下岡 弘和 (シモオカ ヒロカズ)

SHIMOOKA Hirokazu

写真a

職名

助教

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

研究分野・キーワード

材料工学

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.che.kyutech.ac.jp/chem13/chem13_shimooka.html

Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 2

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1988年03月   九州工業大学   工学部   環境工学   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1990年03月  九州工業大学  工学研究科  物質工学  修士課程・博士前期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  博士(工学)  2009年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院工学研究院   物質工学研究系   助教  

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Characterization of barium titanate nanoparticles and dense nanograin free-standing films via sol-gel method using highly concentrated alkoxide solution

    Shimooka H., Kohiki S., Kuwabara M.

    Journal of the Ceramic Society of Japan    118 ( 1380 ) 674 - 678   2010年01月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper reports on two topics regarding nanosized barium titanate (BaTiO3) prepared by the sol-gel method using a highly concentrated alkoxides precursor solution. One topic concerns the crystallographic features of the BaTiO3nanoparticles. In the case of using a highly concentrated precursor solution, non-core-shell BaTiO3nanocrystals with a small amount of intraparticle voids, lattice hydroxyl groups and remaining alkoxy groups were efficiently generated by the addition of less excess water during aging at room temperature. The generation of the high-quality BaTiO3nanocrystals is considered to be due to the hydrolysis and polycondensation reaction of the alkoxides being well promoted in such a concentrated solution. The lattice volume of the BaTiO3nanocrystals with a crystallite size of 15nm fired at 600°C was approximately 1 vol% larger than that of bulk crystal. This lattice expansion is more likely to be caused by an intrinsic size effect than an extrinsic effect due to the lattice defects, such as lattice hydroxyl groups. The other topic concerns the dielectric properties of dense nanograin free-standing films with a grain size of 57nm after applying the same sol-gel method. Significant frequency dispersion behavior of dissipation factor was observed at temperatures less than the Curie temperature. This finding may indicate that the dielectric properties reflect an intrinsic grain size effect without any influence being attributed to the film/substrate interface or lattice defects. © 2010 The Ceramic Society of Japan. All rights reserved.

    DOI Scopus

  • Room temperature ferromagnetism of Fe doped indium tin oxide based of dispersed Fe3O4 nanoparticles

    K. Okada,S. Kohiki,S. Nishi,H. Shimooka,H. Deguchi,M. Mitome,Y. Bando,T. Shishido

    Japanese Journal of Applied Physics    46 ( 35 ) 823 - 825   2007年04月  [査読有り]

  • Doping of Fe to In2O3

    S. Kohiki,M. Sasaki,Y. Murakawa,K. Hori,K. Okada,H. Shimooka,T. Tajiri,H. Deguchi,S. Matsushima,M. Oku,T. Shishido,M. Arai,M. Mitome and Y. Bando

    Thin Solid Films    505   122 - 125   2006年04月  [査読有り]

  • Magnetic behavior of Fe doped In2O3

    S. Kohiki,Y. Murakawa,K. Hori,H. Shimooka,T.Tajiri,H. Deguchi,M. Oku,M. Arai,M. Mitome,Y. Bando

    Jpn. J. Appl. Phys.    44 ( 31 ) L979 - L981   2005年04月  [査読有り]

  • Growth of β-Ga2O3 nanocolumns crossing perpendicularly each other on MgO (100) surface

    K. Hori,M. Fukuta,H. Shimooka,S. Kohiki,T. Shishido,M. Oku,M. Mitome and Y. Bando

    J. Alloys and Compounds    390   261 - 264   2005年04月  [査読有り]

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 液相界面で合成としたナノ構造チタン酸バリウム自立膜の誘電特性

    本人

    日本セラミックス協会 2009 年年会  2009年03月  -  2009年03月   

  • ゾル-ゲル法によるチタン酸バリウムナノ結晶薄膜の液相界面合成と評価

    本人

    日本セラミックス協会第21回秋季シンポジウム  2008年09月  -  2008年09月   

  • メソ多孔体MCM-41 膜の合成における導電性酸化物LaNiO3 の表面処理効果

    本人

    日本セラミックス協会2008年年会  2008年03月  -  2008年03月   

  • X線回折によるメタ珪酸Na薄膜の構造評価

    平成19年度応用物理学会九州支部学術講演会  2007年12月  -  2007年12月   

  • X線回折測定を用いた垂直配向メソポーラスシリカの評価

    平成19年度日本金属学会九州支部日本鉄鋼協会九州支部合同学術講演大会  2007年06月  -  2007年06月   

全件表示 >>

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ナノおよびミクロンオーダーの周期変調組織を有するチタン酸バリウム自立膜の界面合成

    若手研究(B)

    研究期間:  2002年04月  -  2005年03月

    研究課題番号:  14750556

  • 規則化メソ孔を有する結晶性チタン酸バリウム自立膜の液相界面合成

    奨励研究(A)

    研究期間:  2000年04月  -  2002年03月

    研究課題番号:  12750607

  • 室温結晶化チタン酸バリウム自立膜の液-液界面合成

    奨励研究(A)

    研究期間:  1998年04月  -  2000年03月

    研究課題番号:  10750498

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度  化学Ⅱ

  • 2018年度  化学Ⅱ

  • 2017年度  化学Ⅱ