2022/07/27 更新

写真a

イトウ ヒロシ
伊藤 博
ITO Hiroshi
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 16

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院情報工学研究院 知的システム工学研究系
職名
教授
外部リンク

研究キーワード

  • 感染症制御の数理

  • ダイナミクス

  • ネットワーク

  • 制御理論

  • 分布系

  • 遅れ系

  • 制御システム設計

  • ロバスト性

  • 安定論

  • ディジタル制御

  • バイオロジカルシステム

  • 情報通信ネットワーク

  • スマートグリッド

  • 非線形システム

  • 確率ダイナミカルシステム

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 制御、システム工学

出身学校

  • 1990年03月   慶應義塾大学   理工学部   電気工学   卒業   日本国

出身大学院

  • 1995年03月   慶應義塾大学   理工学研究科   電気工学   博士課程・博士後期課程   修了   日本国

取得学位

  • 慶應義塾大学  -  博士(工学)   1995年03月

学内職務経歴

  • 2019年04月 - 現在   九州工業大学   大学院情報工学研究院   知的システム工学研究系     教授

  • 2013年09月 - 2019年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院   システム創成情報工学研究系     教授

  • 2008年04月 - 2013年08月   九州工業大学   大学院情報工学研究院   システム創成情報工学研究系     准教授

  • 2007年04月 - 2008年03月   九州工業大学   情報工学部     准教授

  • 1996年06月 - 2007年03月   九州工業大学   情報工学部     助教授

  • 1995年04月 - 1996年05月   九州工業大学   情報工学部     講師

▼全件表示

学外略歴

  • 1994年04月 - 1995年03月   日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員   日本国

所属学会・委員会

  • 1992年04月 - 現在   米国電気電子学会(IEEE)   アメリカ合衆国

  • 1990年04月 - 現在   計測自動制御学会   日本国

  • 2001年04月 - 現在   電気学会   日本国

  • 2010年04月 - 現在   日本機械学会   日本国

研究経歴

  • 非線形システムの解析と制御

    非線形システム, 制御理論, ロバスト性, 安定論

    研究期間: 1994年04月  -  現在

  • 数理モデルに基づく感染症の解析と制御

    感染症微分方程式, SIRモデル, ロバスト性, 安定性, フィードバック制御

    研究期間: 2019年12月  -  現在

  • ダイナミカルネットワークの解析と設計

    ロバスト性, 安定性, バランス, 消散性, 構造

    研究期間: 2006年01月  -  現在

     詳細を見る

    ダイナミカルネットワークの解析と設計

  • 非線形確率システムの解析と制御

    確率微分方程式, 非線形システム, 制御理論, ロバスト性, 安定論

    研究期間: 2012年04月  -  現在

  • 非線形分布定数システムの解析と制御

    偏微分方程式, 非線形システム, 制御理論, ロバスト性, 安定論

    研究期間: 2003年12月  -  現在

  • 情報通信・計算機ネットワークに関する基礎研究

    輻輳制御、グリッドコンピューティング, 電力制御、CDMA, 安定性, ロバスト性, 非線形制御

    研究期間: 2004年04月  -  現在

  • 非線形時間遅れシステムの解析と制御

    時間遅れ微分方程式, 非線形システム, 制御理論, ロバスト性, 安定論

    研究期間: 2012年10月  -  現在

  • スマートで安定な電気社会のためのシステム構築基礎論

    スマートグリッド, プラグイン電気自動車, 充電, 安定性, 負荷平準化, 再生可能エネルギー

    研究期間: 2010年04月  -  現在

  • 生物ダイナミクスのロバスト性解析と設計に関するシステム理論的研究

    生物システム, 概日リズム, 同期, 下水処理, ダイナミカルシステム, ロバスト性, 振動, 安定性, 非線形性,

    研究期間: 2001年04月  -  現在

  • 車両型ロボットの制御に関する研究

    車両型ロボット, 制御, 軌道追従, 障害物回避

    研究期間: 2009年04月  -  現在

  • オブザーバ設計理論

    状態推定, 非線形システム, 制御理論, 外乱

    研究期間: 2015年08月  -  現在

  • サンプル値制御系の設計論

    制御理論, サンプル値制御

    研究期間: 1991年04月  -  現在

  • ハードディスクドライブの制御系設計論

    制御理論, ハードディスクドライブ

    研究期間: 1998年04月  -  2011年03月

  • ロバスト制御系の設計論

    制御理論, ロバスト制御

    研究期間: 1989年04月  -  現在

▼全件表示

論文

  • Isolation-oriented Lyapunov-based design of simultaneous feedback strategies for disease control of SIQR 査読有り 国際誌

    Hiroshi Ito

    International Journal of Robust and Nonlinear Control ( IFAC )   2022年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1002/rnc.6309

    DOI: 10.1002/rnc.6309

  • A toolkit for globally robust observer-based feedback with relaxed characterization of iISS/ISS 査読有り 国際誌

    Hiroshi Ito, Hyungbo Shim

    IEEE Trans. Automatic Control ( IEEE )   2022年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1109/TAC.2022.3193270

    DOI: 10.1109/TAC.2022.3193270

  • Strict smooth Lyapunov functions and vaccination control of SIR model certified by ISS 査読有り 国際誌

    Ito H.

    IEEE Transactions on Automatic Control ( IEEE )   2022年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    This paper addresses analysis and control of the SIR model of infectious diseases in the framework of input-to-state stability (ISS) with respect to the net flow of susceptible individuals into a region in both disease-free and epidemic situations. The key development is the construction of a continuously differentiable strict Lyapunov function. Firstly, this paper clarifies that a continuously differentiable Lyapunov function whose derivative is non-positive can deduce asymptotic stability on the whole state space. Secondly, it is demonstrated that a new idea of rendering the derivative strictly negative allows one to detect a margin proving ISS of the SIR model. The accomplishment is based on the pursuit of a Lyapunov function that is not entirely separable into components. It contrasts with previously studied and popular Lyapunov functions that are proven to be incapable of assessing robustness properties such as ISS. Thirdly, two types of feedback control laws are proposed for mass vaccination of immigrants and inhabitants by making use of the strict Lyapunov functions. One type modifies the other type by focusing on the reduction of peaks of the infected population within the ISS guarantees.

    DOI: 10.1109/TAC.2022.3161395

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85127078863&origin=inward

  • Strict Lyapunov functions and feedback controls for SIR models with quarantine and vaccination 査読有り 国際誌

    Hiroshi Ito, Michael Malisoff, Frédéric Mazenc

    Discrete and Continuous Dynamical Systems - Series B ( American Institute of Mathematical Sciences )   2022年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3934/dcdsb.2022029

  • Vaccination with Input-to-State Stability for SIR Model of Epidemics 査読有り

    Hiroshi Ito

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control   2021-December   2812 - 2817   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2021年12月13日  -  2021年12月17日

    Vaccination control for SIR models of epidemics is studied in the framework of input-to-state stability. Two types of feedback controllers are proposed for mass vaccination of immigrants and inhabitants. In addition to asymptotic stability which is global in the state space, this paper demonstrates guarantees of input-to-state stability with respect to variation of flow rate of immigrants and newborns. One type of the proposed control laws uses ISS Lyapunov functions. The other modifies the control laws by focusing the reduction of peaks of infected population within the ISS guarantees.

    DOI: 10.1109/CDC45484.2021.9683439

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85120608260&origin=inward

  • A construction of strict Lyapunov functions for a bilinear balancing model 査読有り 国際誌

    Hiroshi Ito

    IFAC-PapersOnLine ( IFAC )   54 ( 14 )   161 - 166   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   2022年09月15日  -  2022年09月17日

    This paper focuses on a two-dimensional compartmental model which is linear except for bilinear terms of balancing kinetics. It is an equation of Lotka-Volterra type, but its structure is not symmetric like the predator-prey equation. This paper elucidates fundamental challenges in non-local stability analysis of the model. In particular, obstacles in constructing strict Lyapunov functions are discussed. A method consisting of tilting and semi-global construction is presented to overcome the challenges. Its benefit is highlighted from the viewpoint of input-to-state stability with respect to inflow perturbation.

    DOI: 10.1016/j.ifacol.2021.10.346

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85120643349&origin=inward

  • Input-to-state stability and Lyapunov functions with explicit domains for SIR model of infectious diseases 査読有り 国際誌

    Ito H.

    Discrete and Continuous Dynamical Systems - Series B ( American Institute of Mathematical Sciences )   26 ( 9 )   5171 - 5196   2021年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3934/dcdsb.2020338

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85097393991&origin=inward

  • Preface for Special issue on SICE Annual Conference 2020 招待有り 査読有り 国際誌

    Noboru Sakamoto, Shigemasa Takai, Hiroshi Ito

    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration ( SICE )   14 ( 2 )   1 - 1   2021年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    DOI: 10.1080/18824889.2021.1932917

  • A Strict Smooth Lyapunov Function and Input-to-State Stability of SIR Model 査読有り

    Hiroshi Ito

    Proceedings of the American Control Conference ( IEEE )   2021-May   4811 - 4816   2021年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    アメリカ   2021年05月25日  -  2021年05月28日

    This paper shows that the SIR model of infectious diseases is input-to-state stable (ISS) with respect to the net flow of susceptible individuals into the region in both disease-free and epidemic situations. The key development is the construction of a continuously differentiable strict Lyapunov function. Firstly, for asymptotic stability, this paper clarifies that a continuously differentiable Lyapunov function can deduce the stability on the whole state space even if its derivative is not strictly negative. Secondly, it is demonstrated that a new idea of modifying the Lyapunov function to render its derivative strictly negative allows one to detect an appropriate margin to prove ISS of the SIR model. The accomplishment is based on the pursuit of a Lyapunov function which is not entirely separable into components. It contrasts with previously studied and popular Lyapunov functions which are incapable of assessing robustness properties such as ISS.

    DOI: 10.23919/ACC50511.2021.9482900

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85111915171&origin=inward

  • Signed Small-Gain Criteria Amenable to Asymmetry with Respect to Equilibria in Establishing iISS of Networks 査読有り

    Ito H.

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control   2020-December   6278 - 6284   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper proposes a framework of signed small-gain criteria which are automatically amenable to asymmetry of gain-type dissipation with respect to equilibria. In theory and practice, the asymmetry has been avoided via over-bounding by symmetrization, which often results in unreasonably demanding or negative answers in stability, stabilization, robustness and robustification of dynamical systems. Natural systems are composed in accordance with the principle of conservation, and employ mechanisms which are more versatile than linearity. Exact energy balance is exhibited through nonlinear mechanisms, but it is not symmetric with respect to equilibria, due to the nonlinearity. Stability and robustness embedded in such energy balance cannot be detected after symmetrization. The signed small-gain methodology proposed in this paper provides powerful tools that absorb the asymmetry automatically in establishing integral input-to-stability of dynamical networks.

    DOI: 10.1109/CDC42340.2020.9304236

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85099883364&origin=inward

  • Strong Integral Input-to-State Stability of Nonlinear Networks through Balancing Kinetics 招待有り 査読有り

    Ito H.

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control   2020-December   482 - 487   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper proposes a methodology for establishing stability of nonlinear dynamical networks through balancing mechanisms that appear in system models explicitly. In addition to global asymptotic stability of equilibria, the notion of strong integral input-to-state stability (Strong iISS) is employed to address robustness of the networks with respect to disturbances and noises in the presence of saturation nonlinearities forming balancing relations. Conservation is covered as the exact balance. Unlike network small-gain criteria known in the literature of iISS, the developed criteria do not lump the balancing relations. The formulation covers positive networks and networks of iISS systems.

    DOI: 10.1109/CDC42340.2020.9304155

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85096351819&origin=inward

  • Interpreting models of infectious diseases in terms of integral input-to-state stability 査読有り

    Ito H.

    Mathematics of Control, Signals, and Systems   32 ( 4 )   611 - 631   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2020, The Author(s), under exclusive licence to Springer-Verlag London Ltd. part of Springer Nature. This paper aims to develop a system-theoretic approach to ordinary differential equations which deterministically describe dynamics of prevalence of epidemics. The equations are treated as interconnections in which component systems are connected by signals. The notions of integral input-to-state stability (iISS) and input-to-state stability (ISS) have been effective in addressing nonlinearities globally without domain restrictions in analysis and design of control systems. They provide useful tools of module-based methods integrating characteristics of component systems. This paper expresses fundamental properties of models of infectious diseases and vaccination through the language of iISS and ISS of components and whole systems. The systematic treatment is expected to facilitate development of effective schemes of controlling the disease spread via non-conventional Lyapunov functions.

    DOI: 10.1007/s00498-020-00272-w

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85097393991&origin=inward

  • Max- and Sum-Separable Lyapunov Functions for Monotone Networks with Balancing Kinetics 査読有り

    Ito H.

    2020 59th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan, SICE 2020   742 - 747   2020年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2020 The Society of Instrument and Control Engineers - SICE. This paper investigates max- and sum-separable Lyapunov functions for monotone networks exhibiting balancing kinematics. Input-to-state stability is sought for internal stability and disturbance attenuation generalizing operator-norms nonlinearly. For linear networks it is known that max- and sum-separable Lyapunov functions can be expressed analytically with right- and left-eigenvectors. This paper discusses extensions of the formulas to nonlinear networks. The main target is non-identical balancing kinematics for which analytical solutions have not been available. It is shown that max- and sum-separable construction is no more given by eigenvectors, but it still accepts closed-form expressions.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85096363416&origin=inward

  • Feedback control on immigration to reduce spread of infectious diseases with an ISS guarantee 査読有り

    Ito H.

    2020 59th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan, SICE 2020   736 - 741   2020年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2020 The Society of Instrument and Control Engineers - SICE. The capability of non-medical strategies to reduce spread of infectious diseases is limited, but evidently quarantining and isolation methods have been effective to slow the transmission. This paper studies regulations on immigration which manipulates the number of individuals entering the area. The immigration including newborns cannot be zero to maintain human societies or ecological systems, but a decision can be made to slow or delay the entering individuals when it is effective to reduce the spread peaks. This paper proposes a feedback control strategy with theoretical guarantees of non-local convergence to the steady state which the society targets. It is proved that small errors in the manipulation of immigration cause only small deviations and they never result in tragedies in terms of input-to-state stability.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85096357820&origin=inward

  • Feedback balancing between vaccination and quarantine for disease control: a simulation for COVID-19 in Japan 査読有り

    Hajime Nakata, Hiroshi Ito.

    60th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan, SICE 2020 ( SICE )   1252 - 1257   2020年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   2020年09月08日  -  2020年09月10日

    © 2020 The Society of Instrument and Control Engineers - SICE. The capability of non-medical strategies to reduce spread of infectious diseases is limited, but evidently quarantining and isolation methods have been effective to slow the transmission. This paper studies regulations on immigration which manipulates the number of individuals entering the area. The immigration including newborns cannot be zero to maintain human societies or ecological systems, but a decision can be made to slow or delay the entering individuals when it is effective to reduce the spread peaks. This paper proposes a feedback control strategy with theoretical guarantees of non-local convergence to the steady state which the society targets. It is proved that small errors in the manipulation of immigration cause only small deviations and they never result in tragedies in terms of input-to-state stability.

  • Smaller and negative exponents in Lyapunov functions for interconnected iISS systems 査読有り 国際誌

    Hiroshi Ito

    The 21st IFAC World Congress   1   6365 - 6370   2020年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Berlin   Germany  

  • Asymptotic and tracking guarantees in interval observer design for systems with unmeasured polytopic nonlinearitiess 査読有り 国際誌

    Hiroshi Ito, Thach Ngoc Dinh

    The 21st IFAC World Congress   1   5084 - 5089   2020年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Berlin   Germany  

  • A complete characterization of integral input-to-state stability and its small-gain theorem for stochastic systems 査読有り 国際誌

    Hiroshi Ito

    IEEE Transactions on Automatic Control   14 pages   2020年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1109/TAC.2019.2946203

  • Preface for Special issue on SICE Annual Conference 2019 招待有り 査読有り 国際誌

    Tanaka Hideyuki, Hiroshi Ito

    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration ( SICE )   13 ( 3 )   49 - 49   2020年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    DOI: 10.9746/jcmsi.13.49

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007847293

  • Interval observer of minimal error dynamics 査読有り

    Ito H.

    Automatica   113   2020年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 Elsevier Ltd This paper proposes a simple interval observer which can generate tighter interval estimates of variables in transient states than the standard interval observer. The simple nonlinear dynamics shrinks the estimated intervals to true state variables at the maximum velocity in the absence of disturbances. In the presence of bounded disturbances, ultimate bounds of the interval estimates are given under the standard assumption for interval observer design.

    DOI: 10.1016/j.automatica.2019.108794

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85077355121&origin=inward

  • Smaller and negative exponents in Lyapunov functions for interconnected iISS systems 査読有り

    Ito H.

    IFAC-PapersOnLine   53   6287 - 6292   2020年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    For integral input-to-state stable (iISS) systems, stability of their interconnections can be established through a small-gain condition. Unlike input-to-state stable (ISS) systems, iISS systems admit gain functions only in limited ranges. Thus, composing a Lyapunov function which is valid globally is instrumental for addressing iISS. A Lyapunov function which is popular in the iISS framework proves the stability of interconnected systems whenever the small-gain condition is satisfied. However, it is hardly practical since its nonlinearities are often artificial and involve astonishingly large exponents. This paper drastically reduces the exponents analytically and numerically. This paper also extends the exponents to negative numbers, and demonstrates that two-sided exponents allow one to avoid unnecessary complicated Lyapunov functions.

    DOI: 10.1016/j.ifacol.2020.12.1747

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85107808262&origin=inward

  • Asymptotic and tracking guarantees in interval observer design for systems with unmeasured polytopic nonlinearities 招待有り 査読有り

    Ito H., Dinh T.N.

    IFAC-PapersOnLine   53 ( 2 )   5010 - 5015   2020年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    For a class of nonlinear systems subject to disturbances, an observer is proposed to estimate time-varying intervals in which their state variables are guaranteed to stay all the time. The objective is to effectively deal with nonlinearities depending on unmeasured variables which have been usually treated as uncertainty in observer design. Focusing on nonlinearities in a polytopic form, this paper shows how an interval observer can replace nonlinearities in unmeasured variables by nonlinearities in estimated intervals. Theoretical guarantees and simulation comparisons are presented to demonstrate that the use of interval-dependent nonlinearities gives better estimates than the use of an overbounding observer.

