2023/12/26 更新

写真a

ナカト テルユキ
中戸 晃之
NAKATO Teruyuki
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 11

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院工学研究院 物質工学研究系
職名
教授
外部リンク

研究キーワード

  • 層状化合物

  • インターカレーション

  • 層状半導体

  • 粘土鉱物

  • 無機ナノシート

  • 液晶

  • 無機―有機複合体

研究分野

  • ナノテク・材料 / ナノ材料科学

  • ナノテク・材料 / 機能物性化学

  • ナノテク・材料 / 無機物質、無機材料化学

出身学校

  • 1987年03月   早稲田大学   理工学部   応用化学科   卒業   日本国

出身大学院

  • 1992年03月   早稲田大学   理工学研究科   応用化学専攻   博士課程・博士後期課程   修了   日本国

  • 1989年03月   早稲田大学   理工学研究科   応用化学専攻   修士課程・博士前期課程   修了   日本国

取得学位

  • 早稲田大学  -  博士(工学)   1992年03月

学内職務経歴

  • 2022年10月 - 現在   九州工業大学   先端研究・社会連携本部   環境エネルギ―融合研究センター     センター長

  • 2018年04月 - 2020年03月   九州工業大学   機器分析センター     センター長

  • 2011年09月 - 現在   九州工業大学   大学院工学研究院   物質工学研究系     教授

所属学会・委員会

  • 2012年03月 - 現在   日本化学会 低次元系光機能材料研究会   日本国

  • 2011年01月 - 2013年12月   日本粘土学会「粘土鉱物を利用した光機能系」研究グループ   日本国

  • 2007年06月 - 2012年05月   日本化学会新領域研究グループ「低次元無機ー有機複合系の光化学」   日本国

  • 2003年08月 - 現在   高分子学会   日本国

  • 2000年01月 - 現在   日本粘土学会   日本国

  • 2000年01月 - 現在   アメリカ化学会   日本国

  • 2000年01月 - 現在   ゼオライト学会   日本国

  • 1996年01月 - 現在   石油学会   日本国

  • 1993年10月 - 現在   電気化学会   日本国

  • 1993年10月 - 現在   触媒学会   日本国

  • 1992年01月 - 現在   日本セラミックス協会   日本国

  • 1984年01月 - 現在   日本化学会   日本国

▼全件表示

研究経歴

  • 無機ナノシート分散体を用いる光エネルギー変換

    ナノシート、分散体、液晶、光エネルギー変換

    研究期間: 2002年04月  -  現在

  • 酸化物ナノシート分散体の性質と機能発現

    層状化合物、剥離、ナノシート、分散系、ソフトハイブリッド

    研究期間: 2001年10月  -  現在

  • 無機ナノシート液晶の開発

    無機ナノシート、液晶

    研究期間: 2001年10月  -  現在

  • 層間化合物型有害物質吸着剤の開発

    層間化合物、吸着剤、環境保全

    研究期間: 2000年04月  -  2010年03月

  • 層状酸化物のインターカレーション

    層状化合物、インターカレーション、無機—有機複合体

    研究期間: 1992年04月  -  2008年03月

論文

  • Negatively Charged Clay Particles Influence Spectroscopic Properties of Anionic Organic Dyes in Aqueous Colloids 査読有り 国際誌

    T. Nakato, Y. Kawanami, K. Taninaka, E. Mouri

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   95   1486 - 1490   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Formation of a Giant Anisotropically Ordered Assembled Structure of Inorganic Nanosheets through an Optically Induced Stream 査読有り 国際誌

    Suzuki Y., Nagashita T., Ikeda A., Ishii K., Iwai T., Nakato T., Kawamata J.

    Langmuir   38 ( 21 )   6647 - 6652   2022年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Formation of a desirable submillimeter-scaled assembled structure of particles in the colloid is a difficult subject in colloidal chemistry. Herein, a submillimeter-scaled ordered assembled structure consisting of highly anisotropic two-dimensional plate-like particles, niobate nanosheets, was obtained through an optical manipulation technique that was assisted by a scattering-force-induced stream. A 532 nm continuous wave laser beam with a power of 400 mW was used to illuminate a liquid crystalline niobate nanosheet colloid from the bottom side of a sample cell, inducing the stream of oriented nanosheets toward the upper side of the sample cell. As a result, a 200 μm ordered assembled structure consisting of oriented nanosheets was formed. The assembled structure was also characterized by two-dimensional anisotropy, reflecting that the highly anisotropic morphologies of each nanosheet and the shape of that structure were dependent on the polarization of incident illumination. This study has revealed a new noncontact and on-demand way to obtain submillimeter-scaled ordered anisotropic colloidal assembled structures of nanosized particles such as nanosheets, contributing to fundamental materials science and expanding the utilities of nanosheets.

    DOI: 10.1021/acs.langmuir.2c00528

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85131221265&origin=inward

  • Impacts of negatively charged colloidal clay particles on photoisomerization of both anionic and cationic azobenzene molecules 査読有り 国際誌

    Mouri E., Kajiwara K., Kawasaki S., Shimizu Y., Bando H., Sakai H., Nakato T.

    RSC Advances   12 ( 17 )   10855 - 10861   2022年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Although smectite-type clays are used as heterogeneous media for photofunctional guest molecules, the guest species are limited to cationic or polar molecules because of the intrinsic negative electric charges of clay particles. Nevertheless, in this study, aqueous clay colloids are reported to affect the photoisomerization kinetics of anionic and cationic azobenzene molecules dissolved in the colloids. Under UV-light irradiation, the clay colloids decelerate trans-to-cis isomerization, while under visible-light irradiation, the clay colloids accelerate cis-to-trans isomerization. In addition, the sol-gel transition of clay colloids affects the kinetics. The results considerably expand the applicability of clay colloids as matrixes for functional organic species.

    DOI: 10.1039/d2ra01020h

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85129423812&origin=inward

  • Electrically Induced Alignment of Semiconductor Nanosheets in Niobate-Clay Binary Nanosheet Colloids toward Significantly Enhanced Photocatalysis 査読有り

    Nakato T., Ishitobi W., Yabuuchi M., Miyagawa M., Mouri E., Yamauchi Y.

    Langmuir   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Aqueous binary colloids of niobate and clay nanosheets, prepared by the exfoliation of their mother layered crystals, are unique colloidal systems characterized by the separation of niobate and clay nanosheet phases, where niobate nanosheets form liquid crystalline domains with the size of several tens of micrometers among isotropically dispersed clay nanosheets. The binary colloids show unusual photocatalytic reactions because of the spatial separation of photocatalytically active niobate and photochemically inert clay nanosheets. The present study shows structural conversion of the binary colloids with an external electric field, resulting in the onsite alignment of colloidal nanosheets to improve the photocatalytic performance of the system. The colloidal structure is reshaped by the growth of liquid crystalline domains of photocatalytic niobate nanosheets and by their electric alignment. Niobate nanosheets are assembled by the domain growth process and then aligned by AC voltage, although clay nanosheets do not respond to the electric field. Photocatalytic decomposition of the cationic rhodamine 6G dye, which is selectively adsorbed on clay nanosheets, is examined for the niobate-clay binary nanosheet colloids with or without domain growth and electric field. The fastest decomposition is observed for the electrically aligned colloid without the domain growth, whereas the sample with the domain growth and without the electric alignment shows the slowest decomposition. The results demonstrate the improvement of the photocatalytic performance by changing the colloidal structure, even though the sample composition is the same.

    DOI: 10.1021/acs.langmuir.1c01051

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85109741859&origin=inward

  • Cooperative Electric Alignment of Colloidal Graphene Oxide Particles with Liquid Crystalline Niobate Nanosheets 査読有り 国際誌

    Nakato T., Sirinakorn T., Ishitobi W., Mouri E., Ogawa M.

    Bulletin of the Chemical Society of Japan ( 公益社団法人 日本化学会 )   94 ( 12 )   2871 - 2879   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Binary colloids of two morphologically different particle species cause phase separation containing liquid crystalline phases. Although electric alignment of colloidal nanosheets has been investigated for colloidal systems consisting of single nanosheet species, that of binary nanosheet colloids has scarcely been examined. We report herein the electric alignment of aqueous binary colloids composed of niobate (NB) nanosheets from K4Nb6O17 and commercially available graphene oxide (GO) platelets. The NBGO binary colloids show multiphase coexistence involving liquid crystalline phases induced by the NB nanosheets, whereas the employed GO particles do not contribute to the liquid crystallinity. The NB nanosheets in the binary colloids are electrically aligned in parallel to an AC voltage (1 kV cm11 peak to peak, 50 kHz) applied to the sample. When the concentration of GO in the binary colloids is low enough, the GO particles are also electrically aligned although they hardly respond to electric field in the absence of NB nanosheets. Combined optical microscopy of bright-field, polarized, and fluorescence observations demonstrates that isolated GO particles are dragged by the aligning motion of the NB nanosheets forming liquid crystalline domains. The results indicate that collective motions of colloidal nanosheets can induce participation of isolated particles.

    DOI: 10.1246/bcsj.20210314

    Scopus

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85123897233&origin=inward

  • Universal Access to Two-Dimensional Mesoporous Heterostructures by Micelle-Directed Interfacial Assembly 査読有り 国際誌

    Wang J., Chang Z., Ding B., Li T., Yang G., Pang Z., Nakato T., Eguchi M., Kang Y.M., Na J., Guan B.Y., Yamauchi Y.

    Angewandte Chemie - International Edition   59 ( 44 )   19570 - 19575   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2020 Wiley-VCH GmbH Two-dimensional (2D) mesoporous heterostructures combining ultrathin nanosheet morphology, periodic porous surface structures, and diverse hybrid compositions have become increasingly important for renewable energy storage and electronics. However, it remains a great challenge to develop a universal method to prepare 2D mesoporous heterostructures. Herein, we report a composite-micelle-directed interfacial assembly method to synthesize heterostructures of an ultrathin 2D material covered with mesoporous monolayers assembled on both sides. To demonstrate the concept, we first fabricated a new sandwichlike carbon@MXene@carbon mesoporous heterostructure through the self-assembly of exfoliated MXene nanosheets and block copolymer F127/melamine-formaldehyde resin composite micelles and subsequent thermal treatment. Finally, we demonstrate that the carbon@MXene@carbon mesoporous heterostructured nanosheets manifest remarkably enhanced electrochemical performance as a cathode material for lithium–sulfur batteries.

    DOI: 10.1002/anie.202007063

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85089860070&origin=inward

  • Mesoscopic Architectures Made of Electrically Charged Binary Colloidal Nanosheets in Aqueous System 査読有り 国際誌

    Nakato T., Takahashi A., Terada S., Yamaguchi S., Mouri E., Shintate M., Yamamoto S., Yamauchi Y., Miyamoto N.

    Langmuir   35 ( 45 )   14543 - 14552   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Copyright © 2019 American Chemical Society. Inorganic layered materials can be converted to colloidal liquid crystals through exfoliation into inorganic nanosheets, and binary nanosheet colloids exhibit rich phase behavior characterized by multiphase coexistence. In particular, niobate-clay binary nanosheet colloids are characterized by phase separation at a mesoscopic (aseveral tens of micrometers) scale whereas they are apparently homogeneous at a macroscopic scale. Although the mesoscopic structure of the niobate-clay binary colloid is advantageous to realize unusual photochemical functions, the structure itself has not been clearly demonstrated in real space. The present study investigated the structure of niobate-clay binary nanosheet colloids in detail. Four clay nanosheets (hectorite, saponite, fluorohectorite, and tetrasilisic mica) with different lateral sizes were compared. Small-angle X-ray scattering (SAXS) indicated lamellar ordering of niobate nanosheets in the binary colloid. The basal spacing of the lamellar phase was reduced by increasing the concentration of clay nanosheets, indicating the compression of the liquid crystalline niobate phase by the isotropic clay phase. Scattering and fluorescence microscope observations using confocal laser scanning microscopy (CLSM) demonstrated the phase separation of niobate and clay nanosheets in real space. Niobate nanosheets assembled into domains of several tens of micrometers whereas clay nanosheets were located in voids between the niobate domains. The results clearly confirmed the spatial separation of two nanosheets and the phase separation at a mesoscopic scale. Distribution of clay nanosheets is dependent on the employed clay nanosheets; the nanosheets with large lateral length are more localized or assembled. This is in harmony with larger basal spacings of niobate lamellar phase for large clay particles. Although three-dimensional compression of the niobate phase by the coexisting clay phase was observed at low clay concentrations, the basal spacing of niobate phase was almost constant irrespective of niobate concentrations at high clay concentrations, which was ascribed to competition of compression by clay phase and restoring of the niobate phase.

    DOI: 10.1021/acs.langmuir.9b02474

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85074702938&origin=inward

  • Microscope Observation of Morphology of Colloidally Dispersed Niobate Nanosheets Combined with Optical Trapping 査読有り 国際誌

    Nakato T., Higashi Y., Ishitobi W., Nagashita T., Tominaga M., Suzuki Y., Iwai T., Kawamata J.

    Langmuir   35 ( 16 )   5568 - 5573   2019年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 American Chemical Society. Although inorganic nanosheets prepared by exfoliation (delamination) of layered crystals have attracted great attention as 2D nanoparticles, in situ real space observations of exfoliated nanosheets in the colloidally dispersed state have not been conducted. In the present study, colloidally dispersed inorganic nanosheets prepared by exfoliation of layered niobate are directly observed with bright-field optical microscopy, which detects large nanosheets with lateral length larger than several micrometers. The observed nanosheets are not strictly flat but rounded, undulated, or folded in many cases. Optical trapping of nanosheets by laser radiation pressure has clarified their uneven cross-sectional shapes. Their morphology is retained under the relation between Brownian motion and optical trapping.

