2024/05/21 更新

サカイ ノブオ
坂井 伸朗
SAKAI Nobuo
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 10

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院工学研究院 機械知能工学研究系
職名
准教授
外部リンク

研究キーワード

  • 生体医工学

  • トライボロジ

  • ロボティクス

出身学校

  • 1997年03月   九州大学   工学部   機械工学科   卒業   日本国

出身大学院

  • 2002年03月   九州大学   工学研究科   知能機械システム専攻   博士課程・博士後期課程   修了   日本国

取得学位

  • 九州大学  -  博士(工学)   2002年03月

学内職務経歴

  • 2019年04月 - 現在   九州工業大学   大学院工学研究院   機械知能工学研究系     准教授

  • 2011年01月 - 2019年03月   九州工業大学   大学院工学研究院   先端機能システム工学研究系     准教授

  • 2022年04月 - 現在   九州工業大学   先端研究・社会連携本部   社会ロボット具現化センター     准教授

  • 2013年04月 - 2022年03月   九州工業大学   オープンイノベーション推進機構   社会ロボット具現化センター     准教授

学外略歴

  • 2011年01月 - 2016年03月   バイオメカニクス研究センター   准教授   日本国

  • 2008年04月 - 2010年12月   九州大学   助教   日本国

  • 2007年04月 - 2008年03月   九州大学   助教   日本国

  • 2002年04月 - 2007年03月   九州大学   助手   日本国

所属学会・委員会

  • 1999年12月 - 現在   日本機械学会   日本国

  • 2004年01月 - 現在   トライボロジ学会   日本国

  • 2008年02月 - 現在   ロボット学会   日本国

  • 2011年02月 - 現在   バイオメカニズム学会   日本国

  • 2018年07月 - 現在   臨床歩行分析研究会   日本国

  • 2018年04月 - 現在   電気学会   日本国

  • 2011年01月 - 現在   日本生体医工学会   日本国

▼全件表示

研究経歴

  • 脳卒中リハビリテーション支援のためのロボット装具の開発

    リハビリテーション,脳卒中,装具,ロボット

    研究期間: 2006年10月  -  現在

     詳細を見る

    近年脳卒中後の半身麻痺患者は増加している。本研究ではより定量的で効果的なリハビリテーションのためのロボット装具を開発している。

  • 生体軟骨の力学的特性の評価と軟骨組織及び細胞のメカニズムに関する研究

    軟骨組織,関節軟骨

    研究期間: 2003年04月  -  現在

     詳細を見る

    生体軟骨は軟組織により、高寿命かつ極低摩擦を得ている。生体軟骨のこの機構を解明することは疾患発生の知見、再生組織工学、バイオミメティック潤滑等に応用可能と考えられる。本研究では共焦点顕微鏡据置型高精度力学試験機を開発し、可視化しながら、力学的負荷時の軟骨挙動を観察可能とした。また、細胞骨格等を蛍光染色しながら、マルチスケール計測を試みる。

  • ヒト下肢筋骨格型ロボットシミュレータ

    研究期間: 2011年12月  -  現在

  • ユーザー快適性を重視した次世代超軽量高機能車いすの開発

    車いす,マグネシウム 

    研究期間: 2005年04月  -  2012年03月

     詳細を見る

    マグネシウム等の新素材を用い、これまで経験的に設計されてきた車いすを有限要素法や定量的振動解析、感性解析等を用いて、論理的に設計する。特に乗り心地等を定量化しながら、次世代超軽量車いすの開発を行う。

  • 生体生理指標を用いた精密作業評価に関する研究 

    EEG, Emotion, Physiological tremor 

    研究期間: 2005年01月  -  2008年03月

     詳細を見る

    精密作業時の疲労は肉体的疲労に加え、精神的疲労を評価する必要があると考えられる。本研究では脳波、筋電、脈拍、皮膚電気、振戦、運動等を用いて内視鏡手術や精密作業工程等における術者の疲労を定量的に評価し、それを聞き開発に応用することを目的とする。脳波計より、リラックスや緊張といった感性を定量測定するシステムを中心に、システムを開発している。

  • 人工膝関節の接触及び潤滑に関する研究 

    人工膝関節,流体潤滑

    研究期間: 2003年04月  -  現在

     詳細を見る

    人工膝関節は高応力下で使用されるため、接触及び摩擦摩耗状況を改善する必要がある。本研究では人工膝関節の接触状況を実験的に測定した。また、人工膝関節において、流体潤滑を促進するために軟質材を用いた頚骨コンポーネントを試作し、分離度法を用いて人工膝関節への軟質材使用の効果を実証した。

  • 生体規範型ロボットアームの開発

    ボールジョイント,肩関節,上肢

    研究期間: 1998年04月  -  現在

     詳細を見る

    生体関節類似のワイヤ駆動ロボットアームを開発する。

▼全件表示

論文

  • 脳卒中リハビリテーション支援システムの開発 招待有り 査読有り

    坂井 伸朗, 林克樹, 古場友貴, 渕雅子

    日本ロボット学会誌   41 ( 4 )   364 - 371   2023年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 筋骨格型ロボット歩行シミュレータによるヒト歩行の生成 招待有り 査読有り

    坂井伸朗, 池田翼, 桑原天, 高杉優輝, 渕雅子, 林克樹

    臨床歩行分析研究会誌 ( 臨床歩行分析研究会編集部 )   10 ( 1 )   1 - 8   2023年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Development of musculoskeletal walking simulator for analysis of human walking and rehabilitation 招待有り 査読有り 国際誌

    Sakai Nobuo, Yukiho Ryu, Ikeda Tsubasa, Fuchi Masako, Hayashi Katsuki, Komori Mochimitsu

    人工生命とロボットに関する国際会議予稿集 ( 株式会社ALife Robotics )   27   437 - 441   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    In the field of rehabilitation, the explanation of walking motion, called ‘Rocker function', is one of the practical benchmarks for the facilitation of human walking in clinical settings. If this explanation is true, we can reconstruct it by artificial materials. In this study, we tried to develop the musculoskeletal walking simulator, which can actually reproduce bipedal walking according to the rocker function. Muscles and tendons including biarticular arrangements were represented by springs and cables. In this report, 3 muscles were actuated by servomotors. The simulator reproduced the human musculoskeletal walking motion generated from its intellectual structure in nature. The results would support the insight of the explanation of the rocker function in the rehabilitative treatments.

    DOI: 10.5954/icarob.2022.os21-2

    Kyutacar

    CiNii Research

  • Evaluation of influence of changes in permeability with aging on friction and biphasic behaviors of artificial hydrogel cartilage 査読有り

    Murakami T., Sakai N., Yarimitsu S., Nakashima K., Yamaguchi T., Sawae Y., Suzuki A.

    Biotribology   26   2021年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Various hydrogels have been developed to use as artificial cartilage. Poly(vinyl alcohol) (PVA) hydrogel cross-linked by hydrogen bonds is biocompatible and has similar properties to natural articular cartilage. For clinical use as artificial cartilage, superior tribological performance with low friction and minimal wear are required. In our previous study, three kinds of preparation methods for PVA hydrogels with high water content, i.e., the repeated freeze-thawing (FT) method, the cast-drying (CD) method and the layered hybrid method composed of FT and CD layers were applied. As hybrid gel specimens, (CD on FT) and (FT on CD) gels were prepared. The comparison between experiment and biphasic finite element analysis showed that the frictional behaviors of these PVA hydrogels at slow speed are controlled by their biphasic lubrication mechanism. After that, it was found that the biphasic properties of FT gel with heterogeneous network structure was largely changed after immersion in water for more than 6 years. In this paper, the influence of changes in permeability with aging of FT gel on friction and biphasic behaviors of PVA hydrogels was evaluated by biphasic finite element analysis. As aged FT specimens with lower permeability, four kinds of aged FT specimens with different elastic properties were evaluated. As a result, it is suggested that frictional behavior of PVA FT gels with aging can be improved by lowering of permeability in aged FT gel. Furthermore, it is expected that hybrid gel as CD on aged FT with appropriate elastic modulus can sustain superior low friction.

    DOI: 10.1016/j.biotri.2021.100178

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85103321361&origin=inward

  • 脳卒中リハビリテーション支援のためのメカトロシステムの開発 招待有り

    坂井 伸朗,林 克樹,古場 友貴,渕 雅子,小森 望充,村上 輝夫

    日本設計工学会誌   55 ( 10 )   591 - 600   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Erratum: Development of a Novel Gastrointestinal Endoscopic Robot Enabling Complete Remote Control of All Operations: Endoscopic Therapeutic Robot System (ETRS) (Gastroenterology Research and Practice (2020) (6173978) DOI: /10.1155/2019/6909547) 査読有り

    Kume K., Sakai N., Ueda T.

    Gastroenterology Research and Practice   2020   2020年01月

     詳細を見る

    記述言語:その他外国語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In the article titled "Development of a Novel Gastrointestinal Endoscopic Robot Enabling Complete Remote Control of All Operations: Endoscopic Therapeutic Robot System (ETRS)" [1], there was an error in Supplementary Materials (available here), whereby the second supplementary video was omitted. This error occurred during the production process. The correct supplementary materials are as follows.

    DOI: 10.1155/2020/6173978

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85088873829&origin=inward

  • ロッカーファンクションにより構成した筋骨格型ロボット歩行シミュレータ 査読有り

    坂井伸朗,野口純平,渕雅子,林克樹,小森望充,村上輝夫

    臨床歩行分析研究会誌   6 ( 2 )   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Development of a novel gastrointestinal endoscopic robot enabling complete remote control of all operations: Endoscopic therapeutic robot system (ETRS) 査読有り 国際誌

    Keiichiro Kume, Nobuo Sakai, Toru Ueda

    Gastroenterology Research and Practice   accepted 6909547   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Biomimetic artificial cartilage: Fibre-reinforcement of PVA hydrogel to promote biphasic lubrication mechanism 招待有り 査読有り

    Sakai N., Yarimitsu S., Sawae Y., Komori M., Murakami T.

