西田 健 (ニシダ タケシ)

NISHIDA Takeshi

写真a

職名

特任教授

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

研究分野・キーワード

確率的制御, 屋外ロボット, メタヒューリスティクス

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

093-884-3190

研究室FAX

093-861-1159

ホームページ

http://lab.cntl.kyutech.ac.jp/~nishida/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1998年03月   九州工業大学   工学部   設計生産工学科   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2002年03月  九州工業大学  工学研究科  設計生産工  博士課程・博士後期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州工業大学 -  博士(工学)  2002年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   オープンイノベーション推進機構   特任教授  

  • 2013年04月
    -
    2020年03月

    九州工業大学   大学院工学研究院   機械知能工学研究系   准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    継続中
     

    計測自動制御学会九州支部  日本国

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    計測自動制御学会  日本国

  • 2007年04月
    -
    継続中
     

    電子情報通信学会  日本国

  • 2007年04月
    -
    継続中
     

    日本神経回路学会  日本国

  • 2007年04月
    -
    継続中
     

    電気学会  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 知能機械学・機械システム

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ウェブ搬送系の分散制御

    分散制御、セルフチューニング制御  

    研究期間: 2010年04月  -  継続中

     概要を見る

    フィルムなどの薄膜素材の製造工程で重要な制御系の開発。

論文 【 表示 / 非表示

  • Robot path planning by LSTM network under changing environment

    Inoue M., Yamashita T., Nishida T.

    Advances in Intelligent Systems and Computing    759   317 - 329   2019年01月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2019, Springer Nature Singapore Pte Ltd. Path planning is an important function for executing autonomous moving robots, and many path planning methods that satisfy various constraints, such as avoiding obstacles and energy efficiency, have been proposed. However, these conventional methods have several difficulties for apply to the actual applications, such as the instability, low reproducibility, huge training data set required. Therefore, we propose a novel robot path planning method that combines the rapidly exploring random tree (RRT) and long short-term memory (LSTM) network. In this method, numerous and good paths are generated in the robot configuration space by the RRT method, a convolutional autoencoder and LSTM combination network is trained by them. The proposed method overcomes the difficulty of general methods with neural networks, i.e., “the acquisition of a large amount of training data.” Moreover, the difficulty of general random based methods, i.e., “the reproducible path generation” is resolved with high-speed.

    DOI Scopus

  • Journal of Robotics and Mechatronics

    Barbie Thibault, Nishio Takaki, Nishida Takeshi

    Journal of Robotics and Mechatronics  ( 富士技術出版株式会社 )  31 ( 3 ) 493 - 499   2019年01月  [査読有り]  [招待有り]

     概要を見る

    <p>Conventional motion planners do not rely on previous experience when presented with a new problem. Trajectory prediction algorithms solve this problem using a pre-existing dataset at runtime. We propose instead using a conditional variational autoencoder (CVAE) to learn the distribution of the motion dataset and hence to generate trajectories for use as priors within the traditional motion planning approaches. We demonstrate, through simulations and by using an industrial robot arm with six degrees of freedom, that our trajectory prediction algorithm generates more collision-free trajectories compared to the linear initialization, and reduces the computation time of optimization-based planners.</p>

    DOI CiNii

  • Specific Object Recognition and Tracking by Cascade Connection of Different Types of CNNs and a Time-series Filter

    T. Nishio, T. Nishida

    Proc. of International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems    7 ( 11 )   2018年11月  [査読有り]

  • Automatic Calibration of Industrial Robot and 3D Sensors using Real-Time Simulator

    Ninomiya Y., Arita Y., Tanaka R., Nishida T., Giannoccaro N.

    2018 International Conference on Information and Communication Technology Robotics, ICT-ROBOT 2018      2018年11月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2018 IEEE. We propose an automatic calibration method of a 3D sensor using a real-time simulator. With this method, the relative posture of a real sensor is estimated by obtaining the rigid body coordinate transformation that associates the virtual and real sensors in real-time. Moreover, the results of applying the method to a real system and verifying its effectiveness are shown.

