2024/05/15 更新

写真a

ヤマワキ アキラ
山脇 彰
YAMAWAKI Akira
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 5

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院工学研究院 電気電子工学研究系
職名
准教授
外部リンク

研究キーワード

  • リコンフィギャラブルシステム

  • デジタル回路システム

  • コンピュータアーキテクチャ

  • システムLSI

  • センサシステム

研究分野

  • 情報通信 / 計算機システム

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電子デバイス、電子機器

出身学校

  • 1997年03月   九州工業大学   工学部   電気工学   卒業   日本国

出身大学院

  • 1999年03月   九州工業大学   工学研究科   電気工学   修士課程・博士前期課程   修了   日本国

取得学位

  • 九州工業大学  -  博士(工学)   2006年03月

学内職務経歴

  • 2015年09月 - 現在   九州工業大学   大学院工学研究院   電気電子工学研究系     准教授

  • 2008年04月 - 2015年08月   九州工業大学   大学院工学研究院   電気電子工学研究系     助教

  • 2007年04月 - 2008年03月   九州工業大学   工学部     助教

  • 2000年04月 - 2007年03月   九州工業大学   工学部     助手

学外略歴

  • 1999年04月 - 2000年03月   三菱電機株式会社 半導体事業所   職員(技術系)   日本国

所属学会・委員会

  • 2016年04月 - 現在   IEEE   アメリカ合衆国

  • 2012年10月 - 現在   産業応用工学会   日本国

  • 1999年04月 - 現在   電子情報通信学会   日本国

  • 1997年04月 - 2012年03月   情報処理学会   日本国

研究経歴

  • ディジタル回路システム

    組込みシステム,高性能・省電力ハードウェア,コンピュータアーキテクチャ

    研究期間: 2000年04月  -  現在

  • ディジタル回路設計法

    高位合成,ハードウェア指向ソフトウェア記述

    研究期間: 2000年04月  -  現在

  • スマートセンサシステム

    センサ,信号処理

    研究期間: 2009年04月  -  現在

  • 再構成可能ディジタル・アナログ回路システム

    未設定

    研究期間: 2008年04月  -  2024年03月

論文

  • A Real-time Non-Photorealistic Rendering System using a High-Level Synthesized Hardware of Pencil Drawing Style Image Conversion 査読有り 国際誌

    Honoka Tani, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 12th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2024 (ICIAE2024)   158 - 165   2024年03月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   松江   2024年03月26日  -  2024年03月30日

    DOI: 10.12792/iciae2024.027

    DOI: 10.12792/iciae2024.027

  • Development of Wired Zero-powered Sensor Network Group in Wired-wireless Hierarchical Sensor Network 査読有り 国際誌

    Akira Yamawaki, Seiichi Serikawa

    Proceedings of the 12th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2024 (ICIAE2024)   182 - 187   2024年03月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   松江   2024年03月26日  -  2024年03月30日

    DOI: 10.12792/iciae2024.030

    DOI: 10.12792/iciae2024.030

  • Multi-staging Effect of Averaging Filter on High-Level Synthesized Pencil Drawing Style Image Conversion Hardware 査読有り 国際誌

    Honoka Tani, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 12th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2024 (ICIAE2024)   174 - 181   2024年03月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   松江   2024年03月26日  -  2024年03月30日

    DOI: 10.12792/iciae2024.029

    DOI: 10.12792/iciae2024.029

  • Effect of Median Filter on High-level Synthesized Pencil Drawing Style Image Conversion Hardware 査読有り 国際誌

    Honoka Tani, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 12th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2024 (ICIAE2024)   166 - 173   2024年03月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   松江   2024年03月26日  -  2024年03月30日

    DOI: 10.12792/iciae2024.028

    DOI: 10.12792/iciae2024.028

  • Light-weight color image conversion like pencil drawing for high-level synthesized hardware 査読有り 国際誌

    Tani H., Yamawaki A.

    Artificial Life and Robotics   29 ( 1 )   29 - 36   2024年02月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    We are developing pencil-drawing-style image conversion software suitable for high-level synthesis, HLS, technology that automatically converts software into hardware. The pencil-drawing-style image conversion consists of the former and latter processes. The former generates the images expressing edge strengths and their directions. The latter process convolves the line segment corresponding to the edge strength with its direction. As hardware-oriented software description, the medium data across the former and latter processes are optimized. In addition, the former and latter processes are overlapped between the FIFO buffer passing the medium data. The obtained image is still a gray-scaled image. To make it support the color image, this paper inserts a process compositing the original color image with the grayed pencil-drawing-style image to not intervene in the pipelined data path behavior. As a result, an HLS tool used is expected to generate a hardware module with the ideal pipelined data path by one output data/one clock. The experimental results show that the colorization hardware had no significant performance degradation issues for circuit size, run time, or power efficiency compared to the pencil drawing hardware with grayscale. Compared with the software execution, our hardware supporting color image can achieve 4.2 times the performance improvement and 130 times power efficiency.

    DOI: 10.1007/s10015-023-00927-2

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85180442262&origin=inward

  • An investigation of line and frame based descriptions on designing sprite drawing hardware in high-level synthesis 査読有り 国際誌

    Yuka Otani, Akira Yamawaki

    Proceedings of 2023 11th International Japan-Africa Conference on Electronics, Communications and Computations (JAC-ECC) ( IEEE )   176 - 179   2023年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    エジプト(オンライン)   Alexandria   2023年12月18日  -  2023年12月20日

    We are developing a sprite drawing process in a game software library optimized to make high-level synthesis, HLS, generate an efficient hardware. There are two description methods to realize an image processing consisting of several sub-processes. The one is line-based method processing every line and the another is frame-based method processing every image among them. Which method is better must be investigated when using HLS to develop a sprite drawing hardware. The experimental result shows that the frame-based method is better about performance because it reduces an overhead due to switching every line. However, the line-based method is more suitable from the viewpoints about the amount of hardware and power consumption.

    DOI: 10.1109/JAC-ECC61002.2023.10479603

    DOI: 10.1109/JAC-ECC61002.2023.10479603

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85190685671&origin=inward

  • Process chaining without image and performance loss for pencil drawing style image conversion in High-Level Synthesis 査読有り 国際誌

    Honoka Tani, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 10th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2023 (ICISIP 2023)   148 - 153   2023年09月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   別府   2023年09月04日  -  2023年09月08日

    DOI: 10.12792/icisip2023.030

    DOI: 10.12792/icisip2023.030

  • An investigation of performance and power efficiency for parallax background scrolling hardware written in high-level synthesis 査読有り 国際誌

    Kilryong Lee, Akira Yamawaki

    Journal of Physics: Conference Series   2559 ( 2559 )   012008   2023年08月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    韓国   済州島   2023年02月18日  -  2023年02月20日

    We are developing a game programming software library so that high-level synthesis, HLS, can automatically generate high-performance and low-power hardware modules. A mobile terminal with a user-available reconfigurable device like Field programmable gate array, FPGA, we have proposed will efficiently perform game application built in HLS-oriented game library instead of power-hungry software execution. The dynamic hardware reconfiguration on a single FPGA can execute many kinds of game applications. Our previous research has developed software description methods for two-background scrolling in HLS-oriented game programming library by using two methods. They are (1) Full-parallel equips plural physical ports loading background images individually making HLS hardware execute the entire process parallelly increasing the amount of hardware: (2) Semi-parallel shares the single port loading background images serially, suppressing the hardware growth while achieving moderate performance by overlapping operation phases. We investigate two methods about execution time and power efficiency on the parallax scrolling with 2 to 4 backgrounds. The execution times of full-parallel hardware at 100MHz clock frequency are constantly about 9.65 [ms] while those of semi-parallel are 28, 38 and 47 [ms]. The PC at 3.2 GHz shows 78, 98 and 105 [ms] respectively as well. The power efficiencies about the full-parallel estimated considering hardware enlargement are 167, 208 and 112 times compared to the software execution in the PC, while those of semi-parallel are 94, 88 and 75 times. This fact indicates that the full-parallel is better strategy for parallax background scrolling in this case although more hardware resource are invested.

    DOI: 10.1088/1742-6596/2559/1/012008

    DOI: 10.1088/1742-6596/2559/1/012008

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85172277917&origin=inward

  • Wired-Wireless Hierarchical Sensor Network using Zero power Sensor Node 査読有り 国際誌

    Akira Yamawaki, Makoto Miyauchi, Seiichi Serikawa

    Journal of Physics: Conference Series   2559 ( 2559 )   012004   2023年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    韓国   済州島   2023年02月18日  -  2023年02月20日

    The wireless sensor network, WSN, is a promising technology to make our social life better. However, the maintenance of the battery attached to each sensor node avoids WSN widely be used. The zero standby-power sensor node (ZSSN) extends battery life by eliminating standby power, but they impose high cost and maintenance burdens because each node has its own battery and wireless module. This paper proposes a wired-wireless hierarchical sensor network consisting of a small network group of ZPSNs (Zero power sensor node) with large capacitor as power supply that are wired together, and the parent node has a wireless module and an energy harvester. The proposed WSN can suppress the number of energy harvesters and wireless modules to that of groups. There are no batteries by replaced to the capacitors. That is, our WSN can reduce the maintenance and cost caused by which there is no battery, and each only parent node has wireless module and energy harvester. The experimental result shows that the standby ZPSN can keep enough voltage 48 days on the large capacitor to operate in active mode correctly.

    DOI: 10.1088/1742-6596/2559/1/012004

    DOI: 10.1088/1742-6596/2559/1/012004

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85172276329&origin=inward

  • Process Integration to Realize Full Pipelined Pencil Drawing Style Image Conversion Hardware in High-Level Synthesis 査読有り 国際誌

    Honoka Tani, Akira Yamawaki

    Proceedings of 5th International Conference on Computer Communication and the Internet 2023 (ICCCI 2023)   251 - 255   2023年08月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   藤沢   2023年06月23日  -  2023年06月26日

    We are developing pencil drawing style image conversion software suitable for High-Level Synthesis (HLS) technology that automatically converts software into hardware. As an initial step, we have developed software for HLS by dividing the entire process into former and latter sub-processes to reduce the size of the target, and then developed software for each of these sub-processes. Former and latter processes have been optimized for HLS, and the HLS hardware modules were able to achieve an ideal performance with well-pipelined data path. However, they are fired sequentially. So, the total performance has a rest of room to improve the performance by overlapping former and latter processes. This paper develops the HLS oriented software that the HLS can generate hardware module integrating former and later processes. This integration can achieve a totally pipelined data path across all processes. As a result, it is expected that the performance becomes ideal one without sequential executing part. The experimental result confirms the effectiveness of the proposed method by comparing the processing time, circuit size, and power efficiency with those of previous hardware.

    DOI: 10.1109/ICCCI59363.2023.10210175

    DOI: 10.1109/ICCCI59363.2023.10210175

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85170036997&origin=inward

  • Development of High-performance Sprite Drawing Process in a Game Library for High-Level Synthesis 査読有り 国際誌

    Yuka Otani, Akira Yamawaki

    Proceedings of 5th International Conference on Computer Communication and the Internet 2023 (ICCCI 2023)   223 - 228   2023年08月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   藤沢   2023年06月23日  -  2023年06月26日

    A mobile terminal dynamically reconfiguring an optimal hardware for each application can achieve higher performance and lower power consumption. To develop game applications running on such mobile terminal requires a high-level synthesizable game library whose functions can be automatically converted to hardware modules. Each function in a high-level synthesizable library, must be written considering characteristic of hardware to be converted to an efficient hardware. This paper focuses on the drawing of 2D sprite characters which is a common function among many conventional software game libraries. Sprite movement is realized by drawing and compositing with a background image. To achieve this, we develop a software description suitable for high-level synthesis while taking into hardware characteristics. The characteristics considered are the burst transfer of memory access and the parallelization of the former and later processes. Experimental results show that our high-level synthesis hardware is 1.6 times faster and sixteen times more power efficient than software execution.

    DOI: 10.1109/ICCCI59363.2023.10210177

    DOI: 10.1109/ICCCI59363.2023.10210177

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85170059033&origin=inward

  • Hardware Development of Sphere Intersection in Ray-casting Using High-Level-Synthesis 査読有り 国際誌

    Kazuki Kurata, Akira Yamawaki

    Proceedings of The 7th Imaging, Signal Processing and Communications 2023 (ICISPC2023)   86 - 90   2023年07月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   熊本   2023年07月21日  -  2023年07月23日

    Game applications that require high graphics performance have a large processing load, which greatly affects the running time of battery-driven mobile terminals. Mobile terminals that support dynamic partial reconfiguration of hardware can perform high-performance and low-power graphics processing through power-efficient hardware execution, rather than software. This paper develops hardware for the intersection determination process in ray-casting, which is utilized in the creation of high-graphic game applications. In the development, the HLS, which is an automated software-to-hardware conversion tool is used. We developed the software of intersection determination process so that the HLS can generate small-resource-usage, high-performance, and power-efficient hardware. Intersection determination of ray-casting is carried out by vector and square root calculation. Usually, these calculations are executed in floating-point operation. However, this operation method tends to increase the size of the circuit because it requires a great deal of resources when implemented hardware. It is not desirable due to a huge circuit size means high power consumption. Therefore, this paper shows an optimal method in vector and square root calculations using fixed point, while considering its accuracy. Also, through demonstrations on actual machines, we evaluate its usefulness in terms of performance, circuit size and power efficiency.

    DOI: 10.1109/ICISPC59567.2023.00024

    DOI: 10.1109/ICISPC59567.2023.00024

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85183460173&origin=inward

  • Data Path parallelization to Improve Performance of High-level Synthesized Sprite Drawing Hardware 査読有り 国際誌

    Yuka Otani, Akira Yamawaki

    Proceedings of The 7th Imaging, Signal Processing and Communications 2023 (ICISPC2023)   97 - 101   2023年07月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   熊本   2023年07月21日  -  2023年07月23日

    A mobile terminal architecture which can dynamically reconfigure the optimal hardware for each application can achieve higher performance and lower power consumption compared with a conventional one. We are developing a software game library so that the high-level synthesis, HLS, can automatically generate an efficient hardware module in such mobile terminals. The HLS library must be built with deep consideration of hardware organization. Otherwise, the HLS converts software into a large and slow hardware module. This paper focuses on the drawing of 2D sprite characters. Character movement is achieved by repeatedly compositing the background image and sprite image during drawing. The data paths are parallelized on the sprite drawing process so that the HLS can produce better hardware. The experiments confirm the effectiveness of the proposed method on the actual machine and simulation.

    DOI: 10.1109/ICISPC59567.2023.00026

    DOI: 10.1109/ICISPC59567.2023.00026

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85183473669&origin=inward

  • Memory access optimization for former process of pencil drawing style image conversion in High-level Synthesis 査読有り 国際誌

    Honoka Tani, Akira Yamawaki

    Parallel and Distributed Computing, Applications and Technologies. PDCAT 2022. Lecture Notes in Computer Science ( Springer, Cham )   13798 LNCS ( 13798 )   57 - 68   2023年04月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   仙台   2022年12月07日  -  2022年12月09日

    To effectively use high-level synthesis, which automatically converts software to hardware, it is necessary to create software programs considering hardware configuration. This paper attempts to automatically generate high-performance and power-saving hardware from software for pencil drawing style image conversion. The former process of the pencil drawing style image conversion reads the input image for each window and generates a lot of middle images. Automatic generation of better hardware requires an optimization of those memory accesses. The proposed method optimizing memory accesses achieves a performance improvement of about 65 times over the base hardware. As a result, the proposed method improved performance by about 1.4 times and 50 times compared to the software execution on a PC and an embedded CPU respectively.