    DOI: 10.1021/acs.langmuir.9b00356

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85064989559&origin=inward

  • Photoinduced electron transfer in semiconductor–clay binary nanosheet colloids controlled by clay particles as a turnout switch 査読有り

    T. Nakato, S. Terada, T. Ishiku, S. Abe, S. Kamimura, E. Mouri, T. Ohno

    Applied Catalysis B: Environmental   241   499 - 505   2019年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Although semiconductor photocatalysis has been investigated actively for a long time, control of dark processes successive to electron transfer from photocatalysts is almost unexplored compared with designing photocatalysts themselves. The present study proposes employment of clay particles as for controlling the dark processes independently of semiconductor photocatalyst particles. We employed niobate–clay binary nanosheet colloids, where colloidal niobate and clay nanosheets are spatially separated at a micrometer level. Niobate nanosheets worked as the semiconductor photocatalyst that released electrons upon UV excitation, and clay nanosheets worked as the turnout switch of the released electrons to determine their destination. When methylviologen (MV2+) molecules that accept the electrons released from niobate were adsorbed on clay nanosheets, reduction of MV2+ predominantly occurred, and hydrogen was little evolved from the colloid. When Pt nanoparticles were deposited on clay nanosheets, photocatalytic hydrogen evolution occurred because Pt loaded on the clay nanoparticles played a role of cocatalyst. When MV2+ and Pt were co-loaded on clay nanosheets, both of MV2+ reduction and hydrogen evolution occurred competitively. The photocatalytic hydrogen evolution carried out by stirring the colloid sample was worse than that conducted without stirring, which indicated positive contribution of the spatial separation of photocatalytic niobate and cocatalytic clay nanosheets.

    DOI: 10.1016/j.apcatb.2018.09.047

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85054041105&origin=inward

  • Electric-Alignment Immobilization of Liquid Crystalline Colloidal Nanosheets with the Aid of a Natural Organic Polymer 査読有り 国際誌

    Mouri E., Irie A., Nakato T.

    Langmuir   2019年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 American Chemical Society. Inorganic nanosheets obtained by exfoliation of a layered crystal in water form colloidal liquid crystals, and their alignment can be controlled by an electric field. In order to realize the immobilization of the electrically aligned niobate nanosheets without external forces, an aqueous gelator, agar, is introduced to the niobate nanosheet system to utilize the thermosensitive sol-gel transition property of agar. Alignment of nanosheets in a niobate-agar system is performed by applying an electric field above the sol-gel transition temperature, and then, the sample is cooled down, followed by cooling below the transition temperature with the electric field turned off. The aligned structure is kept for more than 24 h after the removal of the electric field. The concentration of agar is a key parameter for both the orientation of nanosheets and the retention of the orientation.

    DOI: 10.1021/acs.langmuir.9b00651

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85066155041&origin=inward

  • Radiation Pressure Induced Hierarchical Structure of Liquid Crystalline Inorganic Nanosheets 査読有り 国際誌

    Tominaga M., Nagashita T., Kumamoto T., Higashi Y., Iwai T., Nakato T., Suzuki Y., Kawamata J.

    ACS Photonics   5 ( 4 )   1288 - 1293   2018年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2018 American Chemical Society. Although hierarchical assemblies of colloidal particles add novel structure-based functions to systems, few local and on-demand colloidal structures have been developed. We have combined the colloidal liquid crystallinity of two-dimensional inorganic particles and laser radiation pressure to obtain a large hierarchical and local structure in a colloidal system. The scattering force of the laser beam converted the parallel nanosheet alignment to the direction of the incident laser beam. At the focal point, the nanosheet orientation depends on the electric field of the polarized laser beam. In contrast, a giant tree-ring-like nanosheet texture of more than 100 μm, and which is independent of the polarization direction, was organized at the periphery of the focal point. This organization resulted from a cooperative effect between the liquid-crystalline nanosheets, which indicates an effectiveness of optical manipulation to construct hierarchical colloidal structures with the aid of interparticle interactions.

    DOI: 10.1021/acsphotonics.7b01230

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85045565634&origin=inward

  • 2成分系無機ナノシート液晶の構造と機能 招待有り 査読有り

    中戸晃之

    セラミックス   2023年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 無機粒子の自己組織化 招待有り 査読有り

    中戸晃之,毛利恵美子

    液晶   27   118 - 124   2023年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • ELECTRIC ALIGNMENT OF LIQUID CRYSTALLINE BINARY COLLOIDS OF MICROMETER-SIZED NIOBATE AND CLAY NANOSHEETS 査読有り 国際誌

    Nakato Teruyuki, Ishitobi Wataru, Mouri Emiko

    Clay Science ( 一般社団法人 日本粘土学会 )   26 ( 1-2 )   17 - 24   2022年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>Among colloidal systems of inorganic nanosheets prepared by exfoliation of inorganic layered crystals, binary colloids of two different nanosheet species are important for their multicomponent and multiphase coexistence, which is applicable to new materials. Nevertheless, electric response of binary nanosheet colloids has scarcely been paid attention although that of single-component nanosheet colloids has recently been investigated. We report herein the electric alignment of aqueous binary nanosheet colloids of niobate K<sub>4</sub>Nb<sub>6</sub>O<sub>17</sub> and synthetic fluorohectorite, both of which have large lateral sizes of a few micrometers. In the binary colloids, the niobate nanosheets respond to an applied AC electric voltage to be aligned in parallel to the electric field. Although the clay nanosheets also respond to an AC electric field in their single-component colloids, their alignment is basically suppressed in the binary colloids. However, combined optical microscope observations of bright-field, polarized, and fluorescence detections indicate that large clay platelets are partly involved in the aligning motion of the niobate nanosheets. As a result, some of the clay platelets are aligned in parallel to the electric field. Colloidal liquid crystallinity of the niobate nanosheets contribute to the alignment of the clay particles by incorporating the latter particles to the liquid crystalline domains of the former ones.</p>

    DOI: 10.11362/jcssjclayscience.ms-21-13

    CiNii Research

  • 酸化物半導体のコロイド科学が切りひらく光・電子デバイス 招待有り

    横野照尚,中戸晃之,村上直也

    クリーンテクノロジー   32 ( 6 )   59 - 64   2022年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • The effects of graphene hybridization on mechanical properties of GFRP composites 査読有り 国際誌

    Malik K., Ahmad F., Yunus N.A., Yusoff P.S.M.M., Guan B., Nosbi N., Ali S., Nakato T., Mouri E.

    AIP Conference Proceedings   2401   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper presents an investigation of the effect of the graphene nanoparticles on the mechanical properties of glass fiber reinforced epoxy composite. The composites were fabricated using vacuum infusing molding. Dispersion of graphene nanoplatelets was done using bath sonicator and mechanical stirring. The physical and mechanical properties were examined according to ASTM standards. Results showed that there was a significant improvement in tensile and flexural properties by the addition of 0.25% of graphene nanoplatelets in the glass/epoxy composite. Tensile strength and modulus were enhanced by 27.62 % and 41.26 %, respectively. Flexural strength and modulus have been improved by around 27.62 % and 41.26 %, respectively. Graphene platelets can be hybridized with glass/epoxy composite to improve the mechanical performance.

    DOI: 10.1063/5.0072598

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85118898510&origin=inward

  • Preparation of cellulose nanocrystal based core-shell particles with tunable component location 査読有り 国際誌

    Zhang J., Furushima H., Nakato T., Mouri E.

    Chemistry Letters ( 公益社団法人 日本化学会 )   50 ( 2 )   240 - 243   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    We report a versatile method for preparing a particulate composite based on cellulose nanocrystals (CNCs) and polyethylene glycol (PEG) via a self-organized precipitation method. The particulate composite had a coreshell structure, and depending on the molecular weight of the PEG, two types of particulates could form: one with CNCs as the core and the other with CNCs as the shell.

    DOI: 10.1246/CL.200702

    Scopus

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85100721532&origin=inward

  • A Review of Flax Fiber Reinforced Thermoset Polymer Composites: Thermal-Physical Properties, Improvements and Application 査読有り 国際誌

    Malik K., Ahmad F., Yunus N.A., Gunister E., Nakato T., Mouri E., Ali S.

    Journal of Natural Fibers   19 ( 15 )   10412 - 10430   2021年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    Flax is the strongest natural fiber used as reinforcement for polymer-based composites due to its ecological properties, low specific gravity, renewability, biodegradability, recyclability besides its high mechanical properties. However, thermal properties of flax fibers depend on its chemical composition and structure, so it should be carefully controlled during the production process of composites, which affect the final product performance. A review of flax fiber-reinforced thermoset composites (FRTCs) and their hybrids is presented in the article, mainly focus on thermal performance, water absorption, and durability of the composites. The effects of filler materials hybridization and fiber’s chemical modification on the properties and performance of the FRTCs are also covered. Finally, key industrial applications and future possible research work based on the current understanding of FRTCs, and their hybrids also are addressed.

    DOI: 10.1080/15440478.2021.1993507

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85118277270&origin=inward

  • A Review of Flax Fiber Reinforced Thermoset Polymer Composites: Structure and Mechanical Performance 査読有り 国際誌

    Malik K., Ahmad F., Gunister E., Nakato T., Mouri E., Muhammad M.B., Ali S.

    Journal of Natural Fibers   19 ( 14 )   9656 - 9680   2021年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    Flax is a natural fiber that possesses excellent specific properties, low density, safe to handle, eco-friendly, and easily available. These make it exceedingly popular and a potential candidate to replace synthetic reinforcements in polymer composite applications. The thermoset polymer is used for structural application due to its excellent mechanical and interface bonding properties compared to the thermoplastic polymer. Flax-based thermoset polymer composites are becoming popular among researchers for advanced industrial applications. This article is intended to offer a review of the main results presented in the literature on flax fiber-based polymer composites, focusing the attention on the fiber structure, chemical arrangement, physical and mechanical properties. Then, the mechanical performance of pure and hybrid flax fiber reinforced epoxy or polyester composites is comprehensively analyzed.

    DOI: 10.1080/15440478.2021.1990182

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85119350595&origin=inward

  • ZnO decorated on low carbonate NiAl-layered double hydroxide as efficient photocatalyst for methyl orange degradation 査読有り 国際誌

    Intachai S., Nakato T., Khaorapapong N.

    Applied Clay Science   201   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2020 Elsevier B.V. The decoration of zinc oxide (ZnO) nanorods on layered structure of low carbonate NiAl-layered double hydroxide (NiAl-LDH) was conducted by a combination of an aqueous solution of zinc chloride and an aqueous suspension of NiAl-LDH under hydrothermal method and subsequent calcination at 250 °C for 6 h. A series of the products, ZnO/NiAl-LDH(x), where x was a Zn2+ content, were characterized by X-ray diffraction, transmission electron microscopy, surface analysis, as well as UV–visible and photoluminescence spectroscopies. The slight shift of the reflection at around 11° as well as the appearance of two peaks at around 23° and 47° in the X-ray diffraction patterns, and the decrease of the vibration mode of CO32‐− (at 1359 cm−1) in Fourier transform infrared spectra confirmed the deintercalation of CO32− on/in layered double hydroxide. The presence of the reflections due to zinc oxide at around 32°, 33° and 36° and transmission electron microscope images demonstrated the images of zinc oxide nanorods distributed on the external surface of the hexagonal plates of the layered double hydroxide, verified the formation of zinc oxide crystal in the products. The band gap energy value of the products was highly dependent on the amount of zinc oxide in the products that played an important role in the photodegradation enhancement of methyl orange in aqueous solution and the catalytic reusing performance.

    DOI: 10.1016/j.clay.2020.105927

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85096545871&origin=inward

  • 粘土鉱物による機能材料作製 招待有り 査読有り

    中戸 晃之

    化学と教育 ( 公益社団法人 日本化学会 )   68 ( 9 )   364 - 367   2020年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    <p>粘土鉱物が具備する層状の結晶構造と同形置換の2つの特徴は,板状の粒子形態,吸着・イオン交換,分子性質の改変,コロイドの形成という4つの基本的な特性を粘土鉱物に与える。これらの特性を活用して,粘土鉱物から遮水,洗浄,分析,情報記録,さらには人工光合成などに関係する多彩な機能材料が開発されている。</p>

    DOI: 10.20665/kakyoshi.68.9_364

    CiNii Article

    CiNii Research

  • Optical Manipulation of a Single Clay Nanosheet Hybridized with a Porphyrin Derivative 査読有り 国際誌

    YUKI HIGASHI, YASUTAKA SUZUKI, TERUYUKI NAKATO, MAKOTO TOMINAGA, JOSEF BREU, TOSHIAKI IWAI, JUN KAWAMATA

    OSA Continuum   3 ( 6 )   1545 - 1554   2020年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The effect of hybridization of a clay fluorohectorite (FHT) nanosheet with a π-conjugated organic compound, α,β,γ,δ-tetrakis(1-methylpyridinium-4-yl)porphyrin p-toluenesulfonate (TMPyP), on its optical manipulation is investigated. Although the hybridized FHT is optically trapped essentially in the same manner as that of neat FHT, the hybridization with TMPyP allows for manipulation of FHT with lower laser intensity or a shorter period, or both. This is ascribed to the larger refractive index and polarizability of TMPyP compared with neat FHT.

    DOI: 10.1364/OSAC.393652

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85099438521&origin=inward

  • Development of Structural Color by Niobate Nanosheet Colloids 査読有り 国際誌

    Mouri E., Ogami C., Fukumoto T., Nakato T.

    Chemistry Letters ( 公益社団法人 日本化学会 )   49 ( 6 )   717 - 720   2020年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    © 2020 The Chemical Society of Japan Inorganic nanosheets obtained by exfoliation of layered crystals of hexaniobate in water form colloidal liquid crystals. We found that they develop various structural colors by moderating nanosheet concentration and ionic atmosphere.

