2024/05/14 更新

ヒビノ マコト
日比野 誠
HIBINO Makoto
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 5

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院工学研究院 建設社会工学研究系
職名
准教授
外部リンク

研究キーワード

  • 建設材料学

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 土木材料、施工、建設マネジメント

出身学校

  • 1994年03月   九州工業大学   工学部   設計生産工学科   卒業   日本国

取得学位

  • 東京大学  -  博士(工学)   1999年03月

学内職務経歴

  • 2008年04月 - 現在   九州工業大学   大学院工学研究院   建設社会工学研究系     准教授

学外略歴

  • 1999年04月 - 2003年03月   長岡技術科学大学工学部   助手   日本国

論文

  • 針尾無線塔の計画・建造に携わった技術者とその時代のコンクリート施工技術についての調査報告~広井勇博士に繋がる人脈~(共著) 査読有り

    小川健,日比野誠,岡林隆敏,松田浩

    土木構造・材料論文集 ( 九州橋梁・構造工学研究会 )   ( 38 )   131 - 140   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 古写真及び現存構造物による針尾無線塔の施工方法の推定と施工期間の検証(共著) 査読有り

    小川健,日比野誠,岡林隆敏,松田浩

    土木構造・材料論文集 ( 九州橋梁・構造工学研究会 )   ( 38 )   141 - 150   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Effects of Mineral Admixtures on Macrocell Corrosion Behaviors of Steel Bars in Chloride-Contaminated Concrete 査読有り 国際誌

    Cao Z.L., Su Z.C., Hibino M., Goda H.

    International Journal of Corrosion   2022   2022年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Based on the macrocell corrosion theory and by alternating the microcell corrosion state and macrocell corrosion state, the influence of mineral admixtures, such as fly ash, slag, and limestone powder, on the macrocell corrosion behaviors of steel bars embedded in chloride-contaminated concrete were investigated and clarified. The results indicated that the inhibition effect induced by slag on macrocell corrosion and microcell corrosion was obviously better than that induced by fly ash or limestone powder. The presence of slag in chloride-contaminated concrete could remarkably decrease the corrosion area ratios of anodic steel, even if the replacement levels of slag to cement reached 70%. With the addition of mineral admixtures into concrete, the ratio of macrocell current density to microcell current density was decreased to some extent, depending on the types, replacement levels, and replacement ways of mineral admixtures. The use of slag and fly ash in chloride-contaminated concrete can effectively weaken the macrocell corrosion and make the corrosion be dominated by microcell corrosion. The types and replacement levels of mineral admixtures also had a remarkable influence on the control mode of macrocell corrosion. The use of slag was more effective than that of fly ash or limestone to weaken the cathode control mode of macrocell corrosion and made the control mode of macrocell corrosion be dominated by jointed control.

    DOI: 10.1155/2022/3332123

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85137129777&origin=inward

  • 高炉スラグ混合セメント系防食塗料の防食特性に関する電気化学的検討 査読有り

    天野佳絵,森山美加子,池田幹友,日比野誠,貝沼重信

    材料と環境   67 ( 8 )   331 - 335   2018年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    亜硝酸塩を用いた防食塗膜の防錆効果について,アルカリ環境の付与の方法を変えて防食効果を検討し,使用性と両立できる方法を明らかにした.

  • The Effect of Nitrite to Anode Reaction Property in Chloride-Induced Macro-Cell Corrosion 査読有り

    Gaozai Xu, Makoto Hibino, Hiroki Goda, Zhonglu Cao

    Journal of Computational and Theoretical Nanoscience   14 ( 9 )   4241–4248, 2017 - 4248   2017年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    This research recorded the polarization process of chloride-induced macro-cell corrosion, and polarization ratios and slopes are utilized to reveal the macro-cell inhibiting mechanism by nitrite. The results indicate that the corrosion is mainly controlled by anode and the influence of cathode is tiny in the typical macro-cell corrosion of large cathode and small anode. With the increasing of nitrite concentration in anode, the macro-cell corrosion will be more controlled by anode and the macro-cell current density will be decreased to a lower level. Moreover, the existence of nitrite in anode under the circumstance of chloride-induced macro-cell corrosion can dramatically escalate the anode polarization slope which is the key determinant of the macro-cell corrosion current density decreasing. Additionally, with the increasing of nitrite concentration, the decreasing of macro-cell potential difference will not be appeared in the initial inhibiting period but can be appeared in later inhibiting period. Compared with decreasing of macro-dell potential difference, increasing of anode polarization slope is the main reason to decrease macro-cell corrosion current density.

