水町 光徳 (ミズマチ ミツノリ)

MIZUMACHI Mitsunori

写真a

職名

准教授

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

研究分野・キーワード

音情報処理、音響信号処理

メールアドレス

メールアドレス

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1995年03月   九州芸術工科大学   芸術工学部   音響設計学科   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2000年03月  北陸先端科学技術大学院大学  情報科学研究科  情報処理学専攻  博士課程・博士後期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北陸先端科学技術大学院大学 -  博士(情報科学)  2000年03月

  • 北陸先端科学技術大学院大学 -  修士(情報科学)  1997年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年12月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院工学研究院   電気電子工学研究系   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2004年06月

    株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)   研究員   日本国

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2018年05月
    -
    継続中
     

    電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ ソサイエティ代表委員  日本国

  • 2017年05月
    -
    継続中
     

    日本音響学会 編集委員(会誌部会)  日本国

  • 2017年05月
    -
    継続中
     

    日本音響学会 評議員  日本国

  • 2017年05月
    -
    2018年05月
     

    日本音響学会 電気音響研究会 副委員長  日本国

  • 2017年05月
    -
    2018年05月
     

    電子情報通信学会 応用音響研究会 副委員長  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 知覚情報処理

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 音の主観印象の定量化

    聴覚的印象,モデリング  

    研究期間: 2008年06月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • Frequency domain variant of velvet noise and its application to acoustic measurements

    H. Kawahara, K. Sakakibara, M. Mizumachi, H. Banno, M. Morise, and T. Irino

    Proc. APSIPA ASC 2019      2019年11月  [査読有り]

  • Neural Network-based Broadband Beamformer with Less Distortion

    M. Mizumachi

    Proc. International Congress on Acoustics (ICA 2019)      2019年09月  [査読有り]

    機関リポジトリ

  • Neural network-based direction-of-arrival estimation with cross correlation function

    Mizumachi M., Okita K.

    Proceedings of the 26th International Congress on Sound and Vibration, ICSV 2019      2019年07月  [査読有り]

     概要を見る

    © Proceedings of the 26th International Congress on Sound and Vibration, ICSV 2019. All rights reserved. Direction-of-arrival (DOA) estimation has been one of the important issues in acoustic signal processing. It is well known that the DOA can be estimated based on the cross correlation with stereo observations. It is, however, difficult to accurately estimate the DOA because the cross correlation-based function could not yield the sharp spatial feature. On the other hand, the multiple signal classification (MUSIC) algorithm provides the pointed spatial feature but it requires the exact number of sound sources in advance. In this paper, the cross correlation-based spatial feature is sharpened using a neural network. The neural network is trained using the cross correlation-based spatial feature calculated from the stereo observations and the binary teacher signals. It is confirmed that the non-linear cross correlation-based spatial feature has an extremely sharp peak at the direction of the target sound source without the information on the number of sound sources

    Scopus

  • Performance evaluation of a neural network-based beamformer with a small-scale microphone array

    M. Mizumachi,K. Eguchi

    Inter-noise      2019年06月  [査読有り]

  • Proposal of power-saving audio playback algorithm based on auditory masking

    Nakashima T., Nakagawara M., Mizumachi M.

    AES 146th International Convention      2019年03月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2019 The Audio Engineering Society (AES). All rights reserved. Power consumption is an important issue while listening to music using portable audio devices. The authors have previously proposed a power-saving audio playback algorithm, which has adjusted filter-bank outputs according to our auditory characteristics. It succeeds in reducing power consumption but causes perceptual distortion. In this paper, the power-saving audio playback algorithm is improved based on auditory masking, which attenuates audio components below the masking threshold. As a result of a listening test, it is confirmed that the proposed method is subjectively superior to the previous method with the same power consumption.

    Scopus

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 音響キーワードブック

    日本音響学会 編 ( 共著 , 担当範囲: 音環境理解 )

    コロナ社  2016年03月 ISBN: 978-4-339-00880-7

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • Individual interaction between hearing and speaking due to aging

    Mitsunori Mizumachi

    Meeting of the Acoustical Society of America  2015年11月  -  2015年11月   

  • 車室内における雑音の定常性と音声了解度の関係

    詫間翔大, 堀川智帆, 水町光徳

    日本音響学会2015年春季研究発表会  2015年03月  -  2015年03月    日本音響学会

  • 騒音環境下における数字読み上げ音声の桁数と了解度の関係

    堀川智帆, 詫間翔大, 水町光徳

    日本音響学会2015年春季研究発表会  2015年03月  -  2015年03月    日本音響学会

  • Change of Static Characteristics of Japanese Word Utterances with Aging

    Mitsunori Mizumachi

    Meeting of the Acoustical Society of America  2014年10月  -  2014年10月   

  • 加齢による聴覚と発話の相互作用

    水町光徳

    福祉情報工学研究会  2013年10月  -  2013年10月   

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 音響信号処理装置、音響信号処理方法、及びコンピュータプログラム

