2024/05/21 更新

マツヒラ カズユキ
松平 和之
MATSUHIRA Kazuyuki
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 10

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院工学研究院 電気電子工学研究系
職名
教授
外部リンク

研究キーワード

  • 低温

  • 磁性

  • 固体物性

研究分野

  • 自然科学一般 / 磁性、超伝導、強相関系  / 固体物理学

  • ナノテク・材料 / 基礎物理化学  / 固体物理学

出身学校

  • 1992年03月   北海道大学   理学部   物理学科   卒業   日本国

出身大学院

  • 1997年03月   北海道大学   理学研究科   物理学専攻   博士課程・博士後期課程   修了   日本国

取得学位

  • 北海道大学  -  博士(理学)   1997年03月

学内職務経歴

  • 2018年06月 - 現在   九州工業大学   大学院工学研究院   電気電子工学研究系     教授

  • 2012年07月 - 2018年05月   九州工業大学   大学院工学研究院   電気電子工学研究系     准教授

  • 2008年04月 - 2012年06月   九州工業大学   大学院工学研究院     助教

学外略歴

  • 2015年04月 - 2016年03月   東京大学物性研究所   客員所員(准教授)   日本国

  • 1999年05月 - 2001年03月   北海道大学大学院理学研究科   助手   日本国

  • 1996年04月 - 1998年03月   日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員   日本国

所属学会・委員会

  • 1993年03月 - 現在   日本物理学会   日本国

  • 2015年11月 - 現在   電気学会   日本国

  • 2020年01月 - 現在   アメリカ物理学会   アメリカ合衆国

  • 2016年01月 - 2016年12月   アメリカ物理学会   アメリカ合衆国

  • 2018年07月 - 2019年05月   日本MRS   日本国

  • 2018年04月 - 2020年03月   東京大学物性研究所付属物質設計評価施設 物質設計評価設備共同利用委員会   日本国

  • 2016年04月 - 2018年03月   東京大学物性研究所付属物質設計評価施設 物質設計評価設備共同利用委員会   日本国

  • 2014年04月 - 2016年03月   東京大学物性研究所付属物質設計評価施設 物質設計評価設備共同利用委員会   日本国

  • 2011年06月 - 現在   International Scholarly Research Network Condensed Matter Physics Editorial Board   エジプト・アラブ共和国

  • 2011年04月 - 2013年03月   東京大学物性研究所付属物質設計評価施設 物質設計評価設備共同利用委員会   日本国

  • 2007年04月 - 2009年03月   東京大学物性研究所付属物質設計評価施設 物質設計評価設備共同利用委員会   日本国

▼全件表示

論文

  • First Observation of Superlattice Reflections in the Hidden Order at 105 K of Spin–Orbit Coupled Iridium Oxide Ca5Ir3O12 査読有り

    Hiroki Hanate, Takumi Hasegawa, Satoru Hayami, Satoshi Tsutsui, Shoya Kawano, Kazuyuki Matsuhira

    Journal of the Physical Society of Japan   2021年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.7566/JPSJ.90.063702

    Kyutacar

  • Nuclear spin assisted quantum tunnelling of magnetic monopoles in spin ice 査読有り 国際誌

    Paulsen C., Giblin S., Lhotel E., Prabhakaran D., Matsuhira K., Balakrishnan G., Bramwell S.

    Nature Communications   10 ( 1 )   2019年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019, The Author(s). Extensive work on single molecule magnets has identified a fundamental mode of relaxation arising from the nuclear-spin assisted quantum tunnelling of nearly independent and quasi-classical magnetic dipoles. Here we show that nuclear-spin assisted quantum tunnelling can also control the dynamics of purely emergent excitations: magnetic monopoles in spin ice. Our low temperature experiments were conducted on canonical spin ice materials with a broad range of nuclear spin values. By measuring the magnetic relaxation, or monopole current, we demonstrate strong evidence that dynamical coupling with the hyperfine fields bring the electronic spins associated with magnetic monopoles to resonance, allowing the monopoles to hop and transport magnetic charge. Our result shows how the coupling of electronic spins with nuclear spins may be used to control the monopole current. It broadens the relevance of the assisted quantum tunnelling mechanism from single molecular spins to emergent excitations in a strongly correlated system.

    DOI: 10.1038/s41467-019-09323-6

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85063933621&origin=inward

  • Metal-insulator Transitions in Pyrochlore Oxides Ln#D2#DRIr#D2#DRO#D7#DR(共著) 査読有り

    K. Matsuhira, M. Wakeshima, Y. Hinatsu, S. Takagi

    Journal of the Physical Society of Japan   80 ( 9 )   094701-1 - 094701-7   2011年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1143/JPSJ.80.094701

    Scopus

    CiNii Article

  • Experimental signature of the attractive Coulomb force between positive and negative magnetic monopoles in spin ice 査読有り

    C. Paulsen, S.R. Giblin, E. Lhotel, D. Prabhakaran, G. Balakrishnan, K. Matsuhira, S.T. Bramwell

    Nature Physics   1 - 6   2016年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1038/nphys3704

    Scopus

  • Far-from-equilibrium monopole dynamics in spin ice 査読有り

    C. Paulsen, M. J. Jackson, E. Lhotel, B. Canals, D. Prabhakaran, K. Matsuhira, S. R. Giblin, S. T. Bramwell

    Nature Physics   10   135   5 pages   2014年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1038/nphys2847

    Scopus

  • Giant Magnetoresistance Effect in the Metal–Insulator Transition of Pyrochlore Oxide Nd2Ir2O7 査読有り

    K. Matsuhira, M. Tokunaga, M. Wakeshima, Y. Hinatsu, S. Takagi

    Journal of the Physical Society of Japan   82 ( 2 )   023706   4pages   2013年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.7566/JPSJ.82.023706

    Scopus

    CiNii Article

  • Spin Dynamics at Very Low Temperature in Spin Ice Dy#D2#DRTi#D2#DRO#D7#DR(共著) 査読有り

    K. Matsuhira, C. Paulsen, E. Lhotel, C. Sekine, Z. Hiroi, S. Takagi

    Journal of the Physical Society of Japan   80 ( 12 )   123711-1 - 123711-4   4pages (Letters)   2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1143/JPSJ.80.123711

    Scopus

    CiNii Article

  • Systematic Study of Lattice Specific Heat of Filled Skutterudites 査読有り

    K. Matsuhira,C. Sekine,M. Wakeshima,Y. Hinatsu,T. Namiki,K. Takeda,I Shirotani,H. Sugawara,D. Kikuchi,H. Sato

    J. Phys. Soc. JPn.   78 ( 12 )   124601.1 - 124601.6   6pages   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

    Kyutacar

  • Metal-insulator Transition in Pyrochlore Iridates Ln2Ir2O7 (Ln=Nd, Sm, and Eu) 査読有り

    K. Matsuhira,M. Wakeshima,R. Nakanishi,T. Yamada,A. Nakamura,W. Kawano,S. Takagi,Y. Hinatsu

    Journal of the Physical Society of Japan   76   043706.1 - 043706.4   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Anisotropic optical conductivity accompanied by a small energy gap in the one-dimensional thermoelectric telluride Ta4SiTe4 査読有り 国際誌

    Matsunaga F., Okamoto Y., Yokoyama Y., Takehana K., Imanaka Y., Nakamura Y., Kishida H., Kawano S., Matsuhira K., Takenaka K.

    Physical Review B   109 ( 16 )   2024年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    We investigated the optical properties of single crystals of one-dimensional van der Waals crystal Ta4SiTe4, which exhibited high thermoelectric performance below room temperature. Optical conductivity estimated from reflectivity spectra indicates the presence of a small energy gap of 0.1-0.15 eV at the Fermi energy. At the lowest energy, optical conductivity along the Ta4SiTe4 chain is an order of magnitude higher than that perpendicular to this direction, reflecting anisotropic electron conduction in Ta4SiTe4. These results suggest that the coexistence of a small band gap and moderate anisotropy in electron conduction is a promising strategy for developing high-performance thermoelectric materials for low-temperature applications.

    DOI: 10.1103/PhysRevB.109.L161105

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85190068320&origin=inward

  • Space-Group Determination of Superlattice Structure Due to Electric Toroidal Ordering in Ca<inf>5</inf>Ir<inf>3</inf>O<inf>12</inf> 査読有り 国際誌

    Hanate H., Tsutsui S., Yajima T., Nakao H., Sagayama H., Hasegawa T., Matsuhira K.

    Journal of the Physical Society of Japan   92 ( 6 )   2023年06月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Synchrotron X-ray diffraction measurements on a single crystal of Ca5Ir3O12 were performed to clarify the details of the superlattice reflections characterized by q = (1/3; 1/3; 1/3). A search for superlattice reflections in a wide reciprocal space was performed using an imaging plate, and it was confirmed that there were no superlattice reflections at other than q = (1/3; 1/3; 1/3). From the extinction rule of the superlattice reflections, the space group of the crystal structure below 105 K was found to be R3. The details of the superlattice reflections at specific q were investigated using a four-circle diffractometer. The temperature dependence of the integrated intensity at several q confirms that the order parameter of the phase transition of Ca5Ir3O12 at 105 K belongs to an A2 irreducible representation in the point group C3v from the discussion based on the Landau theory of phase transitions. The basis function of the A2 irreducible representation, which is a rotation around the c-axis, corresponds to an electric toroidal dipole.

    DOI: 10.7566/JPSJ.92.063601

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85163321866&origin=inward

  • Insulating Nature of Iridium Oxide Ca<inf>5</inf>Ir<inf>3</inf>O<inf>12</inf> Probed by Synchrotron-Radiation-Based Infrared Spectroscopy 査読有り 国際誌

    Hanate H., Kawano S., Hayashida M., Nakamura K., Ikemoto Y., Moriwaki T., Hasegawa T., Tsutsui S., Matsuhira K.

    Journal of the Physical Society of Japan   92 ( 6 )   2023年06月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Ca5Ir3O12 shows semiconducting behavior, although it is expected to have metallic conduction because of its 1/6-filled band. To investigate the insulating nature of Ca5Ir3O12, synchrotron-radiation-based infrared spectroscopy and electrical resistivity measurements were performed. Optical conductivity obtained using Kramers–Krönig transformation is compared with ab initio calculations based on density-functional and random-phase-approximation calculations, and their differences are carefully discussed. A detailed analysis of the temperature dependence of electrical resistivity along the c-axis reveals that ln ρ ∝ T −2/3. This temperature dependence indicates that the electrical conduction of Ca5Ir3O12 along the c-axis follows Efros–Shklovskii variable-range hopping. The optical conductivity with polarization parallel to the c-axis shows no clear onset at 1,300 cm−1 (0.16 eV) of the energy gap obtained by assuming the Arrhenius law. This feature of the optical conductivity is consistent with the fact that Ca5Ir3O12 follows Efros–Shklovskii variable-range hopping.

    DOI: 10.7566/JPSJ.92.064705

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85163355993&origin=inward

  • Cluster Toroidal Multipoles Formed by Electric-Quadrupole and Magnetic-Octupole Trimers: A Possible Scenario for Hidden Orders in Ca<inf>5</inf>Ir<inf>3</inf>O<inf>12</inf> 査読有り 国際誌

    Hayami S., Tsutsui S., Hanate H., Nagasawa N., Yoda Y., Matsuhira K.

    Journal of the Physical Society of Japan   92 ( 3 )   2023年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Cluster multipole orderings composed of atomic high-rank multipole moments are theoretically investigated with a 5d-electron compound Ca5Ir3O12 in mind. Ca5Ir3O12 exhibits two hidden orders: One is an intermediate-temperature phase with time-reversal symmetry and the other is a low-temperature phase without time-reversal symmetry. By performing the symmetry and augmented multipole analyses for a d-orbital model under the hexagonal point group D3h, we find that the 120°-type ordering of the electric quadrupole corresponds to cluster electric toroidal dipole ordering with the electric ferroaxial moment, which can become the microscopic origin of the intermediate-temperature phase in Ca5Ir3O12. Furthermore, based on 193Ir synchrotron-radiation-based Mössbauer spectroscopy, we propose that the lowtemperature phase in Ca5Ir3O12 is regarded as a coexisting state with cluster electric toroidal dipole and cluster magnetic toroidal quadrupole, the latter of which is formed by the 120°-type ordering of the magnetic octupole and accompanies a small uniform magnetization as a secondary effect. Our results provide a clue to two hidden phases in Ca5Ir3O12.

    DOI: 10.7566/JPSJ.92.033702

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85154040813&origin=inward

  • Effect of High Pressure on the Electrical Resistivity of Electric Toroidal Ordering Candidate Ca<inf>5</inf>Ir<inf>3</inf>O<inf>12</inf> 査読有り 国際誌

    Akiba K., Kobayashi T.C., Hayashida M., Matsuhira K.

    Journal of the Physical Society of Japan   92 ( 3 )   2023年03月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The effect of high pressure on the electrical resistivity of iridate Ca5Ir3O12, a candidate compound that exhibits electric toroidal ordering at Ts = 105K, is investigated using an indenter-type pressure cell (P ≤ 3.6GPa). As pressure increases, the resistivity ρ decreases and the Ts increases. It was confirmed that the temperature dependence of the electrical resistivity ρ(T) shown by the relation ρ(T) = ρ0exp[(T0=T)2=3] over the temperature range of 150–300K, does not change under high pressure. We obtain the pressure dependence of Ts, dTs=dP = 0.81 ± 0.05K=GPa.

    DOI: 10.7566/JPSJ.92.035002

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85148758505&origin=inward

  • Anisotropic magnetic phase diagram of geometrically frustrated iridate Ca<inf>5</inf>Ir<inf>3</inf>O<inf>12</inf> 査読有り 国際誌

    Hanate H., Hirai D., Hiroi Z., Matsuhira K.

    Journal of Magnetism and Magnetic Materials   564   2022年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    We report magnetic properties of single-crystal Ca5Ir3O12 having a hexagonal noncentrosymmetric structure. We measured the anisotropy of the magnetic phase transition at 7.8 K up to 70 kOe and obtained magnetic phase diagrams parallel and perpendicular to the c-axis. The magnetic phase diagrams showed that the transition temperature was gradually suppressed on application of a magnetic field to perpendicular to the c-axis. In contrast, the transition temperature was increased when a magnetic field of up to 70 kOe was applied to the c-axis. We examined this enhancement in the magnetic transition temperature along the c-axis. From these features of the observed magnetic properties, possibility of multipole magnetic ordering was examined.

    DOI: 10.1016/j.jmmm.2022.170072

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85140902322&origin=inward

  • Thermal Expansion of Electric Toroidal Ordering Candidate Ca<inf>5</inf>Ir<inf>3</inf>O<inf>12</inf> 査読有り

    Hayashida M., Hanate H., Matsuhira K.

    Journal of the Physical Society of Japan   91 ( 12 )   2022年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The thermal expansion of iridate Ca5Ir3O12, which is a candidate compound exhibiting the electric toroidal ordering at Ts = 105 K, was investigated using a strain-gauge method. A slight change in the linear thermal expansion coefficient (∼5 × 10−7 K−1) was observed at Ts. This is the first quantitative observation of lattice deformation in the electric toroidal ordering. Furthermore, using the Ehrenfest relation, we obtained the pressure dependence of Ts, dTs=dP = 1 K=GPa.

    DOI: 10.7566/JPSJ.91.125003

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85144423200&origin=inward

  • Universal dynamics of magnetic monopoles in two-dimensional Kagomé ice 査読有り

    Takatsu H., Goto K., Sato T.J., Lynn J.W., Matsubayashi K., Uwatoko Y., Higashinaka R., Matsuhira K., Hiroi Z., Kadowaki H.

    Journal of the Physical Society of Japan   90 ( 12 )   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    A magnetic monopole in spin ice is a novel quasiparticle excitation in condensed matter physics. We found that the ac frequency dependent magnetic susceptibility χ(ω) in the two-dimensional (2D) spin ice (so-called kagomé ice) of Dy2Ti2O7 shows a single scaling form. This behavior can be understood in terms of the dynamical scaling law for 2D Coulomb gas (CG) systems [Phys. Rev. B 90, 144428 (2014)], characterized by the charge correlation length ξ (∝ 1/√ω1), where ω1 is a characteristic frequency proportional to the peak position of the imaginary part of χ(ω). It is a generic behavior among a wide variety of models such as the vortex dynamics of 2D superconductors, 2D superfluids, classical XY magnets, and dynamics of melting of Wigner crystals.

    DOI: 10.7566/JPSJ.90.123705

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85120304455&origin=inward

  • Application of synchrotron-radiation-based Mössbauer spectroscopy to <sup>193</sup>Ir 73 keV transition 査読有り

    Tsutsui S., Hanate H., Yoda Y., Masuda R., Matsuhira K.

    Hyperfine Interactions   242 ( 1 )   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Synchrotron-radiation-based (SR-based) Mössbauer spectroscopy was applied to 193Ir 73 keV transition. Measuring the spectra of Ir metal and IrO2 at 7 K was performed to evaluate the spectrometer employing He-closed-cycle cryostats. The SR-based Mössbauer spectroscopy on 193Ir 73 keV Mössbauer transition was applied to investigate the physical properties of an intermediate valence iridium oxide Ca5Ir3O12. Efficiency of measuring spectra on operation modes of a synchrotron radiation facility was also discussed.

    DOI: 10.1007/s10751-021-01743-5

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85118242397&origin=inward

  • Ab initio derivation of low-energy Hamiltonians for systems with strong spin-orbit interaction: Application to Ca5 Ir3 O12 査読有り

    Charlebois M., Morée J.B., Nakamura K., Nomura Y., Tadano T., Yoshimoto Y., Yamaji Y., Hasegawa T., Matsuhira K., Imada M.

    Physical Review B   104 ( 7 )   2021年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    We present an ab initio derivation method for effective low-energy Hamiltonians of material with strong spin-orbit interactions. The effective Hamiltonian is described in terms of the Wannier function in the spinor form, and effective interactions are derived with the constrained random phase approximation (cRPA) method. Based on this formalism and the developed code, we derive an effective Hamiltonian of a strong spin-orbit interaction material Ca5Ir3O12. This system consists of three edge-shared IrO6 octahedral chains arranged along the c axis, and the three Ir atoms in the ab plane compose a triangular lattice. For such a complicated structure, we need to set up the Wannier spinor function under the local coordinate system. We found that a density-functional band structure near the Fermi level is formed by local dxy and dyz orbitals. Then, we constructed the ab initio dxy/dyz model. The estimated nearest-neighbor transfer t is close to 0.2 eV, and the cRPA on-site U and neighboring V electronic interactions are found to be 2.4-2.5 eV and 1 eV, respectively. The resulting characteristic correlation strength defined by (U-V)/t is above 7, and thus this material is classified as a strongly correlated electron system. The on-site transfer integral involved in the spin-orbit interaction is 0.2 eV, which is comparable to the on-site exchange integrals ∼0.2 eV, indicating that the spin-orbit-interaction physics would compete with the Hund physics. Based on these calculated results, we discuss possible rich ground-state low-energy electronic structures of spin, charge, and orbitals with competing Hund, spin-orbit, and strong-correlation physics.

    DOI: 10.1103/PhysRevB.104.075153

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85114043667&origin=inward

  • 193Ir Synchrotron-Radiation-Based Mössbauer Spectroscopy for Ir Valence Disproportionation in Ca5Ir3O12 査読有り

    Tsutsui Satoshi, Hanate Hiroki, Yoda Yoshitaka, Matsuhira Kazuyuki

    Journal of the Physical Society of Japan ( Physical Society of Japan )   90 ( 8 )   83701 - 83701   2021年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/210000159174

  • <sup>193</sup>Ir Synchrotron-Radiation-Based Mössbauer Spectroscopy for Ir Valence Disproportionation in Ca<inf>5</inf>Ir<inf>3</inf>O<inf>12</inf> 査読有り

    Tsutsui S., Hanate H., Yoda Y., Matsuhira K.

