和田 親宗 (ワダ チカムネ)

WADA Chikamune

写真a

職名

教授

研究室住所

福岡県北九州市若松区ひびきの2-4

研究分野・キーワード

福祉工学、生体計測、生体情報、生体医工学、ヒューマンインタフェース

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

093-695-6048

研究室FAX

093-695-6048

ホームページ

http://www.brain.kyutech.ac.jp/~wada

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1996年03月  北海道大学  工学研究科  生体工学  博士課程・博士後期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  博士(工学)  1996年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年08月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院生命体工学研究科   人間知能システム工学専攻   教授  

  • 2014年04月
    -
    2016年07月

    九州工業大学   大学院生命体工学研究科   人間知能システム工学専攻   准教授  

  • 2013年04月
    -
    2014年03月

    九州工業大学   大学院生命体工学研究科   脳情報専攻   准教授  

  • 2007年04月
    -
    2013年03月

    九州工業大学   大学院生命体工学研究科   生体機能専攻   准教授  

  • 2001年04月
    -
    2007年03月

    九州工業大学   大学院生命体工学研究科   助教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    2001年03月

    北海道大学電子科学研究所   助手   日本国

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年07月
     

    16th International Conference on Computers Helping People with Special Needs  ドイツ連邦共和国

  • 2017年10月
    -
    2018年06月
     

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2018  日本国

  • 2017年07月
    -
    2018年03月
     

    平成29年度ふくおか地域貢献活動サポート事業「タブレット端末インストラクター養成事業の推進に関する協議体」  日本国

  • 2017年01月
    -
    2017年08月
     

    見えない・見えにくい人のための福祉機器展in北九州2017 実行委員会  日本国

  • 2016年07月
    -
    2017年03月
     

    平成28年度ふくおか地域貢献活動サポート事業「タブレット端末インストラクター養成事業の推進に関する協議体」  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • リハビリテーション科学・福祉工学

  • 計測工学

  • 生体医工学・生体材料学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Evaluation of a Commercial Force Sensor for Real Time Applications

    1. Ahmed M. M. Almassri, Wan Zuha Wan Hasan, Chikamune Wada and Keiichi Horio

    ICIC Express Letters, Part B: Applications    11 ( 5 ) 421 - 426   2020年05月  [査読有り]

    DOI

  • Validation of a body-conducted sound sensor for respiratory sound monitoring and a comparison with several sensors

    Joyashiki T., Wada C.

    Sensors (Switzerland)    20 ( 3 )   2020年02月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2020 by the authors. Licensee MDPI, Basel, Switzerland. article distributed under the terms and conditions of the Cr. The ideal respiratory sound sensor exhibits high sensitivity, wide-band frequency characteristics, and excellent anti-noise properties. We investigated the body-conducted sound sensor (BCS) and verified its usefulness in respiratory sound monitoring through comparison with an air-coupled microphone (ACM) and acceleration sensor (B & K: 8001). We conducted four experiments for comparison: 1) estimation by equivalent circuit model of sensors and measurement by a sensitivity evaluation system; 2) measurement of tissue-borne sensitivity-to-air-noise sensitivity ratio (SRTA); 3) respiratory sound measurement through a simulator; and 4) actual respiratory sound measurement using human subjects. For 1), the simulation and measured values of all the sensors showed good agreement; BCS demonstrated sensitivity ~10 dB higher than ACM and higher sensitivity in the high-frequency segments compared with 8001. In 2), BCS showed high SRTA in the 600–1000 and 1200–2000-Hz frequency segments. In 3), BCS detected wheezes in the high-frequency segments of the respiratory sound. Finally, in 4), the sensors showed similar characteristics and features in the high-frequency segments as the simulators, where typical breathing sound detection was possible. BCS displayed a higher sensitivity and anti-noise property in high-frequency segments compared with the other sensors and is a useful respiratory sound sensor.

    DOI Scopus

  • Effects of the Characteristics and Duration of Chronic Pain on Psychosomatic Function in the Community-Dwelling Elderly Population

    Hida M., Nakamura M., Imaoka M., Nakao H., Tasaki F., Omizu T., Takeda M., Ohnishi T., Wada C.

