,栗田秀樹

    総合保健体育科学   23 ( 1 )   55 - 61   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • ベッドから車椅子への移動介助に関する実験的検討-介助者と患者役の自覚的評価-

    山田 宏

    総合保健体育科学   23 ( 1 )   39 - 42   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 上肢作業における筋負担に関する生理学的検討-近赤外線分光法による僧坊筋領域の血流動態の測定-

    小野雄一郎,今枝敏彦,栗田秀樹,巽あさみ,山本恵申,蛭田秀一,島岡みどり,安藤詳子,堀文子,服部洋兒,山田宏,吉田勉,谷脇弘茂,長岡芳

    総合保健体育科学   23 ( 1 )   33 - 38   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • A Mathematical Model of Arteries in the Active State (Incorporation of Active Stress and Activation Parameter) 査読有り

    山田 宏

    JSME Int. J., Series C   42 ( 3 )   545 - 551   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Scopus

  • A Mathematical Model of Skeletal Muscle and Numerical Simulations of Its Response Under Stretching 査読有り

    H. Yamada,J. Kajzer

    JSME Int. J., Series C   42 ( 3 )   508 - 513   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Scopus

  • Finite Element Modeling and Numerical Simulation of the Artery in Active State 査読有り

    H. Yamada,T. Shinoda,E. Tanaka,S. Yamamoto

    JSME Int. J., Series C   42 ( 3 )   501 - 507   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

    Scopus

  • Numerical Simulations of Mechanical Behavior of Artery Taking Account of Dose Dependence of Activation 査読有り

    H. Yamada,T. Shinoda,E. Tanaka,S. Yamamoto

    Proc. 1999 Bioeng. Conf., ed. by V. K. Goel, R. L. Spilker, G. A. Ateshian and L. J. Solowsky   BED-42   243 - 244   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    1999年04月  -  1999年04月

    Scopus

  • A Mathematical Model of Bone Remodeling Taking Account of Bone Resorption under Overload 査読有り

    E. Tanaka,S. Yamamoto,Y. Aoki,T. Okada,H. Yamada

    Proc. 1999 Bioeng. Conf., ed. by V. K. Goel, R. L. Spilker, G. A. Ateshian and L. J. Solowsky   BED-42   575 - 576   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    1999年04月  -  1999年04月

    Scopus

  • 社会福祉施設職員の頸肩腕痛および腰痛の有訴率

    小野雄一郎,島岡みどり,蛭田秀一,今枝敏彦,安藤詳子,堀文子,巽あさみ,山田宏,島正吾,吉田 勉,谷脇弘茂,長岡芳,栗田秀樹

    総合保健体育科学   22 ( 1 )   69 - 79   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 重量挙上作業における生体反応と体力との関係

    蛭田秀一,島岡みどり,小野雄一郎,堀文子,安藤詳子,山田宏,巽あさみ,服部洋兒,今枝敏彦

    総合保健体育科学   22 ( 1 )   63 - 67   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • A Constitutive Model to Describe Bone Remodeling Process 査読有り

    E. Tanaka,S. Yamamoto,Y. Aoki,T. Okada,H. Yamada

    Proc. The Fifth Japan-USA-Singapore-China Conf. on Biomechanics   160 - 161   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    1998年04月  -  1998年04月

  • A Mathematical Model of the Artery Focused on the Behavior of Smooth Muscles in Active State 査読有り

    H. Yamada,T. Shinoda,E. Tanaka,S. Yamamoto

    1998 Advances in Bioengineering, ASME   BED-39   61 - 62   1998年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    1998年04月  -  1998年04月

    Scopus

  • An Activation Model by a Neural Stimulation under Transient Stretching with an Application to Yielding 査読有り

    H. Yamada,H. Takeuchi,J. Kajzer,K. Nishio

    Proc. The Fifth Japan-USA-Singapore-China Conf. on Biomechanics   118 - 119   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    1998年04月  -  1998年04月

  • 平滑筋活性状態での動脈壁の力学的挙動のモデル化(能動的応力と活性化パラメータの導入) 査読有り

    山田 宏

    日本機械学会論文集A編   63 ( 614 )   2257 - 2262   1997年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Scopus

  • The Effects of Left Ventricular Strestch vursus Cavity Pressure on Intramyocardial Pressure 査読有り

    F.C.P. Yin,H. Yamada

    Cardiovascular Reseach   34   299 - 305   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Scopus

  • A Mechanical Model and Stress Analysis of Arteries in Active State 査読有り

    山田 宏

    Proc. 1997 Bioengineering Conference   467 - 468   1997年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    1997年04月  -  1997年04月

    Scopus

  • A Constitutive Model of Mechanical Bone Remodeling by Using Internal State Variable Theory 査読有り

    E. Tanaka,H. Yamada,S. Yamamoto

    Proc. Third Int. Sym. Microstructures and Mech. Properties of New Eng. Materials   637 - 642   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    1997年04月  -  1997年04月

  • Mechanical Effects of Smooth Muscle Activation on the Vascular Wall 査読有り

    H. Yamada,S. Yamamoto,E. Tanaka

    Proc. Third Int. Sym. Microstructures and Mech. Properties of New Eng. Materials   643 - 648   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    1997年04月  -  1997年04月

  • Three-Dimensional Deformation Analyses of a Local Region of the Left Ventricular Wall with Tagged MR Images 査読有り

    H. Yamada,C. Wang,K. Sekioka

    Proc. Int. Conf. New Frontiers in Biomech. Eng.   327 - 330   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    1997年04月  -  1997年04月

  • ウサギ左心室壁の心筋内圧力の測定 査読有り

    山田宏,F. Yin

    材料   45 ( 2 )   235 - 240   1996年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Scopus

  • Coronary Artery Resistance Changes Depend on How Surrounding Myocardial Tissue is Stretched 査読有り

    P. Sipkema,H. Yamada,F.C.P. Yin

    Am.J.Physiol   270   H924 - H934   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Scopus

  • イヌ冠動脈の流動抵抗に対する周辺組織と心筋組織の力学的影響 査読有り

    山田宏,P. Sipkema,F.C.P. Yin

    日本機械学会論文集A編   62 ( 604 )   2838 - 2845   1996年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Scopus

  • Effects of Stretching Surrounding Tissues on Hydraulic Resistance of a Blood Vessels-A Finite Element Analysis 査読有り

    H. Yamada,F.C.P. Yin,P. Sipkema

    Proc. 4th China-Japan-USA-Singapore Conf. on Biomech.   79 - 82   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    1995年04月  -  1995年04月

  • Mechanical Evaluation of Growth and Rupture of Aneurysm in Abdominal Aorta 査読有り

    H. Yamada,E. Tanaka,S. Murakami

    JSME Int. J. Series A   37 ( 2 )   181 - 187   1994年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Scopus

  • Changes in Hydraulic Resistance of a Coronary Artery in Relation to Stretching of the Surrounding Tissue 査読有り

    P. Sipkema,H. Yamada,F.C.P. Yin

    Proc. 13th Southern Biomed. Eng. Conf.   626 - 629   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    1994年04月  -  1994年04月

  • 改良9Cr-1Mo鋼の繰返し応力クリープ,メカニカルラチェット挙動および振幅履歴依存性と統一型構造成式の精度評価 査読有り

    田中英一,山田宏

    日本機械学会論文集 A編   59 ( 568 )   2837 - 2843   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Scopus

  • 腹部大動脈りゅうの成長と破裂に対する力学的評価 査読有り

    山田宏,田中英一,村上澄男

    日本機械学会論文集 A編   58 ( 511 )   1087 - 1092   1992年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

