2023/12/26 更新

ノブヤマ エイタク
延山 英沢
NOBUYAMA Eitaku
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 4

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院情報工学研究院 知的システム工学研究系
職名
教授
メールアドレス
メールアドレス
外部リンク

研究キーワード

  • 最適化

  • 多目的制御

  • むだ時間系

  • 有限時間整定制御

  • 制御工学

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 制御、システム工学

出身学校

  • 1983年03月   東京大学   工学部   計数工学科   卒業   日本国

出身大学院

  • 1988年03月   東京大学   工学系研究科   計数工学   博士課程・博士後期課程   修了   日本国

  • 1985年03月   東京大学   工学系研究科   計数工学   修士課程・博士前期課程   修了   日本国

取得学位

  • 東京大学  -  工学博士   1988年03月

学内職務経歴

  • 2020年04月 - 現在   九州工業大学   大学院情報工学研究院   知的システム工学研究系     教授

  • 2018年04月 - 2020年03月   九州工業大学     教育高度化推進機構長

  • 2018年04月 - 2020年03月   九州工業大学     理事・副学長(教育・財務担当)

  • 2017年04月 - 2018年03月   九州工業大学   役員     理事・副学長(企画・財務・評価担当)

  • 2016年04月 - 2020年03月   九州工業大学   ■廃止組織■   システム創成情報工学研究系     教授

  • 2016年04月 - 2018年03月   九州工業大学     情報基盤機構長

  • 2016年04月 - 2017年03月   九州工業大学   役員     理事・副学長(財務・評価・情報担当)

  • 2012年04月 - 2016年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院     研究院長・情報工学部長・情報工学府長

  • 2009年04月 - 2010年03月   九州工業大学   情報工学部     システム創成情報工学科長

  • 2008年04月 - 2016年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院   システム創成情報工学研究系     教授

  • 2008年04月 - 2009年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院     副研究院長

  • 2005年04月 - 2008年03月   九州工業大学   情報工学研究科     副研究科長

  • 2001年09月 - 2008年03月   九州工業大学   情報工学部     教授

  • 1991年04月 - 2001年08月   九州工業大学   情報工学部     助教授

▼全件表示

学外略歴

  • 1990年10月 - 1991年03月   東京大学   工学部   講師   日本国

  • 1988年04月 - 1990年10月   東京大学   工学部   助手   日本国

論文

  • Stable Robust Fixed-Order Controller Design for Scalar and Multi-Output Systems 査読有り 国際誌

    Mori S., Nobuyama E.

    2022 61st Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan, SICE 2022   930 - 936   2022年09月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    The objective of this paper is to propose new robust fixed-order controller design methods which guarantee the stability and the minimum-phase property of controllers. To this end, sufficient conditions for polynomials to be stable are given and using the sufficient conditions a robust fixed-order controller design method is proposed for a scaler system case. The design method reduces a robust fixed-order controller design problem which guarantees the stability of the obtained controller to a convex problem. Moreover, the proposed method is extended to a multi-output case and a numerical example of a 3-inertia system is presented to show the effectiveness of the proposed method.

    DOI: 10.23919/SICE56594.2022.9905829

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85141138776&origin=inward

  • A Dense Optical Flow Estimation Based on Dynamical System Approach under Intensity Variation Violating the Conservation Law 査読有り

    Nakamura A., Sebe N., Enokida S., Nobuyama E.

    2021 60th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan, SICE 2021   472 - 477   2021年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Optical flow is a vector that represents the motion of objects in images. To estimate the optical flow, most of the optical flow estimation methods assume the intensity conservation law. The estimation methods based on a dynamical system approach [3], [4] also use the same assumption. Therefore, these methods might not be able to estimate correctly if the intensity conservation law is violated by various factors. A estimation model at a pixel considering the illumination change was proposed in [7] to improve the estimation accuracy in such situations. This paper proposes a new dense estimation model with the intensity correction quantity to overcome the estimation in the illumination change and the occlusion. Furthermore, this paper proposes to estimate the optical flow with the Kalman filter or the Kalman filter with the sparse constraint to correction quantity. Using the sparse constraint, the correction quantity becomes non-zero only near the flow boundaries. Accordingly, the improvement of estimation accuracy can expect. The effectiveness of the proposed models is demonstrated through numerical examples.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85117685440&origin=inward

  • Robust PID Multi-Line Stability Conditions for FNFR Models 査読有り

    Nobuyama E., Kami Y.

    2021 60th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan, SICE 2021   1381 - 1386   2021年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    The objective of this paper is to introduce a new stability condition, a 'multi-line' stability condition and to propose robust PID controller design methods based upon it for non-parametric models represented by a finite number of frequency responses (FNFR models). The 'multi-line' stability condition is introduced for reducing the conservativeness of the 'single-line' stability condition proposed for closed-loop stability in previous works. Then, new robust PID controller design problems based upon the 'multi-line' stability condition are formulated as convex optimization problems.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85117691786&origin=inward

  • A New Optical Flow Estimation Based on Dynamical System Approach with Intensity Variation Violating the Conservation Law 査読有り

    Nakamura A., Sebe N., Enokida S., Nobuyama E.

    2020 59th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan, SICE 2020   967 - 972   2020年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2020 The Society of Instrument and Control Engineers - SICE. Optical flow is a vector that represents the motion of objects in images. The dynamical system approach to optical flow estimation [3] was proposed as one of the optical flow estimation methods. Most of the optical flow estimation methods are based on the intensity conservation law. Therefore, these estimation methods might not be able to estimate correctly if the intensity conservation law is violated by various factors. This paper proposes a new estimation model for images in which the image intensity is not maintained after moving objects in images. The proposed method can estimate not only the optical flow and its spatial gradients but also the intensity variation and its spatial gradients that do not follow the intensity conservation law. In addition, this paper focuses on the possibility of the optical flow estimation from the perspective of the observability. The effectiveness of the proposed model is demonstrated through numerical examples.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85096359561&origin=inward

  • Control design considering magnetic flux characteristic uncertainty for magnetic levitation system with magnetic flux and current feedback 査読有り

    Urasaki S., Kobayashi Y., Kami Y., Mitani Y., Nobuyama E.

    IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems ( 一般社団法人 電気学会 )   139 ( 10 )   1159 - 1166   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 The Institute of Eleclrical Engineers of Japan. This paper describes control design considering magnetic flux characteristic uncertainty for magnetic levitation system with magnetic flux and current feedback. The position of the levitated object is calculated from the hall voltage and current of the electromagnet. We show the uncertainty for magnetic flux characteristic and design the stabilizing controller by proportional feedback with the hall voltage and current. Moreover, we tried to design servo controller by two-degree-of-freedom control by using a finite number of frequency response (FNFR) model including the uncertainty and confirmed the validity of the proposed method by experiment results.

