2022/05/25 更新

セベ ノボル
瀨部 昇
SEBE Noboru
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 6

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院情報工学研究院 知的システム工学研究系
職名
教授
研究室住所
福岡県飯塚市川津680-4
外部リンク

研究キーワード

  • 制御理論

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 制御、システム工学

出身学校

  • 1987年03月   東京大学   工学部   計数工学科   卒業   日本国

出身大学院

  • 1989年03月   東京大学   工学系研究科   計数工学専攻   修士課程・博士前期課程   修了   日本国

取得学位

  • 東京大学  -  博士(工学)   1994年03月

学内職務経歴

  • 2019年04月 - 現在   九州工業大学   大学院情報工学研究院   知的システム工学研究系     教授

  • 2009年04月 - 2019年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院   知能情報工学研究系     教授

  • 2008年04月 - 2009年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院     准教授

  • 2007年04月 - 2008年03月   九州工業大学   情報工学部     准教授

  • 1995年04月 - 2007年03月   九州工業大学   情報工学部     助教授

学外略歴

  • 1995年02月 - 1995年03月   東京大学   講師   日本国

  • 1989年04月 - 1995年02月   東京大学   助手   日本国

所属学会・委員会

  • 1988年12月 - 現在   計測自動制御学会   日本国

  • 1988年10月 - 現在   システム制御情報学会   日本国

  • 1995年04月 - 現在   国際電気電子工学会(IEEE)   アメリカ合衆国

論文

  • Development of Support Programs for Solving BMI Problems by Overbounding Approximation Method 査読有り 国際誌

    Jiulin Zhu, Noboru Sebe

    2022 SICE International Symposium on Control Systems   7 pages   2022年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Tokyo   2022年03月07日  -  2022年03月10日

    DOI: 10.23919/SICEISCS54350.2022.9754368

  • 周波数領域における拘束条件下での入力行列内のパラメータ推定 査読有り

    佐藤 昌之, 瀬部 昇

    計測自動制御学会論文集 ( 計測自動制御学会 )   58 ( 2 )   100 - 104   2022年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.9746/sicetr.58.100

    DOI: 10.9746/sicetr.58.100

  • Design of safe preventive maintenance procedure for control systems 査読有り 国際誌

    Suyama K., Sebe N.

    Conference on Control and Fault-Tolerant Systems, SysTol 2021   37 - 43   2021年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    France   St Raphael   2021年09月29日  -  2021年10月01日

    By applying the initial state design using a state-dependent switching L2 gain to the safe maintenance procedure presented before, we improve the safety of transitions between operating states to bring the procedure to completion as a support technology for safe and partially-performed preventive maintenance of linear time-invariant control systems.

    DOI: 10.1109/SysTol52990.2021.9595792

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85119512486&origin=inward

  • Robust observer-based controller against plant uncertainties 査読有り 国際誌

    Shikada K., Sebe N., Sato M.

    2021 60th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan, SICE 2021   1196 - 1201   2021年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Tokyo   2021年09月08日  -  2021年09月10日

    This paper concerns a method of constructing observers for the plant with uncertainties. In a conventional design, the nominal system matrix is chosen as the system matrix of the observer for the system with/without the uncertainties. However, the rationale of this strategy is ambiguous. This paper investigates the degree of freedom in selecting the system matrix of the observer. The observer-structured controllers designed with freedom of the selection are evaluated in the H2 control and estimation performances.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85117715361&origin=inward

  • A Dense Optical Flow Estimation Based on Dynamical System Approach under Intensity Variation Violating the Conservation Law 査読有り 国際誌

    Nakamura A., Sebe N., Enokida S., Nobuyama E.

    2021 60th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan, SICE 2021   472 - 477   2021年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Tokyo   2021年09月08日  -  2021年09月10日

    Optical flow is a vector that represents the motion of objects in images. To estimate the optical flow, most of the optical flow estimation methods assume the intensity conservation law. The estimation methods based on a dynamical system approach [3], [4] also use the same assumption. Therefore, these methods might not be able to estimate correctly if the intensity conservation law is violated by various factors. A estimation model at a pixel considering the illumination change was proposed in [7] to improve the estimation accuracy in such situations. This paper proposes a new dense estimation model with the intensity correction quantity to overcome the estimation in the illumination change and the occlusion. Furthermore, this paper proposes to estimate the optical flow with the Kalman filter or the Kalman filter with the sparse constraint to correction quantity. Using the sparse constraint, the correction quantity becomes non-zero only near the flow boundaries. Accordingly, the improvement of estimation accuracy can expect. The effectiveness of the proposed models is demonstrated through numerical examples.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85117685440&origin=inward

  • Safety Design of Control Systems According to International Standards 査読有り 国際誌

    Koichi Suyama, Noboru Sebe

    Proceedings of 2021 European Control Conferenc   1305 - 1310   2021年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Netherlands   Rotterdam (online)   2021年06月29日  -  2021年07月02日

    DOI: 10.23919/ECC54610.2021.9655033

  • Reduction of SISO H-infinity output feedback control problem 査読有り 国際誌

    Waki H., Ebihara Y., Sebe N.

    Linear Algebra and Its Applications   610 ( 1 )   321 - 378   2021年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    We consider the linear matrix inequality (LMI) problem of H output feedback control problem for a generalized plant whose control input, measured output, disturbance input, and controlled output are scalar. We provide an explicit form of the optimal value. This form is the unification of some results in the literature of H performance limitation analysis. To obtain the form of the optimal value, we focus on the non-uniqueness of perpendicular matrices, which appear in the LMI problem. We use the null vectors of invariant zeros associated with the dynamical system for the expression of the perpendicular matrices. This expression enables us to reduce and simplify the LMI problem. Our approach uses some well-known fundamental tools, e.g., the Schur complement, Lyapunov equation, Sylvester equation, and matrix completion. We use these techniques for the simplification of the LMI problem. Also, we investigate the structure of dual feasible solutions and reduce the size of the dual. This reduction is called a facial reduction in the literature of convex optimization. ∞ ∞

    DOI: 10.1016/j.laa.2020.09.034

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85092453733&origin=inward

  • On Gain-Scheduled State-Feedback Controller Synthesis with Quadratic Stability Condition 査読有り 国際誌

    Ebihara Y., Sebe N., Waki H.

    Proceedings of 59th IEEE Conference on Decision and Control   4 ( 3 )   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Republic of Korea   Jeju Island (online)   2020年12月14日  -  2020年12月18日

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85085477720&origin=inward

  • A New Optical Flow Estimation Based on Dynamical System Approach with Intensity Variation Violating the Conservation Law 査読有り 国際誌

    Nakamura A., Sebe N., Enokida S., Nobuyama E.

    2020 59th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan, SICE 2020   967 - 972   2020年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand (online)   Chiang Mai   2020年09月23日  -  2020年09月26日

    Optical flow is a vector that represents the motion of objects in images. The dynamical system approach to optical flow estimation [3] was proposed as one of the optical flow estimation methods. Most of the optical flow estimation methods are based on the intensity conservation law. Therefore, these estimation methods might not be able to estimate correctly if the intensity conservation law is violated by various factors. This paper proposes a new estimation model for images in which the image intensity is not maintained after moving objects in images. The proposed method can estimate not only the optical flow and its spatial gradients but also the intensity variation and its spatial gradients that do not follow the intensity conservation law. In addition, this paper focuses on the possibility of the optical flow estimation from the perspective of the observability. The effectiveness of the proposed model is demonstrated through numerical examples.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85096359561&origin=inward

  • Improvement of Convergence of the Overbounding Approximation Method for BMI problems by Regularization Term 査読有り 国際誌

    Azumi K., Sebe N.

    2020 59th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan, SICE 2020   1880 - 1885   2020年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand (online)   Chiang Mai   2020年09月23日  -  2020年09月26日

    This paper concerns with the regularization term for the overbounding approximation method. The overbounding approximation is one of the methods for solving bilinear matrix inequality (BMI) problems, but the overbounding approximation has problems about its convergence. This paper proposed a new weight parameters of the regularization terms to improve the convergence.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85096362820&origin=inward

  • Robust fault-tolerant servo system against sensor failure and plant uncertainties 査読有り 国際誌

    Shikada K., Sebe N., Suyama K., Indriawati K.

    2020 59th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan, SICE 2020   1886 - 1891   2020年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand (online)   Chiang Mai   2020年09月23日  -  2020年09月26日

    This paper concerns with a design of robust fault-tolerant servo systems against sensor failures and plant uncertainties. The method already exists which estimates sensor failures with disturbance observer, and, constitutes a fault-tolerant control system. In this method, generally the optimal regulator theory is used to design a controller. However, this approach is not easy to consider the robustness against plant uncertainties. In this paper, a method for designing a robust fault-tolerant controller is proposed. This method enables us to consider the robustness by applying H∞ control theory. The effectiveness of the proposed design procedure is demonstrated by a numerical example.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85096358023&origin=inward

  • A safety assessment framework of control systems according to international standards 査読有り 国際誌

    Suyama K., Sebe N.

    Asian Journal of Control   22 ( 5 )   1741 - 1754   2020年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 Chinese Automatic Control Society and John Wiley & Sons Australia, Ltd In this paper, we propose an assessment framework for the safety function implemented in a controller according to international standards on safety. Such a function can prevent events where physical values in a control system deviate from the normal operating range, to the fullest extent possible. Therefore, it can decrease the frequency of demand occurrences on externally implemented safety-related systems and supplement them in risk reduction required by the international standards on safety, such as IEC 61508. In the proposed framework, by evaluating the possibility that the deviations occur because of the true effects of a failure/restoration by using the switching L2 gain for analyzing the fluctuations in transient responses after an unpredictable system switch, we can obtain the demand frequency as an assessment result.