    特願 '特願2010-00238  日本国

    水町光徳

     概要を見る

    本発明は、雑音環境下での音響観測信号より推定した音源方向の信頼性を推定する音響信号処理装置及び音響信号処理方法、並びにコンピュータに音源方向の信頼性を推定させる
    ためのコンピュータプログラムに関する。

  • ノイズ除去装置

    特開 '特開2005-258158  日本国

    水町光徳,中村哲

  • マイクロホンアレー座標系の逐次的補正方法、マイクロホンアレーにおけるマイクロホン受信信号の補正方法および補正装置

    特開 '特開2004-112701  日本国

    堀内俊治,水町光徳,中村哲

  • 音源方向推定装置、信号の時間遅延推定装置及びコンピュータプログラム

    特開 '特許公開2005-77205  日本国

    スーン・フランク・ガーピン,ガスニエー・セバスチャン,水町光徳,中村哲

  • マイクロホンアレー

    特開 '特開2005-260743  日本国

    嵯峨山茂樹,鎌本優,西本卓也,堀内俊治,水町光徳,中村哲

全件表示 >>

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 連続聴効果を積極的に利用した断続音声の知覚的修復

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月

    研究課題番号:  26330197

  • 音源・音環境の統一的モデリングによる雑音に頑健な音源方向推定に関する研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2008年04月  -  2010年03月

    研究課題番号:  20760266

  • 高齢者の音響的特徴抽出に基づく高齢者音声認識インタフェースに関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2007年04月  -  2010年03月

    研究課題番号:  19560387

  • 音響空間情報を用いた環境依存性の低い雑音除去法に関する研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2005年04月  -  2008年03月

    研究課題番号:  17760338

  • ユビキタス時代の音声インタフェース実現のための高齢者音声認識に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2005年04月  -  2007年03月

    研究課題番号:  17560345

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 周波数・空間フィルタリングと目的音源追尾との有機的融合による雑音除去技術の研究開発

    提供機関:  独立行政法人 新エネルギー産業技術総合開発機構 

    研究期間:  2008年06月  -  2012年05月

     概要を見る

    課題番号:08A12002c

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 日本音響学会九州支部評議員

    2012年04月
    -
    継続中
     

  • 電子情報通信学会 和文論文誌A 編集委員

    2009年05月
    -
    継続中
     

  • 日本音響学会九州支部庶務幹事

    2009年04月
    -
    2011年03月
     

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度  プログラミング技法

  • 2018年度  専門英語Ⅱ

  • 2018年度  音響信号処理特論

  • 2018年度  電気電子工学概論

  • 2018年度  専門英語Ⅰ

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2017年06月
    -
    2019年05月

    (社)日本音響学会   九州支部 評議員

  • 2017年06月
    -
    2019年05月

    (社)日本音響学会   会誌部会・編集委員

  • 2017年06月
    -
    2018年05月

    (社)日本音響学会   電気音響研究会 副委員長

  • 2017年06月
    -
    2018年05月

    (社)電子情報通信学会   応用音響研究委員会 副委員長

  • 2016年06月
    -
    2017年05月

    (社)電子情報通信学会   音響・超音波サブソサイエティ・会長

全件表示 >>

社会貢献活動(講演会・出前講義等) 【 表示 / 非表示

  • 音声コミュニケーション支援システムの研究開発と応用

    2014年01月
     
     

     概要を見る

    九州ニュービジネス協議会「第3回 大学シーズ活用促進セミナー」

  • 人の聴覚に学ぶ賢い音情報処理システム

    2013年10月
     
     

     概要を見る

    夢ナビライブ

  • 豊かな生活を支える音響信号処理技術

    2013年10月
     
     

     概要を見る

    九州・国際テクノフェア2013出展社セミナー

 

国際会議の開催 【 表示 / 非表示

  • ICSV 25

    2018年07月08日  -  2018年07月12日  The International Institute of Acoustics and Vibration (IIAV), the Acoustical Society of Japan (ASJ)

  • NCSP'17

    2017年02月28日  -  2017年03月03日  The Research Institute of Signal Processing Japan

  • YKJCA2017

    2017年02月  -  2017年02月  Youngnam Chapter of the Acoustical Society of Korea, Kyushu Chapter of the Acoustical Society of Japan, Pukyong National University