    DOI: 10.1016/j.ifacol.2020.12.1099

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85105086791&origin=inward

  • SIR感染モデルに基づく流入個体数規制の不確かさに対するISS保証の一解析

    伊藤 博

    自動制御連合講演会講演論文集 ( 自動制御連合講演会 )   63 ( 0 )   389 - 392   2020年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    DOI: 10.11511/jacc.63.0_389

    CiNii Article

    CiNii Research

  • A fusion of max- and sum-separable Lyapunov functions capable of addressing iISS in networks 招待有り 査読有り 国際誌

    Hiroshi Ito

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control   2019-December   7007 - 7012   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    France   NIce   2018年12月  -  2018年12月

  • A study on distance-based control of mobile agents for formation avoiding entire and partial reflection 査読有り 国際誌

    Hiroshi Ito, Yuichi Miyagi

    International Conference on Control, Automation and Systems   2019-October   753 - 758   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Jeju   2019年10月  -  2019年10月

    © 2019 Institute of Control, Robotics and Systems - ICROS. This paper proposes a feedback control law for navigating mobile agents to form a desired shape consisting of their positions. The objective is to achieve the formation without assuming the agents to start from a sufficiently small neighborhood of the desired shape. The global setting allows one to address reflections and partial reflections of agent positions. Target shapes are defined by excluding reflections and partial reflections which are often undesirable in practice. For agents represented by single-integrator models, this paper demonstrates how targets in a standard control based on their relative position measurements can be switched to generate feedback control input preventing reflected positions with reasonable routing. The effectiveness of the proposed mechanism is studied through numerical simulations.

    DOI: 10.23919/ICCAS47443.2019.8971714

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85079095955&origin=inward

  • A closed form expression of nonlinear scalings for Lyapunov functions of ISS networks 査読有り

    Hiroshi Ito

    Proceedings of the 11th IFAC Symposium on Nonlinear Control Systems   2019   931 - 936   2019年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Austoria   Vienna   2019年09月04日  -  2019年09月06日

  • An intuitive modification of max-separable Lyapunov functions to cover non-ISS systems 査読有り 国際誌

    Hiroshi Ito

    Automatica   107   518 - 525   2019年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 Elsevier Ltd This paper proposes a new approach to the problem of establishing internal and external stability of interconnection of integral input-to-state stable (iISS) systems. In the literature of iISS and input-to-state stability (ISS), typical Lyapunov functions constructed for interconnected systems are in max-separable or sum-separable from. In contrast to the max construction, solutions to the sum construction have not been given intuitive geometrical interpretations. The max construction is, however, incapable of guaranteeing stability in the presence of iISS components which are not ISS. This paper aims at constructing a Lyapunov function in the non-ISS case through simple geometrical observations. The approach leads to a novel construction mixing the max and sum separability. The new Lyapunov function gives much useful forward invariant sets than the sum-separable ones known in the literature. It is as intuitive as the max-separable function even in the presence of a non-ISS component.

    DOI: 10.1016/j.automatica.2019.06.020

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85068251147&origin=inward

  • A small-gain theorem in the absence of strong iISS 査読有り 国際誌

    Hiroshi Ito, Christopher M. Kellett

    IEEE Transactions on Automatic Control   64 ( 9 )   3897 - 3904   2019年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1109/TAC.2018.2886955

  • An Approach to Interval Observers for Takagi-Sugeno Systems with Attractiveness Guarantees 査読有り

    Ito H., Dinh T.N.

    2019 58th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan, SICE 2019   1268 - 1273   2019年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2019 The Society of Instrument and Control Engineers - SICE. This paper proposes a method to design interval observers for nonlinear systems by making use of the Takagi-Sugeno fuzzy model. The Takagi-Sugeno model has properties which general nonlinear systems do not posses. This paper demonstrates how such properties allow interval observers to handle nonlinearities in unmeasured variables. Instead of computing some intervals only, this paper puts emphasis on clarifying guarantees the observer can provide for a reasonable length of computed intervals in terms of convergence and attractiveness.

    DOI: 10.23919/SICE.2019.8859956

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85073873866&origin=inward

  • A closed form expression of nonlinear scalings for Lyapunov functions of ISS networks 査読有り

    Ito H.

    IFAC-PapersOnLine   52 ( 16 )   544 - 549   2019年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2019, IFAC (International Federation of Automatic Control) Hosting by Elsevier Ltd. All rights reserved. For networks consisting of input-to-state stable systems, it is well-known that the popular Lyapunov function called the max-separable function can be constructed by solely relying on component-wise inverse maps of one single path characterizing the monotonicity of dissipation inequalities of component systems. Numerical algorithms have been developed to compute such a path. This paper proposes a useful closed-form expression for the inverse maps of a path and its extension to generate a sufficient variety of paths. The solution not only gives nonlinear scalings of the max-separable Lyapunov function explicitly, but also substantiates the rounding-off technique to remove the non-differentiable nature from the max-separable function.

    DOI: 10.1016/j.ifacol.2019.12.018

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85077434874&origin=inward

  • A glimpse on recent educational activities in the nonlinear control field 招待有り 査読有り 国際誌

    Claudia Califano, Hiroshi Ito, Christophe Prieur

    Proceedings of the 12th IFAC Symposium on Advances in Control Educationrol   2019-July   196 - 199   2019年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Philadelphia   2019年07月07日  -  2019年07月09日

    DOI: 10.1016/j.ifacol.2019.08.194

  • Chamfering max-separable lyapunov functions to accept non-iss in interconnected systems 査読有り

    Ito H.

    Proceedings of the American Control Conference   2019-July   2402 - 2407   2019年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2019 American Automatic Control Council. This paper aims to unify the construction of Lyapunov functions for interconnected systems comprising integral input-to-state stable (iISS) and input-to-state stable (ISS) subsystems. The sum-separable Lyapunov functions reported for interconnected iISS systems in the literature successfully apply to ISS and linear systems since stable linear systems are ISS, and ISS systems are iISS. However, the sum-separable Lyapunov functions remain seriously complicated and they do not agree with popular Lyapunov functions even if systems are ISS or linear. This paper resolves the complexity and disagreement by proposing a framework of chamfering the corner of the max-separable Lyapunov function which was popular for ISS systems, but could not alone accommodate iISS subsystems which are not ISS.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85066242840&origin=inward

  • A geometrical formulation to unify construction of Lyapunov functions for interconnected iISS systems 招待有り 査読有り 国際誌

    Hiroshi Ito

    Annual Reviews in Control   48   195 - 208   2019年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2019 Elsevier Ltd In recent years, the ability to accommodate various nonlinearities has become even more important to support systems design and analysis in a broad area of engineering and science. In this line of research, this paper discusses usefulness of the notion of integral input-to-state stability (iISS) in assessing and establishing system properties through interconnection of component systems. The focus is to construct Lyapunov functions which explain mechanism and provide estimate of stability and robustness of interconnected systems. Unique issues arising in dealing with iISS systems are reviewed in comparison with interconnections of input-to-state stable (ISS) systems. The max-separable Lyapunov function and the sum-separable Lyapunov function which are popular for ISS and iISS, respectively, are revisited. The max-separable function cannot be qualified as a Lyapunov function when component systems are not ISS. Level sets of the max-separable function are rectangles, and the rectangles cannot be expanded to encompass the entire state space in the presence of non-ISS components. The sum-separable function covers iISS components which are not ISS. However, it has practical limitations when stability margins are small. To overcome the limitations, this paper brings in a new idea emerged recently in the literature, and proposes a new type of construction looking at level sets of a Lyapunov function. It is shown how an implicit function allows us to draw chamfered rectangles based on fictitious gain functions of component systems so that they provide reasonable estimates of forward invariant sets producing a Lyapunov function applicable to both iISS and ISS systems equally.

    DOI: 10.1016/j.arcontrol.2019.05.004

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85066268786&origin=inward

  • Preface for Special Issues on SICE Annual Conference 2018

    Shigemasa Takai,, Hiroshi Ito

    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration ( 公益社団法人 計測自動制御学会 )   12 ( 3 )   67 - 67   2019年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    DOI: 10.9746/jcmsi.12.67

  • Adaptable iISS small-gain formulation and its application to observer-based output feedback design 査読有り

    Hiroshi Ito, Hyungbo Shim

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control   2018-December   5616 - 5621   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Miami Beach   2018年12月  -  2018年12月

    DOI: 10.1109/CDC.2018.8619271

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85062169336&origin=inward

  • A Smooth Construction of ISS Lyapunov Functions for Interconnected Systems 査読有り

    Hiroshi Ito

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control   2018-December   3086 - 3091   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Miami Beach   2018年12月  -  2018年12月

    © 2018 IEEE. To establish input-to-state stability (ISS) of an interconnected nonlinear system, the small-gain framework makes use of nonlinear gain functions of components systems. Computing gain functions is usually hard without introducing Lyapunov functions to component systems. In the ISS formulation, Lyapunov functions of component systems naturally lead to a Lyapunov functions in the max-separable form for the interconnection. Since the maximization is not differentiable. technical modification or occurrence of artifical behavior is unavoidable in actual use of a max-separable Lyapunov function. This paper proposes a practical Lyapunov function by securing continuous differentiability and keeping it as simple and intuitive as the max-separable Lyapunov function.

    DOI: 10.1109/CDC.2018.8619046

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85062169336&origin=inward

  • Characterisation of ultimate bounds for systems with state-dependent disturbances 査読有り

    Sorin Olaru, Hiroshi Ito

    IEEE Control Systems Letters   2 ( 4 )   797 - 802   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1109/LCSYS.2018.2849642

  • Bypassing Disturbance Separability in Verifying Integral Input-to-State Stability of Cascade Systems 査読有り

    Hiroshi Ito

    2018 57th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan, SICE 2018   890 - 895   2018年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Nara   2018年09月  -  2018年09月

    © 2018 The Society of Instrument and Control Enginners - SICE. This paper proposes some variants of stability criteria for interconnected nonlinear systems which are not necessarily input-to-state stable. State-dependent weights introduced at disturbance ports remove disturbance separability assumptions made in previously known stability criteria for cascade systems. This paper put forward a unique idea of incorporating coupled weights into the formulation in order to deal with feedback interconnection of systems. The modifications require some uniformity in a feedback variable. Nevertheless, it is demonstrated that the coupled cascade formulation is sometimes far more effective than the integral input-to-state stable small-gain theorem which directly deal with feedback configurations.

    DOI: 10.23919/SICE.2018.8492655

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85056741821&origin=inward

  • Integral Input-to-State Stability of Cascaded Systems and Observer-Based Feedback Design 招待有り 査読有り

    Hiroshi Ito

    Proceedings of the 2018 American Control Conference   2018-June   1339 - 1345   2018年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Milwaukee   2018年06月  -  2018年06月

    © 2018 AACC. For nonlinear systems, stability is not always preserved under cascade interconnection. Saturation in decay dynamics and bilinearity in component systems hinder the preservation, although they do not necessarily prevent component systems from being integral input-to-state stable (iISS). This paper develops a stability condition under which cascade of iISS systems remains stable. The established stability is not only internal property, but also boundedness and convergence properties in the presence of disturbances acting on all component systems. It is shown how the cascade stability criterion is beneficial for addressing saturation and bilinearity in observer-based feedback design, whereas previously existing criteria need to invoke more restrictive assumptions and settings.

    DOI: 10.23919/ACC.2018.8431854

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85052594457&origin=inward

  • An Implicit Function Approach to Lyapunov functions for Interconnections Containing Non-ISS Components 査読有り

    Hiroshi Ito

    The 2nd IFAC Conf. Modelling, Identification and Control of Nonlinear Systems   51 ( 13 )   254 - 259   2018年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    2018年06月  -  2018年06月

    © 2018 This paper addresses the problem of establishing internal and external stability of feedback interconnection of integral input-to-state stable systems. Construction of Lyapunov functions has been essential for establishing the stability when components are not input-to-state stable (ISS). Typical Lyapunov functions are in max-separable or sum-separable from. In contrast to the max construction, solutions to the sum construction have not been given intuitive interpretations. The max construction has limitations such as non-smoothness and incapability of guaranteeing stability in the presence of non-ISS components. This paper aims at constructing a Lyapunov function in the non-ISS case through simple geometrical observations. The approach leads to a novel construction mixing the max and sum separability. The new Lyapunov function gives much better invariant sets than the sum-separable ones known in the literature.

    DOI: 10.1016/j.ifacol.2018.07.287

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85052665229&origin=inward

  • Technical Committee on Nonlinear Systems and Control 国際誌

    Hiroshi Ito

    IEEE Control Systems Magazine ( IEEE )   38 ( 3 )   16 - 18   2018年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    DOI: 10.1109/MCS.2018.2810486

  • Preface for Special Issues on SICE Annual Conference 2017

    Kunihiko Hiraishi, Hiroshi Ito

    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration ( 公益社団法人 計測自動制御学会 )   11 ( 2 )   135 - 135   2018年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    DOI: 10.9746/jcmsi.11.137

  • Stochastic Lyapunov functions without differentiability at supposed equilibria 査読有り 国際誌

    Yuki Nishimura, Hiroshi Ito

    Automatica   92   188 - 196   2018年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Interval observers for global feedback control of nonlinear systems with robustness with respect to disturbances 査読有り 国際誌

    Hiroshi Ito, Thach Ngoc Dinh

    European Journal of Control   39   68 - 77   2018年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2017 European Control Association This paper develops criteria for designing interval observers to guarantee robustness with respect to disturbances for feedback control of nonlinear systems. Intervals in which components of the state vector are guaranteed to stay are estimated based on the information of the range of the initial state and the disturbances. For formulating desirable properties of boundedness and convergence of estimated intervals in the presence of disturbances, the notion of integral input-to-state stability is introduced to interval observer design. Guaranteed properties of the observer-based feedback designed in the formulation are not only global, but also address nonlinearities which are broader than those covered by previously existing approaches.

    DOI: 10.1016/j.ejcon.2017.10.002

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85032374960&origin=inward

  • 陰関数を使った結合iISSシステムのリアプノフ関数の新構成法について

    伊藤 博

    自動制御連合講演会講演論文集 ( 自動制御連合講演会 )   61 ( 0 )   729 - 735   2018年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    DOI: 10.11511/jacc.61.0_729

    CiNii Article

    CiNii Research

  • Convergence of stochastic processes in the presence of disturbances: IISS/ISS and their cascades 査読有り

    Hiroshi Ito

    IEEE 56th Conference on Decision and Control   1   2461 - 2466   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2017 IEEE. This paper focuses on convergence properties of nonlinear stochastic systems in the presence of disturbances. Recently, integral input-to-state stability (iISS) and input-tostate stability (ISS) have been utilized for quantifying stochastic deviation of system trajectories from an equilibrium at each instant. While these notions are practically useful for estimating distribution of occurrences at each single time, they do not provide information about convergence of the trajectories. This paper deduces convergence properties from iISS and ISS by taking probability of path-wise events. It is shown that the notions of path-wise iISS/ISS are remarkably convenient for establishing stability of cascade systems. They allow us to formulate a trajectory-based approach to stability of interconnected stochastic systems. In contrast to Lyapunov-based approaches, trajectory-based arguments are free from technical assumptions caused by the Hessian term in Ito calculus.

    DOI: 10.1109/CDC.2017.8264010

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85046150043&origin=inward

  • A new formulation of small-gain theorem without imposing strong iISS with respect to Disturbances on components 査読有り

    Hiroshi Ito, Christopher M. Kellett

    IEEE 56th Conference on Decision and Control   1   1193 - 1198   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Australia   Melbourne  

    © 2017 IEEE. The small-gain paradigm has long been used to verify stability of feedback interconnected systems. For component systems that are integral input-to-state stable (iISS), available small-gain results require the component systems to be strongly iISS. We remove this restriction by using a recently proposed Lyapunov characterization of iISS that allows cross terms between external inputs and states in the Lyapunov decrease condition. This novel formulation extends previously available iISS small-gain arguments, which is demonstrated in an example.

    DOI: 10.1109/CDC.2017.8263818

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85046146062&origin=inward

  • Relaxing growth rate assumption for integral input-to-state stability of cascade systems 査読有り

    Hiroshi Ito

    2017 56th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers   1   689 - 694   2017年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2017 The Society of Instrument and Control Engineers - SICE. This paper addresses stability criteria for cascaded nonlinear systems. A stability criterion which a preceding study reported to relax a growth rate assumption is reviewed. Through presentation of its proof which was omitted in publication of the preceding study, this paper demonstrates that careful examination of the proof leads to several new extensions allowing disturbance inputs which were not allowed by the preceding result. Numerical simulation is shown to illustrate the mechanism and usefulness of the new criteria.

    DOI: 10.23919/SICE.2017.8105622

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85044111285&origin=inward

  • Lyapunov Functions to Avoid Squashed Sublevel Sets for Interconnections Containing Non-ISS Components 査読有り

    Hiroshi Ito

    The 20th IFAC World Congress   1   7688 - 7693   2017年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    France   Toulouse  

    © 2017 This paper raises the issue of undesirable sublevel sets generated by Lyapunov functions for interconnection of integral input-to-state stable (iISS) systems. Sublevel sets are important information of forward invariant sets describing behavior of systems. This paper demonstrates for the previously available Lyapunov function that in the case of small stability margins, sublevel sets are compressed in one direction and stretched in the other direction extremely when a component system is not input-to-state stable (ISS). This paper also shows conservativeness of such sublevel sets by proposing a new Lyapunov function producing much better sublevel sets. The developments reveal practical issues to which we need to attend carefully when a component system is not ISS.

    DOI: 10.1016/j.ifacol.2017.08.1503

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85031772745&origin=inward

  • Path-Wise Bounds and iISS of Nonlinear Systems Exposed to Global Stochastic Noise 査読有り

    Hiroshi Ito

    The 20th IFAC World Congress   1   7694 - 7699   2017年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    France   Toulouse  

    © 2017 This paper peruses path-wise bounds, integral input-to-state stability and integral noise-to-state stability for stochastic nonlinear systems and proposes their Lyapunov-type characterizations. The characterizations are utilized to develop small-gain criteria to verify stability of interconnected systems. In contrast to preceding results, the developments allow stochastic noise to be active globally in the state space. The obtained criteria are made parallel to deterministic ones by resolving fundamental issues arising from stochastic noises.