    DOI: 10.1246/cl.200164

    Kyutacar

    Scopus

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85087054850&origin=inward

  • 無機ナノシート液晶の発見と展開 招待有り 査読有り

    中戸 晃之

    粘土科学 ( 一般社団法人 日本粘土学会 )   59 ( 2 )   46 - 51   2020年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    <p>Inorganic nanosheets obtained by exfoliation of layered crystals such as smectite-type clays have been actively investigated as building blocks of nanomaterials in the past 25 years. However, their colloidal systems were at the outside of such a research trend. At the beginning of 21st century, liquid crystalline behavior of colloidal nanosheets was recalled into academic studies, and then the materials chemistry of 'nanosheet liquid crystals' has been gradually developed. Many popular nanosheets have been registered at the library of liquid crystals. Nanosheet liquid crystals are rare examples of inorganic soft materials, whose properties are greatly different from their mother crystals due to their softness. A typical property of nanosheet liquid crystals is structural coloration reflecting long periodic lengths between nanosheets. Also, technical inventory of manipulating liquid crystalline nanosheets has been enriched as exemplified by electric alignment and optical manipulation. Hierarchical structures of liquid crystalline nanosheets up to mm-level lengths have been organized with appropriate combination of manipulating techniques.</p>

    DOI: 10.11362/jcssjnendokagaku.59.2_46

    Kyutacar

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007896095

  • 九州工業大学工学部応用化学科の化学実験教育 招待有り 査読有り

    中戸 晃之, 竹中 繁織, 岡内 辰夫, 山村 方人, 植田 和茂

    化学と教育 ( 公益社団法人 日本化学会 )   68 ( 3 )   114 - 117   2020年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

    <p>九州工業大学工学部応用化学科では,2年次前期より3年次後期にかけて,分析化学,物理化学,有機化学,化学工学・無機化学の順序で,学生実験を実施している。実験技術の習得に加え,エンジニアリングデザイン,コミュニケーション,チームワークなどの能力の涵養も目的としている。有機化学実験ではPBL(課題解決型学習)方式を取り入れており,学生アンケートや教員の実感では有効に機能していると考えられる。</p>

    DOI: 10.20665/kakyoshi.68.3_114

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007993107

  • Electrolyte-dependence of the macroscopic textures generated in the colloidal liquid crystals of niobate nanosheets 査読有り

    Jie Zhang, K. Morisaka, T. Kumamoto, E. Mouri, T. Nakato

    Colloids and Surfaces A   556   106 - 112   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Liquid crystalline aqueous colloids of inorganic nanosheets with thickness of 1 nm and lateral size of several micrometers were prepared from exfoliation of layered niobate, and they were hierarchically organized to generate macroscopic textures through the formation of sub-mm nanosheet domains as the secondary building blocks. The nanosheet domains were unidirectionally aligned with orthogonally applied gravity and electric field to generate macroscopic stripes along gravity in ideal cases as we reported previously [Phys Chem Chem Phys (2014) 16: 955–962]. However, other textures such as broken stripes, drops, and nets are also obtained. The generated textures were quantitatively evaluated by image analysis of polarized optical microscope images of the samples. Uniformity and homogeneity of the stripes were evaluated by using contrast of pixels in the longitudinal and transverse directions with respect to gravity. After dialyzing a colloid with electrolytes (∼ 10–3 mol L–1), the sample comes to form of stripes more easily and “good stripes” with lengthy and homogeneous nanosheet alignment were generated after dialyzing a nanosheet colloid with KCl. Measurements of pH and conductivity of the dialyzed samples indicated the presence of suitable pH and conductivity regions for the generation of stripes.

    DOI: 10.1016/j.colsurfa.2018.08.016

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85051648050&origin=inward

  • LASER BEAM INDUCED ORIENTATION CONTROL OF A NANOSHEET LIQUID CRYSTAL BY EMPLOYING AN OBJECTIVE LENS WITH A LOW NUMERICAL APERTURE 査読有り 国際誌

    NAGASHITA Takashi, HIGASHI Yuki, IKEDA Akira, TOMINAGA Makoto, KUMAMOTO Takuya, SUZUKI Yasutaka, NAKATO Teruyuki, KAWAMATA Jun

    Clay Science ( 一般社団法人 日本粘土学会 )   22 ( 1 )   13 - 17   2018年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>Optical manipulation of nanosheet liquid crystals prepared by exfoliation of inorganic layered crystals realizes local and on-demand orientation control of nanosheets. Although a tightly focused laser beam by using an objective lens with a high numerical aperture (NA) is typically employed for the optical manipulation to enhance the gradient force of an irradiated laser beam, the dominant driving force of the optical orientational manipulation of nanosheets has recently been attributed to the scattering force, suggesting that an objective lens with a high NA is not indispensible for the nanosheet manipulation. In this study, we carried out optical orientational manipulation of nanosheets using an objective lens with low NA, 0.4, and compared the results with those obtained by a lens with high NA, 1.2. Orientational manipulation was realized with both of the lenses, and the size of the manipulated domain using a lens with NA=0.4 was smaller than that obtained by using a lens with NA=1.2. The domain size increased with the irradiated laser power, reflecting the dominant contribution of scattering force to the optical manipulation of nanosheet liquid crystals.</p>

    DOI: 10.11362/jcssjclayscience.22.1_13

    Kyutacar

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007384642

  • OPTICAL TRAPPING AND ORIENTATION MANIPULATION OF 2D INORGANIC MATERIALS USING A LINEARLY POLARIZED LASER BEAM 査読有り

    M. Tominaga, Y. Higashi, T. Kumamoto, T. Nagashita, T. Nakato, Y. Suzuki, J. Kawamata

    Clays and Clay Minerals   66 ( 2 )   138 - 145   145   2018年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Because inorganic nanosheets, such as clay minerals, are anisotropic, the manipulation of nanosheet orientation is an important challenge in order to realize future functional materials. In the present study, a novel methodology for nanosheet manipulation using laser radiation pressure is proposed. When a linearly polarized laser beam was used to irradiate a niobate (Nb6 O4-17 ) nanosheet colloid, the nanosheet was trapped at the focal point so that the in-plane direction of the nanosheet was oriented parallel to the propagation direction of the incident laser beam so as to minimize the scattering force. In addition, the trapped nanosheet was aligned along the polarization direction of the linearly polarized laser beam. Thus, unidirectional alignment of a nanosheet can be achieved simply by irradiation using a laser beam.

    DOI: 10.1346/CCMN.2018.064075

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85051475156&origin=inward

  • Optical control of orientation of nanosheet in colloidal state 査読有り 国際誌

    Suzuki Y., Tominaga M., Nagashita T., Iwai T., Nakato T., Kawamata J.

    Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering   10712   2018年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2018 SPIE. A 100 micrometer sized hierarchical structure consisting of nanosheet can be obtained at the focus of laser beam in nanosheet colloid. This large sized structure was obtained from the colloidal liquid crystallinity of two-dimensional inorganic particles and laser radiation pressure. The scattering force of the laser beam converted the parallel nanosheet alignment to the direction of the incident laser beam. A giant tree-ring-like nanosheet texture is independent of the polarization direction, was organized at the periphery of the focal point.

    DOI: 10.1117/12.2323309

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85049130710&origin=inward

  • A LASER BEAM INDUCED OPTICAL MANIPULATION OF A SMECTITE 査読有り

    HIGASHI Yuki, NAGASHITA Takashi, NAKATO Teruyuki, SUZUKI Yasutaka, KAWAMATA Jun

    Clay Science ( 一般社団法人 日本粘土学会 )   22 ( 3 )   79 - 83   2018年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>On-demand and local manipulation of exfoliated clay nanosheets in colloidal dispersions enables a variety of novel applications of clay-based materials. In this study, manipulation of a single fluorohectorite nanosheet by utilizing the radiation pressure of a tightly focused laser beam was demonstrated. When a linearly polarized continuous laser beam was irradiated to a fluorohectorite nanosheet, the nanosheet was oriented with its in-plane direction parallel to the propagation direction of the laser beam. Furthermore, the nanosheet edge was directed in parallel to the polarization direction of the laser beam. When the polarization direction of the laser beam was rotated, the nanosheet was rotated following the rotation of the polarization direction.</p>

    DOI: 10.11362/jcssjclayscience.22.3_79

    Kyutacar

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007529591

  • Textural diversity of hierarchical macroscopic structures of colloidal liquid crystalline nanosheets organized under electric fields 査読有り 国際誌

    Nakato T., Nono Y., Mouri E.

    Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects   522   373 - 381   2017年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017 Elsevier B.V.Inorganic nanosheets prepared by exfoliation of layered crystals of niobate form colloidal liquid crystals, and liquid crystalline niobate nanosheets are hierarchically organized to develop macroscopic textures. They are obtained through a two-stage process, which is growth of the liquid crystalline domains called tactoids induced by incubation and subsequent alignment of the tactoids with an electric field. Diverse macroscopic textures with sub-mm scale characteristic size are organized from niobate nanosheet liquid crystals by varying both of the tactoid growth and electric alignment processes. The tactoid growth is regulated by the nanosheet concentration and elapsed time for the incubation. Application of an AC electric field to the incubated samples turns the nanosheet alignment to the direction parallel to the field, resulting in developing various macroscopic textures. The texture depends on the nanosheet concentration; dendritic, net-like, and interdigitated textures are evolved at low, middle, and high nanosheet concentrations, respectively. Thickness of sample cell for the electric field application also influences the texture. The tactoid size is comparable to the characteristic length of the textures under the electric field even though the tactoid size exceeds the cell thickness. Continuous application of the electric field indicates temporal nature of the texture organization as the textures are gradually collapsed; larger electric voltages tend to generate and collapse the textures faster.

    DOI: 10.1016/j.colsurfa.2017.02.092

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85015910959&origin=inward

  • Electric Alignment of Liquid Crystalline Colloidal Nanosheets Prepared by Exfoliation of Layered Oxides

    Teruyuki Nakato

    Clay Science ( 日本粘土学会 )   21   13 - 20   2017年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    DOI: 10.11362/jsscclayscience.21.1_13

  • Contribution from the Symposium at the 60th Forum of the Clay Science Society of Japan : ELECTRIC ALIGNMENT OF LIQUID CRYSTALLINE COLLOIDAL NANOSHEETS PREPARED BY EXFOLIATION OF LAYERED OXIDES 招待有り 査読有り 国際誌

    Nakato Teruyuki

    Clay Science ( 一般社団法人 日本粘土学会 )   21 ( 1 )   13 - 20   2017年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    <p>Colloidal nanosheets are obtained by exfoliation of inorganic layered crystals such as clay minerals in water. They form colloidal liquid crystals at high nanosheet concentrations due to their shape anisotropy. Liquid crystalline nanosheets can be aligned under external fields. For this purpose, electric field is advantageous owing to its facile instrumentation, controllability, quantitative reproducibility, and broad applicability. AC electric field is utilized for aligning liquid crystalline nanosheets because the samples are aqueous colloids of electrically charged particles. The 2D shape of nanosheets facilitates alignment of their longitudinal direction parallel to the electric field in many cases. When a colloid sample is incubated to grow liquid crystalline domains up to the size of sub-mm scale, hierarchical macroscopic structures are evolved under electric fields, where the grown domains play a role of secondary building blocks. The final structure varies depending on the relative direction of applied electric field and gravity. An electric field applied parallel to gravity gives a net-like assembly of the nanosheet domains, whereas orthogonal application of an electric voltage and gravity assembles nanosheets in stripes spanning over more than 1-mm length through unidirectional nanosheet alignment. Such flexible organization of nanosheet-based structures is a unique aspect of exfoliated nanosheets in colloidal liquid crystalline states.</p>

    DOI: 10.11362/jcssjclayscience.21.1_13

    CiNii Article

    CiNii Research

  • Photoinduced electron transfer between semiconducting nanosheets and acceptor molecules in the presence of colloidal clay particles 査読有り 国際誌

    Nakato T., Shimizu M., Edakubo H., Mouri E.

    Applied Clay Science   130   76 - 82   2016年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2016 Elsevier B.V.Binary clay colloids prepared by mixing smectite and other particles can exhibit unusual properties based on physical and chemical interactions between the colloidal particles. We prepared a binary colloidal system of layered fluoroniobate (K2NbO3F) and synthetic hectorite (Laponite) particles and examined photoinduced electron transfer in the colloid to which electron accepting methylviologen (MV2 +) was added. Exfoliation and nanosheet formation of the fluoroniobate were not evidenced, but it was transformed in water to 3D crystalline species that was easily settled down. Addition of a large amount of hectorite suppressed the settlement of the fluoroniobate particles to stabilize the colloid for a few days. When MV2 + ions were introduced to the binary colloid, the organic species was adsorbed on the hectorite particles and electron transfer occurred from the fluoroniobate particles to the MV2 + ions upon UV irradiation. Addition of propylammonium ions to the system enhanced the yield and stability of the photoproduct while an optimal amount was found. This was ascribed to the scarifying hole scavenging by the propylammonium species although the photoinduced electron transfer can occur in its absence.

    DOI: 10.1016/j.clay.2016.03.007

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84960510711&origin=inward

  • Hydrogels containing Prussian blue nanoparticles toward removal of radioactive cesium ions 査読有り 国際誌

    Kamachi Y., Kamachi Y., Zakaria M., Zakaria M., Zakaria M., Torad N., Nakato T., Ahamad T., Alshehri S., Malgras V., Yamauchi Y., Yamauchi Y., Yamauchi Y.

    Journal of Nanoscience and Nanotechnology   16 ( 4 )   4200 - 4204   2016年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Copyright © 2016 American Scientific Publishers All rights reserved.Recent reports have demonstrated the practical application of Prussian blue (PB) nanoparticles toward environmental clean-up of radionuclide 137Cs. Herein, we prepared a large amount of PB nanoparticles by mixing both iron(III) chloride and sodium ferrocyanide hydrate as starting precursors. The obtained PB nanoparticles show a high surface area (440 m2 · g-1 ) and consequently an excellent uptake ability of Cs ions from aqueous solutions. The uptake ability of Cs ions into poly(N-isopropylacrylamide (PNIPA) hydrogel is drastically increased up to 156.7 m2 · g-1 after incorporating our PB nanoparticles, compared to 30.2 m2 · g-1 after using commercially available PB. Thus, our PB-containing PNIPA hydrogel can be considered as an excellent candidate for the removal of Cs ions from aqueous solutions, which will be useful for the remediation of the nuclear waste.

    DOI: 10.1166/jnn.2016.12607

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84969988799&origin=inward

  • Thermo-responsive hydrogels containing mesoporous silica toward controlled and sustainable releases 査読有り 国際誌

    Kamachi Y., Kamachi Y., Bastakoti B., Alshehri S., Miyamoto N., Nakato T., Yamauchi Y., Yamauchi Y.

    Materials Letters   168   176 - 179   2016年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2015 Elsevier B.V. All rights reserved.Here we prepare thermo-responsive hydrogel containing mesoporous silica (KIT-6) with high surface area. Our hybrid hydrogel is prepared by gelation of NIPAM monomer with mesoporous silica particles in presence of cross linker. Owing to the doped mesoporous silica, a large amount of guest molecules are adsorbed easily. With increase of temperature, the hybrid hydrogel shrinks to retard the release of guest molecules.

    DOI: 10.1016/j.matlet.2015.12.132

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84955133904&origin=inward

  • Perspective: Recent developments in hybrid hydrogels containing inorganic nanomaterials 査読有り 国際誌

    Malgras V., Kamachi Y., Kamachi Y., Nakato T., Yamauchi Y., Miyamoto N.