    Scopus

  • 血管壁に対する非弾性構成式の改良について 査読有り

    田中英一,山田宏,村上澄男

    日本機械学会論文集A編   57 ( 534 )   234 - 238   1991年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Scopus

  • An Improved Inelastic Constitutive Model of Blood Vessels Under Cyclic Pressurization 査読有り

    E. Tanaka,H. Yamada

    Proc. 6th Int. Conf. on Mechanical Behavior of Materials   3   739 - 744   1991年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    1991年04月  -  1991年04月

  • Inelastic Behavior of Modified 9Cr-1Mo Steel and Its Unified Constitutive Model 査読有り

    E. Tanaka,S. Murakami,M. Mizuno,H. Yamada,K. Iwata

    Proc. 6th Int. Conf. on Mechanical Behavior of Materials   781 - 786   1991年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    1991年04月  -  1991年04月

  • Inelastic Constitutive Modeling for Blood Vessels Based on Viscoplasticity 査読有り

    E. Tanaka,H. Yamada

    Frontiers Med. Biol. Engng.   ( 2 )   3177 - 180   1990年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Scopus

  • 血管壁に対する弾-粘塑性構成式モデル 査読有り

    山田 宏

    日本バイオレオロジー学会誌   4 ( 2 )   88 - 96   1990年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 内部変数理論に基づく粘塑性構成式による血管壁の応力解析 査読有り

    田中英一,山田宏

    日本機械学会論文集A編   56 ( 529 )   2011 - 2015   1990年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Scopus

  • An Inelastic Constitutive Model of Blood Vessels 査読有り

    E. Tanaka,H. Yamada

    Acta Mechanica   82 ( 1-2 )   21 - 30   1990年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Scopus

  • 血管壁に対する横等方非弾性構成式の定式化 査読有り

    田中英一,山田宏

    日本機械学会論文集 A編   56   521 - 107-112   1990年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Scopus

  • A Constitutive Model of Blood Vessels Under Cyclic Loading 査読有り

    E. Tanaka,H. Yamada

    Proc. of Plasticity '89   269 - 272   1989年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    津   1989年07月  -  1989年07月

  • 平滑筋活性状態での血管壁の変形挙動に対する構成式 査読有り

    村上澄男,山田宏,田中英一

    日本機械学会論文集 A編   55 ( 513 )   1022 - 1027   1989年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Scopus

  • Isotropic and Anisotropic Inelastic Constitutive Models for Blood Vessels 査読有り

    E. Tanaka,H. Yamada

    Tissue Engineering -1989, Proc. ASME WAM 1989   123 - 126   1989年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    1989年04月  -  1989年04月

  • 血管壁に対する非弾性構成式の定式化 査読有り

    田中英一,山田宏

    日本機械学会論文集 A編   54 ( 505 )   1670 - 1676   1988年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Scopus

▼全件表示

著書

  • 力学の基礎とバイオメカニクス

    山田宏(単著)

    コロナ社  2012年04月  ( ISBN:978-4-339-07230-3

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • Fundamentals of vascular bio-fluid and solid mechanics

    Sugihara-Seki M., Yamada H.(共著)

    K. Tanishita, K. Yamamoto (Eds.), Vascular Engineering: New Prospects of Vascular Medicine and Biology with a Multidiscipline Approach, Springer Japan  2016年01月  ( ISBN:9784431548010

     詳細を見る

    記述言語:英語

    © Springer Japan 2016.While considering the circulatory system, a mechanical view point provides the basis for understanding various physiological and pathophysiological phenomena. In this section, we introduce the fundamentals of fluid and solid mechanics in relation to the circulatory system. In the first part on fluid mechanics, we start by introducing the concepts of Newtonian and non-Newtonian fluids, viscosity, and apparent viscosity. Then, the rheological properties of blood are described, and the universal mechanical law for flow through cylindrical tubes is derived. Based on that law, we consider the characteristics of tube flow for Newtonian and non-Newtonian fluids and present several representative examples of mathematical models for blood flow through vessels. These models have a close relationship with important physiological phenomena. In the second part, we first discuss the concept of continuum mechanics for a large deformation of the vascular wall. Then, we introduce passive hyperelastic models, an active smooth muscle model, and incorporations of residual strain and smooth muscle contractions. We demonstrate typical axisymmetric solutions of arterial wall stress for a tube model under physiological loading conditions, i.e., longitudinal stretch and intraluminal pressure. We also show some approaches for arterial diseases such as atherosclerosis, aortic aneurysm, and aortic dissection.

    Scopus

口頭発表・ポスター発表等

  • 有限要素法による急性大動脈解離の大動脈の断面形状の再現

    小川凌司,山田宏,関岡清次

    日本機械学会第32回バイオフロンティア講演会  2022年01月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年01月12日 - 2022年01月13日   記述言語:日本語  

  • 3軸力測定装置を押しつけてずらしたときのウレタンフォーム製マットレスの力学的応答に及ぼすゲル層の影響に関する有限要素解析

    石井和希,山田宏

    日本機械学会M&M2021材料力学カンファレンス  2021年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月15日 - 2021年09月16日   記述言語:日本語  

  • 豚ロース皮下脂肪組織の構造とそのせん断下での不連続変位の微視的観察

    山田宏,中山夢仁,自見至郎

    日本機械学会M&M2021材料力学カンファレンス  2021年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月15日 - 2021年09月16日   記述言語:日本語  

  • A microvessel near the sacral skin surface is closed by pressure but not shear of a polyurethane foam mattress: a plane-stress finite-element model study

    H. Yamada, M. Tanaka

    17th International Symposium on Computer Methods on Biomechanics and Biomedical Engineering and 5th Conference on Imaging and Visualization  2021年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月07日 - 2021年09月09日   記述言語:英語   国名:その他  

  • 豚ロース肉を用いた圧縮・せん断を受ける皮下組織の変形測定と染色組織構造の顕微鏡観察

    山田宏,中山夢仁,森田康之,自見至郎

    日本機械学会2021年度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月05日 - 2021年09月08日   記述言語:日本語  

  • Comparisons of indices of low-stress stiffness and contents of elastin and collagen for human arteries with fibrous caps and aortic dissection

    H. Yamada, S. K. Bhat

    The Second Joint Meeting of The European Society for Clinical Hemorheology and Microcirculation, The International Society for Clinical Hemorheology, and The International Society of Biorheology  2021年07月 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年07月04日 - 2021年07月07日   記述言語:英語   国名:その他  

  • A comparison of the description of uniaxial stress-strain relationships with and without initial tangent modulus for human carotid artery using isotropic hyperelastic models

    H. Yamada, S. K. Bhat

    第44回日本バイオレオロジー学会年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年07月03日 - 2021年07月04日   記述言語:日本語  

  • 球面状突出部と円盤状周辺部を有する3軸力測定装置による3種類のマットレスの圧力分配とずれ抵抗の評価

    山田宏,石井和希

    日本機械学会第33回バイオエンジニアリング講演会  2021年06月 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年06月25日 - 2021年06月26日   記述言語:日本語  

  • 球面状突出部と円盤状周辺部を有する3軸力測定装置によるゲル層付マットレスの圧力分配とずれ抵抗の測定

    石井和希,山田宏

    日本機械学会九州支部第74期総会・講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月10日   記述言語:日本語  

    その他リンク: https://doi.org/10.1299/jsmekyushu.2021.74.C44

  • せん断変形を受けたブタ脂肪組織の脂肪細胞群に対する顕微鏡下での変位測定

    中山夢仁,山田宏

    第30回ライフサポート学会フロンティア講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月09日 - 2021年03月10日   記述言語:日本語  

