林 豊洋 (ハヤシ トヨヒロ)

HAYASHI Toyohiro

写真a

職名

助教

研究室住所

福岡県飯塚市川津680-4

研究分野・キーワード

情報システム、コンピュータビジョン

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2006年09月  九州工業大学  情報工学研究科  情報科学専攻  博士課程・博士後期課程  修了  日本国

  • 2003年03月  九州工業大学  情報工学研究科  情報科学専攻  修士課程・博士前期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州工業大学 -  博士(情報工学)  2006年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   情報基盤センター   助教  

  • 2007年04月
    -
    2020年03月

    九州工業大学   情報科学センター   助教  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2019年05月
    -
    継続中
     

    情報処理学会  日本国

  • 2018年06月
    -
    2022年03月
     

    九州大学情報基盤研究開発センター計算委員会  日本国

  • 2011年04月
    -
    継続中
     

    大学ICT推進協議会  日本国

  • 2001年04月
    -
    継続中
     

    電子情報通信学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 知覚情報処理

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 学内情報基盤の構築

    情報システム  

    研究期間: 2006年10月  -  継続中

  • 生活空間向けコミュニケーションロボットの研究開発

    RoboCup@Home, 自律型ロボット  

    研究期間: 2012年10月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • Practicality Verification of an Application Virtualization System Assuming Use of BYOD Environment

    T.Hayashi, Y.Fukuda, A.Satoh, K.Kai, N.Kushiro

    Open Journal of Social Sciences  ( Scientific Research Publishing Inc. )  8 ( 3 ) 482 - 492   2020年03月  [査読有り]

    中国  桂林市  2020年07月  -  2020年07月

    DOI

  • 情報工学教育研究用コンピュータシステムの更新 - 教室端末運用から必携PC活用への転換 -

    林豊洋,大西淑雅,山口真之介,中山仁,福田豊,大橋健,甲斐郷子,久代紀之

    九州工業大学情報科学センター広報    31   3 - 12   2019年03月

  • BYOD 環境整備に向けた無線LAN通信実験

    福田豊,畑瀬卓司,冨重秀樹,林豊洋

    情報処理学会論文誌    60 ( 3 ) 1 - 10   2019年03月  [査読有り]

  • 本学における www サーバ集約化サービスの提供

    林豊洋

    九州工業大学情報科学センター広報    30   53 - 65   2018年03月

  • ISC オンラインガイドの整備について

    甲斐郷子,井上純一,林豊洋

    九州工業大学情報科学センター広報    28   9 - 16   2016年03月

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • センサフュージョン技術の開発と応用事例

    株式会社 技術情報協会 ( 共著 , 担当範囲: 第7章 センシング・機械学習を支える半導体デバイスの開発と応用 4節 GPUを用いた画像処理の高速化と自動車安全システムへの応用 )

    技術情報協会  2018年10月

  • デスクトップLinuxで学ぶコンピュータ・リテラシー (第2版)

    九州工業大学情報科学センター ( 共著 , 担当範囲: 9章,付録 )

    朝倉書店  2018年03月 ISBN: 978-4-254-12231-2

  • デスクトップLinuxで学ぶコンピュータ・リテラシー

    九州工業大学情報科学センター ( 共著 , 担当範囲: 9章,付録 )

    朝倉書店  2013年03月 ISBN: 978-4-254-12196-4

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • Practicality Verification of an Application Virtualization System Assuming Use of BYOD Environment

    T. Hayashi, Y. Fukuda, A. Satoh, K. Kai, N. Kushiro

    The 9th International Conference on Information Technology in Education  (Guilin, China)  2020年07月  -  2020年07月   

  • HCI環境における学習基盤システムの資源調整の検討

    大西淑雅,林豊洋,山口真之介

    UeLA&JADE合同フォーラム2019  (アオーレ長岡)  2020年03月  -  2020年03月    大学eラーニング協議会

  • ケーブルの三次元形状の復元

    范哲銘,林豊洋,大橋健

    火の国情報シンポジウム2020  (九州工業大学)  2020年03月  -  2020年03月    情報処理学会

  • 必携PCでの活用を想定したアプリケーション仮想化システムの実用性検証

    林豊洋,戸田哲也,冨重秀樹, 畑瀬卓司,真田実,甲斐郷子, 久代紀之

    大学ICT推進協議会2019年度年次大会  2019年12月  -  2019年12月   

  • 必携ノートPC導入後における窓口対応の変化について

    冨重秀樹, 井上純一,林豊洋,甲斐郷子

    大学ICT推進協議会2019年度年次大会  2019年12月  -  2019年12月   

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • デジタル画像情報の証拠力を高める方法及びシステム

    特願 2012-266170  特開 2014-112773  日本国

    林豊洋

作品 【 表示 / 非表示

  • 生涯メールサービス管理システム及び利用者向けポータルシステム

    2013年03月
     
     
     

     概要を見る

    本学にて平成24年度よりサービスを開始した,生涯メールサービスの管理及び利用者へのサービス展開を行うためのシステムを構築した.

