大塚 信也 (オオツカ シンヤ)

OHTSUKA Shinya

写真a

職名

准教授

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

研究分野・キーワード

電力工学,高電圧工学,電磁界解析,診断技術,センシング技術,MEMS・ナノテク応用

ホームページ

http://www.epower.ele.kyutech.ac.jp/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1994年03月   九州大学   工学部   電気工学科   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1998年03月  九州大学  システム情報科学研究科  電気電子システム工学専攻  博士課程・博士後期課程  修了  日本国

  • 1996年03月  九州大学  工学研究科  電気工学  修士課程・博士前期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  博士(工学)  1998年12月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年05月
    -
    2016年03月

    九州工業大学   理数教育支援センター   准教授  

  • 2008年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院工学研究院   電気電子工学研究系   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年01月
     
     

    日本学術振興会   特別研究員PD   日本国

  • 1996年04月
    -
    1998年12月

    日本学術振興会   特別研究員DC1   日本国

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2011年12月
    -
    継続中
     

    パワーアカデミー  日本国

  • 2009年04月
    -
    2010年03月
     

    電気関係学会九州支部連合会  日本国

  • 2008年04月
    -
    2010年03月
     

    CMD2010 組織委員会  日本国

  • 2007年04月
    -
    2008年03月
     

    Institute of Physics  グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国)

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    CIGRE(国際大電力システム会議)  フランス共和国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 高電圧・電気絶縁

  • センシング工学

  • エネルギー学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • CFRP次世代航空機の耐雷技術開発

    CFRP、耐雷  

    研究期間: 2010年10月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • Breakdown Light Emission Spectrum of Mineral Oil Including a Water Droplet Observed with a Spectroscope and Optical Sensors Attached with a Color Filter

    Hiroki Shibata, Tatsuhiro Yamauchi, Keisuke Yoshida, Shinya Ohtsuka

    Proceedings of the 21st International Symposium on High Voltage Engineering     ( 935 )   2019年08月  [査読有り]

    Hungary  Budapest  2019年08月  -  2019年08月

    DOI

  • Comparison of Partial Discharge-emitted Electromagnetic Waves between CO2, dry air, N2 and SF6 by using FDTD Analysis

    Marina Tanaka, Tomoya Shiraishi, Shinya Ohtsuka, Hiroyuki Hama, Kiyoshi Inami, Shigemitsu Okabe, Takashi Yamamoto

    Proceedings of the 21st International Symposium on High Voltage Engineering     ( 1043 )   2019年08月  [査読有り]

    Hungary  Budapest  2019年08月  -  2019年08月

    DOI

  • Influences and Behavior of a Water Droplet on Breakdown Properties in the Mineral Oil Observed by a High-Speed Camera and a Coupled Analysis of the Electric Field and Fluid

    Tatsuhiro Yamauchi, Hiroki Shibata, Shinya Ohtsuka

    Proceedings of the 21st International Symposium on High Voltage Engineering     ( 1036 )   2019年08月  [査読有り]

    Hungary  Budapest  2019年08月  -  2019年08月

    DOI

  • Construction of the SHF Test Apparatus to Measure the Partial Discharge Current Waveforms in the Practical Operation Conditions of Power Transformer and Application to Influence of BTA Addition

    Shibata H., Kotsubo T., Yamauchi T., Ohtsuka S.