    DOI: 10.1016/j.ifacol.2017.08.1505

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85031779683&origin=inward

  • A small-gain-type improved criterion via preservation of iISS/ISS dissipation inequalities 査読有り

    Ito H.

    Proceedings of the American Control Conference   1935 - 1941   2017年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Seattle  

    © 2017 American Automatic Control Council (AACC). This paper pursues a stability criterion by which better Lyapunov functions establishing stability of interconnected nonlinear systems can be constructed. Component systems are assumed to be integral input-to-state stable (iISS). Although the iISS small-gain condition in the literature is a necessary and sufficient condition in an appropriate sense, the Lyapunov function constructed for the interconnected system by the existing results is virtually unusable when stability margins are small. To identify the origin of the undesirable feature, this paper investigates techniques of iISS preservation. For developing a powerful remedy, the usage of the Legendre-Fenchel transformation in the preservation is generalized to remove all unnecessary assumptions used in previously existing results. The development is useful for establishing input-to-state stability of an interconnection from iISS components.

    DOI: 10.23919/ACC.2017.7963235

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85027046522&origin=inward

  • Relationships between Subclasses of Integral Input-to-State Stability 査読有り

    Christopher M. Kellett, Peter M. Dower, Hiroshi Ito

    IEEE Transactions on Automatic Control   62 ( 5 )   2476 - 2482   2017年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2016 IEEE. A certain "qualitative equivalence" has been recently demonstrated between integral input-to-state stability (iISS) and a nonlinear L 2 -gain property. Furthermore, it has been observed that the properties of strong iISS and nonlinear L 2 -gain are preserved when multiple systems satisfying the respective property are connected in cascade. This technical note clarifies the relationships between various input-to-state stability and (non)linear L p -gain properties.

    DOI: 10.1109/TAC.2016.2598165

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85018957221&origin=inward

  • Preface for Special Issues on SICE Annual Conference 2016

    Hiroshi Ito, Tetsuo Kotoku

    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration ( 公益社団法人 計測自動制御学会 )   10 ( 2 )   135 - 135   2017年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    DOI: 10.9746/jcmsi.10.135

  • Decentralization of Interval Observers for Robust Controlling and Monitoring a Class of Nonlinear Systems 査読有り

    Thach Ngoc Dinh, Hiroshi Ito

    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration   10 ( 2 )   117 - 123   2017年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    This paper tackles the problem of decentralizing interval observers for robust controlling and monitoring a class of nonlinear systems. The observer-based output feedback system considered in this paper is very different from classical systems in that an observer-type system is constructed not only for controlling the state variables, but also for accurate component-wise estimation of the state variables for the entire time. Supposing that a given plant admits a classical decentralized Luenberger-type observer giving only asymptotic estimation when time is large enough in the absence of disturbances, this paper proposes an interval observer to which the classical observer can be upgraded. To achieve asymptotic convergence of the state and the estimated interval to zero in the presence of converging disturbances, the notion of integral input-to-state stability is utilized.

    DOI: 10.9746/jcmsi.10.117

    CiNii Article

    その他リンク: http://ci.nii.ac.jp/naid/130005475962

  • 非線形確率系の経路的積分入力状態安定性による収束と結合の解析について

    伊藤 博

    自動制御連合講演会講演論文集 ( 自動制御連合講演会 )   60 ( 0 )   645 - 648   2017年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    DOI: 10.11511/jacc.60.0_645

    CiNii Article

    CiNii Research

  • Lower-power Lyapunov functions for networks of integral input-to-state stable systems 招待有り 査読有り

    Hiroshi Ito

    2016 IEEE 55th Conference on Decision and Control   471 - 476   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Las Vegas  

    © 2016 IEEE.This paper proposes a new method to construct Lyapunov functions for networks of integral input-to-state stable systems. The idea of the construction is to sum up Lyapunov functions of component systems. This sum-type construction can directly cover systems which are not input-to-state stable, although another popular construction of max-type cannot. According to the sum-type construction available in the literature, the growth order of the Lyapunov function with respect to state variables is a function of stability margin. As the margin approaches zero, i.e., as the largest amplification factor of components maintaining stability reduces to unity, the growth of the constructed Lyapunov function increases unboundedly. This paper proposes a technique of Lyapunov construction avoiding such rapid growth. This paper also highlights another unique advantage of reducing the number of tests a typical small-gain criterion requires.

    DOI: 10.1109/CDC.2016.7798313

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85010825390&origin=inward

  • Decentralized interval observer-based control for a class of nonlinear systems 査読有り

    Thach Ngoc Dinh, Hiroshi Ito

    55th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers   1426 - 1431   2016年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper proposes an approach to the design of decentralized interval observer-based output feedback controllers for a class of nonlinear systems. In contrast to observers in the classical sense, the interval observer not only generates signals to stabilize the system based on output measurement, but also provides all times an interval in which the state vector is sure to lie. This paper shows how to introduce decentralized structure to the interval observer-based output feedback for stabilization of large-scale systems with decoupled communication. The notion of integral input-to-state stability is utilized successfully to achieve convergence of the state and the estimated interval to zero in the presence of disturbances.

    DOI: 10.1109/SICE.2016.7749191

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85008250404&origin=inward

  • On feedback transformation and integral input-to-state stability in designing robust interval observers 招待有り 査読有り

    Thach Ngog Dinh, Hiroshi Ito

    The 5th International Symposium on Positive Systems   No.4-3, 2 pages   2016年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Italy   Roma   2016年09月14日  -  2016年09月16日

  • iISS and ISS dissipation inequalities: preservation and interconnection by scaling 査読有り

    Hiroshi Ito, Christopher M. Kellett

    Mathematics of Control, Signals, and Systems   28 ( 3 )   Aircle 17, 36 pages   2016年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2016, Springer-Verlag London.In analysis and design of nonlinear dynamical systems, (nonlinear) scaling of Lyapunov functions has been a central idea. This paper proposes a set of tools to make use of such scalings and illustrates their benefits in constructing Lyapunov functions for interconnected nonlinear systems. First, the essence of some scaling techniques used extensively in the literature is reformulated in view of preservation of dissipation inequalities of integral input-to-state stability (iISS) and input-to-state stability (ISS). The iISS small-gain theorem is revisited from this viewpoint. Preservation of ISS dissipation inequalities is shown to not always be necessary, while preserving iISS which is weaker than ISS is convenient. By establishing relationships between the Legendre–Fenchel transform and the reformulated scaling techniques, this paper proposes a way to construct less complicated Lyapunov functions for interconnected systems.

    DOI: 10.1007/s00498-016-0169-2

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84978054795&origin=inward

  • Characterizations of integral input-to-state stability for bilinear systems in infinite dimensions 査読有り

    Andrii Mironchenko, Hiroshi Ito

    Mathematical Control and Related Fields   6 ( 3 )   447 - 466   2016年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2016, American Institute of Mathematical Sciences. All rights reserved.For bilinear infinite-dimensional dynamical systems, we show the equivalence between uniform global asymptotic stability and integral inputto- state stability. We provide two proofs of this fact. One applies to general systems over Banach spaces. The other is restricted to Hilbert spaces, but is more constructive and results in an explicit form of iISS Lyapunov functions.

    DOI: 10.3934/mcrf.2016011

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84982957887&origin=inward

  • Allowing Nonlinear Stability Margins in Interconnection of iISS Dissipation Inequalities 査読有り

    Hiroshi Ito

    The 10th IFAC Symposium on Nonlinear Control Systems (IFAC-PapersOnLine)   1   933 - 938   2016年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Monterey  

    © 2016This paper tackles the problem of constructing Lyapunov functions of interconnected systems when gain margins are not linear. Nonlinear small-gain criteria such as (i)ISS small-gain theorems allow systems to have gains which are not necessarily linear. However, allowing nonlinear gains does not mean coping with nonlinear gain margins. Gain margins quantify how small the map of the (nonlinear) loop gain is with respect to the identity map. In the integral input-to-state stability (iISS) framework which do not require input-to-state stability (ISS), in contrast to trajectory-based arguments, construction of Lyapunov functions in the literature has been often limited to the linear gain margin case. For constructing Lyapunov functions of interconnected systems whose components are not necessarily ISS and whose linear gain margins allowed to be zero, this paper develops a symmetric formula which has several clear advantages.

    DOI: 10.1016/j.ifacol.2016.10.284

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85009201818&origin=inward

  • Stochastic Stability via Lyapunov Functions without Differentiability at Supposed Equilibria 査読有り

    Yuki Nishimura, Hiroshi Ito

    The 10th IFAC Symposium on Nonlinear Control Systems   1   327 - 332   2016年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Monterey   2016年09月  -  2016年09月

    © 2016The objective of this paper is to tackle point stability of stochastic systems without requiring noise diffusion coefficients to vanish at the point of interest. Behavioral differences between vanishing coefficients and non-vanishing coefficients arising in adding stochastic noises are illustrated by examples. To identify the differences appropriately, this paper examines the concept of equilibria and proposes several stability properties by introducing the notions of instantaneous points and almost sure equilibria. In addition to clarifying the relationship between those stability properties, Lyapunov-type characterizations are presented as sufficient conditions for those stability properties by making use of functions which are not necessarily twice differentiable at the point of interest. Discussion is also given to relate the stability property of an instantaneous point with noise-to-state stability.

    DOI: 10.1016/j.ifacol.2016.10.185

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85009167929&origin=inward

  • Stability of systems coupled through noisy mediums 査読有り

    Ito H.

    Proceedings of the American Control Conference   2016-July   2983 - 2988   2016年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Boston   2016年07月  -  2016年07月

    © 2016 American Automatic Control Council (AACC).This paper focuses on stability of interconnected systems whose connecting channels are exposed to stochastic noises. This class of systems includes interconnected systems whose coupling is brought in only by stochastic noises. Another example is coupling through noisy amplification. This paper shows how to construct Lyapunov functions to verify stability for such a class of systems, and illustrates that the behavior changes drastically when systems involve nonlinearities. Small-gain type criteria are proposed for asymptotic stability, integral input-to-state stability and input-to-state stability. This paper also proposes a unique way to reduce possible conservativeness.

    DOI: 10.1109/ACC.2016.7525373

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84992093406&origin=inward

  • Allowing vanishing stability margins in preservation of (i)ISS dissipation inequalities by scaling 査読有り

    Hiroshi Ito

    Proceedings of the American Control Conference   1   1130 - 1135   2016年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Boston   2016年07月  -  2016年07月

    © 2016 American Automatic Control Council (AACC).Scaling of Lyapunov functions is one of effective tools in analyzing and designing dynamical systems from components. Integral input-to-state stability and input-to-state stability are notions which allow one to make use of dissipation inequalities in such modular-based analysis with the help of nonlinear gain which may not be globally defined. Effectively selecting nonlinear scalings is crucial for coping with nonlinearities in components without causing degradation of dissipative properties and their estimates. This paper focuses on scalings for systems which do not admit uniform stability margins and proposes new tools applicable to cases which have not been addressed in the literature. In addition to demonstrating preservation of (i)ISS dissipation inequalities by scaling, this paper illustrates the usefulness of the proposed scaling formulas in analyzing stability of cascaded systems through examples.

    DOI: 10.1109/ACC.2016.7525067

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84992034666&origin=inward

  • Interval observers for continuous-time bilinear systems with discrete-time outputs 査読有り

    Thach Ngoc Dinh, Hiroshi Ito

    2016 European Control Conference   1418 - 1423   2016年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Denmark   Aalborg  

    © 2016 EUCA. For a family of continuous-time nonlinear systems with input, output and disturbances in the case where measurements are available only at discrete instants, a new interval observer design is proposed. The family covers bilinear (and linear) systems with static output feedback as special cases. Employing the structure of Luenberger-type observers, we construct framers that allow us to determine a lower and an upper bounds of state variables in the presence of disturbances, provided that intervals in which uncertain initial conditions and uncertain disturbances lie are known. It is proved that the lower and upper bounds of state variables converge to each other completely when the maximum time interval of measurements is sufficiently small in the absence of disturbances.

    DOI: 10.1109/ECC.2016.7810488

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85008246913&origin=inward

  • An iISS framework for stochastic robustness of interconnected nonlinear systems 査読有り

    Hiroshi Ito, Yuki Nishimura

    IEEE Trans. Automatic Control   61 ( 6 )   1508 - 1523   2016年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    最重要雑誌 代表的研究業績

    DOI: 10.1109/TAC.2015.2471777

    Scopus

  • Technical Committee on Nonlinear Systems and Control 国際誌

    Hiroshi Ito

    IEEE Control Systems Magazine ( IEEE )   36 ( 3 )   17 - 18   2016年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    DOI: 10.1109/MCS.2016.2535916

  • Interval observers for nonlinear systems with appropriate output feedback 査読有り

    Hiroshi Ito, Thach Ngog Dinh

    The 2nd SICE International Symposium on Control Systems   9 - 14   2016年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Nagoya   2016年03月  -  2016年03月

    DOI: 10.1109/SICEISCS.2016.7470174

    Scopus

  • Preface for Special Issues on SICE Annual Conference 2015

    ITO Hiroshi, LIU Kang-Zhi

    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration ( 公益社団法人 計測自動制御学会 )   9 ( 2 )   43 - 43   2016年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    DOI: 10.9746/jcmsi.9.43

    CiNii Article

    その他リンク: http://ci.nii.ac.jp/naid/130005142522

  • 積分入力状態安定性のリアプノフ特徴化におけるノイズ直交制約の排除

    伊藤 博

    自動制御連合講演会講演論文集 ( 自動制御連合講演会 )   59 ( 0 )   75 - 78   2016年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>確率ノイズが加わる非線形ダイナミカルシステムの安定性をリアプノフ型関数として特徴化する問題を取り扱う。従来の結果では、遠方ノイズ直交性の仮定が必要であったが、本発表ではこれを完全に取り除くことが可能であることを示す。結合システムの取り扱いにおいて、新たに可能となることも明らかにする。</p>

    DOI: 10.11511/jacc.59.0_75

    CiNii Article

    CiNii Research

  • 原点での微分不可能性が導く確率リャプノフ関数の新しい可能性

    西村 悠樹, 伊藤 博

    自動制御連合講演会講演論文集 ( 自動制御連合講演会 )   59 ( 0 )   227 - 230   2016年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>確率リャプノフ関数(SLF)の存在は、確率システムの原点が確率安定であることを保証する。SLFは、その定義からC2であることが要求される。しかし、確率安定な原点を持つ確率システムがC2級のSLFを持たないことがある。そこで、本研究では、SLFの微分可能性を原点でのみ緩和することで、安定性を保証できるシステムが増えることを示す。また、この緩和により、平衡点ではない原点に対してSLFが存在してしまうケースがあることを示し、その安定性について議論する。</p>

    DOI: 10.11511/jacc.59.0_227

    CiNii Article

    CiNii Research

  • Sum-separable Lyapunov functions for networks of ISS systems: A gain function approach 招待有り 査読有り

    Bjoern S. Rueffer, Hiroshi Ito

    The 54th IEEE Conf. Decision Control   1823 - 1828   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Osaka   2015年12月  -  2015年12月15日

    DOI: 10.1109/CDC.2015.7402475

    Scopus

  • Integral input-to-state stabilization by stochastic noise generated in bounded regions 招待有り 査読有り

    Hiroshi Ito, Yuki Nishimura

    The 54th IEEE Conf. Decision Control   1835 - 1840   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Osaka   2015年12月  -  2015年12月

    DOI: 10.1109/CDC.2015.7402477

    Scopus

  • Stability of stochastic nonlinear systems in cascade with not necessarily unbounded decay rates 査読有り

    Hiroshi Ito, Yuki Nishimura

    Automatica   62 ( 12 )   51 - 64   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    最重要雑誌 代表的研究業績

    DOI: 10.1016/j.automatica.2015.09.011

    Scopus

  • Construction of Lyapunov functions for interconnected parabolic systems: an iISS approach 査読有り

    Andrii Mironchenko, Hiroshi Ito

    SIAM Journal on Control and Optimization   53 ( 6 )   3364 - 3382   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1137/14097269X

    その他リンク: http://epubs.siam.org/journal/sjcodc

  • Separable Lyapunov functions: Constructions and limitations 査読有り

    Gunther Dirr, Hiroshi Ito, Anders Rantzer, Bjoern S. Rueffer

    Discrete and Continuous Dynamical Systems - Series B   20 ( 8 )   2497 - 2526   2015年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3934/dcdsb.2015.20.2497

    Scopus

  • A Lyapunov approach to iISS and iNSS for stochastic systems in path-wise probability 査読有り

    Hiroshi Ito, Yuki Nishimura

    2015 American Control Conference   5986 - 5991   2015年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Chicago   2015年07月15日  -  2015年07月15日

    DOI: 10.1109/ACC.2015.7172279

    Scopus

  • Construction of iISS Lyapunov functions for interconnected parabolic systems 招待有り 査読有り

    Andrii Mironchenko, Hiroshi Ito

    The 14th European Control Conference   37 - 42   2015年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Austria   Linz   2015年07月15日  -  2015年07月17日

    DOI: 10.1109/ECC.2015.7330522

    Scopus

  • Preservation and interconnection of iISS and ISS dissipation inequalities by scaling 査読有り

    Hiroshi Ito, Christopher M. Kellett

    The 1st IFAC Conference on Modelling, Identification and Control of Nonlinear Systems   776 - 781   2015年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Russia   Saint Petersburg  

    DOI: 10.1016/j.ifacol.2015.09.282

    Scopus

  • Construction of Lyapunov functions for interconnected parabolic systems: An iISS approach 査読有り

    Andrii Mironchenko, Hiroshi Ito

    SIAM Journal on Control and Optimization   53 ( 6 )   3364 - 3382   2015年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    最重要雑誌 代表的研究業績

    DOI: 10.1137/14097269X

    Scopus

  • Max- and sum-separable Lyapunov functions for monotone systems and their level sets 招待有り 査読有り

    Hiroshi Ito, Bjoern S. Rueffer, Anders Rantzer

    The 53rd IEEE Conf. Decision Control   2371 - 2377   2014年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Los Angeles   2014年12月  -  2014年12月

    DOI: 10.1109/CDC.2014.7039750

    Scopus

  • Integral input-to-state stability of bilinear infinite-dimensional systems 査読有り

    Andrii Mironchenko, Hiroshi Ito

    The 53rd IEEE Conf. Decision Control   3155 - 3160   2014年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Los Angeles   2014年12月  -  2014年12月

    DOI: 10.1109/CDC.2014.7039876

    Scopus

  • Design of decentralized, practically stabilizing controllers for a class of interconnected retarded systems 査読有り

    Pierdomenico Pepe, Hiroshi Ito, Zhong-Ping Jiang

    The 53rd IEEE Conf. Decision Control   1209 - 1214   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Los Angeles   2014年12月  -  2014年12月

    DOI: 10.1109/CDC.2014.7039546

    Scopus

  • Strong iISS is preserved under cascade interconnection 査読有り

    Antoine Chaillet, David Angeli, Hiroshi Ito

    Automatica   50 ( 9 )   2424 - 2427   2014年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    最重要雑誌 代表的研究業績

    DOI: 10.1016/j.automatica.2014.07.025

    Scopus

  • Combining iISS and ISS with respect to small inputs: the Strong iISS property 査読有り

    Antoine Chaillet, David Angeli, Hiroshi Ito

    IEEE Trans. Automatic Control   59 ( 9 )   2518 - 2524   2014年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    最重要雑誌 代表的研究業績

    DOI: 10.1109/TAC.2014.2304375

    Scopus

  • Stability criteria for cascaded nonlinear stochastic systems admitting not necessarily unbounded decay rate 査読有り

    Hiroshi Ito, Yuki Nishimura

    The 19th IFAC World Congress   8616 - 8622   2014年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    South Africa   Cape Town   2014年08月  -  2014年08月

  • Construction of Lyapunov functionals for networks of coupled delay differential and continuous-time difference equations 査読有り

    Hiroshi Ito, Frédéric Mazenc, Pierdomenico Pepe

    The 19th IFAC World Congress   6800 - 6805   2014年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    South Africa   Cape Town   2014年08月  -  2014年08月

  • Stochastic robustness of interconnected nonlinear systems in an iISS framework 査読有り

    Hiroshi Ito, Yuki Nishimura

    2014 American Control Conference   5210 - 5216   2014年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Portland   2014年06月  -  2014年06月

    DOI: 10.1109/ACC.2014.6858778

    Scopus

  • On a small gain theorem for ISS networks in dissipative Lyapunov form 査読有り

    Dashkovskiy S., Ito H., Wirth F.

