2024/05/14 更新

マツダ ケンジ
松田 健次
MATSUDA Kenji
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 5

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院工学研究院 機械知能工学研究系
職名
教授
メールアドレス
メールアドレス
研究室住所
福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1
外部リンク

研究キーワード

  • 接触問題

  • 硬さ試験

  • 粗さ

  • コーティング

  • トライボロジー

出身学校

  • 1985年03月   九州大学   工学部   機械工学   卒業   日本国

出身大学院

  • 1990年03月   九州大学   工学研究科   機械工学   博士課程・博士後期課程   修了   日本国

取得学位

  • 九州大学  -  工学博士   1990年03月

学内職務経歴

  • 2020年04月 - 2022年03月   九州工業大学   大学院工学研究院     副工学研究院長

  • 2008年04月 - 現在   九州工業大学   大学院工学研究院   機械知能工学研究系     教授

学外略歴

  • 1995年10月 - 1996年07月   連合王国インペリアル大学   機械工学科   文部省在外研究員   グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)

論文

  • Real contact area and friction property of rubber with two-dimensional regular wavy surface 査読有り 国際誌

    Kenji Matsuda,Daisuke Hashimoto,Kenya Nakamura

    Tribology International   93   523 - 529   2016年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.triboint.2014.11.011

    Scopus

  • The Causes of Asymmetric Deformation of Surface Roughness Asperities in Elastohydrodynamic Lubrication Contacts 査読有り 国際誌

    Kaneta M., Matsuda K., Nishikawa H.

    Journal of Tribology ( The American Society of Mechanical Engineers )   144 ( 6 )   2022年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    This paper provides the main causes of asymmetric or directional deformation of surface roughness based on a transient non-Newtonian thermal elastohydrodynamic lubrication (EHL) model, where the contact materials have different thermal conductivities and elastic moduli. In order to obtain the actual shape of the surface asperity, the surface shapes of contact bodies are evaluated separately. It is clarified that the asymmetric deformation of the asperities appears due to two causes. One depends on the slide-roll ratio (SRR) and the difference in thermal conductivity between contact materials, and the other is caused by the contact pressure between the asperities through the oil film.

    DOI: 10.1115/1.4052255

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85126812664&origin=inward

  • Effects of Thermal Properties of Contact Materials and Slide-Roll Ratio in Elastohydrodynamic Lubrication 査読有り 国際誌

    Kaneta M., Matsuda K., Nishikawa H.

    Journal of Tribology ( The American Society of Mechanical Engineers )   144 ( 6 )   2022年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The effects of thermal conductivity, heat capacity, thermal inertia, and slide-roll ratio (SRR) on point elastohydrodynamic lubrication (EHL) are discussed with engineering ceramics and steel by a non-Newtonian thermal EHL analysis. When the thermal conductivities of contacting materials are significantly different, the film thickness is greatly affected by which material has the higher velocity. However, the film thickness is dominated by the heat capacity when the difference in thermal conductivity is not large. In contact of materials with the same mechanical and thermal properties, the film thickness and friction coefficient are influenced by the thermal inertia.

    DOI: 10.1115/1.4053095

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85126984666&origin=inward

  • Effects of carbon content and hardness on rolling contact fatigue resistance in heavily loaded pearlitic rail steels 査読有り

    Ueda M., Matsuda K.

    Wear   444-445   2020年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 Elsevier B.V. To reproduce the rolling contact fatigue (RCF) damage of rail steel used in heavy haul railways and to clarify its possible mechanism, the RCF characteristics of pearlitic steel with different carbon content and initial hardness values are evaluated using a two-disk-type machine. The results indicate that the number of spalls and the crack depth decrease with increasing carbon content of pearlitic steel even when the initial hardness is almost the same level. Furthermore, an increase in the carbon content increases the hardness of the rolling contact surface, resulting in the suppression of the plastic flow development. Results also indicate that the crack inclination angle varies depending on the carbon content. According to these results, a possible mechanism for the suppression of fatigue crack propagation in higher carbon pearlitic steel is proposed on the basis of the fracture mechanics approach.

    DOI: 10.1016/j.wear.2019.203120

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85077700738&origin=inward

  • Effect of specimen thickness on growth of real contact area of rubber with two-dimensional regular wavy surface 査読有り 国際誌

    Matsuda K., Mori S., Hatanaka A., Sunahara T., Nakamura K.

    Tribology International   124   184 - 194   2018年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2018 Elsevier Ltd Is there a critical thickness over which the solids can be considered as an elastic half-space? If it exists, what is the crucial factor determining the critical thickness? And how the specimen thickness affects the real contact area growth of the textured surface? The reply to these questions could surely provide a proper guideline for elastomer product design such as seals. With this in mind, the elastic contact of two-dimensional regular wavy surface with a flat surface are studied by using four types of blocks of silicone rubber as specimen under decompression and wet environments. The results suggest there exists the critical thickness depending on the sizes of the contact surface and the pitch of asperities of the wavy surface.

    DOI: 10.1016/j.triboint.2018.02.010

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85045391735&origin=inward

  • 空隙閉鎖に及ぼす応力因子の影響 査読有り

    毛利 健吾, 有馬 猛, 福谷 理明, 松田 健次

    塑性と加工 ( 一般社団法人 日本塑性加工学会 )   59 ( 691 )   149 - 157   2018年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>In the 2nd report, the evaluation factors for void closure under the condition of multipass forging revealed that true strain <i>ε<sub>z</sub> </i> in the <i>z</i> direction is appropriate for the evaluation factors for void closure. However, although the effectiveness of the hydrostatic stress ratio <i>σ<sub>m </sub> </i>/<i>σ<sub>eq</sub> </i> for void closure was clear in the 1st report, the reasons were not clarified. In this paper, we investigated the effects of stress factors on void closure and its handling through numerical experiments. The following results were obtained. 1) By using the true stress in each direction, the deformation behavior of voids can be evaluated as a dimensional change of the diameter on the basis of the frictionless model. 2) In the <i>z</i> stroke direction, the void is easier to close than in the frictionless model when <i>σ<sub>z </sub> </i>/<i>σ<sub>eq</sub> </i> is -1 or less, and harder to close than in the frictionless model if not. 3) The void diameter in the <i>x</i> direction, <i>d<sub>x</sub> </i>, is smaller than in the frictionless model when <i>σ<sub>x </sub> </i>/<i>σ<sub>eq</sub> </i> is 0 or less, and larger than in the frictionless model if not. 4) When there is a void on the axis of symmetry, <i>σ<sub>m </sub> </i>/<i>σ<sub>eq</sub> </i> can be used to evaluate <i>ε<sub>z</sub> </i> for void closure and the dimensional change of <i>d<sub>x</sub> </i> . In addition, we clarified the influences of material size, void size, and mechanical properties of the material on void closure.</p>

    DOI: 10.9773/sosei.59.149

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/sosei/59/691/59_149/_pdf

  • Numerical Study on Method for Reducing Film Pressure and Its Fluctuation due to Surface Roughness in Elastohydrodynamic Lubrication Contact 査読有り 国際誌

    Kaneta M., Matsuda K

    Journal of Tribology ( The American Society of Mechanical Engineers )   145 ( 3 )   2023年03月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    One of the methods to avoid rolling contact fatigue is to reduce the film pressure due to surface roughness and the magnitude of its fluctuation. The roughness on rolling/sliding concentrated contacting surfaces has generally different asperity heights. In this study, it has been clarified, using a fully flooded non-Newtonian thermal elastohydrodynamic lubrication analysis in contact between materials with different thermal conductivities and roughness asperity heights, which surface velocity should be increased and which roughness asperity height should be lowered to reduce the magnitudes of film pressure and its fluctuation. The results obtained will make a new contribution to the combination of roughness heights on the EHL contact surfaces.

    DOI: 10.1115/1.4056189

    DOI: 10.1115/1.4056189

  • 「2列にお並びください」に秘められたメッセージ 招待有り

    松田 健次

    月刊トライボロジー ( 新樹社 )   36 ( 1 )   33 - 33   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • Numerical Study on the Interaction of Transverse and Longitudinal Roughness on Elastohydrodynamic Lubrication Contact Surfaces with Different Thermal Conductivities and Elastic Moduli 査読有り

    Kaneta M., Matsuda K., Wang J., Cui J., Yang P., Nishikawa H., Krupka I., Hart M.

    Journal of Tribology   143 ( 9 )   2021年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The interaction and surface features between point contact surfaces composed of longitudinal roughness with infinite or finite length and transverse roughness were discussed based on a transient non-Newtonian thermal elastohydrodynamic lubrication (EHL) model. Each surface shape is greatly affected by the difference in elastic moduli, thermal conductivities, and velocities of both contact surfaces. There is a large difference in pressure behavior when the transverse roughness is in contact with the longitudinal roughness with finite length and when it is in contact with the longitudinal roughness with infinite length. In the contact between surfaces with infinitely long longitudinal and transverse roughness, the friction coefficient is lower when the surface with longitudinal roughness has a low thermal conductivity than when it has a high thermal conductivity. Furthermore, the pressure fluctuation is larger when the transverse roughness surface has a high thermal conductivity than when it has a low thermal conductivity.

    DOI: 10.1115/1.4049259

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85102411571&origin=inward

  • Numerical Study on Effect of Thermal Conductivity in Point Contacts with Longitudinal Roughness on Abnormal Pressure Distribution 査読有り 国際誌

    Kaneta M., Matsuda K., Wang J., Yang P.

    Journal of Tribology ( The American Society of Mechanical Engineers )   142 ( 12 )   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In order to clarify the effect of thermal conductivity on non-Newtonian thermal elastohydrodynamic lubrication (EHL) in the point contact with longitudinal roughness on one surface or on both surfaces, numerical calculations are carried out. The contact is formed by ceramics and steel. The surface shapes of both contact solids are investigated separately. It was found that the pressure at ridges shows lower than that at grooves when the speed of a material with low thermal conductivity is faster than that of a material with high thermal conductivity. In the opposite case, such a phenomenon never occurs. This abnormal pressure variation is largely affected by the combination of contact materials and running conditions.

    DOI: 10.1115/1.4047300

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85087104351&origin=inward

  • 昔を懐かしんで 招待有り

    松田健次

    月刊トライボロジー ( 新樹社 )   34 ( 8 )   11 - 11   2020年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 反発硬さ試験とコロナ問題

    松田 健次

    トライボロジスト ( 一般社団法人 日本トライボロジー学会 )   65 ( 8 )   469 - 469   2020年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    DOI: 10.18914/tribologist.65.08_469

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007887591

  • Numerical Study on Effect of Dimples on Tribo-Characteristics in Non-Newtonian Thermal Elastohydrodynamic Lubrication Point Contacts with Different Mechanical and Thermal Properties 査読有り

    Kaneta M., Matsuda K., Wang J., Yang P.

    Journal of Tribology   142 ( 4 )   2020年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The transient behavior of tribo-characteristics caused by micro-dimples on point contact surfaces with different mechanical and thermal properties was investigated based on non-Newtonian thermal elastohydrodynamic lubrication (EHL) analysis. The dimples were assumed to exist on both contact surfaces and the surface shapes of the contact bodies were evaluated separately. It is pointed out that surface texturing due to the micro-dimples is not necessarily beneficial in EHL contacts under fully flooded conditions since the micro-dimples provide a high pressure and a thin minimum film thickness as compared with the case of contacts with smooth surfaces, although the friction coefficient of surfaces with micro-dimples is always lower than that of the smooth surfaces. In order to obtain relatively good tribo-characteristics, the velocity of the surface with low thermal conductivity should be faster than that with high thermal conductivity, and the wavelengths of micro-dimples in the direction of motion on both surfaces should be different.

