西田 祐也 (ニシダ ユウヤ)

NISIDA Yuya

写真a

職名

准教授

研究室住所

福岡県北九州市若松区ひびきの2-4

研究分野・キーワード

フィールドロボティクス

Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 8

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2011年03月  九州工業大学  生命体工学研究科  脳情報専攻  博士課程・博士後期課程  修了  日本国

  • 2008年03月  九州工業大学  生命体工学研究科  脳情報専攻  修士課程・博士前期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州工業大学 -  博士(工学)  2011年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年12月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院生命体工学研究科   人間知能システム工学専攻   准教授  

  • 2018年04月
    -
    2019年11月

    九州工業大学   若手研究者フロンティア研究アカデミー   助教  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2013年05月
    -
    継続中
     

    日本水産学会  日本国

  • 2009年07月
    -
    継続中
     

    日本ロボット学会  日本国

  • 2005年03月
    -
    継続中
     

    日本機械学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 機械力学・制御

  • 知能機械学・機械システム

  • 海中ロボティクス

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Underwater 3D Scanner using RGB Laser pattern

    Nishida Y., Yasukawa S., Ishii K.

    2021 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, SII 2021      229 - 232   2021年01月  [査読有り]

     概要を見る

    For efficiency surveying fishery resource, the authors developed the scanner which measure the target shape at once time. The scanner based on the structured light method irradiated the laser patter coded on De Bruijn for high resolution the measurement under water. The evaluation experiment results showed that the scanner can measure the target shape less than 1.4 % error for the measurement range.

    DOI Scopus

  • Deep-Sea Robotic Survey and Data Processing Methods for Regional-Scale Estimation of Manganese Crust Distribution

    Neettiyath U., Thornton B., Sangekar M., Nishida Y., Ishii K., Bodenmann A., Sato T., Ura T., Asada A.

    IEEE Journal of Oceanic Engineering    46 ( 1 ) 102 - 114   2021年01月  [査読有り]

     概要を見る

    © 1976-2012 IEEE. Manganese crusts (Mn-crusts) are a type of mineral deposit that exists on the surface of seamounts and guyots at depths of >800 m. We have developed a method to efficiently map their distribution using data collected by autonomous underwater vehicles and remotely operated vehicles. Volumetric measurements of Mn-crusts are made using a high-frequency subsurface sonar and a 3-D visual mapping instrument mounted on these vehicles. We developed an algorithm to estimate Mn-crust distribution by combining continuous subsurface thickness measurements with the exposed surface area identified in 3-D maps. This is applied to data collected from three expeditions at Takuyo Daigo seamount at depths of ∼1400 m. The transects add to ∼11 km in length with 12 510 m2 mapped. The results show that 52% of the surveyed area is covered by Mn-crusts with a mean thickness of 69.6 mm. The mean Mn-crust occurrence is 69.6 kg/m2 with a maximum of 204 kg/m2 in the mapped region. The results are consistent with estimates made from samples retrieved from the area, showing more detailed distribution patterns and having significantly lower uncertainty bounds for regional-scale Mn-crust inventory estimation.

    DOI Scopus

  • Underwater image reconstruction using convolutional auto-encoder

    Yasukawa S., Raghura S.S., Nishida Y., Ishii K.

    Proceedings of International Conference on Artificial Life and Robotics    2021   262 - 265   2021年01月  [査読有り]

     概要を見る

    One of the main tasks of AUVs is to capture deep-sea images like fishes, crabs, other living organisms and resources for information leading to research on deep-sea ecosystems. Acoustic transmission are used to establish wireless underwater communications between the AUV and the ship. However, there are some limitations in the communication channels due to limited bandwidth, multi-path, temperature distribution and change in the direction of transmitting source and receiving sensor which results in losses in data being transmitted. Initially, the captured images are enhanced to reduce the effect of light attenuation and then compressed for transmission through acoustic modems. Only an important part of image is being transmitted through set of data packets. The received data packets in the ship will be reconstructed to predict the presence of living organisms. The loss in data during transmission creates a difficulty for the operators to predict the exact information. In this research, to compensate this transmission loss, an efficient compression and reconstruction technique using convolutional autoencoder with minimal distortion is proposed. Finally, for evaluation of the proposed image compression technique, the quality of reconstruction of images with and without data loss will be compared using the quality metrics signal to noise ratio (PSNR), structural similarity index(SSIM) and perceptual quality of image.

