瀨部 昇 (セベ ノボル)

SEBE Noboru

写真a

職名

教授

研究室住所

福岡県飯塚市川津680-4

研究分野・キーワード

制御理論

ホームページ

http://www.donald.ai.kyutech.ac.jp/~sebe/

Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 6

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1987年03月   東京大学   工学部   計数工学科   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1989年03月  東京大学  工学系研究科  計数工学専攻  修士課程・博士前期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  博士(工学)  1994年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   知的システム工学研究系   教授  

  • 2009年04月
    -
    2019年03月

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   知能情報工学研究系   教授  

  • 2008年04月
    -
    2009年03月

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   准教授  

  • 2007年04月
    -
    2008年03月

    九州工業大学   情報工学部   准教授  

  • 1995年04月
    -
    2007年03月

    九州工業大学   情報工学部   助教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年02月
    -
    1995年03月

    東京大学   講師   日本国

  • 1989年04月
    -
    1995年02月

    東京大学   助手   日本国

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1988年12月
    -
    継続中
     

    計測自動制御学会  日本国

  • 1988年10月
    -
    継続中
     

    システム制御情報学会  日本国

  • 1995年04月
    -
    継続中
     

    国際電気電子工学会(IEEE)  アメリカ合衆国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 制御・システム工学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Safety Design of Control Systems According to International Standards

    Koichi Suyama, Noboru Sebe

    Proceedings of 2021 European Control Conferenc      1305 - 1310   2021年07月  [査読有り]

    Netherlands  Rotterdam (online)  2021年06月  -  2021年07月

  • Reduction of SISO H-infinity output feedback control problem

    Waki H., Ebihara Y., Sebe N.

    Linear Algebra and Its Applications    610 ( 1 ) 321 - 378   2021年02月  [査読有り]

     概要を見る

    We consider the linear matrix inequality (LMI) problem of H output feedback control problem for a generalized plant whose control input, measured output, disturbance input, and controlled output are scalar. We provide an explicit form of the optimal value. This form is the unification of some results in the literature of H performance limitation analysis. To obtain the form of the optimal value, we focus on the non-uniqueness of perpendicular matrices, which appear in the LMI problem. We use the null vectors of invariant zeros associated with the dynamical system for the expression of the perpendicular matrices. This expression enables us to reduce and simplify the LMI problem. Our approach uses some well-known fundamental tools, e.g., the Schur complement, Lyapunov equation, Sylvester equation, and matrix completion. We use these techniques for the simplification of the LMI problem. Also, we investigate the structure of dual feasible solutions and reduce the size of the dual. This reduction is called a facial reduction in the literature of convex optimization. ∞ ∞

    DOI Scopus

  • On Gain-Scheduled State-Feedback Controller Synthesis with Quadratic Stability Condition

    Ebihara Y., Sebe N., Waki H.

    Proceedings of 59th IEEE Conference on Decision and Control    4 ( 3 )   2020年12月  [査読有り]

    Republic of Korea  Jeju Island (online)  2020年12月  -  2020年12月

  • A New Optical Flow Estimation Based on Dynamical System Approach with Intensity Variation Violating the Conservation Law

    Nakamura A., Sebe N., Enokida S., Nobuyama E.

    2020 59th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan, SICE 2020      967 - 972   2020年09月  [査読有り]

    Thailand (online)  Chiang Mai  2020年09月  -  2020年09月

     概要を見る

    Optical flow is a vector that represents the motion of objects in images. The dynamical system approach to optical flow estimation [3] was proposed as one of the optical flow estimation methods. Most of the optical flow estimation methods are based on the intensity conservation law. Therefore, these estimation methods might not be able to estimate correctly if the intensity conservation law is violated by various factors. This paper proposes a new estimation model for images in which the image intensity is not maintained after moving objects in images. The proposed method can estimate not only the optical flow and its spatial gradients but also the intensity variation and its spatial gradients that do not follow the intensity conservation law. In addition, this paper focuses on the possibility of the optical flow estimation from the perspective of the observability. The effectiveness of the proposed model is demonstrated through numerical examples.

    Scopus

  • Improvement of Convergence of the Overbounding Approximation Method for BMI problems by Regularization Term

    Azumi K., Sebe N.

    2020 59th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan, SICE 2020      1880 - 1885   2020年09月  [査読有り]

    Thailand (online)  Chiang Mai  2020年09月  -  2020年09月

     概要を見る

    This paper concerns with the regularization term for the overbounding approximation method. The overbounding approximation is one of the methods for solving bilinear matrix inequality (BMI) problems, but the overbounding approximation has problems about its convergence. This paper proposed a new weight parameters of the regularization terms to improve the convergence.

