中藤 良久 (ナカトウ ヨシヒサ)

NAKATOH Yoshihisa

写真a

職名

教授

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

研究分野・キーワード

音声信号処理,高齢者支援、福祉支援、IoT、組込みシステム

ホームページ

http://www.sp.ecs.kyutech.ac.jp/nakatoh/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1986年03月   信州大学   工学部   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1991年03月  信州大学  工学研究科  システム工学専攻  修士課程・博士前期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 信州大学 -  博士(工学)   2007年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院工学研究院   副工学研究院長  

  • 2018年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   IoTシステム基盤研究センター   センター長  

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    九州工業大学   工学部   工学部電気電子工学科長  

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    九州工業大学   大学院工学研究院   工学研究院電気電子工学研究系長  

  • 2016年04月
    -
    2017年03月

    九州工業大学   大学院工学府   工学府電気電子工学専攻長  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年09月
    -
    継続中

    独立行政法人産業技術総合研究所   客員研究員   日本国

  • 1991年04月
    -
    2010年09月

    松下電器産業株式会社   音響研究所   主任研究員   日本国

  • 1986年04月
    -
    1989年03月

    シャープ株式会社   IC事業本部   社員   日本国

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2020年01月
    -
    継続中
     

    JIS X 9305-2 委員会  日本国

  • 2020年01月
    -
    継続中
     

    JIS X 9305-3 委員会  日本国

  • 2019年12月
    -
    継続中
     

    JIS X 9305-3 原案作成分科会  日本国

  • 2019年12月
    -
    継続中
     

    JIS X 9305-2 原案作成分科会  日本国

  • 2017年01月
    -
    2017年03月
     

    JIS原案作成委員会  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 福祉工学

  • 音声信号処理

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Programming Assistant System Using Improved Flowchart for The Visually Impaired

    Ryo Hirakawa, Rin Hirakawa, Hideaki Kawano, Kenichi Nakashi, Yoshihisa Nakatoh

    Advances in Intelligent Systems and Computing      496 - 501   2019年08月  [査読有り]

    France  Nice  2019年08月  -  2019年08月

    DOI

  • Preliminary study of mobile device-based speech enhancement system using lip-reading

    Matsunaga Y., Matsui K., Nakatoh Y., Kato Y., Lopez-Sanchez D., Rodriguez S., Corchado J.

    Advances in Intelligent Systems and Computing    800   308 - 315   2019年01月  [査読有り]

     概要を見る

    © Springer International Publishing AG, part of Springer Nature 2019. Inconspicuous speech enhancement system for laryngectomies using lip-reading is proposed to improve the usability and the speech quality. The proposed system uses a tiny camera on mobile phone and recognize the vowel sequences using lip-reading function. Three types of Japanese vowel recognition algorithms using MLP, CNN, and MobileNets, were investigated. 3,000 image datasets for training and testing were prepared from five persons while uttering discrete vowels. Our preliminary experimental result shows that the MobileNets is appropriate for embedding mobile devices in consideration of a performance both recognition accuracy and calculation cost.

    DOI Scopus

  • Estimating Age-Dependent Degradation Using Nonverbal Feature Analysis of Daily Conversation

    Kana N., Wakita Y., Nakatoh Y.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)    11582 LNCS   222 - 231   2019年01月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2019, Springer Nature Switzerland AG. In this paper, we study a system that estimates the degree of decline in the driving ability of elderly people using non-verbal information from daily conversations. It is necessary for us to find the factors that would affect the calculation of the degree of decline that has reached a problematic level for functioning daily life. We focus on the cases where elderly people cannot understand their partner’s speech as their hearing and concentration abilities decrease with age. We analyze the relationship between the degree of understanding of the partner’s speech and the non-verbal characteristic of the response scene. Based on the results of the acoustic analysis of each utterance, the fundamental frequency (F0) and acoustic power levels of when a person can understand their partner’s speech tend to be higher than those when they cannot. The analysis of the synchronization of the head motions shows that brightness value of difference image when a person can understand their partner’s speech is also higher than when they cannot. These results indicate that these non-verbal factors are effective in estimating the decline in the hearing and concentration abilities of the elderly.