    Scopus

  • Development of a handy autonomous underwater vehicle“kyubic”

    Matsumura T., Uemura Y., Yanagise K., Tanaka Y., Nishida Y., Ishii K.

    Proceedings of International Conference on Artificial Life and Robotics    2021   405 - 408   2021年01月  [査読有り]

     概要を見る

    Ocean is one of big challenging and extreme environments, and hard for human to access directly. As the tool for ocean survey, Autonomous Underwater Vehicles: AUVs are expected and developed from ‘80s. The recent rapid progress of computer and information technologies makes the development of AUVs easier and more practical. We had developed a handy AUV “Kyubic” for the observation of shallow water and artificial structures. In this paper, we describe the system architecture of Kyubic and the experimental results in Underwater Robotics Competition in Okinawa 2020.

    Scopus

  • Acoustic impedance measurement through the modelling of ultrasonic wave transmission

    Mochizuki R., Nishida Y., Ishii K.

    Proceedings of International Conference on Artificial Life and Robotics    2021   271 - 274   2021年01月  [査読有り]

     概要を見る

    In food industry, shortage of workers is a serious problem. Automation of food handling is a critical nowadays. To alleviate the damage during food picking by robotic hand, we propose non-contact acoustic impedance estimation with ultrasonic wave. We have the assumption of the correlation between hardness and acoustic impedance, and, built up ultrasonic transmission model considering attenuation by reflection and absorption, then, made an experiment to estimate the impedance. As the result, we succeeded in detecting acoustic impedance without contact.

    Scopus

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • ロボットハンドのための超音波計測による把持対象の硬さ計測

    望月 隆吾, 西田 祐也, 石井 和男

    ロボティクス・メカトロニクス講演会 2020  (金沢(オンライン))  2020年05月  -  2020年05月    一般社団法人 日本機械学会

    CiNii

  • 生物捕獲用自律型海中ロボットの開発:―小型キャニスター付きスラープガンを用いた連続サンプリング―

    西田 祐也, 安川 真輔, 園田 隆, 井上 昇悟, 渡邉 啓介, 石井 和男

    ロボティクス・メカトロニクス講演会 2020  (金沢(オンライン))  2020年05月  -  2020年05月    一般社団法人 日本機械学会

    CiNii

  • ケーブル拘束型海中ロボットによる長期観測手法:―第1報 ケーブルの拘束条件を基にした自己位置推定―

    田中 良樹, 西田 祐也, 石井 和男

    ロボティクス・メカトロニクス講演会 2020  (金沢(オンライン))  2020年05月  -  2020年05月    一般社団法人 日本機械学会

    CiNii

  • 深海底生物捕獲ロボットのための画像センシングシステム

    安川 真輔, 安 鍾賢, 西田 祐也, 園田 隆, 石井 和男, 浦 環

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2017年01月  -  2017年01月   

     概要を見る

    <p>We developed an image sensing system for an autonomous underwater robot with a benthos sampling function, namely sampling-AUV. The mission of a sampling-AUV consist of following four phases: observation phase (OP), return phase (RP), tracking phase (TP) and sampling phase (SP). For an achievement of the above mission, proposed image sensing system comprises software modules of image acquisition, image enhancement, object detection and image selection, and object tracking. The camera in proposed system acquires an image by intervals of five seconds during OP and RP and of a second during TP. The system completes all processing within image acquisition times by employing high-speed algorithms. We checked operations of proposed system in a pool.</p>

