鬼束 幸樹 (オニツカ コウキ)

ONITSUKA Kouki

写真a

職名

教授

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

研究分野・キーワード

開水路流,生息環境評価,乱流,魚道,魚

メールアドレス

メールアドレス

研究室FAX

093-884-3100

ホームページ

http://dragon.civil.kyutech.ac.jp/pub/onitsuka/index.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州工業大学 -  博士(工学)  1997年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年05月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院工学研究院   建設社会工学研究系   教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 水工学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • ウナギ用魚道内の突起物の配置がウナギの遡上特性に及ぼす影響

    鬼束幸樹,泉孝佑,窄友哉,峰下颯也,宮川智行,本松七海

    土木学会論文集(B1水工学)    75 ( 2 ) I_547 - I_552   2019年11月  [査読有り]

  • 魚道底面に設置された立体網目状マットの密度および流量がウナギの遡上特性に及ぼす影響

    鬼束幸樹,窄友哉,宮川智行,田島怜太

    土木学会論文集(B1水工学)    75 ( 2 ) I_553 - I_558   2019年11月  [査読有り]

  • Effects of installation locations of protrusions in fish ladder for eels on migration rate of Anguilla japonica of eels

    Onitsuka, K. and Sako, T.

    The 15th Asian Symposium on Visualization      ASV-0030   2019年09月  [査読有り]

    Korea  Busan 

  • Effects of sudden change of water temperature on swimming behavior of Zacco platypus

    Onitsuka, K., Ogata, R. and Masumoto, T.

    The 15th Asian Symposium on Visualization      ASV-0029   2019年09月  [査読有り]

    Korea  Busan 

  • ffects of boulders diameter over open channel bed on swimming behavior of Zacco platypus

    Onitsuka, K., Ogata, R. and Hashimoto, M.

    The 15th Asian Symposium on Visualization      ASV-0031   2019年09月  [査読有り]

    Korea  Busan 

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 開水路底面に設置した粗石の横断方向間隔がオイカワの遊泳特性に及ぼす影響

    橋本将直

    平成30年度土木学会西部支部研究発表会  (長崎県長崎市)  2019年03月  -  2019年03月    土木学会西部支部

  • ウナギ用魚道内の突起物の配置がウナギの遡上特性に及ぼす影響

    泉孝佑

    平成30年度土木学会西部支部研究発表会  (長崎県長崎市)  2019年03月  -  2019年03月    土木学会西部支部

  • 水温の急変がオイカワの遊泳特性に及ぼす影響

    緒方亮

    平成30年度土木学会西部支部研究発表会  (長崎県長崎市)  2019年03月  -  2019年03月    土木学会西部支部

  • ウナギ用魚道の横断勾配と流量がウナギの遡上特性に及ぼす影響

    窄友哉

    平成30年度土木学会西部支部研究発表会  (長崎県長崎市)  2019年03月  -  2019年03月    土木学会西部支部

  • 桟粗度の間隔が魚の遊泳挙動に及ぼす影響

    増元達郎

    平成30年度土木学会西部支部研究発表会  (長崎県長崎市)  2019年03月  -  2019年03月    土木学会西部支部

全件表示 >>

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 魚の遊泳特性の解明と遡上率の高い階段式魚道の幾何学形状の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月

    研究課題番号:  26420500

  • 河川魚の突進速度の解明と組織乱流理論を用いた遡上率の高い魚道の設計値の提案

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月

    研究課題番号:  23560610

  • 魚の遊泳特性の解明とそれに基づいた遡上率の高い魚道の設計指針の確立

    若手研究(B)

    研究期間:  2007年04月  -  2010年03月

    研究課題番号:  19760343

  • 組織乱流理論に基づく魚の遡上に適した階段式魚道の設計指針の確立

    若手研究(B)

    研究期間:  2005年04月  -  2007年03月

    研究課題番号:  17760408

  • K-H水平渦の組織構造に及ぼす水面変動の影響とその相互作用の解明

    若手研究(B)

    研究期間:  2002年04月  -  2005年03月

    研究課題番号:  14750427

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度  水環境工学

  • 2019年度  水工学特論

  • 2019年度  水理学Ⅰ

  • 2018年度  水環境工学

  • 2018年度  水工学特論

全件表示 >>

 

社会貢献活動(講演会・出前講義等) 【 表示 / 非表示

  • 魚のすみやすい川づくり

    2014年09月
     
     

     概要を見る

    山口県立華陵高等学校

  • 魚のすみやすい川づくり

    2013年10月
     
     

     概要を見る

    福岡県立柏陵高等学校

  • 魚のすみやすい川づくり

    2010年10月
     
     

     概要を見る

    福岡県立柏陵高等学校 2年

  • 魚のすみやすい川づくり

    2010年05月
     
     

     概要を見る

    福岡県立稲築志耕館高等学校 1年