小迫 雅裕 (コザコ マサヒロ)

KOZAKO Masahiro

写真a

職名

准教授

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

研究分野・キーワード

電気絶縁材料、高電圧工学

ホームページ

http://www.epsilon.ele.kyutech.ac.jp/hikitalab/main.html

Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 14

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2002年03月  九州工業大学  工学研究科  電気工学  博士課程・博士後期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州工業大学 -  博士(工学)  2002年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院工学研究院   電気電子工学研究系   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年08月
    -
    2012年08月

    ポールサバティエ大学   LAPLACE研究所   研究員   フランス共和国

  • 2005年04月
    -
    2008年08月

    鹿児島工業高等専門学校   電気電子工学科   講師   日本国

  • 2004年04月
    -
    2005年03月

    早稲田大学   理工学総合研究センター九州研究所   講師   日本国

  • 2002年04月
    -
    2004年03月

    早稲田大学   理工学総合研究センター九州研究所   助手   日本国

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2018年12月
    -
    2021年11月
     

    電気学会 パワーモジュールの電気絶縁信頼性に関する調査専門委員会  日本国

  • 2021年09月
    -
    2023年03月
     

    電気学会 EINAマガジン発行Ⅳ協同研究委員会  日本国

  • 2021年04月
    -
    2023年03月
     

    電気学会 CMD2022組織委員会  日本国

  • 2021年04月
    -
    継続中
     

    電気学会 高電圧技術委員会 1号委員  日本国

  • 2021年04月
    -
    2024年03月
     

    電気学会 電力機器・設備における絶縁破壊の予兆現象の解明とセンシング技術調査専門委員会  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 電子・電気材料工学

  • 電力工学・電力変換・電気機器

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ナノテクノロジーを駆使した固体絶縁樹脂材料の開発

    ナノテクノロジー、固体絶縁樹脂材料開発  

    研究期間: 2002年04月  -  継続中

     概要を見る

    固体絶縁樹脂材料の更なる特性向上が求められており、その解決策としてナノテクノロジーの適用がある。しかし、その材料開発は困難であるため、試行錯誤が必要である。

  • 次世代高電圧パワーモジュール開発

    研究期間: 2016年04月  -  継続中

  • 電力機器の絶縁診断技術の高度化

    電力機器、絶縁診断、部分放電  

    研究期間: 1996年04月  -  継続中

     概要を見る

    高経年化が進んでいる電力機器の絶縁診断技術の確立が求められており、その手法として部分放電測定があるが、高精度診断技術の確立のためにはまだまだ課題が多い。

  • マクスウェル応力を駆使したポリマーアクチュエータの開発

    絶縁ポリマー、マクスウェル応力、ポリマーアクチュエータ  

    研究期間: 2002年04月  -  2009年03月

     概要を見る

    駆動時の電力ロスが小さく、ハイパワーなアクチュエータの開発が望まれている。その一つの方策として、電界応答性ポリマーアクチュエータがあるが、その特性改善が課題となっている。

論文 【 表示 / 非表示

  • モールド変圧器のインピーダンス周波数特性の解明と部分放電診断手法

    柿本 康朝, 小迫 雅裕, 匹田 政幸, 飯田 和生, 梅村 時博, 中村 勇介, 中前 哲夫, 前田 照彦, 尾崎 多文

    電気学会論文誌A    141 ( 7 ) 420 - 427   2021年07月  [査読有り]

  • S6ガス中楔ギャップのインパルス部分放電開始特性に及ぼすエポキシ複合材へのナノフィラー添加の影響

    井上 好之, 大角 浩太郎, 小迫 雅裕, 匹田 政幸, 増井 秀好, 満留 博, 柳瀬 博雅, 岡本 健次

    電気学会論文誌A    141 ( 6 ) 391 - 397   2021年06月  [査読有り]

  • Effect of Different Types of Fullerene Addition on AC Dielectric Breakdown Strength of Epoxy Resin

    Ozuno K., Inoue Y., Kozako M., Hikita M., Igarashi T., Kaji H.