    2018 IEEE Electrical Insulation Conference, EIC 2018      182 - 185   2018年10月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2018 IEEE. Insulation diagnosis and partial discharge (PD) test have been performed from the viewpoint of operational reliability and quality evaluation of high-voltage electrical power apparatus. The Ultra high frequency (UHF) method that measures the PD-emitted electromagnetic (EM) waves with UHF band (0.3-3 GHz) components is known as one of powerful methods of insulation diagnosis based on PD detection for highvoltage electrical power apparatus. To improve the UHF method, accurate measurement of PD current pulse is quite important because the PD current is a radiation source of the EM wave. Therefore, we have developed the SHF-PDPW (super high frequency wideband PD current pulse waveform measurement) system that enables us to obtain accurately waveforms up to SHF band (3-30 GHz). Using this system, we have investigated PD characteristics such as PD current pulse waveforms in mineral oil used as insulation oil for transformer. As a result, this system could observe the PD phenomena which were a few tens picoseconds order rise time, i.e. undetectable ones in the conventional measurement band. It is necessary to investigate the insulation oil considering practical operation conditions such as degassing, oil temperature change, generation of the combustible gas by discharge and heating oil, addition of additives like 1,2,3-benzotriazole (BTA) and so on, in order to improve the operation method and the reliability of it. In this study, we constructed the new experimental system which could investigate PD properties under the practical conditions of the power transformer. Then, as a first step, we investigated influence of BTA additive on PD characteristics of insulation oil measured by the SHF-PDPW system. BTA has been widely used in transformer oil in Japan. The BTA addition was specified in the Japanese standard (JIS C 2320) in 1988 in order to decrease electrostatic charging. As a result, it could be confirmed that the usefulness of developed experimental system and the influence of BTA additive on PD characteristics.

    DOI Scopus

  • 研究グループ紹介:九州工業大学 高電圧電気絶縁・電磁環境研究室(大塚研究室)

    大塚 信也

    電気学会論文誌. B    138 ( 5 ) NL5_2 - NL5_2   2018年01月

    DOI CiNii

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Guidelines for partial discharge detection using conventional (IEC 60270) and unconventional methods

    E. Gulski, W. Koltunowicz, T. Ariaans, G. Behrmann, R. Jongen, F. Garnacho, S. Kornhuber, S. Ohtsuka, F. Petzold, M. Sanchez‐Uran, K. Siodla, S. Tenbohlen ( 共著 )

    Cigre Working Group D1.37  2016年08月 ISBN: 978-2-85873-365-1

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 光ファイバ材料が雷撃試験におけるスパーク発光検出特性に及ぼす影響に関する基礎研究

    小原広希

    平成30年度 電気・情報関係学会九州支部連合大会  2018年09月  -  2018年09月   

  • 低周波磁界プローブアンプへの挿入磁性体形状が検出特性に及ぼす影響のマイクロストリップ回路を用いた基礎検討

    福山晃大

    平成30年度 電気・情報関係学会九州支部連合大会  2018年09月  -  2018年09月   

  • 部分放電放射電磁波検出のための周波数フィルタによる2.4GHz帯ドローン通信波除去特性と相互相関法による検出波形評価

    小原広希

    平成30年度 電気・情報関係学会九州支部連合大会  2018年09月  -  2018年09月   

  • SF6及びSF6代替ガスの部分放電電流波形に基づく放射電磁波波形特性のセンサ距離による理論的検討

    田中麻理菜

    平成30年度 電気・情報関係学会九州支部連合大会  2018年09月  -  2018年09月   

  • LEDを用いたスパーク模擬発光観測画像のスペクトル特性評価のための画像処理手法に関する基礎検討

    鴨田将一

    平成30年度 電気・情報関係学会九州支部連合大会  2018年09月  -  2018年09月   

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 放電発生状況評価装置及び評価方法(12081/PCT/US)

    特願 US 14/786315  特開 US2016/169958 A1  特許 10012688  アメリカ合衆国

    大塚信也、坪井浩太郎、岩井将

  • 非接触放電試験方法及び装置(12053/PCT/US)

    特願 US 14/760, 835  特開 WO 2016/18459 A1  特許 9977069  アメリカ合衆国

    大塚信也、山口裕貴、津端裕之

  • '電磁波識別方法及び識別装置(12015/PCT-EPC-DE)

    特願 EPC13835841.1  特開 EPC289484  特許 2894484  日本国

    大塚信也、埋金寿壮、芝田拓樹

  • '電磁波識別方法及び識別装置(12015/PCT-EPC-EPO)

    特願 EPC13835841.1  特開 EPC289484  特許 2894484  日本国

    大塚信也、埋金寿壮、芝田拓樹

  • '電磁波識別方法及び識別装置(12015/PCT/CN)