    Journal of the Physical Society of Japan   90 ( 8 )   2021年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Synchrotron-radiation-based (SR-based) Mössbauer spectroscopy for the 73 keV transition in 193Ir nuclei was successful. 193Ir SR-based Mössbauer spectra of Ca5Ir3O12, as well as those of Ir metal and IrO2 were measured. The results for Ir metal and IrO2 agree with those reported previously. On the other hand, the spectra of Ca5Ir3O12 exhibit temperature dependence. Differences in the observed spectra between 90 and 110 K reflect a change in electronic state at the Ir sites, which correlates with the phase transition reported at 105 K. The results reported in the present work also demonstrate that 193Ir SR-based Mössbauer spectroscopy is a powerful tool for investigating microscopic electronic states in Ir-containing compounds.

    DOI: 10.7566/JPSJ.90.083701

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85109423423&origin=inward

  • Effects of uniaxial pressure on the spin ice Ho2Ti2 O7 査読有り 国際誌

    Edberg R., Bakke I.M.B., Kondo H., Sandberg L.Ø., Haubro M.L., Guthrie M., Holmes A.T., Engqvist J., Wildes A., Matsuhira K., Lefmann K., Deen P.P., Mito M., Henelius P.

    Physical Review B   102 ( 18 )   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The spin ice materials Ho2Ti2O7 and Dy2Ti2O7 are experimental and theoretical exemplars of highly frustrated magnetic materials. However, the effects of applied uniaxial pressure are not well studied, and here we report magnetization measurements of Ho2Ti2O7 under uniaxial pressure applied in the [001], [111], and [110] crystalline directions. The basic features are captured by an extension of the dipolar spin ice model. We find a good match between our model and measurements with pressures applied along two of the three directions, and we extend the framework to discuss the influence of crystal misalignment for the third direction. The parameters determined from the magnetization measurements reproduce neutron scattering measurements that we perform under uniaxial pressure applied along the [110] crystalline direction. In the detailed analysis, we include the recently verified susceptibility dependence of the demagnetizing factor. Our work demonstrates the application of a moderate applied pressure to modify the magnetic interaction parameters. The knowledge can be used to predict critical pressures needed to induce new phases and transitions in frustrated materials, and in the case of Ho2Ti2O7 we expect a transition to a ferromagnetic ground state for uniaxial pressures above 3.3GPa.

    DOI: 10.1103/PhysRevB.102.184408

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85096335636&origin=inward

  • Study of Phonon Dispersion of Iridium Oxide Ca5Ir3O12 with Strong Spin–Orbit Interaction 査読有り

    Hiroki Hanate, Takumi Hasegawa, Satoshi Tsutsui, Kazuma Nakamura, Yoshihide Yoshimoto, Naohiro Kishigami, Sho Haneta, and Kazuyuki Matsuhira

    Journal of the Physical Society of Japan   89 ( 5 )   053601-1 - 053601-5   5 pages   2020年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.7566/JPSJ.89.053601

    Kyutacar

  • Raman Scattering Investigation of Structural Transition in Ca5Ir3O12 査読有り

    Takumi Hasegawa, Wataru Yoshida, Kazuma Nakamura, Norio Ogita, and Kazuyuki Matsuhira

    Journal of the Physical Society of Japan   89 ( 5 )   053602-1 - 053602-11   11 pages   2020年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.7566/JPSJ.89.053602

    Kyutacar

  • Harmonic voltage response to AC current in the nonlinear conductivity of iridium oxide Ca#D5#DRIr#D3#DRO#D12#DR 査読有り 国際誌

    Hanate H., Nakamura K., Matsuhira K.

    Journal of Magnetism and Magnetic Materials   498   2020年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 Elsevier B.V. We have carried out harmonic voltage response experiments by application of AC current along the c-axis of Ca5Ir3O12, which has a nonlinear electrical conductivity in a non-ordered state. This AC current method can allow us to investigate a detail of the nonlinear conductivity by application of small current. We observed the harmonics up to 7th order below 200 K. The results reveal that the nonlinear conductivity exists even in application of current close to zero. In addition, the temperature dependence of the resistance R0 estimated at the zero current limit is expressed by ln R0∝T-2/3, which is explained by an adaptation of Efros-Shklovskii variable range hopping or Fogler-Teber-Shklovskii variable range hopping. As a field assisted motion of charge career occurs in hopping conduction, from this analysis result, the nonlinear conductivity comes form the field-assisted hopping conduction.

    DOI: 10.1016/j.jmmm.2019.166203

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85075910389&origin=inward

  • Magnetic Properties of Hole-Doped Pyrochlore Iridate (Y1-x-yCuxCay)2Ir2O7 査読有り

    Julia Angel, Retno Asih, Hironori Nomura, Tomoya Taniguchi, Kazuyuki Matsuhira, Muhammad Redo Ramadhan, Irwan Ramli, Makoto Wakeshima, Yukio Hinatsu, Mohamed Ismail Mohamed-Ibrahim, Shukri Sulaiman, and Isao Watanabe

    Materials Science Forum   2019年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.4028/www.scientific.net/MSF.966.269

  • Carrier doping effect of magnetic and transport properties on the geometrically frustrated iridate Ca <inf>5</inf> Ir <inf>3</inf> O <inf>12</inf> 査読有り

    Haneta S., Yasukuni Y., Oka C., Wakeshima M., Hinatsu Y., Matsuhira K.

    Journal of Magnetism and Magnetic Materials   476   274 - 277   2019年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2018 Elsevier B.V. We show the carrier doping effect on magnetic and transport properties of Ca 5 Ir 3 O 12 , indicating semiconductivity and an antiferromagnetic ordering below Néel temperature T N =7.8 K. The average valence of Ir ions in Ca 5 Ir 3 O 12 is +4.67. Carrier doping for 5d electrons of Ir ions is achieved by substitution of Ca 2+ by Na + ,La 3+ , and Bi 3+ ; Na substitution leads to hole doping, and La or Bi substitution leads to electron doping. The electrical resistivity decreases in both case of the hole doping or the electron doping. For La10% doped samples, T N does not change but Curie–Weiss temperature Θ CW becomes 3.5 times larger than 9.9 K for Ca 5 Ir 3 O 12 . For Bi10% doped samples, T N decreases to 5 K but Θ CW becomes 3 times larger than that of undoped compound. On the other hand, for Na10% doped samples, T N decreases to 4 K and Θ CW decreases to 8.3 K. The frustration index f which is defined by |Θ CW |/T N is enhanced by electron doping. The magnetic frustration becomes stronger with increase of filling of Ir 5d electrons on the triangular lattice.

    DOI: 10.1016/j.jmmm.2018.12.023

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85059468466&origin=inward

  • A new mathematical approach to finding global solutions of the magnetic structure determination problem 査読有り 国際誌

    Tomiyasu K., Oishi-Tomiyasu R., Matsuda M., Matsuhira K.

    Scientific Reports   8 ( 1 )   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2018, The Author(s). Determination of magnetic structure is an important analytical procedure utilized in various fields ranging from fundamental condensed-matter physics and chemistry to advanced manufacturing. It is typically performed using a neutron diffraction technique; however, finding global solutions of the magnetic structure optimization problem represents a significant challenge. Generally, it is not possible to mathematically prove that the obtained magnetic structure is a truly global solution and that no solution exists when no acceptable structure is found. In this study, the global optimization technique called semidefinite relaxation of quadratic optimization, which has attracted much interest in the field of applied mathematics, is proposed to use as a new analytical method for the determination of magnetic structure, followed by the application of polarized neutron diffraction data. This mathematical approach allows avoiding spurious local solutions, decreasing the amount of time required to find a tentative solution and finding multiple solutions when they exist.

    DOI: 10.1038/s41598-018-34443-2

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85055911656&origin=inward

  • Nonlinear Conductivity of Geometrically Frustrated Iridate Ca5Ir3O12 査読有り

    Matsuhira Kazuyuki, Nakamura Kazuma, Yasukuni Yuki, Yoshimoto Yoshihide, Hirai Daigorou, Hiroi Zenji

    Journal of the Physical Society of Japan   87 ( 1 )   13703 - 13703   2018年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/210000134653

  • 2017年度九州支部見学会について

    松平 和之

    電気学会誌 ( 一般社団法人 電気学会 )   138 ( 5 )   299 - 299   2018年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

    <p>はじめに</p><p>2017年度の九州支部の見学会について紹介する。2017年度は9月26日と11月30日の2回開催を行った。</p><p>9月26日の見学会は,沖縄電力</p>

    DOI: 10.1541/ieejjournal.138.299

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130006729388

  • 幾何学的フラストレート系イリジウム酸化物Ca<sub>5</sub>Ir<sub>3</sub>O<sub>12</sub>の非線形伝導と105K相転移

    松平 和之, 花手 洋樹, 中村 和磨, 矢島 健, 長谷川 巧

    日本物理学会講演概要集 ( 一般社団法人 日本物理学会 )   73 ( 0 )   1440 - 1440   2018年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.73.2.0_1440

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007735210

  • Magnetic Moments and Ordered States in Pyrochlore Iridates Nd2Ir2O7 and Sm2Ir2O7 Studied by Muon-Spin Relaxation 査読有り

    Asih Retno, Adam Noraina, Mohd-Tajudin Saidah Sakinah, Sari Dita Puspita, Matsuhira Kazuyuki, Guo Hanjie, Wakeshima Makoto, Hinatsu Yukio, Nakano Takehito, Nozue Yasuo, Sulaiman Shukri, Mohamed-Ibrahim Mohamad Ismail, Biswas Pabitra Kumar, Watanabe Isao

    Journal of the Physical Society of Japan   86 ( 2 )   24705 - 24705   2017年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/210000134266

  • Investigation of ferromagnetic filled skutterudite compound EuFe4As12 査読有り

    Chihiro Sekine, Koujiro Ito, Keita Akahira, Yukihiro Kawamura, Yu Qi Chen, Hirotada Gotou, Kazuyuki Matsuhira

    Journal of Physics Conference Series   592   012032   2015年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    France   Grenoble  

    DOI: 10.1088/1742-6596/592/1/012032

    Scopus

  • Dynamic Behavior of Magnetic Avalanches in the Spin-Ice Compound Dy2Ti2O7 査読有り

    M. J. Jackson, E. Lhotel, S. R. Giblin, S. T. Bramwell, D. Prabhakaran, K. Matsuhira, Z. Hiroi, Q. Yu, C. Paulsen

    Physical Review B   90   064427   11 pages   2014年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1103/PhysRevB.90.064427

    Scopus

  • Metal-Insulator Transition in Pyrochlore Oxide (Nd1-xPrx)2Ir2O7 (0.7 ≤ x ≤ 1) 査読有り

    Kazuyuki Matsuhira, Kouhei Kuroda, Toshiro Sakakibara, Makoto Wakeshima, Yukio Hinatsu

    JPS Conference Proceedings   3   013017   6 pages   2014年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.7566/JPSCP.3.013017

  • Magnetic order in the pyrochlore iridate Nd2Ir2O7 probed by muon spin relaxation 査読有り

    Hanjie Guo, Kazuyuki Matsuhira, Ikuto Kawasaki, Makoto Wakeshima, Yukio Hinatsu, Isao Watanabe, and Zhu-an Xu

    Physical Review B, Rapid Communication   88   060411(R)   5pages   2013年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1103/PhysRevB.88.060411

    Scopus

  • 29aXA-9 Muon site determination on Nd_2Ir_2O_7 using dipole field and ab-initio calculation

    Adiperdana Budi, Watanabe Isao, Dharmawan Irwan Ary, Sulaiman Shukri, Ismail M. I. Mohamad, Guo Hanjie, Matsuhira Kazuyuki, Wakeshima Makoto, Hinatsu Yukio, Kawasaki Ikuto

    日本物理学会講演概要集 ( 一般社団法人 日本物理学会 )   68 ( 0 )   2013年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.68.1.3.0_558_3

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110009644443

  • 26pKQ-3 Spin Dynamics in Spin Ice 招待有り

    Matsuhira Kazuyuki

    日本物理学会講演概要集 ( 一般社団法人 日本物理学会 )   68 ( 0 )   2013年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    DOI: 10.11316/jpsgaiyo.68.2.3.0_412_2

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110009756737

  • Magnetic and transport properties of filled skutterudite SmOs 4P12 under pressure 査読有り

    Kawamura Y., Kiyota Y., Sekine C., Wakeshima M., Matsuhira K.

    Journal of the Physical Society of Japan   81 ( SUPPL.B )   2012年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Filled skutterudite SmOs4P12 is reported as a Kondo lattice compound with antiferromagnetic order at TN ∼ 4.5 K.We have measured the electrical resistivity and the magnetization under pressure up to 1.4 GPa on SmOs 4P12.We revealed the increase of TN by applying pressure at a rate of ∼ 0.4 K/GPa. This ratio is consistent with the value of 0.5 K/ GPa predicted by thermal expansion and specific heat measurements. © 2012 The Physical Society of Japan.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84871764771&origin=inward

  • Different high-temperature spin dynamics of Ising pyrochlore Dy2Sn2O7 and Heisenberg pyrochlore Gd2Sn2O7 査読有り

    T. Kaibuchi, H. Tashiro, T. Itou, M. Nishiyama, A. Oyamada, S. Maegawa, K. Matsuhira

    Journal of the Physical Society of Japan   81 ( 4 )   054701   6pages   2012年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1143/JPSJ.81.054701

    Scopus

    CiNii Article

  • Emergence of magnetic long-range order in frustrated pyrochlore Nd#D2#DRIr#D2#DRO#D7#DR with metal-insulator transition(共著) 査読有り

    K. Tomiyasu, K. Matsuhira, K. Iwasa, M. Watahiki, M. Wakeshima, Y. Hinatsu, M. Yokoyama, K. Ohyama, K. Yamada

    Journal of the Physical Society of Japan   81 ( 3 )   034709-1 - 034709-6   6pages   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1143/JPSJ.81.034709

    Scopus

  • Quantum spin fluctuations in the spin liquid state of Tb#D2#DRTi#D2#DRO#D7#DR(共著) 査読有り

    H. Takatsu, H. Kadowaki, T. J. Sato, J.W. Lynn, Y. Tabata, T. Yamazaki, K. Matsuhira

    Journal of Physics: Condensed Matter   24   052201-1 - 052201-4   4pages (Fast Track Communication)   2012年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1088/0953-8984/24/5/052201

    Scopus

  • Erratum: Elastic properties of the rare-earth dititanates R <inf>2</inf>Ti<inf>2</inf>O<inf>7</inf> (R=Tb, Dy, and Ho) (Physical Review B - Condensed Matter and Materials Physics (2011) 83 (184434) DOI: 10.1103/PhysRevB.83.184434) 査読有り

    Nakanishi Y., Kumagai T., Yoshizawa M., Matsuhira K., Takagi S., Hiroi Z.

    Physical Review B - Condensed Matter and Materials Physics   84 ( 9 )   2011年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1103/PhysRevB.84.099903

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=80053526488&origin=inward

  • A Magnetic Transition Probed by the Ce Ion in Squared-Lattice Antiferromagnet CeMnAsO(共著) 査読有り

    Y. Tsukamoto, Y. Okamoto, K. Matsuhira, M.-H. Whangbo, Z. Hiroi

    Journal of the Physical Society of Japan   80 ( 9 )   094708-1 - 094708-5   2011年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1143/JPSJ.80.094708

    Scopus

    CiNii Article

  • Crystalline electric field study in pyrochlore-type iridate Nd#D2#DRIr#D2#DRO#D7#DR with metal-insulator transition (共著) 査読有り

    M. Watahiki, K. Tomiyasu, K. Iwasa, K. Matsuhira, S. Takagi, M. Wakeshima, Y. Hinatsu

    Journal of Physics: Conference Series   320   012080-1 - 012080-6   2011年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1088/1742-6596/320/1/012080

    Scopus

  • Slow Dynamics in Dy Pyrohlore Oxides Dy#D2#DRSn#D2#DRO#D7#DR and Dy#D2#DRIr#D2#DRO#D7#DR (共著) 査読有り

    K. Matsuhira, M. Wakeshima, Y. Hinatsu, C. Sekine, C. Paulsen, T. Sakakibara, S. Takagi

    Journal of Physics: Conference Series   320   012050-1 - 021050-6   2011年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1088/1742-6596/320/1/012050

    Scopus

  • Thermal Properties of Filled Skutterudite PrOs#D4#DRP#D12#DR(共著) 査読有り

    K. Matsuhira, C. Sekine, M. Wakeshima, Y. Hinatsu, H. Amitsuka, H. Mitamura, T. Sakakibara, S. Takagi

    Journal of the Physical Society of Japan   80   SA025-1 - SA025-3   Supplement A   2011年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1143/JPSJS.80SA.SA025

    Scopus

  • Elastic properties of the rare-earth dititanates R#D2#DRTi#D2#DRO#D7#DR (R = Tb, Dy , and Ho)(共著) 査読有り

    Y. Nakanishi, T. Kumagai, M. Yoshizawa, K. Matsuhira, S. Takagi, Z. Hiroi

    Physical .Review B   83 ( 18 )   184434-1 - 184434-7   2011年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Suppression of metal-insulator transition at high pressure and pressure-induced magnetic ordering in pyrochlore oxide Nd#D2#DRIr#D2#DRO#D7#DR(共著) 査読有り

    M. Sakata,T. Kagayama,K. Shimizu,K. Matsuhira,S. Takagi,M. Wakeshima,Y. Hinatsu

    Phys. Rev. B   83 ( 4 )   041102®. - -041102®.   2011年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

    DOI: 10.1103/PhysRevB.83.041102

    Scopus

  • Ferrimagnetism of New Filled Skutterudite SmFe4As12 Synthesized at High Pressure 査読有り

    T. Namiki,C. Sekine,K. Matsuhira,M. Wakeshima,I. Shirotani

    J. Phys. Soc. Jpn.   79 ( 7 )   074714.1 - 074714.4   2010年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

    DOI: 10.1143/JPSJ.79.074714

    Scopus

    CiNii Article

  • Observation of Magnetic Monopoles in Spin Ice 査読有り

    H. Kadowaki,N. Doi,Y. Aoki,T. Tabata,T.J. Sato,J.W. Lynn,K. Matsuhira,Z. HIroi

    J. Phys. Soc. Jpn.   78 ( 10 )   103706.1 - 103706.4   4pages (Letters)   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

    Kyutacar

  • Raman scattering study in iridium pyrochlore oxides 査読有り

    T. Hasegawa,N. Ogita,K. Matsuhira,S. Takagi,M. Wakeshima,Y. Hinatsu,M. Udagawa

    J. Phys.: Conf. Series (International Conference on Magnetism 2009)   200   012054 - 012054   2009年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Germany   Karlsruhe   2009年07月  -  2009年07月

    主要論文集(会議)

    DOI: 10.1088/1742-6596/200/1/012054

    Scopus

  • Temperature-dependent studies of the geometrically frustrated pyrochlores Ho2Ti2O7 and Dy2Ti2O7 査読有り

    M. Maczka,M.L. Sanjuan,A.F. Fuentes,L. Macalik,J. Hanuza,K. Matsuhira,Z. Hiroi

    Phys. Rev. B   79 ( 21 )   214437.1 - 214437.13   2009年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Optical spectroscopy of the geometrically frustrated pyrochlore Ho2Ti2O7 査読有り

    L. Macalik,M. Maczka,P. Solarz,A.F. Fuentes,K.Matsuhira,Z.Hiroi

    Optical Materials   31   790 - 794   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Spin Freezing in the Pyrochlore Antiferromagnet Pr2Zr2O7 査読有り

    K. Matsuhira,C. Sekine,C. Paulsen,M. Wakeshima,Y. Hinatsu,T. Kitazawa,Y. Kiuchi,Z. Hiroi,S. Takagi

    J. Phys.: Conf. Series   145   012031.1 - 012031.5   2008年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Germany   Braunschweig   2008年09月07日  -  2008年09月12日

  • Transport properties in normal metal Bi2Pd3S2 and superconducting Bi2Pd3Se2 査読有り

    T. Sakamoto,M. Wakeshima,Y. Hinatsu,K.Matsuhira

    Physical Review B   78   24509.1 - 024509.6   2008年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Temperature-dependent Raman scattering studies of the geometrically frustrated pyrochlores Dy2Ti2O7, Gd2Ti2O7 and Er2Ti2O7 査読有り

    M.Maczka,J. Hanuza,K. Hermanowicz,A. F. Fuentes,K. Matsuhira,Z. Hiroi

    Journal of Raman Spectroscopy   39   537 - 544   2008年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Ultrasonic Measurement of Filled Skutterudite with Heavy Lanthanide TbRu4P12 査読有り

