2024/05/21 更新

シモオカ ヒロカズ
下岡 弘和
SHIMOOKA Hirokazu
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 3

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院工学研究院 物質工学研究系
職名
助教
メールアドレス
メールアドレス
外部リンク

研究キーワード

  • 材料工学

出身学校

  • 1988年03月   九州工業大学   工学部   環境工学   卒業   日本国

出身大学院

  • 1990年03月   九州工業大学   工学研究科   物質工学   修士課程・博士前期課程   修了   日本国

取得学位

  • 九州大学  -  博士(工学)   2009年03月

学内職務経歴

  • 2008年04月 - 現在   九州工業大学   大学院工学研究院   物質工学研究系     助教

論文

  • Formal synthesis of isoquinocyclinone using ortho-alkoxycarbonylmethylation of anthranol via diazoquinone 査読有り 国際誌

    Kitamura M., Fukuzumi N., Shinagawa M., Araki K., Shimizu Y., Takahashi S., Iwata T., Shimooka H., Okauchi T.

    Tetrahedron Letters   125   2023年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In this study, a formal synthesis of isoquinocyclinone is reported. Synthesis of key intermediate lactone 6, an intermediate in Koert's s total synthesis of isoquinocyclinone, was succeeded. The lactone 6 was synthesized by using our developed diazo-transfer reaction of anthranol with 2-azido-1,3-dimethylimidazolinium chloride (ADMC) and alkoxycarbonylmethylation of diazoquinone as key reactions.

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2023.154618

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85162238120&origin=inward

  • Conversion of η<sup>4</sup>-(Vinylketene)iron complexes to η<sup>4</sup>-(Vinylketenimine)iron complexes using titanium chloride and amines 査読有り 国際誌

    Okauchi T., Teratani K., Nakagawa T., Ichimura T., Shimooka H., Kitamura M.

    Journal of Organometallic Chemistry   990   2023年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    We developed a one-pot convenient method for the synthesis of η4-(vinylketenimine)iron complexes using η4-(vinylketene)iron complexes. This method does not require toxic reagents or prior preparation of corresponding reagents. The (vinylketene)iron complex is readily converted to (vinylketene)iron complex by mixing TiCl4 and a commercially available amine.

    DOI: 10.1016/j.jorganchem.2023.122672

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85149853261&origin=inward

  • Review of the Specific Features, and New Demands for Antibacterial Peptides 査読有り

    Farrag H.N., Shimooka H., Kitamura M.

    Journal of UOEH ( 学校法人 産業医科大学 )   45 ( 1 )   1 - 7   2023年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    The emergent disaster of antimicrobial resistance developed by virulent bacteria has highlighted the need to investigate substitutes for the presently existing antibiotics. Antibacterial peptides (ABPs) have arisen as promising substitutes because of their unique killing effect on bacteria: bacterial resistance toward ABPs is negligible. ABPs have many beneficial subsidiary effects, such as protection of labile bioactive compounds, and they can be covalently connected to different materials to enhance their antibacterial effect. Many researchers have investigated many applications of these peptides recently, such as in a variety of pharmaceutical dosage forms and wastewater treatment.

    DOI: 10.7888/JUOEH.45.1

    Scopus

    CiNii Research

    PubMed

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85149999815&origin=inward

  • Synthesis of Diazoquinones and Azidophenols via Diazo-Transfer Reaction of Phenols 査読有り

    Kitamura M., Eto T., Konai K., Takahashi S., Shimooka H., Okauchi T.

    European Journal of Organic Chemistry   2022 ( 18 )   2022年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The first efficient diazo-transfer reaction of phenols is described. o-Quinone diazides (diazoquinones) were prepared from phenols in high yields by the diazo-transfer reaction using 2-azido-1,3-bis(2,6-diisopropylphenyl)imidazolium hexafluorophosphate (IPrAP, 2-PF6), which is a safe and stable crystalline. The reaction efficiently proceeded in methanol in the presence of a base. Phenols substituted with electron-donating groups reacted more smoothly than those having electron withdrawing groups. Reactive phenols were diazotized by IPrAP with iPr2NH as a base, and low reactive phenols were diazotized with N,N-dimethyl-4-aminopyridine (DMAP). Furthermore, the formed diazoquinones reacted with sodium azide in 2-methoxyethanol and afforded the corresponding azidophenol in high yields.

