2024/02/06 更新

ワタナベ マサユキ
渡邊 政幸
WATANABE Masayuki
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 13

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院工学研究院 電気電子工学研究系
職名
教授
外部リンク

研究キーワード

  • 電力系統工学

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電力工学  / Power System Engineering

取得学位

  • 大阪大学  -  博士(工学)   2004年03月

学内職務経歴

  • 2021年08月 - 現在   九州工業大学   大学院工学研究院   電気電子工学研究系     教授

  • 2008年04月 - 2021年07月   九州工業大学   大学院工学研究院   電気電子工学研究系     准教授

論文

  • 燃料電池型コージェネレーションシステムの制御余力による自律的配電系統電圧変動制御 査読有り

    山本周平, 渡邊政幸, 牛房義明

    電気学会論文誌B   144 ( 2 )   51 - 58   2024年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1541/ieejpes.144.51

  • GIS based JEPX spot prices forecasting system using solar power generation focusing on lowest prices 査読有り 国際誌

    Shuntaro Nakayama, Atsushi Shiota, Yasunori Mitani, Masayuki Watanabe

    Energy Reports   9 ( 12 )   240 - 244   2023年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1016/j.egyr.2023.10.001

  • Optimized Non-Integer Load Frequency Control Scheme for Interconnected Microgrids in Remote Areas with High Renewable Energy and Electric Vehicle Penetrations 査読有り 国際誌

    Mokhtar Aly, Emad A. Mohamed, Abdullah M. Noman, Emad M. Ahmed, Fayez F. M. El-Sousy, Masayuki Watanabe

    Mathematics   11 ( 9 )   2023年04月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3390/math11092080

  • 系統慣性把握のための慣性推定手法に関する研究開発

    草柳 儀隆, 宮崎 輝, 渡邊 政幸

    電気学会誌 ( 一般社団法人 電気学会 )   143 ( 4 )   192 - 195   2023年04月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    <p>1.はじめに</p><p>本稿では2019〜2021年度にかけて(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下,NEDO)からの受託事業「再生可能エネルギーの大量導入に向けた次世代電力ネットワーク安定化技術開発/慣性力等の低下に対応するための基盤技術の開発」(以下,本事業)で実施した電力</p>

    DOI: 10.1541/ieejjournal.143.192

    CiNii Research

  • Construction of PHEV driving support system using GIS for optimal operation 査読有り 国際誌

    Shuntaro Nakayama, Shinpei Oie, Atsushi Shiota, Yasunori Mitani, Masayuki Watanabe

    Energy Reports   9 ( 3 )   533 - 542   2023年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1016/j.egyr.2023.01.070

  • JEPX spot prices forecasting system using GIS 査読有り 国際誌

    Shuntaro Nakayama, Atsushi Shiota, Yasunori Mitani, Masayuki Watanabe

    Energy Reports   9 ( 1 )   329 - 336   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1016/j.egyr.2022.10.419

  • Frequency control in power system using Fuel Cell cogeneration system in Kyushu area 査読有り 国際誌

    Shuhei Yamamoto, Hideki Nakazumi, Akihiro Satake, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani, Yoshiaki Ushifusa

    Energy Reports   9 ( 1 )   275 - 281   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1016/j.egyr.2022.10.417

  • Enhancement the Frequency Stability and Protection of Interconnected Microgrid Systems Using Advanced Hybrid Fractional Order Controller 査読有り 国際誌

    Emad A. Mohamed, Mokhtar Aly, Ahmed Elmelegi, Emad M. Ahmed, Masayuki Watanabe, Sayed M. Said

    IEEE Access   10   111936 - 111961   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1109/ACCESS.2022.3216212

  • Optimal Frequency Control of Multi-Area Hybrid Power System Using New Cascaded TID-PI#Uλ#URD#Uμ#URN Controller Incorporating Electric Vehicles 査読有り 国際誌

    Amira Hassan, Mokhtar Aly, Ahmed Elmelegi, Loai Nasrat, Masayuki Watanabe, Emad A. Mohamed

    Fractal and Fractional   6 ( 10 )   548   2022年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3390/fractalfract6100548

    DOI: 10.3390/fractalfract6100548

  • New Tilt Fractional-Order Integral Derivative with Fractional Filter (TFOIDFF) Controller with Artificial Hummingbird Optimizer for LFC in Renewable Energy Power Grids 査読有り 国際誌

    Emad A. Mohamed, Mokhtar Aly, Masayuki Watanabe

    Mathematics   10 ( 16 )   3006   2022年08月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3390/math10163006

    DOI: 10.3390/math10163006

  • Solar Power Assessment Using GIS for Residential Distribution System 査読有り

    Pawita Bunme, Atsushi Shiota, Yasunori Mitani, Masayuki Watanabe

    2022 IEEE International Conference on Environment and Electrical Engineering   2022年08月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Czech Republic   Prague   2022年06月28日  -  2022年07月01日

    DOI: 10.1109/EEEIC/ICPSEurope54979.2022.9854635

    DOI: 10.1109/EEEIC/ICPSEurope54979.2022.9854635

  • Challenges for a Reduced Inertia Power System due to the Large-scale Integration of Renewable Energy 査読有り 国際誌

    H. Hamada, Y. Kusayanagi, M. Tatematsu, M. Watanabe, H. Kikusato

    Global Energy Interconnection   5 ( 3 )   266 - 273   2022年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    This paper reports on the status of technology development under a national project launched in 2019 to address the problem of decreased system inertia associated with the large-scale integration of renewable energy. The project comprises two parts: the development of a system inertia observation technology using a continuous monitoring system to observe inertia and development of an inverter equipped with a function to provide virtual inertia as a countermeasure device. Utilizing both these efforts, the project aims to facilitate the introduction of renewable energy in the future with minimum restrictions. It was confirmed that the trend of inertia observed with the developed method was generally the same as that of the total inertia of synchronous machines observed by an electric utility. The effectiveness of the countermeasure device in reducing the frequency swing during a disturbance was confirmed through evaluation tests.

    DOI: 10.1016/j.gloei.2022.06.003

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85134201165&origin=inward

  • Inertia Assessment From Transient Measurements: Recent Perspective From Japanese WAMS 査読有り 国際誌

    T. Kerdphol, M. Watanabe, Y. Mitani, I. Ngamroo

    IEEE Access   10   66332 - 66344   2022年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Currently, the substantial renewable penetration brings a low inertia issue to the Japanese power system, threatening stability and resiliency than ever. The inertia estimation based on transient events provides a reliable basis for system control and operation. However, the poor rate of change of frequency extraction from different types and locations of phasor measurement units (PMUs) could significantly lead to inertia estimation errors. As a remedy with a lesson learned, this paper analyzes effective inertia estimations based on transient measurements of the Japanese wide-area monitoring in both distribution and transmission levels. Due to the longitudinally interconnected configuration of the 60 Hz Japanese power system, the polynomial approximation technique is proposed to restrain the strong effect of oscillatory components. To enhance the estimation performance considering an existing center of inertia, the comprehensive mode-shape analysis is performed via geographical measurement locations, indicating sufficient PMUs with precise estimation. The effectiveness of inertia estimation techniques is verified through actual system events corresponding to various transient sites. The numerical results demonstrate that recent inertia of the 60 Hz Japanese system with existing renewables ranges around 7.12 - 8.13 s in its system load base.

    DOI: 10.1109/ACCESS.2022.3185056

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85133697062&origin=inward

  • 研究グループ紹介:九州工業大学 電力システム研究室(渡邊研究室)

    渡邊 政幸

    電気学会論文誌B(電力・エネルギー部門誌) ( 一般社団法人 電気学会 )   142 ( 6 )   NL6_2 - NL6_2   2022年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    DOI: 10.1541/ieejpes.142.nl6_2

    CiNii Research

  • Inertia Estimation of The 60 Hz Japanese Power System from Synchrophasor Measurements 査読有り 国際誌

    T. Kerdphol, M. Watanabe, R. Nishikawa, Y. Hayashi, Y. Mitani

    IEEE Transactions on Power Systems   38 ( 1 )   753 - 766   2022年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    This paper proposes a new approach to estimate the inertia of the 60 Hz Japanese power system from the background signals of phasor measurement units. Regarding the constraint boundaries, the entire system is divided into two control areas, which can be represented by an equivalent two-generator model based on small-signal stability analysis. The ambient inertia of each area, including both generation and demand sides can be estimated by measuring the corresponding phase difference and interchange power with respect to the extracted pro-portions of the frequency response, inter-area oscillation, and synchronizing power. Then, the sum of the estimated inertia for each area gives the total inertia of the entire 60 Hz system. The method was validated on the benchmark model of the Japan transmission network, and its sensitivity is evaluated by conducting various system operations on generator control effects. The efficiency and robustness were verified through real measurements under diverse system conditions. The results confirm that the developed approach can accurately estimate the system inertia during normal operation, enabling nearly continuous inertia tracking trajectory.

    DOI: 10.1109/TPWRS.2022.3168037

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85128611699&origin=inward

  • Development of Basic Technology for Estimating System Inertia in Real Time 査読有り

    Kazuhiro Yoshiyama, Naoki Hosaka, Takashi Ohara, Kazuhito Sasaki, Shingo Sakaeda, Takumi Matsubara, Masamoto Tatematsu, Wataru Yamazaki, Atsushi Izena, Susumu Morisue, Takeshi Ohkuma, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani, Masahide Hojo

    CIGRE 2022 Kyoto Symposium   2022年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • An Estimation Method of Rate of Change of Frequency by Wide-Area Phasor Measurements Based on Histogram of Its Candidates 査読有り

    Hiroki Taketomi, Masahide Hojo, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani

    CIGRE 2022 Kyoto Symposium   2022年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Fuel Cell Co-generation and PCS Control for Suppressing Frequency and Voltage Fluctuation due to PV Power 査読有り 国際誌

    Shuhei Yamamoto, Yasunori Mitani, Masayuki Watanabe, Akihiro Satake, Yoshiaki Ushifusa

    International Journal of Electronics and Electrical Engineering   9 ( 2 )   48 - 51   2021年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.18178/ijeee.9.2.48-51

  • Small-signal Analysis of Multiple Virtual Synchronous Machines to Enhance Frequency Stability of Grid-connected High Renewables 査読有り 国際誌

    Thongchart Kerdphol, Fathin Saifur Rahman, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani, Komsan Hongesombut, Veena Phunpeng, Issarachai Ngamroo, Dirk Turschner

    IET Generation, Transmission & Distribution   15 ( 8 )   1273 - 1289   2021年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1049/gtd2.12101

  • Determining Inertia of 60 Hz Japan Power System using PMUs from Power Loss Event 査読有り 国際誌

    Thongchart Kerdphol, Masayuki Watanabe, Rintaro Nishikawa, Takahiro Tamaki, Yasunori Mitani

    Proceedings of IEEE Texas Power and Energy Conference   2021年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 電力システムの監視・解析 九州工業大学電力システム研究室

    渡邊 政幸

    電気設備学会誌 ( 一般社団法人 電気設備学会 )   40 ( 11 )   698 - 698   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    DOI: 10.14936/ieiej.40.698

    CiNii Article

    CiNii Research

  • Monitoring Large-Scale PV Generation Infeed on Grid Frequency using Synchrophasor Measurement: Recent Perspective from Kyushu Island 査読有り

    Kerdphol T., Matsukawa Y., Watanabe M., Mitani Y.

    Proceedings of the IEEE Power Engineering Society Transmission and Distribution Conference   2020-October   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2020 IEEE. The growing power in-feed of renewable/non-synchronous energy (e.g., solar/wind energy) in Japan power grid has raised serious concerns about frequency stability and control. The intermittent power output and lack of inertia property from large-scale solar/photovoltaic (PV) farms critically affect the balance between power generation and demand. Subsequently, the dynamic of grid frequency is severely deteriorated, resulting in rapid grid frequency deviations, and in the worst-case, power blackout. This paper proposes an advanced application of synchrophasor measurements for monitoring the dynamics and stability of Kyushu Island power system in the presence of large-scale solar penetration. In such a system, the dynamic analysis of the rate of change of frequency (RoCoF) is of great importance, reflecting the stability aspect of the system. Thus, contrastive scenarios of high-resolution synchrophasor measurements recorded in Kyushu region are analyzed against different levels of solar penetration. The results reveal that monitoring ROCOF and grid frequency variations in each scenario not only indicate the oscillatory behavior of the Kyushu power grid, but also provide useful information of the wide-area dynamic stability.

    DOI: 10.1109/TD39804.2020.9299980

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85099663020&origin=inward

  • Adaptive Remedial Action Scheme based on Phasor Measurement Unit 査読有り 国際誌

    A.Y. Salile , N. Hariyanto, M. Watanabe, F.S. Rahman

    SEST 2020 - 3rd International Conference on Smart Energy Systems and Technologies   2020年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2020 IEEE. Most of the blackout occurrences are caused by non-credible contingency events and often, the response to these situations is not prepared. One of such contingency event is the violation of transmission line limits leading to the disconnection of multiple highly loaded transmission lines. To prevent this event, knowing the loadability of the transmission line is important. In this research, a method to obtain the loadability of the transmission line is proposed. The data from the phasor measurement units are utilized to obtain the characteristics of the transmission lines (i.e. reactance, voltage drop pattern). Then, the loadability of the transmission lines in terms of thermal, voltage drop, and stability limits are calculated. The adaptive remedial action scheme (RAS) is also designed to maintain power transfer within a safe limit by load shedding and/or generation rejection. This scheme will update the total amount of load shedding or generation rejection and select the target based on the sensitivity of voltage to active power change. The method is applied to the Java-Bali system, in which a high amount of power is transferred from eastern to the western part through the transmission lines at the north and south corridors and hence, knowing the loadability limits of each corridor is important. Using the proposed method, the separation of western and eastern Java could be effectively prevented.

    DOI: 10.1109/SEST48500.2020.9203187

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85093665550&origin=inward

  • Stability assessment of multiple virtual synchronous machines for microgrid frequency stabilization 査読有り

    Kerdphol T., Watanabe M., Mitani Y., Turschner D., Beck H.P.

    IEEE Power and Energy Society General Meeting   2020-August   2020年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2020 IEEE. Due to the lack of system inertia driven by the increasing integration of renewable energy, a virtual synchronous machine (VISMA) concept has been developed to provide backup inertia, maintaining microgrid stability and resiliency. To enhance an inertia support in regards to frequency stability, this paper proposes a novel control approach using multiple VISMAs with different P-f droop characteristics. This approach can effectively enhance frequency stability of the microgrid under the situation of low system inertia. The stability difference and efficacy between single VISMA and multiple VISMAs are investigated over microgrid performance with contrastive scenarios. Transient and steady-state responses are also compared. The analysis results reveal that the multiple-VISMA configuration suppresses frequency oscillation better than the single VISMA configuration, maintaining stable microgrid operation. This work also provides a recent overview of a practical multiple-VISMA system in regards to frequency stability improvement.

    DOI: 10.1109/PESGM41954.2020.9281491

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85099117700&origin=inward

  • Fast Coherent Area-based Phasor Measurement Unit Placement for Power System Dynamic Vulnerability Assessment via Hierarchical Clustering 査読有り 国際誌

    Y. Matsukawa, M. Watanabe

    2020 IEEE Power and Energy Society Innovative Smart Grid Technologies Conference, ISGT 2020   2020年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2020 IEEE. Phasor Measurement Unit (PMU) is one of the most important components of Wide Area Measurement System (WAMS) as the measurement device. However, since the PMU cost is still expensive, its location must be optimally determined. This paper proposes the optimal PMU placement scheme for the dynamic vulnerability assessment evaluating the Center-of-Inertia (COI) based frequency in fast coherent areas, identified by a novel Hierarchal Clustering (HC) method called HC-max which evaluates the clustering result via point biserial correlation coefficient. HC-max is superior in terms of clustering precision and less parameter compared to nonhierarchical clustering. After determination of fast coherent areas, PMUs are optimally placed via evaluation function which minimizes the COI based area frequency estimation error by bus frequency. The results show that the placed PMU can well estimate the COI based area frequency and detect the area out of step signature.

    DOI: 10.1109/ISGT45199.2020.9087736

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85086235915&origin=inward

  • Applying virtual inertia control topology to SMES system for frequency stability improvement of low-inertia microgrids driven by high renewables 査読有り 国際誌

    T. Kerdphol, M. Watanabe, Y. Mitani, V. Phunpeng

    Energies   12 ( 20 )   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 by the authors. To integrate renewable energy into microgrids with a favorable inertia property, a virtual inertia control application is needed. Considering the inertia emulation capabilities, insufficient emulation of inertia power due to the lower and short-term power of storage systems could significantly cause system instability and failure. To enhance such capability, this paper applies a virtual inertia control topology to the superconducting magnetic energy storage (SMES) technology. The SMES-based virtual inertia control system is implemented in a microgrid with renewables to emulate sufficient inertia power and maintain good system frequency stability. The efficacy and control performance of the proposed control method are compared with those of the traditional virtual inertia control system. Simulation results show that the shortage of system inertia due to renewable penetration is properly compensated by the proposed control method, improving system frequency stability and maintaining the robustness of system operations.