    特願 201380046332.7  特開 104583786  特許 ZL201380046332  中華人民共和国

    大塚信也、埋金寿壮、芝田拓樹

全件表示 >>

講演 【 表示 / 非表示

  • 1)Diagnosis for partial discharge measurement, 2)SF6 insulation property of printed electronics 3) lightning voltage application for CFPR aircraft body

    最先端の部分放電診断に関する討論会 ( ストラスクライド大学 )  2014年01月31日  ストラスクライド大学(英)

  • 電磁波放射源可視化装置の開発と電気エネルギー機器の絶縁診断への応用

    第86回テレコム技術情報セミナー「電磁波センシング技術」 ( SCAT会議室 )  2012年03月16日  財団法人テレコム先端技術研究支援センター

報道関係 【 表示 / 非表示

  • 自己回復性マイクロヒューズを開発 九州工大

    化学工業日報  2008年10月28日

    大塚信也

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • R&D Shield Award

    2014年02月   Abu Dhabi International research and Development Conference & Exhibition (ADRAC2014)   日本国

    受賞者:  Kyushu Institute of Technology

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 超広帯域放電電流波形を用いたスパコンによる超信頼性電力機器開発法の新提案

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2014年04月  -  2018年03月

    研究課題番号:  26630115

  • ナノ磁性体含有コンポジット絶縁スペーサ開発に向けた基礎研究

    萌芽研究・萌芽的研究

    研究期間:  2007年04月  -  2009年03月

    研究課題番号:  19656076

  • ナノ粒子混入による環境負荷の小さなガス絶縁媒体の高耐力化と新機能創出

    若手研究(A)

    研究期間:  2006年04月  -  2009年03月

    研究課題番号:  18686025

  • 新エネルギー時代に対応した直流型分散エネルギーシステムの研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2006年04月  -  2007年03月

    研究課題番号:  18636003

  • 誘電泳動力を用いたゲル・固体ハイブリットPTC限流素子の基礎研究

    萌芽研究・萌芽的研究

    研究期間:  2002年04月  -  2005年03月

    研究課題番号:  14655109

全件表示 >>

受託研究・共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 次世代構造部材創製・加工技術開発/次世代複合材及び軽金属構造部材創製・加工技術開発(第二期)

    受託研究

    研究期間:  2016年07月  -  2020年02月

  • 平成26年度航空機用先進システム基盤技術開発(耐雷・帯電特性解析手法の開発)

    受託研究

    研究期間:  2014年05月  -  2015年03月

  • 平成25年度航空機用先進システム基盤技術開発(耐雷・帯電特性解析手法の開発)放電現象の研究

    受託研究

    研究期間:  2013年06月  -  2014年03月

  • 平成24年度航空機用先進システム基盤技術開発(耐雷・帯電特性解析手法の開発)

    受託研究

    研究期間:  2012年06月  -  2013年03月

     概要を見る

    航空機用先進システム基盤技術開発

  • (AS232Z01698B)電磁波放射源可視化装置と放電大きさの非接触新評価手法

    受託研究

    研究期間:  2012年04月  -  2012年07月

     概要を見る

    研究成果最適展開支援プログラムフィージビリティスタディステージ探索タイプ
    (A-STEP)

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 「油ガス田電力システムの革新的安定運用をもたらすケーブル診断技術の開発」

    提供機関:  経済産業省 

    研究期間:  2018年04月  -  2019年03月

  • 「油ガス田電力システムの革新的安定運用をもたらすケーブル診断技術の開発」

    提供機関:  経済産業省 

    研究期間:  2016年04月  -  2017年03月

  • 「油ガス田電力システムの革新的安定運用をもたらすケーブル診断技術の開発」

    提供機関:  経済産業省 

    研究期間:  2015年04月  -  2016年03月

  • 「油ガス田電力システムの革新的安定運用をもたらすケーブル診断技術の開発」

    提供機関:  経済産業省 

    研究期間:  2015年04月  -  2016年03月

  • 「油ガス田電力システムの革新的安定運用をもたらすケーブル診断技術の開発」

    提供機関:  経済産業省 

    研究期間:  2015年04月  -  2016年03月

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • アブダビ石油大学における高電圧電気絶縁試験

    2012年03月
    -
    継続中
     

  • 実変電所における電磁環境測定と放射電磁波源の可視化

    2012年01月
    -
    継続中
     

  • 九州・国際テクノフェア2011

    2011年11月
     
     
     

