田上 真 (タガミ マコト)

TAGAMI Makoto

写真a

職名

准教授

研究室住所

福岡県飯塚市川津680-4

研究分野・キーワード

代数的組合せ論

Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 3

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1999年03月   九州大学   理学部   数学科   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2004年03月  九州大学  数理学府  数理学専攻  博士課程・博士後期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  博士(数理学)  2004年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   情報・通信工学研究系   准教授  

  • 2013年04月
    -
    2019年03月

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   システム創成情報工学研究系   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年10月
    -
    2013年03月

    新潟工科大学   機械制御システム工学科   准教授   日本国

  • 2009年02月
    -
    2011年09月

    東北大学   大学院理学研究科数学専攻   助教   日本国

  • 2006年04月
    -
    2009年02月

    金沢大学   大学院自然科学研究科   日本学術振興会特別研究員   日本国

  • 2004年04月
    -
    2006年03月

    九州大学   大学院数理学研究院   研究員   日本国

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    継続中
     

    日本数学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 代数的組合せ論

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Harmonic Index t-Designs in the Hamming Scheme for Arbitrary q

    Tagami M., Hori R.

    Graphs and Combinatorics    36 ( 4 ) 1093 - 1109   2020年07月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2020, Springer Japan KK, part of Springer Nature. The notion of T-design in a symmetric association scheme was introduced by Delsarte. A harmonic index t-design is the particular case in which the index set T consists of a single index { t}. Zhu et al. studied a harmonic index t-design in the binary Hamming scheme and gave a Fisher type lower bound on the cardinality. Also they defined the notion of a tight harmonic index design using the bound, and considered the classification problem. In this paper, we extend their results to the general Hamming scheme and improve their Fisher type lower bound slightly. Also using the improved Fisher type lower bound, we redefine the notion of a tight harmonic index design and consider the classification problem. Furthermore, we give a natural characterization for a harmonic index t-design and an analogue in the Hamming scheme for the construction of spherical harmonic index t-designs which was given by Bannai–Okuda–Tagami.

    DOI Scopus

  • Spherical designs of harmonic index t (共著)

    Eiichi Bannai, Takayuki Okuda, Makoto Tagami

    Journal of Approximation Theory    195   1 - 18   2015年07月  [査読有り]  [招待有り]

    DOI Scopus

  • ケプラー予想の計算機による証明と検証について(共著)

    溝口佳寛, 田上真

    数学セミナー  ( 日本評論社 )    2014年11月

     概要を見る

    ヘールズのケプラー予想の計算機証明の検証についての解説記事である。

  • Negatively curved cubic carbon crystals with octahedral symmetry

    Makoto Tagami, Yunye Liang, Hisashi Naito, Yoshiyuki Kawazoe, Motoko Kotani

    Carbon    76   266 - 274   2014年09月  [査読有り]

    DOI Scopus

  • 球デザインの材料科学への応用(<特集>離散幾何学から提案する新物質創成・物性発現の解明)

    田上 真

    応用数理  ( 一般社団法人 日本応用数理学会 )  23 ( 4 ) 166 - 170   2013年01月

     概要を見る

    In this paper, we introduce some applications of spherical designs to materials science. A spherical design, which is a notion of pure mathematics, has been mainly studied well in algebraic combinatorics. Spherical design is defined as what giving a good configuration of finite points on sphere from the viewpoint of the surface integral. On the other hand, it is closely related to minimizing potential energy of finite points on sphere. We extend the theory of potential energy minimization to Euclidean designs, which is a natural generalization of spherical designs to Euclidean space, and apply Euclidean design to structural analysis of metal clusters, in particular, to rhodium clusters. Some other applications of spherical design are stated.