    Nanoscience and Nanotechnology Letters   8 ( 4 )   355 - 359   2016年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Copyright © 2016 American Scientific Publishers.Poly(N-isopropylacrylamide) (PNIPAm) has been well known as a thermosensitive polymer and has been extensively studied for many applications such as drug delivery systems (DDS) as well as biomedical and tissue engineering. Recently, the hybridization of hydrogels with well-defined nanostructured inorganic materials is emerging as a promising and efficient technique to improve their properties. Newly developed hydrogels with superior properties and smart functions can achieve a great performance in the field of drug delivery systems, sensors, coatings, artificial organs, and chemical actuators for microfluidics and molecular robots. Here we briefly review recent advances in this emerging field.

    DOI: 10.1166/nnl.2016.2140

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84988876301&origin=inward

  • Flow-induced Assembly of Colloidal Liquid Crystalline Nanosheets toward Unidirectional Macroscopic Structures 査読有り

    Y. Nono, E. Mouri, M. Nakata, and T. Nakato

    J. Nanosci. Nanotechnol.   16   2960 - 2966   in press   2016年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1166/jnn.2016.10830

    Scopus

  • 無機ナノシートの液晶形成と機能 招待有り

    中戸 晃之

    ケミカルエンジニヤリング   61   821 - 826   2016年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    CiNii Research

  • Effects of Sol–Gel Transition of Clay Colloids on the Spectroscopic Behavior of Cationic Dye Adsorbed on the Clay Particles 査読有り

    T. Nakato, Y. Nakano, E. Mouri

    Applied Clay Science   118   29 - 37   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.clay.2015.08.032

  • Deposition of Plasmonic Silver Nanoparticles onto Semiconducting Oxide Nanosheets and Their Photochromic Behavior 査読有り

    T. Nakato, S. Ishida, J. Kaneda, E. Mouri

    Journal of the Ceramic Society of Japan   123   809 - 812   2015年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.2109/jcersj2.123.809

    Scopus

    CiNii Article

  • Asymmetric Supercapacitors Using 3D Nanoporous Carbon and Cobalt Oxide Electrodes Synthesized from a Single Metal–Organic Framework 査読有り

    R. R. Salunkhe, J. Tang, Y. Kamachi, T. Nakato, J. H. Kim, Y. Yamauchi

    ACS Nano   9   6288 - 6296   2015年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1021/acsnano.5b01790

  • Polymeric Micelle Assembly with Niobate/Titanate Nanosheets for Construction of Mesoporous Architectures with Crystallized Walls 査読有り

    B. P. Bastakoti, Y. Li, M. Imura, N. Miyamoto, T. Nakato, T. Sasaki, and Y. Yamauchi

    Angew. Chem. Int. Ed.   in press   2015年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1002/anie.201410942

    Scopus

  • 粘土粒子のマクロな集合状態にもとづく光化学反応の制御

    中戸晃之

    粘土科学 ( 日本粘土学会 )   53 ( 2 )   59 - 62   2015年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 日本粘土学会「粘土鉱物を利用した光機能系研究グループ」の活動(ワーキンググループ報告)

    中戸 晃之

    粘土科学   53 ( 2 )   43 - 44   2015年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The Research Group of Photofunctional Systems on Clay Minerals, the Clay Science Society of Japan was established in April 2011, and continued its activity to March 2014. The research group held a special session in the 55th Annual Meeting of the Clay Science Society of Japan, and published a special issue in Clay Science.

    CiNii Article

    その他リンク: http://ci.nii.ac.jp/naid/110009930779

  • Synthesis and Characterizations of Nanoporous Carbon Derived from Lapsi (Choerospondias Axillaris) Seed: Effect of Carbonization Conditions 査読有り

    S. Joshi, L. K. Shrestha, Y. Kamachi, V. Malgras, M. A. Pradhananga, B. P. Pokhrel, T. Nakato, R. R. Pradhananga, K. Ariga, Y. Yamauchi

    Advanced Powder Technology   26   894 - 900   2015年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.apt.2015.03.004

    Scopus

  • Synergistic Photocatalytic Hydrogen Evolution over Oxide Nanosheets Combined with Photochemically Inert Additives 査読有り

    T. Nakato, T. Fujita, and E. Mouri

    Phys. Chem. Chem. Phys.   17   5547 - 5550   2015年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1039/c4cp06083k

    Scopus

  • 無機ナノシート液晶の外場配向とマクロ組織化

    中戸晃之

    C & I Commun. ( 日本化学会 )   39 ( 4 )   9 - 11   2014年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Multiphase Coexistence and Destabilization of Liquid Crystalline Binary Nanosheet Colloids of Titanate and Clay 査読有り

    T. Nakato, Y. Yamashita, E. Mouri, and K. Kuroda

    Soft Matter   10   3161 - 3165   2014年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1039/c3sm52311j

  • Behavior of Polymer Chains Grafted from Latex Particles at Soft Interfaces 査読有り

    E. Mouri, H. Sakamori, K. Yoshinaga, and T. Nakato

    Colloid Polym. Sci.   292   547 - 555   2014年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/s00396-013-3097-4

  • Decomposition of a Cyanine Dye in Binary Nanosheet Colloids of Photocatalytically Active Niobate and Inert Clay 査読有り

    T. Nakato, S. Inoue, Y. Hiraragi, J. Sugawara, E. Mouri, and H. Aritani

    J. Mater. Sci.   49   915 - 922   2014年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/s10853-013-7777-8

  • Panoscopic Organization of Anisotropic Colloidal Structures from Photofunctional Inorganic Nanosheet Liquid Crystals 査読有り

    T. Nakato, Y. Nono, E. Mouri, and M. Nakata

    Phys. Chem. Chem. Phys.   16   955 - 962   2014年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1039/c3cp54140a

  • Single- and Double-Layered Organically Modified Nanosheets by Selective Interlayer Grafting and Exfoliation of Layered Potassium Hexaniobate 査読有り

    N. Kimura, Y. Kato, R. Suzuki, A. Shimada, S. Tahara, T. Nakato, K. Matsukawa, P. H. Mutin, and Y. Sugahara

    Langmuir   30   1169 - 1175   2014年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1021/la404223x

  • Effects of Clay-Water Interface on the Photoindued Electron Transfer from Ruthenium-bipyridyl Complex to Methylviologen 査読有り

    T. Nakato, S. Watanabe, T. Fujita, and E. Mouri

    Clay Sci.   17   23 - 29   2013年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 無機イオン交換体の利用と材料開発の最近の傾向 : 放射性元素の除去とナノ複合材料の開発を中心に 招待有り 査読有り

    村上 雅彦, 中戸 晃之

    ぶんせき ( 日本分析化学会 )   ( 458 )   95 - 100   2013年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/10031147366

  • 無機イオン交換体の利用と材料開発の最近の傾向─放射性元素の除去とナノ複合材料の開発を中心に─

    村上雅彦, 中戸晃之

    ぶんせき ( 日本分析化学会 )   2013   95 - 100   2013年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • EFFECTS OF CLAY-WATER INTERFACE ON THE PHOTOINDUCED ELECTRON TRANSFER FROM RUTHENIUM-BIPYRIDYL COMPLEX TO METHYLVIOLOGEN 査読有り

    NAKATO TERUYUKI, WATANABE SHOKO, FUJITA TAKAKO, MOURI EMIKO

    Clay Science ( 一般社団法人 日本粘土学会 )   17 ( 2 )   23 - 29   2013年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Photoinduced electron transfer (PET) was investigated in multicomponent aqueous suspensions composed of tris(2,2'-bipyridine)ruthenium(II) (Ru(bpy)_3^<2+>, photocatalyst), methylviologen (1,1'-dimethyl-4,4'-bipyridinium dication, MV^<2+>, electron acceptor), and ethylenediaminetetraacetate (EDTA, sacrificial electron donor) together with particles of smectite-type clays, where Ru(bpy)_3^<2+> and MV^<2+> are present in excess compared with CEC of the clay minerals. Clays with different particle sizes - fluorohectorite (FH) and montmorillonite (Mont) with large particle sizes (>0.1μm), and hectorite (Hect) and saponite (Sapo) with small particle sizes (〜30nm) - were examined, and the PET reaction proceeded in all of the suspensions to yield methylviologen radical cation (MV^<+・>) as the product. However, the difference in the clay particle size gave different product distribution; the large-size clays dominantly gave MV^<+・> dimers whereas the small-size clays mainly produced MV^<+・> monomers similarly to a homogeneous aqueous solution. Also, the large-size clays more stabilized the MV^<+・> species than the small-size ones. These results evidenced contribution of the clay-water interfaces to the reaction.

    DOI: 10.11362/jcssjclayscience.17.2_23

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110009614918

  • Liquid Crystalline Inorganic Nanosheet Colloids Derived From Layered Materials

    N. Miyamoto, T. Nakato

    Isr J Chem ( Wiley-WCH )   52   881 - 894   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Pickering Emulsions Prepared by Layered Niobate K4Nb6O17 Intercalated with Organic Cations and Photocatalytic Dye Decomposition in the Emulsions 査読有り

    T. Nakato, H. Ueda, S. Hashimoto, R. Terao, M. Kameyama, E. Mouri

    ACS Appl Mater Interfaces   4   4338 - 4347   2012年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1021/am300987x

    Scopus

  • 半導体ナノシート液晶

    中戸晃之, 毛利恵美子

    未来材料 ( エヌティーエス )   12 ( 7 )   10 - 15   2012年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Photoinduced Electron Transfer between Ruthenium-Bipyridyl Complex and Methylviologen in Suspensions of Smectite Clays 査読有り

    T. Nakato, S. Watanabe, Y. Kamijo, Y. Nono

    J Phys Chem C   116   4338 - 4347   2012年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1021/jp2118899

    Scopus

  • Aspect-ratio-dependent Phase Transitions and Concentration Fluctuations in Aqueous Colloidal Dispersions of Charged Platelike Particles 査読有り

    D. Yamaguchi, N. Miyamoto, T. Fujita, T. Nakato, S. Koizumi, N. Ohta, N. Yagi, and T. Hashimoto

    Phys Rev E   85   011403-1 - 011403-15   2012年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1103/PhysRevE.85.011403

    Scopus

  • Preparation of Au-loaded Niobate Nanosheets and Their Plasmon-driven Photochemical Reaction 査読有り

    T. Nakato, T. Kasai

    Mater Lett   65   3402 - 3404   2011年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.matlet.2011.07.064

    Scopus

  • Visible-light-induced electron transfer in intercalation-type composites organized on photocatalytically active layered niobate 査読有り

    T. Nakato, H. Kamase, R. Shinozaki

    J Ceram Soc Jpn   119   528 - 531   2011年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Electrooptic Response of Colloidal Liquid Crystals of Inorganic Oxide Nanosheets Prepared by Exfoliation of a Layered Niobate 査読有り

    T. Nakato, K. Nakamura, Y. Shimada, Y. Shido, T. Houryu, Y. Iimura, H. Miyata

    J Phys Chem C   115   8934 - 8939   2011年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1021/jp201056q

    Scopus

  • Photoinduced Electron Accumulation in Colloidally Dispersed Wide Band-gap Semiconductor Nanosheets 査読有り

    T. Nakato, Y. Yamada, M. Nakamura, A. Takahashi

    J Colloid Interface Sci   354   38 - 44   2011年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.jcis.2010.10.026

    Scopus

  • Adsorptive and Photocatalytic Removal of Phenol by Layered Niobates Organically Modified through Intercalation and Silylation 査読有り

    S. Kiba, J. Haga, S. Hashimoto, T. Nakato

    J Nanosci Nanotechnol   10   8341 - 8348   2010年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1166/jnn.2010.2665

    Scopus

  • 無機ナノシート分散体の液晶形成と機能

    中戸晃之, 宮元展義

    液晶 ( 日本液晶学会 )   2010年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Interlayer Modification of a Layered H-Octosilicate (H-RUB-18) with Methanol: Formation of a Highly Ordered Organosilicate Nanohybrid 査読有り

    S. Kiba, T. Itagaki, T. Nakato, K. Kuroda

    J Mater Chem   20   3202 - 3210   2010年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1039/b915818a

    Scopus

  • Liquid Crystalline Behavior and Related Properties of Colloidal Systems of Inorganic Oxide

    T. Nakato, N. Miyamoto

    Materials ( Molecular Diversity Preservation, International )   2   1734 - 1761   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 無機ナノシート分散体の柔構造を利用する光機能材料

    中戸晃之

    材料の科学と工学 ( 日本材料科学会 )   46   129 - 134   2009年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Photoinduced Electron Transfer in Nanostructured Assemblies of Layered Semiconducting Oxide and Methylviologen: Effect of the Location of Acceptor Molecules 査読有り

    T. Nakato, H. Edakubo, T. Shimomura

    Micropor Mesopor Mater   123   280 - 288   2009年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Preparation of a Layered Hexaniobate–Titania Nanocomposite and Its Photocatalytic Activity on Removal of Phenol in Water 査読有り

    Qingming Wei, T. Nakato

    J Porous Mater   16   151 - 156   2009年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Photoinduced Charge Separation in a Colloidal System of Exfoliated Layered Semiconductor Controlled by Coexisting Aluminosilicate Clay 査読有り

    T. Nakato, Y. Yamada, and N. Miyamoto

    J Phys Chem B   113   1323 - 1331   2009年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Photochemical Behavior of Rhodamine 6G Dye Intercalated in Photocatalytically Active Layered Hexaniobate 査読有り

    R. Shinozaki, T. Nakato

    Micropor Mesopor Mater   113   81 - 89   2008年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Photoelectrochemical Behavior of a Rhodamine Dye Intercalated in a Photocatalytically Active Layered Niobate and Photochemically Inert Clay 査読有り

    R. Shinozaki, T. Nakato

    J Ceram Soc Jpn   116   555 - 560   2008年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Removal of Phenols by an Organically Modified Layered Niobate K4Nb6O17 through an Adsorption-Photocatalytic Degradation Process 査読有り

    Qingming Wei, K. Nakamura, Y. Endo, M. Kameyama, T. Nakato

    Chem Lett   37   152 - 153   2008年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Structural Response of Organically Modified Layered Niobate K4Nb6O17 to the Adsorption of 2,4-Dichlorophenol 査読有り

