井上 創造 (イノウエ ソウゾウ)

INOUE Sozo

写真a

職名

准教授

研究室住所

福岡県北九州市若松区ひびきの2-4

研究分野・キーワード

データベース, Web/ユビキタスコンピューティング, 人間行動センシング, センサ予防医療

ホームページ

http://sozolab.jp/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1997年03月   九州大学   工学部   情報工学科   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2002年03月  九州大学  システム情報科学研究科  情報工学専攻  博士課程・博士後期課程  修了  日本国

  • 1999年03月  九州大学  システム情報科学研究科  情報工学専攻  修士課程・博士前期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  博士(工学)  2002年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院生命体工学研究科   人間知能システム工学専攻   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年10月
    -
    2009年04月

    九州大学附属図書館   助教授   日本国

  • 2002年04月
    -
    2006年09月

    九州大学システムLSI 研究センター   助手   日本国

  • 2002年04月
    -
    2006年09月

    九州大学大学院システム情報科学研究院   助手   日本国

  • 1999年04月
    -
    2002年03月

    財団法人九州システム情報技術研究所   研究助手   日本国

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中
     

    日本知能情報ファジィ学会  日本国

  • 2009年04月
    -
    継続中
     

    電子情報通信学会  日本国

  • 2009年04月
    -
    2010年03月
     

    情報処理学会  日本国

  • 1999年01月
    -
    継続中
     

    Association for Computing Machinery  アメリカ合衆国

  • 1999年01月
    -
    継続中
     

    The Institute of Electrical and Electronics Engineers  アメリカ合衆国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 計算機システム

  • マルチメディア・データベース

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Human Activity Recognition using Earable Device

    Tahera Hossain, Md. Shafiqul Islam, Md Atiqur Rahman Ahad, 井上 創造

    ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2019)      5   2019年09月  [査読有り]

    London  London 

  • Nurse Care Activity Recognition Challenge: Summary and Results

    Paula Lago, Sayeda Shamma Alia, 武田紳吾, Tittaya Marittha , Nattaya Mairittha, Farina Faiz, 西村 勇亮, 安達康平, 大北 剛, Franois Charpillet , 井上 創造

    Ubicomp Workshop on Human Activity Sensing Corpus and Applications (HASCA)      6 pages   2019年09月  [査読有り]

    London  London 

     概要を見る

    Although activity recognition has been studied for a long time now, research and applications have focused on physical activity recognition. Even if many application domains require the recognition of more complex activities, research on such activities has attracted less attention.
    One reason for this gap is the lack of datasets to evaluate and compare different methods.
    To promote research in such scenarios, we organized the \textit{Open Lab Nursing Activity Recognition Challenge} focusing on the recognition of complex activities related to the nursing domain. Nursing domain is one of the domains that can benefit enormously from activity recognition but has not been researched due to lack of datasets.
    The competition used the CARECOM Nurse Care Activity Dataset, featuring 7 activities performed by 8 subjects in a controlled environment with accelerometer sensors, motion capture and indoor location sensor.
    In this paper, we summarize the results of the competition.

  • Reduction of Marker-Body Matching Work in Activity Recognition Using Motion Capture

    武田紳吾, Paula Lago, 大北 剛, 井上 創造

    International Workshop on Human Activity Sensing Corpus and Applications      7 pages   2019年09月  [査読有り]

    London  London 

  • A Dialogue-Based Annotation for Activity Recognition

    Tittaya Marittha , Nattaya Mairittha, 井上 創造

    International Workshop on Human Activity Sensing Corpus and Applications      6 pages   2019年09月  [査読有り]

    London  London 

  • Optimizing Activity Data Collection with Gamification Points Using Uncertainty Based Active Learning

    Nattaya Mairittha, Tittaya Marittha , 井上 創造

    International Workshop on Human Activity Sensing Corpus and Applications      7 pages   2019年09月  [査読有り]

    London  London 

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Privacy and Personal Information Protection in RFID Systems

    野原 康伸, 馬場 謙介, 井上 創造, 安浦 寛人 ( 共著 )

    RFID Handbook: Application, Technology, Security and Privacy, Syed Ahson and Mohammad Ilyas (Ed.), CRC Press  2007年01月

     概要を見る

    本稿ではRFIDシステムのプライバシと個人情報保護を技術的側面から明確にした.物理的方式,出力可変方式,ハッシュ方式といった手法を整理し比較した.

