2024/06/13 更新

写真a

ミヤノ エイジ
宮野 英次
MIYANO Eiji
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 7

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院情報工学研究院 知能情報工学研究系
職名
教授
メールアドレス
メールアドレス
外部リンク

研究キーワード

  • 計算の理論

  • アルゴリズム設計

研究分野

  • 情報通信 / 情報学基礎論  / 理論計算機科学,アルゴリズム論,計算複雑さの理論,組合せ最適化

出身学校

  • 1991年03月   九州大学   工学部   情報工学科   卒業   日本国

出身大学院

  • 1995年11月   九州大学   工学研究科   情報工学専攻   博士課程・博士後期課程   修了   日本国

  • 1993年03月   九州大学   工学研究科   情報工学専攻   修士課程・博士前期課程   修了   日本国

取得学位

  • 九州大学  -  博士(工学)   1995年11月

学内職務経歴

  • 2022年09月 - 2024年03月   九州工業大学   教育高度化本部     数理・DS・AI教育推進室長

  • 2020年04月 - 2021年03月   九州工業大学   情報工学部     システム創成情報工学科長

  • 2019年04月 - 現在   九州工業大学   大学院情報工学研究院   知能情報工学研究系     教授

  • 2019年01月 - 2023年03月   九州工業大学     高度データサイエンティスト育成室 室長

  • 2018年04月 - 2022年03月   九州工業大学     高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門 副部門長

  • 2018年04月 - 2020年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院     副情報工学研究院長

  • 2016年04月 - 2018年03月   九州工業大学   情報工学部     システム創成情報工学科長

  • 2016年04月 - 2018年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院     システム創成情報工学研究系長

  • 2014年10月 - 2018年03月   九州工業大学   理数教育支援センター     副センター長(飯塚分室長)

  • 2013年04月 - 2019年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院   システム創成情報工学研究系     教授

▼全件表示

学外略歴

  • 2007年07月 - 2008年03月   ワシントン大学 計算機科学科   客員教授   アメリカ合衆国

  • 1998年04月 - 2001年09月   九州芸術工科大学芸術工学部   講師   日本国

  • 1996年05月 - 1998年03月   九州大学大学院システム情報科学研究科   助手   日本国

  • 1995年12月 - 1996年05月   九州大学工学部   助手   日本国

所属学会・委員会

  • 2006年04月 - 現在   日本オペレーションズ・リサーチ学会   日本国

  • 2003年04月 - 現在   ACM   その他

  • 2001年04月 - 現在   電子情報通信学会   日本国

  • 2001年04月 - 現在   情報処理学会   日本国

論文

  • Polynomial-time equivalences and refined algorithms for longest common subsequence variants 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Jansson J., Lin G., Miyano E., Ono H., Utashima T.

    Discrete Applied Mathematics   353   44 - 64   2024年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The problem of computing the longest common subsequence of two sequences (LCS for short) is a classical and fundamental problem in computer science. In this article, we study four variants of LCS: the REPETITION-BOUNDED LONGEST COMMON SUBSEQUENCE problem (RBLCS), the MULTISET-RESTRICTED COMMON SUBSEQUENCE problem (MRCS), the TWO-SIDE-FILLED LONGEST COMMON SUBSEQUENCE problem (2FLCS), and the ONE-SIDE-FILLED LONGEST COMMON SUBSEQUENCE problem (1FLCS). Although the original LCS can be solved in polynomial time, all these four variants are known to be NP-hard. Recently, an exact, O(1.44225n)-time, dynamic programming (DP) based algorithm for RBLCS was proposed, where the two input sequences have lengths n and poly(n). Here, we first establish that each of MRCS, 1FLCS, and 2FLCS is polynomially equivalent to RBLCS. Then, we design a refined DP-based algorithm for RBLCS that runs in O(1.41422n) time, which implies that MRCS, 1FLCS, and 2FLCS can also be solved in O(1.41422n) time. Finally, we give a polynomial-time 2-approximation algorithm for 2FLCS.

    DOI: 10.1016/j.dam.2024.04.006

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85190508922&origin=inward

  • A polynomial-time approximation scheme for an arbitrary number of parallel identical multi-stage flow-shops 査読有り 国際誌

    Gong M., Lin G., Miyano E., Su B., Tong W.

    Annals of Operations Research   335 ( 1 )   185 - 204   2024年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    We investigate the seemingly untouched yet the most general parallel identical k-stage flow-shops scheduling, in which we are given an arbitrary number of indistinguishable k-stage flow-shops and a set of jobs each to be processed on one of the flow-shops, and the goal is to schedule these jobs to the flow-shops so as to minimize the makespan. Here the number k of stages is a fixed constant, but the number of flow-shops is part of the input. This scheduling problem is strongly NP-hard. To the best of our knowledge all previously presented approximation algorithms are for the special case where k=2, including a 17/6-approximation in 2017, a (2+ϵ)-approximation in 2018, and the most recent polynomial-time approximation scheme in 2020; they all take advantage of the number of stages being two. We deal with an arbitrary constant k≥3, where the k-stage flow-shop scheduling is already strongly NP-hard. To define a configuration that summarizes the key information about the job assignments in a feasible schedule, we present novel concepts of big job type, big job assignment pair type, and flow-shop type. We show that the total number of distinct configurations is a polynomial in the input number of flow-shops. We then present how to compute a schedule for each configuration that assigns all the big jobs, followed by how to allocate all the small jobs into the schedule at a cost only a fraction of the makespan. These together lead to a polynomial-time approximation scheme for the problem.

    DOI: 10.1007/s10479-024-05860-6

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85185266761&origin=inward

  • Approximation Algorithms for Covering Vertices by Long Paths 査読有り 国際誌

    Gong M., Edgar B., Fan J., Lin G., Miyano E.

    Algorithmica   2024年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Given a graph, the general problem to cover the maximum number of vertices by a collection of vertex-disjoint long paths seems to escape from the literature. A path containing at least k vertices is considered long. When k≤3, the problem is polynomial time solvable; when k is the total number of vertices, the problem reduces to the Hamiltonian path problem, which is NP-complete. For a fixed k≥4, the problem is NP-hard and the best known approximation algorithm for the weighted set packing problem implies a k-approximation algorithm. To the best of our knowledge, there is no approximation algorithm directly designed for the general problem; when k=4, the problem admits a 4-approximation algorithm which was presented recently. We propose the first (0.4394k+O(1))-approximation algorithm for the general problem and an improved 2-approximation algorithm when k=4. Both algorithms are based on local improvement, and their theoretical performance analyses are done via amortization and their practical performance is examined through simulation studies.

    DOI: 10.1007/s00453-024-01242-3

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85194568349&origin=inward

  • Shortest Longest-Path Graph Orientations 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Jansson J., Melkman A.A., Miyano E., Ono H., Xue Q., Zakov S.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   14422 LNCS   141 - 154   2023年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Honolulu, Hawaii   2023年12月15日  -  2023年12月17日

    We consider a graph orientation problem that can be viewed as a generalization of Minimum Graph Coloring. Our problem takes as input an undirected graph G= (V, E) in which every edge { u, v} ∈ E has two (potentially different and not necessarily positive) weights representing the lengths of its two possible directions (u, v) and (v, u), and asks for an orientation, i.e., an assignment of a direction to each edge of G, such that the length of a longest simple directed path in the resulting directed graph is minimized. A longest path in a graph is not always a maximal path when some edges have negative lengths, so the problem has two variants depending on whether all simple directed paths or maximal simple directed paths only are taken into account in the definition. We prove that the problems are NP-hard to approximate even if restricted to subcubic planar graphs, and develop fast polynomial-time algorithms for both problem variants for three classes of graphs: path graphs, cycle graphs, and star graphs.

    DOI: 10.1007/978-3-031-49190-0_10

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85180531191&origin=inward

  • Path Cover Problems with Length Cost 査読有り 国際誌

    Kobayashi K., Lin G., Miyano E., Saitoh T., Suzuki A., Utashima T., Yagita T.

    Algorithmica   85 ( 11 )   3348 - 3375   2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    For a graph G= (V, E) , a collection P of vertex-disjoint (simple) paths is called a path cover of G if every vertex v∈ V is contained in exactly one path of P. The Path Cover problem (PC for short) is to find a minimum cardinality path cover of G. In this paper, we introduce generalizations of PC, where each path is associated with a weight (cost or profit). Our problem, Minimum (Maximum) Weighted Path Cover [MinPC (MaxPC)], is defined as follows: Let U= { 0 , 1 , ⋯ , n- 1 }. Given a graph G= (V, E) and a weight function f: U→ R∪ { + ∞, - ∞} that defines a weight for each path based on its length, the objective of MinPC (MaxPC) is to find a path cover P of G such that the total weight of the paths in P is minimized (maximized). Let L be a subset of U, and PL be the set of paths such that each path is of length ℓ∈ L. We consider MinPLPC with binary cost, i.e., the cost function is f(ℓ) = 1 if ℓ∈ L; otherwise, f(ℓ) = 0. We also consider MaxPLPC with f(ℓ) = ℓ+ 1 , if ℓ∈ L; otherwise, f(ℓ) = 0. Many well-known graph theoretic problems such as the Hamiltonian Path and the Maximum Matching problems can be modeled using MinPLPC and MaxPLPC. In this paper, we first show that deciding whether MinP{ 0 , 1 , 2 }PC has a 0-weight solution is NP-complete for planar bipartite graphs of maximum degree three, and consequently, (i) for any constant σ≥ 1 , there is no polynomial-time approximation algorithm with approximation ratio σ for MinP{ 0 , 1 , 2 }PC unless P = NP, and (ii) MaxP{3,⋯,n-1}PC is NP-hard for the same graph class. Next, we present a polynomial-time algorithm for MinP{,1,⋯,k}PC on graphs with bounded treewidth for a fixed k. Lastly, we present a 4-approximation algorithm for MaxP{3,⋯,n-1}PC, which becomes a 2.5-approximation algorithm for subcubic graphs.

    DOI: 10.1007/s00453-023-01106-2

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85149424444&origin=inward

  • Happy Set Problem on Subclasses of Co-comparability Graphs 査読有り 国際誌

    Eto H., Ito T., Miyano E., Suzuki A., Tamura Y.

    Algorithmica   85 ( 11 )   3327 - 3347   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In this paper, we investigate the complexity of the Maximum Happy Set problem on subclasses of co-comparability graphs. For a graph G and its vertex subset S, a vertex v∈ S is happy if all v’s neighbors in G are contained in S. Given a graph G and a non-negative integer k, Maximum Happy Set is the problem of finding a vertex subset S of G such that | S| = k and the number of happy vertices in S is maximized. In this paper, we first show that Maximum Happy Set is NP-hard even for co-bipartite graphs. We then give an algorithm for n-vertex interval graphs whose running time is O(n2+ k3n) ; this improves the best known running time O(kn8) for interval graphs. We also design algorithms for n-vertex permutation graphs and d-trapezoid graphs which run in O(n2+ k3n) and O(n2+ d2(k+ 1) 3dn) time, respectively. These algorithmic results provide a nice contrast to the fact that Maximum Happy Set remains NP-hard for chordal graphs, comparability graphs, and co-comparability graphs.

    DOI: 10.1007/s00453-022-01081-0

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85144162993&origin=inward

  • Corrigendum to “Complexity and approximability of the happy set problem” [Theor. Comput. Sci. 866 (2021) 123–144, (S0304397521001699), (10.1016/j.tcs.2021.03.023)] 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Eto H., Hanaka T., Lin G., Miyano E., Terabaru I.

    Theoretical Computer Science   975   2023年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    For a graph G=(V,E) and a subset S⊆V of vertices, a vertex is happy if all its neighbor vertices in G are contained in S. Given a connected undirected graph and an integer k, the Maximum Happy Set Problem (MaxHS) asks to find a set S of k vertices which maximizes the number of happy vertices in S (note that all happy vertices in V belong to S). We proposed an algorithm for MaxHS on proper interval graphs in Theor. Comput. Sci. 866 (2021) 123–144. However, due to a wrong observation made by the authors, it works only on proper interval graphs obeying the observation. In this corrigendum, we propose a new algorithm which runs in O(k|V|log⁡k+|E|) time for proper interval graphs.

    DOI: 10.1016/j.tcs.2023.114114

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85169340144&origin=inward

  • On Computing a Center Persistence Diagram 査読有り 国際誌

    Higashikawa Y., Katoh N., Lin G., Miyano E., Tamaki S., Teruyama J., Zhu B.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   14292 LNCS   262 - 275   2023年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Germany   Trier   2023年09月18日  -  2023年09月21日

    Given a set of persistence diagrams P1,.., Pm, for the data reduction purpose, one way to summarize their topological features is to compute the center C of them first under the bottleneck distance. Here we mainly focus on the two discrete versions when points in C could be selected with or without replacement from all Pi ’s. (We will briefly discuss the continuous case, i.e., points in C are arbitrary, which turns out to be closely related to the 3-dimensional geometric assignment problem). For technical reasons, we first focus on the case when | Pi| ’s are all the same (i.e., all have the same size n), and the problem is to compute a center point set C under the bottleneck matching distance. We show, by a non-trivial reduction from the Planar 3D-Matching problem, that this problem is NP-hard even when m= 3 diagrams are given. This implies that the general center problem for persistence diagrams under the bottleneck distance, when all Pi ’s possibly have different sizes, is also NP-hard when m≥ 3. On the positive side, we show that this problem is polynomially solvable when m= 2 and admits a factor-2 approximation for m≥ 3. These positive results hold for any Lp metric when all Pi ’s are point sets of the same size, and also hold for the case when all Pi ’s have different sizes in the L∞ metric (i.e., for the Center Persistence Diagram problem). This is the best possible in polynomial time for Center Persistence Diagram under the bottleneck distance unless P = NP. All these results hold for both of the discrete versions and the continuous version; in fact, the NP-hardness and approximation results also hold under the Wasserstein distance for the continuous version.

    DOI: 10.1007/978-3-031-43587-4_19

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85174604917&origin=inward

  • Approximation Algorithms for the Longest Run Subsequence Problem 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Gong M., Lin G., Ono H., Eto H., Jansson J., Miyano E., Tanaka S.

    Leibniz International Proceedings in Informatics, LIPIcs   259   2023年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    We study the approximability of the Longest Run Subsequence problem (LRS for short). For a string S = s1 · · · sn over an alphabet Σ, a run of a symbol σ ∈ Σ in S is a maximal substring of consecutive occurrences of σ. A run subsequence S′ of S is a sequence in which every symbol σ ∈ Σ occurs in at most one run. Given a string S, the goal of LRS is to find a longest run subsequence S∗ of S such that the length |S∗| is maximized over all the run subsequences of S. It is known that LRS is APX-hard even if each symbol has at most two occurrences in the input string, and that LRS admits a polynomial-time k-approximation algorithm if the number of occurrences of every symbol in the input string is bounded by k. In this paper, we design a polynomial-time k+1/2-approximation algorithm for LRS under the k-occurrence constraint on input strings. For the case k = 2, we further improve the approximation ratio from 2/3 to 4/3.

    DOI: 10.4230/LIPIcs.CPM.2023.2

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85165971942&origin=inward

  • Independent Set Under a Change Constraint from an Initial Solution 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Eto H., Korenaga K., Lin G., Miyano E., Nonoue R.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   13898 LNCS   37 - 51   2023年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Cyprus   Larnaca   2023年06月14日  -  2023年06月16日

    In this paper, we study a type of incremental optimization variant of the Maximum Independent Set problem (MaxIS), called Bounded-Deletion Maximum Independent Set problem (BD-MaxIS): Given an unweighted graph (formula presented), an initial feasible solution (i.e., an independent set), and a non-negative integer k, the objective of BD-MaxIS is to find an independent set such that and |S| is maximized. The original MaxIS is generally NP-hard, but, it can be solved in polynomial time for perfect graphs (and therefore, comparability, co-comparability, bipartite, chordal, and interval graphs). In this paper, we show that BD-MaxIS is NP-hard even if the input is restricted to bipartite graphs, and hence to comparability graphs. On the other hand, fortunately, BD-MaxIS on co-comparability, interval, convex bipartite, and chordal graphs can be solved in polynomial time. Finally, we study the computational complexity on very similar variants of the Minimum Vertex Cover and the Maximum Clique problems for graph subclasses.

    DOI: 10.1007/978-3-031-30448-4_4

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85161382364&origin=inward

  • Approximability of the Distance Independent Set Problem on Regular Graphs and Planar Graphs 査読有り

    Eto H., Ito T., Liu Z., Miyano E.

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   105 ( 9 )   1211 - 1222   2022年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    This paper studies generalized variants of the maximum independent set problem, called the Maximum Distance-d Independent Set problem (MaxDdIS for short). For an integer d ≥ 2, a distance-d independent set of an unweighted graph G = (V, E) is a subset S ⊆ V of vertices such that for any pair of vertices u, v ∈ S, the number of edges in any path between u and v is at least d in G. Given an unweighted graph G, the goal of MaxDdIS is to find a maximum-cardinality distance-d independent set of G. In this paper, we analyze the (in)approximability of the problem on r-regular graphs (r ≥ 3) and planar graphs, as follows: (1) For every fixed integers d ≥ 3 and r ≥ 3, MaxDdIS on r-regular graphs is APX-hard. (2) We design polynomial-time O(r d-1)-approximation and O(r d-2|d)-approximation algorithms for MaxDdIS on r-regular graphs. (3) We sharpen the above O(r d-2|d)-approximation algorithms when restricted to d = r = 3, and give a polynomial-time 2-approximation algorithm for MaxD3IS on cubic graphs. (4) Finally, we show that MaxDdIS admits a polynomial-time approximation scheme (PTAS) for planar graphs.

    DOI: 10.1587/transfun.2021DMP0017

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85138237602&origin=inward

  • Approximation Algorithms for Covering Vertices by Long Paths 査読有り 国際誌

    Gong M., Fan J., Lin G., Miyano E.

    Leibniz International Proceedings in Informatics, LIPIcs   241 ( 53 )   1 - 14   2022年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Austria   Vienna   2022年08月22日  -  2022年03月26日

    Given a graph, the general problem to cover the maximum number of vertices by a collection of vertex-disjoint long paths seemingly escapes from the literature. A path containing at least k vertices is considered long. When k ≤ 3, the problem is polynomial time solvable; when k is the total number of vertices, the problem reduces to the Hamiltonian path problem, which is NP-complete. For a fixed k ≥ 4, the problem is NP-hard and the best known approximation algorithm for the weighted set packing problem implies a k-approximation algorithm. To the best of our knowledge, there is no approximation algorithm directly designed for the general problem; when k = 4, the problem admits a 4-approximation algorithm which was presented recently. We propose the first (0.4394k+O(1))-approximation algorithm for the general problem and an improved 2-approximation algorithm when k = 4. Both algorithms are based on local improvement, and their performance analyses are done via amortization.

    DOI: 10.4230/LIPIcs.MFCS.2022.53

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85137607403&origin=inward

  • Improved approximation algorithms for non-preemptive multiprocessor scheduling with testing 査読有り 国際誌

    Gong M., Goebel R., Lin G., Miyano E.

    Journal of Combinatorial Optimization   44 ( 1 )   877 - 893   2022年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Multiprocessor scheduling, also called scheduling on parallel identical machines to minimize the makespan, is a classic optimization problem which has been extensively studied. Scheduling with testing is an online variant, where the processing time of a job is revealed by an extra test operation, otherwise the job has to be executed for a given upper bound on the processing time. Albers and Eckl recently studied the multiprocessor scheduling with testing; among others, for the non-preemptive setting they presented an approximation algorithm with competitive ratio approaching 3.1016 when the number of machines tends to infinity and an improved approximation algorithm with competitive ratio approaching 3 when all test operations take one unit of time each. We propose to first sort the jobs into non-increasing order of the minimum value between the upper bound and the testing time, then partition the jobs into three groups and process them group by group according to the sorted job order. We show that our algorithm achieves better competitive ratios, which approach 2.9513 when the number of machines tends to infinity in the general case; when all test operations each takes one time unit, our algorithm achieves even better competitive ratios approaching 2.8081.

    DOI: 10.1007/s10878-022-00865-y

    Scopus

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85129866178&origin=inward

  • Polynomial-Time Equivalences and Refined Algorithms for Longest Common Subsequence Variants 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Jansson J., Lin G., Miyano E., Ono H., Utashima T.

    Leibniz International Proceedings in Informatics, LIPIcs   223 ( 15 )   1 - 17   2022年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Czech Republic   Prague   2022年06月27日  -  2022年06月29日

    The problem of computing the longest common subsequence of two sequences (LCS for short) is a classical and fundamental problem in computer science. In this paper, we study four variants of LCS: the Repetition-Bounded Longest Common Subsequence problem (RBLCS) [2], the Multiset-Restricted Common Subsequence problem (MRCS) [11], the Two-Side-Filled Longest Common Subsequence problem (2FLCS), and the One-Side-Filled Longest Common Subsequence problem (1FLCS) [5, 6]. Although the original LCS can be solved in polynomial time, all these four variants are known to be NP-hard. Recently, an exact, O(1.44225n)-time, dynamic programming (DP)-based algorithm for RBLCS was proposed [2], where the two input sequences have lengths n and poly(n). We first establish that each of MRCS, 1FLCS, and 2FLCS is polynomially equivalent to RBLCS. Then, we design a refined DP-based algorithm for RBLCS that runs in O(1.41422n) time, which implies that MRCS, 1FLCS, and 2FLCS can also be solved in O(1.41422n) time. Finally, we give a polynomial-time 2-approximation algorithm for 2FLCS.

    DOI: 10.4230/LIPIcs.CPM.2022.15

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85134335577&origin=inward

  • Happy Set Problem on Subclasses of Co-comparability Graphs 査読有り 国際誌

    Eto H., Ito T., Miyano E., Suzuki A., Tamura Y.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   13174 LNCS   149 - 160   2022年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Indonesia   Jember   2022年03月24日  -  2022年03月26日

    In this paper, we investigate the complexity of the Maximum Happy Set problem on subclasses of co-comparability graphs. For a graph G and its vertex subset S, a vertex v∈ S is happy if all v’s neighbors in G are contained in S. Given a graph G and a non-negative integer k, Maximum Happy Set is the problem of finding a vertex subset S of G such that | S| = k and the number of happy vertices in S is maximized. In this paper, we first show that Maximum Happy Set is NP-hard even for co-bipartite graphs. We then give an algorithm for n-vertex interval graphs whose running time is O(k2n2); this improves the best known running time O(kn8) for interval graphs. We also design an algorithm for n-vertex permutation graphs whose running time is O(k3n2). These two algorithmic results provide a nice contrast to the fact that Maximum Happy Set remains NP-hard for chordal graphs, comparability graphs, and co-comparability graphs.

    DOI: 10.1007/978-3-030-96731-4_13

    Scopus

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85127916934&origin=inward

  • Path Cover Problems with Length Cost 査読有り 国際誌

    Kobayashi K., Lin G., Miyano E., Saitoh T., Suzuki A., Utashima T., Yagita T.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   13174 LNCS   396 - 408   2022年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Indonesia   Jember   2022年03月24日  -  2022年03月26日

    For a graph G= (V, E), a collection P of vertex-disjoint (simple) paths is called a path cover of G if every vertex v∈ V is contained in exactly one path of P. The Path Cover problem (PC for short) is to find a minimum cardinality path cover of G. In this paper, we introduce generalizations of PC, where each path is associated with a weight (cost or profit). Our problem, Minimum (Maximum) Weighted Path Cover (MinPC (MaxPC)), is defined as follows: Let U= { 0, 1, ⋯, n- 1 }. Given a graph G= (V, E) and a weight function f: U→ R∪ { + ∞, - ∞}, which defines a weight for each path in its length, MinPC (MaxPC) is to find a path cover P of G such that the total weight of the paths in P is minimized (maximized). Let L be a subset of U, and PL be the set of paths such that each path is of length ℓ∈ L. We especially consider MinPLPC with 0–1 cost, i.e., the cost function is f(ℓ) = 1 if ℓ∈ L; otherwise f(ℓ) = 0. We also consider MaxPLPC with f(ℓ) = ℓ+ 1, if ℓ∈ L; otherwise f(ℓ) = 0. That is, MaxPLPC is to maximize the number of vertices contained in the paths with length ℓ∈ L in a path cover. In this paper, we first show that MinP{ 0, 1, 2 }PC is NP-hard for planar bipartite graphs of maximum degree three. This implies that (i) for any constant σ≥ 1, there is no polynomial-time approximation algorithm with approximation ratio σ for MinP{ 0, 1, 2 }PC unless P = NP, and (ii) MaxP{3,⋯,n-1}PC is NP-hard for the same graph class. Next, (iii) we present a polynomial-time algorithm for MinP{0,1,⋯,k}PC on graphs with bounded treewidth for a fixed k. Lastly, (iv) we present a 4-approximation algorithm for MaxP{3,⋯,n-1}PC, which becomes a 2.5-approximation for subcubic graphs.

    DOI: 10.1007/978-3-030-96731-4_32

    Kyutacar

    Scopus

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85127927085&origin=inward

  • Upper and lower degree-constrained graph orientation with minimum penalty 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Jansson J., Miyano E., Ono H.

    Theoretical Computer Science   900   53 - 78   2022年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In the degree-constrained graph orientation problem, the input is an unweighted, undirected graph G=(V,E) and nonnegative integers av and bv (with av≤bv) for each v∈V, and the objective is to assign a direction to every edge in E in such a way that for each v∈V, the number of outgoing edges in the resulting directed graph lies in the interval [av,bv]. When such an orientation does not exist, it is desirable to find an orientation that best fits the condition instead. In this paper, we consider the problem of finding an orientation that minimizes the total penalty ∑v∈Vcv, where cv is a penalty incurred whenever a vertex v violates its degree constraints. As penalty functions, convex, concave, and step functions are considered in this paper. We show that the problem with any convex penalty function can be solved in O(|E|1.5min⁡{log⁡(|E|⋅C),|E|0.5log⁡Δlog⁡|E|}) time, where Δ and C are the maximum degree and the largest magnitude of a penalty, respectively. In contrast, we show APX-hardness of the problem with step or concave functions. For trees and graphs with treewidth τ, the problem with any penalty function can be solved exactly in O(|V|log⁡Δ) time and O(τ2Δ2τ+2|V|) time, respectively. Finally, we consider the generalization of the problem to edge-weighted graphs and establish strong bounds on its inapproximability that hold even in the special case of stars. On the positive side, we can extend our algorithms for unweighted version of the problem to obtain pseudo-polynomial-time algorithms for the edge-weighted problem variant when restricted to trees and graphs with bounded treewidth. Also, we design a PTAS and a linear-time algorithm for stars with further restrictions on the degree constraints and edge weights.

    DOI: 10.1016/j.tcs.2021.11.019

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85121005850&origin=inward

  • Polynomial-time equivalences and refined algorithms for longest common subsequence variants 査読有り 国際誌

    宮野 英次

    Proc. 33rd Annual Symposium on Combinatorial Pattern Matching   LIPIcs 223   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    CiNii Research

  • Parameterized algorithms for the Happy Set problem 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Eto H., Hanaka T., Lin G., Miyano E., Terabaru I.

    Discrete Applied Mathematics   304   32 - 44   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In this paper we study the parameterized complexity for the MAXIMUM HAPPY SET problem (MaxHS): For an undirected graph G=(V,E) and a subset S⊆V of vertices, a vertex v is happy if v and all its neighbors are in S; otherwise unhappy. Given an undirected graph G=(V,E) and an integer k, the goal of MaxHS is to find a subset S⊆V of k vertices such that the number of happy vertices is maximized. In this paper we first show that MaxHS is W[1]-hard with respect to k even if the input graph is a split graph. Then, we prove the fixed-parameter tractability of MaxHS when parameterized by tree-width, by clique-width plus k, by neighborhood diversity, or by cluster deletion number.

    DOI: 10.1016/j.dam.2021.07.005

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85111074192&origin=inward

  • Acyclic edge coloring conjecture is true on planar graphs without intersecting triangles 査読有り 国際誌

    Shu Q., Chen Y., Han S., Lin G., Miyano E., Zhang A.

    Theoretical Computer Science   882   77 - 108   2021年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    An acyclic edge coloring of a graph G is a proper edge coloring such that no bichromatic cycles are produced. The acyclic edge coloring conjecture by Fiamčik (1978) and Alon, Sudakov and Zaks (2001) states that every simple graph with maximum degree Δ is acyclically edge (Δ+2)-colorable. Despite many milestones, the conjecture remains open even for planar graphs. In this paper, we confirm affirmatively the conjecture on planar graphs without intersecting triangles. We do so by first showing, by discharging methods, that every planar graph without intersecting triangles must have at least one of the six specified groups of local structures, and then proving the conjecture by recoloring certain edges in each such local structure and by induction on the number of edges in the graph.

    DOI: 10.1016/j.tcs.2021.06.017

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85108570509&origin=inward

  • Complexity and approximability of the happy set problem 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Eto H., Hanaka T., Lin G., Miyano E., Terabaru I.

    Theoretical Computer Science   868   123 - 144   2021年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In this paper we study the approximability of the MAXIMUM HAPPY SET problem (MaxHS) and the computational complexity of MaxHS on graph classes: For an undirected graph G=(V,E) and a subset S⊆V of vertices, a vertex v is happy if v and all its neighbors are in S; otherwise unhappy. Given an undirected graph G=(V,E) and an integer k, the goal of MaxHS is to find a subset S⊆V of k vertices such that the number of happy vertices is maximized. MaxHS is known to be NP-hard. In this paper, we design a (2Δ+1)-approximation algorithm for MaxHS on graphs with maximum degree Δ. Next, we show that the approximation ratio can be improved to Δ if the maximum degree Δ of the input graph is a constant. Then, we show that MaxHS can be solved in polynomial time if the input graph is restricted to block graphs, or interval graphs. We prove nevertheless that MaxHS on bipartite graphs or on cubic graphs remains NP-hard.

    DOI: 10.1016/j.tcs.2021.03.023

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85103285503&origin=inward

  • Graph Orientation with Edge Modifications 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Jansson J., Miyano E., Ono H., Sandhya T.P.

    International Journal of Foundations of Computer Science   32 ( 2 )   209 - 233   2021年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The goal of an outdegree-constrained edge-modification problem is to find a spanning subgraph or supergraph H of an input undirected graph G such that either: (Type I) the number of edges in H is minimized or maximized and H can be oriented to satisfy some specified constraints on the vertices' resulting outdegrees; or: (Type II) among all subgraphs or supergraphs of G that can be constructed by deleting or inserting a fixed number of edges, H admits an orientation optimizing some objective involving the vertices' outdegrees. This paper introduces eight new outdegree-constrained edge-modification problems related to load balancing called (Type I) MIN-DEL-MAX, MIN-INS-MIN, MAX-INS-MAX, and MAX-DEL-MIN and (Type II) p-DEL-MAX, p-INS-MIN, p-INS-MAX, and p-DEL-MIN. In each of the eight problems, the input is a graph and the goal is to delete or insert edges so that the resulting graph has an orientation in which the maximum outdegree (taken over all vertices) is small or the minimum outdegree is large. We first present a framework that provides algorithms for solving all eight problems in polynomial time on unweighted graphs. Next we investigate the inapproximability of the edge-weighted versions of the problems, and design polynomial-time algorithms for six of the problems on edge-weighted trees.

    DOI: 10.1142/S012905412150012X

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85100564645&origin=inward

  • How to pack directed acyclic graphs into small blocks 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Furukawa T., Ikegami K., Miyano E., Yagita T.

    Discrete Applied Mathematics   288   91 - 113   2021年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    This paper studies the following variant of clustering or laying out problems for directed acyclic graphs (DAG for short), called the minimum block transfer problem. The objective of this problem is to find a partition of a node set which satisfies the following two conditions: (i) Each element (called a block) of the partition has a size that is at most B and (ii) the maximum number of external arcs among directed paths from the roots to the leaves is minimized. Here, an external arc is defined as an arc connecting two distinct blocks. This paper mainly studies the case B=2. First, we show that the problem is NP-hard even if the height of DAGs is three and its maximum indegree and outdegree are two and three, respectively. Then, we design (i) linear-time optimal algorithms for DAGs of height at most two, (ii) a very simple 2-approximation algorithm, and moreover, (iii) a (2−2∕h)-approximation algorithm for the case that the height h of the input DAG is even and the other one for odd h, whose approximation ratio is 2−2∕(h+1). As for the inapproximability of the problem, for any ε>0 and unless P = NP, we show that the problem does not admit any polynomial time (3∕2−ε)-approximation ((4∕3−ε)-approximation, resp.) algorithm if the height of the input DAGs is restricted to at most five (at least six, resp.). Also, in the case B≥3, we show the NP-hardness and prove a (3∕2−ε)-inapproximability of this case.

    DOI: 10.1016/j.dam.2020.08.005

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85089947887&origin=inward

  • Graph orientation with splits 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Jansson J., Miyano E., Nikpey H., Ono H.

    Theoretical Computer Science   844   16 - 25   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2020 Elsevier B.V. The Minimum Maximum Outdegree Problem (MMO) is to assign a direction to every edge in an input undirected, edge-weighted graph so that the maximum weighted outdegree taken over all vertices becomes as small as possible. In this paper, we introduce a new variant of MMO called the p-Split Minimum Maximum Outdegree Problem (p-Split-MMO) in which one is allowed to perform a sequence of p split operations on the vertices before orienting the edges, for some specified non-negative integer p, and study its computational complexity.

    DOI: 10.1016/j.tcs.2020.07.013

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85088399688&origin=inward

  • Exact algorithms for the repetition-bounded longest common subsequence problem 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Jansson J., Lin G., Miyano E., Ono H., Utashima T.