    DOI: 10.1007/978-3-031-29927-8_5

    DOI: 10.1007/978-3-031-29927-8_5

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85159485982&origin=inward

  • High-level Synthesized Hardware of Fundamental Morphological Operation and its Applicatio 査読有り 国際誌

    Daiki Okamoto, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 11th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2023 ( 産業応用工学会 )   276 - 281   2023年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   那覇   2023年03月26日  -  2023年03月30日

    DOI: 10.12792/iciae2023.048

    DOI: 10.12792/iciae2023.048

  • Investigation Toward Realization of High-level Synthesizable Sprite Moving Functions 査読有り 国際誌

    Kyota Matsuda, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 11th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2023 ( 産業応用工学会 )   269 - 275   2023年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   那覇   2023年03月26日  -  2023年03月30日

    DOI: 10.12792/iciae2023.047

    DOI: 10.12792/iciae2023.047

  • Development of Relationship Interface between High-level Synthesis and Web Browser-based Hardware Verification System with Virtual Peripheral 査読有り 国際誌

    Tomomi Yoshizuka, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 11th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2023 ( 産業応用工学会 )   320 - 324   2023年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   那覇   2023年03月26日  -  2023年03月30日

    DOI: 10.12792/iciae2023.055

    DOI: 10.12792/iciae2023.055

  • Introduction Hardware Switching Functionality to Web browser-based FPGA Hardware Verification System 査読有り 国際誌

    Tomomi Yoshizuka, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 11th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2023 ( 産業応用工学会 )   315 - 319   2023年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   那覇   2023年03月26日  -  2023年03月30日

    DOI: 10.12792/iciae2023.054

    DOI: 10.12792/iciae2023.054

  • An investigation of software describing methods to design dual background scrolling hardware in high-level synthesis 査読有り 国際誌

    Lee K., Yamawaki A.

    Artificial Life and Robotics   28 ( 3 )   547 - 552   2023年03月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    We are developing a game programing library which can be converted to hardware modules by high-level synthesis, HLS technology to realize high-performance and low-power mobile terminals executing game applications. High-level synthesis is a technology that converts software into hardware automatically. The game software is executed by high-speed and low-power hardware on the reconfigurable devices in the mobile terminals instead of power-hungry software execution. To make high-level synthesis tool generate desirable hardware module, we must describe software program well considering the hardware organization. In this paper, we developed two software description methods for dual background scrolling processing as one of functions in high-level synthesis-oriented game software library. We also evaluate the execution time, resource usage, and power consumption of hardware modules that high-level synthesis generated through the experiments and investigate which hardware module has better performance.

    DOI: 10.1007/s10015-023-00866-y

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85150612783&origin=inward

  • Hardware Development of Virtual Background Scrolling Independent on Physical Resolution in High-level Synthesis 査読有り 国際誌

    Kilryong Lee, Akira Yamawaki

    Proceedings of The 28th International Symposium on Artificial Life and Robotics 2023 (AROB 2023)   725 - 728   2023年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   別府   2023年01月25日  -  2023年01月27日

  • Effect of Line Segment Size on Pencil Drawing-like Image Conversion Hardware Developed by High-level Synthesis 査読有り 国際誌

    Honoka Tani, Akira Yamawaki

    Proceedings of The 28th International Symposium on Artificial Life and Robotics 2023 (AROB 2023)   740 - 743   2023年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   別府   2023年01月25日  -  2023年01月27日

  • Development of image uploading function in Web browser-based FPGA Hardware Verification System 査読有り 国際誌

    Tomomi Yoshizuka, Akira Yamawaki

    Proceedings of The 28th International Symposium on Artificial Life and Robotics 2023 (AROB 2023)   736 - 739   2023年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   別府   2023年01月25日  -  2023年01月27日

  • Development of High-level Synthesis Oriented Background Scroll Function Considering Hierarchy of Game Display Frame 査読有り 国際誌

    Lee K., Yamawaki A.

    Proceedings of IEEE Region 10 Annual International Conference 2022 (TENCON2022)   2022-November   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2022年11月01日  -  2022年11月04日

    We are developing background scrolling function in High-Level Synthesizable game programing library to realize high-performance and power-saving mobile terminals executing game applications by using hardware execution in Field Programmable Gate Array, FPGA. High-Level Synthesis converts software into hardware automatically and it can reduce heavy burden of hardware development. In game application, display resolution has not to be always same as game screen size. The hierarchy layering game screens with varying sizes on the display frame may provide more engaging effect to the game application. In such case like the size of game screen differs from the display resolution, the appropriate integration of the updated game screen into the display frame is required. Performing updating and embedding the game screen individually may lead to degrade the performance of hardware because useless memory copies become bottleneck. To solve this problem for the background scrolling on the game screen, we extend our function to fit the background scrolled to physical display resolution simultaneously. That is, this paper proposes a high-level synthesizable software description method for background scrolling considering hierarchy of display frame and evaluates this effect.

    DOI: 10.1109/TENCON55691.2022.9977798

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85145664621&origin=inward

  • Development of a real camera system with high-level synthesised hardware of median-based dynamic background subtraction 査読有り 国際誌

    Shinyamada K., Yamawaki A.

    Artificial Life and Robotics   27 ( 3 )   541 - 546   2022年07月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Hardware processing is more suitable for embedded image processing systems because of its higher performance and lower power consumption compared to software processing. In order to gain market share in the rapidly expanding market, early development of products and early introduction to the market are essential. A high-level synthesis tool exists to support this. This tool automatically converts high-level languages into hardware description languages. In a real embedded system, maximum system performance and power saving can be achieved by an optimal combination of carefully generated high-level synthesis hardware and peripheral devices such as cameras and displays. We have developed a program description method for high-level synthesis of the median-based dynamic background subtraction method. In this study, the developed high-level synthesis hardware is installed in the system to obtain the maximum performance. The maximum frame rate, ignoring the performance of the real camera, was 166 fps when the image size was QVGA and the number of past time series data was N= 4 , which was very fast. Regardless of the image size, the hardware processing was more power efficient than the software processing.

    DOI: 10.1007/s10015-022-00777-4

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85134528992&origin=inward

  • Development of a general purpose verification environment for high-level-synthesis image processing hardware with support for dynamic partial reconfiguration 査読有り 国際誌

    Shojima A., Yamawaki A.

    Artificial Life and Robotics   27 ( 3 )   554 - 560   2022年07月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The verification of image processing hardware using FPGAs requires various peripherals. Although commercially available FPGA boards also include peripherals, it is necessary to design and implement interface circuits to use them. Furthermore, since each board has different peripherals, new interfaces have to be designed each time. Also, these interface circuits are not generated by HLS. Therefore, we are developing a hardware verification environment that is independent of the peripherals of FPGA boards. The verification environment we proposed last time consists of a general-purpose FPGA board, a PC, and server/client programs running on the PC and on the CPU of the FPGA board. By virtualizing the peripherals to be installed in the product on the PC, verification can be performed regardless of the peripherals on the FPGA board. TCP/IP communication also makes it possible to verify huge images. However, in this verification environment, each verification has to be compiled on the FPGA implementation tool. Therefore, in this paper, we aim to create a verification environment in which hardware can be replaced dynamically during verification by implementing DPR.

    DOI: 10.1007/s10015-022-00772-9

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85133573194&origin=inward

  • 仮想周辺機器を備えた高位合成画像処理ハードウェア向け汎用検証環境 招待有り

    山脇 彰, 庄嶋 篤

    画像ラボ ( 日本工業出版 )   33 ( 5 )   20 - 27   2022年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • Background scrolling in high-level synthesis oriented game programing library 査読有り 国際誌

    Lee K., Yamawaki A.

    Artificial Life and Robotics   27 ( 3 )   455 - 460   2022年04月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    We are developing a game programing library which can be converted to hardware modules by high-level synthesis, HLS technology to realize high-performance and low-power mobile terminals executing game applications. High-level synthesis is a technology that converts software into hardware automatically. The game software is executed by high-speed and low-power hardware on the reconfigurable devices in the mobile terminals instead of power-hungry software execution. To make high-level synthesis tool generate a desirable hardware module, we must describe software program well considering the hardware organization. In this paper, we develop a background scrolling processing as one of functions in high-level synthesis-oriented game software library. The pure software to realize the background scrolling has two nested loops accessing to the same array in the main loop. The former loop must finish all read and write accesses to the arrays before starting the operations of the latter loop. This prevents the latter loop starting in parallel to the former loop even if they have some parallelism. As a result, it disturbs making hardware high-speeded and well-pipelined by high-level synthesis tool and may lead to a significant latency. In this paper, we show a program description method to avoid this problem. With this method, high-level synthesis tool may convert background scrolling processing efficiently. In addition, we also evaluate the execution time, resource usage and power consumption of the hardware module that high-level synthesis generated through the experiment.

    DOI: 10.1007/s10015-022-00758-7

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85128090736&origin=inward

  • Development of an Embedded Device with Motion Detection by Dynamic Background Subtraction Using High-Level Synthesis 査読有り 国際誌

    Kohei Shinyamada, Akira Yamawaki

    Proceedings of The 10th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2022 ( 産業応用工学会 )   173 - 180   2022年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   オンライン   2022年03月26日  -  2022年03月30日

    DOI: 10.12792/iciae2022.031

    DOI: 10.12792/iciae2022.031

  • 動的背景差分による動体検知機能を備えた カメラ搭載組み込みシステムの高位合成を用いた開発 査読有り

    新山田 公平, 山脇 彰

    産業応用工学会論文誌 ( 産業応用工学会 )   10 ( 1 )   10 - 17   2022年03月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Hardware-based image processing is suitable for embedded systems because of its high speed and low power consumption. In addition, by using the technology of high-level synthesis, the creation of hardware can be done quickly and flexibly. In this study, we developed an embedded system with a camera that has a median-based dynamic background subtraction function. In this system, we introduced the concept of a ring buffer to run three pieces of hardware in parallel. As a result, when the image size is QVGA and the number of time-series images is 4, the maximum frame rate of the system is 194 fps. In addition, it was confirmed that the power efficiency of the system was much better than that of software processing.

    DOI: 10.12792/jjiiae.10.1.10

    DOI: 10.12792/jjiiae.10.1.10

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjiiae/10/1/10_10/_article/-char/ja

  • An Investigation of Software Describing Method to Design Dual Background Scrolling Hardware in High-level Synthesis 査読有り 国際誌

    Kilryong Lee, Akira Yamawaki

    Proceedings of The 27th International Symposium on Artificial Life and Robotics 2022 (AROB 2022)   697 - 700   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   オンライン   2022年01月25日  -  2022年01月25日

  • Development of a Real Camera System with High-Level Synthesis Hardware of Median-Based Dynamic Background Subtraction 査読有り 国際誌

    Kohei Shinyamada, Akira Yamawaki

    Proceedings of The 27th International Symposium on Artificial Life and Robotics 2022 (AROB 2022)   782 - 786   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   オンライン   2022年01月25日  -  2022年01月25日

  • Development of a general purpose verification environment for high-level-synthesis image processing hardware with support for dynamic partial reconfiguration 査読有り 国際誌

    Atsushi Shojima,, Akira Yamawaki

    Proceedings of The 27th International Symposium on Artificial Life and Robotics 2022 (AROB 2022)   750 - 755   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   オンライン   2022年01月25日  -  2022年01月25日

  • Building Primitive Functionality of Web browser-based FPGA Hardware Verification System 査読有り 国際誌

    Tomomi Yoshizuka, Akira Yamawaki

    Proceedings of The 27th International Symposium on Artificial Life and Robotics 2022 (AROB 2022)   706 - 709   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   オンライン   2022年01月25日  -  2022年01月25日

  • Development of Haze Removing Hardware Using High-Level Synthesis 査読有り

    Shirai D., Yamawaki A.

    Proceedings of International Conference on Artificial Life and Robotics   612 - 615   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    We have developed a hardware for low-power and high-speed haze removing to sharpen hazy images in batterypowered embedded image processing systems such as drones. For development, we used HLS (High-Level Synthesis), which automatically converts software into hardware. In this paper, we evaluate the performance and power efficiency of the hardware obtained by high-level synthesis based on the haze removing software developed considering the hardware specifications and show its effectiveness.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85125148066&origin=inward

  • Hardware Development of Edge-Preserving Bubble Image Conversion in High-level Synthesis 査読有り

    Qin J., Yamawaki A.

    Proceedings of International Conference on Artificial Life and Robotics   608 - 611   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    The non-photorealistic rendering, NPR, is widely used in social networking service on the mobile device. To realize a real time NPR with low power making battery life of mobile device longer, we attempt to develop hardware module by using high-level synthesis, HLS, converting software to hardware automatically. This research focuses on edgepreserving bubble image, EPB, converting photos into image like filled with bubbles. We proposed a software description method for EPB algorithm so that HLS can generate a high-performance and low-power hardware module. Through the practical experiments, we show that our proposed description method can make HLS generate good hardware module improving the performance and power efficiency compared with the conventional method.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85125150712&origin=inward

  • Omnidirectional Background Scrolling in High-Level Synthesis Oriented Game Programing Library 査読有り 国際誌

    Lee K., Yamawaki A.

    Proceedings of IEEE Region 10 Annual International Conference 2021 (TENCON2021)   2021-December   140 - 144   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    オンライン   2021年12月07日  -  2021年12月10日

    We are developing a game programing library which can be converted to good hardware modules by high-level synthesis, HLS, technology to realize high-performance and low-power mobile terminals executing game applications. High level synthesis, HLS, is a technology that converts software into hardware automatically. Some power-hungry parts of game software are executed by high-speed and low-power hardware on the reconfigurable devices in the mobile terminals. To make an HLS tool generate a desirable hardware module, we must describe software program well considering the hardware organization. In previous study, we developed the software describing method for horizontal background scrolling. This method improved the performance of HLS hardware significantly. In this paper, we are going to propose software description method for omnidirectional background scrolling based on previous study. With this method, HLS tool may convert background scrolling processing efficiently. In addition, we also evaluate the execution time, resource usage and power consumption of the hardware module that HLS generated through experiment.

    DOI: 10.1109/TENCON54134.2021.9707379

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85125964637&origin=inward

  • Development of High Performance Hardware by High-Level Synthesis of Median-Based Dynamic Background Subtraction Method with Multiple Line Buffers 査読有り 国際誌

    Shinyamada K., Yamawaki A.

    Proceedings of IEEE Region 10 Annual International Conference 2021(TENCON2021)   2021-December   123 - 127   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    オンライン   2021年12月07日  -  2021年12月10日

    Hardware processing is suitable for embedded image processing systems because of its lower power consumption and higher performance compared to software processing. To facilitate development, a tool called high-level synthesis, which automatically converts high-level languages into hardware description languages, is used. However, high-level synthesis of pure software does not necessarily generate efficient hardware. In this study, we attempted to generate high-performance image processing hardware using a median-based dynamic background subtraction method. As a result, we found that high-performance hardware can be generated when multiple line buffers are introduced. Compared to the non-introduced one, the performance was improved by about 13 times.

