田向 権 (タムコウ ハカル)

TAMUKOH Hakaru

写真a

職名

教授

研究室住所

福岡県北九州市若松区ひびきの2-4

研究分野・キーワード

ハードウェア/ソフトウェア/ネットワーク複合体,半導体,FPGA,ソフトコンピューティング,脳型計算機,知能ロボット,知的画像処理

ホームページ

http://www.brain.kyutech.ac.jp/~tamukoh/

Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 5

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州工業大学 -  博士(工学)  2006年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院生命体工学研究科   人間知能システム工学専攻   教授  

  • 2014年04月
    -
    2021年03月

    九州工業大学   大学院生命体工学研究科   人間知能システム工学専攻   准教授  

  • 2013年02月
    -
    2014年03月

    九州工業大学   大学院生命体工学研究科   脳情報専攻   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年10月
    -
    2013年01月

    東京農工大学   工学府   助教   日本国

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2017年08月
    -
    継続中
     

    一般社団法人 行動評価システム研究所  日本国

  • 2016年06月
     
     
     

    ひびきのAI社会実装研究会  日本国

  • 2016年04月
    -
    継続中
     

    人工知能学会  日本国

  • 2015年03月
    -
    継続中
     

    ロボカップ日本委員会  日本国

  • 2015年03月
    -
    継続中
     

    日本ロボット学会  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ソフトコンピューティング

 

論文 【 表示 / 非表示

  • In-materio reservoir computing in a sulfonated polyaniline network

    Yuki Usami, Bram van de Ven, Dilu G. Mathew, Hakaru Tamukoh 他

    Advanced Materials  ( Wiley-VCH )    2021年09月  [査読有り]

  • A Sub-Model Detachable Convolutional Neural Network

    Ninnart Fuengfusin, Hakaru Tamukoh

    Journal of Robotics, Networking and Artificial Life    8 ( 1 ) 52 - 55   2021年05月  [査読有り]

    DOI

  • Mixed-precision weights network for field-programmable gate array

    Ninnart Fuengfusin, Hakaru Tamukoh

    PLOS ONE  ( Public Library of Science )  16 ( 5 )   2021年05月  [査読有り]

    機関リポジトリ DOI

  • FPGA Implementation of a Binarized Dual Stream Convolutional Neural Network for Service Robots

    Yoshimoto Yuma, Tamukoh Hakaru

    Journal of Robotics and Mechatronics  ( 富士技術出版株式会社 )  33 ( 2 ) 386 - 399   2021年04月  [査読有り]

     概要を見る

    <p>In this study, with the aim of installing an object recognition algorithm on the hardware device of a service robot, we propose a Binarized Dual Stream VGG-16 (BDS-VGG16) network model to realize high-speed computations and low power consumption. The BDS-VGG16 model has improved in terms of the object recognition accuracy by using not only RGB images but also depth images. It achieved a 99.3% accuracy in tests using an RGB-D Object Dataset. We have also confirmed that the proposed model can be installed in a field-programmable gate array (FPGA). We have further installed BDS-VGG16 Tiny, a small BDS-VGG16 model in XCZU9EG, a system on a chip with a CPU and a middle-scale FPGA on a single chip that can be installed in robots. We have also integrated the BDS-VGG16 Tiny with a robot operating system. As a result, the BDS-VGG16 Tiny installed in the XCZU9EG FPGA realizes approximately 1.9-times more computations than the one installed in the graphics processing unit (GPU) with a power efficiency approximately 8-times higher than that installed in the GPU.</p>

    機関リポジトリ DOI CiNii

  • Object Recognition Using Flexible Tactile Sensor

    Shoshi Tokuno, Yuichiro Tanaka, Takumi Kawasetsu, Koh Hosoda, and Hakaru Tamukoh

    Proceedings of Asia Pacific Conference on Robot IoT System Development and Platform    2020   81 - 82   2021年03月  [査読有り]

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 進化技術ハンドブック第II巻 応用編:情報・通信システム

    田向 権,関根 優年,山川 烈 ( 共編者 , 担当範囲: 18.4節 "FPGAによる遺伝的アルゴリズムのハードウェア実装" )

    (株) 近代科学社  2011年11月 ISBN: 978-4764904187

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • Ag2Seナノワイヤネットワークリザバーデバイスを用いた音声分類

