伊藤 博 (イトウ ヒロシ)

ITO Hiroshi

写真a

職名

教授

研究室住所

福岡県飯塚市川津680-4

研究分野・キーワード

非線形システム,ダイナミクス,ネットワーク,制御理論,確率系, 分布系, 遅れ系, 制御システム設計,ロバスト性, 安定論, ディジタル制御, バイオロジカルシステム, 情報通信ネットワーク, スマートグリッド

ホームページ

http://palm.ces.kyutech.ac.jp/~hiroshi

Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 16

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1990年03月   慶應義塾大学   理工学部   電気工学   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1995年03月  慶應義塾大学  理工学研究科  電気工学  博士課程・博士後期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学 -  博士(工学)  1995年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   知的システム工学研究系   教授  

  • 2013年09月
    -
    2019年03月

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   システム創成情報工学研究系   教授  

  • 2008年04月
    -
    2013年08月

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   システム創成情報工学研究系   准教授  

  • 2007年04月
    -
    2008年03月

    九州工業大学   情報工学部   准教授  

  • 1996年06月
    -
    2007年03月

    九州工業大学   情報工学部   助教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    1995年03月

    日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員   日本国

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月
    -
    継続中
     

    米国電気電子学会(IEEE)  アメリカ合衆国

  • 1990年04月
    -
    継続中
     

    計測自動制御学会  日本国

  • 2001年04月
    -
    継続中
     

    電気学会  日本国

  • 2010年04月
    -
    継続中
     

    日本機械学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 制御・システム工学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 非線形システムの解析と制御

    非線形システム, 制御理論, ロバスト性, 安定論  

    研究期間: 1994年04月  -  継続中

  • ダイナミカルネットワークの解析と設計

    ロバスト性, 安定性, バランス, 消散性, 構造  

    研究期間: 2006年01月  -  継続中

     概要を見る

    ダイナミカルネットワークの解析と設計

  • 非線形確率システムの解析と制御

    確率微分方程式, 非線形システム, 制御理論, ロバスト性, 安定論  

    研究期間: 2012年04月  -  継続中

  • 非線形分布定数システムの解析と制御

    偏微分方程式, 非線形システム, 制御理論, ロバスト性, 安定論  

    研究期間: 2013年12月  -  継続中

  • 情報通信・計算機ネットワークに関する基礎研究

    輻輳制御、グリッドコンピューティング, 電力制御、CDMA, 安定性, ロバスト性, 非線形制御  

    研究期間: 2004年04月  -  継続中

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • A strict smooth Lyapunov function and input-to-state stability of SIR model

    Ito H.

    Proceedings of the American Control Conference    2021-May   4799 - 4804   2021年05月  [査読有り]

  • A Strict Smooth Lyapunov Function and Input-to-State Stability of SIR Model

    Ito H.

    Proceedings of the American Control Conference    2021-May   4811 - 4816   2021年05月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper shows that the SIR model of infectious diseases is input-to-state stable (ISS) with respect to the net flow of susceptible individuals into the region in both disease-free and epidemic situations. The key development is the construction of a continuously differentiable strict Lyapunov function. Firstly, for asymptotic stability, this paper clarifies that a continuously differentiable Lyapunov function can deduce the stability on the whole state space even if its derivative is not strictly negative. Secondly, it is demonstrated that a new idea of modifying the Lyapunov function to render its derivative strictly negative allows one to detect an appropriate margin to prove ISS of the SIR model. The accomplishment is based on the pursuit of a Lyapunov function which is not entirely separable into components. It contrasts with previously studied and popular Lyapunov functions which are incapable of assessing robustness properties such as ISS.

    DOI Scopus

  • Signed Small-Gain Criteria Amenable to Asymmetry with Respect to Equilibria in Establishing iISS of Networks

    Ito H.

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control    2020-December   6278 - 6284   2020年12月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper proposes a framework of signed small-gain criteria which are automatically amenable to asymmetry of gain-type dissipation with respect to equilibria. In theory and practice, the asymmetry has been avoided via over-bounding by symmetrization, which often results in unreasonably demanding or negative answers in stability, stabilization, robustness and robustification of dynamical systems. Natural systems are composed in accordance with the principle of conservation, and employ mechanisms which are more versatile than linearity. Exact energy balance is exhibited through nonlinear mechanisms, but it is not symmetric with respect to equilibria, due to the nonlinearity. Stability and robustness embedded in such energy balance cannot be detected after symmetrization. The signed small-gain methodology proposed in this paper provides powerful tools that absorb the asymmetry automatically in establishing integral input-to-stability of dynamical networks.

