河野 英昭 (カワノ ヒデアキ)

KAWANO Hideaki

写真a

職名

准教授

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

研究分野・キーワード

ソフトコンピューティング

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.ssc.ecs.kyutech.ac.jp/

Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 3

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1999年03月   九州工業大学   情報工学部   制御システム工学科   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2005年03月  九州工業大学  情報工学研究科  情報科学専攻  博士課程・博士後期課程  単位取得満期退学  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州工業大学 -  博士(情報工学)  2005年06月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年07月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院工学研究院   電気電子工学研究系   准教授  

  • 2008年04月
    -
    2012年06月

    九州工業大学   大学院工学研究院   助教  

  • 2007年04月
    -
    2008年03月

    九州工業大学   工学部   助教  

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    九州工業大学   工学部   助手  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2012年10月
    -
    継続中
     

    バイオメディカルファジィシステム学会  日本国

  • 2010年07月
    -
    継続中
     

    情報処理学会  日本国

  • 2008年04月
    -
    継続中
     

    International Journal of Knowledge Engineering and Soft Data Paradigms (IJKESDP)  スイス連邦

  • 2005年04月
    -
    継続中
     

    日本知能情報ファジィ学会  日本国

  • 2005年04月
    -
    継続中
     

    電子情報通信学会  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ニューロコンピューティング

  • 画像処理

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Shrinking model and random-dot sensor on embedded systems

    Sarakon P., Kawano H., Shimonomura K., Serikawa S.

    ICIC Express Letters    14 ( 7 ) 703 - 710   2020年07月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2020. We address trade of between low latency and high accuracy for tactile image recognition using a random-dot sensor on embedded systems. Convolutional neural networks are developed deeper and more complicated to achieve higher accuracy, but realworld applications such as mobiles and embedded systems have a fixed resource budget. The resource-constrained platforms need to be driven in a timely fashion and keep high correctness to build an efficient convolutional neural network. We propose an efficient model based on a shrinking technique in order to manage the multi-objectives, that are low latency in embedded systems and an accurate model. The shrinking technique takes advantage of high accurate pretrained networks and reduces the number of parameters and number of operations. We not only provide faster and smaller model but also increase accuracy. We measured performance on tactile image for accuracy and Jetson TX2 for latency. The result showed that latency decreased by 28.3 percent, but high accuracy. ICIC International

    DOI Scopus

  • A proposal of walking support system for visually impaired people using stereo camera

    Takefuji H., Shima R., Sarakon P., Kawano H.

    ICIC Express Letters, Part B: Applications    11 ( 7 ) 691 - 696   2020年07月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2020 ISSN. The number of visually impaired tends to increase in the future. They have many accidents when walking outdoors and the demand for walking support system development is high. They walk on a Braille block by relying on a white stick or guide dog. However, there is a problem that they collide without noticing the obstacle on Braille block. In this paper, we propose the construction of a system that detects and notifies obstacles by combining existing devices and models to prevent collision accident. The proposed device is built on Jetson TX2 and uses a stereo camera ZED Mini that provides depth image. The object detection part is real-time object detection system that is the learned model. Voice from a wearable speaker through a smartphone notifies the location of obstacle. Demonstration test confirms the usefulness of this device.

    DOI Scopus

  • Factor analysis using artificial intelligence in patients with chronic kidney disease

    Fukai K., Kawano H., Enomoto J.

    ICIC Express Letters    14 ( 6 ) 585 - 591   2020年06月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2020. In recent years, the number of patients with chronic kidney disease in Japan has reached 13.3 million (1 in 8 of adults over 20 years old). The disease is said to be a new country illness. The important factors of the chronic kidney disease have been clarified by long-term clinical studies. In this paper, we propose a new method to discover important factors inherent to the chronic kidney disease patients composed by Topological Data Analysis (TDA) and Layer-wise Relevance Propagation (LRP). To verify the effectiveness of the proposed method, we compared the result obtained by our proposed method with the known important factors by the clinical studies. ICIC International

    DOI Scopus

  • Examination of judgment items of liver disease patients by fuzzy input using LRP

    Enomoto J., Kawano H., Fukai K.

    ICIC Express Letters, Part B: Applications    11 ( 6 ) 601 - 606   2020年06月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2020, ICIC International. All rights reserved. Nowadays, the technological development of neural networks is used in the medical field. With the progress of medicine, the average life span of people is on the rise. In order to investigate the cause of the disease, the patient’s data is obtained by blood collection and then the treatment is performed. From the data obtained by blood collection, it is judged whether it is sick or not. By comparing physical characteristics between patients with specific symptoms and healthy people, it is possible to find out the cause of symptoms and to early detect symptoms. In this paper, we use data on liver disease patients. We construct an over-learning model of binary classification, and create two membership functions for each input size. And it determines the important factors that become the basis of classification by LRP method.

    DOI Scopus

  • Study on mistype correction support using attention in Japanese input

    Komatsu R., Hirakawa R., Kawano H., Nakashi K., Nakatoh Y.

    Digest of Technical Papers - IEEE International Conference on Consumer Electronics    2020-January   2020年01月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2020 IEEE. How to input characters without mistakes is one of very important points for the interface, when we consider usability of electronic devices such as personal computers and smartphones. Therefore, in this paper, we examine whether we can classify mistypes for Japanese input and inform the users how they make mistakes using 'Attention' and 'LSTM' of machine learning methods. First, we classified the category of mistypes in Japanese input into seven types (Replacement, Removal, Exchange, Insertion, Involvement, Repetition). Second, we asked subjects to input the displayed words and collected their data. Next, we classified the data and labeled it. Finally, we made the Neural Network (LSTM + Attention) to classify the mistype data and inform how they make mistakes. As a result, the correct answer rate of the Neural Network (LSTM + Attention) was about 70% and we were able to know where point the Neural Network focus on by putting in 'Attention'. We are planning to use 'LSTM' to correct mistype directly and use 'Attention' to inform how they frequently make mistakes in the future.

