2023/09/08 更新

ヤスギ マサヒロ
八杉 昌宏
YASUGI Masahiro
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 4

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院情報工学研究院 情報・通信工学研究系
職名
教授
外部リンク

研究キーワード

  • 並列処理

  • プログラミング言語

研究分野

  • 情報通信 / ソフトウェア

出身学校

  • 1989年03月   東京大学   工学部   電子工学科   卒業   日本国

出身大学院

  • 1994年03月   東京大学   理学系研究科   情報科学専攻   博士課程・博士後期課程   修了   日本国

  • 1991年03月   東京大学   工学系研究科   電気工学専攻   修士課程・博士前期課程   修了   日本国

取得学位

  • 東京大学  -  博士(理学)   1994年03月

  • 東京大学  -  工学修士   1991年03月

学内職務経歴

  • 2019年04月 - 現在   九州工業大学   大学院情報工学研究院   情報・通信工学研究系     教授

  • 2012年03月 - 2019年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院   知能情報工学研究系     教授

学外略歴

  • 2007年04月 - 2012年02月   京都大学   大学院情報学研究科通信情報システム専攻   准教授   日本国

  • 2003年02月 - 2007年03月   京都大学   大学院情報学研究科通信情報システム専攻   助教授   日本国

  • 1998年04月 - 2003年01月   京都大学   大学院情報学研究科通信情報システム専攻   講師   日本国

  • 1995年04月 - 1998年04月   神戸大学   工学部情報知能工学科   助手   日本国

  • 1993年04月 - 1995年03月   日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員   日本国

所属学会・委員会

  • 1991年09月 - 現在   日本ソフトウェア科学会   日本国

  • 1991年11月 - 現在   ACM (Association for Computing Machinery)   アメリカ合衆国

  • 1995年08月 - 現在   情報処理学会   日本国

  • 2008年10月 - 現在   自動チューニング研究会   日本国

論文

  • HOPE: A Parallel Execution Model Based on Hierarchical Omission 査読有り 国際誌

    Masahiro Yasugi, Daisuke Muraoka, Tasuku Hiraishi, Seiji Umatani, Kento Emoto

    Proceedings of the 48th International Conference on Parallel Processing (ICPP 2019)   77:1 - 77:11   2019年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Kyoto   2019年08月05日  -  2019年08月08日

    © 2019 ACM. This paper presents a new approach to fault-tolerant language systems without a single point of failure for irregular parallel applications. Work-stealing frameworks provide good load balancing for many parallel applications, including irregular ones written in a divide-and-conquer style. However, work-stealing frameworks with fault-tolerant features such as checkpointing do not always work well. This paper proposes a completely opposite "work omission" paradigm and its more detailed concept as a "hierarchical omission"-based parallel execution model called HOPE. HOPE programmers' task is to specify which regions in imperative code can be executed in sequential but arbitrary order and how their partial results can be accessed. HOPE workers spawn no tasks/threads at all; rather, every worker has the entire work of the program with its own planned execution order, and then the workers and the underlying message mediation systems automatically exchange partial results to omit hierarchical subcomputations. Even with fault tolerance, the HOPE framework provides parallel speedups for many parallel applications, including irregular ones.

    DOI: 10.1145/3337821.3337899

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85071139641&origin=inward

  • Evaluating and Analyzing Irregular Tree Search in the Tascell and HOPE Parallel Programming Languages 査読有り 国際誌

    Yusuke Shiki, Masahiro Yasugi, Tasuku Hiraishi

    Post-proceedings of the 23rd International Conference on Parallel and Distributed Computing, Applications and Technologies (PDCAT 2022)   262 - 272   2023年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Sendai   2022年12月07日  -  2022年12月09日

    DOI: 10.1007/978-3-031-29927-8_21

  • Construction of Hierarchical Matrix on Distributed Memory Systems using a Task Parallel Language 査読有り

    Zhengyang Bai, Tasuku Hiraishi, Akihiro Ida, Masahiro Yasugi, Keiichiro Fukazawa

    Proceedings of the 10th International Symposium on Computing and Networking Workshops (CANDARW 2022) (10th International Workshop on Computer Systems and Architectures CSA 2022, held in conjunction with CANDAR 2022)   48 - 54   2023年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Himeji   2022年11月21日  -  2022年11月24日

    DOI: 10.1109/CANDARW57323.2022.00058

  • Parallelization of Matrix Partitioning in Hierarchical Matrix Construction on Distributed Memory Systems 査読有り

    Zhengyang Bai, Tasuku Hiraishi, Akihiro Ida, Masahiro Yasugi

    Journal of Information Processing ( 一般社団法人 情報処理学会 )   30 ( 0 )   742 - 754   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>A hierarchical matrix (<i>H</i>-matrix) is an approximated form that represents <i>N</i> × <i>N</i> correlations of <i>N</i> objects. <i>H</i>-matrix construction is achieved by dividing a matrix into submatrices (partitioning), followed by calculating these submatrices' element values (filling). Matrix partitioning consists of two steps: cluster tree (CT) construction, where objects are divided into clusters hierarchically; and block cluster tree (BCT) construction, which involves observing all cluster pairs at the same CT level that satisfies the admissibility condition. This study proposes two parallel implementation methods of partitioning operations on distributed memory systems (DMSs): distributed cluster tree construction (DCTC) and redundant cluster tree construction (RCTC). In DCTC, both CT and BCT constructions are parallelized using workers in all computing nodes. In RCTC, CT is constructed in every computing node redundantly by employing only intra-node work stealing. The BCT is then constructed in parallel using workers in all computing nodes. RCTC cannot achieve speedup using multiple computing nodes, but can eliminate the data exchange cost incurred by DCTC. We used the task-parallel language Tascell, which employs both intra- and inter-node work stealing, to handle arbitrary unbalanced tree construction and traversal on DMSs. Our RCTC implementations achieved a 1.11-1.20-fold speedup using up to 8 nodes × 36 workers in numerical experiments with 3D electric field analyses and <i>N</i> ≃ 10<sup>8</sup>.</p>

    DOI: 10.2197/ipsjjip.30.742

    Scopus

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85139909867&origin=inward

  • Work-stealing Strategies That Consider Work Amount and Hierarchy 査読有り

    Ryusuke Nakashima, Masahiro Yasugi, Hiroshi Yoritaka, Tasuku Hiraishi, Seiji Umatani

    Journal of Information Processing ( 一般社団法人 情報処理学会 )   29   478 - 489   2021年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>This paper proposes work-stealing strategies for an idle worker (thief) to select a victim worker. These strategies avoid small tasks being stolen to reduce the total task-division cost. We implemented these strategies on a work-stealing framework called Tascell. First, we propose new types of priority- and weight-based steal strategies. Programmers can let each worker estimate and declare, as a real number, the amount of remaining work required to complete its current task so that declared values are used as "priorities" or "weights". With a priority-based strategy, a thief selects the victim that has the highest known priority at that time. With a weight-based non-uniformly random strategy, a thief uses the relative weights of victim candidates as their selection probabilities. Second, we propose work-stealing strategies to alleviate excessive intra-node work stealing and excessive "steal backs" (or leapfroggings); for example, we allow workers to steal tasks from external nodes with some frequency even if work remains inside the current node. Our evaluation uses a parallel implementation of the "highly serial" version of the Barnes-Hut force-calculation algorithm in a shared memory environment and five benchmark programs in a distributed memory environment.</p>

    DOI: 10.2197/ipsjjip.29.478

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130008065250

  • Parallelization of Matrix Partitioning in Construction of Hierarchical Matrices using Task Parallel Languages 査読有り

    Zhengyang Bai, Tasuku Hiraishi, Hiroshi Nakashima, Akihiro Ida, Masahiro Yasugi

    Journal of Information Processing ( 一般社団法人 情報処理学会 )   27   840 - 851   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 Information Proessing Soiety of Japan. A hierarchical matrix (H-matrix) is an approximated form that represents N × N correlations of N objects. H-matrix construction is achieved by partitioning a matrix into submatrices, followed by calculating the element values of these submatrices. This paper proposes implementations of matrix partitioning using task parallel languages, Cilk Plus and Tascell. Matrix partitioning is divided into two steps: cluster tree construction by dividing objects into clusters hierarchically, and block cluster tree construction by observing all cluster pairs at the same level of the cluster tree that satisfy an admissibility condition. As the two types of trees constructed and traversed in these steps are un-predictably unbalanced, it is expected that we can efficiently parallelize both these steps using task parallel languages. To obtain sufficient parallelism in the cluster tree construction, we not only execute recursive calls in parallel but also parallelize the inside of each recursive step. For the block cluster tree construction, we assigned each worker its own space so that the workers can store the cluster pairs without using locks. As a result, compared to a sequential implementation in C, we achieved up to an 11.5-fold speedup using Cilk Plus and a 12.6-fold speedup by Tascell for the cluster tree construction. For the block cluster tree construction, up to a 37.7-fold speedup by Cilk Plus and a 38.8-fold speedup using Tascell are achieved. In regard to the entire process of matrix partitioning, we achieved up to a 12.2-fold speedup by Cilk Plus and a 14.5-fold speedup using Tascell. All experiments were executed on two 18-core Xeon processors with real datasets to generate coefficient matrices used in the surface charge method.

    DOI: 10.2197/ipsjjip.27.840

    Scopus

    CiNii Article

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85078518192&origin=inward

  • Extending a Work-Stealing Framework with Priorities and Weights 査読有り 国際誌

    Ryusuke Nakashima, Hiroshi Yoritaka, Masahiro Yasugi, Tasuku Hiraishi, Seiji Umatani

    Proceedings of the 9th Workshop on Irregular Applications: Architectures and Algorithms (IA3 2019) (held in conjunction with SC 2019)   9 - 16   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Denver   2019年11月18日  -  2019年11月18日

    © 2019 IEEE. This paper proposes priority-based and weight-based steal strategies for an idle worker (thief) to select a victim worker in work-stealing frameworks. Typical work-stealing frameworks employ uniformly random victim selection. We implemented the proposed strategies on a work-stealing framework called Tascell; Tascell programmers can let each worker estimate and declare the remaining work amount of its current task as a real number so that the enhanced Tascell framework can use declared values as priorities or weights. To reduce the total task division cost, the proposed strategies avoid stealing small tasks. With a priority-based strategy, a thief selects the victim that has the highest known priority at that time. With a weight-based non-uniformly random strategy, a thief uses the relative weights of victim candidates as their selection probabilities. The proposed selection strategies achieved superior performance compared to uniformly random selection. Our evaluation uses a parallel implementation of the ''highly serial'' version of the Barnes-Hut force calculation algorithm in a shared memory environment and five benchmark programs in a distributed memory environment.