    Pain Research and Management    2020   2020年01月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2020 Mitsumasa Hida et al. Catastrophic thinking is related to pain intensity and the degree of disability and influences pain care significantly. However, only few studies have investigated the impact of catastrophic thinking on chronic pain (CP) in the community-dwelling elderly population. This study aimed to evaluate the characteristics of CP in the community-dwelling elderly population and to investigate the effects of different periods of CP on cognitive and psychological functions. A total of 187 community-dwelling elderly people met the inclusion criteria and were included in this cross-sectional study. The survey items included demographic data (age and gender), pain-related questionnaires, psychological and cognitive functions, and sleep status. The duration of CP was investigated using three categories: no pain and pain for ≤1 year and ≥1 year. A logistic regression analysis was performed to identify the factors most strongly associated with the presence of CP. The difference in each assessment was compared according to duration of CP among the three groups and analyzed using the chi-square test, Kruskal-Wallis test, and one-way analysis of variance. The PCS scores and depression scores were significantly higher in long duration of CP compared with no pain and pain for ≤1 year. The present study is consistent with the fear-avoidance model and was concluded that community-dwelling elderly people with CP are depressive and tend to magnify their pain with long duration of CP.

    DOI Scopus

  • 松葉杖長推計法の妥当性の検証と新しい推計法の提案

    3. 永﨑孝之,二宮省悟,赤木海斗,秋山ゆり,一丸貴代香,内山優,工藤孝彦,近藤佑吏,菅原菜央,中尾文香,平井莉麻,水上健太,吉村大輔,和田親宗

    リハビリテーション・エンジニアリング    35 ( 1 ) 27 - 33   2020年01月  [査読有り]

  • Measurement System for the Clothing Pressure of a Spinal Orthosis using Multiple Pressure Sensors

    6. Koji Sakamoto, Kodai Kitagawa, Yuji Katae, Naoki Chijiwa, Aki Kuwazono, Hisashi Arizono, Chikamune Wada

    Journal of Mechanical and Electrical Intelligent System    3 ( 1 ) 1 - 9   2020年01月  [査読有り]

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • ヒトの運動機能と移動のための次世代技術開発(共著)

    和田親宗 ( 共著 , 担当範囲: 163-168ページ:ユビキタスリハビリテーション 第1節開発動向 )

    エヌ・ティー・エス  2014年02月

  • 福祉技術ハンドブック(共著)

    和田親宗 ( 共著 , 担当範囲: 248-251ページ: 2.3.5タクタイルエイド )

    朝倉書店  2013年10月

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 足底圧情報による起立介助者の足部位置推定法の提案

    北川広大

    第34回リハ工学カンファレンス  2019年08月  -  2019年08月   

  • 松葉杖長適合基準の妥当性の検討

    永﨑孝之

    第34回リハ工学カンファレンス  2019年08月  -  2019年08月   

  • ベッド上での体位変換介助における介助者の足部配置と腰部負荷の関係

    松本光司

    第34回リハ工学カンファレンス  2019年08月  -  2019年08月   

  • 実装条件における体導音センサと空気伝導型マイクロホンの特性と比較

    城屋敷健志

    2019年日本生体医工学会九州支部学術講演会  2019年03月  -  2019年03月   

  • 杖型計測装置による日常動作の識別方法の提案

    黄贇初

    2019年日本生体医工学会九州支部学術講演会  2019年03月  -  2019年03月   

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 起立動作誘導システム

    特願 '特願2013-119718  日本国

    和田親宗,藤本司

  • 視覚無しでの方向誘導システム

    特願 '特願2009-42876  日本国

    和田親宗,杉村行信,米田悠

  • 歩行訓練支援装置

    特願 '特願2005-023501  特許 特許第4581087  日本国

    和田親宗

  • 人体部位位置及び生体情報の計測システム

    特願 '特許願第2003-355131  日本国

    和田親宗

  • 手のひら書き入出力システム

    特願 '特願2002-201934  日本国

    和田親宗

全件表示 >>

講演 【 表示 / 非表示

  • Introduction of Assistive Technology

    Symposium on Control System and Signal Processing: Technologies, Application and Control (SymCSSP2019) ( Kajang, Malaysia )  2019年04月01日 

  • Introduction of Assistive Technology

    The 5th International Conference on Electrical, Electronics, and Information Engineering   2017年10月07日 

  • Introduction of Laboratory of Human-function Substitution System

    Lecture for The State University of Malang   2017年10月06日 

  • Physical Measurement for Human Assistive Technology

    International Conference on Communication and Computing Systems 2016   2016年10月 

  • 医療・福祉と工学

    第37回臨床歩行分析研究会定例会   2015年10月18日 

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会 ISS功労賞

    2016年06月   電子情報通信学会   日本国

    受賞者:  和田親宗

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 松葉杖歩行時の脇当て脱落による転倒リスクを軽減する松葉杖構造の変更に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月