    DOI: 10.1002/asjc.2131

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85066909734&origin=inward

  • Characterization of the dual problem of linear matrix inequality for H-infinity output feedback control problem via facial reduction 査読有り 国際誌

    Waki H., Sebe N.

    Mathematics of Control, Signals, and Systems   32 ( 3 )   361 - 384   2020年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2020, The Author(s). This paper deals with the minimization of H∞ output feedback control. This minimization can be formulated as a linear matrix inequality (LMI) problem via a result of Iwasaki and Skelton 1994. The strict feasibility of the dual problem of such an LMI problem is a valuable property to guarantee the existence of an optimal solution of the LMI problem. If this property fails, then the LMI problem may not have any optimal solutions. Even if one can compute parameters of controllers from a computed solution of the LMI problem, then the computed H∞ norm may be very sensitive to a small change of parameters in the controller. In other words, the non-strict feasibility of the dual tells us that the considered design problem may be poorly formulated. We reveal that the strict feasibility of the dual is closely related to invariant zeros of the given generalized plant. The facial reduction is useful in analyzing the relationship. The facial reduction is an iterative algorithm to convert a non-strictly feasible problem into a strictly feasible one. We also show that facial reduction spends only one iteration for so-called regular H∞ output feedback control. In particular, we can obtain a strictly feasible problem by using null vectors associated with some invariant zeros. This reduction is more straightforward than the direct application of facial reduction.

    DOI: 10.1007/s00498-020-00261-z

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85087762239&origin=inward

  • Initial state design for suppressing undesirable effects of controller switches 査読有り 国際誌

    Suyama K., Sebe N.

    IFAC-PapersOnLine   53 ( 2 )   6452 - 6458   2020年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Germany (online)   Berlin   2020年07月11日  -  2020年07月17日

    We propose a new initial state design procedure for a newly-activated controller at a controller switch. By minimizing the value of the state-dependent switching L2 gain presented in this paper, we can obtain the optimal initial state for suppressing the difference between the actuality that a controller switch occurs and the virtual situation where it does not occur.

    DOI: 10.1016/j.ifacol.2020.12.1788

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85105035116&origin=inward

  • Learning Koopman operator under dissipativity constraints 査読有り 国際誌

    Hara K., Inoue M., Sebe N.

    IFAC-PapersOnLine   53 ( 2 )   1169 - 1174   2020年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Germany (online)   Berlin   2020年07月11日  -  2020年07月17日

    This paper addresses a learning problem for nonlinear dynamical systems with incorporating any specified dissipativity property. The nonlinear systems are described by the Koopman operator, which is a linear operator defined on the infinite-dimensional lifted state space. The problem of learning the Koopman operator under specified quadratic dissipativity constraints is formulated and addressed. The learning problem is in a class of the non-convex optimization problem due to nonlinear constraints and is numerically intractable. By applying the change of variable technique and the convex overbounding approximation, the problem is reduced to sequential convex optimization and is solved in a numerically efficient manner. Finally, a numerical simulation is given, where high modeling accuracy achieved by the proposed approach including the specified dissipativity is demonstrated.

    DOI: 10.1016/j.ifacol.2020.12.1327

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85105111069&origin=inward

  • On Gain-Scheduled State-Feedback Controller Synthesis with Quadratic Stability Condition 査読有り 国際誌

    Ebihara Y., Sebe N., Waki H.

    IEEE Control Systems Letters   4 ( 3 )   662 - 667   2020年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017 IEEE. This letter shows that, as long as continuous-time linear parameter-varying (LPV) systems are concerned, quadratic-stability-based gain-scheduled state-feedback controller synthesis offers no advantage over quadratic-stability-based fixed (parameter-independent) state-feedback controller synthesis in typical control performance specifications. We derive this counterintuitive result by properly extending the previous results on the robust versions of Finsler's lemma and the elimination lemma. We also show that this counterintuitive result is continuous-time LPV system specific, and in the discrete-time LPV system case quadratic-stability-based gain-scheduled state-feedback controller synthesis does bring improvement. These results give a proper warning about the effectiveness of the quadratic-stability-based gain-scheduled state-feedback controller synthesis.

    DOI: 10.1109/LCSYS.2020.2991480

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85085477720&origin=inward

  • Reduction of H-infinity state feedback control problems for the MIMO servo systems 査読有り 国際誌

    Waki H., Sebe N.

    Asian Journal of Control   22 ( 3 )   1025 - 1037   2020年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    We deal with H-infinity state feedback control problem for the multi-input-multi-output (MIMO) servo system and discuss the advantages of the facial reduction (FR) to the resulting linear matrix inequality (LMI) problems. In fact, as far as our usual setting, the dual of the LMI problem is not strictly feasible because the generalized plant has always stable invariant zeros. Thus FR is available to such LMI problems, and we can reduce and simplify the original LMI problem to a smaller-size LMI problem. As a result, we observe that the numerical performance of the SDP solvers is improved. Also, as a by-product, we obtain the best performance index of the reduced LMI problem with a closed-form expression. This helps the H-infinity performance limitation analysis. Another contribution is to reveal that the resulting LMI problem obtained from H-infinity control problem has a finite optimal value, but no optimal solutions under an additional assumption. This is also confirmed in the numerical experiment of this paper. FR also plays an essential role in this analysis.

    DOI: 10.1002/asjc.1985

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85058052736&origin=inward

  • Fault tolerant method on position cascade control of Dc servo system 査読有り 国際誌

    Indriawati K., Sebe N.

    Mechatronic Systems and Control   48 ( 2 )   144 - 151   2020年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The fault of the positioning servo system due to actuator and sensor faults can endanger users and the surrounding environment; even the existing control system has a good performance to position precisely something, such as a position cascade control system. In this paper, a fault tolerant control (FTC) system has been implemented to tolerate faults automatically when the faults on actuator and sensor component of DC modular servo system have occurred. The proposed design consisted of both observers working to estimate actuator fault and later sensor fault, as well as the fault compensation mechanism that has functioned as an occurred fault corrector. The results have showed that FTC system could maintain the performance of the cascade control system of a DC modular servo system with the values of maximum overshoot, settling time, and error steady state that have been smaller than the ones without fault compensation.

    DOI: 10.2316/J.2020.201-0094

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85090422845&origin=inward

  • 半正定値計画によるH∞性能限界解析 招待有り

    蛯原 義雄, 脇 隼人, 瀬部 昇

    計測と制御 ( 公益社団法人 計測自動制御学会 )   59 ( 3 )   218 - 225   2020年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    DOI: 10.11499/sicejl.59.218

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007812251

  • 離散時間線形時不変システム解析のための外部非負システムの構成と低次元化 査読有り

    蛯原 義雄, 瀬部 昇, 増淵 泉, 脇 隼人, 管野 政明, 椿野 大輔

    システム制御情報学会論文誌 ( 一般社団法人 システム制御情報学会 )   32 ( 7 )   284 - 293   2019年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>This paper is concerned with the analysis of discrete-time LTI systems via construction of associated externally positive systems. Recently, the authors established a construction method of an externally positive system whose impulse response is given by the square of the original discrete-time LTI SISO system to be analyzed. This externally positive system allows us to characterize the <i>H</i><sub>2 </sub>norm of the original system by means of the closed-form <i>l<sub>∞</sub></i>-induced norm characterization of externally positive systems. It is nonetheless true that, for the original system of order <i>n</i>, the order of the resulting externally positive system is <i>n</i><sup>2</sup>, incurring a drastic increase in computational burden of computer-aided analysis and synthesis. With this important issue in mind, in this paper, we show that the order can be reduced down to <i>n</i>(<i>n</i>+1)<i>/</i>2 by using the elimination and duplication matrices that are intensively studied by J. R. Magnus in the 80's. In addition to the computational complexity reduction for the aforementioned <i>H</i><sub>2 </sub>analysis, we show that such construction of externally positive systems with reduced order is quite effective in semidefinite-programming-based peak value analysis of impulse responses of general LTI systems.</p>

    DOI: 10.5687/iscie.32.284

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007728846

  • Initial state design for controller switches by using state-dependent switching L2 gain 査読有り 国際誌

    Suyama K., Sebe N.

    2019 18th European Control Conference, ECC 2019   1257 - 1262   2019年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Italy   Naples   2019年06月25日  -  2019年06月28日

    © 2019 EUCA. We propose a new method for designing the initial state of a newly-activated controller at a controller switch. By minimizing the value of a state-dependent switching L2gain through a linear matrix inequality problem, it can provide the optimal initial state for suppressing the fluctuations in transient responses after the switch.

    DOI: 10.23919/ECC.2019.8796131

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85071591347&origin=inward

  • Minimal order observer based H-infinity controller design based on overbounding approximation method 査読有り 国際誌

    Kayo S., Nohmi A., Sebe N., Sato M.

    2019 12th Asian Control Conference, ASCC 2019   167 - 172   2019年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Kitakyushu   2019年06月10日  -  2019年06月12日

    © 2019 JSME. In this paper, the minimal order observer based H∞ controller design is studied. The state space representation of the minimal order observer based controller is complicated and involves the product and quadratic terms of the decision variable matrices, i.e., the state feedback and observer gains. To make the design problem as a bilinear matrix inequality (BMI) problem, we represent the minimal order observer based controller by a descriptor representation, where the decision variable matrices are affinely involved. This descriptor representation enables us to design controllers by applying the overbounding approximation method for general BMI problems. The effectiveness of the proposed design procedure is demonstrated by a numerical example.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85069940778&origin=inward

  • Switching L2 gain for evaluating the fluctuations in transient responses after an unpredictable system switch 査読有り 国際誌

    Suyama K., Sebe N.