    2009 European Control Conference, ECC 2009   1077 - 1082   2014年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2009 EUCA.In this paper we consider several interconnected ISS systems supplied with ISS Lyapunov functions defined in the dissipative form. Our aim is to construct an ISS Lyapunov function for the interconnection. We provide a condition of a small gain type under which this construction is possible and describe a method of an explicit construction of such an ISS Lyapunov function.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84955190508&origin=inward

  • Stability criteria for cascaded nonlinear stochastic systems admitting not necessarily unbounded decay rate 査読有り

    Ito H., Nishimura Y.

    IFAC Proceedings Volumes (IFAC-PapersOnline)   19   8616 - 8622   2014年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © IFAC.This paper considers global asymptotic stability and robustness of cascaded nonlinear stochastic systems, and presents Lyapunov-based criteria. Constituent systems are characterized in terms of dissipation inequalities almost in the form of input-to-state stability (ISS) which is popular for both stochastic and deterministic systems. As an important unique feature of stochastic systems, this paper first demonstrates that assuming ISS systems having unbounded decay rate is restrictive, which contrasts sharply with the deterministic case. This motivates the second part of the main results focusing on ISS systems with bounded decay rate as well as systems which are not ISS. With these developments, this paper proposes a framework based on integral input-to-state stability (iISS) and demonstrates its usefulness.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84929833176&origin=inward

  • Construction of lyapunov functional for networks of coupled delay differential and continuous-time difference equations 査読有り

    Ito H., Mazenc F., Pepe P.

    IFAC Proceedings Volumes (IFAC-PapersOnline)   19   6800 - 6805   2014年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © IFAC.To address various types of delays including the neutral-type arising in dynamical networks, this paper deals with coupled delay differential and continuous-time difference equations and develops stability and robustness criteria. Subsystems described by differential equations are not required to be input-to-state stable. No assumptions on network topology are made. To tackle networks in such a general formulation, this paper explicitly constructs Lyapunov-type functionals establishing stability and robustness of the overall networks. The construction requires only simple characterizations of subsystems in terms of inequalities with Lyapunov functions and instantaneous norms.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84929815499&origin=inward

  • Robustifying local feedback for dynamical networks with respect to disturbances 査読有り

    Ito H.

    Proceedings of the SICE Annual Conference   1896 - 1901   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    In this paper, a problem of designing decentralized robust controllers for dynamical networks is considered. For general topology of nonlinear networks, it is shown that integral input-to-state stability with respect to additive disturbances acting on subsystems can be achieved by local state feedback. The robustification is proven possible in the decentralized way if the network satisfies a small-gain condition.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84888634543&origin=inward

  • Construction of Lyapunov functionals for coupled differential and continuous time difference equations 査読有り

    Frederic Mazenc, Hiroshi Ito, Zhong-Ping Jiang

    The 52nd IEEE Conf. Decision Control   2245 - 2250   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Italy   Florence   2013年12月  -  2013年12月

    DOI: 10.1109/CDC.2013.6760215

    Scopus

  • Construction of Lyapunov-Krasovskii functionals for networks of iISS retarded systems in small-gain formulation 査読有り

    Hiroshi Ito, Pierdomenico Pepe, Zhong-Ping Jiang

    Automatica   49 ( 11 )   3246 - 3257   2013年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    最重要雑誌 代表的研究業績

    DOI: 10.1016/j.automatica.2013.08.020

    Scopus

  • Robustifying Local feedback for dynamical networks with respect to disturbances 招待有り 査読有り

    Hiroshi Ito

    SICE Annual Conference 2013   1896 - 1901   2013年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Nagoya   Japan   2013年09月  -  2013年09月

  • A two-phase approach to stability of networks given in iISS framework: Utilization of a matrix-like criterion 査読有り

    Ito H., Ruffer B.

    Proceedings of the American Control Conference   4838 - 4843   2013年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This article is concerned with global asymptotic stability (GAS) of dynamical networks. The case when subsystems are integral input-to-state stable (iISS) has been recognized as notoriously difficult to deal with in the literature. In fact, the lack of energy dissipation for large input denies direct application of the small-gain argument for input-to-state stable (ISS) subsystems. Here for networks consisting of iISS subsystems it is demonstrated that a two-phase approach allows us to make use of the ISS small-gain argument by separating a trajectory into a transient and a subsequent ISS-like phase. In contrast to the previous iISS results, the two-phase approach immediately leads to a sufficiency criterion for GAS of general nonlinear networks, which is given in a matrix-like form (order condition). © 2013 AACC American Automatic Control Council.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84883504222&origin=inward

  • Utility of iISS in composing Lyapunov functions 査読有り

    Hiroshi Ito

    The 9th IFAC Symposium on Nonlinear Control Systems   723 - 730   2013年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    France   Toulouse   2013年09月  -  2013年09月

    DOI: 10.3182/20130904-3-FR-2041.00119

    Scopus

  • Two-phase approach to stability of networks given in iISS framework: Utilization of a matrix-like criterion 査読有り

    Hiroshi Ito, Bjoern S. Rueffer

    2013 American Control Conference   4845 - 4850   2013年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Washington DC   2013年06月  -  2013年06月

  • Robust stability of networks of iISS systems: Construction of sum-type Lyapunov functions 査読有り

    Hiroshi Ito, Zhong-Ping Jiang, Sergey Dashkovskiy, Bjoern S. Rueffer

    IEEE Trans. Automatic Control   58 ( 5 )   1192 - 1207   2013年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    最重要雑誌 代表的研究業績

    DOI: 10.1109/TAC.2012.2231552

    Scopus

  • Disturbance and delay robustness guarantees of gradient systems based on static noncooperative games with an application to feedback control for PEV charging load allocation 査読有り

    Hiroshi Ito

    IEEE Trans. Control Systems Technology   21 ( 4 )   1374 - 1385   2013年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    最重要雑誌 代表的研究業績

    DOI: 10.1109/TCST.2012.2208752

    Scopus

  • Lyapunov technique and backstepping for nonlinear neutral systems 査読有り

    Frederic Mazenc, Hiroshi Ito

    IEEE Trans. Automatic Control   58 ( 2 )   512 - 517   2013年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1109/TAC.2012.2206709

    Scopus

  • Revisiting the iISS small-gain theorem through transient plus ISS small-gain regulation 査読有り

    Hiroshi Ito, Randy A. Freeman, Antoine Chaillet

    Asian Journal of Control   15 ( 1 )   11 - 19   2013年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1002/asjc.538

    Scopus

  • A cyclic small-gain condition and an equivalent matrix-like criterion for iISS networks 査読有り

    Hiroshi Ito, Zhong-Ping Jiang, Sergey Dashkovskiy, Bjoern S. Rueffer

    The 51th IEEE Conf. Decision Control   4158 - 4164   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    アメリカ   マウイ  

    DOI: 10.1109/CDC.2012.6426994

    Scopus

  • Strong iISS: Combination of iISS and ISS with respect to small inputs 査読有り

    Antoine Chaillet, David Angeli, Hiroshi Ito

    The 51th IEEE Conf. Decision Control   2256 - 2261   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    アメリカ   マウイ  

    DOI: 10.1109/CDC.2012.6426891

    Scopus

  • New stability analysis technique and backstepping for neutral nonlinear systems 査読有り

    Mazenc F., Ito H.

    Proceedings of the American Control Conference   4673 - 4678   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    For nonlinear systems with delay of neutral type, we propose a new technique of stability and robustness analysis. It relies on the construction of functionals that make it possible to establish estimates of the solutions different from, but very similar to, estimates of ISS or iISS type. These functionals are themselves different from, but very similar to, ISS or iISS Lyapunov-Krasovskii functionals. The approach applies to systems which do not have a globally Lipschitz vector field and are not necessarily locally exponentially stable. We apply this technique to carry out a backstepping design of stabilizing control laws for a family of neutral nonlinear systems. © 2012 AACC American Automatic Control Council).

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84869756838&origin=inward

  • An iISS formulation for establishing robust stability of dynamical networks with neutral, retarded and communication delay 査読有り

    Ito H., Mazenc F.

    Proceedings of the American Control Conference   6394 - 6399   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    In this paper, we study dynamical networks consisting of neutral subsystems and propose a method that enables us to verify their stability and robustness with respect to time delays and disturbances. Time-delays are allowed not only to reside in both subsystems and interconnection channels in either of discrete and distributed forms, but also to appear in the neutral form. Each neutral subsystem is assumed to have a sort of integral input-to-state stable property. No assumption is made on the interconnection topology. A small-gain-type sufficient condition for global asymptotic stability and robustness of the network is developed and a Lyapunov-Krasovskii functional proving the stability is constructed. © 2012 AACC American Automatic Control Council).

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84869462149&origin=inward

  • Capability and limitation of max- and sum-type construction of Lyapunov functions for networks of iISS systems 査読有り

    Hiroshi Ito,Sergey Dashkovskiy,Fabian Wirth

    Automatica   48 ( 6 )   1197 - 1204   2012年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    最重要雑誌 代表的研究業績

    DOI: 10.1016/j.automatica.2012.03.018

    Scopus

  • An iISS formulation for establishing robust stability of dynamical networks with neutral, retarded and communication delay 査読有り

    Hiroshi Ito, Frederic Mazenc

    2012 American Control Conference   6394 - 6399   2012年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • New stability analysis technique and backstepping for neutral nonlinear systems 査読有り

    Frederic Mazenc, Hiroshi Ito

    2012 American Control Conference   4673 - 4678   2012年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    カナダ   モントリオール  

  • Decentralized iISS robustification of interconnected time-delay systems: a small-gain approach 査読有り

    Hiroshi Ito, Pierdomenico Pepe, Zhong-Ping Jiang

    The 10th IFAC Workshop on Time Delay Systems   219 - 224   2012年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    アメリカ   ボストン  

    DOI: 10.3182/20120622-3-US-4021.00012

    Scopus

  • On saturation, discontinuities, and delays, iISS and ISS feedback control redesign 査読有り

    Pierdomenico Pepe,Hiroshi Ito

    IEEE Trans. Automatic Control   57 ( 5 )   1125 - 1140   2012年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    最重要雑誌 代表的研究業績

    DOI: 10.1109/TAC.2011.2170454

    Scopus

  • Necessary conditions for global asymptotic stability of networks of iISS systems 査読有り

    Hiroshi Ito

    Mathematics of Control, Signals, and Systems   24 ( 1 )   55 - 74   2012年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

    DOI: 10.1007/s00498-012-0077-z

    Scopus

  • A sensitivity trade-off arising in small-gain design for nonlinear systems: An iISS framework 査読有り

    Chaillet A., Ito H.

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control   6066 - 6071   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This note investigates the trade-off arising in disturbance attenuation for nonlinear feedback systems in the framework of integral input-to-state stability. Similarly to the linear case, we show that if a gain tuning on one subsystem is used to drastically reduce the effect of its exogenous disturbances, then the other subsystem's disturbance attenuation is qualitatively the same as in open loop. © 2011 IEEE.

    DOI: 10.1109/CDC.2011.6161080

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84860657436&origin=inward

  • Disturbance and delay robustness of gradient feedback systems based on static noncooperative games with application to PEV charging 査読有り

    Hiroshi Ito

    The 50th IEEE Conf. Decision Control and European Control Conference   325 - 330   2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Orlando   2011年12月  -  2011年12月

    DOI: 10.1109/CDC.2011.6160262

    Scopus

  • Connecting several stability criteria for iISS networks and their application to a network computing model 査読有り

    Hiroshi Ito

    The 50th IEEE Conf. Decision Control and European Control Conference   6072 - 6078   2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Orlando   2011年12月  -  2011年12月

    DOI: 10.1109/CDC.2011.6160261

    Scopus

  • Disturbance rejection in iISS feedback nonlinear systems: a sensitivity trade-off 査読有り

    Antoine Chaillet,Hiroshi Ito

    The 50th IEEE Conf. Decision Control and European Control Conference   6066 - 6071   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Orlando   2011年12月  -  2011年12月

  • A small-gain theorem and construction of sum-type Lyapunov functions for networks of iISS systems 査読有り

    Ito H., Jiang Z., Dashkovskiy S., Ruffer B.

    Proceedings of the American Control Conference   1971 - 1977   2011年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper gives a solution to the problem of verifying stability of networks consisting of integral input-to-state stable (iISS) subsystems. The iISS small-gain theorem developed recently has been restricted to interconnection of two subsystems. For large-scale systems, stability criteria relying only on gain-type information have been successful only in dealing with input-to-state stable stable (ISS) subsystems. To address the stability problem involving iISS subsystems interconnected in general structure, this paper shows how to construct Lyapunov functions of the network by means of nonlinear sum of individual Lyapunov functions of subsystems given in a dissipation formulation under an appropriate small-gain condition. © 2011 AACC American Automatic Control Council.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=80053157731&origin=inward

  • An asymmetric small-gain technique to construct Lyapunov-Krasovskii functionals for nonlinear time-delay systems with static components 査読有り

    Ito H.

    Proceedings of the American Control Conference   4872 - 4877   2011年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    The standard ISS small-gain theorem and the recently-developed iISS small-gain theorem assume that system components are characterized in a symmetric way with respect to the equilibrium. Dissipative properties of a nonlinear system is usually asymmetric. Formulating them into symmetric properties sometimes causes crucial conservativeness. The purpose of this paper is to develop a technique to take the asymmetry into account in stability analysis of time-delay systems. The result is based on decomposition of a system into integral input-to-state stable dynamic components and static components characterized in an asymmetric way with respect to the equilibrium. A Lyapunov-Krasovskii functional establishing robustness with respect to disturbances in the presence of time-delays is constructed, and its effectiveness is illustrated by a network flow control example. The proposed iISS methodology covers a broader class of systems than existing approaches based on operator norms or the ISS gain. © 2011 AACC American Automatic Control Council.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=80053143390&origin=inward

  • A small-gain methodology for networks of iISS retarded systems based on Lyapunov-Krasovskii functionals 査読有り

    Hiroshi Ito,Zhong-Ping Jiang,Pierdomenico Pepe

    The 18th IFAC World Congress   5100 - 5105   2011年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Italy   Milan   2011年09月  -  2011年09月

    DOI: 10.3182/20110828-6-IT-1002.00223

    Scopus

  • 積分入力状態安定性による非線形ダイナミクスの特徴付け - 概念と有用性 -

    伊藤博

    システム制御情報 ( システム制御情報学会 )   55 ( 8 )   326 - 332   2011年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • An asymmetric small-gain technique to construct Lyapunov-Krasovskii functionals for nonlinear time-delay systems with static components 査読有り

    Hiroshi Ito

    2011 American Control Conference   4872 - 4877   2011年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   San Francisco   2011年06月  -  2011年06月

  • A small-gain theorem and construction of sum-type Lyapunov functions for networks of iISS systems 査読有り

    Hiroshi Ito,Zhong-Ping Jiang,Sergey Dashkovskiy,Bjoern Rueffer

    2011 American Control Conference   1971 - 1977   2011年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   San Francisco   2011年06月  -  2011年06月

  • On a small gain theorem for ISS networks in dissipative Lyapunov form 査読有り

    Sergey Dashkovskiy,Hiroshi Ito,Fabian Wirth

    European Journal of Control   17 ( 4 )   357 - 369   2011年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

    DOI: 10.3166/ejc.17.357-365

    Scopus

  • Computing asymptotic gains of large-scale interconnections 招待有り 査読有り

    Bjoern Rueffer,Hiroshi Ito

    The 49th IEEE Conf. Decision Control   7413 - 7418   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Atlanta   2010年12月  -  2010年12月

    DOI: 10.1109/CDC.2010.5717387

    Scopus

  • Necessary conditions for stability of networks of iISS systems 招待有り 査読有り

    Hiroshi Ito

    The 49th IEEE Conf. Decision Control   7401 - 7406   2010年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Atlanta   2010年12月  -  2010年12月

    DOI: 10.1109/CDC.2010.5716938

    Scopus

  • Interpreting the iISS small-gain theorem as transient plus ISS small-gain regulation 査読有り

    Hiroshi Ito, Randy A. Freeman and Antoine Chaillet

    The 49th IEEE Conf. Decision Control   2432 - 2437   2010年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Atlanta   2010年12月  -  2010年12月

    DOI: 10.1109/CDC.2010.5717732

    Scopus

  • Construction of Lyapunov functions for networks of iISS systems: An explicit solution for a cyclic structure 招待有り 査読有り

    Ito H.