    DOI Scopus

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 電気電子工学実験ⅢA(コンピュータ応用)指導書

    河野英昭 ( 単著 )

    未設定  2020年04月

  • 電気電子工学実験ⅢA(コンピュータ応用)指導書

    河野英昭 ( 単著 )

    未設定  2019年04月

  • 電気電子工学実験ⅢA(コンピュータ応用)指導書

    河野英昭 ( 単著 )

    未設定  2018年04月

  • 電子通信システム工学実験Ⅲ(コンピュータ応用)指導書

    河野英昭 ( 単著 )

    未設定  2017年04月

  • 電気電子工学実験Ⅰ実験指導書

    桑原,市坪,河野,松平,楊,渡邉 ( 共著 )

    未設定  2017年04月

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 車載カメラ画像からの影に依存しない道路検出法の一提案

    堤博和

    第19回日本知能情報ファジィ学会中国・四国支部大会・第16回日本知能情報ファジィ学会九州支部大会学術講演会合同大会  2015年03月  -  2015年03月   

  • 筆者異同識別のための画像特徴量抽出法の一提案

    桐原孝宣

    第19回日本知能情報ファジィ学会中国・四国支部大会・第16回日本知能情報ファジィ学会九州支部大会学術講演会合同大会  2015年03月  -  2015年03月   

  • 画像の色彩変換に対する逆特性の生成法の一提案

    遠藤里史

    第19回日本知能情報ファジィ学会中国・四国支部大会・第16回日本知能情報ファジィ学会九州支部大会学術講演会合同大会  2015年03月  -  2015年03月   

  • SIFTを用いた手形状判別による一人称視点手話認識

    田島裕介

    スマートインフォメディアシステム研究会  2014年12月  -  2014年12月   

  • 自己組織化特徴マップを用いた同一形状物体の物体数認識

    角田友理子

    スマートインフォメディアシステム研究会  2014年12月  -  2014年12月   

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 画像診断支援装置及び支援方法

    特願 特願2013-102418  日本国

    河野英昭

報道関係 【 表示 / 非表示

  • 視覚障害者の外出サポート

    大分合同新聞  2018年08月09日

    ハイパーネットワーク社会研究所, 九州工業大学, 富士通九州システムズ, オートバックスセブン

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本知能情報ファジィ学会九州支部学術講演会学生優秀講演賞

    2019年11月30日   日本知能情報ファジィ学会九州支部   日本国

    受賞者:  Pornthep Sarakon, Hideaki Kawano, Seiichi Serikawa

  • バイオメディカルファジィシステム学会会員奨励賞

    2019年11月23日   バイオメディカルファジィシステム学会   日本国

    受賞者:  河野英昭

  • バイオメディカルファジィシステム学会学生奨励賞

    2018年11月03日   バイオメディカルファジィシステム学会   日本国

    受賞者:  深井賢也, 河野英昭, 平湯和也

  • 貢献賞

    2015年09月   日本知能情報ファジィ学会   日本国

    受賞者:  SCIS&ISIS 2014 実行委員会

  • 第63回電気関係学会九州支部連合大会奨励賞

    2010年09月   情報処理学会九州支部   日本国

    受賞者:  増原士, 折居英章, 河野英昭, 前田博

全件表示 >>

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 一人称視点魚眼カメラを用いたモバイル手話認識システムの開発

    若手研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月

    研究課題番号:  25730138

  • 埋込型自己縮小画像コードブックとファジィ推論に基づく高倍率画像拡大法の開発

    基盤研究(B)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月

    研究課題番号:  24300092

  • 弱視者支援のための知的視覚情報フィルタリングに関する研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月

    研究課題番号:  23700179

  • 自己縮小画像コードブックとファジィ推論に基づく実時間映像拡大処理システムの開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2009年04月  -  2012年03月

    研究課題番号:  21500230

  • 自己縮小画像コードブックとベクトル化ファジィ推論を応用した画像拡大法の開発に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2006年04月  -  2009年03月

    研究課題番号:  18500182

受託研究・共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 3次元地図作成に関する研究

    共同研究

    研究期間:  2007年04月  -  2008年03月

寄附金・講座 【 表示 / 非表示

  • SCAT研究費助成金

    一般財団法人テレコム先端技術研究支援センター  2017年06月

  • 第34回(平成28年度)公益財団法人カシオ科学振興財団 研究助成金

    公益財団法人カシオ科学振興財団  2016年12月

  • 平成27年度SCAT研究費助成金

    一般財団法人テレコム先端技術研究支援センター  2016年06月

  • 公益財団法人福岡県すこやか健康事業団

      2014年01月

  • (財)テレコム先端技術研究支援センター

      2012年06月

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度  プログラミング技法

  • 2019年度  ソフトコンピューティング特論

  • 2019年度  情報理論

  • 2019年度  電気回路Ⅱ

  • 2019年度  電気回路Ⅱ

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    継続中

    バイオメディカルファジィシステム学会   事務局(広報)

  • 2013年04月
    -
    2015年03月

    日本知能情報ファジィ学会   九州支部会計幹事

  • 2005年04月
    -
    継続中

    日本知能情報ファジィ学会   九州支部大会運営委員

 

国際会議の開催 【 表示 / 非表示

  • SCIS & ISIS 2014

    2015年04月01日  -  2015年12月31日 

国際交流窓口担当 【 表示 / 非表示

  • オークランド工科大学 知識工学・知識発見研究所  2015年05月  -  継続中