  • ウェブインタフェースによる電子メール一斉送信システム

    2013年03月
     
     
     

     概要を見る

    本学における生涯メールサービスの利用登録者に対して,一斉に広報情報等を送信するメールシステムを開発した.送信者は,ウェブインタフェース経由で一斉送信メールを作成・配信することが可能である.また,送信者は利用登録者のメールアドレス一覧を閲覧することなく一斉送信が可能であり,情報漏洩のリスクの低減を実現している.本学における生涯メールサービスに留まらず,一般的な電子メールの一斉送信ツールとして利用可能である.

講演 【 表示 / 非表示

  • 九州工業大学における学認IdPの運用 - IdP2系から3系への移行 –

    shibboleth関連最新情報とネットワークセキュリティセミナー ( 愛知県名古屋市 )  2016年05月31日 

  • 九州工業大学における学認の導入について

    ICTSFC情報連携サービスコンソーシアム第8回WG合同会合   2011年12月21日 

報道関係 【 表示 / 非表示

  • 前方車との距離測定 事故の画像解析を自動化

    日経産業新聞  2006年12月22日

    九州工業大,日本自動車研究所

  • 脅威のスーパーロボット全員集合!

    九州朝日放送  2005年01月23日

    江島研究室

     概要を見る

    江島研究室で開発を行っていた動画像処理システムに関して報道がなされた

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第18回情報科学技術フォーラム FIT奨励賞

    2019年09月05日   一般社団法人 情報処理学会   日本国

    受賞者:  林 豊洋

  • 人工知能学会2018年度研究会優秀賞

    2019年04月25日   一般社団法人 人工知能学会   日本国

    受賞者:  矢野 達也,林 豊洋,大橋 健

  • HSRハッカソン2015 第2位

    2015年09月03日   トヨタ自動車株式会社   日本国

    受賞者:  Ho-ryu / サンリツオートメイション

  • RoboCup Japan Open 2013 @Homeリーグ入賞(4位)

    2013年05月06日   ロボカップ日本委員会   日本国

    受賞者:  Team Horyu

  • RoboCup Japan Open 2013 人工知能学会賞

    2013年05月06日   人工知能学会   日本国

    受賞者:  Team Horyu

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 画像処理を活用した段階的情報提示と情報共有に基づく自動車運転支援システム

    若手研究(B)

    研究期間:  2009年04月  -  2011年03月

    研究課題番号:  21700115

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 個人所有PCの学内利用に関する講習

    2017年04月
    -
    継続中
     

  • 学内wwwサーバの集約化に関するシステム運用,広報

    2017年04月
    -
    継続中
     

  • 学内wwwサーバの集約化に関するシステム策定,構築

    2016年10月
    -
    継続中
     

  • 九州工業大学生涯メールサービス管理システムの移行に関する検討

    2015年02月
    -
    2016年06月
     

     概要を見る

    本学における生涯メールサービスについて,利用中の学外サービスの提供終了に伴い,円滑なサービスの移行に関するシステムアーキテクチャの検討を行っている.

  • 九州工業大学生涯メールサービス管理システムの拡充に関する検討

    2014年04月
    -
    継続中
     

     概要を見る

    本学における生涯メールサービスの実施について,その機能拡充のための管理システムのアーキテクチャに関する検討等を行っている.

全件表示 >>

 

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • Robocup @Homeロボット向けシステム等の研究補助

    2014年03月
    -
    継続中

     概要を見る

    RoboCup @Homeリーグ参加チーム(Team Horyu)所属の学生ら(生命情報工学科大橋研究室所属)と,ホームロボットの開発,ロボット向けアプリケーション,ミドルウェアの研究,必要となる技術(パターン認識,情報ネットワーク等)習得のためのゼミを通して,学生の研究補助を継続して行っている.

  • Robocup @Homeロボット向けシステムの共同開発

    2013年02月
    -
    継続中

     概要を見る

    RoboCup @Homeリーグ参加チーム(Team Horyu)所属の学生らと,RoboCup JapanOpenロボット向けシステムの開発を継続している.

  • NE研(学生グループ)への指導補助

    2011年11月
    -
    継続中

     概要を見る

    情報工学研究院所属の高木准教授の主催により,学生がネットワークシステムに関する学習を行う活動(NE研)が進められている.この活動に対して,ネットワーク・サーバシステムの構築等に関する指導の補助を行っている.

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年06月
    -
    継続中

    九州大学情報基盤研究開発センター計算委員会   計算委員会委員

  • 2013年04月
    -
    継続中

    ロボカップ日本委員会   @Homeリーグ実行委員

  • 2011年12月
     
     

    IASTED International Conference on Signal and Image Processing   Session Chair

社会貢献活動(講演会・出前講義等) 【 表示 / 非表示

  • www集約化サービス利用講習会の主催

    2017年07月
    -
    継続中
  • PC利用講習会の主催

    2017年04月
    -
    継続中