    Theoretical Computer Science   838   238 - 249   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2020 Elsevier B.V. In this paper, we study exact, exponential-time algorithms for a variant of the classic LONGEST COMMON SUBSEQUENCE problem called the REPETITION-BOUNDED LONGEST COMMON SUBSEQUENCE problem (or RBLCS, for short): Let an alphabet S be a finite set of symbols and an occurrence constraint Cocc be a function Cocc:S→N, assigning an upper bound on the number of occurrences of each symbol in S. Given two sequences X and Y over the alphabet S and an occurrence constraint Cocc, the goal of RBLCS is to find a longest common subsequence of X and Y such that each symbol s∈S appears at most Cocc(s) times in the obtained subsequence. The special case where Cocc(s)=1 for every symbol s∈S is known as the REPETITION-FREE LONGEST COMMON SUBSEQUENCE problem (RFLCS) and has been studied previously; e.g., in [1], Adi et al. presented a simple (exponential-time) exact algorithm for RFLCS. However, they did not analyze its time complexity in detail, and to the best of our knowledge, there are no previous results on the running times of any exact algorithms for this problem. Without loss of generality, we will assume that |X|≤|Y| and |X|=n. In this paper, we first propose a simpler algorithm for RFLCS based on the strategy used in [1] and show explicitly that its running time is O(1.44225n). Next, we provide a dynamic programming (DP) based algorithm for RBLCS and prove that its running time is O(1.44225n) for any occurrence constraint Cocc, and even less in certain special cases. In particular, for RFLCS, our DP-based algorithm runs in O(1.41422n) time, which is faster than the previous one. Furthermore, we prove NP-hardness and APX-hardness results for RBLCS on restricted instances.

    DOI: 10.1016/j.tcs.2020.07.042

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85089290906&origin=inward

  • Acyclic Edge Coloring Conjecture Is True on Planar Graphs Without Intersecting Triangles 査読有り 国際誌

    Shu Q., Chen Y., Han S., Lin G., Miyano E., Zhang A.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   12337 LNCS   426 - 438   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    China   Changsha   2020年10月18日  -  2020年10月20日

    © 2020, Springer Nature Switzerland AG. An acyclic edge coloring of a graph G is a proper edge coloring such that no bichromatic cycles are produced. The acyclic edge coloring conjecture by Fiamčik (1978) and Alon, Sudakov and Zaks (2001) states that every simple graph with maximum degree is acyclically edge -colorable. Despite many milestones, the conjecture is still unknown true or not even for planar graphs. In this paper, we first show by discharging methods that every planar graph without intersecting triangles must have one of the six specified groups of local structures; then by induction on the number of edges we confirm affirmatively the conjecture on planar graphs without intersecting triangles.

    DOI: 10.1007/978-3-030-59267-7_36

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85093844290&origin=inward

  • Complexity of the maximum k-path vertex cover problem 査読有り

    Miyano E., Saitoh T., Uehara R., Yagita T., van der Zanden T.C.

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences ( 一般社団法人 電子情報通信学会 )   E103A ( 10 )   1193 - 1201   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Copyright © 2020 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers This paper introduces the maximization version of the kpath vertex cover problem, called the Maximum k-Path Vertex Cover problem (MaxPkVC for short): A path consisting of k vertices, i.e., a path of length k − 1 is called a k-path. If a k-path Pk includes a vertex v in a vertex set S, then we say that v or S covers Pk. Given a graph G = (V, E) and an integer s, the goal of MaxPkVC is to find a vertex subset S ⊆ V of at most s vertices such that the number of k-paths covered by S is maximized. The problem MaxPkVC is generally NP-hard. In this paper we consider the tractability/intractability of MaxPkVC on subclasses of graphs. We prove that MaxP3VC remains NP-hard even for split graphs. Furthermore, if the input graph is restricted to graphs with constant bounded treewidth, then MaxP3VC can be solved in polynomial time.

    DOI: 10.1587/transfun.2019DMP0014

    Kyutacar

    Scopus

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85094115859&origin=inward

  • Graph Classes and Approximability of the Happy Set Problem 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Eto H., Hanaka T., Lin G., Miyano E., Terabaru I.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   12273 LNCS   335 - 346   2020年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Atlanta (Online conference)   2020年08月29日  -  2020年08月31日

    © 2020, Springer Nature Switzerland AG. In this paper we study the approximability of the Maximum Happy Set problem (MaxHS) and the computational complexity of MaxHS on graph classes: For an undirected graph and a subset of vertices, a vertex v is happy if v and all its neighbors are in S; otherwise unhappy. Given an undirected graph and an integer k, the goal of MaxHS is to find a subset of k vertices such that the number of happy vertices is maximized. MaxHS is known to be NP-hard. In this paper, we design a-approximation algorithm for MaxHS on graphs with maximum degree. Next, we show that the approximation ratio can be improved to if the input is a connected graph and its maximum degree is a constant. Then, we show that MaxHS can be solved in polynomial time if the input graph is restricted to proper interval graphs, or block graphs. We prove nevertheless that MaxHS remains NP-hard even for bipartite graphs or for cubic graphs.

    DOI: 10.1007/978-3-030-58150-3_27

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85091112536&origin=inward

  • Parameterized algorithms for the happy set problem 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Eto H., Hanaka T., Lin G., Miyano E., Terabaru I.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   12049 LNCS   323 - 328   2020年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Singapore (Online)   2020年03月31日  -  2020年04月02日

    © Springer Nature Switzerland AG 2020. In this paper we introduce the Maximum Happy Set problem (MaxHS) and study its parameterized complexity: For an undirected graph G = (V,E) and a subset S ⊆ V of vertices, a vertex v is happy if v and all its neighbors are in S; and otherwise unhappy. Given an undirected graph G = (V,E) and an integer k, the goal of MaxHS is to find a subset S ⊆ V of k vertices such that the number of happy vertices is maximized. In this paper we first show that MaxHS is W[1]-hard when parameterized by k. Then, we prove the fixed-parameter tractability of MaxHS when parameterized by the tree-width, the clique-width and k, the neighborhood diversity, or the twin-cover number.

    DOI: 10.1007/978-3-030-39881-1_27

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85080915754&origin=inward

  • Exact Algorithms for the Bounded Repetition Longest Common Subsequence Problem 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Jansson J., Lin G., Miyano E., Ono H., Utashima T.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   11949 LNCS   1 - 12   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    China   Xiamen   2019年12月13日  -  2019年12月15日

    © 2019, Springer Nature Switzerland AG. In this paper, we study exact, exponential-time algorithms for a variant of the classic Longest Common Subsequence problem called the r-Repetition Longest Common Subsequence problem (or r-RLCS, for short): Given two sequences X and Y over an alphabet S, find a longest common subsequence of X and Y such that each symbol appears at most r times in the obtained subsequence. Without loss of generality, we will assume that from here on. The special case of 1-RLCS, also known as the Repetition-Free Longest Common Subsequence problem (RFLCS), has been studied previously; e.g., in [1], Adi et al. presented an (exponential-time) integer linear programming-based exact algorithm for 1-RLCS. However, they did not analyze its time complexity, and to the best of our knowledge, there are no previous results on the running times of any exact algorithms for this problem. In this paper, we first propose a simple algorithm for 1-RLCS based on the strategy used in [1] and show explicitly that its running time is bounded by. Next, we provide a DP-based algorithm for r-RLCS and prove that its running time is for any. In particular, our new algorithm runs in time for 1-RLCS, which is faster than the previous one.

    DOI: 10.1007/978-3-030-36412-0_1

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85078537609&origin=inward

  • Experimental Evaluation of Approximation and Heuristic Algorithms for Maximum Distance-Bounded Subgraph Problems 査読有り 国際誌

    Yuichi Asahiro, Tomohiro Kubo, Eiji Miyano

    The Review of Socionetwork Strategies ( Springer Japan )   13 ( 2 )   143 - 161   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In this paper, we consider two distance-based relaxed variants of the maximum clique problem (Max Clique), named Maxd-Clique and Maxd-Club for positive integers d.

    DOI: 10.1007/s12626-019-00036-2

    Kyutacar

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/s12626-019-00036-2

  • An approximation algorithm for the maximum induced matching problem on C5-free regular graphs 査読有り

    Asahiro Y., Lin G., Liu Z., Miyano E.

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E102A ( 9 )   1142 - 1149   2019年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Copyright © 2019 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. In this paper, we investigate the maximum induced matching problem (MaxIM) on C5-free d-regular graphs. The previously known best approximation ratio for MaxIM on C5-free d-regular graphs is ( 34d − 18 + 16d3−8 ). In this paper, we design a ( 23d + 13)-approximation algorithm, whose approximation ratio is strictly smaller/better than the previous one when d ≥ 6.

    DOI: 10.1587/transfun.E102.A.1142

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85072671695&origin=inward

  • On the Approximability of the Maximum Induced Matching Problem on Regular Graphs 査読有り 国際誌

    Yuichi Asahiro, Guohui Lin, Zhilong Liu and Eiji Miyano

    Proceedings of 12th Asian Association for Algorithms and Computation Annual Meeting (AAAC19)   2019年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    South Korea   Seoul   2019年04月19日  -  2019年04月21日

  • Graph orientation with edge modifications 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Jansson J., Miyano E., Ono H., T. P S.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   11458 LNCS   38 - 50   2019年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    China   Sanya   2019年04月29日  -  2019年05月03日

    © Springer Nature Switzerland AG 2019. The goal of an outdegree-constrained edge-modification problem is to find a spanning subgraph or supergraph H of an input undirected graph G such that either: (Type I) the number of edges in H is minimized or maximized and H can be oriented to satisfy some specified constraints on the vertices’ resulting outdegrees; or: (Type II) the maximum or minimum outdegree of all vertices under an optimal orientation of H is minimum or maximum among all subgraphs or supergraphs of G that can be constructed by deleting or inserting a fixed number of edges. This paper introduces eight new outdegree-constrained edge-modification problems related to load balancing called (Type I) MIN-DEL-MAX, MIN-INS-MIN, MAX-INS-MAX, and MAX-DEL-MIN and (Type II) p-DEL-MAX, p-INS-MIN, p-INS-MAX, and p-DEL-MIN. We first present a framework that provides algorithms for solving all eight problems in polynomial time on unweighted graphs. Next we investigate the inapproximability of the edge-weighted versions of the problems, and design polynomial-time algorithms for six of the problems on edge-weighted trees.

    DOI: 10.1007/978-3-030-18126-0_4

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85065303648&origin=inward

  • An approximation scheme for minimizing the makespan of the parallel identical multi-stage flow-shops 査読有り 国際誌

    Tong W., Miyano E., Goebel R., Lin G.

    Theoretical Computer Science   734   24 - 31   2018年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017 Elsevier B.V. In the parallel k-stage flow-shops problem, we are given m identical k-stage flow-shops and a set of jobs. Each job can be processed by any one of the flow-shops but switching between flow-shops is not allowed. The objective is to minimize the makespan, which is the finishing time of the last job. This problem generalizes the classical parallel identical machine scheduling (where k=1) and the classical flow-shop scheduling (where m=1) problems, and thus it is NP-hard. We present a polynomial-time approximation scheme (PTAS) for the problem, when m and k are fixed constants. The key technique is to partition the jobs into big jobs and small jobs, enumerate over all feasible schedules for the big jobs, and handle the small jobs by solving a linear program and employing a “sliding” method. Such a technique has been used in the design of PTAS for several flow-shop scheduling variants. Our main contributions are the non-trivial application of this technique and a valid answer to the open question in the literature.

    DOI: 10.1016/j.tcs.2017.09.018

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85030666333&origin=inward

  • Approximation algorithms for packing directed acyclic graphs into two-size blocks 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Miyano E., Yagita T.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   10961 LNCS   607 - 623   2018年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Australia   Melbourne   2018年07月01日  -  2018年07月04日

    © Springer International Publishing AG, part of Springer Nature 2018. In this paper we consider the following variant of clustering or laying out problems of graphs: Given a directed acyclic graph (DAG for short) and an integer B, the objective is to find a mapping of its nodes into blocks of size at most B that minimizes the maximum number of external arcs during traversals of the acyclic structure by following paths from the roots to the leaves. An external arc is defined as an arc connecting two distinct blocks. This paper focuses on the case B= 2. Even if B= 2 and the height of the DAG is three, it is known that the problem is NP-hard, and furthermore, there is no 3/2-ε factor approximation algorithm for B= 2 and a small positive ε unless P = NP. On the other hand, the best approximation ratio previously shown is 3. In this paper we improve the approximation ratio into strictly smaller than 2. Also, we investigate the relationship between the height of input DAGs and the inapproximability, since the above inapproximability bound 3/2-ε is shown only for DAGs of height 3.

    DOI: 10.1007/978-3-319-95165-2_43

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85049964687&origin=inward

  • Optimal Approximation Algorithms for Maximum Distance-Bounded Subgraph Problems 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Doi Y., Miyano E., Samizo K., Shimizu H.

    Algorithmica   80 ( 6 )   1834 - 1856   2018年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017, Springer Science+Business Media, LLC. In this paper we study the (in)approximability of two distance-based relaxed variants of the maximum clique problem (Max Clique), named Maxd-Clique and Maxd-Club: A d-clique in a graph G= (V, E) is a subset S⊆ V of vertices such that for every pair of vertices u, v∈ S, the distance between u and v is at most d in G. A d-club in a graph G= (V, E) is a subset S ′ ⊆ V of vertices that induces a subgraph of G of diameter at most d. Given a graph G with n vertices, the goal of Maxd-Clique (Maxd-Club, resp.) is to find a d-clique (d-club, resp.) of maximum cardinality in G. Since Max 1-Clique and Max 1-Club are identical to Max Clique, the inapproximabilty for Max Clique shown by Zuckerman in 2007 is transferred to them. Namely, Max 1-Clique and Max 1-Club cannot be efficiently approximated within a factor of n 1 - ε for any ε > 0 unless P= NP. Also, in 2002, Marinc ˘ ek and Mohar showed that it is NP-hard to approximate Maxd-Club to within a factor of n 1 / 3 - ε for any ε > 0 and any fixed d≥ 2. In this paper, we strengthen the hardness result; we prove that, for any ε > 0 and any fixed d≥ 2 , it is NP-hard to approximate Maxd-Club to within a factor of n 1 / 2 - ε . Then, we design a polynomial-time algorithm which achieves an optimal approximation ratio of O(n 1 / 2 ) for any integer d≥ 2. By using the similar ideas, we show the O(n 1 / 2 ) -approximation algorithm for Maxd-Clique for any d≥ 2. This is the best possible in polynomial time unless P= NP, as we can prove the Ω(n 1 / 2 - ε ) -inapproximability.

    DOI: 10.1007/s00453-017-0344-y

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85025447600&origin=inward

  • Improved Approximation Algorithms for the Maximum Happy Vertices and Edges Problems 査読有り 国際誌

    Zhang P., Xu Y., Jiang T., Li A., Lin G., Miyano E.

    Algorithmica   80 ( 5 )   1412 - 1438   2018年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017, Springer Science+Business Media New York. The Maximum Happy Vertices (MHV) problem and the Maximum Happy Edges (MHE) problem are two fundamental problems arising in the study of the homophyly phenomenon in large scale networks. Both of these two problems are NP-hard. Interestingly, the MHE problem is a natural generalization of Multiway Uncut, the complement of the classic Multiway Cut problem. In this paper, we present new approximation algorithms for MHV and MHE based on randomized LP-rounding technique and non-uniform approach. Specifically, we show that MHV can be approximated within 1Δ+1/g(Δ), where Δ is the maximum vertex degree and g(Δ)=(Δ+Δ+1)2Δ, and MHE can be approximated within 12+24f(k)≥0.8535, where f(k) ≥ 1 is a function of the color number k. These results improve over the previous approximation ratios for MHV, MHE as well as Multiway Uncut in the literature.

    DOI: 10.1007/s00453-017-0302-8

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85015975538&origin=inward

  • Graph Orientation with Splits 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Jansson J., Miyano E., Nikpey H., Ono H.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   10856 LNCS   52 - 63   2018年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Morocco   Marrakesh   2018年04月11日  -  2018年04月13日

    © 2018, Springer International Publishing AG, part of Springer Nature. The Minimum Maximum Outdegree Problem (MMO) is to assign a direction to every edge in an input undirected, edge-weighted graph so that the maximum weighted outdegree taken over all vertices becomes as small as possible. In this paper, we introduce a new variant of MMO called the p-Split Minimum Maximum Outdegree Problem (p-Split-MMO) in which one is allowed to perform a sequence of p split operations on the vertices before orienting the edges, for some specified non-negative integer p, and study its computational complexity.

    DOI: 10.1007/978-3-319-96151-4_5

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85050623726&origin=inward

  • メンバー間の距離が小さいコミュニティの発見 査読有り

    朝廣雄一,宮野英次

    電子情報通信学会誌 ( 未設定 )   101 ( 3 )   262 - 266   2018年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

    Kyutacar

  • Complexity of the minimum single dominating cycle problem for graph classes 査読有り

    Eto H., Kawahara H., Miyano E., Nonoue N.

    IEICE Transactions on Information and Systems   E101D ( 3 )   574 - 581   2018年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2018 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. In this paper, we study a variant of the Minimum Dominating Set problem. Given an unweighted undirected graph G = (V, E) of n = |V| vertices, the goal of the Minimum Single Dominating Cycle problem (MinSDC) is to find a single shortest cycle which dominates all vertices, i.e., a cycle C such that for the set V(C) of vertices in C and the set N(V(C)) of neighbor vertices of C, V(G) = V(C) ∪ N(V(C)) and |V(C)| is minimum over all dominating cycles in G [6], [17] , [24]. In this paper we consider the (in)approximability of MinSDC if input graphs are restricted to some special classes of graphs. We first show that MinSDC is still NP-hard to approximate even when restricted to planar, bipartite, chordal, or r-regular (r ≥ 3). Then, we show the (ln n + 1)-approximability and the (1 - ϵ) ln n-inapproximability of MinSDC on split graphs under P ≠ NP. Furthermore, we explicitly design a linear-time algorithm to solve MinSDC for graphs with bounded treewidth and estimate the hidden constant factor of its running time-bound.

    DOI: 10.1587/transinf.2017FCP0007

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85042631622&origin=inward

  • Complexity of the Maximum k-Path Vertex Cover Problem 査読有り 国際誌

    Miyano E., Saitoh T., Uehara R., Yagita T., van der Zanden T.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   10755 LNCS   240 - 251   2018年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Bangladesh   Dhaka   2018年03月03日  -  2018年03月05日

    © 2018, Springer International Publishing AG, part of Springer Nature. This paper introduces the maximum version of the k-path vertex cover problem, called the Maximum k-Path Vertex Cover problem (MaxP k VC for short): A path consisting of k vertices, i.e., a path of length k-1 is called a k-path. If a k-path P k includes a vertex v in a vertex set S, then we say that S or v covers P k . Given a graph G=(V,E) and an integer s, the goal of MaxP k VC is to find a vertex subset S=C of at most s vertices such that the number of k-paths covered by S is maximized. MaxP k VC is generally NP-hard. In this paper we consider the tractability/intractability of MaxP k VC on subclasses of graphs: We prove that MaxP 3 VC and MaxP 4 VC remain NP-hard even for split graphs and for chordal graphs, respectively. Furthermore, if the input graph is restricted to graphs with constant bounded treewidth, then MaxP 3 VC can be solved in polynomial time.

    DOI: 10.1007/978-3-319-75172-6_21

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85043347936&origin=inward

  • メンバー間の距離が小さいコミュニティの発見 査読有り

    宮野 英次

    電子情報通信学会誌   101(3)   262 - 266   2018年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

    CiNii Research

  • Approximation algorithms for the minimum block transfer problem 査読有り 国際誌

    Tsuyoshi Yagata, Yuichi Asahiro, Eiji Miyano

    Proceedings of 10th Asian Association for Algorithms and Computation Annual Meeting (AAAC16)   2017年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Hong Kong   Hong Kong   2017年05月05日  -  2017年05月07日

  • An improved approximation algorithm for the distance-3 independent set problem on cubic graphs 査読有り 国際誌

    Hiroshi Eto, Zhilong Liu, Eiji Miyano

    Proceedings of 10th Asian Association for Algorithms and Computation Annual Meeting (AAAC16)   2017年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Hong Kong   Hong Kong   2017年05月05日  -  2017年05月07日

  • Approximation algorithm for the distance-3 independent set problem on cubic graphs 査読有り 国際誌

    Eto H., Ito T., Liu Z., Miyano E.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   10167 LNCS   228 - 240   2017年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Taiwan   Hsinchu   2017年03月29日  -  2017年03月31日

    © Springer International Publishing AG 2017. For an integer d ≥ 2, a distance-d independent set of an unweighted graph G = (V,E) is a subset S ⊆ V of vertices such that for any pair of vertices u, v ∈ S, the number of edges in any path between u and v is at least d in G. Given an unweighted graph G, the goal of Maximum Distance-d Independent Set problem (MaxDdIS) is to find a maximum-cardinality distance-d independent set of G. In this paper we focus on MaxD3IS on cubic (3-regular) graphs. For every fixed integer d ≥ 3, MaxDdIS is NP-hard even for planar bipartite graphs of maximum degree three. Furthermore, when d = 3, it is known that there exists no σ-approximation algorithm for MaxD3IS oncubic graphs for constant σ < 1. 00105. On the other hand, the previously best approximation ratio known for MaxD3IS on cubic graphs is 2. In this paper, we improve the approximation ratio into 1.875 for MaxD3IS on cubic graphs.

    DOI: 10.1007/978-3-319-53925-6_18

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85014231181&origin=inward

  • Experimental Evaluation of Approximation Algorithms for Maximum Distance-Bounded Subgraph Problems 査読有り

    Asahiro Y., Kubo T., Miyano E.

    Proceedings - 2016 Joint 8th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 2016 17th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, SCIS-ISIS 2016   892 - 897   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Sapporo   2016年08月25日  -  2016年08月26日

    © 2016 IEEE. In this paper we consider two distance-based relaxed variants of the maximum clique problem (MAX CLIQUE), named MAX d-CLIQUE and MAX d-CLUB: A d-clique in a graph G is a subset S V(G) of vertices such that for pairs of vertices u, v ϵ S, the distance between u and v is at most d in G. A d-club in a graph G is a subset S' V(G) of vertices that induces a subgraph of G of diameter at most d. MAX d-CLIQUE and MAX d-CLUB ask to find a maximum d-clique and a maximum d-club in a given unweighted graph, respectively. MAX 1-CLIQUE and MAX 1-CLUB cannot be efficiently approximated within a factor of n1-ϵ for any ϵ > 0 unless P = NP since they are identical to MAX CLIQUE [1], [2]. Also, it is known [3], [4] that it is NP-hard to approximate MAX d-CLIQUE and MAX d-CLUB to within a factor of n1/2-ϵ for any fixed d ≥ 2 and any ϵ > 0. As for approximability of MAX d-CLIQUE and MAX d-CLUB, [3] proposes a polynomial-time algorithm, called ByFindStard, and proves that its approximation ratio is O(n1/2) and O(n2/3) for any even d ≥ 2 and for any odd d ≥ 3, respectively. Very recently, a polynomial-time algorithm, called ByFindStar2d, achieving an optimal approximation ratio of O(n1/2) for MAX d-CLIQUE and MAX d-CLUB is designed for any odd d ≥ 3 in [4]. In this paper we implement those approximation algorithms and evaluate their quality empirically for random graphs Gn,p, which have n vertices and each edge appears with probability p. The experimental results show that (i) ByFindStar2d of approximation ratio O(n1/2) can find larger d-clubs (d-cliques) than ByFindStard of approximation ratio O(n2/3) for odd d, (ii) the size of d-clubs (d-cliques) output by ByFindStard is the same as ones by ByFindStar2d for even d, and (iii) ByFindStard can find the same size of d-clubs (d-cliques) much faster than ByFindStar2d.

    DOI: 10.1109/SCIS-ISIS.2016.0193

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85010409273&origin=inward

  • Regular Induced Subgraphs in Bipartite and Planar Graphs 査読有り 国際誌

    Yuichi Asahiro, Hiroshi Eto, Takehiro Ito, Eiji Miyano

    Proceedings of 19th Japan-Korean Joint Workshop on Algorithms and Computation (WAAC2016)   43-1 - 43-8   2016年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Hakodate   2016年08月30日  -  2016年08月31日

  • Logging with Maximum Length Constraint 査読有り 国際誌

    Ei Ando, Akitoshi Kawamura, Masashi Kiyomi, Eiji Miyano, Hirotaka Ono

    Proceedings of 19th Japan-Korean Joint Workshop on Algorithms and Computation (WAAC2016)   71-1 - 71-4   2016年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Hakodate   2016年08月30日  -  2016年08月31日

  • Approximation algorithms for packing element-disjoint steiner trees on bounded terminal nodes 査読有り

    Hoshika D., Miyano E.

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences ( 一般社団法人 電子情報通信学会 )   E99A ( 6 )   1059 - 1066   2016年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Copyright © 2016 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. In this paper we discuss approximation algorithms for the ELEMENT-DISJOINT STEINER TREE PACKING problem (Element-STP for short). For a graph G = (V, E) and a subset of nodes T ⊆ V, called terminal nodes, a Steiner tree is a connected, acyclic subgraph that contains all the terminal nodes in T. The goal of Element-STP is to find as many element-disjoint Steiner trees as possible. Element-STP is known to be APX-hard even for |T| = 3 [1]. It is also known that Element-STP is NP-hard to approximate within a factor of Ω(log |V|) [3] and there is an O(log |V|)-approximation algorithm for Element-STP [2], [4]. In this paper, we provide a ⌈|T|/2⌉-approximation algorithm for Element-STP on graphs with |T| terminal nodes. Furthermore, we show that the approximation ratio of 3 for Element-STP on graphs with five terminal nodes can be improved to 2.

    DOI: 10.1587/transfun.E99.A.1059

    Kyutacar

    Scopus

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85009396497&origin=inward

  • Approximation Algorithms to Find Maximum Distance-Bounded Subgraphs 査読有り

    Yuichi Asahiro, Yuya Doi, Eiji Miyano, Hirotaka Shimizu

    Proceedings of 9th Asian Association for Algorithms and Computation Annual Meeting (AAAC16)   2016年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Taiwan   Taipei   2016年05月14日  -  2016年05月16日

  • Simple approximation algorithms for the distance-3 independent set problem on cubic graphs 査読有り 国際誌

    Hiroshi Eto, Zhilong Liu, Eiji Miyano

    Proceedings of 9th Asian Association for Algorithms and Computation Annual Meeting (AAAC16)   2016年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Taiwan   Taipei   2016年05月14日  -  2016年05月16日

  • Degree-Constrained Graph Orientation: Maximum Satisfaction and Minimum Violation 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Jansson J., Miyano E., Ono H.

    Theory of Computing Systems   58 ( 1 )   60 - 93   2016年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2014, Springer Science+Business Media New York. A degree-constrained graph orientation of an undirected graph G is an assignment of a direction to each edge in G such that the outdegree of every vertex in the resulting directed graph satisfies a specified lower and/or upper bound. Such graph orientations have been studied for a long time and various characterizations of their existence are known. In this paper, we consider four related optimization problems introduced in reference (Asahiro et al. LNCS 7422, 332–343 (2012)): For any fixed non-negative integer W, the problems MAXW-LIGHT, MINW-LIGHT, MAXW-HEAVY, and MINW-HEAVY take as input an undirected graph G and ask for an orientation of G that maximizes or minimizes the number of vertices with outdegree at most W or at least W. As shown in Asahiro et al. LNCS 7422, 332–343 (2012)).

    DOI: 10.1007/s00224-014-9565-5

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84952985070&origin=inward

  • A PTAS for the multiple parallel identical multi-stage flow-shops to minimize the makespan 査読有り 国際誌

    Tong W., Miyano E., Goebel R., Lin G.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   9711   227 - 237   2016年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © Springer International Publishing Switzerland 2016. In the parallel k-stage flow-shops problem, we are given m identical k-stage flow-shops and a set of jobs. Each job can be processed by any one of the flow-shops but switching between flow-shops is not allowed. The objective is to minimize the makespan, which is the finishing time of the last job. This problem generalizes the classical parallel identical machine scheduling (where k = 1) and the classical flow-shop scheduling (where m = 1) problems, and thus it is NP-hard. We present a polynomial-time approximation scheme for the problem, when m and k are fixed constants. The key technique is to enumerate over schedules for big jobs, solve a linear programming for small jobs, and add the fractional small jobs at the end. Such a technique has been used in the design of similar approximation schemes.

    DOI: 10.1007/978-3-319-39817-4_22

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84976608271&origin=inward

  • Approximability of the distance independent set problem on regular graphs and planar graphs 査読有り 国際誌

    Eto H., Ito T., Liu Z., Miyano E.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   10043 LNCS   270 - 284   2016年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © Springer International Publishing AG 2016. This paper studies generalized variants of the maximum independent set problem, called the Maximum Distance-d Independent Set problem (MaxDdIS for short). For an integer d ≥ 2, a distance-d independent set of an unweighted graph G = (V,E) is a subset S ⊆ V of vertices such that for any pair of vertices u, v ∈ S, the number of edges in any path between u and v is at least d in G. Given an unweighted graph G, the goal of MaxDdIS is to find a maximum-cardinality distance-d independent set of G. In this paper, we analyze the (in)approximability of the problem on r-regular graphs (r ≥ 3) and planar graphs, as follows: (1) For every fixed integers d ≥ 3 and r ≥ 3, MaxDdIS on r-regular graphs is APX-hard. (2) We design polynomial-time O(rd−1)-approximation and O(rd−2/d)- approximation algorithms for MaxDdIS on r-regular graphs. (3) We sharpen the above O(rd−2/d)-approximation algorithms when restricted to d = r = 3, and give a polynomial-time 2-approximation algorithm for MaxD3IS on cubic graphs. (4) Finally, we show that MaxDdIS admits a polynomial-time approximation scheme (PTAS) for planar graphs.

    DOI: 10.1007/978-3-319-48749-6_20

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85007188790&origin=inward

  • Experimental evalution of approximation algorithms for maximum distance-bounded subgraph problems 査読有り 国際誌

    宮野 英次

    Proceedings of Joint 8th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 17th International Symposium on Advanced Intelligent Systems   -   892 - 897   2016年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    CiNii Research

  • Regular induced subgraphs in bipartite and planar graphs 査読有り 国際誌

    宮野 英次

    Proceedings of the 19th Japan-Korean Joint Workshop on Algorithms and Computation   -   2016年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    CiNii Research

  • Logging with maximum length constraint 査読有り 国際誌

    宮野 英次

    Proceedings of the 19th Japan-Korean Joint Workshop on Algorithms and Computation   -   2016年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    CiNii Research

  • Graph orientations optimizing the number of light or heavy vertices 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Jansson J., Miyano E., Ono H.

    Journal of Graph Algorithms and Applications   19 ( 1 )   441 - 465   2015年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © Journal of Graph Algorithms and Applications. This paper introduces four graph orientation problems named MAXIMIZE W-LIGHT, MINIMIZE W-LIGHT, MAXIMIZE W-HEAVY, and MINIMIZE W-HEAVY, where W can be any fixed non-negative integer. In each problem, the input is an undirected, unweighted graph G and the objective is to assign a direction to every edge in G so that the number of vertices with outdegree at most W or at least W in the resulting directed graph is maximized or minimized. A number of results on the computational complexity and polynomial-time approximability of these problems for different values of W and various special classes of graphs are derived. In particular, it is shown that MAXIMIZE 0-LIGHT and MINIMIZE 1-HEAVY are identical to MAXIMUM INDEPENDENT SET and MINIMUM VERTEX COVER, respectively, so by allowing the value of W to vary, we obtain a new generalization of the two latter problems.

    DOI: 10.7155/jgaa.00371

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84951278348&origin=inward

  • Optimal approximation algorithms for maximum distance-bounded subgraph problems 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Doi Y., Miyano E., Shimizu H.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   9486   586 - 600   2015年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Houston   2015年12月18日  -  2015年12月20日

    © Springer International Publishing Switzerland 2015. A d-clique in a graph G=(V,E) is a subset S⊆V of vertices such that for pairs of vertices u,v∈S, the distance between u and v is at most d in G. A d-club in a graph G=(V,E) is a subset S′⊆V of vertices that induces a subgraph of G of diameter at most d. Given a graph G with n vertices, the goal of Max d-Clique (Max d-Club, resp.) is to find a d-clique (d-club, resp.) of maximum cardinality in G. Max 1-Clique and Max 1-Club cannot be efficiently approximated within a factor of n1−ε for any ε>0 unless P=NP since they are identical to Max Clique [14, 21]. Also, it is known [3] that it is NP-hard to approximate Max d-Club to within a factor of n1/2−ε for any fixed d≥2 and for any ε>0. As for approximability of Max d-Club, there exists a polynomial-time algorithm which achieves an optimal approximation ratio of O(n1/2) for any even d≥2 [3]. For any odd d≥3, however, there still remains a gap between the O(n2/3)-approximability and the Ω(n1/2−ε)-inapproximability for Max d-Club [3]. In this paper, we first strengthen the approximability result for Max d-Club; we design a polynomial-time algorithm which achieves an optimal approximation ratio of O(n1/2) for Max d-Club for any odd d≥3. Then, by using the similar ideas, we show the O(n1/2)-approximation algorithm for Max d-Clique on general graphs for any d≥2. This is the best possible in polynomial time unless P=NP, as we can prove the Ω(n1/2−ε)-inapproximability. Furthermore, we study the tractability of Max d-Clique and Max d-Club on subclasses of graphs.