    T. Nakato, M. Kameyama, Qingming Wei, J. Haga

    Micropor Mesopor Mater   110   223 - 231   2008年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Colloidal State of Exfoliated Oxide Nanosheets of Layered Niobate Characterized with a Molecular-level Spectroscopic Technique and Macroscopic Observations 査読有り

    T. Nakato, J. Sugawara

    Bull Chem Soc Jpn   80   2451 - 2456   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Dispersion of Layered Hexaniobate in Organic Solvents through Silylation and Liquid Crystalline Behavior of the Colloidal Suspension 査読有り

    T. Nakato, S. Hashimoto

    Chem Lett   36   1240 - 1241   2007年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 層状結晶をはがして作る超薄層─無機ナノシートの調製と利用

    中戸晃之

    化学と教育 ( 日本化学会 )   55   400 - 401   2007年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Extremely Stable Photoinduced Charge Separation in a Colloidal System Composed of Semiconducting Niobate and Clay Nanosheets 査読有り

    N. Miyamoto, Y. Yamada, S. Koizumi, T. Nakato

    Angew Chem Int Ed   46   4123 - 4127   2007年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Hierarchical Structure of Niobate Nanosheets in Aqueous Solutions 査読有り

    D. Yamaguchi, N. Miyamoto, S. Koizumi, T. Nakato, T. Hashimoto

    J Appl Crystallogr   40   s101 - s105   2007年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Competitive Adsorption of Phenols on Organically Modified Layered Hexaniobate K4Nb6O17 査読有り

    Qingming Wei, T. Nakato

    Micropor Mesopor Mater   96   84 - 92   2006年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 粘土鉱物モンモリロナイトへのアゾベンゼンの新規挿入法と分光学的評価 査読有り

    氏家賢二, 篠崎良太, 工藤 聡, 中戸晃之, 中田宗隆

    分光研究   55   120 - 125   2006年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Mesophase of colloidally dispersed nanosheets prepared by exfoliation of layered titanate and niobate 査読有り

    T. Nakato, Y. Yamashita, K. Kuroda

    Thin Solid Films   495   24 - 28   2006年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

▼全件表示

著書

  • Inorganic nanosheets and nanosheet-based materials

    Teruyuki Nakato, Jun Kawamata, Shinsuke Takagi(共編者(共編著者))

    Springer Japan  2017年04月  ( ISBN:978-4431564942

     詳細を見る

    記述言語:英語

  • 二次元物質の科学

    中戸晃之, 宮元展義(共著)

    化学同人  2017年03月  ( ISBN:978-4-7598-1385-2

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • ナノ空間材料ハンドブック

    中戸晃之,宮元展義(共著 ,  範囲: 第4章9節)

    エヌ・ティー・エス  2016年02月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • 「化学の要点シリーズ11 層状化合物」

    中戸晃之、宮元展義( 範囲: コラム「層状化合物がつくる液晶」)

    共立出版  2014年06月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • 革新機能材料の開発と応用展開─粘土鉱物、ナノシート、メソ孔シリカと有機系層状材料を利用して─

    中戸晃之(共編者(共編著者) ,  範囲: 第1章)

    シーエムシー出版  2012年05月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • 機能性粘土素材の最新動向

    中戸晃之, 宮元展義(編集 ,  範囲: 第I編第7章(単著)、第III編第12章(共著))

    シーエムシー出版  2010年05月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • 生物に学び新しいシステムを創る

    中戸晃之(編集 ,  範囲: 第2章II節)

    博友社  2006年03月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • 無機ナノシートの科学と応用

    中戸晃之(編集 ,  範囲: 第2章3節)

    シーエムシー出版  2005年05月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

口頭発表・ポスター発表等

  • Stability of Inner Structure in Antimony Phosphate Nanosheet Liquid Crystals

    E. Mouri, T. Fukumoto, N. Miyamoto, T. Nakato

    Euroclay 2023 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年07月24日 - 2023年07月28日   記述言語:英語  

  • Scrolling of Nanosheets by Adsorption of Stilbazolium Dyes

    T. Harada, Y. Suzuki, T. Nakato, J. Breu, J. Kawamata

    Euroclay 2023 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年07月24日 - 2023年07月28日   記述言語:英語  

  • Spectroscopic Properties of Anionic Organic Dyes in Aqueous Clay Colloids

    T. Nakato, K. Taninaka, K. Sueishi, E. Mouri, J. Kawamata

    Euroclay 2023 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年07月24日 - 2023年07月28日   記述言語:英語  

  • 自己組織化を利用したセルロースナノクリスタルとポリアクリル酸によるコア-シェル粒子の調製

    平山啓人,中戸晃之,毛利恵美子

    第60回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年07月01日   記述言語:日本語  

  • 無機カチオン型モンモリロナイトの水-有機混合溶媒中での分散

    大束祐輝,毛利恵美子,中戸晃之

    日本化学会第103春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年03月22日 - 2023年03月25日   記述言語:日本語  

  • 長鎖有機アンモニウム型モンモリロナイトの非極性有機溶媒への分散挙動

    板東輝,毛利恵美子,中戸晃之

    令和4年度物理化学インターカレッジセミナー兼日本油化学会界面科学部会九州地区講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月17日   記述言語:日本語  

  • PNIPAMの水/アルコール系での共貧溶媒効果への試料調製方法の影響

    Nabil Shukri,中戸晃之,毛利恵美子

    令和4年度物理化学インターカレッジセミナー兼日本油化学会界面科学部会九州地区講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月17日   記述言語:日本語  

  • Photofunctions of Anionic Dyes in the Presence of Negatively Charged Colloidal Clay Particles 招待有り

    T. Nakato

    5th Int. Conf. on Nanospace Materials (ICNM 2022) 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月11日 - 2022年12月13日   記述言語:英語  

  • Effects of Dye Adsorption on Electric Alignment of Liquid Crystalline Clay Nanosheets

    T. Watanabe, M. Shintaku, Y. Suzuki, E. Mouri, J. Kawamata, T. Nakato

    5th Int. Conf. on Nanospace Materials (ICNM 2022) 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月11日 - 2022年12月13日   記述言語:英語  

  • Photoisomerization of Cinnamate Anions in Clay Colloids

    C. Miura, E. Mouri, and T. Nakato

    International Symposium on Chemistry 2022 & the 2nd KYUTECH-KKU International Symposium 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月08日 - 2022年12月09日   記述言語:英語  

  • Impacts of Negatively Charged Colloidal Clay Particles on the Photoresponse of Organic Anions 招待有り

    T. Nakato, Y. Kawanami, K. Kajiwara, S. Kawasaki, E. Mouri

    International Symposium on Chemistry 2022 & the 2nd KYUTECH-KKU International Symposium 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月08日 - 2022年12月09日   記述言語:英語  

  • 自己組織化を利用したセルロースナノクリスタルとポリアクリル酸によるコアシェル粒子の形成及び架橋による構造の固定

    平山啓人,中戸晃之,毛利恵美子

    日本化学会低次元系光機能材料研究会第11回サマーセミナー 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月09日 - 2022年09月10日   記述言語:日本語  

  • 粘土コロイド中でのアニオン性ポルフィリンの分光学的挙動

    谷中佳祐,毛利恵美子,中戸晃之

    日本化学会低次元系光機能材料研究会第11回サマーセミナー 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月09日 - 2022年09月10日   記述言語:日本語  

  • 粘土コロイド中でのアニオン色素の分光学的挙動

    中戸晃之,川浪祥希,谷中佳祐,毛利恵美子

    第65回粘土科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月06日 - 2022年09月07日   記述言語:日本語  

  • 粘土ナノシート液晶の電場配向における色素吸着の影響

    渡部剛,新宅真仁,鈴木康孝,毛利恵美子,川俣純,中戸晃之

    第65回粘土科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月06日 - 2022年09月07日   記述言語:日本語  

  • Spectroscopic Behavior of an Anionic Dye in Aqueous Colloidal Dispersions of Smectites and Sepiolite

    T. Nakato, Y. Kawanami, K. Taninaka, E. Mouri

    17th International Clay Conference  2022年07月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年07月25日 - 2022年07月29日   記述言語:英語  

  • セルロースとPNIPAMの2成分からなる複合粒子の調製と温度応答性評価

    永田千晴,野間健太,橋本千尋,中戸晃之,毛利恵美子

    第59回化学関連支部合同九州大会  2022年07月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年07月02日   記述言語:日本語  

  • 無機ナノシート液晶への蓄熱性高分子の導入と特性評価

    石川千尋,毛利恵美子,中戸晃之

    第59回化学関連支部合同九州大会  2022年07月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年07月02日   記述言語:日本語  

  • 粘土ゾルおよびゲル中でのアゾベンゼンの光異性化

    中戸晃之,川﨑嵩平,毛利恵美子,酒井秀樹

    日本化学会第102春季年会  2022年03月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月   記述言語:日本語  

  • ニオブ酸-粘土2成分系ナノシートコロイドの電場配向

    中戸晃之,石飛 渉,毛利恵美子

    第60回セラミックス基礎科学討論会  2022年01月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年01月08日 - 2022年01月09日   記述言語:英語   開催地:熊本市  

  • セルロースナノクリスタル‐高分子系複合粒子の調製

    東 颯希,中戸晃之,毛利恵美子

    令和3年度物理化学インターカレッジセミナー 兼 日本油化学会界面科学部会九州地区講演会  2022年01月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年01月07日 - 2022年01月08日   記述言語:日本語  

  • Photocatalytic decomposition controlled by liquid crystalline binary nanosheet colloids of niobate and clay in an electric field

    T. Nakato, W. Ishitobi, E. Mouri

    Pacifichem 2021  2021年12月 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月   記述言語:英語   開催地:Online  

  • Photocatalytic Degradation of an Anion Dye in Niobate–Clay Binary Nanosheet Colloids

    K. Saiki, E. Mouri, T. Nakato

    9th International Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2021)  2021年12月 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月   記述言語:英語   開催地:Online  

  • ニオブ酸-粘土混合ナノシートコロイドの電場配向における周波数の影響

    渡部剛,石飛渉,毛利恵美子,中戸晃之

    第64回粘土科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月14日 - 2021年09月18日   記述言語:日本語  

  • ニオブ酸−粘土2成分系ナノシートコロイドの電場配向と光触媒応用

    中戸晃之,石飛 渉,毛利恵美子

    第64回粘土科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月14日 - 2021年09月18日   記述言語:日本語  

  • Preparation of Cellulose Nanocrystal Based Shell-like Structures with Self-organized Precipitation Method

    J. Zhang, H. Furushima, E. Mouri, T. Nakato

    8th International Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2020) 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年12月   記述言語:英語  

  • リン酸アンチモンナノシート液晶の構造色

    福元崇之,山本伸也,宮元展義,毛利恵美子,中戸晃之

    第36回ゼオライト研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年11月19日 - 2020年11月20日   記述言語:日本語  

  • 酸化物ナノシート液晶による構造色の発現

    毛利恵美子,大神智有,福元崇之,中戸晃之

    第71回コロイドおよび界面化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月14日 - 2020年09月16日   記述言語:日本語  

  • Formation of Hetero-Structure Consisting of Graphene Oxide by Optical Manipulation

    A. Ikeda, Y. Suzuki, T. Nakato, J. Kawamata

    4th Asian Clay Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年06月09日 - 2020年06月10日   記述言語:英語  

  • Development of Structural Color by Oxide Nanosheet Colloids

    E. Mouri, C. Ogami, T. Fukumoto, T. Nakato

    4th Asian Clay Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年06月09日 - 2020年06月10日   記述言語:英語  

  • Preparation of Cellulose Nanocrystals based Core-Shell Particles

    Jie Zhang, E. Mouri, T. Nakato

    令和元年度物理化学インターカレッジセミナー 兼 日本油化学会界面科学部会九州地区講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年12月07日   記述言語:英語  

  • Preparation of Cellulose Nanocrystals Based Core-shell Particles via Self-organized Precipitation Method

    Jie Zhang, E. Mouri, T. Nakato

    The 12th Japan-Korea Joint Symposium on Bio-microsensing Technology 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年12月05日   記述言語:英語  

  • Electric Alignment of Niobate-Clay Binary Nanosheet Colloids

    W. Ishitobi, M. Yabuuchi, E. Mouri, T. Nakato

    2019 International Conference on Nanospace Materials 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年10月03日   記述言語:英語  

  • ニオブ酸—粘土2成分ナノシートコロイド中での光触媒反応

    佐伯幸祐,山根康平,毛利恵美子,中戸晃之

    日本化学会低次元系光機能材料研究会第9回サマーセミナー 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月13日   記述言語:日本語  

  • アゾベンゼンの光異性化に対する粘土懸濁液の影響

    板東 輝,川崎嵩平,毛利恵美子,中戸晃之

    日本化学会低次元系光機能材料研究会第9回サマーセミナー 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月13日   記述言語:日本語  

  • 無機ナノシート液晶の電場配向の天然高分子を用いた固定化

    毛利恵美子,入江明里,中戸晃之

    第63回粘土科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月10日   記述言語:日本語  

  • Optical Manipulation of Oxide Nanosheets

    J. Kawamata, Y. Higashi, T. Nagashita, Y. Suzuki, T. Nakato, T. Iwai

    Euroclay 2019 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年07月02日   記述言語:英語  

  • Electric Alignment of Liquid Crystalline Binary Colloids of Niobate and Clay Nanosheets

    T. Nakato, W. Ishitobi, M. Yabuuchi, E. Mouri

    Euroclay 2019 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年07月02日   記述言語:英語  

  • Electric Alignment of Nanosheets in Niobate – Graphene Oxide Binary Colloids

    T. Sirinakorn, W. Ishitobi, E. Mouri, M. Ogawa, T. Nakato

    日本化学会第99春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月28日   記述言語:英語  

  • ニオブ酸―粘土2成分系ナノシートコロイドの電場配向の光学顕微鏡観察

    石飛 渉,薮内未歩,毛利恵美子,中戸晃之

    日本化学会低次元系光機能材料研究会第8回サマーセミナー 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月22日   記述言語:日本語  

  • リン酸アンチモン-粘土2成分ナノシート液晶の構造色

    福元崇之,藤森伯人,毛利恵美子,中戸晃之

    日本化学会低次元系光機能材料研究会第8回サマーセミナー 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月21日   記述言語:日本語  