    T. Fujino,Y. Nakanishi,K. Ito,T. Yaegashi,M. Nakamura,K. Matsuhira,S. Takagi,C. Sekine,I. Shirotani,M. Yoshizawa

    J. Phys. Soc. Jpn. supplement A, (Proceedings International Conference on New Quantum Phenomena in Skutterudite and Related Systems)   77   306 - 308   2007年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    2007年09月26日  -  2007年09月30日

  • Magnetic Properties of Filled Skutterudite Phosphides with Heavy Lanthanides Synthesized under High Pressure 査読有り

    C. Sekine,H. Ando,Y. Sugiuchi,I. Shirotani,K. Matsuhira,M. Wakeshima

    J. Phys. Soc. Jpn. supplement A, (Proceedings International Conference on New Quantum Phenomena in Skutterudite and Related Systems)   77   135 - 140   2007年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    2007年09月26日  -  2007年09月30日

  • Superconducting Properties of LaRu4As12 Synthesized at High Pressure 査読有り

    T. Namiki,C. Sekine,K. Matsuhira,M. Wakeshima,I. Shirotani

    J. Phys. Soc. Jpn. supplement A, (Proceedings International Conference on New Quantum Phenomena in Skutterudite and Related Systems)   77   336 - 338   2007年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    2007年09月26日  -  2007年09月30日

  • High Pressure Synthesis of Filled Skutterudite CeOs4As12 査読有り

    C. Sekine,R. Abe,K. Takeda,K. Matsuhira,M. Wakeshima

    Physica B: Condensed Matter (Proceedings of the International Conference on Strongly Correlated Electron Systems 2007)   403 ( 5-9 )   856 - 856   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    U.S.A   2007年04月  -  2007年04月

    主要論文集(会議)

  • Charge-Density-Wave Superconductor Bi2Rh3Se2 査読有り

    T. Sakamoto,M. Wakeshima,Y. Hinatsu,K. Matsuhira

    Physical Review B   75   060503.1 - 06503.4   2007年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Kagome Ice State in the Dipolar Spin Ice Dy2Ti2O7 査読有り

    Y. Tabata,H. Kadowaki,K. Matsuhira,Z. Hiroi,N. Aso,E. Ressouche,B. Fak

    Physical Review Letters   97   257205.1 - 257205.4   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • 充填スクッテルダイト化合物の多彩な物性 査読有り

    松平 和之

    高圧力の科学と技術   16 ( 4 )   342 - 349   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Spin correlation in kagome ice state: Neutron scattering study of the dipolar spin ice Dy2Ti2O7 under magnetic field along [111] 査読有り

    Y. Tabata,H. Kadowaki,K.Matsuhira,Z.Hiroi,N.Aso,B.Fak

    J. Magn. Magn. Mater.(International Conference on Magnetism 2006)   310   1311 - 1311   2006年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    京都市   2006年08月20日  -  2006年08月25日

    主要論文集(会議)

  • Electrical and magnetic Properties of the filled skutterudite Sm(Ru1-xOsx)4P12 査読有り

    C.Sekine,T.Yoshida,T.Kimura,T.Namiki,I.Shirotani,K.Matsuhira,M.Wakeshima,Y.Hinatsu

    J. Magn. Magn. Mater.(International Conference on Magnetism 2006)   310   229 - 231   2006年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    京都市   2006年08月20日  -  2006年08月25日

    主要論文集(会議)

  • Uniaxial pressure effects on spin-ice compound Dy2Ti2O7 査読有り

    M.Mito,S.Kuwahara,K.Matsuhira,H.Deguchi,S.Takagi,Z.Hiroi

    J. Magn. Magn. Mater.(International Conference on Magnetism 2006)   310   e432 - e434   2006年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    京都市   2006年08月20日  -  2006年08月25日

    主要論文集(会議)

  • Electrical and magnetic Properties of Kondo Semiconductor CeRu4As12 査読有り

    C.Sekine,N.Hoshi,K.Takeda,T.Yoshida,I.Shirotani,K.Matsuhira,M.Wakeshima,Y.Hinatsu

    J. Magn. Magn. Mater. (International Conference on Magnetism 2006)   310   260 - 262   2006年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    京都市   2006年08月20日  -  2006年08月25日

    主要論文集(会議)

  • Sm-based Filled Skutterudite SmOs4Sb12 Studied by Specific Heat 査読有り

    K.Matsuhira,M.Wakeshima,Y.Hinatsu,C.Sekine,I.Shirotani,D.Kikuchi,H.Sugawara,H.Sato

    J. Magn. Magn. Mater. (International Conference on Magnetism 2006)   310   226 - 228   2006年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    京都市   2006年08月20日  -  2006年08月25日

    主要論文集(会議)

  • Observation of a novel phase transition induced by a magnetic field in the pyrochlore spin ice compound 査読有り

    K.Matsuhira,H.Sato,T.Tayama,Z.Hiroi,S.Takagi,T.Sakakibara

    J. Phys.: Condens. Matter, (Highly Frustrated Magnetism 2006)   19   145269 - 145269   2006年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    大阪市   2006年08月15日  -  2006年08月19日

    主要論文集(会議) 代表的研究業績

  • Field-angle dependence of the ice-rule breaking spin-flip transition in Dy2Ti2O7 査読有り

    H.Sato,K.Matsuhira,T.Sakakibara,T.Tayama,Z.Hiroi,S.Takagi

    J. Phys.: Condens. Matter, (Highly Frustrated Magnetism 2006)   19   145272 - 145272   2006年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    大阪市   2006年08月15日  -  2006年08月19日

    主要論文集(会議)

  • Ferromagnetic Ordering on the Triangular Lattice in the Pyrochlore Spin-Ice Compound Dy2Ti2O7 査読有り

    H. Sato,K. Matsuhira,T. Tayama,Z. Hiroi,S. Takagi,T. Sakakibara

    Journal of Physics: Condensed Matter   18 ( 22 )   L297 - L303   2006年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Transport Properties of Filled Skutterudite Antiferromagnet GdRu4P12 査読有り

    K.Matsuhira,C.Sekine,K.Kihou,I.Shirotani,M.Wakeshima,Y.Sei,A.Nakamura,S.Takagi

    Physica B, (The International Conference on Strongly Correlated Electron Systems SCES2005)   378-380   235 - 236   2005年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Austria   Vienna   2005年07月26日  -  2005年07月30日

    主要論文集(会議)

  • Magnetic and Transport Properties of Pr(Ru1-xRhx)4P12 査読有り

    C.Sekine,N. Hoshi,I. Shirotani,K. Matsuhira,M. Wakeshima,Y. Hinatsu

    Physica B, (The International Conference on Strongly Correlated Electron Systems SCES2005)   378-380   211 - 212   2005年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Austria   Vienna   2005年07月26日  -  2005年07月30日

    主要論文集(会議)

  • Specific Heat Study on Sm-based Filled Skutterudite Phosphides SmT4P12 (T=Fe, Ru and Os) 査読有り

    K.Matsuhira,Y.Doi,M.Wakesima,Y.Hinatsu,H.Amitsuka,Y.Shimaya,R.Giri,C.Sekine,I.Shirotani

    Journal of the Physical Society of Japan   74 ( 3 )   1030 - 1035   2005年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Magnetocaloric effect study on the pyrochlore spin ice compound Dy2Ti2O7 in a [111] magnetic field 査読有り

    H. Aoki,T. Sakakibara,K. Matsuhira,Z. Hiroi

    Journal of the Physical Society of Japan   73 ( 10 )   2851 - 2856   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Specific heat of filled skutterudite PrOs4P12 査読有り

    K.Matsuhira,Y. Doi,M. Wakeshima,Y. Hinatsu,K. Kihou,C. Sekine,I. Shirotani

    Physica B, (The International Conference on Strongly Correlated Electron Systems -SCES2004)   359-361   977 - 979   2004年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Germany   Karlsruhe   2004年07月26日  -  2004年07月30日

    主要論文集(会議)

  • Specific heat of filled skutterudite-type compound TbRu4P12 in magnetic fields 査読有り

    C. Sekine,K.Kihou,I. Shirotani,K.Matsuhira,Y. Doi,M. Wakeshima,Y. Hinatsu

    Physica B, (The International Conference on Strongly Correlated Electron Systems -SCES2004)   359-361   856 - 858   2004年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Germany   Karlsruhe   2004年07月26日  -  2004年07月30日

    主要論文集(会議)

  • スピンアイスの磁場下における巨視的縮退と液相-気相型相転移 査読有り

    松平和之,広井善二,榊原俊郎

    日本物理学会誌   59 ( 7 )   460 - 464   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Low temperature magnetic properties of the geometrically frustrated pyrochlore Pr2Sn2O7 査読有り

    K. Matsuhira,C. Sekine,C. Paulsen,Y. Hinatsu

    J. Magn. Magn. Mater. (International Conference on Magnetism -ICM2003)   272-276   e981 - e982   2003年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Italy   Rome   2003年07月27日  -  2003年08月01日

    主要論文集(会議)

  • Liquid-gas transition in the spin-ice dysprosium titanate 査読有り

    T. Sakakibara,T. Tayama,K. Matsuhira,S. Takagi,Z. Hiroi

    J. Magn. Magn. Mater. (International Conference on Magnetism -ICM2003)   272-276   1312 - 1313   2003年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Italy   Rome   2003年07月27日  -  2003年08月01日

    主要論文集(会議)

  • Observation of a Liquid-Gas-Type Transition in the Pyrochlore Spin Ice Compound Dy2Ti2O7 in a Magnetic Field 査読有り

    T.Sakakibara,T.Tayama,Z. Hiroi,K. Matsuhira,S.Takagi

    Physical Review Letters   Vol. 90   No. 20 207201 - No. 20 207   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Ferromagnetic Ising Spin Chains Emerging from the Spin Ice under Magnetic Field 査読有り

    Z.Hiroi,K.Matsuhira,M.Ogata

    J. Phys. Soc. Jpn.   72 ( 12 )   3045 - 3048   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Specific Heat of Kagome Ice in the Pyrochlore Oxide Dy2Ti2O7 査読有り

    Z.Hiroi,K. Matsuhira,S.Takagi,T.Tayama,T.Sakakibara

    Journal of the Physical Society of Japan   72   411 - 418   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • スピンアイスにおける磁場によって誘起される新しい巨視的縮退 査読有り

    松平 和之

    日本結晶学会誌   46 ( 1 )   94 - 97   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Magnetic phase diagram of filled skutterudite compound SmRu4P12 査読有り

    C. Sekine,I. Shirotani,K. Matsuhira,P. Haen,S.De Brion,G. Chouteau,H. Suzuki,H. Kitazawa

    Acta Physica Polonica B (SCES'02)   34   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Poland   Krakow   2002年04月  -  2002年04月

    主要論文集(会議)

  • A new macroscopically degenerate ground state in the spin ice compound Dy2Ti2O7 under a magnetic field 査読有り

    K.Matsuhira,Z.Hiroi,T.Tayama,S.Takagi,T.Sakakibara

    J. Phys.: Condens. Matter   vol. 14   L559 - L565   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Low-Temperature Magnetic properties of Pyrochlore Stannates 査読有り

    K.Matsuhira,Y.Hinatsu,K.Tenya,H.Amitsuka,T.Sakakibara

    J. Phys. Soc. Jpn.   vol. 71   1576 - 1582   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Neutron scattering study of dipolar spin ice Ho2Sn2O7: Frustrated pyrochlore magnet 査読有り

    H.Kadowaki,Y.Ishii,K.Matsuhira,Y.Hinatsu

    Phys. Rev. B   vol. 65   144421 - 144421   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Magnetic properties of Sm-based filled skutterudite phosphides 査読有り

    R.Giri,C.Sekine,Y. Shimaya,I. Shirotani,K. Matsuhira,Y. Doi,Y. Hinatsu

    Physica B , (23th International Conference on Low Temperature Physics -LT23)   329-333   458 - 459   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    広島   2002年04月  -  2002年04月

  • Structures and Magnetic Properties of Ternary Lithium Oxides LiRO2 (R = rare earths) 査読有り

    Y. Hashimoto,M. Wakeshima,K. Matsuhira,Y. Hinatsu,Y. Ishii

    Chem. Mater.   vol. 14   3245 - 3251   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Crystal Structures and Magnetic Properties of 6H-Perovskites Ba3MRu2O9 (M = Y, In, La, Sm, Eu, and Lu) 査読有り

    Y. Doi,K. Matsuhira,Y. Hinatsu

    J. Solid State Chem   vol. 165   317 - 323   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Metal-Insulator transition of filled skutterudite compound SmRu4P12 査読有り

    K. Matsuhira,Y. Hinatsu,C. Sekine,T. Togashi,H. Maki,I. Shirotani,H. Kitazawa,T. Takamasu,G. Kido

    J. Phys. Soc. Jpn. supplement, Strongly Correlated Electrons with Orbital Degrees of Freedom (ORBITAL2001)   71   237 - 239   2001年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    仙台   2001年09月11日  -  2001年09月14日

  • Specific heat around metal-insulator transition of filled skutterudite PrRu4P12 査読有り

    K. Matsuhira,Y. Hinatsu,C. Sekine,I. Shirotani

    Physica B, (The international conference on strongly coreelated electron systems -SCES2001)   2001年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    2001年08月06日  -  2001年08月10日

    主要論文集(会議)

  • Novel dynamical magnetic properties in the spin ice compound Dy2Ti2O7 査読有り

    K.Matsuhira,Y.Hinatsu,T.Sakakibara

    J. Phys.: Condens. Matter   vol.13   L737 - L746   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Thermal Expansion of PrRu4P12 査読有り

    K. Matsuhira,T. Takikawa,T. Sakakibara,C. Sekine,I. Shirotani

    Physica B (The International Conference on Strongly Correlated Electron Systems, SCES99)   281&282   298 - 299   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    2000年04月  -  2000年04月

    主要論文集(会議)

  • Magnetic Propertics of Ce0.75La0.25B6 under Uniaxial Stress 査読有り

    T. Takikawa,T. Sakakibara,K. Matsuhira,K. Tenya,H. Amitsuka,S. Kunii

    Physica B, (The International Conference on Strongly Correlated Electron Systems,SCES99)   281&282   561 - 562   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    2000年04月  -  2000年04月

    主要論文集(会議)

  • Low Temperature Magnetic Properties of Frustrated Pyrochlore Ferromagnets Ho2Sn2O7 and Ho2Ti2O7 査読有り

    K.Matsuhira,Y.Hinatsu,K.Tenya,T.Sakakibara

    J. Phys.: Condens. Matter   vol.12   L649 - 656   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Magnetic properties of the filled skutterudite-type structure compounds GdRu4P12 and TbRu4P12 synthesized under high pressure 査読有り

    C. Sekine,T. Uchiumi,I. Shirotani,K. Matsuhira,T. Sakakibara,T. Goto,T. Yagi

    Phys. Rev. B   vol.62   11581 - 11584   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Specific heat of CeRu2Si2 studied by constant volume dilution 査読有り

    K. Matsuhira,T. Sakakibara,K. Tenya,H. Amitsuka

    Physica B (The International Conference on Strongly Electron Systems, SCES98)   259-261   73 - 74   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    France   Paris   1999年04月  -  1999年04月

    主要論文集(会議)

  • Low Temperature Magnetization and Magnetostriction of CeRu2Si2 査読有り

    T. Sakakibara,T. Tayama,K. Matsuhira,A. Nomachi,S. Honma,K. Tenya,H. Amitsuka,K. Maezawa and Y. _Onuki

    Physics of Strongly Correlated Electron Systems JJAP Series 11   11   6 - 8   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Volume Effect in Thermol Properties of CeRu2Si2 near the Metamagnetic Crossover 査読有り

    K. Matsuhira,T. Sakakibara,K. Maezawa and Y. Onuki

    Journal of the Physical Society of Japan   68 ( 7 )   2420 - 2425   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Simultaneous Measurement of Magnetization and Magnelostriction in CeRu2Si2 at Very Low Temporatures : A Test of the One-Parometer Scoling Property 査読有り

    K. Matsuhira,T. Sakakibara,A. Nomachi,T. Tayama,K. Tenya,H. Amitsuka,K. Maezawa and Y. Onuki

    Journal of the Physical Society of Japan   68 ( 10 )   3402 - 3406   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Low Temperature Properties of the Magnetic Semiconductor TmTe 査読有り

    T. Matsumura,S. Nakamura,T. Goto,H. Amitsuka,K. Matsuhira,T. Sakakibara,T. Suzuki

    Journal of the Physical Society of Japan   67 ( 2 )   612 - 621   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Unusual Low Temperature Behavior in Diluted Kondo Lattice Compound Ce1-x(La0.63Y0.37)xRu2Si2. (x≧0.50) 査読有り

    K. Matsuhira,T. Sakakibara,H. Amitsuka,G. Kido

    Journal of the Physical Society of Japan   66 ( 12 )   4009 - 4016   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Single-Site and Inter-Site Effects in Heavy Fermion Compound CeRu2Si2 Studied by Constant Volume Dilution 査読有り

    K. Matsuhira,T. Sakakibara,H. Amitsuka,K. Tenya,K. Kamishima,T. Goto,G.Kido

    Journal of the Physical Society of Japan   66 ( 9 )   2581 - 2863   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Low temperature magnetization measurements on heavy-electron Ce compounds 査読有り

    T. Sakakibara,T. Tayama,H. Mitamura,K. Matsuhira,H. Amitsuka,S. Kunii

    Physica B   206-207   249 - 251   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Absence of a First Order Metamagnetic Transition in CeRu2Si2 査読有り

    T. Sakakibara,T. Tayama,K. Matsuhira,H. Mitamura,H. Amitsuka,K. Maezawa,Y. Onuki

    Physical Review B   51 ( 17 )   12030 - 12033   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Unusual low temperature behavior in randomly diluted CeRu<sub>2</sub>Si<sub>2</sub> 査読有り

    K. Matsuhira,T. Sakakibara,H. Amitsuka

    Physica B   206-207   326 - 328   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Single-site and inter-site effects in diluted heavy fermion compounds 査読有り

    T. Sakakibara,H. Amitsuka,D. Sugimoto,H. Mitamura,K. Matsuhira

    Physica B   186-188   317 - 322   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

▼全件表示

著書

  • Dynamics

    Matsuhira K.(単著)

    2021年01月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    The dynamics of typical spin ice compound Dy 2 Ti 2 O 7 investigated by mainly AC susceptibility and DC magnetization are represented. In addition, considering the results of μ SR and neutron scattering measurements, the common features in spin dynamics are discussed in comparison with the other spin in ice compounds. The spin dynamics of spin ice show a quite unique behavior. The temperature dependence of relaxation time τ(T) can be roughly described by three regimes. (I) Above 10 K, the temperature dependence of the relaxation time τ(T) is effectively explained on the basis of the Arrhenius law with an energy barrier EB = 200–300 K. (II) In the temperature range of 2–10 K, τ(T) is almost constant. (III) Below 2 K, τ(T) increases again, and reaches ∼ 1 s at ∼ 0.7 K. Spin ice state is formed. The dynamics above 10 K is due to single ion process and mixing with excited states; EB corresponds to the energy of the excited CEF levels which results in the Ising-like anisotropy. At low temperature below 10 K, the dynamics comes from the creation or annihilation of magnetic monopoles, and their diffusion. In the narrow temperature range ∼ 0.5–1 K, the thermal activated dynamics is observed; the energy barrier of ∼ 9 K is obtained for Dy 2 Ti 2 O 7. The results indicate that a description taking into account the long range Coulomb interaction between the monopoles is needed to explain the dynamics below 1 K. Below 0.5 K, τ(T) show a clear deviation from the thermal activated dynamics toward temperature independent relaxation. Furthermore, recent topics on the very slow spin dynamics at very low temperature are also represented.