  • Triage with RFID tags for Massive Incidents

    井上 創造, 園田 章人, 安浦 寛人 ( 共著 )

    RFID Handbook: Application, Technology, Security and Privacy, Syed Ahson and Mohammad Ilyas (Ed.), CRC Press  2007年01月

     概要を見る

    本稿ではRFIDを用いた救急システムとその効果について述べた.大規模な救急では負傷者の迅速な把握と搬送が必要になるが,RFIDと無線ネットワークを用いて効率を上げる応用を示し,小規模から大規模にわたる実験により実証した.

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • モーションキャプチャを用いた行動認識におけるマーカー身体対応付け作業の削減

    武田紳吾, Paula Lago, 大北 剛, 井上 創造, 出野 義則

    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2019)シンポジウム  (Fukushima)  2019年07月  -  2019年07月   

  • センサ行動認識における機械学習のための実験室高精度データと現場長時間データの比較

    後藤広樹, 武田紳吾, Paula Lago, 大北 剛, 井上 創造

    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2019)シンポジウム  (Fukushima)  2019年07月  -  2019年07月   

  • 労働衛生に関するアンケートとモバイルセンサデータの統合的・継続的な収集

    井上 創造, 谷 優里, 松田 裕貴, 荒川 豊

    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2019)シンポジウム  (Fukushima)  2019年07月  -  2019年07月   

  • センサ行動認識におけるZero-shot学習法のためのベクトル表現の性質の分析

    松木 萌, 井上 創造

    マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2019)シンポジウム  (Fukushima)  2019年07月  -  2019年07月   

  • Analysis of Density between Classes for Mitigating Class Imbalance Problem for Activity Recognition

    Sayeda Shamma Alia, 井上 創造

    情報処理学会全国大会  (Fukuoka)  2019年03月  -  2019年03月   

     概要を見る

    Class Imbalance problem is unavoidable problem for activity recognition using mobile sensors in real life scenario when we have very less amount of data for some activity classes. It can affect the accuracy of the algorithms for classification. In this paper we measure the impact of class density in the accuracy of classification in imbalance cases. It is important for understanding the problem better that can help in finding better solution for classification in this scenario. Our initial experiment shows that- class imbalance affects the performance of classifier negatively and the higher the value of density (lower deviation), the better the performance of the classifier becomes.

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • ラベル収集装置、ラベル収集方法及びラベル収集プログラム

    特願 2018-033655  日本国

    井上創造

  • ラベル付与装置、ラベル付与方法、及びプログラム

    特願 2018000806  日本国

    井上創造

  • 物品管理システムと物品管理方法

    特願 2003-270851  日本国

    井上 創造,安浦寛人,萩原大輔

  • RFIDタグと監視基地局、タグ管理サーバ、ネームサーバ、物品探索装置、及びRFIDタグ監視システム

    特願 2002-259496  日本国

    井上創造,安浦寛人

  • 他サービス環境でのIDデバイスのリンク不能性を守るID管理装置と方法

    特開 2006-246269  日本国

    井上 創造,安浦寛人,浜崎陽一郎,納富貞嘉,野原康伸,馬場謙介

全件表示 >>

講演 【 表示 / 非表示

  • (招待講演)スマートフォンを用いた行動認識・予測で期待される介護の生産性と質の向上~IoTセンサ・ビッグデータ活用がもたらす効果とは~

    CareTEX2019福岡 ( Fukuoka )  2019年07月03日  publications/523

  • Application of Machine Learning and Sensor Data in Nurse Care Domains in Japan

    Innovation and Opportunity Forum ( Bogota )  2019年06月20日  publications/521

  • スマートフォン行動認識で介護の効率と質を向上する

    九州工業大学文部科学省イベント:AIで介護の課題解決を目指す!~介護現場でのセンサ行動認識システム実例/スマートライフケア共創工房のご紹介~ ( Tokyo )  2019年06月04日  publications/519

  • 機械学習・データマイニングことはじめとIoT医療・介護応用

    九州地区大学図書館協議会総会 ( Kitakyushu )  2019年04月19日  publications/509

  • デジタルトランスフォメーションのためのスマートフォン行動認識技術について

    九工大発シーズ・ビジネス化プロジェクト Vol.1 ~SIXPADに学ぶシーズの ビジネス化成功例~ ( Fukuoka )  2019年03月20日  publications/518