    CiNii

  • フルカラー構造化光を用いた水中三次元計測:―第1報 基礎理論の検証―

    進木 智也, 西田 祐也, 石井 和男

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2017年01月  -  2017年01月   

     概要を見る

    <p>A rich undersea mineral resource is confirmed in the basin of Japan. Three-dimensional measurement technology is indispensable for developing undersea resources. By applying structural light to the underwater environment, it is possible to measure not only the three-dimensional topography but also the seabed creature. Therefore, we aim to develop an underwater three-dimensional measuring device using structured light and light cutting method. In order to develop a new three-dimensional measuring instrument, basic measurement theory was verified.</p>

    CiNii

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 水中音響マイクロフォン,水中音響マイクロフォンの製造方法

    特願 特願2020-102846  日本国

    ソーントン・ブレア,増田殊大,杉松治美,小島純一,西田祐也,富樫定幸,白仁浩文

  • 水中観測システム及び水中観測方法

    特願 特願2020-90766  日本国

    西田祐也,田中良樹,石井和男

  • 水中航走体,水中航走体の展開回収システム,及び水中航走体の展開回収方法

    特願 PCT/JP2019/010609  日本国

    永橋賢司,福島裕之,各務均,大木健,中谷武志,西田祐也,ソーントン・ブレア,増田殊大,長野和則

  • 水中航走体,水中航走体の展開回収システム,及び水中航走体の回収方法

    特願 特願2018-052108  日本国

    永橋賢司,福島裕之,各務均,大木健,中谷武志,西田祐也,ソーントン・ブレア,増田殊大,長野和則

  • 血栓症予防装置

    特願 特願2010-170680  日本国

    石井和男,アミル・アリ・フォロー・ナシライ,園田隆,西田祐也,岡本好司

講演 【 表示 / 非表示

  • 洋上中継器(USV),自律型海中ロボット(AUV),海底探査

    技術士会北九州地区行事   2021年09月11日 

  • 自律型海中ロボットを用いた水産資源調査

    沖縄海洋ロボコン水域ロボットシンポジウム   2020年11月06日 

  • 次世代海中ロボットによる海底調査

    明専会東京支部 令和2年度秋季講演会 ( 明専会東京支部 )  2020年10月03日  明専会東京支部

  • 事前に捕獲対象を設定しない生物捕獲用自律型海中ロボットに関する研究

    第三回海中海底工学フォーラム・ZERO ( 東京大学生産技術研究所 (online) )  2020年04月24日  海中海底工学フォーラム・ZERO 運営委員会

  • テレロボティクスインターフェイスを有した生物捕獲用自律型海中ロボット

    海洋調査技術学会 第31回研究成果発表会   2019年11月29日 

全件表示 >>

報道関係 【 表示 / 非表示

  • 海の次世代モビリティを用いた実証実験6件を選定しました!

    国土交通省  2021年09月03日

    いであ株式会社,東京大学,九州工業大学

  • おめでとう,日本代表Team KUROSHIO準優勝! 未知の深海を照らす技術の光

    朝日新聞  2019年06月05日

    Team KUROSHIO,九州工業大学等

  • 海底探査ロボの国際コンペ,日本チーム「Team KUROSHIO」準優勝

    毎日新聞  2019年06月01日

    Team KUROSHIO

  • 深海底の⽣物、⾃動探査し採取 九⼯⼤など開発

    毎日新聞  2018年04月26日

    西田祐也

  • 海底動き回って生物捕獲、東大・九工大がロボット開発

    日本経済新聞  2018年04月24日

    東京大学,九州工業大学

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第9回ロボット大賞審査委員特別賞

    2021年03月12日   経済産業省(幹事)、一般社団法人日本機械工業連合会(幹事)   日本国

    受賞者:  九州工業大学、東京大学、海洋研究開発機構、海上・港湾・航空研究所、三井E&S造船株式会社、日本海洋事業株式会社、株式会社KDDI総合研究所、ヤマハ発動機株式会社