    DOI: 10.1002/ejoc.202200307

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85130033732&origin=inward

  • Formal Synthesis of Teadenols via Pd-catalyzed 6- endo Cyclization of Epoxyphenol 査読有り

    Kitamura M., Hiroki S., Hoshino K., Higashijima Y., Kisanuki M., Yuasa R., Yamaguchi Y., Shimazu T., Koga N., Hamada H., Miyori N., Shimooka H., Okauchi T.

    Synlett   33 ( 15 )   1523 - 1526   2022年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Formal synthesis of teadenol A and B was achieved via Pd-catalyzed 6- endo cyclization of phenol having vinylepoxide moiety as a key reaction. Although 5- exo and 6- endo cyclizations compete for the cyclization of epoxides with a nucleophilic moiety at the 5-position, 6- endo cyclization can be realized by using a palladium catalyst.

    DOI: 10.1055/a-1890-8287

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85134309293&origin=inward

  • New Phosphorylating Agents for the Synthesis of Phosphatidyl­ethanolamines 査読有り

    Tsubaki K., Yamanaka T., Hisamitsu T., Shimooka H., Kitamura M., Okauchi T.

    Synthesis (Germany)   53 ( 20 )   3827 - 3835   2021年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The preparation of three novel phosphorylating agents and their application toward the synthesis of phosphatidylethanolamines is described. These reagents are stable to air and moisture, and phosphorylate glycerols in good yield. The experimental procedures using these phosphorylating agents are simple. Moreover, the appropriate reagent can be selected based on the desired functional groups of the targeted phosphatidylethanolamine.

    DOI: 10.1055/a-1516-9893

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85108869274&origin=inward

  • Pyrrole Formation via Reactivity of η4-(Vinylketenimine)iron Complexes with Electron-Deficient Alkynes 査読有り

    Okauchi T., Urakawa A., Tabuchi N., Arai M., Nakagawa T., Ichimura T., Shimooka H., Kitamura M.

    Organometallics   40 ( 17 )   2929 - 2933   2021年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    When electron-deficient alkynes reacted with ν4-(vinylketenimine)iron complexes, pyrroles were produced. Pyrrole formation involved the [2 + 3] cycloaddition of alkyne to the ketenimine moiety, migration of the vinyl group, and decomplexation. Either alkynes bearing two electron-withdrawing groups, or terminal alkynes with an electron-withdrawing group reacted to generate pyrroles.

    DOI: 10.1021/acs.organomet.1c00321

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85114181199&origin=inward

  • PdBr<inf>2</inf>-Catalyzed Acetal Formation of Carbonyl Compounds Using Diazophenanthrenequinone: Utility of 9,10-Phenanthrenedioxyacetal 査読有り

    Kitamura M., Fujimura R., Nishimura T., Takahashi S., Shimooka H., Okauchi T.

    European Journal of Organic Chemistry   2020 ( 33 )   5319 - 5322   2020年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    We developed a new acetalization method of ketones and aldehydes under non-acidic conditions using diazophenanthrenequinone and PdBr2. The formed acetals that have a phenanthrene skeleton withstand under mild acidic conditions. Removal of acetals was successfully proceeded under strong acidic or oxidation conditions using aqueous ceric ammonium nitrate (CAN) to afford corresponding ketones and aldehydes.

    DOI: 10.1002/ejoc.202000315

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85085974663&origin=inward

  • Rh(II)-catalyzed formal [3+3] cycloaddition of diazonaphthoquinones and propargyl alcohols: Synthesis of 2,3-dihydronaphtho-1,4-dioxin derivatives 査読有り

    Kitamura M., Nishimura T., Otsuka K., Shimooka H., Okauchi T.