  • 前腕皮膚圧迫・ずれ下の橈側皮静脈の超音波測定に対する画像処理変形解析

    山田宏,霜出秀平,田中マキ子

    第41回バイオメカニズム学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年12月05日 - 2020年12月06日   記述言語:日本語  

  • ゲル様マットに対する3軸力センサを用いた圧縮・ずれ負荷試験装置の開発

    山田宏,真鍋誠

    日本機械学会2020年度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月13日 - 2020年09月16日   記述言語:日本語  

  • 皮膚表面の圧迫による前腕橈側皮静脈の閉塞挙動に及ぼす静脈の除荷形状と内圧の影響に関する有限要素解析

    山田宏,霜出秀平

    第43回日本バイオレオロジー学会年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年05月30日 - 2020年05月31日   記述言語:日本語  

  • Finite element study of a bulging behaviour of a cerebral artery with dissection taking account the disruption of internal elastic lamina

    S. K. Bhat, N. Sakata, H. Yamada

    日本機械学会第32回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年12月20日 - 2019年12月21日   記述言語:英語  

    CiNii Article

  • Deformation of the transverse cross-section of a cephalic vein in the subcutaneous tissue under shear stress on the skin surface

    S. Shimoide, K. Omine, M. Tanaka, H. Yamada

    7th Symposium on Applied Engineering and Sciences 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月11日 - 2019年11月12日   記述言語:英語  

  • Numerical simulation of stress-strain relationship under shear loading and unloading using a one-dimensional viscoelastic model

    Y. Nakayama, H. Yamada

    7th Symposium on Applied Engineering and Sciences 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月11日 - 2019年11月12日   記述言語:英語  

  • 半円柱の押し付けによるゲル・ウレタンフォーム等4層マットの変形挙動の定量的評価

    真鍋誠,山田宏,森田康之

    日本機械学会M&M2019材料力学カンファレンス 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月02日 - 2019年11月04日   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • 皮膚表面の圧迫による前腕橈側皮静脈の閉塞挙動の解析

    霜出秀平,大峯啓志,田中マキ子,山田宏

    日本機械学会M&M2019材料力学カンファレンス 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月02日 - 2019年11月04日   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • Measurement and viscoelastic modeling of simple shear deformation of the subcutaneous tissue layer in the porcine hind foot

    H. Yamada, Y. Shiotsuki, S. Jimi

    ATEM’19 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年10月07日 - 2019年10月11日   記述言語:英語  

  • ウレタンフォームマットに挿入された合成ゴム層のせん断変形特性の測定

    山田宏,安井勇貴,田中マキ子

    日本機械学会2019年度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月08日 - 2019年09月11日   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • Effect of the elongated shape of adventitia on the bulging behavior of cerebral artery with dissection: a finite element study

    S. K. Bhat, H. Yamada, N. Sakata

    第42回日本バイオレオロジー学会年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年06月01日 - 2019年06月02日   記述言語:英語  

  • 皮膚の圧迫とずれによる前腕橈側皮静脈の内腔形状の変化に関する超音波画像解析

    霜出秀平,大峯啓志,田中マキ子,山田宏

    第42回日本バイオレオロジー学会年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年06月01日 - 2019年06月02日   記述言語:日本語  

  • 皮膚表面の圧迫・ずれに対する前腕橈側部の皮静脈の変形の超音波計測

    霜出秀平

    日本機械学会九州支部第72期総会・講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月14日   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • ゲルとウレタンフォーム層を有するマットの圧縮変形特性の評価

    安井勇貴

    日本機械学会九州支部第72期総会・講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月14日   記述言語:日本語  

  • ブタ後ろ足皮膚表面のずれに対する皮下組織の力学特性の同定と組織観察

    塩月裕太郎

    日本機械学会M&M2018材料力学カンファレンス 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月22日 - 2018年12月24日   記述言語:日本語  

  • ブタ後ろ足軟組織層の変形挙動のモデル化に関する検討

    山田宏

    日本機械学会M&M2018材料力学カンファレンス 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月22日 - 2018年12月24日   記述言語:日本語  

  • Maclaurin series expansion for interpretation of fitting characteristics of hyperelastic Ogden model to uniaxial stress-strain relationships of carotid artery

    S. K. Bhat

    The 6th Symposium on Applied Engineering and Sciences, Kyushu Institute of Technology 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月16日   記述言語:英語  

  • 創傷治癒過程のマウス腹部軟組織に対する引張り試験と組織観察

    山田宏

    日本機械学会第31回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月14日 - 2018年12月15日   記述言語:日本語  

  • ブタ後ろ足皮膚表面のずれに対する軟組織各層の層内・層間のずれ変形に関する解析

    山田宏

    第39回バイオメカニズム学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年11月10日 - 2018年11月11日   記述言語:日本語  

  • ブタ皮下組織のずれ変形の測定と組織の結合構造の観察

    塩月裕太郎

    第66回レオロジー討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年10月17日 - 2018年10月19日   記述言語:日本語  

  • フォームマットレスの体圧分散能を測定する装置の開発と体圧分散指標の評価

    山田宏

    第20回日本褥瘡学会学術集会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月28日 - 2018年09月29日   記述言語:日本語  

  • 保存修復歯の破折可能性に関する有限要素解析(ファイバーポストと歯根膜の材料特性の改良)

    山田宏

    日本機械学会2018年度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月09日 - 2018年09月12日   記述言語:日本語  

  • Estimation of stress-strain relationships of the fibrous cap in carotid artery using various types of hyperelastic models

    S. K. Bhat

    第41回日本バイオレオロジー学会年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月16日 - 2018年06月17日   記述言語:英語  

  • ブタ後ろ足皮膚表面のずれに対する皮下組織の力学的応答の測定

    塩月裕太郎

    日本機械学会九州支部第71期総会・講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月16日   記述言語:日本語  

  • ブタ後ろ足皮膚表面のずれに対する皮下組織の力学的応答の測定

    塩月 裕太郎, 山田 宏, 森田 康之

    日本機械学会九州支部講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年01月   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • 円柱状突起を有するデバイスの形状がウレタンフォームマットレスの圧力分散測定に及ぼす影響

    山田 宏, 不破 康宏

    日本機械学会第30回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年12月14日 - 2017年12月15日   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • 円柱状突起を有する円盤状デバイスで押さえたウレタンフォームマットレスの変形に関する有限要素解析

    山田宏

    第38回バイオメカニズム学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年11月04日 - 2017年11月05日   記述言語:日本語  

  • ブタ後ろ足皮膚表面のずれで生じる皮下組織のひずみ状態の解析

    山田宏

    日本機械学会M&M2017材料力学カンファレンス 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年10月07日 - 2017年10月09日   記述言語:英語  

  • ブタ後ろ足皮膚表面のずれで生じる皮下組織のひずみ状態の解析

    山田 宏, 塩月 裕太郎

    M&M2017材料力学カンファレンス 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年10月07日   記述言語:日本語  

    <p>The deformation of soft tissues determines a microvascular closure under loading on the skin surface, which may lead to pressure ulcer. The load has two components, i.e., pressure and shear force. We measured the deformation of skin, subcutaneous tissue (ST) and skeletal muscle (SM) with shear of skin surface for twelve side surfaces in six porcine hind feet in a previous study. In this study we referred to a Cartesian coordinate system with an axis parallel to the path of a point on the side surface of the skin and analyzed the shear deformation of ST to obtain the relationships between the shear strain of ST and the displacement of skin and the relationships of displacements between two points. The results agreed with the three categorized cases, i.e., a case in which the ST followed the skin but the SM did not, a case in which ST and SM followed the skin to a certain degree, and a case in which the ST had a large shear deformation and followed the skin but the SM did not. The results suggest that the shear deformation of ST depends on the connectivity of ST with the skin and the SM. The deformation of the ST may govern the blood circulation under external loading.</p>