    Biosurface and Biotribology   5 ( 1 )   13 - 19   2019年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 Biosurface and Biotribology.All right reserved. The fibre-reinforced structure in synovial articular cartilage plays an important role in enhancing the fluid load support in the biphasic lubrication mechanism. Poly(vinyl alcohol) (PVA) hydrogel is a potential biomimetic articular cartilage material. In this study, PVA hydrogel was reinforced with PVA fibres to improve its frictional properties. By computational analysis, the position of the PVA fibre layer was examined with a migrating contact condition to reduce the friction coefficient. To improve the fibre reinforcement, a method for fibre placement was developed to retain the initial strain of the fibre in the hydrogel matrix. The experimental results showed that the fibre-reinforced PVA hydrogel with a surface fibre layer had a low friction coefficient of 0.031 in pure water. The fibre-reinforced PVA hydrogel successfully reduced friction coefficient.

    DOI: 10.1049/bsbt.2018.0031

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85067909292&origin=inward

  • Effect of post-osseointegration loading magnitude on the dynamics of peri-implant bone: a finite element analysis and in vivo study 査読有り

    Matsuzaki T., Ayukawa Y., Matsushita Y., Sakai N., Matsuzaki M., Masuzaki T., Haraguchi T., Ogino Y., Koyano K.

    Journal of Prosthodontic Research   2019年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 Japan Prosthodontic Society Purpose: Much research has been invested in determining the effects of postoperative loading of implants and whether this loading contributes to implant failure, but the issue remains controversial. The present study aimed to elucidate whether cyclic lateral loading of an implant causes bone resorption or bone formation at various loading magnitudes, using a finite element method (FEM) and peri-implant morphologic and morphometric analyses. Methods: An FEM model was created using Digital Imaging and Communications in Medicine (DICOM) data of rabbit tibia. For the animal study, implants were inserted into rabbit tibia and, after osseointegration, were subjected to lateral cyclic loading of 20N, 40N or 60N. Results: Bone-implant contact was significantly higher in both 40N and 60N groups. Bone–abutment contact (BAC) was extraordinarily observed in all experimental groups. Bone height was higher than the implant platform level at higher levels of loading (60 N). Among the three experimental groups, those receiving 40 N loading had the highest bone height and BAC. Larger BAC values were observed on the compressive side than the tensile side. Conclusions: Peri-implant bone formation was enhanced with increased loading, with bone formation predominantly on the compressive side. BAC was highest in the 40 N group, implying existence of a loading threshold for peri-implant bone formation and resorption.

    DOI: 10.1016/j.jpor.2018.10.009

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85069647101&origin=inward

  • Transitional behaviour between biphasic lubrication and soft elastohydrodynamic lubrication of poly(vinyl alcohol) hydrogel using microelectromechanical system pressure sensor 招待有り 査読有り

    Nobuo Sakai, Seido Yarimitsu, Yoshinori Sawae, Mochimitsu Komori, Teruo Murakami

    Biosurface and Biotribology   4 ( 1 )   24 - 33   2018年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1049/bsbt.2018.0001

  • Fiber-reinforcement promotes biphasic lubrication of PVA hydrogel as artificial cartilage material 査読有り

    Nobuo Sakai, Chie Hashimoto, Seido Yarimitsu, Yoshinori Sawae, Mochimitsu Komori, Teruo Murakami

    Proceedings of World Tribology Congress   on USB, 4pages   2017年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    中国   北京   2017年09月17日  -  2017年09月22日

  • Superior Lubricity of Poly(vinyl alcohol) Hydrogels as Artificial Cartilage with Adaptive Multimode Lubrication 査読有り

    Teruo Murakami, Seido Yarimitsu, Nobuo Sakai, Kazuhiro Nakashima, Tetsuo Yamaguchi, Yoshinori Sawae, Atsushi Suzuki

    Proceedings of World Tribology Congress   on USB, 4pages   2017年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    中国   北京   2017年09月17日  -  2017年09月22日

  • A comparison of the peri-implant bone stress generated by the preload with screw tightening between “bonded” and “contact” model 査読有り

    Matsuzaki M, Ayukawa Y, Sakai N, Matsuzaki T, Matsushita Y, Koyano K.

    Computer Methods in Biomechanics and Biomedical Engineering   20   393 - 402   2017年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    歯科インプラントの有限要素法モデルにおいて、インプラント内ねじ張力含めた締結構造を有するモデルを構成し、周囲骨を含めた応力場を議論した

    DOI: 10.1080/10255842.2016.1236370

  • 両側同時発生の上腕骨近位端骨折患者において、振り子運動可能な肩装具が手術後の固定とリハビリテーションに有用であった1例 査読有り

    中光紳一、永淵慎一郎、牛島正博、中野浩志、坂井伸朗

    臨床整形外科   51 ( 8 )   763 - 768   2016年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 人工軟骨候補材料としての繊維強化PVAハイドロゲルの固液二相性モデルによる解析 査読有り

    坂井伸朗, 橋本知依, 鎗光清道, 澤江義則, 小森望充, 村上輝夫

    日本臨床バイオメカニクス学会誌, 臨床バイオメカニクス37   in printing   2016年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A functional effect of the superficial mechanical properties of articular cartilage as a load bearing system in a sliding condition 査読有り

    N. Sakai, C. Hashimoto, S. Yarimitsu, Y. Sawae, M. Komori, T. Murakami

    Biosurface and Biotribology   2   26 - 39   DOI: 10.1016/j.bsbt.2016.02.004   2016年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.bsbt.2016.02.004

  • Biphasic and boundary lubrication mechanisms in artificial hydrogel cartilage: A review 招待有り 査読有り

    Teruo Murakami, Seido Yarimitsu, Kazuhiro Nakashima, Nobuo Sakai, Tetsuo Yamaguchi, Yoshinori Sawae, and Atsushi Suzuki

    Proceedings of the Institution of Mechanical Engineers, Part H: Journal of Engineering in Medicine   229 ( 12 )   864 - 878   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1177/0954411915611160

    Scopus

  • An estimation of mechanical propertes of articular cartilage for biphasic finite element analyses 査読有り

    Nobuo SAKAI, Yuichiro HAGIHARA, Chie HASHIMOTO, Mochimitsu KOMORI, Yoshinori SAWAE, Teruo MURAKAMI

    Journal of Biomechanical Science and Engineering   10 ( 4 )   228   2015年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1299/jbse.15-00228

    Scopus

    CiNii Article

  • Development of a novel endoscopic manipulation system: the Endoscopic Operation Robot ver. 3 査読有り

    Keiichiro Kume, Nobuo Sakai, Takaaki Goto

    Endoscopy   47   815 - 819   2015年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1055/s-0034-1391973

    Scopus

  • 橈骨遠位端骨折に対する新しい保存的治療の試み-身体装着型骨折治療装置- 査読有り

    中光紳一, 永淵慎一郎, 筒井隆夫, 坂井伸朗

    整形外科   66 ( 2 )   147 - 149   2015年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Evaluation of a superior lubrication mechanism with biphasic hydrogels for artificial cartilage 査読有り

    Murakami, T., Sakai, N., Yamaguchi, T., Yarimitsu, S., Nakashima, K., Sawae, Y., Suzuki, A.

    Tribology International   89   19 - 26   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.triboint.2014.12.013

    Scopus

  • Erratum to: Influence of synovia constituents on tribological behaviors of articular cartilage (Friction, 1, 2, 2013 (150-162), 10.1007/s40544-013-0010-6) 査読有り

    Murakami T., Yarimitsu S., Nakashima K., Sawae Y., Sakai N.

    Friction   2 ( 4 )   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2014, The author(s).The original version of this article unfortunately contained the incorrect lengend “(Formula presented.)HA 0.5 wt% + DPPC 0.01 wt% +albumin 1.4 wt%” in Fig. 7 on page 155, instead of, (Figure presented.). It should read (Figure presented.).

    DOI: 10.1007/s40544-014-0065-z

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84976490462&origin=inward

  • Superior lubricity in articular cartilage and artificial hydrogel cartilage 査読有り

    Teruo Murakami, Seido Yarimitsu, Kazuhiro Nakashima, Tetsuo Yamaguchi, Yoshinori Sawae, Nobuo Sakai and Atsushi Suzuki

    Proceedings of the Institution of Mechanical Engineers, Part J: Journal of Engineering Tribology   228 ( 10 )   1099 - 1111   2014年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1177/1350650114530273

    Scopus

  • Superior Lubricity in Articular Cartilage and Artificial Hydrogel Cartilage 査読有り

    Teruo Murakami, Seido Yarimitsu, Kazuhiro Nakashima, Tetsuo Yamaguchi, Yoshinori Sawae, Nobuo Sakai, Atsushi Suzuki

    Proceedings of 5th World Tribology Congress   BT343   2013年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    イタリア   トリノ   2013年09月08日  -  2013年09月13日

  • Observation of the transition between soft-EHL and biphasic lubrication mode using MEMS pressure sensor 査読有り

    Nobuo Sakai, Hirotaka Awata, Tetsuo Yamaguchi, Yoshinori Sawae, Teruo Murakami

    Proceedings of 5th World Tribology Congress   BT343   2013年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    イタリア   トリノ   2013年09月08日  -  2013年09月13日

  • Influence of synovia constituents on tribological behaviors of articular cartilage 招待有り 査読有り

    Teruo Murakami, Seido Yarimitsu, Kazuhiro Nakashima, Yoshinori Sawae, Nobuo Sakai

    Friction   1 ( 2 )   150 - 162   2013年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/s40544-013-0010-6