    DOI: 10.1166/jctn.2017.6726

    その他リンク: http://www.ingentaconnect.com/content/asp/jctn/2017/00000014/00000009/art00013;jsessionid=82dqu9skc35kh.x-ic-live-02

  • Effect of anodic and cathodic chloride contents on the macrocell corrosion and polarization behavior of reinforcing steel 査読有り

    Zhonglu, C., Haoyu, C., Lianyu, W., Makoto, H.

    International Journal of Engineering Research in Africa   22   45 - 58   2016年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.4028/JERA.22.45

  • フライアッシュⅡ種を用いたジオポリマーの材料特性 査読有り

    合田寛基,原田耕司,津郷俊二,日比野誠

    コンクリート工学年次論文集   37 ( 1 )   1993 - 1998   2015年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Effect of Nitrite Inhibitor on the Macrocell Corrosion Behavior of Reinforcing Steel 査読有り

    Zhonglu Cao, Makoto Hibino, and Hiroki Goda

    Journal of Chemistry   2015   vol. 2015, Article ID 402182, 15 pages, 2015   2015年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1155/2015/402182

    Scopus

  • Effect of Water-Cement Ratio on the Macro-cell Polarization Behavior of Reinforcing Steel 査読有り

    Zhonglu Cao, Makoto Hibino, and Hiroki Goda

    Journal of Engineering   2014   Vol. 2014, Article ID 925410, 11 pages.   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1155/2014/925410

    Scopus

  • ジオポリマーの高炉スラグの影響に関する基礎的研究 査読有り

    原田耕司,合田寛基,一宮一夫,日比野誠

    コンクリート工学年次論文集   36 ( 1 )   2236 - 2241   2014年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Effect of Steel Surface Conditions on the Macro-cell Polarization Behavior of Reinforcing Steel 査読有り

    Zhonglu Cao, Makoto Hibino, Hiroki Goda

    Proceedings of Architecture, Building Materials and Engineering Management   IV ( 3 )   1771 - 1779   IV, Part 3, pp.1771-1779.   2014年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    中国   海口市   2014年05月24日  -  2014年05月25日

    DOI: 10.4028/www.scientific.net/AMM.584-586.1771

    Scopus

  • Effect of Nitrite Ions on Steel Corrosion Induced by Chloride or Sulfate Ions 査読有り

    Zhonglu Cao, Makoto Hibino, Hiroki Goda

    International Journal of Corrosion   2013   Vol. 2013, Article ID 853730, 16 pages   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1155/2013/853730

    Scopus

  • Effect of Nitrite Ions on Polarization Behaviors of Steel Immersed in Simulated Concrete Pore Environments 査読有り

    Zhonglu Cao, Makoto Hibino, Hiroki Goda

    Proceedings of Frontiers of Green Building, Materials and Civil Engineering III   III ( 2 )   919 - 924   2013年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    台湾   台北   2013年08月21日  -  2013年08月23日

    DOI: 10.4028/www.scientific.net/AMM.368-370.919

    Scopus

  • マクロセルを用いた電気化学的脱塩工法の防食効果の検討 査読有り

    本田和也,合田寛基,日比野誠

    コンクリート工学年次論文集   31 ( 1 )   1339 - 1344   2009年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • 曲げ戻しを受ける鉄筋の脆性破壊に対する感受性の検討 査読有り

    合田寛基,原田哲夫,日比野誠,永藤政敏

    コンクリート工学年次論文集   31 ( 1 )   1315 - 1320   2009年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Application of Digital Image Correlation Method to Hardening Shrinkage Behavior of Resin Concrete 査読有り

    Kazushi MATSUO,Makoto HIBINO,Hiroki GODA

    コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集   8   161 - 166   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • 養生条件が膨張モルタルの圧縮強度と膨張特性に及ぼす影響 査読有り

    合田寛基,日比野誠

    コンクリート工学年次論文集   28 ( 1 )   467 - 472   2006年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    年次論文集

  • レジンコンクリートの硬化収縮のモデル化 査読有り

    松尾一四,日比野誠

    コンクリート工学年次論文集   28 ( 1 )   1535 - 1540   2006年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    年次論文集

  • 養生条件および試験時の温度がレジンコンクリートの力学的特性に及ぼす影響 査読有り

    松尾一四,日比野誠,松下博,森原寛晃

    コンクリート工学年次論文集   26 ( 1 )   1347 - 1352   2004年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    年次論文集

▼全件表示

著書

  • 2018年制定 コンクリート標準示方書 規準編

    久田真,日比野誠ほか(共著 ,  範囲: フレッシュコンクリート分野)

    土木学会  2018年10月  ( ISBN:978-4-8106-0881-6

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    土木学会で制定する試験方法と品質規格をまとめたもの.