    CiNii Article

  • 圧力分配測定装置の底板周辺部の丸み付けが装置とウレタンフォームマットレス接触面での圧力分配に及ぼす影響

    山田 宏, 不破 康宏

    日本機械学会2017年度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月04日   記述言語:日本語  

    <p>Pressure redistribution is a key feature for foam mattresses to smoothen the pressure of the body surface and consequently to prevent pressure ulcer. We developed a portable device to evaluate the characteristics of pressure redistribution for foam mattresses by placing it on the mattress. This device consists of a circular bottom plate, a protruding shaft, and a load cell which detects the compressive load on the shaft when a load is applied to the mattress through the bottom of the device. We rounded the circumference of bottom plate with a radius of 5 mm and compared the pressure redistribution and a vertical deformation on a polyurethane foam mattress to a case of no rounding. The results shows that rounding caused a larger displacement and a larger load on the shaft when the device had a large amount of load. Effect of rounding is one of the key factors to evaluate the pressure redistribution quantitatively.</p>

    CiNii Article

  • 圧力分配測定装置の底板周辺部の丸み付けが装置とウレタンフォームマットレス接触面での圧力分配に及ぼす影響

    山田宏

    日本機械学会2017年度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月03日 - 2017年09月06日   記述言語:日本語  

  • 体表面のずれに対する軟組織の「滑走」を伴う変形の測定と微小血管の閉塞に関する解析

    山田宏

    第25回バイオメカニズム・シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年08月04日 - 2017年08月06日   記述言語:日本語  

  • Prediction of the degree of microvascular closure in the sacral region under compression and shear with a strain-state measure

    H. Yamada

    Wound Care: From Innovations to Clinical Care (WCICT2017) 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年06月20日 - 2017年06月21日   記述言語:英語  

  • TAVIにおける生体弁ステント部の不完全展開に関する力学的検討

    伊藤朋晃

    第40回日本バイオレオロジー学会年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年05月27日 - 2017年05月28日   記述言語:日本語  

  • 粥腫の生じたヒト頸動脈内膜に対する薄切試験片の伸展試験

    山田宏

    第40回日本バイオレオロジー学会年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年05月27日 - 2017年05月28日   記述言語:日本語  

  • 皮膚毛細血管の閉塞に関する有限要素解析とマットレスの圧力分散特性の測定

    山田宏

    第5回金沢バイオエンジニアリング・コンポジット研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月20日   記述言語:日本語  

  • 円筒面により圧縮されたウレタンフォームのX線CT撮像と変形解析

    前橋 基樹, 森田 康之, 山田 宏

    日本機械学会九州支部第70期総会・講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月14日   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • 保存修復歯の破折におけるファイバーポスト側面の剥離可能性に関する有限要素解析

    盛 智紀, 北村 知昭, 吉居 慎二, 藤元 政考, 山田 宏

    日本機械学会九州支部第70期総会・講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月13日   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • ヒト頸動脈の薄片試験片の引張り変形特性と組織学的特性との関係の評価

    山田 宏, 坂田 則行, 井上 亨

    日本機械学会第29回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年01月19日 - 2017年01月20日   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • Development of a measurement system and numerical analyses of the function of pressure dispersion for foam mattresses

    Y. Fuwa

    3rd International Conference on Computational Methods in Engineering and Health Sciences 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月17日 - 2016年12月18日   記述言語:英語  

  • マットレスの体表面支持条件が骨突起皮膚内の微小血管の変形に及ぼす影響に関する有限要素解析

    山田宏

    第37回バイオメカニズム学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年11月12日 - 2016年11月13日   記述言語:日本語  

  • 円筒状突起に対する二層式マットレスの変形測定とウレタンフォームの圧縮特性に基づく圧力分布の予測

    山田 宏, 宮元 俊輝, 森田 康之, 前橋 基樹

    M&M2016材料力学カンファレンス 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年10月08日   記述言語:日本語  

    <p>Double layer mattresses (DLM) are used commonly, but the correlation between the mechanical properties and the function of pressure redistribution is not revealed yet. In this study we measured the nonuniform deformation of the DLM with low and high repulsion polyurethane foams, which was compressed with a semicircular tube. We also carried out finite element analysis with a compressible isotropic hyperelastic model to obtain the deformation of the DLM and the pressure on the contact surface of the tube. The results showed the concentration of the strain in the vicinity of the semicircular tube and the concentration of the surface pressure at the most deformed location.</p>

    CiNii Article

  • Three-dimensional Geometry of Calcified Regions and its Correlation with Luminal Surface Strains

    ESMAEILI MONIR Hamed, YAMADA Hiroshi, SAKATA Noriyuki, MORITA Yasuyuki, NAKASHIMA Yutaka

    日本機械学会2016年度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月12日   記述言語:英語  

    <p>In our previous study, we obtained aortic wall samples with calcified plaques from autopsy and identified luminal surface strains under uniaxial stretch in circumferential direction using a 2D digital image correlation (DIC) technique and found zero strain on the plaque surface with calcified fibrous cap. In this study, we reconstructed a 3D geometry of the calcified region (CaR) and the aortic wall based on computed tomography (CT) scans of the samples. We created a 3D finite element (FE) model with CaRs and a homogeneous aortic wall model. The CaR caused zero strain on the plaque surface near the region of CaR, while the homogeneous wall model did not have such a small strain. Compared to the 2D analysis by DIC, the 3D FE analysis had a larger area of ≤0 strains, and similar areas with strains of ≤0.005, ≤0.01 and ≤0.02. FE modelling based on 3D geometry enabled one to correlate the luminal surface strains with the characteristic of the geometry of CaRs.</p>

    CiNii Article

  • 段差のある面へのマットレスの押し付けの際の圧力分配挙動に関する考察

    山田 宏

    第18回日本褥瘡学会学術集会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月02日 - 2016年09月03日   記述言語:日本語  

  • Finite element modeling of a carotid artery with a healed plaque

    H. Yamada

    The 12th World Congress on Computational Mechanics 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年07月24日 - 2016年07月29日   記述言語:英語  

  • 頸動脈プラークの破裂一症例に見られる特徴的形状に対する力学的検討

    山田 宏,Hamed Esmaeili Monir,千住緒美,緒方利安,井上 亨,坂田則行

    第39回日本バイオレオロジー学会年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年06月18日 - 2016年06月19日   記述言語:日本語  

  • 高・低反発ウレタンフォームからなる二層マットレスの圧力分配効果に関する圧縮試験による評価

    宮元俊輝

    日本機械学会九州支部第69期総会・講演会  日本機械学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月15日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学工学部  

  • マットレスのずれが仙骨部軟組織の血管閉塞に及ぼす影響(2次元有限要素モデルの最小主ひずみによる評価)

    坂田啓輔

    日本機械学会九州支部第69期総会・講演会  日本機械学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月15日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学工学部  

  • Finite element modeling of a ruptured plaque in human carotid artery

    H. Esmaeili Monir

    日本機械学会第28回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年01月09日 - 2016年01月10日   記述言語:英語  

  • ラテックスフォームの圧縮変形挙動の測定と数学的モデル化

    山田宏

    第36回バイオメカニズム学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月28日 - 2015年11月29日   記述言語:日本語  

