福田 豊 (フクダ ユタカ)

FUKUDA Yutaka

写真a

職名

准教授

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

研究分野・キーワード

省電力化, 無線LAN,Mesh Network,Multi-hop

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

093-884-3470

研究室FAX

093-884-3475

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州工業大学 -  博士(情報工学)   2005年03月

  • 九州工業大学 -  修士(情報工学)  2002年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   情報基盤センター   准教授  

  • 2007年04月
    -
    2020年03月

    九州工業大学   情報科学センター   助教  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中
     

    情報処理学会  日本国

  • 2003年04月
    -
    継続中
     

    電子情報通信学会  日本国

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A Cause-Based Classification Approach for Malicious DNS Queries Detected Through Blacklists

    A. Satoh, Y. Nakamura, Y. Fukuda, K. Sasai, G. Kitagata

    IEEE Access  ( IEEE )  7   142991 - 143001   2019年09月  [査読有り]

     概要を見る

    Some of the most serious security threats facing computer networks involve malware. To prevent this threat, administrators need to swiftly remove the infected machines from their networks. One common way to detect infected machines in a network is by monitoring communications based on blacklists. However, detection using this method has the following two problems: no blacklist is completely reliable, and blacklists do not provide sufficient evidence to allow administrators to determine the validity and accuracy of the detection results. Therefore, simply matching communications with blacklist entries is insufficient, and administrators should pursue their detection causes by investigating the communications themselves. In this paper, we propose an approach for classifying malicious DNS queries detected through blacklists by their causes. This approach is motivated by the following observation: a malware communication is divided into several transactions, each of which generates queries related to the malware; thus, surrounding queries that occur before and after a malicious query detected through blacklists help in estimating the cause of the malicious query. Our cause-based classification drastically reduces the number of malicious queries to be investigated because the investigation scope is limited to only representative queries in the classification results. In experiments, we have confirmed that our approach could group 388 malicious queries into 3 clusters, each consisting of queries with a common cause. These results indicate that administrators can briefly pursue all the causes by investigating only representative queries of each cluster, and thereby swiftly address the problem of infected machines in the network.

    機関リポジトリ DOI

  • BYOD環境整備に向けた無線LAN通信実験

    福田 豊,畑瀬 卓司,冨重 秀樹,林 豊洋

    情報処理学会論文誌     60 ( 3 ) 758 - 767   2019年03月  [査読有り]

    2019年03月  - 

     概要を見る

    大学の講義に個人必携PC等の移動端末を活用する動きが広まっている.講義においてそれら移動端末の主な通信手段は無線LANであり,講義室等で高密度に端末が存在する状況でも円滑に講義できる通信環境を提供しなければならない.その環境整備のためには,1 Access Point(AP)あたりの収容端末数やチャネルボンディングの導入等を考慮した設計指針が必要となる.そこで本稿では端末数や稼働AP数,チャネルボンディングの幅を変えながら無線LAN通信実験を行い,APあたりの収容数の目安やチャネルボンディングの有効活用手法を明らかにした.

    機関リポジトリ

  • A Dynamic Channel Switching for ROD-SAN

    NOBAYASHI Daiki, FUKUDA Yutaka, TSUKAMOTO Kazuya, IKENAGA Takeshi

    IEICE Transactions on Information and Systems  ( 電子情報通信学会 )  102 ( 5 ) 920 - 931   2019年01月  [査読有り]

     概要を見る

    <p>Wireless sensor and actuator networks (WSANs) are expected to become key technologies supporting machine-to-machine (M2M) communication in the Internet of things (IoT) era. However, sensors must be able to provide high demand response (DR) levels despite severely limited battery power. Therefore, as part of efforts to achieve a high DR, we are working on research and development related to radio-on-demand sensor and actuator networks (ROD-SANs). ROD-SAN nodes are equipped with wake-up receivers that allow all nodes to stay in sleep mode for a long period of time, and transmit only after the receiver receives a wake-up signal. In addition, sender nodes can direct the receiver nodes to switch communication channels because the wake-up signal also includes information on the channel to use for communication between each other. However, as the number of nodes utilizing the same channel increases, frequent packet collisions occur, thereby degrading response performance. To reduce packet collisions, we propose an own-channel-utilization based channel switching (OCS) scheme, which is a modification of the average-channel-utilization based switching (ACS) as our previous works. The OCS scheme decides whether or not to switch channels based on a probability value that considers not only average-channel utilization of nearby nodes but also own-channel utilization. This approach permits node switching to other channels by considering the overall utilization states of all channels. In this paper, based on simulations, we show that our scheme can improve the delivery ratio by approximately 15% rather than ACS scheme.</p>

