2024/06/06 更新

写真a

シバタ トモヒロ
柴田 智広
SHIBATA Tomohiro
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 16

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院生命体工学研究科 人間知能システム工学専攻
職名
教授
外部リンク

研究キーワード

  • 意思決定

  • 社会的知能

  • ロボティクス

  • 生体信号計測・解析

  • 適応支援システム

  • 運動学習

研究分野

  • 情報通信 / 知覚情報処理

  • 情報通信 / 知能ロボティクス

出身大学院

  • 1996年03月   東京大学   工学系研究科   情報工学専攻   博士課程・博士後期課程   修了   日本国

  • 1993年03月   東京大学   工学系研究科   情報工学専攻   修士課程・博士前期課程   修了   日本国

取得学位

  • 東京大学  -  博士(工学)   1996年03月

学内職務経歴

  • 2022年04月 - 2024年03月   九州工業大学   大学院生命体工学研究科   人間知能システム工学専攻     人間知能システム工学専攻長

  • 2014年04月 - 現在   九州工業大学   大学院生命体工学研究科   人間知能システム工学専攻     教授

  • 2014年01月 - 2014年03月   九州工業大学   大学院生命体工学研究科   脳情報専攻     教授

学外略歴

  • 2014年04月 - 現在   中部大学   ロボット理工学科   客員教授   日本国

  • 2014年01月 - 2018年03月   奈良先端科学技術大学院大学   客員教授   日本国

所属学会・委員会

  • 1991年04月 - 現在   日本ロボット学会   日本国

  • 1998年04月 - 現在   日本神経回路学会   日本国

  • 1997年04月 - 現在   電子情報通信学会   日本国

  • 2021年08月 - 現在   看護理工学会   日本国

  • 2021年06月 - 現在   厚生労働省介護ロボットのニーズ・シーズ マッチング支援事業マッチング委員会委員   日本国

  • 2020年10月 - 2022年09月   日本工学アカデミープロジェクト「インクルーシブなSTEM研究環境の構築」委員   日本国

  • 2020年01月 - 現在   英国ウェルカム財団プロジェクト「 障害者の未来のための技術を想像する」アドバイザ   日本国

  • 2018年06月 - 現在   日本機械学会   日本国

  • 2016年07月 - 2021年06月   北九州市介護ロボット等導入実証事業ワーキンググループ   日本国

  • 2013年07月 - 現在   インドロボット学会   インド

  • 2004年01月 - 現在   米国電気電子学会(IEEEアイ・トリプル・イー)   アメリカ合衆国

  • 1997年04月 - 現在   日本神経回路学会   日本国

  • 1997年04月 - 現在   電子情報通信学会   日本国

  • 1993年04月 - 現在   日本ロボット学会   日本国

▼全件表示

論文

  • ホームサービスロボットによる衣服が掛けられ密着して吊るされたハンガーの能動的認識 査読有り

    山崎駆, 酒井義史, 梶原拓己, 柴田智広

    日本ロボット学会誌 ( 日本ロボット学会 )   41 ( 10 )   881 - 884   2023年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    日本   東京   2022年09月05日  -  2022年09月09日

    DOI: https://doi.org/10.7210/jrsj.41.881

    DOI: https://doi.org/10.7210/jrsj.41.881

  • Handling Class Imbalance in Forecasting Parkinson’s Disease Wearing-off with Fitness Tracker Dataset 査読有り 国際誌

    Victorino, J, N., Inoue, S., Shibata, T.

    Neural Information Processing ( Springer Nature )   564 - 578   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    中国   長沙市   2023年11月20日  -  2023年11月23日

    DOI: 10.1007/978-981-99-8141-0_42

  • Multi-view image-based behavior classification of Wet-Dog Shake in Kainate Rat Model 査読有り 国際誌

    Blanco Negrete, S., Arai, H., Natsumme, K., Shibata, T.

    Frontiers in Behavioral Neuroscience ( Frontiers )   Sec. Individual and Social Behaviors, Volume 17   2023年05月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3389/fnbeh.2023.1148549

    DOI: 10.3389/fnbeh.2023.1148549

  • ホームサービスロボットのための高精度な特定人物追跡システムの開発 査読有り

    小野 智寛, 阿部 佑志, 石田 裕太郎, 柴田 智広, 田向 権

    日本ロボット学会誌 ( 一般社団法人 日本ロボット学会 )   41 ( 2 )   198 - 201   2023年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>In this paper, we propose a highly accurate specific person tracking system for home service robots. This study focuses on Selected Online Ada-Boosting (SOAB) and Kernelized Correlation Filters (KCF). It proposes the Selected KCF (SKCF), which combines features of fast adaptation to a specific person and robustness for occlusion. We also propose a system that combines You Only Look Once (YOLO), a real-time object detection algorithm, with SKCF to initialize and recover the tracking system. The proposed system runs at 17 [fps] in an experimental environment with an Intel Core i7-8700K CPU and an NVIDIA GTX 1080 GPU. We also show that the tracking accuracy of the proposed system on public datasets for tracking specific persons is better than that of conventional methods. </p>

    DOI: 10.7210/jrsj.41.198

    CiNii Research

  • Estimation of subjective quality of life in schizophrenic patients using speech features 査読有り 国際誌

    Shibata, Y., Victorino, JN, Natsuyama, T., Okamoto, N., Yoshimura, R., Shibata, T.

    Frontiers in Rehabilitation Sciences ( Frontiers )   4   13 pages   2023年03月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3389/fresc.2023.1121034

    DOI: 10.3389/fresc.2023.1121034

    その他リンク: https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fresc.2023.1121034/full

  • 人工筋スーツを用いた介護非熟達者への熟達者のスキル転移

    柴田 智広、山口 健太、山崎 駆、栗田 雄一

    地域ケアリング ( 北隆館 )   24 ( 14 )   104 - 105   2022年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • Acoustic camera system for measuring ultrasound communication in mice 査読有り

    Matsumoto, J., Kanno, K., Kato, M., Nishimaru, H., Setogawa, T., Chinzorig, C., Shibata, T., Nishijo,H.

    iScience ( ScienceDirect )   25 ( 8 )   2022年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.isci.2022.104812

    DOI: 10.1016/j.isci.2022.104812

  • Fatigue Assessment using Surface EMG on Lifting Motions 査読有り 国際誌

    Kogami, T., Higuchi, A., Shibata, T.

    The 2022 IEEE 4th Global Conference on Life Sciences and Technologies(LifeTech 2022) ( IEEE )   435 - 436   2022年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   大阪   2022年03月07日  -  2022年03月09日

  • Predicting sit-to-stand adaptations due to muscle strength deficits and assistance trajectories to complement them 査読有り 国際誌

    Kumar, V., Yoshiike, T., Shibata,T.

    Frontiers in Bioengineering and Biotechnology, section Biomechanics ( Frontiers )   10   15ページ   2022年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Sit-to-stand (STS) transition is one of the most bio-mechanically challenging task necessary for performing activities of daily life. With muscle strength being the most dominant, many co-occurring factors influence how individuals perform STS. This study investigates the STS changes and STS failure caused by strength deficits using the trajectories generated employing an open-loop single shooting optimization framework and musculoskeletal models. The strength deficits were introduced by simultaneously scaling the maximum isometric strength of muscles in steps of 20%. The optimization framework could generate successful STS transitions for models with up to 60% strength deficits. The joint angle kinematics, muscle activation patterns, and the ground reaction forces from the 0% strength deficit model’s STS transition match those observed experimentally for a healthy adult in literature. Comparison of different strength deficit STS trajectories shows that the vasti muscle saturation leads to reduced activation of the antagonistic hamstring muscle, and consequently, the gluteus maximus muscle saturation. Subsequently, the observation of reduced hamstring activation and the motion tracking results are used to suggest the vasti muscle weakness to be responsible for STS failure. Finally, the successful STS trajectory of the externally assisted 80% strength deficit model is presented to demonstrate the optimization framework’s capability to synthesize assisted STS transition. The trajectory features utilization of external assistance as and when needed to complement strength deficits for successful STS transition. Our results will help plan intervention and design novel STS assistance devices.

    DOI: 10.3389/fbioe.2022.799836

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85128191535&origin=inward

  • Understanding Wearing-Off Symptoms in Parkinson’s Disease Patients using Wrist-Worn Fitness Tracker and a Smartphone 査読有り 国際誌

    Victorino, J. N., Shibata, Y., Inoue, S., Shibata, T.

    Procedia Computer Science ( Elsevier )   196   684 - 691   2022年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    ポルトガル   Braga   2021年10月13日  -  2021年10月15日

    DOI: 10.1016/j.procs.2021.12.064

  • Fatigue Assessment Using Surface EMG on Lifting Motions 査読有り

    Kogami T., Higuchi A., Shibata T.

    LifeTech 2022 - 2022 IEEE 4th Global Conference on Life Sciences and Technologies   425 - 426   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Caregivers experience back pain due to concentrated load on the lumbar region. It is essential to understand the correct working posture because the wrong nursing posture causes the concentrated load to the lower back. The purpose of this study is to build a framework for estimating the fatigue state from the median frequency of surface EMG to clarify the relationship between performance and fatigue due to different working postures. The tasks measured here were two movements of lifting heavy objects: Stoop, which involves lifting with the force of the waist, and Squat, which involves lifting with the force of the legs. Ten healthy adults were measured in the experiment. There was no difference in the average number of lifting movements of the subjects, 36.2 for Stoop and 35.9 for Squat. However, the number of times the subjects with shallow lumbar flexion angle in Squat was recorded much higher than the average. Single regression analysis of the intermediate frequencies of the surface EMG showed that the slope of the intermediate frequency of the Stoop movement was large, except for the right erector spinae muscle. These results suggest that that movements using leg force rather than lower back force would reduce the risk of low back pain.

    DOI: 10.1109/LifeTech53646.2022.9754833

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85129153294&origin=inward

  • Development of a Multimodal Conversation Agent in Assessing Quality of Life among Schizophrenic Patients 査読有り 国際誌

    Victorino, J. N., Shibata, Y., Shibata, T.

    9th International Symposium on Applied Engineering and Sciences(SAES2021) ( 九州工業大学・マレーシアプトラ大学 )   2ページ   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2021年12月05日  -  2021年12月08日

  • Real-time Robotic Arm Teleoperation through 3D Hand Pose Estimation 査読有り 国際誌

    Batpurev, T., Kumar, V., Anraku, M., Yamasaki, K., Shibata, T.

    9th International Symposium on Applied Engineering and Sciences(SAES2021) ( 九州工業大学・マレーシアプトラ大学 )   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2021年12月05日  -  2021年12月08日

  • Proposal of a 3D Hand Pointing Method Considering Tremor in Parkinson’s Disease Patients 査読有り 国際誌

    Anraku, M., Batpurev, T., Yamasaki, K., Shibata, T.

    9th International Symposium on Applied Engineering and Sciences(SAES2021) ( 九州工業大学・マレーシアプトラ大学 )   2ページ   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2021年12月05日  -  2021年12月08日

  • Discrepancy between Estimated Muscle Activity and Muscle Activity of Erector Spinae Muscles during Wheelchair Transfer 査読有り 国際誌

    Iida, R., Higuchi, A., Shibata, T.

    9th International Symposium on Applied Engineering and Sciences(SAES2021) ( 九州工業大学・マレーシアプトラ大学 )   1ページ   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2021年12月05日  -  2021年12月08日

  • Picking Up Clothes from a Hanger Rack Using Voice Recognition by a Mobile Manipulator 査読有り 国際誌

    Sakai, Y., Yamasaki, K., Shibata, T.

    9th International Symposium on Applied Engineering and Sciences(SAES2021) ( 九州工業大学・マレーシアプトラ大学 )   1ページ   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2021年12月05日  -  2021年12月08日

  • Development of a Compact Wireless Walking Assist Device for Parkinson’s Disease Patients 査読有り 国際誌

    Kawamoto, R., Yoshitake, T., Kurita, Y., Shibata, T.

    9th International Symposium on Applied Engineering and Sciences(SAES2021) ( 九州工業大学・マレーシアプトラ大学 )   2ページ   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2021年12月05日  -  2021年12月08日

  • Toward Automated Tomato Harvesting System: Integration of Haptic Based Piezoresistive Nanocomposite and Machine Learning 査読有り 国際誌

    Azhari, S., Setoguchi, T., Sasaki, I., Nakagawa, A., Ikeda, K., Azhari, A., Intan, H. H., Mohd, N. H., Fukunaga, N., Shibata, T., Tanaka, H.

    IEEE Sensors Journal ( IEEE )   21 ( 24 )   27810 - 27817   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Carbon nanotubes (CNT)/polydimethylsiloxane (PDMS) have been investigated as potential materials for tomato-harvesting applications. The current-voltage (I-V) and current time (I-t) properties, as well as tomato hardness measurement and support-vector machine learning, were used to determine the performance of the sensor with respect to sensitivity, response time, accuracy, and detection limit of the nanocomposite. The data suggested an accurate (± 5.2%) measurement in a low-weight region of tomato. Narrowing of the I-V hysteresis curve towards a higher weight region was observed as a result of the increase in electron pathways. The fabricated sensor displayed a higher sensitivity (15 mV / mu text{m} ) than the commercial sensor (1 mV / mu text{m} ). In addition, machine learning of the resistance-displacement curve data yielded an average accuracy level of 0.67 when tested using acquired data.

    DOI: 10.1109/JSEN.2021.3124914

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85118629316&origin=inward

  • Automatic Identification of Mice Social Behavior through Multi-Modal Latent Space Clustering 査読有り 国際誌

    Batpurev, T., Shibata, T., Matsumoto, J., Nishijo, H.

    IEEE Xplore ( IEEE )   1 - 8   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州   2020年08月16日  -  2020年08月20日

    DOI: 10.1109/ICIEVicIVPR52578.2021.9564213

  • Behavior and Emotional Modification at Latent Period of Rat Epilepsy Model 査読有り 国際誌

    Arai, H., Blanco, N.S., Labuguen,R., Shibata, T., Natsume, K.

    60th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan (SICE) ( Society of Instrument and Control Engineers (SICE) )   546 - 551   2021年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   東京都   2021年09月08日  -  2021年09月10日

  • Predicting Wearing-Off of Parkinson’s Disease Patients Using a Wrist-Worn Fitness Tracker and a Smartphone: A Case Study 査読有り 国際誌

    Victorino, J. N., Shibata, Y., Inoue, S. Shibata T.

    Applied Sciences ( MDPI )   11 ( 16 )   22ページ   2021年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Parkinson’s disease (PD) patients experience varying symptoms related to their illness. Therefore, each patient needs a tailored treatment program from their doctors. One approach is the use of anti-PD medicines. However, a “wearing-off” phenomenon occurs when these medicines lose their effect. As a result, patients start to experience the symptoms again until their next medicine intake. In the long term, the duration of “wearing-off” begins to shorten. Thus, patients and doctors have to work together to manage PD symptoms effectively. This study aims to develop a prediction model that can determine the “wearing-off” of anti-PD medicine. We used fitness tracker data and self-reported symptoms from a smartphone application in a real-world environment. Two participants wore the fitness tracker for a month while reporting any symptoms using the Wearing-Off Questionnaire (WoQ-9) on a smartphone application. Then, we processed and combined the datasets for each participant’s models. Our analysis produced prediction models for each participant. The average balanced accuracy with the best hyperparameters was at 70.0–71.7% for participant 1 and 76.1–76.9% for participant 2, suggesting that our approach would be helpful to manage the “wearing-off” of anti-PD medicine, motor fluctuations of PD patients, and customized treatment for PD patients.

    DOI: 10.3390/app11167354

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85112560646&origin=inward

  • A Study on Simultaneous Use of a Robotic Walker and a Pneumatic Walking Assist Device Designed for PD Patients 査読有り 国際誌

    Ali, A., Kawamoto, R., Shibata, T.

    IEEE Explore ( IEEE )   144 - 148   2021年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    韓国   Gangneung-si, Gangwon-do   2021年07月12日  -  2021年07月14日

    DOI: 10.1109/UR52253.2021.9494638

  • Blue as an Underrated Alternative to Green: Photoplethysmographic Heartbeat Intervals Estimation under Two Temperature Conditions 査読有り 国際誌

    Shchelkanova,E.,Shchapova,L.,Shchelkanov,A.,Shibata,T.

    Sensors ( Multidisciplinary Digital Publishing Institute(MDPI) )   21 ( 12 )   14ページ   2021年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3390/s21124241

  • MacaquePose: A Novel “In the Wild” Macaque Monkey Pose Dataset for Markerless Motion Capture 査読有り 国際誌

    Labuguen,R., Matsumoto, J., Blanco, N.S., Nishimaru, H., Nishijo, H., Takada,M., Go,Y., Inoue, K., Shibata, T.

    Frontiers in Behavioral Neuroscience   14   8ページ   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Video-based markerless motion capture permits quantification of an animal's pose and motion, with a high spatiotemporal resolution in a naturalistic context, and is a powerful tool for analyzing the relationship between the animal's behaviors and its brain functions. Macaque monkeys are excellent non-human primate models, especially for studying neuroscience. Due to the lack of a dataset allowing training of a deep neural network for the macaque's markerless motion capture in the naturalistic context, it has been challenging to apply this technology for macaques-based studies. In this study, we created MacaquePose, a novel open dataset with manually labeled body part positions (keypoints) for macaques in naturalistic scenes, consisting of >13,000 images. We also validated the application of the dataset by training and evaluating an artificial neural network with the dataset. The results indicated that the keypoint estimation performance of the trained network was close to that of a human-level. The dataset will be instrumental to train/test the neural networks for markerless motion capture of the macaques and developments of the algorithms for the networks, contributing establishment of an innovative platform for behavior analysis for non-human primates for neuroscience and medicine, as well as other fields using macaques as a model organism.

    DOI: 10.3389/fnbeh.2020.581154

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85100594584&origin=inward

  • Performance Evaluation of Markerless 3D Skeleton Pose Estimates with Pop Dance Motion Sequence 査読有り 国際誌

    Labuguen,R.,Blanco, N.S.,Kogami, T.,Ingco, W,E,M., Shibata, T.

    IEEE Explore ( IEEE )   1 - 7   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州   2020年08月26日  -  2020年08月29日

    The evaluation of markerless pose estimation performed by OpenPose has been getting much attention from researchers of human movement studies. This work aims to evaluate and compare the output joint positions estimated by the OpenPose with a marker-based motion-capture data recorded on a pop dance motion. Although the marker-based motion capture can accurately measure and record the human joint positions, this particular set-up is expensive. The framework to compare the outputs of the markerless method to the ground truth marker-based joint remains unknown, especially for complex body motion. Synchronization, camera calibration, and 3D reconstruction by fusing the outputs of the markerless method (OpenPose) are discussed. In this case study, the comparison results illustrate that the mean absolute errors for each key points are less than 700 mm. Contribution: This work contributes for human movement science by evaluating the OpenPose markerless 3D reconstruction pose with the marker-based motion-capture data recorded on pop dance motion.

    DOI: 10.1109/ICIEVicIVPR48672.2020.9306581

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85099878623&origin=inward

  • Synthesizing Cell Protein data for Human Protein Cell Profiling Using Dual Deep Generative Modeling 査読有り 国際誌

    Ranjan, R.,Inoue, S.,Shibata, T.

    IEEE Explore ( IEEE )   1 - 6   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州   2020年08月26日  -  2020年08月29日

    To understand the biology of health, and how molecular dysfunction leads to disease, knowledge of the human cell is essential. The protein is the core unit of the human body made from trillions of cells, forming the body's various tissues. These tissues come together to create human organs. It is essential to understand the Spatio-temporal distribution of proteins in cells and to investigate human RNA-sequencing for human genes characterization. For this, it requires a massive amount of annotated data. However, due to many considerations like the high cost of data sample collection, lack of data sample availability, and lawful clauses for patient privacy, the majority of medical data is out of reach for general public research. In this study, we propose a new dual deep generative method for synthesizing human cell protein images by using the Generative Adversarial Network technique. Specifically, for that, we pair original cell protein images with their respective Cell-protein-tree. These pairs are then used to learn the mapping from a binary cell protein to a new cell protein image. For this purpose, we use an image-to-image translation technique based on adversarial learning. The generated cell protein images are expected to preserve the structural and visual quality of the training images. Visual and quantitative analysis of the experimental results demonstrates that the synthesized data are preserving the desired quality while maintaining the different forms of original data. Contribution-We have proposed a new dual deep generative model for synthesizing cell protein data.

