高井 俊和 (タカイ トシカズ)

TAKAI Toshikazu

写真a

職名

助教

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

研究分野・キーワード

鋼構造,橋梁工学,構造工学,高力ボルト継手,土木工学

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

https://researchmap.jp/takai-toshikazu/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2002年03月   大阪市立大学   工学部   土木工学科   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2015年03月  大阪市立大学  工学研究科  都市系専攻  博士課程・博士後期課程  修了  日本国

  • 2004年03月  大阪市立大学  工学研究科  都市系専攻  修士課程・博士前期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学 -  博士(工学)  2015年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院工学研究院   建設社会工学研究系   助教  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    継続中
     

    九州橋梁・構造工学研究会  日本国

  • 2013年03月
    -
    継続中
     

    日本鋼構造協会  日本国

  • 2012年01月
    -
    継続中
     

    土木学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 構造工学・地震工学・維持管理工学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Measurement method of coating thickness of slipped high strength bolted frictional joint considering statistical characteristics

    Takai T., Matsumoto Y.

    Bridge Maintenance, Safety, Management, Life-Cycle Sustainability and Innovations - Proceedings of the 10th International Conference on Bridge Maintenaince, Safety and Management, IABMAS 2020      3931 - 3939   2021年04月  [査読有り]

     概要を見る

    Slip resistance of slipped high strength bolted frictional joint is lower than that of un-slipped joint because the coating on the frictional surface is peeled partially by the slip. Coating thickness is one of the most important factors to estimate slip resistance. The coating thickness is usually measured by the film thickness meter. Measured thickness usually varies widely. Measurement method such as measurement position, the number of measurement times is not pre-scripted even if the target of measurement is un-slipped coating. In this study, slip experiment of bolted joint had been executed. Coating thickness on the frictional surface of not only the specimens before the experiment, but also those after the experiment is measured. The number of measurement times to satisfy an accuracy is discussed. Because the peeled degree of coating depends on the position on frictional surface, the measurement position on the frictional surface after slip is also discussed.

    DOI Scopus

  • Effect of number of additional bolts outside splice plates on behaviour of frictional type bolted joints with a filler plate

    Moriyama H., Takai T., Yamaguchi T., Kozai S.

    Lecture Notes in Civil Engineering    101   1439 - 1451   2021年01月  [査読有り]

     概要を見る

    In recent steel bridges, for improving productivity and constructability, members which have different dimensions are connected by high-strength bolts or welding. As for bolted joints, it's known that the difference in thickness of connected members is adjusted with loose type or tight type fillers. End of the former plate is aligned on end of splice plates, and the latter is connected to a member with additional bolts outside the joint. However, the difference of the mechanical behaviour between the joint with them isn't clarified. In this study, tensile tests and FEA of high-strength frictional bolted joints with loose and tight filler plates were conducted to investigate the difference of their load transfer mechanism and mechanical performance. From obtained results, it's found that load carrying capacity of joint such as slip coefficient, maximum load was decreased by presence of a filler plate and its connection method, and additional bolts outside splice plates can hardly contribute to the performance enhancement of the joint with a filler plate. So, loose type filler is more preferably used than tight type filler. The effect of additional bolts on the mechanical performance of joint is to equalize the load sharing ratio of splice plates. Therefore, in case that eccentric moment can't be disregarded because thickness of a filler plate is large, tight type filler may prevent failure of the splice plate which is contacted with connected plate.