    Scopus

  • Trial Application of Pulse-Field Magnetization to Magnetically Levitated Conveyor System 査読有り

    Yoshihito Miyatake, Mochimitsu Komori, Kenichi Asami, Nobuo Sakai

    Advances in Condensed Matter Physics   Article ID 561657   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1155/2012/561657

    Scopus

  • Relationship between magnitude of immediate loading and peri-implant osteogenesis in dogs 査読有り

    Daisuke Esaki, Yasuyuki Matsushita, Yasinori Ayukawa, Nobuo Sakai, Yoshinori Sawae, Kiyoshi Koyano

    Clinical Oral Implants Research   23 ( 11 )   1290 - 1296   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1111/j.1600-0501.2011.02305.x

    Scopus

  • Magnetically levitated conveyer using high Tc superconducting levitation and its evaluations 査読有り

    Mochimitsu Komori, Bunpei Nakaya, Ken-ichi Asami and Nobuo Sakai

    Journal of The Japan Society of Applied Electromagnetics and Mechanics   20 ( 2 )   520 - 525   2012年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 生体関節軟骨の機能発現メカニズムの解明に関する研究 査読有り

    坂井伸朗,細田菜津子,萩原裕一郎,澤江義則,村上輝夫

    バイオメカニズム21   21   251 - 263   2012年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Analysis of Biphasic Lubrication of Articular Cartilage Loaded by Cylindrical Indenter 査読有り

    Nobuo Sakai, Yuichiro Hagihara, Tukasa Furusawa, Natsuko Hosoda, Yoshinori Sawae and Teruo Murakami

    Tribology International   46   225 - 236   2012年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.triboint.2011.03.016

    Scopus

  • Effects of mucosal thickness on the stress distribution and denture stability of mandibular implant-supported overdentures with unsplinted attachments in vitro 査読有り

    Haruta A,Matsushita Y,Tsukiyama Y,Sawae Y,Sakai N,Koyano K

    Journal of Dental Biomechanics   Article ID 894395   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.4061/2011/894395

    Scopus

  • Effectiveness of adsorbed film and gel layer in hydration lubrication as adaptive multimode lubrication mechanism for articular cartilage 査読有り

    Teruo Murakami, Kazuhiro Nakashima, Seido Yarimitsu, Yoshinori Sawae and Nobuo Sakai

    Proc. IMechE Part J: J. Engineering Tribology   ( 225 )   1174 - 1185   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1177/1350650111415756

    Scopus

  • Finite Element Analyses of Articular Cartilage Models Considering Depth-Dependent Elastic Modulus and Collagen Fiber Network 査読有り

    Natsuko Hosoda, Nobuo SAKAI, Yoshinori SAWAE and Teruo MURAKAMI

    Journal of Biomechanical Science and Engineering   5 ( 4 )   437 - 448   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 炭素イオン注入金属表面のmetal-on-metal摺動における摩擦摩耗特性 査読有り

    小関弘展,進藤裕幸,馬場恒明,坂井伸朗,村上輝夫

    関節外科   81 ( 1 )   93 - 97   2010年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Roles of adsorbed film and gel layer in hydration lubrication for articular cartilage 査読有り

    Teruo Murakami, Kazuhiro Nakashima, Yoshinori Sawae, Nobuo Sakai and Natsuko Hosoda

    Proc. IMechE Part J: J. Engineering Tribology   2009年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Development of Forearm Models Based on Human Musculoskeletal System 査読有り

    Yu MORIWAKI, Nobuo SAKAI, Yoshinori SAWAE, Teruo MURAKAMI

    Journal of Biomechanical Science and Engineering   4 ( 1 )   153 - 164   2009年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Finite Element Analysis of Articular Cartilage Model Considering Configuration and Biphasic Property of the Tissue 査読有り

    Hosoda, N., Sakai, N., Sawae, Y., Murakami, T.

    13th International Conference onBiomedical Engineering, ICBME 2008   23   1883 - 1887   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1007/978-3-540-92841-6_467

    Scopus

  • Surface-engineered metal-on-metal bearing improve the friction and wear properties of local area contact in total joint arthroplasty 査読有り

    Hironobu Koseki, Hiroyuki Shindo, Koumei Baba, Takamasa Fujikawa, Nobuo Sakai, Yoshinori Sawae, Teruo Murakami

    Surface and Coatings Technology   ( 202 )   4775 - 4779   2008年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Depth-Dependence and Time-Dependence in Mechanical Behaviors of Articular Cartilage in Unconfined Compression Test under Constant Total Deformation 査読有り

    Natsuko HOSODA, Nobuo SAKAI, Yoshinori SAWAE and Teruo MURAKAMI

    Journal of Biomechanical Science and Engineering   3 ( 2 )   209 - 220   2008年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 上肢のバイオメカニズムとロボットへの応用に関する研究

    坂井伸朗, 澤江義則, 村上輝夫

    日本ロボット学会誌 ( 日本ロボット学会誌 )   26 ( 3 )   222 - 225   2008年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 肘関節用装着型軽量能動装具の開発 査読有り

    坂井伸朗,澤江義則,村上輝夫,森脇悠

    坂井伸朗,澤江義則,村上輝夫,森脇悠   2006年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • The Development of A New Joint Mechanism Based on Human Shoulder Morphology 招待有り 査読有り

    Nobuo SAKAI, Yoshinori SAWAE, Teruo MURAKAMI

    The First IEEE/RAS-EMBS International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics Proceedings   982 - 987   CD-ROM 341   2006年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 咀嚼シミュレータを用いた歯科インプラント仮着セメントの力学的評価 査読有り

    澤江義則,坂本 歩,池上龍朗,松下恭之,坂井伸朗,村上輝夫,古谷野 潔

    日本臨床バイオメカニクス学会誌   26   153 - 158   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 生体軟骨組織の挙動観察のための顕微鏡据置型力学試験機の開発と視覚化に関する研究 査読有り

    坂井伸朗,澤江義則,村上輝夫,黒原靖之,岡本真季

    日本臨床バイオメカニクス学会誌   26   59 - 63   2005年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 医療・福祉ロボットの現状と将来展望

    村上輝夫, 坂井伸朗, 澤江義則

    金属 ( アグネ技術センター )   76 ( 1 )   28 - 30   2005年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • ヒト肩関節を規範としたロボットアーム関節機構の開発 査読有り

    坂井伸朗,村上輝夫,澤江義則

    バイオメカニズム17   17   143 - 155   2004年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Elasto-plastic contact analysis of an ultra-high molecular weight polyethylene tibial component based on geometrical measurement from a retrieved knee prosthesis 査読有り

    Changhee CHO, Teruo MURAKAMI, Yoshinori SAWAE, Nobuo SAKAI, Hiromasa MIURA, Tutomu KAWANO and Yukihide IWAMOTO

    Proc. Instn Mech. Engrs, J. Engineering in Medicine   ( 218-H )   251 - 259   2004年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 連続動作を考慮した肩関節可動域測定 査読有り

    坂井伸朗,澤江義則,村上輝夫

    日本臨床バイオメカニクス学会誌   25   243 - 247   2004年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Influence of Proteoglycan on Time-Dependent Mechanical Behaviors of Articular Cartilage under Constant Total Compressive Deformation 査読有り

    Teruo MURAKAMI, Nobuo SAKAI, Yoshinori SAWAE, Koji TANAKA and Maki IHARA

    JSME International Journal, Series C   47   1049 - 1055   2004年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 摘出人工膝関節の形状測定に基づく超高分子量ポリエチレン脛骨コンポーネントの接触解析 査読有り

    趙 昌熙, 村上 輝夫, 澤江 義則, 坂井 伸朗, 三浦 裕正, 河野 勤, 岩本 幸英

    日本機械学会論文集C   68 ( 4 )   1284 - 1290   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 弾塑性接触解析に基づくUHMWPE頚骨コンポーネントの疲労磨耗挙動の考察 査読有り

    趙 昌熙, 村上輝夫, 澤江義則, 坂井伸朗, 三浦裕正, 河野 勤, 岩本幸英

    日本臨床バイオメカニクス学会誌   23   373 - 380   2002年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Development of Joint mechanism of Robot Arm Based on Human Shoulder Mechanism

    N. Sakai, T. Murakami and Y. Sawae

    Memoirs of the Faculty of Engineering, Kyushu University   61   123 - 138   2001年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 落下物受け取り時の3次元位置センサによる動作解析 査読有り

    坂井伸朗, 村上輝夫, 澤江義則

    日本臨床バイオメカニクス学会誌   22   185 - 189   2001年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

▼全件表示

著書

  • Wear Phenomena in Knee Prostheses and Their Finite Element Analyses

    anghee CHO, Teruo MURAKAMI, Yoshinori SAWAE, Nobuo SAKAI, Hiromasa MIURA and Yukihide IWAMOTO(共著)

    World Scientific  2009年01月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • Biomechanics at micro- and nanoscale levels, Vol.IV

    Teruo MURAKAMI, Nobuo SAKAI, Yoshinori SAWAE, Maki OKAMOTO, Itaru ISHIKAWA, Natsuko HOSODA and Emiko SUZUKI(共著)

    World Scientific Publishing  2007年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • Biomechanics at micro- and nanoscale levels, Vol.II

    Teruo MURAKAMI, Nobuo SAKAI, Yoshinori SAWAE, Yasuyuki KURONO, Itaru ISHIKAWA,Maki OKAMOTO(共著)

    World Scientific Publishing  2006年04月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • Biomechanics at micro- and nanoscale levels, Vol.I,

    Teruo MURAKAMI, Yoshinori SAWAE, Nobuo SAKAI, Itaru ISHIKAWA(共著)

    World Scientific Publishing  2005年01月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