    DOI: 10.1541/ieejeiss.139.1159

    Scopus

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85072810965&origin=inward

  • PI-D controller design with finite number of frequency responces model via a ratio of fourier transformations of input and output signals 査読有り

    Kami Y., Tanaka R., Mitani Y., Nobuyama E.

    IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems ( 一般社団法人 電気学会 )   139 ( 4 )   402 - 408   2019年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 The Institute of Electrical Engineers of Japan. This paper shows a PI-D controller design method with a finite number of frequency responses(FNFR) model so that it stabilizes a closed-loop system and matches a transfer function of the closed-loop system to that of ideal model. In this paper FNFR model is introduced with a ratio of the discrete Fourier transformation of input and output signals. The main contribution of this paper is to propose a method to reduce the control problem to a convex optimization problem. The efficiency of the method with FNFR model is shown through experimental results via a magnetic levitation system

    DOI: 10.1541/ieejeiss.139.402

    Scopus

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85063752506&origin=inward

  • Robust PID Controller Design for Both Delay-Free and Time-Delay Systems 査読有り

    Nobuyama, E., Kami, Y.

    IFAC-PapersOnLine   51 ( 4 )   930 - 935   2018年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Robust PID controller design methods are proposed for linear single-input single-output systems. Non-parametric models represented by a finite number of frequency responses are used for them. Sufficient conditions for closed-loop stability are derived based on the Nyquist stability criterion and the sufficient conditions are reduced to convex constraints. Together with the convex constraints and closed-loop model matching problems the robust PID controller design problems are formulated as convex optimization problems. A important feature of the proposed design methods is that they can be applied to delay-free and time-delay systems in the same manner. Moreover, the proposed methods are extended to two-degree-of-freedom PID controller design methods.

    DOI: 10.1016/j.ifacol.2018.06.103

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85048788479&origin=inward

  • Robust controller design with fixed-order controllers using FNFR models 査読有り 国際誌

    Sakamoto Y., Nobuyama E., Kami Y.

    2017 Asian Control Conference, ASCC 2017   2018-January   1996 - 2000   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    オーストラリア   ゴールドコースト   2017年12月17日  -  2017年12月20日

    © 2017 IEEE. This paper proposes a new fixed-order controller design method for robust control. The control problem considered in this paper is formulated as a model matching problem with robust stability conditions and the problem is reduced to a convex optimization problem by using nonparametric models represented by a finite number of frequency responses (FNFR models). Finally, some numerical examples are given to show the effectiveness of the proposed method.

    DOI: 10.1109/ASCC.2017.8287481

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85047454892&origin=inward

  • An exterior-point approach to the output feedback mixed H2/H∞ controller design 査読有り

    Kami, Y., Nobuyama, E., Imanishi, Y.

    Inderscience Publishers   7 ( 5 )   311 - 318   2017年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    This paper treats the mixed H2/H∞ control problem and the mixed H2/H∞ controller is very useful in the sense that it achieves a robust stability against uncertainties and a specified transient performance simultaneously. However it is difficult to find such controllers, because this control problem can be described as a non-convex problem. In order to get feasible solutions some interior-point approaches have been proposed. However, this approach cannot be carried out in the case that, initial feasible solutions are not found. In this paper an exterior-point approach to the mixed H2/H∞ control problem is proposed. One of properties of our approach is to be able to use any stabilising controllers as an initial point, even if they are not feasible solution of the problems. Hence our approach can overcome the drawback of the interior-point approaches. The efficiency of our approach is shown by numerical examples.

    DOI: 10.1504/IJAMECHS.2017.095889

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85055876127&origin=inward

  • Simultaneous estimation of optical flow and its boundaries based on the dynamical system model 査読有り 国際誌

    Michishita Y., Sebe N., Enokida S., Nobuyama E.

    VISIGRAPP 2017 - Proceedings of the 12th International Joint Conference on Computer Vision, Imaging and Computer Graphics Theory and Applications   6   377 - 385   2017年02月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    ポルトガル   ポルト   2017年02月27日  -  2017年03月01日

    © 2017 by SCITEPRESS - Science and Technology Publications, Lda. Optical flow is a velocity vector which represents the motion of objects in video images. Optical flow estimation is difficult in the neighborhood of flow boundary. To resolve this problem, Sasagawa (2014) proposes a modified dynamical system model in which one assumes that, in the neighborhood of flow boundaries, the brightness flows in the perpendicular direction, and considers the resulting corrections to the brightness constancy constraint. However, in that model, the correction is occurred even in place where the flow is continuous. We propose a new model, which switches the conventional model and the proposed model in Sasagawa (2014). As a result, we expect improvement of the estimate accuracy in place where the flow is continuous. We conduct numerical experiments to investigate the improvements that the proposed model yields in the estimation accuracy of optical flows.

    DOI: 10.5220/0006101303770385

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85047875342&origin=inward

  • Technology to Balance Discharge Pressure Characteristics with Hydraulic Vibration Control for a Variable Discharge Oil Pump 査読有り

    Higuchi K., Toyoda F., Terashima H., Ikeda S., Nobuyama E.

    SAE Technical Papers   2016年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2016 SAE International.1 There are two design challenges of the flow path switching valve in a three-stage variable discharge oil pump. The first is to obtain the required discharge pressure characteristics and the other is to prevent hydraulic vibration. Therefore, we established technologies to determine the shape of the valve and the valve housing that resolve these two challenges. The technology to obtain the required discharge pressure characteristics solves equations that are statically true, such as the equations for the equilibrium of forces and hydraulic orifice. The hydraulic vibration control technology derives a differential equation that takes transient behavior, including oil elasticity and inertia, into account first. Then, the derived equations are converted to a transfer function that indicates the valve behavior according to the input of oil pressure changes. And then the stability criterion is applied to judge whether hydraulic vibration occurs or not. By combining these technologies and an optimization technology, the shape of the valve and the valve housing that realizes the downsizing idea was determined.