    International Journal of Control   92 ( 5 )   1084 - 1093   2019年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017, © 2017 Informa UK Limited, trading as Taylor & Francis Group. We propose a new switching L2 gain for evaluating the fluctuations in transient responses after an unpredictable switch, such as a switch caused by a failure in a control device occurring in the normal operation, between two linear time-invariant systems. We also present L2 gain conditions that enable us to compute the value of the proposed switching L2 gain. We then theoretically establish its applicability as an analysis index. Furthermore, by applying the proposed gain to switching matrix design, we show its potential applicability as a design index.

    DOI: 10.1080/00207179.2017.1381884

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85031415647&origin=inward

  • Application of facial reduction to H-infinity state feedback control problem 査読有り 国際誌

    H. Waki, N. Sebe

    International Journal of Control   92 ( 2 )   303 - 316   2019年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017, © 2017 Informa UK Limited, trading as Taylor & Francis Group. One often encounters numerical difficulties in solving linear matrix inequality (LMI) problems obtained from H ∞ control problems. For semidefinite programming (SDP) relaxations for combinatorial problems, it is known that when either an SDP relaxation problem or its dual is not strongly feasible, one may encounter such numerical difficulties. We discuss necessary and sufficient conditions to be not strongly feasible for an LMI problem obtained from H ∞ state feedback control problems and its dual. Moreover, we interpret the conditions in terms of control theory. In this analysis, facial reduction, which was proposed by Borwein and Wolkowicz, plays an important role. We show that the dual of the LMI problem is not strongly feasible if and only if there exist invariant zeros in the closed left-half plane in the system, and present a remedy to remove the numerical difficulty with the null vectors associated with invariant zeros in the closed left-half plane. Numerical results show that the numerical stability is improved by applying it.

    DOI: 10.1080/00207179.2017.1351625

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85025143403&origin=inward

  • State-Dependent Switching L2 Gain for Analyzing the Fluctuations in Transient Responses after a System Switch 査読有り 国際誌

    Koichi Suyama, Noboru Sebe

    Proceedings of 57th IEEE Conference on Decision and Control   6263 - 6268   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    U.S.A.   Miami Beach   2018年12月17日  -  2018年12月19日

    © 2018 IEEE. We propose a state-dependent switching mathcal{L}-{2} gain for analyzing the fluctuations in transient response after an unpredictable switch between two linear time-invariant systems. Its value depends on the state of a pre-switch system at a switching time. Thus, it enables us to theoretically discuss the effects of the situation at a switching time on the fluctuations in transient responses after the switch. For example, its value distribution in the state space of a pre-switch system can be used for evaluating the dangerous extent of the situation at an occurrence time of a control device failure.

    DOI: 10.1109/CDC.2018.8618974

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85062170815&origin=inward

  • Search Direction in Successive Linearization of Bilinear Matrix Inequality Problems 査読有り 国際誌

    Tomoki Okayama, Noboru Sebe

    2018 International Conference on Information and Communication Technology Robotics, ICT-ROBOT 2018   6 pages   2018年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Busan   2018年09月07日  -  2018年09月09日

    © 2018 IEEE. This paper proposes an alternative successive linearization method which determines the search direction previously to the optimization of decision variables. The proposed method preserves the size of matrix inequality constraint to avoid the increase of the computational consumption.

    DOI: 10.1109/ICT-ROBOT.2018.8549906

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85060017680&origin=inward

  • State assignment method for improvement of transient response caused by controller switching 査読有り 国際誌

    Nakano K., Sebe N., Deguchi S., Suyama K.

    IFAC Symposium on Robust Control Design   51 ( 25 )   365 - 370   IFAC-PapersOnLine   2018年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Brazil   Florianopolis   2018年09月03日  -  2018年09月05日

    © 2018 In this paper, the suppression of undesirable transient responses caused by controller switching is considered. In some cases, we switch the feedback and the observer gains in order to improve the control performance. However, such switching causes large disturbed transient response. To suppress such undesirable transient response, we propose to assign the state of the dynamical controller. This paper shows that it can be further suppressed by attaching an observer in order to suppress the transient response caused by switching, even in the case that all the states can be measured directly. The proposed assignment rule is based on the observability gramian of the post-switching closed loop system.

    DOI: 10.1016/j.ifacol.2018.11.134

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85056825826&origin=inward

  • Sequential Convex Overbounding Approximation Method for Bilinear Matrix Inequality Problems 査読有り

    Noboru Sebe

    IFAC symposium on Robust Control Design   51 ( 25 )   102 - 109   IFAC paper online   2018年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Brazil   Florianopolis   2018年09月03日  -  2018年09月05日

    © 2018 This paper concerns with the overbounding method for solving the bilinear matrix inequality (BMI) problem. The overbounding method is essentially the same as the difference of convex optimization approach and the inner approximation method. The unified view of these methods is provided. This paper also proposes a new overbounding algorithm based on the less conservative overbounding approximation and the matrix decomposition.

    DOI: 10.1016/j.ifacol.2018.11.089

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85056868873&origin=inward

  • Improving the Accuracy of Dynamical System Based Optical Flow Estimation by Central Difference Discretization of Time Derivative 査読有り 国際誌

    Yuta Akiyoshi, Noboru Sebe, Shuichi Enokida and Eitaku Nobuyama

    4th International Conference on Machine Vision and Machine Learning (MVML'18)   MVML107 (7 pages)   2018年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Spain   Madrid   2018年08月21日  -  2018年08月23日

    DOI: 10.11159/mvml18.107

  • Control System Design for Safely Performing Preventive Maintenance 査読有り

    Suyama K., Sebe N.

    IEEE International Conference on Control and Automation, ICCA   1087 - 1094   2018年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    U.S.A.   Anchorage   2018年06月12日  -  2018年06月15日

    © 2018 IEEE. On the basis of fault-tolerant control theory and switching L2 gain analysis, we propose a new control system design procedure for achieving an operating state suitable for safely performing preventive maintenance of each subsystem, where the safety of the bidirectional transitions between normal operation and an operating state is guaranteed.

    DOI: 10.1109/ICCA.2018.8444281

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85053153171&origin=inward

  • Strong feasibility of the dual problem of linear matrix inequality for H-infinity output feedback control problem 査読有り 国際誌

    Waki H., Sebe N.

    SICE ISCS 2018 - 2018 SICE International Symposium on Control Systems   47 - 53   2018年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Tokyo   2018年03月09日  -  2018年03月11日

    © 2018 The Society of Instrument and Control Engineers - SICE. Strong feasibility (a.k.a. strict feasibility) of the dual problem of a given linear matrix inequality (LMI) is an important property to guarantee the existence of an optimal solution of the LMI problem. In particular, the LMI problem may not have any optimal solutions if the dual is not strongly feasible. This implies that the computed solutions by SDP solvers may be meaningless and useless for designing the controllers of H∞ output feedback control problems. The facial reduction is a tool to analyze and reduce such non-strongly feasible problems. We introduce the strong feasibility of the dual and facial reduction and provide the necessary and sufficient condition on the strong feasibility. Furthermore, we reveal that the condition is closely related to invariant zeros in the plant.

    DOI: 10.23919/SICEISCS.2018.8330155

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85049335246&origin=inward

  • 外部非負システムへの変換による離散時間線形時不変システムのH2解析 査読有り

    蛯原 義雄, 瀬部 昇, 増淵 泉, 脇 隼人, 管野 政明, 椿野 大輔

    システム制御情報学会論文誌 ( 一般社団法人 システム制御情報学会 )   31 ( 2 )   75 - 84   2018年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>In this paper, we explore <i>H</i><sub>2 </sub>analysis techniques of general, not necessarily positive, discrete-time linear time-invariant (LTI) systems by means of positive system theory. While externally positive systems are a particular class of systems whose impulse responses take only nonnegative values, we often encounter such impulse responses even in the analysis of general LTI systems. A typical example is the computation of the <i>H</i><sub>2 </sub>norm where we focus on squared impulse responses. In view of this observation, we first clarify that we can construct an SISO externally positive system whose impulse response is given by the square of the impulse response of a given SISO LTI system. This system conversion allows us to reduce the <i>H</i><sub>2 </sub>norm computation problem of a general LTI system to the <i>l</i><i><sub>&infin;</sub></i>-induced norm computation problem (or <i>l</i><sub>1 </sub>problem in short) of the resulting externally positive system. It also turns out that this problem reduction enables us to derive various alternative formulas for the <i>H</i><sub>2 </sub>norm of general discrete-time LTI systems.</p>

    DOI: 10.5687/iscie.31.75

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130006734448

  • Reduction of H-infinity state feedback control problems for the servo systems 査読有り 国際誌

    H. Waki, N. Sebe

    2017 Asian Control Conference, ASCC 2017   2244 - 2249   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Australia   Gold Coast   2017年12月17日  -  2017年12月20日

    © 2017 IEEE. We study the strict feasibility of the linear matrix inequality (LMI) and its dual for H∞ state feedback control problem for the multi-input multi-output (MIMO) servo system. Then we show that weighting functions with unstable zeros improve the numerical accuracy. We discuss the relationship between the zeros in the weighting function and the strict feasibility of the dual LMI. This is closely related to the numerical accuracy of LMI solvers because algorithms implemented in LMI solvers require the strict feasibility for both the LMI and its dual. Furthermore, we provide closed-form expression of the performance limitation when given plants have one or two unstable invariant zeros. The non-strict feasibility of the dual plays an essential role in the expression.