    DOI Scopus

  • 磁力を用いる構造が簡単な柔軟ロボットグリッパ

    津上 祐典, 桑野 僚大, 西田 健

    日本ロボット学会誌    36 ( 8 ) 520 - 524   2018年11月  [査読有り]

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 実用ロボット開発のためのROSプログラミング

    西田 健, 森田 賢, 岡田 浩之, 原 祥尭, 山崎 公俊, 垣内 洋平, 田向 権, 齋藤 功, 大川 一也, 田中 良道, 有田 裕太, 石田 裕太郎 ( 共著 , 担当範囲: 全ページ )

    森北出版  2018年10月 ISBN: 978-4-627-67581-0

  • 人工知能”の導入による生産性、効率性の向上、新製品開発への活用

    西田 健 ( 共著 , 担当範囲: 第13章, 4節, "次世代産業ロボットのためのAIとクラウド技術", pp. 298-305, )

    技術情報協会  2018年05月 ISBN: 978-4-8610-4713-8

  • ウェブ搬 送プロセスにおける制御技術とトラブル対策

    平山 正廣, 杉山 征人, 西田 健, 鈴木 輝夫, 矢鍋 重夫 ( 共著 , 担当範囲: 第3章, システム制御における張力制御 )

    R&D  2018年03月 ISBN: 987-4-9055-0723-9

  • 車載センシング技術の開発と ADAS、自動運転システムへの応用

    西田健 ( 共著 , 担当範囲: 第5章第3節 )

    技術情報協会  2017年05月 ISBN: 978-4-8610-4658-2

  • ウェブ” ロールtoロールの搬送、巻取り技術   そのトラブル発生メカニズムと対策, "フィルム搬送および巻取りにおける速度と張力の制御"

    西田 健, 坂本 哲三 ( 共著 )

    技術情報協会  2013年11月 ISBN: 978-4-8610-4479-7

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 産業用ロボットのためのソフトグリッパ

    西田 健

    日本ロボット学会誌  2019年01月  -  2019年01月   

     概要を見る

    <p></p>

    CiNii

  • 駆動モジュールの脱着により車輪数を変更できる環境計測ロボットの開発

    山下 翔

    ロボティクス・メカトロニクス講演会  (北九州)  2018年06月  -  2018年06月    機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門

  • カスケード接続した機能の異なるCNNと時系列フィルタによる特定物体の認識と追跡

    西尾

    ロボティクス・メカトロニクス講演会  (北九州)  2018年06月  -  2018年06月    機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門

  • 対象物の空間中の動作とヒトの把持動作の計測に基づく産業用ロボットの実演教示

    二宮

    ロボティクス・メカトロニクス講演会  (北九州)  2018年06月  -  2018年06月    機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門

  • リカレント型ニューラルネットワークとRapidly-exploring Random Treeによる環境変化に適応可能なパスプランニング

    山下

    ロボティクス・メカトロニクス講演会  (北九州)  2018年06月  -  2018年06月    機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • REFORMED MAGNETIC FLUID, AND GRIPPING MECHANISM AND GRIPPING DEVICE WHICH USE REFORMED MAGNETIC FLUID

    特願 PCT/JP2015/059671  日本国

    Takeshi Nishida, Yuki Okatani, Kenichi Kunimoto

  • 改質磁性流体及びこの改質磁性流体を用いた把持機構並びに把持装置

    特願 2014-072632  日本国

    西田健, 岡谷勇希, 國本研一

  • 改質MR流体及びこの改質MR流体を用いた把持機構並びに把持装置

    特願 特願2015-042982  日本国

    西田健, 岡谷勇希, 國本研一

講演 【 表示 / 非表示

  • 産業のためのAIとロボット

    ソフトウェア開発マネジメント交流会議   2018年03月02日 

  • 次世代産業用ロボット

    ひびきのサロン   2018年02月09日  FAIS

  • スマート産業用ロボットの創出

    Deeptech FUKUOKA ( アクロス福岡円形ホール )  2017年12月11日 

  • AIで進化する次世代のものづくり

    テクノアイ 2017 in 九州  ( 西鉄グランドホテル )  2017年11月21日  清水建設株式会社

  • スマート産業用ロボットの創出(未来の産業用ロボット)