    Tetrahedron Letters   61 ( 20 )   2020年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    A Rh(II)-catalyzed formal [3+3] cyclization of diazonaphthoquinones and propargyl alcohol is reported to afford 2,3-dihydro-1,4-benzodioxins. Various terminal propargyl alcohols react with diazonapthoquinone in the presence of Rh2(OAc)4 to give the corresponding dihydrodioxins in good to high yields. However, dihydrodioxins are not formed in the reaction of internal propargyl alcohols, and the O–H insertion product and 2,5-dihydrofurans are formed as the main product(s) depending on the terminal substituent. 2,3-Dihydro-1,4-benzodioxins are proposed to be formed via Rh(II)-catalyzed intermolecular oxonium ylide formation and subsequent 6-exo-dig cyclization with the internal alkynyl group.

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2020.151853

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85082126247&origin=inward

  • Selective Transesterification of 2,2,2-Trifluoroethyl Phosphates: Synthesis of Mixed Unsymmetrical Phosphates 査読有り

    Tsubaki K., Shimooka H., Kitamura M., Okauchi T.

    Organic Letters   21 ( 23 )   9779 - 9783   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    A selective transesterification starting with tris(2,2,2-trifluoroethyl) phosphate has been developed. This method involves a three-step substitution for 2,2,2-trifluoroethoxy groups and enables the facile synthesis of mixed unsymmetric phosphate triesters from three different alcohols. The substitution of the trifluoroethoxy group at the phosphorus proceeds selectively in the presence of DBU or lithium alkoxides. This method can be applied for the preparation of phospholipids.

    DOI: 10.1021/acs.orglett.9b04003

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85075667578&origin=inward

  • Direct Azidation of Phenols 査読有り

    Kitamura M., Murakami K., Koga T., Eto T., Ishikawa A., Shimooka H., Okauchi T.

    European Journal of Organic Chemistry   2019 ( 33 )   5824 - 5827   2019年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Direct azidation of phenols was developed. By treating chloroimidazolinium chloride 1b and sodium azide with phenol in the presence of a secondary amine in methoxyethanol, ortho-azidation of phenol was achieved.

    DOI: 10.1002/ejoc.201900967

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85070751076&origin=inward

  • Pd-catalyzed cyclization of terminal alkynes using diazonaphthoquinones: Synthesis of naphtho[1,2-b]furans 査読有り

    Takahashi S., Shimooka H., Okauchi T., Kitamura M.

    Chemistry Letters ( 公益社団法人 日本化学会 )   48 ( 1 )   28 - 31   2019年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Naphtho[1,2-b]furans were synthesized via a Pd-catalyzed reaction of diazonaphthoquinones and terminal alkynes in the presence of CuI and diisopropylamine. This method was then successfully applied to the synthesis of natural product, furomollugin.

    DOI: 10.1246/cl.180803

    Scopus

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85059438494&origin=inward

  • 大面積の酸化物/有機物積層膜の作製

    下岡 弘和

    セラミックス   51   221 - 222   2016年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    CiNii Research

  • Characterization of barium titanate nanoparticles and dense nanograin free-standing films via sol-gel method using highly concentrated alkoxide solution 査読有り

    Shimooka H., Kohiki S., Kuwabara M.

    Journal of the Ceramic Society of Japan   118 ( 1380 )   674 - 678   2010年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    This paper reports on two topics regarding nanosized barium titanate (BaTiO3) prepared by the sol-gel method using a highly concentrated alkoxides precursor solution. One topic concerns the crystallographic features of the BaTiO3nanoparticles. In the case of using a highly concentrated precursor solution, non-core-shell BaTiO3nanocrystals with a small amount of intraparticle voids, lattice hydroxyl groups and remaining alkoxy groups were efficiently generated by the addition of less excess water during aging at room temperature. The generation of the high-quality BaTiO3nanocrystals is considered to be due to the hydrolysis and polycondensation reaction of the alkoxides being well promoted in such a concentrated solution. The lattice volume of the BaTiO3nanocrystals with a crystallite size of 15nm fired at 600°C was approximately 1 vol% larger than that of bulk crystal. This lattice expansion is more likely to be caused by an intrinsic size effect than an extrinsic effect due to the lattice defects, such as lattice hydroxyl groups. The other topic concerns the dielectric properties of dense nanograin free-standing films with a grain size of 57nm after applying the same sol-gel method. Significant frequency dispersion behavior of dissipation factor was observed at temperatures less than the Curie temperature. This finding may indicate that the dielectric properties reflect an intrinsic grain size effect without any influence being attributed to the film/substrate interface or lattice defects. © 2010 The Ceramic Society of Japan. All rights reserved.