    Proceedings of the 2010 American Control Conference, ACC 2010   196 - 201   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper addresses the problem of constructing Lyapunov functions to establish integral input-to-state stabil- ity (iISS) for networks of nonlinear systems. Since the iISS small-gain theorem developed recently has been restricted to interconnection of two subsystems, this paper formulates the problem for a network consisting of more than two iISS subsystems interconnected in a general way. In the case of a cyclic interconnection structure, this paper explicitly shows a solution from which an iISS Lyapunov function of the cyclic network is composed immediately. This paper aims at improving the author's iISS small-gain technique for deriving a general stability criterion linked directly to a general procedure for explicitly constructing a Lyapunov function for a broader class of iISS networks. © 2010 AACC.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=77957766238&origin=inward

  • On saturation, discontinuities and time-delays in iISS and ISS feedback control redesign 招待有り 査読有り

    Pepe P., Ito H.

    Proceedings of the 2010 American Control Conference, ACC 2010   190 - 195   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    This paper addresses input-to-state stability (ISS) and integral ISS (iISS) redesign to enhance robustness of feedback control systems in the face of actuator disturbances. The idea of the redesign is to modify control laws available for disturbance-free systems a priori in order to achieve robustness against the disturbance. In practice, control system design often encounters time-delays, discontinuities and actuator limitations at the same time. This paper proposes a unified treatment of these issues in the redesign for actuator disturbances. For the new class of systems, we pursue LgV-type formulas which are widely used for ordinary differential equations. In addition, we incorporate saturation into the LgV-type control for implementation in the presence of actuator limitations. To derive such a redesign formula, we develop a framework of ISS/iISS Lyapunov-Krasovskii functionals allowing for the Filippov solutions. This paper demonstrates that the notion of invariantly differentiable functionals is useful for deriving LgV-type control laws and dealing with discontinuities directly. The iISS formulation which includes the ISS as a special case allows us to address actuator limitations in the redesign problem in a flexible manner. © 2010 AACC.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=77957778507&origin=inward

  • A small-gain condition for iISS of interconnected retarded systems based on Lyapunov-Krasovskii functionals 査読有り

    Hiroshi Ito,Pierdomenico Pepe,Zhong-Ping Jiang

    Automatica   46 ( 10 )   1646 - 1656   2010年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    最重要雑誌 代表的研究業績

    DOI: 10.1016/j.automatica.2010.06.037

    Scopus

  • Delay robustness of CDMA Power Control in the presence of disturbances using iISS small-gain technique 招待有り 査読有り

    Hiroshi Ito,Hiroto Suzuki ,Shunji Taketomi

    The IEEE Conference on Control Applications   1109 - 1114   2010年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Yokohama   2010年09月  -  2010年09月

    DOI: 10.1109/CCA.2010.5611276

    Scopus

  • On saturation, discontinuities and time-delays in iISS and ISS feedback control redesign 招待有り 査読有り

    Pierdomenico Pepe,Hiroshi Ito

    2010 American Control Conference   190 - 195   2010年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Baltimore   2010年06月  -  2010年06月

  • Construction of Lyapunov functions for networks of iISS systems: An explicit solution for a cyclic structure 招待有り 査読有り

    Hiroshi Ito

    2010 American Control Conference   196 - 201   2010年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Baltimore   2010年06月  -  2010年06月

  • A Lyapunov approach to cascade interconnection of integral input-to-state stable systems 査読有り

    Hiroshi Ito

    IEEE Trans. Automatic Control   55 ( 3 )   702 - 708   2010年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    最重要雑誌 代表的研究業績

    DOI: 10.1109/TAC.2009.2037457

    Scopus

  • On a small gain theorem for networks of iISS systems 査読有り

    Hiroshi Ito,Sergey Dashkovskiy,Fabian Wirth

    The 48th IEEE Conf. Decision Control   4210 - 4215   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    China   Shanghai   2009年12月  -  2009年12月

  • Necessary and sufficient small gain conditions for integral input-to-state stable systems: A Lyapunov perspective 査読有り

    Hiroshi Ito,Zhong-Ping Jiang

    IEEE Trans. Automatic Control   54 ( 10 )   2389 - 2404   2009年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    最重要雑誌 代表的研究業績

  • On a small gain theorem for ISS networks in dissipative Lyapunov form 査読有り

    Sergey Dashkovskiy,Hiroshi Ito,Fabian Wirth

    The 10th European Control Conference   1077 - 1082   2009年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Hungary   Budapest   2009年08月  -  2009年08月

  • Further results on Lyapunov-Krasovskii functionals via nonlinear small-gain conditions for interconnected retarded iISS systems 査読有り

    Hiroshi Ito,Pierdomenico Pepe,Zhong-Ping Jiang

    2009 American Control Conference   5458 - 5458   2009年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Mexico   Cancun   2009年06月  -  2009年06月

  • A Lyapunov approach to integral input-to-state stability of cascaded systems with external signals 査読有り

    伊藤 博

    The 47th IEEE Conf. Decision Control   628 - 633   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Mexico   Cancun   2008年12月  -  2008年12月

    主要論文集(会議)

  • A small-gain condition for integral input-to-state stability of interconnected retarded nonlinear systems 査読有り

    Hiroshi Ito,Pierdomenico Pepe,Zhong-Ping Jiang

    The 47th IEEE Conf. Decision Control   19 - 24   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Mexico   Cancun   2008年12月  -  2008年12月

    主要論文集(会議)

  • 安定性と安定化 - 初歩からの概観 -

    伊藤博

    計測自動制御学会非線形ダイナミクス制御ワークショップ資料 ( 計測自動制御学会 )   E1 - E14   2008年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Lyapunov functions for networks of asymmetrically iISS systems and circadian oscillations 査読有り

    伊藤 博

    SICE Annual Conference 2008   3283 - 3288   2008年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Chofu   2008年08月  -  2008年08月

  • Bilaterally flexible Lyapunov inequalities for nonlinear small-gain method covering iISS systems 査読有り

    伊藤 博

    The 17th IFAC World Congress   2460 - 2465   2008年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Seoul   2008年07月  -  2008年07月

    主要論文集(会議)

  • Small-gain conditions and Lyapunov functions applicable equally to iISS and ISS systems without uniformity assumption 査読有り

    Hiroshi Ito,Zhong-Ping Jiang

    2008 American Control Conference   2297 - 2303   2008年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Seattle   2008年06月  -  2008年06月

    主要論文集(会議)

  • A degree of flexibility in Lyapunov inequalities for establishing input-to-state stability of interconnected systems 査読有り

    伊藤 博

    Automatica   44 ( 9 )   2340 - 2346   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • A Lyapunov function for interconnected ISS systems derived from dissipation inequalities 査読有り

    Hiroshi Ito

    The 46th IEEE Conf. Decision Control   4465 - 4470   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   New Orleans   2007年12月  -  2007年12月

    主要論文集(会議)

  • Asymmetric iISS and ISS properties yielding stability of interconnected systems and an application to a circadian model 査読有り

    伊藤 博

    2007 American Control Conference   3041 - 3046   2007年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   New York   2007年07月  -  2007年07月

    主要論文集(会議)

  • Non-linear robust boundary control of the Kuramoto-Sivashinsky equation 査読有り

    Rathinasamy Sakthivel,Hiroshi Ito

    IMA Journal of Mathematical Control and Information   24 ( 1 )   47 - 55   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

  • Nonlinear small-gain condition covering iISS systems: Necessity and sufficiency from a Lyapunov perspective 査読有り

    Hiroshi Ito

    The 45th IEEE Conf. Decision Control   355 - 360   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   San Diego   2006年12月  -  2006年12月

    主要論文集(会議)

  • 安定性とその利用法 -- 自律から入力・結合へ --

    伊藤博

    計測自動制御学会非線形ダイナミクス制御ワークショップ2006資料 ( 計測自動制御学会 )   B1 - B25   2006年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • A universal parametrization of supply rates for iISS and ISS systems 査読有り

    伊藤 博

    SICE-ICASE International Joint Conference 2006   2408 - 2411   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   2006年10月  -  2006年10月

  • A General small-gain formula for nonlinear interconnected systems: An equivalent of iISS-ISS small-gain condition 査読有り

    伊藤 博

    The 17th International Symposium on Mathematical Theory of Networks and Systems   2033 - 2038   2006年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Kyoto   2006年07月  -  2006年07月

    主要論文集(会議)

  • Parametrization of supply rates for multi-loop ISS systems: Beyond invariance of nonlinear gain 査読有り

    伊藤 博

    The 17th International Symposium on Mathematical Theory of Networks and Systems   946 - 952   2006年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Kyoto   2006年07月  -  2006年07月

    主要論文集(会議)

  • A tool for stability analysis of nonlinear large-scale systems by cascading star products 査読有り

    伊藤 博

    2006 American Control Conference   632 - 637   2006年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Minneapolis   2006年06月  -  2006年06月

    主要論文集(会議)

  • On necessary conditions for stability of interconnected iISS systems 査読有り

    Hiroshi Ito,Zhong-Ping Jiang

    2006 American Control Conference   1499 - 1504   2006年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Minneapolis   2006年06月  -  2006年06月

    主要論文集(会議)

  • State-dependent scaling problems and stability of interconnected iISS and ISS systems 査読有り

    伊藤 博

    IEEE Trans. Automatic Control   51 ( 10 )   1626 - 1643   2006年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • Establishing iISS property of interconnected systems via parametrization of supply rates 査読有り

    伊藤 博

    The 44th IEEE Conf. Decision Control and European Control Conference 2005   5650 - 5655   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Spain   Seville   2005年12月  -  2005年12月

  • Parametrization of supply rates for establishing ISS and prescribed dissipative properties of nonlinear interconnected systems 査読有り

    伊藤 博

    The 16th IFAC World Congress   TuM22TO/1.1 - TuM22TO/1.6   2005年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Czech Republic   Prague   2005年07月  -  2005年07月

  • Explicit solutions to state-dependent scaling problems for interconnected iISS and ISS nonlinear systems 査読有り

    伊藤 博

    2005 American Control Conference   4136 - 4136   2005年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Portland   2005年06月  -  2005年06月

  • A parametrization of supply rates for small-gain conditions for global stability of interconnected iISS and ISS systems 査読有り

    伊藤 博

    2005 American Control Conference   4137 - 4142   2005年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Portland   2005年06月  -  2005年06月

  • Nonlinear generalization of scaled control: global robustification against nonlinearly bounded uncertainties 査読有り

    伊藤 博

    International Journal of Robust and Nonlinear Control   14 ( 18 )   1433 - 1467   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Recursive scaling design for robust global nonlinear stabilization via output feedback 査読有り

    Hiroshi Ito,Miroslav Krstic

    International Journal of Robust and Nonlinear Control   10 ( 10 )   821 - 848   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Robust global stabilization of the Kuramoto-Sivashinsky equation using scaling technique 査読有り

    Rathinasamy Sakthivel,Hiroshi Ito

    The 6th IFAC Symposium on Nonlinear Control Systems   281 - 286   2004年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Germany   Stuttgart   2004年09月01日  -  2004年09月03日

  • Dissipative control with dead zones for biological wastewater treatment plants: efficient coordination of entire process 査読有り

    伊藤 博

    The 8th IFAC Workshop on Adaptation and Learning in Control and Signal Processing   111 - 116   2004年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Yokohama   2004年08月30日  -  2004年09月01日

  • Robust disturbance attenuation of nonlinear systems using output feedback and state-dependent scaling 査読有り

    Hiroshi Ito

    Automatica   40 ( 9 )   1621 - 1628   2004年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A reduced-order controller design for nonlinear systems with uncertainties and disturbances 査読有り

    伊藤 博

    European Journal of Control   10 ( 3 )   207 - 227   2004年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Analysis of global asymptotic stability of interconnected nonlinear systems using state-dependent scaling 査読有り

    伊藤 博

    The 10th IFAC Symposium on Large Scale Systems   1   77 - 82   2004年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Osaka   2004年07月26日  -  2004年07月28日

  • Dissipative design of control and on-line estimation for biological wastewater treatment plants based on entire nonlinear models 査読有り

    伊藤 博

    The 10th IFAC Symposium on IFAC Large Scale Systems   1   427 - 433   2004年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Osaka   2004年07月26日  -  2004年07月28日

  • Stability criteria for interconnected iISS systems and ISS systems using scaling of supply rates 査読有り

    伊藤 博

    2004 American Control Conference   1055 - 1060   2004年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Boston   2004年06月30日  -  2004年07月02日

  • A dissipative approach to control of biological wastewater treatment plants based on entire nonlinear process models 査読有り

    伊藤 博

    2004 American Control Conference   5489 - 5495   2004年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Boston   2004年06月30日  -  2004年07月02日

    代表的研究業績

  • Scaling supply rates of ISS systems for stability of feedback interconnected nonlinear systems 査読有り

    伊藤 博

    The 42nd IEEE Conf. Decision Control   5074 - 5079   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Hawaii   2003年12月09日  -  2003年12月12日

  • 非線形的な安定性によるシステムの特徴付け -- Input-to-State Stabilityの概念と応用 --

    伊藤博

    計測と制御 ( 計測自動制御学会 )   42 ( 10 )   789 - 795   2003年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • A constructive proof of ISS small-gain theorem using generalized scaling 査読有り

    伊藤 博

    The 41th IEEE Conf. Decision Control   2286 - 2291   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Las Vegas   2002年12月10日  -  2002年12月13日

  • State-dependent scaling characterization of stability and performance for nonlinear interconnected systems 査読有り

    伊藤 博

    The 41th IEEE Conf. Decision Control   3937 - 3943   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Las Vegas   2002年12月10日  -  2002年12月13日

  • Effectiveness of multirate input control in deadbeat servomechanism 査読有り

    伊藤 博

    European Journal of Control   8 ( 4 )   326 - 342   2002年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • Uniting local and global controllers for uncertain nonlinear systems: beyond global inverse optimality 査読有り

    Hiroshi Ito,Randy A. Freeman

    Systems & Control Letters   45 ( 1 )   59 - 79   2002年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Reduced-order partial-state feedback for robust nonlinear control using state-dependent scaling 査読有り

    伊藤 博

    2002 American Control Conference   3492 - 3497   2002年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Anchorage   2002年05月20日  -  2002年05月22日

  • Output feedback disturbance attenuation with robustness to nonlinear uncertain dynamics via state-dependent scaling 査読有り

    Hiroshi Ito,Zhong-Ping Jiang

    The 40th IEEE Conf. Decision Control   2772 - 2777   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    USA   Orlando   2001年12月10日  -  2001年12月13日

  • New characterization and solution of input-to-state stabilization: a state-dependent scaling approach 査読有り

    伊藤 博

    Automatica   37 ( 10 )   1663 - 1670   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • State-dependent scaling approach to global control of interconnected nonlinear dynamic systems 査読有り

    伊藤 博

    2001 American Control Conference   3654 - 3659   2001年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Arlington   2001年06月25日  -  2001年06月27日

  • State-dependent scaling design for a unified approach to robust backstepping 査読有り

    Hiroshi Ito,Randy A. Freeman

    Automatica   37 ( 6 )   843 - 855   2001年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • New state-dependent scaling for uncertain dynamics: nonlinear global stabilization and performance 査読有り

    伊藤 博

    The 39th IEEE Conf. Decision Control   3519 - 3525   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Australia   Sydney   2000年12月12日  -  2000年12月15日

  • A unified characterization and solution of input-to-state stabilization via state-dependent scaling 査読有り

    伊藤 博

    The 39th IEEE Conf. Decision Control   3513 - 3518   2000年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Australia   Sydney   2000年12月12日  -  2000年12月15日

  • Improvement of deadbeat servomechanism using multirate input control 査読有り

    伊藤 博

    2000 American Control Conference   169 - 174   2000年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Chicago   2000年06月28日  -  2000年06月30日

  • Recursive state-dependent scaling design of robust output feedback control for global stabilization 査読有り

    Hiroshi ITO,Miroslav KRSTIC

    The 38th IEEE Conf. Decision Control   848 - 854   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Phoenix, USA   1999年12月07日  -  1999年12月10日

  • Reduced-order and static partial-state feedback for robust blobal nonlinear stabilization via state-dependent scaling 査読有り

    伊藤 博

    The 38th IEEE Conf. Decision Control   298 - 304   1999年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Phoenix, USA   1999年12月07日  -  1999年12月10日

  • Generalized state-dependent scaling: Backstepping for local optimality, global inverse optimality, and global robust stability 査読有り

    Hiroshi ITO and Randy A. FREEMAN

    European Control Conference   AP8-6pages   1999年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Karlsruhe, Germany   1999年08月31日  -  1999年09月03日

  • Qualitative analysis of worst-case performance for general deterministically nonsynchronous controllers 査読有り

    伊藤 博

    European Control Conference   BP6-6pages   1999年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Karlsruhe, Germany   1999年08月31日  -  1999年09月03日

  • マルチレート有限時間整定サーボ系

    伊藤博

    計測と制御 ( 計測自動制御学会 )   38 ( 9 )   559 - 564   1999年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • A new look at robust backstepping through state-dependent scaling design 査読有り

    Hiroshi ITO,Randy A. FREEMAN

    American Control Conference   11 - 16   1999年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    San Diego, USA   1999年06月02日  -  1999年06月04日

  • Region maximization technique in robust nonlinear control via state-dependent scaling design 査読有り

    伊藤 博

    American Control Conference   1390 - 1394   1999年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    San Diego, USA   1999年06月02日  -  1999年06月04日

  • Local stability and performance robustness of nonlinear systems with structured uncertainty 査読有り

    伊藤 博

    IEEE Trans. Automatic Control   44 ( 6 )   1250 - 1254   1999年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    代表的研究業績

  • L<sup>p</sup> analysis of nonsynchronous multirate sampled-data systems : Continuity property and robustness 査読有り

    未入力

    1998 American Control Conference   3714 - 3718   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Semi-global robust nonlinear control : state-dependent scaling and computational aspects (単著) 査読有り

    伊藤 博

    1998 American Control Conference   1663 - 1668   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Overlapping decomposition for multirate decentralized control (単著) 査読有り