    リバネス講演会 ( 東京 )  2016年10月05日  リバネス

全件表示 >>

報道関係 【 表示 / 非表示

  • 人とロボットの共生

    NHK「おはよう日本」  2017年05月10日

    田中両道, 浦環, 西田健

  • 人とロボット二人三脚 Part 3 技術動向, 各社が磨く強調ロボットの強み, 技術から見る生産現場の未来

    日経ものづくり 5月号  2017年05月01日

    西田健

  • 人間とロボットなどの駅伝大会

    NHK「ニュースブリッジ北九州」  2017年04月20日

    田中両道, 浦環, 西田健

  • ロボット作業習得早く AIの学習,人が補い効率化 九工大がシステム 安川電機,実用化へ協力

    日経新聞  2016年10月08日

    西田健

  • ものを動かすための人工知能

    読売新聞  2016年10月03日

    西田健

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • SI2017優秀講演賞

    2017年12月23日   計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会実行委員会   日本国

    受賞者:  福崎 琢也, 津上 祐典, 西田 健

  • ICT-ROBOT 2017 Best Paper Award

    2017年11月25日   ICT-ROBOT   日本国

    受賞者:  Y. Tsugami, T. Nishida

  • ICT-ROBOT 2016 Best Student Paper Award

    2016年09月09日   ICT-ROBOT   大韓民国

    受賞者:  Y. Arita, E. di Maria, R. Gallone, L. Capodieci, K. Okubo, N. I. Giannoccaro, M. Shige-eda, T. Nishida

  • Innovate hack Kyushu 優秀賞およびロボット賞

    2016年09月06日   日本IBM   日本国

    受賞者:  Nishida Lab.

  • FAN2015最優秀論文賞

    2015年09月25日   FANシンポジウム運営委員会   日本国

    受賞者:  森田 賢, 西田 健

全件表示 >>

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • パーティクルフィルタによるセンサの故障検知・隔離・回復

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月

    研究課題番号:  16K06418

  • 物理層と意味層の2階層からなるセンサコンテキスト推定技術

    基盤研究(B)

    研究期間:  2014年04月  -  2019年03月

    研究課題番号:  26280041

     概要を見る

    物理層と意味層の2階層からなるセンサコンテキスト推定技術を開発する。

  • センサ信号の確からしさを確率論に基づいて定量化する技術の確立と制御系構成法の提案

    若手研究(B)

    研究期間:  2014年04月  -  2016年03月

    研究課題番号:  26820167

     概要を見る

    数十から数百の複数異種のセンサを備えた装置の、仕様要求の高度化と高信頼化を両立させる新しい技術の創出が待ち望まれている。そこで本研究は、複数異種のセンサ群から高信頼の信号を選択的に抽出し、ノイズに対する頑健性を飛躍的に向上させる新たな制御系構成法の確立を目的とする。そのために、センサ信号の確からしさを確率論に基づいて定量化する技術を確立し、それを有効に利用する制御系構成法を提案する。すなわち、パーティクルフィルタの推定値に基づく状態フィードバック制御系を構成し、新たに確率分布評価器およびフィードバック目標値発生器を統合した制御システムの構築と性能検証を行う。

  • 競合連想ネットの逐次学習法の変形とその区分的線形近似能力の非線形問題への応用

    基盤研究(B)

    研究期間:  2004年04月  -  2007年03月

    研究課題番号:  16300070

受託研究・共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • スマートモビリティシステム研究開発・実証事業革新的周辺環境認識技術の開発

    受託研究

    研究期間:  2016年08月  -  2017年03月

  • ニューラルネットワークを用いたペットの行動解析に関する共同研究

    共同研究

    研究期間:  2016年06月  -  2017年05月

  • 新たな搬送機構の開発

    共同研究

    研究期間:  2016年06月  -  2017年03月

  • 次世代高度運転支援システム研究開発・実証プロジェクトに係るセンサ評価用障害物認識技術開発

    受託研究

    研究期間:  2015年05月  -  2016年03月

  • 万能ロボットハンドを用いるマニピュレータシステムの開発

    共同研究

    研究期間:  2015年04月  -  2016年02月

全件表示 >>

寄附金・講座 【 表示 / 非表示

  • 学術研究のため

    前田機工株式会社  2016年03月

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 北九州市における完全自動運転の社会実証に向けた調査

    提供機関:  北九州市 

    研究期間:  2015年07月  -  2016年02月

  • 理論知識型AIとデータ駆動型AIの統合による自動運転用危険予測装置の構築と公道実証

    提供機関:  NEDO 

    研究期間:  2015年06月  -  2019年03月

  • 万能ハンドを用いるマニピュレータシステムの開発

    提供機関:  北九州産業学術推進機構 

    研究期間:  2015年04月  -  2016年02月

  • 完全自動運転の実現に向けた全天候性環境認識システムのためのセンサーフュージョン技術の創出

    提供機関:  北九州産業学術推進機構 

    研究期間:  2015年04月  -  2016年02月

  • 超関数周波数推定手法による生態信号の超高速推定

    提供機関:  JST 

    研究期間:  2014年07月  -  2014年10月

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • オンライン書籍が15000回以上のダウンロード達成

    2017年02月
    -
    継続中
     

     概要を見る

    2008年の電子書籍「Computer Vision」のブックチャプタ「Development of Pilot Assistance System with Stereo Vision for Robot Manipulation」が15000回以上ダウンロードされた。

    ==お知らせのメール抜粋=====
    Dear Prof. Nishida,

    We are pleased to inform you that your chapter has been downloaded 15000 times to date.