    DOI: 10.3390/en12203902

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85075032625&origin=inward

  • Voltage Stability Index Calculation by Hybrid State Estimation based on Multi Objective Optimal Phasor Measurement Unit Placement 査読有り 国際誌

    Yoshiaki Matsukawa, Masayuki Watanabe, Noor Izzri Abdul Wahab, Mohammad Lutfi Othman

    Energies   12 ( 14 )   2688   2019年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3390/en12142688

    その他リンク: https://www.mdpi.com/1996-1073/12/14/2688

  • Self-Adaptive Virtual Inertia Control-Based Fuzzy Logic to Improve Frequency Stability of Microgrid with High Renewable Penetration 査読有り 国際誌

    Thongchart Kerdphol, Masayuki Watanabe, Komsan Hongesombut, Yasunori Mitani

    IEEE Access   7   76071 - 76083   2019年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2013 IEEE. Maintaining frequency stability of low inertia microgrids with high penetration of renewable energy sources (RESs) is a critical challenge. Solving this challenge, the inertia of microgrids would be enhanced by virtual inertia control-based energy storage systems. However, in such systems, the virtual inertia constant is fixed and selection of its value will significantly affect frequency stability of microgrids under different penetration levels of RESs. Higher frequency oscillations may occur due to the fixed virtual inertia constant or unsuitable selection of its value. To overcome such a problem and provide adaptive inertia control, this paper proposes a self-adaptive virtual inertia control system using fuzzy logic for ensuring stable frequency stabilization, which is required for successful microgrid operation in the presence of high RESs penetration. In this concept, the virtual inertia constant is automatically adjusted based on input signals of real power injection of RESs and system frequency deviations, avoiding unsuitable selection and delivering rapid inertia response. To verify the efficiency of the proposed control method, the contrastive simulation results are compared with the conventional method for serious load disturbances and various rates of RESs penetration. The proposed control method shows remarkable performance in transient response improvement and fast damping of oscillations, preserving robustness of operation.

    DOI: 10.1109/ACCESS.2019.2920886

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85068265689&origin=inward

  • Cost-Benefit Analysis of PV Penetration and its Impact on the Frequency Stability: Case Study of the South-Central Kalimantan System 査読有り 国際誌

    T. Winarko, N. Hariyanto, F. Rahman, M. Watanabe, Y. Mitani

    2019 IEEE PES Innovative Smart Grid Technologies Asia, ISGT 2019   1700 - 1705   2019年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2019 IEEE. Indonesia state electric company (PLN) through the Electricity Business plan (RUPTL) 2018-2027 is targeted to realize 23% of energy mix on the renewable energy system. Photovoltaic (PV) is one of the alternative solutions considered due to its environmentally friendly energy and the trend of its price decline. However, PV penetration on the grid may affect the grid frequency stability due to their intermittency. Hence, in this paper, the cost-benefit analysis was conducted to calculate the amount of the PV penetration, and then, its impact on frequency stability is analyzed. The South-Central Kalimantan system is used as the study case. The simulations show that PV penetration reduced the NPC (Net Present Cost) and LCOE (Levelized Cost of Energy) of the system. Also, the system frequency deviation was affected by the size of the system load and PV capacity. To maintain the frequency according to the grid code of 49.5 Hz, the use of the battery is required in several scenarios.

    DOI: 10.1109/ISGT-Asia.2019.8880875

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85074940454&origin=inward

  • Robust Virtual Inertia Control of a Low Inertia Microgrid Considering Frequency Measurement Effects 査読有り 国際誌

    Thongchart Kerdphol, Fathin Saifur Rahman, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani

    IEEE Access   7   57550 - 57560   2019年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2013 IEEE. Virtual inertia emulation could be regarded as an inevitable component of microgrids with renewable energy, enhancing microgrid inertia and damping properties. In applying this control technique, a phase-locked loop (PLL) is necessary to obtain the estimation of the system frequency data. However, the employment of PLL could cause larger frequency oscillation to the microgrid due to its dynamics. This issue would be exacerbated in a low-inertia microgrid driven by high renewable penetration, severely deteriorating the frequency stability. Thus, the effect of PLL with measurement delay is a critical issue in utilizing the virtual inertia control. To overcome such problem, this paper proposes a robust virtual inertia control for a low-inertia microgrid to minimize the undesirable frequency measurement effects, improving the microgrid frequency stability. The robust H ∞ control design using a linear fractional transformation (LFT) technique is used to develop the virtual inertia control loop, considering the dynamics of PLL with measurement delay and the uncertainties of system inertia and damping. The efficacy of the proposed H ∞ control method is compared to the conventional and optimum proportional-integral (PI)-based inertia control. The results show that the H ∞ -based robust virtual inertia control is superior to both conventional virtual inertia control and optimum PI-based virtual inertia control against a wide range of microgrid operating conditions, disturbances, and parametric uncertainties.

    DOI: 10.1109/ACCESS.2019.2913042

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85065896463&origin=inward

  • Multi-objective PMU placement optimization considering the placement cost including the current channel allocation and state estimation accuracy 査読有り 国際誌

    Yoshiaki Matsukawa, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani, Mohammad Lutfi Othman

    Electrical Engineering in Japan (English translation of Denki Gakkai Ronbunshi)   207 ( 2 )   20 - 27   2019年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 Wiley Periodicals, Inc. The optimal phasor measurement unit (PMU) placement problem in power systems has been considered and investigated by many researchers for accurate and fast state estimation by PMUs. However, the current channel cost of the PMU affects the total placement cost. This paper proposes a novel formulation in the multi-objective optimal PMU placement, which minimizes the PMU placement cost with the current channel selection and the state estimation error. The current channel selection is represented as a decision variable in the optimization. For trade-off objective functions, the Pareto approach by nondominated sorting genetic algorithm II (NSGA-II) is applied in the optimization. The result of the numerical experiment in this paper demonstrates the advantage of considering the appropriate PMU current channel allocation, compared with the conventional method that ignores it, in the modified IEEE New England 39-bus test system. As a result, the proposed method obtained a better Pareto solution compared with the conventional one because of the consideration for the current channel selection. An advantage of the proposed PMU placement is that it is able to reduce the total PMU placement cost while maintaining the state estimation accuracy.

    DOI: 10.1002/eej.23208

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85063724330&origin=inward

  • Extended Virtual Inertia Control Design for Power System Frequency Regulation 査読有り 国際誌

    Thongchart Kerdphol, Fathin Saifur Rahman, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani, Dirk Turschner, Hans-Peter Beck

    2019 IEEE PES GTD Grand International Conference and Exposition Asia, GTD Asia 2019   97 - 101   2019年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2019 IEEE. According to the growing share of renewable energy and power electronic interfaces in power systems, the inertia/damping of power systems are critically decreased, which introduce the new stability issues, leading to system instability and power failures. Confronted with this problem, this research proposes an extended design of virtual inertia control based on a practical system to emulate inertia and damping properties simultaneously, improving system frequency stability and performance. The proposed control loop uses the derivative control technique, which creates a second-order characteristic, enabling higher-level application of inertia and damping into the system. The results show that the stabilizing effect of the presented technique is superior to the conventional virtual inertia control under different test scenarios including the reduction of system inertia and damping, load changes, and change in RESs penetration.

    DOI: 10.1109/GTDAsia.2019.8715859

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85067006531&origin=inward

  • Influence of Measurement Uncertainty Propagation in Current-channel-selectable Multi Objective Optimal Phasor Measurement Unit Placement Problem 査読有り 国際誌

    Yoshiaki Matsukawa, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani, Mohammad Lutfi Othman

    2019 IEEE PES GTD Grand International Conference and Exposition Asia, GTD Asia 2019   314 - 319   2019年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2019 IEEE. This paper proposes current-channel-selectable multi objective optimal Phasor Measurement Unit (PMU) placement problem with measurement uncertainty propagation. In proposed Multi Objective Optimal PMU Placement (MOOPP) problem, allocation of the current phasor channel of the PMU can be selected for reducing the total PMU placement cost. However, in practice, uncertainty of measurement makes the estimation error bigger because of use of pseudo measurement by the current channel selection. This paper proposes the optimal PMU placement method considering minimizing both the total PMU placement cost and the state estimation error with uncertainty propagation. The result of the numerical experiment demonstrates the advantage of considering the measurement uncertainty propagation, compared to the conventional method which ignores it, in IEEE New England 39-bus test system. As a result, the proposed method obtained a better Pareto solution compared to the conventional methods because of consideration of measurement uncertainty in the pseudo measurements.

    DOI: 10.1109/GTDAsia.2019.8715873

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85067075207&origin=inward

  • Optimization of virtual inertia considering system frequency protection scheme 査読有り 国際誌

    Fathin Saifur Rahman, Thongchart Kerdphol, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani

    Electric Power Systems Research   170   294 - 302   2019年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 Elsevier B.V. In applying virtual synchronous generator (VSG) to solve low inertia problem due to high renewable energy sources (RESs) penetration in the power system, selecting proper value for its parameters is important to maintain frequency stability of the system subject to dynamic events and contingencies. For this purpose, several methods have been proposed. However, in those methods, VSG parameters are selected without considering system frequency protection scheme. Therefore, the setting of the existing frequency protection scheme might be inadequate for the application in low inertia condition. In this paper, a method to select proper virtual inertia constant of VSG by taking the system frequency protection scheme into account is proposed. The dynamic change of the virtual inertia constant is shown under different system inertia and penetration level of RESs. Using the proposed method, optimal virtual inertia support from VSG for different system inertia condition could be achieved in line with the existing system frequency protection scheme and thus, the reconfiguration of the existing frequency protection scheme is not necessary for the application in low inertia condition.

    DOI: 10.1016/j.epsr.2019.01.025

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85061048377&origin=inward

  • 電流チャネル配置コストと状態推定精度を考慮した多目的PMU配置最適化 査読有り

    松川義明, 渡邊政幸, 三谷康範, Mohammad Lutfi Othman

    電気学会論文誌B   139 ( 2 )   84 - 90   2019年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 The Institute of Electrical Engineers of Japan. The optimal Phasor Measurement Unit (PMU) placement problem in power systems has been considered and investigated by many researchers for accurate and fast state estimation by PMU. There is a problem that the current channel cost of the PMU affects the total placement cost. This paper proposes novel formulation in multi objective optimal PMU placement which minimizes the PMU placement cost with the current channel selection and the state estimation error. The current channel selection is represented as a decision variable in the optimization. For those trade-off objective functions, the Pareto approach by Non-dominated Sorting Genetic Algorithm II (NSGA-II) is applied in the optimization. The result of the numerical experiment in this paper demonstrates the advantage of considering the appropriate PMU current channel allocation, compared to the conventional method which ignores it, in the modified IEEE New England 39-bus test system. As a result, the proposed method obtained a better Pareto solution compared to the conventional one because of consideration for the current channel selection. The proposed PMU placement shows its advantage that it is able to reduce the total PMU placement cost while it keeps the state estimation accuracy.

    DOI: 10.1541/ieejpes.139.84

    Scopus

    CiNii Article

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85061262414&origin=inward

  • Enhanced Virtual Inertia Control Based on Derivative Technique to Emulate Simultaneous Inertia and Damping Properties for Microgrid Frequency Regulation 査読有り 国際誌

    Thongchart Kerdphol, Fathin Saifur Rahman, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani, Dirk Turschner, Hans-Peter Beck

    IEEE Access   7   14422 - 14433   2019年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 IEEE. Virtual inertia control is considered as an important part of microgrids with high renewable penetration. Virtual inertia emulation based on the derivative of frequency is one of the effective methods for improving system inertia and maintaining frequency stability. However, in this method, the ability to provide virtual damping is usually neglected in its design, and hence, its performance might be insufficient in the system with low damping. Confronted with this issue, this paper proposes a novel design and analysis of virtual inertia control to imitate damping and inertia properties simultaneously to the microgrid, enhancing frequency performance and stability. The proposed virtual inertia control uses the derivative technique to calculate the derivative of frequency for virtual inertia emulation. Trajectory sensitivities have been performed to analyze the dynamic impacts of the virtual inertia and virtual damping variables over the system performance. Time-domain simulations are also presented to evaluate the efficiency of the virtual damping and virtual inertia in enhancing system frequency stability. Finally, the efficiency and robustness of the proposed control technique are compared with the conventional inertia control under a wide range of system operation, including the decrease in system damping and inertia and high integrations of load variation and renewable energy.

    DOI: 10.1109/ACCESS.2019.2892747

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85061737422&origin=inward

  • Demonstration of Virtual Inertia Emulation Using Energy Storage Systems to Support Community-Based High Renewable Energy Penetration 査読有り

    Thongchart Kerdphol, Fathin Saifur Rahman, Veena Phunpeng, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani

    GHTC 2018 - IEEE Global Humanitarian Technology Conference, Proceedings   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2018 IEEE. Due to widespread utilization of renewable energy sources (RESs), communities with high RESs penetration are facing a new stability issue as the power converters-based RESs create the significant lack of inertia power, causing system instability and power blackouts. To overcome the problem, this paper presents a novel application of virtual inertia emulation using energy storage systems (ESS) to emulate inertia power, improving frequency performance and stability. The derivative control method has been applied for advanced-level control of inertia emulation. Therefore, the proposed technique has a second order characteristic, which generates virtual inertia power into the community-based high RESs penetration, improving dynamic frequency stability and avoiding power blackouts. The effects of virtual inertia control gain against the system stability-based high RESs penetration are also investigated. The efficiency of the proposed technique over stability enhancement has been evaluated through a microgrid test system considering high penetration level of RESs in different scenarios. This work also demonstrates a detailed needs-Assessment of community-based high RESs which can influence the potential sustainable energy solution.

    DOI: 10.1109/GHTC.2018.8601755

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85061814690&origin=inward

  • Optimal Placement and Tuning Approach for Design of Power System Stabilizers and Wide Area Damping Controllers Considering Transport Delay 査読有り

    Yoshiaki Matsukawa, Masayuki Watanabe, Hibiki Takahashi, Yasunori Mitani

    17th IFAC Workshop on Control Applications of Optimization   51 ( 32 )   534 - 539   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2018 In this paper, a novel optimal placement and parameter tuning approach for Power System Stabilizer (PSS) is proposed to damp both local and inter-area modes in mesh like power system. The design target is two-level PSS consisting of ΔP type local PSS and Δθ type Wide Area Damping Controller (WADC). For the PSS placement, modeshape with eigenvector sensitivity and coherency analysis are used to determine the appropriate placement of both local PSS and WADC. For the PSS parameter tuning, metaheuristics based approach via Mean Variance Mapping Optimization (MVMO) is employed in order to consider the time domain analysis. The proposed objective function designs at first the local PSS only to improve damping coefficient and damping ratio of eigenvalue. After that, it designs the WADC overlapping with already designed local PSS by time domain analysis, taking into account the transport delay in the remote signal between Phasor Measurement Unit (PMU) and PSS. The proposed method is applied in IEEE New England 39-Bus (NE 39-bus) system model. Then, modeshape and coherent grouping analysis give us understandable system aspect, the local PSS and the WADC optimized by using MVMO considering the transport delay improve both local and inter-area modes whereas a method ignoring the transport delay make system poorly damped.

    DOI: 10.1016/j.ifacol.2018.11.477

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85058162039&origin=inward

  • Optimal Design of Power System Stabilizer Using Remote Signal Considering the Transport Delay 査読有り

    Yoshiaki Matsukawa, Masayuki Watanabe, Hibiki Takahashi, Yasunori Mitani

    10th IFAC Symposium on Control of Power and Energy Systems   51 ( 28 )   91 - 96   2018年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2018 This paper proposes a novel optimal Power System Stabilizer (PSS) design method to damp inter-area oscillations in power systems. As the input of PSS, remote signals which can be obtained by Phasor Measurement Units (PMUs) are used since remote signals represent global information of the power system. The method improves both small signal stability and transient stability, taking into consideration the fluctuation range of transport delay in the communication link between PMUs and PSSs, which may significantly affect the oscillation damping performance. In the design method, Mean Variance Mapping Optimization (MVMO) is employed to determine the PSS parameters. The proposed method is applied in IEEJ (The Institute of Electrical Engineers of Japan) WEST 10-machine system model. Then, network modeshape is used to select the most appropriate remote signal. As a result of optimal design, the PSSs with both local and remote signals can give better damping than the local PSS alone, even when maximum transport delay occurs, whereas PSS designed ignoring transport delay makes the system unstable in some cases of such delay.

    DOI: 10.1016/j.ifacol.2018.11.683

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85058232085&origin=inward

  • Wide-Area Damping Control by Selection of Location and Input Signal for PSS Using Modeshape and Sensitivity 査読有り

    Hibiki Takahashi, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani

    24th International Conference on Electrocal Engineering   2018年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A Study on the Placement of Virtual Synchronous Generator in a Two-Area System 査読有り

    Fathin Saifur Rahman, Thongchart Kerdphol, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani

    International Conference on Innovative Smart Grid Technologies, ISGT Asia 2018   782 - 786   2018年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2018 IEEE. One of the solutions to solve the low inertia issue in the power system due to the integration of renewable energy sources (RESs) is by using a virtual synchronous generator (VSG). However, most of the VSG research is conducted focused on the area of power electronics using a simple generator-load system. In this paper, the results of an investigation on the placement of virtual synchronous generator (VSG) in a two-area, four-generator power system are presented. The effects of the placement of VSG at different locations in the system with reduced inertia are analyzed using time-domain and modal analysis.