  • コロイド分散している酸化物ナノシートの光学顕微鏡による直接観察

    中戸晃之,東 裕貴,石飛 渉,鈴木康孝,川俣 純

    第62回粘土科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月11日   記述言語:日本語  

  • 単層剥離したフルオロヘクトライトの光の放射圧によるマニピュレーション

    東 裕貴,長下 敬,石飛 渉,中戸晃之,鈴木康孝,川俣 純

    第62回粘土科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月11日   記述言語:日本語  

  • Alignment of Liquid Crystalline Binary Nanosheet Colloids of Niobate and Clay in an Electric Field

    W. Ishitobi, M. Yabuuchi, E. Mouri, T. Nakato

    5th International Conference on Nanomechanics and Nanocomposites 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年08月24日   記述言語:英語  

  • Preservation of Liquid Crystalline Nanosheets Alignment Generated in an Electric Field

    E. Mouri, A. Irie, T. Nakato

    5th International Conference on Nanomechanics and Nanocomposites 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年08月24日   記述言語:英語  

  • Diverse Hierarchical Macroscopic Textures of Liquid Crystalline Inorganic Nanosheets

    T. Nakato, Y. Nono, E. Mouri

    International Symposium on Zeolite and Microporous Crystals 2018 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年08月06日   記述言語:英語  

  • Direct Observation and Optical Manipulation of Exfoliated Niobate Nanosheets

    Y. Higashi, A. Ikeda, T. Nagashita, M. Tominaga, T. Kumamoto, W. Ishitobi, T. Nakato, Y. Suzuki, J. Kawamata

    3rd International Conference on Applied Mineralogy & Advanced Materials 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年07月24日   記述言語:英語  

  • Diverse Hierarchical Macroscopic Textures of Liquid Crystalline Inorganic Nanosheets

    T. Nakato, Y. Nono, E. Mouri

    International Symposium on Zeolite and Microporous Crystals 2018 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年07月24日   記述言語:英語  

  • 円偏光の照射によるニオブ酸ナノシートの回転とその制御

    東 裕貴,池田 暉,長下 敬,富永 亮,鈴木康孝,川俣 純,熊本拓哉,中戸晃之

    日本化学会第98春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月22日   記述言語:日本語  

  • ニオブ酸と粘土からなる二成分ナノシート分散系による光触媒反応

    寺田伸哉,毛利恵美子,中戸晃之

    第56回セラミックス基礎科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年01月11日   記述言語:日本語  

  • B7 コロイド分散している酸化物ナノシートの光学顕微鏡による直接観察

    中戸 晃之, 東 裕貴, 石飛 渉, 鈴木 康孝, 川俣 純

    粘土科学討論会講演要旨集 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年01月   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • B8 単層剥離したフルオロヘクトライトの光の放射圧によるマニピュレーション

    東 裕貴, 長下 敬, 石飛 渉, 中戸 晃之, 鈴木 康孝, 川俣 純

    粘土科学討論会講演要旨集 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年01月   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • Nanosheet Liquid Crystals: Structured Colloids Constructed by Inorganic 2D Particles

    Teruyki Nakato

    Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2017) 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年11月15日   記述言語:英語  

  • レーザーの放射圧による無機ナノシート液晶の光操作

    熊本拓哉,富永 亮,長下 敬,毛利恵美子,鈴木康孝,川俣 純,中戸晃之

    平成29年度九州支部秋季合同研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年11月02日   記述言語:日本語  

  • B9 らせん状の波面を持つ光の照射によるニオブ酸ナノシート液晶の配向

    長下 敬, 東 裕貴, 熊本 拓哉, 富永 亮, 鈴木 康孝, 中戸 晃之, 川俣 純

    第61回粘土科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月26日   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • B5 光ピンセットを用いたナノシートコロイドの局所的な配向制御

    富永 亮, 長下 敬, 熊本 拓哉, 中戸 晃之, 鈴木 康孝, 川俣 純

    第61回粘土科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月26日   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • B24 粘士粒子の共存による半導体ナノシート光触媒反応の活性向上

    中戸 晃之, 藤田 貴子, 毛利 恵美子

    第61回粘土科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月26日   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • ニオブ酸―粘土二成分系ナノシート液晶の電場配向

    石飛 渉,藪内未歩,毛利恵美子,中戸晃之

    日本化学会低次元系光機能材料研究会第6回サマーセミナー 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月07日   記述言語:日本語  

  • 光の放射圧を用いたナノシートの配向制御

    鈴木康孝,富永 亮,長下 敬,東 祐貴,川俣 純,熊本拓哉,中戸晃之

    2017年光化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月06日   記述言語:日本語  

  • Phase-separated Structures of Liquid Crystalline Binary Colloidal Oxide Nanosheets

    T. Nakato, A. Takahashi, S. Terada, S. Yamaguchi, E. Mouri, Y. Yamauchi, M. Shintate, N. Miyamoto

    16th Int. Clay Conf. 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月20日   記述言語:英語  

  • Radiation Pressure Induced Orientation of Colloidal Oxide Nanosheets

    M. Tominaga, T. Nagashita, Y. Higashi, T. Kumamoto, T. Nakato, Y. Suzuki, J. Kawamata

    16th Int. Clay Conf. 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月19日   記述言語:英語  

  • Orientation of Niobate Nanosheet Liquid Crystals by Radiation Pressure of Laser Beam: Orientation on Polarization Direction of the Laser Beam

    T. Nagashita, Y. Higashi, M. Tominaga, Y. Suzuki, J. Kawamata, T. Kumamoto, T. Nakato

    16th Int. Clay Conf. 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月19日   記述言語:英語  

  • Flexible Assembly of Exfoliated Nanosheets of Layered Oxides at Macroscopic Scales by Electric Manipulation

    T. Nakato, Y. Nono, E. Mouri

    17th Int. Symp. on Intercalation Compounds 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年06月01日   記述言語:英語  

  • レーザー光の放射圧によるニオブ酸ナノシート液晶の配向制御~ナノシートの配向の偏光依存性~

    長下 敬,東 裕貴,富永 亮,鈴木康孝,川俣 純,熊本拓哉,中戸晃之

    日本化学会第97春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月19日   記述言語:日本語  

  • レーザーの放射圧による無機ナノシート液晶の局所操作

    熊本拓哉,富永亮,長下 敬,毛利恵美子,鈴木康孝,川俣 純,中戸晃之

    日本化学会第97春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月17日   記述言語:日本語  

  • ニオブ酸ナノシート-粘土ナノシート混合コロイド中で形成される相分離構造の観察

    寺田紳哉,山口渉吾,新立 盛生,毛利恵美子,宮元展義,中戸晃之

    日本化学会第97春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月17日   記述言語:日本語  

  • Effects of Electrolytes on the Hierarchical Assembly of Macroscopic Unidirectional Structures from Colloidal Inorganic Nanosheet Liquid Crystals

    Jie Zhang, T. Kumamoto, E. Mouri, T. Nakato

    第55回セラミックス基礎科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年01月12日   記述言語:英語  

  • Manipulation of Colloidal Inorganic Nanosheets by Optical Tweezers

    T. Kumamoto, M. Tominaga, T. Sakurai, T. Nagashita, E. Mouri, Y. Suzuki, J. Kawamata, T. Nakato

    4th International Symposium on Applied Engineering and Sciences 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月17日   記述言語:英語  

  • Hierarchical Assembly of Colloidal Liquid Crystalline Inorganic Nanosheets in an Aqueous System

    Jie Zhang, T. Kumamoto, E. Mouri, T. Nakato

    4th International Symposium on Applied Engineering and Sciences 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月17日   記述言語:英語  

  • Observation of the Phase-separated Structure of Binary Nanosheet Colloids by Using Confocal Laser Scanning Microscopy

    S. Terada, S. Yamaguchi, M. Shintate, E. Mouri, N. Miyamoto, T. Nakato

    The 11th SPSJ International Polymer Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月14日   記述言語:英語  

  • 共焦点顕微鏡を用いた二成分ナノシートコロイドの直接観察

    寺田紳哉,山口渉吾,新立盛生,毛利恵美子,宮元展義,中戸晃之

    日本化学会低次元系光機能材料研究会第5回サマーセミナー in 島根 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月27日   記述言語:日本語  

  • レーザー光の放射圧によるコロイド中のニオブ酸ナノシートの配向

    長下 敬,中西 稜,富永 亮,熊本拓哉,中戸晃之,鈴木康孝,川俣 純

    日本化学会低次元系光機能材料研究会第5回サマーセミナー in 島根 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月27日   記述言語:日本語  

  • タングステン酸─粘土2成分系ナノシートコロイドの調製と相挙動

    野村遂志,毛利恵美子,中戸晃之

    日本化学会低次元系光機能材料研究会第5回サマーセミナー in 島根 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月27日   記述言語:日本語  

  • 無機ナノシートコロイドの光ピンセット操作

    熊本拓哉,富永 亮,櫻井敏樹,長下 敬,毛利恵美子,鈴木康孝,川俣 純,中戸晃之

    日本化学会低次元系光機能材料研究会第5回サマーセミナー in 島根 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月27日   記述言語:日本語  

  • P12 液晶状態にあるニオブ酸ナノシートの光の放射圧を用いた配向制御 ―金蒸着基板による局在プラズモンの効果―

    長下 敬, 富永 亮, 熊本 拓哉, 中戸 晃之, 鈴木 康孝, 川俣 純

    第60回粘土科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月15日   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • 無機粒子のコロイド液晶が形成する高次構造の共存電解質による制御

    毛利恵美子,Zhang Jie,中戸晃之

    第65回高分子討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月15日   記述言語:日本語  

  • Local Manipulation of Colloidal Liquid Crystals of Inorganic Nanosheets by Optical Tweezers

    T. Nakato, M. Tominaga, T. Sakurai, R. Nakanishi, T. Nagashita, T. Kumamoto, E. Mouri, Y. Suzuki, T. Iwai, J. Kawamata

    26th International Liquid Crystal Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年08月05日   記述言語:英語  

  • Local Manipulation of Colloidal Liquid Crystals of Oxide Nanosheets by Optical Tweezers

    T. Nakato, M. Tominaga, T. Sakurai, R. Nakanishi, T. Nagashita, T. Kumamoto, E. Mouri, Y. Suzuki, T. Iwai, J. Kawamata

    8th Mid-European Clay Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年07月07日   記述言語:英語  

  • 無機酸化物ナノシート液晶の光ピンセット操作

    熊本拓哉,富永 亮,櫻井俊樹,中西 稜,長下 敬,毛利恵美子,鈴木康孝,岩井俊昭,川俣 純,中戸晃之

    第53回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年07月02日   記述言語:日本語  

  • 共焦点顕微鏡を用いた二成分系ナノシートコロイドの相分離構造の観察

    寺田紳哉,山口渉吾,新立盛生,毛利恵美子,宮元展義,中戸晃之

    第53回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年07月02日   記述言語:日本語  

  • 光ピンセットによる無機ナノシート液晶の配向制御

    熊本拓哉,富永 亮,櫻井敏樹,中西 稜,長下 敬,毛利恵美子,鈴木康孝,岩井俊昭,川俣 純,中戸晃之

    ナノ学会第14回大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年06月14日   記述言語:日本語  

  • Effects of Electrolytes on Hierarchical Assembly of Inorganic Nanosheet Colloidal Liquid Crystals

    Jie Zhang, T. Kumamoto, K. Morisaka, Y. Nono, E. Mouri, T. Nakato

    ナノ学会第14回大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年06月14日   記述言語:英語  

  • “Observation of the Phase-separated Structure of Binary Nanosheet Colloids by Using Confocal Laser Scanning Microscopy

    S. Terada, S. Yamaguchi, M. Shintate, E. Mouri, N. Miyamoto, T. Nakato

    The 1st FIT-ME Symposium 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年05月16日   記述言語:英語  

  • Effects of Electrolytes on Hierarchical Organization of Inorganic Colloidal Liquid Crystals

    Jie Zhang, T. Kumamoto, K. Morisaka, Y. Nono, E. Mouri, T. Nakato

    The 1st FIT-ME Symposium 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年05月16日   記述言語:英語  

  • Controlling Factors on the Hierarchical Macroscopic Structure Organized by Inorganic Nanosheet Liquid Crystals

    E. Mouri, Y. Nono, T. Nakato

    日本化学会第96春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月24日 - 2016年03月27日   記述言語:英語  

  • Macroscopic Hierarchical Structures of Liquid Crystalline Inorganic Nanosheets

    T. Nakato, Y. Nono, E. Mouri

    Pacifichem 2015 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年12月   記述言語:英語  

  • Photochemical Reactions on Macroscopically Organized Multicomponent Systems Based on Inorganic Nanosheets

    T. Nakato, E. Mouri

    Pacifichem 2015 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年12月   記述言語:英語  

  • Multiphase Coexistence of Liquid Crystalline Phases in Binary Colloids Containing Inorganic Nanosheets

    E. Mouri, M. Nakashima, T. Nakato

    Pacifichem 2015 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年12月   記述言語:英語  

  • Formation of Vortex-shaped Orientation of Niobate Oxide Nanosheet Liquid Crystals by Irradiation of an Optical Vortex

    T. Sakurai, R. Nakanishi, M. Tominaga, Y. Suzuki, J. Kawamata, Y. Shimura, T. Iwai, Y. Nono, T. Nakato

    Pacifichem 2015 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年12月   記述言語:英語  

  • Flow-induced Hierarchically Macroscopic Stripe Structures Constructed with Niobate Nanosheet Colloid Liquid Crystals

    Jie Zhang, E. Mouri, T. Nakato

    日本化学会低次元系光機能材料研究会第4回サマーセミナー 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月27日 - 2015年09月28日   記述言語:英語  

  • 無機ナノシート液晶が形成する巨視的異方構造の制御

    毛利恵美子,南野佳宏,中戸晃之

    第59回粘土科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月03日 - 2015年09月04日   記述言語:日本語   開催地:山口大学吉田キャンパス,山口市  

  • シート状無機微粒子からなる一方向マクロ組織体の構造制御

    毛利恵美子,南野佳宏,中戸晃之

    第64回高分子討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月   記述言語:日本語   開催地:東北大学川内キャンパス,仙台市  

  • 半導体ナノシートと不活性添加物との融合による相乗的な光触媒的水素発生

    中戸晃之,藤田貴子,毛利恵美子

    第64回高分子討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月   記述言語:日本語   開催地:東北大学川内キャンパス,仙台市  

  • Macroscopic Hierarchical Structures Organized by Liquid Crystalline Inorganic Nanosheets under Electric Field

    T. Nakato, Y. Nono, E. Mouri

    29th European Colloid and Interface Science Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月   記述言語:英語   開催地:Bordeaux, France  

  • Hierarchical “Nano-to-Macro” Organization of Oxide Nanosheets Based on Their Colloidal Liquid Crystalline Behavior

    T. Nakato, Y. Nono, E. Mouri

    Euroclay 2015 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年07月   記述言語:英語   開催地:Edinburgh, U. K.  