  • 2017年制定コンクリート標準示方書改訂資料

    武若耕司,日比野誠ほか(共著 ,  範囲: 施工編 施工標準 15章品質管理)

    土木学会  2018年03月  ( ISBN:978-4-8106-0913-4

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    2017年制定コンクリート標準示方書施工編の改訂内容,経緯をまとめたもの.

  • 2017年制定 コンクリート標準示方書 施工編

    武若耕司,日比野誠ほか(共著 ,  範囲: 施工標準15章品質管理)

    土木学会  2018年03月  ( ISBN:978-4-8106-0778-9

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    国内における土木コンクリート構造物の施工方法を定めたもの

  • 施工性能にもとづくコンクリートの配合設計・施工指針 2016年版

    橋本親典,日比野誠ほか(共著 ,  範囲: 試験方法,資料編)

    土木学会  2016年06月  ( ISBN:978-4-8106-0886-1

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    有スランプコンクリートの充填性を評価する試験方法および試験方法に関連する資料.

  • 素晴らしきコンクリート

    濱田秀則,日比野誠,合田寛基ほか(共著 ,  範囲: コンクリートの劣化現象(塩害,中性化,硫酸塩劣化))

    櫂歌書房  2014年03月  ( ISBN:978-4-434-18992-0

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    九州内の最近のコンクリートの話題を集めたもの.
    学術的でなくできるだけ一般の方にもわかるように工夫した.

  • コンクリート標準示方書 規準編

    鎌田敏郎,日比野誠ほか(共著 ,  範囲: フレッシュコンクリート)

    土木学会  2013年11月  ( ISBN:978-4-8106-0824-3

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    土木学会で制定する試験方法と品質規格をまとめたもの.

▼全件表示

口頭発表・ポスター発表等

  • マクロセル腐食におけるカソード分極抵抗の検討

    日比野誠,合田寛基,甲斐悠太

    令和2年度土木学会全国大会  土木学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月09日 - 2020年09月11日   記述言語:日本語   開催地:名古屋工業大学  

  • 細孔溶液中の pH がジオポリマーのASR抵抗性に及ぼす影響

    新貝勝信,合田寛基,日比野誠,原田耕司,佐川康貴:

    令和元年度土木学会西部支部研究発表会  土木学会西部支部

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月07日   記述言語:日本語   開催地:九州大学  

  • 供用中の周辺環境がジオポリマーのASR抵抗性に及ぼす影響

    新貝勝信,合田寛基,日比野誠,原田耕司,佐川康貴

    平成30年度土木学会西部支部研究発表会  土木学会西部支部

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月02日   記述言語:日本語   開催地:長崎大学  

  • 成型時の遠心力がジオポリマー遠心管の材料特性に及ぼす影響

    野村康市,合田寛基,日比野誠,原田耕司,西﨑丈能,大西俊介

    平成30年度土木学会西部支部研究発表会  土木学会西部支部

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月02日   記述言語:日本語   開催地:長崎大学  

  • フライアッシュ中の未燃カーボンに注目したジオポリマーモルタルのフレッシュ性状

    五島敬太,合田寛基,日比野誠,原田耕司,高巣幸二

    平成30年度土木学会西部支部研究発表会  土木学会西部支部

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月02日   記述言語:日本語   開催地:長崎大学  

  • 高炉スラグ微粉末混合率と反応性骨材置換率に着目したASRの膨張特性

    大久保航希,合田寛基,日比野誠,佐川康貴

    平成30年度土木学会西部支部研究発表会  土木学会西部支部

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月02日   記述言語:日本語   開催地:長崎大学  

  • 製造後の加水がコンクリートの強度特性に及ぼす影響

    建設社会工学専攻山本康之

    平成22年度土木学会西部支部研究発表会後援概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月05日   記述言語:日本語   開催地: 北九州市  

  • 一軸方向の応力を受けた電炉鉄筋における強度特性と表面硬度の相関

    建設社会工学専攻

    平成21年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月06日   記述言語:日本語   開催地: 熊本市  

  • マクロセルを用いた電気化学的脱塩工法の防食効果の検討

    本人

    土木学会第64回年次学術講演会概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月02日 - 2009年09月04日   記述言語:日本語   開催地: 福岡市  

  • マクロセルを用いた電気化学的脱塩工法の防食効果の検討

    工学府建設社会工学専攻

    平成20年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月07日   記述言語:日本語   開催地: 福岡市  

  • デジタル画像相関法を用いた曲げ加工鋼材のひずみ計測

    建設社会 合田寛基

    土木学会第62回年次学術講演会講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月   記述言語:日本語   開催地: 東広島  