口頭発表・ポスター発表等

  • 筋骨格型ロボット歩行シミュレータの ロッカーファンクションによる歩行生成

    高杉優輝, 池田翼, 桑原天, 坂井伸朗, 渕雅子, 林克樹

    日本機械学会 情報・知能・精密機器部門講演会 IIP2023 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年03月06日 - 2023年03月07日   記述言語:日本語  

  • 軟性内視鏡手術支援のためのロボット システムの開発

    平良立, 坂井伸朗, 上田徹, 久米 恵一郎

    日本機械学会 情報・知能・精密機器部門講演会 IIP2023  

     詳細を見る

    開催期間: 2023年03月06日 - 2023年03月07日   記述言語:日本語  

  • 筋骨格型ロボット歩行シミュレータによるヒト歩行の生成

    坂井伸朗, 池田翼, 桑原天, 高杉優輝, 渕雅子, 林克樹

    第43回臨床歩行分析研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年03月05日   記述言語:日本語  

  • 軟性内視鏡手術手技を簡便化・高度化するロボットシステムの開発 招待有り

    坂井伸朗, 久米恵一郎

    第10回TR推進合同フォーラム・ ライフサイエンス技術交流会 

     詳細を見る

    開催期間: 2023年02月28日   記述言語:日本語  

  • 筋骨格型ロボット歩行シミュレータのフォアフットロッカーの 生成

    桑原天, 坂井伸朗, 池田翼, 渕雅子, 林克樹

    第43回バイオメカニズム学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年11月26日 - 2022年11月27日   記述言語:日本語  

  • 脳卒中リハビリ支援ロボット装具を用いた到達把持運動解析

    坂井伸朗, 石本ひかる, 安部汐美, 古場友貴, 林克樹

    北九州医工学者学術集会 

     詳細を見る

    開催期間: 2022年11月19日   記述言語:日本語  

  • 筋骨格型ロボット歩行シミュレータを用い た歩行中のヒールロッカーの考察

    龍幸穂, 坂井伸朗, 池田翼, 渕雅子, 林克樹, 小森望充

    第42回バイオメカニズム学術講演会  2021年11月  バイオメカニズム学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年11月27日 - 2021年11月28日   記述言語:日本語   開催地:香川(オンライン)   国名:日本国  

  • 縦繊維強化PVAハイドロゲル人工軟骨の開発

    今津稜太, 坂井伸朗, 鎗光清道, 小森望充, 澤江義則

    第42回バイオメカニズム学術講演会  2021年11月  バイオメカニズム学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年11月27日 - 2021年11月28日   記述言語:日本語   開催地:香川(オンライン)   国名:日本国  

  • 筋骨格型ロボット歩行シミュレータによる足趾機能の解析

    坂井伸朗, 龍幸穂, 池田翼, 渕雅子, 林克樹, 小森望充

    臨床歩行分析研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月11日 - 2021年09月12日   記述言語:日本語  

  • 筋骨格型ロボット歩行シミュレータの足趾構造の検証

    坂井伸朗, 龍 幸穂, 渕 雅子, 林 克樹, 小森望充

    第41回バイオメカニズム学術講演会(SOBIM2020)  

     詳細を見る

    開催期間: 2020年12月05日 - 2020年12月06日   記述言語:日本語  

  • 歩行可能なヒト下肢筋骨格シミュレータの開発

    龍 幸穂, 坂井 伸朗, 野口 純平, 渕 雅子, 林 克樹, 小森 望充

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年05月27日 - 2020年05月30日   記述言語:日本語  

  • Frictional effect on unloading period of biphasic lubrication in PVA hydrogel sliding

    Sakai N, Yarimitsu S, Sawae Y, Sasaki S, Komori M and Murakami T

    Biotribology Sendai 2019 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月15日 - 2019年11月16日   記述言語:英語  

  • Influence of Loading Condition on Frictional Behavior of Poly(Vinyl Alcohol) Hybrid Gel as Artificial Cartilage 招待有り

    Teruo Murakami, Seido Yarimitsu, Kazuhiro Nakashima, Nobuo Sakai, Saori Sasaki, Yoshinori Sawae and Atsushi Suzuki

    Biotribology Sendai 2019 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月15日 - 2019年11月16日   記述言語:英語  

  • 把持用ブロックを用いた到達―把持動作の測定機器の開発:健常人と脳卒中患者の比較

    和田 宗一郎, 竹内 智春, 古場 友貴, 林 克樹, 坂井 伸朗

    九州作業療法学会誌 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年06月22日 - 2019年06月23日   記述言語:日本語  

  • Development of robotic system for flexible endoscope manipulation 招待有り

    Nobuo Sakai, Keiichiro Kume, Toru Ueda, Mochimitsu Komori, Teruo Murakami

    The 7th Joint Conference of Research Center for Advanced Biomechanics & Japan Institute of Electronics Packaging Kyushu Branch 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年02月08日 - 2019年02月09日   記述言語:英語  

  • ロボット歩行シミュレータの足部機構の開発

    野口 純平,坂井 伸朗,渕 雅子,林 克樹,小森 望充,村上 輝夫

    バイオメカニズム学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年11月10日 - 2018年11月11日   記述言語:日本語  

  • ワイヤレス把持用デバイスを用いた到達把持運動の測定機器の開発-健常者における到達・把持時間の分析

    和田宗一郎, 古場友貴, 松田貴郁, 林克樹, 坂井伸朗

    第52回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月07日 - 2018年09月09日   記述言語:日本語  

  • ロッカーファンクションにより構築した筋骨格型ロボット歩行シミュレータの開発

    坂井伸朗, 渕雅子, 林克樹, 小森望充, 村上輝夫

    第40回臨床歩行分析研究会定例会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月01日 - 2018年09月02日   記述言語:日本語  

  • 脳卒中上肢リハビリのための骨盤運動バイラテラルロボット装具の開発

    坂井伸朗, 林克樹, 古場友貴, 松田貴郁, 小森望充, 井林雪郎, 村上輝夫

    日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月02日 - 2018年06月05日   記述言語:日本語  

  • 軟性内視鏡挿入支援マスタスレーブ型ロボットの開発

    上田徹, 後藤高彰, 坂井伸朗, 久米恵一郎, 小森望充, 村上輝夫

    日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月02日 - 2018年06月05日   記述言語:日本語  

  • Development of robotic orthosis for stroke rehabilitation

    Sakai N, Hayashi K, Matsuda T, Koba Y, Komori M, Ibayashi S, Murakami T

    The 10th International Biotribology Forum 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月17日   記述言語:英語  

  • ロッカーファンクションによる筋骨格型ロボット歩行シミュレータの開発

    坂井伸朗,徳一宏晃,小森望充,村上輝夫

    第38回バイオメカニズム学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年11月04日 - 2017年11月05日   記述言語:日本語  

  • 脳卒中上肢リハビリ支援のためのロボット装具の開発

    坂井伸朗, 林克樹, 古場友貴, 松田貴郁, 小森望充, 井林雪郎, 村上輝夫

    第38回バイオメカニズム学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年11月04日 - 2017年11月05日   記述言語:日本語  

  • ロッカーファンクションにより構築した筋骨格型ロボット歩行シミュレータの動力学数値解析

    徳一宏晃, 坂井伸朗, 小森望充, 村上 輝夫

    第38回バイオメカニズム学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年11月04日 - 2017年11月05日   記述言語:日本語  

  • Development of bilateral robotic pelvis orthosis for stroke rehabilitation

    Nobuo Sakai, Katsuki Hayashi, Hiroyuki Wakuno, Takafumi Matsuda, Yuki Koba, Mochimitsu Komori, Teruo Murakami

    The XXVI Congress of International Society of Biomechanics  

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月23日 - 2017年07月27日   記述言語:英語  

  • 脳卒中被殻損傷患者の到達把持動作時の肩甲帯・体幹運動の特徴

    古場友貴, 松田貴郁, 涌野広行, 林克樹, 井林雪郎, 坂井伸朗

    第42回日本脳卒中学会学術集会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月16日 - 2017年03月19日   記述言語:日本語  

  • 生体関節軟骨およびハイドロゲル人工軟骨のトライボ特性

    村上輝夫, 鎗光清道, 坂井伸朗, 中嶋和弘, 山口哲生, 澤江義則, 鈴木淳史

    第37回バイオトライボロジシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月11日   記述言語:日本語  

  • Superior biotribological properties of poly(vinyl alcohol) hydrogel for artificial cartilage

    T. Murakami, S. Yarimitsu, N. Sakai, K. Nakashima, S. Omata, S. Sakaki, T. Yamaguchi, Y. Sawae, A. Suzuki

    3rd International Conference on Biotribology 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月11日 - 2016年09月14日   記述言語:英語   開催地:イギリス, ロンドン  

  • Superior Lubrication Mechanism in Poly(vinyl alcohol) Hybrid Gel

    Teruo Murakami, Seido Yarimitsu, Nobuo Sakai, Kazuhiro Nakashima, Tetsuo Yamaguchi, Yoshinori Sawae, Atsushi Suzuki

    43rd Leeds-Lyon Symposium on Tribology 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月06日 - 2016年09月09日   記述言語:英語  

  • Effectiveness of Biphasic and Boundary Lubrication Mechanisms in Poly(vinyl alcohol) Hydrogels for Artificial Cartilage with Low Friction and Minimum Wear

    Teruo Murakami, Seido Yarimitsu, Kazuhiro Nakashima, Nobuo Sakai, Tetsuo Yamaguchi, Yoshinori Sawae, Atsushi Suzuki

    ORS 2016 Annual Meeting (ORS: Orthopaedic Research Society) 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月05日 - 2016年03月08日   記述言語:英語  

  • Biphasic lubrication of articular cartilage and its application to the artificial cartilage

    Nobuo Sakai, Chie Hashimoto, Seido Yarimitsu, Yoshinori Sawae, Mochimitsu Komori and Teruo Murakami