  • Hierarchical Organization of Macroscopic Metaspaces from Liquid Crystalline Inorganic Nanosheets

    T. Nakato, Y. Nono, E. Mouri

    International Symposium on Zeolite and Microporous Crystals 2015 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年06月28日 - 2015年06月30日   記述言語:英語   開催地:Sapporo, Japan  

  • Effects of the Electric Conductivity on the Formation of the Hierarchical Structures in the Colloid Liquid Crystals of the Niobate Nanosheets under Electric Field

    Jie Zhang, K. Morisaka, Y. Nono, E. Mouri, T. Nakato

    第52回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年06月27日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場,北九州市  

  • 半導体ナノシート液晶の一方向組織体の形成

    毛利恵美子,南野佳宏,中戸晃之

    日本化学会第95春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月26日 - 2015年03月29日   記述言語:日本語  

  • 単分散なチタン酸ナノシートの化学合成法の探求

    北村裕二,毛利恵美子,中戸晃之

    山口大学と九州工業大学の光機能材料開発 および 西日本ナノシート研究会ワークショップ2014 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月12日 - 2014年12月13日   記述言語:日本語  

  • 粘土懸濁液のゲル化のアゾベンゼン光異性化による制御

    清水裕介,毛利恵美子,中戸晃之

    山口大学と九州工業大学の光機能材料開発 および 西日本ナノシート研究会ワークショップ2014 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月12日 - 2014年12月13日   記述言語:日本語  

  • 共焦点顕微鏡によるニオブ酸ナノシートコロイド集合状態の解明

    山口渉吾,毛利恵美子,中戸晃之

    山口大学と九州工業大学の光機能材料開発 および 西日本ナノシート研究会ワークショップ2014 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月12日 - 2014年12月13日   記述言語:日本語  

  • 無機ナノシート液晶の高次構造制御因子

    森坂圭佑,毛利恵美子,中戸晃之

    山口大学と九州工業大学の光機能材料開発 および 西日本ナノシート研究会ワークショップ2014 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月12日 - 2014年12月13日   記述言語:日本語  

  • チタン酸ナノシート-粘土ナノシート二成分コロイドの相分離の観察

    岡田拓磨,毛利恵美子,中戸晃之

    山口大学と九州工業大学の光機能材料開発 および 西日本ナノシート研究会ワークショップ2014 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月12日 - 2014年12月13日   記述言語:日本語  

  • 層状酸化物ナノシート液晶のマクロ組織化

    中戸晃之,南野佳宏,毛利恵美子

    第58回粘土科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月25日 - 2014年09月27日   記述言語:日本語  

  • 無機ナノシート液晶の高次構造形成における制御因子

    毛利恵美子,南野佳宏,中戸晃之

    第65回コロイドおよび界面化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月   記述言語:日本語  

  • 無機ナノシート液晶のマクロ組織化における制御因子

    中戸晃之,南野佳宏,毛利恵美子

    第63回高分子討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月   記述言語:日本語  

  • 高度に配向した無機シート状粒子の散乱挙動

    山口大輔,中戸晃之,宮元展義,小泉 智,八木直人,太田 昇,川勝年洋,橋本竹治

    第63回高分子討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月   記述言語:日本語  

  • Nano-to-Macro Hierarchical Organization of Nanosheet Liquid Crystals

    E. Mouri, Y. Nono, T. Nakato

    15th IUMRS-International Conference in Asia 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年08月   記述言語:英語  

  • Panoscopic Structures of Colloidal Liquid Crystals of Inorganic Nanosheets Prepared from a Crystalline Layered Oxide

    T. Nakato, Y. Nono, E. Mouri

    25th International Liquid Crystal Conference (ILCC 2014) 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年07月   記述言語:英語  

  • Polymer Chains Grafted from Latex Particles at Soft Interfaces

    snip

    Japan-Taiwan Joint Workshop on Nanospace Materials 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月   記述言語:英語  

  • Nano-to-Macro Organization of Inorganic Nanosheet Liquid Crystals

    snip

    Japan-Taiwan Joint Workshop on Nanospace Materials 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月   記述言語:英語  

  • 無機ナノシートと棒状粒子の混合による相分離型コロイド液晶の形成

    snip

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月   記述言語:日本語  

  • 半導体と粘土からなる2成分系ナノシート液晶中での光化学反応

    snip

    第32回固体・表面光化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年12月   記述言語:日本語  

  • Organization of Inorganic Multiscale Soft Structures from Colloid Liquid Crystals

    snip

    2nd Fusion Materials Special Meeting 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年10月   記述言語:英語  

  • 外場印加による酸化物ナノシート液晶の階層的マクロ組織化

    snip

    第64回コロイドおよび界面化学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月   記述言語:日本語  

  • 粘土-チタン酸2成分系ナノシートコロイドの相挙動

    snip

    第57回粘土科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月   記述言語:日本語  

  • 液晶性無機ナノシート分散体の階層的マクロ組織化

    snip

    第62回高分子討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月   記述言語:日本語  

  • ニオブ酸ナノシート-セルロースナノロッド混合分散体の液晶相挙動

    snip

    第2回西日本ナノシート研究会ワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年08月   記述言語:日本語  

  • 有機修飾した層状ニオブ酸塩を用いたPickeringエマルションの調製とその光触媒作用

    snip

    第62回高分子学会年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年05月   記述言語:日本語  

  • Emulsions Stabilized by Photocatalytically Active Intercalation Compounds

    snip

    17th International Symposium on Intercalation Compounds (ISIC 17) 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年05月   記述言語:英語  

  • Liquid Crystals of Layered Materials: Nanosheet Colloids of a Layered Niobate

    snip

    8th International Mesostructured Materials Symposium (IMMS 2013) 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年05月   記述言語:英語  

  • 有機修飾した層状ニオブ酸塩を用いる光触媒活性なPickeringエマルション

    snip

    日本化学会第93春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月   記述言語:日本語  

  • 半導体ナノシート液晶の外場による構造制御

    snip

    第2回ソフトマター研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月   記述言語:日本語  

  • Revisited Photoinduced Electron Transfer between Ruthenium Complex and Methylviologen in Suspensions of Smectite Clays

    snip

    2nd Asian Clay Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月   記述言語:英語  

  • 半導体ナノシート液晶の構造形成と光触媒反応

    snip

    第61回高分子討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月   記述言語:日本語  

  • Electric Alignment of Colloidal Liquid Crystals of Semiconducting Oxide Nanosheets and Their Application to Photocatalytic Systems

    snip

    24th International Liquid Crystal Conference (ILCC 2012) 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年08月   記述言語:英語  

  • Electrooptic Behavior of the Liquid Crystals of Colloidal Inorganic Nanosheets Prepared from a Layered Niobate

    snip

    ZMPC 2012 (International Symposium on Zeolites and Microporous Crystals) 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年07月   記述言語:英語  

  • Liquid Crystals of Inorganic Nanosheets Prepared from Layered Oxides: Electric Alignment and Phase Separation

    snip

    IACIS 2012 (International Association of Colloid and Interface Scientists, Conference), 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年04月   記述言語:英語  

  • 電場によるニオブ酸ナノシートの構造形成

    南野佳宏,中田宗隆,中戸晃之

    日本化学会第92春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月25日 - 2012年03月28日   記述言語:日本語  

  • 半導体と粘土のナノシートを混合した分散体が形成する相分離構造

    高橋篤史,宮元展義,山内悠輔,中戸晃之

    セラミックス基礎科学討論会第50回記念大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年01月13日   記述言語:日本語  

  • Electric Alignment of Nanosheet Liquid Crystals Prepared by Exfoliation of a Layered Niobate

    T. Nakato, Y. Nono

    1st Int. Symp. on Fusion Materials 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年10月16日   記述言語:英語  

  • 粘土—半導体相分離ナノシート分散体の構造形成

    高橋篤史,宮元展義,山内悠輔,中戸晃之

    第55回粘土科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月14日   記述言語:日本語  

  • 粘土懸濁液中の光誘起電子移動——粒子の集合状態による制御

    中戸晃之,渡辺頌子

    第55回粘土科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月14日   記述言語:日本語  

  • ニオブ酸ナノシート液晶の電場配向と光反応

    南野佳宏,中戸晃之

    第55回粘土科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月14日   記述言語:日本語  

  • Photoinduced Electron Transfer between EDTA, Ruthenium-Bipyridyl Complex, and Viologen Molecules in Clay Suspensions

    T. Nakato, S. Watanabe, Y. Nono

    Euroclay 2011 Conf. 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年06月30日   記述言語:英語  

  • Electric Alignment of Liquid Crystalline Colloidally Dispersed Nanosheets Prepared by Exfoliation of Layered Oxides

    Y. Nono, T. Nakato

    Euroclay 2011 Conf. 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年06月27日   記述言語:英語  

  • 粘土懸濁液中のEDTA-ルテニウム錯体-ビオロゲン間の光誘起電子移動

    渡辺頌子,中戸晃之

    日本化学会第91春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月11日   記述言語:日本語  

  • ニオブ酸ナノシート分散体の電場配向と光反応

    南野佳宏,中戸晃之

    日本化学会第91春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月11日   記述言語:日本語  

  • ニオブ酸—粘土ナノシート混合分散体の構造形成

    高橋篤史,宮元展義,山内悠輔,中戸晃之

    日本化学会第91春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月11日   記述言語:日本語  

  • 粘土—半導体ナノシート分散体中での光化学反応

    中戸晃之,山田佳美,井上沙衣,菅原 淳,南野佳宏

    第54回粘土科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月08日   記述言語:日本語  

  • 半導体酸化物ナノシート―ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)複合体の合成と性質

    佐藤 卓,宮元展義,中戸晃之

    第54回粘土科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月08日   記述言語:日本語  

  • Photochemical Reactions in Colloidal Mixtures of Exfoliated Clay and Semiconductor Nanosheets

    T. Nakato, Y. Yamada, M. Nakamura

    2010 SEA-CSSJ-CMS Trilateral Meeting on Clays (2010TMC) 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年06月10日   記述言語:英語  

  • 粘土懸濁液中でのEDTA-ルテニウム錯体-ビオロゲン間の光誘起電子移動

    渡辺頌子,中戸晃之

    日本化学会第90春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月28日   記述言語:日本語  

  • ニオブ酸化物(K4Nb6O17)ナノシートコロイドが示す液晶相挙動に関する研究

    山口大輔,宮元展義,藤田貴子,中戸晃之,小泉 智,太田 昇,八木直人,橋本竹治

    日本化学会第90春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月28日   記述言語:日本語  

  • Photoinduced Electron Accumulation in Semiconducting Nanosheets in Colloidal Dispersions Prepared by Exfoliation of a Layered Niobate

    T. Nakato, Y. Yamada

    Int. Symp. on Zeolites and Microporous Crystals (ZMPC 2009) 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年08月08日   記述言語:英語  

  • Highly Ordered Organosilicate Prepared by Interlayer Methoxylation of Layered H-octosilicate (H-RUB-18)

    S. Kiba, T. Itagaki, T. Nakato, K. Kuroda

    Int. Symp. on Zeolites and Microporous Crystals (ZMPC 2009) 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年08月08日   記述言語:英語  

  • 高分子反応法を用いた耐熱性ポリマーの合成における固体酸触媒の影響

    長澤慎之介,中戸晃之,豊田昭徳

    平成21年度繊維学会年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年05月27日   記述言語:日本語  

  • Photochemical Reactions in Colloidal Mixtures of Exfoliated Layered Niobate and Clay Nanosheets

    T. Nakato, Y. Yamada, T. Fujita

    15th Int. Symp. on Intercalation Compounds 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年05月11日   記述言語:英語  

  • 層状ニオブ酸塩剥離ナノシートへのAuおよびAgナノ粒子の光析出

    笠井俊宏,中戸晃之

    日本化学会第89春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月28日   記述言語:日本語  

  • 固体酸触媒を用いた高分子反応による耐熱性ポリマーの合成

    長澤慎之介,中戸晃之,豊田昭徳

    第17回ポリマー材料フォーラム 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年11月27日   記述言語:日本語  

  • ニオブ酸化物ナノシートコロイド懸濁液におけるシートの平均粒径と構造との関係

    山口大輔,宮元展義,中戸晃之,小泉 智,橋本竹治

    第57回高分子討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月24日   記述言語:日本語  

  • 有機修飾した層状酸化物を乳化剤に用いるエマルション形成

    上田裕晃,橋本祥歌,中戸晃之

    第53回粘土科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月03日   記述言語:日本語  

  • 粘土–半導体混合コロイド分散体中での半導体ナノシートへの光誘起電荷蓄積

    中戸晃之,山田佳美

    第52回粘土科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月03日   記述言語:日本語  

  • 層状六ニオブ酸塩ナノシート液晶の電場による配向制御

    中村耕一郎,島田康央,志度裕子,中戸晃之,飯村靖文

    日本化学会第88春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月29日   記述言語:日本語  

  • 有機修飾層状ニオブ酸塩による水中フェノール類の吸着・光分解

    芳賀潤一,木場祥介,中戸晃之

    日本化学会第88春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月29日   記述言語:日本語  

  • 粘土懸濁液中での可視光誘起電子移動

    上條泰弘,中戸晃之

    日本化学会第88春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月29日   記述言語:日本語  

  • 層状六ニオブ酸塩ナノシートコロイドによる水からの光触媒的水素発生

    藤田貴子,中戸晃之

    日本化学会第88春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月29日   記述言語:日本語  

  • 層状ニオブ酸塩剥離-再凝集体の光誘起電子移動

    枝窪仁美,中戸晃之

    第23回ゼオライト研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年11月07日   記述言語:日本語  

  • Lyotropic Liquid Crystals Prepared by Exfoliation of Ion-Exchangeable Layered Hexaniobate