    DOI: 10.4271/2016-01-1348

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85017587863&origin=inward

  • An Exterior-point Approach to the Mixed H2/H-infinity Control Problem "jointly worked" 査読有り

    Yuki Imanishi, Yasushi Kami, Eitaku Nobuyama

    the Proceedings of the 54th IEEE Conference on Decision and Control   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1109/CDC.2015.7402497

    Scopus

  • The Mixed H2/H-infinity controller design based on an exterior-point "jointly worked" 査読有り

    Yuki Imanishi, Yasushi Kami, Eitaku Nobuyama

    the Proceedings of the SICE Annual Conference 2015   2015年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1109/SICE.2015.7285371

    Scopus

  • Vanishing Point-Based Road Detection for General Road Images 査読有り

    Trung Hieu Bui, Takeshi Saitoh, Eitaku Nobuyama

    IEICE Transactions on Information and Systems   E97-D ( 3 )   618 - 621   2014年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1587/transinf.E97.D.618

    Scopus

    CiNii Article

  • Road area detection based on texture orientations estimation and vanishing point detection 査読有り

    Bui T., Saitoh T., Nobuyama E.

    Proceedings of the SICE Annual Conference   1138 - 1143   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Estimating a proper location of the road area from a single road image plays an essential role in autonomous driving systems and driver assistant systems. In this paper, we propose a new road area detection method based on texture orientations estimation and vanishing point detection. This method first estimates a vanishing point using a texture-based soft voting algorithm proposed in our recent study. After that, texture orientations and color information are combined in order to generate a histogram for estimating two most dominant road borders. The road area is defined as a region between the two detected road borders and below the estimated vanishing point. The proposed method has been imple- mented and tested in 1000 road images which contain large variations in color, texture, lighting condition and surrounding environment. The experimental results demonstrate that our method performs well in challenging conditions.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84888592693&origin=inward

  • Iterative methods for the mixed H2/H00 control with a usable feasible direction of the H2 optimisation 査読有り

    Yaushi Kami, Eitaku Nobuyama

    International Journal of Advanced Mechtronic Systems   5 ( 6 )   391 - 400   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Gradient Method for the H2 Control Problem and Its Application to the Mixed H2/H-infinity Control Problems 査読有り

    Yasushi Kami, Eitaku Nobuyama

    ICIC Express Letters   7 ( 5 )   1461 - 1467   2013年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A texture-based local soft voting method for vanishing point detection from a single road image 査読有り

    Bui T., Nobuyama E., Saitoh T.

    IEICE Transactions on Information and Systems   E96-D ( 3 )   690 - 698   2013年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Estimating a proper location of vanishing point from a single road image without any prior known camera parameters is a challenging problem due to limited information from the input image. Most edge-based methods for vanishing point detection only work well for structured roads with clear painted lines or distinct boundaries, while they usually fail in unstructured roads lacking sharply defined, smoothly curving edges. In order to overcome this limitation, texture-based methods for vanishing point detection have been widely published. Authors of these methods often calculate the texture orientation at every pixel of the road image by using directional filter banks such as Gabor wavelet filter, and seek the vanishing point by a voting scheme. A local adaptive soft voting method for obtaining the vanishing point was proposed in a previous study. Although this method is more effective and faster than prior texture-based methods, the associated computational cost is still high due to a large number of scanning pixels. On the other hand, this method leads to an estimation error in some images, in which the radius of the proposed half-disk voting region is not large enough. The goal of this paper is to reduce the computational cost and improve the performance of the algorithm. Therefore, we propose a novel local soft voting method, in which the number of scanning pixels is much reduced, and a new vanishing point candidate region is introduced to improve the estimation accuracy. The proposed method has been implemented and tested on 1000 road images which contain large variations in color, texture, lighting condition and surrounding environment. The experimental results demonstrate that this new voting method is both efficient and effective in detecting the vanishing point from a single road image and requires much less computational cost when compared to the previous voting method. Copyright © 2013 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers.

    DOI: 10.1587/transinf.E96.D.690

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84878262881&origin=inward

  • A comparison of CP, IP, and SAT solvers through a common interface 査読有り

    Zhou N., Tsuru M., Nobuyama E.

    Proceedings - International Conference on Tools with Artificial Intelligence, ICTAI   1   41 - 48   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper presents a common interface for Prolog to three different types of discrete solvers including Constraint Programming (CP), Integer Programming (IP), and SAT solvers. The interface comprises primitives for creating decision variables, specifying constraints, and invoking a solver, possibly with an objective function to be optimized. Before a solver is actually called, the accumulated variables and constraints are transformed into a form acceptable to the solver. For a SAT solver, in particular, variables are Booleanized and constraints are compiled into CNF. Implemented in B-Prolog, the interface allows the programmer to use the features of the host language such as recursion, pattern matching, arrays, and loops to describe problems. The interface provides an easy and uniform platform for exploring different solvers and models. This paper compares the performance of the CLP(FD) of B-Prolog, the CPLEX IP solver, and the Lingeling SAT solver on several problems through the same interface and for each problem it compares a model that uses Boolean variables and another model that uses general integer variables. Our experience tells that it is effortless to switch from one solver to another. © 2012 IEEE.

    DOI: 10.1109/ICTAI.2012.15

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84876875453&origin=inward

  • A local soft voting method for texture-based vanishing point detection from unstructured road images 査読有り

    Bui T., Nobuyama E.

    Proceedings of the SICE Annual Conference   396 - 401   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Vanishing point estimation algorithms based on Gabor filters have been widely published. By applying Gabor filters, the texture orientation and the confidence level at every pixel of the image can be estimated. An adaptive soft voting method to obtain a vanishing point was proposed in other research. Although that method can detect a proper vanishing point in most cases, its computational cost is very high. The goal of this paper is to reduce the computational cost of the algorithm. For this purpose we herein propose a new local soft voting method by scanning voters having high confidence levels. © 2012 SICE.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84869399434&origin=inward

  • Road Detection Based on an Estimated Vanishing Point and Color Information 査読有り

    Trung Hieu Bui, Eitaku Nobuyama, Takeshi Saitoh

    World Academy of Science, Engineering and Technology   71   1748 - 1753   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    France   Paris  

  • Iterative methods for the H2 and the mixed H2/H00 control 査読有り

    Yaushi Kami, Eitaku Nobuyama

    Proc. of ICAMechS 2012   2012年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Robust control synthesis of bilinear systems with nonlinear weights by Sum of Squares optimization 査読有り

    Nobuyama E., Aoyagi T., Kami Y.