    DOI: 10.1109/IA349570.2019.00008

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85078191747&origin=inward

  • Evaluating Portable Mechanisms for Legitimate Execution Stack Access with a Scheme Interpreter in an Extended SC Language 査読有り

    Masahiro Yasugi, Reichi Ikeuchi, Tasuku Hiraishi, Tsuneyasu Komiya

    Journal of Information Processing   27   177 - 189   2019年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 Information Processing Society of Japan. Scheme implementations should be properly tail-recursive and support garbage collection. To reduce the development costs, a Scheme interpreter called JAKLD, which is written in Java, was designed to use execution stacks simply. JAKLD with interchangeable garbage collectors was reimplemented in C. In addition, we have proposed an efficient C-based implementation written in an extended C language called XC-cube, which features language mechanisms for implementing high-level programming languages such as “L-closures” for legitimate execution stack access, with which a running program/process can legitimately access data deeply in execution stacks (C stacks). L-closures are lightweight lexical closures created from nested function definitions. In addition to enhanced C compilers, we have portable implementations of L-closures, which are translators from an extended S-expression based C language into the standard C language. Furthermore, we have another mechanism for legitimate execution stack access, called “closures”. Closures are standard lexical closures created from nested function definitions. Closures can also be implemented using translators. In this study, JAKLD was reimplemented in an extended SC language (S-expression based C language) that features nested functions to evaluate (L-)closures and their implementations, including translators.

    DOI: 10.2197/ipsjjip.27.177

    Kyutacar

    Scopus

    CiNii Article

    その他リンク: http://www.jstage.jst.go.jp/browse/ipsjjip/

  • Probabilistic guards: A mechanism for increasing the granularity of work-stealing programs 査読有り

    Hiroshi Yoritaka, Ken Matsui, Masahiro Yasugi, Tasuku Hiraishi, Seiji Umatani

    Parallel Computing   82   19 - 36   (Available online 22 June 2018)   2019年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2018 Elsevier B.V. We propose probabilistic guards and analyze their performance. To reduce the total task division cost, probabilistic guards can prevent thief workers from stealing small tasks from victim workers probabilistically. In this study, we have implemented probabilistic guards on a work-stealing framework called Tascell. Without an upper limit to the number of repeated probabilistically prevented steal attempts, a thief may repeat an unbounded number of probabilistically prevented steal attempts until success if a victim uses a probabilistic guard that rejects steal attempts with a non-zero probability. We measured the actual numbers of repeated attempts until success, and evaluated the performance of probabilistic guards with various upper limits. In this paper, we also propose virtual probabilistic guards that act as probabilistic guards without repeating probabilistically prevented steal attempts. Virtual probabilistic guards exhibit superior performance compared to probabilistic guards. Our evaluation is based on parallelized “highly serial” force calculation in a shared memory environment and five Tascell programs in a distributed memory environment.

    DOI: 10.1016/j.parco.2018.06.003

    Scopus

    その他リンク: https://www.sciencedirect.com/journal/parallel-computing

  • Parallelization of Extracting Connected Subgraphs with Common Itemsets in Distributed Memory Environments 査読有り

    Shingo Okuno, Tasuku Hiraishi, Hiroshi Nakashima, Masahiro Yasugi, Jun Sese

    Journal of Information Processing   25 ( 0 )   256 - 267   2017年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017 Information Processing Society of Japan. This paper proposes a parallel implementation of graph mining that extracts all connected subgraphs with common itemsets, of which the size is not less than a given threshold, from a graph and from itemsets associated with vertices of the graph, in distributed memory environments using the task-parallel language Tascell. With regard to this problem, we have already proposed parallelization of a backtrack search algorithm named COPINE and its implementation in shared memory environments. In this implementation, all workers share a single table, which is controlled by locks, that contains the knowledge acquired during the search to obviate the need for unnecessary searching. This sharing method is not practical in distributed memory environments because it would lead to a drastic increase in the cost of internode communications. Therefore, we implemented a sharing method in which each computing node has a table and sends its updates to the other nodes at regular time intervals. In addition to this, the high task creation cost for COPINE is problematic and thus the conventional work-stealing strategy in Tascell, which aims to minimize the number of internode work-steals, significantly degrades the performance since it increases the number of intran-ode work-steals for small tasks. We solved this problem by promoting workers to enable them to request tasks from external nodes. We also employed a work-stealing strategy based on estimation of the sizes of tasks created by victim workers. This approach enabled us to achieve good speedup performance with up to 8 nodes × 16 workers.

    DOI: 10.2197/ipsjjip.25.256

    Scopus

    CiNii Article

    その他リンク: http://www.jstage.jst.go.jp/browse/ipsjjip/

  • Extending a Work-Stealing Framework with Probabilistic Guards 査読有り

    Hiroshi Yoritaka, Ken Matsui, Masahiro Yasugi, Tasuku Hiraishi, Seiji Umatani

    Proceedings of the 45th International Conference on Parallel Processing Workshops (ICPPW 2016) (Ninth International Workshop on Parallel Programming Models and Systems Software for High-End Computing P2S2 2016, held in conjunction with ICPP 2016)   171 - 180   2016年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Philadelphia   2016年08月16日  -  2016年08月16日

    © 2016 IEEE. We propose probabilistic guards and analyze their performance. To reduce the total task division cost, probabilistic guards can prevent thief workers from stealing small tasks from victim workers probabilistically. In this study, we have implemented probabilistic guards on a work-stealing framework called Tascell and have confirmed that they perform well. In theory, a thief may repeat an unbounded number of probabilistically prevented steal attempts until success if a victim uses a probabilistic guard that rejects steal attempts with a non-zero probability. Therefore, in this paper, we also propose a mechanism that invalidates probabilistic guards on demand by setting an upper limit to the number of repeated probabilistically prevented steal attempts. We evaluate its potential effects on probabilistic guards by measuring the actual numbers of repeated attempts until success. We also evaluate the performance of probabilistic guards with various upper limits. Finally, we propose and evaluate virtual probabilistic guards that act as probabilistic guards without repeating probabilistically prevented steal attempts and they exhibit superior performance.

    DOI: 10.1109/ICPPW.2016.37

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84991000191&origin=inward

  • Evaluation of an MPI-Based Implementation of the Tascell Task-Parallel Language on Massively Parallel Systems 査読有り

    Daisuke Muraoka, Masahiro Yasugi, Tasuku Hiraishi, Seiji Umatani

    Proceedings of the 45th International Conference on Parallel Processing Workshops (ICPPW 2016) (Ninth International Workshop on Parallel Programming Models and Systems Software for High-End Computing P2S2 2016, held in conjunction with ICPP 2016)   161 - 170   2016年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Philadelphia   2016年08月16日  -  2016年08月16日

    © 2016 IEEE. Tascell is a task parallel language that supports distributed memory environments. The conventional implementation of Tascell realizes inter-node communication with TCP/IP communication via Tascell servers. This implementation is suitable for dynamic addition of computation nodes and wide-area distributed environments. On the other hand, in supercomputer environments, TCP/IP may not be available for inter-node communication and there may be no appropriate places for deploying Tascell servers. In this study, we have developed a server-less implementation of Tascell that realizes inter-node communication with MPI communication in order to evaluate its performance on massively parallel systems. It performs well on four Xeon Phi coprocessors (with 456 workers) and the K computer, for instance, our 19-queens solver achieves a 4615-fold speedup relative to a serial implementation with 7168 workers on the K computer. Our server-less implementation realizes deadlock freedom, although it only requires the two-sided communication paradigm and the MPI-THREAD-FUNNELED support level. On Xeon Phi coprocessors, we compare our implementation with other implementations that employ TCP/IP or the MPI-THREAD-MULTIPLE support level.

    DOI: 10.1109/ICPPW.2016.36

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84991010630&origin=inward

  • Reducing Redundant Search in Parallel Graph Mining using Exceptions 査読有り

    Shingo Okuno, Tasuku Hiraishi, Hiroshi Nakashima, Masahiro Yasugi, Jun Sese

    Proceedings of the 2016 IEEE International Parallel and Distributed Processing Symposium Workshops (IPDPSW 2016) (21st International Workshop on High-Level Parallel Programming Models and Supportive Environments HIPS 2016, held in conjunction with IPDPS 2016)   328 - 337   2016年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Chicago   2016年05月23日  -  2016年05月23日

    © 2016 IEEE. This paper proposes an implementation of a parallel graph mining algorithm using a task-parallel language having exception handling features. The performance of a straightforward task-parallel implementation is poor for many practical backtrack search algorithms due to pruning employed in them, a worker may prune a useless subtree, which is pruned before traversal in the sequential search algorithms for search space reduction, after another worker starts the traversal of it resulting in a large amount of redundant search. Such redundancy will be significantly reduced by letting a worker know that the subtree which it is traversing is pruned so that it aborts the traversal. This abortion can be implemented elegantly and efficiently using the task-parallel language that has a mechanism for exception handling by which all running parallel tasks in a try block with an exception are automatically aborted. We applied this abort mechanism to the graph mining algorithm called COPINE, which is practically used for drug discovery, using the task-parallel language Tascell. As a result, we reduced the search space by 31.9% and the execution time by 27.4% in a 28-worker execution.