    T. Nakato, N. Miyamoto, S. Hashimoto

    4th Int. Conf. on Ion Exchange 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年10月16日   記述言語:英語  

  • 粘土-半導体混合コロイド分散系による安定な光誘起電荷分離

    中戸晃之,山田佳美

    第51回粘土科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月12日   記述言語:日本語  

  • Stable Photoinduced Charge Separation in a Colloidal Mixture of Exfoliated Niobate and Clay Nanosheets

    T. Nakato, Y. Yamada, N. Miyamoto

    14th Int. Symp. on Intercalation Compounds 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年06月14日   記述言語:英語  

  • 2次元の形状を有する粒子系の構造観察

    山口大輔,宮元展義,小泉 智,中戸晃之,眞山博幸,辻井 薫

    第56回高分子学会年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年05月30日   記述言語:日本語  

▼全件表示

講演

  • コロイドプロセスによる無機ナノシートのソフト集積と機能発現

    日本セラミックス協会第54回基礎科学部会セミナー  2021年07月 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年07月13日   発表言語:日本語   講演種別:招待講演  

  • Colloidal Liquid Crystals of Inorganic Nanosheets: Generation and Manipulation

    Kyutech-KKU International Symposium  2019年12月 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年12月18日   発表言語:英語   講演種別:基調講演  

  • Optical Microscope Observation of Inorganic Nanosheets in Colloidal State

    2019 International Conference on Nanospace Materials  2019年10月 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年10月03日   発表言語:英語   講演種別:招待講演  

  • 無機ナノシート液晶の科学:合成、構造、マニピュレーション

    電気化学会トークシャワー・イン・九州2019  2019年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月01日   発表言語:英語   講演種別:招待講演  

  • Hierarchical Organization of Inorganic Nanosheet Liquid Crystals: Internal Assembly and External Forces

    The 3rd Taiwan-Japan Workshop on Nanospace Materials  2018年10月 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年10月27日   発表言語:英語   講演種別:招待講演  

  • 無機ナノシート液晶における外場による粒子操作

    日本レオロジー学会第13回希薄溶液の流動学講演会  2018年10月 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年10月16日   発表言語:英語   講演種別:招待講演  

  • Manipulation and Assembly of Colloidal Liquid Crystalline Oxide Nanosheets with External Forces

    5th International Conference on Nanomechanics and Nanocomposites  2018年08月 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年08月24日   発表言語:英語   講演種別:招待講演  

  • 無機ナノシート液晶からの外場による階層構造構築

    日本液晶学会化学・材料/物理・物性/ソフトマターフォーラム合同講演会  2018年08月 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年08月06日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演  

  • Electric and Optical Manipulation of Liquid Crystalline Colloidal Oxide Nanosheets

    3rd International Conference on Applied Mineralogy & Advanced Materials  2018年07月 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年07月25日   発表言語:英語   講演種別:基調講演  

  • Organization of Diverse Macroscopic Structures in Liquid Crystalline Colloids of Exfoliated Oxide Nanosheets

    2017 Int. Conf. on Nanospace Materials  2017年08月 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年08月26日   発表言語:英語   講演種別:特別講演  

  • Hierarchical Organization of Liquid Crystalline Oxide Nanosheets

    France-Japan Workshop 2017 on Functional Nanomaterials and Soft Materials  2017年07月 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月24日   発表言語:英語   講演種別:特別講演  

  • 無機ナノシートの基礎~その多様な側面~

    日本化学会第97春季年会  2017年03月 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月16日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演  

  • S1 粘土コロイドの液晶性と外場による制御

    第60回粘土科学討論会  2016年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月15日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演  

    CiNii Article

  • 無機ナノシートのコロイド液晶化

    第2回Clayteamアカデミックシンポジウム  2016年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月13日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演  

  • 無機ナノシートによるコロイド液晶の形成と利用

    ナノ学会第14回大会  2016年06月 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年06月14日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演  

  • Hierarchical Structures of Liquid Crystalline Colloidal Inorganic Nanosheet

    The 1st FIT-ME Symposium  2016年05月 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年05月16日   発表言語:英語   講演種別:特別講演  

  • Inorganic Nanosheet Liquid Crystals: Toward Hierarchical Macroscopic Soft Structures

    Pure and Applied Chemistry International Conference 2016  2016年02月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:Bangkok, Thailand  

  • Nanosheet Liquid Crystals: Hierarchically Structured Inorganic Soft Matter

    KYUTECH–VISTEC Joint Workshop on “Nanosheets and Related Materials”  2016年01月 

     詳細を見る

    講演種別:特別講演  

  • 酸化物ナノシートを利用したソフト階層構造の組織化と機能

    石油学会第32回九州・沖縄支部講演会  2015年10月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:北九州学術研究都市産学連携センター  

  • Phase Behavior of the Colloidal Liquid Crystals of Binary Inorganic Nanosheets

    2015 International Conference on Nanospace Materials  2015年06月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:Taipei, R. O. C.  

  • 低次元無機粒子のマクロな凝集状態は光化学反応を制御するか

    日本化学会第95春季年会  2015年03月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • 無機結晶からつくる液晶 —— ナノシート液晶の世界 ——

    早稲田大学大学院先進理工学研究科 2014年度 応用化学専攻 褒賞、奨学金授与式記念講演会  2015年03月 

     詳細を見る

    講演種別:特別講演  

  • 半導体ナノシート液晶による光化学反応

    山口大学と九州工業大学の光機能材料開発  2014年12月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • ナノシート液晶── 無機結晶から得られるコロイド液晶 ──

    信州コロイド&界面科学研究会第11回セミナー  2014年11月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • ソフト界面における高分子グラフト微粒子の構造と物性

    第63回高分子討論会  2014年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月   発表言語:日本語   講演種別:特別講演  

  • Colloidal Liquid Crystals of Inorganic Nanosheets: Hierarchical Structures Toward Macroscopic Scales

    15th IUMRS-International Conference in Asia (IUMRS-ICA 2014)  2014年08月 

     詳細を見る

    講演種別:特別講演  

  • Nanosheet Liquid Crystals: Hierarchical Soft Structures Constructed by Inorganic Nanocrystals

    Japan-Taiwan Joint Workshop on Nanospace Materials  2014年03月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • Inorganic Colloid Liquid Crystals: Crossroads of Soft and Hard Matter

    Pure and Applied Chemistry International Conference 2014  2014年01月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • 無機結晶から液晶をつくる —— ナノシート液晶の世界

    九州工業大学工学部応用化学科21世紀シンポジウム  2013年11月 

     詳細を見る

    講演種別:特別講演  

  • ニオブ酸ナノシート液晶のマクロな高次構造の形成

    第2回西日本ナノシート研究会ワークショップ  2013年08月 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年08月   発表言語:日本語   講演種別:特別講演  

  • 無機ナノシート液晶による動的低次元系の構築と機能

    日本化学会低次元系光機能材料研究会第1回研究講演会  2012年11月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • ソフトマターとしての無機ナノシート

    日本化学会低次元系光機能材料研究会第1回サマーセミナー  2012年07月 

     詳細を見る

    講演種別:基調講演  

  • Liquid Crystals of Inorganic Nanosheets: Generation, Structure, and Properties

    NanoThailand 2012  2012年04月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • Liquid Crystals of Inorganic Nanosheets: Generation, Structure, and Properties

    NanoThailand 2012  2012年04月 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年04月   発表言語:英語   講演種別:特別講演  

  • 無機ナノシートが形成する異方的柔構造と光機能

    日本化学会第92春季年会  2012年03月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • 半導体ナノシート液晶のスマート光化学系への展開

    島根大学S-グリーン・ライフナノ材料プロジェクト研究講演会  2011年12月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • 無機ナノシート液晶の創製と展開

    液晶学会2011年度化学・材料フォーラム講演会  2011年11月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • 無機層状化合物溶液の液晶物性

    第42回中部化学関係学協会支部連合秋季大会  2011年11月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • 無機ナノシートによる光機能性スマートコロイド

    日本化学会第91春季年会  2011年03月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • Colloidal System of Semiconducting Oxide Nanosheets: Liquid Crystalline Behavior and Phtochemical Applications

    3rd Int. Congr. on Ceramics (ICC3)  2010年11月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • Colloidal System of Semiconducting Oxide Nanosheets: Liquid Crystalline Behavior and Phtochemical Applications

    3rd Int. Congr. on Ceramics (ICC3)  2010年11月 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年11月07日   発表言語:英語   講演種別:特別講演  

  • 層状半導体ナノシート分散体の光触媒反応に対する粘土ナノシートの共存効果

    日本化学会新領域研究グループ「低次元無機–有機系の光化学」第3回研究講演会  2010年07月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • 光機能分子のソフトマトリクスとしての層状結晶

    日本化学会第90春季年会  2010年03月 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月29日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演  

  • 無機ナノシート分散体を利用した柔構造界面の構築と機能発現

    表面技術協会第120回講演大会  2009年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月17日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演  

  • 無機ナノシート分散体の柔構造デザインと機能性

    日本化学会第3回関東支部大会  2009年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月04日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演  

  • Mesoscale Structures of Colloidally Dispersed Inorganic Nanosheets Prepared by Exfoliation of Layered Crystals

    IUMRS Int. Conf. in Asia 2008 (IUMRS-ICA 2008)  2008年12月 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年12月12日   発表言語:英語   講演種別:特別講演  

  • 無機超薄層による柔構造空間の形成と光化学への展開

    日本化学会第89春季年会  2008年03月 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月29日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演  

  • 無機ナノシート分散体を利用した柔構造場の創製と機能発現

    日本化学会新領域研究グループ「低次元無機–有機系の光化学」第1回研究講演会  2007年10月 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年10月27日   発表言語:英語   講演種別:特別講演  

▼全件表示

学術関係受賞

  • 日本粘土学会学会賞

    日本粘土学会   2019年09月10日

    中戸晃之

     詳細を見る

    受賞国:日本国

科研費獲得実績

  • 無機ナノシート液晶の光操作による動的階層構造の自在制御と機能

    研究課題番号:15H03878  2015年04月 - 2018年03月   基盤研究(B)

  • 無機ナノシート液晶を用いる新奇な偏光発光材料の開発

    研究課題番号:26620195  2014年04月 - 2016年03月   挑戦的萌芽研究

  • 酸化物ナノシート液晶による無機擬似生体膜の創製

    研究課題番号:24655198  2012年04月 - 2014年03月   挑戦的萌芽研究

  • 半導体ナノシート液晶を基盤とする動的融合系の構築と光エネルギー変換

    研究課題番号:23107511  2011年04月 - 2013年03月   新学術領域研究

  • 層状半導体の剝離ナノシート分散体による光エネルギー変換系の構築

    研究課題番号:20550171  2008年04月 - 2011年03月   基盤研究(C)

  • 無機ナノシーと液晶の配向制御と光反応場への応用

    研究課題番号:18655084  2006年04月 - 2008年03月   萌芽研究・萌芽的研究

  • ニオブ酸塩ナノシートの分散系が作るソフトな場を利用する光機能性ハイブリッドの創製

    研究課題番号:16350107  2004年04月 - 2007年03月   基盤研究(B)

  • 層状ニオブ・チタン酸塩の層間交互固定化と剝離による層状ナノ複合体の組織化と光機能

    研究課題番号:14750661  2002年04月 - 2004年03月   若手研究(B)

▼全件表示

担当授業科目(学内)

  • 2022年度   集合体化学特論

  • 2022年度   無機化学概論

  • 2022年度   機能性材料化学

  • 2022年度   応用化学基礎実験

  • 2022年度   無機化学Ⅰ

  • 2021年度   集合体化学特論

  • 2021年度   無機化学概論

  • 2021年度   機能性材料化学

  • 2021年度   応用化学基礎実験

  • 2021年度   無機化学Ⅰ

  • 2020年度   無機化学概論

  • 2020年度   応用化学特論Ⅲ

  • 2020年度   応用化学特論Ⅱ

  • 2020年度   応用化学特論Ⅰ

  • 2020年度   科学英語Ⅱ

  • 2020年度   機能性材料化学

  • 2020年度   応用化学基礎実験

  • 2020年度   無機化学Ⅰ

  • 2019年度   無機化学Ⅰ

  • 2019年度   応用化学基礎実験

  • 2019年度   応用化学自由研究

  • 2019年度   科学英語Ⅱ

  • 2019年度   機能性材料化学

  • 2019年度   集合体化学特論

  • 2019年度   無機化学概論

  • 2019年度   応用化学特論Ⅲ

  • 2019年度   応用化学特論Ⅱ

  • 2019年度   応用化学特論Ⅰ

  • 2018年度   見学実習

  • 2018年度   機能性材料化学

  • 2018年度   無機化学Ⅰ

  • 2018年度   無機化学概論

  • 2017年度   集合体化学特論

  • 2017年度   機能性材料化学

  • 2017年度   無機化学Ⅰ

  • 2017年度   化学Ⅱ

  • 2016年度   無機化学概論

  • 2016年度   機能性材料化学

  • 2016年度   無機化学Ⅰ

  • 2016年度   化学Ⅱ

  • 2016年度   工学と環境

  • 2015年度   工学と環境

  • 2015年度   工学と環境

  • 2015年度   化学Ⅱ

  • 2015年度   無機化学Ⅰ

  • 2015年度   機能性材料化学

  • 2015年度   集合体化学特論

  • 2014年度   無機化学Ⅰ

  • 2014年度   機能性材料化学

  • 2014年度   集合体化学特論

  • 2014年度   化学Ⅱ

  • 2013年度   無機化学Ⅰ

  • 2013年度   化学Ⅱ

  • 2013年度   集合体化学特論

  • 2013年度   無機化学概論

  • 2013年度   応用化学特論Ⅲ

  • 2013年度   応用化学特論Ⅱ

  • 2013年度   応用化学特論Ⅰ

  • 2013年度   無機化学Ⅰ(教職科目)

  • 2013年度   見学実習

  • 2013年度   科学英語Ⅱ

  • 2013年度   機能性材料化学

  • 2012年度   機能性材料化学

  • 2012年度   無機化学Ⅰ

  • 2012年度   化学Ⅱ

  • 2012年度   集合体化学特論

  • 2011年度   応用化学実験C

  • 2011年度   応用化学実験A

  • 2011年度   機能性材料化学

  • 2011年度   化学Ⅱ

▼全件表示