全件表示 >>

報道関係 【 表示 / 非表示

  • 行動認識技術で第4の研究パラダイムに切り込む

    研究応援,  2018年03月01日

    井上 創造

  • 行動分析し介護効率化 適正配置などに役立てる

    財界九州  2017年11月01日

    井上 創造

  • CEATEC JAPAN 九州・沖縄からも"新顔"目立つ

    電波新聞  2017年10月25日

    井上 創造

  • 介護現場 IoTで効率化 九工大、施設と連携して実験 老人ホーム まるごと計測

    朝日新聞  2017年08月19日

    井上創造

  • 介護分野に製造業やスタートアップが参入 成長分野開拓に向け企業間連携が加速

    日経ビッグデータ  2017年08月10日

    井上創造

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Best Paper Award Runner-up (Crowdsourcing System Management for Activity Data with Mobile Sensors)

    2019年05月31日   International Conference on Activity and Behavior Computing   アメリカ合衆国

    受賞者:  Nattaya Mairittha, 井上 創造

  • Best PhD Forum Presentation Award (Sensor-based Daily Activity Understanding in Caregiving Center)

    2019年03月04日   Ph.D. Forum on Pervasive Computing and Communications   シンガポール共和国

    受賞者:  Tahera Hossain, 井上 創造

  • 2018 Excellent Student Award of IEEE Fukuoka Section "A Study on Sensor-based Activity Recognition Having Missing Data"

    2019年02月01日   IEEE Fukuoka Section   日本国

    受賞者:  Tahera Hossain, Md Atiqur Rahman Ahad, 後藤広樹, 井上 創造

  • (学生優秀ポスター発表賞)行動認識における単語ベクトル投影モデルのゼロショット学習法の試み

    2018年08月28日   SOFT九州支部夏季ワークショップ2018in 霧島   日本国

    受賞者:  松木 萌, 井上 創造

  • 活動功労賞

    2018年07月06日   マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2018)シンポジウム   日本国

    受賞者:  井上 創造

全件表示 >>

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • eテストのためのクラウドソーシング技術

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月

    研究課題番号:  16K12559

  • 物理層と意味層の2階層からなるセンサコンテキスト推定技術

    基盤研究(B)

    研究期間:  2014年04月  -  2019年03月

    研究課題番号:  26280041

  • プロジェクト型学習における自動相互評価方式

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月

    研究課題番号:  25540164

  • 人間行動理解のための装着型センサによる大規模データベースの構築

    基盤研究(A)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月

    研究課題番号:  23240014

  • ユビキタス環境におけるコンテキスト適応トレーサビリティの研究

    若手研究(A)

    研究期間:  2009年04月  -  2013年03月

    研究課題番号:  21680009

全件表示 >>

受託研究・共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 脳卒中高リスク群を抽出する革新的な臨床診断意思決定システムの開発に関する研究

    受託研究

    研究期間:  2018年04月  -  2019年03月

  • 機械学習を実社会で活用するための手法の研究

    共同研究

    研究期間:  2017年11月  -  2019年03月

  • IoT技術およびテキスト解析技術の統合利用による介護サービス現場の課題解決

    共同研究

    研究期間:  2016年12月  -  2018年03月

  • 介護者の行動センシング技術を用いた介護業務の稼働分析と業務改善への適用

    共同研究

    研究期間:  2016年08月  -  2017年03月

  • 行動センシング・システムに関する研究

    共同研究

    研究期間:  2016年04月  -  2017年03月

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • IoTによるアクティブシニア活躍都市基盤開発事業

    提供機関:  文部科学省 

    研究期間:  2016年04月  -  2021年03月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度  アルゴリズムとデータ構造

  • 2017年度  データ科学特論

  • 2017年度  情報処理基礎

  • 2017年度  情報処理基礎

  • 2017年度  アルゴリズムとデータ構造

全件表示 >>

FD活動への参加 【 表示 / 非表示

  • 2011年03月01日   PBLシンポジウム・FD講演会・工学部教育方法改革研修会

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    2019年03月

    情報処理学会   情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会幹事

  • 2017年09月
     
     

    その他   Ubicomp Workshop for Human Activity Sensing Corpus and its Application (HASCA)Organizer

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    日本知能情報ファジィ学会   日本知能情報ファジィ学会誌ゲストエディタ 2016

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    日本知能情報ファジィ学会   情報処理学会連続セミナー「スマートなヘルスケアとライフケア」コーディネータ

  • 2016年09月
     
     

    その他   Ubicomp Workshop for Human Activity Sensing Corpus and its Application (HASCA)Organizer