    DOI: 10.1109/ISGT-Asia.2018.8467826

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85055490232&origin=inward

  • Active Power Allocation of Virtual Synchronous Generator Considering Multiple Operating Scenarios 査読有り

    Fathin Rahman, Thongchart Kerdphol, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani

    2018 5th International Conference on Electric Power and Energy Conversion Systems, EPECS 2018   2018年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2018 IEEE. In applying virtual synchronous generator (VSG) to solve the low system inertia issue in the microgrid, especially in a microgrid without secondary control loop, one aspect that should be considered is the allocation of the VSG active power output. It should be properly determined to maintain the frequency of microgrid within the allowable margin, including during a large system disturbance. This paper presents an approach to obtain a proper active power reference of VSG using particle swarm optimization (PSO) by also considering several operating scenarios. By using the obtained active power reference, the microgrid frequency could be restored within allowable limits in various scenarios with minimum average final frequency deviation after an occurrence of a large disturbance, thus prevent the unnecessary load shedding and improving overall system frequency stability.

    DOI: 10.1109/EPECS.2018.8443565

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85053637684&origin=inward

  • Investigation of Transient Air-gap Torque of Induction Motors by Bus Transfer 査読有り

    Masayuki Watanabe, Kouhei Yamaoka, Yasunori Mitani, Hiroyuki Iki, Yoshihide Kado

    2018 5th International Conference on Electric Power and Energy Conversion Systems, EPECS 2018   2018年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2018 IEEE. This paper presents a study on the transient air-gap torque of induction motors by the bus transfer. The phase difference between the source and the residual voltage of induction motors could cause a large torque on the motors. The peak air-gap torque is investigated based on the resultant vectorial Volts per Hertz between the source and the motor bus. The interaction between multiple motors, the influence of the inertia and loading condition have been analyzed by simulations.

    DOI: 10.1109/EPECS.2018.8443500

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85053628676&origin=inward

  • Power System Stabilizer Tuning to Enhance Kalimantan Selatan - Tengah and Kalimantan Timur System Interconnection Stability Using Particle Swarm Optimization 査読有り

    Joko Hartono, Nanang Hariyanto, Fathin Saifur Rahman, Thongchart Kerdphol, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani

    2018 5th International Conference on Electric Power and Energy Conversion Systems, EPECS 2018   2018年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2018 IEEE. The main purpose of this paper is to propose an approach of the PSS (Power System Stabilizer) parameter tuning for interconnection system between Kalimantan Selatan - Tengah (Kalselteng) and Kalimantan Timur (Kaltim) in Indonesia. At this time, PSS module that exists on the generators in both of the subsystems have not been activated yet. This paper is expected to be a reference to determine the location and to tune the PSS parameter values for the other electrical power system in Indonesia. The location of PSS is determined by participation factor using DIgSILENT PowerFactory ® software, then the tuning is processed using Particle Swarm Optimization (PSO) method by MATLAB ®. After getting the tuned PSS parameter values, the response of the system towards the short-circuit simulation is compared with typical values of PSS parameter [7] as the validation process.

    DOI: 10.1109/EPECS.2018.8443361

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85053637219&origin=inward

  • Robust Virtual Inertia Control of an Islanded Microgrid Considering High Penetration of Renewable Energy 査読有り

    Thongchart Kerdphol, Fathin Saifur Rahman, Yasunori Mitani, Masayuki Watanabe, Sinan Küfeoğlu

    IEEE Access   6   625 - 636   2018年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    This paper presents robust virtual inertia control of an islanded microgrid considering high penetration of renewable energy sources (RESs). In such microgrids, the lack of system inertia due to the replacement of traditional generating units with a large amount of RESs causes undesirable influence to microgrid frequency stability, leading to weakening of the microgrid. In order to handle this challenge, the H ∞ robust control method is implemented to the virtual inertial control loop, taking into account the high penetration of RESs, thus enhancing the robust performance and stability of the microgrid during contingencies. The controller's robustness and performance are determined along with numerous disturbances and parametric uncertainties. The comparative study between H ∞ and optimal proportional-integral (PI)-based virtual inertia controller is also presented. The results show the superior robustness and control effect of the proposed H ∞ controller in terms of precise reference frequency tracking and disturbance attenuation over the optimal PI controller. It is validated that the proposed H ∞ -based virtual inertia controller successfully provides desired robust frequency support to a low-inertia islanded microgrid against high RESs penetration.

    DOI: 10.1109/ACCESS.2017.2773486

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85042220525&origin=inward

  • A Comparative Study of Sugeno and Mamdani Fuzzy Systems-based Virtual Inertia Control for Microgrids 査読有り

    Thongchart Kerdphol, Fathin S. Rahman, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani, Veena Phunpeng

    Proc. of IEEE PES Innovative Smart Grid Technologies, Asia 2017   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 豊前蓄電池変電所を訪ねて

    渡邊 政幸, 松川 義明, 上田 圭祐, 金子 悠一

    電気学会誌 ( 一般社団法人 電気学会 )   137 ( 11 )   740 - 743   2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    <p>1.はじめに</p><p>国内では2012年7月からの再生可能エネルギーの固定価格買取制度の施行に伴い,特に太陽光発電(Photovoltaic generation:PV)の導入が急速に進んでいる。PV や風力発電と</p>

    DOI: 10.1541/ieejjournal.137.740

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/ieejjournal/137/11/137_740/_pdf

  • Two-Phase Optimization of Phasor Measurement Unit Placement Based on Reliability of Observability Considering N-1 Line Contingency 査読有り

    Yoshiaki Matsukawa, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani, Mohammad Lutfi Othman

    The International Conference on Electrical Engineering   272 - 277   2017年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Power Systems Inertia Evaluation associated with PV Installation by Frequency Analysis of Inter-Area Oscillation based on Phasor Measurements 査読有り

    Yoshiaki Matsukawa, Jun Terashi, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani

    Journal of International Council on Electrical Engineering   7 ( 1 )   153 - 158   2017年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Phasor measurement technology based power system monitoring and control 査読有り

    Khairudin, Lukmanul Hakim L., Yasunori Mitani, Masayuki Watanabe

    ARPN Journal of Engineering and Applied Sciences   12 ( 12 )   3847 - 3852   2017年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    ©2006-2017 Asian Research Publishing Network (ARPN). All rights reserved. The concept of phasor measurement and its application in power system monitoring and control are introduced in this paper. The example of application of PMU in a Campus Wide Area Monitoring System (WAMS) is then elaborated. With the availability of synchrophasor data measurement, it makes possible to establish the power system monitoring by directly employing spectral analysis of power or phase angle response signals using Fourier Transforms or Short Time Fourier Transform, Prony or Wavelet analysis technique or any other combination among those methods. Moreover, using the wide area signal provided by PMU, power system stability control also gain benefit through the wide area control technique where the system provide a better response toward the inter-area oscillation compared to the conventional damping controller. Finally, at the end of this work, the application of phasor measurement technology in the small signal stability monitoring and the wide area control based on phasor measurement data are discussed.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85021131672&origin=inward

  • Active Power Allocation of Virtual Synchronous Generator Using Particle Swarm Optimization Approach 査読有り

    Fathin Saifur Rahman, Thongchart Kerdphol, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani

    Energy and Power Engineering   9 ( 4B )   414 - 424   2017年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.4236/epe.2017.94B047

  • 自家用発電設備を有する工場受変電システムにおける信頼性への取り組み

    渡邊 政幸, 壹岐 浩幸

    電気学会誌 ( 一般社団法人 電気学会 )   137 ( 1 )   31 - 34   2017年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    <p>1.はじめに</p><p>大規模な石油化学や石油精製,鉄鋼,製紙プラントといった自家用発電設備を有する工場内の受変電システム(図1)において,電力の品質ならびに安定性そして信頼性に対する取り組みは,電気技術者が最も気を配るところでありながら長年注目されてこなかった領域である。電力</p>

    DOI: 10.1541/ieejjournal.137.31

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/ieejjournal/137/1/137_31/_pdf

  • Reliably Optimal PMU Placement using Disparity Evolution-based Genetic Algorithm 査読有り

    Yoshiaki Matsukawa, Mohammad Lutfi Othman, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani

    Proc. of International Conference on Electrical & Electronic Technology   2016年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Power Systems Inertia Evaluation associated with PV Installation by Frequency Analysis of Inter-Area Oscillation based on Phasor Measurements 査読有り

    Yoshiaki Matsukawa, Jun Terashi, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani

    Proc. of the International Conference on Electrical Engineering   2016年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Intelligent Determination of a Battery Energy Storage System Size and Location Based on RBF Neural Networks for Microgrids 査読有り

    T. Kerdphol, Y. Qudaih, K. Hongesombut, M. Watanabe, Y. Mitani

    International Review of Electrical Engineering   11 ( 1 )   78 - 87   2016年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    As an installation of Battery Energy Storage Systems (BESS) at a non-optimum size and location in a microgrid can cause stability issues, increase in cost, system losses and larger BESS size. Thus, the optimum size and location of BESS is a main challenge for combining BESS into a microgrid. For this reason, this paper proposes a novel method to evaluate an optimal size and location of the BESS using the Radial Basis Function Neural Networks (RBFNN). The proposed method consists of a two-stage based on an optimum size process and optimum location process. In the first stage, the optimal size of the BESS is evaluated using the RBFNN based on frequency and voltage control so that frequency and voltage of the microgrid can return to nominal values under the sudden changes in the microgrid. In the second stage, the optimal location of the BESS is determined using the RBFNN based on minimizing power losses in the microgrid. With a suitable RBFNN training, the results indicate that the proposed RBFNN method can achieve the superb performances in predicting the optimum size and location of the BESS with a minor change compared to the measured data based on the simulation. Therefore, it is obvious that if BESS is located at the optimum location and has the optimum size, it can save an enormous amount of power in a microgrid and can avoid the microgrid from instability and system collapse.

    DOI: 10.15866/iree.v11i1.7718

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84965104613&origin=inward

  • Optimization of Fluctuation Suppression in Photovoltaic Power Generation Using Gas Cogeneration System 査読有り

    Manimel Wadu Saminda Roshan, Yasunori Mitani, Masayuki Watanabe, Yaser Qudaih

    Proceedings of 2015 2nd International Conference on Power and Energy Systems Engineering   2015年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • PSO based Optimal Size and Allocation of Battery Energy Storage System for Micro-grid System 査読有り

    Thongchart Kerdphol, Yaser Qudaih, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani

    Proceedings of the International Conference on Electrical Engineering   2015年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Synchrophasor Measurement Based Damping Estimation and Oscillation Mode Detection using FFT-CWT approach in Japan Campus WAMS 査読有り

    Khairudin, Yaser Qudaih, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani

    International Journal of Smart Grid and Clean Energy   4 ( 2 )   93 - 102   2015年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Global Oscillation Mode Analysis Using Phasor Measurement Units-based Real Data 査読有り

    Qing Liu, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani

    International Journal of Electrical Power and Energy Systems   67   393 - 400   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.ijepes.2014.11.004

    Scopus

  • 自励式変換器に起因するタービン発電機軸ねじれ振動の解析 査読有り

    渡邊政幸,壹岐浩幸,坂本和磨,三谷康範,瓜生芳久,加戸良英

    電気学会論文誌B分冊   134 ( 11 )   900 - 907   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1541/ieejpes.134.900

    Scopus

    CiNii Article

  • A Research of Basic Energy Reduction Approach Using PV Power Smoothing EV Storage System and LED Simple Circuit for Create Green Innovation 査読有り

    Kiyotaka Fuji, Yoshihito Shirai, Yasunori Mitani, Masayuki Watanabe, Takahisa Kawagoe, Atsushi Shiota

    Journal of Engineering Science and Technology   9   76 - 89   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Study on Operation Method and Analysis in Distribution System under Large-scale Introduction of Photovoltaic and Gas Cogeneration Systems 査読有り

    Masanori Tokumitsu, Shohei Haga, Yaser Qudaih, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani

    International Journal of Smart Grid and Clean Energy   3 ( 4 )   380 - 384   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Study on Operation Method and Analysis in Distribution System under Large-scale Introduction of Photovoltaic and Gas Cogeneration Systems 査読有り

    Masanori Tokumitsu, Yasunori Mitani, Masayuki Watanabe, Yaser Qudaih, Shohei Haga

    Proceedings of 2014 International Conference on Smart Grid and Clean Energy Technologies   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Coefficient Diagram Method Based Load Frequency Control for a Modern Power System 査読有り

    Princess Garasi, Yaser Qudaih, Raheel Ali, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani

    Proceedings of 2014 International Conference on Smart Grid and Clean Energy Technologies   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Power Smoothing of Wind Turbine Generator using Fuzzy-PI Pitch Angle Controller 査読有り

    Princess Garasi, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani

    Proceedings of Australasian Universities Power Engineering Conference   2014年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1109/AUPEC.2014.6966531

    Scopus

  • Coefficient Diagram Method Based Load Frequency Control for a Modern Power System 査読有り

    Princess Garasi, Yaser Qudaih, Raheel Ali, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani

    Journal of Electronic Science and Technology   12 ( 3 )   270 - 276   2014年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Wavelet-Demodulation-Method Based Out of Step Detection and Damping Estimation in JAPAN Campus WAMS 査読有り

    Khairudin, Yaser Qudaih, Yasunori Mitani, Masayuki Watanabe, Thongchart Kerdphol

    Proceedings of 18th Power Systems Computation Conference   2014年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1109/PSCC.2014.7038303

    Scopus

  • Wide Area Measurement Based Robust Power System Controller Design 査読有り

    Masayuki Watanabe, Masaya Yamashita, Yasunori Mitani

    Proceedings of 18th Power Systems Computation Conference   2014年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1109/PSCC.2014.7038434

    Scopus

  • Simple Measurement System for Indoor Power flow Distributions using Voltmeters at Electrical Outlet 査読有り

    Yuhei Nozaki, Yasunori Mitani, Yaser Qudaih, Masayuki Watanabe

    Journal of International Council on Electrical Engineering   3 ( 4 )   323 - 329   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Smart Grid Approach by Evaluating Power System Oscillation Mode Using PMU Based Eigenvalues Estimation 査読有り

    Takeshi Kudou, Yasunori Mitani, Masayuki Watanabe, Yaser Qudaih, Kenta Kushizaki, Khairudin

    Proc. of International Smart Grid Conference & Exhibition 2013   2013年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Evaluation Study of an Isolated Agile Power System with PV and Electric Vehicle Integration based on General Model 査読有り

    Kiyotaka Fuji, Yasunori Mitani, Masayuki Watanabe, Hisafumi Yamada, Yaser Qudaih, Shinichiro Noda

    Proc. of International Smart Grid Conference & Exhibition 2013   2013年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Power Supply System Using Electric Vehicle for Stable Power Delivery from PV Generation 査読有り

    Takahisa Kawagoe, Yasunori Mitani, Masayuki Watanabe, Kiyotaka Fuji, Yaser Qudaih

    Proc. of International Smart Grid Conference & Exhibition 2013   2013年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Investigation of Turbine Generator Shaft Torsional Interaction with Self-commutated Converter 査読有り

    Masayuki Watanabe, Hiroyuki Iki, Yoshihisa Uriu, Yasunori Mitani, Yoshihide Kado

    Proc. of 2013 International Conference on Power Systems Transients   2013年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Intelligent Frequency Control in an AC Microgrid: On-line PSO-based Fuzzy Tuning Approach 査読有り

    Hassan Bevrani, Farshid Habibi, Poya Babahajyani, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani

    IEEE Transactions on Smart Grid   3 ( 4 )   1935 - 1944   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1109/TSG.2012.2196806

    Scopus

  • Development and Evaluation of DC-DC Converter for Isolated PV Power Supply System with EV 査読有り

    Pham Xuan Khiet, Yasunori Mitani, Masayuki Watanabe, Hisafumi Yamada, Yaser Soliman Qudaih, Kiyotaka Fuji

    Proc. The 10th International Power and Energy Conference   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1109/ASSCC.2012.6523305

    Scopus

  • Mega-Solar Power Fluctuation Modification by Using Controllable Distributed Generation and Quantitative Assessment of Effect 査読有り

    Atsushi Kano, Yasunori Mitani, Masayuki Watanabe, Yaser Qudaih

    Proc. Fifteenth International Middle East Power Systems Conference   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Estimation of Stable Equilibrium Point on Power Angle Curve Corresponding to Wide-Area Oscillation 査読有り

    Taro Fujita, Yasunori Mitani, Masayuki Watanabe, Yaser Qudaih, Makoto Nakanishi, Shoichi Nishimura

    Proc. Fifteenth International Middle East Power Systems Conference   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Hilbert-Huang Transform and Wavelet Analysis of Oscillation Characteristics for Japan Western 60 Hz Power System Based on Campus WAMS 査読有り

    Qing Liu, Taro Fujita, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani

    Proc. of the 8th IFAC Symposium on Power Plant and Power System Control   2012年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Japan 50-Hz Power System Dynamic Stability Analysis Based on Wide Area Measurement System Influenced by the Great Eastern Japan Earthquake 査読有り

    Dikpride Despa, Yasunori Mitani, Masayuki Watanabe, Yaser Qudaih

    Proc. of the 8th IFAC Symposium on Power Plant and Power System Control   2012年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Characteristics Analysis of Wide-area Power System Dynamics Using Phasor Deference and Power Fluctuations 査読有り

    Kenta Kushizaki, Taro Fujita, Yasunori Mitani, Masayuki Watanabe, Yaser Qudaih, Makoto Nakanishi, Shoichi Nishimura, Narifumi Kosugi, Susumu Fukushima

    Proc. of the International Conference on Electrical Engineering 2012   2012年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   金沢市   2012年07月08日  -  2012年07月12日

  • PMU Based Monitoring and Estimation Power System Dynamic Stability Developed on 50-Hz Power System 査読有り