    15th International Conference on System Theory, Control and Computing, ICSTCC 2011   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Robust control problems for nonlinear systems are usually formulated as L 2-induced norm minimization problems and it is known that those problems are reduced to the solvability of Hamilton-Jacobi equations. However, in the case of bilinear systems the usual L 2-induced norm minimization problem leads to an obvious solution (the zero input). To avoid the obvious solution Simizu et al. (1997) introduced nonlinear weights on the evaluated signal and proposed a design method using linearization of the state-dependent matrix Riccati inequality derived from the Hamilton-Jacobi equation. In contrast to this, the purpose of the present paper is to propose a new design method using SOS (Sum-of-Squares) optimization technique without linearization. © 2011 Faculty of Auto Control.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=83455198208&origin=inward

  • Quasi-dense optical flow estimation based on dynamical system models 査読有り

    Fukami T., Enokida S., Sebe N., Nobuyama E.

    Proceedings of the SICE Annual Conference   802 - 811   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Optical flow is a vector which represents the motion of objects in images. In this paper, new methods for dense and quasi-dense optical flow estimation are proposed. The dense estimation method can be applied to optical flow estimation at each pixel in an arbitrary area. The proposed dense method considers an optical flow equation at each pixel as a dynamical system. Robust estimation can be achieved with dense intensity information, especially against illumination changes. In order to improve estimation performance at zero optical flow, a quasi-dense estimation is also proposed. © 2011 SICE.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=81255192208&origin=inward

  • A local voting method by scanning high-confidence level voters for vanishing point detection 査読有り

    Hieu B., Eitaku N.

    Proceedings of the SICE Annual Conference   790 - 795   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Vanishing point estimation algorithms based on Gabor filters have been widely published. By applying Gabor filters, the texture orientation and the confidence level at every pixel of the image can be estimated. An adaptive soft-voting method to obtain a vanishing point was proposed in other research. Although that method can detect a proper vanishing point in most cases, its computational cost is very high. The goal of this paper is to reduce the computational cost of the algorithm. For this purpose we propose a new local voting method by scanning voters having high confidence levels. © 2011 SICE.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=81255189560&origin=inward

  • Development of event data recorder for pedestrians for analysis of traffic accidents (共著) 査読有り

    Hitoshi Arakawa, Shuichi Enokida, Toyohiro Hayashi, Masashi Ishikawa, Eitaku Nobuyama

    Proceedings of the 2011 Fifth International Conference on Sensing Technology (ICST2011)   581 - 586   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    New Zealand   Palmerston North   2011年11月28日  -  2011年12月01日

    DOI: 10.1109/ICSensT.2011.6137041

    Scopus

  • An exterior-point approach to the robust D-stability control with output feedback (共著) 査読有り

    Yasushi Kami, Eitaku Nobuyama

    International Journal of Advanced Mechatronic Systems (IJAMECHS)   3 ( 2 )   109 - 118   2011年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1504/IJAMECHS.2011.040682

    Scopus

  • A simultaneous design of structural and control systems using an infeasible controller sequence 査読有り

    Kami Y., Terada T., Nobuyama E.

    Proceedings of the SICE Annual Conference   3586 - 3590   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper is concerned with a simultaneous design problems of structural and reduced-order H∞ control systems. The purpose of this paper is to propose an iterative approach to the simultaneous design problem, which constructs a sequence of infeasible controller variables The feature of our approach is that it is easy to choose an initial point which is needed to carry out the iterative approach. The efficiency of our approach is shown by a numerical example. © 2010 SICE.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=78649296293&origin=inward

  • An exterior-point approach to the robust regional pole placement control problem with fixed-order output feedback 査読有り

    Kami Y., Nobuyama E.

    2010 International Conference on Modelling, Identification and Control, ICMIC 2010   276 - 281   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper is concerned with the robust regional pole placement control problem against time invariant polytopic uncertainties. In this paper we propose an iterative approach to design a fixed-order output feedback controller achieving the robust regional pole placement. The features of our approach are to be able to use any controller variables as an initial point and to construct a controller sequence approaching a feasible region from the outside. Numerical examples are given to show the efficiency of our approach.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=77957840004&origin=inward

  • An iterative approach to the robust H00 synthesis problem with a sequence of infeasible controllers 査読有り

    Yasushi Kami,Eitaku Nobuyama

    2010 IEEE Multi-Conference on Systems and Control   374 - 379   2010年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Yokohama   2010年04月  -  2010年04月

    DOI: 10.1109/CACSD.2010.5612776

    Scopus

  • An Exterior-point Approach to the Robust D-stability Control Problem 査読有り

    Y. Kami,H. Tanaka,E. Nobuyama

    Proceedings of 48th IEEE Conference on Decision and Control and 28th Chinese Control Conference   2204 - 2209   2009年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    China   2009年04月  -  2009年04月

    主要論文集(会議)

  • An iterative method for the output-feedback mixed H2/H∞ control problem 査読有り

    Y. Kami,E. Nobuyama

    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration   2 ( 1 )   36 - 42   2009年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • An exterior-point approach to the fixed-order mixed H∞/D-stability controller design 査読有り

    T. Terada,Y. Kami,E. Nobuyama

    The 7th International Conference on Control and Automation 2009   709 - 714   2009年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    New Zealand   2009年04月  -  2009年04月

  • A successive method for designing an observer-based strictly positive real H2 controller 査読有り

    Y. Kami K. Mitsui,E. Nobuyama

    The 7th Asian Control Conference   1172 - 1176   2009年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    China   2009年04月  -  2009年04月

  • A New Exterior-point Approach to a Fixed-order Output Feedback Controller Design 査読有り

    Y. Kami,E. Nobuyama

    IFAC Workshop on Control Applications of Optimisation 2009   2009年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Finland   2009年04月  -  2009年04月

  • A fixed-order D-stability controller design with an output feedback using a modified exterior-point approach 査読有り

    T. Terada,Y. Kami,E. Nobuyama

    The 7th Asian Control Conference   1177 - 1181   2009年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    China   2009年04月  -  2009年04月

  • A Gradient Method for the Static Output Feedback Mixed H2/H∞ control 査読有り

    Y. Kami,E. Nobuyama

    IFAC World Congress   7838 - 7842   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Seul   2008年04月  -  2008年04月

  • 混合H∞/D安定制御系問題に対する一罰金法 査読有り

    上泰,延山英沢

    システム制御情報学会論文誌   20 ( 5 )   224 - 226   2007年05月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • An iterative method for output feedback mixed H2/H-infinity control problem 査読有り

    Yasushi Kami,Eitaku Nobuyama

    Proceedings of SICE Annual Conference 2007   435 - 439   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2007年04月  -  2007年04月

  • Iterative Method for Designing an Observer-based Mixed H2/D-stability Controller 査読有り

    Yasushi Kami,Eitaku Nobuyama

    Proceedings of SICE-ICCAS 2006   3954 - 2958   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Busan   2006年10月18日  -  2006年10月21日