    DOI: 10.1109/ASCC.2017.8287524

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85047490350&origin=inward

  • A bias fault estimation of actuators and sensors by optimization with l0 norm constraint 査読有り 国際誌

    Ichikawa M., Sebe N., Suyama K., Indriawati K.

    2017 Asian Control Conference, ASCC 2017   1443 - 1448   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Australia   Gold Coast   2017年12月17日  -  2017年12月20日

    © 2017 IEEE. This paper proposes a bias fault estimation method by a single observer, which is based on the compress sensing. Fault-tolerant control of systems becomes increasingly important to keep safety of systems. The bias fault estimation is one of the most important technologies in fault-tolerant control theory, especially for passive fault-tolerant servo systems. For the bias fault estimation problem, the disturbance observer approach has been proposed. However, this approach cannot be applied to the estimation of all faults at both actuators and sensors by a single observer. In this paper, a bias fault estimation method based on the compress sensing is proposed. Under the assumption that only one device fault occurs at a time, the bias fault estimation method by a single observer can be formulated as an optimization problem with l0 norm constraint. This paper gives a numerical example to demonstrate the effectiveness of the proposed estimation method.

    DOI: 10.1109/ASCC.2017.8287385

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85047527963&origin=inward

  • Effectiveness of higher order controllers for uncertain systems 査読有り 国際誌

    T. Tada, Y. Izumiguchi, N. Sebe

    2017 Asian Control Conference, ASCC 2017   582 - 587   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Australia   Gold Coast   2017年12月17日  -  2017年12月20日

    © 2017 IEEE. This paper demonstrates the effectiveness of higher order controllers for uncertain systems. Gain scheduling control is a powerful control strategy for robust control, if the uncertainty is measurable. If the uncertainty is not measurable, uncertainty might be estimated by using filters. Using such estimation filters gain scheduling controllers can be regarded as higher order controllers. Accordingly, higher order controllers might achieve better performance for uncertain systems. This paper considers a design problem of robust dynamical state feedback, as an example of higher order controller. This paper also demonstrates the effectiveness of it.

    DOI: 10.1109/ASCC.2017.8287235

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85047561451&origin=inward

  • Controller Reset Strategy for Anti-Windup Based on Switching L2 Gain Analysis 査読有り

    Koichi Suyama,Noboru Sebe

    Asian Journal of Control   19 ( 6 )   1877 - 1890   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017 Chinese Automatic Control Society and John Wiley & Sons Australia, Ltd When the calculated value of a control input approaches its limitations, resets of controllers are often used to prevent windup. However, an automatic reset should only be performed after confirmation that it will not adversely affect the transient performance and lead to another windup. In this study, we apply a switching L 2 gain analysis to a more appropriate evaluation of transient responses after a reset in order to propose an improved strategy for the automatic resets of controllers, such that windup does not accompany resets.

    DOI: 10.1002/asjc.1530

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85033697260&origin=inward

  • Support technology for safe preventive maintenance of control systems 査読有り 国際誌

    Koichi Suyama,Noboru Sebe

    20th IFAC World Congress (IFAC-PapersOnLine)   50 ( 1 )   10369 - 10376   (IFAC-PaperOnLine)   2017年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    France   Toulouse   2017年07月09日  -  2017年07月14日

    © 2017 On the basis of fault-tolerant control theory and switching L 2 gain analysis, we propose a new maintenance support technology to implement an operating state suitable for safely performing preventive maintenance of each subsystem, where the safety of the bidirectional transitions between normal operation and an operating state is guaranteed.

    DOI: 10.1016/j.ifacol.2017.08.1690

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85031769917&origin=inward

  • Simultaneous estimation of optical flow and its boundaries based on the dynamical system model 査読有り 国際誌

    Michishita Y., Sebe N., Enokida S., Nobuyama E.

    VISIGRAPP 2017 - Proceedings of the 12th International Joint Conference on Computer Vision, Imaging and Computer Graphics Theory and Applications   6   377 - 385   2017年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Portugal   Porto   2017年02月27日  -  2017年03月01日

    © 2017 by SCITEPRESS - Science and Technology Publications, Lda. Optical flow is a velocity vector which represents the motion of objects in video images. Optical flow estimation is difficult in the neighborhood of flow boundary. To resolve this problem, Sasagawa (2014) proposes a modified dynamical system model in which one assumes that, in the neighborhood of flow boundaries, the brightness flows in the perpendicular direction, and considers the resulting corrections to the brightness constancy constraint. However, in that model, the correction is occurred even in place where the flow is continuous. We propose a new model, which switches the conventional model and the proposed model in Sasagawa (2014). As a result, we expect improvement of the estimate accuracy in place where the flow is continuous. We conduct numerical experiments to investigate the improvements that the proposed model yields in the estimation accuracy of optical flows.

    DOI: DOI: 10.5220/0006101303770385

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85047875342&origin=inward

  • Reduction of SDPs in H-infinity Control of SISO Systems and Performance Limitations Analysis 査読有り 国際誌

    Hayato Waki,Yoshio Ebihara,Noboru Sebe

    55th IEEE Conference on Decision and Control   646 - 651   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Las Vegas   2016年12月12日  -  2016年12月14日

    DOI: 10.1109/CDC.2016.7798342

    Scopus

  • Switching L2 Gain for Analyzing the Magnitude of a System Switch 査読有り

    Koichi Suyama,Noboru Sebe

    55th IEEE Conference on Decision and Control   6395 - 6402   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Las Vegas   2016年12月12日  -  2016年12月14日

    DOI: 10.1109/CDC.2016.7799253

    Scopus

  • Evaluation of the ease of restarts in fault-tolerant control systems using multiple switching L2 gains 査読有り

    Koichi Suyama,Noboru Sebe

    Proc. of the 42nd Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society   paper ID: TTC-CSA4-6 (8 pages)   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Italy   Firenze   2016年10月24日  -  2016年10月27日

    DOI: 10.1109/IECON.2016.7793652

    Scopus

  • Dual LMI Approach to H-infinity Performance Limitations Analysis of Sensitivity and Complementary Sensitivity Functions 査読有り 国際誌

    Yoshio Ebihara,Hayato Waki,Noboru Sebe

    Proc. of the IEEE Multi-Conference on Systems and Control   1440 - 1445   2016年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Algentina   Buenos Aires   2016年09月19日  -  2016年09月21日

    DOI: 10.1109/CACSD.2016.7602558

    Scopus

  • H-Infinity Performance Limitations Analysis for SISO Systems: A Dual LMI Approach 査読有り 国際誌

    Yoshio Ebihara,Hayato Waki,Noboru Sebe

    54th IEEE Conference on Decision and Control   6629 - 6634   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Osaka   2015年12月15日  -  2015年12月18日

    DOI: 10.1109/CDC.2015.7403263

  • Robust Fuzzy Observer-Based Fault Tolerant Tracking Control for Nonlinear Systems with Simultaneous Actuator and Sensor Faults: Application to a DC Series Motor Speed Drive 査読有り

    Katherin Indriawati,Noboru Sebe,Trihastuti Agustinah,A. Jazidie

    International Review of Automatic Control   8 ( 6 )   375 - 385   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.15866/ireaco.v8i6.7505

    Scopus

  • Tolerance against multiple fault modes and its application to corrective maintenance of faulty actuators in servo systems 査読有り 国際誌

    Koichi Suyama,Noboru Sebe

    20th IEEE International Conference on Emerging Technologies and Factory Automation   paper ID: 9 (8 pages)   2015年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Luxembourg   Luxembourg   2015年09月08日  -  2015年09月11日

    DOI: 10.1109/ETFA.2015.7301535

    Scopus

  • New Switching L2 Gain Analysis for a Restart with Controller Resets after Maintenance 査読有り 国際誌

    Koichi Suyama,Noboru Sebe

    8th IFAC Symposium on Robust Control Design   348 - 355   2015年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Slovak   Bratislava   2015年07月08日  -  2015年07月11日

    DOI: 10.1016/j.ifacol.2015.09.482

    Scopus

  • Application of Facial Reduction to H-infinity State Feedback Control Problem 査読有り 国際誌

    Hayato Waki,Noboru Sebe

    8th IFAC Symposium on Robust Control Design   112 - 118   2015年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Slovak   Bratislava   2015年07月08日  -  2015年07月11日

    DOI: 10.1016/j.ifacol.2015.09.443

    Scopus

  • Rotation Matrix Optimization with Quaternion 査読有り 国際誌

    Shogo Katsuki,Noboru Sebe

    Proceedings of Asian Control Conference 2015   paper ID:1570074907 (6 pages)   2015年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Malaysia   Kota Kinabalu   2015年06月01日  -  2015年06月03日

    DOI: 10.1109/ASCC.2015.7244645

    Scopus

  • Effects of Diagonal Dominance on Performance of Passive Fault Tolerant Servo Systems 査読有り 国際誌

    Kenta Toyoda,Noboru Sebe,Koichi Suyama

    Proceedings of Asian Control Conference 2015   paper ID:1570074897 (6 pages)   2015年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Malaysia   Kota Kinabalu   2015年06月01日  -  2015年06月03日

    DOI: 10.1109/ASCC.2015.7244644

    Scopus

  • Lower bound analysis of H-infinity performance achievable via decentralized LTI controllers 査読有り 国際誌

    Yoshio Ebihara,Noboru Sebe

    International Journal of Robust and Nonlinear Control   24 ( 16 )   2423 - 2437   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1002/rnc.2999