    IEEE Transactions on Dielectrics and Electrical Insulation    28 ( 2 ) 625 - 629   2021年04月  [査読有り]

     概要を見る

    This research intends to investigate the applicability of fullerene as an electrically insulating filler. So far, the authors reported that the addition of a very small amount of fullerene C60 to epoxy resin (EP) improves the dielectric breakdown strength $(E_{\mathrm{b}})$ by about 30%. This report presents the study on the effect of four different types of fullerenes as fillers added to EP on the improvement of $E_{\mathrm{b}}$. Fullerenes used are mixtures of C60 and higher order one $\mathrm{C}_{70}$ with a different mixture rate, and the addition effect of sublimation-purified fullerene on $E_{\mathrm{b}}$ is also investigated. Experimental results reveal that samples added with sublimated fullerenes exhibit larger $E_{\mathrm{b}}$ than that of samples without sublimation. The sublimation-purified sample is also found to give almost no difference in $E_{\mathrm{b}}$ by the type or proportion of the added fullerenes $\mathrm{C}_{60}$ and $\mathrm{C}_{70}$. An attempt is also made to discuss the mechanism of the improvement effect on $E_{\mathrm{b}}$ of fullerene by evaluating the electronic state of epoxies with different fullerene fillers and curing agent using quantum chemical calculation. As a result, it is shown that the introduction of $\mathrm{C}_{60}$ and $\mathrm{C}_{70}$ into the EP considering the curing agent introduces electron traps of 0.64 and 0.72 eV, respectively. It is interpreted that the introduced electron traps suppress the electron avalanche, and consequently improves the breakdown strength.

    DOI Scopus

  • Characteristics of Creepage Discharge in Oil/Pressboard Composite Insulation

    Yoshida S., Kozako M., Hikita M.

    IEEE Transactions on Dielectrics and Electrical Insulation    28 ( 2 ) 608 - 615   2021年04月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper deals with partial discharge characteristics in oil/pressboard composite insulation system, which is used in oil-immersed power transformer. It is found that the discharge propagates in the same route on the pressboard surface as in the previous discharge every time under repeated impulse voltage application. We also revealed that the white trace remained along the path of discharge and affected the subsequent discharge progress because of being a weak point part on insulation. This study presents an investigation of the effect of the white trace on partial discharge inception voltage (PDIV) of the composite insulation system with high-speed optical observation and electrical measurements for the discharge propagation. The discharge propagation mechanism is also discussed with comparing the discharge progress characteristics before and after the white trace formation.

    DOI Scopus

  • Construction and Experimental Verification of Novel Online Partial Discharge Monitoring System Using Power Line Communication

    Kakimoto Y., Yoshikawa H., Jogo T., Wakisaka T., Kozako M., Hikita M., Sato H., Tagashira H., Soeda M.

    IEEE Transactions on Dielectrics and Electrical Insulation    27 ( 6 ) 2165 - 2171   2020年12月  [査読有り]

     概要を見る

    © 1994-2012 IEEE. In this research, we aim to construct a completely new partial discharge (PD) monitoring system that applies inexpensive power line communication (PLC). We have proposed a PD detection method and monitoring system (PDMS-PLC) on the basis of PLC signal transfer rare is affected by an error due to disturbance. An attempt is made to identify PD source from the quadrant dependence of information transmission rate (hereinafter referred to PHY rate [Mbps]) by selecting a pair of quadrants of applied voltage phase; i.e. 1st and 3rd quadrants, or 2nd and 4th ones. It was found that the PHY (Abbreviation for the lowest physical layer in the OSI (open systems interconnection) hierarchical model.) rate number distribution reflects the PD characteristics obtained by the phase resolved PD (PRPD) pattern. Environmental noise level is also measured at an actual substation using PDMS-PLC. Consequently, the applicability of PDMS-PLC to PD signal detection and defect type identification is suggested.

    DOI Scopus

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • ジシクロペンタジエンのインパルス電圧下の絶縁破壊特性の一考察