    DOI Scopus

  • Potential for Estimating Age-Dependent Degradation using the Acoustic Characteristics of Daily Conversation

    Wakita Y., Kondo S., Nakatoh Y.

    2018 IEEE 7th Global Conference on Consumer Electronics, GCCE 2018      760 - 763   2018年12月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2018 IEEE. Our aim is to create a system to estimate the degree of age-dependent degradation in elderly persons based on their daily conversations. We have already confirmed that the time-dependent features of the fundamental frequency (F0) are effective for estimating conversation smoothness. Here we investigated whether these features are also effective for estimating age-dependent degradation. By analyzing free conversational speech data, we confirmed that the standard deviation value of F0 for each utterance is correlated to the average value of F0 when the impression of the speech is regarded as under 75. This correlation was weaker in older individuals. Our results indicate that the above features of F0 would be effective for estimating age-dependent degradation.

    DOI Scopus

  • Potential for Estimating Age-Dependent Degradation Using the Acoustic Characteristics of Daily Conversation

    Yumi Wakita, Yoshihisa Nakatoh, ShiNya Kondo

    IEEE 7th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE2018)      2018年10月  [査読有り]

    Japan  Nara  2018年10月  -  2018年10月

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 音声スペクトルの時間変化強調による明瞭性改善手法の提案

    川原 竣介, 平川 凜, 中藤 良久

    産業応用工学会論文誌  2018年01月  -  2018年01月   

     概要を見る

    It is hard to listen to an announcement in a noisy environments such as in a train while running. In this paper, to improve speech intelligibility in a noisy environment, we focused on the time variation of speech spectral representing spectral flux from the analysis result which clear speech has larger spectral flux than normal speech. Therefore, we propose speech enhancement method of spectral variation to improve the sound quality evaluation value of STOI. In the evaluation results of STOI score, enhanced speech by proposed method improved more than original speech in all the SNR conditions (SNR = -5, -10, -15 dB). Also, the significant difference in the dangerous rate of 5% was found in SNR = -10, -15 dB.

    CiNii

  • MAEQ法の改良による拡声音の明瞭性改善効果の検討

    高松 宏行, 田中 裕人, 中藤 良久

    日本音響学会2016年春季研究発表会  (横浜桐蔭大学)  2016年03月  -  2016年03月    日本音響学会

  • 両耳分離補聴の分離条件が音像定位に与える影響の検討

    海老原和晃,田中裕人,中藤良久

    日本音響学会2016年春季研究発表会  (横浜桐蔭大学)  2016年03月  -  2016年03月    日本音響学会

  • 高齢者音声の明瞭性改善に向けたフォルマント補正法の検討

    田中 裕人,水町 光徳,中藤 良久

    日本音響学会九州支部第11回学生のための研究発表会  (北九州市)  2015年11月  -  2015年11月    日本音響学会

  • マスキングを用いた病院内騒音による不快感の軽減

    桑山晃介,田中裕人,中藤良久

    日本音響学会九州支部第11回学生のための研究発表会  (北九州市)  2015年11月  -  2015年11月    日本音響学会

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 補聴器

    特願 特願2011-517692  日本国

    中藤 良久、西崎 誠

  • 補聴器

    特願 特願2010-247668  日本国

    中藤 良久、西崎 誠

  • 音判定装置、音判定方法、音判定プログラム

    特願 特願2010-510597  日本国

    芳澤伸一 、中藤良久

  • 混合音分離装置

    特願 特願2006-522162  日本国

    芳澤伸一 、鈴木哲 、中藤良久

  • 音マスキング装置、音マスキング方法およびプログラム

    特願 特願2006-091382  日本国

    芳澤伸一 、中藤良久 、鈴木哲

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 高齢者の聴覚機能の低下に向けた聴覚支援システムに関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月

    研究課題番号:  26350661

  • 高齢者音声を明瞭化する音声処理インタフェースに関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月

    研究課題番号:  23560459

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度  組み込みシステム

  • 2018年度  技術者コミュニケーション論Ⅱ

  • 2018年度  電気電子工学実験Ⅱ

  • 2018年度  技術者コミュニケーション論Ⅰ

  • 2018年度  電子回路 Ⅱ

全件表示 >>