    DOI: 10.1109/IPDPSW.2016.136

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84991687921&origin=inward

  • An Implementation of Exception Handling with Collateral Task Abortion 査読有り

    Tasuku Hiraishi, Shingo Okuno, Masahiro Yasugi

    Journal of Information Processing   24 ( 2 )   2016年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.2197/ipsjjip.24.439

    Scopus

    CiNii Article

    その他リンク: http://www.jstage.jst.go.jp/browse/ipsjjip/

  • Design and Implementation of a Java Bytecode Manipulation Library for Clojure 査読有り

    Seiji Umatani, Tomoharu Ugawa, Masahiro Yasugi

    Journal of Information Processing   23 ( 5 )   716 - 729   2015年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.2197/ipsjjip.23.716

    Scopus

    CiNii Article

    その他リンク: http://www.jstage.jst.go.jp/browse/ipsjjip/

  • Parallelization of Extracting Connected Subgraphs with Common Itemsets 査読有り

    Shingo Okuno, Tasuku Hiraishi, Hiroshi Nakashima, Masahiro Yasugi, Jun Sese

    IPSJ Transactions on Programming   7 ( 3 )   22 - 39   2014年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.2197/ipsjtrans.7.93

    Scopus

    CiNii Article

  • L-Closureの呼び出しコストの削減 査読有り

    田附正充, 八杉 昌宏, 平石 拓, 馬谷 誠二

    情報処理学会論文誌 プログラミング   6 ( 2 )   13 - 32   2013年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A Proper Performance Evaluation System That Summarizes Code Placement Effects 査読有り

    Masahiro Yasugi, Yuki Matsuda, Tomoharu Ugawa

    Proceedings of the 11th ACM SIGPLAN-SIGSOFT Workshop on Program Analysis for Software Tools and Engineering (PASTE '13)   41 - 48   2013年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Seattle   2013年06月20日  -  2013年06月20日

    DOI: 10.1145/2462029.2462035

    Scopus

  • Safeアンビエントに基づく分散アプリケーション開発用Lisp環境 査読有り

    林 奉行, 馬谷 誠二, 八杉 昌宏, 湯淺 太一

    コンピュータソフトウェア   30 ( 1 )   231 - 256   2013年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Scopus

  • Automatic and Tunable Multi-Level Locality Improvement with a Lisp Garbage Collector 査読有り

    Masahiro Yasugi, Shingo Yuasa, Taiichi Yuasa

    Proceedings of the International Lisp Conference   53 - 61   2012年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • SEAN: Support Tool for Detecting Rule Violations in JNI Coding 査読有り

    Haruna Nishiwaki, Tomoharu Ugawa, Seiji Umatani, Masahiro Yasugi, Taiichi Yuasa

    IPSJ Transactions on Programming   5 ( 3 )   23 - 28   2012年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.2197/ipsjtrans.5.139

    Scopus

    CiNii Article

  • 日本ソフトウェア科学会第28回大会報告

    八杉昌宏

    コンピュータソフトウェア ( 日本ソフトウェア科学会 )   29 ( 1 )   240 - 250   2012年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84857736458&origin=inward

  • Parallel Graph Traversals using Work-Stealing Frameworks for Many-core Platforms 査読有り

    Masahiro Yasugi, Tasuku Hiraishi, Seiji Umatani, Taiichi Yuasa

    Journal of Information Processing   20 ( 1 )   128 - 139   2012年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Parallel programming/execution frameworks for many/multi-core platforms should support as many applications as possible. In general, work-stealing frameworks provide efficient load balancing even for irregular parallel applications. Unfortunately, näi{dotless}ve parallel programs which traverse graph-based data structures (e.g., for constructing spanning trees) cause stack overflow or unacceptable load imbalance. In this study, we develop parallel programs to perform probabilistically balanced divide-and-conquer graph traversals. We propose a programming technique for accumulating overflowed calls for the next iteration of repeated parallel stages. In an emerging backtracking-based work-stealing framework called "Tascell," which features on-demand concurrency, we propose a programming technique for long-term exclusive use of workspaces, leading to a similar technique also in the Cilk framework. © 2012 Information Processing Society of Japan.

    DOI: 10.2197/ipsjjip.20.128

    Scopus

    その他リンク: http://www.jstage.jst.go.jp/browse/ipsjjip/

  • バックトラックに基づく動的負荷分散フレームワークTascell

    平石拓, 八杉昌宏

    京都大学学術情報メディアセンター 全国共同利用版広報 ( 京都大学学術情報メディアセンター )   10 ( 1 )   31 - 42   2011年06月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Abstract Machines for Safe Ambients in Wide-Area and Mobile Networks 査読有り

    Seiji Umatani, Masahiro Yasugi, Taiichi Yuasa

    Proceedings of the 13th International Conference on Coordination Models and Languages (COORDINATION 2011),LNCS 6721   172 - 186   2011年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1007/978-3-642-21464-6_12

    Scopus

  • Safe AmbientsのためのJavaフレームワーク 査読有り

    岡田 翔太, 馬谷 誠二, 林 奉行, 八杉 昌宏, 湯淺 太一

    情報処理学会論文誌 プログラミング   4 ( 3 )   26 - 41   2011年06月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • SC言語処理系における変形規則の再利用機構 査読有り

    平石 拓, 八杉 昌宏, 湯淺 太一

    コンピュータソフトウェア   28 ( 1 )   258 - 271   2011年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Scopus

  • Dynamic Graph Traversals for Concurrent Rewriting using Work-Stealing Frameworks for Multicore Platforms 査読有り

    Masahiro Yasugi, Tasuku Hiraishi, Seiji Umatani, Taiichi Yuasa

    Proceedings of the 16th International Conference on Parallel and Distributed Systems (ICPADS 2010)   406 - 414   2010年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1109/ICPADS.2010.119

    Scopus

  • L-Closureを用いた真に末尾再帰的なSchemeインタプリタ 査読有り

    八杉 昌宏, 平石 拓, 小島 啓史, 馬谷 誠二, 小宮 常康, 湯淺 太一

    情報処理学会論文誌 プログラミング   3 ( 5 )   1 - 17   2010年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Validating Low-Level Instructions for Fixnums using BDDs 査読有り

    Shingo Yuasa, Masahiro Yasugi

    Proceedings of the 2010 International Lisp Conference (ILC 2010)   11 - 19   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1145/1869643.1869646

    Scopus

  • Managing Continuations for Proper Tail Recursion 査読有り

    Masahiro Yasugi, Tsuneyasu Komiya, Tasuku Hiraishi, Seiji Umatani

    Proceedings of the 2010 International Lisp Conference (ILC 2010)   65 - 72   2010年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1145/1869643.1869651

    Scopus

  • L-Closure:安全な計算状態操作機構

    八杉昌宏

    情報処理 ( 情報処理学会 )   51 ( 7 )   885 - 885   2010年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 動的名前解決による通信先・移動先の柔軟な指定が可能な分散アンビエントシステムの設計 査読有り

    馬谷 誠二, 八杉 昌宏, 湯淺 太一

    コンピュータソフトウェア   27 ( 2 )   50 - 61   2010年05月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Scopus

  • リターンバリア型実時間ごみ集めの抽象モデル検査 査読有り

    藤川 浩光, 馬谷 誠二, 八杉 昌宏, 湯淺 太一

    情報処理学会論文誌 プログラミング   2 ( 4 )   13 - 32   2009年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Cache-conscious階層的グループ化データ配置法:Cache-oblivious配置法との実験的比較 査読有り

    八杉 昌宏, 後藤 裕輔, 馬谷 誠二, 湯淺 太一

    情報処理学会論文誌 プログラミング,巻号   2 ( 3 )   33 - 47   2009年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Backtracking-based Load Balancing 査読有り

    Tasuku Hiraishi, Masahiro Yasugi, Seiji Umatani, Taiichi Yuasa

    Proceedings of the 14th ACM SIGPLAN Symposium on Principles and Practice of Parallel Programming (PPoPP 2009)   55 - 64   2009年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • タプル空間によるブラウザ間通信を備えたScheme 処理系の開発 査読有り

    原 悠, 鵜川 始陽, 湯淺 太一, 八杉 昌宏

    情報処理学会論文誌 プログラミング   1 ( 2 )   85 - 99   2008年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Replication-Based Incremental Compaction 査読有り

    Tomoharu Ugawa, Masahiro Yasugi, Taiichi Yuasa

    11th IEEE International Symposium on Object/component/service-oriented Real-time distributed Computing   516 - 524   2008年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • マルチスレッド環境における実時間ごみ集めのためのスレッド再開バリア 査読有り

    鵜川 始陽, 花井 亮, 八杉 昌宏, 湯淺 太一

    コンピュータソフトウェア   25 ( 2 )   135 - 150   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • L-Closure:高性能・高信頼プログラミング言語の実装向け言語機構 査読有り

    八杉 昌宏, 平石 拓, 篠原 丈成, 湯淺 太一

    情報処理学会論文誌:プログラミング   49 ( SIG 1(PRO 35) )   63 - 83   2008年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Improving Search Speed on Pointer-Based Large Data Structures Using a Hierarchical Clustering Copying Algorithm 査読有り

    Masahiro Yasugi, Taiichi Yuasa

    Post-proceedings of the International Workshop on Innovative Architecture for Future generation Processors and Systems 2007 (IWIA 2007)   43 - 52   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Memory Usage Improvement Using Runtime Alias Detection 査読有り

    Ryo Hanai, Tomoharu Ugawa, Masashi Yoneda, Masahiro Yasugi, Taiichi Yuasa

    Trends in Functional Programming, Intellect   7   129 - 144   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Experience with SC: Transformation-based Implementation of Various Language Extensions to C 査読有り

    Tasuku Hiraishi, Masahiro Yasugi, Taiichi Yuasa

    Proceedings of the International Lisp Conference   103 - 113   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • リージョン変数の動的なエイリアス判定によるメモリ効率向上 査読有り

    米田 匡史, 鵜川 始陽, 花井 亮, 八杉 昌宏, 湯淺 太一

    情報処理学会論文誌:プログラミング   47 ( SIG 11(PRO 30) )   38 - 49   2006年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A Type System and Compilation Techniques for Concurrent Objects 査読有り

    Masahiro Yasugi

    Information and Media Technologies   1 ( 1 )   15 - 32   2006年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/browse/imt

  • A Transformation-Based Implementation of Lightweight Nested Functions 査読有り

    Tasuku Hiraishi, Masahiro Yasugi, Taiichi Yuasa

    IPSJ Digital Courier   2   262 - 279   2006年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.2197/ipsjdc.2.262

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/browse/ipsjdc

  • Efficient and Portable Implementation of Java-style Exception Handling in C 査読有り