  • 体表面のずれが微小血管周辺の皮膚の変形に及ぼす影響に関する理論的解析

    山田宏

    日本機械学会M&M2015材料力学カンファレンス 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月21日 - 2015年11月23日   記述言語:日本語  

  • CT Scanning of Aortic Calcified Plaque and Strain Measurement of Lumina! Surface near Calcification under Uniaxial Stretch

    Monir Hamed Esmaeili, Yamada Hiroshi, Sakata Noriyuki, Morita Yasuyuki, Nakashima Yutaka

    ATEM : International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics : Asian Conference on Experimental Mechanics 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年10月04日   記述言語:英語  

    CiNii Article

  • Mechanical Characterization of the Elastic Properties of Atheromatous Plaques in the Human Carotid Artery and Thoracic Aorta

    Yamada Hiroshi, Monir Hamed Esmaeili, Sakata Noriyuki, Morita Yasuyuki, Nakashima Yutaka

    ATEM : International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics : Asian Conference on Experimental Mechanics 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年10月04日   記述言語:英語  

    CiNii Article

  • ウレタンフォームマットレスの突起部圧分散メカニズムの解明:力学試験と数学的モデル化

    山田宏

    第24回バイオメカニズム・シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年07月24日 - 2015年07月26日   記述言語:日本語  

  • 頸動脈プラーク肩部の応力状態への線維性被膜の影響(有限要素解析による検討)

    山田宏

    第38回日本バイオレオロジー学会年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年06月06日 - 2015年06月07日   記述言語:日本語  

  • Image-based Strain Analysis of Luminal Surface in Calcified Human Aortic Plaque

    ESMAEILI MONIR Hamed, YAMADA Hiroshi, SAKATA Noriyuki, MORITA Yasuyuki, NAKASHIMA Yutaka

    日本機械学会九州支部講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月13日   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • レジンにより接着修復した上顎中切歯の静的及び動的荷重下での破断可能性に関する有限要素解析

    高原 大二郎, 園武 亮太, 吉居 慎ニ, 北村 知昭, 山田 宏

    日本機械学会九州支部講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月13日   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • 円孔のある軟組織の圧縮変形挙動に対する実験および有限要素解析による検討

    大嶺 恵将, 井上 仁瑛, 山田 宏

    日本機械学会九州支部講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月13日   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • レジンの剥離が小臼歯修復部の強度に及ぼす影響に関する応力解析

    國武亮太

    日本機械学会第27回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年01月09日 - 2015年01月10日   記述言語:日本語  

  • 体圧分散マットレスの変形特性の測定とその効果に関する検討

    井上仁瑛

    日本機械学会第27回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年01月09日 - 2015年01月10日   記述言語:日本語  

  • Finite element analysis on peak stress/strain in atherosclerotic plaque in carotid artery

    H. Esmaeili Monir

    The 2nd Universiti Putra Malaysia-Kyushu Institute of Technology International Symposium on Applied Engineering and Sciences 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月20日 - 2014年12月21日   記述言語:英語  

  • 皮膚の応力緩和特性を考慮した毛細血管の圧迫変形挙動の有限要素解析

    山田 宏

    第35回バイオメカニズム学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年11月08日 - 2014年11月09日   記述言語:日本語  

  • Measurement of strain distribution on human aortic wall surface with a plaque under uniaxial stretch

    H. Esmaeili Monir

    日本機械学会九州支部大分講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月19日 - 2014年09月20日   記述言語:英語  

  • Mechanical study of atheromatous carotid artery: stress analysis of a liquid lipid core and mechanical testing of fibrous caps

    H. Yamada

    Fourth Japan-Switzerland Workshop on Biomechanics 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月01日 - 2014年09月04日   記述言語:英語  

  • アテローム性プラーク線維性被膜の単軸伸展挙動に対する超弾性Ogdenモデルによる評価

    山田 宏

    日本機械学会M&M2014材料力学カンファレンス 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年07月19日 - 2014年07月21日   記述言語:日本語  

  • Stretching test and histological evaluation of ascending aorta with aortic dissection in the elderly

    H. Yamada

    7th World Congress of Biomechanics 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年07月06日 - 2014年07月11日   記述言語:英語  

  • ヒト頸動脈の内腔側領域における伸展性と組成との関係

    山田 宏

    第37回日本バイオレオロジー学会年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年06月05日 - 2014年06月06日   記述言語:日本語  

  • 小臼歯修復に用いるファイバーポスト補強リブの効果に関する有限要素解析

    國武亮太

    日本機械学会九州支部第67期総会・講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月13日 - 2014年03月14日   記述言語:日本語  

  • 頸動脈と大動脈の動脈硬化病変部線維性被膜の伸展性の比較評価

    山田 宏

    日本機械学会九州支部第67期総会・講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月13日 - 2014年03月14日   記述言語:日本語  

  • 体圧分散による仙骨部皮膚毛細血管の閉塞防止に関する有限要素解析

    井上仁瑛

    日本機械学会九州支部第67期総会・講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月13日 - 2014年03月14日   記述言語:日本語  

  • 頸動脈剖検例における動脈硬化性及び正常内膜層の伸展性と組織学的特徴の評価

    山田 宏

    日本機械学会第26回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年01月11日 - 2014年01月12日   記述言語:日本語  

  • 仙骨部皮膚の変形特性が毛細血管の閉塞に及ぼす影響に関する有限要素解析

    井上仁瑛

    第34回バイオメカニズム学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月16日 - 2013年11月17日   記述言語:日本語  

  • 大動脈線維被膜の単軸伸展下での変形挙動解析と力学特性の評価

    山田 宏

    日本機械学会M&M2013材料力学カンファレンス 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年10月12日 - 2013年10月14日   記述言語:日本語  

  • ファイバーポストを用いた小臼歯修復部の破損条件の有限要素解析による検討

    山田 宏

    日本機械学会2013年度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月08日 - 2013年09月11日   記述言語:日本語  

  • Finite element modeling of human common carotid artery using layer-separated mechanical properties and stress-free configurations

    H. Esmaeili Monir

    7th Asian Conference on Biomechanics 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年08月29日 - 2013年08月31日   記述言語:英語  

  • Plane strain finite element analysis of microvascular closure in the sacral soft tissues under skin surface compression

    H. Yamada

    7th Asian Conference on Biomechanics 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年08月29日 - 2013年08月31日   記述言語:英語  

  • 骨突起部軟組織に存在する微小血管の皮膚圧迫による閉鎖に関する有限要素解析

    山田 宏

    第15回日本褥瘡学会学術集会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年07月19日 - 2013年07月20日   記述言語:日本語  

  • 粥状動脈硬化斑の伸展試験

    山田 宏

    第36回日本バイオレオロジー学会年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年06月06日 - 2013年06月08日   記述言語:日本語  

  • 毛細血管閉塞時の軟組織表面圧力と組織の変形特性との関係に関する有限要素解析による検討

    山田 宏

    第10回日本褥瘡学会九州地方会学術集会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月11日   記述言語:日本語  

  • 解離性上行大動脈瘤壁の変形特性と組織学的特性の評価

    山田 宏

    日本機械学会第25回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年01月09日 - 2013年01月11日   記述言語:日本語  

  • 血管変形の有限要素解析による仙骨突起部の褥瘡発生要因の検討

    山田 宏

    第33回バイオメカニズム学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年12月15日 - 2012年12月16日   記述言語:日本語  

  • ファイバーポスト支台築造時にみられる応力分布の三次元有限要素解析

    西野宇信

    第137回日本歯科保存学会2012年秋季学術大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年11月22日 - 2012年11月23日   記述言語:日本語  