  • 特別賞

    2020年03月   海洋研究開発機構   日本国

    受賞者:  西田祐也,中谷武志,進藤祐太,大木健,アルバレズ悦子,藤森英俊,山北好美,栗林園生,大美賀忍,麻生達也,杉山真人,安蒜孝政,大久保隆

  • 水路技術奨励賞

    2020年03月   一般財団法人 日本水路協会   母船レスでの海底調査を可能とする洋上・海中ロボットシステムの開発および実証   日本国

    受賞者:  西田 祐也, 中谷 武志, 大木 健, Blair Thornton

  • Young Author Award

    2020年01月15日   The 2020 Intenational Conference on Artificial Life and Robotics   日本国

    受賞者:  Katsuaki Suzuki, Yuya Nishida, Takashi Sonoda, Kazuo Ishii

  • Shell Ocean Discovery XPRIZE 準優勝

    2019年05月31日   XPRIZE財団   日本国

    受賞者:  Team KUKROSHIO

全件表示 >>

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 藻場調査のための鰭型移動プラットフォームの開発

    若手研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月

    研究課題番号:  25820417

受託研究・共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 令和3年度海洋鉱物資源調査に係るコバルトリッチクラスト賦存状況調査

    受託研究

    研究期間:  2021年08月  -  2022年03月

  • ホバリング型AUVによる底質サンプリングシステムの開発

    共同研究

    研究期間:  2021年06月  -  2023年03月

  • 潦渫船バケットの着底位置計測に関する研究

    共同研究

    研究期間:  2021年04月  -  2022年03月

  • 水産養殖業へのAI及びロボット技術の導入

    共同研究

    研究期間:  2020年10月  -  2022年09月

  • 平成31年度海洋鉱物資源調査に係るコバルトリッチクラスト賦存状況調査

    受託研究

    研究期間:  2019年06月  -  2020年03月

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ズワイガニ資源量推定手法におけるAUVの活用

    提供機関:  国土交通省 

    研究期間:  2021年09月  -  2022年02月

  • 藻場保全のための生物採取用自律型海中ロボットの開発

    提供機関:  九州工業大学 

    研究期間:  2021年04月  -  2022年03月

  • 超音波センサを用いた定量的な柔軟弾性物の硬さ計測

    提供機関:  公益財団法人北九州産業学術推進機構 

    研究期間:  2021年04月  -  2022年02月

  • 最適給餌のための養殖魚空腹状態計測システムの開発

    提供機関:  国立研究開発法人科学技術振興機構 

    研究期間:  2020年10月  -  2022年03月

  • 超音波硬さ計測装置および可変剛性機構を用いた柔軟物把持に関する研究

    提供機関:  公益財団法人北九州産業学術推進機構 

    研究期間:  2020年04月  -  2021年02月

全件表示 >>

 

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など 【 表示 / 非表示

  • 学生表彰技術賞の部

    2021年05月   九州工業大学

  • 学生プロジェクト成果発表会優秀賞

    2021年03月   九州工業大学

  • 沖縄海洋ロボットコンペティションAUV部門再優勝賞

    2020年11月   沖縄海洋ロボットコンペティション実行委員会

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2021年07月
    -
    2021年12月

    第8回トマトロボット競技会実行委員会   実行委員

  • 2021年07月
    -
    2021年11月

    第7回沖縄海洋ロボットコンペティション   実行委員

  • 2021年06月
    -
    2022年12月

    Techno-Ocean2021水中ロボット競技会実行委員会   community member

  • 2021年04月
    -
    2022年03月

    令和3年度RSJ事業計画委員会   計画委員

  • 2020年06月
    -
    2020年12月

    第7回トマトロボット競技会実行委員会   実行委員