    DOI Scopus

  • 溝形鋼を用いた組立圧縮材の耐荷挙動について

    岩坪 要,小田 七海,三好 崇夫,高井 俊和,玉田 和也

    鋼構造年次論文報告集  ( 日本鋼構造協会 )  28   102 - 108   2020年11月  [査読有り]

  • 母材の引張降伏に着目した高力ボルト摩擦接合継手のすべり後の荷重伝達特性

    高井 俊和, 中村 悠紀

    土木学会論文集A1(構造・地震工学)  ( 公益社団法人 土木学会 )  76 ( 2 ) 401 - 410   2020年08月  [査読有り]

     概要を見る

    <p> 高力ボルト摩擦接合継手の母材の引張降伏荷重は,母材純断面の降伏荷重に加えて,純断面に至る前の接触面の摩擦による荷重伝達も期待される.降伏に対する設計では,この摩擦伝達を見込むことで継手の降伏荷重が最大限活用可能となる.すべりが生じると静止摩擦から動摩擦となり摩擦係数が低下し,純断面力と摩擦力の関係が変化することが考えられる.しかし,すべり後にその関係がどのように変化するかは必ずしも十分に明らかとはなっていない.そこで,高力ボルト摩擦接合継手の母材の降伏挙動に着目し,すべり前後の挙動の違いを明らかにすることを目的に継手のFEM解析を実施した.その結果,すべり前では,母材純断面に至る前の摩擦力が純断面降伏荷重の10%以上期待される一方で,すべり後は10%以下となる場合があることが明らかとなった.</p>

    DOI CiNii

  • 連結板の外に延長したフィラーを有する高力ボルト摩擦接合継手のすべりおよびすべり後挙動に関する解析的研究

    高井 俊和, 森山 仁志

    構造工学論文集 A  ( 公益社団法人 土木学会 )  66 ( 0 ) 521 - 528   2020年01月  [査読有り]

     概要を見る

    <p>If the thicknesses of connected plates in high strength bolted joint are different, filler plate is used to adjust the difference in thicknesses. The filler is extended in some cases to reduce the relative displacement between splice and connected plate. In Japanese design codes, the extended filler is usually adopted to bearing type bolted joint. Slip and after-slip behavior of the extended filler plate in frictional joint is not investigated. This study focuses on the extended filler. The behaviors are investigated by FEM analysis. This paper concludes that the influence of extension of filler in high strength bolted frictional joint is small to resistances such as slip load and yield load.</p>

    DOI CiNii

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 図説 わかる土木構造力学

    玉田 和也,三好 崇夫,高井 俊和 ( 共著 )

    学芸出版社  2020年01月 ISBN: 9784761532512

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 摩擦接合継手部のボルト取替えに関する解析的研究

    橘鷹 直人,玉田 直路,山口 栄輝,高井 俊和,常松 修一

    令和2年度土木学会西部支部研究発表会  2021年03月  -  2021年03月   

  • 組立圧縮材の設計と耐荷力挙動について

    岩坪 要,小田 七海,三好 崇夫,高井 俊和,玉田 和也

    土木学会第75回年次学術講演会  2020年09月  -  2020年09月    土木学会

  • 高力ワンサイドボルトを用いた継手のボルト軸部のせん断終局挙動に関する実験的研究

    上田 慎也,高井 俊和,末田 麻海,中村 悠紀

    土木学会第75回年次学術講演会  2020年09月  -  2020年09月    土木学会

  • 高力ボルト摩擦接合継手のすべり後の荷重伝達機構に関する基礎的研究

    中村 悠紀,高井 俊和

    令和元年度土木学会西部支部研究発表会  2020年03月  -  2020年03月   

  • 高力ボルト摩擦接合継手のすべり後の荷重低下を再現する簡易的な FEM解析手法の一提案

    高井 俊和,森山 仁志,山口 隆司,古財 千寿

    土木学会第74回年次学術講演会  2019年09月  -  2019年09月   

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  建設力学基礎及び演習

  • 2019年度  建設力学基礎及び演習

  • 2019年度  建設工学実験Ⅱ

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2019年09月
    -
    継続中

    土木学会 構造工学委員会 構造工学論文集編集小委員会 第5部門   分科会委員

  • 2018年06月
    -
    継続中

    九州橋梁・構造工学研究会 運営委員会 受託事業小委員会   委員

  • 2017年04月
    -
    2021年03月

    日本鋼構造協会 年次研究発表会小委員会   委員