    DOI: 10.2109/jcersj2.118.674

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=77956937254&origin=inward

  • Room temperature ferromagnetism of Fe doped indium tin oxide based of dispersed Fe3O4 nanoparticles 査読有り

    K. Okada,S. Kohiki,S. Nishi,H. Shimooka,H. Deguchi,M. Mitome,Y. Bando,T. Shishido

    Japanese Journal of Applied Physics   46 ( 35 )   823 - 825   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Doping of Fe to In2O3 査読有り

    S. Kohiki,M. Sasaki,Y. Murakawa,K. Hori,K. Okada,H. Shimooka,T. Tajiri,H. Deguchi,S. Matsushima,M. Oku,T. Shishido,M. Arai,M. Mitome and Y. Bando

    Thin Solid Films   505   122 - 125   2006年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Growth of β-Ga2O3 nanocolumns crossing perpendicularly each other on MgO (100) surface 査読有り

    K. Hori,M. Fukuta,H. Shimooka,S. Kohiki,T. Shishido,M. Oku,M. Mitome and Y. Bando

    J. Alloys and Compounds   390   261 - 264   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • β-Ga2O3 nanorods crossing perpendicularly each other on MgO (100) substrate 査読有り

    S. Kohiki,K. Yasui,K. Hori,M. Fukuta,W. Yamauchi,H. Shimooka,T. Shishido,M. Oku,M. Mitome,Y. Bando

    J. Mater. Sci.   40   4145 - 4147   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Magnetic behavior of Fe doped In2O3 査読有り

    S. Kohiki,Y. Murakawa,K. Hori,H. Shimooka,T.Tajiri,H. Deguchi,M. Oku,M. Arai,M. Mitome,Y. Bando

    Jpn. J. Appl. Phys.   44 ( 31 )   L979 - L981   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Synthesis of Mesoscopic Barium Titanate Single Crystals Having a Hollow Core of Cuboidal Shape 査読有り

    H.Shimooka,T.Tanizaki,M.Mitome,Y.Bando,S.Kohiki

    J. Cryst. Growth   275 ( 1-2 )   e2377   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    2005年04月  -  2005年04月

  • Magnetic cluster behavior of α-LiFeO2 related to the cation arrangements 査読有り

    S. Kohiki,K. Hori,K. Ogawa,H. Shimooka,T. Tajiri,H. Deguchi,M. Mitome and Y. Bando

    Jpn. J. Appl. Phys   43 ( 9A/B )   L1232 - L1235   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Dilution effects on chemical and magnetic clusters of α-LiFeO2 査読有り

    25.S. Kohiki,K. Hori,A. Kawaguchi,Y. Murakawa,H. Shimooka,T. Tajiri,H. Deguchi,M. Mitome,Y. Bando,S. Fukushima,M. Arai,M. Oku and T. Shishido

    Jpn. J. Appl. Phys   43 ( 12B )   L1620 - L1622   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Frequency-dependent bifurcation point between field-cooled and zero-field-cooled dielectric constant of LiTaO3 nanoparticles embedded in amorphous SiO2, , 84 [17] (2004). 査読有り

    S.Kohiki,S.Kawakami,S.Nogami,S.Takada,H.Shimooka,M.Okui,S.Fukushima,M.Mitome,Yoshio Bando

    Appl. Phys. Lett.   84   '3385 - 3385   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Large frequency dependence of lowered maximum dielectric constant temperature of LiTaO3 nanocrystals dispersed in mesoporous silicate 査読有り

    S.Kohiki,S.Nogami,S.Kawakami,S.Takada,H.Shimooka,H.Deguchi,M.Mitome,M.Oku

    Appl. Phys. Lett.   82   '4134 - 4134   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Comparison of electronic structure of LiInO2 with NaInO2 査読有り

    S.Kawakami,M.Sasaki,H.Tabata,H.Shimooka,S.Kohiki,S.Matsushima,M.Oku,T.Shisido

    J. Alloys and Compounds   359 ( 1-2 )   278 - 280   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Molecular structure and dissolved state of a heterobimetallic Ba-Ti alkoxide in a highly concentrated precursor solution 査読有り