    Scopus

  • Anomalous Transport Properties of Pyrochlore Iridates

    Matsuhira K., Nakatsuji S.(共著)

    Springer  2021年01月  ( ISBN:978-3-030-70858-0

     詳細を見る

    記述言語:英語

    Pyrochlore rare-earth iridates Ln 2 Ir 2 O 7 (Ln: lanthanides) is a unique frustrated Kondo lattice system composed of localized 4f moments and Ir 5d conduction electrons. Recent active research has revealed that the Kondo coupling between the 4f electron and the Ir 5d bands leads to novel transport properties. First, we will make an overview of the phase diagram of pyrochlore rare-earth iridates Ln 2 Ir 2 O 7. Next, we focus on the phenomena associated with spin ice physics. Ln 2 Ir 2 O 7 (Ln = Nd, Sm, Eu, … ) exhibits a metal-insulator transition, while Pr 2 Ir 2 O 7 does not show any sign of long range ordering. Both Pr and Nd moments have a local ⟨ 111 ⟩ Ising anisotropy. In the metallic state, localized 4f moments are coupled through the RKKY interaction. For Pr 2 Ir 2 O 7, a ferromagnetic correlation between Pr moments is developed on cooling. On the other hand, Nd 2 Ir 2 O 7 exhibits a metal-insulator transition at 33 K, and then, all-in all-out magnetic structure of Nd moments emerges below 10 K, as observed in the neutron scattering experiments. For Nd 2 Ir 2 O 7, antiferromagnetic correlation between Nd moments is dominant. Metal insulator transition of Nd 2 Ir 2 O 7 can be suppressed by the application of pressure. The insulating phase disappears above 10 GPa. In the pressure induced metallic state, a new phase transition emerges around 3 K. This phase transition is likely due to ferromagnetic ordering, suggesting an ordered spin ice of Nd moment. In the metallic frustrated magnet Pr 2 Ir 2 O 7, a spontaneous Hall effect is observed at zero field in the absence of uniform magnetization, suggesting an emergence of a chiral spin liquid. The origin of this spontaneous Hall effect is ascribed to chiral spin textures, which are inferred from the magnetic measurements indicating the spin ice-rule formation.

    Scopus

  • 高圧技術を用いたスクッテルダイト化合物の合成と物性 未来を拓く高圧力セミナーシリーズ(29)

    松平和之, 城谷一民, 伊藤英司, 木方邦彦, 滝沢博胤, 関根ちひろ, 清水克哉, 上床美也(共著 ,  範囲: 充填スクッテルダイトが示す多様な物性ーリン化合物を中心にー (pp.1-8))

    日本高圧力学会  2004年07月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

口頭発表・ポスター発表等

  • 共鳴 X 線散乱による Ca5Ir3O12 における電気トロイダル秩序の研究

    花手洋樹, 筒井智嗣, 中尾裕則, 長谷川巧, 松平和之

    日本物理学会2022年秋季大会  2022年09月  日本物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月10日 - 2022年09月15日   記述言語:日本語   開催地:東京工業大学大岡山キャンパス、東京  

  • スピン軌道結合系イリジウム酸化物Ca5Ir3O12 における抵抗履歴現象の研究

    林田桃佳, 花手洋樹, 長谷川巧, 河野翔也, 松平和之

    日本物理学会2022年秋季大会  2022年09月  日本物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月10日 - 2022年09月15日   記述言語:日本語   開催地:東京工業大学大岡山キャンパス、東京  

  • 12L六方晶ペロブスカイト型イリジウム酸化物Ba4BiIr3O12の輸送特性におけるドープ効果

    井上正弥, 花手洋樹, 河野翔也, 筒井智嗣, 松平和之

    日本物理学会2022年秋季大会  2022年09月  日本物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月10日 - 2022年09月15日   記述言語:日本語   開催地:東京工業大学大岡山キャンパス、東京  

  • イリジウム酸化物 (Sr,La)2IrO4 の輸送特性における巨大ひずみ加工効果

    水野敬仁, 小川颯也, 河野翔也, E. Kaveh, 堀田善治, 松平和之

    日本物理学会2022年秋季大会  2022年09月  日本物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月10日 - 2022年09月15日   記述言語:日本語   開催地:東京工業大学大岡山キャンパス、東京  

  • Resistive relaxation effect in nonordered state of non-liner conductive spin-orbit cou- pled iridate Ca5Ir3O12

    Momoka Hayashida, Hiroki Hanate, Shoya Kawano, Takumi Hasegawa, and Kazuyuki Mat- suhira,

    29th International Conference on LOW TEMPERATURE PHYSICS (LT29)  2022年08月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年08月18日 - 2022年08月24日   記述言語:英語   開催地:札幌  

  • Doping effect of transport prop- erties on 12L hexagonal perovskite Ba4BiIr3O12

    Masaya Inoue, Hiroki Hanate, Shoya Kawano, Satoshi Tsut- sui,and Kazuyuki Matsuhira

    29th International Conference on LOW TEMPERATURE PHYSICS (LT29)  2022年08月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年08月18日 - 2022年08月24日   記述言語:英語   開催地:札幌  

  • Optical Conductivity of Geometri- cally Frustrated Iridate Ca5Ir3O12

    Hiroki Hanate, Momoka Hayashida, Shoya Kawano, Kazuma Nakamura, Takumi Hasegawa, Yuka Ikemoto, Satoshi Tsutsui, and Kazuyuki Matsuhira,

    29th International Conference on LOW TEMPERATURE PHYSICS (LT29)  2022年08月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年08月18日 - 2022年08月24日   記述言語:英語   開催地:札幌  

  • スピン軌道結合系イリジウム酸化物Ca5Ir3O12の逐次新奇相転移と 電流誘起物性

    松平和之、花手洋樹、林田桃佳、筒井智嗣、矢島健、長谷川巧、河野翔也

    第1回 アシンメトリ量子研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年08月09日 - 2022年08月10日   記述言語:日本語   開催地:大阪大学豊中キャンパス 基礎工学部国際棟シグマホール  

  • X線回折によるCa5Ir3O12の105 Kでの相転移の研究

    花手洋樹, 筒井智嗣, 中尾裕則, 長谷川巧, 松平和之

    第1回 アシンメトリ量子研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年08月09日 - 2022年08月10日   記述言語:英語   開催地:大阪大学豊中キャンパス 基礎工学部国際棟シグマホール  

  • スピン軌道結合系イリジウム酸化物Ca5Ir3O12の抵抗率における電流誘起履歴現象

    林田桃佳, 花手洋樹, 長谷川巧, 河野翔也, 松平和之

    第1回 アシンメトリ量子研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年08月09日 - 2022年08月10日   記述言語:英語   開催地:大阪大学豊中キャンパス 基礎工学部国際棟シグマホール  

  • Anisotropic magnetic phase diagram of geometrically frustrated iridate Ca5Ir3O12

    K. Matsuhira, H. Hanate, D. Hirai, Z. HIroi

    International Conference on Strongly Correlated Electron Systems 2022 (SCES2022)  2022年07月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年07月24日 - 2022年07月29日   記述言語:英語   開催地:Amsterdam, The Netherlands  

  • Current induced hysteresis phenomena in resistivity of spin-orbit coupled iridate Ca5Ir3O12

    M. Hayashida, H. Hanate, S. Kawano, T. Hasegawa, K. Matsuhira

    International Conference on Strongly Correlated Electron Systems 2022 (SCES2022)  2022年07月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年07月24日 - 2022年07月29日   記述言語:英語   開催地:Amsterdam, The Netherlands  

  • Anisotropic Magnetic Phase Diagram of Geometrically Frustrated Iridium Oxide Ca5Ir3O12

    H. Hanate, D. Hirai, Z. Hiroi, K. Matsuhira

    International Conference on Highly Frustrated Magnetism 2022 (HFM2022)  2022年06月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年06月20日 - 2022年06月25日   記述言語:英語   開催地:Paris(France) or Online  

  • 幾何学的フラストレート系イリジウム酸化物Ca5Ir3O12の異方的な磁気相図

    花手洋樹, 松平和之, 平井大悟郎, 廣井善二

    日本物理学会第77回年次大会(2022年)  2022年03月  日本物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月15日 - 2022年03月19日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 非線形伝導を示すCa5Ir3O12におけるラマンスペクトルの電流変化

    長谷川巧, 花手洋樹, 林田桃佳, 河野翔也, 松平和之

    日本物理学会第77回年次大会(2022年)  2022年03月  日本物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月15日 - 2022年03月19日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • スピン軌道結合系イリジウム酸化物Ca5Ir3O12における電流誘起物性の研究

    松平和之, 林田桃佳, 花手洋樹, 河野翔也, 長谷川巧

    日本物理学会第77回年次大会(2022年)  2022年03月  日本物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月15日 - 2022年03月19日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 非線形伝導を示すスピン軌道結合系Ir酸化物Ca5Ir3O12における電流電圧特性の研究

    林田桃佳, 花手洋樹, 河野翔也, 松平和之

    日本物理学会第77回年次大会(2022年)  2022年03月  日本物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月15日 - 2022年03月19日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • Investigation of Iridium Oxide Ca5Ir3O12 using Synchrotron Infrared Spectroscopy

    Momoka Hayashida, Hiroki Hanate, Shoya Kawano, Kazuma Nakamura, Takumi Hasegawa, Yuka Ikemoto, Satoshi Tsutsui, and Kazuyuki Matsuhira

    Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2021)  2021年12月 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月05日 - 2021年12月08日   記述言語:英語   開催地:online  

  • 放射光赤外分光によるスピン軌道結合系イリジウム酸化物 Ca5Ir3O12 の研究

    林田桃佳, 花手洋樹, 河野翔也, 中村和磨, 長谷川巧, 池本夕佳, 筒井智嗣, 松平和之

    第127回日本物理学会九州支部例会  日本物理学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月04日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • キャリアドープされたモット絶縁体イリジウム酸化物 (Sr,La)2IrO4 の輸送特性における 巨大歪み効果

    水野敬仁, 小川颯也, 河野翔也, E. Kaveh, 堀田善治 , 松平和之

    第127回日本物理学会九州支部例会  日本物理学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月04日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • Inelastic X-ray Scattering Study of the Hidden Order at 105 K in Ca5Ir3O12

    Hiroki Hanate, Shoya Kawano, Takumi Hasegawa, Satoshi Tsutsui, Satoru Hayami, and Kazuyuki Matsuhira

    International Conference on Strongly Correlated Electron Systems 2021  2021年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月27日 - 2021年10月02日   記述言語:英語   開催地:online, Brdazil  

  • 放射光赤外分光によるスピン軌道結合系イリジウム酸化物Ca5Ir3O12の研究

    花手 洋樹,林田 桃佳,河野 翔也,中村 和磨,長谷川 巧,池本 夕佳,筒井 智嗣,松平 和之

    日本物理学会2021年秋季大会  2021年09月  日本物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月20日 - 2021年09月23日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 幾何学的フラストレート系イリジウム酸化物Ca5Ir3O12における105Kの隠れた相転移と電流誘起物性

    松平和之, 花手洋樹, 中村和磨, 河野翔也, 林田桃佳, 長谷川巧, 筒井智嗣, 速水賢

    日本物理学会第76回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月12日 - 2021年03月15日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • Ca5Ir3O12の193Ir放射光メスバウアー分光

    筒井智嗣, 花手洋樹, 依田芳卓, 松平和之

    日本物理学会第76回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月12日 - 2021年03月15日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • イリジウム酸化物Ca5Ir3O12の105 K相転移における秩序変数

    長谷川巧,花手洋樹, 河野翔也, 松平和之, 筒井智嗣, 速水賢

    日本物理学会第76回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月12日 - 2021年03月15日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 非弾性X線散乱によるCa5Ir3O12の105 Kにおける隠れた秩序の研究

    花手洋樹, 河野翔也, 松平和之, 長谷川巧, 筒井智嗣, 速水賢

    日本物理学会第76回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月12日 - 2021年03月15日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 幾何学的フラストレート系イリジウム酸化物Ca5Ir3O12の第一原理低ネルギー有効模型導出

    中村和磨, Maxime Charlebois, Jean-Baptiste Moree, 野村悠祐, 只野央将, 吉本芳英, 山地洋平, 長谷川巧, 松平和之, 今田正俊

    日本物理学会第76回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月12日 - 2021年03月15日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 機械学習を用いた無機高熱伝導絶縁材料の探索

    後藤後藤, 河野翔也, 小迫雅裕, 松平和之

    令和3年電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月09日 - 2021年03月11日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • Anisotropic Magnetic Properties of Geometrically Frustrated Iridate Ca5Ir3O12

    H. Hanate, K. Nakamura, K. Matsuhira

    Conference on Highly Frustrated Magnetism (wHFM21) 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年01月21日 - 2021年01月27日   記述言語:英語   開催地:Max Planck Institute for the Physics of Complex Systems, Dresden  

  • Current-dependece of Transport Properties in Iridium Oxide Ca5Ir3O12

    H. Hanate, J. Kawano, K. Matsuhira

    Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2020) 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年12月18日   記述言語:英語  

  • Anisotropic Magnetic Phase Diagram of Geometrically Frustrated Iridate Ca5Ir3O12

    H. Hanate, K. Nakamura, K. Matsuhira

    Joint European Magnetic Symposia 2020, 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年12月07日 - 2020年12月11日   記述言語:英語  

  • モット絶縁体イリジウム酸化物Sr2IrO4の輸送特性における巨大ひずみ加工効果

    小川颯也, 堀田善治, Edalati Kaveh, 松平和之

    第126回日本物理学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年12月05日   記述言語:日本語  

  • イリジウム酸化物 Ca5Ir3O12の電流によって誘起される熱電能

    花手洋樹, 河野順太, 松平和之

    日本物理学会2020年秋季大会  日本物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月08日 - 2020年09月11日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • Novel Phenomena in Geometrically Frustrated Iridates

    Kazuyuki Matsuhira, Hiroki Hanate, Hironobu Nomura, Naohiro Kishigami, Nakamura Kazuma, Takumi Hasegawa, Satoshi, Tsutsui, Isao Watanabe

    新学術領域J-Physicsの令和元年度領域全体会議  新学術領域J-Physics

     詳細を見る

    開催期間: 2020年01月07日   記述言語:日本語   開催地:神戸大学  

  • Current-induced Novel Transport Properties in the Geometrically Frustrated Iridate Ca5Ir3O12

    Hiroki Hanate, Junta Kawano, Kazuma Nakamura, Kazuyuki Matsuhira

    新学術領域J-Physicsの令和元年度領域全体会議  新学術領域J-Physics

     詳細を見る

    開催期間: 2020年01月07日   記述言語:日本語   開催地:神戸大学  

  • Study of Phonon Dispersion in the Geometrically Frustrated Iridate Ca5Ir3O12 with Strong Spin-orbit Interaction

    Naohiro Kishigami, Hiroki Hanate, Takumi Hasegawa, Satoshi Tsutsui, Kazuma Nakamura, Yoshihide Yoshimoto, Sho Haneta, Kazuyuki Matsuhira

    新学術領域J-Physicsの令和元年度領域全体会議  新学術領域J-Physics

     詳細を見る

    開催期間: 2020年01月07日   記述言語:日本語   開催地:神戸大学  

  • Non-Fermi Liquid Behavior in Transport Properties of Hole-doped Pyrochlore Iridates

    Hironori Nomura, Tomoya Taniguchi, Naoya Kishigami, Eriya Nishikawa and Kazuyuki Matsuhira

    International Conference on Strongly Correlated Electron Systems 2019 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月23日 - 2019年09月28日   記述言語:英語   開催地:岡山市  

  • Hole Doping Dependence on Magnetic Ordering of (Eu1-xCax)2Ir2O7 Studied by μSR

    Utami Widyaiswari, Julia Angel, Hironori Nomura, Tomoya Taniguchi, Kazuyuki Matsuhira, Akihiro Koda, Budhy Kurniawan and Isao Watanabe

    International Conference on Strongly Correlated Electron Systems 2019 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月23日 - 2019年09月28日   記述言語:英語   開催地:岡山市  

  • Raman scattering investigation of phonon anomalies on geometrically frustrated Ca5Ir3O12

    Takumi Hasegawa, Wataru Yoshida, Kazuma Nakamura, Norio Ogita, Kazuyuki Matsuhira

    International Conference on Strongly Correlated Electron Systems 2019 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月23日 - 2019年09月28日   記述言語:英語   開催地:岡山市  

  • Phonon Dispersion of Geometrically Frustrated Iridate Ca5Ir3O12 Investigated by Inelastic X-ray Scattering

    Hiroki Hanate, Takumi Hasegawa, Kazuma Nakamura, Sho Haneta, Satoshi Tsutsui and Kazuyuki Matsuhira

    International Conference on Strongly Correlated Electron Systems 2019 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月23日 - 2019年09月28日   記述言語:英語   開催地:岡山市  

  • Low temperature structure of geometrically frustrated iridates Ca5Ir3O12 studied by Raman scattering method

    T. Hasegawa, W. Yoshida, K. Nakamura, N. Ogita, K. Matsuhira

    International Conference J-Physics 2019 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月20日   記述言語:英語  

  • Inelastic X-ray Scattering Study of Phonon Dispersion in the Geometrically Frustrated Iridate Ca5Ir3O12

    H. Hanate, T. Hasegawa, K. Nakamura, N. Kishigami, S. Haneta, S. Tsutsui K. Matsuhira

    International Conference J-Physics 2019 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月20日   記述言語:英語  

  • Changes in a Long-range Ordered State in the Hole-doping to (Y0.95-xCu0.05Cax)2Ir2O7 Revealed by μSR

    J. Angel, H. Nomura, T. Taniguchi, K. Matsuhira, I. Watanabe

    日本物理学会2019年秋季大会  日本物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月13日   記述言語:英語  

  • Magnetic Ordering and Spin Dynamic of (Eu1-xCax)2Ir2O7 studied by μSR

    U. Widyaiswari, J. Angel, H. Nomura, T. Taniguchi, K. Matsuhira, Akihiko Koda, B. Kurniawan, I. Watanabe

    日本物理学会2019年秋季大会  日本物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月13日   記述言語:英語  

  • X線非弾性散乱による幾何学的フラストレート系イリジウム酸化物Ca5Ir3O12のフォノン分散の研究

    花手洋樹,中村和磨,松平和之,岸上尚弘,羽根田翔,長谷川巧,筒井智嗣

    日本物理学会2019年秋季大会  日本物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月11日   記述言語:日本語  

  • Harmonic voltage response to AC current in the nonlinear conductivity of iridium oxide Ca5Ir3O12

    H. Hanate, K. Nakamura, K. Matsuhira

    10th Joint European Magnetic Symposia Conference 2019 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年08月28日   記述言語:英語  

  • Observation of phonon anomaly in the hidden order at 105 K of iridium oxide Ca5Ir3O12

    K. Matsuhira, H. Hanate, S. Haneta, K. Nakamura, T. Hasegawa, W. Yoshida, N. Ogita, S. Tsutsui

    10th Joint European Magnetic Symposia Conference 2019 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年08月28日   記述言語:英語  

  • 幾何学的フラストレート系イリジウム酸化物における新奇な物性

    松平和之,花手洋樹,野村拡功,岸上尚弘,西川絵里矢,中村和磨,矢島健,長谷川巧,筒井智嗣

    新学術領域 J-Physics:多極子伝導系の物理 J-Physics 地域研究会 ー 北九州  九州工業大学戦略的研究ユニット化促進プロジェクト 「高温超伝導体のさらなる転移温度向上を 目指した物質設計」 代表: 美藤 正樹

     詳細を見る

    開催期間: 2019年06月07日 - 2019年06月08日   記述言語:日本語  

  • 幾何学的フラストレート系イリジウム酸化物 Ca5Ir3O12の非線形伝導による高調波応答とフォノン分散の研究"

    花手洋樹,松平和之,中村和磨,羽根田翔,長谷川巧,筒井智嗣

    新学術領域 J-Physics:多極子伝導系の物理 J-Physics 地域研究会 ー 北九州  九州工業大学戦略的研究ユニット化促進プロジェクト 「高温超伝導体のさらなる転移温度向上を 目指した物質設計」 代表: 美藤 正樹

     詳細を見る

    開催期間: 2019年06月07日 - 2019年06月08日   記述言語:日本語  

  • Study on Harmonic Response and Phonon Dispersion with Inelastic X-Ray Scattering in the Geometrically Frustrated Iridate Ca5Ir3O12