  • 減衰項のある大規模システムのモード分解による一低次元化法 査読有り

    瀬部昇,延山英沢,高田昌二,宮元慎一

    システム制御情報学会論文誌   19 ( 9 )   365 - 367   2006年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A Computational Approach to State Feedaback Synthesis for Nonlinear Systems based on Matrix Sum of Squares Relaxation 査読有り

    Hiroyuki Ichihara,Eitaku Nobuyama

    Proceedings of 17th International Symposium on Mathematical Theory of Networks and Systems   932 - 937   2006年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Kyoto   2006年07月24日  -  2006年07月28日

  • Iterative method for the output feedback H2 control with regional pole placement constraint 査読有り

    Yasushi Kami,Eitaku Nobuyama

    Proceedings of 17th International Symposium on Mathematical Theory of Networks and Systems   1946 - 1952   2006年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Kyoto   2006年07月24日  -  2006年07月28日

  • Iterative method for the observer based H2 controller with regional pole placement conditions 査読有り

    Yasushi Kami,Eitaku Nobuyama

    Proceedings of the 6th Asian Control Conference   766 - 772   2006年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Indonesia   Bali   2006年07月18日  -  2006年07月21日

  • Stability Analysis and Control Design of Linear Systems with Input Saturation using Matrix Sum of Squares Relaxation 査読有り

    Hiroyuki Ichihara,Eitaku Nobuyama

    Preprints of the 5th IFAC Sysmposium on Robust Control Design   2006年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    France   Toulouse   2006年07月04日  -  2006年07月07日

  • L2-Gain Analysis and Control Design of Linear Systems with Input Saturation using Matrix Sum of Squares Relaxation 査読有り

    Hiroyuki Ichihara,Eitaku Nobuyama

    Proceedings of the 2006 American Control Conference   3838 - 3842   2006年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Minneapolis   2006年06月14日  -  2006年06月16日

  • Development of an Electric Active Stabilizer System Based on Robust Design 査読有り

    Yuuki Ohta,Hiroaki Kato,Daisuke Yamada,Katsuhiko Sato,Takashi Fukino,Eitaku Nobuyama,Shuuichi Buma

    Proceedings of the SAE 2006 World Congress   2006年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Detroit   2006年04月03日  -  2006年04月06日

  • Minimax polynomial optimization by using Sum of Squares and its application to robust stability analysis of parameter dependent systems 査読有り

    Hiroyuki Ichihara,Eitaku Nobuyama

    Proceedings of the 2005 American Control Conference   3433 - 3434   2005年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

    U.S.A.   Portland   2005年06月08日  -  2005年06月10日

  • H2レベル制御器集合を用いたH2最適制御系設計法と混合H2/D-stability制御問題への応用 査読有り

    上泰,延山英沢

    計測自動制御学会論文集   41 ( 6 )   491 - 498   2005年06月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • A mixed H∞/D-stability controller design using an exterior point-approach 査読有り

    Yasushi Kami,Eitaku Nobuyama

    Proceedings of the43rd IEEE Conference on Decision and Control   790 - 795   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    バハマ   2004年12月14日  -  2004年12月17日

    代表的研究業績

  • Successive D.C. relaxation for parametrized LMI problems 査読有り

    Hiroyuki Ichihara,Eitaku Nobuyama

    Proceedings of the 5th Asian Control Conference   1160 - 1164   2004年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    オーストラリア   Melbourne   2004年07月20日  -  2004年07月24日

  • An exterior point approach to the mixed H-infinity/D-stability synthesis problem 査読有り

    Yasushi Kami,Eitaku Nobuyama

    Proceedings of the 5th Asian Control Conference   222 - 227   2004年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    オーストラリア   Melbourne   2004年07月20日  -  2004年07月23日

  • An iterative controller design for the mixed H2/D-stability problem 査読有り

    Yasushi Kami,Eitaku Nobuyama

    Proceedings of 16 International Symposium on MTNS   2004年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    ベルギー   Leuven   2004年07月05日  -  2004年07月09日

    代表的研究業績

  • H2ノルムを単調減少させる制御器列を用いた混合H2/H∞制御系設計法 査読有り

    上泰,延山英沢

    計測自動制御学会論文集   40 ( 4 )   382 - 389   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • D.C.およびMulticonexに基づいたパラメータ依存LMI問題の緩和法 査読有り

    市原裕之,延山英沢,石井孝典

    システム制御情報学会論文誌   16 ( 12 )   649 - 654   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • An iterative algorithm for the mixed H2/H00 control problem using H2 norm decreasing controller sets 査読有り

    Yasushi Kami,Eitaku Nobuyama

    European Control Conference 2003   2003年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    イギリス   Cambridge   2003年09月01日  -  2003年09月04日

  • Stability analysis and control systhesis with D.C. relaxation of parametrized LMIs 査読有り

    Hiroyuki Ichihara,Takanori Ishii,Eitaku Nobuyama

    European Control Conference 2003   2003年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    イギリス   Cambridge   2003年09月01日  -  2003年09月04日

  • A new iterative algorithm for the mixed H2/H00 control problem with state feedback 査読有り

    Yasushi Kami,Eitaku Nobuyama

    The 4th Asian Control Conference   1584 - 1589   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Singapore   Singapore   2002年04月  -  2002年04月

  • Design of continuous-time deadbeat tracking systems 査読有り

    E. Nobuyama,S. Shin,T. Kitamori

    Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers   E-1 ( 1 )   130 - 136   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Robust deadbeat control of sampled-data systems 査読有り

    延山 英沢

    the 1st IFAC/IEEE Symposium on System Structure and Control   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Czech Republic   Prague   2001年04月  -  2001年04月

  • 多入出力連続時間系のデッドビート制御 査読有り

    延山英沢,新誠一

    システム制御情報学会   11 ( 9 )   521 - 528   1998年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • L2およびL∞誘導ノルムを考慮したサンプル値系のロバストデッドビート制御 査読有り

    延山英沢,神代昌彦,川嶋伸儀

    システム制御情報学会論文誌   10 ( 5 )   259 - 266   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • サンプル点間応答を含めた二次形式評価関数を最小にするデッドビート制御 査読有り

    延山 英沢

    計測自動制御学会論文集   33 ( 6 )   547 - 549   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A generalization in mixed H2/H∞ control with state feedback 査読有り

    E. Nobuyama,P. Khargonekar

    Systems & Control Letters   25 ( 4 )   289 - 293   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Parametrization of All Ripple-Free Deadbeat Controllers 査読有り