    Dikpride Despa, Yasunori Mitani, Masayuki Watanabe, Yaser Qudaih, Taro Fujita, Qing Liu, Michael Bernard

    Proc. of The Fifth IASTED Asian Conference on Power and Energy Systems   2012年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2012年04月02日  -  2012年04月04日

    DOI: 10.2316/P.2012.768-110

    Scopus

  • Hilbert-Huang Transform and FFT Analysis of Oscillation Characteristics for Japan Power System Based on Campus WAMS 査読有り

    Qing Liu, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani

    Proc. of The Fifth IASTED Asian Conference on Power and Energy Systems   2012年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.2316/P.2012.768-112

    Scopus

  • Power System Controller Design Based on Model Identification with Phasor Measurements 査読有り

    Masayuki Watanabe, Masaru Fukushima, Tomohiro Maeda, Yasunori Mitani

    Proc. of The Fifth IASTED Asian Conference on Power and Energy Systems   2012年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.2316/P.2012.768-111

    Scopus

  • PMU Based Monitoring and Estimation of Inter-area Power Oscillation for Singapore-Malaysia Interconnection Power System 査読有り

    Dikpride Despa, Yasunori Mitani, Masayuki Watanabe, Changsong Li

    Journal of Energy and Power Engineering   6 ( 3 )   463 - 468   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Estimation Method of Center of Inertia Frequency Based on Phasor Measurement Data 査読有り

    Takuhei Hashiguchi, Masayuki Watanabe, Tadahiro Goda, Yasunori Mitani, Osamu Saeki, Masahide Hojo, Hiroyuki Ukai

    Journal of Energy and Power Engineering   6 ( 3 )   434 - 445   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Development of Voltage Stability Analysis Tools in Matlab/Simulink Environment 査読有り

    Kazuya Morisawa, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani, Yaser Qudaih

    Proc. of the 4th IEEE Asia-Pacific Power and Energy Engineering Conference   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1109/APPEEC.2012.6307496

    Scopus

  • Evaluation Study of an Isolated Power System Operation with PV and Electric Vehicle Integration 査読有り

    Shinichiro Noda, Yasunori Mitani, Masayuki Watanabe, Katsuhiko Harada, Yaser Qudaih

    Proc. of the 4th IEEE Asia-Pacific Power and Energy Engineering Conference   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1109/APPEEC.2012.6306935

    Scopus

  • Analytical Study of Wide-Area Power System Dynamics Based on P-d Curve 査読有り

    Taro Fujita, Yasunori Mitani, Masayuki Watanabe, Yaser Qudaih, Makoto Nakanishi, Shoichi Nishimura, Masaaki Nakazawa, Ikuto Kai

    Proc. of the 4th IEEE Asia-Pacific Power and Energy Engineering Conference   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1109/APPEEC.2012.6307454

    Scopus

  • Power System Stability Control Based on the Characteristics of the Observed Information via Excitation Control 査読有り

    Tomohiro Maeda, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani, Yaser Qudaih

    Proc. of the 4th IEEE Asia-Pacific Power and Energy Engineering Conference   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1109/APPEEC.2012.6307577

    Scopus

  • Analysis of Oscillation Characteristics for Japan Eastern 50 Hz Power System Based on Campus WAMS 査読有り

    Qing Liu, Dikpride Despa, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani

    Proc. International Conference on Advanced Power System Automation and Protection   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Transient Stability Assessment of Industrial Power Systems with Detailed Models Implementation 査読有り

    Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani, Hiroyuki Iki, Yoshihisa Uriu, Yasuhiro Urano

    Proc. 2011 IEEE Industry Applications Society Annual Meeting   2011年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1109/IAS.2011.6074411

    Scopus

  • Power System Oscillation Dynamics Analysis based on Campus PMU/WAMS 査読有り

    Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani, Masahide Hojo, Osamu Saeki, Hiroyuki Ukai

    Proc. 2011 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications   2011年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Voltage Sag Analysis of Emergency Generator on Starting of IM Loads -Application of SMES- 査読有り

    Manabu Kuroda, Yoshihisa Uriu, Hiroyuki Iki, Masayuki Watanabe

    Proc. The 46th International Universities' Power Engineering Conference   2011年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Inter-Area Power Oscillation Mode for Singapore-Malaysia Interconnected Power System Based on Phasor Measurements with Auto Spectrum Analysis 査読有り

    Dikpride Despa, Yasunori Mitani, Changsong Li, Masayuki Watanabe

    Proc. 17th Power Systems Computation Conference   2011年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Dynamic Stability Assessment of Customer's Power Systems with Detailed Models Implementation 査読有り

    Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani, Hiroyuki Iki, Yoshihisa Uriu, Yasuhiro Urano

    Proc. 17th Power Systems Computation Conference   2011年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Power System Stabilization Control based on Phasor Measurements and H infinity Control Theory 査読有り

    Masaru Fukushima, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani

    Proc. of The International Conference on Electrical Engineering 2011   2011年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Hong Kong   Hong Kong   2011年07月10日  -  2011年07月14日

  • PMU Based Monitoring and Estimation of Inter-area Oscillation Mode Using Artificial Neural Network 査読有り

    Dikpride Despa, Yasunori Mitani, Masayuki Watanabe, Michael Bernard, Yaser Qudaih

    Proc. of The International Conference on Electrical Engineering 2011   2011年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Construction of shaft torsional torque diagnostic system for SSTI 査読有り

    Hiroyuki Iki, Hiroki Tajima, Yoshihisa Uriu, Masayuki Watanabe

    Proc. of The International Conference on Electrical Engineering 2011   2011年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Analysis and Simulation of DFIG Wind Farm Connected to Power System 査読有り

    Michael Bernard, Yasunori Mitani, Masayuki Watanabe

    Proc. of The International Conference on Electrical Engineering 2011   2011年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Hong Kong   Hong Kong   2011年07月10日  -  2011年07月14日

  • PMU Based Monitoring and Estimation of Interarea Power Oscillation for Singapore-Malaysia Interconnection Power System 査読有り

    Dikpride Despa,Changson Li,Yasunori Mitani,Masayuki Watanabe

    The 9th International Power and Energy Conference (IPEC2010)   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Singapore   Singapore   2010年10月27日  -  2010年10月29日

    主要論文集(会議)

    DOI: 10.1109/IPECON.2010.5697043

    Scopus

  • Construction of a Synchronous Motor Model for an Industrial Power System Analysis 査読有り

    Hiroyuki Iki,Manabu Kuroda,Yoshihisa Uriu,Zheng Xing Li,Masayuki Watanabe,Yasunori Mitani

    The 45th International Universities' Power Engineering Conference (UPEC 2010)   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Wales   Cardiff   2010年08月31日  -  2010年09月03日

    主要論文集(会議)

  • Application of Phasor Measurement Unit (PMU) data for Out-of-Step Detection 査読有り

    Dikpride Despa,Yasunori Mitani,Masayuki Watanabe,Changson Li,Bessie Monchusi

    The International Conference on Electrical Engineering 2010 (ICEE2010)   2010年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Busan   2010年07月11日  -  2010年07月14日

    主要論文集(会議)

  • Design of Adaptive Parameter Tuning Controller for Interarea Oscillation Damping Improvement Based on Synchronized Phasor Measurements 査読有り

    Changsong Li,Masayuki Watanabe,Yasunori Mitani

    The International Conference on Electrical Engineering 2010 (ICEE2010)   2010年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Busan   2010年07月11日  -  2010年07月14日

    主要論文集(会議)

  • Wide Area Robust SMES Controller Design using Synchronized PMUs for Stabilization of Interconnected Power System with Wind Farms 査読有り

    Issarachai Ngamroo,Cuk Supriyadi Ali Nanda,Sanchai Dechanupaprittha,Masayuki Watanabe,Yasunori Mitani

    IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering   5 ( 4 )   428 - 438   2010年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Modeling Kita-Hon HVDC Link for Load Frequency Control of Eastern Japan 50-Hz Power System Based on Application of the CampusWAMS 査読有り

    Changsong Li,Yuji Okada,Masayuki Watanabe,Yasunori Mitani

    The 2010 IEEE International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS 2010)   2307 - 2310   2010年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    France   Paris   2010年05月30日  -  2010年06月02日

    DOI: 10.1109/ISCAS.2010.5537070

    Scopus

  • GPS Synchronized Phasor Measurement Units based-Wide Area Robust PSS Parameters Optimization 査読有り

    Cuk Supriyadi Ali Nanda,Issarachai Ngamroo,Sanchai Dechanupaprittha,Masayuki Watanabe,Yasunori Mitani

    European Transactions on Electrical Power   21 ( 1 )   345362 - 345362   2010年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1002/etep.446

    Scopus

  • Analysis of Kita-Hon HVDC Link for Load Frequency Control of Eastern Japan 50-Hz Power System Based on Application of The CampusWAMS 査読有り

    Changsong Li,Yuji Okada,Masayuki Watanabe,Yasunori Mitani

    Asia-Pacific Power and Energy Engineering Conference   2010年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    China   Chengdu   2010年03月28日  -  2010年03月31日

    主要論文集(会議)

    DOI: 10.1109/APPEEC.2010.5448425

    Scopus

  • 多地点同期計測データに基づく慣性中心周波数の推定法 査読有り

    橋口卓平,渡邊政幸,合田忠弘,三谷康範,佐伯修,北條昌秀,鵜飼裕之

    電気学会論文誌B分冊   130 ( 1 )   106 - 113   2010年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Participation Weight Estimation in Power Oscillation Mode Based on Synchronized Phasor Measurements and Auto-spectrum Analysis 査読有り

    Changsong Li,Masayuki Watanabe,Yasunori Mitani,Bessie Monchusi

    電気学会論文誌B分冊   129 ( 12 )   1449 - 1456   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • A Practical Controller Design of Distributed Energy Resources for Stabilization of Interconnected Power System Based On Synchronized Phasor Measurements 査読有り

    Sanchai Dechanupaprittha,Masayuki Watanabe,Yasunori Mitani,Komsan Hongesombut,Issarachai Ngamroo

    IEEE TENCON 2009   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Singapore   2009年11月23日  -  2009年11月26日

    主要論文集(会議)

  • A robust SMES controller design for stabilization of inter-area oscillations based on wide area synchronized phasor measurements 査読有り

    Issarachai Ngamroo,Cuk Supriyadi Ali Nanda,Sanchai Dechanupaprittha,Masayuki Watanabe,Yasunori Mitani

    Electric Power Systems Research   79 ( 12 )   1738 - 1749   2009年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Stability Analysis of Wide-area Power System with Multiple Synchronized Phasor Measurements 査読有り

    Takumi Kageyama,Yasunori Mitani,Masayuki Watanabe,Masatoshi Okubo,Kosaku Yokota

    The International Conference on Electrical Engineering 2009   2009年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    China   Shenyang   2009年07月05日  -  2009年07月09日

    主要論文集(会議)

  • Analysis Method on Frequency Characteristics of Power System Oscillations in Phasor Measurement Data 査読有り

    Takuhei Hashiguchi,Masayuki Watanabe,Tadahiro Goda,Yasunori Mitani,Osamu Saeki,Masahide Hojo,Hiroyuki Ukai

    The International Conference on Electrical Engineering 2009   2009年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    China   Shenyang   2009年07月05日  -  2009年07月09日

    主要論文集(会議)

  • HVDC Controller Design for Damping of Interarea Oscillation Using Synchronized Phasor Measurements and Bacteria Foraging Algorithm 査読有り

    Changsong Li,Masayuki Watanabe,Yasunori Mitani

    The International Conference on Electrical Engineering 2009   2009年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    China   Shenyang   2009年07月05日  -  2009年07月09日

    主要論文集(会議)

  • Post-fault Analysis of Distributed Generators Participation in Load Frequency Control by Using Surplus Power 査読有り

    Zhong Dong Chen,Masayuki Watanabe,Yasunori Mitani

    The International Conference on Electrical Engineering 2009   2009年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    China   Shenyang   2009年07月05日  -  2009年07月09日

    主要論文集(会議)

  • A Dynamical Model for Customer’s Gas Turbine Generator in Industrial Power Systems 査読有り

    Masayuki Watanabe,Yuuya Ueno,Yasunori Mitani,Hiroyuki Iki,Yoshihisa Uriu,Yasuhiro Urano

    IFAC Symposium on Power Plants and Power Systems Control 2009   2009年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Finland   Tampere   2009年07月05日  -  2009年07月08日

    主要論文集(会議)

  • Design and Analysis of Robust SMES Controller for Stability Enhancement of Interconnected Power System Taking Coil Size Into Consideration 査読有り

    Sanchai Dechanupaprittha,Naotoshi Sakamoto,Komsan Hongesombut,Masayuki Watanabe,Yasunori Mitani,Issarachai Ngamroo

    IEEE Transactions on Applied Superconductivity   19 ( 3 )   2019 - 2022   2009年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Development of a Dynamical Model for Customer's Gas Turbine Generator in Industrial Power Systems 査読有り

    Masayuki Watanabe,Yuuya Ueno,Yasunori Mitani,Hiroyuki Iki,Yoshihisa Uriu,Yasuhiro Urano

    The 2nd IEEE International Power & Energy Conference   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Malaysia   Johor Bahru   2008年12月01日  -  2008年12月03日

  • A Practical Approach to Tuning of SMES Controller based on Synchronized Phasor Measurements for Interconnected Power System with Wind Farms 査読有り

    Sanchai Dechanupaprittha,Changsong Li,Masayuki Watanabe,Yasunori Mitani,Komsan Hongesombut,Issarachai Ngamroo

    IEEE International Conference on Sustainable Energy Technologies   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Singapore   2008年11月24日  -  2008年11月27日

  • Inverse Additive Perturbation-Based Optimization of Robust PSS in an Interconnected Power System with Wind Farms 査読有り

    Cuk Supriyadi A. N.,Issarachai Ngamroo,Anantawat Kunakorn,Sanchai Dechanupaprittha,Masayuki Watanabe,Yasunori Mitani,Takuhei Hashiguchi,Tadahiro Goda

    International Conference on Instrumentation, control and Information technology   2008年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    東京   2008年08月20日  -  2008年08月22日

  • Monitoring and Estimation of Interarea Power Oscillation Mode Based on Application of CampusWAMS 査読有り

    Changsong Li,Kenichiro Higuma,Masayuki Watanabe,Yasunori Mitani

    16th Power Systems Computation Conference   2008年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Scotland   Glasgow   2008年07月14日  -  2008年07月18日

  • Detection Method of Power System Oscillations in Phasor Measurement Data 査読有り

    Takuhei Hashiguchi,Tadahiro Goda,Yasunori Mitani,Masayuki Watanabe,Osamu Saeki,Masahide Hojo,Hiroyuki Ukai

    International Conference on Electrical Engineering 2008   2008年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    沖縄   2008年07月06日  -  2008年07月10日

  • Estimation of Global Steady State Stability Based on Phasor Measurement with Auto Spectrum-Based FFT Filter 査読有り

    Changsong Li,Masayuki Watanabe,Yasunori Mitani,Masatoshi Okubo,Kosaku Yokota

    International Conference on Electrical Engineering 2008   2008年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    沖縄   2008年07月06日  -  2008年07月10日

  • A Practical Design of Fuzzy SMES Controller based on Synchronized Phasor Measurement for Interconnected Power System 査読有り

    Sanchai Dechanupaprittha,Komsan Hongesombut,Masayuki Watanabe,Yasunori Mitani,Issarachai Ngamroo

    International Journal of Emerging Electric Power Systems   9 ( 3 )   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 多地点同期位相計測に基づく電力系統広域安定度推定における観測地点変更時の精度向上 査読有り

    渡邊政幸,橋口卓平,三谷康範,佐伯修,北條昌秀,鵜飼裕之

    電気学会論文誌B分冊   128 ( 1 )   84 - 90   2008年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • A Practical Design of Fuzzy SMES Controller based on Synchronized Phasor Measurement for Interconnected Power System 査読有り

    Sanchai Dechanupaprittha,Komsan Hongesombut,Masayuki Watanabe,Yasunori Mitani,Issarachai Ngamroo

    The 8th International Power Engineering Conference (IPEC2007)   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Singapore   2007年12月03日  -  2007年12月06日

  • The Development of a Model of the Industrial Gas Turbine Generator on the Analysis Tool for the Power System Dynamics 査読有り

    Hiroyuki Iki,Masahiro Komatsu,Yoshihisa Uriu,Masayuki Watanabe,Yasunori Mitani

    The 42nd International University's Power Engineering Conference   2007年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    United Kingdom   Brighton   2007年09月04日  -  2007年09月06日

  • Analysis of Power System Stability Derived from PMU Data Using Demand Side Outlets in Thailand Power System 査読有り

    Kenichiro Higuma,Sanchai Dechanupaprittha,Masayuki Watanabe,Yasunori Mitani,Issarachai Ngamroo

    Proceedings of the International Conference on Electrical Engineering 2007   2007年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Hong Kong   2007年07月08日  -  2007年07月12日

    主要論文集(会議)

  • Power System Dynamic Performance Measured by Phasor Measurement Unit 査読有り

    Takuhei Hashiguchi,Hiroyuki Ukai,Yasunori Mitani,Masayuki Watanabe,Osamu Saeki,Masahide Hojo

    Proceedings of IEEE Power Tech 2007 Conference   2007年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Switzerland   Lausanne   2007年07月01日  -  2007年07月05日

    主要論文集(会議)

  • Design of SMES Controller for Improving Stabilization of Interconnected Power System based on Synchronized Phasor Measurement 査読有り