    DOI: 10.1115/1.4045638

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85087102707&origin=inward

  • 真ひずみによる実機空隙閉鎖評価の有効性検証:―大型鋼塊の空隙閉鎖に関する研究 第4報― 査読有り

    毛利 健吾, 有馬 猛, 福谷 理明, 松田 健次

    塑性と加工 ( 一般社団法人 日本塑性加工学会 )   61 ( 709 )   40 - 47   2020年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>Previous studies have shown that true strain is effective for evaluating void closure in multipass forging. However, the above-mentioned result was obtained by numerical simulation and an experiment using hot steel with a reduced-scale model having a spherical void, and it has not been confirmed whether it is effective with a real machine. Therefore, in this study, the effectiveness of using true strain was verified in real machine tests. The following conclusions were obtained. 1) In the ultrasonic test (UT) after the third forging, despite the equivalent strain applied to two steel ingots being the same, a large difference occurred in the defect distribution. From this result, it was clarified that the closing behavior of the void in actual machines under multipass forging cannot be evaluated using equivalent strain. 2) In the UT after the fourth forging, as a result of applying the same true strain to two steel ingots, the defects of both steel ingots almost disappeared and the results were the same. Therefore, it was clarified that the closing behavior of the void in actual machines under multipass forging can be evaluated using true strain.</p>

    DOI: 10.9773/sosei.61.40

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007801670

  • 反発硬さ試験の新しい展開 招待有り

    松田健次

    設計工学 ( 公益社団法人 日本設計工学会 )   54 ( 12 )   791 - 797   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Deformation of Rough Surfaces in Point EHL Contacts 査読有り

    Krupka I., Hartl M., Matsuda K., Nishikawa H., Wang J., Guo F., Yang P., Kaneta M.

    Tribology Letters   67 ( 2 )   2019年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019, Springer Science+Business Media, LLC, part of Springer Nature. The film thickness profile obtained by the optical interferometry technique merely represents a separation between contact surfaces and does not give the surface shape of contact surfaces. It has been pointed out that the actual shape of the surface roughness in rolling and/or sliding EHL contacts must be evaluated by separately obtaining the surface shape of contact bodies. The degree of the amplitude reduction in actual roughness depends on the mechanical properties of both contacting surfaces. That is, the deformation of roughness and the pressure at which roughness locates are controlled by the interrelationship between the rough surface and the mating surface caused by rolling and/or sliding motion. The method of finding surface profiles of both bodies separately and also the pressure distribution from the interferogram obtained by the optical interferometry technique is proposed in “Appendix”.

    DOI: 10.1007/s11249-019-1145-z

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85061788754&origin=inward

  • 空隙閉鎖に及ぼす応力因子の影響:―大型鋼塊の空隙閉鎖に関する研究 第3報― 査読有り

    毛利 健吾, 有馬 猛, 福谷 理明, 松田 健次

    塑性と加工   2018年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 二硫化モリブデンスパッタ膜の大気中における摩擦摩耗特性に及ぼす硫黄対モリブデン組成比の影響 査読有り

    Matsuzaki K., Sasaki I., Sunahara K., Ikeda M., Matsuda K.

    材料   66 ( 9 )   675 - 681   2017年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017 The Society of Materials Science, Japan It has been known that molybdenum disulfide exists as a monophase in the S/Mo composition ratio range from about 1.94 to 2.25. In this study, sputtered molybdenum disulfide films having S/Mo ratio from 1.96 to 2.25 have been prepared on surface of JIS SUS440C rollers for cross roller bearings by applying the positive voltages ranging from 0 to 60 V to rollers. Friction coefficient and wear life of molybdenum disulfide films have been investigated by friction test conducted in air atmosphere of 10 % relative humidity. It is found that better lubricating performance which means longer wear life and lower friction coefficient was obtained in the films having S/Mo ratio from 2.06 to 2.15 near the center of the S/Mo composition ratio range of molybdenum disulfide. On the other hand, sudden drop of lubricating performance were appeared near both limit values of the composition ratio range.

    DOI: 10.2472/jsms.66.675

    Scopus

    CiNii Article

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85029738842&origin=inward

  • ビッカース硬さ試験を利用した表面被覆材の機械的特性評価法

    松田 健次

    月刊トライボロジー ( 株式会社 新樹社 )   31 ( 8 )   14 - 17   2017年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

    ビッカース硬さ試験は,古くから広く用いられている硬さ試験法の1つであり,均質材料では試験力が変化しても同一の硬さ値が期待できるという特徴により,めっき等の表面被覆材の評価にも用いられている.本稿では,執筆者がこれまでにニッケルめっき材を用いて得られた結果を例に挙げ,表面被覆材測定時に遭遇する問題やそこで観察される現象ついて紹介した

  • ビッカース圧子を付与したハンマによるガラスの反発硬さ試験の試料固定法 招待有り 査読有り

    松田健次,浦川大地,藤原宏太

    材料試験技術   61 ( 2 )   79 - 85   2016年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • 九州学生会の活動(学生会だより)

    松田 健次

    日本機械学會誌 ( 一般社団法人日本機械学会 )   119 ( 1168 )   2016年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

    CiNii Article

    その他リンク: http://ci.nii.ac.jp/naid/110010047818

  • バイアス電圧を基板に印加して作製したRFスパッタ膜の組成が変化する現象に対する一考察(第二報)

    松﨑 一成, 佐々木 巌, 砂原 賢治, 松田 健次

    表面科学学術講演会要旨集 ( 公益社団法人 日本表面真空学会 )   36 ( 0 )   26   2016年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    RFスパッタにより,基板にバイアス電圧を印加して作製した二硫化モリブデン膜の組成比が構成元素のイオン化と関係して変化する事を報告した。本発表では,他の膜性状がこのメカニズムにより変化する事を考察する。

    DOI: 10.14886/sssj2008.36.0_26

    CiNii Article

    CiNii Research

  • 表面接触理論とテクスチャ ―ランダム粗さと規則性凹凸面―(共著)

    松田 健次,中村 研八

    トライボロジスト ( 日本トライボロジー学会 )   60 ( 3 )   171 - 176   2015年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    多点接触問題において,突起形状やその干渉効果に注目した研究を,表面をランダム粗さとして扱い,その高さの統計分布を仮定することにより粗さ形状をモデル化して解析する方法と,周期的な粗さを仮定し,突起形状がその干渉効果に及ぼす影響を具体的に示す方法とに分類し,比較の観点からまとめたものである.

  • 九州工業大学 トライボロジー研究室

    松田 健次

    トライボロジスト ( 一般社団法人 日本トライボロジー学会 )   60 ( 7 )   451 - 452   2015年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    DOI: 10.18914/tribologist.60.07_451

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130005529447

  • 二硫化モリブデンスパッタ膜の硫黄対モリブデン組成比に及ぼす基板への正電圧印加の影響 査読有り

    松﨑一成,小熊清典,佐々木巌,池田満昭,松田健次

    トライボロジスト   59 ( 9 )   569 - 576   2014年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • 基本現象編 接触への導入

    松田健次

    トライボロジスト ( 社団法人 日本トライボロジー学会 )   57 ( 3 )   137 - 138   2012年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)

    2面間の接触によって生じる様々な現象を扱うトライボロジーの分野においては,接触部に生じる応力,変形,熱の状態を把握することが極めて重要である.このような接触問題を学ぶうえで参考となる教科書、文献を紹介した。

  • Fundamental phenomena - Introduction to contact

    Matsuda K.

    Toraibarojisuto/Journal of Japanese Society of Tribologists ( Toraibarojisuto/Journal of Japanese Society of Tribologists )   57 ( 3 )   137 - 138   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84861167947&origin=inward

  • 弾性流体潤滑下の絶縁破壊に及ぼす潤滑油の粘度圧力係数の影響 査読有り

    砂原賢治,石田雄二,山下慎次,山本正治,大野信義,西川宏志,松田健次,兼田楨宏

    トライボロジスト   56 ( 11 )   696 - 702   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

  • Preliminary Measurements of Electrical Micropitting in Grease-Lubricated Point Contacts 査読有り

    Kenji Sunahara,Yuji Ishida,Shinji Yamashita,Masaharu Yamamoto,Hiroshi Nishikawa,Kenji Matsuda,Motohiro Kaneta

    Tribology Transactions   54 ( 5 )   730 - 735   2011年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1080/10402004.2011.597543

    Scopus

  • Pursuit of real contact area up to the complete contact-study on two-dimensional regular wavy surface of rubber under atmosphere and decompression environments- 査読有り

    Matsuda K., Okuda Y., Nakamura K.

    Toraibarojisuto/Journal of Japanese Society of Tribologists   55 ( 7 )   509 - 517   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The elastic contact of two-dimensional regular wavy surface with a flat surface is studied by using three types of blocks of silicone rubber as specimen. The effect of the surface profile on the growth of the real contact area is investigated from the first touch to the complete contact The experimental results show the formation of the percolation channels allowing the leakage of fluid and the dependence of the size of the contact area on the load are markedly affected by the shape of the valley of the wavy surface. In the case of the specimen with U-shaped trough, each contact spot touches the neighbors before complete contact, resulting in the extinction of the percolation channels. In this case, the real contact area linearly increases with the load if the real contact area approaches the complete contact On the other hand, in the case with V-shaped trough, the percolation channels could be hardly extinguished. The effect of the air entrapped between the contact surfaces is also discussed.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=77956765859&origin=inward

  • Influence of argon pressure on friction and wear characteristics in air of sputtered molybdenum disulfide films 査読有り

    Matsuda K., Koguma K., Kaneta M., Ikeda M.

    Toraibarojisuto/Journal of Japanese Society of Tribologists   55 ( 6 )   406 - 412   2010年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Sputtered molybdenum disulfide (MoS2) films having various densities, interplanar spacing and proportion of void were prepared on the surface of the rollers for cross roller bearing by varying argon gas pressure from 1.7 Pa to 6.7 Pa. After sputtering, dry air was introduced into the vacuum chamber, and then the rollers were exposed in air atmosphere. The effect of the introduction of dry air into the vacuum chamber on the friction and the wear life of the MoS2 films have been investigated by the friction test conducted in air atmosphere where the humidity is controlled. It is found that the effect of the introduction of dry air into the vacuum chamber varies depending on the argon gas pressure. The film prepared by an argon gas pressure of 4.0 Pa, which has a higher true density and a lower (00·2) interplanar spacing, shows the most significant improvement of the tribological performance. It is also found that even a 4.0 Pa film shows a sharp drop of wear life when storage period of the test piece in air of 30% relative humidity exceeds 50 days.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=77955632257&origin=inward

  • 全面接触に至るまでの真実接触面積の追跡― ゴムを用いた大気圧および減圧下における二次元規則性凹凸面の検討 ― 査読有り

    松田健次,奥田洋三,中村研八

    トライボロジスト   55 ( 7 )   509 - 517   2010年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • 二硫化モリブデンスパッタ膜の大気中での摩擦摩耗特性に及ぼすアルゴン分圧の影響―膜形成後の真空チャンバ内への乾燥空気導入効果― 査読有り

    松田健次,小熊清典,兼田楨宏,池田満昭

    トライボロジスト   55 ( 6 )   406 - 412   2010年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • 二硫化モリブデンスパッタ膜の大気中での摩擦摩耗特性-膜形成後の真空チャンバ内への乾燥ガス導入効果- 査読有り

    松田健次,小熊清典,兼田楨宏,池田満昭

    トライボロジスト   54 ( 12 )   857 - 864   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 全面接触に至るまでの真実接触面積と微小空隙の追跡― 可視化装置による一次元規則性凹凸面の検討 ― 査読有り