    CHAPTER TITLE: Development of Pilot Assistance System with Stereo Vision for Robot Manipulation
    BOOK TITLE: Computer Vision

    We congratulate you on this achievement.

    Such readership results demonstrate some very important factors about the reach and usage of your InTechOpen published research.

  • つくばチャレンジ2016においてマイルストーン3達成

    2016年04月
    -
    2017年03月
     

     概要を見る

    自律走行ロボットの屋外実証実験である「つくばチャレンジ2016」に参加し、課題達成のマイルストーン3(2km区間の自律走行)を達成し、その達成認定証を授与された。
    つくばチャレンジは、 ロボットが、人が普通に生活する環境(Real World)の中で人と共存し、 環境との親和性を保ち、確実に働くための技術を目指すチャレンジである。自律移動型ロボットが、 つくば市街地の決められたコースを安全に走行し、指定された物や人を探索することを課題にしている。
    当該実証実験への最遠方からの参加者であるにもかかわらず、現地到着後、最短時間で実験走行を実施し成功させたことも、周囲の参加者から大きく称賛された。

  • つくばチャレンジ2015においてマイルストーン2達成

    2015年04月
    -
    2015年11月
     

     概要を見る

    自律走行ロボットの屋外実証実験である「つくばチャレンジ2015」に参加し、課題達成のマイルストーン2(1km区間の自律走行)を達成した。これは全50チームに中、走行距離で5位の成績であり、その達成認定証を授与された。
    つくばチャレンジは、 ロボットが、人が普通に生活する環境(Real World)の中で人と共存し、 環境との親和性を保ち、確実に働くための技術を目指すチャレンジである。自律移動型ロボットが、 つくば市街地の決められたコースを安全に走行し、指定された物や人を探索することを課題にしている。
    当該実証実験への最遠方からの参加者であるにもかかわらず、現地到着後、最短時間で実験走行を実施し成功させたことも、周囲の参加者から大きく称賛された。

  • ウェブ公開のブックチャプターが12000回以上のダウンロード達成

    2015年02月
    -
    継続中
     

     概要を見る

    以下の文面にて、7年前に公開された著書が12000回以上ダウンロードされたことがわかった。

    Dear Prof. Nishida,

    We are pleased to inform you that your paper "Development of a Sensor System for an Outdoor Service Robot" has achieved impressive readership results. The chapter you have published with InTech in the book "Advances in Service Robotics" has so far been accessed 12000 times. Congratulations on the significant impact that your work has achieved to date.

    The top downloads of your paper are from the following five countries:
    India
    United States of America
    China
    Japan
    Canada


    More information and statistics regarding your paper can be found on your Author Panel:
    http://www.intechopen.com/account/login

    If you are interested in additionally disseminating your work, there you will also find the necessary guidelines.

    The book containing your paper can be directly accessed at this link:

    http://www.intechopen.com/books/show/title/advances_in_service_robotics

    We congratulate you once again on your success.
    InTech Author Stats
    ______________________________
    InTech - open science, open minds
    Email: authorstats@intechopen.com
    Website: http://www.intechopen.com/

    Phone: +385 (51) 770 447
    Fax: +385 (51) 686 166

    Janeza Trdine 9
    51000 Rijeka, Croatia
    --
    The information contained in this document are confidential and are intended only for the recipient. The contents may not be disclosed publicly. If you are not the intended recipient(s), any use, disclosure, copying, or distribution is prohibited and may be unlawful. If you have received this document in error, please notify us by e-mail at info@intechopen.com then delete the document and any copies thereof. This communication is part of InTech's publishing activity and is not intended for unauthorized use or distribution.