    DOI: 10.1109/ICIEVicIVPR48672.2020.9306574

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85099881187&origin=inward

  • Electric Wheelchair Control Using Head Velocity-Based Gesture Recognition Specializing in Turning Motion 査読有り

    YAMASAKI Kakeru, ANRAKU Moeno, SHIBATA Tomohiro, SUWA Masaki

    Proceedings of International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st century : LEM21 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2021.10 ( 0 )   125-118   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    <p>We have been developing the "Smart Workcell," which supports the elderly and disabled in the high-mix, low-volume production of products and self-help devices. This study installed an electric wheelchair in a Smart Workcell and proposed a velocity-based head gesture control system that uses the face orientation acquired by a depth sensor to allow the user to change the chair posture in an ambient manner. Finally, the proposed system's effectiveness is verified by experiments, and prospects, such as speech recognition methods as a human interface for electric wheelchair are also discussed.</p>

    DOI: 10.1299/jsmelem.2021.10.125-118

    CiNii Research

  • A Framework for a Smart Walker System with Voice-based Virtual Assistant, Actuators & Sole Sensor for Rehabilitation Monitoring 査読有り 国際誌

    ALI Abdul, VICTORINO John Noel, DURAN JIMENEZ Raul Ariel, SHIBATA Tomohiro

    The Abstracts of the international conference on advanced mechatronics : toward evolutionary fusion of IT and mechatronics : ICAM ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2021.7 ( 0 )   GS3-4   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1299/jsmeicam.2021.7.gs3-4

    CiNii Research

  • Developing a smart workcell prototype for the elderly and people with disabilities 査読有り 国際誌

    Yamasaki, K., Duran Jimenez, R.A., Shibata, T., Suwa, M.

    8th International Symposium on Applied Engineering and Sciences(SAES2020) ( 九州工業大学・マレーシアプトラ大学 )   1ページ   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2020年12月12日  -  2020年12月19日

  • Development of an Assistive Walker Using HEBI Robot Modules 査読有り 国際誌

    Ali, A., Shibata, T.

    8th International Symposium on Applied Engineering and Sciences(SAES2020) ( 九州工業大学・マレーシアプトラ大学 )   1ページ   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2020年12月12日  -  2020年12月19日

  • ホームサービスロボットのための高精度な特定人物追跡システムの開発 査読有り

    小野智寛、 阿部佑志、石田裕太郎、柴田智広、 田向権

    日本ロボット学会誌 ( 日本ロボット学会 )   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • An Exploration of Blue PPG Signal Using a Novel Color Sensor-based PPG System 査読有り 国際誌

    Shchelkanova, E., Shchelkanov, A., Shchapova, L., Shibata, T.

    IEEE Explore ( IEEE )   2020-July   4414 - 4420   2020年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    カナダ   Montreal   2020年07月20日  -  2020年07月24日

    Reflectance photoplethysmography is a widely employed method in personal health assessment devices. We developed a remote PPG system for obtaining the signal from palm skin. For the handle-mounted design, it is crucial to ensure accurate measurements under a range of skin temperatures. Under lower temperatures, green PPG was proven to provide superior signal quality in comparison to infrared PPG. However, since hemoglobin has maximum absorption in both green and blue parts of the spectrum, to ensure a stable performance of handle-mounted PPG system under different temperature conditions, it is worth exploring the PPG signal in both wavelengths. In our PPG system, TCS3472 Color Sensor was chosen as a photodetector. In distinction from video cameras with Bayer pattern, the TCS3472 has an equal number of R, G, and B sensing elements, thereby allowing the comparison of these wavelengths performance. Using the developed system, we compared green and blue PPG signals from six subjects in terms of amplitude and accuracy of heartbeat intervals estimation under two temperature conditions. According to our preliminary results, the performance of blue PPG was comparable to green PPG under both temperature conditions, suggesting further investigation with our system is worth conducting.

    DOI: 10.1109/EMBC44109.2020.9175745

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85090997821&origin=inward

  • Effects of Gait Inducing Assist for Patients with Parkinson’s Disease on Double Support Phase During Gait 査読有り 国際誌

    Higuchi, Ai., Shiraishi, Junichiro.,Kurita, Yuichi and Shibata, T.

    Journal of Robotics and Mechatronics ( 富士技術出版 )   32 ( 4 )   798 - 811   2020年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.20965/jrm.2020.p0798

  • Electric Wheelchair-Humanoid Robot Collaboration for Clothing Assistance of the Elderly 査読有り 国際誌

    Joshi, R.P., Tarapure, J.P., Shibata, T.

    IEEE Xplore ( IEEE )   300 - 306   2020年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   東京都   2020年06月06日  -  2020年06月08日

    DOI: 10.1109/HSI49210.2020.9142645

  • Dielectric elastomer based stretchable textile sensor for capturing motion 国際誌

    Singh,N,K.,Takashima,K., and Shibata,T.

    Electroactive Polymer Actuators and Devices (EAPAD) XXII ( International Society for Optics and Photonics )   11375   8ページ   2020年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper presents the fabrication, electromechanical modelling and testing of a highly stretchable textile-dielectric elastomer capacitive sensor for capturing motion. The proposed sensor is made of conductive fabric as electrode and ultra-Thin dielectric elastomer film as dielectric. This type of capacitive sensor exhibits high linearity and sensitivity as compare to available commercial sensors. By using basic calibration technique integrated with microelectronics, such sensors can easily capture motion and can also be paired with a mobile application, which is capable of visualizing the recorded 3D movement in real time domain, has the potential to be used in wearables.

    DOI: 10.1117/12.2565743

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85085581633&origin=inward

  • 個性を数理モデリングする

    柴田智広

    「個性」創発脳 News Letter ( 「個性」創発脳ニュースレター編集局 )   ( 7 )   11 - 11   2020年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Extraction of Nonlinear Synergies for Proportional and Simultaneous Estimation of Finger Kinematics 査読有り 国際誌

    Dwivedi, S.K., Ngeo, J.G., and Shibata, T.

    IEEE Transactions on Biomedical Engineering ( IEEE )   67 ( 9 )   2646 - 2658   2020年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Objective: Proportional and simultaneous est-imation of finger kinematics from surface EMG based on the assumption that there exists a correlation between muscle activations and finger kinematics in low dimensional space. Methods: We employ Manifold Relevance Determination (MRD), a multi-view learning model with a nonparametric Bayesian approach, to extract the nonlinear muscle and kinematics synergies and the relationship between them by studying muscle activations (input-space) together with the finger kinematics (output-space). Results: This study finds that there exist muscle synergies which are associated with kinematic synergies. The acquired nonlinear synergies and the association between them has further been utilized for the estimation of finger kinematics from muscle activation inputs, and the proposed approach has outperformed other commonly used linear and nonlinear regression approaches with an average correlation coefficient of $0.91\pm 0.03$. Conclusion: There exists an association between muscle and kinematic synergies which can be used for the proportional and simultaneous estimation of finger kinematics from the muscle activation inputs. Significance: The findings of this study not only presents a viable approach for accurate and intuitive myoelectric control but also provides a new perspective on the muscle synergies in the motor control community.

    DOI: 10.1109/TBME.2020.2967154

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85085269918&origin=inward

  • Quantitative Evaluation of Clothing Assistance using Whole-Body Robotic Simulator of the Elderly 査読有り 国際誌

    Joshi, R.P., Shibata, T., Ogata, T., and Matsumoto, Y.

    IEEE Xplore ( IEEE )   1 - 6   2020年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    インド   New Delhi   2019年10月14日  -  2019年10月18日

    The recent demographic trend across developed nations shows a dramatic increase in the aging population, fallen fertility rates and a shortage of caregivers. Robotic solutions to clothing assistance can significantly improve the Activity of Daily Living (ADL) for the elderly and disabled. We have developed a clothing assistance robot using dual arms and conducted many successful demonstrations with healthy people. It was, however, impossible to systematically evaluate its performance because human arms are not visible due to occlusion from a shirt and robot during dressing. To address this problem, we propose to use another robot, Whole-Body Robotic Simulator of the Elderly that can mimic the posture and movement of the elderly persons during the dressing task. The dressing task is accomplished by utilizing Dynamic Movement Primitives (DMP) wherein the control points of DMP are determined by applying forward kinematics on the robotic simulator. The experimental results show the plausibility of our approach.

    DOI: 10.1109/RO-MAN46459.2019.8956308

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85078845402&origin=inward

  • An Approach to Extract Nonlinear Muscle Synergies from sEMG through Multi-Model Learning 査読有り

    Dwivedi,S,K.and Shibata,T.

    IEEE Explore   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    ドイツ   ベルリン   2019年07月23日  -  2019年07月27日

    DOI: 10.1109/EMBC.2019.8857866

  • Primate Markerless Pose Estimation and Movement Analysis Using DeepLabCut 査読有り

    Labuguen,R., Bardeloza, D,K., Blanco,N,S., Matsumoto,J., and Shibata,T.

    IEEE Explore ( IEEE )   297 - 300   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Spokane,Washington   2019年05月30日  -  2019年06月02日

    DOI: 10.1109/ICIEV.2019.8858533

  • スマートライフケア社会創造のための基盤づくり

    柴田智広,井上創造,相馬功

    J-STAGE システム/制御/情報 ( 一般社団法人 システム制御情報学会 )   63 ( 8 )   323 - 328   2019年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    DOI: 10.11509/isciesci.63.8_323

    CiNii Article

    CiNii Research

  • A framework for robotic clothing assistance by imitation learning 査読有り 国際誌

    Joshi, Ravi, Prakash., Koganti, N.and Shibata, T.

    Advanced Robotics   33 ( 22 )   1156 - 1174   2019年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The recent demographic trend across developed nations shows a dramatic increase in the aging population, fallen fertility rates and a shortage of caregivers. Hence, the demand for service robots to assist with dressing which is an essential Activity of Daily Living (ADL) is increasing rapidly. Robotic Clothing Assistance is a challenging task since the robot has to deal with two demanding tasks simultaneously, (a) non-rigid and highly flexible cloth manipulation and (b) safe human–robot interaction while assisting humans whose posture may vary during the task. On the other hand, humans can deal with these tasks rather easily. In this paper, we propose a framework for robotic clothing assistance by imitation learning from a human demonstration to a compliant dual-arm robot. In this framework, we divide the dressing task into three phases, i.e. reaching phase, arm dressing phase, and body dressing phase. We model the arm dressing phase as a global trajectory modification using Dynamic Movement Primitives (DMP), while we model the body dressing phase toward a local trajectory modification applying Bayesian Gaussian Process Latent Variable Model (BGPLVM). We show that the proposed framework developed towards assisting the elderly is generalizable to various people and successfully performs a sleeveless shirt dressing task. We also present participants feedback on public demonstration at the International Robot Exhibition (iREX) 2017. To our knowledge, this is the first work performing a full dressing of a sleeveless shirt on a human subject with a humanoid robot.

    DOI: 10.1080/01691864.2019.1636715

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85068650033&origin=inward

  • Gait Evaluation on Parkinson’s Disease Patients Using Spontaneous Stimulus Induced by UPS-PD 査読有り 国際誌

    Higuchi,A., Shiraishi,J.,Kurita,Y.,Shchelkanova,E.,Ikeda,Y.,Shibata.T.

    IEEE Xplore   412 - 416   2019年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    フランス   パリ   2019年01月14日  -  2019年01月16日

    Parkinson's disease (PD) is a common progressive neurodegenerative disease. It can manifest with a wide range of motor and non-motor signs. Among the most disabling PD symptoms are gait impairments and freezing of gait (FOG). External cueing is currently accepted as an effective strategy to improve gait parameters and overcome FOG. However, some patients show a weak response to external cues or even the worsening of gait under cueing condition. In this paper we propose a new walking assist robotic system UPS-PD, which employs pneumatically-actuated artificial muscle and simple control system. The working principle of UPS-PD is based on inducing spontaneous synchronization in PD patients. That allows them to maintain a stable gait pattern while walking at their own pace. UPS-PD was tested in two PD patients and in one of them a significant improvement of gait features was demonstrated. Our results suggest that UPS-PD might improve walking performance in PD patients with highly variable and asymmetric gait patterns.

    DOI: 10.1109/SII.2019.8700395

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85065654779&origin=inward

  • Data-efficient Learning of Robotic Clothing Assistance using Bayesian Gaussian Process Latent Variable Models 査読有り

    Koganti, N. Shibata. T., Tamei, T., Ikeda, K.

    Advanced Robotics ( RSJ )   33 ( 15-16 )   800 - 814   2019年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Motor-skill learning for complex robotic tasks is a challenging problem due to the high task variability. Robotic clothing assistance is one such challenging problem that can greatly improve the quality-of-life for the elderly and disabled. In this study, we propose a data-efficient representation to encode task-specific motor-skills of the robot using Bayesian nonparametric latent variable models. The effectivity of the proposed motor-skill representation is demonstrated in two ways: (1) through a real-time controller that can be used as a tool for learning from demonstration to impart novel skills to the robot and (2) by demonstrating that policy search reinforcement learning in such a task-specific latent space outperforms learning in the high-dimensional joint configuration space of the robot. We implement our proposed framework in a practical setting with a dual-arm robot performing clothing assistance tasks.

    DOI: 10.1080/01691864.2019.1610061

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85065068352&origin=inward

  • Garment Recognition and Grasping Point Detection for Clothing Assistance Task using Deep Learning∗ 査読有り

    Saxena K., Shibata T.

    Proceedings of the 2019 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, SII 2019   632 - 637   2019年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Robotic manipulation of deformable objects such as the garments is a challenging task because of its non-linear dynamics and a high degree of freedom. In general, it is quite difficult to model cloth state. But the Robotic handling of garments is necessary for assistive tasks like Robotic Clothing Assistance. In this paper, we are trying to automate the garment manipulation process by the robot. In our framework, the robot recognizes the garment it is handling, find appropriate grasping points on the garment and brings the garment in a particular state so that the clothing assistance task can start. In this research, we are investigating the applicability of Deep Learning framework for garment recognition and grasping point detection. We have used Real Garment Dataset generated using Kinect sensor and two types of Synthetic Garment Datasets generated using physics simulator Maya. Convolutional Neural Networks are trained using these datasets to predict the class of the garment and the spatial coordinates of the grasping points. The framework was tested using real garments and it shows promising results in the detection of the type of cloth and grasping points.

    DOI: 10.1109/SII.2019.8700343

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85065658970&origin=inward

  • ITS Japan 関連学識経験者の取り組み、研究領域や成果のご紹介

    柴田智広

    News Letter from ITS Japan ( ITS Japan )   ( 41 )   11 - 11   2019年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Clothing Extremity Identification Using Convolutional Neural Network Regressor 査読有り

    Ngo, G., Gaurav, V., and Shibata, T.

    IEEExplore   436 - 441   2019年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    日本   北九州市   2018年06月25日  -  2018年06月29日

    DOI: 10.1109/ICIEV.2018.8641046

  • Mouse Anatomical Cardinal Planes and Axes Towards Augmentation for Behavior Analysis 査読有り

    Blanco Negrete, S., Joshi, R.P., Labuguen, R., Matsumoto, J., and Shibata, T.

    IEEExplore   195 - 199   2019年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    日本   北九州市   2018年06月25日  -  2018年06月29日

    DOI: 10.1109/ICIEV.2018.8641000

  • IoT行動認識技術の実用化とオープンイノベーションへの取り組み

    井上 創造, 房前 悟, 相馬 功, 柴田 智広

    計測と制御 ( 公益社団法人 計測自動制御学会 )   58 ( 2 )   84 - 88   2019年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

    DOI: 10.11499/sicejl.58.84

  • パーキンソン病患者のすくみ足抑制のための自己誘発的な力刺激を用いる新しい歩行器システムの提案

    坂田 拓馬, 樋口 藍, 柴田 智広

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2019 ( 0 )   2A2 - A04   2019年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>In this paper, we propose a new walker system for improving Freezing of Gait in Parkinson's Disease Patients. The system consists of walker with an assistive motor controller with torque sensors and UPS-PD, a pneumatic-based locomotion assistive device. This paper also presents preliminary evaluation of the system, which shows a possibility of estimating the user's walking period using the torque sensors.</p>

    DOI: 10.1299/jsmermd.2019.2A2-A04

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007774810

  • ロボットによる衣服操作のためのMask R-CNNを用いた複数衣服の認識

    福宿 将士, 山口 史晃, 柴田 智広

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2019 ( 0 )   2P2 - J02   2019年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>In a super-ageing society, automating washing, which is a heavy burden among housework, helps to support the lives of elderly people. Among washing automation, the accuracy of clothing identification images obtained from a robot camera greatly influences on the subsequent operation of clothes. In this research, we aim to correctly recognize each garment from multiple clothes. We perform instance segmentation of images containing multiple clothes by Mask R - CNN which is a latest Deep Learning method. We also define the extent of overlapping of clothes as complexity and evaluate the degree to which accuracy is related to complexity.</p>

    DOI: 10.1299/jsmermd.2019.2P2-J02

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007775267

  • 柴田研究室訪問

    田中敏文

    立石科学技術振興財 第27号成果集 ( 立石科学技術振興財 )   ( 27 )   21 - 25   2018年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • AIとロボティクス

    柴田智広

    機械工学年鑑2018 ( 日本機械学会 )   2018年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

    その他リンク: https://www.jsme.or.jp/publication/technical-data/

  • Machine Learning of User Attentions in Sensor Data Visualization 査読有り 国際誌

    藤野 慶汰, 井上 創造, 柴田智広

    Mobile Computing, Applications and Services   240 ( 240 )   125 - 143   2018年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   大阪   2018年02月28日  -  2018年03月02日

    In this paper, we propose a method for automatically estimating important points of large sensor data by collecting attention points of the user when visualized, and applying a supervised machine-learning algorithm. For large-scale sensor data, it is difficult to find important points simply through visualization, because such points are buried in a large scope of visualization. We also provide the results of an estimation, the accuracy of which was over 80% for multiple visualizations. In addition, the method has the advantage that the trained model can be reused to any other visualization from the same type of the sensors. We show the results of such reusability for the new type of visualization, which achieved an accuracy rate of 70–80%.

    DOI: 10.1007/978-3-319-90740-6_8

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85046873824&origin=inward

  • A study on human-robot collaboration for table-setting task 査読有り

    Saxena K., Labuguen R., Joshi RP., Koganti N., Shibata T.

    2017 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, ROBIO 2017   2018-January   183 - 188   2018年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    China   Macau   2017年12月05日  -  2017年12月08日

    © 2017 IEEE. As the robot technology is advancing, it is possible to use robots for basic day-to-day chores, so that the burden can be taken off from humans. To make the robots perform such tasks, it is necessary for them to handle different types of objects. Manipulation of deformable objects such as cloth is a challenging task for a robot because of high dimensionality and large number of possible configurations of cloth. Previous studies have covered large number of simple manipulations of cloth articles. In this paper, we are focusing on table setting task that requires putting on a sheet of cloth on the table. This paper proposes human-robot collaboration for table-setting task based on visual assessment. We used Baxter robot to hold two corners of rectangular tablecloth and other two corners are held by human. A head-mounted Kinect sensor is used to get the state of cloth and Robot arms are used for controlling the position of cloth corners. We use features from Kinect sensor to assess whether the placement of the cloth is successful or not. We demonstrate an initial study of the system that can achieve promising results towards table setting task through human-robot interaction.