    松田健次,廣松伸晃,中村研八

    トライボロジスト   54 ( 8 )   553 - 560   2009年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • 一次元規則性粗さの全面接触弾性解析 査読有り

    松田健次,廣松伸晃,中村研八

    トライボロジスト   54 ( 3 )   192 - 200   2009年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Development of Grease Film Breakdown Observing Device 査読有り

    Kenji Sunahara,Shinji Yamashita,Masaharu Yamamoto,Michiaki Ikeda,Hiroshi Nishikawa,Kenji Matsuda and Motohiro Kaneta

    Tribology Online   3 ( 2 )   40 - 43   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Effects of Substrate and Friction on Vickers Indentation of Electroplated Coatings 査読有り

    松田 健次

    Journal of Physics D: Applied Physics   41 ( 7 )   074018.1 - 8   2008年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Thermal-desorption Behavior of MoS2-xOx Solid-Lubricant Films Suputtered on Bearing Rollers 査読有り

    K.Koguma,M.Ikeda,N.Ota,K.Matsuda,M.Kaneta

    J. Vacuum Science and Technology   25 ( 2 )   324 - 329   2007年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 密度の異なる二硫化モリブデン膜を積層した二層膜の摩擦寿命と密着性に及ぼす大気中保管の影響 査読有り

    小熊清典,池田満昭,松田健次,兼田楨宏

    トライボロジスト   52 ( 1 )   75 - 81   2007年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 二硫化モリブデン固体潤滑軸受の真空中での寿命と二硫化モリブデン膜被覆ローラの大気中での摩擦寿命-大気曝露時の湿度と試験環境での保持時間の影響- 査読有り

    小熊清典,池田満昭,砂原賢治,松田健次,兼田楨宏

    トライボロジスト   52 ( 1 )   90 - 94   2007年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 二硫化モリブデンスパッタ膜の酸素濃度とS/Mo比のEPMA分析値に及ぼす分析装置内での保持時間の影響 査読有り

    小熊清典,池田満昭,大田暢彦,松田健次,兼田楨宏

    トライボロジスト   51 ( 12 )   913 - 920   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • SUS440C製ローラ上に形成した二硫化モリブデンスパッタ膜の大気中におけるすべり摩擦機構 査読有り

    小熊清典,池田満昭,砂原賢治,松田健次,兼田楨宏

    トライボロジスト   51 ( 11 )   835 - 842   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Effects of soot on wear in elastohydrodynamic lubrication contacts 査読有り

    M. Kaneta,T. Irie,H. Nishikawa,K. Matsuda

    Proc. IMechE, Journal of Engineering Tribology   220   307 - 317   2006年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • カーボン分散超鋼合金がメカニカルシールリングのしゅう動特性に及ぼす効果 査読有り

    坂本竜一,松尾明,今里州一,村上清人,松田健次,兼田楨宏

    粉体および粉末冶金   53 ( 5 )   441 - 446   2006年05月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Behaviour of Transverse Ridges Passing Through a Circular EHL Conjunction 査読有り

    M. Kaneta,H. Nishikawa,K. Matsuda

    IUTAM Symposium on Elastohydrodynamics and Micro-elastohydrodynamics,Solid Mechanics and Its Applications Vol.134   134 ( 707 )   189 - 200   2006年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • ローラに被覆した二硫化モリブデンスパッタ膜の寿命に及ぼす結晶配向性の影響 査読有り

    砂原賢治,池田満昭,松田健次,兼田楨宏

    日本機械学会論文集,C編   71 ( 707 )   2378 - 2383   2005年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 大気中におけるMoS2スパッタ膜の局部腐食 査読有り

    小熊清典,池田満昭,加来久幸,松田健次,兼田楨宏

    トライボロジスト   50 ( 7 )   546 - 552   2005年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 反応性スパッタ法でローラ上に形成したMo-S-O膜の酸素含有量と潤滑特性の関係 査読有り

    小熊清典,池田満昭,砂原賢治,松田健次,兼田楨宏

    トライボロジスト   416 ( 423 )   82 - 89   2005年05月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • SUS440C製ローラに被覆したMoS2スパッタ膜の摩擦寿命 査読有り

    小熊清典,池田満昭,砂原賢治,松田健次,兼田楨宏

    トライボロジスト   50 ( 1 )   82 - 89   2005年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • ショア硬さ試験におけるハンマ振動の解析 査読有り

    松田健次,藤榮淳

    日本機械学会論文集,A編   70 ( 700 )   1741 - 1746   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 二硫化モリブデンスパッタ膜の性状に及ぼすアルゴン分圧の影響 査読有り

    砂原賢治,池田満昭,村岡善之,松田健次,兼田楨宏

    日本機械学会論文集,C編   70 ( 692 )   1207 - 1212   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Linear strain hardening in elastoplastic indentation contact 査読有り

    M. Sakai,T. Akatsu,S. Numata,K. Matsuda

    Journal of Materials Research   18 ( 9 )   2087 - 2096   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Prediction of Stress-Strain Curves of Elastic-Plastic Materials Based on the Vickers Indentation 査読有り

    松田 健次

    Philosophical Magazine A   82 ( 10 )   1941 - 1941   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • 超硬合金摺動面の微細き裂発生機構 査読有り

    松田健次,今里州一,徳本啓,兼田楨宏

    粉体および粉末冶金   48 ( 4 )   322 - 327   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • 有限要素法によるショア硬さの解析 査読有り

    松田健次,兼田もと宏

    日本機械学会論文集(A編)   66 ( 652 )   2113 - 2121   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Shallow Cracks on Rubbing Surface of Cemented Carbide 査読有り

    K.Tokumoto,S.Imasato,S.Sakaguchi,K.Matsuda,M.Kaneta

    Proceedings 2000 Powder Metallurgy World Congress Part 2   1609 - 1612   2000年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   京都   2000年11月12日  -  2000年11月16日

  • Rebound Hardness of Electroplated Coatings 査読有り

    K.Matsuda,M.Kaneta

    Thinning Films and Tribological Interfaces(Proceedings of 26th Leeds-Lyon Symposium on Tribology)   163 - 172   1999年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    イギリス   リーズ   1999年09月14日  -  1999年09月17日

  • メカニカルシール超硬合金しゅう動リングのき裂発生機構(第3報,熱弾塑性解析による諸因子の評価) 査読有り

    松田健次,縄本大綱,兼田楨宏,今里州一,徳本啓

    日本機械学会論文集(C編)   65 ( 631 )   1193 - 1200   1999年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Cause of Unsuccessful Results of Miner's Rule: Behavior of Small Fatigue Crack Growth under Repeated Two-Step Loadings 査読有り

    Y.murakami,K.Matsuda

    Proceeding of Small Fatigue Cracks: Mechanics and Mechanisms, Elsevier Science Ltd   119 - 130   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    アメリカ   Hawaii   1998年12月06日  -  1998年12月11日

  • A Possible Mechanism for Rail Dark Spot Defects 査読有り

    M.Kaneta,K.Matsuda,K.Murakami,H.Nishikawa

    Transactions of the ASME, Journal of Tribology   120 ( 2 )   304 - 304   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Threshold Stress for Fatigue Crack Initiation from a Small Crack 査読有り

    Y.Murakami,K.Matsuda

    Proceeding of Fatigue 87, 3rd International Conference on Fatigue and Fatigue Threshold   1   119 - 130   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    アメリカ   Hawaii   1997年04月  -  1997年04月

  • Analysis of the Vickers hardness of electroplated coatings 査読有り

    K.Matsuda,M.Kaneta

    Philosophical Magazine A   74 ( 5 )   1171 - 1171   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Abnormal Phenomena Appearing in EHL Contacts 査読有り

    M.Kaneta,H.Nishikawa,T.Kanada,K.Matsuda

    Transactions of the ASME, Journal of Tribology   118 ( 4 )   886 - 886   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • メカニカルシール超硬合金しゅう動リングの亀裂発生機構(第2報、理論的考察) 査読有り

    松田健次,松井伸悟,久我栄誉,兼田楨宏

    日本機械学会論文集(C編)   61 ( 589 )   3678 - 3684   1995年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Behavior of EHL Films in Cyclic Squeeze Motion 査読有り

    H.Nishikawa,K.Handa,K.Teshima. K.Matsuda,M.Kaneta

    JSME International Journal, Series C   38 ( 3 )   577 - 585   1995年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • メカニカルシール超硬合金しゅう動リングの亀裂発生機構(第1報、亀裂発生に及ぼす諸因子の影響) 査読有り

    松井伸悟,藤井謙太郎,松田健次,兼田もと宏

    日本機械学会論文集(C編)   61 ( 589 )   3672 - 3677   1995年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • レールダークスポットの再現 査読有り

    M.Kaneta,K.Matsuda,K.Murakami,H.Nishikawa,K.Sugino

    日本機械学会論文集(C編)   61 ( 588 )   3402 - 3409   1995年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Analysis of Vickers Hardness by the Finite Element Method 査読有り

    Y.Murakami,K.Matsuda

    Transactions of the ASME, Journal of Applied Mechanics   61 ( 4 )   822 - 828   1994年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Experimental and Analytical Study on Thermocracking of Alumina Ceramic Ring in a Mechanical Seal 査読有り

    M.Komiya,K.Matsuda,M.Kaneta

    Tribology Transactions   37 ( 2 )   245 - 245   1994年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • メカニカルシールにおけるアルミナしゅう動リングのき裂発生機構(第2報、き裂発生熱応力と曲げ強度との関係) 査読有り

    小宮誠,松田健次,兼田もと宏

    日本機械学会論文集(C編)   60 ( 569 )   231 - 238   1994年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 体積力法による屈曲き裂・分岐き裂の新解析法 査読有り

    森和也,B.Tabarrok,野田尚昭,松田健次

    日本機械学会論文集(A編)   59 ( 567 )   2524 - 2530   1993年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 周期スクイズ運動下におけるEHL膜の挙動 査読有り

    西川宏志,半田孝太郎,手嶋邦治,松田健次,兼田楨宏

    日本機械学会論文集(C編)   59 ( 561 )   1496 - 1503   1993年06月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Friction and wear properties of titanium films formed on aluminium by laser thermal spraying 査読有り

    M.Kaneta,K.Matsuda,J.Matsuda,A.Utsumi

    Wear   156   161 - 172   1992年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • メカニカルシールにおけるアルミナしゅう動リングのき裂発生機構 査読有り

    小宮誠,松田健次,兼田楨宏

    日本機械学会論文集(C編)   58 ( 551 )   2171 - 2177   1992年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • メカニカルシールにおけるセラミックしゅう動リングの熱衝撃破壊 査読有り

    小宮誠,松田健次,兼田楨宏

    日本機械学会論文集(C編)   58 ( 548 )   1197 - 1202   1992年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 7:3黄銅の2段繰返し試験におけるき裂伝ぱ挙動と累積疲労損傷値の変動 査読有り

    松田健次,村上敬宜,篠崎茂

    材料   41 ( 460 )   74 - 79   1992年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 有限要素法によるビッカース硬さの解析 査読有り

    Y.Murakami,K.Matsuda

    日本機械学会論文集(A編)   57 ( 539 )   1665 - 1673   1991年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 硬さを変えた高強度鋼の疲労強度に及ぼす介在物および微小表面ピットの影響 査読有り

    大小森義洋,北川幾次郎,篠塚啓吾,鳥山寿之,村上敬宜,松田健次

    鉄と鋼   77 ( 3 )   438 - 445   1991年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Effects of Nonmetallic Inclusions and Small Surface Pits on the Fatigue Strength of a High Strength Steel at Two Hardness Levels 査読有り

    Y.Ohkomori,I.Kitagawa,K.Shinozuka,K.Matsuda,Y.Murakami

    Proceedings of 32nd Mechanical Working and Steel Processing Conference   1 - 9   1990年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    アメリカ   Cincinnati   1990年10月21日  -  1990年10月24日