    International Symposium on Artificial Hydrogel Cartilage,Joint Replacement and Related Topics (ISAHC 2016) 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年01月26日   記述言語:英語  

  • 繊維強化PVAハイドロゲルの機能向上に関する研究

    坂井伸朗, 内村智章, 橋本知依, 鎗光清道, 澤江義則, 小森望充, 村上輝夫

    日本機械学会第28回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年01月09日 - 2016年01月10日   記述言語:日本語  

  • 筋骨格型ヒト歩行シミュレータの開発

    松井政憲, 坂井伸朗, 小森望充, 村上輝夫

    日本機械学会第28回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年01月09日 - 2016年01月10日   記述言語:日本語  

  • 人工軟骨用ハイドロゲルのトラボ特性および力学特性の評価

    村上輝夫, 鎗光清道, 中嶋和弘, 山口哲生, 小俣誠二, 佐々木沙織, 澤江義則, 坂井伸朗, 鈴木淳史

    日本機械学会第28回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年01月09日 - 2016年01月10日   記述言語:日本語  

  • The musculoskeletal walking simulator

    Nobuo Sakai, Masanori Matsui, Ryo Fujii, Mochimitsu Komori and Teruo Murakami

    International Conference on Bioelectronics, Biosensors Biomedical Devices, BioMEMS/MEMS and Applications 2015 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年12月09日 - 2015年12月11日   記述言語:英語  

  • A functional effect of the superficial mechanical properties of articular cartilage as a load bearing system in a migrating contact condition

    Nobuo Sakai, Chie Hashimoto, Seido Yarimitsu, Yoshinori Sawae, Mochimitsu Komori and Teruo Murakami

    UPM-Kyutech Collaborative Meeting, The 3rd International Symposium on Applied Engineering and Science 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月23日 - 2015年11月24日   記述言語:英語  

  • 人工軟骨候補材料としての繊維強化PVAハイドロゲルの固液二相性モデルによる解析

    坂井伸朗, 橋本知依, 鎗光清道, 澤江義則, 小森望充, 村上輝夫

    第42回日本臨床バイオメカニクス学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月13日 - 2015年11月14日   記述言語:日本語  

  • Superior Lubrication Ability and Minimal Wear of Poly(vinyl Alcohol) Hybrid Hydrogel as a Novel Material Application for Artificial Cartilage

    Teruo Murakami; Seido Yarimitsu; Kazuhiro Nakashima; Nobuo Sakai; Tetsuo Yamaguchi; Yoshinori Sawae; Atsushi Suzuki

    ISTA 2015  

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月30日 - 2015年10月03日   記述言語:英語  

  • A functional effect of the superficial mechanical properties of articular cartilage as a load bearing system

    Nobuo Sakai, Chie Hashimoto, Seido Yarimitsu, Yoshinori Sawae, Mochimitsu Komori and Teruo Murakami

    The 8th International Biotribology Forum 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月21日 - 2015年09月22日   記述言語:英語  

  • ロボット装具を用いた到達把持運動における肩甲骨ー体幹系の運動測定

    坂井伸朗, 林克樹, 涌野広行, 山中晶子, 小森望充, 村上輝夫, 小野山薫

    第5回日本ロボットリハビリテーション・ケア研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年07月11日   記述言語:日本語  

  • 脳卒中片麻痺患者の到達把持動作時の肩甲骨・体幹機能の分析―上肢治療用ロボット開発―

    古場友貴,涌野広行,林克樹,小野山薫,坂井伸朗

    第49回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年06月19日 - 2015年06月21日   記述言語:日本語  

  • 脳卒中片麻痺患者の上肢治療用ロボット-到達把持動作時の上肢と体幹の運動の特徴-

    松田貴郁,涌野広行,林克樹,小野山薫,坂井伸朗

    第49回日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年06月19日 - 2015年06月21日   記述言語:日本語  

  • 脳卒中片麻痺患者の到達把持動作における肩甲骨・体幹機能の特徴―上肢治療用ロボットを用いて―

    涌野広行,山中晶子,松田貴郁,古場友貴,林克樹,小野山薫,坂井伸朗,村上輝夫

    第50回日本理学療法学術大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年06月05日 - 2015年06月07日   記述言語:日本語  

  • 脳卒中片麻痺患者の上肢治療用ロボットの開発―脳卒中患者の到達把持動作時の肩甲骨・体幹運動の分析―

    涌野広行,林克樹,小野山薫,坂井伸朗,村上輝夫

    第52回日本リハビリテーション医学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年05月28日 - 2015年05月30日   記述言語:日本語  

  • 脳卒中上肢リハビリテーションのためのロボット装具による到達把持運動の体幹運動計測

    坂井伸朗,林克樹,安部汐美,松村悠暉,涌野広行,山中昌子, 松田貴郁,古場友貴,小森望充,小野山薫,村上輝夫

    第54回 日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年05月07日 - 2015年05月09日   記述言語:日本語  

  • 人工軟骨候補材料の固液二相性潤滑特性の解析

    橋本知依, 坂井伸朗, 内村智章, 鎗光清道, 小森望充, 澤江義則, 村上輝夫

    第54回 日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年05月07日 - 2015年05月09日   記述言語:日本語  

  • ロッカーファンクションにより構築したヒト歩行行ロボットシミュレータ

    坂井伸朗,藤井亮,松井憲政,小森望充,村上輝夫

    第35回バイオトライボロジシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月14日   記述言語:日本語  

  • 繊維強化PVAハイドロゲルの機能向上に関する研究

    内村智章,坂井伸朗,橋本知依,鎗光清道,澤江義則,村上輝夫

    平成27年度日本生体医工学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月07日   記述言語:日本語  

  • Development of Robotic Pelvis Orthosis for Post Stroke Rehabilitation

    Nobuo SAKAI, Katsuki HAYASHI, Shiomi ABE, Yuki MATSUMURA, Hiroyuki WAKUNO, Akiko YAMANAKA, Kaoru ONOYAMA, Teruo MURAKAMI

    The 3rd Joint Conference for Advanced Biomechanics and Japan Institute of Electronics Packaging Kyushu Branch 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年02月06日 - 2015年02月07日   記述言語:英語  

  • 脳卒中患者の骨盤運動リハビリのためのロボット装具の開発

    松村悠暉,坂井伸朗,林克樹,安部汐美,涌野広行,山中昌子,松田貴郁,古場友貴,村上輝夫,小野山薫

    日本機械学会 第27回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年01月09日 - 2015年01月10日   記述言語:日本語  

  • 脳卒中リハビリロボット装具を用いた到達把持様式における個人差の解析

    安部汐美,坂井伸朗,林克樹,松村悠暉,涌野広行,山中昌子,松田貴郁,古場友貴,村上輝夫,小野山薫

    日本機械学会 第27回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年01月09日 - 2015年01月10日   記述言語:日本語  

  • 軟性内視鏡挿入支援ロボットの開発

    薮田佳治,後藤高彰,坂井伸朗,久米恵一郎,村上輝夫

    日本機械学会 第27回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年01月09日 - 2015年01月10日   記述言語:日本語  

  • MEMS圧力センサによる人工軟骨材料固液二相性潤滑特性の評価

    坂井伸朗,内村智章,鎗光清道,山口哲生,澤江義則,村上輝夫

    日本機械学会 第27回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年01月09日 - 2015年01月10日   記述言語:日本語  

  • 生体規範超潤滑ハイドロゲル人工軟骨を有する人工関節

    村上輝夫,鎗光清道,中嶋和弘, 山口哲生,小俣誠二,澤江義則, 坂井伸朗,鈴木淳史

    日本機械学会 第27回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年01月09日 - 2015年01月10日   記述言語:日本語  

  • Development of Robotic Trunk-Scapula Orthosis for Stroke Reach-to-Grasp Rehabilitation

    N. Sakai, K. Hayashi, S. Abe, K. Onoyama and T. Murakami

    The 2nd Universiti Putra Malaysia – Kyushu Institute of Technology International Symposium on Applied Engineering and Sciences 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月20日 - 2014年12月21日   記述言語:英語  

  • Enhancement of Biphasic Lubrication Mechanism of PVA Hydrogel

    N. Sakai, T. Uchimura , S. Yarimitsu, Y. Sawae and T. Murakami

    第24回日本MRS年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月10日 - 2014年12月12日   記述言語:日本語  

  • Observation of frictional behavior of articular cartilage using biaxial testing machine equipped on microscope

    Nobuo Sakai, Hiroshi Yamanaka, Yoshinori Sawae and Teruo Murakami

    The 15th IUMRS-ICA 2014 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年08月24日 - 2014年08月30日   記述言語:英語  

  • 脳卒中片麻痺患者の上肢治療用リハビリロボットの開発

    涌野広行,山中晶子,松田貴郁,林克樹,小野山薫

    第51回日本リハビリテーション医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年06月05日 - 2014年06月07日   記述言語:日本語  

  • 脳卒中片麻痺患者の上肢治療用リハビリロボットの開発(第5報)―上肢到達把持動作に伴う肩甲骨・体幹・股関節との関連性について―

    涌野広行,山中晶子,松田貴郁,林克樹,小野山薫,坂井伸朗,村上輝夫

    第49回日本理学療法学術大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年05月30日 - 2014年06月01日   記述言語:英語  

  • Observation of biphasic lubrication mode using MEMS pressure sensor

    Nobuo Sakai, Seido Yarimitsu, Tetsuo Yamagichi, Yoshinori Sawa and Teruo Murakami

    The 2nd International Conference on BioTribology 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年05月11日 - 2014年05月14日   記述言語:英語   開催地:カナダ国トロント市  

  • Evaluation of a superior lubrication mechanism with biphasic hydrogels for artificial cartilage

    T. Murakami, N. Sakai, T. Yamaguchi, S. Yarimitsu, K. Nakashima, Y. Sawae, A. Suzuki

    The 2nd International Conference on BioTribology 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年05月11日 - 2014年05月14日   記述言語:英語   開催地:カナダ国トロント市  