    DOI: 10.1109/TENCON54134.2021.9707206

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85125966122&origin=inward

  • Development of a Simple Verification Environment Using FPGA for image processing Hardware Created by High-Level-Synthesis Using TCP/IP 査読有り 国際誌

    Atsushi Shojima, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 8th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2021 ( 産業応用工学会 )   221 - 226   2021年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   神戸(オンライン)   2021年09月06日  -  2021年09月10日

    DOI: 10.12792/icisip2021.038

  • Effect of Sorting Algorithms on High-level Synthesized Image Processing Hardware 査読有り 国際誌

    Kohei Shinyamada, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 8th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2021 ( 産業応用工学会 )   16 - 20   2021年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   神戸(オンライン)   2021年09月06日  -  2021年09月10日

    DOI: 10.12792/icisip2021.005

  • Hardware Development of Color Image Contrast Enhancement by High-level Synthesis 査読有り 国際誌

    Akira Yamawaki, Mitsunori Mizumachi, Seiichi Serikawa

    Proceedings of IEEE Region 10 Symposium (TENSYMP) 2021 ( IEEE Region 10 )   697 - 701   2021年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    韓国   済州島(オンライン)   2021年08月23日  -  2021年08月25日

    DOI: 10.1109/TENSYMP52854.2021.9550810

  • Hardware Development of Skylight Estimation Processing in Haze Removing Using High-level Synthesis 査読有り 国際誌

    Daiki Shirai,Akira Yamawaki

    Proceedings of The 9th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2021 (ICIAE2021) ( 産業応用工学会 )   107 - 111   2021年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州   2021年03月26日  -  2021年03月30日

    DOI: 10.12792/iciae2021.020

  • Development of Primitive Circuit in a Scalable and Flexible PWM Mechanism Using FPGA 査読有り 国際誌

    Soma Doi,Akira Yamawaki

    Proceedings of The 9th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2021 (ICIAE2021) ( 産業応用工学会 )   264 - 267   2021年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州   2021年03月26日  -  2021年03月30日

    DOI: 10.12792/iciae2021.048

  • An Investigation of Mobile Device Supporting Online Self-dynamic Partial Reconfiguration on a Testbed System 査読有り 国際誌

    Yuma Chihara,Akira Yamawaki

    Proceedings of The 9th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2021 (ICIAE2021) ( 産業応用工学会 )   218 - 221   2021年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州   2021年03月26日  -  2021年03月30日

    DOI: 10.12792/iciae2021.039

  • Development of Generic Software System Transparent to Any Flexible and Scalable Sensor Array 査読有り 国際誌

    Ryota Nakamura,Akira Yamawaki

    Proceedings of The 9th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2021 (ICIAE2021) ( 産業応用工学会 )   212 - 217   2021年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州   2021年03月26日  -  2021年03月30日

    DOI: 10.12792/iciae2021.038

  • Performance Effect of I/O Peripheral Dynamic Reconfiguration on FPGA 査読有り 国際誌

    Kazuki Hashimoto,Akira Yamawaki

    Proceedings of The 9th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2021 (ICIAE2021) ( 産業応用工学会 )   208 - 211   2021年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州   2021年03月26日  -  2021年03月30日

    DOI: 10.12792/iciae2021.037

  • Development of a Projection-type Simple Stereoscopic Display with a Touch Panel Functionality 査読有り 国際誌

    Ryosuke Sato,Akira Yamawaki

    Proceedings of The 9th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2021 (ICIAE2021) ( 産業応用工学会 )   112 - 115   2021年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州   2021年03月26日  -  2021年03月30日

    DOI: 10.12792/iciae2021.021

  • High-level synthesis-oriented program description method considering display output in embedded video image processing system 査読有り 国際誌

    Kohei Shinyamada,Akira Yamawaki

    Proceedings of The Twenty-Sixth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2021 (AROB 26th 2021) ( 人工生命とロボット国際学会 )   388 - 393   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   オンライン   2021年01月21日  -  2021年01月23日

  • Evaluation of communication performance between sensor nodes in a flexible and scalable sensor array 査読有り 国際誌

    Ryota Nakamura,Akira Yamawaki

    Proceedings of The Twenty-Sixth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2021 (AROB 26th 2021) ( 人工生命とロボット国際学会 )   461 - 465   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   オンライン   2021年01月21日  -  2021年01月23日

  • Background Scrolling in High-level Synthesis Oriented Game Programing Library 査読有り 国際誌

    Kilryong Lee,Akira Yamawaki

    Proceedings of The Twenty-Sixth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2021 (AROB 26th 2021) ( 人工生命とロボット国際学会 )   414 - 417   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   オンライン   2021年01月21日  -  2021年01月23日

  • Development of a simple verification environment using FPGA of image processing hardware created by High-Level-Synthesis 査読有り 国際誌

    Atsushi Shojima,Akira Yamawaki

    Proceedings of The Twenty-Sixth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2021 (AROB 26th 2021) ( 人工生命とロボット国際学会 )   422 - 426   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   オンライン   2021年01月21日  -  2021年01月23日

  • Development and Evaluation of Hardware Dynamic Link Library on FPGA running Linux 査読有り 国際誌

    Takuma Sono,Akira Yamawaki

    Proceedings of The Twenty-Sixth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2021 (AROB 26th 2021) ( 人工生命とロボット国際学会 )   427 - 430   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   オンライン   2021年01月21日  -  2021年01月23日

  • Investigation of Feasibility for FPGA based Zero Standby-power Type Sensor Node 査読有り 国際誌

    Akira Yamawaki

    Proceedings of the 8th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2020 (ICIAE2020) ( the Institute of Industrial Applications Engineers )   265 - 268   2020年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   松江   2020年03月26日  -  2020年03月30日

    DOI: 10.12792/iciae2020.046

  • Sensor Data Gathering Time from Multiple Zero Standby power-type Sensor Nodes Simultaneously Awaken 査読有り 国際誌

    Akira Yamawaki, Makoto Miyauchi, Seiich Serikawa

    Proceedings of the 8th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2020 (ICIAE2020) ( the Institute of Industrial Applications Engineers )   171 - 175   2020年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   松江   2020年03月26日  -  2020年03月30日

    DOI: 10.12792/iciae2020.034

  • Performance Improvement of Hardware by Series Duplicating Data Buffer for High-level Synthesis 査読有り 国際誌

    Moena Yamasaki, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 8th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2020 (ICIAE2020) ( the Institute of Industrial Applications Engineers )   176 - 181   2020年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   松江   2020年03月26日  -  2020年03月30日

    DOI: 10.12792/iciae2020.035

  • Development of Histogram Equalization Hardware By High-level synthesis 査読有り 国際誌

    Akira Yamawaki, Makoto Miyauchi, Seiich Serikawa

    Proceedings of the 8th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2020 (ICIAE2020) ( the Institute of Industrial Applications Engineers )   261 - 264   2020年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   松江   2020年03月26日  -  2020年03月30日

    DOI: 10.12792/iciae2020.045

  • A performance evaluation of read/write burst transfer by high-level synthesizable software for the alpha blending processing 査読有り

    Yamagata Y., Yamawaki A.

    Artificial Life and Robotics   25 ( 2 )   253 - 257   2020年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2020, International Society of Artificial Life and Robotics (ISAROB). High-level synthesis, HLS is a technology to convert the software into the hardware automatically. It is expected as a technology that can greatly reduce the load of the hardware development. However, the current HLS that cannot convert the software not considered the hardware configuration into the optimum hardware. One of characteristics of the hardware to be considered is the burst transfer of memory access. In this paper, we evaluate the burst transfer with a subject of alpha blending processing as a theme. It is necessary to describe the program, so that the HLS tool can implicitly infer the burst transfer, because HLS tool does not have a pragma designating the burst transfer. We consider the description method of the program to infer the burst transfer and clarify the influence of read/write burst transfer on alpha blending.

    DOI: 10.1007/s10015-020-00590-x

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85081391351&origin=inward

  • Development of Filled Circle Drawing in High-level Synthesis Oriented Game Programming Library 査読有り 国際誌

    Yuki Yamagata, Akira Yamawaki

    Proceedings of 20th International Conference on Parallel and Distributed Computing, Applications and Technologies (PDCAT2019) ( IEEE )   280 - 284   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    オーストラリア   ゴールドコースト   2019年12月05日  -  2019年12月07日

    We are developing a high-level synthesizable software game library to realize high performance and low power mobile terminals executing game applications. High-level synthesis, HLS, is a technology that automatically converts software into hardware. Games developed by HLS oriented game software library are executed by high-speed and low-power hardware reconfigured on reconfigurable devices in mobile terminals. This paper develops a circle drawing processing as one of functions in HLS oriented game software library. We employ Michener's algorithm which is suitable for hardware implementation as a circle drawing algorithm because it just consists of simple integer operations. We also show the program description method so that HLS tool can convert the circle drawing processing based on Michener's algorithm to a good hardware module. The experiments evaluate the execution time and the amount of hardware of the hardware module HLS generated.

    DOI: 10.1109/PDCAT46702.2019.00058

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?eid=2-s2.0-85083221623&doi=10.1109%2fPDCAT46702.2019.00058&partnerID=40&md5=6cdf55dc987a247f1f11891406bfa90b

  • Effect of Parallel Processing by Duplicating Histogram in Automatic Image Binarization for High-level Synthesis 査読有り 国際誌

    Moena Yamasaki, Akira Yamawaki

    Proceedings of 20th International Conference on Parallel and Distributed Computing, Applications and Technologies (PDCAT2019) ( IEEE )   534 - 537   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    オーストラリア   ゴールドコースト   2019年12月05日  -  2019年12月07日

    The high-level synthesis converting software to hardware automatically is one of the important technologies for significantly reducing the burden caused by developing hardware module. The embedded image processing products need the HLS to quickly implement a hardware module achieving high-performance with low-power consumption instead of software implementation for high-computational processing. However, the HLS tool cannot generate a hardware module with high-performance and low-power consumption expected when the software program without deep consideration about the hardware organization to be generated is input. This paper shows a software description method to extract some parallelisms by duplicating the histograms in the automatic image binarization which is called as Otsu's method in order to improve a performance of the hardware module HLS generates. The experimental results show the effect of our description method about the performance and the amount of hardware. We also discuss about a trade-off among the parallelism, performance and amount of hardware.

    DOI: 10.1109/PDCAT46702.2019.00105

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?eid=2-s2.0-85083184174&doi=10.1109%2fPDCAT46702.2019.00105&partnerID=40&md5=17695de156279fc5c76e9282bcea1c93

  • Duplicating same argument of function to realize efficient hardware for high-level synthesis 査読有り

    Yamasaki M., Yamawaki A.

    Artificial Life and Robotics   25 ( 2 )   248 - 252   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019, International Society of Artificial Life and Robotics (ISAROB). High-level synthesis (HLS) automatically converting software into hardware is a promising technology to reduce the design burden significantly. However, to use HLS technology efficiently, software program must be described considering the hardware organization that HLS tool will generate. We are developing the HLS image processing library. However, some caution is required when using HLS for programs that read images. When the same image is read through an argument of the function, the input port corresponding to this argument on the hardware generated by HLS tool may cause the port conflict. As a result, the image reading is made serialized and this serialization disturbs the performance of the data path well pipelined by the HLS tool. This paper shows how to write a software program to avoid this problem. In addition, we adapt this method to two image processing and evaluate the effect of our proposal to them.

    DOI: 10.1007/s10015-019-00576-4

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85075883857&origin=inward

  • Description Method for High-level Synthesis of Histogram Generation and Their Evaluation 査読有り

    Moena Yamasaki, Akira Yamawaki

    IEIE Transactions on Smart Processing & Computing   8 ( 3 )   178 - 185   2019年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.5573/IEIESPC.2019.8.3.178

  • Performance Evaluation of Dynamic Partial Reconfiguration on FPGA by Hardware Time Division Execution 査読有り 国際誌

    Satoshi Yonemitsu, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 7th IIAEInternational Conference on Industrial Application Engineering 2019 ( Institute of Industrial Applications Engineers )   265 - 269   2019年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    日本   北九州   2019年03月26日  -  2019年03月30日

    DOI: 10.12792/iciae2019.052

  • A Study of Dynamic Partial Reconfiguration on FPGA of High-level Synthesized Hardware 査読有り 国際誌

    Takuma Sono, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 7th IIAEInternational Conference on Industrial Application Engineering 2019 ( Institute of Industrial Applications Engineers )   261 - 264   2019年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    日本   北九州   2019年03月26日  -  2019年03月30日

    DOI: 10.12792/iciae2019.051

  • Implementation of a single device measuring two biological signals by using dynamic analog circuit reconfiguration 査読有り

    Tetsuya Suematsu, Akira Yamawaki

    Proceedings of The Twenty-Fourth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2019   608 - 611   2019年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   別府   2019年01月23日  -  2019年01月25日

  • A Performance Evaluation of Read / Write Burst Transfer by High-level Synthesizable Software for the Alpha Blending Processing 査読有り

    Yuki Yamagata, Akira Yamawaki

    Proceedings of The Twenty-Fourth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2019   563 - 566   2019年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   別府   2019年01月23日  -  2019年01月25日

  • Duplicating Same Argument of Function to Realize Efficient Hardware for High-level Synthesis 査読有り

    Moena Yamasaki, Akira Yamawaki

    Proceedings of The Twenty-Fourth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2019   559 - 562   2019年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   別府   2019年01月23日  -  2019年01月25日

  • An Evaluation of Burst Transfer Inferred by a High-level Synthesis Tool 査読有り

    Yamagata Y., Yamawaki A.

    IEIE Transactions on Smart Processing and Computing   8 ( 2 )   143 - 149   2019年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 Institute of Electronics and Information Engineers. All rights reserved. High-level synthesis (HLS) is technology that automatically converts software to digital hardware. HLS has gained attention as a promising technology that can reduce the burden of hardware development. However, if a software program converted by HLS does not consider organization of the hardware, the current HLS technology cannot convert software to proper digital hardware. One of the characteristics of the hardware to be considered is burst transfer to memory access. Burst transfer attempts to speed up memory access by packing continuous data into a single address. This paper discusses a rectangle-drawing case study that demonstrates how to describe a C program so an HLS tool can infer burst transfer with an arbitrary burst length. Moreover, we consider the necessity to suppress optimization performed by the HLS tool to prevent increasing the amount of digital hardware when we implement the arbitrary burst length. Experiments clarify how performance and the hardware scale change based on the difference in the burst length and suppression of optimization.

    DOI: 10.5573/IEIESPC.2019.8.2.143

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85068577459&origin=inward

  • Proposal of an ultrasonic sensor array with flexible and scalable organization 査読有り

    Yuichi Morita, Sota Kono, Akira Yamawaki

    Artificial Life and Robotics   1 - 6   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/s10015-018-0511-5

  • An Evaluation of Burst Transfer Inferred by a High-level Synthesis Tool 査読有り

    Yuki Yamagata,Akira Yamawaki

    Proceedings of TENCON 2018 - 2018 IEEE Region 10 Conference   2120 - 2123   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    韓国   済州島   2018年10月28日  -  2018年10月31日

    DOI: 10.1109/TENCON.2018.8650448

  • Describing Methods for High-level Synthesis of Histogram Generation and Their Evaluation 査読有り

    Moena Yamasaki, Akira Yamawaki

    Proceedings of TENCON 2018 - 2018 IEEE Region 10 Conference   2116 - 2119   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    韓国   済州島   2018年10月28日  -  2018年10月31日

    DOI: 10.1109/TENCON.2018.8650055

  • Development of Pre/Post-Integrated Image Processing Hardware by High Level Synthesis for Camera Sensor Node 査読有り

    Sota Miura, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 6th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2018   244 - 248   2018年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   松江   2018年09月10日  -  2018年09月10日

    DOI: 10.12792/icisip2018.047

  • Design of Daisy-chain Connection for Flexible and Scalable Ultrasonic Sensor Array 査読有り

    Yuichi Morita, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 6th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2018   132 - 136   2018年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   松江   2018年09月10日  -  2018年09月10日

    DOI: 10.12792/icisip2018.027

  • Development of Memory Mapped Register and Bus Switch Circuit for Hardware Virtualization in GEDY 査読有り

    Sota Kono, Satoshi Yonemitsu, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 6th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2018   137 - 141   2018年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   松江   2018年09月10日  -  2018年09月10日

    DOI: 10.12792/icisip2018.028

  • Investigation of Measuring Multiple Biological Signals by Analog Circuit Dynamic Reconfiguration 査読有り

    Tetsuya Suematsu, Yuta Suzuki, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 6th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2018   142 - 145   2018年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   松江   2018年09月10日  -  2018年09月10日

    DOI: 10.12792/icisip2018.029

  • An Investigation to Realize Zero Standby Strain Sensor Node 査読有り

    Yuta Suzuki, Yuichi Morita, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 33rd International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC) 2018   70 - 73   2018年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    タイ   バンコク   2018年07月04日  -  2018年07月07日

  • Development of Image Compression Hardware by High level Synthesis for Wireless Camera Sensor Node 査読有り

    Sota Miura, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 33rd International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC) 2018   290 - 293   2018年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    タイ   バンコク   2018年07月04日  -  2018年07月07日

  • A Command List Based Automatic Controlling Method of UAV for Infrastructure Monitoring System with Zero-standby Sensor Node 査読有り

    Yuta Suzuki, Shogo Yoshikawa, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 6 th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2018   215 - 218   2018年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   沖縄   2018年03月27日  -  2018年03月31日

    DOI: 10.12792/iciae2018.043

  • A Consideration to Develop a High-level Synthesizable Software Game Library 査読有り

    Yuki Yamagata,Akira Yamawaki

    Proceedings of the 6 th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2018   202 - 205   2018年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   沖縄   2018年03月27日  -  2018年03月31日

    DOI: 10.12792/iciae2018.040

  • Effect of Redundant Function Execution to Reduce Memory Access on High-level Synthesis 査読有り

    Moena Yamasaki, Satoshi Yonemitsu, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 6 th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2018   206 - 209   2018年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   沖縄   2018年03月27日  -  2018年03月31日

    DOI: 10.12792/iciae2018.041

  • Development of Image Processing Hardware by High-level Synthesis for High Performance and Low-power Camera Sensor Node on Wireless Sensor Network 査読有り

    Sota Miura, Ayumi Mise, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 6 th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2018   210 - 214   2018年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   沖縄   2018年03月27日  -  2018年03月31日

    DOI: 10.12792/iciae2018.042

  • A describing method of an image processing software in C for a high-level synthesis considering a function chaining 査読有り 国際誌

    Yamawaki A., Serikawa S.