    H.Shimooka,S.Kohiki,M.Kuwabara

    XII International Workshop on Sol-Gel Science and Technology   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Sydney   2003年04月  -  2003年04月

  • Synthesis and Magnetic Properties of Mesoporous Vanadium Oxide Sulphate 査読有り

    下岡 弘和

    Chemistry Letters   No.7   ' 670 - 670   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • メタノール/2-メトキシエタノール混合溶媒を用いて合成した高濃度Ba, Tiアルコキシド溶液中におけるヘテロニ金属アルコキシドの構造 査読有り

    下岡 弘和

    日本セラミックス協会学術論文誌   109 ( 1 )   '60 - 60   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Preparation of Translucent Barium Titanate Ceramics from Sol-Gel-Derived Transparent Monolithic Gels 査読有り

    下岡 弘和

    Journal of Materials Chemistry   10   '1511 - 1511   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Structural Effects on Optical Properties of Sol-Gel Derived Transparent Monolithic BaTiO<sub>3</sub> Gel 査読有り

    下岡 弘和

    Key Engineering Materials   157-158   '3 - 3   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Syhthesis of Free-Standing Crystalline Barium Titanate Films at Vapor-Liquid or Liquid/Liquid Interface 査読有り

    H. Shimooka,T. Yamamoto,S. Takahashi,and S. Kohiki

    J. Sol-Gel Sci. Technol.   19   749 - 749   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    1999年04月  -  1999年04月

  • Optical Absorption in Sol-Gel-Derived Crystalline Barium Titanate Fine Particles 査読有り

    下岡 弘和

    Journal of the American Ceramic Society   81 ( 11 )   '3010 - 3010   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Preparation of Transparent, Partially-Crystallized BaTiO<sub>3</sub> Monolithic Xerogels by Sol-Gel Processing 査読有り

    下岡 弘和

    Journal of Sol-Gel Science and Technology   13   '873 - 873   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • ゾル-ゲル合成チタン酸バリウムゲルの熱的挙動 査読有り

    下岡 弘和

    日本セラミックス協会学術論文誌   106 ( 7 )   '703 - 703   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Thermal Behavior of Sol-Gel-Derived Barium Titanate Gels 査読有り

    下岡 弘和

    Journal of the Ceramic Society of Japan   106 ( 7 )   '703 - 703   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Local Structure and Crystallization Mechanism at Room Temperature of Sol-Gel-Derived Barium Titanate Monolithic Gels 査読有り

    下岡 弘和

    Journal of the Ceramic Society of Japan   105 ( 9 )   '811 - 811   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • ゾル-ゲル法によるチタン酸バリウムモノリシックゲルの局所構造と室温結晶化機構 査読有り

    下岡 弘和

    日本セラミックス協会学術論文誌   105 ( 9 )   '811 - 811   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Crystallinity and Stoichiometry of Nano-Structured Sol-Gel-Derived BaTiO<sub>3</sub> Monolithic Gels 査読有り

    下岡 弘和

    Journal of the American Ceramic Society   79 ( 11 )   '2983 - 2983   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Preparation of Monolithic Barium Titanate Xerogels by Sol-Gel Processing and the Dielectric Properties of Their Sintered Bodies 査読有り

    下岡 弘和

    Applied Physics Letters   66 ( 13 )   '1704 - 1704   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Preparation of dense BaTiO<sub>3</sub> ceramics from sol-gel-derived monolithic gels 査読有り

    下岡 弘和

    Journal of the American Ceramic Society   78 ( 10 )   '2849 - 2849   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Gelation and Crystallization of Barium Titanate Precursor Using Metal Alkoxide 査読有り

    下岡 弘和

    Journal of the Ceramic Society of Japan   102 ( 12 )   '1182 - 1182   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 金属アルコキシドチタン酸バリウム前駆体のゲル化と結晶化 査読有り

    下岡 弘和

    日本セラミックス協会学術論文誌   102 ( 12 )   '1182 - 1182   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Oxygenation Characteristics in High-Density YBa<sub>2</sub>Cu<sub>3</sub>O<sub>x</sub> Ceramics 査読有り