  • 7:3黄銅の微小き裂からのき裂進展下限界値に及ぼすき裂寸法の影響について 査読有り

    村上敬宜,松田健次

    日本機械学会論文集(A編)   56 ( 525 )   1123 - 1132   1990年05月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Effects of Nonmetallic Inclusions and Corrosion Pits on the Fatigue Strength of a High Strength Steel 査読有り

    Y.Murakami,K.Matsuda,Y.Ohkomori,I.Kitagawa,K.Shinozuka

    Proceedings of International Conference on Evaluation of Materials Performance in Severe Environments,(EVALMAT 89)   143 - 150   1989年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    神戸   1989年11月20日  -  1989年11月23日

  • 2段多重繰返し試験における微小き裂の挙動と累積疲労損傷値の変動 査読有り

    村上敬宜,松田健次

    材料   38 ( 433 )   1188 - 1193   1989年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 過小応力を含む2段繰返し疲労試験の寿命予測における微小き裂の役割 査読有り

    村上敬宜,松田健次

    材料   36 ( 409 )   1065 - 1070   1987年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 微小き裂からき裂が発生するための限界応力 査読有り

    村上敬宜,松田健次

    日本機械学会論文集(A編)   53 ( 489 )   871 - 877   1987年06月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 下限界応力拡大係数Δkthに及ぼすき裂寸法と材質の影響 査読有り

    村上敬宜,松田健次

    日本機械学会論文集(A編)   52 ( 478 )   1492 - 1499   1986年06月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

▼全件表示

著書

  • トライボロジー設計マニュアル(共著)

    似内昭夫他(共著 ,  範囲: 第1章 第3節 固体接触理論(pp.15~26))

    株式会社テクノシステム  2015年05月  ( ISBN:978-4-9247-2873-8

     詳細を見る

    記述言語:日本語

口頭発表・ポスター発表等

  • Real Contact Area and Friction Property of Rubber with Two-Dimensional Regular

    本人

    41st LEEDS-LYON SYMPOSIUM on TRIBOLOGY 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月02日 - 2014年09月05日   記述言語:英語   開催地:Leeds, UK  

  • Rebound Hardness Testing by Using Hammer with Pyramidal Indenter – Effect of Reducing the Impact Force on Restitution Coefficient

    Kenji Matsuda,Takeru Hashiguchi,Masanori Suematsu

    Fifth International Indentation Workshop 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月01日 - 2015年11月05日   記述言語:英語   開催地:Dallas, USA  

    The rebound hardness tests have been used commonly as a technique for hardness measurements because the hardness tester is compact and lightweight, and the operation is very simple. Meanwhile Vickers hardness testing using diamond pyramidal indenter has an advantage that constant hardness number is expected for a homogeneous material independent of the size of the indentation. The objective of this study is to establish a method in which both advantages of the Vickers hardness test and rebound hardness test are involved by using hammers with pyramidal indenter. The effects of the decrease in the mass of the hammer and the decrease in the impact speed on the restitution coefficient are investigated by using a hammer body made of ceramics and newly developed pendulum type testing apparatus. As a result, it becomes clear that the constant restitution coefficient is expected for a homogeneous material irrespective of the mass of hammers and of the impact speed range from under 1 N to over 100 N of the impact force.

  • Effect of Specimen Thickness on Growth of Real Contact Area of Rubber with Two-Dimensional Regular Wavy Surface

    本人

    44th LEEDS-LYON SYMPOSIUM on TRIBOLOGY 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月04日 - 2017年09月06日   記述言語:英語   開催地:Lyon, France  

  • Rebound Hardness Testing by Using Hammer with Pyramidal Indenter - Effect of Substrate on Restitution Coefficient of Coatings -

    本人

    6th International Indentation Workshop 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年07月01日 - 2018年07月06日   記述言語:英語   開催地:札幌,日本  

    In the Vickers hardness test of coatings, it has been known that the influence of substrate on the hardness begins to appear when the indentation depth exceeds one tenth of the coating thickness1). In this study, a hammer having a diamond pyramidal indenter with the Vickers geometry is dropped onto the surfaces of the metal plate stuck on the substrate. The effects of the mechanical properties of the substrate and the plate thickness on the restitution coefficient are studied.
    In the case of the Vickers hardness test, the measured hardness approaches the hardness of the substrate when the ratio  /t of the indentation depth to the coating thickness exceeds 0.1. On the other hand, in the case of the rebound hardness test, the measured restitution coefficient goes away from the restitution coefficient of the substrate when  /t exceeds 0.1 for some metal plate-substrate combinations. It is found from the finite element analysis that not only the hardness of the substrate but also its Young’s modulus have large influence on the restitution coefficient of coatings.

  • 一次元規則性凹凸面の弾性接触に及ぼすポアソン比の影響

    池田尚生,松田健次

    トライボロジー会議 2022 秋 福井  2022年11月  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年11月09日 - 2022年11月11日   記述言語:日本語   開催地:福井県福井市   国名:日本国  

    規則性一次元凹凸面の弾性接触有限要素解析を行い,ポアソン比が0と0.499の両極端の場合を比較することによって,その影響を調査した.

  • 2種類のガラスの反発硬さ試験における角錐圧子ハンマの動的挙動の比較

    陳璐,岡島秀汰,松田健次

    トライボロジー会議 2022 秋 福井  2022年11月  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年11月09日 - 2022年11月11日   記述言語:日本語   開催地:福井県福井市   国名:日本国  

  • ビッカース圧子ハンマを用いた反発硬さ試験における試験片締結用ねじの有無の影響

    橋口武尊,松田健次

    トライボロジー会議 2022 秋 福井  2022年11月  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年11月09日 - 2022年11月11日   記述言語:日本語   開催地:福井県福井市   国名:日本国  

    試験片と土台との締結方法に着目し,試験片の固定に使用されるねじの有無が反発硬さ試験に及ぼす影響を実験および解析を通して検討した.

  • 転動接触疲労試験機を用いた電食による損傷の進展挙動

    秋吉拓海,下岡裕矢,松田健次

    トライボロジー会議 2022 秋 福井  2022年11月  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年11月09日 - 2022年11月11日   記述言語:日本語   開催地:福井県福井市   国名:日本国  

    市販の転がり軸受を使用可能な転動接触疲労試験機を改造し,軸受の軌道輪間に電位差を与えることにより電食の再現を行い,前報との比較を行った.

  • 単一球を用いた転動接触試験によるリッジマークのピッチの追跡

    松田健次,古谷優,西川宏志,砂原賢治

    トライボロジー会議 2022 秋 福井  2022年11月  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年11月09日 - 2022年11月11日   記述言語:日本語   開催地:福井県福井市   国名:日本国  

    1つの鋼球のみを転動させる試験装置を用いてリッジマークの形成過程を観測することにより,リッジマークのピッチがどのように決まっていくかを調査した.

  • 角錐圧子を付与したハンマによるガラスの反発硬さ試験

    岡島秀汰,陳 璐,松田健次

    トライボロジー会議 2022 春 東京  2022年05月  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年05月23日 - 2022年05月25日   記述言語:日本語   開催地:オンライン   国名:日本国  

    先端にダイヤモンド四角錐圧子を付与したハンマをガラス表面に種々の速度で衝突させ,圧子対面角がハンマ反発挙動と衝突部の損傷発生状況に及ぼす影響を調査した.

  • 接触面間の空隙に及ぼす試験片厚さと下地の影響 ―2次元レーザ変位計を用いた一次元規則性凹凸面の検討―

    熊代耕己,佐伯優作,松田健次

    トライボロジー会議 2022 春 東京  2022年05月  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年05月23日 - 2022年05月25日   記述言語:日本語   開催地:オンライン   国名:日本国  

    空隙の消滅過程を実験的に検証する手法を検討したものであり,2次元レーザ変位計を用いて接触下における一次元規則性凹凸面の表面形状の変化を追跡し,下地の硬さおよび試験片厚さの影響を調査した.

  • 複合型規則性凹凸面の真実接触面積に及ぼす下地と試験片厚さの影響(第2報) -有限要素法による弾性接触解析-

    古城拓朗,酒田 英治,松田 健次

    トライボロジー会議 2021 秋 松江  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年10月27日 - 2021年10月29日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

    有限要素法を用いた弾性接触解析を実施し,実験のみでは把握の困難な試料と下地との界面の変形等に注目することによって,下地と試験片厚さが真実接触面積の成長に及ぼす影響について検討をした.

  • 二次元規則性凹凸面の摩擦特性に及ぼす下地と試験片厚さの影響

    熊代 耕己,岡本 峻一,松田 健次

    トライボロジー会議 2021 秋 松江  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年10月27日 - 2021年10月29日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

    二次元規則性凹凸面を有するシリコーンゴム試験片とガラス平面とのしゅう動実験において,試験片厚さおよび下地の硬さの大小が摩擦特性に及ぼす影響を調査した.

  • 角錐圧子を用いた反発硬さ試験におけるハンマ傾斜の影響(第2報)-有限要素法によるハンマ挙動の解析-

    濱田 祐太,陳 璐,松田 健次

    トライボロジー会議 2021 秋 松江  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年10月27日 - 2021年10月29日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

    第 1 報では,レーザードップラー振動計を用いて角錐圧子ハンマの反発挙動を精確に測定し,反発係数に及ぼすハンマ傾斜角の影響を調査した.本報ではさらに有限要素法を用いた解析を実施し,実験結果との比較を通してその妥当性を検証するとともに,ハンマ傾斜角が影響するメカニズムを試験片とハンマのひずみエネルギならびにハンマの運動エネルギとの比較の観点から検討した.

  • 角錐圧子を用いた反発硬さ試験におけるハンマ傾斜の影響(第 1 報) —異なる圧子を有するハンマの挙動の追跡—

    陳 璐,小山 慶二,河村 和哉,松田 健次

    トライボロジー会議 2021 秋 松江  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年10月27日 - 2021年10月29日   記述言語:英語   開催地:オンライン  

    対面角の異なる四角錐圧子を付与した3つのハンマを,鉛直軸に対して種々の角度に傾けた状態で試験片表面に衝突させ,その反発係数に及ぼすハンマ傾斜角と圧子対面角の影響を調査した.

  • 複合型規則性凹凸面の真実接触面積に及ぼす下地と試験片厚さの影響

    松田健次,岡本峻一,二宮ひかる,熊代耕己

    トライボロジー会議 2021 春 東京  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年05月24日 - 2021年05月26日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

    表面に大小2種類の溝が交互に繰り返される一次元規則性凹凸面を形成したゴム試験片を作成し、その下部に試験片よりも軟質なゴムを介在させた場合の真実接触面積の成長過程を,金属基材の場合と比較調査した.

  • 固体潤滑材料適用に向けた複合酸化物 La2-xSrxCuO4

    佐々木巌,堀田航大,琴岡匠,宇佐美雄生,田中啓文,西川宏志,松田健次

    トライボロジー会議 2021 春 東京  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年05月24日 - 2021年05月26日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

    c軸長制御可能性の報告があるゾル₋ゲル法による複合酸化物ナノ粒子La2-xSrxCuO4に着目し,層状構造の複合酸化物において,c軸長制御により潤滑特性が改善されるか確認することを目的とした.

  • 2次元規則性凹凸面の真実接触面積に及ぼす下地と試験片厚さの影響

    岡本峻一,大槻 剛,松田健次

    トライボロジー会議 2020 秋 別府  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年11月11日 - 2020年11月13日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

    2次元規則性凹凸面を形成したゴムブロック試験片の下部に,試験片よりも硬さの低いゴムを介在させた場合の真実接触面積の成長過程を調査し,その結果を先の金属下地の場合と比較した.