    伊藤 博

    IFAC Large Scale Systems   259 - 264   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • State-dependent scaling for robust nonlinear control : Techniques and effectiveness (単著) 査読有り

    伊藤 博

    The 37th IEEE Conf. Decision Control   4111 - 4114   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Continuity property of worst-case performance measure of nonsynchronous multirate systems (単著) 査読有り

    伊藤 博

    未入力   301 - 306   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A unifed convex characterization of semi-global robust nonlinear control : Valid region and state-dependent scaling (単著) 査読有り

    伊藤 博

    未入力   161 - 166   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 多周期制御装置による制御性能の向上:有限整定サーボ系 査読有り

    未入力

    第26回制御理論シンポジウム   67 - 70   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • マルチレートサンプル値制御器による周波数分離追従制御系の設計 査読有り

    未入力

    第36回計測自動制御学会学術講演会   131 - 1324   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Worst-case peformance and stability of multirate sampled-data systems with asynchronous decentralized controllers (単著) 査読有り

    伊藤 博

    1997 American Control Conference   778 - 783   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Analysis of local performance robustness nonlinear systems with structured uncertainty 査読有り

    未入力

    European Control Conference 1997   TH - E-A5   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Robust control design with overlapping decomposition and multirate controller(単著) 査読有り

    伊藤 博

    The 35th IEEE Conf. Decision Control   15 - 20   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    1996年04月  -  1996年04月

  • Robustness analysis of local stability and performance for nonlinear systems 査読有り

    未入力

    未入力   349 - 354   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    1996年04月  -  1996年04月

  • An approach to robust control of sampled-data systems having finite-dimensional LTI and parametric uncertainties(単著) 査読有り

    伊藤 博

    The 35th IEEE Conf. Decision Control   921 - 924   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    1996年04月  -  1996年04月

  • An approach to multirate control design with multiple objectives 査読有り

    未入力

    IFAC 13th World Congress   C   325 - 330   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    1996年04月  -  1996年04月

  • Small gain and scaling for stability and performance robustness of nonlinear systems(単著) 査読有り

    伊藤 博

    The 35th IEEE Conf. Decision Control   313 - 314   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    1996年04月  -  1996年04月

  • Robust multirate control with overlapping decompositions(単著)

    伊藤 博

    未入力   63 - 64   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Robust control for nonlinear systems with structured L<sub>2</sub>-gain bounded Systems&Control Letters, uncertainty(単著)

    伊藤 博

    未入力   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Robust performance design via nonlinear H<sub>∞</sub> control with scaling factors

    未入力

    未入力   32 ( 6 )   975 - 977   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Analysis and synthesis of asynchronous sampled-data control for large-scale systems(単著)

    伊藤 博

    未入力   29 - 34   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • On robust sampled-data control of plants with finite-dimensional LTI and parametric uncertainties(単著)

    伊藤 博

    未入力   99 - 104   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • 同時H<sub>∞</sub>制御器の一設計法

    未入力

    第35回計測自動制御学会学術講演会   73 - 74   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • 入力多重状態フィードバックによる有限整定制御系の設計

    未入力

    第35回計測自動制御学会学術講演会   807 - 808   1996年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Analysis of robust performance with multiple objectives 査読有り

    未入力

    Systems & Control Letters   25   141 - 149   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A methodology for multiple objective control design with robust performance 査読有り

    未入力

    31,8,1089-1097   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A subsystem design approach to continuous-time performance of decentralized multirate sampled-data systems 査読有り

    未入力

    International Journal of Systems Science   26 ( 6 )   1263 - 1287   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Robust performance by nonlinear H<sub>∞</sub> control with scaling parameters 査読有り

    未入力

    The 3rd European Control Conference   687 - 692   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A design of stable H<sub>∞</sub> controller 査読有り

    未入力

    The 3rd European Control Conference,,1830-1833   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Robust control of large-scale systems with overlapping decomposition and multirate controller 査読有り

    未入力

    未入力   181 - 186   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Robust Performance of decentralized control systems by expanding sequential designs 査読有り

    未入力

    Internationaol Journal of Control   61 ( 6 )   1297 - 1311   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A multiobjective approach to multirate sampled-data control design 査読有り

    未入力

    未入力   75 - 80   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    1995年04月  -  1995年04月

  • Small gain condition with state-dependent scaling factors for robust nonlinear control 査読有り

    未入力

    未入力   309 - 314   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    1995年04月  -  1995年04月

  • Nonlinear H<sub>∞</sub> control for robust performance against L<sub>2</sub>-gain bounded perturbations(単著)

    伊藤 博

    未入力   123 - 126   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Stability analysis of multirate sampled-data control systems 査読有り

    未入力

    IMA J. of Mathematical Control and Information   11   341 - 354   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A subsystem design approach to continuous-time input-output per-forename of decentralized multirate sampled-data systems 査読有り

    未入力

    IEE International Conference CONTROL'94   1023 - 1028   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Linearizing control of nonlinear systems by sampled-data output feedback 査読有り

    未入力

    未入力   211 - 216   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Robust performance by nonlinear H<sub>∞</sub> control with constant scaling factors 査読有り

    未入力

    未入力   121 - 124   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Exact model matching scheme for the finite volterra series systems 査読有り

    未入力

    IEEE Conference on Decision and Control   1794 - 1796   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 安定なH<sub>∞</sub>制御器の一設計法

    未入力

    第33回計測自動制御学会学術講演会   387 - 388   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Stability and performance robustness in control system design

    伊藤 博

    未入力   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • サンプル値制御系に対する二目的制御器の設計

    未入力

    第33回計測自動制御学会学術講演会   243 - 244   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Design of stable controllers attaining low H∞ weighted sensitivity 査読有り

    未入力

    IEEE Trans. on Automatic Control   38 ( 3 )   485 - 488   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • サンプル点間を考慮した多周期サンプル値分散制御器のサブシステム設計法 査読有り

    未入力

    第22回制御理論シンポジウム   303 - 308   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • ロバストパフォーマンスを実現する多周期ディジタル分散制御器のサブシステム設計法 査読有り

    未入力

    第22回制御理論シンポジウム   297 - 302   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • μ-analysis with two performance objectives and its application to controller reduction 査読有り

    未入力

    Systems and Networks : Mathematical Theory and Applications II, Akademie Verlag   257 - 260   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Input-output stability and robust stability of multirate sampled data systems 査読有り

    未入力

    IMA Journal of Mathematical Control and Information   341 - 346   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Robust performance with multiple objectives and an approach to control design 査読有り

    未入力

    未入力   137 - 142   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • On sequential stabilization of decentralized systems using structured singular value 査読有り

    未入力

    IFAC 12th World Congress   2   53 - 58   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • μ-analysis with multiple performance objectives and its application to controller reduction

    未入力

    未入力   75 - 80   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • サンプル値制御系のロバスト安定性を考慮したディジタル制御器の低次元化

    未入力

    第32回計測自動制御学会学術講演会   525 - 526   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • 低感度特性を満たす安定な補償器の一設計法 査読有り

    未入力

    計測自動制御学会論文集   28 ( 3 )   412 - 414   1992年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 干渉強度を考慮したロバストな分散型制御器の一設計法 査読有り

    未入力

    第21回制御理論シンポジウム   207 - 212   1992年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Robust performance of decentralized control systems by sequential designs 査読有り

    未入力

    IEEE Conference on Decision and Control   1333 - 1339   1992年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • ロバストパフォーマンスを実現する分散型制御系の逐次的設計法 査読有り

    未入力

    第31回計測自動制御学会学術講演会   569 - 570   1992年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 構造化特異値を用いた分散制御系の逐次安定化手法について

    未入力

    第35回自動制御連合講演会   153 - 156   1992年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • μ制御器の低次元化における次数評価

    未入力

    第31回計測自動制御学会学術講演会   593 - 594   1992年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • 固定補賞要素を含む直接法MRACSのロバスト設計法 査読有り

    未入力

    計測自動制御学会論文集   27 ( 6 )   720 - 722   1991年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 同時ロバスト安定化問題の一解法 査読有り

    未入力

    第20回制御理論シンポジウム   33 - 40   1991年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A design of low sensitivity system using stable controller 査読有り

    未入力

    The 1st European Control Conference   693 - 698   1991年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 安定な補償器を用いたH<sub>∞</sub>制御問題の一解法

    未入力

    第30回計測自動制御学会学術講演会   491 - 492   1991年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • 低感度特性を満たす安定な補償器の一設計法 査読有り

    未入力

    第19回制御理論シンポジウム   253 - 285   1990年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

▼全件表示

著書

  • A small-gain method for the design of decentralized stabilizing controllers for interconnected systems with delays

    Pierdomenico Pepe, Hiroshi Ito, Zhong-Ping Jiang(共著 ,  範囲: pp.99-114)

    Delays and Interconnections: Methodology, Algorithms and Applications, Advances in Delays and Dynamics  2019年10月  ( ISBN:9783319180724

     詳細を見る

    担当ページ:pp.99-114   記述言語:英語

  • Positive systems: A Left Eigenvector Producing a Smooth Lyapunov Function of ISS Networks

    Hiroshi Ito, Bjoern S. Rueffer(共著 ,  範囲: pp 247-268)

    Springer  2019年01月  ( ISBN:978-3-030-04326-1

     詳細を見る

    担当ページ:pp 247-268   記述言語:英語

  • Positive Systems:On feedback transformation and integral input-to-state stability in designing robust interval observers for control systems

    Thach Ngoc Dinh, Hiroshi Ito(共著 ,  範囲: pp.53-65)

    Lecture Notes in Control and Information Sciences  2017年01月  ( ISBN:9783319542102

     詳細を見る

    担当ページ:pp.53-65   記述言語:英語

    © Springer International Publishing AG 2017. The problem of designing interval observers is addressed for output feedback control of a class of nonlinear systems in this chapter. The framework of integral input-to-state stability is exploited to drive the estimated intervals and the state variables to the origin asymptotically when disturbances converge to zero. Moreover interval observers are tuned with feedback gain. A reduced-order interval observer is proposed, and the flexibility offered by gains in designing observer is related to the existence of reduced-order interval observers. Comparative simulations are given to illustrate the theoretical results.

    Scopus

  • A Lyapunov-Krasovskii methodology for a class of large-scale systems with neutral-type delays in an iISS framework

    Ito H., Mazenc F.(共著 ,  範囲: pp.205-223)

    Recent Results on Nonlinear Delay Control Systems: In honor of Miroslav Krstic  2015年07月  ( ISBN:9783319180724

     詳細を見る

    担当ページ:pp.205-223   記述言語:英語

    © Springer International Publishing Switzerland 2016. All rights are reserved.This chapter presents a framework for verifying stability and robustness of dynamical networks consisting of neutral subsystems subject to disturbances in the spirit of integral input-to-state stability. In addition to neutral-type delays in subsystems, time-delays are allowed to reside in both subsystems and interconnection channels.Asmall-gain condition is proposed for constructing aLyapunov-Krasovskii functional to establish stability and robustness of the network.No assumption ismade on the network topology.

    Scopus

口頭発表・ポスター発表等

  • 2段階台形加速を用いたベルト駆動型ロボットの軌道追従制御

    藤村統太, 福井善朗, 伊藤博

    第64回自動制御連合講演会  2022年11月  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年11月13日 - 2022年11月14日   記述言語:日本語   開催地:京都   国名:日本国  

    その他リンク: https://doi.org/10.11511/jacc.64.0_599

  • 感染者隔離と分離型ISSリアプノフ関数によるSIQRモデルの準大域協調制御の実現

    伊藤 博

    第9回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム  2022年03月  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月07日 - 2022年03月10日   記述言語:日本語   開催地:オンライン   国名:日本国  

  • ISSリアプノフ関数により保証付けされたSIR感染モデルのワクチン接種フィードバック

    伊藤 博

    第8回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月01日 - 2021年03月04日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • TTCとLOS角を持いた移動障害物回避制御則と車両型ロボットによる比較実験

    荒木健也, 伊藤博

    第39回計測自動制御学会九州支部学術講演会  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年11月28日 - 2020年11月29日   記述言語:日本語   開催地:大分  

  • RWとRCSの併用実現による宇宙機の姿勢制御則のシミュレーション比較

    日髙史子, 伊藤博

    第39回計測自動制御学会九州支部学術講演会  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年11月28日 - 2020年11月29日   記述言語:日本語   開催地:大分  

  • 周波数応答による同次有限時間整定制御の外乱抑止性の比較考察

    日野光一郎, 福井善朗, 伊藤博

    第63回自動制御連合講演会  2020年11月  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年11月21日 - 2020年11月22日   記述言語:日本語   開催地:富山   国名:日本国  

    その他リンク: https://doi.org/10.11511/jacc.63.0_202

  • SIR感染モデルに基づく流入個体数規制の不確かさに対するISS保証の一解析

    伊藤博

    第63回自動制御連合講演会  2020年11月  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年11月21日 - 2020年11月22日   記述言語:日本語   開催地:富山   国名:日本国  

    その他リンク: https://doi.org/10.11511/jacc.63.0_389

  • 水中探査機の階層型二次元経路追従制御法の三次元拡張の一方法と考察

    堀江巧磨, 福井善朗, 伊藤博

    第62回自動制御連合講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月   記述言語:日本語   開催地:札幌  

  • 距離型フォーメーションの異形を防止する中継型制御則の実現のための切替設計

    宮城裕一, 伊藤博

    第38回計測自動制御学会九州支部学術講演会  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月   記述言語:日本語   開催地:宮崎  

  • 面取りによるiISSとISS結合システムのリアプノフ関数の統合について

    伊藤 博

    第6回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム  測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月06日 - 2019年03月09日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学  

  • 陰関数を使った結合iISSシステムのリアプノフ関数の新構成法について

    伊藤 博

    第61回自動制御連合講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年11月   記述言語:日本語  

  • ポテンシャル法による機械移動体の障害物回避誘導における停留対策の考察

    古谷龍之介

    第37回計測自動制御学会九州支部学術講演会  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年11月   記述言語:日本語  

  • 結合システムのリアプノフ関数構成は最大分離型に傾斜を付ければiISSを包含

    伊藤 博

    第5回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム  測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月08日   記述言語:日本語   開催地:東京都市大学  

  • 大域的非線形ゲインを持つシステムの結合は\\角の丸い角鉢がリアプノフ関数

    伊藤 博

    第5回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム  測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月08日   記述言語:日本語   開催地:東京都市大学  

  • 非線形確率系の経路的積分入力状態安定性による収束と結合の解析について

    伊藤 博

    第60回自動制御連合講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年11月11日   記述言語:日本語  

  • Web カメラへの制約付きフィードバックによる車両ロボットの障害回避編隊実験

    渋谷匠吾

    第36回計測自動制御学会九州支部学術講演会  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年11月   記述言語:日本語  

  • 非入力状態安定要素があるときのリアプノフ関数の特徴と設計について

    伊藤 博

    第4回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム  測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年03月06日 - 2017年03月09日   記述言語:日本語   開催地:岡山大学  

  • 原点での微分不可能性が導く確率リャプノフ関数の新しい可能性

    西村 悠樹, 伊藤 博

    自動制御連合講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年11月   記述言語:日本語  

    <p>確率リャプノフ関数(SLF)の存在は、確率システムの原点が確率安定であることを保証する。SLFは、その定義からC2であることが要求される。しかし、確率安定な原点を持つ確率システムがC2級のSLFを持たないことがある。そこで、本研究では、SLFの微分可能性を原点でのみ緩和することで、安定性を保証できるシステムが増えることを示す。また、この緩和により、平衡点ではない原点に対してSLFが存在してしまうケースがあることを示し、その安定性について議論する。</p>

    CiNii Article

  • 積分入力状態安定性のリアプノフ特徴化におけるノイズ直交制約の排除

    伊藤 博

    自動制御連合講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年11月   記述言語:日本語  

    <p>確率ノイズが加わる非線形ダイナミカルシステムの安定性をリアプノフ型関数として特徴化する問題を取り扱う。従来の結果では、遠方ノイズ直交性の仮定が必要であったが、本発表ではこれを完全に取り除くことが可能であることを示す。結合システムの取り扱いにおいて、新たに可能となることも明らかにする。</p>

    CiNii Article

  • Web カメラと無線を用いたロボット群のフィードバック制御実験環境の再構築

    柴田泰樹

    第35回計測自動制御学会九州支部学術講演会  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年11月   記述言語:日本語  

  • iISS結合システムに対するリアプノフ関数の増大率低減化法

    伊藤博

    第3回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年03月07日 - 2016年03月10日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋  

  • A sliding mode approach to cooperative control of second order agents: Simulation study

    Shyam Kamal

    第34回計測自動制御学会九州支部学術講演会  計測自動制御学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月28日 - 2015年11月29日   記述言語:英語   開催地:日本 福岡  

  • 非一様なゲイン余裕を使った結合システムのリアプノフ関数の構成

    伊藤博

    第58回自動制御連合講演会  システ制御情報学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月14日 - 2015年11月15日   記述言語:日本語   開催地:日本 神戸  

  • ノイズにより結合されたシステムの安定・ロバスト性の見積

    伊藤博

    第58回自動制御連合講演会  システ制御情報学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月14日 - 2015年11月15日   記述言語:日本語   開催地:日本 神戸  

  • iISS結合システムのリアプノフ関数の新しい構成手順

    伊藤博

    第2回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月04日 - 2015年03月07日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • Incorporating cooperative adaptive gain into super-twisting sliding mode design

    Xiaogang Xiong

    第33回計測自動制御学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月06日 - 2014年12月07日   記述言語:英語   開催地:日本 北九州  

  • 赤外線センサに基づく複数ロボットの整列実験

    芦田賢士

    第33回計測自動制御学会九州支部学術講演会  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月   記述言語:日本語  

  • 異なる衝突回避アルゴリズムを搭載した車両ロボットの障害物競走

    芦田賢士

    第33回計測自動制御学会九州支部学術講演会  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月   記述言語:日本語  

  • An additional adaptive-gain to super-twisting technique for sliding mode design

    Xiaogang Xiong

    第57回自動制御連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年11月10日 - 2014年11月12日   記述言語:英語   開催地:日本 群馬  

  • 積分入力状態安定性の見本過程的定義とリアプノフ関数

    伊藤博

    信学技報  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年11月06日 - 2014年11月07日   記述言語:日本語   開催地:日本 燕三条  