    DOI CiNii

  • Performance Evaluation of TCP Variants with Packet Reordering

    Yutaka Fukuda, Daiki Nobayashi, Takeshi Ikenaga

    ICN 2018, The Seventeenth International Conference on Networks      2018年04月  [査読有り]

    Greece  Athens  2018年04月  -  2018年04月

  • ROD 無線 LAN における消費電力削減のための代理応答手法

    野林大起,福田豊,池永全志

    電子情報通信学会論文誌 B    J99-B ( 10 )   2016年10月  [査読有り]

     概要を見る

    IEEE802.11規格に基づく無線LANで用いられる代表的なメディアアクセス制御(MAC)としてCSMA/CA (Carrier Sense Multiple Access with Collision Avoidance)が挙げられる.しかし,CSMA/CAにはアクセスポイントに接続する無線端末数の増加に伴ってデータフレームの衝突が頻発し,全無線端末の合計スループットが低下する問題が知られている.この問題を回避するために,我々はこれまで結合振動子の同期現象に基づくMAC方式(以降,SP-MACと示す)を提案してきた.SP-MACを利用する端末は,データフレームの衝突を回避することでスループットを大幅に向上できることを確認している.しかし,これまでのSP-MACに対する評価は,全無線端末がお互いのチャネル利用状況を認知できる,すなわち隠れ端末が存在しない環境でのみ行われてきた.現実の無線LAN環境では隠れ端末の存在が無線端末の合計スループットに影響を及ぼすことが予想される.そこで,本論文では隠れ端末が存在する環境におけるSP-MACの問題点を明らかにし,その解決策であるSP-MACの改良方式を提案する.シミュレーション評価の結果,通常のSP-MACはUDP通信を行う場合に,隠れ端末が存在することで合計スループットが大きく低下するが,改良方式は通常のSP-MAC,及びRTS/CTS
    を用いないCSMA/CAと比べて高い合計スループットが得られることがわかった.

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 九工大 世界トップ技術 Vol.3 エコノミー&エコロジーfromエコフィッティング

    池永全志,福田豊 ( 共著 , 担当範囲: エコフィッティングネットワーク制御技術 )

    西日本新聞社   2012年03月 ISBN: 4816708448

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 九州工業大学における全学セキュア・ネットワークの更新(2019年度における更新について)

    中村 豊,佐藤 彰洋,福田 豊,和田 数字郎,岩崎 宣仁

    第48回情報処理学会 研究報告インターネットと運用技術(IOT) 研究会  (オンライン開催)  2020年03月  -  2020年03月    情報処理学会 研究報告インターネットと運用技術(IOT) 研究会

  • ドメインにおける単語の共起関係に着目した辞書に基づくDGAボットの検出

    佐藤彰洋,福田 豊,和田数字郎,中村 豊

    電子情報通信学会 技術研究報告  2019年12月  -  2019年12月    電子情報通信学会 IA 研究会

  • 辞書に基づくDGAボットにより生成された悪性ドメインの判別

    佐藤 彰洋,福田 豊,和田 数字郎,中村 豊

    情報処理学会 研究報告 インターネットと運用技術研究会 シンポジウム IOTS2019  (沖縄県那覇市)  2019年12月  -  2019年12月    情報処理学会 インターネットと運用技術研究会

  • 九州工業大学における無線 LAN 利用動向調査 2014 年から 2018 年

    福田 豊, 中村 豊, 佐藤 彰洋, 和田 数字郎

    第47回情報処理学会 研究報告インターネットと運用技術(IOT) 研究会  (広島県広島市)  2019年09月  -  2019年09月    情報処理学会 研究報告インターネットと運用技術(IOT) 研究会

