佐竹 昭泰 (サタケ アキヒロ)

SATAKE Akihiro

写真a

職名

助教

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

研究分野・キーワード

電力工学, 電力応用, 省エネ, 電力利用 , 半導体, 光物性, 分光

研究室電話

093-884-3240

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1995年03月   東京理科大学   理学部   物理学科   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2000年03月  筑波大学  物理学研究科  物理学専攻  博士課程・博士後期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学 -  博士(理学)  2000年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院工学研究院   電気電子工学研究系   助教  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 電力工学・電力変換・電気機器

  • 応用物性

  • 物性Ⅰ

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 熱放射型冷暖システムの基礎的性能評価

    電気エネルギー, 省エネ  

    研究期間: 2012年04月  -  継続中

  • GaN系青緑色発光ダイオードの発光機構

    未設定  

    研究期間: 2005年04月  -  2012年10月

  • 複合量子井戸構造における時間分解フォトルミネッセンス

    未設定  

    研究期間: 2005年04月  -  2012年10月

  • InGaAs量子井戸ダイオードにおける超低周波数光電流自己振動の発現機構

    未設定  

    研究期間: 2005年04月  -  2012年10月

論文 【 表示 / 非表示

  • A study on suppression of photovoltaic power output fluctuation by using thermal radiative cooling/heating system

    Satake A., Jike J., Mitani Y.

    International Journal of Electrical and Electronic Engineering and Telecommunications    8 ( 3 ) 146 - 151   2019年05月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2019, International Journal of Electrical and Electronic Engineering & Telecommunications. The suppression of photovoltaic power generation output fluctuation has been investigated by using thermal radiative cooling/heating system. The thermal radiative cooling/heating system is novel equipment that can provide an energy-saving, comfortable and healthy living environments by utilizing heat pump technology and an active radiative heat transfer. The characteristic of this system is to maintain the thermal environment with respect to power fluctuations. Photovoltaic power generation has a characteristic that the amount of power generation varies according to the weather. When a large amount of photo-voltaic power generation is installed, the short-term supply and demand imbalance occurs, which causes the frequency deviation. Then, a method to suppress such power fluctuation by thermal radiative cooling/heating system is proposed. As a result of the numerical experiment, the proposed method shows efficient suppression performance.

    DOI Scopus

  • Energy-saving Operation and Optimization of Thermal Comfort in Thermal Radiative Cooling/Heating System

    Satake A., Ikegami H., Mitani Y.

    Energy Procedia    100   452 - 458   2016年11月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2016 The Authors. Published by Elsevier Ltd. The energy-saving operation in the thermal radiative cooling/heating system has been verified. The coefficient of performance (COP) has been experimentally evaluated by changing the water temperature and the flow rate to control the heat amount. The energy-saving operation has been achieved by increasing the flow rate for the same heat amount. The thermal comfort has also been evaluated by calculating the predicted mean vote (PMV). In the case of the energy-saving operation, it is expected that the heat amount by radiation is reduced and impair the thermal comfort. However, it is found that its reduction has a small effect on the thermal comfort.

    DOI Scopus

  • Monitoring the wide area power system dynamics by phasor measurement units based on campus WAMS strategy

    Mitani Y., Kudo T., Satake A., Basri K.

    IFAC Proceedings Volumes (IFAC-PapersOnline)    19   2273 - 2278   2014年01月  [査読有り]

     概要を見る

    © IFAC. This paper presents the applications of Phasor Measurement Unit (PMU) for assessing the dynamics and stability of wide area interconnected power system. Wide area measurement system for the power system dynamical assessment which has been developed by our group is installed at the power outlets in some university campuses in Japan. Thus, it is called Campus WAMS, and the system was also applied to Singapore-Malaysia power system. Some results based on the long term continuous monitoring are described in this paper.

    Scopus

  • Thermal escape process of photogenerated carriers from GaAs single-quantum-well contained in GaAs/AlAs superlattices

    A. Satake,T. Tanigawa,Y. Tanaka and K. Fujiwara

    Physica E    42 ( 10 ) 2665 - 2668   2010年09月  [査読有り]

    DOI Scopus

  • Photoluminescence dynamics due to exciton and free carrier transport in GaAs/AlAs superlattices

    R. Kido,A. Satake,and K. Fujiwara

    Physica E    42 ( 10 ) 2655 - 2657   2010年09月  [査読有り]

    DOI Scopus

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 緑色(In,Ga)N多重量子井戸発光ダイオードのフォトルミネッセンス温度依存性

    趙 国男, 原 一生, 佐竹 昭泰, 藤原 賢三

    平成23年度 応用物理学会九州支部学術講演会 27Bp-1  (鹿児島市)  2011年11月  -  2011年11月   

  • GaAs/AlAs超格子の光スペクトルにおける励起子効果

    小矢 美奈子, 乗安 将気, 佐竹 昭泰, 藤原 賢三

    平成23年度 応用物理学会九州支部学術講演会 27Ba-6  (鹿児島市)  2011年11月  -  2011年11月   

  • YAG:Ceと青色発光ダイオードベースによる白色発光ダイオードの色度制御

    渕野大我, 佐竹昭泰, 藤原賢三

    平成23年度 応用物理学会九州支部学術講演会 27Ba-5  (鹿児島市)  2011年11月  -  2011年11月   

  • 青色(In,Ga)N 量子井戸ダイオードの時間分解フォトルミネッセンスの温度依存性

    藤崎毅, 佐竹昭泰, 藤原賢三

    平成23年度 応用物理学会九州支部学術講演会 26Ba-6  (鹿児島市)  2011年11月  -  2011年11月   

  • 青色(In,Ga)N 量子井戸ダイオードの時間分解フォトルミネッセンスのバイアス依存性

    藤崎毅, 佐竹昭泰, 藤原賢三

    平成23年度 応用物理学会九州支部学術講演会 26Ba-5  (鹿児島市)  2011年11月  -  2011年11月   

全件表示 >>

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 半導体量子構造系におけるキャリア-量子捕獲および離脱機構

    基盤研究(B)

    研究期間:  2004年04月  -  2007年03月

    研究課題番号:  16360157

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度  電磁気学演習

  • 2018年度  電磁気学Ⅲ

  • 2017年度  電磁気学演習

  • 2017年度  電気電子工学実験Ⅱ

  • 2017年度  電気電子工学実験入門

全件表示 >>