  • 車両ロボットの障害物回避軌道への追従制御によるスリップにロバストな目標点到達

    岡本拓也

    第32回計測自動制御学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月30日 - 2013年12月01日   記述言語:日本語   開催地:日本 長崎  

  • A simulation study on passivity-based temperature control of a research building

    Sijia Zhang

    第32回計測自動制御学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月30日 - 2013年12月01日   記述言語:英語   開催地:日本 長崎  

  • 非線形確率システムの小ゲイン条件と特徴

    伊藤博

    第56回自動制御連合講演会  日本機会学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月16日 - 2013年11月17日   記述言語:日本語   開催地:日本 新潟  

  • むだ時間微分差分方程式ネットワークのロバスト性解析

    伊藤博

    第13回計測自動制御学会制御部門大会  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 車両ロボットのスリップ量推定に基づいた軌道追従制御系の実験

    岡本拓也

    第13回計測自動制御学会制御部門大会  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 車両型ロボットの集団移動・障害物検知・回避手法の実験による比較研究

    梶原貞人

    第13回計測自動制御学会制御部門大会  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 複数の協調移動車両ロボットから成る不整地運搬システム-設計から実験検証まで-

    松村拓海

    第13回計測自動制御学会制御部門大会  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 遅れ記憶ドライバモデルに基づくい環状・非環状交通流の渋滞抑制

    岡村隼

    第31回計測自動制御学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年12月   記述言語:日本語   開催地:日本 熊本  

  • 車両型ロボットの集団移動・障害物回避の制御実験-三設計法の比較-

    梶原貞人

    第55回自動制御連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年11月   記述言語:日本語   開催地:日本 京都  

  • iISSネットワークの大域漸近安定性の二段階メカニズム-多変数小ゲインの二役-

    伊藤博

    第41回計測自動制御学会制御理論シンポジウム  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 横浜  

  • PEV充電の系統負荷を軽減する一つのフィードバック調整法のロバスト性解析

    伊藤博

    第41回計測自動制御学会制御理論シンポジウム  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 横浜  

  • 分散型LgV補償による非線形無駄時間系の外乱ロバスト化

    本人

    第12回計測自動制御学会制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 奈良  

  • iISSネットワークの新しい定式化による閉路小ゲイン型安定条件とリアプノフ関数の構成

    本人

    第12回計測自動制御学会制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 奈良  

  • 異なるセンサに基づく位置フィードバックを搭載した車両ロボットによる鬼ごっこ

    松村拓海

    第30 回計測自動制御学会九州支部学術講演会学生発表交流会  計測自動制御学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2011年12月   記述言語:日本語   開催地:日本 大分  

  • 車両隊列走行における衝突軽減のためのABSの補償 - シミュレーション比較 -

    有園和也

    第30回計測自動制御学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年12月   記述言語:日本語   開催地:日本 大分  

  • A robust stability test and a Lyapunov-Krasovskii functional for networks of neutral systems

    本人

    第40回計測自動制御学会制御理論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月   記述言語:英語   開催地:日本 大阪  

  • Approaching global asymptotic stability of networks of iISS systems via transient plus ISS small-gain convergence

    本人

    第40回計測自動制御学会制御理論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月   記述言語:英語   開催地:日本 大阪  

  • Global robustness of gradient control for noncooperative games: PEV Charging, network flow, CDMA power control

    本人

    第11回計測自動制御学会制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月   記述言語:英語   開催地:日本 沖縄  

  • An iISS small-gain methodology for dynamical networks and its application to a network computing strategy

    本人

    第11回計測自動制御学会制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月   記述言語:英語   開催地:日本 沖縄  

  • CDMA送信電力制御の計算量削減と端末移動に対するロバスト性の考察

    武富俊至

    第29回計測自動制御学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年12月   記述言語:日本語   開催地:日本 宮崎  

  • 河川ダム貯水池の自動制御のシミュレーションによる有効性の考察

    相根高寛

    第29 回計測自動制御学会九州支部学術講演会学生発表交流会  計測自動制御学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2010年12月   記述言語:日本語   開催地:日本 宮崎  

  • Networks of retarded iISS Systems: Lyapunov-Krasovskii functionals and small-gain conditions

    本人

    第39回計測自動制御学会制御理論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月   記述言語:英語   開催地:日本 大阪  

  • Lyapunov functions for general networks of iISS systems via small-gain criteria: a dissipative formulation

    本人

    第39回計測自動制御学会制御理論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月   記述言語:英語   開催地:日本 大阪  

  • An asymmetric small-gain theorem for construction of Lyapunov-Krasovskii functionals of nonlinear time-delay systems with static components

    本人

    第39回計測自動制御学会制御理論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月   記述言語:英語   開催地:日本 大阪  

  • A two-phase interpretation of the iISS small-gain theorem

    本人

    第10回計測自動制御学会制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月   記述言語:英語   開催地:日本 熊本  

  • Computational comparison principles for large-scale system stability analysis

    本人

    第10回計測自動制御学会制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月   記述言語:英語   開催地:日本 熊本  

  • Several necessary conditions for stability of networks of iISS systems

    本人

    第10回計測自動制御学会制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月   記述言語:英語   開催地:日本 熊本  

  • iISS and ISS of CDMA power control with respect to disturbances in the presence of delays: A Lyapunov-Krasovskii approach

    本人

    第10回計測自動制御学会制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月   記述言語:英語   開催地:日本 熊本  

  • 下水処理システムにおけるPI 型曝気量制御のシミュレーション比較

    藤原原崇

    第28回計測自動制御学会九州支部学術講演会学生発表交流会  計測自動制御学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2009年12月   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • CDMA 送信電力制御の外乱及び通信遅れに対するロバスト性の解析

    鈴木啓人

    第28回計測自動制御学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年11月   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • A solution to the state-dependent scaling problem for a cyclic network of iISS systems and its Lyapunov function

    本人

    第38回計測自動制御学会制御理論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月   記述言語:英語   開催地:日本  

  • Some results on construction of Lyapunov functions for networks of iISS systems

    本人

    第38回計測自動制御学会制御理論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月   記述言語:英語   開催地:日本  

  • Construction of Lyapunov-Krasovskii functionals for time-delay systems via iISS small-gain condition with static components

    本人

    第9回計測自動制御学会制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月   記述言語:英語   開催地:日本 東広島  

  • Construction of Lyapunov-Krasovskii functionals for time-delay systems via iISS small-gain condition with static components

    本人

    第9回計測自動制御学会制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月   記述言語:英語   開催地:日本 東広島  

  • エッジ型帯域修正ネットワークにおける収束性のリアプノフ関数による一解析

    本人

    第27回計測自動制御学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年12月   記述言語:日本語   開催地:日本 沖縄  

  • Construction of Lyapunov-Krasovskii functionals for time-delay interconnected systems via iISS small-gain condition

    本人

    第37回計測自動制御学会制御理論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月   記述言語:英語   開催地:日本 霧島  

  • Integral input-to-state stability of nonlinear systems in cascade: A Lyapunov approach

    本人

    第8回計測自動制御学会制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月   記述言語:英語   開催地:日本 京都  

  • A Lyapunov approach to a necessary condition for circadian oscillations

    本人

    信学技報 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年12月   記述言語:英語   開催地:日本 福井  

  • Stability analysis of interconnected systems with exogenous signals via bilaterally flexible Lyapunov inequalities

    本人

    第36回計測自動制御学会制御理論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月   記述言語:英語   開催地:日本 札幌  

  • A unified Lyapunov function to establish stability of interconnected iISS and ISS systems with a non-uniform small-gain condition

    本人

    第36回計測自動制御学会制御理論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月   記述言語:英語   開催地:日本 札幌  

  • On a necessary and sufficient condition and Lyapunov functions for nonlinear interconnected systems via small-gain technique

    本人

    第7回計測自動制御学会制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月   記述言語:英語   開催地:日本 東京  

  • Asymmetric ISS and iISS properties in state-dependent scaling for networks of one-dimensional systems and an application to a circadian model

    本人

    第35回計測自動制御学会制御理論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月   記述言語:英語   開催地:日本 大阪  

  • Nonlinear small-gain condition and state-dependent scaling problem for stability of nonlinear interconnected systems

    本人

    信学技報 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年07月   記述言語:英語   開催地:日本 金沢  

  • iISS-ISS small-gain condition and a universal representation of onlinear small-gain condition

    本人

    第6回計測自動制御学会制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年05月   記述言語:英語   開催地:日本 名古屋  

  • A necessary and sufficient condition for stability of interconnected nonlinear systems based on iISS property

    本人

    第6回計測自動制御学会制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年05月   記述言語:英語   開催地:日本 名古屋  

  • ロバストアンチワインドアップ補償器を用いたTCP/REDネットワークの輻輳制御設計

    情報科学

    第48回自動制御連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年11月   記述言語:日本語   開催地:日本 長野  

  • Necessary conditions on supply rates in stability analysis of interconnected iISS systems

    本人

    第34回計測自動制御学会制御理論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年10月   記述言語:英語   開催地:日本 大阪  

  • Parametrization of supply rates for ISS property parallel to scaled H_infinity criteria for single and multi-loop systems

    本人

    第34回計測自動制御学会制御理論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年10月   記述言語:日本語   開催地:日本 大阪  

  • Cascading interconnection to assess input-to-state stability of nonlinear large-scale systems

    本人

    第5回計測自動制御学会制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年05月   記述言語:英語   開催地:日本 仙台  

  • Parametrizing supply rates to establish global stability in the absence of finite nonlinear L_infinity gain

    本人

    第5回計測自動制御学会制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年05月   記述言語:英語   開催地:日本 仙台  

  • 超高速高精度HDDの2段アクチュエータのためのロバストな2自由度マルチレート制御器の設計

    情報科学専攻

    第23回計測自動制御学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年12月   記述言語:日本語   開催地:日本 北九州  

  • イカのジェット推進に関する研究

    井之上俊孝

    第23 回計測自動制御学会九州支部学術講演会学生発表交流会  計測自動制御学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2004年12月   記述言語:日本語   開催地:日本 北九州  

  • Parametrization of supply rates for ISS small-gain condition: ISS and dissipative properties of nonlinear systems

    本人

    第33回計測自動制御学会制御理論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月10日 - 2004年11月12日   記述言語:英語   開催地:日本 浜松  

  • A system theoretic study on an essential mechanism of generation of circadian oscillation

    SICE Anual Conference 2004 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年08月04日 - 2004年08月06日   記述言語:英語   開催地:日本 Sapporo  

  • Nonlinear robust compensation for control of a pneumatic actuator

    SICE Anual Conference 2003 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年08月04日 - 2004年08月06日   記述言語:英語   開催地:日本 Fukui  

  • State-dependent scaling problems: constructive unification and explicit solutions for global stability of nonlinear systems

    本人

    第4回計測自動制御学会制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年05月26日 - 2004年05月28日   記述言語:英語   開催地:日本 北九州  

  • Robust boundary control of the Kuramoto-Sivashinsky equation using scaling technique

    システム創成情報工学科,Rathinasamy Sakthivel

    第4回計測自動制御学会制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年05月26日 - 2004年05月28日   記述言語:英語   開催地:日本 北九州  

  • A scaling approach to nonlinear PDE's: an example of globalstabilization of Burger's equation

    制御システム工学科,Rathinasamy Sakthivel

    第32回計測自動制御学会制御理論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年11月   記述言語:英語   開催地:日本  

  • A parametrization of supply rates for stable interconnection of iISS systems and ISS systems via state-dependent scaling

    本人

    第32回計測自動制御学会制御理論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年11月   記述言語:英語   開催地:日本  

  • 空気圧アクチュエータ駆動系の制振制御のためのロバスト非線形補償器の設計

    情報科学専攻,木本睦

    第22回計測自動制御学会九州支部学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年11月   記述言語:日本語   開催地:日本 長崎  

  • Dissipative control with estimation for biological wastewater treatment plants based on entire nonlinear process models

    本人

    第32回計測自動制御学会制御理論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年11月   記述言語:英語   開催地:日本  

  • 生物プロセスにおける制御機能の解析

    保田洋輔

    第22 回計測自動制御学会九州支部学術講演会学生発表交流会  計測自動制御学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2003年11月   記述言語:日本語   開催地:日本 長崎  

  • 下水処理における脱窒・脱リンのモデルベース制御設計に適した低次モデルの開発

    中島裕一郎

    第22 回計測自動制御学会九州支部学術講演会学生発表交流会  計測自動制御学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2003年11月   記述言語:日本語   開催地:日本 長崎  

  • 活性汚泥下水処理システムにおける窒素除去のための制御方法の検討

    井手裕貴

    第22 回計測自動制御学会九州支部学術講演会学生発表交流会  計測自動制御学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2003年11月   記述言語:日本語   開催地:日本 長崎  

  • 空気圧アクチュエータのロバストな振動抑制のための制御設計法

    木本睦

    第22 回計測自動制御学会九州支部学術講演会学生発表交流会  計測自動制御学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2003年11月   記述言語:日本語   開催地:日本 長崎  

  • 下水処理脱窒・脱リンプロセスのモデルベース制御の実現に向けた設計用低次モデル

    情報科学専攻,中島裕一郎

    平成15年電気学会産業応用部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年08月   記述言語:日本語   開催地:日本 八王子  

  • Dissipativity and fundamental properties of biological wastewater treatment plants

    本人

    第3回計測自動制御学会制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年05月   記述言語:英語   開催地:日本  

  • Dissipative control design for biological wastewatertreatment plants based on detailed proces models

    本人

    第3回計測自動制御学会制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年05月   記述言語:英語   開催地:日本  

  • Scaling supply rates for stability of interconnected dissipative systems, iISS systems and ISS systems

    本人

    第3回計測自動制御学会制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年05月   記述言語:英語   開催地:日本  

  • 下水処理プロセスの制御設計に向けた低次モデルの開発と検討

    情報科学専攻,中島裕一郎,

    第45回自動制御連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年11月   記述言語:日本語   開催地:日本 仙台  

  • ハードディスク2段アクチュエータの高速マルチレート制御 --フィードバックによるロバスト化とフィードフォワードによる高速化の融合--

    情報科学専攻,石田寛

    第45回自動制御連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年11月   記述言語:日本語   開催地:日本 仙台  

  • State-dependent scaling in steady-state Hamilton-Jacobi-Isaacs equations: an inverse optimal path

    本人

    第31回計測自動制御学会制御理論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年10月   記述言語:英語   開催地:日本  

  • A parametrization of supply rates for stable interconnected systems via state-dependent scaling

    本人

    第31回計測自動制御学会制御理論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年10月   記述言語:英語   開催地:日本  

  • An inverse optimal approach to steady-state Hamilton-Jacobi-Isaacs equations for robust stabilization of nonlinear systems

    本人

    日本応用数理学会年会講演予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年09月   記述言語:英語   開催地:日本 横浜  

  • A constructive Lyapunov approach to ISS small-gain theorem via state-dependent scaling

    本人

    第2回計測自動制御学会制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年05月   記述言語:英語   開催地:日本  

  • A universal stability criterion for nonlinear interconnected systems with generalized supply rates

    本人

    第2回計測自動制御学会制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年05月   記述言語:英語   開催地:日本  

  • Reduced-order partial-state feedback control of uncertain nonlinear systems

    本人

    第30回計測自動制御学会制御理論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年11月07日 - 2001年11月09日   記述言語:英語   開催地:日本 大分  

  • 周波数分離型マルチレート二階層駆動によるハードディスクのへッド位置制御

    情報科学専攻,石田寛

    第40回計測自動制御学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年07月25日 - 2001年07月27日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋  

  • Output feedback disturbance attenuation with stability for nonlinearly bounded interconnected systems

    本人

    第1回計測自動制御学会制御部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年05月23日 - 2001年05月25日   記述言語:英語   開催地:日本 京都  

  • Further generalization of state-dependent scaling design for nonlinear systems with nonlinear gain

    本人

    第23回計測自動制御学会Dynamical System Theoryシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年11月06日 - 2000年11月08日   記述言語:英語   開催地:日本 長岡  

  • Advanced state-dependent scaling: global robustification of nonlinear systems against uncertain dynamics

    本人

    第29回計測自動制御学会制御理論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年05月24日 - 2000年05月26日   記述言語:英語   開催地:日本 刈谷  

  • Input-to-state stabilization: A state-dependent scaling approach

    本人

    第29回計測自動制御学会制御理論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年05月24日 - 2000年05月26日   記述言語:英語   開催地:日本 苅谷  

  • Performance improvement and robustness of deadbeat servomechanism using multirate input control

    第22回Dynamical System Theoryシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年10月26日 - 1999年10月28日   記述言語:英語   開催地: 宇都宮市  

  • Output feedback design for robust global stabilization via recursive state-dependent scaling

    第22回Dynamical System Theoryシンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年10月26日 - 1999年10月28日   記述言語:英語   開催地: 宇都宮市  

  • State-dependent scaling design for geometrically structured nonlinear systems: Robust backstepping

    第28回制御理論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年05月26日 - 1999年05月28日   記述言語:英語   開催地: 愛知県刈谷市  

  • State-dependent scaling for robust nonlinear control: Techniques and effectiveness

    37th IEEE Conf. Decision Control 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年12月   記述言語:英語   開催地: Florida, USA  

  • Overlapping decomposition for multirate decentralized control

    IFAC Large Scale Systems 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年07月   記述言語:英語   開催地: Rio Patras, Greece  

  • Semi-global robust nonlinear control: state-dependent scaling and computational aspects

    1998 American Control Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年06月   記述言語:英語   開催地: Philadelphia, USA  

  • L_p analysis of nonsynchronous multirate sampled-data systems: Continuity property and robustness

    1998 American Control Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年06月   記述言語:英語   開催地: Philadelphia, USA  

▼全件表示

講演

  • Constructions of Lyapunov functions for input-to-state stability and control of SIR model

    Control and Optimization Seminar  2021年05月  Department of Mathematics, Louisiana State University

     詳細を見る

    発表言語:英語   講演種別:招待講演   開催地:Online hosted by Louisiana State University   国名:アメリカ合衆国  

  • How far is the state of iISS connection going to escape?