  • IEEE 802.3bz Switchを用いた無線LAN通信実験

    福田 豊

    情報処理学会 研究報告 インターネットと運用技術研究会 シンポジウム IOTS2018  (鳥取県米子市)  2018年12月  -  2018年12月    情報処理学会 インターネットと運用技術研究会

     概要を見る

    IEEE 802.11ac (以下 11ac) における物理層の最大伝送速度は 6.9 Gb/s (160 MHz チャネルボンディング,MIMO ストリーム数 8 ) [1] であるが,2018 年 9 月時点で市場に展開されている 11 ac 対応の無線 LAN Access Point (AP) は最大 1.7 Gb/s や 2.1 Gb/s の伝送速度をサポートしている.今後も伝送速度は高速化され,オーバーヘッドを除いても 1 Gb/s 以上の実効トラヒックを提供できる AP が広く普及すると予想できる.一方,一般的に AP と Switch 間は Category 5e/6 の UTP を用いて 1000 BASE - T で接続されているため,AP と Switch 間の接続がボトルネックとなる.そこで既存の UTP 配線を用いて 2.5 / 5 Gb/s での接続を提供する規格として IEEE 802.3 bz が注目されている.本稿ではこの IEEE 802.3 bz 対応 PoE Switch に総トラヒックが 1 Gb/s を超えるように AP を複数台接続し,wget と iperf 3 を用いて無線 LAN 通信を計測して,IEEE 802.3 bz を用いた AP の高速化や多段接続について調査した.

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • ノード,無線センサーネットワークシステム,無線通信方法

    特願 特願2014-023076  特許 6315310  日本国

    阿部憲一,伊藤哲也,池永全志,塚本和也,福田豊,野林大起

  • 無線通信システム、無線通信方法、無線通信装置、無線通信装置制御方法、及び、無線通信装置制御プログラム

    特願 特願2012-063708  特許 5988131  日本国

    阿部憲一,田中利康,原幸宏,伊藤哲也,池永全志,福田豊

  • 干渉検出装置、干渉回避装置、無線通信装置、無線通信システム、干渉検出方法、干渉回避方法及びプログラム

    特願 特願2009-081534  特許 5531338  日本国

    江連裕一郎,阿部憲一,松本晃,伊藤哲也,池永全志,塚本和也,福田豊

講演 【 表示 / 非表示

  • BYOD活用に向けた無線LAN性能計測

    AXIES (大学ICT推進協議会) 2019度年次大会 招待講演 ( 福岡県福岡市 )  2019年12月13日  AXIES (大学ICT推進協議会)

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 藤村記念ベストプラクティス賞

    2018年06月29日   情報処理学会 IOT研究会   日本国

    受賞者:  中村豊,佐藤彰洋,福田豊,和田数字郎

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 省電力技術によるパケット反転に適応するフロー制御アルゴリズムの提案

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月

    研究課題番号:  16K00129

  • 省電力機能を有するネットワークにおけるトランスポートプロトコルの通信特性調査

    若手研究(B)

    研究期間:  2012年04月  -  2014年03月

    研究課題番号:  24700071

  • ネットワークにおける省電力化を考慮したトランスポートプロトコルの開発

    若手研究(B)

    研究期間:  2009年04月  -  2011年03月

    研究課題番号:  21700081

  • トラヒック特性を考慮したネットワークスイッチ間連携による省電力化手法に関する研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2007年04月  -  2009年03月

    研究課題番号:  19700067

  • ネットワーク浸透のための融合技術と進化のための情報ダイナミクスに関する研究

    基盤研究(S)

    研究期間:  2006年04月  -  2011年03月

    研究課題番号:  18100001

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度  情報リテラシー

  • 2015年度  ネットワークアーキテクチャ

  • 2014年度  ネットワークアーキテクチャ

  • 2013年度  ネットワークアーキテクチャ

  • 2012年度  ネットワークアーキテクチャ

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    2020年03月

    情報処理学会   IOTS2019 シンポジウム 実行委員

  • 2017年04月
    -
    継続中

    情報処理学会   インターネットと運用技術研究会 運営委員