    Scopus

    その他リンク: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/rnc.2999/abstract

  • Fault-tolerant servo systems using integrators with variable limits 査読有り 国際誌

    Koichi Suyama,Noboru Sebe

    Proceedings of 2014 IEEE Emerging Technology and Factory Automation   8 pages   2014年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Spain   Barcelona   2014年09月16日  -  2014年09月19日

    DOI: 10.1109/ETFA.2014.7005076

  • Dependability Analysis of Fault-Tolerant Servo Systems Using Limited Integrators 査読有り 国際誌

    Koichi Suyama,Noboru Sebe

    Proceedings of 2014 European Control Conference   2014年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    France   Strasbourg   2014年06月25日  -  2014年06月27日

    DOI: 10.1109/ECC.2014.6862235

    Scopus

  • Passive Fault Tolerant Servo Control against One Device Failure Out of Sensors and Actuators 査読有り 国際誌

    Noboru Sebe,Koichi Suyama

    Proceedings of 2014 European Control Conference   2014年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    France   Strasbourg   2014年06月25日  -  2014年06月27日

    DOI: 10.1109/ECC.2014.6862322

    Scopus

  • A Design of Fault-Tolerant Servo Systems against Sensor Failures 査読有り

    Noboru Sebe,Kohei Sumida,Koichi Suyama

    2nd International Conference on Control and Fault Tolerant Systems   208 - 215   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    France   Nice   2013年10月09日  -  2013年10月11日

    DOI: 10.1109/SysTol.2013.6693947

    Scopus

  • Fault-Tolerant Servo Systems against Sensor Failures using Limited Integrators 査読有り

    Koichi Suyama,Noboru Sebe

    Proceedings of 2013 European Control Conference   3796 - 3802   2013年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Switzerland   Zurich   2013年07月17日  -  2013年07月19日

  • Fault-Tolerant Servo Systems against Actuator Failures 査読有り

    Noboru Sebe,Koichi Suyama

    Proceedings of 7th IFAC Symposium on Robust Control Design   499 - 504   2012年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Denmark   Aalborg   2012年06月20日  -  2012年06月22日

    DOI: 10.3182/20120620-3-DK-2025.00175

    Scopus

  • Quasi-Dense Optical Flow Estimation Based on Dynamical System Models 査読有り

    Tomoya Fukami, Shuichi Enokida, Noboru Sebe, Eitaku Nobuyama

    Proceedings of SICE Annual Conference 2011   802 - 811   2011年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Tokyo   2011年09月14日  -  2011年09月17日

  • L2 gain analysis of linear systems with a single switching 査読有り

    Noboru Sebe, Koichi Suyama

    International Journal of Robust and Nonlinear Control   23 ( 8 )   827 - 837   2011年05月

  • 制御レンジからの逸脱に対する制御則の安全性評価 査読有り

    陶山貢市, 瀨部昇

    電子情報通信学会論文誌A   J94-A ( 5 )   350 - 361   2011年05月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Probabilistic safety management of control laws against deviation from normal operating-range 査読有り

    Koichi Suyama,Noboru Sebe

    2010 Conference on Control and Fault Tolerant Systems   442 - 449   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    France   Nice   2010年10月06日  -  2010年10月08日

    DOI: 10.1109/SYSTOL.2010.5676087

    Scopus

  • Decentralized Control for Discrete-Time LTI Systems: Lower Bound Analysis of H-infinity Performance Achievable Via LTI Controllers 査読有り

    Yoshio Ebihara,Noboru Sebe

    2010 American Control Conference   5602 - 5607   2010年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    アメリカ合衆国   Baltimore   2010年06月30日  -  2010年07月02日

    主要論文集(会議)

  • 安全性を考慮して故障直後の過渡応答の乱れを抑制する制御系設計 査読有り

    陶山貢市,瀨部昇

    システム制御情報学会論文誌   23 ( 4 )   65 - 73   2010年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 正常時制御性能と安全性,故障時制御性能との間のバランスを考慮した制御系設計 査読有り

    陶山貢市,瀨部昇

    システム制御情報学会論文誌   22 ( 1 )   29 - 36   2009年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • New LMI Characterizations for Discrete-Time Descriptor Systems and Application to Multiobjetive Control System Synthesis 査読有り

    Noboru Sebe

    17th IFAC World Congress   8821 - 8827   2008年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    大韓民国   Seoul   2008年07月06日  -  2008年07月11日

    主要論文集(会議)

  • 安全性と制御性能のトレードオフを考慮した制御系設計 査読有り

    陶山貢市,瀨部昇

    システム制御情報学会論文誌   21 ( 3 )   89 - 99   2008年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A New Dilated LMI Characterization and Iterative Control System Synthesis 査読有り

    瀨部 昇

    11th IFAC/IFORS/IMACS/IFIP Symposium on Large Scale Systems: Theory and Applications   2007年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Poland   Gdansk   2007年07月22日  -  2007年07月25日

    代表的研究業績

  • Development of Motor Control for Hybrid Electric Vehicles using Gain-Scheduled H-Infinity Control 査読有り

    H. Inagaki(Aisin Seiki Co.Ltd),H. Kato(Aisin Seiki Co.Ltd),N. Sebe

    2007 SAE World Congress   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    アメリカ   Detroit   2007年04月16日  -  2007年04月19日

  • Unification of Independent and Sequential Procedures for Decentralized Controller Design 査読有り

    瀨部 昇

    Automatica   43 ( 4 )   707 - 713   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • 減衰項のある大規模システムのモード分解による一低次元化法 査読有り

    瀨部昇,延山英沢,高田昌二,宮元慎一

    システム制御情報学会論文誌   19 ( 9 )   365 - 367   2006年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Structure of state feedback with k-out-of-m integrity 査読有り

    瀨部 昇

    5th IFAC Symposium on Robust Control Design   2006年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    France   Toulouse   2006年07月05日  -  2006年07月07日

  • Low gain property of rank deficient state feedback gain with k-out-of-m integrity 査読有り

    Noboru Sebe

    3rd International Symposium on Systems & Human Science: Complex Systems Approaches for Safety, Security and Reliability (SSR 2006)   2006年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Austria   Wien   2006年03月06日  -  2006年03月08日

  • Explicit characterization of decentralized coprime factors 査読有り

    瀨部 昇

    Automatica   40 ( 9 )   1569 - 1574   2004年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Rank deficiency of reliable controllers 査読有り

    瀨部 昇

    10th IFAC/IFORS/IMACS/IFIP Symposium on Large Scale Systems: Theory and Applications   1   542 - 547   2004年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Osaka   2004年07月26日  -  2004年07月28日

    代表的研究業績

  • A study on the structure of reliable controllers 査読有り

    瀨部 昇

    16th International Symposium on Mathematical Theory of Networks and Systems   2004年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    ベルギー   Leuven   2004年07月05日  -  2004年07月09日

  • A unified approach to decentralized controller design 査読有り

    瀨部 昇

    The 42nd IEEE Conference on Decision and Control   1086 - 1091   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    アメリカ   Maui   2003年12月09日  -  2003年12月12日

    主要論文集(会議) 代表的研究業績

  • Structure of reliable controllers 査読有り

    Noboru SEBE,Akinori Mochimaru

    1st International Symposium on Systems & Human Science (SSR2003)   167 - 172   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Osaka   2003年11月19日  -  2003年11月20日

  • 古くても役に立つ古典制御

    陶山貢市,瀬部昇

    計測と制御 ( 未設定 )   42 ( 4 )   268 - 276   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Explicit characterization of decentralized coprime factors 査読有り

    瀨部 昇

    Proceedings of 15th IFAC World Congress   2002年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    スペイン   Barcelona   2002年07月21日  -  2002年07月26日

    主要論文集(会議)

  • Drive Train Vibration and Acoustic Noise Reduction Control of Switched Reluctance Motor for Electric Vehicle 査読有り

    H. Inagaki(Aisin Seiki Co.Ltd),H. Kato(Aisin Seiki Co.Ltd),H. Kuzuya(Aisin Seiki Co.Ltd),M. Sugiyama(Aisin Seiki Co.Ltd),N. Sebe,K. Ikeda(Tokushima University)

    Future Car Congress 2002   2002年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    アメリカ   Arlington   2002年06月03日  -  2002年06月05日

  • A characterization of solutions to the inverse H-infinity optimal control problem 査読有り

    瀨部 昇

    40th IEEE Conference on Decision and Control   273 - 278   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    アメリカ   Orlando   2001年12月04日  -  2001年12月07日

    代表的研究業績

  • About Decentralized Feedback: A Survey

    Jacques Bernussou,Noboru Sebe

    9th IFAC/IFORS/IMACS/IFIP Symposium on Large Scale Systems: Theory and Applications (LSS 2001) ( 未設定 )   22 - 33   2001年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Quadratic Stability Conditions of Linear Systems with Frobenius Norm-Bounded Deiagonal Perturbations 査読有り

    Yoshiro Hamada (National Aerospace Laboratory),Seiichi Shin (Univ. Tokyo),Noboru Sebe

    Trans. of the Society of Instrument and Control Engineers   36 ( 8 )   720 - 722   2000年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Series representation of systems and its application to robust controller design 査読有り

    Yasutaka Tokunaga,Takafumi Akamatsu (Higashi Chikushi Junior Collage),Noboru SEBE

    International Symposium of Mathematical Theory of Networks and Systems   2000年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    フランス   Perpignan   2000年06月19日  -  2000年06月23日