    CARMA Workshop on Mathematical Systems Theory and Applications  2017年12月  Priority research centre for computer-assisted research mathematics and its applications, The University of Newcastle

     詳細を見る

    発表言語:英語   講演種別:招待講演   開催地:The University of Newcastle  

  • Some trends in nonlinear control theory

    SICE International Symposium on Control Systems 2017  2017年03月  計測自動制御学会

     詳細を見る

    講演種別:パネル討論   開催地:岡山大学  

  • Bypassing small-gain conditions in stability analysis of integral input-to-state stable networks

    Electrical Engineering and Computer Science Seminar  2017年01月  School of Electrical Engineering and Computer Science, The University of Newcastle

     詳細を見る

    発表言語:英語   講演種別:招待講演   開催地:The University of Newcastle  

  • Stability from modules with nonlinearity and saturation

    第3回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム and SICE International Symposium on Control Systems 2016  2016年03月  計測自動制御学会

     詳細を見る

    講演種別:基調講演   開催地:南山大学 Flatten Hall  

  • 非線形系の確率・確定雑音安定性と結合-リアプノフ法の比較-

    第1回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム  2014年03月  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月04日 - 2014年03月07日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演   開催地:日本 府中  

  • TC 2.3 Nonlinear Control Systemsの活動報告と最近の動向

    第56回自動制御連合講演会  2013年11月  日本機会学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月16日 - 2013年11月17日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演   開催地:日本 新潟  

  • Utility of iISS in composing Lyapunov functions for interconnections

    The 9th IFAC Symposium on Nonlinear Control Systems  2013年09月  The International Federation of Automatic Control

     詳細を見る

    講演種別:基調講演   開催地:Toulouse, France  

▼全件表示

学術関係受賞

  • Best Paper Award of Asian Journal of Control of Years 2013-2014

    Asian Journal of Control   2015年06月03日

    Hiroshi Ito, Randy A. Freeman, Antoine Chaillet

     詳細を見る

    受賞国:マレーシア

  • 計測自動制御学会制御部門木村賞

    計測自動制御学会   2015年03月06日

    Hiroshi Ito

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • SICE Annual Conference International Award

    計測自動制御学会   2013年09月

    Hiroshi Ito

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • IEEE Senior Member

    The Institute of Electrical and Electronics Engineers   2009年03月

    Hiroshi Ito

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  • SICE Annual Conference International Award

    計測自動制御学会   2008年08月

    Hiroshi Ito

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 計測自動制御学会制御部門パイオニア賞

    計測自動制御学会   2008年03月

    Hiroshi Ito

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • SICE-ICCAS 2006 Best Paper Award

    SICE and The Institute of Control, Automation and Systems Engineers   2006年11月

    Hiroshi Ito

     詳細を見る

    受賞国:大韓民国

  • 1990年度計測自動制御学会学術奨励賞

    計測自動制御学会   1991年02月

    伊藤博

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

科研費獲得実績

  • エネルギ型情報縮集約原理の開発に基づく構造的ネットワーク設計論

    研究課題番号:26420422  2014年04月 - 2017年03月   基盤研究(C)

  • 近視眼及び巨視的消散特性の調和に基づく大規模非線形ダイナミクス設計基礎論

    研究課題番号:22560449  2010年04月 - 2013年03月   基盤研究(C)

  • 非線形ダイナミクスの構造と量情報を統融合する制御理論基盤の構築

    研究課題番号:19560446  2007年04月 - 2010年03月   基盤研究(C)

  • 並列計算を基盤とした計算制御論の開拓

    研究課題番号:16360212  2004年04月 - 2007年03月   基盤研究(B)

  • 複雑非線形システムのロバスト性と可安定性の理論研究

    研究課題番号:03F03045  2004年04月 - 2005年03月   特別研究員奨励費

  • エネルギ供給率のマッチングと非線形接続に基づく複雑システムの解析設計理論の構築

    研究課題番号:15760324  2003年04月 - 2006年03月   若手研究(B)

  • 複雑非線形システムのロバスト性と可安定性の理論研究

    研究課題番号:03F00045  2003年04月 - 2004年03月   特別研究員奨励費

  • 都市型下水処理設備における微生物反応過程の非線形数学モデルに基づく高信頼水質制御

    研究課題番号:13555120  2001年04月 - 2004年03月   基盤研究(B)

  • 複雑結合非線形システムのローカルとグローバルな設計のシームレスな統合

    研究課題番号:13750422  2001年04月 - 2003年03月   奨励研究(A)→若手研究(B)

  • 建設的コントロールリアプノフ設計と状態依存スケーリングロバスト非線形制御の融合

    研究課題番号:11750399  1999年04月 - 2001年03月   奨励研究(A)

  • ロバスト制御系の設計問題に関する研究

    1994年04月 - 1995年03月   特別研究員奨励費

     詳細を見る

    本研究の目的は、不確定要素を含んだ制御対象に対して実用的なロバスト性を備えた制御器の設計法を開発することにある。ここで、実用性ということからも、実制御対象の物理的な変動要素が非線形要素として加わる場合や、制御系の構造自体が非線形性を持っている場合も取り扱うことが必要である。

▼全件表示

担当授業科目(学内)

  • 2021年度   学際情報特別実験及び演習Ⅰ

  • 2021年度   学際情報特別実験及び演習Ⅰ

  • 2021年度   学際情報講究Ⅰ

  • 2021年度   学際情報講究Ⅰ

  • 2021年度   ロバスト安定論特論

  • 2021年度   システム創成プロジェクト IV

  • 2021年度   創作プロジェクトⅡ

  • 2021年度   創作プロジェクトⅠ

  • 2021年度   現代制御論

  • 2021年度   プログラミング

  • 2020年度   ロバスト安定論特論

  • 2020年度   現代制御論

  • 2020年度   プログラミング

  • 2020年度   創作プロジェクトⅡ

  • 2020年度   創作プロジェクトⅠ

  • 2020年度   知的システム工学実験演習Ⅰ

  • 2020年度   知的システム工学実験演習Ⅱ

  • 2019年度   ロバスト安定論特論

  • 2019年度   システム創成プロジェクト II

  • 2019年度   現代制御論

  • 2019年度   プログラミング

  • 2019年度   創作プロジェクトⅡ

  • 2019年度   創作プロジェクトⅠ

  • 2019年度   システム創成特論

  • 2019年度   知的システム工学実験演習Ⅱ

  • 2019年度   知的システム工学実験演習Ⅰ

  • 2018年度   ロバスト安定論特論

  • 2018年度   現代システム制御論

  • 2018年度   プログラミング

  • 2018年度   創作プロジェクトⅡ

  • 2018年度   創作プロジェクトⅠ

  • 2018年度   システム創成プロジェクト II

  • 2017年度   ロバスト安定論特論

  • 2017年度   システム創成プロジェクト II

  • 2017年度   現代システム制御論

  • 2017年度   プログラミング

  • 2016年度   現代システム制御論

  • 2016年度   プログラミング

  • 2016年度   ロバスト安定論特論

  • 2015年度   現代システム制御論

  • 2015年度   ロバスト安定論特論

  • 2015年度   プログラミング

  • 2014年度   システム創成プロジェクト II

  • 2014年度   ロバスト安定論特論

  • 2014年度   プログラミング

  • 2014年度   現代システム制御論

  • 2013年度   プログラミング

  • 2013年度   現代システム制御論

  • 2012年度   プログラミング

  • 2012年度   現代システム制御論

  • 2012年度   ロバスト安定論特論

  • 2010年度   知的システム工学実験演習Ⅰ

▼全件表示

担当経験のある授業科目(学外)

  • 応用数学特論

    機関名:神戸大学

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など

  • Lecture of the Year

    九州工業大学   科目プログラミング  

    2021年05月

    伊藤 博

     詳細を見る

    受賞国:日本国

学会・委員会等活動

  • 米国電気電子学会   Board Member of Governors for Control Systems Society  

    2020年01月 - 2022年12月

  • 計測自動制御学会   常務理事  

    2021年03月 - 2022年02月

  • 計測自動制御学会   理事  

    2020年03月 - 2021年02月

  • The International Federation of Automatic Control   Vice-Chiar of the IFAC Technical Committee on Non-linear Control Systems  

    2012年01月 - 現在

  • 米国電気電子学会(IEEE)   Chair of IEEE Control System Society Technical Committee on Nonlinear Systems and Control  

    2016年01月 - 2019年12月

  • 米国電気電子学会(IEEE)   Associate Editor, Control Systems Society Conference Editorial Board  

    2002年01月 - 現在

  • The International Federation of Automatic Control   Associate Editor of Automatica  

    2012年08月 - 2020年12月

  • 米国電気電子学会(IEEE)   Associate Editor of IEEE Transactions on Automatic Control  

    2008年01月 - 2010年12月

  • The European Control Association   Associate Editor of European Journal of Control  

    2013年06月 - 現在

  • Journal of Control and Decision, Taylor Francis   Associate Editor of Journal of Control and Decision  

    2014年01月 - 現在

  • 計測自動制御学会   Associate Editor of Journal of Control, Measurement and System Integration  

    2012年04月 - 現在

  • 計測自動制御学会   Administrative Assistant to Editor-in-Chief of SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration  

    2015年04月 - 2022年02月

  • 計測自動制御学会   非線形現象の特徴化に基づく制御理論調査研究会 主査  

    2016年01月 - 2018年12月

  • Institute of Electrical and Electronics Engineers   Member of Program Committee of 61th IEEE Conference on Decision and Control  

    2022年01月 - 2022年12月

  • Chinese Association of Automation   Member of International Program Committee of 2022 Chinese Control and Decision Conference  

    2022年01月 - 2022年07月

  • The International Federation of Automatic Control   Member of International Program Committee of 12th IFAC Symposium on Nonlinear Control Systems  

    2021年10月 - 2023年02月

  • International Symposium on Mathematical Theory of Networks and Systems   Member of Program Committee of 25th International Symposium on Mathematical Theory of Networks and Systems, 2022  

    2021年01月 - 2022年09月

  • The Institute of Control, Robotics and Systems   Member of Program Committee of International Conference on Control, Automation and Systems 2021  

    2021年01月 - 2021年10月

  • The Institute of Control, Robotics and Systems   Member of Program Committee of International Conference on Control, Automation and Systems 2021  

    2021年01月 - 2021年10月

  • Chinese Association of Automation   Member of International Program Committee of 2021 Chinese Control and Decision Conference  

    2021年01月 - 2021年07月

  • The International Federation of Automatic Control   Tutorial Program Chair for 22nd World Congress of the International Federation of Automatic Control 2023  

    2020年11月 - 2023年12月

  • The Institute of Control, Robotics and Systems   Member of Program Committee of International Conference on Control, Automation and Systems 2020  

    2020年01月 - 2020年10月

  • Chinese Association of Automation   Member of International Program Committee of 2020 Chinese Control and Decision Conference  

    2020年01月 - 2020年07月

  • The International Federation of Automatic Control   IPC Technical Associated Editor for 21st World Congress of the International Federation of Automatic Control 2020  

    2019年10月 - 2020年09月

  • The International Federation of Automatic Control   General Chair of the 3rd IFAC Conference on Modeling, Identification and Control of Nonlinear Systems 2021  

    2019年09月 - 2021年09月

  • 計測自動制御学会   Guest Editor for the Special Issue on SICE 2019 in Journal of Control, Measurement and System Integration  

    2019年02月 - 2020年05月

  • The Institute of Control, Robotics and Systems   Member of Program Committee of International Conference on Control, Automation and Systems 2019  

    2019年01月 - 2019年10月

  • Chinese Association of Automation   Member of International Program Committee of 2019 Chinese Control and Decision Conference  

    2019年01月 - 2019年07月

  • 米国電気電子学会(IEEE)   Member of Program Committee of 2019 American Control Conference  

    2018年09月 - 2019年07月

  • 計測自動制御学会   第6回制御部門マルチシンポジウムプログラム委員長  

    2018年08月 - 2019年03月

  • The International Federation of Automatic Control   Member of International Program Committee of 11th IFAC Symposium on Nonlinear Control Systems  

    2018年05月 - 2019年08月

  • 計測自動制御学会   Lead Editor for the Special Issue on SICE 2018 in Journal of Control, Measurement and System Integration  

    2018年02月 - 2019年05月

  • The Institute of Control, Robotics and Systems   Member of Program Committee of International Conference on Control, Automation and Systems 2018  

    2018年01月 - 2018年10月

  • 計測自動制御学会   Member of Program Committee of SICE Annual Conference 2018  

    2018年01月 - 2018年09月

  • Chinese Association of Automation   Member of International Program Committee of 2018 Chinese Control and Decision Conference  

    2018年01月 - 2018年07月

  • The International Federation of Automatic Control   Member of International Program Committee of 2nd Conference on Modelling Identification and Control of Nonlinear Systems  

    2017年12月 - 2018年06月

  • International Symposium on Positive Systems   Co-chair of Organized Session Committee of 6th International Symposium on Positive Systems 2018  

    2017年08月 - 2018年08月

  • International Symposium on Positive Systems   Member of International Program Committee of 6th International Symposium on Positive Systems 2018  

    2017年08月 - 2018年08月

  • 計測自動制御学会   Guest Editor for the Special Issue on SICE 2017 in Journal of Control, Measurement and System Integration  

    2017年02月 - 2018年05月

  • The Institute of Control, Robotics and Systems   Member of Program Committee of International Conference on Control, Automation and Systems 2017  

    2017年01月 - 2017年10月

  • Chinese Association of Automation   Member of International Program Committee of 2017 Chinese Control and Decision Conference  

    2017年01月 - 2017年07月

  • The International Federation of Automatic Control   IPC Technical Associated Editor for 20th World Congress of the International Federation of Automatic Control 2017  

    2016年10月 - 2017年09月

  • The International Federation of Automatic Control   IPC Technical Associated Editor for 19th World Congress of the International Federation of Automatic Control 2017  

    2016年07月 - 2017年07月

  • 計測自動制御学会   Guest Editor for the Special Issue on SICE 2016 in Journal of Control, Measurement and System Integration  

    2016年02月 - 2017年03月

  • The Institute of Control, Robotics and Systems   Member of Program Committee of International Conference on Control, Automation and Systems 2016  

    2016年01月 - 2016年10月

  • Chinese Association of Automation   Member of International Program Committee of 2016 Chinese Control and Decision Conference  

    2015年10月 - 2016年07月

  • The International Federation of Automatic Control   Member of International Program Committee of 10th IFAC Symposium on Nonlinear Control Systems  

    2015年09月 - 2016年08月

  • The European Control Association   Member of International Program Committee of European Control Conference 2016  

    2015年03月 - 2016年06月

  • 計測自動制御学会   Guest Editor for the Special Issue on SICE 2015 in Journal of Control, Measurement and System Integration  

    2015年02月 - 2016年03月

  • The Institute of Control, Robotics and Systems   Member of Program Committee of International Conference on Control, Automation and Systems 2015  

    2015年01月 - 2015年10月

  • The International Federation of Automatic Control   A member of International Program Committee of 4th IFAC Conference on Analysis and Control of Chaotic Systems  

    2014年10月 - 2015年08月

  • Chinese Association of Automation   Member of International Program Committee of 2015 Chinese Control and Decision Conference  

    2014年01月 - 2015年07月

  • The Institute of Control, Robotics and Systems   Member of Program Committee of International Conference on Control, Automation and Systems 2014  

    2014年01月 - 2014年10月

  • The European Control Association   Member of International Program Committee of European Control Conference 2014  

    2014年01月 - 2014年06月

  • The International Federation of Automatic Control   Member of International Program Committee of 19th IFACWorld Congress 2014  

    2013年12月 - 2014年08月

  • Chinese Association of Automation   Member of International Program Committee of 2014 Chinese Control and Decision Conference  

    2013年01月 - 2014年07月

  • The Institute of Control, Robotics and Systems   Member of Program Committee of International Conference on Control, Automation and Systems 2013  

    2013年01月 - 2013年10月

  • Chinese Association of Automation   Member of International Program Committee of 2013 Chinese Control and Decision Conference  

    2013年01月 - 2013年07月

  • 電気学会   ナノスケールサーボのための制御応用技術協同研究委員会委員  

    2010年01月 - 2011年12月

  • 米国電気電子学会(IEEE)   Member of IEEE Control System Society Technical Committee on Nonlinear Systems and Control  

    2010年01月 - 現在

  • 電気学会   ナノスケールサーボのための制御技術の共通基盤共同研究委員会委員  

    2008年03月 - 2010年02月

  • 米国電気電子学会(IEEE)   Associate Editor of IEEE Transactions on Automatic Control  

    2007年10月 - 2011年12月

  • 計測自動制御学会   多様な非線形ダイナミクスを生かした次世代制御調査研究会副主査  

    2007年01月 - 2008年12月

  • 計測自動制御学会   九州支部 評議員  

    2007年01月 - 2008年12月

  • 電気学会   ナノスケールサーボのための新しい制御技術共同研究委員会委員  

    2006年02月 - 2008年01月

  • SICE and The Institute of Control, Automation and Systems Engineers   Member of Program Committee of SICE-ICASE International Joint Conference 2006  

    2006年01月 - 2010年10月

  • 計測自動制御学会   制御部門事業委員  

    2005年01月 - 2007年12月

  • 計測自動制御学会   非線形ダイナミクスの特異構造から制御を考える調査研究会主査  

    2005年01月 - 2006年12月

  • 米国電気電子学会(IEEE)   Associate Editor of ECC-CDC'05  

    2003年12月 - 2005年12月

  • 計測自動制御学会   制御と情報通信ネットワークに関する調査研究会委員  

    2003年01月 - 2004年12月

  • 計測自動制御学会   九州支部 事業委員長  

    2003年01月 - 2003年12月

  • 電気学会   マスストレージシステムのための次世代サーボ技術調査専門委員会委員  

    2002年12月 - 2005年11月

  • 計測自動制御学会   九州支部 事業幹事  

    2002年01月 - 2003年12月

  • 電気学会   マスストレージシステムのための超精密超高速サーボ技術調査専門委員会委員  

    2001年10月 - 2003年09月

  • 計測自動制御学会   複雑非線形系の制御に関する調査研究会委員  

    2001年01月 - 2002年12月

  • 計測自動制御学会   複雑非線形系の制御に関する調査研究会委員  

    2001年01月 - 2002年12月

▼全件表示

国際会議開催(学会主催除く)

  • The 3rd IFAC Conference on Modeling, Identification and Control of Nonlinear Systems

    Hiroshi Ito  Online  2021年09月14日 - 2021年09月17日

  • Fukuoka Workshop on Nonlinear Control Theory 2015

    Hiroshi Ito, 科研費基盤研究C  2015年12月13日