大竹 博 (オオタケ ヒロシ)

OHTAKE Hiroshi

写真a

職名

准教授

研究室住所

福岡県飯塚市川津680-4

研究分野・キーワード

飛行ロボット,生体情報解析,知的制御

メールアドレス

メールアドレス

Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 9

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2000年03月   電気通信大学   電気通信学部   機械制御工学科   卒業   日本国

  • 1997年03月   長岡工業高等専門学校   電子制御工学科   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2004年03月  電気通信大学  電気通信学研究科  機械制御工学専攻  博士課程・博士後期課程  中退  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 電気通信大学 -  博士(工学)  2006年03月

  • 電気通信大学 -  修士(工学)  2002年03月

  • 電気通信大学 -  学士(工学)  2000年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   知的システム工学研究系   准教授  

  • 2011年04月
    -
    2019年03月

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   機械情報工学研究系   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2011年03月

    電気通信大学   大学院情報理工学研究科   助教   日本国

  • 2007年04月
    -
    2010年03月

    電気通信大学   電気通信学部   助教   日本国

  • 2004年04月
    -
    2007年03月

    電気通信大学   電気通信学部   助手   日本国

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2016年02月
    -
    2018年03月
     

    日本生体医工学会  日本国

  • 2010年11月
    -
    継続中
     

    日本ロボット学会  日本国

  • 2004年04月
    -
    継続中
     

    日本機械学会  日本国

  • 2001年07月
    -
    継続中
     

    IEEE(The Institute of Electrical and Electronics Engineers)  アメリカ合衆国

  • 2001年05月
    -
    継続中
     

    計測自動制御学会  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 知能機械学・機械システム

  • 機械力学・制御

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 鳥類の気流に合わせた羽ばたきの変化および樹枝への着陸のメカニズムの解明

    羽ばたき飛行ロボット  

    研究期間: 2020年04月  -  2023年03月

     概要を見る

    近年,飛行ロボット,特にドローンに関する研究・開発が精力的に進められているが,飛行生物である鳥類に比べて飛行性能や機能で劣る面が多々ある.本研究課題では,鳥類の生物規範型ロボットについて研究を行う.解明が十分に進んでいない,陸鳥が持つ,墜落しにくい機動性能,樹枝へのピンポイント着陸に注目し,鳥の複雑な翼運動を可能とする筋骨格構造と空気の流れを知るセンシングメカニズム,強靭な脚機構,および,これらを統合した制御システムを構築し,気流に合わせた飛行の変化および樹枝への着陸機能を工学的な観点から解析し,そのメカニズムを明らかにする.

  • 5つの翼運動と脚による短距離離着陸を実現する羽ばたき飛行ロボットの開発

    羽ばたき飛行ロボット,飛行制御  

    研究期間: 2015年04月  -  2018年03月

  • グリーン溶媒抽出成分が脳波に及ぼす影響に関する先行研究

    脳波  

    研究期間: 2015年01月  -  2015年03月

  • 鳥類の羽ばたき動作を模した飛行ロボットの実現とその自律飛行制御手法の開発

    羽ばたき飛行ロボット,飛行制御  

    研究期間: 2010年04月  -  2013年03月

  • 動的可変構造モデリング手法の開発と生物型羽ばたき飛行ロボットの自律飛行制御の実現

    動的可変構造モデリング,羽ばたき飛行ロボット  

    研究期間: 2007年04月  -  2010年03月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 「飛行ロボット研究の最前線Ⅰ」特集について

    大竹 博,藤川太郎

    日本ロボット学会誌  ( 一般社団法人日本ロボット学会 )  34 ( 1 ) 1 - 1   2016年01月

    DOI

  • Development of Jumping Leg Mechanism of Bird Type Flying Robot and Jumping Experiment by Automatic Contraction and Release Using External Device

    Yuki Kimura, Hiroshi Ohtake

    Proceedings of the 3rd International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics      2019年11月  [査読有り]

    日本  国頭郡恩納村  2019年11月  -  2019年11月

  • Realization of Flapping Motion of a Flapping Robot Based on Muscle Structure of Birds

    Ryoma Murakawa, Hiroshi Ohtake

    Proceedings of the 3rd International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics      2019年11月  [査読有り]

    日本  国頭郡恩納村  2019年11月  -  2019年11月

  • SOM による脳波情報のグループ分けを利用した脳波判別器の開発

    外間 健一, 大竹 博

    日本知能情報ファジィ学会 第35回ファジィ システム シンポジウム 講演論文集  ( 日本知能情報ファジィ学会 )  35 ( 0 ) 738 - 742   2019年08月

    日本  大阪市  2019年08月  -  2019年08月

     概要を見る

    <p> </p>

    DOI CiNii

  • ツイストドライブ機構を用いた羽ばたき動作の実現

    吉長 隆一郎, 大竹 博

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2019講演概要集  ( 一般社団法人 日本機械学会 )  2019 ( 0 ) 2A2 - R10   2019年06月