  • むだ時間を含む 1 次遅れ系に対する PID 制御器の部分モデルマッチング法に基づいた設計法 査読有り

    赤松貴文(東筑紫短期大学),瀬部昇,北森俊行(法政大学)

    システム制御情報学会論文誌   13 ( 1 )   46 - 52   2000年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A Design of Controllers for Simultaneous H-infinity Control Problem 査読有り

    瀨部 昇

    International Journal of Systems Science   30 ( 1 )   25 - 31   1999年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Decentralized H∞ Controller Design 査読有り

    瀨部 昇

    The 37th IEEE Conference on Decision and Control   2810 - 2815   1998年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    アメリカ   Tampa   1998年12月16日  -  1998年12月18日

  • 耐故障性を有する多変数制御系の一設計法 ーl-部分インテグリティ条件ー 査読有り

    濱田吉郎(東京大学),新誠一(東京大学),瀬部昇

    計測自動制御学会論文集   34 ( 9 )   1184 - 1190   1998年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A Design of Controllers for Simultaneous H-infinity Control Problem 査読有り

    瀨部 昇

    Proceedings of 2nd Asian Control Conference   ( 2 )   583 - 586   1997年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    韓国   Seoul   1997年07月22日  -  1997年07月25日

  • Diagonal Dominance and Integrity 査読有り

    瀨部 昇

    Proceedings of 35th IEEE Conference on Decision and Control   1904 - 1909   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Kobe   1996年12月11日  -  1996年12月13日

  • Relationship Between Decentralized and Centralized Designs in Mixed Sesitivity Problem 査読有り

    Ryosuke Koshiba,Seiichi Shin and Noboru Sebe

    Proceedings of 35th IEEE Conference on Decision and Control   7 - 8   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Kobe   1996年12月11日  -  1996年12月13日

  • A Design Method for Fault-Tolerant Control Systems Based on H-infinity Optimization 査読有り

    Yoshiro Hamada,Seiichi Shin,Noboru Sebe

    Proceedings of 35th IEEE Conference on Decision and Control   1918 - 1919   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Kobe   1996年12月11日  -  1996年12月13日

  • 線形多変数制御系のインテグリティ条件 査読有り

    瀨部 昇

    計測自動制御学会論文集   32 ( 3 )   329 - 335   1996年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 対角優勢と正実性 査読有り

    瀬部昇,北森俊行

    計測自動制御学会論文集   31 ( 12 )   1930 - 1935   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Design of Decentralized Stabilizing Controller Based on a Coprime Factorization 査読有り

    Noboru Sebe,Toshiyuki Kitamori

    Preprints of IFAC LSS '95   ( 1 )   475 - 480   1995年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    イギリス   London   1995年07月11日  -  1995年07月13日

  • Invitation to Dissymmetry --- System Invariance and Basic Properties --- 査読有り

    Reiko Tanaka,Seiichi Shin and Noboru Sebe

    Preprints of IFAC Conference on System Structure and Control   449 - 454   1995年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    フランス   Nantes   1995年07月05日  -  1995年07月07日

  • 分散制御からみた古典制御と現代制御の掛橋

    瀬部昇,北森俊行

    計測と制御 ( 未設定 )   34 ( 6 )   481 - 488   1995年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • ロバストパフォーマンスを達成する分散型安定化補償器の既約分解表現に基づく設計法 査読有り

    瀬部昇,北森俊行

    計測自動制御学会論文集   31 ( 6 )   743 - 750   1995年06月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 既約分解表現に基づく分散型安定化補償器の設計 査読有り

    瀬部昇,北森俊行

    計測自動制御学会論文集   30 ( 12 )   1474 - 1483   1994年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Controllability of Autonomous Decentralized Systems 査読有り

    Reiko Tanaka,Seiichi Shin and Noboru Sebe

    ETFA '94   265 - 272   1994年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Tokyo   1994年11月06日  -  1994年11月10日

  • On a Design of Multi-compensator Configuration 査読有り

    Noboru Sebe and Toshiyuki Kitamori

    Proceedings of the 1st ASCC   ( 3 )   109 - 112   1994年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Tokyo   1994年07月27日  -  1994年07月30日

  • Reliable Stabilization Based on a Multi-Compensator Configuration 査読有り

    Noboru Sebe and Toshiyuki Kitamori

    Preprints of the 12th IFAC World Congress   ( 4 )   5 - 8   1993年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    オーストラリア   Sydney   1993年07月20日  -  1993年07月25日

▼全件表示

著書

  • システム制御のための最適化理論

    延山英沢,瀬部昇(共著)

    コロナ社  2015年07月  ( ISBN:978-4-3390-3321-2

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • Systems and Human Science --For Safety, Security and Dependability

    Noboru SEBE,Akinori Mochimaru(共著 ,  範囲: Chapter 14. Structure of Reliable Controllers)

    Elsevier  2005年03月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

口頭発表・ポスター発表等

  • L2+誘導ノルムの解析I: 上界値解析

    本岡 駿人,蛯原 義雄,脇 隼人,瀨部 昇

    第9回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム  2022年03月  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月07日 - 2022年03月10日   記述言語:日本語   開催地:横浜 (online)   国名:日本国  

  • L2+誘導ノルムの解析II: 下界値解析

    本岡 駿人,蛯原 義雄,脇 隼人,瀨部 昇

    第9回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム  2022年03月  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月07日 - 2022年03月10日   記述言語:日本語   開催地:横浜 (online)   国名:日本国  

  • 非負フィルタと共正値計画を用いたL2+誘導ノルムの解析

    本岡 駿人,蛯原 義雄,脇 隼人,瀨部 昇

    第64回自動制御連合講演会  システム制御情報学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年11月13日 - 2021年11月14日   記述言語:日本語   開催地:京都 (online)  

    CiNii Article

  • LPV プラントに対する非構造化 LTI 制御器からオブザーバ構造型 LTI 制御器への変換

    佐藤 昌之,瀨部 昇,鹿田 佳那

    第64回自動制御連合講演会  システム制御情報学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年11月13日 - 2021年11月14日   記述言語:日本語   開催地:京都 (online)  

    CiNii Article

  • 逐次LMI化法のCAD実装

    朱九霖,瀬部昇

    第40回計測自動制御学会九州支部学術講演会  計測自動制御学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2021年11月06日 - 2021年11月07日   記述言語:日本語   開催地:福岡, 日本 (オンライン)  

  • センサ故障に対する耐故障サーボ系における外乱オブザーバ構造の有効性

    鹿田 佳那, 瀨部 昇, 陶山 貢市, Katherin Indriawati

    第63回自動制御連合講演会  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年11月21日 - 2020年11月22日   記述言語:日本語   開催地:富山 (online)  

    CiNii Article

  • 拡大・回転が推定可能なオプティカルフロー推定モデルへの逐次最小二乗法の適用

    中村翔太,瀬部昇,延山英沢,榎田修一

    第38回計測自動制御学会九州支部学術講演会  計測自動制御学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月30日   記述言語:日本語   開催地:宮崎, 日本  

  • 消散性制約つきクープマンモデルによる非線形動的システムの学習

    原 啓太,井上 正樹,瀬部 昇

    第62回自動制御連合講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月08日 - 2019年11月10日   記述言語:日本語   開催地:札幌, 日本  

  • 逐次線形化に基づくBMI問題の数値解法の定数出力フィードバック問題への適用

    瀬部昇

    第6回制御部門マルチシンポジウム  計測自動制御学会制御部門

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月06日 - 2019年03月09日   記述言語:日本語   開催地:熊本  

  • Optimization of State Transition Matrix at Switching using Switching L2 Gain Analysis

    Kodai Nakano, Noboru Sebe, Koichi Suyama

    International Conference on Information and Communication Technology Robotics 2017  The Society of Instrument and Control Engineers, Kyushu Branch

     詳細を見る

    開催期間: 2017年11月25日 - 2017年11月26日   記述言語:英語   開催地:Kagoshima, Japan  

  • カルマンフィルタを用いたオプティカルフロー推定の多重解像度解析

    平尾耕一郎,瀬部昇,榎田修一,延山英沢

    第34回センシングフォーラム  公益社団法人計測自動制御学会計測部門

     詳細を見る

    開催期間: 2017年08月31日 - 2017年09月01日   記述言語:日本語   開催地:熊本, 日本  

  • Robust Path Tracking Control of Wheeled Vehicles Using Model Error Compensators

    Tomoki Tada, Noboru Sebe

    International Conference on Information and Communication Technology Robotics  SPENALO National Robotics Research Center, Korea

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月07日 - 2016年09月09日   記述言語:英語   開催地:Busan, Korea  

  • Optical Flow Estimation Based on Dynamical System Model by Burgers’ Equation

    Hiroshi Noma, Shinya Kudo, Noboru Sebe, Yuya Michishita, Shuichi Enokida, Eitaku Nobuyama

    International Conference on Information and Communication Technology Robotics  SPENALO National Robotics Research Center, Korea

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月07日 - 2016年09月09日   記述言語:英語   開催地:Busan, Korea  

  • A Study on Semi-Active Fault Tolerant Servo Systems by Switching Passive Fault Tolerant Controllers

    Ryosuke Nakamura, Noboru Sebe, Koichi Suyama

    International Conference on Information and Communication Technology Robotics  SPENALO National Robotics Research Center, Korea

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月07日 - 2016年09月09日   記述言語:英語   開催地:Busan, Korea  

  • A gain-scheduled control for horizontal position control of multi-copters

    Mai Ichikawa, Noboru Sebe

    International Conference on Information and Communication Technology Robotics  SPENALO National Robotics Research Center, Korea