    下岡 弘和

    Journal of Materials Research   6 ( 7 )   '1398 - 1398   1991年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 雰囲気制御したホットプレス法により超伝導特性を改善した高密度YBa<sub>2</sub>Cu<sub>3</sub>O<sub>x</sub>焼結体の調製

    下岡 弘和

    未入力   68 ( 11 )   5908 - 5908   1990年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Grain Size Dependence of the Critical Current Density in YBa<sub>2</sub>Cu<sub>3</sub>O<sub>x</sub> Superconductors 査読有り

    下岡 弘和

    Applied Physics Letters   55 ( 26 )   '2781 - 2781   1989年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

▼全件表示

口頭発表・ポスター発表等

  • ABX3型有機-無機ペロブスカイト単結晶の作製

    三根裕朗, 岡内辰夫, 下岡弘和, 北村充

    第60回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年07月01日   記述言語:日本語  

  • [MDABCO]K(PF6)3系ペロブスカイト固溶体の合成

    下岡弘和, 山下功輝, 岡内辰夫, 北村充

    日本化学会第102春季年会  2022年03月 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月23日 - 2022年03月26日   記述言語:日本語  

  • 液相界面で合成としたナノ構造チタン酸バリウム自立膜の誘電特性

    本人

    日本セラミックス協会 2009 年年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月   記述言語:日本語  

  • ゾル-ゲル法によるチタン酸バリウムナノ結晶薄膜の液相界面合成と評価

    本人

    日本セラミックス協会第21回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月   記述言語:日本語  

  • メソ多孔体MCM-41 膜の合成における導電性酸化物LaNiO3 の表面処理効果

    本人

    日本セラミックス協会2008年年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月20日 - 2008年03月22日   記述言語:日本語  

  • X線回折によるメタ珪酸Na薄膜の構造評価

    平成19年度応用物理学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年12月01日   記述言語:日本語  

  • X線回折測定を用いた垂直配向メソポーラスシリカの評価

    平成19年度日本金属学会九州支部日本鉄鋼協会九州支部合同学術講演大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年06月08日   記述言語:日本語  

  • Fe doped In2O3の交流磁気特性

    第51 回応用物理学関係連合学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    第37回化学連合支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    本人

    第61回応用物理学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    第37回化学連合支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    本人

    日本セラミックス協会、第13回秋季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    第37回化学連合支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    第5回九州薄膜表面研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    第37回化学連合支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    第37回化学連合支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 第48回応用物理学関係連合講演会

    未入力 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    第39回セラミックス基礎科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    本人

    日本化学会第79春季年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    第48回応用物理学関係連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    第48回応用物理学関係連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    平成12年度応用物理学会九州支部講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    平成12年度応用物理学会九州支部講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    日本セラミックス協会2001年年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    日本化学会中国四国支部・同九州支部合同大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • La1-xSrxMnO3ナノ結晶の磁気特性

    第39回化学連合支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    第38回化学連合支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • アモルファス層状バナジウム酸化物の合成とその磁気特性

    第50回応用物理学関係連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    第48回応用物理学関係連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    第39回セラミックス基礎科学討論会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    第38回化学連合支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 周期的メソ孔を有する硫酸バナジウムメソ多孔体の調製と特性

    本人

    日本化学会西日本大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    日本化学会中国四国支部・同九州支部合同大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    第38回化学連合支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    第38回化学連合支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    日本化学会中国四国支部・同九州支部合同大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    第38回化学連合支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • LiTaO3を担持したメソ多孔体 薄膜の作製と評価

    本人

    第64回応用物理学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    第38回化学連合支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    第38回化学連合支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • アモルファス層状バナジウム酸化物の合成とその磁気特性

    第50回応用物理学関係連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    第38回化学連合支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    第38回化学連合支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • LiTaO3ナノ粒子の合成と量子サイズ効果

    第50回応用物理学関係連合講演 会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 硫酸バナジウムメソ多孔体の合成と磁気特性

    本人

    秋季第63回応用物理学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    第48回応用物理学関係連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    第62回応用物理学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • β-Ga2O3ウィスカーの作製

    第64回応用物理学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    第6回九州薄膜表面研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • LiTaO3ナノ結晶の誘電特性に関する研究