    H. Hanate1, K. Matsuhira, K. Nakamura, S. Haneta, T. Hasegawa, and S. Tsutsui

    International Conference on Frontiers of Correlated Electron Sciences 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年05月30日   記述言語:英語   開催地:東京大学本郷キャンパス  

  • Raman scattering investigation on geometrically frustrated iridate Ca5Ir3O12

    Takumi Hasegawa1, Wataru Yoshida2, Kazuma Nakamura2, Norio Ogita1, and Kazuyuki Matsuhira2

    International Conference on Frontiers of Correlated Electron Sciences 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年05月30日   記述言語:英語   開催地:東京大学 本郷キャンパス  

  • 幾何学的フラストレート系イリジウム酸化物Ca5Ir3O12の非線形伝導による高調波応答の研究

    花手洋樹、中村和磨、松平和之

    日本物理学会第74回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月16日   記述言語:英語   開催地:九州大学伊都キャンパス  

  • μSR Study on Magnetic Orderings in (Eu,Ca)2Ir2O7

    U. Widyaiswari, J. Angel, H. Nomura, T. Taniguchi, K. Matsuhira, B. Kurniawan, I. Watanabe

    日本物理学会第74回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月15日   記述言語:英語   開催地:九州大学伊都キャンパス  

  • Magnetic Properties of Hole-doped Pyrochlore Iridate Y2-x-yCuyCaxIr2O7

    J. Angel, H. Nomura, T. Taniguchi, K. Matsuhira,M. Wakeshima, Y. Hinatsu, I. Watanabe

    The 1st NCKU-RIKEN Joint Workshop International Workshop on Topological Quantum Materials 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年01月12日   記述言語:英語   開催地:国立成功大学,台南,台湾  

  • μSR Study on Magnetic Orderings in (Eu,Ca)2Ir2O7

    U. Widyaiswari, J. Angel, H. Nomura, T. Taniguchi, K. Matsuhira, B. Kurniawan, I. Watanabe

    The 1st NCKU-RIKEN Joint Workshop International Workshop on Topological Quantum Materials 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年01月12日   記述言語:英語   開催地:国立成功大学,台南,台湾  

  • Non-Fermi liquid behavior in doped pyrochlore iridate Y2Ir2O7

    H. Nomura, T. Taniguchi, J. Angel, R. Asih, I. Watanabe, K. Matsuhira

    第28回日本MRS年次大会  日本MRS学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月18日   記述言語:日本語   開催地:北九州市  

  • 幾何学的フラストレート系イリジウム酸化物 Ca5Ir3O12の非線形伝導と105K相転移

    松平 和之,花手 洋樹,中村和磨,矢島 健,長谷川 巧

    日本物理学会2018年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月09日   記述言語:日本語   開催地:同志社大学 京田辺キャンパス,京田辺市,京都府  

  • Non-Fermi liquid behavior realized in doped pyrochlore Y2Ir2O7

    T. Taniguchi, K. Matsuhira, H. Nomura, I. Watanabe, R. Asia, J. Angel

    9th Joint European Magnetic Symposia Conference 2018 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月04日   記述言語:英語   開催地:Mainz, Germany  

  • Carrier doping effect of magnetic and transport properties on the geometrically frustrated iridate Ca5Ir3O1

    S. Haneta, Y. Yasukuni, C. Oka, M. Wakeshima, Y. Hinatsu, K. Matsuhira

    9th Joint European Magnetic Symposia Conference 2018 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月04日   記述言語:英語   開催地:Mainz, Germany  

  • Nonlinear conductivity of frustrated iridate Ca5Ir3O12

    K. Matsuhira, T. Taniguchi, H. Nomura, R. Shibahara, J. Angel, R. Asia, I. Watanabe

    International Conference on Highly Frustrated Magnetism 2018 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年07月10日   記述言語:英語   開催地:Davis, California, USA  

  • Strongly correlated metallic state in doped pyrochlore iridates Y2Ir2O7

    K. Matsuhira, T. Taniguchi, H. Nomura, R. Shibahara, J. Angel, R. Asia, I. Watanabe

    International Conference on Highly Frustrated Magnetism 2018 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年07月10日   記述言語:英語   開催地:Davis, California, USA  

  • 幾何学的フラストレート系イリジウム酸化物 における新奇物性の研究 招待有り

    松平和之,中村和磨,求幸年,長谷川巧,筒井智嗣,水牧仁一朗,矢島健,渡邊功雄

    新学術領域研究J-Physics H30年度全体会議  新学術領域研究J-Physics

     詳細を見る

    開催期間: 2018年05月26日   記述言語:日本語   開催地:東北大学  

  • 幾何学的フラストレート系イリジウム酸化物Ca5Ir3O12の非線形伝導

    松平和之,吉田航,安國友貴,中村和磨,吉本芳英,平井大悟郎,廣井善二

    日本物理学会第73回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月22日 - 2018年03月25日   記述言語:日本語   開催地:東京理科大学野田キャンパス,野田市  

  • 幾何学的フラストレート系イリジウム酸化物Ca<sub>5</sub>Ir<sub>3</sub>O<sub>12</sub>の非線形伝導

    松平 和之, 吉田 航, 安國 友貴, 中村 和磨, 吉本 芳英, 平井 大悟郎, 廣井 善二

    日本物理学会講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年01月   記述言語:英語  

    CiNii Article

  • パイロクロア型イリジウム酸化物Y2Ir2O7のホールドープ効果

    谷口智哉,野村拡功,柴原怜央,松平和之

    第123回日本物理学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年12月09日   記述言語:日本語  

  • 幾何学的フラストレート系イリジウム酸化物Ca5Ir3O12の磁性と電気伝導

    松平和之,安國友貴,中村和磨,吉本芳英,平井大悟郎,廣井善二

    日本物理学会2017年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月21日 - 2017年09月24日   記述言語:日本語   開催地:岩手大学,盛岡市  

  • Magnetic ordered states of hole-doped pyrochlore (Nd1-xCax)2Ir2O7 studied by μSR

    R. Asih, J. Angel, S. Maeda, D. P. Sari, F. Astuti, K. Matsuhira, M. Wakeshima, Y. Hinatsu, I. Watanabe, T. Nakano and Y. Nozue

    The 3rd Emallia Conference 2017 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月07日 - 2017年09月08日   記述言語:英語   開催地:Busan, South Korea  

  • Magnetically Ordered States in Hole-Doped Pyrochlore Iridate Y2Ir2O7

    Julia Angel, Retno Asih, K. Matsuhira and Isao Watanabe

    The 3rd Emallia Conference 2017 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月07日 - 2017年09月08日   記述言語:英語   開催地:Busan, South Korea  

  • Magnetic ordered states of hole doped pyrochlore iridates (Nd1-xCax)2Ir2O7 studied by μSR

    R. Asih, S. Maeda, D. P. Sari, J. Angel, F. Astuti, K. Matsuhira, M. Wakeshima, Y. Hinatsu, I. Watanabe, T. Nakano, and Y. Nozue

    International Workshop on Organic Molecular Systems 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年08月01日 - 2017年08月03日   記述言語:英語   開催地:Penang, Malaysia  

  • Magnetically Ordered States in Hole-Doped Pyrochlore Iridate (Y1-x-yCuxCay)2Ir2O7

    J. Angel, R. Asih, R. Shibahara, K. Matsuhira, I. Watanabe, T. Sakakibara

    International Workshop on Organic Molecular Systems 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年08月01日 - 2017年08月03日   記述言語:英語   開催地:Penang, Malaysia  

  • Magnetic ordered states of hole doped pyrochlore iridates (Nd#D1-x#DRCa#Dx#DR)#D2#DRIr#D2#DRO#D7#DR

    R. Asih, J. Angel, S. Maeda, D.P. Sari, F. Astuti, K. Matsuhira, M. Wakeshima, Y. Hinatsu, I. Watanabe, T. Nakano, Y. Nozue

    日本物理学会第72回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月17日 - 2017年03月20日   記述言語:英語   開催地:大阪大学,豊中市  

  • The Magnetically Ordered States in Hole-Doped Pyrochlore Iridate Y#D2#DRIr#D2#DRO#D7#DR

    J. Angel, R. Asih, R. Shibahara, K. Matsuhira, T. Sakakibara, I. Watanabe

    日本物理学会第72回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月17日 - 2017年03月20日   記述言語:英語   開催地:大阪大学,豊中市  

  • μSR study on magnetic ordered states of pyrochlore iridates Nd#D2#DRIr#D2#DRO#D7#DR and Sm#D2#DRIr#D2#DRO#D7#DR

    R. Asih, S.S. Mohd-Tajudin, F. Astuti, S. Maeda, K. Matsuhira, M. Wakeshima, Y. Hinatsu, A. Miyake, M. Tokunaga, I. Watanabe, T. Nakano, Y. Nozue

    The 37th REIMEI Workshop on Frontiers of Correlated Quantum Matters and Spintronics: The DMREF-FCMP Symposium on Mott Transitions and Computational Approaches 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年01月13日 - 2017年01月17日   記述言語:英語   開催地:Conference Hall at Advanced Science research Center JPARC, iVil Hall-Tokai, Takeda Hall in Univ. of Tokyo  

  • 幾何学的フラストレート系イリジウム酸化物Ca<sub>5</sub>Ir<sub>3</sub>O<sub>12</sub>の輸送特性

    松平 和之, 安國 友貴, 岡 知春, 分島 亮, 日夏 幸雄, 中村 和磨, 吉本 芳英, 長谷川 巧, 廣井 善二

    日本物理学会講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年01月   記述言語:日本語  

    <p>イリジウム酸化物Ca_5_Ir_3_O_12_はIrが+4.67と中間価数状態にあり,IrO_6_の1次元的な辺共有からなる1次元鎖が三角格子をなした幾何学的にフラストレートした強相関5d電子系物質である。今回,Caサイトの元素置換によるIrサイトへのキャリアドープ(電子ドープおよびホールドープ)した電気抵抗および熱電能におけるキャリアドープ効果について報告する。また,最近得られた単結晶試料の輸送特性などについても報告する。</p>

    CiNii Article

  • 幾何学的フラストレート系イリジウム酸化物Ca<sub>5</sub>Ir<sub>3</sub>O<sub>12</sub>の磁性と電気伝導

    松平 和之, 安國 友貴, 中村 和磨, 吉本 芳英, 平井 大悟郎, 廣井 善二

    日本物理学会講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年01月   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • investigation of magnetic ordered states in the pyrochlore iridates (Nd#D1-x#DRCa#Dx#DR)#D2#DRIr#D2#DRO#D7#DR

    R. Asia, N. Adam, S.S. Mohd-Tajudin, S. Maeda, K. Matsuhira, M. Wakeshima, Y. Hinatsu, A. Miyake, M. Tokunaga, I. Watanabe, T. Nakano, Y. Nozue

    Emallia Conference 2016 Winter 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月19日 - 2016年12月20日   記述言語:英語   開催地:Hokkaido University, Sapporo  

  • キャリアドープによるパイロクロア型イリジウム酸化物の量子臨界現象の研究

    柴原怜央,山本祥子,前田賢,分島亮,日夏幸雄,三宅厚志,徳永将史,松平和之

    日本物理学会2016年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月13日 - 2016年09月16日   記述言語:日本語  

  • μSR study on the magnetic ordered states of (Nd#D1-x#DRCa#Dx#DR)#D2#DRIr#D2#DRO#D7#DR

    R. Asia, S.S. Mohd-Tajudin, F. Astuti, S. Maeda, K. Matsuhira, M. Wakeshima, Y. Hinatsu, A. Miyake, M. Tokunaga, I. Watanabe, T. Nakano, Y. Nozue

    日本物理学会2016年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月13日 - 2016年09月16日   記述言語:英語  

  • magnetic ordered states in pyrochlore iridates Nd#D2#DRIr#D2#DRO#D7#DR and Sm#D2#DRIr#D2#DRO#D7#DR investigated by μSR

    R. Asia, N. Adam, S.S. Mohd-Tajudin, D.P. Sari, K. Matsuhira, H. Gun, M. Wakeshima, Y. Hinatsu, T. Nakano, Y. Nozue, S. Sulaiman, M.I. Mohamed-Ibrahim, P.B. Kumar, and I. Watanabe

    The 8th International Conference on Highly Frustrated Magnetism (HFM2016)  

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月07日 - 2016年09月11日   記述言語:英語   開催地:NTU Convention Center, taipei, Taiwan  

  • Study on Quantum critical Phenomena in the Doped Pyrochlore Iridates

    R. Shibahara, S. Yamamoto, S. Maeda, M. Wakeshima, Y. Hinatsu, A. Miyake, M. Tokunaga, K. Matsuhira

    The 8th International Conference on Highly Frustrated Magnetism (HFM2016)  

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月07日 - 2016年09月11日   記述言語:英語   開催地:NTU Convention Center, taipei, Taiwan  

  • magnetic ordered states in pyrochlore iridates R#D2#DRIr#D2#DRO#D7#DR (R=Nd and Sm) investigated by μSR

    R. Asia, N. Adam, S.S. Mohd-Tajudin, D.P. Sari, K. Matsuhira, H. Gun, M. Wakeshima, Y. Hinatsu, T. Nakano, Y. Nozue, S. Sulaiman, M.I. Mohamed-Ibrahim, P.B. Kumar, and I. Watanabe

    Rare Earth Conference 2016  

     詳細を見る

    開催期間: 2016年06月05日 - 2016年06月10日   記述言語:英語   開催地:Hokkaido University, Sapporo, Japan  

  • Effect of Ca-substitution on the magnetic ordered state of (Na1-xCax)2Ir2O7 studied by μSR

    R. Asih, S. S. Mohd-Tajudin, S. Maeda, K. Matsuhira, M. Wakeshima, Y. Hinatsu, A. Miyake, M. Tokunaga, I. Watanabe, T. Nakano, and Y. Nozue

    日本物理学会第71回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月19日 - 2016年03月22日   記述言語:英語  

  • Magnetic Properties and Carrier Doping Effect in Pyrochlore Iridates Ln2Ir2O7

    K. Matsuhira, S. Maeda, S. Yamamoto, R. Shibahara, A. Miyake, M. Tokunaga, M. Wakeshima, Y. Hinatsu

    理研シンポジウム:ミュオン科学応用の最先端 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年02月16日 - 2016年02月17日   記述言語:英語  

  • µSR Study on the Pyrochlore Iridates R2Ir2O7 (R= Nd, Sm)

    R. Asih

    Asia-Pacific Workshop (APW)-CEMS Joint Workshop "Highlights of modern condensed matter physics" 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年01月25日 - 2016年01月27日   記述言語:英語  

  • 幾何学的フラストレート系イリジウム酸化物Ca<sub>5</sub>Ir<sub>3</sub>O<sub>12</sub>のキャリアドープ効果

    安國 友貴, 福岡 亮祐, 前田 賢, 分島 亮, 日夏 幸雄, 中村 和磨, 吉本 芳英, 松平 和之

    日本物理学会講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年01月   記述言語:英語  

    <p>イリジウム酸化物$\mathrm{Ca_{5} Ir_{3} O_{12}}$ (六方晶)はIrイオンの価数が+4.67と中間価数状態にあり,$\mathrm{Ir O_{6}}$の辺共有からなる1次元鎖が三角格子をなした幾何学的にフラストレートした強相関5d電子系物質である。今回,CaサイトのBiおよび La 置換によるIrサイトへのキャリアドープ(電子ドープ)を行った。磁化,電気抵抗および熱電能におけるキャリアドープ効果について報告する。</p>

    CiNii Article

  • キャリアドープによるパイロクロア型イリジウム酸化物の量子臨界現象の研究

    柴原 怜央, 山本 祥子, 前田 賢, 分島 亮, 日夏 幸雄, 三宅 厚志, 徳永 将史, 松平 和之

    日本物理学会講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年01月   記述言語:英語  

    <p>金属絶縁体転移を示すパイロクロア型イリジウム酸化物Ln2Ir2O7への化学的キャリアドープを行い金属絶縁体転移の抑制を行った。相転移消失近傍での量子臨界性について報告する。</p>

    CiNii Article

  • 幾何学的フラストレート系イリジウム酸化物Ca5Ir3O12におけるキャリアドープ効果

    安國友貴, 福岡亮祐, 前田賢, 分島亮, 日夏幸雄, 中村和磨, 松平和之

    第121回日本物理学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年12月05日   記述言語:日本語  

  • µSR Study on the Pyrochlore Iridates R2Ir2O7 (R= Nd, Sm)

    I. Watanabe

    東大物性研短期研究会「スピン系物理の深化と最前線」 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月16日 - 2015年11月17日   記述言語:英語   開催地:東京大学物性研究所(柏市)  

  • キャリアドープによるパイロクロア型イリジウム酸化物Nd2Ir2O7の量子臨界性の研究

    前田賢

    日本物理学会2015年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月16日 - 2015年09月19日   記述言語:日本語  

  • パイロクロア型イリジウム酸化物 Y2Ir2O7 における Ca 置換効果

    山本祥子

    日本物理学会2015年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月16日 - 2015年09月19日   記述言語:日本語  

  • Investigations of Magnetically Ordered States in Pyrochlore Iridates, R2Ir2O7 (R= Nd, Sm) Probed by μSR

    Retno Asih

    日本物理学会2015年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月16日 - 2015年09月19日   記述言語:英語  

  • Effect of Ca-doping on Pyrochlore Iridates Nd2Ir2O7

    S. Maeda, G. Goto, T. Sakamoto, M. Wakeshima, Y. Hinatsu, A. Miyake, M. Tokunaga, and K. Matsuhira

    ISSP-MPIPKS Joint Workshop "Dynamics of Strongly Correlated Systems" 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月30日 - 2015年03月31日   記述言語:英語  

  • キャリアドープによるパイロクロア型イリジウム酸化物Eu2Ir2O7の金属状態の研究

    松平和之,後藤岳,前田賢,坂本健,分島亮,日夏幸雄,三宅厚志,徳永将史

    日本物理学会第70回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月20日 - 2015年03月24日   記述言語:日本語  

  • 18aDC-5 Investigation of magnetic ordered state in the pyrochlore iridates R_2Ir_2O_7 (R=Nd, Sm) probed by μSR

    Asih Retno, Adam Noraina, Mohd-Tajudin Saidah Sakinah, Matsuhira Kazuyuki, Wakeshima Makoto, Hinatsu Yukio, Miyake Atsushi, Tokunaga Masashi, Watanabe Isao, Nakano Takehito, Nozue Yasuo

    日本物理学会講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年01月   記述言語:英語  

    CiNii Article

  • パイロクロア型ルテニウム酸化物Eu2Ru2O7におけるキャリアドープ効果

    坂本健,吉津法隆,前田賢,後藤岳,分島亮,日夏幸雄,三宅厚志,徳永将史,松平和之

    第120回日本物理学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月06日   記述言語:英語   開催地:崇城大学  

  • キャリアドープされたパイロクロア型イリジウム酸化物の比熱

    松平和之,後藤岳,前田賢,坂本健,分島亮,日夏幸雄

    第120回日本物理学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月06日   記述言語:日本語   開催地:崇城大学  

  • 金属絶縁体転移を示すパイロクロア型イリジウム酸化物Eu2Ir2O7におけるキャリアドープ効果

    後藤岳,前田賢,坂本健,分島亮,日夏幸雄,三宅厚志,徳永将史,松平和之

    第120回日本物理学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月06日   記述言語:英語   開催地:崇城大学  

  • キャリアドープされたパイロクロア型イリジウム酸化物Nd2Ir2O7の電子物性

    前田賢,後藤岳,坂本健,分島亮,日夏幸雄,三宅厚志,徳永将史,松平和之

    第120回日本物理学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月06日   記述言語:英語   開催地:崇城大学  

  • パイロクロア型ルテニウム酸化物におけるキャリアドーピング効果

    坂本健,前田賢,後藤岳,分島亮,日夏幸雄,三宅厚志,徳永将史,松平和之

    日本物理学会2014年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月07日 - 2014年09月10日   記述言語:日本語   開催地:中部大学  

  • パイロクロア型イリジウム酸化物におけるキャリアドープ効果

    前田賢,松崎崇,後藤岳,坂本健,分島亮,日夏幸雄,三宅厚志,徳永将史,松平和之

    日本物理学会2014年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月07日 - 2014年09月10日   記述言語:日本語   開催地:中部大学  