    DOI: 10.1109/ROBIO.2017.8324415

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85049926971&origin=inward

  • 医療介護サービスとロボット

    柴田智広

    西南女学院大学保健福祉学部附属保健福祉研究所2016報告書 ( 西南女学院大学保健福祉学部附属保健福祉研究所 )   2018年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • The 30th IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Systems and Robots(IROS 2017)

    中臺 一博, 柴田 智広

    日本ロボット学会誌 ( 一般社団法人 日本ロボット学会 )   36 ( 1 )   53 - 55   2018年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

    DOI: 10.7210/jrsj.36.53

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130006356007

  • ロボットによる衣服操作のためのMask R-CNNを用いた複数衣服の認識

    山口 史晃, 藤田 啓斗, 柴田 智広

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2018 ( 0 )   2P1 - C14   2018年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>In the super-ageing society, automating washing, which is a heavy burden among housekeeping, is useful for supporting the lives of non-healthy elderly people. Among washing automation, the accuracy of clothing detection on an image obtained from a robot camera greatly influences clothing operation including griping and carrying of clothes afterwards. In this research, we aim to correctly recognize each garment from multiple clothes. We performed instance segmentation of images containing multiple clothes by Mask R - CNN which is a latest Deep Learning method.</p>

    DOI: 10.1299/jsmermd.2018.2P1-C14

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007551868

  • アンプラグドパワードスーツを用いたパーキンソン病患者のすくみ足解除の検討

    樋口 藍, 柴田 智広, 栗田 雄一, 白石 純一郎

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2018 ( 0 )   2A2 - G03   2018年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>Parkinson's disease is a progressive neurological disease, and one of its major symptoms, freezing of gait(FOG) during walking, leads to difficulty walking and induction of falls, greatly reducing patient's QOL. Meanwhile, it is known that FOG do not easily occur during pedaling. Therefore, in this study, we developed a system for applying unplugged powered suit, to Parkinson's disease patients, that is designed to give somatosensory and motor stimulation using artificial muscles to swing leg, based on the movement of supporting legs during bipedal walking.</p>

    DOI: 10.1299/jsmermd.2018.2A2-G03

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007551668

  • 低価格EMGセンサを用いた多自由度義手の操作手法に関する研究:―シミュレータを用いた実証実験―

    柴田 毅, 柴田 智広

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2018 ( 0 )   2A2 - E01   2018年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>Various myoelectric prosthetic hands have been proposed as a substitute for the hands of those who lost their hands due to disasters and traffic accidents. Most of the prosthetic hands using surface sEMG employ a few electrodes and enable only full-open and close functions. To realize multi-fingered and natural motion with an easy calibration of a low-cost sEMG device, we previously developed a system that can generate multi-fingered and natural motion using a 2D latent-space of the multi-fingered and natural motion acquired by GPLVM, and showed our subjects were able to adapt to the system when the latent-space was visible. In this study, we further examine if subjects can adapt to the system when the latent-space is invisible. Experimental results demonstrate their adaptivity.</p>

    DOI: 10.1299/jsmermd.2018.2A2-E01

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007551716

  • The 26th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN 2017)

    中臺 一博, 柴田 智広

    日本ロボット学会誌 ( 一般社団法人 日本ロボット学会 )   36 ( 2 )   145 - 145   2018年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

    <p></p>

    DOI: 10.7210/jrsj.36.145

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130006707818

  • On redundancy resolution of the human thumb, index and middle fingers in cooperative object translation 査読有り 国際誌

    Joseph , F, Behera, L., Tamei, T., Shibata, T., Dutta, A. and Saxena, A

    Robotica   35 ( 10 )   1 - 26   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Redundancy in motion, and synergy in neuromuscular coordination provides significant versatility to the human fingers while performing coordinated grasping and manipulation tasks in several ways. This paper explores how humans may resolve the redundancy in their thumb, index and middle fingers when these digits flex to cooperatively translate a small object toward the palm. It is observed that humans actively employ a secondary subtask of maximizing instantaneous manipulability that helps determine all intermediate finger configurations when performing the primary subtask of following a tip trajectory. This behavior is accurately captured by an inverse kinematic model based on a redundancy parameter. The joint angles get determined unambiguously though the redundancy parameter is shown to depend on the instantaneous finger configurations and also, to attain negative values. Further, this parameter is noted to vary significantly across subjects performing the same kinematic task. The findings, that are based on the experimental finger motion data garnered from 12 subjects, are reckoned to be of significant importance, especially in reference to the challenges in design and control of finger exoskeletons for cooperative manipulation.

    DOI: 10.1017/S0263574716000680

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84989933453&origin=inward

  • Missing value estimation of sEMG signals using BGPLVM toward control of a multi-fingered prosthetic hand

    Dwivedi, S.K., Koganti, N., Shibata, T.

    第27回日本神経回路学会   53 - 54   2017年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州市   2017年09月20日  -  2017年09月22日

  • 脳科学 総論 査読有り

    柴田智広

    人工知能学大辞典   196 - 196   2017年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Robotic cloth manipulation for clothing assistance task using Dynamic Movement Primitives 査読有り 国際誌

    Joshi, RP., Koganti, N., and Shibata, T.

    Advances in Robotics ( Association for Computing Machinery )   Part F132085   1 - 6   2017年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Graduate School of Information Science, Nara Institute of Science and Technology, Nara, Japan THe need of robotic clothing assistance in the FIeld of assistive robotics is growing, as it is one of the most basic and essential assistance activities in daily life of elderly and disabled people. In this study, we are investigating the applicability of using Dynamic Movement Primitives (DMP) as a task parameterization model for performing clothing assistance task. Robotic cloth manipulation task deals with pu.ing a clothing article on both the arms. Robot trajectory varies signi€cantly for various postures and also there can be various failure scenarios while doing cooperative manipulation with nonrigid and highly deformable clothing article. We have performed experiments on so. mannequin instead of human. Result shows that DMPs are able to generalize movement trajectory for modiFIed posture.

    DOI: 10.1145/3132446.3134878

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85038446870&origin=inward

  • Bayesian Nonparametric Learning of Cloth Models for Real-time State Estimation 査読有り

    Koganti, N., Tamei, T., Ikeda, K., Shibata, T.

    IEEE Transactions on Robotics ( IEEE )   33 ( 4 )   916 - 931   2017年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Robotic solutions to clothing assistance can significantly improve quality of life for the elderly and disabled. Real-Time estimation of the human-cloth relationship is crucial for efficient learning of motor skills for robotic clothing assistance. The major challenge involved is cloth-state estimation due to inherent nonrigidity and occlusion. In this study, we present a novel framework for real-Time estimation of the cloth state using a low-cost depth sensor, making it suitable for a feasible social implementation. The framework relies on the hypothesis that clothing articles are constrained to a low-dimensional latent manifold during clothing tasks. We propose the use of manifold relevance determination (MRD) to learn an offline cloth model that can be used to perform informed cloth-state estimation in real time. The cloth model is trained using observations from a motion capture system and depth sensor. MRD provides a principled probabilistic framework for inferring the accurate motion-capture state when only the noisy depth sensor feature state is available in real time. The experimental results demonstrate that our framework is capable of learning consistent task-specific latent features using few data samples and has the ability to generalize to unseen environmental settings. We further present several factors that affect the predictive performance of the learned cloth-state model.

    DOI: 10.1109/TRO.2017.2691721

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85019955211&origin=inward

  • パーキンソン病の理学療法 招待有り 査読有り

    岡田洋平, 岡本昌幸, 柴田智広

    難病と在宅ケア ( 日本プランニングセンター )   23 ( 2 )   60 - 63   2017年05月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 2016 IEEE/RSJ International Conference on Intelligence Robots and Systems (IROS 2016)

    柴田 智広

    日本ロボット学会誌 ( 一般社団法人 日本ロボット学会 )   35 ( 2 )   122 - 122   2017年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

    DOI: 10.7210/jrsj.35.122

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130006855095

  • 介護サービスとロボット技術:研究開発および社会実装の現状と展望 査読有り

    柴田 智広

    情報管理 ( 国立研究開発法人 科学技術振興機構 )   59 ( 9 )   607 - 615   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    <p>高齢化の進展により介護現場での人材不足が懸念される中,介護予防(要介護者の増加の抑制)や要介護者の生活支援サービスなどの分野ではロボット技術の活用が喫緊の課題となっており,国主導での研究開発が盛んに進められてきた。しかし,ロボット技術の社会実装にあたっては,安全性,コストとともに,要介護者一人ひとり異なる認知能力や身体的特性にどのように適応させるかが大きな課題となっている。本稿では,ロボット介護機器やITによる介護支援や介護予防サービスの現状を概観するとともに,筆者の研究グループによる低コストな装置(KinectやWii Balance Board)を応用した姿勢維持のリハビリテーション支援や,強化学習理論を応用した着衣介助ロボットおよびダーツ投てき運動学習支援の研究を取り上げ,現状の課題および今後の見通しを示す。</p>

    DOI: 10.1241/johokanri.59.607

    CiNii Article

    その他リンク: http://ci.nii.ac.jp/naid/130005170322

  • Modeling and Prediction of Driving Behaviors Using a Nonparametric Bayesian Method With AR Models 査読有り

    Hamada, R., Kubo, T., Ikeda, K., Zhang, Z., Shibata, T., Bando, T., Hitomi, K., Egawa, M.

    IEEE Transactions on Intelligent Vehicles   1 ( 2 )   131 - 138   2016年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1109/TIV.2016.2586307

    Kyutacar

  • High performance loop closure detection using bag of word pairs 査読有り 国際誌

    Kejriwal, N., Kumar, S., and Shibata, T.

    Robotics and Autonomous Systems ( Elsevier BV )   77   55 - 65   11pages   2016年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.robot.2015.12.003

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0921889015300889

  • In-home measurement system of user's motion and center of pressure 査読有り

    Tamei T., Orito Y., Shibata T., Ikeda K.

    2015 Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference, APSIPA ASC 2015   927 - 929   2016年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2015 Asia-Pacific Signal and Information Processing Association.Aiming at in-home rehabilitation and continuous monitoring of elderly people and patients in balance disorders, we developed a low-cost and compact system monitoring motion and center of pressure (COP) using Microsoft Kinect and Wii Balance Board. The motion tracking accuracy of the developed system was evaluated in COP tracking tasks proposed for assessing balancing ability. The results showed the existence of biases (discrepancies) between the actual motion and measured by the developed system, but the standard deviations were very small, indicating that, the system has small tracking error if the motion is appropriately calibrated.

    DOI: 10.1109/APSIPA.2015.7415407

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84986203486&origin=inward

  • パーキンソン病の側屈姿勢とSubjective Postural Verticalに関する予備的研究 査読有り

    岡田洋平、柴田智広、喜多頼広、中村潤二、他5名

    運動障害   25 ( 2 )   23 - 29   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Kyutacar

  • Kinect-based posturography for in-home rehabilitation of balance disorders 査読有り

    Tamei,T., Orito, Y., Funaya, H., Ikeda, K., Okada, Y., Shibata, T.

    APSIPA Transactions on Signal and Information Processing   4   2015年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1017/ATSIP.2015.17

    Scopus

  • Cloth Dynamics Modeling in Latent Spaces and its Application to Robotic Clothing Assistance 査読有り

    Koganti, N., Ngeo, J.G., Tamei, T., Ikeda, K. and Shibata, T.

    2015 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2015   3464 - 3469   2015年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    ドイツ   ハンブルグ   2015年09月27日  -  2015年10月02日

    DOI: 10.1109/IROS.2015.7353860

    Scopus

  • Low-cost three-dimensional gait analysis system for mice with an infrared depth sensor 査読有り

    Nakamura,A., Funaya, H., Uezono, N., Nakashima, K., Ishida, Y., Suzuki, T., Wakana, S., and Shibata, T.

    Neuroscience Research   100   55 - 62   2015年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.neures.2015.06.006

    Scopus

    その他リンク: http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0168010215001637

  • Modeling occupancy grids using EDHMM for dynamic environments 査読有り

    Dadhich A., Koganti N., Shibata T.

    ACM International Conference Proceeding Series   02-04-July-2015   2015年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Copyright 2015 ACM.Map generation of mobile robots over long periods of working suffers from inconsistencies because of gradually changes in the environment. These changes further cause hindrances in autonomous navigation of mobile robots. This paper presents a novel method to infer such gradual changes and incorporate them in map generation. We model the environment using an occupancy grid structure with the state of each grid cell is determined in an online fashion using an Explicit-state-Duration Hidden Markov Model (EDHMM). Our work presents filtering of occupancy grid into dynamic and static. We tested our method in simulation as well as on a real world dataset. Our results show robust detection of dynamic changes in the grid map, even in the presence of occlusion.

    DOI: 10.1145/2783449.2783510

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84959309633&origin=inward

  • Preference bias of head orientation in choosing between two non-durables 査読有り

    Funaya, H.and Shibata, T.

    Frontiers in Psychology   6 ( 849 )   1 - 7   7   2015年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3389/fpsyg.2015.00849

    その他リンク: http://journal.frontiersin.org/article/10.3389/fpsyg.2015.00849/full

  • パーキンソン病の在宅リハビリテーションのための新しいシステムの有用性について 招待有り

    岡田洋平、柴田智広

    全国パーキンソン病友の会会報140 ( 全国パーキンソン病友の会宮城県支部 会報編集部 )   140   46 - 49   2015年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Art Expertise Reduces Influence of Visual Salience on Fixation in Viewing Abstract-paintings 査読有り

    Koide, N., Kubo, T., Nishida, S., Shibata, T. and Ikeda, K.

    PLoS ONE   10 ( 2 )   14   2015年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1371/journal.pone.0117696

    Scopus

  • 前屈姿勢と側屈姿勢を合併したパーキンソン病患者に対する直流前庭電気刺激 -電極極性が効果に与える影響の検討- 査読有り

    岡田,喜多,中村,柴田,他.

    日本運動障害研究会機関誌   24 ( 2 )   55 - 60   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Rehabilitation for Postural Deformities in Parkinson’s Disease: An Update and Novel Findings

    Okada, T., Shibata, T., Tamei, T., and others

    Journal of Novel Physiotherapies ( OMICS Group )   4 ( 5 )   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    DOI: 10.4172/2165-7025.1000233

    その他リンク: http://omicsgroup.org/journals/rehabilitation-for-postural-deformities-in-parkinsons-disease-an-update-and-novel-findings-2165-7025-233.pdf

  • In-Home Posture Evaluation and Visual Feedback Training to Improve Posture with a Kinect-Based System in Parkinson’s Disease 査読有り

    Okada, T., Shibata, T., Tamei, T., et al.

    Journal of Novel Physiotherapies   4 ( 5 )   7   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.4172/2165-7025.1000232

  • Estimation of Human-Cloth topological relationship using depth sensor for Robotic Clothing Assistance 査読有り

    Kongati, N., Tamei, T., Matsubara, T. and Shibata, T.

    The 1st Annual International Conference of the ACM-RSI Advances in Robotics (AIR 2013)   14   2014年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1145/2506095.2506146

    Scopus

  • Continuous and simultaneous estimation of finger kinematics using inputs from an EMG-to-muscle activation model 査読有り

    Ngeo, J., Tamei, T. and Shibata, T.

    Journal of NeuroEngineering and Rehabilitation   11 ( 122 )   2014年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1186/1743-0003-11-122

    Scopus

  • Real-time Estimation of Human-Cloth Topological Relationship using Depth Sensor for Robotic Clothing Assistance 査読有り

    Koganti, N., Tamei, T., Matsubara, T. and Shibata, T.

    The 23rd IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication   124 - 129   2014年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1109/ROMAN.2014.6926241

    Scopus

  • Estimation of Continuous Multi-DOF Finger Joint Kinematics from Surface EMG using a Multi-output Gaussian Process 査読有り

    Ngeo, J., Tamei, T. and Shibata, T.

    Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC), 2014 36th Annual International Conference of the IEEE   3537 - 3540   2014年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Chicago   2014年08月26日  -  2014年08月30日

    DOI: 10.1109/EMBC.2014.6944386

    Scopus

  • Effect of Long-term Music Training on Verbal Short Term Memory of Individuals with Down Syndrome 査読有り

    Mizuno, E., Osugi, N., Sakuma, H. and Shibata, T.

    Journal of Special Education Research   2 ( 1 )   35 - 41   2014年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.6033/specialeducation.2.35

  • Assist-as-needed robotic trainer based on reinforcement learning and its application to dart-throwing 査読有り

    Chihiro Obayashi, Tomoya Tamei, Tomohiro Shibata

    Neural Networks   53   52 - 60   2014年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.neunet.2014.01.012

    Scopus

  • Neural Decoding of Single Vowels during Covert Articulation using Electrocorticography 査読有り

    Ikeda, S., Shibata, T., Nakano, N., Okada, R., Tsuyuguchi, N., Ikeda, K., Kato, A.

    Frontiers in Human Neuroscience   8 ( 125 )   8   2014年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3389/fnhum.2014.00125

    Scopus

  • Object-based Selection Modulates Top-down Attentional Shifts 査読有り

    Nishida, S., Shibata, T. and Ikeda, K.

    Frontiers in Human Neuroscience   8 ( 90 )   8   2014年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3389/fnhum.2014.00090

    Scopus

  • 3A1-D07 強制2選択課題におけるオンラインでの店舗顧客の意思推定を利用したロボットによる介入実験(ヒューマノイド(1))

    船谷 浩之, 呉 伽科, 川村 洋次, 柴田 智広

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2014 ( 0 )   _3A1 - D07_1-_3A1-D07_2   2014年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    The proposed robot recommendation system is able to make recommendations based on the real-time estimation of the shopper's choice. Our system estimates shoppers' attentions using only head movements The first experiment validated the capability of our intention estimator in a kiosk-shop scenario. In the second experiment, a Humanoid robot intervened in the decision process. As a result, we found that our system significantly changed the shoppers' choices in the two-alternative-forced-choice literature.

    DOI: 10.1299/jsmermd.2014._3A1-D07_1

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110009967050

  • Development of Low-cost and Accurate Posturography Using Kinect for In-home Rehabilitation of Balance Disorders 査読有り

    Orito, Y., Funaya, H., Tamei, T., Shibata, T

    The 19th International Symposium on Artificial Life and Robotics 2014 (AROB 19th '14)   18 - 188   2014年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   別府市   2014年01月22日  -  2014年01月24日

  • Visual fixation patterns of artists and novices in abstract painting observations 査読有り

    Koide N., Kubo T., Shibata T., Ikeda K.

    2013 Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference, APSIPA 2013   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Artists have a specific evaluation of abstract paintings while art novices do that with difficulty. This difference is shown in eye fixation patterns, although the cause is not clear. To explain the difference in fixation patterns, we used one of the saliency maps of paintings which predict fixations well without prior knowledge such as a meaningful target. If artists had a deep knowledge of art, they attend less to the salient features than novices in observing abstract paintings. On the other hand, the fixation patterns possibly vary in visual tasks. Therefore we examined the effect of salient features in two tasks: free viewing and preference judgment. To evaluate this quantitatively, the correlation coefficient (CC) between fixation distribution and a saliency map was used. The CCs were compared between artists and novices for each task. We found that the CCs of artists were lower than those of novices in the free viewing task, but not in the preference judgment task. This implies that the artist's knowledge of observation paintings was appeared only in free viewing. © 2013 APSIPA.

    DOI: 10.1109/APSIPA.2013.6694282

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84893262452&origin=inward

  • Applying Bayesian Nonparametrics to Non-Homogeneous Driving Operation Data Towards Prediction 査読有り

    Ryunosuke Hamada, Takatomi Kubo, Kazushi Ikeda, Zujie Zhang, Tomohiro Shibata

    Proc. EUSIPCO   1 - 5   2013年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Morocco   Marrakech   2013年09月09日  -  2013年09月13日

  • 情報通信技術( I C T ) による新しい難病支援の可能性について

    柴田 智広

    きずな ( 特定非営利活動法人奈良難病連 )   ( 46 )   2013年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Measuring the decision making process of purchase: From neuroeconomics to neuromarketing 査読有り

    Shibata T.

    Journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers   96 ( 8 )   632 - 637   2013年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84887260234&origin=inward

  • 購買意思決定過程の測る化 -ニューロエコノミクスからニューロマーケティングへ- 査読有り

    柴田 智広

    電子情報通信学会誌 ( 電子情報通信学会 )   96 ( 8 )   632 - 637   2013年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

    その他リンク: http://ieice.or.jp/jpn/books/kaishikiji/2013/201308_2.pdf

  • Manipulability Analysis of Human Thumb, Index and Middle Finger in Cooperative 3D Rotational Movements of a Small Object 査読有り

    Orland, F., Dutta, A., Saxena, A., Behera, L., Tamei, T. and Shibata, T.

    Robotica   31 ( 5 )   797 - 809   2013年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1017/S0263574713000064

    Scopus

  • Control of an Optimal Finger Exoskeleton based on Continuous Joint Angle Estimation from EMG signals 査読有り

    Ngeo,J., Tamei, T., Shibata, T.,Orlando.F.,Behera.L.,Saxena.A. and Dutta,A

    Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC), 2013 35th Annual International Conference of the IEEE   338 - 341   2013年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Osaka   2013年07月03日  -  2013年07月07日

    DOI: 10.1109/EMBC.2013.6609506

    Scopus

  • Toward Instant Diagnosis in Balance Disorders Using Kinect 査読有り

    Funaya, H., Shibata, T.