    DOI Scopus

  • Strong Integral Input-to-State Stability of Nonlinear Networks through Balancing Kinetics

    Ito H.

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control    2020-December   482 - 487   2020年12月  [査読有り]  [招待有り]

     概要を見る

    This paper proposes a methodology for establishing stability of nonlinear dynamical networks through balancing mechanisms that appear in system models explicitly. In addition to global asymptotic stability of equilibria, the notion of strong integral input-to-state stability (Strong iISS) is employed to address robustness of the networks with respect to disturbances and noises in the presence of saturation nonlinearities forming balancing relations. Conservation is covered as the exact balance. Unlike network small-gain criteria known in the literature of iISS, the developed criteria do not lump the balancing relations. The formulation covers positive networks and networks of iISS systems.

    DOI Scopus

  • Input-to-state stability and Lyapunov functions with explicit domains for SIR model of infectious diseases

    Ito H.

    Discrete and Continuous Dynamical Systems - Series B      2020年12月  [査読有り]

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • A small-gain method for the design of decentralized stabilizing controllers for interconnected systems with delays

    Pierdomenico Pepe, Hiroshi Ito, Zhong-Ping Jiang ( 共著 , 担当範囲: pp.99-114 )

    Delays and Interconnections: Methodology, Algorithms and Applications, Advances in Delays and Dynamics  2019年10月 ISBN: 9783319180724

  • Positive systems: A Left Eigenvector Producing a Smooth Lyapunov Function of ISS Networks

    Hiroshi Ito, Bjoern S. Rueffer ( 共著 , 担当範囲: pp 247-268 )

    Springer  2019年01月 ISBN: 978-3-030-04326-1

  • Positive Systems:On feedback transformation and integral input-to-state stability in designing robust interval observers for control systems

    Thach Ngoc Dinh, Hiroshi Ito ( 共著 , 担当範囲: pp.53-65 )

    Lecture Notes in Control and Information Sciences  2017年01月 ISBN: 9783319542102

     概要を見る

    © Springer International Publishing AG 2017. The problem of designing interval observers is addressed for output feedback control of a class of nonlinear systems in this chapter. The framework of integral input-to-state stability is exploited to drive the estimated intervals and the state variables to the origin asymptotically when disturbances converge to zero. Moreover interval observers are tuned with feedback gain. A reduced-order interval observer is proposed, and the flexibility offered by gains in designing observer is related to the existence of reduced-order interval observers. Comparative simulations are given to illustrate the theoretical results.

    Scopus

  • A Lyapunov-Krasovskii methodology for a class of large-scale systems with neutral-type delays in an iISS framework

    Ito H., Mazenc F. ( 共著 , 担当範囲: pp.205-223 )

    Recent Results on Nonlinear Delay Control Systems: In honor of Miroslav Krstic  2015年07月 ISBN: 9783319180724

     概要を見る

    © Springer International Publishing Switzerland 2016. All rights are reserved.This chapter presents a framework for verifying stability and robustness of dynamical networks consisting of neutral subsystems subject to disturbances in the spirit of integral input-to-state stability. In addition to neutral-type delays in subsystems, time-delays are allowed to reside in both subsystems and interconnection channels.Asmall-gain condition is proposed for constructing aLyapunov-Krasovskii functional to establish stability and robustness of the network.No assumption ismade on the network topology.

    Scopus

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • ISSリアプノフ関数により保証付けされたSIR感染モデルのワクチン接種フィードバック

    伊藤 博

    第8回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム  (オンライン)  2021年03月  -  2021年03月    測自動制御学会

  • RWとRCSの併用実現による宇宙機の姿勢制御則のシミュレーション比較

    日髙史子, 伊藤博

    第39回計測自動制御学会九州支部学術講演会  (大分)  2020年11月  -  2020年11月    計測自動制御学会

  • TTCとLOS角を持いた移動障害物回避制御則と車両型ロボットによる比較実験

    荒木健也, 伊藤博

    第39回計測自動制御学会九州支部学術講演会  (大分)  2020年11月  -  2020年11月    計測自動制御学会

  • 周波数応答による同次有限時間整定制御の外乱抑止性の比較考察

    日野光一郎, 福井善朗, 伊藤博

    第63回自動制御連合講演会  (富山)  2020年11月  -  2020年11月    計測自動制御学会

  • SIR感染モデルに基づく流入個体数規制の不確かさに対するISS保証の一解析

    伊藤博

    第63回自動制御連合講演会  (富山)  2020年11月  -  2020年11月    計測自動制御学会

全件表示 >>

講演 【 表示 / 非表示

  • Constructions of Lyapunov functions for input-to-state stability and control of SIR model