  • キャリアドープされたパイロクロア酸化物の電子物性

    松平和之,前田賢,坂本健,後藤岳,分島亮,日夏幸雄,三宅厚志,徳永将史

    日本物理学会2014年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月07日 - 2014年09月10日   記述言語:日本語   開催地:中部大学  

  • 充填スクッテルダイト化合物 EuFe4As12 の磁場中比熱

    関根ちひろ,伊藤高二郎,赤平慶太,Yu Qi CHEN,川村幸裕,後藤弘匡,松平和之

    日本物理学会2014年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月07日 - 2014年09月10日   記述言語:日本語   開催地:中部大学  

  • Investigation of ferromagnetic filled skutterudite compound EuFe4As12

    Chihiro Sekine, Koujiro Ito, Keita Akahira, Yu Qi Chen, Yukihiro Kawamura, Hirotada Goto, Kazuyuki Matsuhira

    International Conference on Strongly Correlated Electron Systems 2014 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年07月07日 - 2014年07月11日   記述言語:英語   開催地:Grenoble  

  • Far From Equilibrium Monopole Dynamics in Spin ice

    E. Lhotel, C. Paulsen, M. Jackson, B. Canals, D. Prabhakaran, K. Matsuhira, S. R. Giblin, S. T. Bramwell

    The 7th International Conference on Highly Frustrated Magnetism 2014 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年07月07日 - 2014年07月11日   記述言語:英語  

  • Creation and manipulation of large densities of monopoles in spin ice

    Carley Paulsen, Elsa Lhotel, Sean Giblin, Steve Bramwell, Kayuzuki Matsuhira

    International Conference on Strongly Correlated Electron Systems 2014 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年07月07日 - 2014年07月11日   記述言語:英語   開催地:Grenoble  

  • パイロクロア型ルテニウム酸化物におけるキャリアドープ効果

    坂本健 , 田中陽介 , 松平和之

    第119回日本物理学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月30日   記述言語:日本語   開催地:久留米工業大学  

  • パイロクロア型イリジウム酸化物における巨大磁気抵抗効果

    松平和之, 徳永将史, 後藤岳, 水鳥雄斗, 分島亮, 日夏幸雄

    第119回日本物理学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月30日   記述言語:日本語   開催地:久留米工業大学  

  • Dy2Ti2O7のカゴメアイス状態における磁気モノポールの二次元ダイナミクス

    後藤和基,高津浩,大塚博巳,東中隆二,門脇広明,J.W.Lynn,佐藤卓,松平和之,広井善二,松林和幸,上床美也

    日本物理学会2013年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月25日 - 2013年09月28日   記述言語:英語   開催地:徳島大学  

  • Pr-Substitution Effect in the Metal-Insulator Transition of Pyrochlore Oxide

    K. Matsuhira, K. Kuroda, T. Sakakibara, M. Wakeshima, Y. Hinatsu

    The International Conference on Strongly Correlated Electron Systems (SCES'13) 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年08月05日 - 2013年08月09日   記述言語:英語   開催地:東京大学,東京  

  • Transport Properties of Cu-Doped Pyrochlore Oxide Eu2Ir2O7

    G. Goto, K. Matsuhira, Y. Mizutori,Y. Koga, M. Tokunaga, M. Wakeshima, Y. Hinatsu

    The International Conference on Strongly Correlated Electron Systems (SCES'13) 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年08月05日 - 2013年08月09日   記述言語:英語   開催地:東京大学,東京  

  • Effect of Cu-Doping in the Metal-Insulator Transition of Pyrochlore Oxide Nd2Ir2O7

    Y. Mizutori, K. Matsuhira, G. Goto, M. Tokunaga, M. Wakeshima, Y. Hinatsu

    The International Conference on Strongly Correlated Electron Systems (SCES'13) 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年08月05日 - 2013年08月09日   記述言語:英語   開催地:東京大学,東京  

  • キャリアドープされたパイロクロア型Ir酸化物の電子物性

    後藤岳,古賀祐司,水鳥雄斗,分島亮,日夏幸雄,徳永将史,松平和之

    日本物理学会第68回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月26日 - 2013年03月29日   記述言語:日本語  

  • 金属絶縁体転移を示すNd2Ir2O7におけるキャリアドープ効果

    水鳥雄斗,後藤岳,分島亮,日夏幸雄,徳永将史,松平和之

    日本物理学会第68回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月26日 - 2013年03月29日   記述言語:日本語  

  • パイロクロア型Ir酸化物におけるキャリアドープ効果

    松平和之,水鳥雄斗,後藤岳,分島亮,日夏幸雄,徳永将史

    日本物理学会第68回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月26日 - 2013年03月29日   記述言語:日本語  

  • 金属絶縁体転移を示すNd2Ir2O7のPr置換効果

    松平和之

    日本物理学会2012年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月18日 - 2012年09月21日   記述言語:日本語   開催地:横浜国立大学  

  • Nd2Ir2O7の金属絶縁体転移における強磁場効果

    松平和之

    日本物理学会第67回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月24日 - 2012年03月27日   記述言語:日本語   開催地:関西学院大学  

  • フラストレートしたパイロクロア磁性体Tb2Ti2O7のスピン液体状態の研究

    谷口智洋

    日本物理学会第67回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月24日 - 2012年03月27日   記述言語:日本語   開催地:関西学院大学  

  • スピンアイスDy2Ti2O7における極低温でのスピンダイナミクス

    松平和之

    特定領域研究「フラストレーションが創る新しい物性」最終成果報告会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年01月06日 - 2012年01月08日   記述言語:日本語   開催地:大阪大学吹田キャンパス  

  • Pr系パイロクロア磁性体における低温磁気状態の研究

    木村健太

    特定領域研究「フラストレーションが創る新しい物性」最終成果報告会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年01月06日 - 2012年01月08日   記述言語:日本語   開催地:大阪大学吹田キャンパス  

  • Tb2Ti2O7のスピン液体状態における量子スピン揺らぎ

    門脇広明

    特定領域研究「フラストレーションが創る新しい物性」最終成果報告会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年01月06日 - 2012年01月08日   記述言語:日本語   開催地:大阪大学吹田キャンパス  

  • パイロクロア酸化物Ln2Ir2O7における金属絶縁体転移

    松平和之

    特定領域研究「フラストレーションが創る新しい物性」最終成果報告会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年01月06日 - 2012年01月08日   記述言語:日本語   開催地:大阪大学吹田キャンパス  

  • 充填スクッテルダイト化合物SmOs4P12の圧力効果

    川村幸裕

    日本物理学会2011年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月21日 - 2011年09月24日   記述言語:日本語   開催地:富山大学  

  • パイロクロア磁性体Pr2Zr2O7の低温磁気状態の研究

    木村健太

    日本物理学会2011年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月21日 - 2011年09月24日   記述言語:日本語   開催地:富山大学  

  • 金属絶縁体転移を示すパイロクロア型イリジウム酸化物Ln2Ir2O7の低温物性

    松平和之

    日本物理学会2011年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月21日 - 2011年09月24日   記述言語:日本語   開催地:富山大学  

  • Metal-insulator Transition and Kondo Effect in Sm-based Filled Skutterudites SmT#D4#DRP#D12#DR

    K. Matsuhira

    Workshop on Skutterudites ― From Blue Pigment to Green Energy ― 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月05日 - 2011年09月08日   記述言語:英語   開催地:Skuterud, Norway  

  • 極低温でのスピンアイスDy2Ti2O7のスピンダイナミクス

    松平和之

    特定領域研究「フラストレーションが創る新しい物性」第7回トピカルミーティング 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年07月01日 - 2011年07月02日   記述言語:日本語   開催地:彦根ビューホテル  

  • 充填スクッテルダイトLnOs4P12におけるc-f混成効果の研究

    松平和之

    新学術領域研究「重い電子の秩序化」第3回研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年06月23日 - 2011年06月25日   記述言語:日本語   開催地:東京大学物性研究所  

  • 4f電子系パイロクロア磁性体におけるイジング性とハイゼンベルグ性によるスピンダイナミクスの相違

    海渕朋未

    日本物理学会第66回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月25日 - 2011年03月28日   記述言語:日本語   開催地:新潟大学  

    学会開催は中止されたが、講演は有効.

  • 熱的物性測定による充填スクッテルダイトLnOs4P12の研究

    松平和之

    日本物理学会第66回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月25日 - 2011年03月28日   記述言語:日本語   開催地:新潟大学  

    学会開催は中止されたが、講演は有効.

  • Dy2Ti2O7のカゴメアイス状態におけるカステレイン転移

    土居直弘

    日本物理学会第66回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月25日 - 2011年03月28日   記述言語:日本語   開催地:新潟大学  

    学会開催は中止されたが、講演は有効.

  • Slow dynamics of Dy pyrochlore oxides Dy2Sn2O7 and Dy2Ir2O7

    本人

    International Conference on Frustration in Condensed Matter 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年01月11日 - 2011年01月14日   記述言語:英語   開催地:日本 仙台  

  • Crystalline electric field study in pyrochlore-type iridate Nd#D2#DRIr#D2#DRO#D7#DR with metal-insulator transition

    M. Watahiki

    International Conference on Frustration in Condensed Matter 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年01月11日 - 2011年01月14日   記述言語:英語   開催地:日本 仙台  

  • Nd2Ir2O7 における金属絶縁体転移の粉末中性子散乱による研究

    綿引正倫(東北大学院理)

    日本中性子科学会第10回年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年12月   記述言語:日本語  

  • パイロクロア酸化物Ln2Ir2O7における金属絶縁体転移

    本人

    特定領域研究「フラストレーションが創る新しい物性」第6回トピカルミーティング 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年10月15日 - 2010年10月16日   記述言語:日本語   開催地: 広島県廿日市市  

  • アニオンが秩序化した非充填スクッテルダイトの結晶構造と電子物性

    分島亮(北海道大学院理)

    日本物理学会2010年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月23日 - 2010年09月26日   記述言語:日本語   開催地: 堺  

  • 4f電子系パイロクロア磁性体Dy2Sn2O7とGd2Sn2O7におけるスピンダイナミクス

    海渕朋未(京都大学院人環)

    日本物理学会2010年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月23日 - 2010年09月26日   記述言語:日本語   開催地: 堺  

  • スピンアイスDy2Ti2O7の極低温域でのスローダイナミクス

    本人

    日本物理学会2010年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月23日 - 2010年09月26日   記述言語:日本語   開催地: 堺  

  • As系充填スクッテルダイト化合物の新物質探索 V

    関根ちひろ(室蘭工大院工)

    日本物理学会2010年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月23日 - 2010年09月26日   記述言語:日本語   開催地: 堺  

  • パイロクロア酸化物Nd2Ir2O7における金属絶縁体転移の粉末中性子散乱による研究

    富安啓輔(東北大学院理)

    日本物理学会2010年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月23日 - 2010年09月26日   記述言語:日本語   開催地: 堺  

  • Thermal properties of filled skutterudite PrOs4P12

    本人

    International Conference on Heavy Electrons 2010 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月17日 - 2010年09月20日   記述言語:英語   開催地:日本 八王子  

  • Crystal structures and electrical properties of anion-ordered skutterudites

    分島亮(北海道大学院理)

    International Conference on Heavy Electrons 2010 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月17日 - 2010年09月20日   記述言語:英語   開催地:日本 八王子  

  • As系充填スクッテルダイト化合物の新物質探索IV

    関根ちひろ(室蘭工大)

    日本物理学会第65回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月20日   記述言語:日本語   開催地: 岡山  

  • パイロクロア酸化物Dy2Ir2O7の低温磁性

    本人

    日本物理学会第65回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月20日   記述言語:日本語   開催地: 岡山  

  • 充填スクッテルダイトの格子比熱に関する系統的研究

    本人

    日本物理学会第65回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月20日   記述言語:日本語   開催地: 岡山  

  • パイロクロア酸化物 Dy2M2O7におけるスローダイナミクス

    本人

    特定領域研究「フラストレーションが創る新しい物性」H21領域成果報告会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年01月08日   記述言語:日本語   開催地: 京都  

  • パイロクロア酸化物Nd2Ir2O7における金属絶縁体転移と低温物性

    本人

    日本物理学会秋期大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月27日   記述言語:日本語   開催地: 熊本  

  • Nd2Ir2O7における金属絶縁体転移の圧力による抑制と圧力誘起磁気秩序

    坂田雅文(大阪大学)

    日本物理学会秋期大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月27日   記述言語:日本語   開催地: 熊本  

  • 熱的物性測定による多f電子系におけるc-f混成効果とラットリングの研究

    本人

    新学術領域研究「重い電子の秩序化」第2回研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年08月18日 - 2009年08月20日   記述言語:日本語   開催地: 東広島  

  • Rare-earth Dependence of the Metal-Insulator Transition in Pyrochlore Rare-earth Iridates

    本人

    International Conference on Magnetism 2009 (ICM2009) 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年07月26日 - 2009年07月31日   記述言語:英語  

  • A Novel Continuous Metal-Insulator Transition in the Pyrochlore Ln2Ir2O7

    本人

    Joint European Japanese Conference: Frustration in Condensed Matter (Euro-Japan Frustration 2009) 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年05月12日 - 2009年05月15日   記述言語:英語   開催地: France Lyon  

  • 金属絶縁体転移を示すパイロクロア型イリジウム酸化物の磁性

    本人

    日本物理学会第64回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月27日 - 2009年03月30日   記述言語:日本語  

  • 金属絶縁体転移を示すパイロクロア型イリジウム酸化物のラマン散乱

    広島大学

    日本物理学会第64回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月27日 - 2009年03月30日   記述言語:日本語  

  • スピンアイスDy2Ti2O7における3次元カステレイン転移

    首都大学東京

    日本物理学会第64回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月27日 - 2009年03月30日   記述言語:日本語  

  • Irパイロクロア酸化物の光学応答

    神戸大学

    日本物理学会第64回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月27日 - 2009年03月30日   記述言語:日本語  

  • 金属絶縁体転移を示すNd2Ir2O7の高圧下電気抵抗

    大阪大学

    日本物理学会第64回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月27日 - 2009年03月30日   記述言語:日本語  

  • Studies on the c-f hybridization effect and the rattling in f electrons systems by thermal properties measurement

    本人

    新学術領域「重い電子系の形成と秩序化」第1回研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月09日 - 2009年03月11日   記述言語:日本語  

  • パイロクロア型イリジウム酸化物における金属絶縁体転移と低温磁性

    本人

    特定領域「フラストレーションが創る新しい物性」平成20年度領域成果報告会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年01月07日 - 2009年01月09日   記述言語:日本語  

  • 金属絶縁体転移を示すパイロクロア型イリジウム酸化物の磁性

    本人

    特定領域「フラストレーションが創る新しい物性」第3回トピカルミーティング 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年12月22日 - 2008年12月23日   記述言語:日本語  

  • Irパイロクロア化合物の光学応答

    神戸大学

    日本物理学会第63回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月23日 - 2008年09月26日   記述言語:日本語   開催地: 盛岡市  

  • パイロクロア型イリジウム酸化物のラマン散乱測定

    広島大学

    日本物理学会2008年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月20日 - 2008年09月23日   記述言語:日本語   開催地: 盛岡市  

  • 金属絶縁体転移を示すパイロクロア型イリジウム酸化物Ln2Ir2O7の低温磁性と圧力効果

    本人

    日本物理学会2008年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月20日 - 2008年09月23日   記述言語:日本語   開催地: 盛岡市  

  • スピンアイスDy2Ti2O7における磁気モノポールの観測

    首都大学東京

    日本物理学会2008年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月20日 - 2008年09月23日   記述言語:日本語   開催地: 盛岡市  

  • スピンアイスDy2Ti2O7におけるカステレイン転移

    首都大学東京

    日本物理学会2008年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月20日 - 2008年09月23日   記述言語:日本語   開催地: 盛岡市  

  • Spin Freezing in the Pyrochlore Antiferromagnet Pr2Zr2O7

    本人

    International Conference on Highly Frustrated Magnetism 2008 (HFM2008) 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月07日 - 2008年09月12日   記述言語:英語   開催地: Germany Braunschweig  

  • Anharmonic phonon & Rattling -Summary: Specific Heat Measurement-

    本人

    特定領域充填スクッテルダイト構造に創出する新しい量子多電子状態の展開」第6回まとめの研究会、東大物性研究所 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年07月11日 - 2008年07月13日   記述言語:日本語  

  • Specific Heat and Thermoelectric Power Studies of Filled Skutterudites Synthesized Under High-pressure

    本人

    特定領域充填スクッテルダイト構造に創出する新しい量子多電子状態の展開」第6回まとめの研究会、東大物性研究所 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年07月11日 - 2008年07月13日   記述言語:日本語  

  • パイロクロア酸化物におけるスピン凍結現象

    本人

    特定領域「フラストレーションが創る新しい物性」H20立ち上げ研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年06月23日 - 2008年06月25日   記述言語:日本語  

  • 充填スクッテルタ イトの格子比熱

    本人

    「ラットリング振動が誘起する新物性」研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月27日 - 2008年03月29日   記述言語:日本語   開催地: 東広島市  

  • 重希土類充填スクッテルダイト化合物LnRu4P12 (Ln-Gd, Tb, Dy)の磁性

    日本物理学会第63回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月22日 - 2008年03月26日   記述言語:日本語   開催地: 東大阪市  

  • パイロクロアPr2Ir2O7の圧力下での光学応答

    日本物理学会第63回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月22日 - 2008年03月26日   記述言語:日本語   開催地: 東大阪市  

  • パイロクロア型イリジウム酸化物における希土類サイト置換効果

    本人

    日本物理学会第63回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月22日 - 2008年03月26日   記述言語:日本語   開催地: 東大阪市  

  • パイロクロア酸化物Pr2Zr2O7における磁気フラストレーションとパイロクロア型イリジウム酸化物の金属絶縁体転移

    本人

    特定領域研究「フラストレーションが創る新しい物性」キックオフミーティング 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年11月11日 - 2007年11月13日   記述言語:日本語  

  • Superconducting Properties of La-based Filled Skutterudites LaT4As12 (T=Ru, Os) Prepared at High Pressure

    並木孝洋(室蘭工業大学)

    International Conference on "New Quantum Phenomena in Skutterudite and Related Systems" 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月26日 - 2007年09月30日   記述言語:英語   開催地:日本 神戸市  

  • Ultrasonic Measurement of Filled Skutterudite with Heavy Lanthanide TbRu4P12

    T. Fujono(岩手大学)

    International Conference on "New Quantum Phenomena in Skutterudite and Related Systems" 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月26日 - 2007年09月30日   記述言語:英語   開催地:日本 神戸市  

  • Lattice Specific Heat of La-based Filled Skutterucites

    本人

    International Conference on "New Quantum Phenomena in Skutterudite and Related Systems" 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月26日 - 2007年09月30日   記述言語:英語   開催地:日本 神戸市  

  • A Heat-Cycle Dependent Anomaly in LaOs4P12

    網塚浩(北海道大学)

    International Conference on "New Quantum Phenomena in Skutterudite and Related Systems" 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月26日 - 2007年09月30日   記述言語:英語   開催地:日本 神戸市  

  • Magnetic properties of filled skutterudite phosohides with heavy lanthanide synthesized under high pressure

    関根ちひろ(室蘭工業大学)

    International Conference on "New Quantum Phenomena in Skutterudite and Related Systems" 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月26日 - 2007年09月30日   記述言語:英語   開催地:日本 神戸市  

  • 金属絶縁体転移を示すパイロクロア型イリジウム酸化物Ln2Ir2O7の電子物性

    本人

    日本物理学会第62回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月21日 - 2007年09月24日   記述言語:日本語   開催地: 札幌市  

  • パイロクロア型オスミウム酸化物の磁性と電気伝導性

    北海道大学理学研究科

    日本物理学会第62回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月21日 - 2007年09月24日   記述言語:日本語   開催地: 札幌市  

  • Sm(Ru1-xTx)4P12 (T=Fe, Os)の磁気相図の研究

    吉田知生(室蘭工業大学)

    日本物理学会第62回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月21日 - 2007年09月24日   記述言語:日本語   開催地: 札幌市  

  • 重希土類を含んだ充填スクッテルダイト化合物TbRu4P12の超音波測定

    藤野拓也(岩手大学)