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月07日 - 2016年09月09日   記述言語:英語   開催地:Busan, Korea  

  • H∞制御に対する線形行列不等式

    脇隼人,瀬部昇

    日本オペレーションズ・リサーチ学会2015年秋季研究発表会  日本オペレーションズ・リサーチ学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月10日 - 2015年09月11日   記述言語:日本語   開催地:北九州市  

  • 双線形行列不等式問題に対する内点法の提案

    厚坂裕太郎

    第33回計測自動制御学会九州支部学術講演会  計測自動制御学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月06日 - 2014年12月07日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • 故障発生時の過渡特性を考慮した耐故障性を有するサーボ系の設計

    大崩光平,瀬部昇,陶山貢市

    第57回自動制御連合講演会  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年11月10日 - 2014年11月12日   記述言語:日本語   開催地:伊香保  

  • フロー境界の同時推定によるオプティカルフロー推定の精 度向上

    笹川卓哉

    第32回九州支部学術講演会  計測自動制御学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月30日 - 2013年12月01日   記述言語:日本語   開催地:長崎  

  • カルマンフィルタを用いたオプティカルフロー推定

    笹川卓哉

    第13回計測自動制御学会制御部門大会  計測自動制御学会制御部門

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月05日 - 2013年03月08日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • 多倍長演算を用いた逐次LMI化手法について

    中村竜也

    第31回九州支部学術講演会  計測自動制御学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2012年12月08日 - 2012年12月09日   記述言語:日本語   開催地:熊本  

  • センサにおける耐故障性を考慮したサーボ系の設計について

    隅田紘平

    第31回九州支部学術講演会  計測自動制御学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2012年12月08日 - 2012年12月09日   記述言語:日本語   開催地:熊本  

  • ヘリコプターの数学モデルに対する耐故障性を有した制御系の設計と確率的安全性評価

    大山和也

    第31回九州支部学術講演会  計測自動制御学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2012年12月08日 - 2012年12月09日   記述言語:日本語   開催地:熊本  

  • 連続時間系分散型H∞問題の下界値解析法

    江口裕紀

    第30回計測自動制御学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年12月03日 - 2011年12月04日   記述言語:日本語  

  • 耐故障性を有する制御系の確率的安全評価

    熊谷圭真

    第30回計測自動制御学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年12月03日 - 2011年12月04日   記述言語:日本語  

  • 固定ラグスムージングを用いたオプティカルフロー推定

    白石岳

    第30回計測自動制御学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年12月03日 - 2011年12月04日   記述言語:日本語  

  • 離散時間線形時不変系の分散型H∞制御問題に対する下界値解析手法の有効性検証

    小野幹典(京都大学)

    第54回システム制御情報学会研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年05月19日 - 2010年05月21日   記述言語:日本語   開催地:日本 京都市  

  • 1-out-of-m Integrity 問題におけるランク制約された状態フィードバックゲインについて

    情報科学専攻 花咲旭

    第28回計測自動制御学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年11月28日 - 2009年11月29日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡市  

  • 逐次LMI化手法を用いた構造制約付きゲインスケジュールド制御器の設計 -交流モータ制御への応用ー

    情報科学専攻 大佐祐翔

    第52回自動制御理連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年11月21日 - 2009年11月22日   記述言語:日本語   開催地:日本 大阪市  

  • 動的システム論的アプローチによる動画中のオプティカルフロー推定法

    本人

    第38回制御理論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月14日 - 2009年09月16日   記述言語:日本語   開催地:日本 大阪市  

  • Decentralized Control for Discrete-Time LTI Systems: Lower Bound Analysis of Achievable H-infinity Performance

    Yoshio Ebihara, Kyoto University

    第38回制御理論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月14日 - 2009年09月16日   記述言語:英語   開催地:日本 大阪市  

  • 逐次LMI 化手法と双対反復法の関係について

    本人

    第51 回自動制御連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年11月22日 - 2008年11月23日   記述言語:日本語   開催地:日本 米沢市  

  • 切替が一回だけ生じる線形システムのL2ゲイン解析

    本人

    第37回制御理論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月17日 - 2008年09月19日   記述言語:日本語   開催地:日本 霧島市  

  • 逐次LMI化手法のロバスト制御系設計への適用

    本人

    第8回計測自動制御学会制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月05日 - 2008年03月07日   記述言語:日本語   開催地:日本 京都市  

  • ゲインスケジュールドH∞制御を用いたHV用IPMモータ制御の開発

    日本自動車技術会2007年春季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年05月23日 - 2007年05月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 横浜  

  • 反復計算による多目的状態フィードバック設計のための伸長補題

    本人

    第7回計測自動制御学会制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月06日 - 2007年03月08日   記述言語:日本語   開催地:日本 調布市  

  • 減衰項のある大規模システムのモード分解による一低次元化法

    本人

    第48回自動制御連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年11月25日 - 2005年11月26日   記述言語:日本語   開催地:日本 長野市  

  • 耐故障性を有する二次安定化状態フィードバックの構造

    本人

    第5回計測自動制御学会制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年05月25日 - 2005年05月27日   記述言語:日本語   開催地:日本 仙台  

  • Fault tolerant control with integrity

    本人

    SICE annual conference 2003 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年08月04日 - 2003年08月06日   記述言語:英語   開催地:日本 Fukui  

  • H∞制御を活用した電気自動車用モータの振動制御

    第45回自動制御連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年11月26日 - 2002年11月27日   記述言語:日本語   開催地:日本 仙台  

  • むだ時間を含む1次遅れ系に対するPID制御器の部分的モデルマッチング法に基づいた設計法

    第41回 自動制御連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年11月18日 - 1998年11月20日   記述言語:日本語   開催地: 大分市  

▼全件表示

工業所有権

  • 物体運動推定装置, 物体運動推定方法及びプログラム

    瀨部昇,延山英沢,榎田修一,深見友也

     詳細を見る

    出願番号:2011-196460  出願日:2011年09月08日

    公開番号:2013-058105  公開日:2013年03月28日

    登録番号:5874996  登録日:2016年01月29日

  • コジェネレーションシステム

    甲村雅彦,加藤浩明,瀬部昇

     詳細を見る

    出願番号:2010-162777  出願日:2010年07月20日

    公開番号:2010-286233  公開日:2010年12月24日

    登録番号:5105382  登録日:2012年10月12日

    発電機のエネルギー効率を考慮した起動停止

  • 物体運動推定装置、物体運動推定方法、プログラム及び記録媒体

    瀨部昇,延山英沢,榎田修一

     詳細を見る

    出願番号:2009-041360  出願日:2009年02月24日

    登録番号:5504426  登録日:2014年03月28日

    【国際出願番号】 PCT/JP2010/050924
    【国際出願日】 平成22年1月25日(2010.1.25)
    【優先権主張番号】 特願2009-41360(P2009-41360)
    【優先日】 平成21年2月24日(2009.2.24)
    【優先権主張国】 日本国(JP)