  • 四角錐圧子を有するハンマの反発係数に及ぼすハンマ傾斜角の影響

    村上渉, 松田健次

    日本金属学会研究会No.82" 微小領域の力学特性評価とマルチスケ ールモデリング" 2019  日本金属学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月08日 - 2019年11月10日   記述言語:日本語   開催地:軽井沢  

    ハンマが試料に衝突する際のハンマ傾斜角の影響に着目した。対面角が136°から172°のダイヤモンド四角錐圧子を有する4種のハンマを用いて,試料との衝突時の鉛直方向からのハンマの傾斜角と反発係数の関係を調査した。その結果,対面角136°の場合には傾斜角の影響は比較的小さいのに対し,対面角が増加すると,傾斜角が増加するにつれて反発係数は増加し,その傾向は対面角が大きいほど大きくなることを明らかにした。また,この原因についても検討を行った。

  • 反発式硬さ試験法の可能性と課題

    松田健次

    日本金属学会研究会No.82" 微小領域の力学特性評価とマルチスケ ールモデリング" 2019  日本金属学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月08日 - 2019年11月10日   記述言語:日本語   開催地:軽井沢  

    レーザドップラー振動計を用いたハンマ反発挙動の測定結果から得られた興味深い現象を紹介するとともに,微小領域の力学的特性評価に向けた取り組みと,解決すべき課題について議論する.

  • Effects of Oil Film Thickness and Apex Angle of Hammer Tip on the Restitution Coefficient of Lubricated Surface

    K. Shinbara, K. Matsuda

    International Tribology Conference, Sendai 2019  Japanese Society of Tribologists

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月17日 - 2019年09月21日   記述言語:英語   開催地:仙台、日本  

    The effect of the initial oil film thickness on the rebounding behavior of hammer is investigated using three kinds of hammers having diamond square pyramidal indenter with apex angles  of 172°, 174° and 176°. TN-320 (atmospheric viscosity: 0.34 Pa·s, pressure-viscosity coefficient : 70 GPa-1) is applied on the specimen surface with thicknesses t1 = 1.5 mm and t2 = 0.10±0.05 mm at 40±1°C. Maraging steels (HV≒700) is used as specimen.

  • Interference Effect of Large and Small Grooves on the Real Contact Area Growth of One-Dimensional Regular Wavy Surface

    Kenji Matsuda , Shunichi Okamoto, Kenya Nakamura

    46th LEEDS-LYON SYMPOSIUM on TRIBOLOGY 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月02日 - 2019年09月04日   記述言語:英語   開催地:Lyon, France  

    One-dimensional regular wavy surfaces having various combinations of large and small cylindorical grooves aligned alternately were formed on the surface of blocks of silicone ruber. The wavy surface was pressed into a flat grass surface under decompression environment and the interference effect of large and small grooves on the real contact area growth up to the full contact was investigated. Although extinction order of large and small grooves with increasing the load varied depending on their combination, the extinction of either groove caused sharp drop of the rate of increasing in the real contact area growth. Furthermore, there exists the combination in which the extinction order of the grooves are reversed depending on the specimen thickness.

  • 一次元規則性凹凸面の真実接触面積の成長過程に及ぼす大小2種類の谷の干渉効果

    岡本峻一,森荘太朗,中村研八,松田健次

    トライボロジー会議 2019 春 東京  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年05月20日 - 2019年05月22日   記述言語:日本語   開催地:東京  

    大小2種類の溝が交互に繰り返される一次元規則性凹凸面を持つゴム試験片を製作し,2つの溝の組み合わせが全面接触に至るまでの真実接触面積の成長過程に及ぼす影響について調査した.

  • 真実接触面積の成長過程に及ぼす試験片厚さの影響(第5報) - 大小の谷が交互に並ぶ一次元規則性凹凸面を有するゴム製ブロックの検討 -

    松田健次,森荘太朗,岡本峻一,中村研八

    トライボロジー会議 2019 春 東京  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年05月20日 - 2019年05月22日   記述言語:日本語   開催地:東京  

    大小2つの溝が交互に繰り返される一次元規則性凹凸面において,試験片厚さが大小それぞれの溝の消滅過程に及ぼす影響について調査した.

  • 潤滑面の反発係数に及ぼすハンマ先端の対面角の影響

    松田健次

    トライボロジー会議 2018 秋 伊勢  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年11月07日 - 2018年11月09日   記述言語:日本語   開催地:伊勢  

    先端の四角錐圧子の対面角を変化させたハンマを用いて, 潤滑油を塗布した金属試験片の反発係数を測定した.その結 果,無潤滑下では対面角の増加とともに反発係数は増加し1 に近づくのに対し,潤滑下においては反発係数が最大となる 圧子対面角が存在すること,その最大値は落下高さにはほと んど依存せず,油種によって決定されることを明らかにした

  • Effects of Specimen Thickness and Friction between Contact Surfaces on Real Contact Area Growth of Two-Dimensional Regular Wavy Surface

    本人

    45th LEEDS-LYON SYMPOSIUM on TRIBOLOGY 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月04日 - 2018年09月07日   記述言語:英語   開催地:Leeds, UK  

    Soft material like a rubber is easy to approach the complete contact. The authors have shown from their experimental studies using blocks of silicone rubber havingtwo-dimensional regular wavy surface that the friction force as well as the real contact area is markedly affected by the shape of the valley of the wavy surface [1]. Furthermore, it is clarified that the rate of increasing in the real contact area with the load decreases with decreasing the bulk thickness when the bulk thickness drops below the pitch of asperity of wavy surface [2]. In this study, the effects of the bulk thickness and the friction between the contact surfaceson the growth of the real contact is investigatedin more detailby the finite element analysis.

  • Effect of Apex Angle on the Restitution Coefficient of Hammer with Pyramidal Indenter

    Tomohiro Inoue

    6th International Indentation Workshop 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年07月01日 - 2018年07月06日   記述言語:英語   開催地:札幌,日本  

    Rebound hardness test is conducted using hammers having diamond square pyramidal indenter. The effect of the apex angle of the pyramidal indenter on the restitution coefficient is investigated in the apex angle range from 90° to 176°. It is found that the restitution coefficient increases as the apex angle increases and approaches unity when the hammer is dropped on the surface of a hard steel.
    In addition, the relation between the coefficient of restitution and the stress-strain curves are investigated by using the finite element method. It is revealed that stress-strain curves that give the same coefficient of restitution pass through almost the same point on the stress-strain diagram. However, when the apex angle varies, the stress-strain curves pass through the different point even when the same restitution coefficient is obtained. These results suggest that there could be the possibility for the stress-strain curve estimation using a few kinds of hammers having pyramidal indenter with different apex angle.

  • 真実接触面積の成長過程に及ぼす試料厚さと摩擦の影響 -弾性接触解析による無限に繰り返される二次元規則性凹凸面の検討-

    酒田英治

    トライボロジー会議 2018 春 東京  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年05月21日 - 2018年05月23日   記述言語:日本語   開催地:東京  

    無限に繰り返される二次元規則性凹凸面を有する弾性体において,真実接触面積の成長過程に及ぼす試料厚さと摩擦の影響を検討したものである.

  • 洗濯板状電食痕のピッチ決定ルールの考察~チューリングパターンとの類似性~

    上西健太

    トライボロジー会議 2018 春 東京  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年05月21日 - 2018年05月23日   記述言語:日本語   開催地:東京  

    洗濯板状電食痕のピッチは,近距離と遠距離の2 つの作用によりヘルツ楕円短径2b の2 倍になる.

  • 洗濯板状電食痕の形成~ごく初期における放電個所の特定~

    山下大輝

    トライボロジー会議 2018 春 東京  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年05月21日 - 2018年05月23日   記述言語:日本語   開催地:東京  

    ①スイッチング電源の印加周波数が高くなると電食痕の個数も
    多くなる.②試験片の回転位置に対する放電箇所の特定手法は有
    効であり,洗濯板状電食痕はごく初期の放電により洗濯板の位置
    が決まっている可能性がある.

  • 外部スイッチング電源による洗濯板状電食痕の形成

    田中龍太郎

    トライボロジー会議 2018 春 東京  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年05月21日 - 2018年05月23日   記述言語:日本語   開催地:東京  

    通常電食痕が生じない薄い油膜厚さでも,直列接続している他の洗濯板状電食痕によるスイッチング作用で,洗濯板が形成される.

  • 高強度鋼の転動疲労寿命に及ぼす樹脂埋めされた微小穴の影響

    野元兵馬

    トライボロジー会議 2018 秋 高松  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年11月15日 - 2017年11月18日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 潤滑面の反発係数に及ぼす圧子形状と落下高さの影響

    市川諒

    トライボロジー会議 2018 秋 高松  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年11月15日 - 2017年11月18日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 一次元規則性凹凸面の弾塑性解析

    漆原光太郎

    トライボロジー会議 2018 秋 高松  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年11月15日 - 2017年11月18日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 接触二面間の空隙変化に及ぼす試料厚さの影響 ―弾性接触解析による無限に繰り返される二次元規則性凹凸面の検討―

    畑中啓

    トライボロジー会議 2018 秋 高松  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年11月15日 - 2017年11月18日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 二次元規則性凹凸面の摩擦特性に及ぼす試験片厚さの影響

    松田健次

    トライボロジー会議 2017 春 東京  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年05月15日 - 2017年05月17日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 真実接触面積の成長過程に及ぼす試料厚さの影響(第4報)- 二次元規則性凹凸面を有するゴム製ブロックの比較 -

    森荘太朗

    トライボロジー会議 2017 春 東京  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年05月15日 - 2017年05月17日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 真実接触面積の成長過程に及ぼす試料厚さの影響(第3報) -二次元規則性凹凸面を有するブロックの弾性接触解析-

    畑中啓

    トライボロジー会議 2016 秋 新潟  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年10月12日 - 2016年10月14日   記述言語:日本語   開催地:東京  

    有限の大きさの二次元規則性凹凸面を有する弾性体において以下のことを明らかにした.
     ・同一の突起高さを持ちピッチの異なる表面形状を持つ弾性体では,厚さが大きいときはアスペクト比の影響により接触面積の増加速度に変化が見られるが,厚さを薄くするとピッチの影響ではなく試験片全体の寸法が影響するため接触面積の増加速度が低下する傾向は一致する.

  • 規則性凹凸面を有するゴムの真実接触面積と摩擦特性

    松田健次

    トライボロジー会議 2016 秋 新潟  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年10月12日 - 2016年10月14日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • Effect of lubrication regime on washboard/fluting pattern formation due to electrical pitting

    本人

    43rd LEEDS-LYON SYMPOSIUM on TRIBOLOGY 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月06日 - 2016年09月09日   記述言語:英語   開催地:Leeds, UK  

  • 真実接触面積の成長過程に及ぼす試料厚さの影響(第2報) -二次元規則性凹凸面を有するゴム製ブロックの検討-

    砂原鷹

    トライボロジー会議 2016 春 東京  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年05月23日 - 2016年05月25日   記述言語:日本語   開催地:東京  

    有限の大きさのブロック表面に形成された二次元規則性凹凸面において,試験片の厚さが小さくなると,接触面中央部の接触割合が増加する.一方,接触面端部付近の接触割合は著しく低下するため,全面接触を実現するために必要な荷重は増加する.

  • 真実接触面積の成長過程に及ぼす試料厚さの影響(第1報) -弾性接触解析による無限に繰り返される二次元規則性凹凸面の検討-

    松田健次

    トライボロジー会議 2016 春 東京  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年05月23日 - 2016年05月25日   記述言語:日本語   開催地:東京  

    無限に繰り返される二次元規則性凹凸面を有する弾性体において,凹凸突起のピッチと同程度以上の厚さがあれば,凹凸高さに関係なく,真実接触面積の成長過程に及ぼす厚さの影響は無視できることを明らかにした.