    Sanchai Dechanupaprittha,Komsan Hongesombut,Masayuki Watanabe,Yasunori Mitani,Issarachai Ngamroo

    Proceedings of IEEE Power Tech 2007 Conference   2007年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Switzerland   Lausanne   2007年07月01日  -  2007年07月05日

  • Stabilization of Tie-line Power Flow by Robust SMES Controller for Interconnected Power System with Wind Farms 査読有り

    Sanchai Dechanupaprittha,Komsan Hongesombut,Masayuki Watanabe,Yasunori Mitani,Issarachai Ngamroo

    IEEE Transactions on Applied Superconductivity   17 ( 2 )   2365 - 2368   2007年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Test Results of Evaluating Eigen-Characteristics of Interarea Power Swing Mode Derived from PMU Data in Thailand System 査読有り

    Kenichiro Higuma,Sanchai Dechanupaprittha,Hisayosi Morimoto,Masayuki Watanabe,Yasunori Mitani,Issarachai Ngamroo

    Proceedings of the Third IASTED Asian Conference on Power and Energy Systems   483 - 488   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand   Phuket   2007年04月02日  -  2007年04月04日

  • Practical Design of SMES Controller for Improving Power System Stability based on Wide Area Synchronized Phasor Measurement 査読有り

    Sanchai Dechanupaprittha,Komsan Hongesombut,Masayuki Watanabe,Yasunori Mitani,Issarachai Ngamroo

    Proceedings of the Third IASTED Asian Conference on Power and Energy Systems   500 - 504   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand   Phuket   2007年04月02日  -  2007年04月04日

  • Analysis of Power System Event using Synchronized PMUs in Thailand Power Network 査読有り

    I. Ngamroo,A. Kunakorn,M. Leelajindakrirerk,Y. Mitani,S. Dechanupapritta,M. Watanabe,P. Jintakosonwit,T. Hashiguchi,Y. Ota,H. Ukai,J. Sakulrat,A. Sode-Yome,T. Tanasaksiri

    Proceedings of the Third IASTED Asian Conference on Power and Energy Systems   489 - 494   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand   Phuket   2007年04月02日  -  2007年04月04日

  • 広域位相計測に基づく電力系統広域安定化制御 査読有り

    渡邊政幸,橋口卓平,泉貴紀,三谷康範

    電気学会論文誌B分冊   126 ( 12 )   1199 - 1206   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Detection of Power System Oscillations Using Synchronized Phasor Measurement Units Through Home Power Outlets 査読有り

    Issarachai Ngamroo,Yasunori Mitani,Sanchai Dechanupaprittha,Komsan Hongesombut,Pichai Jintakosonwit,Yutaka Ota,Hiroyuki Ukai,Jarerat Sakulrat,Arthit Sode-yome,Masayuki Watanabe

    Proceedings of The 7th International Conference on Advances in Power System Control, Operation and Management   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    HongKong   2006年10月30日  -  2006年11月02日

  • Monitoring of the Stability of Wide Area Power Systems Based on Multiple Synchronized Phasor Measurements 査読有り

    Masayuki Watanabe,Mikiya Uchida,Hisayoshi Morimoto,Toru Makita,Yasunori Mitani

    Proceedings of The 7th International Conference on Advances in Power System Control, Operation and Management   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    HongKong   2006年10月30日  -  2006年11月02日

  • A Heuristic-Based Design of Fuzzy SMES Controller for Stabilization of Interconnected Power System 査読有り

    Sanchai Dechanupaprittha,Yasunori Mitani,Masayuki Watanabe,Komsan Hongesombut,Issarachai Ngamroo

    Proceedings of The 7th International Conference on Advances in Power System Control, Operation and Management   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    HongKong   2006年10月30日  -  2006年11月02日

  • A Heuristic-based Design of Robust SMES Controller Taking System Uncertainties into Consideration 査読有り

    Sanchai Dechanupaprittha,Komsan Hongesombut,Masayuki Watanabe,Yasunori Mitani,Issarachai Ngamroo

    IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering   1 ( 3 )   255 - 267   2006年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Stability Assessment of the Wide Area Power System and Tuning of Power System Stabilizers Based on Multiple Synchronized Phasor Measurements 査読有り

    Masayuki Watanabe,Hisayoshi Morimoto,Toru Makita,Yasunori Mitani

    Proceedings of the International Conference on Electrical Engineering 2006   2006年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   YongPyong   2006年07月09日  -  2006年07月13日

    主要論文集(会議)

  • An Approach for Tuning Power System Stabilizers Based on the Wide Area Phasor Measurement 査読有り

    Masayuki Watanabe,Takanori Izumi,Takuhei Hashiguchi,Yasunori Mitani

    Proceedings of 15th Power Systems Computation Conference   2005年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Belgium   Liege   2005年08月22日  -  2005年08月26日

    主要論文集(会議)

  • Design of Robust SMES Controller in a Multimachine Power System by using Hybrid TS/EP 査読有り

    Sanchai Dechanupaprittha,Komsan Hongesombut,Masayuki Watanabe,Yasunori Mitani,Issarachai Ngamroo

    Proceedings of 15th Power Systems Computation Conference   2005年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Belgium   Liege   2005年08月22日  -  2005年08月26日

    主要論文集(会議)

  • 多地点同期フェーザ量計測に基づく電力動揺の特性係数の同定 査読有り

    橋口卓平,渡邊政幸,松下明広,三谷康範,佐伯修,辻毅一郎,北條昌秀,鵜飼裕之

    電気学会論文誌B分冊   125 ( 4 )   417 - 424   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • A Numerical Method to Evaluate Power System Global Stability Determined by Limit Cycle 査読有り

    Masayuki Watanabe,Yasunori Mitani,Kiichiro Tsuji

    IEEE Transactions on Power Systems   19 ( 4 )   1925 - 1934   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • 非線形連成振動モデルを用いた多機くし形系統におけるHopf分岐特性の解析 査読有り

    渡邊政幸,三谷康範,辻毅一郎

    電気学会論文誌B分冊   123 ( 12 )   1454 - 1460   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • 非線形周期軌道によって定まる電力系統大域的安定領域の特性評価のための数値的解析モデル 査読有り

    渡邊政幸,苗沛耘,三谷康範,辻毅一郎

    電気学会論文誌B分冊   122 ( 8 )   883 - 890   2002年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Numerical Evaluation of Global Stability Region in Multi-machine Longitudinally Interconnected Power System Based on Hopf Bifurcation Theory 査読有り

    Masayuki Watanabe,Yasunori Mitani,Kiichiro Tsuji

    Proceedings of the International Conference on Electrical Engineering 2002   487 - 492   2002年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Jeju   2002年07月07日  -  2002年07月11日

  • Assessment of Power System Global Stability Determined by Unstable Limit Cycle 査読有り

    Masayuki Watanabe,Yasunori Mitani,Kiichiro Tsuji

    Proceedings of 14th Power Systems Computation Conference   2002年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Spain   Sevilla   2002年06月24日  -  2002年06月28日

  • Hopf分岐理論に基づく電力系統安定領域の評価 査読有り

    渡邊政幸,三谷康範,辻毅一郎

    電気学会論文誌B分冊   122 ( 2 )   174 - 180   2002年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Assessment and Control of Power System Global Stability Determined by Unstable Limit Cycle 査読有り

    Masayuki Watanabe,Peiyun Miao,Yasunori Mitani,Kiichiro Tsuji

    Proceedings of the IEEE Porto Power Tech Conference   2001年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Portugal   Porto   2001年09月10日  -  2001年09月13日

▼全件表示

著書

  • Virtual Inertia Synthesis and Control

    Thongchart Kerdphol, Fathin Saifur Rahman, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani(共著)

    Springer  2021年01月  ( ISBN:9783030579609

     詳細を見る

    記述言語:英語

  • Power System Monitoring and Control

    Hassan Bevrani, Masayuki Watanabe, Yasunori Mitani(共著)

    Wiley-IEEE Press  2014年06月  ( ISBN:978-1-118-45069-7

     詳細を見る

    記述言語:英語

口頭発表・ポスター発表等

  • インバータエアコンによる周波数調整力の提供

    川原健斗, 渡邊政幸, 山本周平

    2023年度(第76回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年09月07日 - 2023年09月08日   記述言語:日本語  

  • 最大エントロピー法による東地域系統慣性の推定精度向上

    市野渓大, 渡邊政幸, 冨永直樹, 宮崎 輝

    2023年度(第76回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年09月07日 - 2023年09月08日   記述言語:日本語  

  • 需要家における再エネ自給自足率向上のためのコスト抑制を考慮したPVと蓄電池の利用効率化

    天野広喜, 佐竹昭泰, 渡邊政幸

    2023年度(第76回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年09月07日 - 2023年09月08日   記述言語:日本語  

  • 過去データとの比較を考慮したJEPX最低価格出現予測手法の構築

    中山俊太朗, 塩田 淳, 渡邊政幸

    2023年度(第76回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年09月07日 - 2023年09月08日   記述言語:日本語  

  • 燃料電池型コージェネレーションシステムの制御余力による配電系統の自律的電圧変動制御

    山本周平, 渡邊政幸, 牛房義明

    電気学会電力・エネルギー部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年09月04日 - 2023年09月06日   記述言語:日本語  

  • Factor Analysis of JEPX Spot Prices Fluctuation using GIS

    Shuntaro Nakayama, Atsushi Shiota, Masayuki Watanabe

    2023 IEEE PES General Meeting  2023年07月 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年07月16日 - 2023年07月20日   記述言語:英語   開催地:Orlando, Florida   国名:アメリカ合衆国  

  • Solar Panels Installation Planning in Residential PV Systems Using GIS

    Pawita Bunme, Atsushi Shiota, Masayuki Watanabe

    2023 IEEE PES General Meeting  2023年07月 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年07月16日 - 2023年07月20日   記述言語:英語   開催地:Orlando, Florida   国名:アメリカ合衆国  

  • PV未導入施設においてもストレージパリティを可能にする分散型電力市場の提案

    松本優也, 渡邊政幸

    令和5年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年03月15日 - 2023年03月17日   記述言語:日本語  

  • 燃料電池型コージェネレーションシステムを用いた自律的な配電系統電圧変動補償制御

    山本周平, 渡邊政幸, 牛房義明

    令和5年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年03月15日 - 2023年03月17日   記述言語:日本語  

  • A GIS-Based Applicable Location for Solar Panels Installation Planning in Residential Distribution System

    Pawita Bunme, Atsushi Shiota, Yasunori Mitani, Masayuki Watanabe

    33rd International Photovoltaic Science and Engineering Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年11月13日 - 2022年11月17日   記述言語:英語  

  • 公共施設における再エネ100%電力化に向けた小売電気事業者との連携による太陽光発電と蓄電池の有効利用に関する検討

    木下海聖,佐竹昭泰,渡邊政幸,大塚省吾,牛房義明

    2022年度(第75回)電気・情報関係学会九州支部連合大会  2022年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月16日 - 2022年09月17日   記述言語:日本語  

  • 感度分析による仮想同期発電機の制御パラメータ設計

    行武亨,西谷壽祥,渡邊政幸

    2022年度(第75回)電気・情報関係学会九州支部連合大会  2022年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月16日 - 2022年09月17日   記述言語:日本語  

  • 計算負荷低減を考慮した電圧位相差推定による誘導電動機の同相母線切換

    明田尚樹,渡邊政幸

    2022年度(第75回)電気・情報関係学会九州支部連合大会  2022年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月16日 - 2022年09月17日   記述言語:日本語  

  • 系統慣性等の把握可能な基盤技術の開発(Ⅰ-3~系統慣性等推定結果の検証・評価~)

    山崎 渉,久芳史朗,田口公陽,中地芳紀,松原 貢,渡邊政幸

    令和4年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月21日 - 2022年03月23日   記述言語:日本語  

  • 系統慣性等の把握可能な基盤技術の開発(Ⅰ-2~系統慣性等推定技術の開発~)

    渡邊政幸,三谷康範,柴田裕之,西田圭吾,草柳儀隆,保坂直貴,佐藤智彦,中地芳紀,松原 貢

    令和4年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月21日 - 2022年03月23日   記述言語:日本語  

  • P2P電力取引を用いたマイクログリッドにおける蓄電池制御

    松本優也,渡邊政幸

    令和4年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月21日 - 2022年03月23日   記述言語:日本語  

  • 系統慣性等の把握可能な基盤技術の開発(Ⅰ~事業概要~)

    草柳儀隆,保坂直貴,吉山和宏,宮崎 輝,本庄昇一,渡邊政幸,三谷康範

    令和4年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月21日 - 2022年03月23日   記述言語:日本語  

  • 同期位相計測を用いた東日本系統における周波数変化率の推定

    武富大輝,北條昌秀,渡邊政幸,三谷康範

    令和3年度電気・電子・情報関係学会四国支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月25日   記述言語:日本語  

  • 低慣性電力系統における仮想同期発電機の出力制御方式の検討

    西谷壽祥,Thongchart Kerdphol,渡邊政幸,三谷康範

    2021年度(第74回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月24日 - 2021年09月25日   記述言語:日本語  

  • 複数の高調波発生源が存在する状況下での高調波拡大現象の分析

    金城優樹,渡邊政幸,三谷康範,井浦直樹

    2021年度(第74回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月24日 - 2021年09月25日   記述言語:日本語  

  • 電力系統安定性評価のための位相・潮流情報を用いた電力相差角曲線の推定

    川野輝人,渡邊政幸,三谷康範,神崎龍造,山崎達也

    2021年度(第74回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月24日 - 2021年09月25日   記述言語:日本語  

  • 位相・潮流情報を用いた系統慣性推定における電力系統安定化装置の影響評価

    林優樹,渡邊政幸,三谷康範,西川倫太郎

    2021年度(第74回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月24日 - 2021年09月25日   記述言語:日本語  

  • 太陽光発電を導入した一般家庭への電力供給によるCO2削減を考慮した小売電気事業者におけるコスト分析

    大塚省吾,浮木拳,佐竹昭泰,渡邊政幸,三谷康範,牛房義明

    2021年度(第74回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月24日 - 2021年09月25日   記述言語:日本語  

  • 太陽光発電を地産地消で有効活用する住宅向け蓄電池制御手法の構築

    尾ノ上晴紀,渡邊政幸,三谷康範

    2021年度(第74回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月24日 - 2021年09月25日   記述言語:日本語  

  • 位相潮流情報を用いた系統慣性推定と発電機制御系の影響評価

    西川倫太郎,林 優樹,渡邊政幸,三谷康範

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月21日 - 2021年09月22日   記述言語:日本語  

  • 系統慣性等の低下に対応するための基盤技術開発(その1~事業概要~)

    草柳儀隆

    令和3年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月09日 - 2021年03月11日   記述言語:日本語  

  • 位相計測を用いた系統慣性推定手法における制動の影響評価

    西川倫太郎

    令和3年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月09日 - 2021年03月11日   記述言語:日本語  

  • 系統慣性評価へのクープマンモード分解の適用に関する一検討

    薄良彦

    令和3年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月09日 - 2021年03月11日   記述言語:日本語  

  • 高調波発生源が複数存在する状況下での適応フィルタによる高調波分析

    井浦直樹

    令和3年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月09日 - 2021年03月11日   記述言語:日本語  

  • 位相・潮流情報を用いた系統慣性推定における位相観測地点決定手法

    西川倫太郎

    2020年度(第73回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月26日 - 2020年09月27日   記述言語:日本語  

  • 燃料電池型コージェネレーションシステムの電力変換余力を活用した太陽光発電電力大量導入時の配電系統電圧変動調節手法

    山本周平

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月24日 - 2020年09月25日   記述言語:日本語  

  • 位相・潮流情報を用いた系統慣性推定手法に関する評価

    玉木貴裕

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月24日 - 2020年09月25日   記述言語:日本語  

  • 二機系統モデルを用いた電力系統の慣性推定手法の検討

    永瀬健太

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月24日 - 2020年09月25日   記述言語:日本語  

  • 同期位相計測を用いた系統周波数の時間変化率推定法

    武富大輝

    令和2年電気学会電力・エネルギー部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月09日 - 2020年09月11日   記述言語:日本語  

  • 位相計測装置を用いた慣性推定手法の評価

    玉木貴裕

    令和2年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月11日 - 2020年03月13日   記述言語:日本語  

  • 負荷周波数制御を目的とするECHONET Liteを用いた需要家設置の蓄電池システムの制御周期検証

    山本康平

    令和2年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月11日 - 2020年03月13日   記述言語:日本語  

  • LMS適応フィルタを用いた高調波解析技術の評価

    溝口 輝

    2019年度(第72回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月27日 - 2019年09月28日   記述言語:日本語  

  • 電圧計測に基づく位相差推定による誘導電動機の同相母線切換

    山田泰正

    2019年度(第72回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月27日 - 2019年09月28日   記述言語:日本語  

  • Optimal Phasor Measurement Unit Placement for Power System Dynamic Vulnerability Assessment based on Fast Coherent Area

    Yoshiaki Matsukawa

    2019年度(第72回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月27日 - 2019年09月28日   記述言語:英語  

  • 固有値および時間解析に基づく二段階最適化による系統安定化装置設計

    中村好秀

    2019年度(第72回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月27日 - 2019年09月28日   記述言語:日本語  

  • 位相・潮流情報を用いた電力相差角曲線描画による系統運用限度の評価

    佐藤惇平

    2019年度(第72回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月27日 - 2019年09月28日   記述言語:日本語  