    松木孝聡, 井上好之, 濵砂享平, 小迫雅裕, 匹田政幸, 福本直記, 亀井伸人

    令和3年電気学会基礎・材料・共通部門大会  (新潟(オンライン))  2021年09月  -  2021年09月   

  • IEC規格試験に準拠したインバータ駆動電動機とその技術課題

    岡本徹志, 梅本貴弘, 廣瀬達也, 匹田政幸, 小迫雅裕, 熊田亜紀子, 日髙邦彦

    令和3年電気学会基礎・材料・共通部門大会  (新潟(オンライン))  2021年09月  -  2021年09月   

  • ナノフィラー添加した高誘電マイクロフィラー充填エポキシ複合材の交流絶縁破壊特性の一考察

    井上好之, 小迫雅裕, 匹田政幸, 増井秀好, 柳瀬博雅, 岡本健次, 井上智裕, 高馬俊浩

    令和3年電気学会基礎・材料・共通部門大会  (島根(オンライン))  2021年09月  -  2021年09月   

  • エナメルツイストペアの絶縁厚さが部分放電劣化・寿命特性に及ぼす影響

    竹之内 将, 善田優希, 小迫雅裕, 匹田政幸, 鈴木和則, 中谷光利, 林坂徳之,菊池英行

    令和3年電気学会基礎・材料・共通部門大会  (島根(オンライン))  2021年09月  -  2021年09月   

  • 巻線モデル試料の部分放電特性におけるインパルス前課電の影響

    善田優希, 小迫雅裕, 匹田 政幸, 中村勇介, 長 広明, 藤井祐樹

    令和3年電気学会基礎・材料・共通部門大会  (島根(オンライン))  2021年09月  -  2021年09月   

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 部分放電検出方法および放電検出システム

    特願 特願2011-058361  特開 特開2012-194065  日本国

    津田敏宏、吉満哲夫、山田慎一郎、筒井宏次、池上知巳、櫻井孝幸、広瀬達也、廣島聡、匹田政幸、小迫雅裕

  • 固体絶縁物内部欠陥検出システム

    特願 '特願2010-277011  特開 特開2012-127687  日本国

    廣瀬達也, 匹田政幸, 小迫雅裕, 中村修平, 東山雅一, 鈴木勇人, 中前哲夫, 前田照彦, 中村勇介

  • 電気絶縁材料用の樹脂組成物及びその製造方法

    特願 特願2007-174360  特開 特開2009-013227  日本国

    小迫雅裕、向當政典、岡部成光、田中祀捷

  • ポリマー系ナノコンポジットの製造方法

    特願 特願2005-68737  特開 特開2006-249276  日本国

    小迫雅裕、向當政典、岡部成光、田中祀捷

講演 【 表示 / 非表示

  • Development of Electrical Insulating Materials for Next Generation Power Module

    Japan-France Joint Workshop in Toulouse ( Toulouse, France )  2020年03月02日 

  • Evaluation of Electrical Characteristics of Electrical Insulating Materials for Next Generation Power Module

    The 2019 International Symposium on Advanced Power Packaging ( 大阪 )  2019年10月07日 

  • パワーエレクトロニクスの基盤絶縁材料技術の研究動向~電気学会「パワーモジュールの電気絶縁信頼性に関する調査専門委員会」の紹介~

    令和元年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会 ( 名古屋 )  2019年09月10日 

  • プラスチック絶縁体を熱伝導体へ転換するナノテクノロジー

    イノベーション・ジャパン2019 ( 東京 )  2019年08月29日 

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 電気学会 基礎・材料・共通部門特別賞 論文査読功労賞

    2020年10月   一般社団法人 電気学会   日本国

    受賞者:  小迫 雅裕

  • 電気学会優秀技術活動賞(技術報告賞)

    2020年04月   電気学会   日本国

    受賞者:  進化するテーラーメイドコンポジット絶縁材料に関する調査専門委員会

  • 電気学会 第10回特別活動賞

    2018年05月31日   一般社団法人 電気学会   日本国

    受賞者:  先端複合ポリマーナノコンポジット誘電体の応用技術調査専門委員会

  • 第30回エレクトロニクス実装学会春季講演大会優秀賞

    2016年10月27日   一般社団法人 エレクトロニクス実装学会   日本国

    受賞者:  小迫雅裕,匹田政幸

  • 電気学会優秀技術活動賞(技術報告賞)

    2016年04月   電気学会   日本国

    受賞者:  先端複合ポリマーナノコンポジット誘電体の応用技術 調査専門委員会

全件表示 >>

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 革新的超機能性ナノコンポジット電気絶縁材料の創製

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2016年04月  -  2018年03月

    研究課題番号:  16K14217

     概要を見る

    電力機器の更なる小型化・高信頼度化を実現するために、現状での機器内部の複合絶縁設計において誘電率制御や接合界面制御と行ったマクロ観点ではほぼ技術の限界に達している。次世代機器の革新的な絶縁設計思想の提案のためには、固体/気体あるいは固体/液体の絶縁部材の界面における沿面放電発生・進展の抑制および耐電圧の向上が学術的研究課題である。そこで、固体絶縁材料の表面物性改質に着眼した超機能性ナノコンポジット絶縁技術を開発すると言う世の中に全く無いアプローチにより前述の壁を破ることを目指す。ナノレベルでの物理的制御および電子物性的制御による固体絶縁材料表面の沿面放電耐電圧向上の実験的実証と、量子化学計算を用いた理論的解明および特性予測の可能性見極めを同時に進める。