  • ビッカース圧子を付与したハンマによる ガラスの反発硬さ試験の試料固定法

    松田健次

    第267回 材料試験技術シンポジウム  日本材料試験技術協会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年05月09日   記述言語:日本語   開催地:東京  

    先端にビッカース圧子を付与した超硬合金製ハンマを用いて強化ガラスの反発硬さ試験を行い,試料の固定方法が反発係数に及ぼす影響を調査した。ハンマ反発挙動と試料の変形挙動を,2つのレーザドップラー振動計を用いて同時計測することにより,好ましくない固定方法の場合,衝突によって生じた試料の弾性変位が十分に回復する前に試料からハンマが離脱し,こ
    れによる試料に残留する振動エネルギーの増加が,反発係数の低下をもたらす一因であることを確認した。さらに,文具用修正液を用いて試料を試料台に貼り付ける方法が,固定方法として優れていることを明らかにした。

  • バイアス電圧を基板に印加して作製したRFスパッタ膜の組成が変化する現象に対する一考察(第二報)

    松﨑 一成, 佐々木 巌, 砂原 賢治, 松田 健次

    表面科学学術講演会要旨集 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年01月   記述言語:日本語  

    RFスパッタにより,基板にバイアス電圧を印加して作製した二硫化モリブデン膜の組成比が構成元素のイオン化と関係して変化する事を報告した。本発表では,他の膜性状がこのメカニズムにより変化する事を考察する。

    CiNii Article

  • Rebound Hardness Test for Lubricated Surface by Using Spherical and Pyramidal Indenters

    本人

    International Tribology Conference, Tokyo 2015  Japanese Society of Tribologists

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月16日 - 2015年09月20日   記述言語:英語   開催地:東京、日本  

    When a hammer with a spherical indenter is dropped on to the lubricated specimen surface, the effect of the lubricant on the dynamic behavior of the hammer varies widely depending on the falling height, the kind of the material of the specimen and the kind of lubricant. On the other hand, when a hammer with a diamond pyramidal indenter and a high rigidity body is used, the coefficient of restitution remains almost a constant value irrespective of the existence of the lubricant and the impact velocity.

  • ピッチと高さを変えた二次元規則性凹凸面の真実接触面積の比較

    藤原宏太

    トライボロジー会議 2015 春 姫路  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年05月27日 - 2015年05月29日   記述言語:日本語   開催地:東京  

     ゴムブロック表面に凹凸突起の高さとピッチを変えた二次元規則性凹凸面を作成し,真実接触面積の成長過程を比較した.
     その結果,真実接触面積は突起高さやピッチの絶対値ではなく,そのアスペクト比に強く依存していることを明らかにした.

  • 二次元規則性凹凸面の摩擦特性に及ぼす突起アスペクト比の影響

    砂原鷹

    トライボロジー会議 2015 春 姫路  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年05月27日 - 2015年05月29日   記述言語:日本語   開催地:東京  

     突起高さとピッチを変えた二次元規則性凹凸面とガラス平面との摩擦特性を調べた.その結果,摩擦力は第一義的には真実接触面積に依存すること,さらに真実接触面積および摩擦特性は突起高さやピッチの絶対値ではなく,アスペクト比に大きく依存していることを明らかにした.

  • Preventive Method of Electrical Pitting Using Lubricant

    Kenji Sunahara

    Czech-Japan Tribology Workshop 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年11月24日 - 2014年11月27日   記述言語:英語   開催地:Czech Republic  

  • 尖端圧子ハンマを用いた反発硬さ試験 -反発係数に及ぼす衝突荷重低減の影響-

    松田健次,橋口武尊,末松正典

    トライボロジー会議 2014 春 東京  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年05月19日 - 2014年05月21日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 球面と規則性凹凸面の真実接触面積と摩擦特性の比較

    都田聡

    トライボロジー会議 2014 春 東京  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年05月19日 - 2014年05月21日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 高強度鋼の転動疲労寿命に及ぼす微小穴深さの影響

    鈴木雄登

    トライボロジー会議 2014 春 東京  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年05月19日 - 2014年05月21日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 二硫化モリブデンスパッタ膜の大気中での潤滑特性に及ぼすS/Mo組成比の影響

    松崎一成

    トライボロジー会議予稿集 福岡 2013-10  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年10月23日 - 2013年10月25日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • 二硫化モリブデンスパッタ膜の膜組成に及ぼすバイアス電圧の影響

    松崎一成

    トライボロジー会議予稿集 福岡 2013-10  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年10月23日 - 2013年10月25日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • Effect of S/Mo Ratio on Friction and Wear Characteristics in Air of Molybdenum Disulfide Sputtered Films

    Kazunari Matsuzaki

    The 5th World Tribology Congress, WTC V 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月08日 - 2013年09月13日   記述言語:英語   開催地:Torino, Italy  

  • PURSUIT OF REAL CONTACT AREA UP TO THE COMPLETE CONTACT – Study on Regular Wavy Surface of Rubber under Various Environments –

    本人

    Second International Symposium on Engineering Mechanics and Its Applications  Nao-Aki Noda

     詳細を見る

    開催期間: 2013年08月29日 - 2013年08月31日   記述言語:英語   開催地:北九州,日本  

  • 耐電食グリースを用いた実機モータの耐久試験

    砂原賢治

    トライボロジー会議予稿集 東京 2013-5  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年05月20日 - 2013年05月22日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 電食による損傷の進展挙動

    古谷優

    トライボロジー会議予稿集 東京 2013-5  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年05月20日 - 2013年05月22日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • スパッタガス原子で制御される層状硫化遷移金属スパッタ膜の格子定数

    佐々木巌

    日本物理学会 講演概要集第68回年次大会  日本物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月26日 - 2013年03月29日   記述言語:日本語   開催地:東広島  

  • Effect of S/Mo ratio on friction and wear characteristics in air of molybdenum disulfide sputtered films

    Matsuzaki K., Sasaki I., Ikcda M., Matsuda K.

    5th World Tribology Congress, WTC 2013 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年01月01日   記述言語:英語  

  • 硫化ニオブスパッタ膜の性状に及ぼすアルゴン分圧およびバイアス電圧の影響

    中野真吾

    M&M2012 材料力学カンファレンス  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月21日 - 2012年09月24日   記述言語:日本語   開催地:松山  

  • 先端圧子ハンマを用いた反発硬さ試験 -表面被覆材の反発係数に及ぼす下地の影響-

    橋口武尊,末松正典,石田匠,松田 健次

    トライボロジー会議予稿集 北海道 室蘭 2012-9  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月16日 - 2012年09月18日   記述言語:日本語   開催地:室蘭  

  • 湿潤下における二次元規則性凹凸面の真実接触面積と摩擦特性

    松田健次

    トライボロジー会議予稿集 北海道 室蘭 2012-9  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月16日 - 2012年09月18日   記述言語:日本語   開催地:室蘭  

  • 二硫化モリブデンスパッタ膜の膜性状に及ぼすバイアス電圧および基材の影響

    松崎一成

    トライボロジー会議予稿集 東京 2012-5  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年05月14日 - 2012年05月16日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 異なるバイアス電圧により作製した二硫化モリブデンスパッタ膜の潤滑特性

    松崎一成

    トライボロジー会議予稿集 東京 2012-5  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年05月14日 - 2012年05月16日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • Pursuit of Real Contact Area up to the Complete Contact - Comparing Two-Dimensional Regular Wavy Surface of Rubber under Atmosphere, Decompression and Wet Environments -

    本人

    International Tribology Conference Hiroshima 2011 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年10月30日 - 2011年11月03日   記述言語:英語   開催地:広島、日本  

  • 二硫化モリブデンスパッタ膜の性状に及ぼすバイアス電圧の影響

    津田健太郎

    M&M2011 材料力学カンファレンス  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年07月15日 - 2011年07月18日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • Rebound Hardness Testing by Using Hammer with Vickers Indenter

    本人

    International Indentation Workshop 4 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年07月03日 - 2011年07月08日   記述言語:英語   開催地:Seoul, Korea  

  • スクイズ運動下におけるEHL油膜の挙動

    福島崇紘

    トライボロジー会議予稿集 東京 2011-5  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年05月23日 - 2011年05月25日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 二次元規則性凹凸面の全面接触弾性解析

    橋本大祐

    トライボロジー会議予稿集 東京 2011-5  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年05月23日 - 2011年05月25日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 尖端圧子ハンマを用いた反発硬さ試験-反発係数に及ぼすハンマ傾きの影響-

    石田匠

    トライボロジー会議予稿集 東京 2011-5  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年05月23日 - 2011年05月25日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 特殊潤滑剤の耐電食特性

    砂原賢治

    トライボロジー会議予稿集 東京 2011-5  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年05月23日 - 2011年05月25日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 軸受電食に及ぼす潤滑油の粘度圧力係数の影響

    砂原賢治

    トライボロジー会議予稿集 東京 2011-5  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年05月23日 - 2011年05月25日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 尖端圧子ハンマを用いた反発硬さ試験

    松田健次

    トライボロジー会議予稿集 福井 2010-9  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月14日 - 2010年09月17日   記述言語:日本語   開催地:福井  

  • 遊星型ボールミルによる軸受ローラへのMoS2固体潤滑剤の被覆と潤滑特性

    宇都宮健太

    トライボロジー会議予稿集 福井 2010-9  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月14日 - 2010年09月17日   記述言語:日本語   開催地:福井  

  • 全面接触に至るまでの真実接触面積の追跡― 大気圧および減圧下における二次元規則性凹凸面の検討 ―

    松田健次

    トライボロジー会議予稿集 東京 2010-5  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2010年05月17日 - 2010年05月19日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 電食発生に及ぼすグリース種類の影響

    安川電機㈱

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年05月18日 - 2009年05月20日   記述言語:日本語   開催地: 名古屋  

  • グリース潤滑下における繰返し衝突面の観察

    工学府機械知能工学研究科

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年05月18日 - 2009年05月20日   記述言語:日本語   開催地: 名古屋  

  • 一次元規則性粗さの全面接触解析(第2報 接触下における表面形状の測定)

    工学府機械知能工学研究科

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月16日 - 2008年09月19日   記述言語:日本語   開催地: 名古屋  

  • 膜形成後に真空チャンバ内へ乾燥ガスを導入して作製した二硫化モリブデンスパッタ膜の大気中での潤滑特性(3)-潤滑特性向上メカニズムの検討-

    本人

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月16日 - 2008年09月19日   記述言語:日本語   開催地: 名古屋  

  • 一次元規則性粗さの全面接触解析(第一報 有限要素法による弾性解析)

    本人

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月16日 - 2008年09月19日   記述言語:日本語   開催地: 名古屋  

  • 膜形成後に真空チャンバ内へ乾燥ガスを導入して作製した二硫化モリブデンスパッタ膜の大気中での潤滑特性(4)-アルゴン分圧の影響-

    本人

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月16日 - 2008年09月19日   記述言語:日本語   開催地: 名古屋  

  • 膜形成後に真空チャンバ内へ乾燥ガスを導入して作製した二硫化モリブデンスパッタ膜の大気中での潤滑特性(1)-測定環境下での保持時間の影響-

    生命体工学研究科

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月26日 - 2007年09月28日   記述言語:日本語   開催地: 佐賀  

  • SUS440C製ローラ上に形成した二硫化モリブデンスパッタ膜の大気中におけるすべり摩耗機構

    企業人

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月26日 - 2007年09月28日   記述言語:日本語   開催地: 佐賀  