    日本  広島市  2019年06月  -  2019年06月

     概要を見る

    <p>This paper presents a realization of flapping motion using twist drive mechanism for a bird-like robot. Most of flapping flight robots realize flapping motion by converting the rotating force of motors to the up-and-down motion of the wing by using the crank mechanism or servo motors. However, the wings of actual birds move up and down by contracting the pectoralis major muscle and supracoracoideus muscle alternately. Therefore, in this research, we focus on twist drive mechanism which is light weight and can generate tensile force. A twist drive mechanism is a drive system that the driving force of a motor is used as a rotational force for twisting a cord and converted into a tensile force like a muscle. In this research, we realize flapping motion using twist drive mechanism.</p>

    DOI CiNii

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 制御の辞典

    野波健蔵ほか ( 共著 , 担当範囲: ファジィ制御 pp.257-261 )

    朝倉書店  2015年07月 ISBN: 978-4-254-23141-0

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 軽量かつ羽ばたき周波数が低いサーボモータ型羽ばたき飛行ロボットの開発

    陣内克俊,大竹博

    第39回日本ロボット学会学術講演会  (オンライン)  2021年09月  -  2021年09月    日本ロボット学会

  • 鳥の筋骨格構造を模倣した羽ばたきおよび捻り運動の実現

    岩尾潤,大竹博

    第39回日本ロボット学会学術講演会  (オンライン)  2021年09月  -  2021年09月    日本ロボット学会

  • 樹枝への着陸を目的とした鳥型ロボットの後肢の開発と制御

    田中 天太, 大竹 博

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2021  (オンライン)  2021年06月  -  2021年06月    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門

  • 大型羽ばたき飛行ロボットの設計と開発に関する研究

    中矢 元, 大竹 博

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2021  (オンライン)  2021年06月  -  2021年06月    日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門

  • 大型羽ばたき飛行ロボットの設計

    中矢 元, 大竹 博

    第22回日本知能情報ファジィ学会九州支部学術講演会  (オンライン)  2020年11月  -  2020年11月    日本知能情報ファジィ学会九州支部

全件表示 >>

講演 【 表示 / 非表示

  • 鳥型ロボットの開発 -羽ばたき飛行から脚による離着陸まで-

    第44回エアロ・アクアバイオメカニズム学会講演会 ( オンライン )  2021年09月17日  エアロ・アクアバイオメカニズム学会

     概要を見る

    鳥は羽ばたき運動による飛行だけでなく,滑空,滑翔・帆翔,ホバリング飛行を行える.飛行以外にも翼を折り畳めたり,二足歩行や短距離の離着陸が可能である.
    近年のモータ,バッテリ,マイコン,センサの小型化・高性能化,卓上CNCや3Dプリンタによるラピッドプロトタイピング技術の発達によって,小型軽量な飛行ロボット開発が容易に行えるようになった.本講演では,これまでに私の研究室で開発した鳥型ロボットについて,羽ばたき飛行に成功している事例や,脚による飛び立ち(離陸),脚による樹枝の把持(着陸)を中心に紹介する.

  • Toward development of flying robots like birds flapping high into the blue sky

    Robotics and Computer Science 2018 ( 九州工業大学 飯塚キャンパス )  2018年06月19日  九州工業大学

  • 飛行ロボットの現在とこれから -ドローンの次に目指すもの-

    FGN Conference ( 福岡県福岡市 )  2017年06月14日  Fukuoka Growth Next

  • 「若き研究者 “夢”を語る」

    第79回e-ZUKAトライバレー産学官交流研究会   2011年11月09日  e-ZUKAトライバレー産学官交流研究会

  • ファジィモデルに基づく制御への誘い ~基礎から応用まで~

    電気通信大学 魅力ある大学院教育イニシアティブ 「メカノインフォマティクス・カデット教育」講演会 ( 電気通信大学 )  2011年09月06日  電気通信大学 魅力ある大学院教育イニシアティブ 「メカノインフォマティクス・カデット教育」

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本知能情報ファジィ学会貢献賞

    2017年09月14日   日本知能情報ファジィ学会   日本国

    受賞者:  第32回ファジィシステムシンポジウムの運営

  • 日本知能情報ファジィ学会貢献賞

    2015年09月03日   日本知能情報ファジィ学会   日本国

    受賞者:  SCIS&ISIS2014実行委員会

  • Best Paper Selection

    2005年06月   IEEE   アメリカ合衆国

    受賞者:  Hiroshi Ohtake

  • ベストプレゼンテーション賞

    2004年10月   日本知能情報ファジィ学会   日本国

    受賞者:  大竹 博

  • 日本知能情報ファジィ学会奨励賞

    2003年09月   日本知能情報ファジィ学会   日本国

    受賞者:  大竹 博

全件表示 >>

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 鳥のように空を飛ぶには ー羽ばたき飛行ロボットの実現ー

    研究成果公開促進費・研究成果公開発表(B)

    研究期間:  2021年04月  -  2022年03月

    研究課題番号:  21HT0184

  • 鳥類の気流に合わせた羽ばたきの変化および樹枝への着陸のメカニズムの解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2020年04月  -  2023年03月

    研究課題番号:  20K04364

     概要を見る

    本研究では,鳥類を模倣した生物型ロボットについて研究を行う.解明が十分に進んでいない,陸鳥が持つ,墜落しにくい飛行性能,樹枝へのピンポイント着陸に注目し,鳥の複雑な翼運動を可能とする筋肉や骨格の構造と、空気の流れを知る方法,強靭な脚,および,これらを統合した制御システムを構築し,気流に合わせた飛行の変化および樹枝への着陸機能を工学的な観点から解析し,そのメカニズムを明らかにする.