    Control and Optimization Seminar ( Online hosted by Louisiana State University )  2021年05月07日  Department of Mathematics, Louisiana State University

  • How far is the state of iISS connection going to escape?

    CARMA Workshop on Mathematical Systems Theory and Applications ( The University of Newcastle )  2017年12月08日  Priority research centre for computer-assisted research mathematics and its applications, The University of Newcastle

  • Some trends in nonlinear control theory

    SICE International Symposium on Control Systems 2017 ( 岡山大学 )  2017年03月06日  計測自動制御学会

  • Bypassing small-gain conditions in stability analysis of integral input-to-state stable networks

    Electrical Engineering and Computer Science Seminar ( The University of Newcastle )  2017年01月20日  School of Electrical Engineering and Computer Science, The University of Newcastle

  • Stability from modules with nonlinearity and saturation

    第3回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム and SICE International Symposium on Control Systems 2016 ( 南山大学 Flatten Hall )  2016年03月07日  計測自動制御学会

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Best Paper Award of Asian Journal of Control of Years 2013-2014

    2015年06月03日   Asian Journal of Control   マレーシア

    受賞者:  Hiroshi Ito, Randy A. Freeman, Antoine Chaillet

  • 計測自動制御学会制御部門木村賞

    2015年03月06日   計測自動制御学会   日本国

    受賞者:  Hiroshi Ito

  • SICE Annual Conference International Award

    2013年09月   計測自動制御学会   日本国

    受賞者:  Hiroshi Ito

  • IEEE Senior Member

    2009年03月   The Institute of Electrical and Electronics Engineers   アメリカ合衆国

    受賞者:  Hiroshi Ito

  • SICE Annual Conference International Award

    2008年08月   計測自動制御学会   日本国

    受賞者:  Hiroshi Ito

全件表示 >>

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • エネルギ型情報縮集約原理の開発に基づく構造的ネットワーク設計論

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月

    研究課題番号:  26420422

  • 近視眼及び巨視的消散特性の調和に基づく大規模非線形ダイナミクス設計基礎論

    基盤研究(C)

    研究期間:  2010年04月  -  2013年03月

    研究課題番号:  22560449

  • 非線形ダイナミクスの構造と量情報を統融合する制御理論基盤の構築

    基盤研究(C)

    研究期間:  2007年04月  -  2010年03月

    研究課題番号:  19560446

  • 並列計算を基盤とした計算制御論の開拓

    基盤研究(B)

    研究期間:  2004年04月  -  2007年03月

    研究課題番号:  16360212

  • 複雑非線形システムのロバスト性と可安定性の理論研究

    特別研究員奨励費

    研究期間:  2004年04月  -  2005年03月

    研究課題番号:  03F03045

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  現代制御論

  • 2020年度  知的システム工学実験演習Ⅱ

  • 2020年度  ロバスト安定論特論

  • 2020年度  創作プロジェクトⅡ

  • 2020年度  知的システム工学実験演習Ⅰ

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 神戸大学   応用数学特論

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2020年01月
    -
    2022年12月

    米国電気電子学会   Board Member of Governors for Control Systems Society

  • 2021年03月
    -
    2022年02月

    計測自動制御学会   常務理事

  • 2020年03月
    -
    2021年02月

    計測自動制御学会   理事

  • 2012年01月
    -
    継続中

    The International Federation of Automatic Control   Vice-Chiar of the IFAC Technical Committee on Non-linear Control Systems

  • 2016年01月
    -
    2019年12月

    米国電気電子学会(IEEE)   Chair of IEEE Control System Society Technical Committee on Nonlinear Systems and Control

全件表示 >>

 

国際会議の開催 【 表示 / 非表示

  • Fukuoka Workshop on Nonlinear Control Theory 2015

    2015年12月13日  -  2015年12月13日  Hiroshi Ito, 科研費基盤研究C