    Scopus

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • システム制御のための最適化理論

    延山英沢,瀬部昇 ( 共著 )

    コロナ社  2015年07月 ISBN: 978-4-3390-3321-2

  • Systems and Human Science --For Safety, Security and Dependability

    Noboru SEBE,Akinori Mochimaru ( 共著 , 担当範囲: Chapter 14. Structure of Reliable Controllers )

    Elsevier  2005年03月

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • センサ故障に対する耐故障サーボ系における外乱オブザーバ構造の有効性

    鹿田 佳那, 瀨部 昇, 陶山 貢市, Katherin Indriawati

    第63回自動制御連合講演会  (富山 (online))  2020年11月  -  2020年11月    計測自動制御学会

    CiNii

  • 拡大・回転が推定可能なオプティカルフロー推定モデルへの逐次最小二乗法の適用

    中村翔太,瀬部昇,延山英沢,榎田修一

    第38回計測自動制御学会九州支部学術講演会  (宮崎, 日本)  2019年11月  -  2019年11月    計測自動制御学会九州支部

  • 消散性制約つきクープマンモデルによる非線形動的システムの学習

    原 啓太,井上 正樹,瀬部 昇

    第62回自動制御連合講演会  (札幌, 日本)  2019年11月  -  2019年11月    日本機械学会

  • 逐次線形化に基づくBMI問題の数値解法の定数出力フィードバック問題への適用

    瀬部昇

    第6回制御部門マルチシンポジウム  (熊本)  2019年03月  -  2019年03月    計測自動制御学会制御部門

  • Optimization of State Transition Matrix at Switching using Switching L2 Gain Analysis

    Kodai Nakano, Noboru Sebe, Koichi Suyama

    International Conference on Information and Communication Technology Robotics 2017  (Kagoshima, Japan)  2017年11月  -  2017年11月    The Society of Instrument and Control Engineers, Kyushu Branch

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 物体運動推定装置, 物体運動推定方法及びプログラム

    特願 2011-196460  特開 2013-058105  特許 5874996  日本国

    瀨部昇,延山英沢,榎田修一,深見友也

  • コジェネレーションシステム

    特願 2010-162777  特開 2010-286233  特許 5105382  日本国

    甲村雅彦,加藤浩明,瀬部昇

     概要を見る

    発電機のエネルギー効率を考慮した起動停止

  • 物体運動推定装置、物体運動推定方法、プログラム及び記録媒体

    特願 2009-041360  特許 5504426  日本国

    瀨部昇,延山英沢,榎田修一

     概要を見る

    【国際出願番号】 PCT/JP2010/050924
    【国際出願日】 平成22年1月25日(2010.1.25)
    【優先権主張番号】 特願2009-41360(P2009-41360)
    【優先日】 平成21年2月24日(2009.2.24)
    【優先権主張国】 日本国(JP)

  • フィードバック制御方法、モータ制御方法、及びモータ制御装置

    特願 2009-037151  特開 2010-193664  特許 5379514  日本国

    稲垣浩之,東條威士,加藤浩明,瀬部昇

  • コジェネレーションシステム

    特願 2008-192853  特開 2010-32079  日本国

    水谷友一,甲村雅彦,加藤浩明,瀬部昇

     概要を見る

    発電機のエネルギー効率を考慮した起動停止

全件表示 >>

講演 【 表示 / 非表示

  • 動的システム論アプローチによるオプティカルフロー推定法

    第55回システム制御情報学会研究発表講演会   2011年05月17日 

  • About Decentralized Feedback: A Survey

    9th IFAC/IFORS/IMACS/IFIP Symposium on Large Scale Systems: Theory and Applications (LSS 2001)   2001年07月18日 

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 動的システム論に基づくオプティカルフロー推定

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月

    研究課題番号:  23656273

  • 平方和最適化を基軸とした制御系設計論の開拓と関連他分野への応用

    基盤研究(B)

    研究期間:  2007年04月  -  2010年03月

    研究課題番号:  19360192

  • 並列計算を基盤とした計算制御論の開拓

    基盤研究(B)

    研究期間:  2004年04月  -  2007年03月

    研究課題番号:  16360212

  • 分散制御における「独立設計」と「逐次設計」の統合

    基盤研究(C)

    研究期間:  2004年04月  -  2007年03月

    研究課題番号:  16560389

  • 耐故障性を有する制御系の設計に関する研究

    奨励研究(A)

    研究期間:  1997年04月  -  1999年03月

    研究課題番号:  09750511

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  ロバスト制御特論

  • 2020年度  信号処理

  • 2020年度  知的システム工学実験演習Ⅱ

  • 2020年度  応用数学

  • 2020年度  知的システム工学実験演習Ⅰ

全件表示 >>

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など 【 表示 / 非表示

  • Lecture of the year

    2014年06月   九州工業大学情報工学部教育委員会

  • Lecture of the year

    2013年12月   九州工業大学情報工学部教育委員会

  • 学術奨励賞

    2013年01月   計測自動制御学会九州支部

  • 学術奨励賞

    2012年01月   計測自動制御学会九州支部

  • 学術奨励賞

    2010年01月   計測自動制御学会九州支部