  • フィードバック制御方法、モータ制御方法、及びモータ制御装置

    稲垣浩之,東條威士,加藤浩明,瀬部昇

     詳細を見る

    出願番号:2009-037151  出願日:2009年02月19日

    公開番号:2010-193664  公開日:2010年09月02日

    登録番号:5379514  登録日:2013年10月04日

  • コジェネレーションシステム

    水谷友一,甲村雅彦,加藤浩明,瀬部昇

     詳細を見る

    出願番号:2008-192853  出願日:2008年07月25日

    公開番号:2010-32079  公開日:2010年02月12日

    発電機のエネルギー効率を考慮した起動停止

  • コジェネレーションシステム

    甲村雅彦,加藤浩明,鈴木隆志,瀬部昇

     詳細を見る

    出願番号:2008-139081  出願日:2008年05月28日

    公開番号:2009-287810  公開日:2009年12月10日

  • モータ制御システム

    稲垣浩之,加藤浩明,瀬部昇

     詳細を見る

    出願番号:2007-256467  出願日:2007年09月28日

    公開番号:2009-089524  公開日:2009年04月23日

  • 電動機の制御装置、制御方法及びコンピュータプログラム並びに電動機のトルクリップル推定方法

    稲垣浩之,松尾紀子,加藤浩明,瀬部昇

     詳細を見る

    出願番号:2007-047639  出願日:2007年02月27日

    公開番号:2008-211933  公開日:2008年09月21日

  • 電動機の制御装置、制御方法及びコンピュータプログラム

    松尾紀子,稲垣浩之,加藤浩明,瀬部昇

     詳細を見る

    出願番号:2007-029536  出願日:2007年02月08日

    公開番号:2008-199704  公開日:2008年08月28日

  • コジェネレーションシステム

    甲村雅彦,加藤浩明,瀬部昇

     詳細を見る

    出願番号:'2006-304407  出願日:2006年11月19日

    公開番号:'2008-121936  公開日:2008年05月29日

    発電機のエネルギー効率を考慮した起動停止

  • コジェネレーションシステム

    甲村雅彦,加藤浩明,瀬部昇

     詳細を見る

    出願番号:2006-235194  出願日:2006年08月31日

    公開番号:2008-057854  公開日:2008年03月13日

    発電機のエネルギー効率を考慮した起動停止

  • コジェネレーションシステム

    甲村雅彦,加藤浩明,瀬部昇

     詳細を見る

    出願番号:2006-004160  出願日:2006年01月11日

    公開番号:2007-187028  公開日:2007年07月16日

    発電機のエネルギー効率を考慮した起動停止

  • コジェネレーション電力融通システム

    甲村雅彦,加藤浩明,瀬部昇

     詳細を見る

    出願番号:2005-363945  出願日:2005年12月16日

    公開番号:2007-166879  公開日:2007年06月28日

    複数の家庭に対して,複数の発電機を用いて電力,お湯を供給する際の全体としてのエネルギー効率の向上

  • 分散型電源システム

    甲村雅彦,加藤浩明,瀬部昇

     詳細を見る

    出願番号:2005-358227  出願日:2005年12月12日

    公開番号:2007-166746  公開日:2007年06月28日

    複数の発電機が近接している場合、複数発電機間の電力融通を行うことにより、より効率的な発電機の運転を可能にする

  • コジェネレーションシステム

    甲村雅彦,加藤浩明,瀬部昇

     詳細を見る

    出願番号:2005-240418  出願日:2005年08月22日

    公開番号:2007-057122  公開日:2007年03月08日

    廃熱の利用も考慮して熱電供給システムの最適運転を決定する

  • 分散型電源システムの制御装置および分散型電源システムのネットワークシステム

    甲村雅彦,加藤浩明,瀬部昇

     詳細を見る

    出願番号:2004-249330  出願日:2004年08月27日

    公開番号:2006-067743  公開日:2006年03月09日

    登録番号:4270461  登録日:2009年03月06日

  • コジェネレーションシステム、同システム発電制御方法および同システムの発電制御装置

    甲村雅彦,加藤浩明,瀬部昇

     詳細を見る

    出願番号:2004-240800  出願日:2004年08月20日

    公開番号:2006-060932  公開日:2006年03月02日

  • 分散型電源システム

    甲村雅彦,加藤浩明,瀬部昇

     詳細を見る

    出願番号:2004-228385  出願日:2004年08月04日

    公開番号:2006-050790  公開日:2006年02月16日

    登録番号:4270458  登録日:2009年03月06日

  • Control device for electric-powered motor and designing method thereof

    Hiroyuki Inagaki (Aisin Seiki Co. LTD.),Hideki Kuzuya (Aisin Seiki Co. LTD.),Hiroaki Kato (Aisin Seiki Co. LTD.),Noboru Sebe

     詳細を見る

    出願番号:'"10/197  出願日:2002年07月18日

    登録番号:'6717381  登録日:2004年04月06日

  • Electric motor control device

    Hiroyuki Inagaki (Aisin Seiki Co. LTD.),Hideki Kuzuya (Aisin Seiki Co. LTD.),Hiroaki Kato (Aisin Seiki Co. LTD.),Noboru Sebe,Kenji Ikeda (Tokushima Univ.)

     詳細を見る

    出願番号:'"10/080  出願日:2002年02月25日

    登録番号:'6653808  登録日:2003年11月25日

  • Digital signal to pulse converter and method of digital signal to pulse conversion

    Hiroyuki Inagaki (Aisin Seiki Co. LTD.),Hideki Kuzuya (Aisin Seiki Co. LTD.),Hiroaki Kato (Aisin Seiki Co. LTD.),Noboru Sebe

     詳細を見る

    出願番号:'"09/961  出願日:2001年09月25日

    登録番号:'6838854  登録日:2005年01月04日

  • 電動モータの制御装置及びその設計手法

    稲垣浩之,加藤浩明,葛谷秀樹,瀬部昇

     詳細を見る

    出願番号:2001-219620  出願日:2001年07月19日

    公開番号:2003-033065  公開日:2003年01月31日

  • 電動モータの振動抑制制御装置及び電動モータの振動抑制制御における設計手法

    稲垣浩之,加藤浩明,葛谷秀樹,瀬部昇

     詳細を見る

    出願番号:2001-183311  出願日:2001年06月18日

    公開番号:2002-171778  公開日:2002年06月14日

  • 電動モータの制御装置

    稲垣浩之,加藤浩明,葛谷秀樹,瀬部昇,池田建司

     詳細を見る

    出願番号:2001-048251  出願日:2001年02月23日

    公開番号:2002-252997  公開日:2002年09月06日

▼全件表示

講演

  • 動的システム論アプローチによるオプティカルフロー推定法

    第55回システム制御情報学会研究発表講演会  2011年05月 

     詳細を見る

    講演種別:特別講演  

  • About Decentralized Feedback: A Survey

    9th IFAC/IFORS/IMACS/IFIP Symposium on Large Scale Systems: Theory and Applications (LSS 2001)  2001年07月 

     詳細を見る

    講演種別:特別講演  

学術関係受賞

  • 4th Kimura Best Paper Award of Asian Journal of Control (2020 Best Paper Award)

    Asian Journal of Control   Reduction of H-infinity state feedback control problems for the MIMO servo systems   2021年10月

    Hayato Waki,Noboru Sebe

     詳細を見る

    受賞国:その他(アジア地域)

科研費獲得実績

  • 動的システム論に基づくオプティカルフロー推定

    研究課題番号:23656273  2011年04月 - 2014年03月   挑戦的萌芽研究

  • 平方和最適化を基軸とした制御系設計論の開拓と関連他分野への応用

    研究課題番号:19360192  2007年04月 - 2010年03月   基盤研究(B)

  • 並列計算を基盤とした計算制御論の開拓

    研究課題番号:16360212  2004年04月 - 2007年03月   基盤研究(B)

  • 分散制御における「独立設計」と「逐次設計」の統合

    研究課題番号:16560389  2004年04月 - 2007年03月   基盤研究(C)

  • 耐故障性を有する制御系の設計に関する研究

    研究課題番号:09750511  1997年04月 - 1999年03月   奨励研究(A)

  • 高信頼性制御系の設計に関する研究

    研究課題番号:06750444  1994年04月 - 1995年03月   奨励研究(A)

▼全件表示

担当授業科目(学内)

  • 2021年度   情報工学概論

  • 2021年度   微分方程式

  • 2021年度   応用数学

  • 2021年度   信号処理

  • 2021年度   知的システム工学特別講義

  • 2021年度   応用線形代数

  • 2021年度   現代制御論特論

  • 2021年度   ロバスト制御特論

  • 2021年度   先端情報講究Ⅰ

  • 2021年度   先端情報特別実験及び演習Ⅰ

  • 2020年度   微分方程式

  • 2020年度   知的システム工学実験演習Ⅰ

  • 2020年度   知的システム工学実験演習Ⅱ

  • 2020年度   応用数学

  • 2020年度   信号処理

  • 2020年度   ロバスト制御特論

  • 2019年度   システム制御基礎

  • 2019年度   情報工学概論

  • 2019年度   知的システム工学実験演習Ⅰ

  • 2019年度   知的システム工学実験演習Ⅱ

  • 2019年度   微分方程式

  • 2019年度   応用数学

  • 2019年度   信号処理

  • 2019年度   システム制御

  • 2019年度   ロバスト制御特論

  • 2018年度   微分方程式

  • 2018年度   ロバスト制御特論

  • 2018年度   応用解析

  • 2018年度   システム制御

  • 2018年度   線形代数Ⅱ・同演習

  • 2017年度   ロバスト制御特論

  • 2017年度   応用数学

  • 2017年度   応用解析

  • 2017年度   微分方程式

  • 2017年度   システム制御

  • 2016年度   ロバスト制御特論

  • 2016年度   応用数学

  • 2016年度   応用解析

  • 2016年度   微分方程式

  • 2016年度   システム制御

  • 2015年度   ロバスト制御特論

  • 2015年度   応用数学

  • 2015年度   応用解析

  • 2015年度   数学演習 I A

  • 2015年度   数学演習 II A

  • 2015年度   微分方程式

  • 2015年度   システム制御

  • 2014年度   応用数学

  • 2014年度   システム制御

  • 2014年度   微分方程式

  • 2014年度   ロバスト制御特論

  • 2014年度   応用解析

  • 2014年度   数学演習 I A

  • 2014年度   数学演習 II A

  • 2013年度   応用数学

  • 2013年度   数学演習 II A

  • 2013年度   応用解析

  • 2012年度   微分方程式

  • 2012年度   応用解析

  • 2012年度   応用数学

  • 2012年度   ロバスト制御特論

  • 2012年度   知能情報工学基礎演習 I

  • 2012年度   知能情報工学基礎演習 II

  • 2012年度   数学演習 II A

  • 2012年度   数学演習 I A

  • 2012年度   知能情報工学特別講義

  • 2012年度   システム制御

▼全件表示

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など

  • 計測自動制御学会九州支部奨励賞

    計測自動制御学会九州支部  

    2022年01月22日

    朱九霖(指導学生)

  • Lecture of the year

    九州工業大学情報工学部教育委員会  

    2014年06月14日

     詳細を見る

    微分方程式(平成25年度後期,知能情報工学科2年次選択必修)

  • Lecture of the year

    九州工業大学情報工学部教育委員会  

    2013年12月13日

     詳細を見る

    応用解析(平成24年度前期,知能情報工学科2年次選択必修)

  • 計測自動制御学会九州支部奨励賞

    計測自動制御学会九州支部  

    2013年01月13日

    中村竜也(指導学生)

     詳細を見る

    多倍長演算を用いた逐次LMI化手法について

  • 計測自動制御学会九州支部奨励賞

    計測自動制御学会九州支部  

    2012年01月12日

    白石岳(指導学生)

     詳細を見る

    固定ラグスムージングを用いたオプティカルフロー推定

  • 計測自動制御学会九州支部奨励賞

    計測自動制御学会九州支部  

    2010年01月10日

    花咲旭(指導学生)

     詳細を見る

    1-out-of-m Integrity 問題におけるランク制約された状態フィードバックゲインについて

▼全件表示