    IEICE Transactions on Information and Systems ( 一般社団法人 電子情報通信学会 )   E101D ( 2 )   324 - 334   2018年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © Copyright 2018 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. This paper shows a describing method of an image processing software in C for high-level synthesis (HLS) technology considering function chaining to realize an efficient hardware. A sophisticated image processing would be built on the sequence of several primitives represented as sub-functions like the gray scaling, filtering, binarization, thinning, and so on. Conventionally, generic describing methods for each subfunction so that HLS technology can generate an efficient hardware module have been shown. However, few studies have focused on a systematic describing method of the single top function consisting of the sub-functions chained. According to the proposed method, any number of sub-functions can be chained, maintaining the pipeline structure. Thus, the image processing can achieve the near ideal performance of 1 pixel per clock even when the processing chain is long. In addition, implicitly, the deadlock due to the mismatch of the number of pushes and pops on the FIFO connecting the functions is eliminated and the interpolation of the border pixels is done. The case study on a canny edge detection including the chain of some sub-functions demonstrates that our proposal can easily realize the expected hardware mentioned above. The experimental results on ZYNQ FPGA show that our proposal can be converted to the pipelined hardware with moderate size and achieve the performance gain of more than 70 times compared to the software execution. Moreover, the reconstructed C software program following our proposed method shows the small performance degradation of 8% compared with the pure C software through a comparative evaluation preformed on the Cortex A9 embedded processor in ZYNQ FPGA. This fact indicates that a unified image processing library using HLS software which can be executed on CPU or hardware module for HW/SW co-design can be established by using our proposed describing method.

    DOI: 10.1587/transinf.2017RCP0001

    Scopus

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85041503725&origin=inward

  • Proposal of an Ultrasonic Sensor Array with Flexible and Scalable Organization 査読有り

    Yuichi Morita, Sota Kono, Akira Yamawaki

    Proceedings of The Twenty-Third International Symposium on Artificial Life and Robotics 2018   381 - 384   2018年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   別府   2018年01月18日  -  2018年01月20日

  • A Unified Detection Method of Indoor Three Events by Dynamic Reconfiguration of Analog Circuit 査読有り

    Tetsuya Suematsu, Yasunobu Takaichi, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 5th International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2017   381 - 386   2017年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    アメリカ   ホノルル   2017年09月07日  -  2017年09月12日

    DOI: 10.12792/icisip2017.069

  • Door Monitoring System Using Sensor Node with Zero Standby Power 査読有り

    Akira Yamawaki, Seiichi Serikawa

    Transactions on Engineering Technologies: International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2016   73 - 87   2017年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/978-981-10-3950-8_6

  • Development of Analog to Digital Interface for Scalable Ultrasonic Sensor Array 査読有り

    Yuichi Morita, Sota Kono, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 5th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2017   159 - 164   2017年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州   2017年03月27日  -  2017年03月31日

  • Development of Wireless Monitoring Device for Window Security using Light Sensor 査読有り

    Ryuji Funemizu, Yasunobu Takaichi, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 5th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2017   340 - 345   2017年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州   2017年03月27日  -  2017年03月31日

  • A Fire Alarm Sensor Node with Long Battery Life by Zero Standby Power Consumption 査読有り

    Toru Kuwatani, Yasunobu Takaichi, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 5th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2017   327 - 330   2017年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州   2017年03月27日  -  2017年03月31日

  • An Architecture of Energy Efficient Restroom by Making Zero Standby Power 査読有り

    Karen Shibasaki, Sota Kono, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 5th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2017   323 - 326   2017年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州   2017年03月27日  -  2017年03月31日

  • Power Saving Effect of Dynamic Partial Reconfiguration on FPGA 査読有り

    Satoshi Yonemitsu, Sota Kono, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 5th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2017   165 - 170   2017年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州   2017年03月27日  -  2017年03月31日

  • A Scalable Organization of 2-D Ultrasonic Sensor Array 査読有り

    Yuichi Morita, Yasunobu Takaichi, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 4th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2016   155 - 159   2016年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   京都   2016年09月08日  -  2016年09月12日

    DOI: 10.12792/icisip2016.029

  • Development of Reconfiguration unit for General Purpose Microcomputer with Dynamic Partial Reconfiguration 査読有り

    Sota Kono, Gen Nishizawa, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 4th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2016   229 - 232   2016年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   京都   2016年09月08日  -  2016年09月12日

    DOI: 10.12792/icisip2016.041

  • Wake-up time Measurement of Wireless Sensor Node with Zero Standby-power 査読有り

    Yasunobu Takaichi, Daichi Koide, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 4th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2016   225 - 228   2016年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   京都   2016年09月08日  -  2016年09月12日

    DOI: 10.12792/icisip2016.040

  • Battery Life Estimation of Sensor Node with Zero Standby Power Consumption 査読有り

    Akira Yamawaki, Seiichi Serikawa

    Proceedings of 19th IEEE International Conference on Computational Science and Engineering   166 - 172   2016年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    フランス   パリ   2016年08月24日  -  2016年08月26日

    DOI: 10.1109/CSE-EUC-DCABES.2016.179

  • High-level Synthesis Oriented Describing Method of Template Matching 査読有り

    Miyu Fujita, Kazunari Yosikawa, Naohiro Iwanaga, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 4th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2016   20 - 24   2016年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   別府   2016年03月26日  -  2016年03月30日

    DOI: 10.12792/iciae2016.008

    その他リンク: https://www2.ia-engineers.org/conference/index.php/iciae/iciae2016/paper/view/971/652

  • Applying sensor node with zero standby power to door monitor 査読有り

    Yamawaki A., Serikawa S.

    Lecture Notes in Engineering and Computer Science   2   576 - 580   2016年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    For the wireless sensor network (WSN), one of the most significant problems is the battery exchange for many sensor nodes. To make the battery changing rarely happen, we have proposed the sensor node architecture with zero standby power. We performed the preliminary experiments for the proposed node. However, we have never shown an application realized by it. In this paper, we demonstrate an application using our sensor node as the door monitor. The result of the case study have shown that our proposed sensor node can Implement a door monitoring system In the WSN and significantly reduced the power consumption during the standby compared with the conventional one.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84978657113&origin=inward

  • A sensor node architecture with zero stanby power on wireless sensor network 招待有り 査読有り

    Akira Yamawaki, Mayu Yamanaka, Seiichi Serikawa

    Artificial Life and Robotics   20 ( 3 )   210 - 216   2015年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/s10015-015-0218-9

    Scopus

  • Improvement of Display Unit in Generic Verification Environment for Video Image Processing Hardware on FPGA 査読有り

    Gen Nishizawa, Kazunari Yoshikaw, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 3rd IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2015   21 - 25   2015年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   福岡   2015年09月02日  -  2015年09月05日

    DOI: 10.12792/icisip2015.007

    その他リンク: https://www2.ia-engineers.org/conference/index.php/icisip/icisip2015/paper/view/837/545

  • Remote power strip with zero standby power controllable from every direction 査読有り

    Daichi Koide, Kazunari Yoshikawa, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 3rd IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2015   3 - 6   2015年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   福岡   2015年09月02日  -  2015年09月05日

    DOI: 10.12792/icisip2015.003

    その他リンク: https://www2.ia-engineers.org/conference/index.php/icisip/icisip2015/paper/view/756/546

  • Remote Power Switch to Make Standby Power of Infrared Remote Controlled Product Zero 招待有り 査読有り

    Akira Yamawaki, Seiichi Serikawa

    IAENG International Journal of Computer Science   42 ( 2 )   132 - 138   2015年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    その他リンク: http://www.iaeng.org/IJCS/issues_v42/issue_2/IJCS_42_2_08.pdf

  • Remote controlled power strip to make standby power consumption zero 査読有り

    Daichi Koide, Mayu Yamanaka, Daisuke Tanaka, Takuya Itahashi, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 3rd International Conference on Industrial Application Engineering 2015   218 - 222   2015年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州   2015年03月28日  -  2015年03月31日

    DOI: 10.12792/iciae2015.041

    その他リンク: https://www2.ia-engineers.org/conference/index.php/iciae/iciae2015/paper/view/633/413

  • Comparative Evaluation between Fixed and Floating Point Hardware Implementation of Image Conversion on High-level Synthesis 査読有り

    Miyu Fujita, Kazunari Yosikawa, Naohiro Iwanaga, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 3rd International Conference on Industrial Application Engineering 2015   625 - 628   2015年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州   2015年03月28日  -  2015年03月31日

    DOI: 10.12792/iciae2015.108

    その他リンク: https://www2.ia-engineers.org/conference/index.php/iciae/iciae2015/paper/view/641/481

  • Power Supply Circuit With Zero Standby Power Consumption on Infrared Remote Controlled Product by Using Energy Harvesting 査読有り

    Akira Yamawaki, Seiichi Serikawa

    Proceedings of the International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2015   2   655 - 660   2015年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    中国   香港   2015年03月18日  -  2015年03月20日

    その他リンク: http://www.iaeng.org/publication/IMECS2015/IMECS2015_pp655-660.pdf

  • A sensor node architecture with zero standby-power on wireless sensor network 査読有り

    Akira Yamawaki, Mayu Yamanaka, Seiichi Serikawa

    Proceedings of The Twentieth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2015   455 - 460   2015年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   別府   2015年01月21日  -  2015年01月23日

  • Primary Experiment on a Prototype Hardware of a Supporting System for Visually Impaired People Operating Touchscreen 査読有り

    Tatsuya Hamachi, Akira Yamawaki, Seiichi Serikawa

    Proceedings of The Twentieth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2015   243 - 248   2015年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   別府   2015年01月21日  -  2015年01月23日

  • A Single Pass Design Flow for Mixed-signal Reconfigurable Processor 査読有り

    Akira Yamawaki, Seiichi Serikawa

    Proceedings of 2014 International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA 2014)   58 - 63   2014年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    ベトナム   ホーチミン   2014年10月08日  -  2014年10月10日

  • Development of Remote Controllable Patrol Robot with Fire Extinguishing Function 査読有り

    Hayato Takahashi, Daichi Takeshita, Akira Yamawaki, Seiichi Serikawa, Yuhki Kitazono

    Proceedings of the 2nd International Conference onIntelligent Systems and Image Processing 2014   404 - 407   2014年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Kitakyushu   2014年09月26日  -  2014年09月29日

    DOI: 10.12792/icisip2014.076

    その他リンク: https://www2.ia-engineers.org/conference/index.php/icisip/icisip2014/paper/view/380/343

  • Development of Fixed-point Simulataneous Square Root and Logarithm Operations for High-level Synthesis 査読有り

    Kazunari Yoshikawa, Naohiro Iwanaga, Tatuya Hamachi, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 2nd International Conference onIntelligent Systems and Image Processing 2014   264 - 269   2014年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Kitakyushu   2014年09月26日  -  2014年09月29日

    DOI: 10.12792/icisip2014.050

    その他リンク: https://www2.ia-engineers.org/conference/index.php/icisip/icisip2014/paper/view/399/324

  • An Implementation of Application Design Framework for a Dressed-up Touchscreen with a Tactile Feedback 査読有り

    Mayu yamanaka, Makoto Miyauchi, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 2nd International Conference onIntelligent Systems and Image Processing 2014   30 - 37   2014年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Kitakyushu   2014年09月26日  -  2014年09月29日

    DOI: 10.12792/icisip2014.010

    その他リンク: https://www2.ia-engineers.org/conference/index.php/icisip/icisip2014/paper/view/393/278

  • 触覚を有した着せ替え可能なタッチパネルの実現 査読有り

    山中 麻由,山脇 彰,芹川 聖一

    産業応用工学会論文誌   2 ( 2 )   44 - 49   2014年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.12792/jjiiae.002.02.005

    その他リンク: https://www2.ia-engineers.org/Journal_J/index.php/jjiiae/issue/view/4/showToc

  • Application Design Framework for a Dressed-up Touchscreen 招待有り 査読有り

    Mayu Yamanaka, Yosuke Uchimura, Akira Yamawaki

    Journal of the Institute of Industrial Applications Engineers   2 ( 2 )   54 - 57   2014年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.12792/JIIAE.2.54

    その他リンク: https://www2.ia-engineers.org/Journal_E/index.php/jiiae/article/view/27

  • Development of Fixed-point Square Root Operation for High-level Synthesis 査読有り

    Kazunari Yoshikawa,Naohiro Iwanaga,Akira Yamawaki

    Proceedings of the 2nd International Conference on Industrial Application Engineering 2014   16 - 20   2014年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    China   Changshu   2014年03月27日  -  2014年03月29日

    DOI: 10.12792/iciae2014.006

    その他リンク: https://www2.ia-engineers.org/conference/index.php/iciae/iciae2014/paper/view/272

  • Effect of Parallel Processing on a Generic SoC Platform Using Dynamic Partial Reconfiguration 査読有り

    Hiroyuki Tanabe, Kohei Miyata, Akira Yamawaki

    INFORMATION   17 ( 2 )   529 - 538   2014年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A Flexible Touch Switch with Arbitrary Shape and Arrangement 査読有り

    Inoue Shun, Akira Yamawaki, Seiichi Serikawa

    Journal of the Institute of Industrial Applications Engineers   1 ( 2 )   52 - 55   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.12792/JIIAE.1.52

    その他リンク: https://www2.ia-engineers.org/Journal_E/index.php/jiiae/article/view/10

  • Recognition of Road Mirror with Vehicle Camera 査読有り

    Atsushi Kobayashi,Akira Yamawaki,Seiichi Serikawa

    Proceedings of the 1st International Conference on ntelligent Systems and Image Processing 2013   175 - 178   2013年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Kitakyushu   2013年09月26日  -  2013年09月27日

    DOI: 10.12792/icisip2013.035

    その他リンク: https://www2.ia-engineers.org/conference/index.php/icisip/icisip2013/paper/view/255/167

  • Application Design Framework for a Dressed-up Touchscreen with a Tactile Feedback 査読有り

    Mayu Yamanaka, Yosuke Uchimura, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 1st International Conference on ntelligent Systems and Image Processing 2013   4 - 7   2013年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Kitakyushu   2013年09月26日  -  2013年09月27日

    DOI: 10.12792/icisip2013.004

    その他リンク: https://www2.ia-engineers.org/conference/index.php/icisip/icisip2013/schedConf/presentations

  • Development of Fixed-point Trigonometric Function Library for High-level Synthesis 査読有り

    Naohiro Iwanaga, Takayoshi Abe, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 1st International Conference on ntelligent Systems and Image Processing 2013   91 - 94   2013年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Kitakyushu   2013年09月26日  -  2013年09月27日

    DOI: 10.12792/icisip2013.021

    その他リンク: https://www2.ia-engineers.org/conference/index.php/icisip/icisip2013/schedConf/presentations

  • Hardware Platform of Camera-control Part on a Supporting System for Visually Impaired People Operating Touchscreen 査読有り

    Tatsuya Hamachi,Takayoshi Abe,Akira Yamawaki

    Proceedings of the 1st International Conference on ntelligent Systems and Image Processing 2013   95 - 98   2013年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Kitakyushu   2013年09月26日  -  2013年09月27日

    DOI: 10.12792/icisip2013.022

    その他リンク: https://www2.ia-engineers.org/conference/index.php/icisip/icisip2013/schedConf/presentations

  • Design of Water Level Sensor with Two-Pairs Capacitor 査読有り

    Seiichi Serikawa, Yuhki Kitazono, Huimin Lu, Akira Yamawaki, Makoto Miyauchi

    Journal of the Institute of Industrial Applications Engineers   1 ( 1 )   11 - 14   2013年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.12792/JIIAE.1.11

    その他リンク: https://www2.ia-engineers.org/Journal_E/index.php/jiiae/article/view/3

  • Development of a Haptic Device Expressing Hardness of the Virtual Object Using Solenoid 査読有り

    Shenjing Chen, Yuya Kawahara, Akira Yamawaki, Seiichi Serikawa

    Journal of the Institute of Industrial Applications Engineers   1 ( 1 )   43 - 47   2013年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.12792/JIIAE.1.43