    DOI: 10.1007/978-3-319-26626-8_43

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84951990304&origin=inward

  • Complexity of finding maximum regular induced subgraphs with prescribed degree 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Eto H., Ito T., Miyano E.

    Theoretical Computer Science   550 ( C )   21 - 35   2014年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2014 Elsevier B.V. We study the problem of finding a maximum vertex-subset S of a given graph G such that the subgraph G[S] induced by S is r-regular for a prescribed degree r ≥ 0. We also consider a variant of the problem which requires G[. S] to be r-regular and connected. Both problems are known to be NP-hard even to approximate for a fixed constant r. In this paper, we thus consider the problems whose input graphs are restricted to some special classes of graphs. We first show that the problems are still NP-hard to approximate even if r is a fixed constant and the input graph is either bipartite or planar. On the other hand, both problems are tractable for graphs having tree-like structures, as follows. We give linear-time algorithms to solve the problems for graphs with bounded treewidth; we note that the hidden constant factor of our running time is just a single exponential of the treewidth. Furthermore, both problems are solvable in polynomial time for chordal graphs.

    DOI: 10.1016/j.tcs.2014.07.008

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84926407099&origin=inward

  • Approximation algorithms for packing element-disjoint Steiner trees on bounded terminal nodes 査読有り 国際誌

    Hoshika D., Miyano E.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   8546 LNCS   100 - 111   2014年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Canada   Vancouver   2014年07月08日  -  2014年07月10日

    In this paper we discuss approximation algorithms for the Element-Disjoint Steiner Tree Packing problem (Element-STP for short). For a graph G = (V, E) and a subset of nodes T ⊆ V, called terminal nodes, a Steiner tree is a connected, acyclic subgraph that contains all the terminal nodes in T. The goal of Element-STP is to find as many element-disjoint Steiner trees as possible. Element-STP is known to be APX-hard even for |T| = 3 [1]. It is also known that Element-STP is NP-hard to approximate within a factor of Ω(log|V|) [3] and there is an O(log|V|)-approximation algorithm for Element-STP [2,4]. In this paper, we provide a ⌈|T|/2⌉-approximation algorithm for Element-STP on graphs with |T| terminal nodes. Furthermore, we show that the approximation ratio of 3 for Element-STP on graphs with five terminal nodes can be improved to 2. © 2014 Springer International Publishing.

    DOI: 10.1007/978-3-319-07956-1_10

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84903940800&origin=inward

  • Maximum r-Regular Induced Subgraph Problems for Chordal Bipartite Graphs 査読有り 国際誌

    Yuichi Asahiro, Hiroshi Eto, Takehiro Ito, Eiji Miyano

    Proceedings of 7th Asian Association for Algorithms and Computation Annual Meeting (AAAC14)   18 - 18   2014年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    China   Hangzhou   2014年05月17日  -  2014年05月19日

  • Evolutionary algorithms for the pursuit problem 査読有り

    Miyano E., Tahara K.

    2014 Joint 7th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems, SCIS 2014 and 15th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, ISIS 2014   1321 - 1326   2014年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Kitakyushu   2014年12月03日  -  2014年12月06日

    © 2014 IEEE. In this paper we propose new variants of the Evolutionary Algorithms, called Multi-Virus Evolutionary Algorithm (MVEA) and Multi-Virus Evolutionary Annealing Algorithm (MVEA2) for the following pursuit problem. Given a set of mobile agents and a set of mobile targets in a map as an input instance, the goal of the agents is to pursue and capture as many mobile targets by cooperating with other agents as possible, and furthermore as quickly as possible. When we use the multipoint search algorithms such as Genetic Algorithms (GAs) and Virus Evolutionary Algorithms (VEA) for optimization problems, it is important to keep the diversity of the search points. To improve the diversity, MVEA selects several viruses of inferior individuals with a certain probability, and moreover, MVEA2 blends the simulated annealing heuristic (SA) with MVEA. In this paper, we show the detailed experimental comparisons among the performances of a traditional GA, GA with SA, MVEA, and MVEA2 on the number of captured mobile targets and the number of the required steps for agents to capture all the mobile targets in the pursuit problem. The comparisons show that (i) MVEA and MVEA2 behave in similar ways as GA and GA with SA, respectively, and (ii) GA with SA and MVEA2 does not work better in the early stages than GA and MVEA, but especially in the final stages, the former algorithms can capture the larger number of mobile targets than one of the latter ones.

    DOI: 10.1109/SCIS-ISIS.2014.7044840

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84946531071&origin=inward

  • Degree-constrained graph orientation: Maximum satisfaction and minimum violation 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Jansson J., Miyano E., Ono H.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   8447 LNCS   24 - 36   2014年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    France   Sophia Antipolis   2013年09月05日  -  2013年09月06日

    A degree-constrained graph orientation of an undirected graph G is an assignment of a direction to each edge in G such that the outdegree of every vertex in the resulting directed graph satisfies a specified lower and/or upper bound. Such graph orientations have been studied for a long time and various characterizations of their existence are known. In this paper, we consider four related optimization problems introduced in [4]: For any fixed non-negative integer W, the problems Max W -Light, Min W -Light, Max W -Heavy, and Min W -Heavy take as input an undirected graph G and ask for an orientation of G that maximizes or minimizes the number of vertices with outdegree at most W or at least W. The problems' computational complexities vary with W. Here, we resolve several open questions related to their polynomial-time approximability and present a number of positive and negative results. © 2014 Springer International Publishing.

    DOI: 10.1007/978-3-319-08001-7_3

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84903631659&origin=inward

  • Distance-d independent set problems for bipartite and chordal graphs 査読有り 国際誌

    Eto H., Guo F., Miyano E.

    Journal of Combinatorial Optimization   27 ( 1 )   88 - 99   2014年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The paper studies a generalization of the Independent Set problem (IS for short). A distance- d independent set for an integer d≥2 in an unweighted graph G = (V, E) is a subset S⊂ V of vertices such that for any pair of vertices u, v εS, the distance between u and v is at least d in G. Given an unweighted graph G and a positive integer k, the Distance- d Independent Set problem (D d IS for short) is to decide whether G contains a distance- d independent set S such that |S| ≥k. D2IS is identical to the original IS. Thus D2IS is \mathcal{NP} -complete even for planar graphs, but it is in \mathcal{P} for bipartite graphs and chordal graphs. In this paper we investigate the computational complexity of D d IS, its maximization version MaxD d IS, and its parameterized version ParaD d IS(k), where the parameter is the size of the distance- d independent set: (1) We first prove that for any ε >0 and any fixed integer d≥3, it is \mathcal{NP} -hard to approximate MaxD d IS to within a factor of n1/2- for bipartite graphs of n vertices, and for any fixed integer d≥3, ParaD d IS(k) is \mathcal{W}[1] -hard for bipartite graphs. Then, (2) we prove that for every fixed integer d≥3, D d IS remains NP -complete even for planar bipartite graphs of maximum degree three. Furthermore, (3) we show that if the input graph is restricted to chordal graphs, then D d IS can be solved in polynomial time for any even d≥2, whereas D d IS is NP -complete for any odd d≥3. Also, we show the hardness of approximation of MaxD d IS and the W[1] -hardness of ParaD d IS(k) on chordal graphs for any odd d≥3. © 2013 Springer Science+Business Media New York.

    DOI: 10.1007/s10878-012-9594-4

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84893764641&origin=inward

  • Optimal approximability of bookmark assignments 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Miyano E., Murata T., Ono H.

    Discrete Applied Mathematics   161 ( 16-17 )   2361 - 2366   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Consider a rooted directed acyclic graph G=(V,E) with root r, representing a collection V of web pages connected via a set E of hyperlinks. Each node v is associated with the probability that a user wants to access the node v. The access cost is defined as the expected number of steps required to reach a node from the root r. A bookmark is an additional shortcut from r to a node of G, which may reduce the access cost. The bookmark assignment problem is to find a set of bookmarks that achieves the greatest improvement in the access cost. For the problem, the paper shows the tight bound on the (in)approximability under the assumption P≠NP: we present a polynomial time approximation algorithm with factor (1-1/e), and show that there exists no polynomial time approximation algorithm with a better constant factor than (1-1/e) unless P=NP. © 2013 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.dam.2013.05.018

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84884286822&origin=inward

  • (1+ε)-competitive algorithm for online OVSF code assignment with resource augmentation 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Kanmera K., Miyano E.

    Journal of Combinatorial Optimization   26 ( 4 )   687 - 708   2013年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    This paper studies the online Orthogonal Variable Spreading Factor (OVSF) code assignment problem with resource augmentation introduced by Erlebach et al. (in STACS 2004. LNCS, vol. 2996, pp. 270-281, 2004). We propose a (1+1/α)-competitive algorithm with help of (1+⌈α⌉) lg* - h trees for the height h of the OVSF code tree and any α≥1. In other words, it is a (1+ε)-competitive algorithm with help of (1+⌈1/ε⌉)lg* - h trees for any constant 0<ε≤1. In the case of α=1 (or ε=1), we obtain a 2-competitive algorithm with 2lg* - h trees, which substantially improves the previous resource of 3h/8+2 trees shown by Chan et al. (COCOON 2009. LNCS, vol. 5609, pp. 358-367, 2009). In another aspect, if it is not necessary to bound the incurred cost for individual requests to a constant, an amortized (4/3+δ)-competitive algorithm with (11/4+4/(3δ)) trees for any 0<δ≤4/3 is also designed in Chan et al. (COCOON 2009. LNCS, vol. 5609, pp. 358-367, 2009). The algorithm in this paper gives us a new trade-off between the competitive ratio and the resource augmentation when α≥3 (or ε≤1/3), although the incurred cost for individual requests is bounded to a constant. © 2012 Springer Science+Business Media, LLC.

    DOI: 10.1007/s10878-012-9454-2

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84886438763&origin=inward

  • Complexity of finding maximum regular induced subgraphs with prescribed degree 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Eto H., Ito T., Miyano E.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   8070 LNCS   28 - 39   2013年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    England   Liverpool   2013年08月19日  -  2013年08月21日

    We study the problem of finding a maximum vertex-subset S of a given graph G such that the subgraph G[S] induced by S is r-regular for a prescribed degree r ≥ 0. We also consider a variant of the problem which requires G[S] to be r-regular and connected. Both problems are known to be NP-hard even to approximate for a fixed constant r. In this paper, we thus consider the problems whose input graphs are restricted to some special classes of graphs. We first show that the problems are still NP-hard to approximate even if r is a fixed constant and the input graph is either bipartite or planar. On the other hand, both problems are tractable for graphs having tree-like structures, as follows. We give linear-time algorithms to solve the problems for graphs with bounded treewidth; we note that the hidden constant factor of our running time is just a single exponential of the treewidth. Furthermore, both problems are solvable in polynomial time for chordal graphs. © 2013 Springer-Verlag.

    DOI: 10.1007/978-3-642-40164-0_6

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84883179628&origin=inward

  • Maximum Diameter-Bounded Subgraphs in Intersection Graphs 査読有り 国際誌

    Yuichi Asahiro, Yuya Doi, Eiji Miyano, Hirotaka Shimizu

    Proceedings of 16th Korean-Japan Joint Workshop on Algorithms and Computation (WAAC2013)   83 - 90   2013年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Suwon   2013年07月12日  -  2013年07月13日

  • Maximum Diameter-Bounded Subgraphs in Graphs Without Long Induced Cycles 査読有り 国際誌

    Yuichi Asahiro, Yuya Doi, Eiji Miyano, Hirotaka Shimizu

    Proceedings of 6th Asian Association for Algorithms and Computation Annual Meeting (AAAC13)   24 - 24   2013年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Matsushima   2013年04月19日  -  2013年04月21日

  • Inapproximability of maximum r-regular induced connected subgraph problems 査読有り

    Asahiro Y., Eto H., Miyano E.

    IEICE Transactions on Information and Systems ( 一般社団法人 電子情報通信学会 )   E96-D ( 3 )   443 - 449   2013年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Given a connected graph G = (V, E) on n vertices, the Maximum r-Regular Induced Connected Subgraph (r-MaxRICS) problem asks for a maximum sized subset of vertices S ⊆ V such that the induced subgraph G[S] on S is connected and r-regular. It is known that 2-MaxRICS and 3-MaxRICS are NP-hard. Moreover, 2-MaxRICS cannot be approximated within a factor of n1-ε in polynomial time for any ε > 0 unless P = NP. In this paper, we show that r-MaxRICS are NP-hard for any fixed integer r ≥ 4. Furthermore, we show that for any fixed integer r ≥ 3, r-MaxRICS cannot be approximated within a factor of n1/6-ε in polynomial time for any ε > 0 unless P = NP. Copyright © 2013 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers.

    DOI: 10.1587/transinf.E96.D.443

    Kyutacar

    Scopus

    CiNii Article

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84878238046&origin=inward

  • Distance-d independent set problems for bipartite and chordal graphs 査読有り 国際誌

    Eto H., Guo F., Miyano E.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   7402 LNCS   234 - 244   2012年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Canada   Banff   2012年08月05日  -  2012年08月09日

    The paper studies a generalization of the Independent Set (IS) problem. A distance-d independent set for a positive integer d ≥ 2 in an unweighted graph G = (V, E) is a set S ⊆ V of vertices such that for any pair of vertices u, v ∈ S, the distance between u and v is at least d in G. Given an unweighted graph G and a positive integer k, the Distance- d Independent Set (D d IS) problem is to decide whether G contains a distance-d independent set S such that |S| ≥ k. D2IS is identical to the original IS and thus D2IS is in for bipartite graphs and chordal graphs. In this paper, we show that for every fixed integer d ≥ 3, D d IS is -complete even for planar bipartite graphs of maximum degree three, and also -complete even for chordal bipartite graphs. Furthermore, we show that if the input graph is restricted to chordal graphs, then D d IS can be solved in polynomial time for any even d ≥ 2, whereas D d IS is -complete for any odd d ≥ 3. © 2012 Springer-Verlag.

    DOI: 10.1007/978-3-642-31770-5_21

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84865023969&origin=inward

  • Upper and lower degree bounded graph orientation with minimum penalty 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Jansson J., Miyano E., Ono H.

    Conferences in Research and Practice in Information Technology Series   128   139 - 146   2012年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Australia   Melbourne   2012年01月30日  -  2012年02月02日

    Given an undirected graph G = (V,E), a graph orientation problem is to decide a direction for each edge so that the resulting directed graph G = (V, Λ(E)) satisfies a certain condition, where Λ(E) is a set of assignments of a direction to each edge {u, v} ∈ E. Among many conceivable types of conditions, we consider a degree constrained orientation: Given positive integers a v and b v for each v (a v ≤ b v), decide an orientation of G so that a v ≤ {pipe}{(v, u) ∈ Λ(E)}{pipe} ≤ b v holds for every v ∈ V. However, such an orientation does not always exist. In this case, it is desirable to find an orientation that best fits the condition instead. In this paper, we consider the problem of finding an orientation that minimizes Σ v∈Vcv, where c v is a penalty incurred for v's violating the degree constraint. As penalty functions, several classes of functions can be considered, e.g., linear functions, convex functions and concave functions. We show that the degree-constrained orientation with any convex (including linear) penalty function can be solved in O(m 1:5 min{Δ 0:5, log(nC)}), where n = {pipe}V{pipe},m = {pipe}E{pipe}, Δ and C are the maximum degree and the largest magnitude of a penalty, respectively. In contrast, it has no polynomial approximation algorithm whose approximation factor is better than 1.3606, for concave penalty functions, unless P=NP; it is APX-hard. This holds even for step functions, which are considered concave. For trees, the problem with any penalty functions can be solved exactly in O(n log Δ) time, and if the penalty function is convex, it is solvable in linear time. © 2012, Australian Computer Society, Inc.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84864023399&origin=inward

  • Improved inapproximability of maximum r-regular induced connected subgraph problems 査読有り 国際誌

    Yuichi Asahiro, Hiroshi Eto, Eiji Miyano

    Proceedings of 15th Japan-Korea Joint Workshop on Algorithms and Computation (WAAC2012)   161 - 168   2012年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Tokyo   2012年07月10日  -  2012年07月11日

  • NP-hardness of the sorting buffer problem on the uniform metric 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Kawahara K., Miyano E.

    Discrete Applied Mathematics   160 ( 10-11 )   1453 - 1464   2012年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    An instance of the sorting buffer problem (SBP) consists of a sequence of requests for service, each of which is specified by a point in a metric space, and a sorting buffer which can store up to a limited number of requests and rearrange them. To serve a request, the server needs to visit the point where serving a request p following the service to a request q requires the cost corresponding to the distance d(p,q) between p and q. The objective of SBP is to serve all input requests in a way that minimizes the total distance traveled by the server by reordering the input sequence. In this paper, we focus our attention to the uniform metric, i.e., the distance d(p,q)=1 if p≠q, d(p,q)=0 otherwise, and present the first NP-hardness proof for SBP on the uniform metric. © 2012 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.dam.2012.02.005

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84859923903&origin=inward

  • Optimal distortion embedding of complete binary trees into lines 査読有り 国際誌

    Kumamoto M., Miyano E.

    Information Processing Letters   112 ( 10 )   365 - 370   2012年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    We study the problem of embedding an unweighted complete binary tree into a line with low distortion. Very recently, Mathieu and Papamanthou (2008) [9] showed that the inorder traversal of the complete binary tree of height h gives a line embedding of distortion O(2 h), and conjectured that the current lower bound of Ω(2 hh) increases to Ω(2 h), i.e., the upper bound of O(2 h) is best possible. In this paper, we disprove their conjecture by providing a line embedding of the complete binary tree of height h with optimal distortion Θ(2 hh). © 2012 Elsevier B.V. © 2012 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.ipl.2012.02.003

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84857425777&origin=inward

  • Distance-d Independent Set Problems 査読有り 国際誌

    Hiroshi Eto, Fengrui Guo, Eiji Miyano

    Proceedings of 5th Asian Association for Algorithms and Computation Annual Meeting (AAAC12)   20 - 20   2012年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    China   Shanghai   2012年04月21日  -  2012年04月22日

  • W[1]-hardness of regular induced connected subgraph problems 査読有り 国際誌

    Yuichi Asahiro, Hiroshi Eto, Eiji Miyano

    Proceedings of 5th Asian Association for Algorithms and Computation Annual Meeting (AAAC12)   19 - 19   2012年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    China   Shanghai   2012年04月21日  -  2012年04月22日

  • Graph orientations optimizing the number of light or heavy vertices 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Jansson J., Miyano E., Ono H.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   7422 LNCS   332 - 343   2012年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Greece   Athens   2012年04月19日  -  2012年04月21日

    This paper introduces four graph orientation problems named Maximize W -Light, Minimize W -Light, Maximize W -Heavy, and Minimize W -Heavy, where W can be any fixed non-negative integer. In each of these problems, the input is an undirected graph G and the objective is to assign a direction to each edge in G so that the number of vertices with outdegree at most W or at least W in the resulting directed graph is maximized or minimized. We derive a number of results on the computational complexity and polynomial-time approximability of these problems for different values of W and various special classes of graphs. In particular, we show that Maximize 0-Light and Minimize 1-Heavy are equivalent to Maximum Independent Set and Minimum Vertex Cover, respectively, so by allowing the value of W to vary, we obtain a new, natural generalization of the two latter problems. © 2012 Springer-Verlag.

    DOI: 10.1007/978-3-642-32147-4_30

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84865205428&origin=inward

  • Maximum Domination problem 査読有り 国際誌

    Miyano E., Ono H.

    Conferences in Research and Practice in Information Technology Series   119   55 - 61   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    We consider new variants of the vertex/edge domination problems on graphs. A vertex is said to dominate itself and its all adjacent vertices, and similarly an edge is said to dominate itself and its all adjacent edges. Given an input graph G = (V;E) and an integer k, the κ-Vertex (κ-Edge) Maximum Domination (κ-MaxVD and κ-MaxED, respectively) is to find a subset D V ⊆ V of vertices (resp., D E ⊆ E of edges) with size at most k that maximizes the cardinality of dominated vertices (resp., edges). In this paper, we first show that a simple greedy strategy achieves an approximation ratio of (1 - 1=e) for both k-MaxVD and κ-MaxED. Then, we show that this approximation ratio is the best possible for κ-MaxVD unless P = NP. We also prove that, for any constant ε > 0, there is no polynomial time 1303=1304+ε approximation algorithm for κ-MaxED unless P = NP. However, if k is not larger than the size of the minimum maximal matching, κ-MaxED is 3/4-approximable in polynomial time. Copyright © 2011, Australian Computer Society, Inc.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84864629153&origin=inward

  • (1 + ε)-Competitive algorithm for online OVSF code assignment with resource augmentation 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Kanmera K., Miyano E.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   6842 LNCS   259 - 270   2011年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Richardson, TX   2011年08月14日  -  2011年08月16日

    This paper studies the online Orthogonal Variable Spreading Factor (OVSF) code assignment problem with resource augmentation introduced by Erlebach et al. in [8]. We propose a (1 + ε)-competitive algorithm with help of (1 + ⌈1/ε⌉) lg* h trees for the height h of the OVSF code tree and any constant 0 < ε ≤ 1. In the case of ε = 1, we obtain a 2-competitive algorithm with 2lg* h trees, which substantially improves the previous resource of 3h/8 + 2 trees shown by Chan et al. in [2]. © 2011 Springer-Verlag.

    DOI: 10.1007/978-3-642-22685-4_24

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=80051974886&origin=inward

  • Inapproximability of Maximum r-Regular Induced Connected Subgraph Problems 査読有り 国際誌

    Yuichi Asahiro, Hiroshi Eto, Eiji Miyano

    Proc. The 2011 International Conference on Foundations of Computer Science (FCS)   102 - 107   2011年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Las Vegas   2011年07月18日  -  2011年07月21日

  • Special section on discrete mathematics and its applications

    Miyano E.

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences ( IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences )   E94-A ( 6 )   2011年06月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=79957991709&origin=inward

  • Approximation algorithms for the graph orientation minimizing the maximum weighted outdegree 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Jansson J., Miyano E., Ono H., Zenmyo K.

    Journal of Combinatorial Optimization   22 ( 1 )   78 - 96   2011年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Given a simple, undirected graph G = (V ,E) and a weight function w : E→ℤ+, we consider the problem of orienting all edges in E so that the maximum weighted outdegree among all vertices is minimized. It has previously been shown that the unweighted version of the problem is solvable in polynomial time while the weighted version is (weakly) NP-hard. In this paper, we strengthen these results as follows: (1) We prove that the weighted version is strongly NP-hard even if all edge weights belong to the set {1, k}, where k is any fixed integer greater than or equal to 2, and that there exists no pseudo-polynomial time approximation algorithm for this problem whose approximation ratio is smaller than (1 + 1/k) unless P = NP; (2) we present a new polynomial-time algorithm that approximates the general version of the problem within a ratio of (2-1/k), where k is the maximum weight of an edge in G; (3) we show how to approximate the special case in which all edge weights belong to {1, k} within a ratio of 3/2 for k = 2 (note that this matches the inapproximability bound above), and (2 -2/(k +1)) for any k ≤ 3, respectively, in polynomial time. © Springer Science+Business Media, LLC 2009.

    DOI: 10.1007/s10878-009-9276-z

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=79955053720&origin=inward

  • Maximum Edge Domination Problem 査読有り 国際誌

    Eiji Miyano, Hirotaka Ono

    Proceedings of Fourth Asian Association for Algorithms and Computation Annual Meeting (AAAC11)   66 - 66   2011年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Taiwan   Hsinchu   2011年04月16日  -  2011年04月17日

  • 2-Competitive Algorithm for Online OVSF Code Assignment with Small Resource Augmentation 査読有り 国際誌

    Yuichi Asahiro, Kenta Kanmera, Eiji Miyano

    Proceedings of Fourth Asian Association for Algorithms and Computation Annual Meeting (AAAC11)   69 - 69   2011年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Taiwan   Hsinchu   2011年04月16日  -  2011年04月17日

  • Graph classes and the complexity of the graph orientation minimizing the maximum weighted outdegree 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Miyano E., Ono H.

    Discrete Applied Mathematics   159 ( 7 )   498 - 508   2011年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Given an undirected graph with edge weights, we are asked to find an orientation, that is, an assignment of a direction to each edge, so as to minimize the weighted maximum outdegree in the resulted directed graph. The problem is called MMO, and is a restricted variant of the well-known minimum makespan problem. As in previous studies, it is shown that MMO is in P for trees, weak NP-hard for planar bipartite graphs, and strong NP-hard for general graphs. There are still gaps between those graph classes. The objective of this paper is to show tighter thresholds of complexity: We show that MMO is (i) in P for cactus graphs, (ii) weakly NP-hard for outerplanar graphs, and also (iii) strongly NP-hard for graphs which are both planar and bipartite. This implies the NP-hardness for P4-bipartite, diamond-free or house-free graphs, each of which is a superclass of cactus. We also show (iv) the NP-hardness for seriesparallel graphs and multi-outerplanar graphs, and (v) present a pseudo-polynomial time algorithm for graphs with bounded treewidth. © 2010 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.dam.2010.11.003

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=79952185117&origin=inward

  • Graph orientation to maximize the minimum weighted outdegree 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Jansson J., Miyano E., Ono H.

    International Journal of Foundations of Computer Science   22 ( 3 )   583 - 601   2011年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    We study a new variant of the graph orientation problem called MAXMINO where the input is an undirected, edge-weighted graph and the objective is to assign a direction to each edge so that the minimum weighted outdegree (taken over all vertices in the resulting directed graph) is maximized. All edge weights are assumed to be positive integers. This problem is closely related to the job scheduling on parallel machines, called the machine covering problem, where its goal is to assign jobs to parallel machines such that each machine is covered as much as possible. First, we prove that MAXMINO is strongly NP-hard and cannot be approximated within a ratio of 2 ε for any constant ε > 0 in polynomial time unless P=NP, even if all edge weights belong to {1, 2}, every vertex has degree at most three, and the input graph is bipartite or planar. Next, we show how to solve MAXMINO exactly in polynomial time for the special case in which all edge weights are equal to 1. This technique gives us a simple polynomial-time wmax/wmin-approximation algorithm for MAXMINO where wmax and wmin denote the maximum and minimum weights among all the input edges. Furthermore, we also observe that this approach yields an exact algorithm for the general case of MAXMINO whose running time is polynomial whenever the number of edges having weight larger than wmin is at most logarithmic in the number of vertices. Finally, we show that MAXMINO is solvable in polynomial time if the input is a cactus graph. © 2011 World Scientific Publishing Company.

    DOI: 10.1142/S0129054111008246

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=79955055443&origin=inward

  • Optimal distortion embedding of complete binary trees into lines 査読有り 国際誌

    Masao Kumamoto,Eiji Miyano

    Proc. The 2010 International Conference on Foundations of Computer Science (FCS)   16 - 21   2010年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Oaxaca   2010年07月12日  -  2010年07月15日

    主要論文集(会議) 代表的研究業績

  • Approximating maximum diameter-bounded subgraphs 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Miyano E., Samizo K.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   6034 LNCS   615 - 626   2010年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Maxico   Oaxaca   2010年04月19日  -  2010年04月23日

    The paper studies the maximum diameter-bounded subgraph problem (MaxDBS for short) which is defined as follows: Given an n-vertex graph G and a fixed integer d ≥ 1, the goal is to find its largest subgraph of the diameter d. If d=1, the problem is identical to the maximum clique problem and thus it is script NP-hard to approximate MaxDBS to within a factor of n 1-ε for any ε > 0. Also, it is known to be NP-hard to approximate MaxDBS to within a factor of n 1/3-ε for any ε > 0 and a fixed d ≥ 2. In this paper, we first strengthen the hardness result; we prove that, for any ε > 0 and a fixed d ≥ 2, it is script NP-hard to approximate MaxDBS to within a factor of n 1/2-ε . Then, we show that a simple polynomial-time algorithm achieves an approximation ratio of n 1/2 for any even d ≥ 2, and an approximation ratio of n 2/3 for any odd d ≥ 3. Furthermore, we investigate the (in)tractability and the (in)approximability of MaxDBS on subclasses of graphs, including chordal graphs, split graphs, interval graphs, and k-partite graphs. © 2010 Springer-Verlag.

    DOI: 10.1007/978-3-642-12200-2_53

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=77953518539&origin=inward

  • Weighted nearest neighbor algorithms for the graph exploration problem on cycles 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Miyano E., Miyazaki S., Yoshimuta T.

    Information Processing Letters   110 ( 3 )   93 - 98   2010年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In the graph exploration problem, a searcher explores the whole set of nodes of an unknown graph. We assume that all the unknown graphs are undirected and connected. The searcher is not aware of the existence of an edge until he/she visits one of its endpoints. The searcher's task is to visit all the nodes and go back to the starting node by traveling a tour as short as possible. One of the simplest strategies is the nearest neighbor algorithm (NN), which always chooses the unvisited node nearest to the searcher's current position. The weighted NN (WNN) is an extension of NN, which chooses the next node to visit by using the weighted distance. It is known that WNN with weight 3 is 16-competitive for planar graphs. In this paper we prove that NN achieves the competitive ratio of 1.5 for cycles. In addition, we show that the analysis for the competitive ratio of NN is tight by providing an instance for which the bound of 1.5 is attained, and NN is the best for cycles among WNN with all possible weights. Furthermore, we prove that no online algorithm to explore cycles is better than 1.25-competitive. © 2009 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.ipl.2009.10.013

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=71249091196&origin=inward

  • Graph orientaion to maximize the minmum weighted outdegre 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Jansso J., Miyano E., Ono H.

    IPDPS 2009 - Proceedings of the 2009 IEEE International Parallel and Distributed Processing Symposium   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Italy   Rome   2009年05月25日  -  2009年05月29日

    We study a new variant of the graph orientation problem called MAXMINO where the input is an undirected, edge-weighted graph and the objective is to assign a direction to each edge so that the minimum weighted outdegree (taken over all vertices in the resulting directed graph) is maximized. All edge weights are assumed to be positive integers. This problem is closely related to the job scheduling on parallel machines, called the machine covering problem, where its goal is to assign jobs to parallel machines such that each machine is covered as much as possible. First, we prove that MAXMINO is strongly NP-hard and cannot be approximated within a ratio of 2 - ε for any constant ε > 0 in polynomial time unless P-NP, even if all edge weights belong to {1,2}, every vertex has degree at most three, and the input graph is bipartite or planar. Next, we show how to solve MAXMINO exactly in polynomial time for the special case in which all edge weights are equal to 1. This technique gives us a simple polynomial-time Wmax/Wmin-approximation algorithm for MAXMINO where wmax and wmin denote the maximum and minimum weights among all the input edges. Furthermore, we also observe that this approach yields an exact algorithm for the general case of MAXMINO whose running time is polynomial whenever the number of edges having weight larger than wmin is at most logarithmic in the number of vertices. Finally, we show that MAXMINO is solvable in polynomial time if the input is a cactus graph. © 2009 IEEE.

    DOI: 10.1109/IPDPS.2009.5160872

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=70449823954&origin=inward

  • 最小マンハッタンネットワーク問題の近似について (理論計算機科学の深化と応用--RIMS研究集会報告集)

    山崎 康行, 宮野 英次

    数理解析研究所講究録 ( 京都大学数理解析研究所 )   ( 1649 )   210 - 216   2009年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110007105610

  • Complexity of Max d-Diameter Subgraph Problems on Chordal Graphs 査読有り 国際誌

    Yuichi Asahiro, Eiji Miyano, Kazuaki Samizo

    Proceedings of Second Asian Association for Algorithms and Computation Annual Meeting (AAAC09)   7 - 7   2009年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    China   Hangzhou   2008年04月11日  -  2008年04月12日

  • Drawing borders efficiently 査読有り 国際誌

    Iwama K., Miyano E., Ono H.

    Theory of Computing Systems   44 ( 2 )   230 - 244   2009年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    A spreadsheet, especially MS Excel, is probably one of the most popular software applications for personal-computer users and gives us convenient and user-friendly tools for drawing tables. Using spreadsheets, we often wish to draw several vertical and horizontal black lines on selective gridlines to enhance the readability of our spreadsheet. Such situations we frequently encounter are formulated as the Border Drawing Problem (BDP). Given a layout of black line segments, we study how to draw it efficiently from an algorithmic view point, by using a set of border styles and investigate its complexity. (i) We first define a formal model based on MS Excel, under which the drawability and the efficiency of border styles are discussed, and then (ii) show that unfortunately the problem is \mathcal{NP} -hard for the set of the Excel border styles and for any reasonable subset of the styles. Moreover, in order to provide potentially more efficient drawing, (iii) we propose a new compact set of border styles and show a necessary and sufficient condition of its drawability. © 2008 Springer Science+Business Media, LLC.

    DOI: 10.1007/s00224-008-9117-y

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=59549087080&origin=inward

  • Computational complexities of university interview timetabling 査読有り

    Kamiyama N., Kiyonari Y., Miyano E., Miyazaki S., Yamanaka K.

    IEICE Transactions on Information and Systems ( 一般社団法人 電子情報通信学会 )   E92-D ( 2 )   130 - 140   2009年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    This paper introduces a new timetabling problem on universities, called interview timetabling. In this problem, some constant number, say three, of referees are assigned to each of 2n graduate students. Our task is to construct a presentation timetable of these 2n students using n timeslots and two rooms, so that two students evaluated by the same referee must be assigned to different timeslots. The optimization goal is to minimize the total number of movements of all referees between two rooms. This problem comes from the real world in the interview timetabling in Kyoto University. We propose two restricted models of this problem, and investigate their time complexities. Copyright © 2009 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers.