    Seiji Umatani, Hirokazu Shobayashi, Masahiro Yasugi, Taiichi Yuasa

    IPSJ Digital Courier   2   238 - 247   2006年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.2197/ipsjdc.2.238

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/browse/ipsjdc

  • Memory Usage Improvement Using Runtime Alias Detection 査読有り

    Ryo Hanai, Tomoharu Ugawa, Masashi Yoneda, Masahiro Yasugi, Taiichi Yuasa

    Symposium on Trends in Functional Programming 2006   222 - 234   2006年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 既存Cヘッダファイルの構文の異なる言語での有効利用 査読有り

    平石 拓, 八杉 昌宏, 湯淺 太一

    コンピュータソフトウェア   23 ( 2 )   225 - 238   2006年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Lightweight Lexical Closures for Legitimate Execution Stack Access 査読有り

    Masahiro Yasugi, Tasuku Hiraishi, Taiichi Yuasa

    Proceedings of 15th International Conference on Compiler Construction.(CC2006)   170 - 184   2006年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Implementing S-Expression Based Extended Languages in Lisp 査読有り

    Tasuku Hiraishi, Masahiro Yasugi, Taiichi Yuasa

    International Lisp Conference 2005   179 - 188   2005年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Highly Reliable Embedded Software Development Using Advanced Software Technologies 査読有り

    Takuya Katayama, Tatsuo Nakajima, Taiichi Yuasa, Tomoji Kishi, Shin Nakajima, Shuichi Oikawa, Masahiro Yasugi, Toshiaki Aoki, Mitsutaka Okazaki, Seiji Umatani

    IEICE Transactions on Information and Systems   E88-D ( 6 )   1105 - 1116   2005年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Real-Time GC in JeRTy VM Using the Return-Barrier Method 査読有り

    Hideaki Saiki, Yoshiharu Konaka, Tsuneyasu Komiya, Masahiro Yasugi, Taiichi Yuasa

    8th IEEE International Symposium on Object-oriented Real-time distributed Computing (ISORC 2005)   140 - 148   2005年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • S式ベースC言語における変形規則による言語拡張機構 査読有り

    平石 拓, 李 暁ろ, 八杉 昌宏, 馬谷 誠二, 湯淺 太一

    情報処理学会論文誌:プログラミング   46 ( SIG 1(PRO 24) )   40 - 56   2005年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 入れ子関数を利用する動的負荷分散と高水準記述 査読有り

    八杉 昌宏, 小宮 常康, 湯淺 太一

    情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム   45 ( SIG 11(ACS7) )   368 - 377   2004年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 階層的グループ化に基づくコピー型ごみ集めによる局所性改善 査読有り

    八杉 昌宏, 伊藤 智一, 小宮 常康, 湯淺 太一

    情報処理学会論文誌:プログラミング   45 ( SIG 5(PRO 21) )   36 - 52   2004年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • オブジェクト指向並列言語OPAのための遅延正規化手法 査読有り

    馬谷 誠二, 八杉 昌宏, 小宮 常康, 湯淺 太一

    情報処理学会論文誌:プログラミング   45 ( SIG 5(PRO 21) )   12 - 25   2004年05月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Lazy Stack Copying and Stack Copy Sharing for the Efficient Implementation of Continuations 査読有り

    Tomoharu Ugawa, Nobuhisa Minagawa, Tsuneyasu Komiya, Masahiro Yasugi, Taiichi Yuasa

    The First Asian Symposium on Programming Languages and Systems (APLAS'03),Springer LNCS 2895   410 - 426   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Pursuing Laziness for Efficient Implementation of Modern Multithreaded Languages 査読有り

    Seiji Umatani, Masahiro Yasugi, Tsuneyasu Komiya, Taiichi Yuasa

    The fifth International Symposium on High Performance Computing (ISHPC-V),Springer LNCS 2858   174 - 188   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 継続の生成におけるスタックコピーの遅延 査読有り

    鵜川 始陽, 皆川 宜久, 小宮 常康, 八杉 昌宏, 湯淺 太一

    情報処理学会論文誌:プログラミング   44 ( SIG 13(PRO 18) )   72 - 83   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Scheme 処理系におけるC言語拡張コードへのライトバリア自動挿入 査読有り

    花井 亮, 小宮 常康, 八杉 昌宏, 湯淺 太一

    情報処理学会論文誌:プログラミング   44 ( SIG 4(PRO 17) )   17 - 24   2003年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 適応的オブジェクトのための局面解析手法 査読有り

    鎌田 十三郎, 八杉 昌宏

    情報処理学会論文誌:プログラミング   44 ( SIG 2(PRO 16) )   13 - 24   2003年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 遅延タスク生成の反復計算向け拡張 査読有り

    馬谷 誠二, 八杉 昌宏, 小宮 常康, 湯淺 太一

    情報処理学会論文誌   43 ( 4 )   948 - 957   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 入れ子関数を利用したマルチスレッドの実現 査読有り

    田畑 悠介, 八杉 昌宏, 小宮 常康, 湯淺 太一

    情報処理学会論文誌:プログラミング   43 ( SIG 3(PRO 14) )   26 - 40   2002年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 共有メモリ向けプリミティブとそのGCCを使った実現 査読有り

    八杉 昌宏, 高田 潤, 田畑 悠介, 小宮 常康, 湯淺 太一

    情報処理学会論文誌:プログラミング   43 ( SIG 1(PRO 13) )   118 - 132   2002年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Javaと相互呼び出し可能なScheme処理系「ぶぶ」における継続機能と例外処理機能の実装 査読有り

    鵜川 始陽, 湯淺 太一, 小宮 常康, 八杉 昌宏

    情報処理学会論文誌:プログラミング   42 ( SIG 11(PRO 12) )   25 - 36   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • オブジェクト指向並列言語OPAのためのコード生成手法 査読有り

    八杉 昌宏, 馬谷 誠二, 鎌田 十三郎, 田畑 悠介, 伊藤 智一, 小宮 常康, 湯淺 太一

    情報処理学会論文誌:プログラミング   42 ( SIG 11(PRO 12) )   1 - 13   2001年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Java上のScheme処理系「ぶぶ」における単一のクラスローダを用いたオブジェクトシステムの実装 査読有り

    窪田 貴志, 湯淺 太一, 倉林 則之, 八杉 昌宏, 小宮 常康

    情報処理学会論文誌:プログラミング   42 ( SIG 7(PRO 11) )   57 - 69   2001年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • リターン・バリア 査読有り

    湯淺 太一, 中川 雄一郎, 小宮 常康, 八杉 昌宏

    情報処理学会論文誌:プログラミング   41 ( SIG 9(PRO 8) )   87 - 99   2000年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Hierarchically Structured Synchronization and ExceptionHandling in Parallel Languages Using Dynamic Scope 査読有り

    Masahiro Yasugi

    Parallel and Distributed Computing for Symbolic and Irregular Applications,World Scientific   122 - 148   2000年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Adaptive Objects for Concurrent Accesses 査読有り

    Masahiro Yasugi, Shigeyuki Eguchi, Kazuo Taki

    Object-Oriented Parallel and Distributed Programming,HERMES Science Publications   187 - 206   2000年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 適応的オブジェクトによる排他制御の実行時緩和 査読有り

    江口 重行, 八杉 昌宏, 鎌田 十三郎, 瀧 和男

    情報処理学会論文誌   40 ( 5 )   2084 - 2092   1999年05月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 動的スコープの利用による並列言語の同期・例外処理の階層的構造化 査読有り

    八杉 昌宏

    情報処理学会論文誌:プログラミング   40 ( SIG 4(PRO 3) )   44 - 57   1999年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Eliminating Bottlenecks on Parallel Systems Using Adaptive Objects 査読有り

    Masahiro Yasugi, Shigeyuki Eguchi, Kazuo Taki

    Proc. of International Conference on Parallel Architectures and Compilation Techniques   80 - 87   1998年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 並列オブジェクト指向言語のためのガーベジコレクタ 査読有り

    八杉 昌宏

    情報処理学会論文誌   39 ( 6 )   .1691 - 1699   1998年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

▼全件表示

著書

  • Concurrent Objects and Beyond (Festschrift for Prof. Yonezawa)

    Masahiro Yasugi(共著 ,  範囲: On Efficient Load Balancing for Irregular Applications, pp. 239-250)

    Springer  2014年09月  ( ISBN:978-3-662-44470-2

     詳細を見る

    記述言語:英語

  • Parallel Language and Compiler Research in Japan

    Satoshi Matsuoka, Masahiro Yasugi, Kenjiro Taura, Tomio Kamada, Akinori Yonezawa, 他(共著 ,  範囲: Compiling and Managing Concurrent Objects for Efficient Execution on High-Performance MPPs, pp. 91-125)

    Kluwer Academic Publishers  1995年08月  ( ISBN:0792395069

     詳細を見る

    記述言語:英語

口頭発表・ポスター発表等

  • Towards Optimization of Parallelized Mining of Subgraphs Sharing Common Items Using a Task-Parallel Language

    Jing Xu, Tasuku Hiraishi, Shingo Okuno, Masahiro Yasugi

    International Conference on High Performance Computing in Asia-Pacific Region (HPC Asia 2023)  2023年03月 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年02月27日 - 2023年03月02日   記述言語:英語   開催地:Singapore   国名:シンガポール共和国  

  • 計算状態操作機構を利用した不規則計算の並列実行

    八杉 昌宏, 平石 拓

    第14回 自動チューニング技術の現状と応用に関するシンポジウム  2022年12月  自動チューニング研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月23日   記述言語:日本語   開催地:工学院大学新宿キャンパス・アーバンテックホール+オンライン   国名:日本国  

  • Towards Dynamic Load Balancing in C++ Programming and Evaluation on FX700

    Chihiro Takeuchi, Masahiro Yasugi, Tasuku Hiraishi

    10th International Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES 2022)  2022年12月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月12日 - 2022年12月14日   記述言語:英語   開催地:Online  