    その他リンク: https://www2.ia-engineers.org/Journal_E/index.php/jiiae/article/view/8

  • Image Processing Flow on a Supporting System with Finger Camera for Visually Impaired People Operating Capacitive Touchscreen 招待有り 査読有り

    Akira Yamawaki, Seiichi Serikawa

    IAENG International Journal of Computer Science   40 ( 2 )   81 - 86   2013年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    その他リンク: http://www.iaeng.org/IJCS/issues_v40/issue_2/IJCS_40_2_03.pdf

  • A Generic Verification Environment for Video Processing Hardware 査読有り

    Takayoshi Abe, Hiroyuki Tanabe, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 1st International Conference on Industrial Applications Engineering 2013   236 - 239   2013年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州   2013年03月27日  -  2013年03月28日

    DOI: 10.12792/iciae2013.046

  • A Realization of The Dressed-up Touchscreen With A Tactile Feedback 査読有り

    Mayu Yamanaka, Ryohsuke Suzue, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 1st International Conference on Industrial Applications Engineering 2013   21 - 27   2013年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州   2013年03月27日  -  2013年03月28日

    DOI: 10.12792/iciae2013.005

  • Effect of parallel processing on a generic SoC platform using DPR 査読有り

    Hiroyuki Tanabe, Kohei Miyata, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 1st International Conference on Industrial Applications Engineering 2013   158 - 161   2013年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州   2013年03月27日  -  2013年03月28日

    DOI: 10.12792/iciae2013.032

  • Proposal of a touch switch with arbitrary form and arrangement 査読有り

    Shun Inouea,Kiyotada Matsura,Akira Yamawakia

    Proceedings of the 1st International Conference on Industrial Applications Engineering 2013   162 - 168   2013年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州   2013年03月27日  -  2013年03月28日

    DOI: 10.12792/iciae2013.033

  • Development of a Generic RGB to HSV Hardware 査読有り

    Tatsuya Hamachi, Hiroyuki Tanabe, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 1st International Conference on Industrial Applications Engineering 2013   169 - 173   2013年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州   2013年03月27日  -  2013年03月28日

    DOI: 10.12792/iciae2013.034

  • Hardware of the Elementary Function by CORDIC 査読有り

    Naohiro Iwanaga, Hiroyuki Tanabe, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 1st International Conference on Industrial Applications Engineering 2013   182 - 185   2013年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州   2013年03月27日  -  2013年03月28日

    DOI: 10.12792/iciae2013.036

  • Development of a Haptic Device Expressing Hardness of the Virtual Object Using Solenoid 査読有り

    Shenjing Chen, Yuya Kawahara, Akira Yamawaki

    Proceedings of the 1st International Conference on Industrial Applications Engineering 2013   202 - 206   2013年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州   2013年03月27日  -  2013年03月28日

    DOI: 10.12792/iciae2013.040

  • 指先カメラを用いた視覚障がい者向けタッチパネル操作支援システムにおける画像処理のハードウェア化 査読有り

    山脇彰,芹川聖一

    産業応用工学会論文誌   1 ( 1 )   10 - 19   2013年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.12792/jjiiae.001.01.002

    その他リンク: https://www2.ia-engineers.org/Journal_J/index.php/jjiiae/issue/view/1/showToc

  • A describing method of latency tolerant hardware for a pure ANSI-C/C++based high-level synthesis technology 査読有り

    Akira Yamawaki,Seiichi Serikawa

    The Eighteenth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2013   387 - 390   2013年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    韓国   大田   2013年01月30日  -  2013年02月01日

  • A generic SoC platform using DPR feature to improve social life 査読有り

    Hiroyuki Tanabe,Kohei Miyata,Akira Yamawaki,Seiichi Serikawa

    2012 IEEE/SICE International Symposium on System Integration   125 - 128   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   福岡   2012年12月16日  -  2012年12月18日

    DOI: 10.1109/SII.2012.6427300

    Scopus

  • A lightweight sensing method of tooth-touch sound for disabled person using remote controller 招待有り 査読有り

    Akira Yamawaki, Seiichi Serikawa

    Journal on Artificial Life and Robotics   17 ( 2 )   322 - 329   2012年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/s10015-012-0066-9

    Scopus

  • Multimodal Medical Image Fusion in Extended Contourlet Transform Domain 査読有り

    Seiichi Serikawa, Huimin Lu, Yujie Li, Lifeng Zhang, Shiyuan Yang, Akira Yamawaki, Shota Nakashima, Yuhki Kitazono

    Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing 2012   443   215 - 226   2012年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    日本   京都   2012年08月08日  -  2012年08月10日

    DOI: 10.1007/978-3-642-32172-6-17

    Scopus

  • A Generic Describing Method of Memory Latency Hiding in a High-level Synthesis Technology 査読有り

    Akira Yamawaki,Seiichi Serikawa

    ACEEE International Journal on Information Technology   2 ( 2 )   51 - 55   2012年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A lightweight sensing method of tooth-touch sound for disabled person using remote controller 査読有り

    Akira Yamawaki, Seiichi Serikawa

    Seventeenth International Symposium on Artificial Life and Robotics   774 - 778   2012年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   別府   2012年01月19日  -  2012年01月21日

  • A Wearable Supporting System for Visually Impaired People in Operating Capacitive Touchscreen 査読有り

    Akira Yamawaki, Seiichi Serikawa

    Applied Mechanics and Materials   103   687 - 694   2011年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.4028/www.scientific.net/AMM.103.687

    Scopus

    その他リンク: http://www.scientific.net/AMM.103.687

  • High-level Synthesis Method Using Semi-programmable Hardware for C Program with Memory Access 招待有り 査読有り

    Akira Yamawaki,Masahiko Iwane

    Engineering Letters   19 ( 1 )   50 - 56   2011年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Introducing Semi-programmable Hardware to a Real High-Level Synthesis Tool 査読有り

    Akira Yamawaki,Seiichi Serikawa,Masahiko Iwane

    International Conference on Computer Science and Applications 2010   1   175 - 180   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   San Francisco   2010年10月20日  -  2010年10月22日

    主要論文集(会議)

  • 表示能力と汎用性が高い実ハードウェアを用いたプロセッサ教育支援システム 査読有り

    山脇彰,芹川聖一

    電子情報通信学会論文誌D   J93-D ( 10 )   2058 - 2068   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • An Architecture of Prototyping System for Dynamic Partial Reconfiguration on FPGA 査読有り

    Akira Yamawaki,Seiichi Serikawa

    International Conference on Engineering of Reconfigurable Systems & Algorithms   163 - 166   2010年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   ラスベガス   2010年07月12日  -  2010年07月15日

    主要論文集(会議)

  • A method using the same light sensor for detecting multiple events near a window in crimes involving intrusion into a home 査読有り

    Akira Yamawaki,Takayuki Katakami,Yuhki Kitazono,Seiichi Serikawa

    Artificial Life and Robotics   15 ( 1 )   30 - 31   2010年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/s10015-010-0760-4

    Scopus

  • 侵入窃盗における窓と鍵に対する3事象の光センサを用いた検知方式 査読有り

    山脇彰,片上貴之,北園優希,芹川聖一

    電気学会論文誌E   130 ( 4 )   137 - 138   2010年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • An Efficient Hardware Architecture from C Program with Memory Access to Hardware 査読有り

    Akira Yamawaki,Seiichi Serikawa,Masahiko Iwane

    The 2010 International Conference on Computational Science and Its Applications, Part II, LNCS 6017   488 - 502   2010年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    福岡   2010年03月23日  -  2010年03月26日

    主要論文集(会議) 代表的研究業績

    DOI: 10.1007/978-3-642-12165-4-39

    Scopus

  • A Method Using Same Light Sensor for Detecting Multiple Events on Window in Home Intruding Crime 査読有り

    Akira Yamawaki,Takayuki Katakami,Yuhki Kitazono,Seiichi Serikawa

    The 15th International Symposium on Artificial Life and Robotics   1026 - 1028   2010年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    大分   2010年02月04日  -  2010年02月06日

  • An Educational Processor System with Visualization Mechanism using VGA 査読有り

    Akira Yamawaki,Seiichi Serikawa

    The 3rd Asia Pacific Embedded Systems Education and Research Conference   S401 - S406   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Singapore   2009年12月14日  -  2009年12月15日

  • メモリアクセスを伴ったプログラムのFPGA実装に適したハードウェアアーキテクチャ 査読有り

    山脇彰,岩根雅彦

    電子情報通信学会論文誌D   J92-D ( 12 )   2114 - 2126   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • An Efficient Comparative Evaluation to Buffering Methods for Window-based Image Processing Using Semi-programmable Hardware 査読有り

    Akira Yamawaki,Seiichi Serikawa,Masahiko Iwane

    The 2009 International Conference on Engineering of Reconfigurable Systems & Algorithms (ERSA 2009)   233 - 239   2009年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Las Vegas   2009年07月13日  -  2009年07月16日

    主要論文集(会議) 代表的研究業績

  • セミプログラマブルハードウェアによる画像フィルタ用バッファリング手法の検討 査読有り

    山脇彰,岩根雅彦

    電子情報通信学会論文誌A   J92-A ( 3 )   193 - 196   2009年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • An Intermediate Hardware Model with Load/Store Unit for C to FPGA 査読有り

    Akira Yamawaki,Masahiko Iwane

    Seventeenth ACM/SIGDA International Symposium on Field-Programmable Gate Arrays   279 - 279   2009年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Monterey, California   2009年02月22日  -  2009年02月24日

    主要論文集(会議)

  • An FPGA Implementation of a DWT with 5/3 Filter Using Semi-Programmable Hardware 査読有り

    Akira Yamawaki,Kazuharu Morita,Masahiko Iwane

    The 2008 IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems   709 - 712   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    中国   マカオ   2008年11月30日  -  2008年12月03日

    主要論文集(会議)

  • FPGAベースオンチップマルチプロセッサにおける同期付きキャッシュメモリの実装と評価 査読有り

    山脇彰,岩根雅彦

    情報処理学会論文誌   49 ( 4 )   1657 - 1668   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • A Programmable Load/Store Unit on C-based Hardware Design for FPGA 査読有り

    Akira Yamawaki,Masahiko Iwane

    IEEE International Conference on Field-Programmable Technology 2007   361 - 364   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    北九州   2007年12月12日  -  2007年12月14日

    主要論文集(会議)

  • An FPGA Implementation of a Snoop Cache with Synchronization for a Multiprocessor System-On-Chip 査読有り

    Akira Yamawaki,Masahiko Iwane

    The 13th International Conference on Parallel and Distributed Systems (ICPADS'2007)   1   1 - 8   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    台湾   新竹   2007年12月05日  -  2007年12月07日

    主要論文集(会議) 代表的研究業績

  • チップマルチプロセッサの同期付きキャッシュメモリに対するミスペナルティ隠蔽機構 査読有り

    山脇彰,岩根雅彦

    情報処理学会論文誌   47 ( 2 )   566 - 581   2006年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Coherence Maintenances to Realize an Efficient Parallel Processing for a Cache Memory with Synchronization on a Chip-Multiprocessor 査読有り

    Akira Yamawaki,Masahiko Iwane

    The 8th IEEE/ACM International Symposium on Parallel Architectures,Algorithms, and Networks   324 - 331   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Nevada   2005年12月07日  -  2005年12月08日

    主要論文集(会議) 代表的研究業績

  • An Efficient Parallel Processing Using a Cache Memory With Synchronization on a SOC-multiprocessor 査読有り

    Akira Yamawaki,Masahiko Iwane

    International Conference on Circuits, Signals, and Systems (CSS 2005)   142 - 147   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Marina Del Rey   2005年10月24日  -  2005年10月26日

    主要論文集(会議)

  • An Evaluation of Memory Effect to Performance on a Real Reconfigurable Computing System 査読有り

    Kosei Shimoo,Kouji Kawano,Akira Yamawaki,Masahiko Iwane

    International Symposium on Signals, Circuits & Systems   769 - 772   2005年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    ルーマニア   ヤーシ   2005年07月13日  -  2005年07月15日

  • 同期共有変数キャッシュの同期状態を拡張した効果 査読有り

    山脇彰,岩根雅彦

    電子情報通信学会論文誌   J87-D-I ( 12 )   1136 - 1139   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Hardware design in statement level parallel processing 査読有り

    Kosei Shimoo,Akira Yamawaki,Masahiko Iwane.

    2004 IEEE Asia-Pacific Conference on Circuits and Systems   317 - 320   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    台湾   台南   2004年12月  -  2004年12月

    主要論文集(会議)

  • Easily Customizable Open Soft Processor Cores 査読有り

    Akira Yamawaki,Masahiko Iwane

    The 2004 1st IEEE Technical Exhibition Based Conference on Robotics and Automation ( TExCRA 2004 )   79 - 80   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    東京   2004年11月18日  -  2004年11月19日

  • A new parallel processing paradigm using a reconfigurable computing system 査読有り

    Kosei Shimoo,Akira Yamawaki,Masahiko Iwane

    International Symposium on Communications and Information Technologies 2004 (ISCIT2004)   797 - 800   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    札幌   2004年10月26日  -  2004年10月29日

    主要論文集(会議)

  • EVALUATION OF MECHANISMS INTRODUCED TO IMPROVE PERFORMANCE OF TSVM CACHE 査読有り

    Akira Yamawaki,Masahiko Iwane

    IASTED PARALLEL AND DISTRIBUTED COMPUTING AND NETWORKS   502 - 507   2004年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    オーストリア   インスブルック   2004年02月17日  -  2004年02月19日

    主要論文集(会議)

  • Implementation and Evaluation of Novel Cache Architecture for Communicating Shared Variable with Synchronization on a SOC-multiprocessor 査読有り

    Akira Yamawaki,Masahiko Iwane

    The First Workshop on Embedded Parallel Architectures(WEPA-1)   1 - 6   2004年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    スペイン   マドリッド   2004年02月14日  -  2004年02月14日

  • Organization of Shared Memory with Synchronization on Multiprocessor-on-a-chip 査読有り

    Akira Yamawaki,Masahiko Iwane

    Proc. 9th Int. Conf. on Parallel and Distributed Systems   83 - 90   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    台湾   台北   2002年12月17日  -  2002年12月20日

    主要論文集(会議) 代表的研究業績

  • 同期通信用メモリにおけるカウンタとブロッキングの効果 査読有り

    山脇彰,岩根雅彦

    電子情報通信学会論文誌   J84-D-I ( 9 )   1457 - 1460   2001年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Tagged communication and synchronization memory for multiprocessor-on-a-chip 査読有り

    Masahiko Iwane,Akira Yamawaki,Makoto Tanaka

    Systems and Computers in Japan   32 ( 4 )   1 - 13   2001年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • マルチプロセッサオンチップにおけるCAMを用いた同期通信用メモリ 査読有り

    岩根雅彦,山脇彰,田中誠

    電子情報通信学会論文誌   J83-D-I ( 3 )   317 - 328   2000年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • CAMによる同期通信機構を持ったマルチプロセッサの開発

    岩根雅彦,山脇彰,松田孝史,東由美

    九州工業大学研究報告(工学)   ( 71 )   43 - 50   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

▼全件表示

口頭発表・ポスター発表等

  • カラー化鉛筆画風変換の高位合成ハードウェアにおけるノイズ除去フィルタの多段化

    谷 穂香,山脇 彰

    電気学会 C部門 電子回路研究会  2024年01月  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2024年01月29日 - 2024年01月30日   記述言語:日本語   開催地:熊本(オンライン)   国名:日本国  

  • 高位合成されたスプライト描画ハードウェアの描画方法に関する性能評価

    大谷 優香,山脇 彰

    電子情報通信学会 回路とシステム研究会  2024年01月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2024年01月25日 - 2024年01月26日   記述言語:日本語   開催地:神奈川(オンライン)   国名:日本国  

  • FPGA-based Real-Time System Using Colored Pencil Drawing Style Image Conversion from Hardware-Oriented Non-Photorealistic Rendering Library

    Honoka Tani, Akira Yamawaki

    The 2nd International Practical Applications Seminar on Electrical Engineering and Computer Science  2023年12月  National Taiwan University of Science and Technology

     詳細を見る

    開催期間: 2023年12月25日 - 2023年12月26日   記述言語:英語   開催地:北九州   国名:日本国  

  • Cool Sprite Drawing Hardware Generated by High-level Synthesis from Our Hardware-oriented Software