    延山 英沢

    System and Control Letters   21 ( 3 )   217 - 224   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 連続時間系における有限整定サーボ系の設計 査読有り

    延山英沢,新誠一,北森俊行

    計測自動制御学会論文集   28 ( 10 )   1201 - 1208   1992年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A new algorithm for finite spectrum assignment of single-input systems with time-delay 査読有り

    K. Watanabe,E. Nobuyama,T. Kitamori,M. Ito

    IEEE Transactions on Automatic Control   37 ( 9 )   1377 - 1383   1992年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 1次のローパスフィルタを含む繰返し制御系の部分極配置を用いた設計 査読有り

    延山英沢,松原正美,北森俊行

    計測自動制御学会論文集   27 ( 10 )   1191 - 1193   1991年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • むだ時間系における安定化補償器のパラメトリゼーション 査読有り

    延山英沢,北森俊行

    計測自動制御学会論文集   27 ( 10 )   1115 - 1122   1991年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

▼全件表示

著書

  • 制御の事典

    野波, 水野,他多数(共著)

    朝倉書店  2015年07月  ( ISBN:978-4-254-23141-0

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • システム制御のための最適化理論

    延山英沢, 瀬部昇(共著)

    コロナ社  2015年07月  ( ISBN:978-4-339-03321-2

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • Recent Advances in Robust Control - Theory and Applications

    Eitaku Nobuyama, et al.(共著)

    InTech  2011年04月  ( ISBN:978-9-5330-7421-4

     詳細を見る

    記述言語:英語

口頭発表・ポスター発表等

  • 不可観測フローに対応した動的システムを用いたオプティカルフロー推定

    山本 将大, 延山 英沢, 瀬部 昇

    第41回計測自動制御学会九州支部学術講演会  2022年12月  公益財団法人 計測自動制御学会 九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月03日 - 2022年12月04日   記述言語:日本語   開催地:北九州   国名:日本国  

  • PID制御における長短期記憶ニューラルネットワークを用いた一改善法

    又賀 勇樹, 延山 英沢

    第41回計測自動制御学会九州支部学術講演会  2022年12月  公益財団法人 計測自動制御学会 九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2022年12月03日 - 2022年12月04日   記述言語:日本語   開催地:北九州   国名:日本国  

  • 2自由度制御系におけるロバスト固定次数制御器の設計

    森 翔真, 延山 英沢

    第65回自動制御連合講演会  2022年11月  自動制御連合講演会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年11月12日 - 2022年11月13日   記述言語:日本語   開催地:宇都宮   国名:日本国  

    CiNii Article

  • 逆ラプラス変換を用いた時間領域での制御性能を達成するための制御系設計

    長谷部 央真, 延山 英沢

    第65回自動制御連合講演会  2022年11月  自動制御連合講演会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年11月12日 - 2022年11月13日   記述言語:日本語   開催地:宇都宮   国名:日本国  

  • 有限個周波数応答モデルを用いたロバストI-PD制御器の設計

    向山 虹祐, 延山 英沢, 上 泰

    自動制御連合講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年11月10日 - 2017年11月12日   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • MLDシステム表現による切り替え型PID制御器の設計

    高嶋透

    第35回SICE九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年11月26日 - 2016年11月27日   記述言語:日本語  

  • 反復型平方和最適化法を用いた多項式システムに対するロバスト制御系設計

    田中啓貴

    第35回SICE九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年11月26日 - 2016年11月27日   記述言語:日本語  

  • 車載カメラ動画におけるテクスチャの方向に基づく消失点の検出

    木村真矢

    第35回SICE九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年11月26日 - 2016年11月27日   記述言語:日本語  

  • 有限個周波数応答モデルを用いた固定次数制御器によるロバスト制御系設計

    坂本 裕希, 延山 英沢, 上 泰

    自動制御連合講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年11月10日 - 2016年11月12日   記述言語:日本語  

    <p>本稿では,有限個周波数応答モデルを用いたロバスト安定性を保証する固定次数制御器の設計法を提案する.制御性能を理想モデルに近づけることを目的とし,ロバスト安定条件を考慮したモデルマッチング問題を考える.その問題を制御器のパラメータに関する凸最適化問題に近似し,数値例によりその有効性を確認する.</p>

    CiNii Article

  • 有限個周波数応答モデルを用いた安定余裕を考慮したPID制御器の設計

    小方基貴

    第34回SICE九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月28日 - 2015年11月29日   記述言語:日本語  

  • 双線形システムに対するロバスト制御系設計のための反復型平方和最適化法

    田中啓貴

    第34回SICE九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月28日 - 2015年11月29日   記述言語:日本語  

  • 入力飽和系に対するAnti-windup補償器設計における大域的安定性を保証するための多項式セクター条件

    影山大介

    第58回自動制御連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月14日 - 2015年11月15日   記述言語:日本語  

  • 有限個の周波数応答を用いたむだ時間システムのPID制御器の設計

    小方基貴

    第59回システム制御情報学会研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年05月20日 - 2015年05月22日   記述言語:日本語  

  • 状態フィードバックを用いた混合H2/H∞制御問題に対する外点法

    今西優輝

    計測自動制御学会第2回制御部門マルチシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月04日 - 2015年03月07日   記述言語:日本語  

  • ハイブリッドシステム表現を用いた切り替え型PIDコントローラの設計

    本田諒之

    第33回計測自動制御学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月06日 - 2014年12月07日   記述言語:日本語  

  • スペクトルモデルを用いた凸最適化によるPID制御器設計法

    百崎純平

    第33回計測自動制御学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月06日 - 2014年12月07日   記述言語:日本語  

  • 出力フィードバックを用いたH2制御問題に対する勾配法とその応用

    今西優輝

    第57回自動制御連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年11月10日 - 2014年11月12日   記述言語:日本語  

  • フロー境界の同時推定によるオプティカルフロー推定の精度向上

    笹川卓哉

    第32回計測自動制御学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月30日 - 2013年12月01日   記述言語:日本語  

  • 混合整数計画法を用いた切り替え型コントローラの最適切り替え点の設計

    多久島裕憲

    第32回計測自動制御学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月30日 - 2013年12月01日   記述言語:日本語  

  • 周波数点上でのロバスト安定条件に基づく凸最適化を用いたPID制御器の設計

    岩崎省吾

    第56回自動制御連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月16日 - 2013年11月17日   記述言語:日本語  

  • ギャランティード混合H2/H∞制御問題に対する最急降下法

    Yuki Imanishi

    第56回自動制御連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月16日 - 2013年11月17日   記述言語:日本語  

