2024/05/21 更新

写真a

フチワキ マサキ
渕脇 正樹
FUCHIWAKI Masaki
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 5

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院情報工学研究院 知的システム工学研究系
職名
教授
メールアドレス
メールアドレス
研究室電話
0948-29-7763
研究室FAX
0948-29-7751
外部リンク

研究キーワード

  • 流れの可視化

  • ソフトアクチュエータ

  • バイオエンジニアリング

  • 流体工学

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 流体工学

出身学校

  • 1995年03月   九州工業大学   情報工学部   機械システム工学科   卒業   日本国

出身大学院

  • 2000年03月   九州工業大学   情報工学研究科   情報システム   博士課程・博士後期課程   修了   日本国

取得学位

  • 九州工業大学  -  博士(情報工学)   2000年09月

学内職務経歴

  • 2019年04月 - 現在   九州工業大学   大学院情報工学研究院   知的システム工学研究系     教授

  • 2018年01月 - 2019年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院   機械情報工学研究系     教授

学外略歴

  • 2000年10月 - 2002年03月   財団法人大阪科学技術センター   研究員   日本国

所属学会・委員会

  • 2004年04月 - 現在   日本機械学会   日本国

  • 2010年04月 - 現在   可視化情報学会   日本国

  • 2017年04月 - 現在   International Conference on Vortex Flow Mechanics   日本国

  • 2010年10月 - 現在   エアロアクアバイオメカニズム学会   日本国

  • 2010年04月 - 現在   渦流れ研究会   日本国

  • 2010年04月 - 現在   ターボ機械協会   日本国

▼全件表示

論文

  • Aerodynamic performances and efficiency of axial flow fan placed in cooling system 査読有り 国際誌

    Kawano T., Fuchiwaki M.

    Journal of Physics: Conference Series   2217 ( 1 )   2022年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    One way to reduce the aerodynamic noise generated by the cooling system of construction machinery is to improve the fan efficiency and then drive the cooling fan at a lower speed. Computational Fluid Dynamics (CFD) is effective for clarifying the mechanisms of the fan efficiency, but there are few reports that capture the flow field around the axial fan blades installed in the cooling system of construction machinery, that is, in a high static pressure environment. Moreover, from the viewpoint of the three-dimensional flow field, the fan efficiency has not been sufficiently studied. In this study, the flow field of the entire cooling system including an axial cooling fan was visualized by numerical simulation using ANSYS-CFX17.0, and the effect of the flow field formed around the blades on the fan efficiency was investigated. In case of a single axial fan, increase or decrease in pressure caused by airflow collision or separation is higher than the entire cooling system. As a result, the loss becomes large. In addition, the increase in loss due to collision or separation occurs regardless of the blade span length, and its magnitude is proportional to the circumferential velocity at each point of the blade except for the blade tip.

    DOI: 10.1088/1742-6596/2217/1/012002

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85130302070&origin=inward

  • 冷却システム内で迂回する流れにより生じる圧力損失とその最適化

    川野 貴史, 渕脇 正樹

    年次大会 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2022 ( 0 )   S053-08   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>One solution to reduce the cooling system noise generated by construction machinery is to drive the fan at low speed while ensuring the flow rate required for the cooling system. An approach to achieve this is to reduce the pressure drop that occurs in the flow path in the cooling system. Using CFD is effective for estimating the three-dimensional spatial pressure drop characteristics of the system, but the mechanism of pressure drop that occurs in the three-dimensional flow field has not been clarified. In this study, the flow field around the axial flow fan placed in the cooling system enclosure is visualized, and the mechanism of pressure drop that occurs in the three-dimensional flow field considering the actual configuration is clarified. With the default exhaust port, we found that portions of the fan outlet flow divert significantly inside the enclosure and are exhausted at exhaust port outlets located some distance away from the fan. With the optimized exhaust port, there are few diverting flow and the flow in the enclosure is discharged in a shorter route than the default exhaust port, so the pressure drop is reduced and the flow rate is increased. Hence, by expelling the flow at the exhaust port via the shortest path without allowing it to mix chaotically inside the enclosure, the flow rate can be increased using the same fan speed.</p>