    研究課題番号:  15K01446

  • 場所を選ばず身体への負荷が少ない起立動作姿勢推定システムの開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月

    研究課題番号:  15K01461

     概要を見る

    椅子からの起立動作は日常生活で頻繁に行う動作であり,生活の質を決める重要な要素の一つである.動力を使って椅子座面を持ち上げ,起立動作を補助する装置はあるものの,使用者の残存能力を活かしたものではなく,装置使用によって起立機能の低下を招く可能性もある.この課題を解決するためには,起立動作を自律的にかつ簡便に推定し,起立動作に不足している力を補助するような装置制御法の開発が必要である.本研究は,申請者の起立動作を二つの相に分け,各々に対して重心位置や姿勢の推定に関するこれまでの研究で得られた知見をもとに,起立動作姿勢推定手法の開発を行う.さらに,姿勢に応じて起立動作補助に必要な力の推定を行い,起立動作支援装置の制御方法を確立する.

  • ホームケアをサポートする人間生活調和型コンパクトアクチュエータの総合的研究

    基盤研究(A)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月

    研究課題番号:  25242057

     概要を見る

    水素吸蔵合金アクチュエータを用いて上肢麻痺者の腕を動かす装置の開発研究

  • 松葉杖転倒危険因子の解明

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月

    研究課題番号:  25560273

     概要を見る

    既存の松葉杖の改良研究であり、杖挙動を計測する装置の開発を行う。

  • 複数刺激の同時呈示による手掌部への温冷刺激呈示法に関する研究

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2013年04月  -  2014年03月

    研究課題番号:  25560288

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 九工大世界トップ技術 vol.2

    2008年04月
     
     
     

     概要を見る

    「自分の手で食事をしたい -腕の動きを支援するロボット-」203-211ページ、を担当

  • 九工大世界トップ技術 vol.1

    2006年06月
     
     
     

     概要を見る

    「目を通じて足を動かす -片麻痺者の歩行支援技術-」148-151ページ、を担当

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度  人間機能代行システム

  • 2019年度  国内インターンシップ2

  • 2019年度  国際インターンシップ

  • 2019年度  国内インターンシップ1

  • 2019年度  数値解析法

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2020年01月
    -
    2020年08月

    見えない・見えにくい人のための福祉機器展in北九州2020 実行委員会   委員

  • 2019年10月
    -
    2020年09月

    17th International Conference on Computers Helping People with Special Needs   International Programme Committee member

  • 2019年05月
    -
    2021年05月

    電子情報通信学会   情報・システムソサイエティ 副会長(編集会議担当)

  • 2019年01月
    -
    2019年08月

    見えない・見えにくい人のための福祉機器展in北九州2019 実行委員会   委員

  • 2018年01月
    -
    2018年08月

    見えない・見えにくい人のための福祉機器展in北九州2018 実行委員会   委員

全件表示 >>

社会貢献活動(講演会・出前講義等) 【 表示 / 非表示

  • 第21回西日本国際福祉機器展にデモ機器を出展

    2019年11月
     
     

     概要を見る

       

  • 見えない・見えにくい人のための福祉機器展in北九州2019にデモ機器出展

    2019年08月
     
     

     概要を見る

       

  • 第20回西日本国際福祉機器展にデモ機器を出展

    2018年11月
     
     

     概要を見る

       

  • 話せないことと、その支援方法

    2015年11月
     
     

     概要を見る

    山口県立豊浦高校

  • 話せないことと、その支援方法

    2014年09月
     
     

     概要を見る

    長崎県立猶興館高等学校

全件表示 >>

ベンチャー企業設立 【 表示 / 非表示

  • (株)マリス creative design

    2018年06月15日  情報通信業  顧問

 

国際会議の開催 【 表示 / 非表示

  • Third international conference on computational methods in engineering and health sciences 2016

    2016年12月17日  -  2016年12月18日 

  • International Conference on Human Computer Interaction 2013

    USA  2013年07月22日  -  2013年07月26日 

  • The 10th Asia Pacific Conference on Computer Human Interaction(2012)

    2012年08月28日  -  2012年08月31日 

  • The 7th Asia-Pacific Conference on Computer-Human Interaction

    台湾  2006年10月  -  2006年10月 

国際交流窓口担当 【 表示 / 非表示

  • ブラウィジャヤ大学 コンピュータ科学部  2019年02月  -  継続中

  • 国立台湾大学 工学院  2017年08月  -  継続中

  • 国立陽明大学  2017年05月  -  継続中