  • グレーボックスモデルに対するSOS最適化を用いた同定法の数値的考察

    竹内雄一郎

    第31回計測自動制御学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年12月08日 - 2012年12月09日   記述言語:日本語  

  • Road Boundaries Extraction for General Road Images Using Texture Orientation and Color Information

    Trung Hieu Bui

    第31計測自動制御学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年12月08日 - 2012年12月09日   記述言語:英語  

  • 多項式セクター条件を用いた入力飽和システムに対する大域的安定性の保証

    河道拓也

    第31回計測自動制御学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年12月08日 - 2012年12月09日   記述言語:日本語  

  • 非線形グレーボックスモデルの一同定法

    豊島広大

    第30回計測自動制御学会九州支部学術講演会  計測自動制御学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2011年12月03日 - 2011年12月04日   記述言語:日本語   開催地:大分市  

  • 固定ラグスムージングを用いたオプティカルフロー推定

    白石岳

    第30回計測自動制御学会九州支部学術講演会  計測自動制御学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2011年12月03日 - 2011年12月04日   記述言語:日本語   開催地:大分市  

  • 混合整数計画法を用いた切り替え型コントローラの一設計法

    岩田崇司

    第30回計測自動制御学会九州支部学術講演会  計測自動制御学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2011年12月03日 - 2011年12月04日   記述言語:日本語   開催地:大分市  

  • 平方和最適化を用いたグレーボックスモデル同定に関する数値的考察

    竹内雄一郎

    第54回自動制御連合講演会  計測自動制御学会他

     詳細を見る

    開催期間: 2011年11月19日 - 2011年11月20日   記述言語:日本語   開催地:豊橋技術科学大学  

  • 多項式セクター条件を用いた入力飽和システムに対するAnti-windup補償器の設計

    河道拓也

    第54回自動制御連合講演会  計測自動制御学会他

     詳細を見る

    開催期間: 2011年11月19日 - 2011年11月20日   記述言語:日本語   開催地:豊橋技術科学大学  

  • 有効方向を用いた繰り返し型制御系設計法と混合 制御系設計法への応用

    上泰

    第11回計測自動制御学会制御部門大会資料  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月16日 - 2011年03月18日   記述言語:日本語   開催地:琉球大学  

  • 双線形システムに対する平方和最適化を用いた非線形重み付きロバスト制御系の設計

    青柳貴彦

    第11回計測自動制御学会制御部門大会資料  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月16日 - 2011年03月18日   記述言語:日本語   開催地:琉球大学  

  • 閉ループグレイボックス同定の一方法

    情報科学専攻 甲斐福太郎

    第29回計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 宮崎  

  • 非実行可能制御器列を用いた構造系と低次元化H00制御系の同時設計

    明石高専 上泰

    第54回システム制御情報学会研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 京都  

  • 白線情報を用いた道路形状の3次元推定に関する研究

    情報科学専攻 中村光佑

    第29回計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 宮崎  

  • 双線形システムのハミルトンヤコビ偏微分方程式に対する平方和最適化を用いたアプローチ

    情報科学専攻 青柳貴彦

    第54回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 京都  

  • ロバストD-安定制御問題に対する外点法

    第28回計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • D安定制御問題に対する外点法の改良

    寺田

    第9回制御部門大会資料 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • オプティカルフローから得られる奥行の時系列情報を用いた移動物体検知

    椛山

    第28回計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 虚軸のシフトを利用した低次のH∞制御器設計問題に対する外点法とその応用

    第52回自動制御連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 有色雑音を含む連続時間グレーボックスモデルの平方和最適化を用いたシステム同定

    第53回システム制御情報学会研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 車載カメラ画像を用いた白線検知による道路形状推定

    塩田

    第28回計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 出力の過渡応答拘束を満たすための目標値整形

    三上

    第28回計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 多項式セクター条件を用いた入力飽和システムの安定性の改善

    三上淳

    第27回計測自動制御学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 那覇  

  • オブザーバ型制御器の正実性に関する一考察-カルマンフィルタゲインを利用したLMI化と正実H2制御器設計への応用-

    上泰

    第37回制御理論シンポジウム資料 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 領域極配置制御問題に対する外点法の改善について

    上泰

    第27回計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • SOS最適化を用いた双線形システムに対するオブザーバの設計

    情報科学専攻 高口大樹

    第26回計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年12月01日 - 2007年12月02日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 伝達関数を基にしたSOS最適化によるグレーボックスモデル同定

    情報科学専攻 渡辺靖洋

    第26回計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年12月01日 - 2007年12月02日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 予測制御における一ロバスト制御系設計法

    情報科学専攻 小郷命

    第26回計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年12月01日 - 2007年12月02日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 連続時間系の有限時間整定制御

    本人

    第50回自動制御連合講演会予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • SOS最適化を用いたある状態依存LMIの解法

    情報科学専攻 東條威士

    第25回計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年12月02日 - 2006年12月03日   記述言語:日本語   開催地:日本 佐賀  

  • State-feedback control of polynomial systems using a non-quadratic Lyapunov function based on sum-of-squares relaxation

    東京大学 Jennawasin Tanagorn

    第35回制御理論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月19日 - 2006年09月21日   記述言語:英語   開催地: 大阪  

  • 出力フィードバックH2最適化制御器の繰り返し型設計法と混合H2/D-stability制御問題への応用

    明石工業高等専門学校 上泰

    第6回計測自動制御学会制御部門大会資料 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年05月31日 - 2006年06月02日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋  

  • 非線形システムに対する状態フィードバック制御則の行列二乗和緩和を用いた構成法

    システム創成情報工学科 市原裕之

    第6回計測自動制御学会制御部門大会資料 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年05月31日 - 2006年06月02日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋  

  • 学習制御理論を用いたターボ符号に関する研究

    情報科学専攻 西田健

    第24回計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年12月03日 - 2005年12月04日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 不確かな通信遅れを有するネットワーク制御系のロバスト制御

    情報科学専攻 荒木峻平

    第24回計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年12月03日 - 2005年12月04日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 減衰項のある大規模システムのモード分解による一低次元化法

    知能情報工学科 瀬部昇

    第48回自動制御連合講演会予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年11月25日 - 2005年11月27日   記述言語:日本語   開催地:日本 長野  

  • 行列二乗和緩和を用いた入力飽和システムの安定解析および設計

    システム創成情報工学科 市原裕之

    第34回制御理論シンポジウム資料 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年10月31日 - 2005年11月02日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • A penalty function method for the H00 control synthesis with pole placement constraint