  • 歯科インプラントの力学的解析

    大塚集, 坂井伸朗, 松﨑達哉, 山本麻貴, 澤江義則, 鮎川保則, 松下恭之, 古谷野潔

    日本機械学会九州支部第67期総会・講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月13日 - 2014年03月14日   記述言語:日本語  

  • 生体関節軟骨の力学的挙動観察のための顕微鏡可視化2軸力学試験機の開発

    坂井伸朗, 山中大士, 小森望充, 花澤雄太, 澤江義則, 村上輝夫

    平成26年度日本生体医工学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月01日   記述言語:日本語  

  • 脳卒中上肢リハビリテーション支援のためのロボット体幹装具による到達把持様式の解析

    安部汐美,坂井伸朗,林克樹,涌野広行,安谷屋晶子,小森望充,小野山薫,村上輝夫

    日本機械学会第26回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年01月11日 - 2014年01月12日   記述言語:日本語  

  • 顕微鏡可視化二軸力学試験機による関節軟骨の力学的挙動の解析

    山中大士,坂井伸朗,澤江義則,小森望充,花澤雄太,村上輝夫

    日本機械学会第26回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年01月11日 - 2014年01月12日   記述言語:日本語  

  • 固液二相性ハイドロゲル人工軟骨のトライボ特性評価(続報)

    村上 輝夫, 坂井伸朗, 山口 哲生, 鎗光 清道, 中嶋 和弘, 澤江 義則, 鈴木淳史

    トライボロジー会議2014秋福岡 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年10月24日   記述言語:日本語  

  • 人工軟骨の固液二相性潤滑の解析

    坂井伸朗, 粟田弘孝, 山口哲生, 澤江義則, 小森望充, 村上輝夫

    日本トライボロジー学会2013秋福岡 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年10月23日 - 2013年10月26日   記述言語:日本語  

  • Superior Lubricity in Articular Cartilage and Artificial Hydrogel Cartilage

    Teruo Murakami, Seido Yarimitsu, Kazuhiro Nakashima, Yoshinori Sawae, Tetsuo Yamaguchi, Nobuo Sakai, Atsushi Suzuki

    World Tribology Congress 2013 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月12日   記述言語:英語  

  • Observation of the Transition between Soft-EHL and Biphasic Lubrication Mode Using MEMS Pressure Sensor

    Nobuo Sakai, Hirotaka Awata, Tetsuo Yamaguchi, Yoshinori Sawae, Teruo Murakami

    World Tribology Congress 2013 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月11日   記述言語:英語  

  • 脳卒中上肢リハビリ用体幹-肩甲骨系ロボット装具の開発

    坂井伸朗,多田尚平,安部汐美,林克樹,涌野広行,安谷屋晶子,小野山薫,村上輝夫

    第23回バイオメカニズムシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年07月26日 - 2013年07月28日   記述言語:日本語  

  • 脳卒中片麻痺患者の上肢治療用ロボット~到達把持動作における肩甲骨,肩関節の動きの変化について~

    安谷屋晶子, 林克樹, 涌野広行, 小野山薫, 坂井伸朗, 村上輝夫

    第47会日本作業療法学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年06月28日 - 2013年06月30日   記述言語:日本語  

  • 固液二相性ハイドロゲル人工軟骨のトライボ特性評価

    村上 輝夫, 坂井伸朗, 山口 哲生, 鎗光 清道, 中嶋 和弘, 澤江 義則, 鈴木淳史

    トライボロジー会議2013春投稿 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年05月22日   記述言語:英語  

  • 有限要素法による股関節半置換術後の関節軟骨の挙動解析

    大江光,坂井伸朗,小森望充,村上輝夫

    日本機械学会九州支部第66期総会・講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月13日 - 2013年03月14日   記述言語:日本語  

  • Observation of the transition between hydrodynamic and biphasic lubrication modes using MEMS pressure sensor

    Nobuo Sakai, Hirotaka Awata, Tetsuo Yamaguchi, Yoshinori Sawae and Teruo Murakami

    バイオMEMS研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月09日   記述言語:英語  

  • 脳卒中リハビリ支援ロボット装具における腋下支持ハンドの開発

    多田尚平,坂井伸朗,林克樹,涌野広行,安谷屋晶子,小野山薫,小森望充,村上輝夫

    日本機械学会第25回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年01月09日 - 2013年01月10日   記述言語:日本語  

  • 関節軟骨の固液二相挙動力学特性評価(続報)

    岡田達樹,坂井伸朗,村上輝夫,澤田廉士

    日本機械学会第25回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年01月09日 - 2013年01月10日   記述言語:日本語  

  • 力覚フィードバック機能を有する軟性内視鏡挿入操作支援用マスタースレーブロボットシステムの開発

    後藤高彰,坂井伸朗,久米恵一郎,村上輝夫

    平成24年度日本生体医工学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年12月15日   記述言語:日本語  

  • 脳卒中片麻痺患者の上肢治療用リハビリロボットの開発(第4報)―空間的到達把持動作が体幹制御に及ぼす影響―

    涌野広行,安谷屋晶子,林克樹,小野山薫,坂井伸朗,村上輝夫

    第47回日本理学療法学術大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年05月25日 - 2012年05月27日   記述言語:日本語  

  • 摩擦力顕微鏡により捉えられた軸受鋼表面に対する高圧水素ガスの影響

    坂井伸朗,今関裕司,田中宏昌,宮越栄一,澤江義則,村上輝夫,杉村丈一

    日本機械学会九州支部第65期総会・講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月   記述言語:日本語  

  • 有限要素法を用いた生体関節軟骨の固液二相性材料特性の解析

    坂井伸朗, 萩原裕一郎, 古澤宰, 細田菜津子, 澤江義則, 村上輝夫

    日本機械学会第24回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年01月   記述言語:日本語  

  • Time-dependent frictional behaviors in hydorogel artificial cartilage materials

    Teruo Murakami, Seido Yarimitsu, Kazuhiro Nakashima, Yoshinori Sawae, Nobuo Sakai, Takuya Araki, Atsushi Suzuki

    The 6th International Biotribology Forum  バイオトライボロジ研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年11月05日   記述言語:英語   開催地:福岡市  

  • Adaptive Multimode Lubrication Mechanism in Articular Cartilage and Its Application to Artificial Cartilage

    Adaptive Multimode Lubrication Mechanism in Articular Cartilage and Its Application to Artificial Cartilage

    International Tribology Conference Hiroshima 2011 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年10月30日 - 2011年11月03日   記述言語:英語  

  • Functionality of articular cartilage as a load-bearing from the viewpoint of biphasic lubrication using finite element analysis

    N. Sakai, T. Furusawa, N. Hosoda, Y. Hagihara, Y. Sawae, T. Murakami

    International Conference on BioTribology  エルゼビア

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月20日 - 2011年09月21日   記述言語:英語   開催地:ロンドン  

  • Synergistic mechanism of adaptive multimode lubrication in natural synovial joints

    T. Murakami, S. Yarimitsu, K. Nakashima, Y. Sawae, N. Sakai

    International Conference on BioTribology  エルゼビア

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月20日 - 2011年09月21日   記述言語:英語   開催地:ロンドン  

  • 生活環境評価のためのどこでも摩擦試験器

    坂井伸朗,古澤宰,澤江義則,村上輝夫

    日本機械学会九州支部 第64 期総会・講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月17日   記述言語:英語  

  • Effects of High Pressure Hydrogen Gas on Surface Properties of Steels

    Hiroyoshi Tanaka, Nobuo Sakai, Yoshinori Sawae, Joichi Sugimura

    2011 Hydrogenius Tribology Symposium 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年02月03日   記述言語:英語   開催地:福岡市  

  • Effects of high pressure hydrogen gas on surface properties of steels

    H. Tanaka, N. Sakai, Y. Sawae and J. Sugimura

    ASIATRIB 2010 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年12月07日   記述言語:英語   開催地:オーストラリア  

  • Effectiveness of adsorbed film and gel layer in hydration lubrication as adaptive multimode lubrication mechanism for articular cartilage

    T Murakami, K Nakashimaa, S Yarimitsu, Y Sawae, N Sakai

    37th Leeds-Lyon Symposium on Tribology 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月08日 - 2010年09月10日   記述言語:英語  

  • Analysis of biphasic lubrication of articular cartilage loaded by cylindrical indenter

    N Sakai, N Hosoda, Y Sawae, T Murakami

    37th Leeds-Lyon Symposium on Tribology 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月08日 - 2010年09月10日   記述言語:英語  

  • Roles of Adsorbed Film and Gel Layer in Hydration Lubrication for Articular Cartilage with Biphasic Property

    Teruo Murakami, Kazuhiro Nakashima, Yoshinori Sawae, Nobuo Sakai, Seido Yarimitsu, Natsuko Hosoda

    6th World Congress of Biomechanics 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年08月02日 - 2010年08月05日   記述言語:英語  

  • 円筒圧子を用いた関節軟骨の固液二相性潤滑の解析

    坂井伸朗,細田奈津子,萩原裕一郎,上野誠,澤江義則,村上輝夫

    第30回バイオトライボロジシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月13日   記述言語:日本語   開催地:福岡市  