    Yuka Otani, Akira Yamawaki

    The 2nd International Practical Applications Seminar on Electrical Engineering and Computer Science  2023年12月  National Taiwan University of Science and Technology

     詳細を見る

    開催期間: 2023年12月25日 - 2023年12月26日   記述言語:英語   開催地:北九州   国名:日本国  

  • リアルタイムな鉛筆画風画像変換を実現する高位合成ハードウェアへのノイズ除去フィルタの導入とその影響

    谷 穂香,山脇 彰

    電気学会 C部門 情報システム研究会  2023年12月  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年12月14日 - 2023年12月15日   記述言語:日本語   開催地:島根 (オンライン)   国名:日本国  

  • スプライト描画の高位合成ハードウェアにおけるライン・フレームベース記述法の検討

    大谷 優香,山脇 彰

    電気学会 C部門 情報システム研究会  2023年12月  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年12月14日 - 2023年12月15日   記述言語:日本語   開催地:島根 (オンライン)   国名:日本国  

  • 鉛筆画風画像変換の高位合成ハードウェアによるリアルタイム非写実的レンダリングシステムの開発

    谷 穂香,山脇 彰

    電子情報通信学会 スマートインフォメディアシステム研究会  2023年12月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年12月07日 - 2023年12月08日   記述言語:日本語   開催地:名古屋(オンライン)   国名:日本国  

  • データパス並列化による高位合成スプライト描画処理ハードウェアの高性能化

    大谷 優香,山脇 彰

    電子情報通信学会 スマートインフォメディアシステム研究会  2023年12月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年12月07日 - 2023年12月08日   記述言語:日本語   開催地:名古屋(オンライン)   国名:日本国  

  • 高位合成を用いたカラー化された鉛筆画風画像変換処理ハードウェアの開発

    谷 穂香,山脇 彰

    電気学会 C部門 電子回路研究会  2023年11月  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年11月09日 - 2023年11月10日   記述言語:日本語   開催地:富山 (オンライン)   国名:日本国  

  • パイプライン性能に影響を与えない画像補正を備えた 鉛筆画風画像変換ハードウェアの高位合成による開発

    谷 穂香, 山脇 彰

    産業応用工学会全国大会2023  2023年09月  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年09月07日   記述言語:日本語   開催地:別府   国名:日本国  

  • 高位合成可能なスプライト線形補間拡大関数の開発

    松田 恭汰, 山脇 彰

    産業応用工学会全国大会2023  2023年09月  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年09月07日   記述言語:日本語   開催地:別府   国名:日本国  

  • 基本モルフォロジー演算の高位合成ハードウェアとその応用

    岡本 大樹, 山脇 彰

    産業応用工学会全国大会2023  2023年09月  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年09月07日   記述言語:日本語   開催地:別府   国名:日本国  

  • 高位合成ハードウェア開発における鉛筆画風画像変換処理の前段後段処理の統合よる性能向上

    谷 穂香,山脇 彰

    電子情報通信学会 回路とシステム研究会  2023年07月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年07月06日 - 2023年07月07日   記述言語:日本語   開催地:小樽   国名:日本国  

  • 高位合成を用いたメモリアクセスと処理ステージのパイプライン化による高性能・省電力スプライト描画ハードウェアの開発

    大谷 優香,山脇 彰

    電子情報通信学会 回路とシステム研究会  2023年07月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年07月06日 - 2023年07月07日   記述言語:日本語   開催地:小樽   国名:日本国  

  • 高位合成によるエッジ保持バブル画像変換ハードウェアの開発

    秦 江,山脇 彰

    電子情報通信学会 回路とシステム研究会  2023年07月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年07月06日 - 2023年07月07日   記述言語:日本語   開催地:小樽   国名:日本国  

  • 鉛筆画風画像変換の線分サイズが与える高位合成ハードウェアへの影響

    谷 穂香,山脇 彰

    2023年6月5日情報システム研究会  2023年06月  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年06月05日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 仮想周辺機器を備えたウェブブラウザベースハードウェア実機検証環境における高位合成フロントエンドの開発

    吉塚 友美,山脇 彰

    火の国情報シンポジウム2023  2023年03月  情報処理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年03月13日 - 2023年03月14日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 鉛筆画風画像変換の前段処理における高位合成向きメモリアクセス最適化

    谷 穂香,山脇 彰

    電子情報通信学会 回路とシステム研究会  2023年03月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年03月01日 - 2023年03月02日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • ブラウザベースハードウェア実機検証環境における処理ハードウェア切替機能の導入

    吉塚 友美,山脇 彰

    2022年12月9日電子回路研究会  2022年12月  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月09日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 実解像度に依存しない仮想背景スクロールの高位合成向けソフトウェアの開発

    李 吉永,山脇 彰

    2022年12月9日電子回路研究会  2022年12月  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月09日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • Effect of Window Size on Edge Preserving Bubble Image Conversion Hardware in High level Synthesis

    QIN Jiang, Akira Yamawaki

    The 23rd International Conference on Parallel and Distributed Computing, Applications and Technologies (PDCAT’22)  2022年12月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月07日 - 2022年12月09日   記述言語:英語   国名:日本国  

  • 高位合成指向ゲームライブラリにおけるセミ・フルパラレル記述法を用いた多重背景スクロールの開発

    李 吉永,山脇 彰

    電子情報通信学会 回路とシステム研究会  2022年11月  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年11月17日 - 2022年11月18日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 待機時無電力センサノードによる無線-有線階層型センサネットワークの提案

    山脇 彰, 宮内 真人, 芹川 聖

    2022年11月2日システム/スマートファシリティ合同研究会  2022年11月  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年11月02日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • FPGAを用いたスケーラブル・フレキシブルPWM機構における基本回路の開発

    土井 聡馬、山脇 彰

    令和4年度 電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会  2022年08月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年08月29日 - 2022年08月30日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • ゲーム表示画面の階層化を考慮した背景スクロールの高位合成向けソフトウェアの開発

    李 吉永、山脇 彰

    令和4年度 電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会  2022年08月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年08月29日 - 2022年08月30日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • タッチパネル機能を有した投影型簡易立体ディスプレイの開発

    佐藤 良介、山脇 彰

    令和4年度 電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会  2022年08月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年08月29日 - 2022年08月30日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • ブラウザベースハードウェア実機検証環境における画像アップロード機能の導入

    吉塚 友美、山脇 彰

    令和4年度 電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会  2022年08月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年08月29日 - 2022年08月30日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 高位合成指向ゲームライブラリにおける多重背景スクロールのためのセミ・フルパラレル記述法とその基礎評価

    李 吉永,山脇 彰

    電気学会2022年6月9日-10日電子回路研究会  2022年06月  【C】電子・情報・システム部門 電子回路研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年06月09日 - 2022年06月10日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 高位合成を用いた動的背景差分による動体検知機能を備えた組み込み機器の開発

    新山田 公平,山脇 彰

    火の国シンポジウム2022  情報処理学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月01日 - 2022年03月02日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 中央値ベース動的背景差分法の高位合成ハードウェアと実カメラを組み合わせたリアルタイム処理システムの開発

    新山田 公平,山脇 彰

    電子情報通信学会画像工学研究会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年02月21日 - 2022年02月22日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 中央値ベース動的背景差分法の複数ラインバッファを用いた高位合成による高性能ハードウェア開発

    新山田 公平,山脇 彰

    電気学会2021年12月6日システム研究会  電気学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月06日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • ブラウザで利用可能なハードウェア実機検証環境におけるウェブサーバーの構築と機能検証

    吉塚友美, 山脇彰

    令和3年電気関係学会関西連合大会  電子情報通信学会関西支部

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月04日 - 2021年12月05日   記述言語:日本語   開催地:京都(オンライン)  

  • 動的再構成可能なモバイル端末における全方向背景スクロールの開発

    李 吉永, 山脇 彰

    2021 年度(第 72 回)電気・情報関連学会中国支部連合大会  電子情報通信学会中国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2021年10月23日   記述言語:日本語   開催地:広島(オンライン)  

  • 組込み動画像処理システムにおけるディスプレイ出力を考慮した高位合成プログラム記述法

    新山田 公平, 山脇 彰

    2021年度電子情報通信学会九州支部学生会講演会  電子情報通信学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月23日   記述言語:日本語   開催地:佐賀(オンライン)  

  • ヘイズ除去処理における天空光推定処理の高位合成を用いたハードウェア開発

    白井 大樹, 山脇 彰

    産業応用工学会全国大会2021  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月09日   記述言語:日本語   開催地:神戸(オンライン)  

  • 高位合成画像処理ハードウェアに対するソートアルゴリズムの影響

    新山田 公平, 山脇 彰

    産業応用工学会全国大会2021  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月09日   記述言語:日本語   開催地:神戸(オンライン)  

  • 高位合成画像処理ハードウェアのための仮想周辺機器による汎用検証環境の開発

    庄嶋 篤, 山脇 彰

    産業応用工学会全国大会2021  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月09日   記述言語:日本語   開催地:神戸(オンライン)  

  • 動的再構成可能なモバイル端末における背景水平スクロールの開発

    李 吉永, 山脇 彰

    情報システム研究会「ニューノーマルのための情報システム技術,その他一般」  電気学会情報システム研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年06月14日 - 2021年06月15日   記述言語:日本語   開催地:北海道(オンライン)  

    CiNii Article

  • 高位合成向けプログラム記述法におけるヒストグラム直列複製とその効果

    山崎 萌奈, 山脇 彰

    CAS/ICTSSL研究会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年01月30日 - 2020年01月31日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 高位合成向きゲームソフトウェアライブラリにおける円描画処理の開発

    山方 悠輝, 山脇 彰

    ICD/CAS研究会 学生若手研究会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年12月13日 - 2019年12月15日   記述言語:日本語   開催地:奄美大島  

  • 高位合成向け自動二値化処理におけるヒストグラムの並列複製とその効果

    山崎 萌奈, 山脇 彰

    ICD/CAS研究会 学生若手研究会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年12月13日 - 2019年12月15日   記述言語:日本語   開催地:奄美大島  

  • フレキシブル・スケーラブル超音波センサアレイの実現に向けたFPGA におけるモジュール間通信速度の評価

    中村 遼太, 山脇 彰

    2019年度 電気・情報関係学会九州支部連合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月27日 - 2019年09月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • ハードウェア・ダイナミック・リンク・ライブラリのための高位合成フローとプラットフォームの開発

    園 卓馬, 山脇 彰

    2019年度 電気・情報関係学会九州支部連合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月27日 - 2019年09月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • モバイル端末におけるオンライン自己動的再構成

    千原 悠真, 山脇 彰

    2019年度 電気・情報関係学会九州支部連合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月27日 - 2019年09月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • FPGA におけるSPI コントローラの動的部分再構成に関する検討

    橋本 一輝, 山脇 彰

    2019年度 電気・情報関係学会九州支部連合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月27日 - 2019年09月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • 高位合成可能なアルファブレンディング処理における読み出し/書き込みバースト転送の性能評価

    山方 悠輝, 山脇 彰

    2019年度 電気・情報関係学会九州支部連合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月27日 - 2019年09月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • 高位合成における同一引数の複製による2 ポート化の提案とその効果

    山崎 萌奈, 山脇 彰

    2019年度 電気・情報関係学会九州支部連合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月27日 - 2019年09月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • 高性能・省電力なカメラセンサノードのための高位合成を用いた前/後統合画像処理ハードウェアの開発

    三浦 創大, 山脇 彰

    2019年度 電気・情報関係学会九州支部連合大会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月27日 - 2019年09月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • 待機電力ゼロ型センサノードとドローンを用いた自動インフラモニタリングにおけるドローンのコマンドリスト制御部の試作

    鈴木 雄太

    平成30年電気関係学会関西連合大会講演集  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月01日 - 2018年12月02日   記述言語:日本語   開催地:大阪  

  • 高位合成におけるバースト転送の推論法と評価

    山方 悠輝

    平成30年電気関係学会関西連合大会講演集  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月01日 - 2018年12月02日   記述言語:日本語   開催地:大阪  

  • ヒストグラム生成の高位合成向け記述方法

    山崎 萌奈

    平成30年電気関係学会関西連合大会講演集  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月01日 - 2018年12月02日   記述言語:日本語   開催地:大阪  

  • 高性能・省電力なカメラセンサノードのための高位合成を用いた差分画像処理ハードウェアの開発

    三浦 創大

    平成30年電気関係学会関西連合大会講演集  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月01日 - 2018年12月02日   記述言語:日本語   開催地:大阪  

  • 光センサを用いた3事象の検出による単一窓防犯装置の開発

    迫田 瑞貴

    産業応用工学会全国大会2018  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月13日   記述言語:日本語   開催地:松江  

  • 待機電力ゼロ型ワイヤレス火災警報器の提案

    園 卓馬

    産業応用工学会全国大会2018  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月13日   記述言語:日本語   開催地:松江  

  • 待機電力ゼロ型電源タップの起動距離伸長法

    橋本 一輝

    産業応用工学会全国大会2018  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月13日   記述言語:日本語   開催地:松江  

  • 待機電力ゼロ型トイレの提案

    中村 遼太

    産業応用工学会全国大会2018  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月13日   記述言語:日本語   開催地:松江  

  • 待機電力ゼロ型ひずみセンサノードの実現に向けた一検討

    鈴木 雄太

    産業応用工学会全国大会2018  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月13日   記述言語:日本語   開催地:松江  

  • 動的部分再構成可能汎用マイコンのハードウェア仮想化のためのMMR及びFBSの開発

    河野 聡太

    産業応用工学会全国大会2018  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月13日   記述言語:日本語   開催地:松江  

  • 高位合成向け演算の冗長実行によるメモリアクセスの削減効果

    山脇 彰

    産業応用工学会全国大会2018  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月13日   記述言語:日本語   開催地:松江  

  • 高位合成可能なゲームライブラリの開発に関する一検討

    山方 悠輝

    産業応用工学会全国大会2018  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月13日   記述言語:日本語   開催地:松江  

  • 高性能・低消費電力カメラセンサノードための高位合成を用いた画像圧縮ハードウェアの開発

    三浦 創大

    産業応用工学会全国大会2018  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月13日   記述言語:日本語   開催地:松江  

  • 高位合成ハードウェアの実機における汎用検証環境の構築

    千原 悠真

    産業応用工学会全国大会2018  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月13日   記述言語:日本語   開催地:松江  

  • フレキシブルかつスケーラブルな超音波アレイのためのデイジーチェイン接続機構の設計

    森田 裕一

    産業応用工学会全国大会2018  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月13日   記述言語:日本語   開催地:松江  

  • アナログ回路の動的再構成による複数の生体信号計測に関する検討

    末松 徹也

    産業応用工学会全国大会2018  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月13日   記述言語:日本語   開催地:松江  

  • スケーラブルな2次元超音波センサアレイの構成法とそのA/D部の開発

    森田 裕一

    産業応用工学会全国大会2017  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月21日 - 2017年09月23日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • FPGAにおける自己動的再構成の設計・管理方式とそれによる省電力化の評価

    米満 慧

    産業応用工学会全国大会2017  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月21日 - 2017年09月23日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • 赤外線センサとアナログ回路の動的再構成による屋内3事象の統一的な検出方式

    末松 徹也

    産業応用工学会全国大会2017  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月21日 - 2017年09月23日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • 待機電力ゼロ型センサノードの開発と起動時間の測定

    高市 康伸

    産業応用工学会全国大会2016  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月11日   記述言語:日本語   開催地:京都  

  • 動的部分再構成可能な汎用マイコンの実現に向けた 再構成部の開発

    河野 聡太

    産業応用工学会全国大会2016  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月11日   記述言語:日本語   開催地:京都  

  • 全方位受光可能な待機電力ゼロ型リモート電源タップ

    小出 大地

    産業応用工学会全国大会2015  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月04日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • ゼロ待機電力型リモート電源スイッチの提案

    小出 大地

    産業応用工学会全国大会2014  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • 高位合成可能な固定小数点型平方根と対数演算の開発

    吉川 和成

    産業応用工学会全国大会2014  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • 触感を持った着せ替え可能なタッチパネルにおける ソフトウェアフレームワークの実装

    山中 麻由

    産業応用工学会全国大会2014  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • 家庭用監視ロボットの開発

    高橋 勇人

    産業応用工学会全国大会2014  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • 固定小数点三角関数ハードウェアライブラリの開発