    DOI CiNii

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 基礎数学VIII

    田上真 ( 単著 )

    東京化学同人  2019年01月 ISBN: 9784807915002

     概要を見る

    代数学の基礎である群論の基本的解説を行った。

  • 理工系学生のための微分積分(共著)

    岡崎悦明,岡山友昭,齋藤夏雄,佐藤好久,田上真,廣門正行,廣瀬英雄 ( 共著 , 担当範囲: 2章 )

    培風館  2017年02月 ISBN: 978-4-563-01209-0

     概要を見る

    工学系学生のために必要な微分積分の知識を分かり易く、丁寧に、かつ必要なものだけをピックパップして、記述した教科書である。項目反応理論を用いたWEBで自学できるアシストがついており、学生は自分の学習レベルをWEBで確認できるものになっている。

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • Harmonic index t-designs in Hamming Schemes

    田上 真

    Japanese Conference on Combinatorics and Its Applications 2019  2019年08月  -  2019年08月   

  • Hamming scheme 上の調和指数 t-designについて

    田上 真

    第36回代数的組合せ論シンポジウム  (長崎大学文教キャンパス)  2019年06月  -  2019年06月    島袋修

  • Harmonic Index t-design in Hamming Schemes

    田上真

    博多ワークショップ(冬の集会)2019  (九州大学伊都キャンパス)  2019年02月  -  2019年02月    溝口佳寛、谷口哲̪至、島袋修、田上真、栗原大武、千葉周也、三枝崎剛

  • Harmonic Index t-design in Hamming Schemes

    Makoto Tagami

    International Workshop on Algebraic Combinatorics  (Anhui University, China)  2018年11月  -  2018年11月    J. Koolen and A. Munemasa

     概要を見る

    球面上で考えられていた調和指数デザインのHamming scheme版を考察し、調和指数デザインに対する特徴づけ、構成法、Fisher型不等式を与えた。

  • On the classification of Mackay crystals by Group action

    Makoto Tagami, Yunye Liang, Hisashi Naito, Yoshuyuki Kawazoe, Motoko Kotani

    International workshop on topology/geometry-driven Electron Systems  (名古屋大学)  2015年12月  -  2015年12月    尾上順

全件表示 >>

講演 【 表示 / 非表示

  • On harmonic index designs

    金沢大学セミナー   2020年02月03日 

  • Euclidean Distortion of small graphs

    上海交通大学組合せ論セミナー   2017年12月06日 

  • 高校数学についてのいくつかの話題

    福岡県高等学校数学教育会   2017年12月01日 

  • universally optimal codeの紹介

    CREST セミナー   2010年12月 

  • Geometry of Chemical Graphs」の解説 1

    CREST セミナー   2009年05月 

全件表示 >>

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • デザイン理論によるエネルギー最小化構造の総合的研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月

    研究課題番号:  26800082

  • 球面上のデザイン、コード理論に対するDelsarte理論の拡張

    特別研究員奨励費

    研究期間:  2006年04月  -  2009年03月

    研究課題番号:  06J00226

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  代数的組合せ論特論

  • 2020年度  応用数学

  • 2020年度  線形代数Ⅱ・同演習

  • 2020年度  線形代数Ⅱ・同演習

  • 2020年度  微分方程式

全件表示 >>

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など 【 表示 / 非表示

  • 平成30年度 Lecture of the Year

    2019年06月   九州工業大学情報工学部

 

国際会議の開催 【 表示 / 非表示

  • The 17th Japan-Korea Workshop on Algebra and Combinatorics

    2019年01月28日  -  2019年01月29日  Eiichi Bannai, Sejeong Bang, Jung Rae Cho, Mitsugu Hirasaka, Andreas Holmsen, Tatsuro Ito, Hyun Kwang Kim, Younjin Kim, Jack Koolen, Hirotake Kurihara, Yoshihiro Mizoguchi, Koji Momihara, Akihiro Munemasa, Sang-il Oum, Yoshio Sano, Makoto Tagami

  • The 16th Korea-Japan Workshop on Algebra and Combinatorics

    2018年02月08日  -  2018年02月10日 

  • The 13th Japan-Korea workshop on algebra and combinatorics

    2015年01月29日  -  2015年01月31日