  • 脳卒中上肢リハビリテーションのための肩-体幹系ロボット装具の開発

    坂井伸朗,林克樹,武末卓,深堀栄一,澤江義則,村上輝夫

    日本生体医工学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月06日   記述言語:日本語  

  • 脳卒中片麻痺リハビリ支援ロボットによる運動測定制御システムの開発

    武末 卓,坂井伸朗,林 克樹,深堀栄一,澤江義則,村上輝夫

    第22回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年01月10日   記述言語:日本語  

▼全件表示

工業所有権

  • 繊維強化ハイドロゲル及びその製造方法

    村上輝夫,澤江義則,小俣誠二,佐々木沙織,坂井伸朗,内村智章,橋本知依,鎗光清道,鈴木淳史

     詳細を見る

    出願番号:2017-075501  出願日:2017年04月05日

    公開番号:特開2018-177879  公開日:2018年11月15日

  • ハイブリッドゲル、及びハイブリッドゲルの製造方法

    鈴木淳史、佐々木沙織、村上輝夫、中嶋和弘、槍光清道、坂井伸朗

     詳細を見る

    出願番号:2014-176522  出願日:2014年08月29日

  • ハイブリッドゲル、及びハイブリッドゲルの製造方法

    鈴木淳史,佐々木沙織,村上輝夫,中嶋和弘,鎗光清道,坂井伸朗

     詳細を見る

    出願番号:2013-180560  出願日:2013年08月30日

  • 内視鏡操作システム

    久米恵一郎,坂井伸朗,後藤高彰

     詳細を見る

    出願番号:2012-060468  出願日:2012年03月05日

    公開番号:2013-192623  公開日:2013年09月30日

  • 人工関節動作装置と、それを用いた人工関節シミュレータ及び人工関節の摩耗試験装置

    村上輝夫,澤江義則,坂井伸朗

     詳細を見る

    公開番号:2003-164461  公開日:2003年06月10日

  • 動作支援装置及びリハビリテーション装置

    村上輝夫,澤江義則,坂井伸朗, 山口駿介, 林克樹, 深堀栄一, 清水志帆子, 古賀昭臣

     詳細を見る

    公開番号:2009-177829  公開日:2009年01月22日

▼全件表示

講演

  • 筋骨格型ロボット歩行シミュレータについて

    臨床歩行分析研究会  2023年03月 

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:座談会  

  • 医工学分野における研究開発の取組み

    計装研究会第426回例会  2023年01月 

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:基調講演  

  • 生体関節軟骨の固液二相性潤滑解析と応用

    第40回バイオレオロジ-学会  2019年06月 

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:招待講演  

  • Transitional behavior between biphasic lubrication and soft-EHL of PVA hydrogel using MEMS pressure sensor

    Biosurface and Biotribology Chengdu, 2017  2017年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月23日 - 2017年09月25日   発表言語:英語   講演種別:特別講演   開催地:中国, 成都  

  • リハビリ・バイオメカのためのロボット開発の試み

    大山リハビリテーション病院講演会  2016年09月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • Importance of Adaptive Multimode Lubrication Mechanism in Natural Synovial Joints

    43rd Leeds-Lyon Symposium on Tribology  2016年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月06日 - 2019年09月09日   発表言語:英語   講演種別:特別講演   開催地:イギリス, リーズ  

  • 医療・リハビリへのメカトロ手法応用の取組み

    第7回社会ロボット具現化ワークショップ「医療やリハビリテーションや介護にロボットはどう活躍するか」  2016年06月 

     詳細を見る

    講演種別:その他  

  • Analysis of biphasic lubrication of articular cartilage and artificial cartilage

    日本機械学会バイオエンジニアリング部門生体システム技術研究会 第30回研究会  2015年12月  日本機械学会バイオエンジニアリング部門

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:福岡市  

  • Synergistic Lubricating Function with Different Modes for Artificial Hydrogel Cartilage

    The 8th International Biotribology Forum  2015年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月21日 - 2015年09月22日   発表言語:英語   講演種別:特別講演  

  • 生体関節・人工軟骨の固液二相性潤滑機構

    第2回ハイドロゲルの医用分野への応用セミナー  2013年11月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • 生体軟骨・人工軟骨の固液二相性潤滑機構の解析

    第22回高分子ゲル研究会講座  2013年11月  日本高分子学会

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:横浜  

  • 軟性内視鏡挿入操作支援ロボット等の開発

    第2回北九州医歯工連携研究  2013年03月  北九州市FAIS

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • 力覚フィードバック機能を有する軟性内視鏡挿入操作支援ロボットの開発

    福岡県ロボット産業振興会議  2012年03月 

     詳細を見る

    講演種別:その他  

  • 有限要素法を用いた生体関節軟骨の固液二相性材料特製の解析

    日本機械学会第24回バイオエンジニアリング講演会  2012年01月 

     詳細を見る

    講演種別:基調講演  

  • 医療福祉分野のロボット最新情報(教育講演)

    第33回臨床歩行分析研究会定例会  2011年12月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • 脳卒中リハビリテーションのための体幹-肩系ロボット装具の開発

    福岡県ロボット産業振興会議  2010年03月 

     詳細を見る

    講演種別:その他  

  • Microscopic Observation of Compressive Behavior of Articular Cartilage

    International Workshop on Bio-tribology of Artificial Joint  2009年08月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:徐州, China  

  • バイオメカニクス的視点による知能化福祉機器の開発

    SAGAテクノ2009夏,産学官連携技術交流会  2009年06月  佐賀県農林水産商工本部新産業課

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • 神経生理学的手法を推進するための実用的ロボットリハビリ装具の開発

    フクオカン研究・ビジネス最前線  2009年03月  財団法人福岡県産業科学技術振興財団

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • 上肢のバイオメカニズムと医療福祉技術への応用

    JST異分野交流セミナー  2007年08月  JSTイノベーションプラザ福岡

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

▼全件表示

報道関係

  • 多機能関節機構を開発

    坂井伸朗、村上輝夫

    日本工業新聞  2000年08月

学術関係受賞

  • 第40回臨床歩行分析研究会定例会優秀発表賞

    臨床歩行分析研究会   2018年09月01日

    坂井伸朗, 渕雅子, 林克樹, 小森望充, 村上輝夫

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • IUMRS-ICA2014研究奨励賞

    International Union of Materials Research Societies - The IURMS International Conference in Asia 2014   2014年10月21日

    坂井伸朗

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本生体医工学会九州支部研究奨励賞

    日本生体医工学会   2012年12月

    後藤高彰,坂井伸朗,久米恵一郎,村上輝夫

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本機械学会論文賞

    日本機械学会   2007年04月

    Teruo MURAKAMI, Nobuo SAKAI, Yoshinori SAWAE, Koji TANAKA and Maki IHARA

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本生体医工学会九州支部研究奨励賞

    日本生体医工学会   2005年03月

    坂井伸朗、澤江義則、村上輝夫

     詳細を見る

    受賞国:日本国

科研費獲得実績

  • 治療用途の汎用化を目的とした軟性内視鏡治療ロボットの開発

    研究課題番号: 23K11911  2023年04月 - 2027年03月   基盤研究(C)

  • 生体規範超潤滑ハイドロゲル人工軟骨のロバスト性の向上と最適化

    研究課題番号:16H03170  2016年04月 - 2019年03月   基盤研究(B)

  • 脳卒中上肢リハビリ支援のためのバイラテラルマスタスレーブ型ロボット装具の開発

    研究課題番号:15K01462  2015年04月 - 2018年03月   基盤研究(C)

  • 極低摩擦・極低摩耗生体関節に学ぶ生体規範超潤滑ハイドロゲル人工軟骨の実用化

    研究課題番号:23000011  2011年08月 - 2016年03月   特別推進研究

     詳細を見る

    生体関節の高機能性を取入れた人工関節軟骨の開発を行う

  • 脳卒中上肢リハビリテーション支援のためのロボット装具の開発

    研究課題番号:22700575  2010年04月 - 2013年03月   若手研究(B)

  • 極低摩擦・極低摩耗生体関節に学ぶ多モード自律潤滑機構の解明

    研究課題番号:21246029  2009年04月 - 2011年07月   基盤研究(A)

     詳細を見る

    当人は生体関節軟骨の力学試験を行い、それに基づいた固液二相性有限要素モデルにより、関節軟骨の潤滑機構を解明した

  • 超高齢化社会に役立つ「どこでも摩擦測定器」の開発

    研究課題番号:21650151  2009年04月 - 2011年03月   挑戦的萌芽研究

     詳細を見る

    当人はどこでも気軽に摩擦測定が出来るハンディ型摩擦試験機を開発し、生活環境を摩擦の視点から定量的に計測した。

  • 摺動刺激下の細胞代謝による軟骨最表面構造と潤滑機能の構築メカニズム解明

    研究課題番号:20360078  2008年04月 - 2011年03月   基盤研究(B)

     詳細を見る

    関節軟骨組織構築のために、アガロースゲルに軟骨細胞を撒き、当人は特にしゅう動条件を付加した、力学的刺激付加細胞培養装置を開発した。

  • 解剖学的筋骨格構成を規範としたヒト上肢類似ロボットの研究

    研究課題番号:18760195  2006年04月 - 2008年03月   若手研究(B)

     詳細を見る

    生体筋骨格構成を規範とした、駆動可能なロボット筋骨格シミュレータを特に肩関節について開発した

  • 軟骨組織のマイクロ・ナノ構造における軟骨細胞・周囲組織のメカニクス解明

    研究課題番号:15086212  2003年04月 - 2007年03月   特定領域研究

     詳細を見る

    当人は生体関節軟骨の力学的特性の解明に関して、実験系の構築、実験を行った

  • 生体関節における多モード適応潤滑と自己組織化・修復機構の解明

    研究課題番号:15200037  2003年04月 - 2006年03月   基盤研究(A)