    日本物理学会第62回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月21日 - 2007年09月24日   記述言語:日本語   開催地: 札幌市  

  • 充填スクッテルダイト化合物SmFe4As12の高圧合成と物性

    並木孝洋(室蘭工業大学)

    日本物理学会第62回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月21日 - 2007年09月24日   記述言語:日本語   開催地: 札幌市  

  • CeT4As12 (T=Fe, Ru, Os)の電子輸送特性

    阿部涼太(室蘭工業大学)

    日本物理学会第62回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月21日 - 2007年09月24日   記述言語:日本語   開催地: 札幌市  

  • 比熱測定による充填スクッテルダイトLa化合物の研究

    本人

    特定領域「スクッテルダイト」A06班ミニ研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月01日   記述言語:日本語  

  • High-pressure synthesis of filled skutterudite CeOs4As12

    関根ちひろ(室蘭工業大学)

    International Conference on Strongly Correlated Electron Systems 2007 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年05月13日 - 2007年05月18日   記述言語:英語   開催地: USA Houston  

  • Tb2Ti2O7の超音波を用いた弾性特性の研究

    日本物理学会2007年春季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月18日 - 2007年03月21日   記述言語:日本語   開催地: 鹿児島市  

  • パイロクロア型酸化物Pr2Zr2O7の低温磁性

    本人

    日本物理学会2007年春季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月18日 - 2007年03月21日   記述言語:日本語   開催地: 鹿児島市  

  • パイロクロア型イリジウム酸化物における金属絶縁体転移

    本人

    日本物理学会2007年春季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月18日 - 2007年03月21日   記述言語:日本語   開催地: 鹿児島市  

  • 充填スクッテルダイト化合物CeT4As12(T=Ru,Os)の電子物性

    日本物理学会2007年春季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月18日 - 2007年03月21日   記述言語:日本語   開催地: 鹿児島市  

  • Search for new skutterudite superconductors - Superconductivity of LaxRh4P12 -

    関根ちひろ(室蘭工大工)

    科研費特定領域研究「充填スクッテルダイト構造に創出する新しい量子多電子状態の展開」第5回全体研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年01月08日 - 2007年01月10日   記述言語:日本語   開催地: 柏市  

  • La-based Filled Skutterudites Studied by Specific Heat Measurements

    本人

    科研費特定領域研究「充填スクッテルダイト構造に創出する新しい量子多電子状態の展開」第5回全体研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年01月08日 - 2007年01月10日   記述言語:日本語   開催地: 柏市  

  • Transport and Magnetic Properties of Filled Skutterudites Sm(Ru,T)4P12

    分島亮(北海道大学院理)

    科研費特定領域研究「充填スクッテルダイト構造に創出する新しい量子多電子状態の展開」第5回全体研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年01月08日 - 2007年01月10日   記述言語:日本語   開催地: 柏市  

  • 比熱測定による充填スクッテルタイト La 化合物の研究

    本人

    科研費特定領域研究「充填スクッテルダイト構造に創出する新しい量子多電子状態の展開」A05-A06合同第2回全体研究会「スクッテルダイト化合物の異常フォノン物性と電子格子相互作用」 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年11月08日 - 2006年11月10日   記述言語:英語   開催地: 八幡平市  

  • 充填スクッテルダイト化合物SmOs4Sb12の比熱測定による研究

    本人

    日本物理学会2006年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月23日 - 2006年09月26日   記述言語:日本語   開催地: 千葉市  

  • 充填スクッテルダイト化合物CeRu4As12の電子物性

    日本物理学会2006年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月23日 - 2006年09月26日   記述言語:日本語   開催地: 千葉市  

  • Sm-based Filled Skutterudite SmOs4Sb12 Studied by Specific Heat

    本人

    International Conference on Magnetism 2006 (ICM2006) 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年08月20日 - 2006年08月25日   記述言語:英語   開催地:日本 京都市  

  • Neutron Scattering Study of Frustrated Pyrochlore Compounds

    H.Kadowaki(首都大学東京)

    International Conference on Magnetism 2006 (ICM2006) 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年08月20日 - 2006年08月25日   記述言語:英語   開催地:日本 京都市  

  • Electrical and Magnetic Properties of Kondo Semiconducor CeRu4As12

    関根ちひろ(室蘭工業大学)

    International Conference on Magnetism 2006 (ICM2006) 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年08月20日 - 2006年08月25日   記述言語:英語   開催地:日本 京都市  

  • Uniaxial Pressure effects on Spin-ice compound Dy2Ti2O7

    M. Mito(九州工業大学)

    International Conference on Magnetism 2006 (ICM2006) 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年08月20日 - 2006年08月25日   記述言語:英語   開催地:日本 京都市  

  • Evidence of the Kagome Ice State in the Dipolar Spin Ice Material Dy2Ti2O7: Neutron Scattering Study

    Y. Tabata(大阪大学)

    Highly Frustrated Magnetism 2006 (HFM2006) 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年08月15日 - 2006年08月19日   記述言語:英語   開催地:日本 吹田市  

  • Field-angle Dependence of the Ice-rule Breaking Spin-flip Transition in Dy2Ti2O7

    T. Sakakibara(東京大学物性研究所)

    Highly Frustrated Magnetism 2006 (HFM2006) 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年08月15日 - 2006年08月19日   記述言語:英語   開催地:日本 吹田市  

  • High pressure synthesis and physical properties of CeRu4As12

    関根ちひろ(室蘭工大工)

    科研費特定領域研究「充填スクッテルダイト構造に創出する新しい量子多電子状態の展開」第4回全体研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年06月01日 - 2006年06月03日   記述言語:英語   開催地: 仙台市  

  • Electronic Properties of Heavy Rare Earth Based Filled Skutterudites LnFe4P12

    本人

    科研費特定領域研究「充填スクッテルダイト構造に創出する新しい量子多電子状態の展開」第4回全体研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年06月01日 - 2006年06月03日   記述言語:英語   開催地: 仙台市  

  • Specific Heat Studies on Filled Skutterudites Sm(Ru,T)4P12

    分島亮

    科研費特定領域研究「充填スクッテルダイト構造に創出する新しい量子多電子状態の展開」第4回全体研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年06月01日 - 2006年06月03日   記述言語:英語   開催地: 仙台市  

  • カゴメアイスにおけるスピン相関Ⅱ

    大阪大学

    日本物理学会第61回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月30日   記述言語:日本語   開催地: 松山  

  • モンテカルロシミュレーションを用いたカゴメアイス等の実験データ解析

    首都大学東京

    日本物理学会第61回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月30日   記述言語:日本語   開催地: 松山  

  • Sm系充填スクッテルダイトの比熱測定による研究

    本人

    日本物理学会第61回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月28日   記述言語:日本語   開催地: 松山  

  • 充填スクッテルダイトリン化合物の熱電能

    中村彰(九州工業大学)

    日本物理学会第61回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月28日   記述言語:日本語   開催地: 松山  

  • Crystalline Electric Field State and Kondo Effect in Sm-based Filled Skutterudite Studied by Specific Heat

    本人

    Joint Workshop on NQP-skutterudites and NPM in multi-approach 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年11月21日 - 2005年11月24日   記述言語:英語   開催地:日本 八王子市  

  • Novel Low Temperature Specific Heat Anomaly in Filled Skutterudite Superconductor LaOs4P12

    本人

    Joint Workshop on NQP-skutterudites and NPM in multi-approach 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年11月21日 - 2005年11月24日   記述言語:英語   開催地:日本 八王子市  

  • 充填スクッテルダイトLnOs4P12系の低温比熱

    本人

    第46回高圧討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年10月29日 - 2005年10月31日   記述言語:日本語   開催地: 室蘭市  

  • 充填スクッテルダイトPrOs4P12の電子物性

    本人

    日本物理学会2005年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月19日 - 2005年09月22日   記述言語:日本語   開催地: 京田辺市  

  • 重希土類充填スクッテルダイトTbRu4P12の磁性

    東京大学

    日本物理学会2005年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月19日 - 2005年09月22日   記述言語:日本語   開催地: 京田辺市  

  • 重希土類充填スクッテルダイト化合物GdRu4P12とTbRu4P12の弾性特性

    岩手大学

    日本物理学会2005年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月19日 - 2005年09月22日   記述言語:日本語   開催地: 京田辺市  

  • 充填スクッテルダイトPr(Ru1-xRhx)4P12の磁場中比熱

    室蘭工業大学

    日本物理学会2005年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月19日 - 2005年09月22日   記述言語:日本語   開催地: 京田辺市  

  • 角度分解磁化測定によるスピンアイス化合物Dy2Ti2O7の磁場誘起相転移の観測

    東京大学

    日本物理学会2005年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月19日 - 2005年09月22日   記述言語:日本語   開催地: 京田辺市  

  • LaOs4P12における低温異常とアニーリング効果

    北海道大学理学研究科

    日本物理学会2005年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月19日 - 2005年09月22日   記述言語:日本語   開催地: 京田辺市  

  • カゴメアイスにおけるスピン相関

    大阪大学理学研究科

    日本物理学会2005年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月19日 - 2005年09月22日   記述言語:日本語   開催地: 京田辺市  

  • スピンアイスにおける磁場誘起相転移および新物質探索

    本人

    ワークショップ「フラストレーションが創る新しい物性」 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月18日   記述言語:日本語   開催地: 豊中市  

  • Transport Properties of Filled Skutterudite Antiferromagnet GdRu4P12

    本人

    International Conferecnce onStrongly Correlated Electron Systems 2005 (SCES2005) 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年07月26日 - 2005年07月30日   記述言語:英語   開催地: Austria Vieena  

  • Magnetic and transport properties of Pr(Ru1-xRhx)4P12

    関根ちひろ(室蘭工業大学)

    International Conferecnce onStrongly Correlated Electron Systems 2005 (SCES2005) 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年07月26日 - 2005年07月30日   記述言語:英語   開催地: Austria Vieena  

  • リン化合物の基礎物性

    本人

    科研費特定領域研究「充填スクッテルダイト構造に創出する新しい量子多電子状態の展開」A02-A03班合同研究会「充填スクッテルダイトの特異な物性と電子状態」 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年06月16日 - 2005年06月18日   記述言語:日本語   開催地: 神戸市  

  • Elctrical Properties of Filled Skutterudite Phosphides

    本人

    科研費特定領域研究「充填スクッテルダイト構造に創出する新しい量子多電子状態の展開」A01-A04班合同研究会「充填スクッテルダイト化合物の試料育成の現状と展望」 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年05月13日 - 2005年05月15日   記述言語:英語   開催地: 室蘭市  

  • 充填スクッテルダイト化合物PrRu4P12のRh置換効果II

    関根ちひろ(室蘭工業大学)

    日本物理学会第60回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月24日 - 2005年03月27日   記述言語:日本語   開催地: 野田市  

  • 反強磁性を示す充填スクッテルダイトGdRu4P12とTbRu4P12の電子物性

    本人

    日本物理学会第60回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月24日 - 2005年03月27日   記述言語:日本語   開催地: 野田市  

  • Specific Heat and Electrical Resistivity of Filled Skutterudite GdRu4P12 in a Magnetic Field

    本人

    特定領域研究「充填スクッテルダイト構造に創出する新しい量子多電子状態の展開」第3回研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年01月06日 - 2005年01月08日   記述言語:英語  

  • Thermal expansion and phase diagram of SmRu4P12 exhibits metal-insulator transition

    関根ちひろ(室蘭工業大学)

    充填スクッテルダイト構造に創出する新しい量子多電子状態の展開第3回研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年01月06日 - 2005年01月08日   記述言語:英語  

  • magnetoresistance of filled skutterudite compound TbRu4P12

    関根ちひろ(室蘭工業大学)

    充填スクッテルダイト構造に創出する新しい量子多電子状態の展開第3回研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年01月06日 - 2005年01月08日   記述言語:英語  

  • 充填スクッテルダイトGdRu4P12の電子物性

    本人

    第110回日本物理学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年12月   記述言語:日本語  

  • スピンアイス化合物Ho2Ti2O7の磁場[111]方向の磁気相図

    本人

    日本物理学会2004年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月12日 - 2004年09月15日   記述言語:日本語   開催地: 青森市  

  • 重希土類を含むLnFe4P12(Ln=Ho,Er,Tm,Yb)の磁化率と電気伝導

    荒関信人(室蘭工業大学)

    日本物理学会2004年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月12日 - 2004年09月15日   記述言語:日本語   開催地: 青森市  

  • TbT4P12(T=Fe,Ru,Os)の高圧合成と磁性

    木方邦宏(室蘭工業大学)

    日本物理学会2004年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月12日 - 2004年09月15日   記述言語:日本語   開催地: 青森市  

  • Specific heat of filled skutterudite PrOs4P12

    本人

    The International Conference on Strongly Correlated Electron Systems-SCES20 Conference on Strongly Correlated Electron Systems-SCES2004 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年07月26日 - 2004年07月30日   記述言語:英語   開催地: ドイツ Karlsruhe  

  • Specific Heat of Filled Skutterudite-Type Compound TbRu4P12 in Magnetic Fields

    関根ちひろ(室蘭工業大学)

    Physica B, The International Conference on Strongly Electron Systems (SCES2004) 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年07月26日 - 2004年07月30日   記述言語:英語   開催地: Germany Karlsruhe  

  • 充填スクッテルダイトが示す多様な物性-リン化合物を中心に-

    本人

    未来を拓く高圧力セミナーシリーズ(29) 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年07月09日 - 2004年07月10日   記述言語:日本語  

  • 充填スクッテルダイトPrOs4P12の比熱

    本人

    日本物理学会第59回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年03月27日 - 2004年03月30日   記述言語:日本語   開催地: 福岡市  

  • スピンアイス化合物R2Ti2O7の一軸加圧効果

    桑原慎太郎

    日本物理学会第59回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年03月27日 - 2004年03月30日   記述言語:日本語   開催地: 福岡市  

  • Dy2Ti2O7及びHo2Ti2O7の弾性定数

    熊谷智之(岩手大学工学部)

    日本物理学会第59回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年03月27日 - 2004年03月30日   記述言語:日本語   開催地: 福岡市  

  • スピンアイス化合物Dy2Ti2O7のカゴメアイス状態における磁気熱量効果と磁気エントロピーII

    青木英和(東京大学物性研究所)

    日本物理学会第59回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年03月27日 - 2004年03月30日   記述言語:日本語   開催地: 福岡市  

  • 充填スクッテルダイト化合物TbRu4P12の磁場中比熱

    関根ちひろ(室蘭工業大学)

    日本物理学会第59回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年03月27日 - 2004年03月30日   記述言語:日本語   開催地: 福岡市  

  • スピンアイス化合物の低温磁性

    本人

    東京大学物性研究所短期研究会「フラストレーションが創る新しい物性」 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年12月01日 - 2003年12月03日   記述言語:日本語  

  • High-pressure synthesis, Electrical and Magnetic Properties of New Filled Skutterudites

    城谷一民(室蘭工大工)

    充填スクッテルダイト構造に創出する新しい量子多電子状態の展開第1回研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年11月27日 - 2003年11月29日   記述言語:英語  

  • Specific heat of Sm-based filled skutterudite phosphides SmT4P12 (T=Fe, Ru and Os)

    本人

    充填スクッテルダイト構造に創出する新しい量子多電子状態の展開第1回研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年11月27日 - 2003年11月29日   記述言語:英語  

  • Metal-insulator transition of filled skutterudite systems

    関根ちひろ(室蘭工大工)

    充填スクッテルダイト構造に創出する新しい量子多電子状態の展開第1回研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年11月27日 - 2003年11月29日   記述言語:英語  

  • スピンアイス化合物における動的磁気挙動

    本人

    日本物理学会2003年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月20日 - 2003年09月23日   記述言語:日本語   開催地: 岡山市  

  • スピンアイスから強磁性イジング鎖

    廣井善二(東京大学物性研究所)

    日本物理学会2003年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月20日 - 2003年09月23日   記述言語:日本語   開催地: 岡山市  

  • スピンアイス化合物Dy2Ti2O7の一軸加圧効果

    美籘正樹

    日本物理学会2003年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月20日 - 2003年09月23日   記述言語:日本語   開催地: 岡山市  

  • Low temperature magnetic properties of the geometrically frustrated pyrochlore Pr2Sn2O7

    本人

    International Conference on Magnetism ICM2003 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年07月27日 - 2003年08月01日   記述言語:英語   開催地: イタリア Roma  

  • Liquid-gas transition in the spin ice dysprosium titanate

    本人

    International Conference on Magnetism ICM2003 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年07月27日 - 2003年08月01日   記述言語:英語   開催地: イタリア Roma  

  • スピンアイス化合物Dy2Ti2O7のカゴメアイス状態における磁気熱量効果と磁気エントロピー

    青木英和(東大物性研)

    日本物理学会第58回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年03月28日   記述言語:日本語   開催地: 仙台市  

  • 新重希土類スクッテルダイト化合物の磁性

    関根ちひろ(室蘭工業大学)

    日本物理学会第58回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年03月28日   記述言語:日本語   開催地: 仙台市  

  • パイロクロア酸化物Dy2Ti2O7のスピンアイス状態におけるGd置換効果

    本人

    日本物理学会第58回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年03月28日   記述言語:日本語   開催地: 仙台市  

  • スピンアイス化合物Dy2Ti2O7におけるカゴメアイス状態のμSRによる研究

    幸田章宏(KEK物構研)

    日本物理学会第58回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年03月28日   記述言語:日本語   開催地: 仙台市  

  • 金属絶縁体転移を示すPrRu4P12の磁性

    本人

    室蘭工大「充填スクッテルダイト化合物の合成と異常物性」研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年11月01日   記述言語:日本語   開催地: 室蘭市  

  • スピンアイス化合物Dy2Ti2O7における磁場誘起1次相転移

    榊原俊郎(東大物性研)

    日本物理学会2002年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年09月06日 - 2002年09月09日   記述言語:日本語   開催地: 春日井市  

  • 充填スクッテルダイト化合物RERu4P12(RE=Pr,Sm,Gd,Tb)の熱膨張

    関根ちひろ(室蘭工業大学)

    日本物理学会2002年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年09月06日 - 2002年09月09日   記述言語:日本語   開催地: 春日井市  

  • スピンアイス化合物Dy2Ti2O7の磁場中における新しい巨視的に縮退した基底状態

    本人

    日本物理学会2002年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年09月06日 - 2002年09月09日   記述言語:日本語   開催地: 春日井市  

  • カゴメアイスのエントロピーと融解

    広井善二(東大物性研)

    日本物理学会2002年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年09月06日 - 2002年09月09日   記述言語:日本語   開催地: 春日井市  

  • 充填スクッテルド鉱型化合物SmT4P12(T=Fe,Ru,Os)の電子物性

    本人

    日本物理学会2002年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年09月   記述言語:日本語   開催地: 春日井市  

  • magnetic Phase diagram of Filled Skutterudite Compound SmRu4P12

    関根ちひろ(室蘭工業大学)

    Acta Physica Polonica BThe International Conference on Strongly Correlated Electron Systems (SCES2002) 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年07月10日 - 2002年07月13日   記述言語:英語   開催地: Poland Cracow  

  • パイロクロア型酸化物の単結晶育成とスピンアイス状態の研究

    本人

    東京大学物性研究所短期研究会「フラストレート系の磁性と新しい物性」 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年06月19日 - 2002年06月21日   記述言語:日本語   開催地: 柏  

  • パイロクロア型酸化物の単結晶育成とスピンアイス状態の研究

    本人

    東京大学物性研究所DSCワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年06月12日   記述言語:日本語   開催地: 柏  

  • パイロクロア酸化物におけるスピンアイス状態

    本人

    応用磁気学会化合物新磁性材料専門研究会第4回「フラストレーションが内在する化合物の特異な物性」 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年03月12日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 充填スクッテルダイト化合物 SmRu4P12 の金属-絶縁体転移 II

    関根ちひろ(室蘭工大工)

    日本物理学会第57回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年03月   記述言語:日本語   開催地: 滋賀県草津市  

  • パイロクロア型希土類酸化物R2Sn2O7のスピンアイス状態

    本人

    日本物理学会第57回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年03月   記述言語:日本語   開催地: 滋賀県草津市  