  • 二硫化モリブデンスパッタ膜の摩擦係数に及ぼす湿度の影響に関する一考察

    本人

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月26日 - 2007年09月28日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • SUS440C基板上に形成した銀スパッタ膜の潤滑特性に及ぼすスパッタエッチングの影響

    本人

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月26日 - 2007年09月28日   記述言語:日本語   開催地: 佐賀  

  • 膜形成後に真空チャンバ内へ乾燥ガスを導入して作製した二硫化モリブデンスパッタ膜の大気中での潤滑特性(2)-湿度と大気中保管の影響-

    生命体工学研究科

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月26日 - 2007年09月28日   記述言語:日本語   開催地: 佐賀  

  • SUS440C製ローラ上に形成した二硫化モリブデンスパッタ膜の摩擦寿命に及ぼす大気中保管の影響

    企業人

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月26日 - 2007年09月28日   記述言語:日本語   開催地: 佐賀  

  • Vickers Indentation of Electroplated Coatings

    本人

    3nd International Indentation Workshop 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年07月15日 - 2007年07月20日   記述言語:英語   開催地: England Cambridge  

  • 反発硬さに及ぼす圧子形状の影響

    本人

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年05月28日 - 2007年05月30日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 二ハード系鋳鉄の工業用水中の摩耗に及ぼすクロム含有量の影響

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年05月28日 - 2007年05月30日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 油潤滑下における繰返し衝突面の観察(第3報,衝突面材質の影響)

    本人

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年05月28日 - 2007年05月30日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • Effects of Storage Period in Air on Wear Life of MoS2 Films Sputtered onto Stainless Steel

    本人

    Proceedings of The Third Asia International Conference on Tribology 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年10月16日 - 2006年10月19日   記述言語:英語   開催地:日本 神戸  

  • Effects of Storage Period in Air on Wear Life of MoS2 Films Sputtered onto Stainless Steel

    本人

    3rd Asia International Conference on Tribology, Kanazawa 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年10月16日 - 2006年10月19日   記述言語:英語   開催地:日本 金沢  

  • メカニカルシール超鋼合金リングのしゅう動特性に及ぼすポアおよびカーボン分散の影響

    機械知能工学科

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年05月15日 - 2006年05月17日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • MoS2スパッタ膜の昇温脱離特性に及ぼす膜密度の影響

    安川電機

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年05月15日 - 2006年05月17日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • MoS2スパッタ膜のEPMA組成分析値に及ぼす試料の履歴の影響

    生命体工学研究科

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年05月15日 - 2006年05月17日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • SUS440C上に形成したMoS2スパッタ膜の密着力に及ぼす大気湿度環境下での保管時間の影響

    本人

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年05月15日 - 2006年05月17日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 油潤滑下における繰返し衝突面の観察(第2報、衝突速度の影響)

    機械知能工学専攻

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年05月15日 - 2006年05月17日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • MoS2スパッタ膜被覆ローラの摩擦寿命に及ぼす測定環境下での保持時間の影響

    安川電機

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年05月15日 - 2006年05月17日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 二硫化モリブデン固体潤滑膜被覆ローラの摩擦寿命に及ぼす空気中保管の影響

    生命体工学研究科

    西日本腐蝕防蝕研究会,表面技術協会九州支部,腐食防食協会九州支部 第152回例会会報 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年12月   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • 二硫化モリブデン固体潤滑膜被覆ローラの摩擦寿命到達メカニズムに関する一考察

    安川電機

    西日本腐蝕防蝕研究会,表面技術協会九州支部,腐食防食協会九州支部 第152回例会会報 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年12月   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • MoS2スパッタ膜の摩擦係数に及ぼす湿度の影響に関する一考察

    機械知能工学研究科

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年11月16日 - 2005年11月18日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 昇温脱離法によるMoS2固体潤滑膜被覆ローラのガス放出特性

    安川電機

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年11月16日 - 2005年11月18日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • EHL下の摩耗に及ぼすスーツ混入の影響

    機械知能工学科

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年11月16日 - 2005年11月18日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 反発硬さに及ぼすハンマ落下高さの影響

    機械知能工学専攻

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年11月16日 - 2005年11月18日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 高密度/低密度の2層膜構造を有するMoS2スパッタ膜被覆ローラの大気中での潤滑特性

    生命体工学研究科

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年11月16日 - 2005年11月18日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 油潤滑下における繰返し衝突面の観察

    機械知能工学専攻

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年11月16日 - 2005年11月18日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • Effects of soot on wear in EHL contacts

    機械知能工学科

    The 32nd Leeds-Lyon Symposium on Tribology 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月06日 - 2005年09月09日   記述言語:英語   開催地: France Lyon  

  • Evaluation of Adhesion Strength of Electroplated Films by Rebound Hardness Testing

    本人

    International Tribology Conference, 2005 Kobe 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年05月29日 - 2005年06月02日   記述言語:英語   開催地:日本 神戸  

  • Ar-0.4%O2雰囲気中で作製したMo-S-Oスパッタ膜被覆ローラの潤滑特性-MoS2スパッタ膜との比較-

    生命体工学研究科

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月10日 - 2004年11月12日   記述言語:日本語   開催地: 鳥取  

  • 反発係数を用いた表面硬化層の評価

    鉄道総合技術研究所

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月10日 - 2004年11月12日   記述言語:日本語   開催地: 鳥取  

  • 固体潤滑被膜覆ローラの潤滑特性測定装置の開発

    機械知能工学科

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月10日 - 2004年11月12日   記述言語:日本語   開催地: 鳥取  

  • MOS2スパッタ膜被覆ローラの寿命の及ぼす膜厚の影響

    生命体工学研究科

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月10日 - 2004年11月12日   記述言語:日本語   開催地: 鳥取  

  • MoS2-XOXスパッタ膜被膜ローラの潤滑特性に及ぼす酸素含有量の影響

    機械知能工学科

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年05月10日 - 2004年05月12日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 反発硬さ試験における相似則成立条件

    本人

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年05月10日 - 2004年05月12日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 反応性スパッタ法で作成したMoS2-XOX膜の性状

    生命体工学研究科

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年05月10日 - 2004年05月12日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • MoS2粉末成形体ならびにMoS2スパッタ膜とSUS440C間で生じる接触腐食の違い

    生命体工学研究科

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年05月10日 - 2004年05月12日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 無潤滑下における繰返し衝突面の観察

    機械知能工学科

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年05月10日 - 2004年05月12日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 真空環境下におけるIn被膜材のしゅう動特性に及ぼす酸化の影響

    本人

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年11月11日 - 2003年11月13日   記述言語:日本語   開催地: 新潟  

  • 種々密度を有するMoS2スパッタ膜被覆ローラの潤滑特性-空気中保管による潤滑特性の変化-

    生命体工学研究科

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年11月11日 - 2003年11月13日   記述言語:日本語   開催地: 新潟  

  • 種々密度を有するMoS2スパッタ膜被覆ローラの潤滑特性-空気中保管による潤滑特性変化のメカニズム-

    生命体工学研究科

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年11月11日 - 2003年11月13日   記述言語:日本語  

  • ショア硬さ試験におけるハンマ振動と材料の機械的特性との関係

    機械知能工学科

    日本トライボロジー学会トライボロジー会議予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年11月11日 - 2003年11月13日   記述言語:日本語   開催地: 新潟  

  • 反発硬さの解析とその応用

    本人

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年11月11日 - 2003年11月13日   記述言語:日本語   開催地: 新潟  

  • 種々密度を有するMoS2スパッタ膜被覆ローラの潤滑特性-膜厚の影響-

    機械知能工学科

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年11月11日 - 2003年11月13日   記述言語:日本語   開催地: 新潟  

  • 反発硬さ試験による表面被覆材のはく離評価

    本人

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年05月12日 - 2003年05月14日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • ビッカース圧痕を利用した転がり接触面の機械的特性の変化の把握と摩耗量推定法の検討

    機械知能工学科

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年05月12日 - 2003年05月14日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 硬さセンサを用いたう蝕(虫歯)の検出

    高知工科大学

    日本非破壊検査協会平成15年度春季大会講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年05月   記述言語:日本語  

  • レーザスペックル法を利用した歯の表面粗さ計測に関する考察

    福岡県工業技術センター

    日本実験力学会講演論文集(2003年度年次講演会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年04月   記述言語:日本語  

  • 超鋼合金しゅう動面のき裂発生に及ぼす残留応力の影響

    本人

    日本機械学会第1回機素潤滑設計部門講演会講演論文集(日本機械学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年03月   記述言語:日本語   開催地: 熱海  

  • ローラ上に形成した種々密度を有する二硫化モリブデンスパッタ膜の潤滑寿命

    生命体工学研究科,村岡善之

    日本機械学会九州支部第56期総会講演会講演論文集(日本機械学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年03月   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • 異なるアルゴン分圧で形成した二硫化モリブデンスパッタ膜の密度と組成

    生命体工学研究科,村岡善之

    日本機械学会九州支部第56期総会講演会講演論文集(日本機械学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年03月   記述言語:日本語   開催地: 福岡  

  • 転動体表面に被膜した固体潤滑膜の寿命評価装置の開発

    機械知能工学科,砂原賢治

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年10月   記述言語:日本語   開催地: 仙台  

  • 生体硬さの評価とその応用

    本人

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年10月   記述言語:日本語   開催地: 仙台  

  • DLC膜表面物性のトライボ特性に及ぼす影響

    有限会社フルークス,桑山健太

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年10月   記述言語:日本語   開催地: 仙台  

  • 硬度測定用圧子と試験片表面間の摩擦測定

    本人

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年05月   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 放電加工面の機械的特性

    大分県産業科学技術センター,城門由人

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年11月   記述言語:日本語   開催地: 宇都宮  

  • ビッカース圧痕形状に及ぼす材料特性および摩擦の影響

    本人

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年11月   記述言語:日本語   開催地: 宇都宮  

  • Prediction of Stress-Strain Curves of Elastic-Plastic Materials based on the Vickers Indentation

    本人

    2nd International Indentation Workshop 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年07月15日 - 2001年07月20日   記述言語:英語   開催地: England Cambridge  

  • 繰返し衝撃下における表面損傷

    機械知能工学専攻

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年05月   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 超鋼合金しゅう動面の微細き裂発生機構(第2報 材質の影響)

    本人

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年05月   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • Shallow Cracks on Rubbing Surface of Cemented Carbide

    本人

    Powder Metallurgy World Congress 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年11月12日 - 2000年11月16日   記述言語:英語   開催地:日本 京都  

  • Dimple Phenomena Study by Dichromatic Colorimetric Interferometry

    International Tribology Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年10月29日 - 2000年11月02日   記述言語:英語   開催地:日本 長崎  

  • ニッケルめっき材の反発硬さに及ぼすはく離の影響

    本人

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年05月   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 超硬合金摺動面の微細亀裂

    日本タングステン

    春期講演大会概要集(日本金属学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年03月29日 - 2000年03月31日   記述言語:日本語   開催地: 高松  

  • 超硬合金しゅう動面の微細き裂発生機構

    本人

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年10月27日 - 1999年10月29日   記述言語:日本語   開催地: 高松  

  • レールダークスポット損傷に及ぼす金属組織と硬さの影響

    機械知能工学科

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年10月27日 - 1999年10月29日   記述言語:日本語   開催地: 高松  

  • 反発硬さに及ぼすハンマ重心の影響

    本人

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年10月27日 - 1999年10月29日   記述言語:日本語   開催地: 高松  

  • 転動接触疲労損傷に及ぼす環境の影響

    機械知能工学科

    九州支部中国四国支部合同企画長崎地方講演会講演論文集(日本機械学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年10月16日 - 1999年10月17日   記述言語:日本語   開催地: 長崎  