     詳細を見る

    生体関節の多モード適応潤滑機構について研究した。当人は流体潤滑機構の検証等を行った

▼全件表示

受託研究・共同研究実施実績

  • 脳卒中リハビリテーションのための知能化リハビリ機器の開発

    2009年11月 - 2010年10月

     詳細を見る

    研究区分:共同研究

  • 脳卒中上肢リハビリテーションのためのロボット装具の開発ならびにリハビリ機器の知能化

    2008年11月 - 2009年10月

     詳細を見る

    研究区分:共同研究

その他競争的資金獲得実績

  • 力覚フィードバック機能を有する軟性内視鏡挿入操作支援ロボットの開発

    2011年07月 - 2012年03月

    福岡県ロボット産業振興会議FS枠  

  • 脳卒中リハビリテーション支援のための体幹-肩用ロボット装具の開発

    2009年07月 - 2010年03月

    福岡県ロボット産業振興会議FS枠  

  • 神経生理学的手法を推進するための実用的ロボットリハビリ装具の開発

    2007年07月 - 2008年03月

    JSTシーズ発掘試験  

  • ヒト上肢筋骨格構成を規範とした生体規範型ロボットアームの開発

    2006年04月 - 2008年03月

    財団法人メカトロニクス技術高度化財団  

  • ユーザー快適性を重視した次世代超軽量車椅子の開発・実用化研究

    2006年04月 - 2008年03月

    財団法人テクノエイド協会  

  • ユニバーサルデザイン部門, 感性力学

    2004年04月 - 2006年03月

    JSTユーザーサイエンス機構  

▼全件表示

担当授業科目(学内)

  • 2023年度   生体機能設計学特論

  • 2023年度   機械力学

  • 2023年度   制御工学PBLⅡ

  • 2023年度   計測制御入門

  • 2023年度   科学技術英語Ⅱ

  • 2023年度   知能制御応用

  • 2023年度   プロセス制御

  • 2023年度   機械知能工学入門

  • 2022年度   生体機能設計学特論

  • 2022年度   機械力学

  • 2022年度   制御工学PBLⅡ

  • 2022年度   計測制御入門

  • 2022年度   科学技術英語Ⅱ

  • 2022年度   知能制御応用

  • 2022年度   プロセス制御

  • 2022年度   機械知能工学入門

  • 2021年度   生体機能設計学特論

  • 2021年度   機械力学

  • 2021年度   制御工学PBLⅡ

  • 2021年度   計測制御入門

  • 2021年度   科学技術英語Ⅱ

  • 2021年度   知能制御応用

  • 2021年度   プロセス制御

  • 2020年度   生体機能設計学特論

  • 2020年度   制御工学Ⅱ

  • 2020年度   機械力学

  • 2020年度   科学技術英語Ⅱ

  • 2020年度   機械知能工学入門

  • 2020年度   制御工学PBLⅡ

  • 2020年度   知能制御応用

  • 2019年度   生体機能設計学特論

  • 2019年度   制御工学Ⅱ

  • 2019年度   機械力学

  • 2019年度   機械力学

  • 2018年度   生体機能設計学特論

  • 2018年度   機構学

  • 2018年度   機械力学

  • 2018年度   制御工学Ⅱ

  • 2017年度   機構学

  • 2017年度   機械力学

  • 2017年度   制御工学Ⅱ

  • 2017年度   生体機能設計学特論

  • 2017年度   総合システム工学概論

  • 2017年度   工学倫理・安全工学B

  • 2016年度   生体機能設計学特論

  • 2016年度   制御工学Ⅱ

  • 2016年度   機械力学

  • 2016年度   機構学

  • 2016年度   工学倫理・安全工学B

  • 2016年度   総合システム工学概論

  • 2015年度   機構学

  • 2015年度   機械力学

  • 2015年度   制御工学Ⅱ

  • 2015年度   生体機能設計学特論Ⅰ

  • 2015年度   生体機能設計学特論Ⅱ

  • 2014年度   機構学

  • 2014年度   機械力学

  • 2014年度   制御工学Ⅱ

  • 2014年度   生体機能設計学特論

  • 2014年度   総合システム工学PBL

  • 2014年度   工学倫理・安全工学B

  • 2013年度   機構学

  • 2013年度   機械力学

  • 2013年度   制御工学Ⅱ

  • 2013年度   専門英語

  • 2013年度   総合システム工学PBL

  • 2012年度   機構学

  • 2012年度   機械力学

  • 2012年度   制御工学Ⅱ

  • 2012年度   生体機能設計学特論

  • 2012年度   総合システム工学PBL

  • 2011年度   生体機能設計学特論

  • 2011年度   機械力学

  • 2011年度   機構学

  • 2011年度   材料力学

▼全件表示

担当経験のある授業科目(学外)

  • 特別講義1(機械・制御99FA035)

    2021年10月 - 2021年11月   機関名:山口東京理科大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

    生体機能設計とメカトロニクスの応用に関する授業

FD活動への参加

  • 2023年06月   学生への相談支援の状況について~22年度の振り返りと取り組み

  • 2023年03月   コーチングについて知ろう

  • 2023年02月   コロナ世代の研究室適応ー研究室訪問型心理教育プログラムの実践からー

  • 2023年01月   本学の数理・DS・AI教育の取り組み

  • 2022年09月   大学における障害のある学生等への支援について ~本学での対応を中心に~

  • 2022年09月   コロナ禍における学生の研究室適応および留学生のキャンパスライフに関する状況

  • 2022年06月   コロナ3年目の学生相談の状況と対応〜低単位取得学生へのアプローチから〜

  • 2021年09月   英語多読システムFD研修会

  • 2014年09月   平成26年度九州工業大学教員研修

  • 2013年02月   メンタルや発達障害等の学生への対応(保険センター落合先生)

  • 2012年09月   知財DNA研修4

  • 2012年09月   知財DNA研修3

  • 2012年08月   知財DNA研修2

  • 2012年08月   知財DNA研修1

  • 2011年07月   JABEE審査員講習会

  • 2011年07月   平成23年度教育職員研修

▼全件表示

学会・委員会等活動

  • 計装研究会   理事  

    2023年04月 - 現在

  • Biotribology Fukuoka 2023   実行委員  

    2022年09月 - 現在

  • バイオメカニズム学会   理事  

    2022年04月 - 現在

  • バイオメカニズム学会   バイオメカニズム学術講演会2023実行委員長  

    2022年04月 - 現在

  • 機械学会バイオエンジニアリング部門   運営委員会  

    2022年04月 - 現在

  • トライボロジー学会   ITC2023  

    2020年04月 - 現在

  • トライボロジー学会   トライボロジー学会2021秋松江  

    2020年01月 - 2022年03月

  • トライボロジ学会   トライボロジー会議2020in大分  

    2018年09月 - 2020年12月

  • 日本機械学会   バイオフロンティア講演会  

    2014年12月 - 2015年11月

  • 日本機械学会   Life2015実行委員会  

    2013年12月 - 2015年09月

  • トライボロジ学会   広報情報化委員  

    2013年04月 - 2014年03月

  • 日本生体医工学会   評議員  

    2012年01月 - 現在

  • 日本機械学会   第22回日本機械学会バイオエンジニアリング講演会 学術委員  

    2010年01月

  • トライボロジ学会   WORLD TRIBOLOOGY CONGRESS 2009 広報委員  

    2009年09月

  • 日本機械学会   日本機械学会バイオエンジニアリング講演会 実行委員  

    2004年01月

  • バイオメカニズム学会   第18回バイオメカニズム講演会 実行委員  

    2003年07月

▼全件表示

社会貢献活動(講演会・出前講義等)

  • 人のためのロボット

    役割:講師

    九州工業大学  福岡県立小倉南高等学校  2023年12月20日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 人のためのロボット

    役割:講師, 実演

    2023年06月21日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 人のためのロボット

    役割:講師

    九州工業大学  長崎県立猶興館高等学校  2023年02月06日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 人のためのロボット

    役割:講師

    九州工業大学  福岡県立小倉南高等学校  2022年12月21日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 人のためのロボット

    役割:講師

    九州工業大学  沖縄県立宮古高等学校  2022年12月15日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 夢ナビ

    役割:講師

    夢ナビ  夢ナビ  2022年04月25日 - 現在

     詳細を見る

    種別:出前授業

    学校の広報活動の一環だと思います(学校からの依頼)

  • 人のためのロボット

    役割:講師

    九州工業大学  熊本県立熊本西高等学校  2021年12月13日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 下関西高校体験授業

    2016年10月27日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:施設一般公開

    体験授業において、午前にPBL室におけるライントレースロボットの製作実習、午後に講義と研究室見学、および開発中のロボットの体験を行なった。

  • 夢ナビライブ

    2016年10月15日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    「ロボット技術を医療や生体に生かす」

  • 人のためのロボット

    2016年09月09日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    萩高校より九工大に招き、出前講義を行なった。ロボット等の実演と体験を行なった。

  • 人のためのロボット

    2015年03月06日

     詳細を見る

    種別:出前授業

  • 人のためのロボット

    2014年11月13日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    山口県立大津緑洋高等学校・大津校舎

  • 夢ナビライブ

    2014年10月18日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    「ロボット技術を医療や生体に生かす」

  • 人のためのロボット

    2014年07月16日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    大分県立日田高等学校

  • 人のためのロボット

    2014年03月07日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    久留米市立南筑高等学校

  • 生体機能設計による医療用ロボットおよびデバイスの開発(三木会)

    2013年12月25日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 人のためのロボット

    2013年11月05日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立北筑高等学校

  • 人のためのロボット

    2012年10月11日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立小倉東高等学校 2年

  • 平成24年度ロボット産業振興会議総会

    2012年07月25日

     詳細を見る

    種別:その他

    ロボット産業振興会議より要請を受け、医療用ロボットの動体展示、県知事による操作実演

  • 医療福祉機器の開発(三木会)

    2012年02月16日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 福岡市立少年科学文化会館夏休み展示(教育用です)

    2010年07月25日 - 2010年08月31日

     詳細を見る

    種別:その他

    福岡市と九大博物館との合同企画により、人工関節、リハビリロボット等についてパネルや映像による展示を行った

▼全件表示

その他国際交流活動

  • タイ国カセサート大短期研究生受入

    活動期間: 2023年05月 - 2023年06月