    DOI: 10.1587/transinf.E92.D.130

    Kyutacar

    Scopus

    CiNii Article

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=77950347126&origin=inward

  • NP-hardness of the sorting buffer problem on the uniform metric 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Kawahara K., Miyano E.

    Proceedings of the 2008 International Conference on Foundations of Computer Science, FCS 2008   137 - 143   2008年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Orland   2008年07月13日  -  2008年07月17日

    An instance of the sorting buffer problem (SBP) consists of a sequence of requests for service, each of which is specified by a point in a metric space, and a sorting buffer which can store up to a limited number of requests and rearrange them. To serve a request, the server needs to visit the point where serving a request p following the service to a request q requires the cost corresponding to the distance d(p, q) between p and q. The objective of SBP is to serve all input requests in a way that minimizes the total distance traveled by the server by reordering the input sequence. In this paper we focus our attention to the uniform metric, i.e., the distance d(p, q) = 1 if p ≠ q, d(p, q) = 0 otherwise, and present the first NP-hardness proof for SBP on the uniform metric.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=62649104698&origin=inward

  • NP-hardness of the sorting buffer problem on the uniform metric 査読有り 国際誌

    Yuichi Asahiro, Kenichi Kawahara, Eiji Miyano

    Proceedings of First Asian Association for Algorithms and Computation Annual Meeting (AAAC08)   25 - 25   2008年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    China   Hong Kong   2008年04月26日  -  2008年04月27日

  • Grasp and delivery for moving objects on broken lines 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Miyano E., Shimoirisa S.

    Theory of Computing Systems   42 ( 3 )   289 - 305   2008年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper studies the following variant of the Vehicle Routing Problem that we call the Grasp and Delivery for Moving Objects (GDMO) problem, motivated by robot navigation: The input to the problem consists of n products, each of which moves on a predefined path with a fixed constant speed, and a robot arm of capacity one. In each round, the robot arm grasps one product and then delivers it to the depot. The goal of the problem is to find a collection of tours such that the robot arm grasps and delivers as many products as possible. In this paper we prove the following results: (i) If the products move on broken lines with at least one bend, then the GDMO is MAXSNP-hard, and (ii) it can be approximated with ratio 2. However, (iii) if we impose the "straight line without bend" restriction on the motion of every product, then the GDMO becomes tractable. © 2007 Springer Science+Business Media, LLC.

    DOI: 10.1007/s00224-007-9081-y

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=38949156542&origin=inward

  • Graph classes and the complexity of the graph orientation minimizing the maximum weighted outdegree 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Miyano E., Ono H.

    Conferences in Research and Practice in Information Technology Series   77   97 - 106   2008年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Australia   Wollongong   2008年01月26日  -  2008年01月31日

    Given an undirected graph with edge weights, we are asked to find an orientation, i.e., an assignment of a direction to each edge, so as to minimize the weighted maximum outdegree in the resulted directed graph. The problem is called MMO, and is a restricted variant of the well-known minimum makespan problem. As previous studies, it is shown that MMO is in P for trees, weak NP-hard for planar bipartite graphs, and strong NP-hard for general graphs. There are still gaps between those graph classes. The objective of this paper is to show tight thresholds of complexity: We show that MMO is (i) in P for cactuses, (ii) weakly NP-hard for outerplanar graphs, and also (iii) strongly NP-hard for P4-bipartite graphs. The latter two are minimal superclasses of the former. Also, we show the NP-hardness for the other related graph classes, diamond-free, house-free, series-parallel, bipartite and planar. © 2008, Australian Computer Society, Inc.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84863591626&origin=inward

  • Approximation algorithms for the graph orientation minimizing the maximum weighted outdegree 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Jansson J., Miyano E., Ono H., Zenmyo K.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   4508 LNCS   167 - 177   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Portland, OR   2007年06月06日  -  2007年06月08日

    Given an undirected graph G = (V, E) and a weight function w : E → ℤ+, we consider the problem of orienting all edges in E so that the maximum weighted outdegree among all vertices is minimized. In this paper (1) we prove that the problem is strongly NP-hard if all edge weights belong to the set {1 ,k}, where k is any integer greater than or equal to 2, and that there exists no pseudo-polynomial time approximation algorithm for this problem whose approximation ratio is smaller than (1 + 1/k) unless P=NP; (2) we present a polynomial time algorithm that approximates the general version of the problem within a factor of (2 - 1/k), where k is the maximum weight of an edge in G; (3) we show how to approximate the special case in which all edge weights belong to {1, k} within a factor of 3/2 for k = 2 (note that this matches the inapproximability bound above), and (2 - 2/(k + 1)) for any k ≥ 3, respectively, in polynomial time. © Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2007.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=38149071598&origin=inward

  • Weighted nearest neighbor algorithms for the graph exploration problem on cycles 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Miyano E., Miyazaki S., Yoshimuta T.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   4362 LNCS   164 - 175   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Czech Republic   Harrachov   2007年01月20日  -  2007年01月26日

    In the graph exploration problem, a searcher explores the whole set of nodes of an unknown graph. The searcher is not aware of the existence of an edge until he/she visits one of its endpoints. The searcher's task is to visit all the nodes and go back to the starting node by traveling as a short tour as possible. One of the simplest strategies is the nearest neighbor algorithm (NN), which always chooses the unvisited node nearest to the searcher's current position. The weighted NN (WNN) is an extension of NN, which chooses the next node to visit by using the weighted distance. It is known that WNN with weight 3 is 16-competitive for planar graphs. In this paper we prove that NN achieves the competitive ratio of 1.5 for cycles. In addition, we show that the analysis for the competitive ratio of NN is tight by providing an instance for which the bound of 1.5 is attained, and NN is the best for cycles among WNN with all possible weights. Furthermore, we prove that no online algorithm is better than 1.25-competitive. © Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2007.

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=38149016113&origin=inward

  • Drawing borders efficiently 査読有り 国際誌

    Iwama K., Miyano E., Ono H.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   4475 LNCS   213 - 226   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Italy   Castiglioncello   2007年06月03日  -  2007年06月05日

    A spreadsheet, especially MS Excel, is probably one of the most popular software applications for personal-computer users and gives us convenient and user-friendly tools for drawing tables. Using spreadsheets, we often wish to draw several vertical and horizontal black lines on selective gridlines to enhance the readability of our spreadsheet. Such situations we frequently encounter are formulated as the Border Drawing Problem (BDP). Given a layout of black line segments, we study how to draw it efficiently from an algorithmic view point, by using a set of border styles and investigate its complexity, (i) We first define a formal model based on MS Excel, under which the drawability and the efficiency of border styles are discussed, and then (ii) show that unfortunately the problem is NP-hard for the set of the Excel border styles and for any reasonable subset of the styles. Moreover, in order to provide potentially more efficient drawing, (iii) we propose a new compact set of border styles and show a necessary and sufficient condition of its drawability. © Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2007.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=38049061587&origin=inward

  • On approximation of bookmark assignments 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Miyano E., Murata T., Ono H.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   4708 LNCS   115 - 124   2007年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Czech Republic   2007年08月26日  -  2007年08月31日

    Consider a rooted directed acyclic graph G = (V, E) with root r, representing a collection V of web pages connected via a set E of hyperlinks. Each node v is associated with the probability that a user wants to access the node v. The access cost is defined as the expected number of steps required to reach a node from the root r. A bookmark is an additional shortcut from r to a node of G, which may reduce the access cost. The bookmark assignment problem is to find a set of bookmarks that achieves the greatest improvement in the access cost. For the problem, the paper presents a polynomial time approximation algorithm with factor (1 -1/e), and shows that there exists no polynomial time approximation algorithm with a better constant factor than (1-1/e) unless NP ⊆ DTIME(NO(log log N)), where N is the size of the inputs. © Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2007.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=38049040864&origin=inward

  • Graph orientation algorithms to minimize the maximum outdegree 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Miyano E., Ono H., Zenmyo K.

    International Journal of Foundations of Computer Science   18 ( 2 )   197 - 215   2007年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    This paper studies the problem of orienting all edges of a weighted graph such that the maximum weighted outdegree of vertices is minimized. This problem, which has applications in the guard arrangement for example, can be shown to be AP-hard generally. In this paper we first give optimal orientation algorithms which run in polynomial time for the following special cases: (i) the input is an unweighted graph, and (ii) the input graph is a tree. Then, by using those algorithms as sub-procedures, we provide a simple, combinatorial, min{w max/wmin, (2 - ε)}-approximation algorithm for the general case, where wmax and wmin are the maximum and the minimum weights of edges, respectively, and ε is some small positive real number that depends on the input. © World Scientific Publishing Company.

    DOI: 10.1142/S0129054107004644

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=34247237820&origin=inward

  • 移動物体回収問題 招待有り 査読有り

    朝廣 雄一, 小野 廣隆, 宮野 英次, 山下 雅史

    電子情報通信学会誌 = THE JOURNAL OF THE INSTITUTE OF ELECTRONICS, INFOMATION AND COMMUNICATION ENGINEERS ( 一般社団法人電子情報通信学会 )   90 ( 3 )   245 - 247   2007年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110006240366

  • Computational complexity issues in university interview timetabling 査読有り 国際誌

    Yuuki Kiyonari,Eiji Miyano,Shuichi Miyazaki

    Proceedings of the 6th International Conference on the Practice and Theory of Automated Timetabling (PATAT 2006)   448 - 453   2006年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Czech Republic   2006年08月30日  -  2006年09月01日

    代表的研究業績

    Kyutacar

  • The bump hunting method using the genetic algorithm with the extreme-value statistics 査読有り

    Yukizane T., Ohi S., Miyano E., Hirose H.

    IEICE Transactions on Information and Systems   E89-D ( 8 )   2332 - 2339   2006年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In difficult classification problems of the z-dimensional points into two groups giving 0-1 responses due to the messy data structure, we try to find the denser regions for the favorable customers of response 1, instead of finding the boundaries to separate the two groups. Such regions are called the bumps, and finding the boundaries of the bumps is called the bump hunting. The main objective of this paper is to find the largest region of the bumps under a specified ratio of the number of the points of response 1 to the total. Then, we may obtain a trade-off curve between the number of points of response 1 and the specified ratio. The decision tree method with the Gini's index will provide the simple-shaped boundaries for the bumps if the marginal density for response 1 shows a rather simple or monotonic shape. Since the computing time searching for the optimal trees will cost much because of the NP-hardness of the problem, some random search methods, e.g., the genetic algorithm adapted to the tree, are useful. Due to the existence of many local maxima unlike the ordinary genetic algorithm search results, the extreme-value statistics will be useful to estimate the global optimum number of captured points; this also guarantees the accuracy of the semi-optimal solution with the simple descriptive rules. This combined method of genetic algorithm search and extreme-value statistics use is new. We apply this method to some artificial messy data case which mimics the real customer database, showing a successful result. The reliability of the solution is discussed. Copyright © 2006 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers.

    DOI: 10.1093/ietisy/e89-d.8.2332

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=33747829503&origin=inward

  • How to pack directed acyclic graphs into small blocks 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Furukawa T., Ikegami K., Miyano E.

    Algorithms and Complexity, 6th Italian Conference, CIAC 2006   3998 LNCS   272 - 283   2006年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Italy   Rome   2006年05月29日  -  2006年05月31日

    The paper studies the following variant of clustering or laying out problems of graphs: Given a directed acyclic graph (DAG for short), the objective is to find a mapping of its nodes into blocks of size at most B that minimizes the maximum number of external arcs during traversals of the acyclic structure by following paths from the roots to the leaves. An external arc is defined as an arc connecting two distinct blocks. The problem can be shown to be NP-hard generally, and to remain intractable even if B = 2 and the height of DAGs is three. In this paper we provide a 3/2 factor linear time approximation algorithm for B = 2, and prove that the 3/2 ratio is optimal in terms of approximation guarantee. In the case of B ≥ 3, we also show that there is no 3/2 - ε factor approximation algorithm assuming P ≠ NP, where ε is arbitrarily small positive. Furthermore, we give a 2 factor approximation algorithm for B = 3 if the input is restricted to a set of layered graphs. © Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2006.

    DOI: 10.1007/11758471_27

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=33746104069&origin=inward

  • The bump hunting method using the genetic algorithm and the extreme-value statistics with application to a messy customer database 査読有り

    Hideo Hirose,Takahiro Yukizane,Eiji Miyano

    未入力   2006年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    2006年01月  -  2006年01月

  • Boundary detection for bumps using the Gini's index in messy classification problems 査読有り 国際誌

    Hirose H., Yukizane T., Miyano E.

    CITSA 2006 - 3rd Int. Conf. on Cybernetics and Information Technol., Systems and Applications, Jointly with the 4th Int. Conf. on Computing, Communications and Control Technologies, CCCT 2006 - Proc.   1   293 - 297   2006年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Suppose that we are interested in classifying the points into two groups giving 0-1 responses in z-dimensional space which corresponds to z explanation variables. So far a lot of classification tools which adopt the misclassification rate to evaluate how well the discrimination be achieved have been proposed and played a key role in the field of statistical learning or data mining. In the real world, however, we often encounter the cases that the mis-classification rate remains considerably high no matter how carefully we search for the discriminating boundaries if we want to capture the points to some extent with rather simpler rules. In such a messy case, the optimization criterion in classification goes to obtaining the larger number of points of response 1, we are interested in, with a specified pureness rate. Such a region is called to be a bump or a hotspot. Our primary objective is to find the bumps. To use the information of the boundaries of the bumps with ease, it would be beneficial that the bumps have much simpler shapes of their boundaries such as the z-dimensional box located parallel to some explanation variable axes. The problem raised is, however, how to find such a boundary for some bump. The decision tree algorithms find the splitting point for an explanation variable to construct much purer sub-regions using the entropy or the Gini's index criterion, from the top node to the bottom leafs step by step. Regarding that to produce the purer regions is just the same as to exclude those regions, this splitting criterion may also be applicable to produce the denser region for response 1 including response 0 points to some extent. This paper deals with this point. Mimicking the real data case in a customer database of a correspondence course in Japan, we investigate the fundamental data cases such that the marginal distributions for response 1 are rather simple shaped, such as monotonie or unimodal, and those for response 0 is almost uniformly distributed. The unimodal and monotonie cases are studied by using the normal distributions located at the center of and on the corner of the uniform distributions, respectively. Under such restricted conditions, we have found that the Gini's index can detect the boundaries for the bumps as if eyes of human beings do so.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=77952184919&origin=inward

  • Graph Orientation Algorithms to Minimize the Maximum Outdegree 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Miyano E., Ono H., Zenmyo K.

    Theory of Computing 2006, Proceedings of the Twelfth Computing: The Australasian Theory Symposium (CATS2006)   51   11 - 20   2006年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Australia   Hobart, Tasmania   2006年01月16日  -  2006年01月19日

    We study the problem of orienting the edges of a weighted graph such that the maximum weighted out- degree of vertices is minimized. This problem, which has applications in the guard arrangement for ex-ample, can be shown to be NP-hard generally. In this paper we first give optimal orientation algorithms which run in polynomial time for the following special cases: (i) the input is an unweighted graph, or more generally, a graph with identically weighted edges, and (ii) the input graph is a tree. Then, by using those algorithms as sub-procedures, we provide a sim-ple, combinatorial, min{wmax/wmin ; (2-ε)g-approximation algorithm for the general case, where wmax and wmin are the maximum and the minimum weights of edges, respectively, and " is some small positive real number that depends on the input. © 2008, Australian Computer Society, Inc.

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84863571152&origin=inward

  • Pickup and delivery for moving objects on broken lines 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Miyano E., Shimoirisa S.

    Theoretical Computer Science, 9th Italian Conference, ICTCS 2005   3701 LNCS   36 - 50   2005年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Italy   Siena   2005年10月12日  -  2005年10月14日

    We consider the following variant of the Vehicle Routing Problem that we call the Pickup and Delivery for Moving Objects (PDMO) problem, motivated by robot navigation: The input to the problem consists of n products, each of which moves on a predefined path with a fixed constant speed, and a robot arm of capacity one. In each round, the robot arm grasps and delivers one product to its original position. The goal of the problem is to find a collection of tours such that the robot arm grasps and delivers as many products as possible. In this paper we prove the following results: (i) If the products move on broken lines with at least one bend, then the PDMO is MAXSNP-hard, and (ii) it can be approximated with ratio two. However, (iii) if we impose the "straight line without bend" restriction on the motion of every product, then the PDMO becomes tractable. © Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2005.

    DOI: 10.1007/11560586_5

    Kyutacar

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=33646185829&origin=inward

  • K-collect tours for moving objects with release times and deadlines 査読有り 国際誌

    Asahiro Y., Miyano E., Shimoirisa S.

    WMSCI 2005 - The 9th World Multi-Conference on Systemics, Cybernetics and Informatics, Proceedings   3   192 - 197   2005年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Orland   2005年07月10日  -  2005年07月13日

    In this paper, we consider a formalization of the following scheduling problem motivated by a variety of practical applications: The input to the problem consists of a robot arm of capacity k (i.e., it can grasp at most k products at a time) and n products, each of which is associated with a release time and a deadline and moves on a predefined path with a fixed constant speed. In each round (tour), the robot arm grasps at most k products by their deadlines and delivers to a specified delivery point. The goal of the problem is to find a collection of tours such that the robot arm of capacity k grasps by their deadlines and delivers as many products as possible. In this paper we show that there is an O(nα(n) log n) algorithm for the case k = 1 if all the products move on given straight lines with faster speeds than the robot arm, where α(n) is the inverse Ackermann function. However, for the similar setting for the paths of the products, we prove that if some of the products' speeds are slower than the robot arm's one, then the problem remains NP-hard.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84867380300&origin=inward

  • 移動系における最大個数巡回アルゴリズム (計算機科学基礎理論の新展開 研究集会報告集)

    下入佐 真一, 朝廣 雄一, 宮野 英次

    数理解析研究所講究録 ( 京都大学数理解析研究所 )   ( 1375 )   260 - 266   2004年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110000942833

  • 容量を制限した場合の移動物体巡回問題 (計算機科学基礎理論の新展開 研究集会報告集)

    下入佐 真一, 朝廣 雄一, 宮野 英次

    数理解析研究所講究録 ( 京都大学数理解析研究所 )   ( 1325 )   15 - 20   2003年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110000167398

  • An O(#QN#QR) Oblivious Routing Algorithm for Two-Dimensional Meshes of Constant Queue-Size 査読有り 国際誌

    Kazuo Iwama, Eiji Miyano

    Journal of Algorithms ( Academic Press, Inc. Duluth, MN, USA )   41 ( 2 )   262 - 279   2001年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    An O(N)oblivious permutation-routing algorithm for two-dimensional meshes is presented. The model is a standard mesh where N×N processors are connected via point-to-point connections and each processor has four queues, one per each outgoing link, which can hold only a constant number of temporal packets. The previous bound was O(N0.75) (K. Iwama, Y. Kambayashi, and E. Miyano, in “Proc. 6th European Symposium on Algorithms,” pp. 295¿306, 1998).

    DOI: 10.1006/jagm.2001.1176

  • Efficient randomized routing algorithms on the two-dimensional mesh of buses 査読有り 国際誌

    Iwama K., Miyano E., Tajima S., Tamaki H.

    Theoretical Computer Science   261 ( 2 )   227 - 239   2001年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The mesh of buses (MBUS) is a parallel computation model which consists of n × n processors, n row buses and n column buses but no local connections between two neighboring processors. As for deterministic (permutation) routing on MBUSs, the known 1.5n upper bound appears to be hard to improve. Also, the information theoretic lower bound for any type of MBUS routing is 1.0n. In this paper, we present two randomized algorithms for MBUS routing. One of them runs in 1.4375n + o(n) steps with high probability. The other runs 1.25n + o(n) steps also with high probability but needs more local computation. © 2001 Elsevier Science B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/S0304-3975(00)00141-9

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0034918297&origin=inward

  • A Lower Bound for Elementary Oblivious Routing on Three-Dimensional Meshes 査読有り 国際誌

    Iwama K., Miyano E.

    Journal of Algorithms   39 ( 2 )   145 - 161   2001年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    This paper shows an important exception to the common perception that three-dimensional meshes are more powerful than two-dimensional ones. Let N be the total number of processors. Then permutation routing over three-dimensional mesh computers needs Θ(N2/3) steps while it takes Θ(N1/2) steps over two-dimensional ones under the following conditions: (1) The path of each packet must be determined solely by its initial position and destination, i.e., the algorithm must be oblivious. (2) Each path must be "elementary," i.e., it must be shortest and as straight as possible. Thus the conditions, under which, somewhat surprisingly, three-dimensional meshes are significantly less powerful than two-dimensional ones for the fundamental network operation, are quite reasonable in practice. © 2001 Academic Press.

    DOI: 10.1006/jagm.2000.1152

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0346251600&origin=inward

  • New bounds for oblivious mesh routing 査読有り 国際誌

    Iwama K., Kambayashi Y., Miyano E.

    Journal of Graph Algorithms and Applications   5 ( 5 )   17 - 38   2001年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    We give two, new upper bounds for oblivious permutation routing on the mesh networks: Let N be the total number of processors in each mesh. One is an O(N0.75) algorithm on the two-dimensional, √N × √N mesh with constant queue-size. This is the first algorithm which improves substantially the trivial O(N) bound for oblivious routing in the mesh networks with constant queue-size. The other is a 1.16√N +o(√N) algorithm on the three-dimensional, N1/3×N1/3×N 1/3 mesh with unlimited queue-size. This algorithm allows at most three bends in the path of each packet. If the number of bends is restricted to minimal, i.e., at most two, then the bound jumps to Ω(N2/3) as was shown in ESA'97.

    DOI: 10.7155/jgaa.00038

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=4043074744&origin=inward

  • A (2.954+ε)n oblivious routing algorithm on 2D meshes 査読有り 国際誌

    Iwama K., Miyano E.

    Annual ACM Symposium on Parallel Algorithms and Architectures   186 - 195   2000年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    USA   Bar Harbor, Maine   2000年07月09日  -  2000年07月13日

    A deterministic, oblivious, permutation routing algorithm on the 2D meshes of constant queue size is presented. An optimal, linear-time bound for oblivious permutation routing could be obtained for these meshes. A new algorithm based on bit-reversal permutation for oblivious routing is proposed. A (2.954+ε)n oblivious routing is proposed where ε is any positive constant and the queue-size is a function of ε. The running time of the algorithm is less than 1.5 times as large as the network diameter of the mesh. The n×n mesh is considered and model on these meshes are presented. The problems in controlling the pipeline of packet flows is discussed.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0033651418&origin=inward

  • Recent developments in mesh routing algorithms 査読有り

    Iwama K., Miyano E.

    IEICE Transactions on Information and Systems   E83-D ( 3 )   530 - 540   2000年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    SUMMARY The two dimensional mesh is widely considered to be a promising parallel architecture in its scalability. In this architecture processors are naturally placed at intersections of horizontal and vertical grids while there can be three different types of communication links: (i) The first type is the most popular model called a mesh-connected computer: Each processor is connected to its four neighbours by local connections (ii) Each processor of the second type is connected to a couple of (row and column) buses. The system is then called a mesh of buses. (iii) The third model is equipped with both buses and local connections which is called a mesh-connected computer with buses. Mesh routing has received considerable attention for the last two decades and a variety of algorithms have been proposed. This paper provides an overview of lower and upper bounds for algorithms with pointers to the literature and suggests further research directions for mesh routing. key words: parallel computation meshes packet routing.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0034157021&origin=inward

  • Oblivious Routing Algorithms on the Mesh of Buses 査読有り 国際誌

    Iwama K., Miyano E.

    Journal of Parallel and Distributed Computing   60 ( 2 )   137 - 149   2000年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    An optimal ⌈1.5N1/2⌉ lower bound is shown for oblivious routing on the mesh of buses: a two-dimensional parallel model consisting of N1/2×N1/2 processors and N1/2 row and N1/2 column buses but no local connections between neighboring processors. Many lower bound proofs for routing on mesh-structured models use a single instance (adversary) which includes difficult packet-movement. This approach does not work in our case; our proof is one of the rare cases which really exploit the fact that the routing algorithm has to cope with many different instances. Note that the two-dimensional mesh of buses includes 2N1/2 buses and each processor can access two different buses. Apparently the three-dimensional model provides more communication facilities, namely including 3N2/3 buses, and each processor can access three different buses. Surprisingly, however, the oblivious routing on the three-dimensional mesh of buses needs more time, i.e., Ω(N2/3) steps, which is another important result of this paper. © 2000 Academic Press.

    DOI: 10.1006/jpdc.1999.1597

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0042493312&origin=inward

  • Multipacket routing on 2-D meshes and its application to fault-tolerant routing 査読有り 国際誌

    Iwama K., Miyano E.

    Proceedings of the Seventh Annual European Symposium on Algorithms (ESA'99)   LNCS 1643   53 - 64   1999年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Czech Republic   Prague   1999年07月16日  -  1999年07月18日

    © Springer-Verlag Berlin Heidelberg 1999. Our model in this paper is the standard, two-dimensional n×n mesh. The first result is a randomized algorithm for h-h routing which runs in O(hn) steps with high probability using queues of constant size. The previous bound is 0:5hn + o(hn) but needs the queue-size of Ω(h). An important merit of this algorithm is to give us improved bounds by applying several schemes of faulty-mesh routing. For example, the scheme by [Rag95], originally O(n log n) time and O(log2 n) queue-size, gives us an improved routing algorithm on p-faulty meshes (p ≤ 0:4) which runs in O(n/log2 n/k) time using O(k) queue-size for any k ≤ log n. Thus, when k = log n it improves the queue-size by the factor of log n without changing the time bound and when k is constant, it needs only constant queue-size although the running time slows down by the factor of log n.

    DOI: 10.1007/3-540-48481-7_6

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84958093162&origin=inward

  • An O(\sqrt{N}) Oblivious Routing Algorithm for 2-D Meshes of Constant Queue-Size 査読有り 国際誌

    Kazuo Iwama,Eiji Miyano

    Proceedings of Tenth Annual ACM-SIAM Symposium on Discrete Algorithms (SODA '99)   466 - 475   1999年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Baltimore, Maryland   1999年01月  -  1999年01月

    その他リンク: https://www.scopus.com/record/display.uri?eid=2-s2.0-0032784736&origin=resultslist&sort=plf-f&src=s&sid=55110e4e924b208767cac7afc3866fd8&sot=autdocs&sdt=autdocs&sl=17&s=AU-ID%286603649200%29&relpos=68&citeCnt=4&searchTerm=

  • New bounds for oblivious mesh routing 査読有り 国際誌

    Iwama K., Kambayashi Y., Miyano E.

    Proceedings of the Sixth Annual European Symposium on Algorithms (ESA'98)   1461 LNCS   295 - 306   1998年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Italy   Venice   1998年08月24日  -  1998年08月26日

    We give two, new upper bounds for oblivious permutation routing on the mesh network. One is an O(N0.75) algorithm for the two-dimensional mesh with constant queue-size. This is the first algorithm which improves substantially the trivial O(N) bound. The other is an 1.16√N + o(√N) algorithm on the three-dimensional mesh with unlimited queue-size. This algorithm allows at most three bends in the path of each packet. If the number of bends is restricted to minimal, i.e., at most two, then the bound jumps to Ω(N2/3) as was shown in ESA'97. © Springer-Verlag Berlin Heidelberg 1998.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84896797252&origin=inward

  • Efficient randomized routing algorithms on the two-dimensional mesh of buses 査読有り 国際誌

    Iwama K., Miyano E., Tajima S., Tamaki H.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   LNCS1449   229 - 240   1998年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Taiwan, R.o.C   Taipei   1998年08月12日  -  1998年08月14日

    © Springer-Verlag Berlin Heidelberg 1998. The mesh of buses (MBUS) is a parallel computation model which consists of n × n processors, n row buses and n column buses but no local connections between two neighboring processors. As for deterministic (permutation) routing on MBUSs, the known 1.5n upper bound appears to be hard to improve. Also, the information theoretic lower bound for any type of MBUS routing is 1.0n. In this paper, we present two randomized algorithms for MBUS routing. One of them runs in 1.4375n+o(n) steps with high probability. The other runs 1.25n+o(n) steps also with high probability but needs more local computation.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84949009019&origin=inward

  • Better approximations of non-Hamiltonian graphs 査読有り 国際誌

    Iwama K., Miyano E.

    Discrete Applied Mathematics   81 ( 1-3 )   239 - 261   1998年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Although there have been a lot of efforts to seek nice characterization of non-Hamiltonian graphs, little progress has been made so far. An important progress was achieved by Chvátal [5, 6] who introduced the class of non-1-tough graphs (N1T) and the class of non-sub-2-factor graphs (NS2F). Both contain only non-Hamiltonian graphs and the conditions for membership can be checked in non-deterministic polynomial time. Also it is known that N1T⊆NS2F. Chvátal posed an open question about the complexity of those classes, i.e., whether or not they are NP-complete [6]. Recently, Bauer et al. [2] proved that N1T is NP-complete. In this paper we prove: (i) NS2F is also NP-complete. (ii) NS2F - N1T is DP-complete, namely, the former characterization for non-Hamiltonian graphs is essentially better than the latter, (iii) Those results are still true for the bounded-degree graphs.

    DOI: 10.1016/S0166-218X(97)00099-1

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0042856686&origin=inward

  • Oblivious routing algorithms on the mesh of buses 査読有り 国際誌

    Iwama K., Miyano E.

    Proceedings of the International Parallel Processing Symposium, IPPS ( IEEE Computer Society )   721 - 727   1997年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Switzerland   Geneva   1997年04月01日  -  1997年04月05日

    An optimal [1.5N 1/2 ] lower bound is shown for oblivious routing on the mesh of buses, a two-dimensional parallel model consisting of N1/2×N1/2 processors, N1/2 row and N1/2 column buses but no local connections between neighbouring processors. Many lower bound proofs for routing on mesh-structured models use a single instance (adversary) which includes difficult packet-movement. This approach does not work in our case; our proof is the first which exploits the fact that the routing algorithm has to cope with many different instances. Note that the two-dimensional mesh of buses includes 2N1/2 buses and each processor can access two different buses. Apparently the three-dimensional model provides more communication facilities, namely, including 3N2/3 buses and each processor can access three different buses. Surprisingly, however, the oblivious routing on the three-dimensional mesh of buses needs more time, i.e., Ω(N2/3) steps, which is another important result of this paper.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0030645691&origin=inward

  • Three-dimensional meshes are less powerful than two-dimensional ones in oblivious routing 査読有り 国際誌

    Iwama K., Miyano E.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   1284   284 - 295   1997年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Austria   Graz   1997年09月15日  -  1997年09月17日

    © 1997, Springer Verlag, All Rights Reserved. This paper shows an important exception against the common perception that three-dimensional meshes are more powerful than two-dimensional ones: Let N be the total number of processors. Then permutation routing over three-dimensional mesh computers needs θ(N 2/3) steps while it takes θ(N 1/2) steps over two-dimensional ones under the following condition: (1) The path of each packet must be determined solely by its initial position and destination, i.e., the algorithm must be oblivious. (2) Each path must be "elementary," i.e., it must be shortest and as straight as possible. Thus the conditions are quite reasonable in practice, under which, little surprisingly, three-dimensional meshes are significantly less powerful than two-dimensional ones for the fundamental network operation.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84949230059&origin=inward

  • Routing Problems on the Mesh of Buses 査読有り 国際誌

    Iwama K., Miyano E., Kambayashi Y.

    Journal of Algorithms   20 ( 3 )   613 - 631   1996年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The mesh of buses (MBUSs) is a parallel computation model which consists of n × n processors, n row buses, and n column buses, but no local connections between neighboring processors. An n lower bound for the permutation routing on this model is shown. The proof does not depend on common predetermined assumptions such as "if a packet has to move horizontally then it has to ride on a horizontal bus at least once." As for upper bounds, a 1.5n algorithm is shown. © 1996 Academic Press, Inc.

    DOI: 10.1006/jagm.1996.0030

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0030361349&origin=inward

  • 非ハミルトングラフ集合の近似について

    宮野英次,岩間一雄

    九州大学工学集報   68 ( 6 )   565 - 570   1995年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • 規則限定Resolutionにより証明可能な命題論理式の複雑さ

    宮野英次,岩間一雄

    京都大学数理解析研究所講究録   906   47 - 54   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Intractability of read-once resolution 査読有り 国際誌

    Iwama K., Miyano E.