    第39回化学連合支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    ,応用物理学会九州支部講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 不純物ドープ Ga2O3のキャラクタリゼーション

    第50回応用物理学関係 連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    第48回応用物理学関係連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    第38回化学連合支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    第38回化学連合支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • La1-xSrxMnO3ナノ粒子の合成とその磁気特性

    第64回応用物理学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    第38回化学連合支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 未入力

    第62回応用物理学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 不純物ドープGa2O3のキャラクタリゼーション

    第50回応用物理学関係連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • LiTaO3ナノ粒子の合成と量子サイズ効果

    第50回応用物理学関係連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 珪酸塩メソ多孔体を用いて合成したFeナノ粒子の解析

    第50回応用物理学関係連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 珪酸塩メソ多孔体を用いて合成したFeナノ粒子の解析

    第50回応用物理学関係連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 珪酸塩メソ多孔体を鋳型に用いたNiナノ粒子の合成とその磁気 特性

    第64回応用物理学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • Fe doped In2O3の磁気特性

    第64回応用物理学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • SiO2中に分散Niナノ粒子の磁気特性

    第51 回応用物理学 関係連合学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • LiFeO2の磁気特性

    第41回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • SiO2中マトリックス中に分散したNiナノ粒子の磁気特性

    第41回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • LiFeO2の磁気的性質

    第51 回応用物理学関係連合学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • Li(Fe1-xInx)O2の合成と希釈効果

    第51 回応用物理学関係 連合学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • SiO2薄膜に坦持したLiTaO3ナノ 結晶の作製と評価

    本人

    第51 回応用物理学関係連合学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • 青色蛍光体Sr2CeO4への希土類添加 と蛍光評価

    第41回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • メソスケールの中空チタン酸バリウム粒子の合成と評価

    本人

    日本セラミックス協会九州支部秋季合同研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • タンタル酸リチウムメソ結晶 担持薄膜の作製とその誘電特性

    第41回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語  

  • Influence of dissolved state of heterobimetallic Ba-Ti alkoxides in highly concentrated precursor solutions on the mesostructure of gels

    本人

    The 5th International Meeting of Pacific rim Ceramic Societies 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 nagoya  

▼全件表示

科研費獲得実績

  • ナノおよびミクロンオーダーの周期変調組織を有するチタン酸バリウム自立膜の界面合成

    研究課題番号:14750556  2002年04月 - 2005年03月   若手研究(B)

  • 規則化メソ孔を有する結晶性チタン酸バリウム自立膜の液相界面合成

    研究課題番号:12750607  2000年04月 - 2002年03月   奨励研究(A)

  • 室温結晶化チタン酸バリウム自立膜の液-液界面合成

    研究課題番号:10750498  1998年04月 - 2000年03月   奨励研究(A)

担当授業科目(学内)

  • 2023年度   応用化学実験B・PBL

  • 2023年度   応用化学実験C

  • 2023年度   化学Ⅱ

  • 2022年度   応用化学実験B・PBL

  • 2022年度   応用化学実験C

  • 2022年度   化学Ⅱ

  • 2021年度   応用化学実験B・PBL

  • 2021年度   応用化学実験C

  • 2021年度   化学Ⅱ

  • 2020年度   化学Ⅱ

  • 2019年度   化学Ⅱ

  • 2018年度   化学Ⅱ

  • 2017年度   化学Ⅱ

▼全件表示

社会貢献活動(講演会・出前講義等)

  • スーパーボールを作ろう-水に溶けるプラスチック-

    役割:講師

    九州工業大学  飯塚市立上穂波小学生学校  2023年11月21日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

  • スーパーボールを作ろう-水に溶けるプラスチック-

    役割:講師

    九州工業大学  環境省エコチル調査福岡ユニットセンター 産業医科大学サブユニットセンター  2022年11月26日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

  • スーパーボールを作ろう-水に溶けるプラスチック-

    役割:講師

    九州工業大学  北九州市折尾まちづくり記念館  2022年09月04日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

  • スーパーボールを作ろう-水に溶けるプラスチック-

    役割:講師

    九州工業大学  北九州市立黒崎中央小学校  2021年11月16日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業