    情報科学専攻

    Proceedings of the SICE annual Conference 2005 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年08月08日 - 2005年08月10日   記述言語:英語   開催地:日本 Okayama  

  • How to use SOSTOOLS together with matrix patch

    システム創成情報工学科

    Proceedings of the SICE annual Conference 2005 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年08月08日 - 2005年08月10日   記述言語:英語   開催地:日本 Okayama  

  • Analysis of Linear Systems with Input Saturation Using Matrix Sum of Squares Optimization

    システム創成情報工学科 市原裕之

    第5回制御部門大会資料 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年05月25日 - 2005年05月27日   記述言語:英語   開催地:日本 仙台  

  • 相似変換行列の正則性を保証した物理パラメータ推定法

    情報科学専攻 竹野大介

    第49回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年05月18日 - 2005年05月20日   記述言語:日本語   開催地:日本 京都  

  • Successive D.C. Relaxation of Parametrized LMIs - Control Applications

    システム創成情報工学科 市原裕之

    Proceedings of SICE Annual Conference 2004 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年08月04日 - 2004年08月06日   記述言語:英語   開催地:日本 Sapporo  

  • An iterative H2 controller design with D-stability constraint

    情報科学専攻 上泰

    Proceedings of SICE Annual Conference 2004 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年08月04日 - 2004年08月06日   記述言語:英語   開催地:日本 Sapporo  

  • 外点法を用いた混合H∞/D-stability制御系設計

    情報科学専攻,上泰

    計測自動制御学会第4回制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年05月26日 - 2004年05月28日   記述言語:日本語   開催地:日本 北九州  

  • 多項式計画によるパラメータ依存LMI問題の緩和法

    システム創成情報工学科,市原裕之

    計測自動制御学会第4回制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年05月26日 - 2004年05月28日   記述言語:日本語   開催地:日本 北九州  

  • 凸差近似緩和法を用いた構造化特異値μの上界の計算法

    情報科学専攻,河野洋輝

    第22回計測自動制御学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年11月29日 - 2003年11月30日   記述言語:日本語   開催地:日本 長崎  

  • 分枝限定法を用いた混合H2/H∞最適化制御

    情報科学専攻,長谷川直

    第22回計測自動制御学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年11月29日 - 2003年11月30日   記述言語:日本語   開催地:日本 長崎  

  • ターボ符号のシステム論的一考察

    情報科学専攻,西本健二

    第22回計測自動制御学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年11月29日 - 2003年11月30日   記述言語:日本語   開催地:日本 長崎  

  • 低次元化モデルの繰り返し型設計法

    情報科学専攻,上泰

    第22回計測自動制御学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年11月29日 - 2003年11月30日   記述言語:日本語   開催地:日本 長崎  

  • H2レベルコントローラ集合を用いた混合H2/H00制御系設計

    情報科学専攻,上泰

    計測自動制御学会第3回制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年05月28日 - 2003年05月30日   記述言語:日本語   開催地:日本 神戸  

  • Relaxations of parameterized LMIs with difference of multiconvexity

    システム創成情報工学科,市原裕之

    計測自動制御学会第3回制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年05月28日 - 2003年05月30日   記述言語:英語   開催地:日本 神戸  

  • Difference of multiconvex relaxation of parametrized LMIs - control applications

    システム創成情報工学科 市原裕之

    Proceedings of SICE Annual Conference 2003 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年04月   記述言語:英語   開催地:日本 Fukui  

  • パラメータ依存型LMIの凸差近似を用いた緩和法

    情報科学専攻,石井孝典

    計測自動制御学会九州支部第21回学術講演会予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年12月   記述言語:日本語   開催地:日本 大分  

  • An iterative algorithm for the mixed H2/H00 control problem

    情報科学専攻 上泰

    SICE Annual Conference 2002 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年04月   記述言語:英語   開催地:日本 Osaka  

  • 混合H2/H∞制御問題の変数固定型準最適化法

    情報科学専攻,上泰

    計測自動制御学会九州支部第20回学術講演会予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年12月   記述言語:日本語   開催地:日本 熊本  

▼全件表示

科研費獲得実績

  • 有限個周波数応答モデルを用いたノンパラメトリック制御系設計法の開拓

    研究課題番号:16K14286  2016年04月 - 2019年03月   挑戦的萌芽研究

  • ハイブリッドシステムの制御問題に対する制約プログラミングを用いた方法論の開発

    研究課題番号:23656274  2011年04月 - 2014年03月   挑戦的萌芽研究

  • 平方和最適化を基軸とした制御系設計論の開拓と関連他分野への応用

    研究課題番号:19360192  2007年04月 - 2010年03月   基盤研究(B)

  • 並列計算を基盤とした計算制御論の開拓

    研究課題番号:16360212  2004年04月 - 2007年03月   基盤研究(B)

  • 学習制御理論を用いたターボ符号の研究

    研究課題番号:16656129  2004年04月 - 2006年03月   萌芽研究・萌芽的研究

海外研究歴

  • 多目的制御に関する研究

    Department of EECS, University of Michigan  アメリカ合衆国  研究期間:  1993年03月14日 - 1994年01月14日

担当授業科目(学内)

  • 2022年度   最適化理論特論RS

  • 2022年度   最適化理論特論AM

  • 2022年度   最適化理論特論SC

  • 2022年度   システム制御演習

  • 2022年度   最適化理論特論RO

  • 2022年度   システム最適論

  • 2022年度   ダイナミクス

  • 2021年度   最適化理論特論

  • 2021年度   システム最適論

  • 2020年度   システム最適論

  • 2019年度   最適化理論特論

  • 2019年度   システム最適論

  • 2019年度   組込みシステム技術概論

  • 2018年度   組込みシステム技術概論

  • 2018年度   システム最適論

  • 2017年度   最適化理論特論

  • 2017年度   システム最適論

  • 2017年度   組込みシステム技術概論

  • 2016年度   組込みシステム技術概論

  • 2016年度   システム最適論

  • 2016年度   最適化理論特論

  • 2015年度   システム最適論

  • 2015年度   最適化理論特論

  • 2014年度   システム最適論

  • 2014年度   最適化理論特論

  • 2013年度   最適化理論特論

  • 2012年度   システム制御基礎論

  • 2012年度   計測工学入門

  • 2012年度   システム最適論

  • 2012年度   最適化理論特論

▼全件表示

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など

  • Lectures of the year

    九州工業大学情報工学部  

    2012年10月

学会・委員会等活動

  • 計測自動制御学会   九州支部支部長  

    2022年01月 - 2023年01月

  • 計測自動制御学会   九州支部副支部長  

    2021年01月 - 2022年01月