  • めっき材のビッカース圧こん形状に及ぼす下地・めっき厚さの影響

    本人

    トライボロジー会議予稿集(日本トライボロジ-学会) 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年05月10日 - 1999年05月12日   記述言語:日本語   開催地: 東京  

▼全件表示

講演

  • 規則性凹凸⾯が全⾯接触に⾄るまでの 真実接触⾯積の追跡

    第28回⽇本MRS年次⼤会  2018年12月  一般社団法人 ⽇本MRS

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:北九州  

  • 規則性凹凸面の真実接触面積と摩擦特性に及ぼす凹凸形状と厚さの影響

    第118回トライボロジー研究分科会  2019年07月  一般社団法人日本ゴム協会 

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:招待講演   開催地:東京  

  • 規則性凹凸面の真実接触面積と摩擦特性

    第61期第3回固体潤滑研究会  2016年12月  日本トライボロジー学会固体潤滑研究会

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:宇部,山口  

  • 球体および尖端圧子ハンマによる潤滑面の反発係数の測定

    北九州大会(第43回石油・石油化学討論会)  2013年11月  石油学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月14日 - 2013年11月15日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演   開催地:北九州  

  • 全面接触に至るまでの真実接触面積の追跡 -ゴムを用いた大気圧および減圧下における二次元規則性凹凸面の検討-

    平成25年度第1回高分子材料のトライボロジー研究会  2013年07月  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:東京  

  • 反発硬さ試験の新しい展開

    「中国四国機素潤滑設計技術研究会」第58 回,「中国四国支部MD&T 研究会」第56 回,「中国四国地区における先端機械要素・トライボロジー技術に関する研究調査分科会」第4 回例会  2013年06月  財団法人北九州産業学術推進機構

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:宇部,山口  

  • 全面接触に至るまでの真実接触面積の追跡 ― ゴムを用いた大気圧および減圧下における二次元規則性凹凸面の検討 ―

    トライボロジー会議予稿集 東京 2013-5  2013年05月  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年05月20日 - 2013年05月22日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演   開催地:東京  

  • 突起の接触とその干渉効果

    トライボロジー会議予稿集 東京 2012-5  2012年05月  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年05月14日 - 2012年05月16日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演   開催地:東京  

  • お口の万歩計「そしゃく回数検出装置」

    H22年度 技術移転に係わる目利き人材育成プログラム  2011年01月  独立行政法人 科学技術振興機構

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:北九州  

  • お口の万歩計「咀嚼回数検出装置」

    第94回産学交流サロン「ひびきのサロン」  2010年07月  財団法人北九州産業学術推進機構

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:北九州  

  • Friction and Wear Characteristics in Air of Molybdenum Disulfide Sputtered Films Introduced Dry Air to Vacuum Chamber after Sputtering

    Proceedings of World Tribology Congress 2009, Kyoto Japan  2009年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月06日 - 2009年09月11日   発表言語:英語   講演種別:基調講演   開催地:日本 京都  

▼全件表示

報道関係

  • Advances in Engineering   インターネットメディア

    上田正治,松田健次

    Advances in Engineering社(AIE)  2020年11月03日

     詳細を見る

    Rolling contact fatigue
    Rail
    Pearlitic steel
    Carbon content
    Wear
    Plastic deformation
    Crack

  • TLO 成功モデルの分析

    松田健次

    日刊工業新聞  2003年06月16日

     詳細を見る

    そしゃく回数検出,北九州TLO,技術移転

  • 咀嚼回数検出装置

    松田健次,兼田楨宏

    中小企業総合事業団 情報・技術部 「共同研究等動向調査報告書」  2003年05月

     詳細を見る

    咀嚼回数検出装置,TLO,特許

  • 正しい”そしゃく”促進

    松田健次

    日刊工業新聞  2002年02月13日

     詳細を見る

    そしゃく回数検出装置,TLO,特許

学術関係受賞

  • 日本トライボロジー学会論文賞

    日本トライボロジー学会   2013年05月21日

    松田健次,奥田洋三,中村研八

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本トライボロジー学会論文賞

    日本トライボロジー学会   2014年05月20日

    砂原賢治,石田雄二,山下慎次,山本正治,大野信義,西川宏志,松田健次,兼田 楨宏

     詳細を見る

    受賞国:日本国

科研費獲得実績

  • 反発硬さ試験法の新しい展開

    研究課題番号:25630039  2013年04月 - 2015年03月   挑戦的萌芽研究

  • 固体潤滑膜の大気中でのすべり摩耗機構に関する研究

    研究課題番号:19360076  2007年04月 - 2009年03月   基盤研究(B)

  • 接触腐食防止と結合層強化による真空大気両環境対応固体潤滑膜の研究

    研究課題番号:16360081  2004年04月 - 2006年03月   基盤研究(B)

  • 反発硬度試験を利用した皮膜の付着強度評価に関する研究

    研究課題番号:10750108  1998年04月 - 2000年03月   奨励研究(A)

  • 表面被覆材の機械的性質とトライボロジー特性との関係に関する研究

    研究課題番号:06750150  1994年04月 - 1995年03月   奨励研究(A)

  • ビッカース硬度試験を利用した皮膜材の機械的性質評価に関する研究

    研究課題番号:05750147  1993年04月 - 1994年03月   奨励研究(A)

▼全件表示

担当授業科目(学内)

  • 2023年度   機能表面工学特論

  • 2023年度   設計工学Ⅱ

  • 2023年度   設計工学Ⅰ

  • 2023年度   設計製図Ⅱ

  • 2023年度   トライボロジー

  • 2023年度   設計製図Ⅱ

  • 2023年度   設計製図Ⅱ

  • 2023年度   トライボロジー

  • 2023年度   設計工学Ⅱ

  • 2023年度   設計工学Ⅰ

  • 2023年度   工学概論A

  • 2022年度   機能表面工学特論

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目

  • 2022年度   設計工学Ⅱ

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2022年度   設計工学Ⅰ

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2022年度   トライボロジー

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2022年度   トライボロジー

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2022年度   設計工学Ⅱ

  • 2022年度   設計工学Ⅰ

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2022年度   工学概論A

  • 2021年度   機能表面工学特論

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目

  • 2021年度   設計工学Ⅱ

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2021年度   設計工学Ⅰ

  • 2021年度   トライボロジー

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2021年度   トライボロジー

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2021年度   設計工学Ⅱ

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2021年度   設計工学Ⅰ

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2021年度   機械系学生のための英文理解と表現Ⅱ

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目

  • 2021年度   工学概論A

  • 2020年度   機能表面工学特論

  • 2020年度   設計工学Ⅱ

  • 2020年度   設計工学Ⅰ

  • 2020年度   トライボロジー

  • 2020年度   トライボロジー

  • 2020年度   トライボロジー

  • 2020年度   設計工学Ⅱ

  • 2020年度   設計工学Ⅰ

  • 2019年度   機能表面工学特論

  • 2019年度   トライボロジー

  • 2019年度   設計工学Ⅱ

  • 2019年度   設計工学Ⅰ

  • 2018年度   設計工学Ⅰ

  • 2018年度   設計工学Ⅱ

  • 2018年度   トライボロジー

  • 2018年度   機能表面工学特論

  • 2017年度   機能表面工学特論

  • 2017年度   トライボロジー

  • 2017年度   設計工学Ⅱ

  • 2017年度   設計工学Ⅰ

  • 2016年度   機能表面工学特論

  • 2016年度   トライボロジー

  • 2016年度   設計工学Ⅱ

  • 2016年度   設計工学Ⅰ

  • 2015年度   機械工学概論

  • 2015年度   機能表面工学特論

  • 2015年度   設計工学Ⅰ

  • 2015年度   設計工学Ⅱ

  • 2015年度   トライボロジー

  • 2014年度   設計工学Ⅰ

  • 2014年度   設計工学Ⅱ

  • 2014年度   トライボロジー

  • 2014年度   機械工学概論

  • 2014年度   機能表面工学特論

  • 2013年度   機能表面工学特論

  • 2013年度   機械工学概論

  • 2013年度   トライボロジー

  • 2013年度   設計工学Ⅱ

  • 2013年度   設計工学Ⅰ

  • 2013年度   機械工学実験Ⅰ

  • 2013年度   機械工学実験Ⅰ

  • 2013年度   機械知能工学入門

  • 2013年度   宇宙工学入門

  • 2012年度   機能表面工学特論

  • 2012年度   機械工学概論

  • 2012年度   トライボロジー

  • 2012年度   設計工学Ⅱ

  • 2012年度   設計工学Ⅰ

  • 2011年度   機能表面工学特論

  • 2011年度   機械工学概論

  • 2011年度   トライボロジー

  • 2011年度   設計工学Ⅱ

  • 2011年度   設計工学Ⅰ

▼全件表示

担当経験のある授業科目(学外)

  • トライボロジー特論

    機関名:トライボロジー特論

FD活動への参加

  • 2023年07月   久留米工業大学における「地域課題解決型AI教育プログラム」

  • 2023年02月   第3回 全学FD研修会

  • 2023年02月   コロナ世代の研究室適応ー研究室訪問型心理教育 プログラムの実践からー

  • 2022年10月   大学におけるIRのあり方 ~東京工業大学の事例より~

  • 2022年09月   コロナ禍における学生の研究室適応および留学生のキャンパスライフに関する状況

  • 2022年07月   オンデマンド授業の制作・運用について

  • 2022年06月   コロナ3年目の学生相談の状況と対応~低単位取得学生へのアプロー チから~

  • 2021年06月   本学における学生支援の実際2021

▼全件表示

学会・委員会等活動

  • 日本トライボロジー学会   トライボロジー会議2020秋 別府 実行委員長  

    2020年05月 - 2021年05月

  • 日本機械学会   九州学生会顧問会長  

    2014年04月 - 2015年03月

  • 日本機械学会   九州支部福岡東地区 地区長  

    2013年04月 - 2014年03月

  • 日本トライボロジー学会   理事  

    2012年05月 - 2013年05月

  • 日本トライボロジー学会   ITC Fukuoka 2023実行委員会委員  

    2022年05月 - 2023年05月

  • 日本トライボロジー学会   理事  

    2019年05月 - 2020年05月

  • 日本トライボロジー学会   研究委員会委員長  

    2019年05月 - 2020年05月

  • 日本トライボロジー学会   トライボロジー会議2020秋 別府 実行委員長  

    2019年05月 - 2020年05月

  • 日本機械学会   第69期 商議員  

    2016年04月 - 2017年03月

  • 日本機械学会   第94期地方第8区 代表会員  

    2016年04月 - 2017年03月

  • 日本トライボロジー学会   理事  

    2012年05月 - 2021年05月

▼全件表示

社会貢献活動(講演会・出前講義等)

  • コロナ禍における本学工学部での遠隔授業の取組みとJABEE の一斉受審を振り返って

    役割:講師

    日本技術者教育認定機構ー日本工学教育協会共催  「国際的に通用する技術者教育ワークショップシリーズ 第16回」“遠隔授業を活用した科目に対する質保証システム”プログラム”  オンライン  2022年03月26日

     詳細を見る

    対象: 教育関係者

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 北九州地域産業人材育成フォーラム(社会人プログラム)テクニカルカレッジ inアイム電機工業(株)

    役割:講師

    2015年03月17日

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:セミナー・ワークショップ

その他国際交流活動

  • The Kyutech-NCKU Joint Workshop on Advances in Mechanical Engineering

    活動期間: 2023年04月

     詳細を見る

    台湾の国立成功大学で開催された,両大学機械系学科の共同ワークショップに参加し,大学,研究紹介および研究室見学をするとともに,懇親会にて親睦を深めた.