  • 位相計測に基づく電力系統の同期化力・慣性推定のための位相情報選択に関する検討

    永瀬健太

    2019年度(第72回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月27日 - 2019年09月28日   記述言語:日本語  

  • 位相情報を用いたクープマンモード分解による東日本電力系統における動揺モードの推定

    古市泰浩

    2019年度(第72回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月27日 - 2019年09月28日   記述言語:日本語  

  • 太陽光発電の変動に対する需要家設置の蓄電池システムの遠隔制御

    山本康平

    2019年度(第72回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月27日 - 2019年09月28日   記述言語:日本語  

  • 位相・潮流情報に基づく慣性推定手法の検討

    米澤 実

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月19日 - 2019年09月20日   記述言語:日本語  

  • クープマンモード分解による東日本電力系統における動揺モードの評価

    古市泰浩

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月19日 - 2019年09月20日   記述言語:日本語  

  • 時間解析評価を導入した二段階最適化による系統安定化装置設計

    中村好秀

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月19日 - 2019年09月20日   記述言語:日本語  

  • クープマンモード分解による西日本電力系統における広域動揺モードの評価

    古市泰浩

    平成31年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月12日 - 2019年03月14日   記述言語:日本語  

  • 適応フィルタを用いた理論高調波解析の評価

    溝口 輝

    平成31年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月12日 - 2019年03月14日   記述言語:日本語  

  • 動揺周期に着目した二段階最適化による系統安定化装置設計

    中村好秀

    平成31年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月12日 - 2019年03月14日   記述言語:日本語  

  • Dominant Mode Frequency Assessment of Malaysia Power System based on Phasor Measurement Data of Campus WAMS

    Mohamad Nasrun bin Mohd Nasir

    6th International Symposium on Applied Engineering and Sciences 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月15日 - 2018年12月16日   記述言語:英語  

  • 産業プラントのインターロックを考慮した誘導電動機の再閉路時間決定手法

    金子悠一

    平成30年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月26日 - 2018年09月27日   記述言語:日本語  

  • Modeshapeおよび感度評価を用いたPSS入力信号選定

    高橋響生

    平成30年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月26日 - 2018年09月27日   記述言語:日本語  

  • 位相・潮流情報に基づく広域動揺モードの同期化力および慣性の評価

    上田圭祐

    平成30年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月26日 - 2018年09月27日   記述言語:日本語  

  • 電圧位相差の推定に基づく遅延要素を考慮した誘導電動機の同相母線切換手法

    山岡昂平

    平成30年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月26日 - 2018年09月27日   記述言語:日本語  

  • 電流チャネル配置コストと状態推定精度を考慮した多目的PMU配置最適化

    松川義明

    平成30年電気学会電力・エネルギー部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月12日 - 2018年09月14日   記述言語:日本語  

  • 適応フィルタを用いたpq理論による高調波解析

    渡邊政幸

    平成30年電気学会電力・エネルギー部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月12日 - 2018年09月14日   記述言語:日本語  

  • Koopman Mode Decomposition of Synchrophasor Data in Japanʼs Western Power System

    Akash Lohani

    第62回システム制御情報学会研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年05月16日 - 2018年05月18日   記述言語:英語  

  • 適応フィルタを用いた特別高圧需要家系統の高調波解析

    渡邊政幸

    平成30年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月14日 - 2018年03月16日   記述言語:日本語  

  • 産業用電力系統におけるプロセス継続性を考慮した誘導電動機の再閉路時間決定手法

    金子悠一

    平成30年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月14日 - 2018年03月16日   記述言語:日本語  

  • 電圧位相差の推定に基づく誘導電動機の同相母線切換

    山岡昂平

    平成30年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月14日 - 2018年03月16日   記述言語:日本語  

  • Modeshapeおよび感度評価を用いた広域動揺抑制

    高橋響生

    平成30年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月14日 - 2018年03月16日   記述言語:日本語  

  • 位相・潮流情報に基づく広域動揺モードの同期化力評価

    上田圭祐

    平成30年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月14日 - 2018年03月16日   記述言語:日本語  

  • クープマンモード分解による系統慣性定数推定の実測データへの適用

    浜崎 凌

    平成30年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月14日 - 2018年03月16日   記述言語:日本語  

  • Modeshapeおよび感度評価による電力系統動揺解析

    高橋響生

    平成29年度(第70回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月27日 - 2017年09月28日   記述言語:日本語  

  • 産業用電力系統における誘導電動機の順次再閉路時間決定方法

    金子悠一

    平成29年度(第70回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月27日 - 2017年09月28日   記述言語:日本語  

  • 高速母線切換に伴う誘導電動機の過渡トルクの負荷率依存性の評価

    山岡昂平

    平成29年度(第70回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月27日 - 2017年09月28日   記述言語:日本語  

  • 一地域電力系統の位相・潮流情報に基づく広域動揺モードの同期化力評価

    上田圭祐

    平成29年度(第70回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月27日 - 2017年09月28日   記述言語:日本語  

  • 位相角計測に基づく同期化力評価

    寺師純

    平成29年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月21日 - 2017年09月22日   記述言語:日本語  

  • 産業用電力系統における電圧回復性を考慮した発電機過励磁制限の評価方法

    原田友保

    平成29年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月21日 - 2017年09月22日   記述言語:日本語  

  • 計測情報に基づく系統運用状態を考慮したP-δ曲線による安定度評価

    西村直己

    平成29年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月21日 - 2017年09月22日   記述言語:日本語  

  • 誘導電動機空隙トルクを抑制するための母線切換方式

    渡邊政幸

    平成29年電気学会電力・エネルギー部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月05日 - 2017年09月07日   記述言語:日本語  

  • pq理論による特別高圧需要家系統の高調波解析

    加戸良英

    平成29年電気学会電力・エネルギー部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月05日 - 2017年09月07日   記述言語:日本語  

  • 二段階最適化手法によるN-1想定事故を考慮したPMU最適配置とその評価

    松川義明

    平成29年電気学会電力・エネルギー部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月05日 - 2017年09月07日   記述言語:日本語  

  • N-1想定事故を考慮した可観測信頼性に基づくPMU配置最適化

    松川義明

    平成29年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月15日 - 2017年03月17日   記述言語:日本語  

  • 位相・潮流情報を用いたP-δ曲線描画によるローカル系統安定度評価

    西村直己

    平成29年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月15日 - 2017年03月17日   記述言語:日本語  

  • 産業用電力系統における発電機過励磁制限の動作特性と電圧回復性

    原田友保

    平成29年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月15日 - 2017年03月17日   記述言語:日本語  

  • 位相・潮流情報により推定した同期化力定数によるローカル系統安定度評価

    西村直己

    平成28年度(第69回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月29日 - 2016年09月30日   記述言語:日本語  

  • 産業用電力系統における電圧補償装置の容量推定手法

    原田友保

    平成28年度(第69回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月29日 - 2016年09月30日   記述言語:日本語  

  • 地理情報システムを利用した太陽光発電の発電量算出モデルの構築

    日隈建太

    平成28年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月20日 - 2016年09月21日   記述言語:日本語  

  • ガスコージェネレーションを用いたPV変動に対する変動抑制・予備力の検討

    マニメルワドゥサミンダ

    平成28年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月20日 - 2016年09月21日   記述言語:日本語  

  • 地理情報システムを利用した太陽光発電大量導入時の配電系統解析

    角本悠輔

    平成28年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月20日 - 2016年09月21日   記述言語:日本語  

  • 高速母線切換に伴う高圧・低圧誘導電動機の空隙トルクの解析

    渡邊政幸

    平成28年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月20日 - 2016年09月21日   記述言語:日本語  

  • 可観測信頼性に基づくPMU配置最適化

    松川義明

    平成28年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月20日 - 2016年09月21日   記述言語:日本語  

  • 多地点同期位相計測に基づく電力系統の広域安定度指標の導出とその評価

    植村尚喜

    平成28年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月20日 - 2016年09月21日   記述言語:日本語  

  • 発電所における高速母線切換による誘導電動機空隙トルクの評価

    渡邊政幸

    平成28年電気学会電力・エネルギー部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月07日 - 2016年09月09日   記述言語:日本語  

  • 周波数領域解析とWavelet解析を組み合わせた位相差情報による電力系統広域安定度推定

    植村尚喜

    平成28年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月16日 - 2016年03月18日   記述言語:日本語  

  • ガスコジェネレーションを用いたPV変動に対する変動抑制・予備力の検討

    マニメル ワドゥ サミンダ ロシャン

    平成28年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月16日 - 2016年03月18日   記述言語:日本語  

  • 地理情報システムを用いた日射量補間による太陽光発電の発電量推定

    日隈建太

    平成28年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月16日 - 2016年03月18日   記述言語:日本語  

  • 同期位相情報に基づく広域動揺の周波数解析による電力系統の慣性の評価

    松川義明

    平成28年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月16日 - 2016年03月18日   記述言語:日本語  

  • 瞬時電圧低下による電磁開閉器の動作に伴う誘導電動機空隙トルクへの影響

    渡邊政幸

    平成28年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月16日 - 2016年03月18日   記述言語:日本語  

  • 電磁開閉器の動作に着目した産業用電力系統における瞬時電圧低下時の回復性の評価

    安國友貴

    平成27年度(第68回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月26日 - 2015年09月27日   記述言語:日本語  

  • 地理情報システムを用いた同期位相計測情報可視化による電力系統状態の評価

    日隈建太

    平成27年度(第68回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月26日 - 2015年09月27日   記述言語:日本語  

  • ガスコジェネレーションシステムの熱・電気モデルを用いた太陽光発電の変動抑制最適化

    マニメル ワドゥ サミンダ ロシャン

    平成27年度(第68回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月26日 - 2015年09月27日   記述言語:日本語  

  • 同期位相情報に基づく電力系統における同期化力余裕の評価

    松川義明

    平成27年度(第68回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月26日 - 2015年09月27日   記述言語:日本語  

  • 位相差情報の時間・周波数領域解析に基づく電力系統の広域安定度評価

    植村尚喜

    平成27年度(第68回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月26日 - 2015年09月27日   記述言語:日本語  

  • モデル化誤差を補償する位相情報に基づく電力系統安定化制御系設計

    佐藤量介

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月16日 - 2015年09月18日   記述言語:日本語  

  • 配電系統モデルを用いた分散型電源大量導入時の系統解析

    徳光克則

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月16日 - 2015年09月18日   記述言語:日本語  

  • 位相計測情報を用いた固有ベクトル推定による広域動揺特性の評価

    高島一也

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月16日 - 2015年09月18日   記述言語:日本語  

  • 同期計測情報を利用した系統状態変化に伴う広域動揺への影響度評価

    馬郡広樹

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月16日 - 2015年09月18日   記述言語:日本語  

  • 配電系統モデルを用いた分散型電源大量導入時の系統電圧解析

    徳光克則

    平成27年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月24日 - 2015年03月26日   記述言語:日本語  

  • 一地域電力系統の同期位相計測情報を利用した広域動揺モードの同期化力評価

    馬郡広樹

    平成27年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月24日 - 2015年03月26日   記述言語:日本語  

  • 同期位相・潮流情報に基づく電力系統広域安定度解析

    山下祐一郎

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月24日 - 2014年09月25日   記述言語:日本語  

  • 太陽光発電大量導入時のガスエンジン発電機を用いた変動抑制制御

    芳賀翔平

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月24日 - 2014年09月25日   記述言語:日本語  

  • 潮流・位相情報に基づく電力系統ローカル安定度評価

    小田航也

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月24日 - 2014年09月25日   記述言語:日本語  

  • 同期位相計測情報可視化による電力系統の評価

    渡邊政幸

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月24日 - 2014年09月25日   記述言語:日本語  

  • 周波数領域解析手法を用いた電力系統広域安定度推定

    工藤壮史

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月24日 - 2014年09月25日   記述言語:日本語  

  • 一地域電力系統の同期位相計測情報を利用した広域動揺モードの同期化力評価

    馬郡広樹

    平成26年度電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月18日 - 2014年09月19日   記述言語:日本語  

  • 位相情報に基づくモデル化誤差を補償する電力系統安定化制御系設計

    佐藤量介

    平成26年度電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月18日 - 2014年09月19日   記述言語:日本語  

  • 位相データを用いた広域電力系統における長周期動揺モードの可視化

    高島一也

    平成26年度電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月18日 - 2014年09月19日   記述言語:日本語  

  • 太陽光発電とコジェネ発電が大量導入された配電系統の解析と運用方式の検討

    徳光克則

    2014年電気設備学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年08月28日 - 2014年08月29日   記述言語:日本語  

  • 太陽光発電出力変動抑制のための電気自動車を用いた電力供給システム構築の検討

    川越敬久

    平成26年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月18日 - 2014年03月20日   記述言語:日本語  

  • 電気自動車を用いた太陽光発電から供給を得るための機能的電力供給システムの提案

    藤清高

    平成26年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月18日 - 2014年03月20日   記述言語:日本語  

  • 同期位相計測データに半値幅法を適用した電力系統広域安定度推定手法

    工藤壮史

    平成26年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月18日 - 2014年03月20日   記述言語:日本語  

  • 同期位相・潮流情報に基づく電力系統広域安定度解析

    山下祐一郎

    平成26年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月18日 - 2014年03月20日   記述言語:日本語  

  • 潮流・位相情報に基づく電力系統ローカル安定度評価

    小田航也

    平成26年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月18日 - 2014年03月20日   記述言語:日本語  

  • 電力系統モデルを用いたオンサイト電源によるメガソーラ出力変動抑制解析

    芳賀翔平

    平成26年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月18日 - 2014年03月20日   記述言語:日本語  

  • LMI適用による観測情報に基づく電力系統安定化制御

    山下真矢

    平成25年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月11日 - 2013年09月13日   記述言語:日本語  

  • 実測データ分析に基づくタービン発電機軸系における軸ねじり振動の診断

    坂本和磨

    平成25年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月11日 - 2013年09月13日   記述言語:日本語  

  • 同期位相計測情報可視化を用いた電力系統状態監視

    本多大智

    平成25年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月11日 - 2013年09月13日   記述言語:日本語  

  • 多地点同時電圧計測に基づく建物内電力の見える化システムの構築

    野﨑雄平

    平成25年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月11日 - 2013年09月13日   記述言語:日本語  

  • 電力系統位相計測情報管理解析システムの構築

    深水大樹

    平成25年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月11日 - 2013年09月13日   記述言語:日本語  

  • 産業用電力系統における固有値に基づく電力動揺解析環境の構築

    井上広士

    平成25年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月11日 - 2013年09月13日   記述言語:日本語  

  • 同期位相・電力計測に基づく電力系統広域安定度評価手法

    串崎健太

    平成25年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月11日 - 2013年09月13日   記述言語:日本語  

  • Matlab/Simulinkを用いた誘導電動機および負荷トルク特性を考慮した潮流計算ツールの構築

    高羽佑介

    平成25年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月11日 - 2013年09月13日   記述言語:日本語  

  • 太陽光発電大量導入時の電力品質向上のための電気自動車充電制御システムの構築

    石橋和樹

    平成25年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月11日 - 2013年09月13日   記述言語:日本語  

  • MPC based Frequency Control Method Utilizing Electric Vehicles & Heat Pump for Smart Power Grid

    Raheel Ali

    平成25年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月11日 - 2013年09月13日   記述言語:英語  

  • 電力系統モデルを用いたオンサイト電源によるメガソーラ出力変動抑制解析

    芳賀翔平

    2013年電気設備学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月03日 - 2013年09月04日   記述言語:日本語  

  • 太陽光発電から供給力を得るための電気自動車を利用した電力給電システム

    川越敬久

    2013年電気設備学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月03日 - 2013年09月04日   記述言語:日本語  

  • 電力系統解析シミュレータを用いた電力位相差曲線推定による系統安定度解析

    山下祐一郎

    2013年電気設備学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月03日 - 2013年09月04日   記述言語:日本語  

  • 広域動揺解析による電力系統広域安定度推定手法

    工藤壮史

    2013年電気設備学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月03日 - 2013年09月04日   記述言語:日本語  

  • 潮流・位相情報に基づくP-δ曲線を用いた電力系統ローカル安定度評価

    小田航也

    2013年電気設備学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月03日 - 2013年09月04日   記述言語:日本語  

  • MATLAB/Simulinkを用いたアーク炉モデルの検討

    渡邊政幸

    2013年電気設備学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月03日 - 2013年09月04日   記述言語:日本語  

  • 多地点同時電圧計測に基づく電力使用状況推定手法を用いた省エネルギー診断

    野崎雄平

    平成25年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月20日 - 2013年03月22日   記述言語:日本語  

  • 同期位相計測情報可視化手法を用いた電力系統状態の評価

    本多大智

    平成25年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月20日 - 2013年03月22日   記述言語:日本語  

  • MATLABを用いた広域位相計測データ管理解析システムの構築

    深水大樹

    平成25年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月20日 - 2013年03月22日   記述言語:日本語  

  • 産業用電力系統における誘導電動機の特性を考慮した定態安定度解析環境の構築

    井上広士

    平成25年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月20日 - 2013年03月22日   記述言語:日本語  

  • Matlab/Simulinkを用いた誘導電動機の特性を考慮した潮流計算ツールの構築

    高羽佑介

    平成25年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月20日 - 2013年03月22日   記述言語:日本語  

  • 自家用タービン発電機における軸ねじり振動現象の解析

    坂本和磨

    平成25年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月20日 - 2013年03月22日   記述言語:日本語  