  • 北九州学術研究都市産学連携フェアに研究成果を出展

    2014年10月
     
     
     

     概要を見る

    新たな産業用ロボットアームを展示した。

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度  確率システム制御特論

  • 2019年度  知能制御応用

  • 2019年度  プロセス制御

  • 2018年度  制御系解析

  • 2018年度  確率システム制御特論

全件表示 >>

FD活動への参加 【 表示 / 非表示

  • 2015年11月24日   平成27年度九州工業大学教員研修参加

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • つくばチャレンジ2017参加

    2017年04月
    -
    2018年03月

     概要を見る

    自律走行ロボットの国内コンテストである「つくばチャレンジ2017」への参加を希望する学生有志の指導、および顧問を担当した。
    九州工業大学から援助をいただき、セニアカーをベースに自律走行するロボットを製作し、つくば市街地を走行させた。

  • つくばチャレンジ2016参加

    2016年04月
    -
    2017年03月

     概要を見る

    自律走行ロボットの国内コンテストである「つくばチャレンジ2016」への参加を希望する学生有志の指導、および顧問を担当した。
    九州工業大学から援助をいただき、セニアカーをベースに自律走行するロボットを製作し、つくば市街地を走行させた。

  • つくばチャレンジ2015参加

    2015年04月
    -
    2016年03月

     概要を見る

    自律走行ロボットの国内コンテストである「つくばチャレンジ2015」への参加を希望する学生有志の指導、および顧問を担当した。
    九州工業大学から夢プランという名称の戦略経費を頂き、セニアカーをベースに自律走行するロボットを製作し、つくば市街地を走行させた。

  • 社会ロボット具現化センタートマトロボット競技会に参加

    2015年04月
    -
    2016年03月

     概要を見る

    社会ロボット具現化センターが主催した、第2回トマトロボット競技会に参加し、予選を通過した。本戦で敗退したものの、参加学生の技術力向上に大いに貢献した。

  • つくばチャレンジ2014参加

    2014年04月
    -
    2015年03月

     概要を見る

    自律走行ロボットの国内コンテストである「つくばチャレンジ2011」への参加を希望する学生有志の指導、および顧問を担当した。
    九州工業大学から夢プランという名称の戦略経費を頂き、セニアカーをベースに自律走行するロボットを製作し、つくば市街地を走行させた。

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年05月
     
     

    NEDO技術委員会   AIシステム共同開発支援事業 採択審査委員会 第三委員会 委員長

  • 2018年05月
     
     

    NEDO技術委員会   AIシステム共同開発支援事業 採択審査委員会 第二委員会 委員長

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    阿蘇大橋地区斜面防災対策施工委員会   阿蘇大橋地区斜面防災対策施工委員

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    ICT-ROBOT   International Advisory Committee of ICT-ROBOT2017

  • 2016年04月
    -
    継続中

    つくばチャレンジ実行委員会   つくばチャレンジ実行委員

全件表示 >>

社会貢献活動(講演会・出前講義等) 【 表示 / 非表示

  • 学長記者懇談会

    2018年05月
     
     

     概要を見る

    デンソーLeanAutomation共同研究講座設立について、学長記者懇談会で講演を行った。

  • 明専会東京支部春季講演会

    2018年04月
     
     

     概要を見る

    明専会東京支部春季講演会において講演した。

  • 新技術説明会

    2017年12月
     
     

     概要を見る

    発明について講演した。

  • 高校見学対応

    2016年10月
     
     

     概要を見る

    嘉穂東高等学校

  • 高専見学対応

    2016年03月
     
     

     概要を見る

    宇部高専 機械工学科

全件表示 >>

ベンチャー企業設立 【 表示 / 非表示

  • KiQ Robotics 株式会社

    2019年04月25日  製造業  取締役(最高技術責任者)

 

国際会議の開催 【 表示 / 非表示

  • Joint 7th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 15th International Symposium on Advanced Intelligent Systems

    2014年12月03日  -  2014年12月06日 

その他国際交流活動 【 表示 / 非表示

  • UPM短期受入れプログラム

    活動期間:  2018年07月  -  2018年07月

     概要を見る

    ラボツアー開催

  • フランスロレーヌ大学との共同ワークショップの開催

    活動期間:  2018年03月  -  2018年03月

     概要を見る

    九工大から4名、ロレーヌ大学からは5名の研究者や多数の学生が参加するワークショップを、ロレーヌ大学で開催した。
    本ワークショップの九工大側の主催を務めた。

  • フランスロレーヌ大学との共同研究

    活動期間:  2017年04月  -  2018年03月

     概要を見る

    Erasmus+に基づき、フランスロレーヌ大学からヘナフ教授を招聘し、九工大で5コマの講義を開催した。

  • 短期訪問学生の受け入れと指導

    活動期間:  2017年03月  -  2018年06月

     概要を見る

    イタリアサレント大学からRoberto Volgoを受け入れ、指導した。

  • 短期訪問学生の受け入れと指導

    活動期間:  2017年03月  -  2018年06月

     概要を見る

    イタリアサレント大学からLucrezia Petruzzoを受け入れ、指導した。

全件表示 >>