  • SmOs4P12の電子物性と熱電特性

    ギリ・ラム(室蘭工大工)

    日本物理学会第57回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年03月   記述言語:日本語   開催地: 滋賀県草津市  

  • Metal-Insulator transition of filled skutterudite compound SmRu4P12

    本人

    Journal of the Physical Society of Japan,The International Conference on Strongly Correlated electrons with Orbital Degree of freedom (ORBITAL2001) 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年09月11日 - 2001年09月14日   記述言語:英語   開催地:日本  

  • 充填スクッテルダイトReOs4P12系の磁性

    本人

    日本物理学会2001年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年09月   記述言語:日本語   開催地: 徳島  

  • Specific heat around metal-insulator transition of filled skutterudite PrRu4P12

    本人

    Physica B, The International Conference on strongly Correlated Electron Systems (SCES2001) 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年08月06日 - 2001年08月10日   記述言語:英語   開催地: U.S.A. Ann Arbor  

  • パイロクロア型希土類酸化物のスピンアイス状態

    本人

    東京大学物性研ミニ研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年06月   記述言語:日本語  

  • パイロクロア型希土類酸化物のスピンアイス状態

    本人

    日本物理学会第56回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年03月   記述言語:日本語   開催地: 八王子  

  • 充填スクッテルダイト化合物 SmRu4P12 の金属-絶縁体転移

    本人

    日本物理学会第56回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年03月   記述言語:日本語   開催地: 八王子  

  • フラストレートしたパイロクロア酸化物Ho2Sn2O7の中性子散乱

    門脇広明(都立大理)

    日本物理学会第56回年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年03月   記述言語:日本語   開催地: 八王子  

▼全件表示

工業所有権

  • 電気伝導性材料およびそれを用いた抵抗温度計

    松平和之,徳永将史,分島 亮

     詳細を見る

    出願番号:2013-93414  出願日:2013年04月26日

    公開番号:W02014/175004A1  公開日:2014年10月30日

    磁場の変化に対して電気抵抗の変化を低減させ た電気伝導性材料、及びそれを用いた抵抗温度計を提供 する。

講演

  • Metal-Insulator Transitions in Pyrochlore Iridates

    OIST INTERNATIONAL WORKSHOP ON NOVEL QUANTUM MATERIALS AND PHASES  2014年05月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:OIST, Okinawa, Japan  

  • Magnetic Properties of the Pyrochlore Iridates

    International Workshop on Frustration and Topology in Condensed Matter Physics  2014年02月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:NCKU, Tainan, Taiwan  

  • Metal-Insulator Transition in Pyrochlore Oxide Nd2Ir2O7

    6th International Conference on Highly Frustrated magnetism 2012   2012年06月  McMaster University

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:Hamilton, Canada  

  • Novel Transport and Magnetic Properties of Geometrically Frustrated Iridate Ca5Ir3O12

    International Workshop on Topological Quantum Materials  2019年01月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • パイロクロア酸化物Ln2Ir2O7における金属絶縁体転移

    日本物理学会2016年秋季大会  2016年09月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:金沢大学  

  • Spin Dynamics in Spin Ice

    日本物理学会 2013 年秋季大会 シンポジウム「Quantum Spin Ice: Dynamics and Quantum Electrodynamics of Magnetic Monopoles」  2013年09月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:徳島大学,日本  

  • Observation of a Novel Phase Transition Induced by a Magnetic Field in the Pyrochlore Spin Ice Compound

    International Conference on Highly Frustrated Magnetism 2006   2006年08月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:豊中市  

  • スピンアイスにおける磁場による巨視的縮退の解消と磁場誘起新奇相転移

    日本物理学会第61回年次大会  2006年03月  日本物理学会

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:松山  

  • パイロクロア型イリジウム酸化物における金属絶縁体転移

    日本学術振興会研究開発専門委員会「産業応用をめざした新物質機能の設計と実証」 拡大幹事会 ̶ 4d, 5d 電子系材料に関する研究の現状と可能性を探る ̶  2013年03月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:東京大学山上会館  

  • 充填スクッテルダイトが示す多様な物性-リン化合物を中心に-

    未来を拓く高圧力科学技術セミナーシリーズ  2004年07月  日本高圧力学会

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:室蘭  

  • 電気トロイダル秩序候補物質Ca5Ir3O12の逐次新奇相転移の研究

    日本物理学会2023年春季大会シンポジウム「非対称性が拓く量子物質科学の新 展開~アシンメトリ量子の可視化に向けて~」  2023年03月  日本物理学会

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:招待講演   開催地:オンライン  

  • イリジウム酸化物 Ca5Ir3O12 の逐次新奇相転移と電流誘起物性

    広島大学第263回物質科学セミナー  2022年09月  広島大学

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:招待講演   開催地:東広島市、広島大学総合科学部 J306講義室  

    近年,スピン軌道相互作用が強い 5d 遷移金属酸化物において新奇物性が 見出され活発な研究がなされている。イリジウム酸化物 Ca5Ir3O12 は Ir が 中間価数状態(Ir+4.67) にあり,結晶構造は空間反転対称性を持たない六方 晶(P ̄62m, #189)である。歪んだ IrO6 八面体が c 軸方向に辺共有の 1 次 元鎖を成し,また,その Ir の部分格子が c 面内において三角格子を形成し ており,Ca5Ir3O12 は幾何学的フラストレーションを内在したスピン軌道 結合系物質である。その電気伝導性は半導体的で,105 Kで非磁性の2次 相転移,7.8 Kで磁気秩序を示す。また,c軸方向の電流密度が増加する につれて抵抗が小さくなる非線形伝導などの電流誘起物性を示す。ここ数 年の研究により,105 Kの相転移は電気トロイダル秩序であることが明ら かになってきた。また,最近,電流印加下でのラマン散乱測定から,電流 誘起の構造変化と電流誘起物性の関係が明らかになりつつある。
    これらの研究紹介に,研究での経緯を交えてお話します。

  • 幾何学的フラストレート系イリジウム酸化物の磁性と輸送特性

    第28回日本MRS年次大会 シンポジウム「特異なスピン構造から創発する物質の新しい性質と機能性」  2018年12月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • Magnetic and Transport Properties of Geometrically Frustrated Iridates

    第28回日本MRS年次大会  2018年12月  日本MRS学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月18日   発表言語:日本語   講演種別:招待講演   開催地:北九州市  

  • 幾何学的フラストレート系イリジウム酸化物Ca5Ir3O12の磁性と電気伝導性

    B01D01トピカルミーテイング ものづくりシリーズ第3回「物質探索最前線」  2018年08月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:首都大学東京  

  • Magnetic and transport properties of geometrically frustrated iridate Ca5Ir3O12

    新学術領域研究J-Physics B01-D01合同トピカルミーティング  2018年08月 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年08月06日   発表言語:日本語   講演種別:招待講演   開催地:首都大学東京(八王子)  

  • Metal-insulator transition and magnetic properties of the pyrochlore iridates Ln#D2#DRIr#D2#DRO#D7#DR

    School Seminar in International Workshop on Organic Molecule Systems  2017年07月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:University Saint Malaysia (USM), Penang, Malaysia  

  • パイロクロア酸化物Ln2Ir2O7における金属絶縁体転移

    日本物理学会2016年秋季大会  2016年09月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • パイロクロア型イリジウム酸化物へのキャリアドープ効果

    東京大学物性研究所客員所員講演会  2015年10月 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年10月21日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演  

  • パイロクロア型Ir酸化物における金属絶縁体転移

    KEK物構研・構造物性研究センター研究会「遍歴系における幾何学電子相関」  2012年01月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:つくば国際会議場  

  • パイロクロア型Ir酸化物における金属絶縁体転移

    KEK物構研・構造物性研究センター研究会「遍歴系における幾何学電子相関」  2012年01月 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年01月11日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演   開催地:つくば  

  • 充填スクッテルダイト化合物の格子比熱

    室蘭工業大学 希土類研究プロジェクト講演会「カゴ状物質におけるラットリング研究最前線」   2011年12月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:室蘭工業大学(室蘭市)  

  • 充填スクッテルダイト化合物の格子比熱

    室蘭工業大学 希土類研究プロジェクト講演会「カゴ状物質におけるラットリング研究最前線」   2011年12月 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年12月01日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演   開催地:室蘭工業大学  

  • Slow dynamics in spin ice and metal-insulator transition in pyrochlore iridates

    Seminar in Group of Condensed Matter Theory and Statistical Physics in Institute Neel  2010年11月 

     詳細を見る

    講演種別:その他   開催地:FranceGrenoble  

  • パイロクロア酸化物Ln2Ir2O7における金属絶縁体転移

    ISSPワークショップ「パイロクロア酸化物における金属-絶縁体転移」  2010年05月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • パイロクロア型イリジウム酸化物における金属絶縁体転移とフラストレーション

    第8回フラストレーションセミナー  2009年01月  大阪大学

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:豊中市  

  • Spin Ice in a Magnetic Field

    CNRS Seminar  2006年09月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:France, Grenoble  

  • Observation of a Novel Phase Transition Induced by a Magnetic Field in the Pyrochlore Spin Ice Compound

    Highly Frustrated Magnetism 2006 (HFM2006)  2006年08月 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年08月15日 - 2006年08月19日   発表言語:英語   講演種別:特別講演   開催地:日本 吹田市  

  • スピンアイス化合物の低温磁性

    東京大学物性研究所短期研究会「フラストレーションが創る新しい物性」  2003年12月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:柏  

  • パイロクロア酸化物におけるスピンアイス状態

    化合物新磁性材料専門研究会  2002年03月  応用磁気学会

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:東京  

▼全件表示

学術関係受賞

  • 日本物理学会第21回論文賞(2016年)

    日本物理学会   2016年03月20日

    松平和之,分島亮,日夏幸雄,高木精志,"Metal–Insulator Transitions in Pyrochlore Oxides Ln2Ir2O7", J. Phys. Soc. Jpn. 80, 094701 (2011).

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本物理学会第22回論文賞(2017年)

    日本物理学会   2017年03月19日

    門脇広明,土居直弘,青木勇二, 田畑吉計, 佐藤 卓, Jeffrey W. Lynn, 松平和之, 廣井善二,"Observation of Magnetic Monopoles in Spin Ice", J. Phys. Soc. Jpn. 78, 103706 (2009).

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 2022 Highly Cited Article

    Journal of the Physical Society of Japan   First Observation of Superlattice Reflections in the Hidden Order at 105 K of Spin-Orbit Coupled Iridium Oxide Ca5Ir3O12   2023年05月16日

    Hiroki Hanate, Takumi Hasegawa, Satoru Hayami, Satoshi Tsutsui, Shoya Kawano, Kazuyuki Matsuhira

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • JPSJ Paper of Editors' Choice

    Journal of the Physical Society of Japan   2021年05月

    花手洋樹,長谷川巧,速水賢,筒井智嗣,河野翔也,松平和之

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Poster Awards (Prize of Best Poster presentation)

    International Conference on Strongly Correlated Electron Systems 2020/21   Inelastic X-ray Scattering Study of the Hidden Order at 105 K in Ca5Ir3O12   2021年09月30日

    Hiroki Hanate, Shoya Kawano, Takumi Hasegawa, Satoshi Tsutsui, Satoru Hayami, and Kazuyuki Matsuhira

     詳細を見る

    受賞国:ブラジル連邦共和国

科研費獲得実績

  • 幾何学的フラストレート系イリジウム酸化物における新奇物性の研究

    研究課題番号:18H04327  2018年04月 - 2020年03月   新学術領域研究(研究領域提案型)

  • パイロクロア型イリジウム酸化物における特異な磁気秩序および輸送特性の研究

    研究課題番号:15H03692  2015年04月 - 2019年03月   基盤研究(B)

  • パイロクロア型イリジウム酸化物における金属絶縁体転移の機構解明

    研究課題番号:23540417  2011年04月 - 2014年03月   基盤研究(C)

  • 熱的物性測定による多f電子系におけるcーf混成効果とラットリングの研究

    研究課題番号:21102518  2009年09月 - 2011年03月   新学術領域研究

  • 多極子秩序を発現させる高い対称性を有する結晶構造を持つf電子系化合物の物質探索

    研究課題番号:20540339  2008年04月 - 2011年03月   基盤研究(C)

  • フラストレーションが創る新しい物性 A01班「幾何学的フラストレート磁性体の新奇秩序」

    研究課題番号:19052005  2007年09月 - 2012年03月   特定領域研究

  • 幾何学的フラストレーション系における非クラマース二重項基底状態が創る新奇量子現象

    研究課題番号:17740234  2005年04月 - 2007年03月   若手研究(B)

  • 砒素を含む充填スクッテルダイト化合物超伝導体の研究

    研究課題番号:17540309  2005年04月 - 2007年03月   基盤研究(C)

  • 充填スクッテルダイト構造に創出する新しい量子多電子状態の展開 A04班「超高圧下における新充填スクッテルダイト化合物の物質開発」

    研究課題番号:15072201  2003年04月 - 2008年03月   特定領域研究

  • 重希土類で置換した新スクッテルド鉱型化合物の高圧合成と特異な物性

    研究課題番号:14204032  2002年04月 - 2005年03月   基盤研究(A)

  • パイロクロア型希土類酸化物におけるスピンアイス状態の動的磁気挙動の研究

    研究課題番号:14740214  2002年04月 - 2004年03月   若手研究(B)

  • パイロクロア型酸化物の単結晶を用いたスピンアイス状態の研究

    研究課題番号:12740192  2000年04月 - 2002年03月   奨励研究(A)

▼全件表示

担当授業科目(学内)

  • 2023年度   電子物性基礎論

  • 2023年度   電気電子工学実験Ⅰ

  • 2023年度   電磁気学演習

  • 2023年度   電磁気学Ⅲ

  • 2023年度   電気電子工学PBL実験

  • 2023年度   電気電子工学実験Ⅰ

  • 2023年度   電磁気学Ⅲ

  • 2023年度   電磁気学演習

  • 2022年度   先端電気工学特論

  • 2022年度   電子物性基礎論

  • 2022年度   電磁気学演習

  • 2022年度   電磁気学Ⅲ

  • 2022年度   電気電子工学実験

  • 2022年度   電気電子工学PBL実験

  • 2022年度   電気電子工学実験Ⅰ

  • 2022年度   電磁気学Ⅲ

  • 2022年度   電磁気学演習

  • 2021年度   電子物性基礎論

  • 2021年度   電磁気学演習

  • 2021年度   電磁気学Ⅲ

  • 2021年度   電気電子工学実験

  • 2021年度   電気電子工学PBL実験

  • 2021年度   電気電子工学実験Ⅰ

  • 2021年度   電磁気学Ⅲ

  • 2021年度   電磁気学演習

  • 2020年度   先端電気工学特論

  • 2020年度   電子物性基礎論

  • 2020年度   電磁気学演習

  • 2020年度   電磁気学Ⅲ

  • 2020年度   電気電子工学実験

  • 2020年度   電気電子工学実験Ⅰ

  • 2020年度   電磁気学Ⅲ

  • 2020年度   電磁気学演習

  • 2020年度   電気電子工学PBL実験

  • 2019年度   電子物性基礎論

  • 2019年度   電磁気学演習

  • 2019年度   電磁気学Ⅲ

  • 2019年度   電気電子工学実験

  • 2019年度   電気電子工学実験Ⅰ

  • 2019年度   電磁気学Ⅲ

  • 2019年度   電磁気学演習

  • 2019年度   電気電子工学PBL実験

  • 2018年度   電子物性基礎論

  • 2018年度   専門英語Ⅱ

  • 2018年度   専門英語Ⅰ

  • 2018年度   電磁気学Ⅲ

  • 2018年度   電磁気学演習

  • 2018年度   工学倫理・安全工学C

  • 2018年度   電気電子工学PBL実験

  • 2017年度   電磁気学Ⅲ

  • 2017年度   電磁気学演習

  • 2017年度   電子物性基礎論

  • 2017年度   電気電子工学序論

  • 2017年度   電気電子工学PBL実験

  • 2017年度   電気電子工学実験Ⅰ

  • 2016年度   電磁気学Ⅲ

  • 2016年度   電磁気学演習

  • 2016年度   電子物性基礎論

  • 2016年度   先端電気工学特論

  • 2016年度   電気電子工学序論

  • 2016年度   電気電子工学PBL実験

  • 2016年度   電気電子工学実験Ⅰ

  • 2015年度   電磁気学演習

  • 2015年度   電磁気学Ⅱ

  • 2015年度   電子物性基礎論

  • 2015年度   先端半導体デバイスプロセス特論

  • 2015年度   電気電子工学序論

  • 2015年度   電気電子工学PBL実験

  • 2015年度   電気電子工学実験Ⅰ

  • 2014年度   電気電子工学実験Ⅰ

  • 2014年度   専門英語

  • 2014年度   電気電子工学序論

  • 2014年度   電子物性基礎論

  • 2014年度   電磁気学Ⅱ

  • 2014年度   電磁気学演習

  • 2014年度   電気電子工学PBL実験

  • 2013年度   電子物性基礎論

  • 2013年度   電磁気学Ⅱ

  • 2013年度   電磁気学演習

  • 2013年度   エネルギー・デバイス実験

  • 2013年度   電気電子工学実験Ⅰ

  • 2013年度   専門英語

  • 2013年度   電気電子工学序論

  • 2013年度   先端半導体デバイスプロセス特論

  • 2012年度   電磁気学演習

  • 2012年度   物理学ⅡB

  • 2011年度   物理学ⅡB

  • 2011年度   電磁気学演習

▼全件表示

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など

  • 平成27年度電気学会九州支部長賞

    電気学会九州支部  

    2016年03月16日

    修士課程2年 前田 賢

     詳細を見る

    電気学会九州支部では九州・沖縄地区の大学・短大・高専で電気工学を学ぶ学生の学業奨励の為に,優秀な成績で電気工学を修めた学生を表彰している。

FD活動への参加

  • 2023年01月   全額FD研修会 本学の数理・DS・AI教育の取り組み

学会・委員会等活動

  • 電気学会   九州支部協議員  

    2021年06月 - 2023年05月

  • 電気学会   九州支部協議員  

    2019年06月 - 2021年05月

  • 電気学会   九州支部 総務企画幹事  

    2016年05月 - 2018年05月

  • 東京大学物性研究所付属物質設計評価施設 物質設計評価設備共同利用委員会   委員  

    2018年04月 - 2020年03月

  • 東京大学物性研究所付属物質設計評価施設 物質設計評価設備共同利用委員会   委員  

    2016年04月 - 2018年03月

  • 東京大学物性研究所付属物質設計評価施設 物質設計評価設備共同利用委員会   委員  

    2014年04月 - 2016年03月

  • 電気学会   活動推進員  

    2020年06月 - 2022年05月

  • 電気学会   活動推進員  

    2018年06月 - 2020年05月

  • 電気学会   編修専門第3部会委員  

    2017年07月 - 2018年06月

  • 電気学会   総務会議委員  

    2017年06月 - 2018年05月

  • 電気学会   電気・情報関係学会九州支部連合大会大会委員  

    2017年05月 - 2018年04月

  • 電気学会   編修専門第2部会委員  

    2016年07月 - 2017年06月

  • 日本物理学会   第121回日本物理学会九州支部例会実行委員(会場係)  

    2015年12月

  • 東京大学物性研究所付属物質設計評価施設 物質設計評価設備共同利用委員会   委員  

    2011年04月 - 2013年03月

  • 日本物理学会   2010年秋季大会 実行委員(会場係)  

    2010年09月

  • 東京大学物性研究所付属物質設計評価施設 物質設計評価設備共同利用委員会   委員  

    2007年04月 - 2009年03月

  • 日本物理学会   第111回九州支部例会 実行委員(案内掲示等担当)  

    2004年12月

▼全件表示

社会貢献活動(講演会・出前講義等)

  • 個人ホームページにおける研究成果の内容公開

    2015年04月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 企業

    種別:その他

    九州工業大学内の個人ホームページにて、現在行っている研究テーマおよび最近の研究成果について紹介している.ページ内のキーワードについて、インターネットで検索すれば
    直ぐに本ホームページが検索される.内容は大学生および研究者向けのレベルで記述している.
    実験データの図なども含め解説している.
    関連した研究を行っている研究者に図などが転載使用されている.