    Proceedings of the IEEE Annual Structure in Complexity Theory Conference   29 - 36   1995年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Minneapolis, Minnesota   1995年06月19日  -  1995年06月22日

    Read-once resolution (ROR) is a resolution proof system in which the rule (A + x)(B + x̄) → (A + B) is applied in such a way that two clauses (A + x) and (B + x̄) are replaced by (A + B), i.e., (A + x) and (B + x̄) disappear, and any clause can never be copied. Therefore ROR runs in (nondeterministic) polynomial time and is no longer complete. In this paper it is shown that, in spite of its simplicity and weak power, ROR is still intractable: (1) The problem whether a CNF formula can be proved by ROR is NP-complete. (2) Let R(k) be a set of formulas f such that f can be proved by ROR but using up to k copy operations. Then R(k) - R(k - 1) is DP-complete. Thus if we can use one more copy operation then the set of provable formulas enlarges essentially.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=0029228107&origin=inward

  • Test-Case Generation with Known Answers and Proved Secutities 査読有り 国際誌

    Kazuo Iwama,Eiji Miyano

    Proceedings of Second DIMACS Challenge Workshop (Satisfiability)   1993年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   New Jersey   1993年10月  -  1993年10月

  • 指定された分布パラメータを満足するSATの例題生成について

    宮野英次,岩間一雄

    京都大学数理解析研究所講究録   833   22 - 30   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Security of Test-Case Generation with Known Answers 査読有り 国際誌

    Kazuo Iwama,Eiji Miyano

    Proceedings of AAAI Spring Symposium Series   85 - 91   1993年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Stanford   1993年03月  -  1993年03月

  • Random Generation of Satisfiable and Unsatisfiable CNF Predicates 査読有り 国際誌

    Kazuo Iwama,Hidetoshi Abeta,Eiji Miyano

    Proceedings of the IFIP 12th World Computer Congress   1   322 - 328   1992年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Spain   Madrid   1992年09月  -  1992年09月

  • Routing problems on the mesh of buses 査読有り 国際誌

    Iwama K., Miyano E., Kambayashi Y.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   650 LNCS   155 - 164   1992年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Nagoya   1992年12月16日  -  1992年12月18日

    © Springer-Verlag Berlin Heidelberg 1992. The mesh of buses (MBUSs) is a parallel computation model which consists of n × n processors, n row buses and n column buses. Upper and lower bounds for the routing problem over MBUSs are discussed. We first show elementary upper and lower hounds, 2n and 0.5n, respectively, for its parallel time complexity. The gap between 2n and 0.5n is then narrowed to 1.5n and n, which is the main theme of the paper. The n lower bound might seem to he trivial but is actually not. Three counter examples will be shown against this kind of easy intuition.

    DOI: 10.1007/3-540-56279-6_68

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84974775849&origin=inward

▼全件表示

著書

口頭発表・ポスター発表等

  • 最長ラン部分文字列問題に対する近似アルゴリズム

    朝廣 雄一,江藤 宏,Mingyang Gong,Jesper Jansson,Guohui Lin,宮野 英次,小野廣隆,田中駿一

    情報処理学会アルゴリズム研究会  2023年05月  情報処理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年05月10日 - 2023年05月11日   記述言語:日本語   開催地:北海道大学工学部B2棟2F アカデミックラウンジ1   国名:日本国  

  • 変更制約付き最大独立集合問題

    朝廣 雄一,江藤 宏,是永 華奈,Guohui Lin,宮野 英次,野々上 礼央

    情報処理学会アルゴリズム研究会  2023年05月  情報処理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2023年05月10日 - 2023年05月11日   記述言語:日本語   開催地:北海道大学工学部B2棟2F アカデミックラウンジ1   国名:日本国  

  • 次数4の平面グラフにおけるオイラー均衡分解問題の計算困難性

    石井柊汰,宮野英次

    2022年度(第30回)電子情報通信学会学生講演会  2022年09月  電子情報通信学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月22日   記述言語:日本語   開催地:オンライン開催(大会本部:長崎大学)  

  • 最小コスト区間選択問題の計算困難性

    芦村遼太郎,宮野英次

    令和4年度(第75回)電気・情報関係学会九州支部連合大会  2022年09月  電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月16日 - 2022年09月17日   記述言語:日本語   開催地:オンライン開催(大会本部:長崎大学)  

  • 円弧グラフの最大彩色可能部分グラフ

    野々上礼央,宮野英次

    令和4年度(第75回)電気・情報関係学会九州支部連合大会  2022年09月  電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月16日 - 2022年09月17日   記述言語:日本語   開催地:オンライン開催(大会本部:長崎大学)  

  • 変更数制約付き2部グラフ問題の近似アルゴリズム

    中村裕貴,宮野英次

    令和4年度(第75回)電気・情報関係学会九州支部連合大会  2022年09月  電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月16日 - 2022年09月17日   記述言語:日本語   開催地:オンライン開催(大会本部:長崎大学)  

  • 出現数2の文字列の最長ラン部分文字列問題に対する近似アルゴリズム

    田中駿一,宮野英次

    令和4年度(第75回)電気・情報関係学会九州支部連合大会  2022年09月  電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月16日 - 2022年09月17日   記述言語:日本語   開催地:オンライン開催(大会本部:長崎大学)  

  • 重複なし最長共通部分列に関する全列挙法を用いた評価

    戴銘紳,朝廣雄一,宮野英次

    令和4年度(第75回)電気・情報関係学会九州支部連合大会  2022年09月  電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年09月16日 - 2022年09月17日   記述言語:日本語   開催地:オンライン開催(大会本部:長崎大学)  

  • 長さコスト付きパスカバー最大化問題の近似アルゴリズム

    小林賢也,Guhoui Lin,宮野英次,斎藤寿樹,鈴木顕,歌島侃勇,八木田剛

    2021年度・冬のLAシンポジウム  2022年02月  LAシンポジウム

     詳細を見る

    開催期間: 2022年02月01日 - 2022年02月03日   記述言語:日本語   開催地:オンライン開催  

  • 最長共通部分列関連問題の多項式時間等価性

    歌島 侃勇, 朝廣 雄一, Jesper Janssen, Guohui Lin, 宮野 英次, 小野 廣隆

    2021年度・冬のLAシンポジウム  2022年02月  LAシンポジウム

     詳細を見る

    開催期間: 2022年02月01日 - 2022年02月03日   記述言語:日本語   開催地:オンライン開催  

  • Algorithms for happy set problem on interval graphs and permutation graphs

    Hiroshi Eto, Takehiro Ito, Eiji Miyano, Akira Suzuki, Yuma Tamura

    情報処理学会アルゴリズム研究会  2022年01月  情報処理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年01月27日 - 2022年01月28日   記述言語:日本語   開催地:オンライン開催  

  • k制約付き最小カット問題とk制約付き最小全域木問題

    税所航平,中村裕貴,斎藤寿樹,宮野英次

    令和3年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズリサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2021年11月13日   記述言語:日本語   開催地:オンライン開催  

  • 辺素な2つの閉路への分解問題の計算困難性

    川原田隼介,石井柊汰,牧佑河,宮野英次,柴田将拡,鶴正人

    令和3年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズリサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2021年11月13日   記述言語:日本語   開催地:オンライン開催  

  • 最長共通部分列関連問題の多項式時間同値性と厳密アルゴリズム

    歌島侃勇,朝廣雄一,Jesper Janssen,Guohui Lin,宮野英次,小野廣隆

    令和3年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズリサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2021年11月13日   記述言語:日本語   開催地:オンライン開催  

  • 円弧グラフに対する最大彩色可能部分グラフ問題

    野々上礼央,宮野英次

    令和3年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズリサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2021年11月13日   記述言語:日本語   開催地:オンライン開催  

  • k制約付き重み付き最大二部マッチング問題

    中村裕貴,税所航平,宮野英次

    令和3年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズリサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2021年11月13日   記述言語:日本語   開催地:オンライン開催  

  • 複製文字列長を限定したタンデム複製問題

    西谷麻生,歌島侃勇,宮野英次

    令和3年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズリサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2021年11月13日   記述言語:日本語   開催地:オンライン開催  

  • イオノグラム画像におけるスポラディックE層エコー検出モデルの開発

    廣重優,宮野英次,藤本晶子,吉川顕正,阿部修司

    令和3年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズリサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2021年11月13日   記述言語:日本語   開催地:オンライン開催  

  • 木グラフの次数と適切なグラフ有向化数

    吉瀬紘平,宮野英次

    令和3年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズリサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2021年11月13日   記述言語:日本語   開催地:オンライン開催  

  • 文字列検索を応用した赤道域地磁気変動パターンの簡易検索手法の提案

    松山幸生,斎藤寿樹,宮野英次,藤本晶子,吉川顕正

    令和3年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズリサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2021年11月13日   記述言語:日本語   開催地:オンライン開催  

  • 強化学習を用いた自律的な電離圏計測機器制御システムの開発

    御厨徹,宮野英次,藤本晶子,吉川顕正,阿部修司

    令和3年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズリサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2021年11月13日   記述言語:日本語   開催地:オンライン開催  

  • オイラーグラフの辺素な閉路分割問題の計算困難性

    石井柊汰,川原田隼介,牧佑河,宮野英次,柴田将拡,鶴正人

    令和3年度(第74回)電気・情報関係学会九州支部連合大会  電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月24日 - 2021年09月25日   記述言語:日本語   開催地:オンライン開催(大会本部:佐賀大学)  

  • 最大ハッピー集合問題に対する近似アルゴリズム

    朝廣雄一,江藤宏,土中哲秀,Guohui Lin,宮野英次,寺原一平

    電子情報通信学会コンピュテーション研究会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年12月04日   記述言語:日本語   開催地:オンライン開催  

  • 最大出次数最小グラフ有向化問題における辺重みと頂点重み

    御厨議史,朝廣雄一,Jesper Janssen,宮野英次,小野廣隆

    令和2年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズリサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2020年11月28日   記述言語:日本語   開催地:博多バスターミナル9F第10・11ホール,福岡市  

  • 複製文字列長を固定したタンデム複製問題について

    西谷麻生,歌島侃勇,宮野英次

    令和2年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズリサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2020年11月28日   記述言語:日本語   開催地:博多バスターミナル9F第10・11ホール,福岡市  

  • LINEにおいて人間らしい振る舞いをする雑談対話システムの構築

    川添和希,藤本晶子,宮野英次

    令和2年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズリサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2020年11月28日   記述言語:日本語   開催地:博多バスターミナル9F第10・11ホール,福岡市  

  • 最大ハッピー集合問題に対する貪欲アルゴリズムの実装評価

    藤井澪央,寺原一平,宮野英次

    令和2年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズリサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2020年11月28日   記述言語:日本語   開催地:博多バスターミナル9F第10・11ホール,福岡市  

  • グラフクラスに対する最大彩色可能部分グラフ問題

    野々上礼央,宮野英次

    令和2年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズリサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2020年11月28日   記述言語:日本語   開催地:博多バスターミナル9F第10・11ホール,福岡市  

  • 長さコスト付きパスカバー最大化問題に対する近似アルゴリズム

    小林賢也,Guohui Lin,宮野 英次,斎藤寿樹,鈴木顕,歌島侃勇,八木田 剛

    令和2年度(第73回)電気・情報関係学会九州支部連合大会  電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月26日 - 2020年09月27日   記述言語:日本語   開催地:オンライン開催(大会本部:九州産業大学)  

  • グラフクラスに対するハッピー集合問題

    寺原一平,朝廣雄一,江藤宏,土中哲秀,Guohui Lin,宮野英次

    令和2年度(第73回)電気・情報関係学会九州支部連合大会  電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月26日 - 2020年09月27日   記述言語:日本語   開催地:オンライン開催(大会本部:九州産業大学)  

  • 出現数を限定した最長共通部分列問題の困難性

    歌島 侃勇, 朝廣 雄一, Jesper Janssen, Guohui Lin, 宮野 英次, 小野 廣隆

    令和2年度(第73回)電気・情報関係学会九州支部連合大会  電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月26日 - 2020年09月27日   記述言語:日本語   開催地:オンライン開催(大会本部:九州産業大学)  

  • 重複無し最長共通部分列問題の厳密アルゴリズム

    歌島 侃勇, 朝廣 雄一, Jesper Janssen, Guohui Lin, 宮野 英次, 小野 廣隆

    019年度・冬のLAシンポジウム  LAシンポジウム

     詳細を見る

    開催期間: 2020年02月05日 - 2020年02月07日   記述言語:日本語   開催地:京都大学数理解析研究所  

  • 混合正規分布のデータセットにおけるAntlion clusteringと既存のクラスタリング手法との比較

    豊坂祐樹, 福田 亮治, 大北 剛, 宮野 英次

    第21回日本知能情報ファジィ学会九州支部学術講演会  日本知能情報ファジィ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月30日   記述言語:日本語   開催地:九工大飯塚キャンパス  

  • 辺の追加と削除を伴うグラフ有向化問題

    朝廣雄一,ジャンソンジェスパー,宮野英次,小野廣隆,T.P.サディヤ

    情報処理学会アルゴリズム研究会  情報処理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月28日 - 2019年11月29日   記述言語:日本語   開催地:旧大連航路上屋2Fホール /北九州市門司港レトロ内(福岡県北九州市)  

  • 接続制限付きハブ空港配置問題に対するNP困難性

    林田将敬,宮野英次

    令和元年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズリサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2019年10月26日 - 2019年10月27日   記述言語:日本語   開催地:福岡工業大学FITセミナーハウス,大分県由布市湯布院町  

  • コスト付きパスによるパスカバー問題

    小林賢也,Guohui Lin,宮野英次,八木田剛

    令和元年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズリサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2019年10月26日 - 2019年10月27日   記述言語:日本語   開催地:福岡工業大学FITセミナーハウス,大分県由布市湯布院町  

  • ネットワークの同種親和性を定式化した最適化問題

    寺原一平,朝廣雄一,江藤宏,土中哲秀,Guohui Lin,宮野英次

    令和元年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズリサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2019年10月26日 - 2019年10月27日   記述言語:日本語   開催地:福岡工業大学FITセミナーハウス,大分県由布市湯布院町  

  • 重複無し最長共通部分列問題の計算時間

    歌島侃勇,朝廣雄一,Jesper Janssen,Guohui Lin,宮野英次,小野廣隆

    令和元年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズリサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2019年10月26日 - 2019年10月27日   記述言語:日本語   開催地:福岡工業大学FITセミナーハウス,大分県由布市湯布院町  

  • 初期解からの変更数を制限した最適化問題

    税所航平,宮野英次

    令和元年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズリサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2019年10月26日 - 2019年10月27日   記述言語:日本語   開催地:福岡工業大学FITセミナーハウス,大分県由布市湯布院町  

  • 適切なグラフ有向化の解の存在性

    吉瀬紘平,宮野英次

    令和元年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズリサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2019年10月26日 - 2019年10月27日   記述言語:日本語   開催地:福岡工業大学FITセミナーハウス,大分県由布市湯布院町  

  • 機械学習によるオーロラ動画の自動分類

    御厨徹,藤本晶子,宮野英次

    令和元年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズリサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2019年10月26日 - 2019年10月27日   記述言語:日本語   開催地:福岡工業大学FITセミナーハウス,大分県由布市湯布院町  

  • カクタス上のコスト付きパスによるパスカバー問題

    小林賢也,Guohui Lin,宮野 英次,八木田 剛

    第72回電気・情報関係学会九州支部連合大会  電気・情報関係学会九州支部連合

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月27日 - 2019年09月28日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学戸畑キャンパス,北九州  

  • 重複無し最長共通部分列問題に対する指数計算時間の上界

    歌島侃勇,朝廣雄一,Jesper Janssen,Guohui Lin,宮野英次

    第72回電気・情報関係学会九州支部連合大会  電気・情報関係学会九州支部連合

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月27日 - 2019年09月28日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学戸畑キャンパス,北九州  

  • 無色グラフに対する彩色ハッピー頂点問題のNP困難性

    寺原一平,江藤宏,Guohui Lin,宮野英次

    第72回電気・情報関係学会九州支部連合大会  電気・情報関係学会九州支部連合

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月27日 - 2019年09月28日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学戸畑キャンパス,北九州  

  • C5フリー正則グラフの最大誘導マッチング問題に対する近似アルゴリズム

    朝廣 雄一, Guohui Lin, Zhilong Liu, 宮野 英次

    情報処理学会アルゴリズム研究会  情報処理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年05月10日 - 2019年05月11日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学,熊本県熊本市  

  • 無色グラフに対する彩色ハッピー集合問題について

    寺原一平,江藤宏,Guohui Lin,宮野英次

    情報処理学会九州支部「若手の会セミナー2018」  情報処理学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月27日 - 2018年12月28日   記述言語:日本語   開催地:国民宿舎虹ノ松原ホテル,佐賀県唐津市  

  • パス長を限定したパスカバー問題

    小林賢也,Guohui Lin,宮野英次,斎藤寿樹,鈴木顕,八木田剛

    情報処理学会九州支部「若手の会セミナー2018」  情報処理学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月27日 - 2018年12月28日   記述言語:日本語   開催地:国民宿舎虹ノ松原ホテル,佐賀県唐津市  

  • 最大・最小支配ツアー問題の計算複雑さ

    野々上夏葵,江藤宏,宮野英次

    平成30年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズ・リサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2018年10月27日 - 2018年10月28日   記述言語:日本語   開催地:日本文理大学湯布院研修所,大分県由布市  

  • C5フリー正則グラフ上での誘導マッチング問題に対する近似アルゴリズム

    柳植竜,朝廣雄一,Guohui Lin,宮野英次

    平成30年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズ・リサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2018年10月27日 - 2018年10月28日   記述言語:日本語   開催地:日本文理大学湯布院研修所,大分県由布市  

  • 三角形の個数を最大・最小にする三角分割

    江藤宏,土中哲秀,宮野英次,西島歩美,小野廣隆,大舘陽太,斎藤寿樹,上原隆平

    電子情報通信学会コンピュテーション研究会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月18日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学飯塚キャンパス,福岡県飯塚市  

  • 有向非巡回グラフ分割問題の近似(不)可能性

    八木田剛,朝廣雄一,宮野英次

    電子情報通信学会コンピュテーション研究会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月18日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学飯塚キャンパス,福岡県飯塚市  

  • 頂点分割を伴うグラフ有向化問題

    朝廣雄一,ジャンソン ジェスパー,宮野英次,ニクパイ ヘサム,小野廣隆

    情報処理学会アルゴリズム研究会  情報処理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月03日   記述言語:日本語   開催地:小樽商科大学,北海道小樽市  

  • 最小ブロック転送問題について

    八木田剛,朝廣雄一,宮野英次

    2017年度冬のLAシンポジウム  LAシンポジウム

     詳細を見る

    開催期間: 2018年02月05日 - 2018年02月07日   記述言語:日本語   開催地:京都大学数理解析研究所,京都府京都市  

  • 三角形数を最大・最小にする三角化

    江藤宏,土中哲秀,宮野 英次,西島歩美,小野廣隆,大舘陽太,斎藤寿樹,上原隆平,Tom C. van der Zanden

    2017年度冬のLAシンポジウム  LAシンポジウム

     詳細を見る

    開催期間: 2018年02月05日 - 2018年02月07日   記述言語:日本語   開催地:京都大学数理解析研究所,京都府京都市  

  • 部分グラフクラス上での最大 k-パス頂点被覆問題

    八木田剛,宮野英次,斎藤寿樹,上原隆平,Tom C. van der Zanden

    電子情報通信学会コンピュテーション研究会  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年12月20日 - 2017年12月21日   記述言語:日本語   開催地:高知工科大学,高知  

  • 最大支配頂点集合問題についての研究

    野々上夏葵,江藤宏,宮野英次

    平成29年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズ・リサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2017年10月28日 - 2017年10月29日   記述言語:日本語   開催地:福岡工業大学FITセミナーハウス,大分県由布市湯布院町  

  • k-path vertex cover問題に関する研究

    八木田剛,宮野英次,斎藤寿樹,上原隆平,Tom C. vander Zanden

    平成29年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズ・リサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2017年10月28日 - 2017年10月29日   記述言語:日本語   開催地:福岡工業大学FITセミナーハウス,大分県由布市湯布院町  

  • 三角形総個数最大化問題

    西島歩美,江藤宏,土中哲秀,宮野英次,小野廣隆,大舘陽太,斎藤寿樹,上原隆平,Tom C. vander Zanden

    平成29年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズ・リサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2017年10月28日 - 2017年10月29日   記述言語:日本語   開催地: 福岡工業大学FITセミナーハウス,大分県由布市湯布院町  

  • 距離独立集合問題に対する近似アルゴリズムの実験的評価

    肘井雅春,柳植竜,宮野英次,斎藤寿樹

    第70回電気・情報関係学会九州支部連合大会(平成29年度)  電気・情報関係学会九州支部連合

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月27日 - 2017年09月28日   記述言語:日本語   開催地:琉球大学,那覇  

  • Efficient algorithm design for combinatorial optimization problems

    Eiji Miyano

    Robotics and Computer Science  Kyushu Institute of Technology and City College of New York

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月08日   記述言語:英語   開催地:City College of New York, New York, USA  

  • 最小ブロック転送問題に対する(2-ε)近似アルゴリズム

    田剛,朝廣雄一,宮野英次

    情報処理学会九州支部・ 火の国情報シンポジウム2017  情報処理学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月01日 - 2017年03月02日   記述言語:日本語   開催地:鹿児島大学  

  • アクセス制限付きバッファをもつ再整列問題の計算困難性

    有木正,朝廣雄一,宮野英次

    情報処理学会九州支部・ 火の国情報シンポジウム2017 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月01日 - 2017年03月02日   記述言語:日本語   開催地:鹿児島大学  

  • ランダムグラフと平面グラフにおける直径限定部分グラフの探索

    朝廣雄一,久保智洸,宮野英次

    平成28年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズ・リサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2016年10月29日 - 2016年10月30日   記述言語:日本語   開催地:福岡工業大学FITセミナーハウス  

  • 正則部分グラフに対する距離d独立集合問題の近似アルゴリズム

    江藤宏,伊藤健洋,柳植竜,宮野英次

    平成28年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズ・リサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2016年10月29日 - 2016年10月30日   記述言語:日本語   開催地:福岡工業大学FITセミナーハウス  

  • 部分グラフによる頂点支配問題の計算複雑さについて

    川原拓之

    平成28年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズ・リサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2016年10月29日 - 2016年10月30日   記述言語:日本語   開催地:福岡工業大学FITセミナーハウス  

  • 高さを限定したDAGに対する最小ブロック転送問題

    八木田剛

    平成28年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズ・リサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2016年10月29日 - 2016年10月30日   記述言語:日本語   開催地:福岡工業大学FITセミナーハウス  

  • 複数閉路による支配問題の計算複雑さ

    野々上夏葵

    平成28年度第24回電子情報通信学会九州支部・学生講演会  電子情報通信学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月28日   記述言語:日本語   開催地:宮崎大学  

  • 距離限定部分グラフ探索問題に対する近似アルゴリズム

    朝廣雄一

    情報処理学会アルゴリズム研究会  情報処理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年06月24日 - 2016年06月25日   記述言語:日本語   開催地:石川県教育会館(石川県金沢市)  

  • 立方体グラフにおける距離3独立頂点集合問題の近似について

    江藤宏

    情報処理学会九州支部・ 火の国情報シンポジウム2016 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月02日 - 2016年03月03日   記述言語:日本語   開催地:宮崎大学  

  • ホロノミック勾配法を用いた項目反応理論の最尤推定計算

    野口和久

    平成27年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズ・リサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2015年10月31日 - 2015年11月01日   記述言語:日本語  

  • 入札に制限を加えた組合せオークションの勝者決定問題

    林大夢

    平成27年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズ・リサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2015年10月31日 - 2015年11月01日   記述言語:日本語  

  • 次数限定グラウに対する距離3の独立頂点集合問題

    柳植龍

    平成27年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズ・リサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2015年10月31日 - 2015年11月01日   記述言語:日本語  

  • 合意文字列問題のパラメータ化計算量

    田平良

    平成27年度OR学会九州支部・若手OR交流会  日本オペレーションズ・リサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2015年10月31日 - 2015年11月01日   記述言語:日本語  

  • 単一支配閉路問題の計算複雑さ

    江藤宏

    電子情報通信学会 コンピュテーション研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年10月02日   記述言語:日本語  

  • 弦グラフおよびスプリットグラフにおける支配巡回閉路問題

    川原拓之

    日本オペレーションズ・リサーチ学会2015年秋季研究発表会  日本オペレーションズ・リサーチ学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月10日 - 2015年09月11日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学  

  • ランダムグラフにおける直径限定部分グラフの最大サイズ

    宮野英次

    日本オペレーションズ・リサーチ学会2015年秋季研究発表会  日本オペレーションズ・リサーチ学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月10日 - 2015年09月11日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学  

  • 部分グラフクラスにおける支配閉路問題の計算複雑さ

    川原拓之

    平成27年度第23回電子情報通信学会九州支部・学生講演会  電子情報通信学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月04日   記述言語:日本語   開催地:福岡大学  

  • 誘導閉路探索問題における計算複雑さ

    江藤宏

    夏のLAシンポジウム2015 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年07月14日 - 2015年07月16日   記述言語:日本語   開催地:ゆのくに天祥(石川県加賀市)  

  • 複数バッファを用いた文字再整列問題の計算困難性

    竹田圭祐

    情報処理学会九州支部・ 火の国情報シンポジウム2015 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月05日 - 2015年03月06日   記述言語:日本語   開催地:佐賀大学  

  • 頂点削除による2部グラフの区間グラフ化問題

    江藤宏

    情報処理学会九州支部・ 火の国情報シンポジウム2015 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月05日 - 2015年03月06日   記述言語:日本語   開催地:佐賀大学  

  • 次数制約のあるグラフ有向化問題の計算複雑さについて

    朝廣雄一

    情報処理学会アルゴリズム研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年11月20日 - 2014年11月21日   記述言語:日本語   開催地:大濱信泉記念館  

  • 部分グラフクラスに対する閉路探索問題

    江藤宏

    日本OR学会 九州地区における若手OR研究交流会  日本オペレーションズリサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2014年10月25日 - 2014年10月26日   記述言語:日本語   開催地:旅館魚半  

  • ランダムグラフ中の最大クリーク・クラブ・クランのサイズ

    土井悠也

    日本OR学会 九州地区における若手OR研究交流会  日本オペレーションズリサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2014年10月25日 - 2014年10月26日   記述言語:日本語   開催地:旅館魚半  

  • パレートフロント導出のための多点探索アルゴリズム

    田原慶輔

    日本OR学会 九州地区における若手OR研究交流会  日本オペレーションズリサーチ学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2014年10月25日 - 2014年10月26日   記述言語:日本語   開催地:旅館魚半  

  • 理想グラフの中の正則部分グラフの探索

    江藤宏

    電気・情報関係学会九州支部連合大会  電気・情報関係学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月18日 - 2014年09月19日   記述言語:日本語   開催地:鹿児島大学工学部  

  • 分散環境に適応させた進化アルゴリズム

    田原慶輔

    電気・情報関係学会九州支部連合大会  電気・情報関係学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月18日 - 2014年09月19日   記述言語:日本語   開催地:鹿児島大学工学部  

  • ランダムグラフにおける最大2-クランのサイズ

    土井悠也

    電気・情報関係学会九州支部連合大会  電気・情報関係学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月18日 - 2014年09月19日   記述言語:日本語   開催地:鹿児島大学工学部  

  • 次数制約部分グラフ探索問題の計算複雑さ

    江藤宏

    情報処理学会九州支部「若手の会セミナー2014」  情報処理学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月08日 - 2014年09月09日   記述言語:日本語   開催地:玄海ロイヤルホテル  

  • 成分素シュタイナー木埋込問題の近似アルゴリズム

    宮野英次

    日本オペレーションズリサーチ学会2014秋季研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年08月28日 - 2014年08月29日   記述言語:日本語   開催地:北海道科学大学  

  • 次数制約部分グラフ探索問題

    江藤宏

    夏のLAシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年07月17日 - 2014年07月19日   記述言語:日本語   開催地:半月庵  

  • 成分素シュタイナー木数と成分連結度

    宮野英次

    夏のLAシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年07月17日 - 2014年07月19日   記述言語:日本語   開催地:半月庵  

  • 弦2部グラフにおける正則誘導部分グラフ探索問題

    江藤宏

    情報処理学会九州支部・ 火の国情報シンポジウム2014 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月04日 - 2014年03月05日   記述言語:日本語   開催地:大分大学工学部  

  • 次数制約のあるグラフ有向化問題の近似について

    朝廣雄一

    電子情報通信学会 コンピュテーション研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年12月20日 - 2013年12月21日   記述言語:日本語  

  • 正則誘導部分グラフを多項式時間で探索可能なグラフクラス

    江藤宏

    日本OR学会 九州・中国・四国地区における若手OR研究交流会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年10月26日 - 2013年10月27日   記述言語:日本語   開催地:きらら交流館  

  • ターミナル数を限定した成分素シュタイナー木最大化問題の近似アルゴリズム

    星加大輝

    日本OR学会 九州・中国・四国地区における若手OR研究交流会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年10月26日 - 2013年10月27日   記述言語:日本語   開催地:きらら交流館  

  • 木幅限定グラフにおける最大正則誘導部分グラフ探索問題の線形時間アルゴリズム

    江藤宏

    電気関係学会九州支部連合大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月24日 - 2013年09月25日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学  

  • 部分グラフクラスに対する最大dクラン問題

    土井悠也

    電気関係学会九州支部連合大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月24日 - 2013年09月25日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学  

  • 追跡問題に対する進化アルゴリズムの提案

    田原慶輔

    電気関係学会九州支部連合大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月24日 - 2013年09月25日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学  

  • 複数バッファによる整列問題

    竹田圭佑

    電気関係学会九州支部連合大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月24日 - 2013年09月25日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学  

  • 次数指定した最大正則誘導部分グラフ探索問題

    江藤宏

    電子情報通信学会 コンピュテーション研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月03日   記述言語:日本語  

  • 弦グラフにおける最大正則誘導部分グラフ探索問題の多項式時間アルゴリズム

    江藤宏

    夏のLAシンポジウム2013 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年07月16日 - 2013年07月18日   記述言語:日本語   開催地:休暇村 志賀島  

  • グラフクラスと最大dクラン問題

    土井悠也

    夏のLAシンポジウム2013 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年07月16日 - 2013年07月18日   記述言語:日本語   開催地:休暇村 志賀島  

  • 文字列の整列問題について

    竹田佳佑

    夏のLAシンポジウム2013 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年07月16日 - 2013年07月18日   記述言語:日本語   開催地:休暇村 志賀島  

  • ターミナル数5の成分素シュタイナー木最大化問題に対する近似アルゴリズム

    星加大樹

    電子情報通信学会 コンピュテーション研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年05月17日 - 2013年05月18日   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • 弦グラフにおける最大正則誘導部分グラフ探索問題

    江藤宏

    情報処理学会九州支部・ 火の国情報シンポジウム2013 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月14日 - 2013年03月15日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学工学部  

  • ターミナル数限定成分素シュタイナー木最大化問題の近似アルゴリズム

    星加大輝

    情報処理学会九州支部・ 火の国情報シンポジウム2013 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月14日 - 2013年03月15日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学工学部  

  • 弦グラフにおける直径限定部分グラフ最大化問題

    土井悠也

    情報処理学会九州支部・ 火の国情報シンポジウム2013 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月14日 - 2013年03月15日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学工学部  

  • ターミナル数を限定した成分素シュタイナー木最大化問題

    星加大輝

    日本OR学会九州支部若手OR研究交流会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年10月27日 - 2012年10月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州市立大学後援会館  

  • 次数を限定した平面グラフにおける誘導部分グラフ探索問題

    江藤宏

    日本OR学会九州支部若手OR研究交流会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年10月27日 - 2012年10月28日   記述言語:日本語   開催地:北九州市立大学後援会館  

  • 弦グラフ上での距離d独立頂点集合問題

    郭豊瑞

    日本OR学会九州支部若手OR研究交流会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年10月27日 - 2012年10月28日   記述言語:英語   開催地:北九州市立大学後援会館  

  • 次数を限定した誘導部分グラフ探索問題

    江藤宏

    2012年夏のLAシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年07月17日 - 2012年07月19日   記述言語:日本語  

  • 距離d独立頂点集合問題の計算複雑さ

    宮野英次

    電子情報通信学会 コンピュテーション研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年06月21日   記述言語:日本語  

    CiNii Article

  • Minimizing Penalty on Upper and Lower Degree Constrained Graph Orientation

    Hirotaka Ono

    電子情報通信学会 コンピュテーション研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年12月16日   記述言語:日本語  

  • 資源増加を許したOVSF符号割当問題に対する1+ε競合アルゴリズム

    朝廣雄一

    情報処理学会 アルゴリズム研究会 情処研報 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年11月18日   記述言語:日本語  

  • Dispersion Problem に対するアルゴリズムについて

    郭豊瑞

    日本OR学会九州支部若手OR研究交流会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年10月29日 - 2011年10月30日   記述言語:英語  

  • 3-正則誘導部分グラフ問題の計算量

    江藤宏

    日本OR学会九州支部若手OR研究交流会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年10月29日 - 2011年10月30日   記述言語:日本語  

  • 辺数制約二部グラフマッチング問題に対するアルゴリズム

    田中清明

    日本OR学会九州支部若手OR研究交流会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年10月29日 - 2011年10月30日   記述言語:日本語  

  • 対決ゲームモデルの紹介とその拡張

    山田陽一

    日本OR学会九州支部若手OR研究交流会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年10月29日 - 2011年10月30日   記述言語:日本語  

  • 辺数制約二部グラフマッチング問題に対する多項式時間アルゴリズム

    田中清明

    2011年度電子情報通信学会九州支部学生講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月28日   記述言語:日本語  

  • 最大正則誘導連結部分グラフ問題のパラメータ化計算量

    江藤宏

    2011年度電子情報通信学会九州支部学生講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月28日   記述言語:日本語  

  • 頂点数を最大とする正則誘導連結部分グラフ問題の計算複雑さ

    江藤宏

    電子情報通信学会 コンピュテーション研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年06月30日   記述言語:日本語  

  • 資源増加を許したOVSF符号割当問題に対する2競合アルゴリズム

    九州産業大学, 朝廣雄一

    情報処理学会アルゴリズム研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月07日   記述言語:日本語   開催地:日本 那覇  