     概要を見る

    研究室の成果物を「(財)北九州産業学術推進機構」のブースに展示しました。
    展示物は「可視化装置適用に向けたGHz帯開口面アンテナと高電圧発生装置」「電磁波放射源の可視化装置」「透明シールドボックス」です。

  • 第11回産学連携フェア

    2011年10月
     
     
     

     概要を見る

    財団法人北九州産業学術推進機構からの研究助成によって行われた研究成果や透明シールドボックスなどの展示を行いました。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度  工学倫理・安全工学C

  • 2018年度  専門英語Ⅱ

  • 2018年度  電気電子工学PBL実験

  • 2018年度  電力システム制御解析特論

  • 2018年度  論理回路

全件表示 >>

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など 【 表示 / 非表示

  • 第69回電気・情報関係学会九州支部連合大会 B賞

    2017年01月   電気・情報関係学会九州支部連合大会

  • 第69回電気・情報関係学会九州支部連合大会 B賞

    2017年01月   電気・情報関係学会九州支部連合大会

FD活動への参加 【 表示 / 非表示

  • 2013年07月19日   FD研修会実施

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    継続中

    電気学会   2019年度電気・情報関係学会九州支部連合大会 副委員長

  • 2014年04月
    -
    2016年03月

    電気学会   「次世代電力システムに向けたガス絶縁開閉装置へ要求される技術動向調査」 専門委員会委員

  • 2013年12月
    -
    2015年11月

    電気学会   「分散電源連系配電系統における雷サージ調査専門委員会」委員

  • 2012年06月
    -
    2014年03月

    ICEPE2013   現地実行委員会 委員

  • 2012年01月
    -
    2013年12月

    電気学会   高経年GISに要求される適用技術の動向調査専門委員会 委員

全件表示 >>

社会貢献活動(講演会・出前講義等) 【 表示 / 非表示

  • 生活と産業の基盤・未来を作る電気電子工学を学ぶ君たちへ

    2012年11月
     
     

     概要を見る

    久留米高等専門学校において、学生向け講演、および職員との意見交流を行った。

 

国際会議の開催 【 表示 / 非表示

  • International Conference on Electric Power Equipment-Switching Technology(ICEPE-ST2019)

    2019年10月13日  -  2019年10月16日  ICEPE2019実行委員会

  • International Conference on Lightning & Static Electricity (ICOLSE 2017)

    2017年09月13日  -  2017年09月15日  ICOLSE 2017 organizing committee, The Institute of Electrical Installation Engineering of Japan

  • International Conference on Electric Power Equipment(ICEPE2013)

    2013年10月20日  -  2013年10月23日  ICEPE2013実行委員会

その他国際交流活動 【 表示 / 非表示

  • アブダビ石油大学(現カリファ科学技術大学)との交流

    活動期間:  2012年03月  -  継続中

     概要を見る

    平成24年3月3日~7日、経済産業省の「国際資源開発人材育成事業(石油・天然ガス分野)の一環として、アラブ首長国連邦(UAE)の「アブダビ石油大学」にて学術交流を行いました。
    これは、アブダビ石油大学(PI)と東京大学の資源フロンティアセンターとが中心になって、石油工学・石油地球科学系・機械工学/化学工学系/電気工学系の3分野での交流を行うとのことで、大塚と修士学生2名は電気工学系部門にてオーラルプレゼンテーションを行いました。

  • モンゴル科学技術大学からの短期研修受け入れ

    活動期間:  2017年11月  -  2017年11月

     概要を見る

    モンゴル科学技術大学の教員2名を研修生として短期受入れをした。

 

PR 【 表示 / 非表示

  • (学生向けPR)

    電力・電気エネルギーに関する基盤技術から次世代の電力システム・機器に関する先端技術に関する研究

  • (企業向けPR)

    高電圧・電気絶縁・電磁界解析

    高電圧・電気絶縁あるいは電磁界解析等に関してお困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。技術相談に応じています。