    琴岡 匠,Lilak Sam,Stieg A. Z.,Gimzewski J. K.,田中 悠一朗,田向 権,宇佐美 雄生,田中 啓文

    第82回応用物理学会秋季学術講演会  2021年09月  -  2021年09月   

  • Depth画像を用いた一般物体認識ニューラルネットワークのハードウェア実装

    吉元 裕真,田向 権

    電子情報通信学会スマートインフォメディアシステム研究会(SIS)  2021年03月  -  2021年03月   

  • ホームサービスロボットがいるくらし”, What’s AI? -AIってなんだろう

    Hibikino-Musashi@Home

    ホームサービスロボットがいるくらし”, What’s AI? -AIってなんだろう  (福岡市科学館)  2020年12月  -  2020年12月   

  • Object Recognition by a Robot Hand Mounting Flexible Tactile Sensor

    Shoshi Tokuno, Yuichiro Tanaka, Takumi Kawasetsu, Koh Hosoda, Hakaru Tamukoh,

    8th International Symposium on Applied Engineering and Science (SAES2020)  (Online)  2020年12月  -  2020年12月   

  • A hardware-Oriented Pigeon-Inspired Optimization and its FPGA Implementation

    Tatsuya Hayashi, Kentaro Honda, Hakaru Tamukoh

    8th International Symposium on Applied Engineering and Science (SAES2020)  (Online)  2020年12月  -  2020年12月   

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 情報処理装置、及び情報処理方法

    特願 特願2021-007422  日本国

    田中 悠一朗,田向 権,内野 壱星

  • 情報処理装置、及び情報処理方法

    特願 特願2021-007423  日本国

    田中 悠一朗,田向 権,内野 壱星

  • ニューラルネットワーク及びその生成方法

    特願 特願2020-005238  日本国

    田向 権, 鈴木 章央

  • 情報処理装置

    特願 PCT/JP2018/035607  日本国

    田向 権, 榎田 修一, 山崎 裕太

  • 乱数生成器が不要なニューラルネットワークのハードウェア実装の方法及び乱数生成器が不要なニューラルネットワーク

    特願 特願2016-156471  日本国

    堀三晟,田向権, 森江隆

全件表示 >>

講演 【 表示 / 非表示

  • 海馬・扁桃体・前頭前野の機能を統合した脳型AIハードウェア

    第82回応用物理学会秋季学術講演会シンポジウム AIアクセラレータ -人工知能デバイスの新展開-   2021年09月10日 

  • 生活支援ロボットのための組込指向脳型計算機

    第20回情報科学技術フォーラム(FIT2021)人間・ロボットの協調のためのCV/PR技術 ( オンライン開催 )  2021年08月25日  一般社団法人電子情報通信学会 他

  • 組込指向脳型計算機と生活支援ロボットへの応用

    電子情報技術産業 (JEITA) 非ノイマン型情報処理へ向けたデバイス技術分科会   2020年12月11日 

  • 生活支援ロボットのための脳型人工知能

    第11回 脳型人工知能とその応用ミニワークショップ   2019年12月26日 

  • ホームサービスロボットの脳型人工知能のための回路とシステム

    電子情報通信学会回路とシステム研究会   2019年11月28日 

全件表示 >>

報道関係 【 表示 / 非表示

  • 「沼る最高会議」「好き過ぎて研究者沼」 今日は「ロボット沼」

    KBCラジオ アサデス  2021年08月26日

    田向 権

  • 「RoboCup」世界大会で準優勝

    文教速報 官庁通信社  2021年07月19日

    田向権,Hibikino-Musashi@Home

  • 九州工業大学チーム「RoboCup2021」世界大会準優勝!

    週刊文教ニュース 文教ニュース社  2021年07月19日

    田向権,Hibikino-Musashi@Home

  • =九州工業大学=「ロボカップジャパン」2冠達成

    週刊文教ニュース 文教ニュース社  2021年01月25日

    田向権,Hibikino-Musashi@Home

  • 九工大チームがロボカップジャパンで2冠達成

    文教速報 官庁通信社  2021年01月22日

    田向権,Hibikino-Musashi@Home

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • RoboCup 2021 RoboCup@Home Best Go, Get It! First Place