  • 並列言語処理系で利用可能な移植性に優れた計算状態操作機構の改善に向けて

    竹内 千裕, 八杉 昌宏, 平石 拓

    情報処理学会第140回プログラミング研究会 (SWoPP2022)  2022年07月  情報処理学会プログラミング研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年07月28日 - 2022年07月29日   記述言語:日本語   開催地:海峡メッセ下関およびオンライン   国名:日本国  

  • 並列言語に適した階層的トラバーサル戦略の実現に向けて

    志岐 優介, 八杉 昌宏, 平石 拓

    情報処理学会第140回プログラミング研究会 (SWoPP2022)  2022年07月  情報処理学会プログラミング研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年07月28日 - 2022年07月29日   記述言語:日本語   開催地:海峡メッセ下関およびオンライン   国名:日本国  

  • 計算状態操作機構を備えたS式ベースJava言語の変換に基づく実装に向けて

    西田 知広, 八杉 昌宏, 平石 拓, 小出 洋

    情報処理学会第138回プログラミング研究会  2022年03月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月18日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • Parallelization of Matrix Partitioning in Hierarchical Matrix Construction Using Node-aware Work Stealing

    白 正陽, 平石 拓, 伊田 明弘, 八杉 昌宏

    情報処理学会第138回プログラミング研究会  2022年03月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月17日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 協調性と耐障害性に優れた並列実行順序計画法の改善の検討

    八杉 昌宏

    第24回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2022)  2022年03月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月08日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 持続型例外処理機構の設計と実装方針

    八杉 昌宏, 江本 健斗, 平石 拓

    第13回 自動チューニング技術の現状と応用に関するシンポジウム  2021年12月 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月13日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • レベル付き持続型例外処理機構の設計

    八杉 昌宏, 江本 健斗, 平石 拓

    日本ソフトウェア科学会第38回大会  2021年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月02日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • Copy Reduction and Latency Hiding for MPI-Based Implementations of the Tascell Task-Parallel Language

    Huangcheng Cai, Tasuku Hiraishi, Hiroshi Nakashima, Masahiro Yasugi

    第23回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2021) 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月10日   記述言語:英語   開催地:オンライン  

  • UTSベンチマークを用いた階層的計算省略に基づく並列実行モデルの性能評価

    志岐 優介, 八杉 昌宏, 平石 拓

    第23回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2021) 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月10日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • out-of-core行列積とタスク並列言語Tascellによる並列化の評価

    上中野 寛太, 八杉 昌宏, 平石 拓

    第23回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2021) 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月09日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 移植性に優れた計算状態操作機構を用いた並列言語処理系の性能評価

    竹内 千裕, 八杉 昌宏, 平石 拓

    第23回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2021) 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月09日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • Work-Stealing Strategies That Consider Work Amount and Hierarchy

    Ryusuke Nakashima, Masahiro Yasugi, Hiroshi Yoritaka, Tasuku Hiraishi, Seiji Umatani

    情報処理学会第132回プログラミング研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年01月14日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • ワークスティールフレームワークの多様な環境での性能改善と評価

    八杉 昌宏, 平石 拓, 光来 健一, 江本 健斗

    第12回 自動チューニング技術の現状と応用に関するシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年12月25日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • Evaluating Implementations of First-class Continuations for a Scheme Interpreter in an Extended SC Language

    Daiki Bise, Masahiro Yasugi, Tasuku Hiraishi, Tsuyeyasu Komiya

    18th Asian Symposium on Programming Languages and Systems (APLAS 2020) 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年12月01日   記述言語:英語   開催地:online  

  • 実環境向け並列言語実装技法の仮想環境における有効性の調査

    與田 拓磨, 八杉 昌宏, 平石 拓, 光来 健一

    日本ソフトウェア科学会第37回大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月10日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 分散メモリ環境における階層性と仕事量を考慮したワークスティール戦略

    中嶋 隆介, 八杉 昌宏, 平石 拓, 馬谷 誠二

    日本ソフトウェア科学会第37回大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月09日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • HOPE: 階層的計算省略に基づく耐障害性を備えた並列実行モデル

    八杉 昌宏, 村岡 大輔, 平石 拓, 馬谷 誠二, 江本 健斗

    日本ソフトウェア科学会第37回大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月09日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 並列言語Tascellのタスク定義自動生成による記述性向上

    山口 左近, 平石 拓, 中島 浩, 八杉 昌宏

    第22回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2020) 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月04日   記述言語:日本語   開催地:PDF発表  

  • JITコンパイルにおけるコード配置効果の研究

    森 祥平, 八杉 昌宏, 鵜川 始陽

    第22回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2020) 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月04日   記述言語:日本語   開催地:PDF発表  

  • Implementing the Tascell Task-Parallel Language Tascell Using Multithreaded MPI

    Daiki Kojima, Tasuku Hiraishi, Hiroshi Nakashima, Masahiro Yasugi

    International Conference on High Performance Computing in Asia-Pacific Region (HPC Asia 2020) 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年01月15日 - 2020年01月17日   記述言語:英語   開催地:Fukuoka  

  • 高水準言語による障害耐性を備えた新しい並列実行モデル

    八杉 昌宏, 平石 拓, 光来 健一, 江本 健斗

    第11回 自動チューニング技術の現状と応用に関するシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年12月23日   記述言語:日本語   開催地:東京都  

  • 安全な階層的メモリ割り当て・解放向け型検査方式の例題を用いた検討

    阿南 将, 八杉 昌宏

    日本ソフトウェア科学会第36回大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年08月27日 - 2019年08月29日   記述言語:日本語  

  • Implementation of Partitioning of Hierarchical Matrices using Task Parallel Languages

    Zhengyang Bai, Tasuku Hiraishi, Hiroshi Nakashima, Akihiro Ida, Masahiro Yasugi

    The 48th International Conference on Parallel Processing (ICPP 2019) 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年08月05日 - 2019年08月08日   記述言語:英語   開催地:Kyoto  

  • 汎用送受信に対応したHOPEコンパイラの研究

    橋本 孝太, 八杉 昌宏, 平石 拓, 馬谷 誠二

    情報処理学会第125回プログラミング研究会 (SWoPP2019) 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年07月25日 - 2019年07月26日   記述言語:日本語   開催地:北見市民会館  

  • ワーカの重要度を考慮した並列実行フレームワークの障害耐性評価手法の検討

    西牟禮 亮, 八杉 昌宏, 平石 拓, 馬谷 誠二

    情報処理学会第125回プログラミング研究会 (SWoPP2019) 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年07月25日 - 2019年07月26日   記述言語:日本語   開催地:北見市民会館  

  • Parallelization of Matrix Partitioning in Construction of Hierarchical Matrices using Task Parallel Languages

    Zhengyang Bai, Tasuku Hiraishi, Hiroshi Nakashima, Akihiro Ida, Masahiro Yasugi

    The 3rd cross-disciplinary Workshop on Computing Systems, Infrastructures, and Programming (xSIG 2019) 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年05月27日 - 2019年05月29日   記述言語:英語  

  • タスク並列言語による階層型行列分割処理の並列化

    白 正陽, 平石 拓, 中島 浩, 伊田 明弘, 八杉 昌宏

    The 3rd cross-disciplinary Workshop on Computing Systems, Infrastructures, and Programming (xSIG 2019) 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年05月27日 - 2019年05月29日   記述言語:日本語  

  • Parallelization of Matrix Partitioning in Construction of Hierarchical Matrices using Task Parallel Languages

    白 正陽, 平石 拓, 中島 浩, 伊田 明弘, 八杉 昌宏

    情報処理学会第122回プログラミング研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年01月17日 - 2019年01月18日   記述言語:英語   開催地:福山市ものづくり交流館  

  • 移植性に優れた計算状態操作機構の評価

    八杉 昌宏, 平石 拓, 光来 健一

    第10回 自動チューニング技術の現状と応用に関するシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月25日   記述言語:日本語  

  • 拡張SC言語で記述したSchemeインタプリタによる移植性に優れた計算状態操作機構の評価

    八杉 昌宏, 池内 嶺知, 平石 拓, 小宮 常康

    情報処理学会第120回プログラミング研究会 (SWoPP2018) 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年08月01日   記述言語:日本語   開催地:熊本市国際交流会館  

  • 拡張SC言語で記述したSchemeインタプリタによる計算状態操作機構の評価

    八杉 昌宏, 池内 嶺知, 平石 拓, 小宮 常康, 重本 孝太

    第20回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2018) 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月05日 - 2018年03月07日   記述言語:日本語   開催地:皆生グランドホテル天水  

  • 並列分散フレームワークの耐障害性評価のための通信障害模擬機能

    西牟禮 亮, 八杉 昌宏, 平石 拓, 馬谷 誠二

    第20回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2018) 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月05日 - 2018年03月07日   記述言語:日本語   開催地:皆生グランドホテル天水  

  • タスク並列言語におけるノード間通信の実装方式の検討

    平石 拓, 村岡 大輔, 八杉 昌宏

    第59回プログラミング・シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年01月19日 - 2018年01月21日   記述言語:日本語   開催地:ラフォーレ倶楽部伊東温泉湯の庭  

  • 計算状態操作機構による並列言語実装と性能改善

    八杉 昌宏, 平石 拓, 光来 健一

    第9回 自動チューニング技術の現状と応用に関するシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年12月25日   記述言語:日本語  

  • 仮想環境を考慮した要求駆動型負荷分散

    良本 海, 八杉 昌宏, 平石 拓, 馬谷 誠二

    日本ソフトウェア科学会第34回大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月19日 - 2017年09月21日   記述言語:日本語  

  • 分散環境での並列グラフマイニングにおけるタスク中断処理による冗長探索削減

    奥野 伸吾, 平石 拓, 中島 浩, 八杉 昌宏, 瀬々 潤

    情報処理学会第115回プログラミング研究会 (SWoPP2017) 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月28日   記述言語:日本語   開催地:秋田アトリオンビル  

  • 優先度ならびに重みを用いたワークスティールフレームワークの性能改善(ヤング・リサーチャー発表枠)

    寄高 啓司, 八杉 昌宏, 平石 拓, 馬谷 誠二

    The 1st cross-disciplinary Workshop on Computing Systems, Infrastructures, and Programming (xSIG 2017) 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年04月24日 - 2017年04月26日   記述言語:日本語  