    2nd Joint World Congress of ISPGR and Gait and Mental Function   2013年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Akita   2013年06月22日  -  2013年06月26日

  • Accuracy Assessment of Kinect Body Tracker in Instant Posturography for Balance Disorders 査読有り 国際誌

    Funaya, H., Shibata, T., Wada, Y. and Yamanaka, T.

    2013 7th International Symposium on Medical Information and Communication Technology(ISMICT)   214 - 218   2013年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Tokyo   2013年05月06日  -  2013年05月08日

    DOI: 10.1109/ISMICT.2013.6521731

    Scopus

  • Toward prediction of driving behavior via basic pattern discovery with BP-AR-HMM 査読有り

    Hamada, R., Kubo, T., Ikeda, K., Zhang, Z., Shibata, T.

    Proc. ICASSP2013   2805 - 2809   2013年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Canada   Vancouver   2013年05月26日  -  2013年05月31日

    DOI: 10.1109/ICASSP.2013.6638168

  • The Mechanism of Saccade Motor Pattern Generation Investigated by A Large-Scale Spiking Neuron Model of The Superior Colliculus 査読有り

    Moren, J., Shibata, T., and Doya, K.

    PLOS ONE   8 ( 2 )   1 - 11   2013年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1371/journal.pone.0057134

    Scopus

  • Discharge-rate Persistence of Baseline Activity During Fixation Reflects Maintenance of Memory-period Activity in the Macaque Posterior Parietal Cortex 査読有り

    Nishida, S., Tanaka, T., Shibata, T

    Cerebral Cortex   Epub ahead of print, 15pages   2013年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1093/cercor/bht031

    Scopus

  • 日本のロボッ卜研究に関する国際共同

    柴田 智広

    日本ロボット学会誌 ( 日本ロボット学会 )   30 ( 10 )   1022 - 1023   2013年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

    DOI: 10.7210/jrsj.30.1022

  • Applying Bayesian nonparametrics to non-homogeneous driving operation data towards prediction 査読有り

    Hamada R., Kubo T., Ikeda K., Zhang Z., Shibata T., Bando T., Egawa M.

    European Signal Processing Conference   2013年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Prediction of driving behaviors is important problem in developing the next-generation driving support system. In order to take account of diverse driving situations, it is necessary to deal with multiple time series data considering commonalities and differences among them. In this study we utilize the beta process autoregressive hidden Markov model (BP-AR-HMM) that can model multiple time series considering common and different features among them using the beta process as a prior distribution. We apply BP-AR-HMM to actual driving operation data to estimate vector-autoregressive process parameters that represent the segmental driving behaviors, and with the estimated parameters we predict the driving behaviors of unknown test data. Prediction accuracy of test data using BP-AR-HMM is compared with that of using classical HMM. The results suggest that it is possible to identify the dynamical behaviors of driving operations using BP-AR-HMM, and with BP-AR-HMM we can predict driving behaviors better in actual environment than with HMM. © 2013 EURASIP.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84901376532&origin=inward

  • ソフトウェアツールを活用したロボットシステムのラピッドプロトタイピング

    柴田 智広

    日本ロボット学会誌 ( 日本ロボット学会 )   30 ( 9 )   857 - 859   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

    DOI: 10.7210/jrsj.30.857

  • Continuous estimation of finger joint angles using muscle activation inputs from surface EMG signals. 査読有り

    Ngeo J., Tamei T., Shibata T.

    Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Conference   2012   2756 - 2759   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Prediction of dynamic hand finger movements has many clinical and engineering applications in the control of human interface devices such as those used in virtual reality control, robot prosthesis and rehabilitation aids. Surface electromyography (sEMG) signals have often been used in the mentioned applications because these reflect the motor intention of users very well. In this study, we present a method to estimate the finger joint angles of a hand from sEMG signals that considers electromechanical delay (EMD), which is inherent when EMG signals are captured alongside motion data. We use the muscle activation obtained from the sEMG signals as input to a neural network. In this muscle activation model, the EMD is parameterized and automatically obtained through optimization. With this method, we can predict the finger joint angles with sEMG signals in both periodic and nonperiodic free movements of the flexion and extension movement of the fingers. Our results show correlation as high as 0.92 between the actual and predicted metacarpophalangeal (MCP) joint angles for periodic finger flexion movements, and as high as 0.85 for nonperiodic movements, which are more dynamic and natural.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84882933160&origin=inward

  • 漫然運転検出のための適応的ブレーキ警報システムの開発

    板東誉司, 池田和司, 味間弘喜, 井上裕太, 柴田智広

    デンソーテクニカルビュー ( デンソーテクニカルレビュー )   15   82 - 88   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

    その他リンク: http://www1.dnhp.denso.co.jp/ja/aboutdenso/technology/dtr/v15/files/12.pdf

  • 赤外線パターン投射式深度センサの光学系調整

    船谷 浩之, 中村彰宏, 柴田 智広

    映像情報industrial ( 産業開発機構 )   44 ( 12 )   82 - 88   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Abnormal driving behavior detection using a linear non-Gaussian acyclic model for causal discovery 査読有り

    Zhang, Z., Inoue, Y., Ikeda, K., Shibata, T.

    Proceedings of the FISITA 2012 World Automotive Congress   197   529 - 536   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1007/978-3-642-33805-2_42

    Scopus

  • Exponential Family Tensor Factorization: An Online Extension and Applications 査読有り

    Hayashi, K., Takenouchi, T., Shibata, T

    Knowledge and Information Systems   33 ( 1 )   57 - 88   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/s10115-012-0517-6

    Scopus

  • Networked driving simulator based on SIGVerse and lane-change analysis according to frequency of driving 査読有り

    Bando, T. and Shibata, T.

    Intelligent Transportation Systems (ITSC), 2012 15th International IEEE Conference on Intelligent Transportation Systems   1608 - 1613   2012年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Anchorage   2012年09月16日  -  2012年09月19日

    DOI: 10.1109/ITSC.2012.6338804

    Scopus

  • Continuous Estimation of Finger Joint Angles Using Muscle Activation Inputs from Surface EMG Signals. 査読有り

    Ngeo, J.G., Tamei, T. and Shibata, T.

    The 34th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society   2756 - 2759   2012年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    San Diego   2012年08月28日  -  2012年09月01日

    DOI: 10.1109/EMBC.2012.6346535

    Scopus

  • Difference between Experts and Non-Experts of Gaze Patterns in Abstract Paintings Observation 査読有り

    Naoko Koide, Kazushi Ikeda and Tomohiro Shibata

    Proc. ICCNS   2012年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 世界初!着衣介護ロボット ~超高齢社会のロボット介護ヘルパーを目指して~

    柴田 智広、松原 崇充、爲井 智也

    OHM bulletin ( オーム社 )   48   2 - 4   2012年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 着衣状態の計測・評価技術と支援動作学習への応用

    松原 崇充. 為井 智也. 柴田 智広

    映像情報industrial ( 産業界開発機構 )   44 ( 2 )   7 - 12   2012年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Kinectとフリーなライブラリによる ルンバの制御と2Dゲームの製作

    柴田 智広. 船谷 浩之. 中村 彰宏

    インターフェイス ( CQ出版社 )   38 ( 1 )   107 - 111   2012年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Throwing darts utilizes the interaction torque of the elbow joint. 査読有り

    Tamei T., Obayashi C., Shibata T.

    Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Conference   2011   1283 - 1286   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Acquiring the skillful movements of experts is a difficult task in many fields. If we find quantitative indices of skillful movement, we can develop an adaptive training system using the indices. We focused on throwing darts in our previous study. It was found that optimization criteria of sum of squared joint torque changes over time was negatively correlated with subject's scores, suggesting that the experts optimally controlled the shoulder elevations and rotation around the elbow joint in terms of dynamics. In this study, we investigate the relationship between the skill level of subjects and their utilization joint torque components such as the muscular torque, interaction torque and gravity torque. It is shown found that the sum of squared joint torque components of the subjects correlates with their scores, suggesting that the subjects who can take higher scores utilize the interaction torque of the elbow joint without shoulder displacement.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84862258768&origin=inward

  • Reinforcement Learning of Clothing Assistance with a Dual-arm Robot 査読有り

    Tamei, T., Matsubara, T., Rai, A. and Shibata, T

    1th IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robots (Humanoids 2011)   733 - 738   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2011年10月26日  -  2011年10月28日

    DOI: 10.1109/Humanoids.2011.6100915

    Scopus

  • A Study on Classifying Vowels Read Silently from Human Electrocorticogram 査読有り

    Ikeda, S. Shibata, T.

    The 34th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society   2011年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Yokohama   2011年09月14日  -  2011年09月17日

  • Throwing Darts Utilizes the Interaction Torque of the Elbow Joint 査読有り

    Tomoya Tamei, Chihiro Obayashi and Tomohiro Shibata

    the 33rd Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC'11)   1283 - 1286   2011年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Boston   2011年08月30日  -  2011年09月03日

    DOI: 10.1109/IEMBS.2011.6090302

    Scopus

  • Fast Reinforcement Learning for Three-Dimensional Kinetic Human-Robot Cooperation with an EMG-to-activation Model 査読有り

    Tamei, T. and Shibata, T

    Advanced Robotics   25 ( 5 )   563 - 580   2011年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1163/016918611X558252

    Scopus

  • 運転状況を推定し学習データを選択する適応的ブレーキ警報システム 査読有り

    池田和司,味間弘喜,井上裕太,柴田智広

    システム制御情報学会論文誌   24 ( 8 )   193 - 199   2011年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.5687/iscie.24.193

  • Exponential Family Tensor Factorization for Missing-Values Prediction and Anomaly Detection 査読有り

    Hayashi, K., Takenouchi, T., Shibata, T.

    IEEE International Conference on Data Mining (ICDM 2010)   216 - 225   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Sydney   2010年12月13日  -  2010年12月17日

    DOI: 10.1109/ICDM.2010.39

    Scopus

  • Simulator Platform that Enables Social Iteraction Simulation SIGVerse: SocioIntelliGenesis Simulator 査読有り

    Inamura, T., Shibata, T.

    The 2010 IEEE/SICE International Symposium on System Integration   212 - 217   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Sendai   2010年10月21日  -  2010年12月22日

    DOI: 10.1109/SII.2010.5708327

    Scopus

  • A collision risk criterion based on imaginary brakes 査読有り

    Inoue Y., Ikeda K., Mima H., Shibata T., Fukaya N., Hiromi K., Bando T.

    Proceedings of the SICE Annual Conference   1358 - 1361   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This study proposes a risk criterion for rear-end collision warning systems. A warning system evaluates a driver's risk and gives an alert when the risk exceeds a threshold, where the risk criterion employed is crucial. Our previous studies have shown the effectiveness of the 2nd-order time-to-collision (TTC) that assumes a constant acceleration motion for vehicles and calculate the time until a collision. However, the criterion considers such a case to be safe that a driver follows the preceding vehicle at a constant distance, no matter how small it is. Obviously, this does not agree to a driver's feeling of risks. To take this issue into account, we make an assumption that a driver always expects the preceding vehicle's sudden brake and propose the brake-assumed 2nd-order TTC, which is the 2nd-order TTC when the preceding vehicle decelerates with fixed brake strength. This idea is simple but difficult to determine the parameters, especially the brake strength. We propose two methods for estimating a driver's imaginary deceleration. One is called the CV minimizer and the other is called the transferred deceleration. In order to confirm the effectiveness of the methods, we apply the methods to the driving data collected originally under unconstrained conditions. In the experiments they show almost the same results where the criterion explains the brake use as well as the throttle use. © 2010 SICE.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=78649294547&origin=inward

  • The 20 Hz Oscillatory Brain Activity Evoked by High-frequency Stimulation of Subthalamic Nucleus in the Patients with Parkinson's Disease 査読有り

    Nakano, N., Okada, R., Nakanishi, K., Uchiyama, T., Kato, A., Ikeda, K., Shibata, T.,

    29th International Congress of Clinical Neurophysiology   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Kobe   2010年10月28日  -  2010年11月01日

  • Development of an Adaptive Robotic Trainer: Application to Darts Throwing 査読有り

    Obayashi, C., Tamei, T., and Shibata, T.

    International Conference on Applied Bionics and Biomechanics (ICABB-2010)   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Italy   Venice   2010年10月14日  -  2010年10月16日

  • 複合現実環境内での輻輳性眼球運動の計測

    池田聖,和田佳郎,柴田智広

    画像ラボ ( 日本工業出版 )   21 ( 9 )   34 - 37   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Only a Few ECoG Electrodes can Discriminate Words in Mind 査読有り

    Ikeda, S., Shibata, T.

    Neuroscience Research   68 ( supp1 )   e83 - e83   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • A Collision Risk Criterion based on Imaginary Brakes 査読有り

    Inoue, Y., Ikeda, K., Mima, H., Shibata, T.

    SICE Annual Conference   1358 - 1361   2010年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Taipei  

  • Neural representation of face perception in the fusiform face area 査読有り

    Shikauchi, M, Shibata, T.

    Vision Sciences Society 10th Annual Meeting   10 ( 7 )   667 - 667   2010年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1167/10.7.667

  • Toward a Spiking-Neuron Model of the Oculomotor System 査読有り

    Morén, J., Shibata, T. and Doya, K.

    The Eleventh International Conference on the Simulation of Adaptive Behavior (SAB'10)   104 - 113   2010年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    France   Paris   2010年08月25日  -  2010年08月28日

    DOI: 10.1007/978-3-642-15193-4_10

    Scopus

  • 輻輳性眼球運動に基づく直線加速感評価のための複合現実環境の構築 査読有り

    池田聖,和田佳郎,柴田智広

    映像情報メディア学会誌   64 ( 2 )   244 - 247   2010年06月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3169/itej.64.244

    Scopus

  • Three-Dimensional Virtual Force Sensing for Kinetic Interaction with a Robot 査読有り

    Tamei, T. and Shibata, T.

    The 5th International Conference on Systems of Systems Engineering (SoSE)   1 - 6   2010年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Loughborough   2010年06月22日  -  2010年06月24日

    DOI: 10.1109/SYSOSE.2010.5544098

    Scopus

  • A Rear-end Collision Warning System with Online One-class Support Vector Machine 査読有り

    Inoue, Y., Ikeda, K., Mima, H., Shibata, T.

    FISITA, F2010D034   2010年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Budapest   Hungary   2010年05月30日  -  2010年06月04日

  • 動作とシンボル表現の相互変換のための原始シンボル空間を用いた全身動作パターンの内挿・外挿 査読有り

    稲邑哲也,柴田智広

    日本ロボット学会誌   28 ( 4 )   512 - 521   2010年05月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.7210/jrsj.28.512

  • Study on Discriminating Words Read Silently from Human Electrocorticogram 査読有り

    Ikeda, S., Shibata, T.

    2010 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP’10)   9 - 9   2010年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2010年05月03日  -  2010年05月05日

  • 社会的知能発生学における構成論的シミュレーションの役割とSIGVerse の開発 査読有り

    橋本敬,稲邑哲也,柴田智広

    日本ロボット学会誌   28 ( 4 )   407 - 412   2010年05月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.7210/jrsj.28.407

  • A rear-end collision warning system for drivers with support vector machines 査読有り

    Mima H., Ikeda K., Shibata T., Fukaya N., Hitomi K., Bando T.

    IEEE Workshop on Statistical Signal Processing Proceedings   650 - 653   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    The paper proposes a rear-end collision warning system for drivers, where how to evaluate the risk of collision is critical. In the proposed system, the time-to-collision assuming a constant relative acceleration is employed as a subjective index of risk based on the collected data in an unconstrained drive and the discussion from a theory of visual control. The system produces an alert when it detects anomaly of the index using the one-class support vector machine, which is trained with the aforementioned data. Some cross-validation experiments show the effectiveness of the system. © 2009 IEEE.

    DOI: 10.1109/SSP.2009.5278491

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=72349099055&origin=inward

  • Acquisition of energy-efficient bipedal walking using CPG-based reinforcement learning 査読有り

    Tomoyuki T., Azuma Y., Shibata T.

    2009 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, IROS 2009   827 - 832   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Although there have been much research on robot walking, the energy efficiency of central pattern generator (CPG)-based walking has not received much attention. This study proposes a novel method for acquiring energy-efficient CPG-based bipedal walking for a robot with knees and feet. In this method, we introduce a torque-free period for swing leg control into the swing leg control cycle. During this period, no torque is applied to the hip joint controller, and therefore no energy is consumed. When and for how long the torque-free period is inserted into the swing leg control cycle is adaptively acquired by reinforcement learning. Simulation experiments demonstrate the feasibility of our method. The energy consumed in acquiring walking is reduced by 40% compared with simple CPG-based walking without the torque-free period in the practical learning speed. Walking stability is maintained with respect to external disturbances on a level floor. Although the method is more unstable on slopes with the torque-free period, the torque-free-period can be adaptively eliminated to achieve stable walking on the slopes. © 2009 IEEE.

    DOI: 10.1109/IROS.2009.5354745

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=76249108360&origin=inward

  • Feature Extraction based on Matrix Factorization from Long-range Office-logging Data 査読有り

    Kita, I., Shibata, T

    Artificial Life and Robotics   14 ( 3 )   375 - 378   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/s10015-009-0688-8

    Scopus

  • Prediction of Human Eye Movements in Facial Discrimination Tasks 査読有り

    Nishida, S., Shibata, T

    Artificial Life and Robotics   14 ( 3 )   348 - 351   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/s10015-009-0679-9

  • Adaptive Particle Allocation for Multifocal Visual Attention based on Particle Filtering 査読有り

    Yano, N., Shibata, T

    Artificial Life and Robotics   13 ( 2 )   522 - 525   2009年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/s10015-008-0610-9

  • Anterior and superior lateral occipito-temporal cortex responsible for target motion prediction during overt and covert visual pursuit 査読有り

    Kawawaki D., Shibata T., Goda N., Doya K., Kawato M.

    Neuroscience Research   54 ( 2 )   112 - 123   2006年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In smooth-pursuit eye movements (SPEM) with gain close to one, SPEM should be controlled mainly by prediction of target motion because retinal slip is nearly zero. We investigated the neural mechanisms of visual-target prediction by the three fMRI experiments. (1) Overt pursuit task: subjects pursued a sinusoidally moving target which blinked (blink condition) or did not blink (continuous condition). (2) Covert pursuit task: subjects covertly pursued the same target with eyes gazed at fixation point. (3) Attend-to-stationary target task: subjects brought attention on a stationary target with eyes gazed at fixation point. In the overt pursuit task, the SPEM gain and the delay in the blink condition were not very different from the continuous condition, indicating good prediction of the blinking target motion. Activities in the dorsolateral prefrontal, precentral, medial superior frontal, intraparietal, and lateral occipito-temporal cortexes increased in the blink-continuous subtraction. The V1 activity decreased for this contrast. In the covert pursuit task, only the anterior/superior LOTC activity remained in the blink-continuous subtraction. In the attend-to-stationary target task, the blink-continuous subtraction elicited no activation. Consequently, the a/sLOTC activity is responsible for target prediction rather than motor commands for eye movements or just target blinking such as visual saliency. © 2005 Elsevier Ireland Ltd and the Japan Neuroscience Society. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.neures.2005.10.015

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=30944465398&origin=inward

  • A model of smooth pursuit in primates based on learning the target dynamics 査読有り

    Shibata T., Tabata H., Schaal S., Kawato M.

    Neural Networks   18 ( 3 )   213 - 224   2005年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    While the predictive nature of the primate smooth pursuit system has been evident through several behavioural and neurophysiological experiments, few models have attempted to explain these results comprehensively. The model we propose in this paper in line with previous models employing optimal control theory; however, we hypothesize two new issues: (1) the medical superior temporal (MST) area in the cerebral cortex implements a recurrent neural network (RNN) in order to predict the current or future target velocity, and (2) a forward model of the target motion is acquired by on-line learning. We use stimulation studies to demonstrate how our new model supports these hypotheses. © 2005 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.neunet.2005.01.001

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=19344369986&origin=inward

  • Fast Learning of Biomimetic Oculomotor Control with Nonparametric Regression Networks 査読有り

    Shibata, T. and Schaal, S.

    IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA 2000)   3847 - 3854   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    San Flancisco   2000年04月24日  -  2000年04月28日

    DOI: 10.1109/ROBOT.2000.845331

  • Finding and following a human based on online visual feature determination through discourse 査読有り

    Inamura, T., Shibata, T., Matsumoto, Y., Inaba, M. and Inoue, H.