  • 位相情報を用いた電力系統安定化制御へのLMIの適用

    山下真矢

    平成25年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月20日 - 2013年03月22日   記述言語:日本語  

  • 系統状態観測に基づく電力系統広域安定度特性パラメータ推定

    串崎健太

    平成25年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月20日 - 2013年03月22日   記述言語:日本語  

  • 太陽光発電出力変動抑制のための電気自動車充電制御システムの構築

    石橋和樹

    平成25年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月20日 - 2013年03月22日   記述言語:日本語  

  • 太陽光発電と電気自動車による機能的自立電力供給システムの評価

    藤清高

    平成25年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月20日 - 2013年03月22日   記述言語:日本語  

  • 同期位相・電力計測に基づく電力系統広域安定度特性パラメータ推定

    串崎健太

    電気学会保護リレーシステム研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年02月08日   記述言語:日本語  

  • 同期計測情報可視化手法を用いた電力系統状態の観測

    三谷康範

    電気学会保護リレーシステム研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年02月08日   記述言語:日本語  

  • 広域位相計測に基づく電力システム安定化制御

    渡邊政幸

    第55回自動制御連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年11月17日 - 2012年11月18日   記述言語:日本語  

  • 多地点同時電圧計測を用いた省エネルギー診断手法

    野崎雄平

    平成24年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月24日 - 2012年09月25日   記述言語:日本語  

  • 同期位相計測情報可視化による電力系統状態の観測

    本多大智

    平成24年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月24日 - 2012年09月25日   記述言語:日本語  

  • 電力系統広域位相計測データ管理解析システムの構築

    深水大樹

    平成24年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月24日 - 2012年09月25日   記述言語:日本語  

  • 広域動揺に対する安定度評価のための系統パラメータ推定手法

    串崎健太

    平成24年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月24日 - 2012年09月25日   記述言語:日本語  

  • 位相情報に基づく電力システム制御系設計におけるLMIの適用

    山下真矢

    平成24年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月24日 - 2012年09月25日   記述言語:日本語  

  • 誘導電動機を多数含む電力系統における定態安定度解析環境の構築

    井上広士

    平成24年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月24日 - 2012年09月25日   記述言語:日本語  

  • 産業用電力系統解析のための誘導電動機の特性を含む潮流計算ツールの構築

    高羽佑介

    平成24年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月24日 - 2012年09月25日   記述言語:日本語  

  • 太陽光発電大量導入時の電力品質向上のための電気自動車充電制御システムの構築

    石橋和樹

    平成24年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月24日 - 2012年09月25日   記述言語:日本語  

  • 自励式変換器に起因する自家用発電機・タービン軸系における軸ねじり振動現象の解析

    坂本和磨

    平成24年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月24日 - 2012年09月25日   記述言語:日本語  

  • 太陽光発電大量導入時の電力品質向上のための電気自動車充電制御管理表示システムの構築

    石橋和樹

    2012年(第30回)電気設備学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年08月22日 - 2012年08月23日   記述言語:日本語  

  • 系統状態観測に基づく広域安定度特性パラメータ推定手法

    串崎健太

    2012年(第30回)電気設備学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年08月22日 - 2012年08月23日   記述言語:日本語  

  • 位相計測による電力動揺モデル同定に基づく系統安定化制御

    前田智寛

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年08月06日 - 2012年08月08日   記述言語:日本語  

  • キャンパスWAMSによるヒルベルトホーン変換を用いた電力系統動揺特性解析

    劉青

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年08月06日 - 2012年08月08日   記述言語:日本語  

  • 電気自動車でサポートする太陽光発電を用いた自立電力供給システム

    野田真一郎

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年08月06日 - 2012年08月08日   記述言語:日本語  

  • 電気自動車と太陽光発電連系による自立型電力供給双方向DC-DC変換器の制御システム開発と評価

    Pham Xuan Khiet

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年08月06日 - 2012年08月08日   記述言語:日本語  

  • 新エネルギーを含む独立系統におけるディーゼル発電と蓄電池の協調型電力供給方式

    劉暁宇

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年08月06日 - 2012年08月08日   記述言語:日本語  

  • オンサイト電源による太陽光出力変動抑制制御と効果の定量評価

    神尾淳

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年08月06日 - 2012年08月08日   記述言語:日本語  

  • 柔軟なモデリング機能を有する電力系統解析ツールの開発

    森澤和也

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年08月06日 - 2012年08月08日   記述言語:日本語  

  • 自家用発電設備を有する産業用電力系統における電圧回復遅れに関する解析

    横馬場裕輔

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年08月06日 - 2012年08月08日   記述言語:日本語  

  • 実測データを用いた広域動揺に対応する電力相差角曲線推定手法

    藤田太郎

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年08月06日 - 2012年08月08日   記述言語:日本語  

  • 自励式変換器・タービン発電機系における軸ねじり振動の解析

    渡邊政幸

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年08月06日 - 2012年08月08日   記述言語:日本語  

  • Hopf分岐理論による系統故障時の安定送電限界の導出手法の提案

    今永侑希

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年08月06日 - 2012年08月08日   記述言語:日本語  

  • 自家用発電設備を有する産業用電力系統における電圧回復性動特性解析

    横馬場裕輔

    平成24年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月21日 - 2012年03月23日   記述言語:日本語  

  • 自励型変換器とタービン発電機接続による軸ねじれトルク解析

    田島広樹

    平成24年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月21日 - 2012年03月23日   記述言語:日本語  

  • 電気自動車を接続した太陽光発電自立システムのための双方向DC-DC変圧器の開発と評価

    Pham Xuan Khiet

    平成24年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月21日 - 2012年03月23日   記述言語:日本語  

  • 太陽光発電と電気自動車による機能的自立電力供給システム

    野田真一郎

    平成24年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月21日 - 2012年03月23日   記述言語:日本語  

  • 併設水車ポンプによる風力発電機の出力電力の平滑化

    神尾淳

    平成24年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月21日 - 2012年03月23日   記述言語:日本語  

  • Matlab/Simulinkを用いた電力系統解析ツールにおけるSVC設置時解析環境の構築

    森澤和也

    平成24年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月21日 - 2012年03月23日   記述言語:日本語  

  • 観測情報を用いた適応型電力系統安定化制御

    前田智寛

    平成24年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月21日 - 2012年03月23日   記述言語:日本語  

  • 簡易電力相差角曲線描画法による安定平衡点推移特性の解析

    藤田太郎

    平成24年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月21日 - 2012年03月23日   記述言語:日本語  

  • Hopf分岐理論による系統故障時の安定性の評価および安定送電限界の導出

    今永侑希

    平成24年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月21日 - 2012年03月23日   記述言語:日本語  

  • Matlab/Simulinkによる柔軟性を有する電力系統解析ツールにおける発電機制御系設計環境の構築

    品川雄彦

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月28日 - 2011年09月30日   記述言語:日本語  

  • 実測に基づく移動用エンジン発電機モデルの構築

    林博輝

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月28日 - 2011年09月30日   記述言語:日本語  

  • Hopf分岐理論を用いたPSS設計

    山下圭一

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月28日 - 2011年09月30日   記述言語:日本語  

  • 位相計測およびH∞制御理論に基づくPSS設計

    福島大

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月28日 - 2011年09月30日   記述言語:日本語  

  • 家庭用太陽光発電装置を含む自立系における移動用エンジン発電機の応答解析に関する研究

    豊田英律

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月28日 - 2011年09月30日   記述言語:日本語  

  • 産業用電力系統における観測情報に基づく安定度推定

    三宅良英

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月28日 - 2011年09月30日   記述言語:日本語  

  • Campus WAMSデータによる系統周波数動特性解析

    田中隆介

    電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月28日 - 2011年09月30日   記述言語:日本語  

  • 簡易P-δ曲線描画法による広域電力系統動特性解析

    藤田太郎

    平成23年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月26日 - 2011年09月27日   記述言語:日本語  

  • 位相情報および励磁制御系の特性に着目した電力系統安定化制御

    前田智寛

    平成23年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月26日 - 2011年09月27日   記述言語:日本語  

  • Hopf 分岐理論を用いた電力系統故障時の安定送電限界の導出

    今永侑希

    平成23年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月26日 - 2011年09月27日   記述言語:日本語  

  • Matlab/Simulink を用いた電力系統解析ツールにおける電圧安定性解析環境の構築

    森澤和也

    平成23年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月26日 - 2011年09月27日   記述言語:日本語  

  • 自家用発電設備を有する産業用電力系統におけるP-V曲線による電圧安定度解析

    横馬場裕輔

    平成23年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月26日 - 2011年09月27日   記述言語:日本語  

  • 産業用電力系統における励磁制御特性と電圧回復性の評価

    渡邊政幸

    平成23年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月26日 - 2011年09月27日   記述言語:日本語  

  • 電気自動車併用型自然エネルギー発電システムの自立運転評価

    野田真一郎

    平成23年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月26日 - 2011年09月27日   記述言語:日本語  

  • 電気自動車を接続した太陽光発電システムのための双方向DC-DC変換器の開発

    Pham Xuan Khiet

    平成23年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月26日 - 2011年09月27日   記述言語:日本語  

  • Microcontroller Based PV/Wind Hybrid System Design Located on a Boat

    Xiaoyu Liu

    平成23年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月26日 - 2011年09月27日   記述言語:英語  

  • 位相と連系線潮流の同期計測を用いた広域電力系統動特性解析

    藤田太郎

    2011年(第29回)電気設備学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月15日 - 2011年09月16日   記述言語:日本語  

  • 自励式変換器に起因するタービン発電機軸ねじれトルク診断

    渡邊政幸

    2011年(第29回)電気設備学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月15日 - 2011年09月16日   記述言語:日本語  

  • 電気自動車併用型自然エネルギー発電を利用した自立電力供給システム

    野田真一郎

    2011年(第29回)電気設備学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月15日 - 2011年09月16日   記述言語:日本語  

  • 非常用発電機を用いた並列IM 始動時に伴う電圧低下解析―SMESの適用―

    黒田学

    平成23年電気学会電力・エネルギー部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年08月30日 - 2011年09月01日   記述言語:日本語  

  • 自励型変換器とタービン発電機接続による軸ねじれトルク診断システム

    田島広樹

    平成23年電気学会電力・エネルギー部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年08月30日 - 2011年09月01日   記述言語:日本語  

  • Campus PMU/WAMS構築による電力系統動特性監視

    本人

    平成23年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月16日 - 2011年03月18日   記述言語:日本語   開催地: 大阪  

  • 産業用電力系統における周波数情報に基づく安定度推定のための動揺抽出手法

    平成23年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月16日 - 2011年03月18日   記述言語:日本語   開催地: 大阪  

  • 非常用発電機を用いたIM始動時に伴う電圧低下解析 ―SMESの適用―

    平成23年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月16日 - 2011年03月18日   記述言語:日本語   開催地: 大阪  

  • Campus PMU/WAMSデータに基づく電力系統周波数制御特性の解析・評価

    平成23年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月16日 - 2011年03月18日   記述言語:日本語   開催地: 大阪  

  • Hopf分岐理論を用いたPSS定数設定時の評価方法の検討

    平成23年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月16日 - 2011年03月18日   記述言語:日本語   開催地: 大阪  

  • 小容量エンジン発電機と家庭用太陽光発電装置の連系系統における解析

    平成23年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月16日 - 2011年03月18日   記述言語:日本語   開催地: 大阪  

  • SSTIのための軸ねじれトルク診断システムの構築

    平成23年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月16日 - 2011年03月18日   記述言語:日本語   開催地: 大阪  

  • 位相計測およびH∞制御理論に基づく電力系統安定化制御

    平成23年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月16日 - 2011年03月18日   記述言語:日本語   開催地: 大阪  

  • Matlab/Simulinkを用いた電力系統解析ツールにおける発電機制御系設計環境の構築

    平成23年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月16日 - 2011年03月18日   記述言語:日本語   開催地: 大阪  

  • 位相計測を利用したシステム同定による電力系統安定化制御

    平成22年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月28日 - 2010年09月30日   記述言語:日本語   開催地: 広島  

  • Matlab/Simulinkの特徴を活かした電力系統解析ツールの構築

    平成22年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月28日 - 2010年09月30日   記述言語:日本語   開催地: 広島  

  • 自家用発電設備モデルの詳細化による産業用電力系統解析

    平成22年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月28日 - 2010年09月30日   記述言語:日本語   開催地: 広島  

  • 同期位相計測を利用した電力系統広域動揺モードの同期化力評価

    平成22年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月28日 - 2010年09月30日   記述言語:日本語   開催地: 広島  

  • 同期位相計測における電力動揺モード抽出に関する検討

    平成22年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月28日 - 2010年09月30日   記述言語:日本語   開催地: 広島  

  • 産業用電力系統における同期電動機動特性解析

    平成22年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月28日 - 2010年09月30日   記述言語:日本語   開催地: 広島  

  • 積層セラミックコンデンサ電力貯蔵装置を搭載した電気自動車の検討

    平成22年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月28日 - 2010年09月30日   記述言語:日本語   開催地: 広島  

  • 広域同期位相計測に基づくロバスト性を考慮したPSS設計

    平成22年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月25日 - 2010年09月26日   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • Campus PMU/WAMSデータによる系統周波数解析

    平成22年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月25日 - 2010年09月26日   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • 自家用発電設備を有する産業用電力系統における周波数情報に基づく安定度推定

    平成22年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月25日 - 2010年09月26日   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • Matlab/Simulinkによる柔軟な拡張機能を有する電力系統解析ツールの開発

    平成22年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月25日 - 2010年09月26日   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • Hopf分岐理論を用いた発電機励磁制御系設計

    平成22年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月25日 - 2010年09月26日   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • 電気自動車用モータ駆動のための積層セラミックコンデンサ電力貯蔵装置

    平成22年電気学会電力・エネルギー部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月01日 - 2010年09月03日   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • Campus WAMSによる広域電力系統安定度監視

    2010年(第28回)電気設備学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年08月26日 - 2010年08月27日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 積層セラミックコンデンサ電力貯蔵装置の電気自動車への適用

    平成22年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月17日 - 2010年03月19日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 位相計測を利用した電力システム同定による系統安定化装置設計

    平成22年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月17日 - 2010年03月19日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 広域同期位相計測による電力系統安定度推定における動揺モード抽出に関する検討

    平成22年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月17日 - 2010年03月19日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 実測データを用いた広域動揺のP-δ曲線の推定

    平成22年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月17日 - 2010年03月19日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • Matlab/Simulinkの利便性を活用した電力系統解析ツールの構築

    平成22年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月17日 - 2010年03月19日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • MATLAB/Simulinkを用いた産業用電力系統モデルの構築と動特性解析

    平成22年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月17日 - 2010年03月19日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 産業用電力系統解析のための同期電動機モデルの構築

    平成22年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月17日 - 2010年03月19日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • An Improved Controller Design of Distributed Energy Resources based on Synchronized Phasor Measurement and Metaheuristic Optimization

    IEEJ-EIT Joint Symposium on Advanced Technology in Power Systems 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年11月26日 - 2009年11月27日   記述言語:英語   開催地: Thailand Bangkok  

  • Analysis of Power System Dynamics Using Center of Inertia Estimated by Actual Measurement Data

    IEEJ-EIT Joint Symposium on Advanced Technology in Power Systems 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年11月26日 - 2009年11月27日   記述言語:英語   開催地: Thailand Bangkok  

  • 積層セラミックコンデンサのエネルギー貯蔵への応用

    平成21年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月28日 - 2009年09月29日   記述言語:日本語   開催地: 飯塚  

  • 産業用電力系統解析のための自家用蒸気タービン発電機モデルの構築

    平成21年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月28日 - 2009年09月29日   記述言語:日本語   開催地: 飯塚  

  • 同期位相計測による電力相差角曲線に着目した電力系統の過渡安定度評価

    平成21年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月28日 - 2009年09月29日   記述言語:日本語   開催地: 飯塚  

  • 広域同期位相計測による電力系統安定度推定のための電力動揺モード解析

    平成21年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月28日 - 2009年09月29日   記述言語:日本語   開催地: 飯塚  

  • Matlab/Simulinkを用いた電力系統解析ツールにおける負荷の動特性解析環境の構築

    平成21年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月28日 - 2009年09月29日   記述言語:日本語   開催地: 飯塚  

  • 位相計測を利用した電力系統低次元化による系統安定化装置設計

    平成21年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月28日 - 2009年09月29日   記述言語:日本語   開催地: 飯塚  

  • ヒートポンプ給湯器による太陽光発電変動の抑制

    平成21年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月15日 - 2009年09月17日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 長周期動揺抑制のための位相・電圧計測による電力システム安定化制御

    平成21年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月15日 - 2009年09月17日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 多地点同期位相計測装置による広域電力系統安定度監視

    平成21年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月15日 - 2009年09月17日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 分散型電力流通監視システムにおける電圧分布計測による電気機器使用状況の推定手法

    平成21年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月15日 - 2009年09月17日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 定態安定度評価を用いた電力系統縮約可否指標の検討

    平成21年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月15日 - 2009年09月17日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • Modelica 言語によるコンバインドサイクル発電プラントモデルの開発

    平成21年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月15日 - 2009年09月17日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 誘導電動機モデルの構築と産業用電力系統動特性解析

    平成21年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月15日 - 2009年09月17日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 太陽光発電を用いた事業所負荷平準化効果の評価

    平成21年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月15日 - 2009年09月17日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 太陽光発電による負荷平準化効果の検討

    2009年(第27回)電気設備学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年08月27日 - 2009年08月28日   記述言語:日本語   開催地: 富山  