  • 鳥のように空を飛ぶには ー羽ばたき飛行ロボットの実現ー

    研究成果公開促進費・研究成果公開発表(B)

    研究期間:  2020年04月  -  2021年03月

    研究課題番号:  20HT0212

  • 鳥のように空を飛ぶには –羽ばたき飛行ロボットの実現-

    研究成果公開促進費・研究成果公開発表

    研究期間:  2019年04月  -  2020年03月

    研究課題番号:  19HT0211

  • 5つの翼運動と脚による短距離離着陸を実現する羽ばたき飛行ロボットの開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月

    研究課題番号:  15K05901

     概要を見る

    鳥類が行っている5つの翼運動を実現し,羽ばたき飛行,滑空飛行,旋回,ホバリングなどの様々な飛行形態や短距離の離着陸を実現できる生物規範型飛行ロボットを開発する.

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 森のドローン・ロボットコンテスト 実行委員

    2016年04月
    -
    継続中
     

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  計算機システムⅡ

  • 2020年度  知的システム工学実験演習Ⅳ

  • 2020年度  知的ロボット制御特論

  • 2020年度  組込システム

  • 2020年度  情報セキュリティ概論

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 電気通信大学   コンピュータリテラシー

  • 電気通信大学   メカトロニクス

  • 電気通信大学   知能機械工学実験

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • 飯塚市大学支援補助金の獲得と「IoT 技術紹介・体験事業」の実施

    2021年07月
    -
    2022年02月

     概要を見る

    教育プロジェクトとして,「IoT 技術紹介・体験事業」を申請し,32万2千円を獲得した.知的システム工学科2年生の「組込システム」および物理情報工学科3年生の「組込システム」において,IoTマイコンを使用した実習を実施する.

  • 飯塚市大学支援補助金の獲得と「IoT 技術紹介・体験事業」の実施

    2019年07月
    -
    2020年02月

     概要を見る

    教育プロジェクトとして,「IoT 技術紹介・体験事業」を申請し,14万円を獲得した.知的システム工学科2年生の「組込システム」および機械情報工学科3年生の「組込みシステムII」において,IoTマイコンを使用した実習を実施した.

  • 飯塚市大学支援補助金の獲得と「IoT 技術紹介・体験事業」の実施

    2018年07月
    -
    2019年02月

     概要を見る

    教育プロジェクトとして,「IoT 技術紹介・体験事業」を申請し,15万円を獲得した.機械情報工学科3年生の「組込みシステムII」において,IoTマイコンを使用した実習を実施した.

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年11月
    -
    2021年09月

    日本知能情報ファジィ学会   第37回ファジィシステムシンポジウム 実行委員

  • 2016年04月
    -
    2016年09月

    日本知能情報ファジィ学会   第32回ファジィシステムシンポジウム実行委員

  • 2016年02月
    -
    2018年01月

    日本生体医工学会   九州支部 事務担当幹事

  • 2016年01月
    -
    2017年12月

    計測自動制御学会   九州支部 庶務幹事

  • 2015年03月
    -
    継続中

    日本機械学会   ロボットグランプリ実行委員会 副実行委員長

全件表示 >>

社会貢献活動(講演会・出前講義等) 【 表示 / 非表示

  • ひらめき☆ときめきサイエンス

    2021年08月
     
     
  • ひらめき☆ときめきサイエンス

    2020年08月
     
     
  • ISGフェスタへの出展

    2019年10月
     
     

     概要を見る

    ロボコンを展示し,子供たちにロボコン競技を体験してもらった.

  • ひらめき☆ときめきサイエンス

    2019年08月
     
     
  • ISGフェスタへの出展

    2018年10月
     
     

     概要を見る

    ロボコンを展示し,子供たちにロボコン競技を体験してもらった.

全件表示 >>

 

国際会議の開催 【 表示 / 非表示

  • International Conference on ICT Robotics 2017

    2017年11月25日  -  2017年11月26日  計測自動制御学会九州支部

その他国際交流活動 【 表示 / 非表示

  • さくらサイエンスプランに関連した研究室紹介

    活動期間:  2017年12月  -  2017年12月

     概要を見る

    さくらサイエンスプランに採択されたプロジェクトに協力し,中国の研究者の方を研究室に招待し,研究室の研究説明を行った.