  • 計算状態操作機構による並列言語実装と評価

    八杉 昌宏, 平石 拓, 光来 健一

    第8回 自動チューニング技術の現状と応用に関するシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月26日   記述言語:日本語  

  • 複数言語による正しい並列プログラミングのための計算基盤の検討

    八杉 昌宏

    日本ソフトウェア科学会第33回大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月07日 - 2016年09月09日   記述言語:日本語  

  • Exception Handling with Collateral Task Abortion in Distributed Memory Environments

    Tasuku Hiraishi, Shingo Okuno, Daisuke Muraoka, Masahiro Yasugi

    HPC in Asia Poster session, ISC High Performance 2016 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年06月22日   記述言語:英語   開催地:Frankfurt, Germany  

  • 分散メモリ環境における並列グラフマイニングの実現に向けて

    奥野 伸吾, 平石 拓, 中島 浩, 八杉 昌宏, 瀬々 潤

    情報処理学会 第107回プログラミング研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年01月13日 - 2016年01月14日   記述言語:日本語  

  • 多様な計算環境/計算モデルにおける計算状態操作機構

    八杉 昌宏, 平石 拓, 光来 健一

    第7回 自動チューニング技術の現状と応用に関するシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年12月25日   記述言語:日本語  

  • 安全な並列計算向け型検査方式の例題を用いた検討

    八杉 昌宏

    日本ソフトウェア科学会第32回大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月09日 - 2015年09月11日   記述言語:日本語  

  • 分散進捗管理のためのメッセージ媒介システムにおける不要メッセージ削除機能

    諏訪 将大, 八杉 昌宏, 平石 拓, 馬谷 誠二

    情報処理学会 第105回プログラミング研究発表会 (SWoPP2015) 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年08月05日 - 2015年08月06日   記述言語:日本語  

  • タスク並列言語Tascellにおけるノード間通信のMPIによる実装

    村岡 大輔, 八杉 昌宏, 平石 拓

    第17回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2015) 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月04日 - 2015年03月06日   記述言語:日本語   開催地:道後プリンスホテル  

  • ワークスティールフレームワーク向け確率的ガードの提案と性能解析

    寄高 啓司, 松井 健, 八杉 昌宏, 平石 拓

    第17回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2015) 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月04日 - 2015年03月06日   記述言語:日本語   開催地:道後プリンスホテル  

  • メッセージ媒介システムの構想と試験実装

    諏訪 将大, 八杉 昌宏, 平石 拓, 馬谷 誠二

    Annual Meeting on Advanced Computing System and Infrastructure (ACSI) 2015 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年01月26日 - 2015年01月28日   記述言語:日本語  

  • 計算状態操作機構の新展開に向けて

    八杉 昌宏, 平石 拓, 光来 健一

    第6回 自動チューニング技術の現状と応用に関するシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月25日   記述言語:日本語  

  • メモリモデルを考慮した汎用型付中間言語設計に向けて

    八杉 昌宏

    高信頼な理論と実装のための定理証明および定理証明器 (TPP 2014) 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月03日 - 2014年12月05日   記述言語:日本語   開催地:九州大学・西新プラザ大会議室  

  • Parallelized Mining of Subgraphs Sharing Common Items using Task-Parallel Language Tascell

    Shingo Okuno, Tasuku Hiraishi, Hiroshi Nakashima, Masahiro Yasugi, Jun Sese

    HPC in Asia Poster (in conjunction with of ISC'14) 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年06月26日   記述言語:英語  

  • Cache-conscious Hierarchical Clustering with a Lisp Garbage Collector

    Masahiro Yasugi, Shingo Yuasa

    情報処理学会 第99回プログラミング研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年06月19日 - 2014年06月20日   記述言語:英語  

  • タスク並列言語Tascellを用いたアイテム共有部分グラフの並列マイニング

    奥野 伸吾, 平石 拓, 中島 浩, 八杉 昌宏, 瀬々 潤

    第16回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2014) 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月05日 - 2014年03月07日   記述言語:日本語   開催地:阿蘇の司 ビラパークホテル  

  • 安全な計算状態操作機構の新しい実装

    八杉 昌宏, 平石 拓

    第5回 自動チューニング技術の現状と応用に関するシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年12月25日   記述言語:日本語  

  • 高速な多次元配列操作のための型検査方式の検討

    八杉 昌宏

    日本ソフトウェア科学会第30回大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月10日 - 2013年09月13日   記述言語:日本語  

  • JNI規則違反検出ツールSEANの開発とそれを用いたAndroidのバグ修正

    西脇 春名, 鵜川 始陽, 馬谷 誠二, 八杉 昌宏, 湯淺 太一

    第15回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2013) 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月04日 - 2013年03月06日   記述言語:日本語   開催地:御宿東鳳  

  • 安全な計算状態操作機構の実用化

    八杉 昌宏, 平石 拓

    第4回 自動チューニング技術の現状と応用に関するシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年12月25日   記述言語:日本語  

  • Detecting Bugs in Android Using a Static Escape Analyzer SEAN for Native Code

    Haruna Nishiwaki, Tomoharu Ugawa, Seiji Umatani, Masahiro Yasugi, Taiichi Yuasa

    The 10th Asian Symposium on Programming Languages and Systems (APLAS 2012) 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年12月11日 - 2012年12月13日   記述言語:英語   開催地:Kyoto  

  • Typed Construction of Cyclic Data Structures Using Provisional Assumptions

    Masahiro Yasugi

    The 10th Asian Symposium on Programming Languages and Systems (APLAS 2012) 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年12月11日 - 2012年12月13日   記述言語:英語   開催地:Kyoto  

  • Safeアンビエントの移動動作のセキュアな実装手法

    馬谷 誠二, 八杉 昌宏

    日本ソフトウェア科学会第29回大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年08月22日 - 2012年08月24日   記述言語:日本語  

  • ワークスティーリングフレームワークにおける集団通信機能

    松井 健, 平石 拓, 八杉 昌宏, 馬谷 誠二

    並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ(SWoPP2012) 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年08月01日 - 2012年08月03日   記述言語:日本語   開催地:鳥取市 とりぎん文化会舘  

  • 高速版Barnes-Hut多体シミュレーションの並列実装

    松井 健, 平石 拓, 八杉 昌宏, 馬谷 誠二

    先進的計算基盤システムシンポジウム (SACSIS2012) 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年05月16日 - 2012年05月18日   記述言語:日本語   開催地:神戸国際会議場  

  • コードシェーカ: コード配置効果を考慮した適正な性能評価システム

    松田 友希, 八杉 昌宏, 鵜川 始陽

    第14回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2012) 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月08日 - 2012年03月10日   記述言語:日本語   開催地:南紀白浜むさし  

  • Scala ActorライブラリによるSafe Ambientsフレームワークの実装

    岡田 翔太, 馬谷 誠二, 林 奉行, 八杉 昌宏, 湯淺 太一

    情報処理学会 第87回プログラミング研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年01月23日 - 2012年01月24日   記述言語:日本語  

  • ビットレベル低水準命令列のBDDに基づく検証技法に関する考察

    八杉 昌宏

    ディペンダブルシステムワークショップ & シンポジウム (DSW & DSS 2011) 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年12月13日 - 2011年12月14日   記述言語:日本語   開催地:京都工芸繊維大学  

  • 安全な計算状態操作機構の実現と応用

    平石 拓, 八杉 昌宏

    第3回 自動チューニング技術の現状と応用に関するシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年12月05日   記述言語:日本語  

  • Safeアンビエントに基づく分散アプリケーション開発用Lisp環境

    林 奉行, 馬谷 誠二, 八杉 昌宏, 湯淺 太一

    日本ソフトウェア科学会第28回大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月27日 - 2011年09月29日   記述言語:日本語   開催地:沖縄県那覇市  

  • ワークスティーリングフレームワークにおけるブロードキャスト機能

    松井 健, 平石 拓, 八杉 昌宏, 馬谷 誠二, 湯淺 太一

    並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ(SWoPP2011) 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年07月27日 - 2011年07月29日   記述言語:日本語   開催地:かごしま県民交流センター  

  • 動的負荷分散フレームワークTascellの広域分散およびメニーコア環境における評価

    平石 拓, 八杉 昌宏, 馬谷 誠二

    先進的計算基盤システムシンポジウム (SACSIS2011) 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年05月25日 - 2011年05月27日   記述言語:日本語   開催地:東京都秋葉原コンベンションホール  

  • Safeアンビエントに基づく分散アプリケーション開発用Lisp環境

    林 奉行, 馬谷 誠二, 八杉 昌宏, 湯淺 太一

    第13回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2011) 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月09日 - 2011年03月11日   記述言語:日本語   開催地:北海道札幌市 定山渓ビューホテル  

  • パネル討論: 基盤ソフトウェアの課題、研究開発アプローチ、マイルストーン(2)「言語、ミドルウェア」

    八杉 昌宏

    第3回戦略的高性能計算システム開発に関するワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年02月05日   記述言語:日本語  

  • 高性能,高信頼性,高生産性並列計算環境向けプログラミング言語/システム

    八杉 昌宏

    第2回戦略的高性能計算システム開発に関するワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年11月27日   記述言語:日本語  

  • パネル討論:ポストペタ時代のソフトウェア技術

    八杉 昌宏

    第2回 自動チューニング技術の現状と応用に関するシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年11月04日   記述言語:日本語  

  • 安全な計算状態操作機構のこれまでと今後

    八杉 昌宏

    第2回 自動チューニング技術の現状と応用に関するシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年11月04日   記述言語:日本語  

  • ビットレベル表現をサポートする低水準言語におけるBDDを利用したプログラム検証に向けて

    八杉 昌宏

    日本ソフトウェア科学会第27回大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月13日 - 2010年09月15日   記述言語:日本語   開催地:津田塾大学  

  • バックトラックに基づく負荷分散の高並列環境における評価

    平石 拓, 河野 卓矢, 八杉 昌宏, 馬谷 誠二, 湯淺 太一

    並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ(SWoPP2010) 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年08月03日 - 2010年08月05日   記述言語:日本語   開催地:金沢市文化ホール  