    1998 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS98)   348 - 353   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Victoria   1998年10月13日  -  1998年10月17日

    DOI: 10.1109/IROS.1998.724643

  • Hyper Scooter: a Mobile Robot Sharing Visual Information with a Human 査読有り

    Shibata, T., Matsumoto, Y. Kuwahara, T., Inaba, M. and Inoue, H.

    IEEE Conference on Robotics and Automation (ICRA95)   1074 - 1079   1995年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Nagoya   1995年05月21日  -  1995年05月27日

    DOI: 10.1109/ROBOT.1995.525424

▼全件表示

著書

  • Human Activity and Behavior Analysis  Advances in Computer Vision and Sensors: Volume 1

    Victorino, J,N., Shibata, Y., Inoue, S., Shibata, T. (共著 ,  範囲: Forecasting Parkinson's Disease Patients' Wearing-Off using Wrist-Worn Fitness Tracker and Smartphone Dataset)

    Taylor & Francis Group  2024年04月 

     詳細を見る

    総ページ数:456   担当ページ:20   記述言語:英語

  • ロボット工学ハンドブック 第3版

    日本ロボット学会(分担執筆)

    コロナ社  2023年03月 

     詳細を見る

    総ページ数:1086   担当ページ:590-592   記述言語:日本語

  • 個性学入門 ―個性創発の科学―

    今吉 格,岩本昌和,大隅典子,柴田智広 他(共著)

    朝倉書店  2021年08月  ( ISBN:978-4-254-10295-6

     詳細を見る

    総ページ数:244   記述言語:日本語

  • 人工知能学大辞典

    松原仁、他(共著)

    共立出版  2017年07月  ( ISBN:978-4-320-12420-2

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • MIT認知科学大辞典

    中島秀之. 柴田智広(共訳)

    共立出版  2012年11月  ( ISBN:978-4-320-09447-5

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • ロボットを用いた認知科学研究, (2) 力学系,強化学習, ロボット情報学ハンドブック

    柴田智広、松原仁、野田五十樹、他(単著)

    ㈱ナノオプトニクス・エナジー出版局  2010年03月  ( ISBN:4764955075

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • ロボットフロンティア

    下山勲, 柴田智広, 生田幸士, 波多伸彦, 谷淳, 松井俊浩, 比留川博久(共著)

    岩波書店  2005年05月  ( ISBN:9784000112468

     詳細を見る

    総ページ数:238   記述言語:日本語

  • 知能の謎―認知発達ロボティクスの挑戦

    けいはんな社会的知能発生学研究会,瀬名秀明,浅田稔,銅谷賢治,谷淳,茂木健一郎,開一夫,中島秀之,石黒浩,國吉康夫,柴田智広(共著)

    講談社  2004年12月  ( ISBN:978-4-06-257461-7

     詳細を見る

    総ページ数:280   記述言語:日本語

▼全件表示

口頭発表・ポスター発表等

  • Enhancing Human-Robot Collaboration: Intention Recognition System for Individuals with Single-Arm User

    Suppaadirek, N., Sonnic, M., Shibata, T.

    6th International Conference on Activity and Behavior Computing  2024年05月  CareXDXcenter、IEEE

     詳細を見る

    開催期間: 2024年05月28日 - 2024年05月31日   記述言語:英語   開催地:北九州、中津   国名:日本国  

  • Social Attributes Vary with Individual Differences in a CPG-Controlled Handshake Robot

    Yamasaki, K., T., Shibata, T., Henaff, P.

    第29回ロボティクスシンポジア  2024年03月  日本機械学会、日本ロボット学会、 計測自動制御学会システムインテグレーション部門

     詳細を見る

    開催期間: 2024年03月05日 - 2024年03月06日   記述言語:英語   開催地:沖縄   国名:日本国  

  • Insights from an Environment Replication: Analysis of the Effects of Muscle Fatigue on Nursing Care Motions

    Kogami, T., Fujita, W., Higuchi, A., Shibata, T.

    11th International Symposium on Applied Engineering and Sciences(SAES2023)  2023年11月  九州工業大学、マレーシアプトラ大学

     詳細を見る

    開催期間: 2023年11月20日 - 2023年11月21日   記述言語:英語   国名:マレーシア  

  • Picking Clothing from a Pile using Active Object Recognition

    Nakadera, Y., Yamasaki, K., Shibata, T.

    11th International Symposium on Applied Engineering and Sciences(SAES2023)  2023年11月  九州工業大学、マレーシアプトラ大学

     詳細を見る

    開催期間: 2023年11月20日 - 2023年11月21日   記述言語:英語   国名:マレーシア  

  • Verification of Explanatory Ability for Clothing Images by a System Combining ChatGPT and Foundation Models

    Yamasaki, K., Kajiwara, T., Shibata, T.

    11th International Symposium on Applied Engineering and Sciences(SAES2023)  2023年11月  九州工業大学、マレーシアプトラ大学

     詳細を見る

    開催期間: 2023年11月20日 - 2023年11月21日   記述言語:英語   国名:マレーシア  

  • A Study on Fae Orientation-Controlled Smart Walker for Individuals with Parkinson's.

    Picard, L., Shibata, T.

    11th International Conference on Informatics, Electronics & Vision (ICIEV)  2023年10月  Center for Natural Science & Engineering Research

     詳細を見る

    開催期間: 2023年10月26日 - 2023年10月29日   記述言語:英語   開催地:University of East London   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  • モーションキャプチャーデータの階層的低次元化を応用した移乗介助動作の 訓練手法提案

    大牟禮悠、柴田智広

    LIFE2023  2023年09月  日本機械学会、ライフサポート学会、日本生活支援工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年09月19日 - 2023年09月21日   記述言語:日本語   開催地:新潟県   国名:日本国  

  • 音声コミュニケーションを活用した着衣介助ロボットシステムの開発

    梶原 拓己、山崎 駆、柴田 智広

    第41回日本ロボット学会学術講演会   2023年09月  日本ロボット学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年09月11日 - 2023年09月14日   記述言語:日本語   開催地:宮城県   国名:日本国  

  • Enhancing Gait Assistance for Parkinson's Disease Patients through Face OrientationControlled Smart Walker

    Picard, L., Shibata, T.

    第41回日本ロボット学会学術講演会   2023年09月  日本ロボット学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年09月11日 - 2023年09月14日   記述言語:英語   開催地:宮城県   国名:日本国  

  • Evaluating the Efficacy of a Novel FlexibleRigid Lower Limb Exoskeleton for Addressing Walking Difficulties in the Elderly Population

    Manzano Salas, J,D., Duran Jimenez, R, A., Shibata, T.

    第41回日本ロボット学会学術講演会   2023年09月  日本ロボット学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年09月11日 - 2023年09月14日   記述言語:英語   開催地:宮城県   国名:日本国  

  • すくみ足の抑制を目的とした小型軽量な装着型歩行アシスト装置の開発

    吉武太樹、栗田雄一、柴田智広

    第41回日本ロボット学会学術講演会   2023年09月  日本ロボット学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年09月11日 - 2023年09月14日   記述言語:日本語   開催地:宮城県   国名:日本国  

  • Development of an AI-Guided Robotic Arm to Enhance Daily Life Support for Individuals with Post-Stroke Upper Limb Impairment

    Sonnic, M., Suppaadirek, N., Shibata, T.

    第41回日本ロボット学会学術講演会   2023年09月  日本ロボット学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年09月11日 - 2023年09月14日   記述言語:英語   開催地:宮城県   国名:日本国  

  • 現場再現からの洞察:介護士の身体負担測定とアシスト装置の効果分析

    藤田亘、鴻上図南、樋口藍、柴田智広

    第41回日本ロボット学会学術講演会   2023年09月  日本ロボット学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年09月11日 - 2023年09月14日   記述言語:日本語   開催地:宮城県   国名:日本国  

  • Enabling Effective Object Handling for One- Arm Users through AI-Driven Human Intention Prediction and Collaborative Robotic Arm in the Smart Workcell

    Suppaadirek, N., Sonnic, M., Shibata, T.

    第41回日本ロボット学会学術講演会   2023年09月  日本ロボット学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年09月11日 - 2023年09月14日   記述言語:英語   開催地:宮城県   国名:日本国  

  • Realizing an Assist-As-Needed Robotic Dressing Support System through Analysis of Human Movements and Residual Abilities,

    Yamasaki, K., Kajiwara, T., Fujita, W., Shibata, T.

    IEEE International Conference on Robot & Human Interactive Communication (RO-MAN 2023)  2023年08月  IEEE

     詳細を見る

    開催期間: 2023年08月28日 - 2023年08月31日   記述言語:英語   開催地:プサン   国名:大韓民国  

  • Passive Knee Exoskeleton with 4-bar linkage and adjustable spiral spring: Design and Simulation

    Pornpipatsakul, K., Yamaguchi, K., Shibata, T., Ajavakom, N.

    第23回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2022年12月  公益社団法人 計測自動制御学会 SI(システムインテグレーション)部門

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月14日 - 2022年12月16日   記述言語:英語   開催地:東京   国名:日本国  

  • 人工筋肉による力場での三次元動作教示システムの開発

    山口健太、柴田智広

    第23回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2022年12月  公益社団法人 計測自動制御学会 SI(システムインテグレーション)部門

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月14日 - 2022年12月16日   記述言語:日本語   開催地:東京   国名:日本国  

  • Virtual Trial Lending of Nursing Care Robots Using Mixed Reality Device

    Kogami, T., Shibata, T.

    10th International Symposium on Applied Engineering and Sciences(SAES2022)  2022年12月  九州工業大学、マレーシアプトラ大学

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月12日 - 2022年12月14日   記述言語:英語   開催地:オンライン  

  • Body Orientation-based Control of the Assisted Walker Using a Depth Sensor

    Picard, L., Shibata, T.

    10th International Symposium on Applied Engineering and Sciences(SAES2022)  2022年12月  九州工業大学、マレーシアプトラ大学

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月12日 - 2022年12月14日   記述言語:英語   開催地:オンライン  

  • Effectiveness Verification of a Compact Wireless Walking Assist Device for Parkinson's Disease Patients

    Yoshitake, T., Kawamoto, R., Kurita, Y., Shibata, T.

    10th International Symposium on Applied Engineering and Sciences(SAES2022)  2022年12月  九州工業大学、マレーシアプトラ大学

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月12日 - 2022年12月14日   記述言語:英語   開催地:オンライン  

  • 訪問地事前体験のための仮想空間アプリケーションの開発及び実証実験

    山崎駆,山口健太,冨岡莉生,梶谷柊,高津太一,根崎翔,井上快斗,岸田隆之,井上創造,柴田智広

    第7回福祉工学会九州支部大会   2022年12月  日本福祉工学会・九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月10日   記述言語:日本語   開催地:大分、オンライン   国名:日本国  

  • 仮想空間アプリケーションを利用した訪問地の事前体験と高齢化社会への適用

    山崎駆,山口健太,冨岡莉生,梶谷柊,高津太一,根崎翔,井上快斗,岸田隆之,井上創造,柴田智広

    第25回高齢社会デザイン(ASD)研究会   2022年12月  情報処理学会 高齢社会デザイン(ASD)研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月02日 - 2022年12月03日   記述言語:日本語   開催地:北九州   国名:日本国  

  • ネズミの超音波発声計測用の音響カメラUSVCAMの開発

    松本惇平、菅野康太、加藤雅裕、西丸広史、瀬戸川剛、チンゾリグ チョイジルジャヴ、柴田智広、西条寿夫

    聴覚研究会  2022年11月  一般社団法人日本音響学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年11月21日 - 2022年11月22日   記述言語:日本語   開催地:オンライン   国名:日本国  

  • Electric Wheelchair Control Using Head Velocity-Based Gesture Recognition Specializing in Turning Motion

    Yamasaki, K., Anraku, M., Shibata, T., Suwa, M.

    第10回 21世紀における先端生産工学・技術に関する国際会議 (LEM21)   日本機械学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年11月14日 - 2022年11月18日   記述言語:英語   開催地:北九州   国名:日本国  

  • Demonstration Studies of Robots and Smart Devices Tackled by Home Health Care Nursing

    Sakashita, S., Shibata, T.

    The Sixth Korea China Japan Nursing Conference   2022年11月  Korean Nurses Association

     詳細を見る

    開催期間: 2022年11月01日 - 2022年11月03日   記述言語:英語   開催地:online   国名:大韓民国  

  • Forecasting Parkinson's Disease Patients' Wearing-Off using Wrist-Worn Fitness Tracker and Smartphone Dataset

    Victorino, J,N., Shibata, Y., Inoue, S., Shibata, T.

    The 4th International Conference onActivity and Behavior Computing 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年10月27日 - 2022年10月29日   記述言語:英語   開催地:London   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  • The Study and Development of a Smart Assistive Robotic Walker System for Improved Walking Performances and Health Conditions Monitoring for Persons with Parkinson’s

    Majumder, J., Victorino, J. N., Duran J., R. A., Shibata, T.

    第40回日本ロボット学会学術講演会  2022年09月  日本ロボット学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月05日 - 2022年09月09日   記述言語:英語   開催地:東京   国名:日本国  

  • 介護支援ロボット普及に向けたスマートライフケア共創工房における取り組み

    鴻上図南,樋口藍,和田親宗,柴田智広

    第40回日本ロボット学会学術講演会   2022年09月  日本ロボット学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月05日 - 2022年09月09日   記述言語:日本語   開催地:東京   国名:日本国  

  • ホームサービスロボットによる衣服が掛けられ密着して吊るされたハンガーの能動的認識

    山崎駆, 酒井義史, 梶原拓己, 柴田智広

    第40回日本ロボット学会学術講演会   2022年09月  日本ロボット学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月05日 - 2022年09月09日   記述言語:日本語   開催地:東京   国名:日本国  

  • Study on cloth perception through different surfaces using active sensing in a robotic finger mechanism.

    Duran J., R. A., Majumder, J., Shibata, T.

    第40回日本ロボット学会学術講演会   2022年09月  日本ロボット学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月05日 - 2022年09月09日   記述言語:英語   開催地:東京   国名:日本国  

  • 異種ロボット協働による連続着衣介助システム

    梶原拓己, 酒井義史,山崎 駆,Victorino, J. N, 柴田智広

    第44回クラウドネットワークロボット(CNR)研究会  2022年07月  クラウドネットワークロボット研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年07月01日   記述言語:日本語   開催地:沖縄、オンライン   国名:日本国  

  • A Smart Robotics Walker System for Heart Rate Monitoring and Walking Rehabilitation of PD

    Majumder, J., Victorino, J. N., Duran J., R. A., Shibata, T.

    ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2022   日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門

     詳細を見る

    開催期間: 2022年06月01日 - 2022年06月04日   記述言語:英語   開催地:札幌、オンライン   国名:日本国  

  • Towards a neuromusculoskeletal platform to simulate healthy and deficient gait with assistive devices

    Le Pape, L., Henaff, P., Shibata, T., Kawamoto, R., Yoshitake, T.

    4th Workshop on Integrating Multidisciplinary Approaches to Advance Physical Human-Robot Interaction: Challenges of Interfacing Wearable Robots with the Human Neuromotor System 4th Workshop on Integrating Multidisciplinary Approaches to Advance Physical Human-Robot Interaction: Challenges of Interfacing Wearable Robots with the Human Neuromotor System  2022年05月  IEEE

     詳細を見る

    開催期間: 2022年05月23日 - 2022年05月27日   記述言語:英語   開催地: Philadelphia, USA and online  

  • The Study of Development of an Intelligent Smart Robotics Walker for Walking Rehabilitation and Health Monitoring Systems of PD Patients

    Majumder, J., Shibata, T.

    International Symposium on Robotics in Industry, Agriculture and Healthcare (ISRIAH2022)  2022年04月  IIT Kanpur and Waseda University

     詳細を見る

    開催期間: 2022年04月09日 - 2022年04月10日   記述言語:英語   開催地:オンライン  

  • HoloLense2を用いたアバターへの筋電情報重畳表示

    山崎駆, 鴻上図南, 飯田稜悟, 柴田智広

    第28回バーチャルリアリティ学会大会  2022年03月  日本バーチャルリアリティ学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月09日 - 2022年03月10日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • パーキンソン病患者のための空気圧駆動人工筋アシスト装置とアシスト歩行器の統合システムを用いた歩行周期推定に関する研究

    川本 陸雄、Ali Abdul、Jimmy Majumder、栗田 雄一、柴田 智広

    第22回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会  公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月15日 - 2021年12月17日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 人工筋肉による力場での動作教示システムの開発

    山口 健太、山崎 駆、栗田 雄一、柴田 智広

    第22回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会  公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月15日 - 2021年12月17日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • A Study on Development of Soft Gripper for Grasping Tools in the Smart Work-cell

    Duran J, R, A., Ali ,A., Yamasaki, K., Shibata, T.

    第39回日本ロボット学会学術講演会  日本ロボット学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月08日 - 2021年09月11日   記述言語:英語   開催地:オンライン  

  • サービスロボット協働による洗濯作業の自動化

    酒井義史,高橋和孝,山崎駆,柴田智広

    第39回日本ロボット学会学術講演会  日本ロボット学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月08日 - 2021年09月11日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • Behavior and Emotional Modification at Latent Period of Rat Epilepsy Model

    Arai, H., Blanco, N.S., Labuguen,R., Shibata, T., Natsume, K.

    60th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan (SICE)   Society of Instrument and Control Engineers (SICE)

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月08日 - 2021年09月10日   記述言語:英語   開催地:オンライン  

  • USVCAM: a novel sound source localization system for rodent ultrasonic vocalizations

    Kanno,K., Matsumoto, J., Kato, M., Shibata, T.

    The 80th Fujiwara Seminar「Molecular and cellular mechanisms of brain systems generating individuality」 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年08月30日 - 2021年08月31日   記述言語:英語   開催地:オンライン   国名:日本国  

  • A Framework for a Smart Walker System with Voice-based Virtual Assistant, Actuators & Sole Sensor for Rehabilitation Monitoring

    Ali, A., Victorino, J.N., Duran Jimenez, R.A., Shibata, T.

    The 7th International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2021)  Japan Society for Mechanical Engineers

     詳細を見る

    開催期間: 2021年07月01日 - 2021年07月02日   記述言語:英語   開催地:オンライン  

  • MacaquePose: A Novel “In the Wild” Macaque Monkey Pose Dataset for Markerless Motion Capture

    Labuguen,R., Matsumoto, J., Blanco, N.S., Nishimaru, H., Nishijo, H., Takada,M., Go,Y., Inoue, K., Shibata, T.

    CV4Animals: Computer Vision for Animal Behavior Tracking and Modeling   Computer Vision and Pattern Recognition (CVPR)

     詳細を見る

    開催期間: 2021年06月25日   記述言語:英語   開催地:オンライン  

  • Multiple Monkey Pose Estimation Using OpenPose

    Blanco, N.S., Labuguen,R., Matsumoto, J., Go,Y., Inoue, K.,Shibata, T.

    International workshop (VAIB) in an international conference (ICPR)   University of Edinburgh

     詳細を見る

    開催期間: 2021年01月11日   記述言語:英語   開催地:オンライン  

  • FingerVisionを用いた触覚センシングと物体検出を同時に実現するための画像修復とノイズ除去

    山崎駆, 高橋和孝, Joshi, Ravi P., 柴田智広, 諏訪正樹

    第38回日本ロボット学会学術講演会  日本ロボット学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年10月09日 - 2020年10月11日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • A Study on a Low-Cost Soft Robotic Hand Grip Operated by a Smart Skin

    Duran J., R. A., Matsumura, N. and Shibata, T.

    第38回日本ロボット学会学術講演会   日本ロボット学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年10月09日 - 2020年10月11日   記述言語:英語   開催地:オンライン  

  • 介護動作に着目した慣性式モーションキャプチャシステムの精度評価

    鴻上図南, 飯田稜悟, 柴田智広

    2020年度電子情報通信学会九州支部学生会講演会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月19日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • OpenSim を用いた逆動力学解析による介護動作中の筋電図推定

    飯田稜悟,鴻上図南,柴田智広

    2020 年度電子情報通信学会九州支部学生会講演会  電子情電子情報通信学会報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月19日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • Beyond Tool Motion Analysis: Exploring Potential Innovations for Augmenting Laparoscopic Surgery Skill Analysis and Training

    Bolingot, H.M. and Shibata, T.