  • 最大支配問題

    九州大学, 小野廣隆

    電子情報通信学会コンピュテーション研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年12月03日   記述言語:英語   開催地:日本 福岡  

  • オンラインOVSF符号割当問題のリソースと競合比

    情報科学専攻,上米良謙太

    電子情報通信学会九州支部学生講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月24日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 完全二分木の直線埋め込みにおける最適な歪み

    情報科学専攻,隈元政雄

    電子情報通信学会九州支部学生講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月24日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 完全二分木の直線埋め込みについて

    情報科学専攻,隈元政雄

    電子情報通信学会コンピュテーション研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年06月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 直径d部分グラフ最大化問題の近似について

    朝廣雄一(九州産業大学)

    情報処理学会 アルゴリズム研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月05日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 直線数最小マンハッタンネットワーク問題

    情報科学専攻,山﨑康行

    電気関係学会九州支部連合大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 一様メトリック上でのオンラインソーティングバッファ問題に対する下界

    情報科学専攻,河原憲一

    電気関係学会九州支部連合大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • On Graph Orientation to Maximize the Minimum Weighted Outdegree

    Hirotaka Ono (Kyushu Univ)

    情報処理学会 アルゴリズム研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年05月11日   記述言語:英語   開催地:日本 東京  

  • 直径d部分グラフの最大化問題の計算複雑さ

    本人

    情報処理学会 アルゴリズム研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月04日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 最小マンハッタンネットワーク問題の近似について

    数理解析研究所研究集会「理論計算機科学の深化と応用 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年02月02日 - 2009年02月04日   記述言語:日本語   開催地:日本 京都  

  • リテラル出現数限定2CNF等価項除去問題に対する近似困難性

    情報科学専攻,中村拓

    電気関係学会九州支部連合大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 大分  

  • ブロードキャストスケジューリングに対するFIFOアルゴリズム

    情報科学専攻,詰光雅也

    電気関係学会九州支部連合大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 大分  

  • 最小マンハッタンネットワーク問題に対する2近似アルゴリズムの近似下限例

    情報科学専攻,山﨑康行

    電気関係学会九州支部連合大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 大分  

  • 辺追加操作に対するグラフクラスの閉包性

    情報科学専攻,三溝和明

    電気関係学会九州支部連合大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 大分  

  • 一様メトリックにおけるソーティングバッファ問題のNP困難性

    本人

    電子情報通信学会 コンピュテーション研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年05月13日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 最大出次数最小化問題の各種グラフクラスに対する計算複雑さ

    九州産業大学,朝廣雄一

    情報処理学会 アルゴリズム研究会 情処研報 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月07日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • A Note on Approximation of 1-Regular 2-Color Paintshop Problem

    九州産業大学,朝廣雄一

    INFORMS 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年11月   記述言語:英語  

  • 確率的な終了時刻最小化スケジューリング問題の近似可能性

    情報科学専攻,小川智雄

    電気関係学会九州支部連合大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 沖縄  

  • 最大2クラン問題の近似可能性と近似不可能性

    情報科学専攻,三溝和明

    電気関係学会九州支部連合大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 沖縄  

  • bump huntingにおけるtrade-off曲線とrecall precision曲線との関係

    システム創成情報工学科,廣瀬英雄

    電気関係学会九州支部連合大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 沖縄  

  • 試問予定表作成問題の制約付きモデルに対するNP困難性

    情報科学専攻,清成悠貴

    電気関係学会九州支部連合大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 沖縄  

  • オンラインソーティングバッファに対するFIFOアルゴリズム

    システム創成情報工学科,河原憲一

    電気関係学会九州支部連合大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 沖縄  

  • 2色限定ペイントショップ問題に対する貪欲法と近似解法

    情報科学専攻,中村拓

    電気関係学会九州支部連合大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 沖縄  

  • ブックマーク問題の近似について

    九州大学,小野廣隆

    電子情報通信学会コンピュテーション研究会信学技報 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年05月25日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 顧客データベースにおけるbump huntingとその精度

    システム創成情報工学専攻・出口拓也

    日本計算機統計学会第21回大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年05月25日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • サイクルグラフ上での地図作成問題に対する重み付き最近傍アルゴリズム

    大学院情報科学専攻,吉牟田拓朗

    電子情報通信学会 コンピュテーション研究会 信学技報 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年12月04日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • オンラインTSPアルゴリズムに対する下限について

    情報科学専攻,吉牟田拓朗

    電気関係学会九州支部連合大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月28日 - 2006年09月29日   記述言語:日本語  

  • サイズ3の最小ブロック転送問題の近似困難性

    情報科学専攻,池上佳一

    電気関係学会九州支部連合大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月28日 - 2006年09月29日   記述言語:日本語  

  • 最適tree探索の確率的一方法

    情報科学専攻,大井伸哉

    電気関係学会九州支部連合大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月28日 - 2006年09月29日   記述言語:日本語  

  • 試問予定表作成問題の計算複雑さ

    情報科学専攻,清成悠貴

    電子情報通信学会 コンピュテーション研究会 信学技報 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年04月   記述言語:日本語  

  • (In)approximability of Graph Orientation to Minimize the Maximum Weighted Outdegree

    九州大学,小野廣隆

    情報処理学会 アルゴリズム研究会 情処研報 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年04月   記述言語:英語   開催地:日本  

  • Approximability and Non-approximability of the Minimum Block Transfer Problem

    情報科学専攻,池上佳一

    電子情報通信学科コンピュテーション研究会信学技報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:英語  

  • On the graph orientation of minimizing the maximum outdegree

    情報科学専攻,善明紘平

    電子情報通信学会コンピュテーション研究会信学技報 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年10月   記述言語:英語   開催地:日本 仙台  

  • Bump hunting 問題における極値統計の応用

    システム創成情報工学科,廣瀬英雄

    日本計算機統計学会第19回シンポジウム論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年10月   記述言語:日本語   開催地:日本 鹿児島  

  • サイズ2の最小ブロック転送問題に対する近似アルゴリズム

    九州産業大学 朝廣雄一

    夏のLAシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年07月   記述言語:英語   開催地:日本 福岡  

  • Hardness of pickup and delivery for moving objects on broken lines

    九州産業大学 朝廣雄一

    電子情報通信学会コンピュテーション研究会信学技報 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年05月   記述言語:英語   開催地:日本 福岡市  

  • 三者が互いに関連付けられた間接認証方式の提案

    制御システム工学科,池上圭一

    火の国情報シンポジウム2005 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • Tiling Problems with the Edge-Overwriting Rule

    九州大学大学院システム情報科学研究院,小野廣隆

    情報処理学会研究報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年10月14日 - 2004年10月15日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • Drawing Borders Efficiently

    本人

    電子情報通信学会技術研究報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年06月25日   記述言語:英語   開催地:日本  

  • 作業時間制約付き移動物体回収問題のNP困難性

    電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • Collect Tours for Moving Objects with Release Times and Deadlines

    本人

    電子情報通信学会技術研究報告 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年03月18日   記述言語:英語   開催地:日本  

  • 移動系における最大個数巡回アルゴリズム

    情報工学研究科・情報科学専攻,下入佐真一

    2003年度冬のLAシンポジウム/EATCS Japan Chapter Workshop 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年02月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 容量制限がある場合のボール回収アルゴリズム

    制御システム工学科,長野正明

    電気関係学会九州支部大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 容量を制限した場合の移動物体巡回問題

    本人

    2002年度冬のLAシンポジウム / EATCS Japan Chapter Workshop 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 移動物体に対する最大巡回位置発見アルゴリズム

    制御システム工学科, 下入佐真一

    電気関係学会九州支部連合大会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 1次元上を移動する複数台ロボットによるボール回収問題

    冬のLAシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年02月03日 - 2002年02月05日   記述言語:日本語   開催地: 京都  

  • メッシュ上での高速な無情報ラウティングアルゴリズム

    本人

    情報処理学会 アルゴリズム研究会 情処研報 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • Towards an Optimal Oblivious Routing Algorithms on 2D Meshes

    本人

    Workshop on Algorithm Engineering as a New Paradigm 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年04月   記述言語:英語   開催地:日本  

  • 一次元上を動くロボットによるボール回収問題

    九州大学,佐久間俊慎

    電気関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • New Techniques in 2-D Mesh Routing

    本人

    ACM/UMIACS Workshops on Parallel Algorithms (WoPA'99) 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年05月04日 - 1999年05月05日   記述言語:英語  

  • New Bounds for Oblivious Mesh Routing

    本人

    SPAA98 Revue 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年07月   記述言語:英語  

  • メッシュバス計算機上でのソーティング及びラウティングに要する時間の上下限

    本人

    並列処理シンポジウム(JSPP'91)論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 1991年05月   記述言語:日本語  

▼全件表示

講演

  • 資源増加を許したOVSF符号割当問題に対するオンラインアルゴリズム

    暗号フロンティア研究会  2011年03月 

     詳細を見る

    講演種別:特別講演   開催地:石川  

  • 充足可能性判定問題のベンチマーク集合

    計算機科学の発展と未来/Development and Future of Computer Science  2011年03月 

     詳細を見る

    講演種別:特別講演   開催地:京都  

  • 組合せ最適化とオンラインアルゴリズム

    平成20年度第1回日本OR学会九州支部講演会・研究会  2008年05月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:福岡  

  • 組合せ最適化問題に対する近似アルゴリズム

    平成13年度第3回日本OR学会九州支部・日本ファジィ学会九州支部合同研究会  2002年03月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:福岡  

  • 2次元メッシュ vs 3次元メッシュ

    第11回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ  1998年04月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:軽井沢  

科研費獲得実績

  • 解再構築型の組合せ最適化問題に対する計算容易性および計算困難性の解明(代表)

    研究課題番号:24K02902  2024年04月 - 2028年03月   基盤研究(B)

  • 組合せ最適化問題の条件強化と条件緩和に対するアルゴリズム設計(代表)

    研究課題番号:17K00016  2017年04月 - 2021年03月   基盤研究(C)

  • グラフ構造を高度に利用した高性能グラフアルゴリズム設計(代表)

    研究課題番号:26330017  2014年04月 - 2017年03月   基盤研究(C)

  • 離散最適化問題の計算モデルと高品質アルゴリズム設計(代表)

    研究課題番号:23500020  2011年04月 - 2014年03月   基盤研究(C)

  • グラフ最適化問題の近似上界と近似下界の研究(代表)

    研究課題番号:20500017  2008年04月 - 2011年03月   基盤研究(C)

  • 単純パターンを用いた複雑パターン生成アルゴリズムとその計算複雑さ(代表)

    研究課題番号:17700022  2005年04月 - 2008年03月   若手研究(B)

  • 変移する要素間の関係を条件とする組合せ最適化モデル(代表)

    研究課題番号:16092223  2004年04月 - 2008年03月   特定領域研究

  • データ分析を支援するデータベース機能の研究(分担)

    研究課題番号:15500072  2003年04月 - 2006年03月   基盤研究(C)

  • 離散アルゴリズムの品質保証技術に関する調査と新しい展開(分担)

    研究課題番号:15630001  2003年04月 - 2004年03月   基盤研究(C)

  • 実世界ネットワーク最適化問題に対する高性能アルゴリズムの開発(代表)

    研究課題番号:14780230  2002年04月 - 2005年03月   若手研究(B)

  • 大規模分散ネットワーク網における効率の良い情報通信技法に関する研究(代表)

    研究課題番号:12780234  2000年04月 - 2002年03月   奨励研究(A)

  • 広域分散システムのためのアルゴリズム工学(分担)

    研究課題番号:10205221  1998年04月 - 2001年03月   特定領域研究(B)

  • 共有記憶型並列モデルと分散記憶型並列モデルの結合(代表)

    研究課題番号:10780198  1998年04月 - 2000年03月   奨励研究(A)

  • 高速SATアルゴリズムを利用した実世界組合せ問題の統一的解法(分担)

    研究課題番号:09480055  1997年04月 - 2000年03月   基盤研究(B)

  • ベンチマ-キングのための不自然でないランダム論理回路の高速大量生成(分担)

    研究課題番号:08558024  1996年04月 - 1998年03月   基盤研究(B)

  • 各種属性を制御可能なランダムテスト例題生成技術の研究(分担)

    研究課題番号:07458061  1995年04月 - 1997年03月   基盤研究(B)

▼全件表示

その他競争的資金獲得実績

  • 最適化問題の精度保証付きアルゴリズム設計(代表)

    2007年07月 - 2008年03月

    大学教育国際化推進プログラム(海外先進研究実践支援)  

担当授業科目(学内)

  • 2023年度   知能情報概論

  • 2023年度   最適化アルゴリズム論

  • 2023年度   知能情報工学特別講義

  • 2023年度   最適化(A)

  • 2023年度   離散数学Ⅱ

  • 2022年度   知能情報概論

  • 2022年度   最適化アルゴリズム論

  • 2022年度   データベースS

  • 2022年度   最適化(A)

  • 2022年度   離散数学Ⅱ

  • 2022年度   知能情報工学実験演習Ⅱ

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2021年度   最適化アルゴリズム論

  • 2021年度   最適化(A)

  • 2021年度   離散数学Ⅱ

  • 2021年度   知能情報工学実験演習Ⅱ

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2020年度   学際情報特別実験及び演習Ⅰ

  • 2020年度   学際情報特別実験及び演習Ⅰ

  • 2020年度   学際情報講究Ⅰ

  • 2020年度   学際情報講究Ⅰ

  • 2020年度   最適化アルゴリズム論

  • 2020年度   創作プロジェクトⅡ

  • 2020年度   創作プロジェクトⅠ

  • 2020年度   最適化(A)

  • 2020年度   離散数学Ⅱ

  • 2020年度   知能情報工学実験演習Ⅱ

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目

  • 2019年度   最適化アルゴリズム論

  • 2019年度   アルゴリズム工学特論

  • 2019年度   計算基礎論

  • 2019年度   離散数学Ⅱ

  • 2019年度   システム創成プロジェクト I

  • 2019年度   学際情報特別実験及び演習Ⅰ

  • 2019年度   創作プロジェクトⅡ

  • 2019年度   創作プロジェクトⅠ

  • 2019年度   学際情報講究Ⅰ

  • 2018年度   離散数学Ⅱ

  • 2018年度   計算基礎論

  • 2018年度   データ構造とアルゴリズム

  • 2018年度   アルゴリズム工学特論

  • 2018年度   創作プロジェクトⅡ

  • 2018年度   創作プロジェクトⅠ

  • 2018年度   システム創成特論

  • 2017年度   アルゴリズム工学特論

  • 2017年度   技術要論

  • 2017年度   システム創成特論

  • 2017年度   システム創成入門

  • 2017年度   創作プロジェクトⅡ

  • 2017年度   創作プロジェクトⅠ

  • 2017年度   計算基礎論

  • 2017年度   データ構造とアルゴリズム

  • 2017年度   学際情報特別実験及び演習Ⅰ

  • 2017年度   学際情報講究Ⅰ

  • 2016年度   学際情報特別実験及び演習Ⅰ

  • 2016年度   学際情報講究Ⅰ

  • 2016年度   アルゴリズム工学特論

  • 2016年度   技術要論

  • 2016年度   アルゴリズム設計S

  • 2016年度   システム創成特論

  • 2016年度   システム創成入門

  • 2016年度   創作プロジェクトⅡ

  • 2016年度   創作プロジェクトⅠ

  • 2016年度   計算基礎論

  • 2016年度   データ構造とアルゴリズム

  • 2015年度   離散数学

  • 2015年度   インターンシップ

  • 2015年度   計算基礎論

  • 2015年度   アルゴリズム設計S

  • 2015年度   アルゴリズム工学特論

  • 2014年度   離散数学

  • 2014年度   計算基礎論

  • 2014年度   アルゴリズム設計S

  • 2014年度   アルゴリズム工学特論

  • 2014年度   長期インターンシップ

  • 2014年度   インターンシップ

  • 2013年度   計算基礎論

  • 2013年度   アルゴリズム工学特論

  • 2013年度   アルゴリズム設計S

  • 2013年度   離散数学

  • 2012年度   計算基礎論

  • 2012年度   アルゴリズム工学特論

  • 2012年度   アルゴリズム設計S

  • 2012年度   離散数学

▼全件表示

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など

  • 若手OR研究交流会「優秀発表賞」

    日本オペレーションズリサーチ学会九州支部  

    2023年10月23日

    加藤拓

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 電子情報通信学会九州支部「学生会講演奨励賞」

    電子情報通信学会九州支部  

    2023年01月23日

    石井 柊汰

  • 若手OR研究交流会「最優秀発表賞」

    日本オペレーションズリサーチ学会九州支部  

    2021年11月21日

    税所航平

     詳細を見る

    令和3年度若手OR研究交流会

  • 若手OR研究交流会「優秀発表賞」

    日本オペレーションズリサーチ学会九州支部  

    2019年10月19日

    林田将敬

  • 電子情報通信学会九州支部「学術奨励賞」

    電子情報通信学会九州支部  

    2019年03月

    野々上夏葵

  • 若手OR研究交流会「最優秀発表賞」

    日本オペレーションズリサーチ学会九州支部  

    2017年10月17日

    野々上夏葵

     詳細を見る

    平成29年度若手OR研究交流会

  • 若手OR研究交流会「最優秀発表賞」

    日本オペレーションズリサーチ学会九州支部  

    2016年10月

    八木田剛

     詳細を見る

    平成28年度若手OR研究交流会

  • 若手OR研究交流会「最優秀発表賞」

    日本オペレーションズリサーチ学会九州支部  

    2015年10月

    野口和久

     詳細を見る

    平成27年度若手OR研究交流会
    ホロノミック勾配法を用いた項目反応理論の最尤推定計算

  • 若手OR研究交流会「最優秀発表賞」

    日本オペレーションズリサーチ学会九州支部  

    2014年10月

    土井悠也

     詳細を見る

    平成26年度若手OR研究交流会
    ランダムグラフ中の最大クリーク・クラブ・クランのサイズ

  • 情報処理学会九州支部「奨励賞」

    情報処理学会九州支部  

    2014年09月

    江藤宏

     詳細を見る

    若手の会セミナー2014からの選定
    次数制約部分グラフ探索問題の計算複雑さ

  • 電子情報通信学会九州支部 「連合大会講演奨励賞」

    電子情報通信学会九州支部  

    2014年09月

    田原慶輔

     詳細を見る

    分散環境に適応させた進化アルゴリズム

  • 電子情報通信学会九州支部「連合大会講演奨励賞」

    電子情報通信学会九州支部  

    2013年09月

    土井悠也

     詳細を見る

    部分グラフクラスに対する最大dクラン問題

  • 若手OR研究交流会「ロングトーク部門発表賞」

    日本オペレーションズリサーチ学会九州支部  

    2012年10月

    江藤宏

     詳細を見る

    九州地区における若手OR研究交流会2012
    次数を限定した平面グラフにおける誘導部分グラフ探索問題

  • 若手OR研究交流会「ショートトーク部門発表賞」

    日本オペレーションズリサーチ学会九州支部  

    2011年10月

    山田陽一

     詳細を見る

    九州地区における若手OR研究交流会2011
    対決ゲームモデルの紹介とその拡張

  • 情報処理学会九州支部「奨励賞」

    情報処理学会九州支部  

    2007年09月

    清成悠貴

     詳細を見る

    第60回電気関係学会九州支部連合大会からの選定
    試問予定表作成問題の制約付きモデルに対するNP困難性

▼全件表示

学会・委員会等活動

  • 情報化推進関係機関懇談会(飯塚商工会議所)   委員  

    2023年02月

     詳細を見る

    九州工業大学における数理・データサイエンス・AI教育に関する説明

  • The 11th International Symposium on Computing and Networking (CANDAR2023)   Program Committee  

    2023年01月 - 2023年12月

  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会   九州支部・支部長  

    2022年03月 - 2024年02月

  • The 10th International Symposium on Computing and Networking (CANDAR2022)   Program Committee  

    2022年01月 - 2022年12月

  • The Ninth International Symposium on Computing and Networking (CANDAR2021)   Program Committee  

    2021年01月 - 2021年12月

  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会   九州支部・副支部長  

    2020年03月 - 2022年02月

  • 情報化推進関係機関懇談会(飯塚商工会議所)   委員  

    2020年02月

     詳細を見る

    文部科学省 平成30年度大学教育再生戦略推進費 Society5.0に 対応した高度技術人材育成事業 未来価値創造人材育成プログラム
    「超スマート社会の実現に向けたデータ
    サイエンティスト育成事業」の紹介

  • The Eighth International Symposium on Computing and Networking (CANDAR2020)   Program Committee  

    2020年01月 - 2020年12月

  • 21st Workshop on Advances in Parallel and Distributed Computational Models (APDCM2019)   PC member  

    2019年01月 - 2019年12月

  • The Seventh International Symposium on Computing and Networking (CANDAR2019)   Program Committee  

    2019年01月 - 2019年12月

  • 一般社団法人 日本技術者教育認定機構   JABEE審査委員  

    2018年04月 - 2019年03月

  • 20th Workshop on Advances in Parallel and Distributed Computational Models (APDCM2018)   Program Committee  

    2018年01月 - 2018年12月

  • The Sixth International Symposium on Computing and Networking (CANDAR2018)   Program Committee  

    2018年01月 - 2018年12月

  • 19th Workshop on Advances in Parallel and Distributed Computational Models (APDCM2017)   Program Committee  

    2017年05月

  • International Workshop on Parallel and Distributed Algorithms and Applications (PDAA2017)   Program Committee  

    2017年01月 - 2017年12月

  • The Fifth International Symposium on Computing and Networking (CANDAR2017)   Program Committee  

    2017年01月 - 2017年12月

  • International Workshop on Parallel and Distributed Algorithms and Applications (PDAA2016)   Program Committee  

    2016年11月

  • The Fourth International Symposium on Computing and Networking (CANDAR2016)   Program Committee  

    2016年11月

  • 18th Workshop on Advances in Parallel and Distributed Computational Models (APDCM2016)   Program Committee  

    2016年05月

  • International Workshop on Parallel and Distributed Algorithms and Applications (PDAA2015)   Program Committee  

    2015年12月

  • The Third International Symposium on Computing and Networking (CANDAR2015)   Program Committee  

    2015年12月

  • 電子情報通信学会   九州支部運営委員  

    2015年06月 - 2017年05月

  • 17th Workshop on Advances in Parallel and Distributed Computational Models (APDCM2015)   Program Committee  

    2015年05月

  • 情報処理学会   代表会員  

    2015年04月 - 2016年03月

  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会   2015年度秋季大会実行副委員長  

    2015年04月 - 2015年09月

  • 一般社団法人 日本技術者教育認定機構   JABEE審査委員  

    2015年04月 - 2016年03月

  • The Second International Symposium on Computing and Networking (CANDAR2014)   Program Committee  

    2014年12月

  • 16th Workshop on Advances in Parallel and Distributed Computational Models (APDCM2014)   Program Committee  

    2014年05月

  • 情報処理学会   アルゴリズム研究運営委員会・運営委員  

    2014年04月 - 2018年03月

  • 情報処理学会   代表会員  

    2014年04月 - 2015年03月

  • 電子情報通信学会   英論文誌編集委員  

    2014年04月 - 2015年03月

  • 電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会   大会委員  

    2014年04月 - 2015年03月

  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会   九州支部・運営委員  

    2014年03月 - 2020年03月

  • The First International Symposium on Computing and Networking (CANDAR2013)   Program Committee  

    2013年12月

  • International Workshop on Parallel and Distributed Algorithms and Applications (PDAA2013)   Program Committee  

    2013年12月

  • 情報処理学会   九州支部 幹事  

    2013年05月 - 2015年05月

  • 15th Workshop on Advances in Parallel and Distributed Computational Models (APDCM2013)   Program Committee  

    2013年05月

  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会   研究普及委員  

    2013年03月 - 2017年03月

  • The Third International Conference on Networking and Computing (ICNC2012)   Program Committee  

    2012年12月

  • 14th Workshop on Advances in Parallel and Distributed Computational Models   Program Committee  

    2012年05月

  • 一般社団法人 日本技術者教育認定機構   JABEE審査委員オブザーバー  

    2012年04月 - 2013年03月

  • 電子情報通信学会   英論文誌「離散数学とその応用小特集号(英文論文誌A)」編集委員  

    2012年01月

  • International Workshop on Parallel and Distributed Algorithms and Applications (PDAA2011)   Program Committee  

    2011年11月 - 2011年12月

  • 13th Workshop on Advances in Parallel and Distributed Computational Models   Program Committee  

    2011年05月

  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会   2011年度若手OR研究交流会実行委員  

    2011年04月 - 2012年03月

  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会   九州支部事務局  

    2011年03月 - 2013年03月

  • The First International Conference on Networking and Computing (ICNC2010)   Program Committee  

    2010年11月

  • International Workshop on Parallel and Distributed Algorithms and Applications (PDAA2010)   Program Committee  

    2010年11月

  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会   九州支部幹事  

    2010年08月 - 2014年03月

  • 電子情報通信学会   英論文誌「離散数学とその応用小特集号(英文論文誌A)」編集委員長  

    2010年04月 - 2011年06月

  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会   2010年度若手OR研究交流会実行委員  

    2010年04月 - 2011年03月

  • 12th Workshop on Advances in Parallel and Distributed Computational Models   Program Committee  

    2010年04月

  • International Workshop on Parallel and Distributed Algorithms and Applications (PDAA2009)   Program Committee  

    2009年12月

  • 電子情報通信学会   英論文誌「離散数学とその応用小特集号(英文論文誌A)」編集委員  

    2009年08月 - 2010年03月

  • 11th Workshop on Advances in Parallel and Distributed Computational Models   Program Committee  

    2009年05月

  • 42st Hawaiian International Conference on System Sciences (HICSS2009)   Program Committee  

    2009年01月

  • 10th Workshop on Advances in Parallel and Distributed Computational Models   Program Committee  

    2008年05月

  • International Symposium on Parallel and Distributed Processing and Applications (ISPA2007)   Program Committee  

    2007年08月

  • 9th International Symposium on Parallel Architectures, Algorithms, and Networks, I-SPAN 2008   Program Committee  

    2007年05月

  • 電子情報通信学会   英論文誌「離散数学とその応用小特集号(英文論文誌A)」編集委員  

    2007年04月 - 2008年03月

  • 9th Workshop on Advances in Parallel and Distributed Computational Models   Program Committee  

    2007年04月

  • 情報処理学会   アルゴリズム研究会 連絡委員  

    2006年04月 - 2008年03月

  • 8th Workshop on Advances in Parallel and Distributed Computational Models   Program Committee  

    2006年04月

  • 7th Workshop on Advances in Parallel and Distributed Computational Models   Program Committee  

    2005年05月

  • 6th Workshop on Advances in Parallel and Distributed Computational Models   Program Committee  

    2004年04月

  • 5th Workshop on Advances in Parallel and Distributed Computational Models   Program Committee  

    2003年05月

  • 電子情報通信学会   特集号「離散数学とその応用小特集号(英文論文誌A)」編集委員  

    2003年04月 - 2003年12月

  • 4th Workshop on Advances in Parallel and Distributed Computational Models   Program Committee  

    2002年05月

  • 3rd Workshop on Advances in Parallel and Distributed Computational Models   Program Committee  

    2001年05月

  • 2nd Workshop on Advances in Parallel and Distributed Computational Models   Program Committee  

    2000年05月

  • 1st Workshop on Advances in Parallel and Distributed Computational Models   Program Committee  

    1999年05月

  • 情報処理学会   アルゴリズム研究会 連絡委員  

    1999年04月 - 2001年03月

▼全件表示

社会貢献活動(講演会・出前講義等)

  • 数理・データサイエンス・AI教育とは?/出前講義

    役割:講師

    九州工業大学  出前授業  柳川高等学校  2023年12月20日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    数理・データサイエンス・AI教育の推進および普及

  • 数理・データサイエンス・AI教育とは?/出前講義

    役割:講師

    九州工業大学  出前授業  福岡県立伝習館高等学校  2023年11月08日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    数理・データサイエンス・AI教育の推進および普及

  • 数理・データサイエンス・AIの基礎「計算の質と量」/数理・DS・AI教育推進室

    役割:講師

    福岡県立修猷館高等学校  福岡県立修猷館高等学校  2023年11月03日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立修猷館高等学校での講義
    数理・データサイエンス・AI教育の普及および推進
    科学研究費補助金の研究課題の紹介

  • 九工大型AI戦略2019/数理・DS・AI教育推進室

    役割:講師

    大学ICT推進協議会 教育技術開発部会 第18回研究会  博多国際展示場&カンファレンスセンター 208会議室  2023年10月13日

     詳細を見る

    対象: 教育関係者, 研究者, 社会人・一般

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 数理・データサイエンス・AI教育とは?/出前講義

    役割:講師

    九州工業大学  出前授業  鹿児島県立指宿高等学校  2023年07月25日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    数理・データサイエンス・AI教育の推進および普及

  • 数理・データサイエンス・AIの基礎「計算の質と量」/数理・DS・AI教育推進室

    役割:講師

    福岡県立修猷館高等学校  福岡県立修猷館高等学校  2022年11月03日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立修猷館高等学校での講義
    数理・データサイエンス・AI教育の推進および普及
    科学研究費補助金の研究課題の紹介

  • 第26回九工大わくわく科学教室/STEM教育推進部門(飯塚)

    役割:企画, 運営参加・支援

    2022年03月19日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    2022年3月19日、第26回九工大わくわく科学教室「透明な板がカラフルになるよ!~偏光板実験で光の楽しい世界を体験しよう~」をオンラインにて開催しました。

    福岡県内外からZoomで35名が参加し、偏光板を使った実験や作品づくりを通して光の性質について学習しました。光や偏光板の特徴について学んだ後は、グループワークで偏光板とセロハンテープそれぞれの性質を利用したオリジナルアート作品づくりに取り組みました。参加者は、セロハンテープや透明なシールを色々な方向に幾重にも貼った透明なプラスティック板を2枚の偏光板で挟み、ステンドグラス風の作品を完成させ、グループ内で披露しました。

    終了後は、「色が変わって見えた瞬間は親子ともども盛り上がりました」「とても楽しく不思議な体験ができました」「理屈はなかなか難しい物でしたが、こんなすごいものが自宅の机の上で体験できるということにワクワクしました」などの感想がありました。

    参加された皆さま、関係の皆さま、ありがとうございました。

    参加者: 小学生 35名
    講 師: 藤本 晶子(情報工学研究院知能情報工学研究系・准教授)
    補 佐: 荒川 等(飯塚キャンパス技術部・技術専門員)
    肥後 寛(飯塚キャンパス技術部・技術専門員)
    石川 正士(飯塚キャンパス技術部・技術専門職員)
    宮野 英次(情報工学研究院知能情報工学研究系・教授、
    高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門副部門長)
    高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門・事務補佐員 1名
    学生TA 5名

  • 嘉穂高校理数科課題研究発表会/STEM教育推進部門(飯塚)

    嘉穂高校  嘉穂高校  2022年01月31日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 第25回九工大わくわく科学教室/STEM教育推進部門(飯塚)

    役割:企画, 運営参加・支援

    2022年01月22日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    2022年1月22日、第25回九工大わくわく科学教室『三角形のおへそを探してモビール工作~重心とバランスの性質を学ぶ~』をオンラインにて開催しました。

    福岡県内外からZoomで12名が参加し、モビール作りを通して三角形の面積や重心の考え方を学びました。まず紙と定規などを使い、三角形の重心の求め方についてレクチャーを受けた後、プラ板で計8枚の三角形を作成しました。重心となる点に糸を吊るし、左右のバランスを整えながらモビールを完成させました。

    終了後は、「楽しかった」「勉強になった」「難しかったようだが楽しそうに取り組むことができ、参加して良かった」などの感想がありました。

    参加された皆さま、関係の皆さま、ありがとうございました。


    参加者: 小学3年生~6年生 12名
    講 師: 荒川 等(飯塚キャンパス技術部・技術専門員)
    補 佐: 肥後 寛(飯塚キャンパス技術部・技術専門員)
        稲田 顕子(飯塚キャンパス技術部・技術職員)
        村山 賢次(飯塚キャンパス技術部・技術職員)
        宮野 英次(情報工学研究院知能情報工学研究系・教授、
                 高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門副部門長)
        高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門・事務補佐員 1名
        学生TA 5名

  • 二瀬交流センター 冬休み科学実験クラブ/STEM教育推進部門(飯塚)

    役割:企画, 運営参加・支援

    二瀬交流センター 冬休み科学実験クラブ  2022年01月06日

     詳細を見る

    対象: 小学生, 行政機関

    種別:セミナー・ワークショップ

    ・ロケット型ヘリコプターを作って飛ばそう
    ・回転している車輪は倒れない?不思議体験

  • 小倉高校オンライン大学実習/STEM教育推進部門(飯塚),ADS室

    役割:講師, 企画, 運営参加・支援

    2021年09月14日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:講演会

    2021年9月14日(火)、福岡県立小倉高等学校2年生23名を対象に、SSH事業の一環として大学実習を開催しました。今回は、『数理・AI・データサイエンスについて学ぼう』と題し、情報工学分野、特に、数理・AI・データサイエンス分野の基礎から応用までを、以下の通りオンライン(Zoom)授業として実施しました。


    「大学紹介、情報工学部紹介、日常生活の中の情報工学」
    担当:吉田隆一 教授(大学院情報工学研究院 情報・通信工学研究系)


    「物理学×情報工学の融合 ~AI宇宙天気~」
    担当:藤本晶子 助教(大学院情報工学研究院 知能情報工学研究系)