  • 構成的理論に基づいたプログラミング言語Zとその実装

    新名 庸生, 佐藤 雅彦, 馬谷 誠二, 八杉 昌宏, 湯淺 太一

    情報処理学会 第79回プログラミング研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年06月14日   記述言語:日本語  

  • Tascell: a Backtracking-based Load Balancing Framework

    Tasuku Hiraishi, Masahiro Yasugi, Takuya Kouno, Seiji Umatani, Taiichi Yuasa

    24th International Conference on Supercomputing (ICS '10) 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年06月01日 - 2010年06月04日   記述言語:英語  

▼全件表示

工業所有権

  • データ処理方法、データ処理装置及びコンピュータプログラム

    八杉 昌宏

     詳細を見る

    出願番号:2004-267528  出願日:2004年09月14日

    公開番号:2006-085300  公開日:2006年03月30日

    登録番号:4719859  登録日:2011年04月15日

講演

  • 動的負荷分散フレームワークTascellを用いた共通アイテム集合を持つ連結部分グラフ抽出の並列化

    日本応用数理学会年会(JSIAM2013)  2013年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月09日 - 2013年09月11日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演   開催地:アクロス福岡  

  • 自動チューニングの実行時適用性を拡大する言語機構

    日本応用数理学会年会(JSIAM2011)  2011年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月14日 - 2013年09月16日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演   開催地:同志社大学今出川キャンパス  

  • 並列/高信頼プログラミング言語と実装技術

    東京大学コンピュータ科学専攻講演会  2011年07月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:東京大学  

  • Frameworks for Multicore Platforms

    Workshop on Resource Management of Manycore, GPU, and NVRAM  2011年02月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:Seoul, Korea  

  • 並列プログラミング言語と実装技術

    東京大学情報理工実践プログラム特別講演  2010年09月 

     詳細を見る

    講演種別:特別講演   開催地:東京大学 情報理工学系研究科 秋葉原拠点  

  • 計算状態操作機構を利用した動的負荷分散フレームワーク

    情報処理学会関西支部「ものづくり基盤コンピューティングシステム研究会」平成21年度第3回研究会  2010年03月 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月30日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演  

  • 高水準プログラミングによる細部の自由と計算状態操作機構

    自動チューニング技術の現状と応用に関するシンポジウム  2009年10月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

▼全件表示

学術関係受賞

  • 日本ソフトウェア科学会第37回大会高橋奨励賞

    日本ソフトウェア科学会   HOPE: 階層的計算省略に基づく耐障害性を備えた並列実行モデル   2021年09月03日

    八杉 昌宏

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • ICPP 2019 Best poster award

    ICPP 2019 Organizing Committee   Implementation of Partitioning of Hierarchical Matrices using Task Parallel Languages   2019年08月07日

    Zhengyang Bai, Tasuku Hiraishi, Hiroshi Nakashima, Akihiro Ida, Masahiro Yasugi

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • xSIG 2019 Outstanding Research Award

    情報処理学会   2019年05月28日

    Zhengyang Bai, Tasuku Hiraishi, Hiroshi Nakashima, Akihiro Ida, Masahiro Yasugi

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • ACSI2015 Outstanding Research Award

    情報処理学会   2015年01月26日

    Shingo Okuno, Tasuku Hiraishi, Hiroshi Nakashima, Masahiro Yasugi, Jun Sese

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 平成21年度情報処理学会論文誌プログラミング優秀論文賞

    情報処理学会   2010年05月31日

    八杉昌宏, 平石拓, 篠原丈成, 湯淺太一

     詳細を見る

    受賞国:日本国

科研費獲得実績

  • 計算状態の精密操作に基づく高性能・高信頼システム技術

    研究課題番号:26280023  2014年04月 - 2019年03月   基盤研究(B)

  • 安全な多言語並列計算基盤のための型付中間言語

    研究課題番号:26540030  2014年04月 - 2017年03月   挑戦的萌芽研究

  • 汎用性に優れた型付中間言語

    研究課題番号:23650013  2011年04月 - 2014年03月   挑戦的萌芽研究

  • 安全な計算状態操作機構の実用化

    研究課題番号:21300008  2009年04月 - 2014年03月   基盤研究(B)

  • 並列分散計算環境を安定有効活用する要求駆動型負荷分散

    研究課題番号:21013027  2009年04月 - 2011年03月   特定領域研究

  • 安全で高速な共通計算基盤のための低水準の型付中間言語

    研究課題番号:20650004  2008年04月 - 2011年03月   挑戦的萌芽研究

▼全件表示

担当授業科目(学内)

  • 2022年度   プログラミング言語と処理系特論

  • 2022年度   プログラミング言語処理系

  • 2022年度   計算機システムⅡ

  • 2022年度   情報通信工学実験Ⅲ

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2021年度   プログラミング言語と処理系特論I

  • 2021年度   プログラミング言語処理系

  • 2021年度   計算機システムⅡ

  • 2021年度   情報通信工学実験Ⅲ

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2020年度   プログラミング言語と処理系特論I

  • 2020年度   プログラミング言語処理系

  • 2020年度   計算機システムⅡ

  • 2020年度   情報通信工学実験Ⅲ(1Q)

  • 2020年度   情報通信工学実験Ⅲ(2Q)

  • 2019年度   知能情報工学実験演習Ⅲ

  • 2019年度   インターンシップ

  • 2019年度   プログラミング言語処理系

  • 2019年度   長期インターンシップ

  • 2019年度   海外インターンシップ実習

  • 2019年度   計算機システムⅡ

  • 2019年度   プログラミング言語と処理系特論I

  • 2018年度   プログラミング言語と処理系特論I

  • 2018年度   知能情報工学基礎演習

  • 2018年度   知能情報工学実験演習Ⅲ

  • 2018年度   計算機システムⅡ

  • 2018年度   計算機アーキテクチャA

  • 2018年度   プログラミング言語処理系

  • 2017年度   知能情報工学実験演習Ⅲ

  • 2017年度   知能情報工学入門

  • 2017年度   プログラミング言語と処理系特論I

  • 2017年度   プログラミング言語処理系

  • 2017年度   計算機アーキテクチャA

  • 2016年度   知能情報工学実験演習Ⅲ

  • 2016年度   知能情報工学基礎演習

  • 2016年度   知能情報工学入門

  • 2016年度   プログラミング言語と処理系特論

  • 2016年度   プログラミング言語処理系

  • 2016年度   計算機アーキテクチャA

  • 2016年度   計算機アーキテクチャ

  • 2015年度   先端情報特別実験及び演習Ⅰ

  • 2015年度   先端情報講究Ⅰ

  • 2015年度   プログラミング言語と処理系特論

  • 2015年度   知能情報工学基礎演習

  • 2015年度   知能情報工学入門

  • 2015年度   プログラミング言語処理系

  • 2015年度   知能情報工学特別講義

  • 2015年度   計算機アーキテクチャA

  • 2015年度   知能情報工学実験演習Ⅲ

  • 2014年度   プログラミング言語処理系

  • 2014年度   計算機アーキテクチャA

  • 2014年度   計算機アーキテクチャ

  • 2014年度   プログラミング言語と処理系特論

  • 2014年度   知能情報工学入門

  • 2014年度   知能情報工学基礎演習Ⅱ

  • 2014年度   知能情報工学実験演習Ⅲ

  • 2013年度   プログラミング言語と処理系特論

  • 2013年度   知能情報工学基礎演習Ⅱ

  • 2013年度   知能情報工学基礎演習Ⅰ

  • 2013年度   知能情報工学実験演習Ⅲ

  • 2013年度   プログラミング言語処理系

  • 2012年度   プログラミング言語と処理系特論

  • 2012年度   プログラミング言語処理系

  • 2012年度   知能情報工学基礎演習 I

  • 2012年度   知能情報工学基礎演習 II

▼全件表示

学会・委員会等活動

  • 情報処理学会   論文誌シニア査読委員  

    2023年06月 - 2026年05月

  • 情報処理学会   The 7th cross-disciplinary Workshop on Computing Systems, Infrastructures, and Programming プログラム委員  

    2023年03月 - 2023年08月

  • 情報処理学会   The 6th cross-disciplinary Workshop on Computing Systems, Infrastructures, and Programming プログラム委員  

    2022年03月 - 2022年07月

  • IACC (International Association for Computers and Communications)   50th International Conference on Parallel Processing (ICPP 2021) Program Committee member  

    2021年03月 - 2021年08月

  • 情報処理学会   The 5th cross-disciplinary Workshop on Computing Systems, Infrastructures, and Programming プログラム委員  

    2021年03月 - 2021年07月

  • 情報処理学会   論文誌査読委員  

    2020年06月 - 2023年05月

  • IEEE   Transactions on Parallel and Distributed System's Editorial Board Associate Editor  

    2020年06月 - 2022年05月

  • 日本ソフトウェア科学会   プログラミング論研究会主査  

    2020年04月 - 2022年03月

  • 情報処理学会   The 4th cross-disciplinary Workshop on Computing Systems, Infrastructures, and Programming プログラム委員  

    2020年03月 - 2020年07月

  • AAFS (the Asian Association for Foundation of Software)   The 18th Asian Symposium on Programming Languages and Systems (APLAS 2020), General Chair  

    2019年12月 - 2020年12月

  • 文部科学省科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター   専門調査員  

    2019年04月 - 2020年03月

  • 情報処理学会   The 3rd cross-disciplinary Workshop on Computing Systems, Infrastructures, and Programming プログラム委員  

    2019年03月 - 2019年05月

  • IEEE   Transactions on Parallel and Distributed System's Editorial Board Associate Editor  

    2018年06月 - 2020年05月

  • 理化学研究所 計算科学研究センター   客員主管研究員  

    2018年04月 - 2021年03月

  • 情報処理学会   論文誌プログラミング編集委員会 編集委員  

    2018年04月 - 2020年03月

  • 文部科学省科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター   専門調査員  

    2018年04月 - 2019年03月

  • 情報処理学会   The 2nd. cross-disciplinary Workshop on Computing Systems, Infrastructures, and Programming プログラム委員  

    2018年01月 - 2018年05月

  • 情報処理学会   論文誌査読委員  

    2017年06月 - 2020年05月

  • 文部科学省科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター   専門調査員  

    2017年04月 - 2018年03月

  • 情報処理学会   The 1st. cross-disciplinary Workshop on Computing Systems, Infrastructures, and Programming プログラム委員  