全件表示 >>

社会貢献活動(講演会・出前講義等) 【 表示 / 非表示

  • 切っても切れない情報社会-スマートフォンから予防医療まで-

    2013年07月
     
     

     概要を見る

    大分県立日田高等学校

  • 切っても切れない情報社会-スマートフォンから予防医療まで-

    2012年10月
     
     

     概要を見る

    長崎県立長崎北高等学校 2年

  • 切っても切れない情報社会-スマートフォンから予防医療まで-

    2012年09月
     
     

     概要を見る

    山口県立大津緑洋高等学校 1~2年

  • 工大祭学科展

    2011年11月
     
     

     概要を見る

    3軸加速度センサを使って人の動きがわかるしくみ

  • サイエンスイベント「世界一行ってみたい科学広場in宗像」デモ

    2011年08月
     
     

     概要を見る

    3軸加速度センサを使って人の動きがわかるしくみ

全件表示 >>

 

国際会議の開催 【 表示 / 非表示

  • Ubicomp Workshop for Human Activity Sensing Corpus and its Application (HASCA)

    2017年09月07日  -  2017年09月07日 

  • International Conference on Informatics, Electronics & Vision (ICIEV) & 2nd International Conference on Imaging, Vision & Pattern Recognition (IcIVPR) 2018,

    2017年04月01日  -  2018年03月31日 

  • International Conference on Modeling Decisions for Artificial Intelligence (MDAI) 2017,

    2017年04月01日  -  2018年03月31日 

  • International Conference on Mobile Computing, Applications and Services (MobiCASE) 2018,

    2017年04月01日  -  2018年03月31日 

  • Ubicomp Workshop for Human Activity Sensing Corpus and its Application (HASCA)

    2016年09月07日  -  2016年09月07日 

全件表示 >>

 

PR 【 表示 / 非表示

  • (学生向けPR)

    人の行動を,地球規模で/未来の病気を、治す技術

    高校生のみなさんへ

    本研究室は、主に総合システム工学科の学生を受け入れています。総合システム工学科では、PBL: Project-Based Learningを積極的に取り入れており,学生は自ら考え、生き生きと勉強しています。


    学部生のみなさんへ

    本研究室では、社会に役立つユビキタス情報システムを研究しています.
    1.行動力がある人、
    2.理論が好きな人、
    3.プログラミングが好きな人、
    大歓迎します。
    本研究室は,ProST:プロジェクトリーダー型博士技術者養成プログラムに参加しています。 大学院進学時にProSTおよびB課程を選択すれば、授業料などの優遇措置があります。

  • (企業向けPR)

    人の行動を,地球規模で / 未来の病気を、治す技術

    かっこいいシュートを決める、楽器を演奏する、畑に肥料をやる、花に水をやる、製品を試作する、お年寄りを介護する、医者が手術をする・・・ここに共通するのは、人の「行動」です。人の行動を自動的に把握できれば、ここにあげたような行動を、コンピュータが支援したり、新しいサービスをしたりできるようになります。スポーツや楽器のようなエンターテイメントだけではなく、農業や医療といった、人間にとってなくてはならない分野にも活用できるのです。私たちの研究室では、コンピュータサイエンスを活用し、iPhoneやアンドロイド携帯といった、スマートフォンの加速度センサ情報を、地球規模で簡単に集めるシステムを開発し、その情報から行動を自動的に認識し様々なサービスに活用する技術を研究しています。これまでに、250人の約4万件の行動という、世界に類を見ない規模のデータを集め、海外からも注目を集めている研究です。


    今、国民の医療費の増大が大変な問題となっています。数年後に労働力となる若者には、今より数万円多い税負担が毎年のしかかってくる恐れがあります。 これをさけるには、病気になる前に、しかも病院に行かずに、医療を受けるという、「予防医療」が重要となってきます。 私たちの研究室では、コンピュータサイエンスを活用し、患者の生体情報や行動情報、健康情報をモニターし、それを予防医療に生かすしくみを、東京大学や九州大学、そして病院や健康診断事業者といっしょに研究しています。 これまでに、300名近くの被験者に参加してもらい、得られた情報に高度なデータ解析を行い、適切なタイミングで患者にフィードバックすることによって、健康・運動の増進や、危険の早期発見といった効果が新聞でも紹介されました。 情報科学技術は、高度なデータ解析と活用技術によって、薬剤にも勝るともおとらない、「情報薬」になることができるのです。