  • 多地点同期位相計測による広域電力系統安定度監視

    2009年(第27回)電気設備学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年08月27日 - 2009年08月28日   記述言語:日本語   開催地: 富山  

  • 同期位相計測を利用した電力系統の過渡安定度評価

    2009年(第27回)電気設備学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年08月27日 - 2009年08月28日   記述言語:日本語   開催地: 富山  

  • Participation Weight Estimation in Power Oscillation Mode Based on Synchronized Phasor Measurements and Auto-spectrum Analysis

    平成21年電気学会電力・エネルギー部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年08月18日 - 2009年08月20日   記述言語:英語   開催地: 東京  

  • ヒートポンプ給湯器による太陽光発電変動抑制

    平成21年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月17日 - 2009年03月19日   記述言語:日本語   開催地: 札幌  

  • 産業用電力系統解析のための電動機モデルの構築

    平成21年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月17日 - 2009年03月19日   記述言語:日本語   開催地: 札幌  

  • 熱サイクルを考慮した電力系統解析用コンバインドサイクル発電プラントモデルの開発

    平成21年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月17日 - 2009年03月19日   記述言語:日本語   開催地: 札幌  

  • 多地点同期位相計測による広域電力系統安定度解析

    平成21年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月17日 - 2009年03月19日   記述言語:日本語   開催地: 札幌  

  • 動揺特性と固有値解析を用いた電力系統縮約可否評価

    平成21年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月17日 - 2009年03月19日   記述言語:日本語   開催地: 札幌  

  • Estimating Participation Weight of Power Oscillation Mode Based on Synchronized Phasor Measurements

    平成21年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月17日 - 2009年03月19日   記述言語:英語   開催地: 札幌  

  • 太陽光・風力発電による負荷平準化能力の評価

    平成21年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月17日 - 2009年03月19日   記述言語:日本語   開催地: 札幌  

  • 長周期動揺抑制のための電圧・位相情報を用いた電力系統安定化制御

    平成21年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月17日 - 2009年03月19日   記述言語:日本語   開催地: 札幌  

  • キャンパスWAMSを用いた電力系統動特性長期監視結果

    電気学会電力系統技術研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年01月21日   記述言語:日本語   開催地: 徳島  

  • Campus PMU/WAMSによる電力システムの外乱検出

    電気学会電力系統技術研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年01月21日   記述言語:日本語   開催地: 徳島  

  • Wide Area Robust Power System Stabilizer Design based on Synchronized Phasor Measurement Units

    IEEJ-EIT Joint Symposium on Advanced Technology in Power Systems 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年11月04日 - 2008年11月05日   記述言語:英語   開催地: Thailand Bangkok  

  • Online Modal Analysis for Small-Signal Stability Based on Multiple Phasor Measurement

    IEEJ-EIT Joint Symposium on Advanced Technology in Power Systems 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年11月04日 - 2008年11月05日   記述言語:英語   開催地: Thailand Bangkok  

  • Metaheuristic-based Controller Design of Distributed Energy Resources for Stabilization of Interconnected Power System based on Synchronized Phasor Measurements

    IEEJ-EIT Joint Symposium on Advanced Technology in Power Systems 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年11月04日 - 2008年11月05日   記述言語:英語   開催地: Thailand Bangkok  

  • Suppression of Tie-line Power Oscillation using Robust SMES Controller in Interconnected Power Systems with Wind Farms

    IEEJ-EIT Joint Symposium on Advanced Technology in Power Systems 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年11月04日 - 2008年11月05日   記述言語:英語   開催地: Thailand Bangkok  

  • Analysis of Wide Power System Stability with Multiple Synchronized Phasor Measurement

    IEEJ-EIT Joint Symposium on Advanced Technology in Power Systems 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年11月04日 - 2008年11月05日   記述言語:英語   開催地: Thailand Bangkok  

  • 産業用電力系統における自家用GT発電機を用いた動特性解析

    平成20年電気学会電力・エネルギー部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月24日 - 2008年09月26日   記述言語:日本語   開催地: 広島  

  • 電圧・位相情報を利用した電力システム安定化制御系設計

    平成20年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月24日 - 2008年09月25日   記述言語:日本語   開催地: 大分  

  • 電力系統における縮約可否指標算出のための基礎的評価

    平成20年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月24日 - 2008年09月25日   記述言語:日本語   開催地: 大分  

  • 熱サイクルを考慮した電力系統解析用コンバインドサイクル発電プラントモデルの開発

    平成20年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月24日 - 2008年09月25日   記述言語:日本語   開催地: 大分  

  • 産業用電力系統解析のための自家用ガスタービン発電機モデルの開発

    平成20年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月24日 - 2008年09月25日   記述言語:日本語   開催地: 大分  

  • 多地点同期位相計測による広域電力系統安定度の経年変化の解析

    平成20年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月24日 - 2008年09月25日   記述言語:日本語   開催地: 大分  

  • エネルギー有効利用のための家庭内電気エネルギーネットワーク

    平成20年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月24日 - 2008年09月25日   記述言語:日本語   開催地: 大分  

  • 太陽光・風力発電による負荷平準化能力の評価

    平成20年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月24日 - 2008年09月25日   記述言語:日本語   開催地: 大分  

  • 多地点同期位相計測による広域電力系統安定度監視

    電気電子工学専攻

    2008年(第26回)電気設備学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月04日 - 2008年09月05日   記述言語:日本語   開催地: 愛媛  

  • 太陽光発電によるピークカット能力の評価

    電気電子工学専攻

    2008年(第26回)電気設備学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月04日 - 2008年09月05日   記述言語:日本語   開催地: 愛媛  

  • エネルギー有効利用のための家庭内電気エネルギーネットワーク

    電気電子工学専攻

    2008年(第26回)電気設備学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月04日 - 2008年09月05日   記述言語:日本語   開催地: 愛媛  

  • 産業用電力系統における自家用ガスタービン発電機を用いた動特性解析

    成蹊大学

    2008年(第26回)電気設備学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月04日 - 2008年09月05日   記述言語:日本語   開催地: 愛媛  

  • 多地点同期フェーザ量計測データ検索・提供システムの高機能化

    大阪大学

    平成20年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年08月06日 - 2008年08月08日   記述言語:日本語   開催地: 熊本  

  • 広域同期位相計測による電力系統動特性解析のための擾乱発生時の電力動揺モード解析

    電気工学専攻

    平成20年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年08月06日 - 2008年08月08日   記述言語:日本語   開催地: 熊本  

  • 位相計測に基づく電力系統安定化制御のための系統モデル構成法の検討

    本人

    平成20年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年08月06日 - 2008年08月08日   記述言語:日本語   開催地: 熊本  

  • 多地点同期位相計測技術を用いた直流連系系統の動特性解析

    電気工学専攻

    平成20年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年08月06日 - 2008年08月08日   記述言語:日本語   開催地: 熊本  

  • 多地点同期フェーザ量計測値に基づく電力需要変動の構成法に関する検証

    九州大学

    平成20年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年08月06日 - 2008年08月08日   記述言語:日本語   開催地: 熊本  

  • 多地点同期フェーザ量データの検索・提供システムの検討

    大阪大学

    第52回システム制御情報学会研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年05月16日   記述言語:日本語   開催地: 京都  

  • 多地点同期位相計測技術を用いた直流連系系統の動特性解析

    平成20年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月19日 - 2008年03月21日   記述言語:日本語  

  • 産業用電力系統における自家用ガスタービン発電機モデルの構築

    本人

    平成20年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月19日 - 2008年03月21日   記述言語:日本語  

  • 多地点同期フェーザ量計測値を用いた慣性中心の構成法

    平成20年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月19日 - 2008年03月21日   記述言語:日本語  

  • 広域同期位相計測による電力系統動特性解析のための擾乱発生時の電力動揺モード解析

    平成20年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月19日 - 2008年03月21日   記述言語:日本語  

  • Estimation of Global Steady State Stability Based on Phasor Measurement with Auto Spectrum-Based FFT Filter

    平成20年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月19日 - 2008年03月21日   記述言語:英語  

  • Synchronized Phasor Measurement Units based-Wide Area Monitoring System in Thailand Power Network via 220 V Wall Outlets

    Manachai Luengcharuthon (King Mongkut's Institute of Technology Ladkrabang)

    Proceedings of IEEJ-EIT Joint Symposium on Advanced Technology in Power Systems 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年11月19日 - 2007年11月20日   記述言語:英語   開催地: Thailand Bangkok  

  • Analyses of Power System Dynamics in Southeast Asia Power Network Based on Multiple Synchronized Phasor Measurements

    本人

    Proceedings of IEEJ-EIT Joint Symposium on Advanced Technology in Power Systems 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年11月19日 - 2007年11月20日   記述言語:英語   開催地: Thailand Bangkok  

  • Design of Power System Damping Controller for Stability Enhancement of Interconnected Power System based on Synchronized Phasor Measurements

    Sanchai Dechanupaprittha (電気工学専攻)

    Proceedings of IEEJ-EIT Joint Symposium on Advanced Technology in Power Systems 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年11月19日 - 2007年11月20日   記述言語:英語   開催地: Thailand Bangkok  

  • 多地点同期位相計測技術を用いた直流連系系統の動特性解析

    平成19年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月18日 - 2007年09月19日   記述言語:日本語  

  • Campus WAMSによる電力動揺情報の抽出・評価

    平成19年電気学会電力・エネルギー部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月12日 - 2007年09月14日   記述言語:日本語  

  • A Precise Estimation of Global Steady State Stability Based on Phasor Measurements with FFT Filter

    平成19年電気学会電力・エネルギー部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月12日 - 2007年09月14日   記述言語:英語  

  • 多地点同期フェーザ計測システムの運用実績について

    平成19年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年07月31日 - 2007年08月02日   記述言語:日本語  

  • PMUによる東南アジア系統の動揺特性解析

    平成19年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年07月31日 - 2007年08月02日   記述言語:日本語  

  • 自端位相情報を利用したPSSの調整による電力系統広域安定化制御

    本人

    平成19年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年07月31日 - 2007年08月02日   記述言語:日本語  

  • 多地点同期位相計測による系統安定度推定法の評価 -タイ50Hz系統での検証結果-

    平成19年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月15日 - 2007年03月17日   記述言語:日本語  

  • 電力系統安定度解析ツールを用いた自家用ガスタービン発電機モデルの構築

    平成19年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月15日 - 2007年03月17日   記述言語:日本語  

  • MATLAB/Simulinkを用いた系統動特性解析ツールにおける自家用ガスタービン発電機モデルの構築

    本人

    平成19年電気学会電力系統技術研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年02月16日   記述言語:日本語  

  • 多地点同期位相計測に基づく電力系統における事故抽出アルゴリズムの一検討

    平成18年電気関係学会関西支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年11月25日 - 2006年11月26日   記述言語:日本語  

  • 多地点同期位相計測手法によるタイ50Hz系統の動特性解析

    平成18年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月28日 - 2006年09月29日   記述言語:日本語  

  • Matlab/Simulinkを用いた同期発電機動特性解析ツールの開発 -発電機モデル表現が解析に与える影響に関する考察-

    本人

    平成18年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年08月09日 - 2006年08月11日   記述言語:日本語  

  • 多地点同期位相計測装置を用いた電力系統広域安定度の観測

    平成18年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年08月09日 - 2006年08月11日   記述言語:日本語  

  • 多地点同期位相計測に基づく電力系統における事故検出のための評価指標の検討

    平成18年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年08月09日 - 2006年08月11日   記述言語:日本語  

  • 多地点同期位相計測装置を用いた電力系統広域安定度の観測

    平成18年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月15日 - 2006年03月17日   記述言語:日本語  

  • Matlab/Simulinkを用いた同期発電機動特性解析ツールの開発

    本人

    平成18年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月15日 - 2006年03月17日   記述言語:日本語  

  • 多地点同期位相計測に基づく電力系統広域安定度監視における観測地点変更に対する精度評価

    本人

    平成17年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月29日 - 2005年09月30日   記述言語:日本語  

  • 多地点同期位相計測装置を用いた電力系統広域安定度の年間推移の観測

    平成17年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月29日 - 2005年09月30日   記述言語:日本語  

  • 多地点同期フェーザ量計測に基づく広域系統安定度の監視-WEST10機系統モデルを用いた評価-

    平成17年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月27日 - 2005年09月29日   記述言語:日本語  

  • 小型分散型同期位相計測の信号処理による電力系統監視

    第15回インテリジェント・システム・シンポジウム(FANシンポジウム) 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月26日 - 2005年09月27日   記述言語:日本語  

  • 広域位相計測に基づく電力系統安定化制御 -拡張連成振動モデルを用いたPSSの調整-

    本人

    平成17年電気学会電力・エネルギー部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年08月10日 - 2005年08月12日   記述言語:日本語  

  • 多地点同期フェーザ量計測に基づく広域系統安定度の監視-過渡動揺波形との比較-

    平成17年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月17日 - 2005年03月19日   記述言語:日本語  

  • 広域位相計測に基づくPSS調整のための連成振動モデルの一構成法

    本人

    平成17年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月17日 - 2005年03月19日   記述言語:日本語  

  • 動揺観測に基づく電力系統安定化制御

    本人

    平成16年電気学会電力技術・電力系統技術合同研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月27日 - 2004年09月29日   記述言語:日本語  

  • 動揺観測に基づくPSSの調整による電力系統安定化制御

    本人

    平成16年度電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月27日 - 2004年09月28日   記述言語:日本語  

  • 産学連携における寄附講座の役割(九州工業大学工学部の事例を中心として)

    電気学会電気技術史研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月09日   記述言語:日本語  

  • 多地点同期フェーザ量計測に基づく電力動揺の特性係数の同定

    橋口卓平(大阪大学)

    平成16年電気学会電力・エネルギー部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年08月05日 - 2004年08月07日   記述言語:日本語  

▼全件表示

学術関係受賞

  • 電気設備学会全国大会発表奨励賞

    社団法人電気設備学会   2011年11月25日

    渡邊政幸

     詳細を見る

    受賞国:日本国

科研費獲得実績

  • 再生可能エネルギー有効活用のための広域情報に基づく電力システム信頼度監視制御

    研究課題番号:15K05943  2015年04月 - 2018年03月   基盤研究(C)

  • 需要家電気エネルギーシステム監視制御による供給信頼度マネジメント

    研究課題番号:24760236  2012年04月 - 2014年03月   若手研究(B)

  • 小規模分散型電力供給システムオンライン監視に基づく協調運用制御

    研究課題番号:21760217  2009年04月 - 2011年03月   若手研究(B)

  • 広域位相計測に基づく電気エネルギーシステムオンライン適応制御

    研究課題番号:19760198  2007年06月 - 2009年03月   若手研究(B)

  • 自律分散型電気エネルギー流通監視システム

    研究課題番号:18206028  2006年06月 - 2010年03月   基盤研究(A)

担当授業科目(学内)

  • 2022年度   先端電気工学特論

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目

  • 2022年度   電力制御特論

  • 2022年度   電気電子工学実験ⅢB

  • 2022年度   専門英語Ⅰ

  • 2022年度   電気電子工学PBL実験

  • 2022年度   電気回路 Ⅳ

  • 2022年度   制御システム工学

  • 2021年度   電力制御特論

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目

  • 2021年度   電気電子工学実験ⅢB

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2021年度   専門英語Ⅰ

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2021年度   電気電子工学PBL実験

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2021年度   電気回路 Ⅳ

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2021年度   制御システム工学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2020年度   電力制御特論

  • 2020年度   電気回路 Ⅳ

  • 2020年度   制御システム工学

  • 2020年度   電気電子工学実験ⅢB

  • 2019年度   電力制御特論

  • 2019年度   電気電子工学実験ⅢB

  • 2019年度   電気回路 Ⅳ

  • 2019年度   制御システム工学

  • 2018年度   電力制御特論

  • 2018年度   電気電子工学実験ⅢB

  • 2018年度   電気回路 Ⅳ

  • 2018年度   制御システム工学

  • 2017年度   電気回路 Ⅳ

  • 2017年度   制御システム工学

  • 2017年度   電力制御特論

  • 2017年度   電気電子工学実験ⅢB

  • 2016年度   電気回路 Ⅳ

  • 2016年度   制御システム工学

  • 2016年度   電力制御特論

  • 2016年度   専門英語

  • 2016年度   電気電子工学実験ⅢB

  • 2015年度   制御システム工学

  • 2015年度   電気回路 Ⅳ

  • 2015年度   専門英語

  • 2015年度   電力制御特論

  • 2015年度   工学倫理・安全工学C

  • 2015年度   電気電子工学概論

  • 2014年度   電力制御特論

  • 2014年度   先端電気エネルギー特論

  • 2014年度   制御システム工学

  • 2014年度   専門英語

  • 2014年度   電気回路 Ⅳ

  • 2013年度   制御システム工学

  • 2013年度   電力制御特論

  • 2013年度   電気回路 Ⅳ

  • 2013年度   専門英語

  • 2013年度   エネルギー・デバイス実験

  • 2012年度   電力制御特論

  • 2012年度   先端電気エネルギー特論

  • 2012年度   電気回路 Ⅳ

  • 2012年度   制御システム応用

  • 2012年度   制御システム工学

  • 2012年度   専門英語

  • 2012年度   電気電子工学序論

  • 2012年度   電気電子工学実験ⅢB

  • 2012年度   エネルギー・デバイス実験

  • 2011年度   電力制御特論

  • 2011年度   制御システム応用

▼全件表示