  • 3D FEA of fiber post-core construction for endodontically treated teeth

    T. Nishino

    The Fifth Japan-Korea Joint Symposium on Bio-microsensing Technology 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年10月26日   記述言語:英語   開催地:Kitakyushu  

  • 急性解離大動脈壁の力学特性と壁構成成分の関係

    坂田則行

    第53回日本脈管学会総会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年10月11日 - 2012年10月13日   記述言語:日本語  

  • Finite element analysis of a ring-shaped blood vessel using the mechanical properties of its intima and media

    H. Esmaeili Monir

    M&M2012材料力学カンファレンス  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月21日 - 2012年09月24日   記述言語:英語  

  • 上行大動脈の内膜・中膜層を二層に分離して得た帯状試験片に対する単軸伸展試験

    山田 宏

    日本機械学会2011年度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月09日 - 2012年09月12日   記述言語:日本語  

  • 単軸伸展試験による非動脈硬化性上行大動脈瘤の伸展性の評価

    山田 宏

    第35回日本バイオレオロジー学会年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年05月31日 - 2012年06月02日   記述言語:日本語  

  • 単軸伸展試験による大動脈解離症大動脈の力学的評価

    山田 宏

    第51回生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年05月10日 - 2012年05月12日   記述言語:日本語  

  • 筋委縮の生じた仙骨部の皮膚圧迫による軟組織微小血管の変形に関する有限要素解析

    下川勇樹,山田宏

    日本機械学会第24回バイオエンジニアリング講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年01月07日 - 2012年01月08日   記述言語:日本語  

  • 残留応力を解放した環状血管壁に対する単軸伸展下での有限要素解析

    山田宏,坂田則行

    日本機械学会第24回バイオエンジニアリング講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年01月07日 - 2012年01月08日   記述言語:日本語  

  • マットレスに押し付けられた骨突起部軟組織の体積変化による微小血管の変形解析

    山田宏

    日本機械学会2011年度年次大会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月11日 - 2011年09月14日   記述言語:日本語  

  • Identification of elasticity for human atherosclerotic carotid artery through uniaxial stretching test and finite element analysis

    H. Esmaeili Monir,H. Yamada,Y. Morita,N. Sakata

    日本機械学会M&M2011材料力学カンファレンス  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年07月15日 - 2011年07月18日   記述言語:英語  

  • 基質伸展下の内皮細胞底面における変位場の画像解析

    高嶋一登,山田宏

    日本機械学会M&M2011材料力学カンファレンス  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年07月15日 - 2011年07月18日   記述言語:日本語  

  • 頸動脈脂質コア部の血圧負荷下での応力状態に関する検討

    山田宏,坂田則行

    第34回日本バイオレオロジー学会年会  日本バイオレオロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年06月03日 - 2011年06月04日   記述言語:日本語  

  • 頸動脈の帯状および環状試験片に対する単軸引張試験システムの開発

    日本機械学会九州支部講演論文集(第64期総会・講演会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月18日   記述言語:日本語   開催地:福岡市  

  • 圧迫下での軟組織の力学的応答を考慮した骨突起部の微小血管の変形に関する数値解析

    本人

    日本機械学会九州支部講演論文集(第64期総会・講演会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月18日   記述言語:日本語   開催地:福岡市  

  • プラークを静水圧要素でモデル化した総頸動脈の応力・ひずみ有限要素解析

    本人

    日本機械学会第23回バイオエンジニアリング講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年01月08日 - 2011年01月09日   記述言語:日本語   開催地:和光市  

  • 皮膚とマットレスの弾性を考慮した骨突起部の微小血管の変形に関する数値解析

    本人

    日本機械学会M&M2010材料力学カンファレンスCD-ROM論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年10月09日 - 2010年10月11日   記述言語:日本語   開催地:長岡市  

  • 有限要素法による骨突起部軟組織圧迫時の毛細血管の変形解析

    本人

    日本機械学会2010年度年次大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月05日 - 2010年09月08日   記述言語:日本語   開催地:名古屋市  

  • 総頸動脈動脈硬化病変部の力学的解析

    本人

    第33回日本バイオレオロジー学会年会プログラム集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年06月03日 - 2010年06月04日   記述言語:日本語   開催地:和光市  

  • 総頸動脈の応力分布への無応力配置の影響に関する有限要素解析

    本人

    計算工学講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年05月26日 - 2010年05月28日   記述言語:日本語   開催地:福岡市  

  • 種々の超弾性材料モデルを用いた総頸動脈の応力・ひずみ解析

    本人

    日本機械学会九州支部講演論文集(第63期総会・講演会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月15日   記述言語:日本語   開催地:熊本市  

  • 除荷及び残留応力解放形状を初期配置としたヒト総頸動脈の応力解析

    生体機能専攻

    平成21年度日本生体医工学会九州支部学術講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月06日   記述言語:日本語   開催地:福岡市  

  • 細胞の異方的力学構造が変形に及ぼす影響の有限要素解析による検討

    本人

    日本機械学会第22回バイオエンジニアリング講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年01月09日 - 2010年01月10日   記述言語:日本語   開催地:岡山市  

  • 線維芽細胞の基質からの剥離に及ぼす培養液成分と温度の影響に関する定量的評価

    本人

    日本機械学会2009年度年次大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月13日 - 2009年09月16日   記述言語:日本語   開催地:盛岡市  

  • Image-based finite element analysis of the common carotid artery with intimal thickening

    本人

    Third Switzerland-Japan Workshop on Biomechanics 2009 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月01日 - 2009年09月04日   記述言語:英語   開催地: Switzerland Engelberg  

  • 総頸動脈の生理的負荷条件下での力学的状態と組織変性との関係に関する解析

    生体機能専攻 由利和大

    日本機械学会九州支部講演論文集(第62期総会・講演会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月18日   記述言語:日本語   開催地:福岡市  

  • 低栄養環境下の線維芽細胞における温度に依存した基質接着性変化に関する定量的評価

    本人

    日本機械学会九州支部講演論文集(第62期総会・講演会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月18日   記述言語:日本語   開催地:福岡市  

  • 頸動脈断面の力学的状態が内膜肥厚の発達に及ぼす影響に関する検討,

    本人

    平成20年度日本生体医工学会九州支部学術講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月07日   記述言語:日本語   開催地:福岡市  

  • 非対称な総頸動脈の内圧負荷に対する変形測定と残留応力解放形状に基づく応力解析

    生体機能専攻 由利和大

    日本機械学会第21回バイオエンジニアリング講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年01月23日 - 2009年01月24日   記述言語:日本語   開催地:札幌市  

  • 栄養欠乏環境下でのコラーゲンゲル包埋線維芽細胞の共焦点および光学顕微鏡による形態観察

    本人

    日本機械学会2008年度年次大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年08月03日 - 2008年08月07日   記述言語:日本語   開催地:横浜市  

  • 血管内皮細胞の基質伸展下での変形に対するばね系モデルを用いた数値シミュレーション

    本人

    日本機械学会2008年度年次大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年08月03日 - 2008年08月07日   記述言語:日本語   開催地:横浜市  

  • 圧縮荷重作用下でのコラーゲンゲルマトリックス内の細胞の変形に関する有限要素解析

    生体機能専攻,延原伸治

    日本機械学会第20回バイオエンジニアリング講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年01月25日 - 2008年01月26日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 線維モデルを用いたブタ大動脈の引張変形挙動の記述(膠原線維の非線形特性の組込)

    本人

    日本機械学会第20回計算力学講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年11月26日 - 2007年11月28日   記述言語:日本語   開催地:京田辺市  