    2021年06月28日   RoboCup Federation   日本国

    受賞者:  Hibikino-Musashi@Home

  • RoboCup 2021 RoboCup@Home Domestic Standard Platform League Second Place

    2021年06月28日   RoboCup Federation   日本国

    受賞者:  Hibikino-Musashi@Home

  • RoboCup 2021 RoboCup@Home Best Open Challenge Award First Place

    2021年06月28日   RoboCup Federation   日本国

    受賞者:  Hibikino-Musashi@Home

  • RoboCup 2021RoboCup@Home Best Test Performance: Go, Get It! First Place

    2021年06月28日   RoboCup Federation   日本国

    受賞者:  Hibikino-Musashi@Home

  • 令和2年度学生プロジェクト報告会 最優秀賞

    2021年03月05日   令和2年度学生プロジェクト報告会   日本国

    受賞者:  Hibikino-Musashi@Home

全件表示 >>

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 知識転移学習と仮想回路の融合による脳型計算機の確立と自律型ロボットへの応用

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月

    研究課題番号:  26330279

  • 埋込型自己縮小画像コードブックとファジィ推論に基づく高倍率画像拡大法の開発

    基盤研究(B)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月

    研究課題番号:  24300092

  • 脳型再構成デバイスの実現と自律型ロボットへの応用

    若手研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月

    研究課題番号:  23700264

  • 色覚バリアフリーのための実時間映像処理ハードウェアシステムの開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2010年04月  -  2013年03月

    研究課題番号:  22500155

  • 自己縮小画像コードブックとファジィ推論に基づく実時間映像拡大処理システムの開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2009年04月  -  2012年03月

    研究課題番号:  21500230

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 自律型ロボットのための脳型計算機理論構築とそのハードウェアプラットフォーム

    提供機関:  民間財団等 

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月

  • 高性能なナチュラルユーザインタフェースを簡便かつ安価に実現する組込みシステム向け開発環境構築

    提供機関:  地方自治体 

    研究期間:  2013年04月  -  2014年02月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  システムLSI

  • 2020年度  ディジタル回路設計法

  • 2020年度  ディジタル回路設計法

  • 2020年度  AIセミナー

  • 2020年度  脳型システム

全件表示 >>

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など 【 表示 / 非表示

  • ロボカップジャパンオープン2020 @ホームシミュレーションリーグ 準優勝(Technical Challenge)

    2020年11月   ロボカップジャパンオープン2020開催委員会

  • ロボカップジャパンオープン2020 @ホームシミュレーションリーグ 準優勝(Technical Challenge)

    2020年11月   ロボカップジャパンオープン2020@ホームリーグ実行委員会

  • 最優秀賞

    2020年02月   令和元年度学生プロジェクト報告会

  • Best Paper Award

    2019年09月   2019 4th IEEE International Circuits and Systems Symposium (ICSyS 2019)

  • @ホーム・ドメスティックスタンダードプラットフォームリーグ優勝

    2019年08月   ロボカップジャパンオープン2019ながおか開催委員会

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    2018年09月

    電子情報通信学会   Guest Editors-in-Chief, Special Section on Smart Multimedia & Communication Systems, The IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences

  • 2017年08月
    -
    継続中

    一般社団法人 行動評価システム研究所   理事

  • 2017年06月
    -
    継続中

    電子情報通信学会   スマートインフォメディアシステム研究会幹事

  • 2016年10月
    -
    2017年09月

    電子情報通信学会   Technical Program Chair, International Workshop on Smart Info-Media Systems in Asia (SISA2017)

  • 2016年06月
    -
    継続中

    ひびきのAI社会実装研究会   委員

全件表示 >>

社会貢献活動(講演会・出前講義等) 【 表示 / 非表示

  • やさしい科学技術セミナー

    2014年07月
     
     

     概要を見る

    本学生命体工学研究科(若松キャンパス)では、平成26年7月23日(水)、国際科学技術財団のイベントの一環として、主にスーパーサイエンスハイスクール指定校である福岡県立東筑高校の生徒40名を対象に、「やさしい科学技術セミナー」を開催しました。
     大学院生命体工学研究科 人間知能システム工学専攻の 田向 権 准教授が講師を担当し、まず座学で人間と機械の視覚の違いと画像がコンピュータでどのように扱われているかを解説し、次に、実際の画像認識プログラムを用いて、カーロボ連携大学院の夏休み総合実習のひとつでもある“@ホームサービスロボット”に物を追いかけさせる実験を行いました。実験では二つの画像認識手法を利用して、生徒自らがパラメタを調整して様々な対象物の認識に挑みました。