    「数理・AI・データサイエンスの基礎 ~計算の質と量~」
    担当:宮野英次 教授(大学院情報工学研究院 知能情報工学研究系)


    小倉高校の皆さま、関係の皆さま、ありがとうございました。

  • 夏の親子ふれあい教室「わくわく科学教室」/STEM教育推進部門(飯塚)

    役割:企画, 運営参加・支援

    夏の親子ふれあい教室「わくわく科学教室」  2021年07月31日

     詳細を見る

    対象: 小学生, 保護者, 行政機関

    種別:セミナー・ワークショップ

    2021年7月31日、中間市中央公民館の主催で夏休み親子ふれあい教室「わくわく科学教室(箱カメラづくりワークショップ)」を開催しました。今回は、小学生とその保護者14組の参加がありました。

    光学の基礎を学びながらオリジナル箱カメラを作り、完成後は、実際に自分で作ったオリジナル箱カメラで撮影して、アイロンを使って現像まで行いました。 参加者からは「作るのがとても楽しかった」「レンズのしくみが知れてこれからの学習にいかしていきたいと思いました」などの感想がありました。

    ご参加の皆さま、関係者の方々ありがとうございました。

    講師 :

    荒川 等 (飯塚キャンパス技術部・技術専門員)
    補佐 :

    宮野 英次 (情報工学研究院知能情報工学研究系・教授、
         高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門・副部門長)
    高大接続・教育連携機構 事務補佐員1名

  • 中間市の家庭教育学級「りふれぱーく」/STEM教育推進部門(飯塚)

    役割:企画, 運営参加・支援

    中間市の家庭教育学級「りふれぱーく」  2021年07月15日

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 市民団体

    種別:講演会

    2021年7月15日、令和3年度家庭教育学級*「りふれぱーく」が中間市中央公民館主催により開催され、教養教育院 人文社会系 大田真彦准教授が「SDGsって何?~家族で出来る取組を考えよう~」と題して講演を行いました。

    参加した方からは、「SDGsについて何となく知っている程度でしたが、今回の講演で理解できたような気がします。もう少し自分ができることがあると思うので、よく考えなおしてみようと思いました。」などの感想をいただきました。

    今回の講演を通して、家庭での取り組みや個人で出来ること、現状を把握することの重要さや、世界の現状について考える良い機会となりました。

    ご参加いただいた皆様、関係者の方々ありがとうございました。

    *家庭教育学級とは、主催者である市民センター、PTAや学校などが協力して企画運営を行い、保護者が家庭で子どもの教育をする心構えや、子どもへの接し方、教育上の留意点など、家庭教育上の共通の問題を、一定期間にわたって継続して学習する場です。

  • 第24回九工大わくわく科学教室/STEM教育推進部門(飯塚)

    役割:企画, 運営参加・支援

    2021年03月27日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 嘉穂高校理数科課題研究発表会

    嘉穂高校  嘉穂高校  2021年02月01日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 第23回九工大わくわく科学教室/STEM教育推進部門(飯塚)

    役割:企画, 運営参加・支援

    2020年12月13日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 新宮高校プログラミングセミナー/STEM教育推進部門(飯塚)

    役割:企画, 運営参加・支援

    2020年08月05日 - 2020年08月07日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:セミナー・ワークショップ

    2021年8月2日~8月4日の3日間、福岡県立新宮高等学校理数科12名(1年生)を対象にプログラミングセミナーを実施しました。

    初日は篠原名誉教授による『基礎プログラミング演習』としてマイクロマウスを用いた演習や、『基礎プログラミング講座』としてC言語の基礎についての講義を行いました。その後、音と光を使ったオリジナルゲーム製作に向けて、各班で案を出し合いました。2日目は、高校生がTAのアドバイスを受けながらプログラムの作成に取り掛かり、最終日の午後には研究発表会としてプレゼンテーションを行い、完成したプログラムを披露しました。

    新宮高等学校の皆さま、関係の皆さま、ありがとうございました。

     講師 : 篠原 武(九州工業大学名誉教授)
        大野芳久(飯塚キャンパス技術部・技術専門職員)
     補助 : TA(ティーチング アシスタント) 3名

  • 新宮高校プログラミングセミナー/STEM教育推進部門(飯塚)

    役割:企画, 運営参加・支援

    2020年08月05日 - 2020年08月07日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:セミナー・ワークショップ

    2020年8月5日~7日の3日間、福岡県立新宮高等学校理数科12名(1年生)を対象にプログラミングセミナーを実施しました。

    8月5日は本学飯塚キャンパスにおいて、『基礎プログラミング演習』としてマイクロマウスを用いた演習、『基礎プログラミング講座』としてC言語の基礎についての講義を行い、その後にオリジナルプログラム作成に向けて各班で案を出し合いました。2日目の8月6日は新宮高校に場所を移し、高校生はTA(九工大在学生)のアドバイスを受けながらオリジナルプログラムの作成に取り掛かりました。最終日の8月7日午後には研究発表会としてプレゼンテーションを行い、完成したプログラムを披露しました。

     新宮高校の皆さま、関係の皆さま、ありがとうございました。

     講師 : 篠原武 名誉教授
        大野芳久 技術専門職員
     補助 : TA 3名

  • かいたまちづくりフェスタ『サイエンス科学実験』/STEM教育推進部門(飯塚)

    役割:企画

    頴田交流センター別館多目的ホール (旧サンシャインかいた)  2020年01月19日

     詳細を見る

    対象: 幼稚園以下, 小学生, 中学生, 社会人・一般

    種別:出前授業

    2020年1月19日(日)、飯塚市の頴田まちづくり協議会様より依頼を受け、頴田交流センター別館多目的ホール(旧サンシャインかいた)で開催された『かいたまちづくりフェスタ』で、小田部荘司 教授(大学院情報工学研究院 物理情報工学研究系)によるサイエンス科学実験を行いました。

    実験の前半は、液体窒素を用いて、花やバナナなどを凍らせる実験を行い、超低温の様子を観察しました。
    後半は超伝導体による永久磁石の浮上実験を行いました。

    約350名収容できる会場には子どもから大人まで多くの人が集まり、次々と起こる不思議な現象に引き込まれていました。

    参加された皆さま、関係の皆さま、ありがとうございました。

    『九工大 小田部教授によるサイエンス科学実験 ~超伝導体による浮上実験~』
    講 師 : 小田部荘司 教授(大学院情報工学研究院 物理情報工学研究系)
    補 佐 : 学生 1名

  • 第21回九工大わくわく科学教室/STEM教育推進部門(飯塚)

    役割:企画, 運営参加・支援

    2019年12月08日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    2019年12月8日(日)、飯塚キャンパスにおいて、第21回九工大わくわく科学教室『はじめてのロボットプログラミング~いぬ・ねこ型ロボットを動かそう~』を開催しました

    筑豊地区はじめ福岡県内外から小・中学生15名が参加し、教育用の小型コンピューターボードmicro:bitを用いたプログラミングに挑戦しました。参加者は学生TAやスタッフのアドバイスを受けながら、いぬ・ねこ型のロボットの足を動かしたり、障害物を検知し回避したりするようなプログラミングに取り組みました。

    なお、今回使用したロボット教材は「令和元年度飯塚市大学支援補助金」の支援により制作されました。

    参加された皆様、関係の皆様、ありがとうございました。

    参加者: 15名
    見学者: 17名
    講 師: 荒川 等(飯塚キャンパス技術部・技術専門員)
    補 佐: 大野 芳久(飯塚キャンパス技術部・技術専門職員)
        冨重 秀樹(飯塚キャンパス技術部・技術専門職員)
        冨重 真理(飯塚キャンパス技術部・技術専門職員)
        堀之内 新吾(飯塚キャンパス技術部・技術専門職員)
        本田 俊光(飯塚キャンパス技術部・技術専門職員)
        宮野 英次(情報工学研究院知能情報工学研究系・教授、
             高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門副部門長)
        大原 梨紗(高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門・事務補佐員)
        学生TA 7名
        情報教育支援士実習生 2名

  • 科学広場 in おおむた 2019/STEM教育推進部門(飯塚)

    役割:企画

    大牟田市市民活動等多目的交流施設 えるる  2019年11月10日

     詳細を見る

    対象: 幼稚園以下, 小学生, 中学生, 保護者

    種別:出前授業

    2019年11月10日(日)、大牟田市で開催された『科学広場 in おおむた 2019』に出展し、『「ロケット型ヘリコプター」を作って飛ばそう!』のワークショップを行いました。

    プロペラ(回転翼:ローター)の原理・技術やヘリコプターが飛ぶ仕組みについてレクチャーを受けた後、参加者は職員や学生TAのアドバイスを受けながら、「ロケット型ヘリコプター」を制作しました。プロペラ(ローター)を回しゴムを巻き上げて手を離すと、機体がぐんぐん上昇し、参加者は何度も挑戦して楽しんでいました。

    当日は、1,500人以上の来場があり、多くの子どもたちで賑わいました。
    ご来場の皆さま、関係の皆さま、ありがとうございました。

    担当:石川正士〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部 技術専門職員〕
    補佐:宮野英次〔情報工学研究院 知能情報工学研究系 教授、
            高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門・副部門長〕
       大原梨紗〔高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門 事務補佐員〕
       学生TA 2名

  • 計算の質・量

    役割:講師

    福岡県立修猷館高等学校  福岡県立修猷館高等学校  2019年11月02日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立修猷館高等学校での講義
    科学研究費補助金の研究課題の紹介

  • 福岡市科学館「世界一行きたい科学広場 in ふくおか 2019」/STEM教育推進部門(飯塚)

    役割:企画, 運営参加・支援, 実演

    福岡市科学館(福岡市)  2019年10月19日 - 2019年10月20日

     詳細を見る

    対象: 幼稚園以下, 小学生, 中学生, 高校生, 保護者, 社会人・一般

    種別:出前授業

    2019年10月19日(土)・20日(日)の2日間、福岡市科学館において、『世界一行きたい科学広場 in ふくおか 2019』が開催されました。

    九州工業大学からは、アルゴリズム研究グループ(Kyutech Algorithms Group)がブースを出展し、離散数学や組合せ最適化の問題を子ども向けにアレンジし、論理思考パズルの解き方を考えるワークショップを行いました。

    2日間で約3,400名の来場があり、九工大ブースにも多くの皆様に立ち寄っていただきました。

    ご来場の皆さま、関係の皆さま、ありがとうございました。

    ◇九州工業大学出展ブース◇
    アルゴリズム研究グループ(Kyutech Algorithms Group)
    『おもしろパズルを解こう!~アルゴリズムってなんだろう?~』

  • サイエンスモール in 飯塚2019「科学広場」/STEM教育推進部門(飯塚)

    役割:企画, 運営参加・支援

    サイエンスモール in 飯塚2019「科学広場」実行委員会  いいづかコミュニティセンター(飯塚市)  2019年09月15日

     詳細を見る

    対象: 幼稚園以下, 小学生, 中学生, 保護者, 社会人・一般

    種別:出前授業

    2019年9月14日(土)~15日(日)、イイヅカコミュニティセンター等の会場において、『サイエンスモール in 飯塚 2019』が開催され、九州工業大学は15日(日)の『科学広場』に3つのブースを出展しました。

    飯塚キャンパス技術部が出展した『変わり「映え」するお砂糖~べっこう飴作りと顕微鏡観察~』のブースでは、グラニュー糖と水でべっこう飴を作り、熱を加えることで砂糖が変化する様子を観察したり、顕微鏡で砂糖の結晶や身近な食品を観察しました。

    また、同技術部が出展したもう一つのブースでは『LEDメガネを作ろう! and 射出成形ってなに?』と題して、光センサーやマイコンを搭載したLEDメガネ作りを行い、メカトロニクス(メカニクス+エレクトロニクス)の仕組みを学びました。また、プラスチック製品がどのように作られるのか射出成形機の実演・体験も行いました。

    電気自動車製作サークル e-carは『あのAE86が電気自動車に!!』と題して、ガソリン駆動車を独自の構造で一から設計・製作したコンバート電気自動車の展示を行いました。

    会場は2,700名以上の来場があり、多くの子どもたちで賑わいました。
    ご来場の皆さま、関係の皆さまありがとうございました。

    — 九州工業大学出展ブース —
    [飯塚キャンパス技術部]
    『変わり「映え」するお砂糖 ~べっこう飴作りと顕微鏡観察~』
    『LEDメガネを作ろう! and 射出成形ってなに?』

    [電気自動車製作サークル e-car]
    『あのAE86が電気自動車に!!』

    — 科学広場実行委員(九工大) — 
    委員長:宮野英次[情報工学研究院知能情報工学研究系・教授、
             高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門副部門長]
    実行委員:前田衣織[情報工学研究院物理情報工学研究系・准教授]
         大原梨紗 [高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門・事務補佐員]

  • 令和元年度福岡県高等学校教科等研究会情報科研究部会 第2回研修会講師

    役割:講師

    福岡県高等学校教科等研究会 情報科研究部会  令和元年度福岡県高等学校教科等研究会情報科研究部会 第2回研修会  飯塚キャンパス マルチメディア講義室  2019年08月30日

     詳細を見る

    対象: 教育関係者

    種別:セミナー・ワークショップ

    「プログラム言語(Python)の演習」基礎講座,講師

  • 飯塚市二瀬公民館「夏休み科学実験クラブ」/STEM教育推進部門(飯塚)

    役割:企画, 運営参加・支援

    飯塚市二瀬公民館  「アメンボ」の工作と立体シャボン膜の観察~表面張力と薄膜による干渉の実験学習~  飯塚市二瀬公民館  2019年08月30日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

    2019年8月30日(金)、飯塚市二瀬交流センターにて開催された小学生向けの『夏休み科学実験クラブ』において、表面張力とシャボン膜に関する実験を行いました。この実験には、飯塚市二瀬地区青少年健全育成会様より依頼を受けた九工大生3名が講師として参加しました。

    前半は、クリップを組み合わせて作ったアメンボを水に浮かせて、表面張力が働き支えられている様子を観察しました。
    後半は、ストローと糸を使って、シャボン膜のカーテンを作り、シャボン液の様子を観察しました。参加者は、シャボン膜にできた虹がだんだんと変化していく様子を観察し、光の反射による干渉を確認しました。

    終了後は、『楽しく、学校で習わないことができてよかった』『家で出来ないことを出来て、とても楽しかった』などの感想があがりました。

    参加者の皆さま、関係の皆さま、ありがとうございました。

    テーマ:「アメンボ」の工作と立体シャボン膜の観察~表面張力と薄膜による干渉の実験学習~
    参加者:小学3~6年生 12名
    講 師:荒川 等〔飯塚キャンパス技術部・技術専門員〕
        川村 博志〔飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
        学生3名
    補 佐:宮野 英次〔情報工学研究院知能情報工学研究系・教授、
              高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門副部門長〕
        大原 梨紗〔高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門・事務補佐員〕

  • 福岡県庁まるごと体験隊2019「オリジナル万華鏡を作ろう!」/STEM教育推進部門(飯塚)

    役割:企画, 運営参加・支援

    福岡県庁  福岡県庁まるごと体験隊2019  2019年08月23日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

    2019年8月23日(金)、福岡県庁で開催された『福岡県庁まるごと体験隊2019』において、「オリジナル万華鏡を作ろう!」のワークショップを開催しました。

    参加者は、光の反射や万華鏡の仕組みについて学びながら、学生TAと一緒に「テーパードミラー万華鏡」作りに取り組みました。最後は、万華鏡の側面に絵を描いたりマスキングテープでデコレーションしたりしてオリジナル万華鏡を完成させました。

    参加者の皆さま、関係の皆さま、ありがとうございました。

    参加者:18名 
    講 師:藤本 晶子(情報工学研究院知能情報工学研究系・助教)
    補 佐:宮野 英次(情報工学研究院知能情報工学研究系・教授、
        高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門副部門長)
        大原 梨紗(高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門・事務補佐員)
        学生 5名

  • 第20回九工大わくわく科学教室/STEM教育推進部門(飯塚)

    役割:企画, 運営参加・支援

    2019年08月03日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    2019年8月3日(土)、本学の飯塚キャンパスにおいて、第20回九工大わくわく科学教室『手作り箱カメラで夏の思い出を撮ろう!』を開催しました

    筑豊地区はじめ福岡県内外から小学生67名が参加し、オリジナル箱カメラ作りを通して、レンズの役割や光の性質などの光学の基礎を学習しました。講師からカメラやレンズの仕組みについての講義を受けた後、参加者は班に分かれ、本学TA(ティーチングアシスタント)に教えてもらいながらカメラ作りに取り組みました。
    完成後は自分の作ったカメラで、大学から見える外の景色を撮影してアイロンで現像を行いました。参加者からは『楽しかった』『きれいな写真が撮れてうれしかった』『家に帰ってもやってみたい』など感想があがりました。

    参加者の皆様、関係の皆様、ありがとうございました。

    参加者:67名
    見学者:62名
    講 師:荒川 等 (飯塚キャンパス技術部 技術専門員)
    補 佐:月原 由紀(飯塚キャンパス技術部 技術専門職員)
    肥後 寛 (飯塚キャンパス技術部 技術専門職員)
    畑瀨 卓司(飯塚キャンパス技術部 技術職員)
    宮野 英次(情報工学研究院知能情報工学研究系 教授、
        高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門・副部門長)
        大原 梨紗(高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門・事務補佐員)
    学生TA 15名

  • わくわく科楽フェスティバル『ライトフライヤー号を作って飛ばそう』/STEM教育推進部門(飯塚)

    役割:企画

    福智町図書館・歴史資料館「ふくちのち」  福智町図書館・歴史資料館「ふくちのち」  2019年08月03日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

    2019年8月3日(土)、福智町図書館・歴史資料館「ふくちのち」において、科学を楽しく体験できるイベント「わくわく科楽フェスティバル」が開催され、本学も参加しました。

    当日、本学が行った『ライトフライヤー号を作って飛ばそう』のワークショップでは、24名(8名×3回)が参加し、工作用紙でライトフライヤー号(飛行機)を作った後は、屋外で実際に飛ばして楽しみました。

    ふくちのち館内では、近隣の高校・大学、企業などによるワークショップも行われ、多くの来場者で賑わっていました。 

    参加された皆さま、関係の皆さま、ありがとうございました。

    担当:石川正士(飯塚キャンパス技術部・技術専門職員)
       冨重真理(飯塚キャンパス技術部・技術専門職員)
       学生TA 2名

  • 菰田交流センターなつやすみキッズスクール『超伝導体による永久磁石の浮上実験』/STEM教育推進部門(飯塚)

    役割:企画, 運営参加・支援

    飯塚市菰田交流センター  菰田交流センターなつやすみキッズスクール  飯塚市菰田交流センター  2019年07月31日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

    2019年7月31日(水)、飯塚市菰田交流センターより依頼を受け、なつやすみキッズスクールに参加しました。午前中は、本学の学生3名が地域の小学生の学習支援を行い、午後からは小田部教授による科学実験教室『超伝導体による永久磁石の浮上実験』を行いました。

    実験の前半は、液体窒素を用いて、花やバナナ、風船の中の空気などを凍らせる実験を行い、超低温の様子を観察しました。後半は超伝導体による永久磁石の浮上実験の後、参加者全員が液体窒素で冷やした超伝導体の上に浮いた磁石に乗って浮上状態を体験しました。

    次々と起こる不思議な現象に、参加した55名の小学生は大興奮でした。

    【午前の部】
    学習会での学習支援
    担当:九工大生 3名

    【午後の部】
    『超伝導体による永久磁石の浮上実験』
    担当:大学院情報工学研究院 物理情報工学研究系 小田部荘司 教授
    補佐:九工大生 1名

    参加者の皆さま、関係の皆さま、ありがとうございました。

  • 第1回藍橋カップ日本大会

    役割:企画, 運営参加・支援

    第1回藍橋カップ日本大会  飯塚キャンパス インタラクティブ学習棟MILAiS  2019年05月25日

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生

    種別:その他

    2019年5月25日(土)、飯塚キャンパス インタラクティブ学習棟MILAiSにおいて、第1回藍橋カップ日本大会を開催しました。

    藍橋カップは、2010年にスタートして以来、今年で10回目を迎えた中国最大規模のプログラミング競技会です。日本開催は今年が第1回目となります。コンテストは中国および国内他会場と完全に同期して進められ、参加者はコンテスト開始時刻の10時に一斉に問題をサーバーよりダウンロード、終了時刻の14時までに作成プログラムをサーバーにアップロードを行い、全体で6問の問題に挑戦しました。

    また、コンテストに先立ち、飯塚 ALSA(アクティブ・ラーニング推進のために作られた学生組織)によって全4回の勉強会を開催し、競技に使うプログラミング言語だけでなく、アルゴリズムの選び方や競技プログラミングに臨む考え方などを扱いました。今後も継続的に勉強会を開催する予定です。

    参加者

    C/C++プログラミング部門 13名
    JAVAプログラミング部門 5名

    担当

    近藤 秀樹〔学習教育センター・助教〕
    宮野 英次
    〔情報工学研究院知能情報工学研究系・教授、
     高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門副部門長〕

    協力

    飯塚MILAiS/ALSA 学生スタッフ 6名
    大原 梨紗〔高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門・事務補佐員〕

    メディア取材

    西日本新聞(5/30朝刊筑豊版21⾯)

  • 第51回サイエンスカフェ@九工大情報工学部「計算の質・量」

    役割:講師

    九州工業大学情報工学部  第51回サイエンスカフェ@九工大情報工学部  飯塚キャンパス ラーニングアゴラ棟  2019年05月17日

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:サイエンスカフェ

    サイエンスカフェ講師
    科学研究費補助金の研究課題の紹介

  • 第19回九工大わくわく科学教室/STEM教育推進部門(飯塚)

    2019年03月16日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    2019年3月16日(土)、本学の飯塚キャンパスにおいて、第19回九工大わくわく科学教室『一番はじめのプログラミング』を開催しました

    米国マサチューセッツ工科大学MITメディアラボで開発された子ども向けプログラミング言語『Scratch』を用いたはじめてプログラミングを行う小学生が対象の教室で、筑豊地区をはじめ福岡県内から小学生22名が挑戦しました。

    午前中は『Scratch』の紹介や操作説明の後、講師や本学学生の作ったサンプルプログラムを体験しました。昼食を挟んで午後からは、オリジナルプログラム作りに取り組み、参加者は学生TAからアドバイスを受けながらゲームやアニメーションを完成させました。

    最後に行った発表会では、出来上がった作品を一人ずつ披露して、工夫した点や難しかった点など、感想を述べました。

    参加された皆さま、関係の皆さま、ありがとうございました。

    参加者 : 22名
    見学者 : 24名
    講 師 : 齊藤 剛史(大学院情報工学研究院 システム創成情報工学研究系・准教授)
    補 佐 : 近藤 秀樹(学習教育センター・助教)
        宮野 英次(情報工学研究院システム創成情報工学研究系・教授、高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門副部門長)
        大原 梨紗(高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門・事務補佐員)
        学生TA 9名
        MILAiS学生スタッフ 2名

    メディア取材 : 3/17(日)NHKで放送されました。

  • 嘉麻市子どもフェスタ/STEM教育推進部門(飯塚)

    役割:企画, 運営参加・支援

    嘉麻市子ども会指導者連合会  嘉麻市子どもフェスタ  嘉麻市嘉穂生涯学習センター夢サイトかほ  2019年02月24日

     詳細を見る

    対象: 幼稚園以下, 小学生, 保護者

    種別:出前授業

    2019年2月24日(日)、嘉麻市嘉穂生涯学習センター夢サイトかほにて、『嘉麻市子どもフェスタ』が開催され、本学からは4つのブースを出展しました。
    会場はオープンと同時に多くの来場者で賑わい、本学ブースにも多くの方が訪れました。来場者は教職員や学生TAと一緒に科学遊びや、VR体験・レーザー加工機や射出成型機の実演を楽しみました。
    ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

    《出展内容》
    ●科学あそび
     ①人類初の動力飛行機「ライトフライヤー号」を作って飛ばそう!
     ②たたいて電気をつくりだす、小さな発電機を作ろう!
    ●バーチャルリアリティ体験 嘉麻市を覗いてみよう
    ●切って作る!押し出して作る! ~レーザー加工と射出成型について~

  • 「市民シンポジウム(第99回琉大21世紀フォーラム)」基調講演,パネルディスカッション

    役割:講師

    琉球大学  「市民シンポジウム(第99回琉大21世紀フォーラム)」  沖縄県立博物館・美術館  2018年12月09日

     詳細を見る

    対象: 教育関係者, 社会人・一般

    種別:対話型集会・市民会議

    基調講演,パネルディスカッション.
    高大接続・教育推進機構STEM教育部門(飯塚)の活動.

  • 第18回九工大わくわく科学教室/STEM教育推進部門(飯塚)

    2018年12月08日

     詳細を見る

    対象: 小学生, 中学生, 保護者

    種別:セミナー・ワークショップ

    2018年12月8日(土)、本学の飯塚キャンパスにおいて、筑豊地区はじめ福岡県内から小・中学生15名が参加し、ロボットプログラミングに挑戦しました。

    参加者は子ども向けプログラミング言語Scratchを使い、TAのアドバイスを受けながら、クワガタ型のロボットの足を動かしたり、LEDを光らせたりするよう試行錯誤しながらプログラミングに取り組みました。なお、今回使用したロボットの開発および製作は「平成30年度飯塚市大学支援補助金」の助成を受けて実施しました。

    参加された皆さま、関係の皆さま、ありがとうございました。

    参加者 : 15名
    見学者 : 20名
    講 師 : 荒川 等 〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
    補 佐 : 大野 芳久〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
        冨重 秀樹〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
        冨重 真理〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
        本田 俊光〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
        宮野 英次(情報工学研究院システム創成情報工学研究系・教授、
                高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門副部門長)
        大原 梨紗(高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門・事務補佐員)
        学生TA 8名
        情報教育支援士実習生 1名

    メディア取材:2018年12月9日(日) NHKで放送されました。
           2018年12月9日(日) 毎日新聞 朝刊 筑豊版 29面に掲載されました。

  • 科学広場 in おおむた 2018/STEM教育推進部門(飯塚)

    役割:企画, 運営参加・支援

    大牟田市市民活動等多目的交流施設 えるる  2018年11月25日

     詳細を見る

    対象: 幼稚園以下, 中学生, 高校生, 保護者, 社会人・一般

    種別:出前授業

    2018年11月25日(日)、大牟田市で開催された『科学広場 in おおむた 2018』に出展し、『マジックハンドを作ろう! ~リンク機構について学ぶ~』としてワークショップを行いました。

    リンク機構についてのレクチャーの後、参加者は職員や学生TAのアドバイスを受けながら、レーザーカッターでカットされた部品を組み合わせてマジックハンドを完成させました。

    当日は1,700人以上の来場があり、会場は多くの子どもたちで賑わいました。大牟田市の中尾昌弘市長も視察にお越しになり、また、ゆるキャラのジャー坊も科学広場を盛り上げていました。

    ご来場の皆様、関係の皆様、ありがとうございました。

  • 計算の質・量

    役割:講師

    福岡県立修猷館高等学校  福岡県立修猷館高等学校  2018年10月30日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立修猷館高等学校での講義
    科学研究費補助金の研究課題の紹介 

  • サイエンスモール in 飯塚2018「科学広場」/STEM教育推進部門(飯塚)

    役割:企画, 運営参加・支援

    いいづかコミュニティセンター(飯塚市)  2018年09月16日

     詳細を見る

    対象: 幼稚園以下, 小学生, 中学生, 高校生, 保護者, 社会人・一般

    種別:出前授業

    9月15日(土)・16日(日)に『サイエンスモール in 飯塚 2018』が開催され、本学からは16日(日)『科学広場2018』にブースを出展しました。

     飯塚キャンパス技術部は『マジックハンドを作ろう! ~リンク機構について学ぶ~』として、レーザーカッターでカットした部品を組み立ててマジックハンドを作るワークショップを行いました。
     電気自動車製作サークル e-carは『あのAE86が電気自動車に!!』として、ガソリン駆動車を独自の構造で一から設計・製作したコンバート電気自動車の展示を行いました。

     当日は2,000人以上の来場があり、会場は多くの子どもたちで賑わいました。
     ご来場の皆様、関係の皆様、ありがとうございました。

    — 九州工業大学出展ブース —
    [飯塚キャンパス技術部]
    『マジックハンドを作ろう! ~リンク機構について学ぶ~』
    [電気自動車製作サークル e-car]
    『あのAE86が電気自動車に!!』

  • わたしたちの福岡県展2018「オリジナル箱カメラを作ろう!」/STEM教育推進部門(飯塚)

    役割:企画, 運営参加・支援

    福岡県庁  福岡県庁  2018年08月24日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

    8/24(金)福岡県庁で開催された『福岡県庁まるごと体験隊』で、「オリジナル箱カメラを作ろう!」のワークショップを行いました。参加者はグループに分かれ学生TAや本学教職員と一緒にカメラ作りに取り組みました。完成後は自分で作ったカメラで県庁11階からの風景を撮影してアイロンで現像を行いました。

    参加者の皆様、関係の皆様、ありがとうございました。

    参加者:19名
    講 師:荒川 等 〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
    補 佐:藤本 晶子〔情報工学研究院システム創成情報工学研究系・助教〕
        松島 雅寛〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
        宮野 英次〔情報工学研究院システム創成情報工学研究系・教授、高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門副部門長〕
        大原 梨紗〔高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門・事務補佐員〕
        学生 3名

  • 飯塚市二瀬公民館「夏休み科学実験クラブ」たたくことで電気を起こす発電機づくり/STEM教育推進部門(飯塚)

    役割:企画, 運営参加・支援

    飯塚市二瀬公民館  飯塚市二瀬公民館  2018年08月20日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

    8/20(月)二瀬交流センターにて開催された小学生向けの『夏休み科学実験クラブ』において、飯塚市二瀬地区青少年健全育成会様より依頼を受けた九工大生が講師として参加し、「たたくことで電気を起こす発電機づくり~電子オルゴールを鳴らす回路を作成しよう!~」を行いました。

    参加者は、振動や圧力などの力が加わると電圧が発生する圧電素子の性質を利用して、圧電素子を叩いて溜めた電気でLEDを光らせたり音が鳴るような回路を作成し、発電の仕組みを勉強しました。また、叩いて発生する電圧の大きさを競い合い、大いに盛り上がりました。

    参加者の皆様、関係の皆様、ありがとうございました。

    参加者:小学生12名
    講 師:荒川 等 〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
        学生 3名
    補 佐:月原 由紀〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
        宮野 英次〔情報工学研究院システム創成情報工学研究系・教授、高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門副部門長〕
        大原 梨紗〔高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門・事務補佐員〕

  • 福岡国際センター「世界一行きたい科学広場 in ふくおか 2018」/STEM教育推進部門(飯塚)

    福岡国際センター(福岡市)  2018年08月11日 - 2018年08月12日

     詳細を見る

    対象: 幼稚園以下, 小学生, 中学生, 高校生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般

    種別:出前授業

    8月11日(土)・12日(日)の2日間、福岡国際センターで『こどもFUKUOKA未来博 ~福岡のまちから科学者を~』が開催されました。九州工業大学からは、アルゴリズム研究グループ(Kyutech Algorithms Group)が『世界一行きたい科学広場 in ふくおか』にブースを出展し、離散数学や組合せ最適化の問題を子ども向けにアレンジした論理思考パズルの解き方を考えるワークショップを行いました。2日間で160名分(8名×20ラウンド)の参加チケットを全て配布し、多くの皆様に参加していただきました。

    ご来場の皆様、関係の皆様、ありがとうございました。

    ◇九州工業大学出展ブース◇
    アルゴリズム研究グループ(Kyutech Algorithms Group)
    『おもしろパズルを解こう!~アルゴリズムってなんだろう?~』

    こどもFUKUOKA未来博 Webサイト
    https://cff-expo.org/

  • 第17回九工大わくわく科学教室/STEM教育推進部門(飯塚)

    役割:企画, 運営参加・支援

    飯塚キャンパス ラーニングアゴラ棟  2018年08月04日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    8/4(土)筑豊地区はじめ福岡県内から小学生51名が参加し、オリジナル箱カメラ作りを通して、レンズの役割や光の性質などの光学の基礎を学習しました。講師からカメラやレンズの仕組みについての講義を受けた後、参加者は班に分かれ、本学TA(ティーチングアシスタント)に教えてもらいながらカメラ作りに取り組みました。完成後は自分の作ったカメラで写真(日光写真)を撮影してアイロンで現像を行いました。参加者からは『とても不思議で楽しかった』『写真がきれいに撮れてうれしかった』『家でも撮ってみたい』など感想があがりました。

    なお、開催の様子は8/4(土)のNHKの夕方のニュースで放映されました。

    参加された皆様、関係の皆様、ありがとうございました。

    参加者:51名
    見学者:44名
    講 師:荒川 等 〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
    補 佐:藤本 晶子〔情報工学研究院システム創成情報工学研究系・助教〕
        松島 雅寛 〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
        宮野 英次〔情報工学研究院システム創成情報工学研究系・教授、高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門副部門長〕
        大原 梨紗〔高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門〕
        学生TA 15名

  • 嘉麻市稲築地区公民館「夏休み九工大ワークショップ・手作り箱カメラで夏の思い出を撮ろう!」/STEM教育推進部門(飯塚)

    2018年07月31日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

    7/31(火)嘉麻市立図書館様より依頼を受け、稲築地区公民館講堂にて小学生を対象に、夏休み九工大ワークショップ『手作り箱カメラで夏の思い出を撮ろう!』を開催しました。