  • ペーストの粘性と間隙通過性に関する研究

    建設社会工学専攻 杉野雄亮

    土木学会第62回年次学術講演会講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月   記述言語:日本語   開催地: 東広島  

  • レジンコンクリートにおける重合発熱のモデル化

    建設社会工学専攻 村田義憲

    土木学会西部支部研究発表会講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • ペーストの粘性評価に関する研究

    建設社会工学専攻 伊東俊栄

    土木学会西部支部研究発表会講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • ブリーディングがコンクリートへの塩化物イオンの浸透に及ぼす影響

    建設社会工学専攻

    土木学会西部支部研究発表会講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:日本語   開催地: 宮崎  

  • 分割練混ぜの効果と評価方法に関する研究

    建設社会工学専攻

    土木学会西部支部研究発表会講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:日本語   開催地: 宮崎  

  • デジタル画像相関法を用いたレジンコンクリートの硬化収縮挙動の解析

    建設社会工学専攻

    土木学会西部支部研究発表会講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:日本語   開催地: 宮崎  

  • 電気化学的脱塩工法における電位と比抵抗の分布

    本人

    土木学会第60回年次学術講演会概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • ペーストの粘性評価に関する一考察

    本人

    土木学会第59回年次学術講演会講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月   記述言語:日本語   開催地: 名古屋  

▼全件表示

担当授業科目(学内)

  • 2023年度   建設材料学

  • 2023年度   建設構造設計製図

  • 2023年度   建設材料施工学

  • 2023年度   コンクリート構造工学Ⅰ

  • 2023年度   建設社会工学演習

  • 2023年度   建設施工と積算

  • 2023年度   建設工学実験Ⅱ

  • 2023年度   建設工学実験Ⅰ

  • 2023年度   建設社会工学概論B

  • 2023年度   建設社会工学概論A

  • 2022年度   建設材料学

  • 2022年度   建設構造設計製図

  • 2022年度   建設材料施工学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2022年度   建設社会工学演習

  • 2022年度   建設施工と積算

  • 2022年度   建設工学実験Ⅰ

  • 2022年度   建設社会工学概論B

  • 2022年度   建設社会工学概論A

  • 2021年度   建設材料学

  • 2021年度   建設構造設計製図

  • 2021年度   建設材料施工学

  • 2021年度   建設社会工学演習

  • 2021年度   建設施工と積算

  • 2021年度   建設工学実験Ⅰ

  • 2021年度   建設社会工学概論B

  • 2021年度   建設社会工学概論A

  • 2020年度   建設材料学

  • 2020年度   建設構造設計製図

  • 2020年度   建設材料施工学

  • 2020年度   建設施工と積算

  • 2020年度   建設工学実験Ⅰ

  • 2019年度   建設材料学

  • 2019年度   建設構造設計製図

  • 2019年度   建設材料施工学

  • 2019年度   建設施工と積算

  • 2019年度   建設工学実験Ⅰ

  • 2018年度   建設材料学

  • 2018年度   建設工学実験Ⅰ

  • 2018年度   建設施工と積算

  • 2018年度   建設材料施工学

  • 2018年度   建設構造設計製図

  • 2017年度   建設材料学

  • 2017年度   建設構造設計製図

  • 2017年度   建設材料施工学

  • 2017年度   建設施工と積算

  • 2017年度   建設工学実験Ⅰ

  • 2017年度   建設工学実験Ⅱ

  • 2016年度   建設材料学

  • 2016年度   建設構造設計製図

  • 2016年度   建設材料施工学

  • 2016年度   学外実習

  • 2016年度   建設施工と積算

  • 2016年度   建設工学実験Ⅱ

  • 2016年度   建設工学実験Ⅰ

  • 2015年度   建設工学実験Ⅰ

  • 2015年度   建設工学実験Ⅱ

  • 2015年度   建設施工と積算

  • 2015年度   建設材料施工学

  • 2015年度   建設構造設計製図

  • 2015年度   セメントの材料化学

  • 2015年度   建設施工学

  • 2013年度   建設工学実験Ⅰ

  • 2013年度   建設施工と積算

  • 2013年度   建設材料施工学特論

  • 2013年度   建設材料施工学

  • 2012年度   建設工学実験Ⅰ

  • 2012年度   建設工学実験Ⅱ

  • 2012年度   建設施工と積算

  • 2012年度   建設材料施工学Ⅱ

  • 2012年度   建設材料施工学

  • 2012年度   建設材料施工学特論

▼全件表示

学会・委員会等活動

  • 国土交通省   九州地方整備局コンクリート評価委員会委員  

    2011年08月 - 現在