  • ナノ磁性体含有コンポジット絶縁スペーサ開発に向けた基礎研究

    萌芽研究・萌芽的研究

    研究期間:  2007年04月  -  2009年03月

    研究課題番号:  19656076

  • 環境調和型変圧器を想定した新しい絶縁材料の誘電・絶縁特性の評価

    基盤研究(C)

    研究期間:  2006年04月  -  2008年03月

    研究課題番号:  18560295

  • 有機無機ナノ界面のメゾ特性から見たポリマーナノコンポジットの電気絶縁性能の解明

    基盤研究(B)

    研究期間:  2005年04月  -  2008年03月

    研究課題番号:  17360145

  • 高熱伝導・電気絶縁性のポリマーナノコンポジットの創製と適用評価

    若手研究(B)

    研究期間:  2005年04月  -  2007年03月

    研究課題番号:  17760260

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  電気回路演習

  • 2020年度  電気回路演習

  • 2020年度  電気電子工学PBL実験

  • 2020年度  エネルギー基礎工学

  • 2020年度  誘電体工学特論

全件表示 >>

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など 【 表示 / 非表示

  • 令和3年電気学会全国大会優秀論文発表賞

    2021年06月   一般社団法人 電気学会

  • 令和2年度電気学会九州支部支部長賞

    2021年03月   一般社団法人 電気学会

  • ISEIM2020 Young Presentation Award

    2020年09月   9th International Symposium on Electrical Insulating Materials

  • 令和2年 電気学会電力・エネルギー部門大会 YOC奨励賞

    2020年09月   一般社団法人 電気学会

  • 平成31年電気学会全国大会優秀論文発表賞

    2019年07月   一般社団法人 電気学会

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • ハンドボール部顧問

    2020年04月
    -
    継続中
  • 文部科学省大学間連携共同教育推進事業-未来像を自ら描く電気エネルギー分野における実践的人材の育成

    2012年04月
    -
    継続中

     概要を見る

    修士課程学生を対象とした討論重視のオムニバス講義と,合宿型の研究発表・討論会,国際会議での研究発表が中心になります。オムニバス講義では,従来行われていた学外講師による講義を,海外からの講師も含めた多様なものに拡充し,一方通行的な講義ではなく,討論も含めたものにします。また,合宿型の研究発表・討論会では,今まで専攻や研究室内で行っていた研究発表や討論を,他大学の学生・教員や企業技術者・研究者も含めた濃密な環境の中で行います。これらに参加した学生の評価は連携機関の企業技術者・研究者の視点も加えて行います。

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2021年09月
    -
    2023年03月

    電気学会 EINAマガジン発行Ⅳ協同研究委員会   幹事

  • 2021年04月
    -
    2023年03月

    電気学会 CMD2022組織委員会幹事団   幹事

  • 2021年04月
    -
    2023年03月

    電気学会 CMD2022組織委員会   幹事

  • 2021年04月
    -
    継続中

    電気学会 高電圧技術委員会   1号委員

  • 2021年04月
    -
    2024年03月

    電気学会 電力機器・設備における絶縁破壊の予兆現象の解明とセンシング技術調査専門委員会   委員

全件表示 >>

 

国際交流窓口担当 【 表示 / 非表示

  • バンドン工科大学  2019年03月  -  継続中

その他国際交流活動 【 表示 / 非表示

  • バンドン工科大学修士学生受入

    活動期間:  2019年09月  -  2020年06月

     概要を見る

    インドネシア・バンドン工科大学の修士学生2名を小迫研究室に外国人特別研究員として受け入れ、修士論文の一部を指導した。

  • バンドン工科大学修士学生受入

    活動期間:  2018年09月  -  2019年04月

     概要を見る

    インドネシア・バンドン工科大学の修士学生2名を小迫研究室に外国人特別研究員として受け入れ、修士論文の一部を指導した。