    The IEEE EMBS International Student Conference 2019 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月22日 - 2019年11月24日   記述言語:英語   開催地:Otto von Guericke University Magdeburg, Germany  

  • サービスロボットHSRを用いた洗濯作業の自動化に向けた複数衣服の運搬および分別

    福宿将士、朝倉源気、柴田智広

    第37回日本ロボット学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月03日 - 2019年09月07日   記述言語:日本語   開催地:早稲田大学  

  • パーキンソン病患者のすくみ足抑制のための自己誘発的な力刺激を用いる新しい歩行器システムの提案

    坂田拓馬, 樋口藍,柴田智広

    日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2019 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年06月05日 - 2019年06月08日   記述言語:日本語  

  • ロボットによる衣服操作のためのMask R-CNN を用いた複数衣服の認識

    福宿将士,山口史晃,柴田智広

    日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2019 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年06月05日 - 2019年06月08日   記述言語:日本語  

  • Garment Recognition and Grasping Point Detection for Clothing Assistance Task using Deep Learning*

    Shibata,T.

    2019 IEEE/SICE International Symposium on System Integration 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年01月14日 - 2019年01月16日   記述言語:英語   開催地:Sorbonne Université, Paris, France  

  • Robotics Handling of Cloth for Clothing Assistance Task using Deep Learning

    Saxena,K., Shibata, T.

    36th Annual Conference of the Robotics Society of Japan  一般社団法人 日本ロボット学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月04日 - 2018年09月07日   記述言語:英語   開催地:中部大学春日井キャンパス  

  • パーキンソン病患者の歩行に対するUPS-PDの影響

    樋口藍、柴田智広

    36th Annual Conference of the Robotics Society of Japan 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月04日 - 2018年09月06日   記述言語:日本語  

  • アンプラグドパワードスーツを用いたPD患者のすくみ足解除の検討

    樋口藍, 柴田智広, 栗田雄一, 白石純一郎

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2018 in Kitakyushu  一般社団法人日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月02日 - 2018年06月05日   記述言語:日本語   開催地:西日本総合展示場  

  • ロボットによる衣服操作のためのMask R-CNNを用いた複数衣服の認識

    山口史晃,藤田啓斗,柴田智広

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2018 in Kitakyushu  一般社団法人 日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月02日 - 2018年06月05日   記述言語:日本語   開催地:西日本総合展示場  

  • 実店舗の購買意思決定時におけるロボットサイネージの介入効果実験

    鳴海 和、柴田智広

    CQ MVE IE IMQ  

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月08日 - 2018年03月09日   記述言語:日本語   開催地:沖縄産業支援センター  

  • 強化学習によるロボットの衣服展開操作の獲得に関する研究

    藤田啓斗、Saxena Krati, 猪平栄一、柴田智広

    第18回 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年12月20日 - 2017年12月22日   記述言語:日本語  

  • 深層学習を用いた収穫可能トマトの検出に関する研究

    中村優樹、石井和男、猪平栄一、柴田智広

    第18回 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年12月20日 - 2017年12月22日   記述言語:日本語  

  • OWAS姿勢コード生成のための姿勢分類器精度向上に関する研究

    大牟禮悠、泉博之、柴田智広

    福祉情報工学研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年10月19日 - 2017年10月20日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学戸畑図書館  

  • Estimating 3D Hand Location for Clothing Assistance Initialization Using Dynamic Movement Primitives

    Prakash, RJ., Perathara, R., Labuguen, R., Koganti, N., Shibata, T.

    第35回 日本ロボット学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月11日 - 2017年09月14日   記述言語:英語  

  • A Novel Practical Approach to Prosthetic Control of Continuous Multi-Fingered Kinematics with a Low-Cost Wearable sEMG Device

    Shibata,T., Shibata, T.

    39th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月11日 - 2017年07月15日   記述言語:英語   開催地:済州島  

  • A Study on Automatic OWAS Classification of the Working Postures of a Caregiver

    Omure, Y., Izumi, H., Shibata,T.

    39th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月11日 - 2017年07月15日   記述言語:英語   開催地:済州島  

  • Imparting Motor-Skills to Humanoid Robots using Bayesian Nonparametric Latent Spaces

    Koganti, N., Tamei, T., Ikeda, K., Shibata, T.

    39th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月11日 - 2017年07月15日   記述言語:英語   開催地:済州島  

  • Simulated Laparoscopic Training and Measurement Systems based on a Low-Cost sEMG and IMU Armband

    Bolingot, H.J., Abrajano,G., Libatique, N.J., Salvaña, M.L., Tangonan, G., Reyes, D.A., Ngeo, J., Shibata, T

    39th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月11日 - 2017年07月15日   記述言語:英語   開催地:済州島  

  • センサデータの可視化におけるユーザ着目点の機械学習

    藤野慶汰、井上創造、柴田智広

    マルチメディア, 分散, 協調とモバイル (DICOMO 2017) シンポジウム  一般社団法人 情報処理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年06月28日 - 2017年06月30日   記述言語:日本語   開催地:定山渓万世閣ホテルミリオーネ  

  • ロボット着衣介助における介助失敗検出に関する研究

    山口史晃、Nishanth Koganti、樋口藍、柴田智広

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2017  一般社団法人日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門

     詳細を見る

    開催期間: 2017年05月10日 - 2017年05月13日   記述言語:日本語   開催地:ビッグパレットふくしま  

  • 足圧中心追跡課題時のNIRSを用いた前頭前皮質活動の機能的解析

    堀和貴、楠根穣、柴田智広

    ニューロコンピューティング研究会  社団法人 電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月13日 - 2017年03月14日   記述言語:日本語   開催地:機械振興会館  

  • 高位切断者のためのVirtual Force Sensingを用いた両腕協調動作生成システムの開発

    阿部祐太、猪平栄一、柴田智広

    第17回システムインテグレーション部門講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月15日 - 2016年12月17日   記述言語:日本語  

  • 複数センサデータの自動可視化に向けたユーザ操作機械学習の予備評価

    藤野 慶汰

    第18回日本知能情報ファジィ学会九州支部学術講演会  SOFT九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月10日   記述言語:日本語   開催地:熊本高等専門学校 熊本キャンパス  

  • Bayesian Nonparametric Motor-skill Representations for Efficient Learning of Robotic Clothing Assistance

    Koganti, N., Tamei, T., Ikeda, K., Shibata, T.

    Thirtieth Annual Conference on Neural Information Processing Systems (NIPS)  

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月05日 - 2016年12月10日   記述言語:英語   開催地:Barcelona, Spain  

  • EXTREMITY DETECTION FROM A PILE OF GARMENTS USING BAYESIAN GP-LVM

    Gaurav, V., Koganti, N., Nakata, R., Joshi, R., Shibata, T.

    2016 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2016) Workshop on Assistance and Service Robotics in a Human Environment (ASROB) 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年10月09日 - 2016年10月15日   記述言語:英語   開催地:Daejeon, Korea  

  • A Low-Cost Balance Assessment System Using Center of Pressure Tracking Tasks

    Kusune, Y., Tamei, T., Yoshida, A., Shiraishi, J., Shibata, T.

    IEICEスマートインフォメディアシステム研究会  SIS

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月14日 - 2016年09月17日   記述言語:英語   開催地:タイ、アユタヤ  

  • Motor-skill Learning in Latent Spaces for Robotic Clothing Assistance

    Koganti, N., Joshi, R.P., Tamei, T., Ikeda K., Shibata, T.

    第34回 日本ロボット学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月07日 - 2016年09月09日   記述言語:英語   開催地:山形大学 小白川キャンパス  

  • CLOTH EXTREMITY DETECTION FROM A CLUTTER OF CLOTHES USING BAYESIAN GP-LVM

    Gaurav, V., Koganti, N., Nakata, R., Joshi, RP., Shibata, T.

    第34回 日本ロボット学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月07日 - 2016年09月09日   記述言語:英語   開催地:山形大学 小白川キャンパス  

  • 進行性核上性麻痺一症例における姿勢反応障害に関する検討

    岡田洋平,柴田智広,冷水 誠,森岡 周

    第 2 回身体運動制御学とニューロリハビリテーション研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年07月30日   記述言語:日本語  

  • Using a Latent Space Obtained by GPLVM for Kinematic Control of a Humanoid Hand

    Hara, S., Ngeo, J., SHibata, T.

    International Symposium On Applied Engineering and Science 2015 (SAES 2015) 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月23日 - 2015年11月24日   記述言語:英語   開催地:UPM  

  • Can Recommendation by a Digital Signage Change a Customer’s Purchase Decision?

    Kasahara, T., Shibata, T.

    International Symposium On Applied Engineering and Science 2015 (SAES 2015)  

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月23日 - 2015年11月24日   記述言語:英語  

  • Cloth dynamics modeling in latent spaces and its application to robotic clothing assistance

    Koganti, N., Ngeo, G.J., Ikeda, K. and Shibata, T.

    2015 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS) 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月28日 - 2015年10月02日   記述言語:英語  

  • ユーザフレンドリーな移動ロボットナビゲーションのための半自動トポロジカルマッピング

    粂田真吾、Nishant Kejriwal, Swagat Kumar, 柴田智広

    第33回 日本ロボット学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月03日 - 2015年09月05日   記述言語:日本語   開催地:東京電機大学  

  • Baxter を用いたライフケアロボティクスの研究と社会実装

    中田 理公、Nishanth Koganti、 柴田 智広

    Baxter を用いたライフケアロボティクスの研究と社会実装 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月03日 - 2015年09月05日   記述言語:日本語   開催地:東京電機大学  

  • Modeling Dynamic High-DOF Finger Postures from Surface EMG using Nonlinear Synergies in Latent Space Representation

    Ngeo, J., Tamei, T., Ikeda, K., and Shibata, T.

    The 37th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年08月25日 - 2015年08月29日   記述言語:英語   開催地:Milan, Italy  

  • A Classification Method between Novice and Experienced Drivers Using Eye Tracking Data and Gaussian Process Classifier

    Zhang, Z., Kubo, T., Watanabe, J., Shibata, T., Ikeda, K., Bando, T., Hitomi, K., and Egawa, M.

    SICE Annual Conference 2015 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年07月28日 - 2015年07月30日   記述言語:英語   開催地:Hangzhou, China  

  • The Assist-As Needed Principle for Computer Agents

    Shibata, T.

    4th International Conference on Informatics, Electronics & Vision (ICIEV) 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年06月15日 - 2015年06月18日   記述言語:英語   開催地:北九州国際会議場  

  • 拡張現実(AR)技術における重ね合わせのコミュニケーション効果の実験

    呉伽科、船谷浩之、川村洋次

    日本広告学会第45回全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月05日 - 2014年12月07日   記述言語:日本語   開催地:立教大学 池袋キャンパス  

  • 強制2選択課題におけるオンラインでの店舗顧客の意思推定を利用したロボットによる介入実験

    船谷浩之、呉伽科、川村洋次、柴田智広

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2014 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年05月28日   記述言語:日本語   開催地:富山市総合体育館  

  • 自動エージェントによる購買意思決定過程へのリアルタイム介入

    船谷浩之、呉伽科、川村洋次、柴田智広

    ロボティクスシンポジア 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月13日 - 2014年03月14日   記述言語:日本語   開催地:神戸  

  • Towards prediction of driving behavior via basic pattern discovery with BP-AR-HMM

    Hamada R., Kubo T., Ikeda K., Zhang Z., Shibata T., Bando T., Egawa M.

    ICASSP, IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing - Proceedings 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年10月18日   記述言語:英語  

    Prediction of driving behaviors is important problem in developing the next-generation driving support system. In order to take account of diverse driving situations, it is necessary to deal with multiple time series data considering commonalities and differences among them. In this paper we utilize the beta process autoregressive hidden Markov model (BP-AR-HMM) that can model multiple time series considering common and different features among them using the beta process as a prior distribution. We apply the BP-AR-HMM to actual driving behavior data to estimate VAR process parameters that represent the driving behaviors, and with the estimated parameters we predict the driving behaviors of unknown test data. The results suggest that it is possible to identify the dynamical behaviors of driving operations using BP-AR-HMM, and to predict driving behaviors in actual environment. © 2013 IEEE.

  • Estimation of Human-Cloth topological relationship using depth sensor for Robotic Clothing Assisitance

    Koganti N., Tamei T., Matsubara T., Shibata T.

    The 1st Annual International Conference of the ACM-RSI Advances in Robotics (AIR 2013) 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年07月01日 - 2013年07月03日   記述言語:英語  

  • Control of an Optimal Finger Exoskeleton based on Continuous Joint Angle Estimation from EMG signals

    Ngeo,J., Tamei, T., Shibata, T.

    The 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年07月   記述言語:英語   開催地:Osaka, Japan  

  • 抽象絵画鑑賞時における画家・素人の注視パターン

    Koide N., Kubo T., Shibata T., Ikeda K.

    Neuro 2013 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年06月20日 - 2013年06月23日   記述言語:英語   開催地:Kyoto, Japan  

  • ユーザ適応型支援ロボットはダーツ投げ動作学習を促進する

    Obayashi, C., Tamei, T., Shibata, T.

    Neuro 2013 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年06月20日 - 2013年06月23日   記述言語:英語   開催地:Kyoto, Japan  

  • Overt and Covert Speech Evoke Similar Voxel Patterns in Language Areas

    Ikeda S., Shibata T., Ikeda, K.

    Neuro 2013 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年06月   記述言語:英語  

  • 赤外線深度センサを用いたマウスの自然な歩行解析システムの開発

    中村彰宏、柴田智広

    第60回日本実験動物学会総会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年05月15日   記述言語:日本語  

  • Accuracy Assessment of Kinect Body Tracker in Instant Posturography for Balance Disorders

    Funaya, H., Shibata, T., Wada, Y. and Yamanaka, T.

    2013 7th International Symposium on Medical Information and Communication Technology(ISMICT) 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月06日 - 2013年03月08日   記述言語:英語  

  • NIRSを用いた基礎的なドラム演奏の熟達に伴う皮質活動変化の調査

    上田公介、柴田智広、池田和司

    電子情報通信学会NC研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 運転行動予測に向けた運転操作時系列データへのノンパラメトリックベイズ法の適用

    濱田龍之介、久保孝富、池田和司、張祖杰、柴田智広、坂東誉司、江川万寿三

    電子情報通信学会SIP研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月   記述言語:日本語   開催地:山形市  

  • インステップキック運動における動的作業方向動作精度の解析

    泉直克、爲井智也、池田和司、柴田智広

    電子情報通信学会総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月   記述言語:英語   開催地:岐阜  

  • ライフログからの研究者の知的生産性に関わる特徴抽出

    前佑樹、柴田智広、池田和司

    電子情報通信学会総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月   記述言語:日本語   開催地:岐阜  

  • 言語野における音読と黙読の類似性について

    池田純起、柴田智広、池田和司

    電子情報通信学会NC研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年11月   記述言語:日本語   開催地:宮城県仙台市  

  • Continuous Estimation of Finger Joint Angles Using Inputs from an EMG-to-Muscle Activation Model

    Ngeo, J., Tamei, T., Shibata, T.

    IEICE Technical Report MEとバイオサイバネティクス研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年10月   記述言語:英語   開催地:大阪  

  • 選好判断のための抽象画鑑賞時における熟練者・非熟練者の注視パターン

    小出真子、池田和司、柴田智広

    第35回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月18日 - 2012年09月21日   記述言語:英語   開催地:愛知県 名古屋市  

  • Networked driving simulator based on SIGVerse and lane-change analysis according to frequency of driving

    Bando, T. and Shibata, T

    The 15th International IEEE Conference on Intelligent Transportation Systems 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月   記述言語:英語  

  • Development of Behavioral Analysis System for Mice Using Infrared Depth Sensor

    Nakamura, A., Shibata, T.

    Biological and Physiological Engineering (BPES 2012) 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月   記述言語:英語  

  • Assist-as-needed Robotic Training based on Reinforcement Learning -Application to Darts Throwing -

    Obayashi, C., Tamei, T., and Shibata, T.

    第30回日本ロボット学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月   記述言語:英語   開催地:北海道 札幌市  

  • Adaptive Robotic Clothing Assistance through Reinforcement Learning with Time-varying Synergies Model

    Tamei, T., Matsubara, T., Shibata, T.

    第30回日本ロボット学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月   記述言語:英語   開催地:北海道札幌市  

  • Hybrid control of a three finger hand exoskeleton based on EMG and inverse kinematics model

    Orlando, M.F., Dutta, A., Saxena, A., Behera, L., Shibata., T., Tamei, T.

    第30回日本ロボット学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月   記述言語:英語   開催地:北海道 札幌市  

  • 光学系の追加による赤外線パターン投影式深度センサの深度分解能および深度方向の計測範囲の調整

    中村彰宏、 船谷浩之、柴田智広

    MIRU2012 第15回画像の認識・理解シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年08月   記述言語:日本語   開催地:福岡市  

  • 抽象画嗜好判断時における熟達者・非熟達者の視点分布の相違

    小出真子、池田和司、柴田智広

    電子情報通信学会NC研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年07月   記述言語:日本語   開催地:滋賀県草津市  

  • Difference between experts and non-experts in fixation patterns during abstract paintings observation

    Koide, N., Shibata, T.

    脳と心のメカニズム夏のワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年07月   記述言語:英語   開催地:宮城県仙台市  

  • Studying a Large-Scale Spiking-Neuron Model of the Oculomotor System with a Humanoid Robot

    Shibata, T.

    Korea-Japan Joint Symposium 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年02月   記述言語:英語   開催地:Korea, Soul  

  • Decoding Imagined Vowels Using Human Electrocorticograms on the Primary motor and Sensor Areas

    Ikeda, S., Shibata, T., Nakano, N., Okada, R., Tsuyuguchi, N., Ikeda, K., Kato, A.

    脳と心のメカニズム第12回冬のワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年01月   記述言語:英語  

  • 放物線飛行による微小重力および過重力下での傾き感覚に対する視覚と頸部深部感覚の関与

    金子寛彦、和田佳郎、平田豊、柴田智広、小高泰、 松田圭司、岩木直、三浦健一郎、久代恵介、鹿内学、疋田真一、長谷川達央、水科晴樹、五島史行、野村泰之、 村井紀彦、松延毅、栗田昭宏、原田竜彦、伊藤泰明

    第28回宇宙利用シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年01月   記述言語:英語  

  • Aestetics and Fixation Points in Abstract Paintings Observation

    Koide, N., Ikeda, K., Shibata, T.

    Aestetics and Fixation Points in Abstract Paintings Observation 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年01月   記述言語:英語   開催地:北海道  

  • Joint torque utilization in throwing darts

    Tamei, T., Obayashi, C., Shibata, T.

    日本神経回路学会 第21回全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年12月15日 - 2011年12月17日   記述言語:英語   開催地:沖縄  

  • Spatio-temporal transition of EEG activities during insight occurrence

    Kondo, R., Shibata, T., Oosugi, N., Ikeda, K.

    日本神経回路学会 第21回全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年12月15日 - 2011年12月17日   記述言語:英語   開催地:沖縄  

  • ダンシングRoomba ~踊る掃除制御~

    中村彰宏、柴田智広

    エンターテイメントコンピューティング研究会2011 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年11月   記述言語:日本語  

  • Reinforcement Learning of Clothing Assistance with a Dual-arm Robot

    Tamei, T., Matsubara, T., Rai, A., Shibata, T.

    11th IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robots (Humanoids 2011) 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年10月   記述言語:英語  

  • A Study on Classifying Vowels Read Silently from Human Electrocorticogram

    S.Ikeda, T. Shibata, N. Tsuyuguchi, N. Nakano, R. Okada, K. Ikeda, A. Kato,

    The 34th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月   記述言語:英語   開催地:Yokohama, Japan  

  • Design and development of a three finger hand exoskeleton

    Moren, J., Shibata, T.

    第29回日本ロボット学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月   記述言語:英語   開催地:Tokyo, Japan  

  • Development of Adaptive Robotic Trainer for Novices of Darts Throwing

    Obayashi, C., Tamei, T., Shibata, T.

    第29回日本ロボット学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月   記述言語:英語   開催地:Tokyo, Japan  

  • A Spiking-neuron Model of Superior Colliculus Reproduces Saccade Movement Profiles through NMDAR-Mediated Burst Activity

    Moren, J., Shibata, T.

    第3回バイオスーパーコンピューティングシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年02月   記述言語:英語   開催地:Kobe, Japan  

  • A spiking-neuron model of superior colliculus reproduces saccade movement profiles through NMDAR-mediated burst activity

    Moren, J., Shibata, T.

    脳と心のメカニズム第11回冬のワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年01月   記述言語:英語  

  • 脳波信号からの直感発生検出に関するBCI研究

    大杉直也、柴田智広、池田和司

    電子情報通信学会技術研究報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年11月   記述言語:英語  

  • NIRSを用いた基礎的なドラム演奏時における熟達者-非熟達者間の脳活動比較

    藤居宏平、柴田智広、小林亮太、北野勝則、西川郁子、池田和司

    電子情報通信学会技術研究報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年11月   記述言語:英語  

  • Simulator Platform that Enables Social Interaction Simulation SIGVerse: SocioIntelliGenesis Simulator

    Inamura, T., Shibata, T., Sena, H., Hashimoto, T.

    The 2010 IEEE/SICE International Symposium on System Integration 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年10月   記述言語:英語   開催地:Sendai, Japan  

  • Development of an Adaptive Robotic Trainer: Application to Darts Throwing

    Obayashi, C., Tamei, T., and Shibata, T.

    International Conference on Applied Bionics and Biomechanics (ICABB-2010) 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年10月   記述言語:英語  

  • Only a few ECoG electrodes can discriminate words in mind

    Ikeda S., Shibata T., Imatani E., Tsuyuguchi N., Nakano N., Hara., Okada R., IkedaK., Kato A.

    Neuro 2010 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月02日 - 2010年09月04日   記述言語:英語   開催地:Kobe, Japan  

  • Modeling saccades through NMDAR-mediated bursting with reciprocal inhibition in the Superior Colliculus

    Moren, J., Shibata, T., Cassagnes, A., Yoshimoto, J., Doya, K.

    第33回日本神経科学大会第53回日本神経化学会大会第20回日本神経回路学会大会合同大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月   記述言語:英語   開催地:Kobe, Japan  

  • Adaptive Robotic Training for Darts based on Comparisons of Experts and Non-experts

    Shibata, T.

    The 28th Annual Conference of the Robotics Society of Japan 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月   記述言語:英語  

  • A Collision Risk Criterion based on Imaginary Brakes

    Inoue, Y., Ikeda, K., Mima H., Shibata, T.

    SICE Annual Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年08月   記述言語:英語   開催地:Taipei, Taiwan  

  • Toward a Spiking-Neuron Model of the Oculomotor System

    Morén, J., Shibata, T. and Doya, K.

    The Eleventh International Conference on the Simulation of Adaptive Behavior 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年08月   記述言語:英語  

  • A Rear-end Collision Warning System with Online One-class Support Vector Machine

    Inoue, Y., Ikeda, K., Mima, H., Shibata, T., Fukaya, N., Hitomi, K., Bando, T.

    FISITA 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年06月   記述言語:英語   開催地:Budhapest  

  • Three-Dimensional Virtual Force Sensing for Kinetic Interaction with a Robot

    Tamei, T., Shibata, T.

    The 5th International Conference on Systems of Systems Engineering (SoSE) 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年06月   記述言語:英語  

  • Neural representation of face perception in the fusiform face area

    Shikauchi, M., Shibata, T., Oba, S., Ishii, S.

    ision Sciences Society 10th Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年05月   記述言語:英語   開催地:Naples, U.S.A.  

  • A Study on Discriminating Words Read Silently from Human Electrocorticogram

    Ikeda S., Shibata, T., Imatani, E.

    2010 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processin 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月   記述言語:英語  

  • 指数族テンソル因子化法による欠損値予測と異常検知

    林浩平、竹之内高志、柴田智広、神谷祐樹、加藤大志、國枝和雄、山田敬嗣、池田和司

    人工知能学会研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • Combining Constructive and Realistic Simulations: Development of SIGVerse as an Integrative Simulator for Sociointelligenesis

    Hashimoto, T., Inamura, T., Shibata, T.

    4th International Nonlinear Science Conference 2010 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月   記述言語:英語  

▼全件表示

講演

  • Dressing Assistance Robotics for Elderly Care through Human-Robot Interaction

    ICRA24 Workshop Co-manipulation  2024年05月  IEEE

     詳細を見る

    開催期間: 2024年05月13日 - 2024年05月17日   発表言語:英語   講演種別:基調講演   開催地:横浜   国名:日本国  

  • 日本照護機器人應用與創新動向

    第七回台日ケア産業サミット  2023年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年09月08日 - 2023年09月09日   発表言語:英語   講演種別:招待講演   開催地:オンライン   国名:台湾  

  • Designing Assistive Robots that Harness Physical Interaction between Humans and Robots

    IEEE RO-MAN2023 BUSAN  2023年08月  IEEE International Conference on Robot & Human Interactive Communication

     詳細を見る

    開催期間: 2023年08月28日 - 2023年08月31日   発表言語:英語   講演種別:基調講演   開催地:Busan, Korea   国名:大韓民国  

  • Overview of Robotics in Supportive Care

    2023 MASCC 国際がんサポーティブケア学会   2023年06月  MASCC(国際がんサポーティブケア学会)

     詳細を見る

    開催期間: 2023年06月22日 - 2023年06月24日   発表言語:英語   講演種別:基調講演   開催地:奈良県コンベンションセンター  

  • 超高齢化社会における歩行器中心ケアシステム

    産業技術総合研究所デジタルヒューマン技術協議会第2回協議会  2023年06月 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年06月13日   発表言語:日本語   講演種別:招待講演  

  • Innovating Care with Technology in Japan

    Care-led innovation: The case of elderly care in France and Japan" (INNOVCARE)  2023年02月  The Fondation France-Japon de l'EHESS

     詳細を見る

    開催期間: 2023年02月08日   発表言語:英語   講演種別:招待講演  

  • 介護ロボットイノベーションのために

    やまぐち介護・福祉研究会 介護福祉機器開発セミナー  2022年12月  やまぐち医療関連成長戦略推進協議会,(地独)山口県産業技術センター

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月21日   発表言語:日本語   講演種別:基調講演   開催地:山口、オンライン   国名:日本国  

  • Near-Future Care with AI and Robots

    九工大・マレーシアプトラ大学国際合同シンポジウム(SAES2022)  2022年12月  九州工業大学 及びマレーシア プトラ大学

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月12日 - 2022年12月14日   発表言語:英語   講演種別:基調講演   開催地:オンライン   国名:日本国  

  • ロボット介護機器のイノベーションのために

    AMED ロボット介護機器開発等推進事業(環境整備)第六回セミナー  2022年12月  国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月09日   発表言語:日本語   講演種別:招待講演   開催地:オンライン   国名:日本国  

    ロボット介護機器の開発や普及の動向、また今後ロボット介護機器の普及を加速するための方法論について講演を行い、講演後はご参加の皆様からの質疑応答があった。
     ロボット介護機器の開発や製品普及の理解を深めたい開発事業者、介護施設や在宅介護など現場でのロボット活用に関心を持つ介護事業者など、介護に携わる人々の参加があった。

  • Near-Future Care Using AI and Robots

    MIRAI2.0 Research & Innovation Week 2022  2022年11月  スウェーデン7大学、日本8大学

     詳細を見る

    開催期間: 2022年11月15日 - 2022年11月18日   発表言語:英語   講演種別:基調講演   開催地:九州大学伊都キャンパス  

  • Development, Demonstration, and Social Implementation of Robots for Nursing Care

    IROS2022 Workshop on Assistive robots in the real world   2022年10月  IEEE 他

     詳細を見る

    開催期間: 2022年10月23日 - 2022年10月27日   発表言語:英語   講演種別:招待講演   開催地:京都  

  • Imagining AI and Robot Technologies for Future Supportive Care in Cancer

    第7回日本がんサポーティブケア学会学術集会  2022年06月  東京慈恵会医科大学附属病院 腫瘍センター

     詳細を見る

    開催期間: 2022年06月18日 - 2022年06月19日   発表言語:英語   講演種別:招待講演  

  • プラットフォーム事業におけるリビングラボの機能について

    介護ロボットメーカー連絡会議  2022年06月  公益財団法人 テクノエイド協会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年06月17日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演   開催地:東京  

  • ロボットや人工知能による介護イノベーションの最前線

    ニーズ×シーズマッチングキックオフセミナー~Withコロナ時代の新しい介護イノベーションはここから生まれる~  2021年07月  株式会社NTTデータ経営研究所

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:基調講演   開催地:オンライン  

  • Learning Schemes for Clothing Asssitance

    IEEE ICRA 2021, workshop on Learning for Caregiving Robots  2021年05月  IEEE

     詳細を見る

    発表言語:英語   講演種別:その他   開催地:オンライン  

  • AIってなんだろう?

    What's AI?-AIってなんだろう-  2020年12月  福岡市科学館

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:招待講演   開催地:福岡市科学館  

  • Unobtrusive Robotic Assistance of Human Motor Control and Learning

    IROS 2020 workshop  2020年10月  IEEE / RSJ

     詳細を見る

    発表言語:英語   講演種別:招待講演   開催地:オンライン  

  • ロボットや人工知能による介護イノベーションの取り組み

    令和2年度URひと・まち・くらしシンポジウム  2020年10月  UR都市機構

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:招待講演   開催地:オンライン  

  • スマートライフケア共創工房の取り組み

    インクルーシブ・デザイン・ラボ キックオフシンポジウム  2020年01月 

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:招待講演   開催地:東京大学先端科学技術研究センター4号館2階講堂  

  • サービスロボットの最前線

    薩摩川内市産業支援センター主催講演会  2019年11月 

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:招待講演  

  • Exploiting the Synergistic Space in Human and Robot Behavior for Assistive Technology

    Living Machines 2019 Workshop on Closing Vico’s Loop: Addressing Challenges in Science and Society with Living Machines  2019年07月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:奈良春日野国際フォーラム  

  • IoTやロボット技術を用いた介護イノベーションの取り組み

    KIP令和元年度通常総会  2019年07月  北九州情報サービス産業振興協会

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:九州ヒューマンメディア創造センター  

  • Exploiting Low-Dimensionality in Human and Robot Behavior for Advanced Assistive Robotics

    International Conference on Machine Intelligence 2019   2019年05月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:北九州国際会議場  

  • ヒトのスキル理解と、 ヒトやロボットへのスキル転移

    全社技術部門交流会での先進技術に関する社外者講演  2018年10月  三井ハイテック

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:三井ハイテック 本社 八幡工場内  

  • Transferring Human Skills of Clothing Assistance to a Dual-Arm Robot System

    IROS2018 Workshop on Robots for Assisted Living  2018年10月  IEEE,RSJ

     詳細を見る

    講演種別:基調講演   開催地:Municipal Conference Centreマドリッド  

  • Activities of Smart Life Care Society Creation of Kyutech in Kitakyushu

    NEDO-RSJ Workshop on Robot Benchmarking for Commercial Use: What and How?  2018年10月  IEEE,RSJ

     詳細を見る

    講演種別:特別講演   開催地:Municipal Conference Centreマドリッド  

  • 介護ロボットの研究開発と社会実装の取り組み

    社会ロボット具現化センター設立5周年記念ワークショップ  2018年09月  社会ロボット具現化センター

     詳細を見る

    講演種別:特別講演   開催地:百周年中村記念館2F多目的ホール  

  • 双腕ロボットを用いた着衣介助の研究

    SICE SI部門 マニピュレーション部会定例会  2018年09月  公益社団法人計測自動制御学会マニピュレーション部会

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:九州工業大学サテライト福岡天神  

  • ロボットとの協働による看護の未来

    第17回北海道東北地区 国立病院機構・国立療養所看護研究学会  2018年06月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:札幌国際ビル 8F 国際ホール  

  • Individual Adaptation for Assistive Robotics Using Reinforcement Learning

    Robotics and Computational Science Workshop 2018  2018年06月 

     詳細を見る

    講演種別:基調講演  

  • 個人適応型支援ロボティクス‐12年目を迎えたインド人研究者や学生との協働

    日本・インド・米国の最先端科学技術  2018年05月  北九州市立大学

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:北九州学術研究都市 学術情報センター1F 遠隔講義室1  

  • 障害者や移動困難な人の移動手段の確保

    第15回ITSシンポジウム2017  2017年12月  特定非営利活動法人 ITS Japan

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:九州大学 椎木講堂  

  • 情報通信技術や知能ロボット技術を活用したスマートライフケア社会の創造

    日本福祉工学会第2回九州支部大会  2017年11月  日本福祉工学会九州支部

     詳細を見る

    講演種別:基調講演   開催地:北九州国際会議場  

  • 強化学習を用いた人間-ロボット系の適応制御

    IN, MoNA, CNR合同研究会  2017年11月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:北九州国際会議場  

  • 看護がロボットと協奏する社会の創造に向けて

    第13回国立病院機構近畿学生フォーラム  2017年07月  国立病院機構近畿学生フォーラム実行委員会

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:神戸文化ホール  

  • Reinforcement Learning and Robotics

    3rd International Conference of Robotics Society of India  2017年06月  インド工科大学デリー校

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:Indian Institute of Technology Delhi  

  • 情報通信技術や知能ロボット技術を活用したスマートライフケア社会の創造を目指して

    電子情報通信学学会スマートインフォメディアシステム研究会6月研究会  2017年06月  電子情報通信学会 スマートインフォメディアシステム研究会

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:別府豊泉荘  

  • 医療介護サービスとロボット

    第19回西南女学院大学保健福祉学部附属保健福祉学研究所 講演会  2017年02月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:西南女学院大学  

  • ロボットとの協働による看護の未来

    第70回国立病院総合医学会  2016年11月  独立行政法人国立病院機構

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:沖縄コンベンションセンター  

  • 知能ロボットを用いたスマートヘルスケアとライフケア

    情報処理学会 連続セミナー2016  2016年09月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:日本大学理工学部  

  • Functional Robotic Assistance of Human Motor Learning

    IEEE BioRob2016ワークショップNeuroRobotics  2016年06月 

     詳細を見る

    講演種別:基調講演   開催地:Singapore  

  • 在宅医療介護の革新に向けたロボット研究・開発の現状と展望

    鹿児島県医師会在宅医療推進研修会  2016年03月  鹿児島県医師会

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • The Assist-As-Needed Principle for Computer Agents

    4th International Conference on Informatics  2015年06月  Electronics & Vision

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • Advanced Assistive Robotics

    TEQIP Workshop on Advanced Robotics  2015年03月  IIT Kanpur

     詳細を見る

    講演種別:基調講演  

  • 情報通信技術技術(ICT)を用いた新しい心身医療の可能性について

    第54回日本心身医学会九州地方会  2015年01月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • 情報通信技術や知能ロボット技術を活用した新しい在宅リハビリ・介護の革新を目指して

    三木会  2014年12月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • パーキンソン病患者のための情報通信技術の活用について

    北九州パーキンソン病リハビリテーション研究会  2014年12月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • エビデンスベース・ライフケアを拓く社会情報基盤の構築

    北九州e-PORT推進協議会第21回交流会  2014年07月 

     詳細を見る

    講演種別:基調講演  

  • 情報通信技術やロボットを活用した新しい在宅医療介護の可能性について

    鹿児島県医師会勤務医会研修会  2014年03月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • 運動学習・支援のための多次元情報 記録・ 提示とモデルベース強化学習

    奈良県立医科大学 産学官連携シンポジウム  2013年12月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • 情報通信技術(ICT) により 医療と患者をつなぐ仕組み

    生駒希望の会第14回健康講座  2013年11月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • 適応的なロボットによるヒトの運動学習や生活機能の支援

    日本生理人類学会第69回大会  2013年10月 

     詳細を見る

    講演種別:特別講演  

  • 次世代マウス表現型解析技術の潮流

    第60回日本実験動物学会総会  2013年05月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • ロボット実証実験を通じた人間の購 買意 思決 定機構の モデル化に向けて~コンビニとギフトショップのケーススタディ~

    「ロボット共生社会実現に向けたロボットの知能発達」に関する先導的研究開発委員会第9回研究会  2012年05月 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年05月02日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演   開催地:大阪  

▼全件表示

報道関係

  • 九州工業大学で小学生にAIやロボットなど先端技術の特別授業   テレビ・ラジオ番組

    柴田研究室

    NHKニュースブリッジ北九州  NHKニュースブリッジ北九州  2024年02月05日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外  

  • 「介護付き旅行」広がる…看護師資格者が同行「『出かけたい』をかなえてくれた」   新聞・雑誌

    柴田智広教授、柴田研究室学生

    読売新聞  読売新聞  夕刊及び読売新聞オンライン  2023年08月08日

  • 介護イノベーションに挑む学生たち   テレビ・ラジオ番組

    柴田研究室、すぐ創る課メンバー

    NHK  NHK ニュースブリッジ北九州  2023年07月26日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外  

    2023年7月26日放送のNHK ニュースブリッジ北九州で、「介護イノベーションに挑む学生たち」というタイトルで、すぐ創る課の取り組みが特集として放送されました。

    すぐ創る課は、福祉分野でのデジタル技術の普及を目指して活動している本学の学生プロジェクトであり、今年で設立3年目になります。今までにソフトとハードの両方の技術を用いて様々な課題を解決してきました。

    その活動の一環として、下肢の不自由な方が椅子から立ち上がる際に転倒しないようにする、転倒を防止するキャスター付き椅子の作成を大分県別府市の企業、オムロン太陽株式会社とともに開発を進めてきました。

    今回のNHK北九州ニュースブリッジの特集では、この転倒防止椅子の開発にフォーカスを当て、開発、実証、ディスカッションの一連の過程をご覧いただけます。

    この特集は、NHKの番組の見逃し配信サービスであるNHK+で2023年8月2日までご覧いただけます。放送を見逃がした方、再度見たい方は是非ご覧ください!