    2016年10月 - 2017年04月

  • 日本ソフトウェア科学会   プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ PPL2017 プログラム委員  

    2016年07月 - 2017年03月

  • 日本ソフトウェア科学会   副理事長  

    2016年06月 - 2018年06月

  • 日本ソフトウェア科学会   第33回大会(2016年9月) プログラム委員  

    2016年05月 - 2016年09月

  • 情報処理学会   プログラミング研究会 運営委員  

    2016年04月 - 2018年03月

  • 情報処理学会   論文誌プログラミング編集委員会 編集委員  

    2016年04月 - 2018年03月

  • 理化学研究所 計算科学研究機構   客員主管研究員  

    2016年04月 - 2018年03月

  • 文部科学省科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター   専門調査員  

    2016年04月 - 2017年03月

  • 日本ソフトウェア科学会   プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ PPL2016 プログラム委員  

    2015年11月 - 2016年03月

  • 情報処理学会   論文誌ジャーナル/JIP編集委員会 編集委員  

    2015年06月 - 2017年05月

  • 理化学研究所 計算科学研究機構   客員主管研究員  

    2015年04月 - 2016年03月

  • 日本ソフトウェア科学会   第32回大会(2015年9月) プログラム委員  

    2015年04月 - 2015年09月

  • 情報処理学会   Annual Meeting on Advanced Computing System and Infrastructure ACSI2016 組織委員長  

    2015年02月 - 2016年02月

  • 自動チューニング研究会   ``International Workshop on Automatic Performance Tuning'', iWAPT 2015, Program Committee Member  

    2014年09月 - 2016年03月

  • 日本ソフトウェア科学会   理事  

    2014年06月 - 2016年06月

  • 日本ソフトウェア科学会   PPLサマースクール幹事  

    2014年05月 - 2014年09月

  • 日本ソフトウェア科学会   第31回大会(2014年9月) プログラム委員  

    2014年05月 - 2014年09月

  • 理化学研究所 計算科学研究機構   客員主管研究員  

    2014年04月 - 2015年03月

  • 情報処理学会   第77回全国大会プログラム委員会 委員  

    2014年04月 - 2015年06月

  • 情報処理学会   Annual Meeting on Advanced Computing System and Infrastructure ACSI2015 組織副委員長  

    2014年02月 - 2015年02月

  • 自動チューニング研究会   ``International Workshop on Automatic Performance Tuning'', iWAPT 2014, Program Committee Member  

    2013年10月 - 2015年03月

  • 情報処理学会   論文誌ジャーナル/JIP編集委員会 編集委員  

    2013年06月 - 2015年05月

  • 日本ソフトウェア科学会   プログラミング論研究会 運営委員  

    2013年04月 - 2017年03月

  • 情報処理学会   論文誌プログラミング編集委員会 編集委員  

    2013年04月 - 2015年03月

  • 情報処理学会   先進的計算基盤システムシンポジウム SACSIS2013 プログラム委員  

    2012年12月 - 2013年06月

  • ACM (Association for Computing Machinery)   ``The International Conference for High Performance Computing, Networking, Storage, and Analysis'', SC13, Technical Papers Committee Member (Programming Systems Area)  

    2012年10月 - 2013年11月

  • 自動チューニング研究会   ``International Workshop on Automatic Performance Tuning'', iWAPT 2013, Program Committee Member  

    2012年10月 - 2013年06月

  • 情報処理学会   プログラミング研究会 幹事  

    2012年04月 - 2014年03月

  • 日本ソフトウェア科学会   第29回大会(2012年8月) プログラム委員  

    2012年04月 - 2012年08月

  • 自動チューニング研究会   ``International Workshop on Automatic Performance Tuning'', iWAPT 2012, Program Committee Member  

    2011年11月 - 2013年02月

  • 日本ソフトウェア科学会   プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ PPL2012 プログラム委員  

    2011年11月 - 2012年03月

  • ACM (Association for Computing Machinery)   ``The International Conference for High Performance Computing, Networking, Storage, and Analysis'', SC12, Technical Papers Committee Member (Programming Systems Area)  

    2011年10月 - 2012年11月

  • IEEE   ``International Workshop on High-Level Parallel Programming Models and Supportive Environments'', HIPS 2012, Program Committee Member  

    2011年10月 - 2012年05月

  • 理化学研究所 計算科学研究機構   客員研究員  

    2011年05月 - 2014年03月

  • 情報処理学会   論文誌プログラミング編集委員会 編集委員  

    2011年04月 - 2013年03月

  • 情報処理学会   先進的計算基盤システムシンポジウム SACSIS2011 プログラム委員  

    2010年12月 - 2011年06月

  • 自動チューニング研究会   ``International Workshop on Automatic Performance Tuning'', iWAPT 2011, Program Committee Member  

    2010年10月 - 2011年06月

  • 日本ソフトウェア科学会   第28回大会(2011年9月) プログラム委員長  

    2010年09月 - 2011年09月

  • 情報処理学会   プログラミング研究会 幹事  

    2010年04月 - 2012年03月

  • 筑波大学計算科学研究センター 並列プログラミング言語検討委員会   委員  

    2009年07月 - 2012年03月

  • 自動チューニング研究会   ``International Workshop on Automatic Performance Tuning'', iWAPT 2009, Program Committee Member  

    2009年04月 - 2009年10月

  • 日本ソフトウェア科学会   第26回大会(2009年9月) プログラム委員  

    2009年04月 - 2009年09月

  • 情報処理学会   先進的計算基盤システムシンポジウム SACSIS2009 プログラム委員  

    2008年12月 - 2009年06月

  • 日本ソフトウェア科学会   プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ PPL2009 プログラム委員  

    2008年11月 - 2009年03月

  • 情報処理学会   関西支部 ものづくり基盤コンピューティングシステム研究会 運営委員  

    2008年04月 - 2012年03月

  • 情報処理学会   プログラミング研究会 運営委員  

    2008年04月 - 2010年03月

  • 情報処理学会   プログラミング研究会論文誌編集委員会 編集委員  

    2008年04月 - 2010年03月

  • 日本ソフトウェア科学会   プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ PPL2008 プログラム委員  

    2007年11月 - 2008年03月

  • 情報処理学会   先進的計算基盤システムシンポジウム SACSIS2007 プログラム委員  

    2006年12月 - 2007年06月

  • 日本ソフトウェア科学会   ディペンダブルソフトウェアワークショップ DSW'06-2 (2006年12月) プログラム委員  

    2006年11月 - 2006年12月

  • 情報処理学会   プログラミング研究会 運営委員  

    2006年04月 - 2008年03月

  • 情報処理学会   プログラミング研究会論文誌編集委員会 編集委員  

    2006年04月 - 2008年03月

  • 情報処理学会   先進的計算基盤システムシンポジウム SACSIS2006 プログラム委員  

    2005年12月 - 2006年06月

  • 日本ソフトウェア科学会   ディペンダブルソフトウェアワークショップ DSW'06 (2006年1月) プログラム委員  

    2005年12月 - 2006年01月

  • 情報処理学会   先進的計算基盤システムシンポジウム SACSIS 運営委員  

    2005年06月 - 現在

  • 日本ソフトウェア科学会   第22回大会(2005年9月) プログラム委員  

    2005年04月 - 2005年09月

  • 日本ソフトウェア科学会   ディペンダブルソフトウェアワークショップ DSW'05 (2005年1月) プログラム委員  

    2004年12月 - 2005年01月

  • IEEE   ``Workshop on Dependable Software -- Tools and Methods'' in the International Conference on Dependable Systems and Networks (DSN-2005), Program Committee Member  

    2004年11月 - 2005年07月

  • 情報処理学会   先進的計算基盤システムシンポジウム SACSIS2005 プログラム委員長  

    2004年05月 - 2005年05月

  • 情報処理学会   プログラミング研究会論文誌編集委員会 編集委員長  

    2004年04月 - 2006年03月

  • 情報処理学会   プログラミング研究会 主査  

    2004年04月 - 2006年03月

  • 日本ソフトウェア科学会   ディペンダブルソフトウェアワークショップ DSW04 (2004年2月) プログラム委員  

    2003年12月 - 2004年02月

  • 文部科学省科学技術・学術政策研究所 科学技術動向研究センター   専門調査員  

    2003年04月 - 2016年03月

  • 情報処理学会   プログラミング研究会論文誌編集委員会 編集委員  

    2003年04月 - 2004年03月

  • 情報処理学会   関西支部 VLSIシステム研究会 運営委員  

    2002年04月 - 2008年04月

  • 情報処理学会   プログラミング研究会 幹事  

    2002年04月 - 2004年03月

  • 日本ソフトウェア科学会   プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ PPL2003 共同プログラム委員長  

    2002年03月 - 2003年03月

  • 日本ソフトウェア科学会   プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ SPA 2002 プログラム委員  

    2001年11月 - 2002年03月

  • 日本ソフトウェア科学会   プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ SPA 2001 プログラム委員  

    2000年11月 - 2001年03月

  • 情報処理学会   並列処理シンポジウム JSPP2000 プログラム委員  

    1999年11月 - 2000年06月

  • 日本ソフトウェア科学会   プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ SPA 2000 プログラム委員  

    1999年11月 - 2000年03月

  • 情報処理学会   並列処理シンポジウム JSPP'99 プログラム委員  

    1998年11月 - 1999年06月

  • 日本ソフトウェア科学会   プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ SPA'99 プログラム委員  

    1998年11月 - 1999年03月

  • 情報処理学会   プログラミング研究会論文誌編集委員会 編集委員  

    1998年04月 - 2002年03月

  • 情報処理学会   プログラミング研究会 連絡/運営委員  

    1998年04月 - 2001年03月

  • 日本ソフトウェア科学会   プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ SPA'98 プログラム委員  

    1997年11月 - 1998年03月

  • 情報処理学会   論文査読委員  

    1997年04月 - 2005年03月

  • 情報処理学会   並列処理シンポジウム JSPP'97 実行委員会 幹事  

    1996年05月 - 1997年06月

▼全件表示