  • Effect of the nuclear elasticity on the mechanical behavior of an image-based single endothelial cell model: Finite element modeling and analysis

    生体機能専攻 延原伸治

    Proceedings of the Third Asian Pacific Conference on Biomechanics 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年11月05日 - 2007年11月08日   記述言語:英語   開催地:日本 Tokyo  

  • 種々の開き角の動脈壁に対する有限要素解析解と厳密解との比較

    本人

    日本機械学会2007年度年次大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月09日 - 2007年09月12日   記述言語:日本語   開催地:吹田市  

  • 低酸素,低温,圧縮環境に曝された線維芽細胞の共焦点レーザ顕微鏡観察

    生体機能専攻,阿川弘明

    日本機械学会九州支部講演論文集(第60期総会・講演会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月16日   記述言語:日本語   開催地:北九州市  

  • 弾性・膠原線維と流体相からなるモデルを用いたブタ大動脈の単軸引張変形挙動の記述

    生体機能専攻,安野耕介

    日本機械学会九州支部講演論文集(第60期総会・講演会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月16日   記述言語:日本語   開催地:北九州市  

  • 細胞質と核からなる細胞全体モデルを用いた血管内皮細胞に対する有限要素解析

    本人

    日本機械学会第19回バイオエンジニアリング講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年01月07日 - 2007年01月08日   記述言語:日本語   開催地:仙台市  

  • 脱細胞血管スキャフォールドによる小口径血管の再建

    東京医科歯科大学,斉藤由紀

    日本機械学会第19回バイオエンジニアリング講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年01月07日 - 2007年01月08日   記述言語:日本語   開催地:仙台市  

  • ブタ大動脈の引張変形挙動の凍結・融解処理前後での比較

    本人

    日本機械学会第17回バイオフロンティア講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年11月11日 - 2006年11月12日   記述言語:日本語   開催地:上田市  

  • 顕著な残留ひずみを有する大動脈壁の応力解析

    本人

    日本機械学会第19回計算力学講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年11月03日 - 2006年11月05日   記述言語:日本語   開催地:名古屋市  

  • 共焦点レーザ顕微鏡を用いた基質伸展状態での内皮細胞の輪郭形状の測定

    本人

    日本機械学会2006年度年次大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月18日 - 2006年09月22日   記述言語:日本語   開催地:熊本市  

  • Comparison of the orientation and strain patterns of stress fibers in cultured endothelial cells subjected to cyclic stretch

    本人

    Abstracts of the Fifth World Congress of Biomechanics (Journal of Biomechanics) 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年07月29日 - 2006年08月04日   記述言語:英語   開催地: Germany Munich  

  • Simple method for evaluating the mean wall stress in an abdominal aortic aneurysm based on a loaded geometry: Effect of wall thickness

    本人

    Abstracts of the Fifth World Congress of Biomechanics (Journal of Biomechanics) 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年07月29日 - 2006年08月04日   記述言語:英語   開催地: Germany Munich  

  • Theoretical evaluation of the change in residual strain on the rabbit aorta with atherosclerotic plaques

    本人

    Abstracts of the Fifth World Congress of Biomechanics (Journal of Biomechanics) 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年07月29日 - 2006年08月04日   記述言語:英語   開催地: Germany Munich  

  • 基質伸展に伴う培養血管内皮細胞の変形に対するneo-Hooke体モデルによる記述

    本人

    第29回日本バイオレオロジー学会年会(日本バイオレオロジー学会誌) 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年06月15日 - 2006年06月16日   記述言語:日本語   開催地:福岡市  

  • 腹部大動脈瘤に対する応力解析手法の検討(大きく偏心した非軸対称形状の場合)

    生体機能専攻

    第55回理論応用力学講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年01月24日 - 2006年01月26日   記述言語:日本語   開催地:京都市  

  • 繊維束構造を考慮したモデルによる再生軟骨の圧縮特性の数値解析

    生体機能専攻

    日本機械学会第18回バイオエンジニアリング講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年01月13日 - 2006年01月14日   記述言語:日本語   開催地:新潟市  

  • 繰返し変形を受ける内皮細胞ストレスファイバーの3次元的配置(疎および密な分布密度の細胞間の比較)

    生体機能専攻,安藤寛和

    日本機械学会第18回バイオエンジニアリング講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年01月13日 - 2006年01月14日   記述言語:日本語   開催地:新潟市  

  • 腹部大動脈瘤に対する応力解析手法の検討(非軸対称の瘤形状の場合)

    生体機能専攻

    日本機械学会第16回バイオフロンティア講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年11月10日 - 2005年11月11日   記述言語:日本語   開催地:草津市  

  • 凍結・融解処理を施したブタ大動脈の力学特性と組織構造との関係

    本人

    日本機械学会2005年度年次大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月19日 - 2005年09月22日   記述言語:日本語   開催地:調布市  

  • Reconstructing the three-dimensional geometry of endothelial cells on unstretched and stretched substrates using confocal microscopy

    本人

    Proceedings of the Second Japan-Switzerland Workshop on Biomechanics 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月12日 - 2005年09月16日   記述言語:英語   開催地:日本 Kyoto  

  • The orientation of stress fibers at the apical/basal membranes of endothelial cells subjected to cyclic stretching

    生体機能専攻

    Proceedings of the Second Japan-Switzerland Workshop on Biomechanics 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月12日 - 2005年09月16日   記述言語:英語   開催地:日本 Kyoto  

  • 基質の伸展に対する培養血管内皮細胞の相対的変形挙動

    本人

    日本バイオレオロジー学会誌 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年07月07日 - 2005年07月08日   記述言語:日本語   開催地:仙台市  

  • 繰返し伸展下での内皮細胞内ストレスファイバーの形成過程に対するモデル化

    本人

    日本機械学会第17回バイオエンジニアリング講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年01月22日 - 2005年01月23日   記述言語:日本語   開催地:名古屋市  

  • 腹部大動脈瘤に対する応力解析手法の検討 (形状と力のつりあいに基づく解析の評価)

    本人

    日本機械学会2004年度年次大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月05日 - 2004年09月09日   記述言語:日本語   開催地:札幌市  

  • 幾何学的形状データに基づく血管の応力解析手法の比較・検討

    本人

    日本エム・イー学会誌生体医工学 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年05月19日 - 2004年05月21日   記述言語:日本語   開催地:金沢市  

  • 生理的負荷条件下でのデータに基づく腹部大動脈瘤の応力解析手法の検討

    日本機械学会第16回バイオエンジニアリング講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年01月22日 - 2004年01月23日   記述言語:日本語   開催地:北九州市  

  • 細胞膜の弾性と細胞質の流体圧を考慮した内皮細胞のモデル化に関する検討

    生体機能専攻,影山 男,

    日本機械学会第16回バイオエンジニアリング講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年01月22日 - 2004年01月23日   記述言語:日本語   開催地:北九州市  

  • 細胞の変形過程を考慮した繰返し変形下での血管内皮細胞内ストレスファイバーの配向予測

    本人

    日本機械学会第16回計算力学講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年11月22日 - 2003年11月24日   記述言語:日本語  

  • 細胞内部の力学的挙動に対する血管内皮細胞のモデル化

    生体機能専攻,高橋祐樹

    日本機械学会第14回バイオフロンティア講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月18日 - 2003年09月19日   記述言語:日本語   開催地:宮城県苅田郡蔵王町  

  • 細胞質と核からなる超弾性体モデルによる血管内皮細胞に対する有限要素解析

    生体機能専攻,影山 男

    日本機械学会2003年度年次大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年08月05日 - 2003年08月08日   記述言語:日本語   開催地:徳島市  