    岩永 尚大

    産業応用工学会全国大会2013  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月27日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • 触覚を持った着せ替え可能なタッチパネルにおけるアプリケーションのデザインフレームワーク

    山中 麻由

    産業応用工学会全国大会2013  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月27日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • 視覚障がい者向けタッチパネル操作支援システムにおけるカメラ-制御部のハードウェアプラットフォームの開発

    濱地 達也

    産業応用工学会全国大会2013  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月27日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • ソレノイドを用いたタッチパネル型触覚呈示装置の改良

    中山 剛

    産業応用工学会全国大会2013  産業応用工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月27日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • 赤外線リモコン機器の待機電力をゼロにできる電源回路

    山脇 彰

    イノベーション・ジャパン2013  科学技術振興機構,新エネルギー・産業技術総合開発機構

     詳細を見る

    開催期間: 2013年08月29日 - 2013年08月30日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 指先カメラを用いた視覚障害者のためのタッチパネル操作支援 システムにおけるカラーバーコード認識処理の検討

    山脇彰

    HCGシンポジウム2012  電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーショングループ

     詳細を見る

    開催期間: 2012年12月10日 - 2012年12月12日   記述言語:日本語   開催地:熊本  

  • 触覚を有した着せ替え可能なタッチパネルの実現に向けた試作開発環境の構築

    電気電子工学科 山中 麻由

    第65回電気関係学会九州支部連合大会 講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月24日 - 2012年09月25日   記述言語:日本語   開催地:長崎  

  • バーチャルな物体の硬さを表現する触覚呈示装置

    電気電子工学科 陳 慎静

    第65回電気関係学会九州支部連合大会 講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月24日 - 2012年09月25日   記述言語:日本語   開催地:長崎  

  • 動画像処理ハードウェアの汎用的な検証環境の構築

    電気電子工学科 阿部 貴義

    第65回電気関係学会九州支部連合大会 講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月24日 - 2012年09月25日   記述言語:日本語   開催地:長崎  

  • 汎用的なHSV色空間変換ハードウェアの開発

    電気電子工学科 濱地 達也

    第65回電気関係学会九州支部連合大会 講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月24日 - 2012年09月25日   記述言語:日本語   開催地:長崎  

  • FPGAにおける汎用的な動的部分再構成プラットフォームの開発

    電気電子工学科 井上駿

    第64回電気関係学会九州支部連合大会 講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月26日 - 2011年09月27日   記述言語:日本語   開催地: 佐賀  

  • 汎用タッチスイッチの提案

    電気電子工学科 井上駿

    第64回電気関係学会九州支部連合大会 講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月26日 - 2011年09月27日   記述言語:日本語   開催地: 佐賀  

  • Webカメラと超音波センサを用いた3次元座標の取得法の提案

    電気電子工学科 有働龍一

    第64回電気関係学会九州支部連合大会 講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月26日 - 2011年09月27日   記述言語:日本語   開催地: 佐賀  

  • ペルチェ素子を用いた体感温度調節装置の提案

    電気電子工学科 鈴江亮介

    第64回電気関係学会九州支部連合大会 講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月26日 - 2011年09月27日   記述言語:日本語   開催地: 佐賀  

  • 半球ミラーを用いたライトカーテンの提案

    電気電子工学科 権丈雄亮

    第64回電気関係学会九州支部連合大会 講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月26日 - 2011年09月27日   記述言語:日本語   開催地: 佐賀  

  • PSDを用いた複数光源の位置同時検出法の提案-異なる周波数で変調した複数光源-

    電気電子工学科 松浦聖忠

    第64回電気関係学会九州支部連合大会 講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月26日 - 2011年09月27日   記述言語:日本語   開催地: 佐賀  

  • ディジタル/アナログ再構成可能プロセッサのアーキテクチャと設計環境

    本人

    組込みシステムシンポジウム2010論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年10月27日 - 2010年10月29日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 列車ドアによる挟み込み事故防止システムの提案

    電気電子工学科 有働龍一

    第63回電気関係学会九州支部連合大会 講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月25日 - 2010年09月26日   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • システムLSIの試作に活用できるMIPS-I互換オープンソフトコアプロセッサ

    本人

    第9回情報科学技術フォーラム講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月07日 - 2010年09月09日   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • 自動位置調整機能を有する侵入者検知システムの提案

    平成22年(2010年)電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月02日 - 2010年09月03日   記述言語:日本語   開催地: 熊本  

  • シームレスに交換可能な知能モジュール型ロボットの提案とその試作

    平成22年(2010年)電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月02日 - 2010年09月03日   記述言語:日本語   開催地: 熊本  

  • カメラを用いた印鑑の自動認証システムの提案

    平成22年(2010年)電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月02日 - 2010年09月03日   記述言語:日本語   開催地: 熊本  

  • ディジタル/アナログ混載再構成可能プロセッサMSRP-Iの開発

    工学府

    火の国情報シンポジウム2010 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月15日 - 2010年03月16日   記述言語:日本語   開催地: 宮崎  

  • FPGAの動的部分再構成検証システムと部分再構成時間の評価

    本人

    組込みシステムシンポジウム2009論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年10月21日 - 2009年10月23日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京 東京  

  • ディジタル/アナログ混載再構成可能プロセッサにおけるアナログライブラリの作成と動作検証

    九州工業大学大学院工学研究院 小日向寛昭

    第62回電気関係学会九州支部連合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月28日 - 2009年09月29日   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • 教育用8ビットプロセッサとVGAによる動作可視化機構

    九州工業大学大学院工学研究院 小日向寛昭

    第62回電気関係学会九州支部連合大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月28日 - 2009年09月29日   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • オープンソースプロセッサの開発について

    電気電子工学科

    九州地区総合技術研究会 in 熊本大学 第21回情報処理センター等担当者技術研究会 講演・技術報告集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月03日 - 2009年09月04日   記述言語:日本語   開催地: 熊本  

  • VGAによる動作可視化機構を備えたプロセッサ教育支援システム

    本人

    第8回情報科学技術フォーラム(FIT2009) 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月02日 - 2009年09月04日   記述言語:日本語   開催地:日本 仙台  

  • ディジタル・アナログ混載再構成可能プロセッサにおけるアナログ回路ライブラリの開発

    火の国情報シンポジウム2009 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月13日 - 2009年03月14日   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • Cのハードウェア化に適したFPGAにおけるセミプログラマブルハードウェア

    本人

    組込みシステムシンポジウム2008 論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年10月29日 - 2008年10月31日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • ディジタル/アナログ再構成可能プロセッサにおけるアナログ部の試作と評価

    第61回電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月24日 - 2008年09月25日   記述言語:日本語   開催地: 大分  

  • ロードストアユニットを導入したハードウェアフレームワークの離散ウェーブレット変換への適用

    電気工学専攻

    火の国情報シンポジウム2008 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月06日 - 2008年03月07日   記述言語:日本語   開催地: 長崎  

  • Cプログラムのハードウェア化に適したFPGAの処理機構

    電気工学専攻

    火の国情報シンポジウム2008 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月06日 - 2008年03月07日   記述言語:日本語   開催地: 長崎  

  • HW/SWコデザインにおける共有アドレス空間を介した統一的なモジュール間インタフェースの実現法

    電子情報通信学会技術研究報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月16日   記述言語:日本語   開催地: 広島  

  • オープン・ソフトプロセッサコアの開発

    本人

    第6回北九州産学連携フェア 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年10月18日 - 2006年10月20日   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • マルチプロセッサSOC向けMIPS互換オープンソースプロセッサ

    九州工業大学大学院工学研究科

    平成18年度 第59回電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月28日   記述言語:日本語   開催地: 宮崎  

  • 再構成プロセッサに適したロードストアユニットの設計

    九州工業大学大学院工学研究科

    平成18年度 第59回電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月28日   記述言語:日本語  

  • CからVHDLへの高位合成におけるデータ入出力インタフェースの評価

    九州工業大学大学院工学研究科

    平成18年度 第59回電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月28日   記述言語:日本語   開催地: 宮崎  

  • プログラマブルなロードストアユニットと演算部が協調する再構成プロセッサアーキテクチャ

    FIT2006 第5回情報科学技術フォーラム 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月05日 - 2006年09月07日   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • 同期付き共有変数キャッシュを搭載したオンチップマルチプロセッサの効果的なプリフェッチ命令の挿入

    電気専攻 佐藤芳紀

    情報処理学会 第68回全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月08日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • オープンソースプロセッサの開発

    本人

    CEATEC JAPAN2005 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年10月04日 - 2005年10月08日   記述言語:日本語   開催地: 千葉(幕張メッセ)  

  • 再構成可能コンピューティングのための実環境を考慮した評価用テストベッドRCPII

    信学技報 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年05月   記述言語:日本語   開催地: 京都  

  • 並列化Cプログラムに対するVHDLトランスレータの開発

    第57回電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月   記述言語:日本語   開催地: 鹿児島  

  • ユーザシステムへの適応性に富んだ16bitプロセッサE8086コア

    第57回電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月   記述言語:日本語   開催地: 鹿児島  

  • 汎用並列化プリコンパイラの開発

    第57回電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月   記述言語:日本語   開催地: 鹿児島  

  • C言語からVHDLへの変換における並列処理

    情報処理学会研究報告-計算機アーキテクチャ 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年07月   記述言語:日本語   開催地: 青森  

  • TSVMキャッシュの効率的な一貫性制御方式

    本人

    情報処理学会九州支部 火の国情報シンポジウム2004 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年03月   記述言語:日本語  

  • e8086

    Electronic Design and Solution Fair 2004 ポスターセッション 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年01月   記述言語:日本語   開催地: 横浜  

  • システムLSI向けプロセッサコアE8086の開発

    第2回 情報科学技術フォーラム予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月   記述言語:日本語   開催地: 札幌  

  • 共有変数の同期を考慮したプログラミングモデルとその結合演算子への適用

    第55回電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年09月   記述言語:日本語   開催地: 長崎  

  • バス結合共有メモリ型マルチプロセッサにおける優先順位選択式バス調停機構の評価

    第55回電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年09月   記述言語:日本語   開催地: 長崎  

  • 共有変数の同期を考慮したキャッシュ構成とその予備実験

    情報処理学会研究報告-計算機アーキテクチャ 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年08月   記述言語:日本語   開催地: 湯布院  

  • 1チップ再構成可能コンピューティングシステムの開発

    情報処理学会研究報告-計算機アーキテクチャ 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年03月   記述言語:日本語   開催地: 洞爺湖  

  • マルチプロセッサMTA/TSVMの開発と評価

    電気工学専攻

    情報処理学会九州支部 火の国情報シンポジウム2002 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年03月   記述言語:日本語   開催地: 佐賀  

  • マルチプロセッサにおける共有変数用キャッシュ

    情報処理学会研究報告-計算機アーキテクチャ 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年11月   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • オンチップ再構成可能プロセッサシステムの開発

    第5回システムLSIワークショップ講演資料集 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年11月   記述言語:日本語   開催地: 北九州  

  • 同期通信用メモリによる高速なバリア同期機構

    第62回(平成13年前期)情処全大講演論文集(1) 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年03月   記述言語:日本語   開催地: 横浜  

  • 同期通信用メモリに対する並列化手法と評価

    情報処理学会 計算機アーキテクチャ研究報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年02月   記述言語:日本語   開催地: 函館  

  • 同期通信用メモリをもったオンチップマルチプロセッサ構成

    第4回システムLSIワークショップ講演資料集 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年11月   記述言語:日本語   開催地: 滋賀  

  • バスバックオフ機能を用いた同期通信用メモリの制御方式

    第61回(平成12年後期)情処全大講演論文集(1) 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年10月   記述言語:日本語   開催地: 愛媛  

  • 優先順位選択可能なアービタの開発

    第53回電気関係学会九州連大予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年04月   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • 再構成可能コプロセッサRCPの開発

    第53回電気関係学会九州連大予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年04月   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • CAMを用いた同期機能付き共有レジスタ構成

    本人

    第56回(平成10年前期)情処全大講演論文集(1) 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年04月   記述言語:日本語   開催地: 東京  

▼全件表示

工業所有権

  • 充電装置及び電極部材

    山脇彰,芹川聖一,田中大輔

     詳細を見る

    出願番号:特願2014-191198  出願日:2014年09月19日

    公開番号:特開2016-063685  公開日:2016年04月02日

  • 電子機器の電源回路

    山脇彰,芹川聖一

     詳細を見る

    出願番号:特願2012-259659  出願日:2012年11月28日

    公開番号:特開2014-107726  公開日:2014年06月09日

  • タッチパネルスイッチ

    山脇彰,芹川聖一

     詳細を見る

    出願番号:特願2012-174157  出願日:2012年08月06日

    公開番号:特開2014-32613  公開日:2014年02月02日

講演

  • 脱炭素社会を目指した高性能・省電力化なデジタル回路システムに関する研究開発

    産業応用工学会全国大会2021  2021年09月  産業応用工学会

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:基調講演   開催地:日本  

  • プロセッサと再構成可能デバイスの 協調による省電力・高性能・汎用組 込みシステム

    九州工業大学 重点プロジェクトセンター合同ワークショップ  2018年11月  九州工業大学IoTシステム基盤研究センター

     詳細を見る

    講演種別:その他   開催地:日本  

  • 待機電力ゼロ型センサノードを用いた超省電力センサネットワークの開発

    エコテクノ2017  2017年10月  福岡県,北九州市,公益財団法人北九州観光コンベンション協会, 公益財団法人北九州産業学術推進機構

     詳細を見る

    講演種別:特別講演   開催地:日本  

  • リモコンで電化製品の待機電力をゼロ化

    第14回産学連携フェア一  2014年10月 

     詳細を見る

    講演種別:特別講演   開催地:日本  

  • Measurement in Social Life - Toward More Efficient User Interface

    International Conference on Precision Instrumentation and Measurement  2011年07月 

     詳細を見る

    講演種別:基調講演   開催地:中国  

学術関係受賞

  • Creativity award

    The 2nd International Practical Applications Seminar on Electrical Engineering and Computer Science   FPGA-based Real-Time System Using Colored Pencil Drawing Style Image Conversion from Hardware-Oriented Non-Photorealistic Rendering Library   2023年12月25日

    Honoka Tani, Akira Yamawaki

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Best Student Paper Award

    The 10th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2023   Process Chaining Without Image and Performance Loss for Pencil Drawing Style Image Conversion in High-Level Synthesis   2023年09月06日

    Honoka Tani, Akira Yamawaki

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Best Paper Presentation

    International conference on Imaging, Signal Processing and Communications 2023   Hardware Development of Sphere Intersection in Ray-casting Using High-Level-Synthesis   2023年07月22日

    Kazuki Kurata, Akira Yamawaki

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Best Paper Presentation

    International conference on Imaging, Signal Processing and Communications 2023   Hardware Development of Sphere Intersection in Ray-casting Using High-Level-Synthesis   2023年07月22日

    Yuka Otani, Akira Yamawaki

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 学生賞

    産業応用工学会全国大会2021   高位合成画像処理ハードウェアに対するソートアルゴリズムの影響   2021年09月09日

    新山田 公平, 山脇 彰

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 優秀論文発表賞

    産業応用工学会全国大会2021   高位合成画像処理ハードウェアのための仮想周辺機器による汎用検証環境の開発   2021年09月09日

    庄嶋 篤, 山脇 彰

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 2019年度学生会講演奨励賞

    電子情報通信学会九州支部   高位合成向けメモリアクセス削減によるソフトウェアとハードウェアの性能評価   2020年05月02日

    山﨑 萌奈

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 2019年度学生会講演奨励賞

    電子情報通信学会九州支部   高位合成可能な矩形描画処理開発の一検討   2020年05月02日

    山方 悠輝

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 優秀論文発表賞

    産業応用工学会全国大会2018   2018年09月13日

    三浦 創大, 末松 徹, 山脇 彰

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Best Presentation Award

    The 6th International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2018   2018年09月12日

    Yuichi Morita, Akira Yamawaki

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Best Presentation Award

    The 6th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2018   2018年03月28日

    Yuki Yamagata, Akira Yamawaki

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 学生賞

    産業応用工学会全国大会2017   2017年09月22日

    森田 裕一, 高市 康伸, 山脇 彰

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Best Paper Award

    The 4th International Conference on Informatics, Electronics & Vision 2015   2015年06月15日