    カメラやレンズの仕組みについて講師から説明を受けた後、参加者は班に分かれ、本学TA(ティーチングアシスタント)、図書館や公民館のスタッフ、本学教職員と一緒にカメラ作りに取り組みました。最後は自分の作ったカメラで写真(日光写真)を撮影してアイロンで現像を行いました。

    また、この日は福岡県立稲築志耕館高等学校の生徒5名もボランティアスタッフとして加わり、賑やかな雰囲気の中で行われました。

    参加者の皆さま、関係の皆さま、ありがとうございました。

    参加者 : 小学生33名
    講 師 : 荒川 等 〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
    補 佐 : 藤本 晶子〔情報工学研究院システム創成情報工学研究系・助教〕
    松島 雅寛 〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
    宮野 英次〔情報工学研究院システム創成情報工学研究系・教授、
    高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門副部門長〕
    大原 梨紗〔高大接続・教育連携機構 STEM教育推進部門〕
    学生TA 3名

  • 第16回九工大わくわく科学教室/理数教育支援センター飯塚分室

    2018年03月25日

     詳細を見る

    対象: 小学生, 中学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    3/25(日)、福岡県内から小学生32名が参加し、米国マサチューセッツ工科大学MITメディアラボで開発された子ども向けプログラミング言語『Scratch』で初めてのプログラミングを体験しました。午前中は『Scratch』の紹介や操作説明の後、講師や九工大生の作ったサンプルプログラムを体験しました。昼食を挟んで午後からはオリジナルプログラム作りに挑戦し、参加者は学生TAからアドバイスを受けながらゲームやアニメーションを完成させました。最後に発表会を行い、出来上がった作品を一人ずつ披露しました。

    参加された皆様、関係の皆様、ありがとうございました。

    参加者:32名
    見学者:41名 
    講 師:齊藤 剛史〔情報工学研究院システム創成情報工学研究系・准教授〕
    補 佐:近藤 秀樹〔学習教育センター・助教〕
        佐々木 真旗子〔学習教育センター・業務支援職員〕 
        宮野 英次〔情報工学研究院システム創成情報工学研究系・教授、理数教育支援センター飯塚分室長〕
        大原 梨紗〔理数教育支援センター飯塚分室・事務補佐員〕
        学生TA 10名
        MILAiS学生スタッフ 1名
    メディア取材:毎日新聞社(3/26朝刊筑豊版27面)

  • 第15回九工大わくわく科学教室/理数教育支援センター飯塚分室

    2017年12月16日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    2017/12/16(土)飯塚キャンパス リカレント講義室にて第15回九工大わくわく科学教室『はじめての歩くロボットプログラミング』を開催しました。

    筑豊地区はじめ福岡県内から小中学生12名が参加し、歩くロボットプログラミングに挑戦しました。プログラミングの基礎やロボットの構造について学んだ後、参加者は子ども向けプログラミング言語Scratchを使って、本大学のオリジナルロボット教材『QTロボ(キューテックロボ)』を歩かせたり、LEDを光らせたりするよう、TAのアドバイスを受けながらプログラミングに取り組みました。最後は全員の前で、作成したプログラムを実行しロボットの動きを披露しました。
    なお、今回使用したロボットの開発および製作は「平成29年度飯塚市大学支援補助金」の助成を受けて実施しました。

    参加者の皆様、関係の皆様、ありがとうございました。

    参加者:12名
    見学者:6名
    講 師:荒川 等 〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
    補 佐:大野 芳久〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
        冨重 真理〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
        二尾 浩樹〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
        本田 俊光〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
        宮野 英次〔情報工学研究院システム創成情報工学研究系・教授、理数教育支援センター飯塚分室長〕
        大原 梨紗〔理数教育支援センター飯塚分室・事務補佐員〕
        TA 10名
    メディア取材:NHK(12/16放送)、西日本新聞社(12/17朝刊筑豊版20面掲載)、読売新聞社(12/17朝刊筑豊版27面掲載)

  • 田川郡糸田町立糸田小学校親子レクリエーション「サイエンス教室」/理数教育支援センター飯塚分室

    2017年11月24日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

    11/24(金)、田川郡糸田町立糸田小学校「親子レクリエーション」において、小田部荘司教授によるサイエンス教室『超伝導体による永久磁石の浮上実験』を開催しました。
    前半は、液体窒素を用いて、花やバナナ、風船の中の空気を凍らせる実験を行い、超低温の様子を観察しました。
    後半は、超伝導体による永久磁石の浮上実験の後、参加者全員が液体窒素で冷やした超伝導体の上に浮いた磁石に乗って浮上状態を体験しました。

    目の前で次々と起こる不思議な現象に大いに盛り上がった親子レクリエーションでした。
    糸田小学校の皆さん、ありがとうございました。

    参加者:小学4年生約90名とその保護者
    講 師:小田部 荘司〔情報工学研究院電子情報工学研究系・教授〕
    補 佐:宮野 英次〔情報工学研究院システム創成情報工学研究系・教授、理数教育支援センター飯塚分室長〕
        大原 梨紗〔理数教育支援センター飯塚分室・事務補佐員〕
        学生TA 1名

  • 計算の質と量

    役割:講師

    福岡県立修猷館高等学校  福岡県立修猷館高等学校  2017年11月03日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立修猷館高等学校での講義
    科学研究費補助金の研究課題の紹介  

  • サイエンスモール in 飯塚2017「科学広場」/理数教育支援センター

    役割:企画, 運営参加・支援

    2017年09月17日

     詳細を見る

    種別:出前授業

    実行委員

  • 飯塚市二瀬公民館「夏休み科学実験クラブ」LEDランプシェードづくり/理数教育支援センター飯塚分室

    役割:企画

    2017年08月30日

     詳細を見る

    対象: 小学生, 行政機関

    種別:出前授業

    平成29年8月30日、飯塚市二瀬公民館にて開催された小学生向けの『夏休み科学実験クラブ』において、飯塚市二瀬地区青少年健全育成会様より依頼を受けた九工大生が講師として参加し、「LEDランプシェード作り」を行いました。

     参加者は、部品を差すだけで回路を試作できるブレッドボードにLED素子を差し込み、出来るだけ多くを光らせるように工夫したりしながら電気の流れを学びました。
     最後に和紙でランプシェードを作って光らせたブレッドボードに被せ、オリジナルの照明グッズを完成させました。
     終了後は『楽しかった』『また参加したい』などの感想があがりました。

     参加された皆さま、関係の皆さま、ありがとうございました。


    参加者:小学生 13名
    講 師:荒川 等 〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
       学生3名
    補 佐:冨重 真理〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
       宮野 英次〔情報工学研究院システム創成情報工学研究系・教授、理数教育支援センター飯塚分室長〕
       大原 梨紗〔理数教育支援センター飯塚分室・事務補佐員〕

  • わたしたちの福岡県展2017「LEDランプシェードづくり」/理数教育支援センター飯塚分室

    役割:企画

    2017年08月25日

     詳細を見る

    対象: 小学生, 保護者, 行政機関

    種別:出前授業

    平成29年8月25日、福岡県庁11階の福岡よかもん広場多目的ルームで開催された『わたしたちの福岡県展2017』において、「LEDランプシェード作り」のワークショップを実施しました。

     参加者は、部品を差すだけで回路を試作できるブレッドボードにLED素子を差し込み、できるだけ多くのLEDを光らせるよう工夫を凝らしたりしながら電気の流れを学びました。

     最後に和紙でランプシェードを作って光らせたブレッドボードに被せ、オリジナルの照明グッズを完成させました。

     参加された皆さま、関係の皆さま、ありがとうございました。

    参加者:小学生 22名
    講 師:荒川 等 〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
    補 佐:和田 数字郎〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術職員〕
    宮野 英次〔情報工学研究院システム創成情報工学研究系・教授、理数教育支援センター飯塚分室長〕
    大原 梨紗〔理数教育支援センター飯塚分室・事務補佐員〕
    学生TA 4名

  • 第14回九工大わくわく科学教室/理数教育支援センター飯塚分室

    2017年07月22日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    筑豊地区はじめ福岡県内から小学生他54名が参加し、オリジナル箱カメラ作りを通して、レンズの役割や光の性質などの光学の基礎を学習しました。

     カメラの仕組みについての説明を受けた後、参加者は班に分かれ、本学TA(ティーチングアシスタント)に教えてもらいながらカメラ作りに取り組みました。
     最後は自分の作ったカメラで写真(日光写真)を撮影してアイロンで現像を行いました。参加者からは『とても楽しかった』『こんなカメラがあるとは知らなかった』『家でもやってみたい』など感想があがりました。

    参加者 : 54名
    見学者 : 36名
    講 師 : 荒川 等 〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
    補 佐 : 石川 正士〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
         宮野 英次
         〔情報工学研究院システム創成情報工学研究系・教授、理数教育支援センター飯塚分室長〕
        大原 梨紗〔理数教育支援センター飯塚分室・事務補佐員〕
        TA 15名

     参加された皆さま、関係者の皆さま、ありがとうございました!

  • 嘉麻市立図書館科学遊び事業「電気の流れを知ろう!LEDランプシェード作り」/理数教育支援センター飯塚分室

    役割:企画, 運営参加・支援, 実演

    2017年07月21日

     詳細を見る

    種別:出前授業

    嘉麻市立図書館様より依頼を受け、科学遊び事業『電気の流れを知ろう!LEDランプシェード作り』を開催し、部品を差すだけで回路を試作できるブレッドボードを使って電気の流れを考えるワークショップを行いました。

     参加者は、ブレッドボードにLED素子を差し込み、できるだけ多くを光らせるために工夫を凝らしたりしながら電気の流れを学びました。
     最後に和紙でランプシェードを作って光らせたブレッドボードに被せ、オリジナルの照明グッズを完成させました。

    参加者 : 小学生 25名
    講 師 : 荒川 等 〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
    補 佐 : 冨重 秀樹〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
        宮野 英次
         〔情報工学研究院システム創成情報工学研究系・教授、理数教育支援センター飯塚分室長〕
        大原 梨紗〔理数教育支援センター飯塚分室・事務補佐員〕
        学生TA 5名

     参加された皆さま、関係者の皆さま、ありがとうございました!

  • 夢ナビライブ

    役割:講師

    主催・フロムページ,後援・文部科学省  夢ナビライブ2017,大阪会場  インテックス大阪1・2・3・4号館  2017年06月17日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    学問の講義ライブ,講師
    93名出席

  • 第13回九工大わくわく科学教室/理数教育支援センター飯塚分室

    2017年03月18日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    筑豊地区はじめ福岡県内から小・中学生10名が参加し初めてのロボットプログラミングに挑戦しました。九工大が開発した簡易オシロスコープ(パソコンとマイコンを組み合わせたもの)を使って電気信号の波形を観察したり、ロボットやプログラミングの基礎について学んだりした後は、ブロック型ロボット教材を使用して二足歩行や四足歩行のロボット作りに取り組みました。参加者はTAのアドバイスを受けながら熱心にオリジナルロボットを作成し、出来上がったロボットを全員の前で披露しました。

    参加者: 10名 
    見学者: 11名
    講 師: 荒川 等 〔飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
        冨重 真理〔飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
    補 佐: 大野 芳久〔飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
        冨重 秀樹〔飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
        本田 俊光〔飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
        宮野 英次〔情報工学研究院システム創成情報工学研究系・教授、理数教育支援センター飯塚分室長〕
        大原 梨紗〔理数教育支援センター飯塚分室・事務補佐員〕
        学生TA 6名

    メディア取材: NHK(3/18放送)、西日本新聞社(3/21(火)朝刊筑豊版24面掲載)

  • 第12回九工大わくわく科学教室/理数教育支援センター飯塚分室

    役割:企画, 運営参加・支援

    2016年12月03日

     詳細を見る

    対象: 小学生, 中学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    平成28年12月3日(土)飯塚キャンパス インタラクティブ学習棟MILAiSにおいて、第12回九工大わくわく科学教室『一番はじめのプログラミング』を開催しました。
     福岡県内から小中学生32名が参加し、米国マサチューセッツ工科大学MITメディアラボで開発された子ども向けプログラミング言語『Scratch』で初めてのプログラミングを体験しました。午前中は『Scratch』の紹介や操作説明を中心に行い、昼食を挟んで午後からは講師や学生TAの作ったサンプルプログラムを体験した後、自由プログラミングとして各自オリジナルプログラム作りに挑戦しました。参加者は学生TAからアドバイスを受けながらゲームやアニメーションを作成し、出来上がった作品を一人ずつ披露しました。

    参加者: 32名(小学生27名・中学生5名)
    見学者: 25名
    講 師: 齊藤 剛史〔情報工学研究院システム創成情報工学研究系・准教授〕
    補 佐: 宮野 英次〔情報工学研究院システム創成情報工学研究系・教授、理数教育支援センター飯塚分室長〕
        近藤 秀樹〔学習教育センター・助教〕
        大原 梨紗〔理数教育支援センター飯塚分室・事務補佐員〕
        学生TA 10名
        MILAiS学生スタッフ 2名

    ◇毎日新聞に掲載されました(12/4朝刊筑豊版掲載)
    ◇西日本新聞に掲載されました(12/13朝刊筑豊版25面掲載)

  • 飯塚市立飯塚小学校「みんなで繋がろう飯小の輪ふれあいバザー」体験学習ブース/理数教育支援センター飯塚分室

    役割:企画, 運営参加・支援, 実演

    2016年11月27日

     詳細を見る

    対象: 小学生, 保護者

    種別:出前授業

    飯塚市立飯塚小学校PTA様より依頼を受け、平成28年11月27日(日)飯塚小学校において、授業参観後のイベントとして体験学習ブースを出展し、参加希望者約150名の児童が以下の内容をそれぞれ体験しました。

    ・CD分光器を作ろう!-虹の観察-
    ・植物の血管を見てみよう!-葉脈のしおり作り-
    ・3Dプリンタでオリジナルチャームを作ろう!
    ・簡単ランプシェードを作ろう!

    この日は体育館でPTAによるバザーや催しも行われ、多くの地域の方々でも賑わいました。
    飯塚小学校の皆様、ありがとうございました。

    担 当:
     荒川 等 〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
     石川 正士〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
     桑田 一英〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
     新山 誠二〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
     福丸 浩史〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
     宮野 英次〔情報工学研究院システム創成情報工学研究系・教授、理数教育支援センター飯塚分室長〕
     大原 梨紗〔九州工業大学理数教育支援センター飯塚分室・事務補佐員〕

  • 計算の質と量

    役割:講師

    福岡県立修猷館高等学校  福岡県立修猷館高等学校  2016年11月03日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立修猷館高等学校での講義
    科学研究費補助金の研究課題の紹介

  • サイエンスモール in 飯塚2016「科学広場」/理数教育支援センター飯塚分室

    2016年09月18日

     詳細を見る

    対象: 幼稚園以下, 小学生, 中学生, 高校生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般, 企業, 行政機関, メディア

    種別:出前授業

    実行委員長
    =====
    平成28年9月17日(土)・18(日)に『サイエンスモール in 飯塚 2016』が開催され、九州工業大学からは18(日)の『科学広場2016』にブースを出展しました。

     理数教育支援センター飯塚分室からは齊藤剛史准教授担当の『Scratchで作ったゲームで遊ぼう!』を出展し、子ども向けプログラミング言語『Scratch』でシステム創成情報工学科の学生が授業内で制作したゲームを展示し、自由に体験していただきました。

     飯塚キャンパス技術部からは『3Dプリンタでオリジナルチャームを作ろう!』というテーマで3Dプリンタの展示・実演と、その場で出力したチャームのデコレーションを行いました。

     悪天候のため14時で終了となりましたが、昨年よりも多い約3200名の来場があり、どのブースも多くの来場者で賑わいました。

  • 筑紫野市立筑紫小学校「親子科学遊び」/理数教育支援センター飯塚分室

    役割:企画, 運営参加・支援, 実演

    2016年08月23日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

    筑紫野市立筑紫小学校家庭教育学級 銀杏学級様より依頼を受け、平成28年8月23日(火)筑紫小学校パソコンルームにて『親子科学あそび』を開催しました。
     親子交流を目的に、身近にある材料で科学を楽しもうと小学生他29名とその保護者が参加し、『光のふしぎ、カメラとLED照明をつくろう』というテーマで、荒川等技術専門職員による講義を交えながらカメラ作りとLED照明(ランプシェード)作りを体験しました。
     前半はオリジナル箱カメラ作りを通してレンズの仕組みや光学の基礎を学び、撮影・アイロンでの現像までを行いました。後半は、LED照明(ランプシェード)作りを通して『光と色』について学びました。
     『楽しかった』『家でもやってみたい』などの感想があがり、親子で科学を学ぶ充実した時間となったようです。

    参加者: 小学生他 29名
        保護者他 22名
    講 師: 荒川 等 〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
        井本 祐二〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
        冨重 秀樹〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
        冨重 真理〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
        和田 数字郎〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術職員〕
        大原 梨紗〔理数教育支援センター飯塚分室・事務補佐員〕
        宮野 英次〔情報工学研究院システム創成情報工学研究系 教授、理数教育支援センター飯塚分室長〕

  • 飯塚市二瀬公民館「夏休み科学実験クラブ」手作りカメラ教室/理数教育支援センター飯塚分室

    2016年08月22日 - 2016年08月23日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

    平成28年8月22日(月)、8月23日(火)の二日間、二瀬公民館にて小学生向けの『夏休み科学実験クラブ』が開催されました。飯塚市二瀬地区青少年健全育成会様より依頼を受け、九工大生が講師として参加しました。
     初日の8月22日(月)は、光学の基礎についての講義の後、本大学TAの指導のもとオリジナル箱カメラ作りに取り組みました。二日目の8月23日(火)は前日に引き続きカメラを作成し、自分で作ったカメラで撮影(日光写真)をしてアイロンで現像を行いました。終了後、参加者には二瀬地区青少年健全育成会長より修了証書が手渡されました。

    参加者: 小学生8名
    見 学: 1名
    講 師: 荒川 等 〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
        大学生TA3名
    補 佐: 宮野 英次〔情報工学研究院システム創成情報工学研究系 教授、理数教育支援センター飯塚分室長〕
        月原 由紀〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
        大原 梨紗〔理数教育支援センター飯塚分室・事務補佐員〕

  • 第11回九工大わくわく科学教室/理数教育支援センター飯塚分室

    2016年07月23日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    平成28年7月23日(土)飯塚キャンパス ラーニングアゴラ棟において、第11回九工大わくわく科学教室「手作りカメラで夏休みの思い出を撮ろう!」開催しました。
     筑豊地区はじめ福岡県内から小学生他65名が参加し、オリジナル箱カメラを作ることを通して、レンズの役割や光の性質などの光学の基礎を学習しました。参加者は班に分かれ、本学TA(ティーチングアシスタント)に教えてもらいながらカメラを作成し、最後は自分の作ったカメラで写真(日光写真)を撮影してアイロンで現像を行いました。
     参加者からは『とても楽しかった』『おうちでもやってみたい』など感想があがりました。
     なお、この科学教室の様子は7月24日(日)西日本新聞朝刊筑豊版32面に掲載されました。

  • 総合科学リテラシーⅡ,第四回 情報科学講座

    2016年06月16日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:セミナー・ワークショップ

    嘉穂高校SSH

  • 第10回九工大わくわく科学教室/理数教育支援センター飯塚分室

    2016年03月27日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    平成28年3月27日(日)、九州工業大学サテライト福岡天神(天神IMS 11階)にて、第10回九工大わくわく科学教室「はじめての歩くロボット作り」を開催しました。
    福岡市内はじめ福岡県内から小・中学生12名が参加し初めてのロボットプログラミングに挑戦しました。九工大が開発した簡易オシロスコープ(パソコンとマイコンを組み合わせたもの)を使って電気信号の波形を観察したり、ロボットやプログラミングの基礎について学んだりした後は、ブロック型ロボット教材を使用して歩くロボット作りに取り組みました。参加者はTAのアドバイスを受けながら熱心にオリジナルロボットを作成し、出来上がったロボットを全員の前で披露しました。

    参加者:12名
    見学者:11名
    講 師:荒川 等〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
    補 佐:宮野 英次〔情報工学研究院システム創成情報工学研究系・教授、理数教育支援センター飯塚分室長〕
    冨重 真理〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
    冨重 秀樹〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
    大原 梨紗〔理数教育支援センター飯塚分室・事務補佐員〕
    学生TA 5名

  • 第8回子どもフェスタ(嘉麻市子どもフェスタ)/理数教育支援センター飯塚分室

    2016年02月28日

     詳細を見る

    対象: 幼稚園以下, 小学生, 中学生, 保護者, 社会人・一般

    種別:出前授業

    平成28年2月28日(日)、嘉麻市碓井住民ホールにて、嘉麻市子どもフェスタが開催され、本学からは「科学あそび」のコーナーに出展しました。
    工作系のブースでは整理券を配布した約180名の枠がすぐにいっぱいになるほど大人気で、参加者は大学生TAやスタッフと一緒に『科学あそび』を楽しみました。展示ブースも多くの子どもたちで賑わい、大盛況でした。

    ◆出展内容◆
    ・キャンドルづくり
    ・石をみがこう
    ・LEDシェード(かさ)を作ろう
    ・プラ板でマイクロマシン工作
    ・Scratchのゲーム体験
    ・3Dプリンター実演、ロボット展示
    ・対戦ゲーム『ハノイの塔』に挑戦

  • 第9回九工大わくわく科学教室/理数教育支援センター飯塚分室

    2015年12月12日

     詳細を見る

    対象: 小学生, 中学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    平成27年12月12日(土)、本学飯塚キャンパス インタラクティブ学習棟MILAiSにて、第9回 九工大わくわく科学教室「一番はじめのプログラミング」を開催しました。
    当日は、福岡県内・県外から23名の小中学生が参加し、子ども向けプログラミング言語『Scratch』を体験しました。
    午前中はScratchの紹介や操作説明の後、講師や学生TAの作ったサンプルプログラムを体験し、午後からは自由プログラミングとして各自オリジナルプログラム作りに挑戦しました。参加者は学生TAからアドバイスを受けながらゲームやアニメーションを作成し、出来上がった作品を全員の前で発表しました。

    参加者:23名
    見学者:25名
    講 師:齊藤 剛史 〔情報工学研究院システム創成情報工学研究系 准教授〕
    補 佐:宮野 英次 〔情報工学研究院システム創成情報工学研究系 教授、
    理数教育支援センター飯塚分室長〕
    近藤 秀樹 〔学習教育センター 助教〕
    佐々木 真旗子〔学習教育センター 業務支援職員〕
    大原 梨紗 〔理数教育支援センター飯塚分室 事務補佐員〕
    学生TA:7名
    MILAiS学生スタッフ:2名
    メディア取材:NHK、西日本新聞、毎日新聞、読売新聞

  • アルゴリズムの質と量

    役割:講師

    福岡県立修猷館高等学校  福岡県立修猷館高等学校  2015年10月31日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立修猷館高等学校での講義
    科学研究費補助金の研究課題の紹介

  • 第8回九工大わくわく科学教室/理数教育支援センター飯塚分室

    2015年10月24日

     詳細を見る

    対象: 小学生, 中学生, 高校生

    種別:セミナー・ワークショップ

    平成27年10月24日(土)、本学飯塚キャンパス講義棟にて、第8回 九工大わくわく科学教室「今、コミュニケーションの科学がアツい!」を開催しました。
    当日は、福岡県内の中学生・高校生など6名が参加しました。講義前半では、コミュニケーションが実際のソーシャルネットワークではどのように分析され設計されているか、また情報がどのようにコントロールされているかを考察し、コミュニケーションは科学的に分析され実生活では様々な方面で活用されていることを学びました。
    後半は、あるクラブの人間関係ネットワークから行動を予測し派閥を2つに分けるという演習問題にパソコンを使って取り組みました。参加者はマウスを操作しながら数学における「最小カット」の考え方を用いて派閥を分割しました。結果は、全員がほぼ満点という好成績でした。

    参加者:6名
    見学者:1名
    講 師:竹本 和広〔情報工学研究院生命情報工学研究系・准教授〕
    補 佐:宮野 英次〔情報工学研究院システム創成情報工学研究系・教授、
    理数教育支援センター飯塚分室長〕
    大原 梨紗〔理数教育支援センター飯塚分室〕
    大学生TA2名

  • サイエンスモール in 飯塚2015「科学広場」/理数教育支援センター飯塚分室

    2015年09月20日

     詳細を見る

    対象: 幼稚園以下, 小学生, 中学生, 社会人・一般

    種別:出前授業

    実行委員長
    ====
    平成27年9月19日(土)・20(日)にイイヅカコミュニティセンター、本町商店街ほかにて『サイエンスモール in 飯塚』が開催され、九州工業大学からは20(日)『科学広場』に5つのブースを出展しました。
    理数教育支援センター飯塚分室からは仁川純一名誉教授担当の「DNAをさわってみよう・見てみよう」を出展しました。来場者は、仁川先生やTAの説明のもと、必要な工程を経て玉ねぎのDNAを抽出し、家にあるもので簡単にDNAが抽出できることに驚いた様子でした。

    全体で2,400名以上の来場者があり、どのブースも終日多くの来場者で賑わっていました。ブースを体験した子どもたちからは『楽しかった』『面白かった』などの感想があがりました。

    ---九州工業大学出展ブース---
    [理数教育支援センター飯塚分室]DNAをさわってみよう・みてみよう
    [小林順研究室]掃除機ロボット操縦体験・全方位移動車椅子乗車体験・感情誘導用VR体験
    [RoDEP]レスキューロボット操作体験
    [マイクロロボット製作チーム]マイクロロボットを操作してみよう
    [飯塚キャンパス技術部]マイコン、センサ、電子部品の活躍を体験してみよう

  • 第7回九工大わくわく科学教室/理数教育支援センター飯塚分室

    2015年08月08日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    平成27年8月8日(土)、本学飯塚キャンパス MILAiSにて、第7回九工大わくわく科学教室「手作りカメラで夏休みの思い出を撮ろう!」を開催しました。
    オリジナル手作りカメラを作ることを通して、レンズの役割や光の性質などの光学の基礎を学習しました。
    参加した小学生たちは、大学生のアシスタントに教えてもらいながらカメラを作成し、最後は自分の作ったカメラで写真(日光写真)を撮影してアイロンで現像を行いました。
    参加者からは『写真をとるときは楽しくてたまらなかった』『手作りでカメラが出来るとはじめて知った』などの感想があがりました。

    参加者:65名
    見学者:50名
    講 師:荒川 等〔情報工学部技術部・技術専門職員〕
    補 佐:宮野 英次〔情報工学研究院システム創成情報工学研究系・教授、理数教育支援センター飯塚分室長〕
    井本 祐二〔情報工学部技術部・技術専門職員〕
    松浦 宗寛〔情報工学部技術部・技術専門職員〕
    岩崎 宣仁〔情報工学部技術部・技術専門職員〕
    二尾 浩樹〔情報工学部技術部・技術専門職員〕
    加来 郁子〔情報工学部技術部・技術専門職員〕
    大原 梨紗〔理数教育支援センター飯塚分室・事務補佐員〕
    学生TA 13名

  • 第6回九工大わくわく科学教室/理数教育支援センター飯塚分室

    2015年02月28日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    平成27年2月28日(土)、飯塚キャンパス 理数教育支援センター飯塚分室(総合研究棟地下1階)において、第6回 九工大わくわく科学教室「光(ひかり)ってなんだろう?~光の道具は進化し続ける~」を開催しました。
    光(電磁波)の波長、人間の目の構造についての講義を通して、光と色の見え方・感じ方を学びました。その後、LED素子の光を様々な物体に当てて光のふるまいを観察し、回折や吸収といった現象を、実験を通して学びました。また、昨年、ノーベル物理学賞受賞で話題となった、青色発光ダイオードについての説明も行いました。
    後半は、参加者一人一つのブレッドボードに、キャンドルICやLED素子を差し込む電子工作を行いました。参加者達は、出来るだけ多くのLEDを光らせる為に工夫したり、スタッフに質問したりして試行錯誤しながらオリジナルのLED照明グッズを作成し、最後はお土産として持ち帰りました。
    参加者からは「LEDについて理解できたのでよかった」、「工作が楽しかった」等の感想をいただきました。

    参加者:13名 / 見学者:10名
    講 師:情報工学部技術部・技術専門職員 荒川 等
    補 佐:宮野 英次、岩崎 宣仁、加来 郁子、渡邊 美那、大原 梨紗
    学 生:4名

  • 第5回九工大わくわく科学教室/理数教育支援センター飯塚分室

    2014年12月06日

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    企画,運営
    =======
    平成26年12月6日(土)、飯塚キャンパスのインタラクティブ学習棟 「MILAiS(ミライズ)」において、第5回九工大わくわく科学教室「三角形の内角の和は本当に180度なのかな?」を開催しました。

    午前中の講義では、小・中・高等学校で学習する幾何(ユークリッド幾何)以外にも、球面幾何や双曲幾何など他にも幾何があること、そしてそれらの幾何では「直線」の考え方を「まっすぐな線」としてではなく、「最短距離を通る道筋」として考えることを学びました。それにより、ユークリッド幾何では起こらない面白い現象、特に、「三角形」の内角の総和に顕著な違いがあることを学びました。

    双曲幾何構造をもつ負定曲率曲面(曲がり具合を数量的に表す曲率がどの点でも一定の負の値を取るような曲面)は難しい微分方程式を解いて得られるため、小学生・中学生・高校生にとっては大変難しい内容です。今回の科学教室では、負定曲率曲面の多面体近似モデル(負定曲率曲面にかなり近い多面体)であるハイプレイン多面体を利用して、双曲幾何の特徴である「三角形の内角の和は180度よりも小さい」ことを検証しました。参加者は、紙とはさみとのりを使ってハイプレイン多面体を作成し、そこに描いた「双曲三角形」の内角を実際にはかる実験により、その現象を確認しました。

    午後は、ハイプレイン多面体を使ってそれぞれ自由に「双曲2次元宇宙」(ハイプレイン多面体を2次元宇宙ととらえて)を創作し、出来上がった作品に名前を付けて発表会を行いました。

    今回は、小・中・高生だけでなく、保護者の方にも参加していただき、和気あいあいとした楽しく和やかな教室となりました。参加された方からは「少し難しかったけど工作が楽しかった」、「大学生とお話が出来て楽しかった、また参加したい」などといった感想をいただきました。

    参加者:12名(小・中・高生6名、保護者6名) 見学者:4名
    講 師:情報工学研究院 システム創成情報工学研究系
    佐藤 好久 教授

  • ごりごりアルゴリズム

    役割:講師

    福岡県立修猷館高等学校  福岡県立修猷館高等学校  2014年11月08日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立修猷館高等学校での講義
    科学研究費補助金の研究課題の紹介

  • 第4回九工大わくわく科学教室/理数教育支援センター飯塚分室

    2014年10月18日

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:セミナー・ワークショップ

    平成26年10月18日(土)、第4回九工大わくわく科学教室「川崎ローズと数理と科学」を開催しました。
    今回は、世界初の折り紙博士である阿南工業高等専門学校 教授(数理学博士)の川崎敏和先生を講師としてお迎えし、先生が創り出した美しいローズ(つぼみ・1分ローズ)の折り方を、ご本人から学ぶという大変貴重な講義となりました。書画カメラを使った先生のローズ折りデモンストレーションの際は、受講生から驚きと感動の拍手が送られました。最後は受講生全員が、先生やスタッフのアドバイスを受けながら、美しいローズを折ることができ、笑顔で大学を後にされました。
    今回は初めて、中高生に加えて、一般の方も対象とした教室の開催となりましたが、参加した受講生からは「また参加したい」、「もう一度折り紙教室を!」などたくさんの感想をいただきました。
    ご参加いただきました皆様、ありがとうございました!

    講師:阿南工業高等専門学校 創造技術工学科 一般教養 教授
    博士(数理学) 川崎 敏和 氏
    補助:(教員)宮野 英次、本田あおい
    (技術部)加来 郁子 (理数)渡邊 美那 (TA)学生5名

  • 計算の質・量

    福岡県立修猷館高等学校  福岡県立修猷館高等学校  2013年11月09日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立修猷館高等学校での講義
    科学研究費補助金の研究課題の紹介

  • 計算の質・量

    福岡県立修猷館高等学校  福岡県立修猷館高等学校  2012年11月03日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立修猷館高等学校での講義
    科学研究費補助金の研究課題の紹介

  • 計算の質・量

    福岡県立修猷館高等学校  福岡県立修猷館高等学校  2010年11月03日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立修猷館高等学校での講義
    科学研究費補助金の研究課題の紹介

  • 免許法認定公開講座(アルゴリズム工学)

    2007年06月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:資格認定講習

    役割:講師
    会場:kyutechプラザ

  • アルゴリズム体操・頭脳編

    福岡県立修猷館高等学校  福岡県立修猷館高等学校  2006年10月21日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立修猷館高等学校での講義
    科学研究費補助金の研究課題の紹介

  • 情報技術セミナー(ネットワーク講座)

    役割:講師

    九州工業大学  Kyutechプラザ  2005年06月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:セミナー・ワークショップ

    会場:Kyutechプラザ

▼全件表示

国際会議開催(学会主催除く)

  • WAAC2008: The 11th Japan-Korea Joint Workshop on Algorithms and Computation

    IEICE Information and Systems Society,Technical Committee on Theoretical Foundations of Computing (COMP),the Special Interest Group on Algorithms (SIGAL) of the Information Processing Society of Japan,and Graduate School of Information Science and Electrical Engineering (ISEE),Kyushu University.   2008年07月19日 - 2008年07月20日