  • 介助者の前屈姿勢を模擬した横臥姿勢での腰椎のMRI画像計測

    本人

    日本機械学会2003年度年次大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年08月05日 - 2003年08月08日   記述言語:日本語   開催地:徳島市  

  • 血管内皮細胞の変形と繰返し変形下でのストレスファイバーの配向に関する数値解析

    本人

    第18回バイオメカニズム・シンポジウム前刷 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年07月24日 - 2003年07月26日   記述言語:日本語   開催地:大分県直入郡久住町  

  • MRI画像を用いた介助姿勢における腰椎配置の力学的評価

    日本機械学会九州支部第56期総会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年03月17日   記述言語:日本語   開催地:福岡市  

  • 培養内皮細胞の二軸変形下での有限要素解析

    日本機械学会第15回バイオエンジニアリング講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年01月21日 - 2003年01月22日   記述言語:日本語   開催地:吹田市  

  • 培養内皮細胞の変形に基づくストレスファイバーの繰返し変形下での配向に関する理論的検討

    日本機械学会第15回バイオエンジニアリング講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年01月21日 - 2003年01月22日   記述言語:日本語   開催地:吹田市  

  • 培養内皮細胞の変形と繰返し変形下でのストレスファイバー配向に関する3次元数値解析

    第16回日本エム・イー学会秋季大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年11月16日   記述言語:日本語   開催地:福岡市  

  • 基質に接着した培養内皮細胞の引張り変形下での応力・ひずみ分布に関する有限要素解析

    日本機械学会2002年度年次大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年09月25日 - 2002年09月27日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 培養内皮細胞ストレスファイバーの変形限度に基づいた繰返し変形下での3次元配向の予測

    日本機械学会第13回バイオエンジニアリング学術講演会・秋季セミナー講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年09月06日   記述言語:日本語   開催地:小樽市  

  • Prediction of three-dimensional orientation of stress fibers in cultured endothelial cells under cyclic deformation

    The 4th World Congress of Biomechanics 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年08月04日 - 2002年08月09日   記述言語:英語   開催地: Calgary, Canada  

  • 培養細胞・ストレスファイバーの2軸繰返し変形下での配向に対する理論的予測

    日本機械学会第14回バイオエンジニアリング講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年03月06日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 培養内皮細胞ストレスファイバーの繰返し変形下での3次元的配向の理論的予測

    第51回理論応用力学講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年01月22日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • Numerical simulation of the orientation of cultured cells and intracellular stress fibers under cyclic stretch: Prediction of substrate deformation from orientation data

    Switzerland-Japan Workshop: New Directions in Cellular and Tissue Biomechanics 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年09月24日 - 2001年09月28日   記述言語:英語   開催地: Les Diablerets, Switzerland  

  • 血管壁の異方変形挙動に対する非圧縮横等方超弾性体の有限要素解析プログラムの開発

    日本機械学会2001年度年次大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年08月28日   記述言語:日本語   開催地:福井市  

  • 生体軟組織の応力解析のための有限要素解析手法の開発と検証

    日本機械学会平成13年度材料力学部門講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年08月01日   記述言語:日本語   開催地:北見市  

▼全件表示

講演

  • Finite element study on the correlation between the stiffness of the sacral skin and skin surface pressure at the instant of capillary closure

    5th Switzerland-Japan Workshop on Biomechanics  2017年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月14日 - 2017年09月17日   発表言語:英語   講演種別:特別講演  

  • Experimental and computational approaches to mechanical behaviors of arteries, endothelial cells and actin stress fibers

    工学及び健康科学における計算手法に関する第2回国際会議  2015年12月 

     詳細を見る

    講演種別:基調講演   開催地:University Putra Malaysia  

科研費獲得実績

  • ヒト剖検例を用いた粥状動脈硬化病変部の不均質性が損傷・破裂に及ぼす影響の解明

    研究課題番号:26420018  2014年04月 - 2017年03月   基盤研究(C)

  • 剖検例ヒト頸動脈によるプラーク破裂に関わる材料力学情報と病理学情報との関係の解明

    研究課題番号:23560091  2011年04月 - 2014年03月   基盤研究(C)

  • 虚血環境模擬による皮膚細胞の経時的応答評価と物理環境調節による褥瘡遅延の検討

    研究課題番号:20560078  2008年05月 - 2011年03月   基盤研究(C)

  • 褥瘡発症遅延のための皮膚細胞に対するひずみ・温度・酸素分圧の複合的影響の評価

    研究課題番号:18560082  2006年05月 - 2008年03月   基盤研究(C)

  • 細胞・細胞内部の損傷現象の解析と医療応用のための血管微細構造のインフォマティクス

    研究課題番号:15086213  2003年10月 - 2007年03月   特定領域研究

  • 血管内皮細胞内の力学的場がアクチン細胞骨格形成のダイナミクスに与える影響

    研究課題番号:15560075  2003年05月 - 2005年03月   基盤研究(C)

▼全件表示

担当授業科目(学内)

  • 2021年度   計算バイオメカニクス演習

  • 2021年度   生体力学

  • 2021年度   大学院国際協働演習

  • 2021年度   数値解析法

  • 2021年度   物理学ⅡA

  • 2021年度   生体工学概論

  • 2021年度   数値解析法

  • 2020年度   計算バイオメカニクス演習

  • 2020年度   生体力学

  • 2020年度   物理学ⅡA

  • 2020年度   生体工学概論

  • 2020年度   生命体工学概論A

  • 2020年度   数値解析法

  • 2019年度   計算バイオメカニクス演習

  • 2019年度   生体力学

  • 2019年度   物理学ⅡA

  • 2019年度   生体工学概論

  • 2019年度   数値解析法

  • 2019年度   生命体工学概論A

  • 2018年度   物理学ⅡA

  • 2018年度   生体力学

  • 2018年度   計算バイオメカニクス演習

  • 2018年度   生命体工学概論

  • 2018年度   生体工学概論

  • 2018年度   数値解析法

  • 2017年度   生命体工学概論

  • 2017年度   生体工学概論

  • 2017年度   物理学ⅡA

  • 2017年度   数値解析法

  • 2017年度   生体力学

  • 2017年度   計算バイオメカニクス演習

  • 2016年度   数値解析法

  • 2016年度   生体力学

  • 2016年度   物理学ⅡA

  • 2016年度   生命体工学概論

  • 2016年度   計算バイオメカニクス演習

  • 2016年度   生体工学概論

  • 2015年度   数値解析法

  • 2015年度   計算バイオメカニクス演習

  • 2015年度   物理学ⅡA

  • 2015年度   生体力学

  • 2015年度   生体工学概論

  • 2014年度   数値解析法

  • 2014年度   生体力学

  • 2014年度   計算バイオメカニクス演習

  • 2014年度   物理学ⅡA

  • 2014年度   生体工学概論

  • 2013年度   計算バイオメカニクス演習

  • 2013年度   生体力学

  • 2013年度   物理学ⅡA

  • 2013年度   生体工学概論

  • 2013年度   数値解析法

  • 2012年度   計算バイオメカニクス演習

  • 2012年度   生体力学

  • 2012年度   物理学ⅡA

  • 2012年度   数値解析法

  • 2012年度   生体工学概論

  • 2011年度   生体機能概論

  • 2011年度   生体工学概論

  • 2011年度   物理学ⅡA

  • 2011年度   生体力学

  • 2011年度   計算バイオメカニクス演習

  • 2011年度   数値解析法

▼全件表示

学会・委員会等活動

  • Computer Methods in Biomechanics and Biomedical Engineering   Editorial Board member  

    2020年01月 - 現在