    Akira Yamawaki, Seiichi Serikawa

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Best Paper Award

    The 2015 IAENG International Conference on Electrical Engineering   2015年05月20日

    Akira Yamawaki, Seiichi Serikawa

     詳細を見る

    受賞国:ホンコン(香港)特別行政区

  • Certificate of Merit

    International Association of Engineers (International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2013)   2013年04月04日

    Akira Yamawaki, Seiichi Serikawa

     詳細を見る

    受賞国:ホンコン(香港)特別行政区

  • Best Paper Award

    ACEEE (International Conference on Advances in Computing, Control, and Telecommunication Technologies 2011)   2011年12月14日

    Akira Yamawaki, Seiichi Serikawa

     詳細を見る

    受賞国:インドネシア共和国

▼全件表示

科研費獲得実績

  • UAVと省電力無線センサノードを用いたインフラモニタリングに関する研究

    研究課題番号:17K00126  2017年04月 - 2021年03月   基盤研究(C)

  • 無線センサネットワークにおけるセンサノードの省電力化に関する研究

    研究課題番号:26330106  2014年04月 - 2017年03月   基盤研究(C)

  • メモリアクセスを伴ったCプログラムの自動ハードウェア化に関する研究

    研究課題番号:22700055  2010年04月 - 2013年03月   若手研究(B)

  • オンチップマルチプロセッサにおける共有変数用キャッシュの開発

    研究課題番号:14780227  2002年04月 - 2003年03月   若手研究(B)

寄附金・講座

  • 公益財団法人スズキ財団 令和元年度研究者海外研究助成  公益財団法人スズキ財団  2019年11月

  • 国際交流助成  一般社団法人 丸文財団  2019年11月

  • 電気通信普及財団 調査研究助成    2011年04月

  • 電気通信普及財団 海外渡航旅費援助    2010年11月

  • カシオ科学振興財団 研究助成    2009年12月

  • スズキ財団 研究者海外研修助成金    2009年07月

  • 電気通信普及財団 海外渡航旅費援助    2008年11月

  • 栢森情報科学振興財団 研究助成    2008年04月

▼全件表示

その他研究活動

  • エコテクノ2017での展示発表

    2017年10月

     詳細を見る

    待機電⼒ゼロ型センサノードを用いた超省電⼒センサネットワークの開発

  • 第14回産学連携フェアでの展示発表

    2014年10月

     詳細を見る

    人々の暮らしを豊かにするセンサ応用技術(産業応用工学会推薦)

  • 先端技術館@TEPIAでの展示(電子機器の待機電力をゼロにするリモート電源スイッチ)

    2014年04月
    -
    2015年02月

  • イノベーションジャパン2013における研究成果の展示

    2013年08月

担当授業科目(学内)

  • 2023年度   半導体トピックセミナー

  • 2023年度   半導体トピックセミナー

  • 2023年度   先端電子工学特論

  • 2023年度   ディジタル回路システム特論

  • 2023年度   半導体トピックセミナー

  • 2023年度   ディジタル回路設計法

  • 2023年度   電気電子工学実験ⅢA

  • 2023年度   電気電子工学PBL実験

  • 2023年度   コンピュータアーキテクチャ

  • 2023年度   ディジタル回路設計法

  • 2022年度   半導体トピックセミナー

  • 2022年度   ディジタル回路システム特論

  • 2022年度   半導体トピックセミナー

  • 2022年度   ディジタル回路設計法

  • 2022年度   電気電子工学実験ⅢA

  • 2022年度   電気電子工学PBL実験

  • 2022年度   コンピュータアーキテクチャ

  • 2022年度   ディジタル回路設計法

  • 2021年度   先端電子工学特論

  • 2021年度   ディジタル回路システム特論

  • 2021年度   半導体トピックセミナー

  • 2021年度   ディジタル回路設計法

  • 2021年度   電子回路演習

  • 2021年度   電気電子工学実験ⅢA

  • 2021年度   電子回路応用演習

  • 2021年度   電気電子工学PBL実験

  • 2021年度   コンピュータアーキテクチャ

  • 2021年度   ディジタル回路設計法

  • 2020年度   ディジタル回路システム特論

  • 2020年度   電子回路演習

  • 2020年度   電子回路応用演習

  • 2020年度   電気電子工学PBL実験

  • 2020年度   コンピュータアーキテクチャ

  • 2020年度   電気電子工学概論A

  • 2020年度   電気電子工学実験ⅢA

  • 2019年度   ディジタル回路システム特論

  • 2019年度   電子回路応用演習

  • 2019年度   コンピュータアーキテクチャ

  • 2019年度   電気電子工学PBL実験

  • 2019年度   ディジタル回路設計法

  • 2019年度   電気電子工学実験ⅢA

  • 2018年度   ディジタル回路システム特論

  • 2018年度   電子回路応用演習

  • 2018年度   コンピュータアーキテクチャ

  • 2018年度   電気電子工学PBL実験

  • 2018年度   ディジタル回路設計法

  • 2018年度   電気電子工学実験ⅢA

  • 2017年度   電子回路応用演習

  • 2017年度   コンピュータアーキテクチャ

  • 2017年度   ディジタル回路システム特論

  • 2017年度   ディジタル回路設計法

  • 2017年度   電気電子工学実験ⅢA

  • 2016年度   ディジタル回路システム特論

  • 2016年度   電子回路応用演習

  • 2016年度   コンピュータアーキテクチャ

  • 2016年度   電気電子工学実験ⅢA

  • 2015年度   コンピュータアーキテクチャ

  • 2015年度   電気電子工学実験ⅢA

  • 2014年度   コンピュータアーキテクチャ

  • 2013年度   コンピュータアーキテクチャ

  • 2013年度   システムエレクトロニクス実験

  • 2013年度   ディジタル回路設計法

  • 2013年度   電気電子工学実験入門

  • 2013年度   電気電子工学実験ⅢA

  • 2012年度   コンピュータアーキテクチャ

  • 2012年度   システムエレクトロニクス実験

  • 2012年度   電気電子工学実験入門

  • 2012年度   電気電子工学実験ⅢA

  • 2012年度   ディジタル回路設計法

  • 2011年度   コンピュータアーキテクチャ

  • 2011年度   システムエレクトロニクス実験

  • 2011年度   電気電子工学実験ⅢA

  • 2011年度   ディジタル回路設計法

  • 2011年度   電気電子工学実験入門

▼全件表示

担当経験のある授業科目(学外)

  • 電気基礎学実験

    2014年09月 - 2015年03月  

  • コンピュータアーキテクチャ

    2014年04月 - 2014年10月  

  • コンピュータアーキテクチャ

    2013年04月 - 2013年10月  

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など

  • 2019年度学生会講演奨励賞

    電子情報通信学会九州支部  

    2020年01月20日

    山﨑 萌奈

  • 2019年度学生会講演奨励賞

    電子情報通信学会九州支部  

    2020年01月20日

    山方 悠輝

学会・委員会等活動

  • 電子情報通信学会   九州支部会計幹事  

    2019年04月 - 2021年03月

  • 産業応用工学会   理事  

    2018年05月 - 現在

  • 産業応用工学会   監事  

    2016年05月 - 2018年05月

  • 産業応用工学会   理事  

    2014年05月 - 2016年05月

  • 産業応用工学会   監事  

    2012年10月 - 2014年05月

社会貢献活動(講演会・出前講義等)

  • 令和3年度東京支部電気情報分会総会(緑蔭会)での講演

    役割:講師

    明専会・東京支部・電気情報分会  令和3年度東京支部電気情報分会総会(緑蔭会)  2021年07月24日

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

国際会議開催(学会主催除く)

  • The 12th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2024

    産業応用工学会,IEEE福岡支部,電子情報通信学会,電気学会,情報処理学会,日本機械学会,計測自動制御学会  松江  2024年03月26日 - 2024年03月30日

  • The 10th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2023

    産業応用工学会,IEEE福岡支部,電子情報通信学会,電気学会,情報処理学会,日本機械学会,計測自動制御学会  日本  2023年09月04日 - 2023年09月08日

  • The 11th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2023

    産業応用工学会,IEEE福岡支部,電子情報通信学会,電気学会,情報処理学会,日本機械学会,計測自動制御学会  沖縄  2023年03月26日 - 2023年03月31日

  • The 9th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2022

    産業応用工学会,IEEE福岡支部,電子情報通信学会,電気学会,情報処理学会,日本機械学会,計測自動制御学会  神戸  2022年09月05日 - 2022年09月09日

  • The 10th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2022

    産業応用工学会,IEEE福岡支部,電子情報通信学会,電気学会,情報処理学会,日本機械学会,計測自動制御学会  日本  2022年03月26日 - 2022年03月30日

  • The 8th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2021

    産業応用工学会,IEEE福岡支部,電子情報通信学会,電気学会,情報処理学会,日本機械学会,計測自動制御学会  日本  2021年09月06日 - 2021年09月10日

  • The 9th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2021

    産業応用工学会,IEEE福岡支部,電子情報通信学会,電気学会,情報処理学会,日本機械学会,計測自動制御学会  日本  2021年03月26日 - 2021年03月30日

  • International Conference on Technology and Social Science 2020 (ICTSS 2020)

    NPO The e-JIKEI Network Promotion Institute,The Institute of Industrial Applications Engineers,The Japan Society of Mechanical Engineers,The Institute of Electrical Engineers of Japan,The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences,The Society of Instrument and Control Engineers,The Japan Society of Applied Science,International Research Enthusiast Society Inc.,Fujii Laboratory at Gunma University  日本(オンライン)  2020年12月02日 - 2020年12月04日

  • The 8th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2020

    産業応用工学会,IEEE福岡支部,電子情報通信学会,電気学会,情報処理学会,日本機械学会,計測自動制御学会  日本  2020年03月26日 - 2020年03月30日

  • The 7th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2019

    産業応用工学会,IEEE福岡支部,電子情報通信学会,電気学会,情報処理学会,日本機械学会,計測自動制御学会  台湾  2019年09月05日 - 2019年09月09日

  • International Conference on Technology and Social Science 2019 (ICTSS 2019)

    NPO The e-JIKEI Network Promotion Institute,The Institute of Industrial Applications Engineers,The Japan Society of Mechanical Engineers,The Institute of Electrical Engineers of Japan,The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences,The Society of Instrument and Control Engineers,The Japan Society of Applied Science,International Research Enthusiast Society Inc.,Fujii Laboratory at Gunma University  日本  2019年05月08日 - 2019年05月10日

  • The 7th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering 2019

    産業応用工学会,IEEE福岡支部,電子情報通信学会,電気学会,情報処理学会,日本機械学会,計測自動制御学会  2019年03月26日 - 2019年03月30日

  • The 6th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2018

    産業応用工学会,IEEE福岡支部,電子情報通信学会,電気学会,情報処理学会,日本機械学会,計測自動制御学会  2018年09月10日 - 2018年09月14日

  • International Conference on Technology and Social Science 2018 (ICTSS 2018)

    NPO The e-JIKEI Network Promotion Institute,International Research Enthusiast Society Inc.,Fujii Laboratory at Gunma University,The Institute of Industrial Applications Engineers,The Japan Society of Mechanical Engineers,The Institute of Electrical Engineers of Japan,The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences,The Society of Instrument and Control Engineers,The Japan Society of Applied Science  日本  2018年04月18日 - 2018年04月20日

  • The 6th International Conference on Industrial Application Engineering 2018

    産業応用工学会,IEEE福岡支部,電子情報通信学会,電気学会,情報処理学会,日本機械学会,計測自動制御学会  2018年03月27日 - 2018年03月31日

  • The 5th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2017

    産業応用工学会,IEEE福岡支部,電子情報通信学会,電気学会,情報処理学会,日本機械学会,計測自動制御学会  アメリカ  2017年09月07日 - 2017年09月12日

  • International Conference on Technology and Social Science 2017 (ICTSS 2017)

    NPO The e-JIKEI Network Promotion Institute,International Research Enthusiast Society Inc.,Fujii Laboratory at Gunma University (FLGU),The Institute of Industrial Applications Engineers,The Japan Society of Mechanical Engineers,The Institute of Electrical Engineers of Japan,The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences,The Japan Society of Applied Physics,Highland Kanto Liaison Organization  日本  2017年05月10日 - 2017年05月12日

  • The 5th International Conference on Industrial Application Engineering 2017

    産業応用工学会,IEEE福岡支部,電子情報通信学会,電気学会,情報処理学会,日本機械学会,計測自動制御学会  2017年03月27日 - 2017年03月31日

  • The 4th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2016

    産業応用工学会,IEEE福岡支部,電子情報通信学会,電気学会,情報処理学会,日本機械学会,計測自動制御学会  2016年09月08日 - 2016年09月12日

  • The 4th International Conference on Industrial Application Engineering 2016

    産業応用工学会,IEEE福岡支部,電子情報通信学会,電気学会,情報処理学会,日本機械学会,計測自動制御学会  2016年03月26日 - 2016年03月30日

  • The 3rd International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2015

    産業応用工学会,IEEE福岡支部,電子情報通信学会,電気学会,情報処理学会,日本機械学会,計測自動制御学会  2015年09月02日 - 2015年09月05日

  • The 4th International Conference on Informatics, Electronics & Vision 2015

    2015年06月15日 - 2015年06月18日

  • The 3rd International Conference on Industrial Application Engineering 2015

    産業応用工学会,IEEE福岡支部,電子情報通信学会,電気学会,情報処理学会,日本機械学会,計測自動制御学会,北九州市,西日本産業貿易コンベンション協会,九州工業大学  2015年03月28日 - 2015年03月31日

  • The Twentieth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2015

    2015年01月21日

  • The 2nd International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2014

    産業応用工学会,IEEE福岡支部,電子情報通信学会,電気学会,情報処理学会,日本機械学会,計測自動制御学会,The Center for Natural Science & Engineering Research  2014年09月28日

  • The 2nd International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2014

    産業応用工学会,IEEE福岡支部,電子情報通信学会,電気学会,情報処理学会,日本機械学会,計測自動制御学会,The Center for Natural Science & Engineering Research  2014年09月26日 - 2014年09月29日

  • International Conference on Informatics, Electronics & Vision 2014

    バングラディッシュ  2014年05月23日 - 2014年05月24日

  • The 2nd International Conference on Industrial Application Engineering 2014

    産業応用工学会,Changshu Institute of Technology,IEEE福岡支部,電子情報通信学会,電気学会,情報処理学会,日本機械学会,計測自動制御学会  中国  2014年03月27日 - 2014年03月29日

  • The 1st IEEE/IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2013

    産業応用工学会,IEEE福岡支部,電子情報通信学会,電気学会,情報処理学会,日本機械学会,計測自動制御学会,北九州市,西日本産業貿易コンベンション協会  2013年09月26日 - 2013年09月27日

  • The 1st IEEE/IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2013

    産業応用工学会,IEEE福岡支部,電子情報通信学会,電気学会,情報処理学会,日本機械学会,計測自動制御学会,The Center for Natural Science & Engineering Research, 北九州市,西日本産業貿易コンベンション協会  2013年09月26日 - 2013年09月27日

  • The 1st International Conference on Industrial Applications Engineering 2013

    産業応用工学会,IEEE福岡支部,電子情報通信学会,電気学会,情報処理学会,日本機械学会,計測自動制御学会,北九州市,西日本産業貿易コンベンション協会  2013年03月27日 - 2013年03月28日

  • The 1st International Conference on Industrial Applications Engineering 2013

    産業応用工学会,IEEE福岡支部,電子情報通信学会,電気学会,情報処理学会,日本機械学会,計測自動制御学会,北九州市,西日本産業貿易コンベンション協会  2013年03月27日 - 2013年03月28日

  • The International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2013

    International Association of Engineers  香港  2013年03月13日 - 2013年03月15日

  • International Conference on Informatics, Electronics & Vision 2012

    IEEE, Optical society of America, 計測自動制御学会, Institute of Control, Robotics and Systems, Center for Natural Sciences & Engineering Research   バングラディッシュ  2012年05月18日 - 2012年05月19日

  • Seventeenth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2012

    計測自動制御学会,日本ロボット学会,電気学会,中国人工知能学会,電子情報通信学会,システム制御情報学会,日本ロボット工業会  2012年01月19日 - 2012年01月21日

  • World Congress on Engineering and Computer Science 2010

    International Association of Engineers  USA  2010年10月20日 - 2010年10月22日

▼全件表示