白土 竜一 (シラツチ リュウイチ)

SHIRATSUCHI Ryuichi

写真a

職名

教授

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

研究分野・キーワード

色素増感太陽電池、光触媒、透明導電膜

メールアドレス

メールアドレス

研究室FAX

093-884-3232

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1984年03月   九州工業大学   工学部   電気工学   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1986年03月  九州工業大学  工学研究科  電気工学専攻  修士課程・博士前期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州工業大学 -  博士(工学)  1996年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年10月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院工学研究院   電気電子工学研究系   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1986年04月
    -
    1988年12月

    日本板硝子(株)中央研究所   研究員   日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 電子・電気材料工学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 色素増感太陽電池の低コスト生産プロセスの開発

    電気化学  

    研究期間: 2007年04月  -  継続中

     概要を見る

    色素増感太陽電池の生産プロセスにおける課題を検討して、低コスト化をはかる。

論文 【 表示 / 非表示

  • 電気の"自産自消"のすすめ

    白土竜一

    粉体技術  ( 一般社団法人日本粉体工業技術協会 )  3 ( 12 ) 66 - 70   2011年12月

  • ピロリン酸イオンーグリシン混合配位子浴からのスズーニッケル合金電析に及ぼすピロリン酸イオンの影響

    村中 武彦, 田中 康行, 津留 豊, 白土 竜一

    表面技術 = The journal of the Surface Finishing Society of Japan  ( 一般社団法人 表面技術協会 )  64 ( 4 ) 240 - 243   2013年04月  [査読有り]

     概要を見る

    We investigated the effects of pyrophosphate ions on tin-nickel alloy deposition from pyrophosphate-glycine complex baths. The potential - current density curves for the alloy deposition were measured using a rotating-disk electrode system and the cathodic current for each metal deposition was evaluated quantitatively based on the polarization curves.<br>Pyrophosphate ions promoted the dissolution of both tin ions and nickel ions in the alloy baths. Addition of pyrophosphate ions, however, polarized the reduction potential for metal deposition in the baths containing either tin ions or nickel ions. On the other hand, the inhibition effect caused by addition of pyrophosphate ions was weakened greatly in the tin-nickel alloy deposition from the baths having mixed ligand complexes consisted of pyrophosphate ions and glycine, which might indicate that tin ions facilitated nickel deposition and nickel ions also did tin deposition.

    DOI CiNii

  • The Application of Ti Precursor Solutions to Dye-Sensitized Solar Cells

    Hiroaki Hayashi, Yasushi Shintani, Hiroshi Tsurumaki, Ryuichi Shiratsuchi, Shuzi Hayase

    Electrochemistry    79 ( 10 ) 807 - 809   2011年10月  [査読有り]

  • フッ素ドープ酸化スズ透明立体電極を用いた色素増感太陽電池における電子収集の改善

    牟禮泰一、黒田佑一、大久保末廣、村中武彦、石丸智士、白土竜一

    電気学会論文誌A    130 ( 2 ) 167 - 175   2010年02月  [査読有り]

     概要を見る

    代表的研究業績

  • 電解研磨チタンの色素増感太陽電池対極への応用

    村中武彦,白土竜一,森田昌行

    表面技術    59 ( 9 ) 633 - 635   2008年04月  [査読有り]

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 色素増感太陽電池におけるチタニア多孔質膜と透明導電膜界面の検討

    本人

    電気化学会第72回大会  ( 熊本市)  2005年04月  -  2005年04月   

  • 色素増感太陽電池におけるチタニア多孔質膜と透明導電膜界面の検討Ⅱ

    本人

    2005年電気化学秋季大会  ( 千葉市)  2005年04月  -  2005年04月   

  • 色素増感太陽電池の効率改善の研究

    本人

    九州工業大学工学部エネルギー研究会第1回シンポジュウム  ( 北九州市)  2005年01月  -  2005年01月   

  • 電着による酸化チタン多孔質膜の形成とその触媒活性

    電気工学専攻

    第41回化学関連支部合同九州大会  ( 北九州市)  2004年07月  -  2004年07月   

  • 大面積色素増感太陽電池のためのフィルファクター改善技術の検討

    電気工学専攻

    第41回化学関連支部合同九州大会  ( 北九州市)  2004年07月  -  2004年07月   

全件表示 >>

報道関係 【 表示 / 非表示

  • 若手学術研究者支援 中山氏ら3人を決定 九電工

    日刊工業新聞  2005年05月11日

    中山、赤司、白土竜一

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 製造コスト50円/Wをめざした色素増感太陽電池の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月

    研究課題番号:  23560368

  • 光機能性酸化物多孔質膜の高活性化と低コスト製膜技術の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2005年04月  -  2008年03月

    研究課題番号:  17560286

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度  電気材料特論

  • 2019年度  電気電子工学序論

  • 2019年度  キャリア形成入門

  • 2019年度  電気電子計測Ⅰ

  • 2018年度  電気材料特論

全件表示 >>

 

社会貢献活動(講演会・出前講義等) 【 表示 / 非表示

  • 工学部ってどんなところ?

    2012年11月
     
     

     概要を見る

    広島県立廿日市高等学校 1年

  • お日様パワーは地球を救う!-電気から学ぶ資源とエネルギー-

    2012年10月
     
     

     概要を見る

    佐賀県立鳥栖高等学校 2年

  • お日様パワーは地球を救う!-電気から学ぶ資源とエネルギー-

    2012年06月
     
     

     概要を見る

    長崎県立大村高等学校 3年

  • 工学部ってどんなところ?

    2011年09月
     
     

     概要を見る

    島根県立大社高等学校 2年

  • お日様パワーは地球を救う! -電気から学ぶ資源とエネルギー-

    2011年07月
     
     

     概要を見る

    熊本県立第二高等学校 2年

全件表示 >>