  • 九工大、デンマーク大使館等がスマートライフケア共創工房を見学   新聞・雑誌

    ホー博士、デンマーク大使館佐藤氏、市経済局関係者、柴田研究室、すぐ創る課、スマートライフケア共創工房のロボット

    文教ニュース社   文教速報・ニュース   2023年06月26日

  • 介護ロボ 仮想空間で試す   新聞・雑誌

    柴田智広

    読売新聞  読売新聞  2023年05月14日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外  

  • 小学生が大学で先端技術見学   テレビ・ラジオ番組

    柴田智広

    NHK  NHK きょうのニュースブリッジ北九州  2023年01月31日

  • 小学生が大学でAIやロボットなどの先端技術を見学 北九州市   テレビ・ラジオ番組

    無し

    NHK  NHKニュース(福岡)及びNHK NEWS WEB  2023年01月31日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外  

  • 未来のロボットを見学ひびきの小6年生   新聞・雑誌

    無し

    毎日新聞  毎日新聞  朝刊 地域面  2023年01月28日

  • 介護の負担を軽減するロボット 開発支援の拠点「リビングラボ」の整備進む…厚生労働省   インターネットメディア

    無し

    Yahoo!ニュース  2023年01月27日

  • おたすけロボット   新聞・雑誌

    無し

    小学館  小学一年生  16-17ページ  2023年01月27日

  • 介護ロボ開発 企業と現場連携   新聞・雑誌

    柴田智広

    読売新聞  読売新聞(全国紙、オンライン)  2023年01月10日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外  

  • 欲しい装具、即開発 障害者らに個別対応 3Dプリンター駆使 九工大「すぐ創る課」   新聞・雑誌

    すぐ創る課

    毎日新聞  毎日新聞夕刊  2023年01月04日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外  

  • 学研都市との連携を積極的に行っています   その他

    柴田智広

    ひびきの小学校  ひびきの小学校 学校だより  2022年12月23日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外  

  • 「すぐ創る課」の挑戦 3Dプリンターで装具、障害者のニーズに対応   新聞・雑誌

    すぐ創る課

    毎日新聞  毎日新聞デジタル版  2022年12月22日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外  

  • 介護倒産なぜ最多?コロナ利用控えが背景に   インターネットメディア

    柴田研究室

    ABEMA Prime  ABEMA Prime  2022年12月12日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外  

  • 介護DX、性能偏重に落とし穴 現場との一体開発模索   新聞・雑誌

    柴田智広

    日本経済新聞  日本経済新聞  2022年11月10日

  • 介護ロボットの普及で「超高齢社会」日本の未来を切り拓く   新聞・雑誌

    柴田智広

    Gunma TOWN介護  Gunma TOWN介護2022年10月号  p.28-29  2022年10月

     詳細を見る

    執筆者:本人  

  • ロボット遠隔操作で接客 デジタルが変える障害者の生活   新聞・雑誌

    柴田智広

    日本経済新聞  日本経済新聞  2022年05月19日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外  

  • 着衣介助ロボ「HAFY」 最先端/親しみやすさ両立   新聞・雑誌

    柴田智広

    日刊工業新聞  日刊工業新聞  2022年03月23日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外  

  • 「国際ロボット展」に最先端の技術が集結   テレビ・ラジオ番組

    柴田智広

    日本テレビ  News every  2022年03月09日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外  

  • レーザー 性能向上に感動   新聞・雑誌

    柴田智広

    日刊工業新聞  日刊工業新聞  2022年03月04日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外  

  • ロボが着衣支援、未来の介護像提案 九州工大   新聞・雑誌

    柴田智広

    日刊工業新聞  日刊工業新聞  2022年03月01日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外  

  • 福岡市科学館で開催 特別講演『AIってなんだろう?』   テレビ・ラジオ番組

    柴田智広

    RKB毎日放送  2020年12月28日

  • 九工大 介護ロボ開発支援   新聞・雑誌

    柴田智広

    読売新聞 北九州・京築  2020年11月12日

  • Sonorense gana premio de robótica en Japón   テレビ・ラジオ番組

    Duran Jimenez Raul Ariel

    Azteca Sonora  2020年10月16日

  • Sonorense gana premio de robótica en Japón   インターネットメディア

    Duran Jimenez Raul Ariel

    Azteca Sonora  2020年10月16日

  • Joven sonorense es reconocido por la Sociedad Robótica de Japón   インターネットメディア

    Duran Jimenez Raul Ariel

    EL IMPARCIAL  2020年10月14日

  • High-tech methods on rise at Kitakyushu nursing care centers   新聞・雑誌

    柴田智広

    読売新聞  2020年04月01日

  • ハイテク化進む介護現場   新聞・雑誌

    柴田智広

    読売新聞  2020年03月05日

  • AIで着脱スムーズ 九州工大 着衣介助ロボ改良   新聞・雑誌

    柴田智広

    日刊工業新聞  2019年12月25日

  • 最先端のロボット大集合   テレビ・ラジオ番組

    柴田智広

    ミヤネ屋  2019年12月18日

  • 2019国際ロボット展   テレビ・ラジオ番組

    柴田智広

    ANNニュース  2019年12月18日

  • 集合!実際に役に立つロボ   テレビ・ラジオ番組

    柴田智広

    ワールドビジネスサテライト  2019年12月18日

  • 2019国際ロボット展   テレビ・ラジオ番組

    柴田智広

    スーパーJチャンネル  2019年12月18日

  • 2019国際ロボット展   テレビ・ラジオ番組

    柴田智広

    FNN Live News α  2019年12月18日

  • サービスロボットの最前線   新聞・雑誌

    柴田智広

    南日本新聞  2019年11月30日

  • 介護ロボットの最新研究を紹介   テレビ・ラジオ番組

    柴田智広

    NHK 鹿児島 NEWS WEB  2019年11月20日

  • 九州工業大学で高齢化社会を支える研究者を発掘!!   テレビ・ラジオ番組

    柴田智広

    RKB毎日放送  2019年07月27日

  • 人間ってナンだ?超AI入門   テレビ・ラジオ番組

    柴田智広

    NHK Eテレ  2019年06月12日

  • 【ROBOT×REIWA 街みらい】(4)先進介護「共創」で旗振り   新聞・雑誌

    柴田智広

    西日本新聞  2019年05月04日

  • ICTで介護現場サポート 九工大共同研究拠点を整備   新聞・雑誌

    柴田智広

    西日本新聞  2018年10月31日

  • ロボットがあるけん、福岡タイ!   新聞・雑誌

    柴田智広

    ロボコンマガジン  2018年10月

  • 最新の介護テクノロジー   テレビ・ラジオ番組

    柴田智広

    テレビ西日本 ももち浜ストア特報ライブ  2018年09月10日

  • プログラミング親子で学んで   新聞・雑誌

    柴田智広

    日本経済新聞  2018年08月30日

  • 生産現場省力化最新技術一堂に   新聞・雑誌

    柴田智広

    日経工業新聞  2018年06月14日

  • 最先端の生産技術ロボットなど紹介   新聞・雑誌

    柴田智広

    西日本新聞  2018年06月14日

  • 新素材やロボ目立つ   新聞・雑誌

    柴田智広

    日本経済新聞  2018年06月14日

  • 最先端ロボット技術ここまで進化 介護業界からも"熱視線"   テレビ・ラジオ番組

    柴田智広

    KBC九州朝日放送  2018年06月13日

  • 人手不足解消へ"省力化"の最新技術   テレビ・ラジオ番組

    柴田智広

    RKB毎日放送  2018年06月13日

  • KBC 「シリタカ!」   テレビ・ラジオ番組

    柴田智広

    KBCテレビ  2018年06月13日

  • NHK「ひるブラ」   テレビ・ラジオ番組

    柴田智広

    NHK  2018年01月24日

  • 国際ロボット展2017   テレビ・ラジオ番組

    柴田智広

    AP通信  2017年12月01日

  • 国際ロボット展2017   テレビ・ラジオ番組

    柴田智広

    NHKシブ5時  2017年12月01日

  • 特別対談「人と機械の関係」の未来を探る   新聞・雑誌

    柴田智広、諏訪正樹

    オムロン株式会社技術・知財本部  2017年10月

  • 現場職員の業務行動をIoTで自動記録し可視化 個々人が保有する業務ノウハウの共有や改善へつなげる   新聞・雑誌

    柴田智広、石本将宏

    月刊シニアビジネスマーケット  2017年08月01日

  • 「先進的介護」拠点づくりが本格化   新聞・雑誌

    柴田智広、井上創造、大屋誠、内山文治、石本将宏

    財界九州  2017年08月

  • IoTで介護作業分析   新聞・雑誌

    柴田智広

    毎日新聞  2017年06月16日

  • なるほど実感報道ドドド!「知らなきゃ損あなたの暮らしに大革命」   テレビ・ラジオ番組

    柴田智広

    NHK福岡放送局  2016年09月16日

  • あさちゃん   テレビ・ラジオ番組

    柴田智広

    TBS  2016年03月02日

  • 駆け込みドクター   テレビ・ラジオ番組

    柴田智広

    TBS  2016年02月07日

  • 世界初の着衣介助ロボットで世界をリード

    柴田智広

    BIZ FUKUOKA  2016年01月18日

  • 学研都市に「交流酒場」   新聞・雑誌

    柴田智広

    西日本新聞  2015年12月15日

  • 着衣介助ロボの論文世界一   新聞・雑誌

    柴田智広

    西日本新聞  2015年12月12日

  • 知の街は今 -北九州学研都市- 「いつかは母国に恩返しを」   新聞・雑誌

    柴田智広、ゴウラブ ビシャル

    西日本新聞  2015年10月08日

  • 人手不足解消につながるか 介護用ロボットの実験   テレビ・ラジオ番組

    柴田智広

    MBC(南日本放送)  2015年02月17日

  • 「アサデス。九州・山口」『考えるヒント 人を癒すのは「ロボット」か「人形」か?』   テレビ・ラジオ番組

    柴田智広

    KBC(九州朝日放送)  2015年02月16日

  • 介護ロボ 着せま~す 九工大、鹿児島で実用化試験   新聞・雑誌

    柴田智広

    西日本新聞  2015年02月14日

  • 着衣の介助ロボットに 九工大院教授開発 薩摩川内でシステム実験   新聞・雑誌

    柴田智広

    南日本新聞  2015年02月14日

  • パーキンソン病の在宅医療支援 ソフト実証研究の成果報告   新聞・雑誌

    柴田智広

    産経新聞(奈良版)  2013年08月26日

  • 言葉の短期記憶向上 音楽訓練で効果   新聞・雑誌

    柴田智広

    奈良新聞  2013年08月05日

  • 器用に着替えお手伝い ロボット参上6   新聞・雑誌

    柴田智広

    日経新聞 サイエンス(全国版)  2013年06月09日

  • News of MBC

    Shibata,T.

    MBC Korea  2013年03月25日

▼全件表示

学術関係受賞

  • Excellent Working-in-progress Paper Award

    Center for Natural Science & Engineering Research   A Study on Fae Orientation-Controlled Smart Walker for Individuals with Parkinson's.   2023年10月29日

    Picard, L., Shibata, T.

     詳細を見る

    受賞国:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)

  • Garmin Health Awards 2022 ヘルスケア部門優勝

    Garmin   Garmin Health Awards 2022   2022年09月26日

    柴田智広研究室、井上研究室

     詳細を見る

    受賞国:イタリア共和国

  • Garmin Health Awards 2022 ファイナリスト

    ガーミン   ヘルスケア部門   2022年08月26日

    柴田智広研究室、井上研究室

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本ロボット学会 フェロー

    日本ロボット学会   2021年09月09日

    柴田智広

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Best Presentation Award

    2021 Joint 10th International Conference on Informatics, Electronics & Vision (ICIEV) and 2021 5th International Conference on Imaging, Vision & Pattern Recognition (icIVPR)   Automatic Identification of Mice Social Behavior through Multi-Modal Latent Space Clustering   2021年08月18日

    Batpurev, T., Shibata, T., Matsumoto, J., Nishijo, H.

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Advanced Robotics Excellent Paper Award

    日本ロボット学会   A Framework for Robotic Clothing Assistance by Imitation Learning   2020年10月09日

    Joshi, R.P., Koganti, N. and Shibata, T.

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Best Presentation Award

    日本ロボット学会   A Study on a Low-Cost Soft Robotic Hand Grip Operated by a Smart Skin   2020年10月09日

    Duran J., R. A., Matsumura, N. and Shibata, T.

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Best Paper Finalist

    IEEE   Electric Wheelchair-Humanoid Robot Collaboration for Clothing Assistance of the Elderly   2020年07月

    Joshi, R.P., Tarapure, J.P. and Shibata, T.

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 部門貢献表彰

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門   2019年06月06日

    柴田智広

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • RSJ2018 BEST PAPER AWARD finalist

    日本ロボット学会   2018年09月

    Saxena,K.,Shibata,T.

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • AIR Prize of Japan-India Friendship for Human Community

    Advances in Robotics (AIR 2017): 3rd Int. Conf. of Robotics Society of India   2017年07月01日

    Joshi, RP., Koganti, N., Shibata, T.

     詳細を見る

    受賞国:インド

  • IROS2015 BEST APPLICATION PAPER AWARD

    IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems   2015年10月01日

    Koganti, N., Ngeo, J.G., Tamei, T., Ikeda, K., Shibata, T.

     詳細を見る

    受賞国:ドイツ連邦共和国

  • 2015年度日本神経回路学会論文賞

    日本神経回路学会   2015年09月04日

    大林千尋、爲井智也、柴田智広

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第3回 日本ロボット学会 功労賞

    日本ロボット学会   2010年09月23日

    柴田智広、栗田雄一

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 平成21年度 情報・システムソサイエティ活動功労賞

    電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ   2009年11月26日

    柴田智広

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Neuroscience Research Excellent Paper Award

    Neuroscience Research   2007年09月09日

    Kawawaki, D., Shibata, T., Goda, N., Doya, K., and Kawato, M.

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 平成14年度 日本神経回路学会論文賞

    日本神経回路学会   2002年09月20日

    柴田智広、Stefan Schaal

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本ロボット学会研究奨励賞

    日本ロボット学会   1993年05月25日

    柴田智広

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

その他研究活動

  • 実証サイト見学ツアーin北九州での着衣介助ロボットHAFY展示・説明

    2018年10月

     詳細を見る

    経済産業省、NEDOが主催する世界最大規模のロボット競技大会、展示会のプレ大会2018。実証サイト見学ツアーin北九州で着衣介助ロボットHAFYの展示及び説明。

担当授業科目(学内)

  • 2023年度   介護医療DX演習

  • 2023年度   AARセミナー

  • 2023年度   脳型学習理論B

  • 2023年度   脳型学習理論A

  • 2023年度   人間知能システム工学特論2

  • 2023年度   人間知能システム工学特論1

  • 2023年度   生命体工学概論A

  • 2022年度   AARセミナー

  • 2022年度   脳型学習理論A

  • 2022年度   人間知能システム工学特論2

  • 2022年度   人間知能システム工学特論1

  • 2021年度   AARセミナー

  • 2021年度   脳型学習理論A

  • 2021年度   人間知能システム工学特論2

  • 2021年度   人間知能システム工学特論1

  • 2020年度   脳型学習理論A

  • 2020年度   人間知能システム概論

  • 2020年度   脳型システム

  • 2020年度   生命体工学概論A

  • 2019年度   脳型学習理論A

  • 2019年度   人間知能システム工学特論2

  • 2018年度   脳型学習理論A

  • 2018年度   脳型学習理論B

  • 2018年度   人間知能システム工学特論2

  • 2016年度   国内インターンシップ2

  • 2016年度   国内インターンシップ1

  • 2016年度   生命体工学セミナー

  • 2016年度   社会的知能システム構成論

  • 2015年度   統計学

  • 2015年度   統計学

  • 2015年度   国内インターンシップ1

  • 2015年度   国内インターンシップ2

  • 2015年度   社会的知能システム構成論

  • 2014年度   社会的知能システム構成論

▼全件表示

担当経験のある授業科目(学外)

  • ロボットフロンティア

    機関名:中部大学

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など

  • SAES 2022 BEST POSTER AWARD

    九州工業大学   Body Orientation-based Control of the Assisted Walker Using a Depth Sensor  

    2022年12月22日

    Lilian Picard (指導学生)

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 優秀論文指導賞

    九州工業大学 大学院生命体工学研究科 人間知能システム工学専攻  

    2021年03月21日

    DURAN JIMENEZ Raul Ariel (指導学生)

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 優秀論文指導賞

    九州工業大学 大学院生命体工学研究科 人間知能システム工学専攻  

    2019年03月19日

その他教育活動

  • すぐ創る課 指導教員

    2021年04月
    -
    現在
  • enPiT-Pro 介護IoT演習

    2021年03月
  • Hibikino-Musashi@Home アドバイザ

    2015年04月
    -
    現在
  • Global AAR コースの運営統括および運営

    2014年10月
    -
    現在

     詳細を見る

    Global AAR コースの運営を統括している。具体駅には、文科省国費留学生特別プログラムの申請、広報、推薦学生の選考、履修学生募集、授業科目整備、授業科目の一部実行、修了査定の全てを統括している。

学会・委員会等活動

  • 厚生労働省介護ロボットのニーズ・シーズ マッチング支援事業   委員  

    2021年06月 - 現在

  • 日本工学アカデミープロジェクト「インクルーシブなSTEM研究環境の構築」   委員  

    2020年12月 - 現在

  • 米国電気電子学会(IEEEアイ・トリプル・イー)   ICRA2020 Workshop共催者  

    2020年10月 - 2021年05月

  • 厚生労働省介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム事業   リビングラボネットワーク委員  

    2020年08月 - 現在

  • インドロボット学会   AIR2021 プログラム共同委員長  

    2020年06月 - 2021年07月

  • 日本ロボット学会   代議員  

    2019年04月 - 2023年03月

  • 英国ウェルカム財団プロジェクト「 障害者の未来のための技術を想像する」   アドバイザ  

    2019年03月 - 現在

  • 日本ロボット学会   国際委員  

    2018年04月 - 現在

  • 日本ロボット学会   IROS NEDO-RSJ Workshop 共催者  

    2018年01月 - 2018年10月

  • 米国電気電子学会(IEEEアイ・トリプル・イー)   IROS2018 Workshop共催者  

    2018年01月 - 2018年10月

  • IEEE International Conference on Humanoids 2019   広報共同議長  

    2017年11月 - 2019年10月

  • インドロボット学会   代議員  

    2017年06月 - 現在

  • インドロボット学会   AIR 2017 Program共同議長  

    2017年01月 - 2017年07月

  • 介護ロボット等導入実証事業ワーキンググループ   構成員  

    2016年07月 - 2021年06月

  • 日本ロボット学会   理事  

    2016年04月 - 2018年03月

  • 日本神経回路学会   特任理事  

    2016年01月 - 2016年12月

  • 日本神経回路学会   第27回日本神経回路学会全国大会大会長  

    2016年01月 - 2017年12月

  • 米国電気電子学会(IEEEアイ・トリプル・イー)   IEEE/RSJ IROS 2015 Program共同議長  

    2015年05月 - 2015年10月

  • 日本神経回路学会   編集委員  

    2014年01月 - 2016年12月

  • インドロボット学会   AIR 2013 Program共同議長  

    2013年01月 - 2013年07月

  • 日本ロボット学会   編集委員  

    2000年04月 - 2002年03月

▼全件表示

社会貢献活動(講演会・出前講義等)

  • ひびきの小学校6年生のロボット見学会

    役割:運営参加・支援

    若松キャンパスおよびスマートライフケア共創工房  2023年01月19日 - 2023年01月31日

     詳細を見る

    対象: 小学生, 教育関係者

    種別:施設一般公開

  • 第7回地域イノベーションエコシステム形成ワークショップ

    役割:司会, 企画, 運営参加・支援

    2020年11月16日 - 2020年11月30日

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 社会人・一般

  • 第6回地域イノベーションエコシステム形成ワークショップ

    役割:司会, 企画, 運営参加・支援

    2020年09月30日

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 企業, 市民団体, 行政機関

  • 3Dプリンターで作るクリスマスオーナメント

    役割:運営参加・支援

    2022年12月10日

     詳細を見る

    対象: 小学生, 保護者

    種別:セミナー・ワークショップ

  • すぐ創る課とパーキンソン病を患う元科学教室指導員が科学教室を開催

    役割:運営参加・支援

    2022年05月25日 - 2022年12月11日

     詳細を見る

    対象: 小学生, 保護者

    種別:サイエンスカフェ

  • ロボットを活用するライフケア社会を一緒に考えてみよう!

    2018年08月30日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

    小学生以上を対象にしたグッデイファブ協働の「空気圧人工筋をつくる」ワークショップ開催

  • 第168回産学交流サロン「ひびきのサロン」

    2018年08月03日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    第168回産学交流サロン「ひびきのサロン」ソフトロボティクスの最前線 での講演会で挨拶及び司会進行

  • 第3回地域イノベーションエコシステム形成ワークショップ

    2017年10月27日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 第2回地域イノベーションエコシステム形成ワークショップ

    2017年05月11日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 第1回地域イノベーションエコシステム形成ワークショップ

    2017年03月17日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 第6回社会ロボット具現化ワークショップ

    2016年01月19日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 九工大戦略的研究ユニット スマートライフケア社会創造ユニット

    2015年10月01日 - 現在

     詳細を見る

    種別:その他

    代表

  • 九州工業大学社会ロボット具現化センター

    役割:運営参加・支援

    2014年06月01日 - 現在

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者, 研究者, 学術団体, 市民団体

    種別:その他

    運営委員

  • NPO法人アゴラ音楽クラブ

    役割:運営参加・支援

    2011年12月06日 - 2018年05月31日

     詳細を見る

    対象: 小学生, 中学生, 高校生, 保護者, 社会人・一般, 市民団体

    種別:その他

    理事

▼全件表示

国際会議開催(学会主催除く)

  • The 2nd Kyutech International Workshop on Robotics and Innovation

    社会ロボット具現化センター  インド(オンライン)  2020年03月12日 - 2020年03月13日

その他国際交流活動

  • インド工科大学ボンベイ校からの研究員招へい

    活動期間: 2022年12月

     詳細を見る

    2名の研究員を招へいし研究を行った.

  • チュラロンコン大学からのインターンシップ生受け入れ

    活動期間: 2022年06月 - 2022年12月

  • King Mongkut's Institute of Technology Ladkrabang へGlobal AARコースの紹介

    活動期間: 2021年08月

  • 駐日メキシコ大使来訪対応

    活動期間: 2021年03月

     詳細を見る

    メキシコ人留学生2名及び指導教員の柴田智広教授(大学院生命体工学研究科 人間知能システム工学専攻)との会談、研究室訪問・研究紹介、メキシコと本学との国際交流についての意見交換等を行いました。

  • チュラロンコーン大学とのワークショップ

    活動期間: 2020年09月

     詳細を見る

    柴田研究室の研究紹介を中心に講演を行った。