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2022.s053-08

    CiNii Research

  • 蝶の翅の羽ばたき運動により生成される渦輪とその非定常流体力特性

    葉石 晴風, 渕脇 正樹

    流体工学部門講演会講演論文集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2022 ( 0 )   OS03-27   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>Butterfly generates unsteady dynamic fluid force with a pair of vortex rings. In order to elucidate the flight mechanism of butterflies, it is necessary not only to clarify the vortex rings formed around the wings but also elucidate the characteristics of the unsteady fluid force generated by the flapping motion. By applying the momentum theory to the vortex rings formed during flapping motion, it is possible to estimate the force generated by flapping motion. In this study, we reconstruct a pair of vortex rings formed by flapping motion based on a small number of visualization results and elucidate dynamic fluid force characteristics. A part of estimation result of Lift estimated by the rough shape vortex rings generated by downstroke and upstroke do not match with the direct measurement result. But not only the peak value of estimation result of Lift is near with the direct measurement result quantitatively but also the value of estimation result between upstroke is a small negative as well as the direct measurement result. Although there is a phase difference between the estimation result and direct measurement result, there is a qualitative and quantitative agreement between estimation results and direct measurement result. From those results, butterfly generate the unsteady dynamic Lift between downstroke, especially at butterfly spread wing maximum (<i>t</i>/<i>T</i> = 0.40). After that, the unsteady dynamic Lift decrease and become 0 at upstroke.</p>

    DOI: 10.1299/jsmefed.2022.os03-27

    CiNii Research

  • 主流中に吹出すSweeping jetが作り出す渦構造と生成過程 国際誌

    小林 英世, 渕脇 正樹

    年次大会 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2022 ( 0 )   S055-13   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>Sweeping jet is a jet that oscillates at high velocity and is known to have a higher mixing effect. Therefore, it is attracting attention especially from the viewpoint of flow control. In fact, although reports have been made that contribute to control, the flow characteristics that directly contribute to control have not been clarified, and optimization and practical application have not progressed. Moreover, it has been shown that the flow splits in the wake and that a vortex structure similar to a single Jet in cross flow is emitted to the left and right near the exit of the sweeping jet, but the formation and decay processes that link them have not yet been clarified. In this study, we focus on the temporal changes of the flow structure generated near the exit of the inclined sweeping jet and elucidate them. In addition, numerical simulations are used to capture changes in spatial and temporal phenomena in detail.</p>

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2022.s055-13

    CiNii Research

  • 主流と高速振動ジェットが作り出す三次元渦構造

    田中 祥真, 渕脇 正樹

    年次大会 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2022 ( 0 )   S055p-10   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>A sweeping jet produced by a fluidic oscillator has recently been examined from the viewpoint of flow separation control. A sweeping jet, which is an oscillating jet with high frequency and large amplitude, is generated by the internal structure of the oscillator, which eliminates the need for a drive unit. Sweeping jets have attracted attention as an active flow control device. Studies have proposed active flow control techniques for an airfoil based on sweeping jets. Most of these studies focused on the characteristics of the dynamic forces acting on the airfoil. However, the flow fields formed by the interaction between the sweeping jet and the main flow and their flow mechanisms are poorly understood, especially for the case where a sweeping jet is ejected into a main flow when a flow field is used to control flow separation. In this study, the detailed vortex structure generated by the interaction between the sweeping jet and the main flow was quantitatively examined using stereo PIV. The stream tube generated by the interaction between the sweeping jet and the main flow consists of two vortex tubes near the outlet of the sweeping jet at a location of 2.0<i>d</i> to 6.0<i>d</i>. At the wake over 10.0<i>d</i>, a pair of vortex tubes gradually separates.</p>

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2022.s055p-10

    CiNii Research

  • 主流と高速振動ジェットが作り出す三次元渦構造

    田中 祥真, 渕脇 正樹

    流体工学部門講演会講演論文集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2022 ( 0 )   OS03-31   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>A jet in crossflow formed by the interaction between the jet and a main flow is a typical unsteady flow. Jet in crossflow have been studied using experimental and numerical approaches. In particular, a sweeping jet in crossflow has recently attracted attention from the viewpoint of active flow separation control. A sweeping jet, which is an oscillating jet with high frequency and large amplitude, energy can be injected widely into the flow separation area. However, the flow fields formed by the interaction between the sweeping jet and the main flow and their flow mechanisms are poorly understood, it has not been put to practical use. Furthermore, the flow structure produced by the interaction between a sweeping jet and a main flow with different behaviors is very complex and difficult to understand. Therefore, it is extremely important to elucidate the flow structure generated by the interaction between a sweeping jet and a main flow. In this study, the detailed vortex structure generated by the interaction between the sweeping jet and the main flow was quantitatively examined using stereo PIV. The vortex structure behaves differently depending on the velocity ratio. The larger velocity ratio, a sweeping jet extends to the wake and develops near the wall.</p>

    DOI: 10.1299/jsmefed.2022.os03-31

    CiNii Research

  • VORTEX STRUCTURE GENERATED BY A SWEEPING JET IN A CROSS FLOW AND ITS CREATION PROCESS 査読有り 国際誌

    Fuchiwaki M., Raghu S.

    American Society of Mechanical Engineers, Fluids Engineering Division (Publication) FEDSM   1   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    A sweeping jet produced by a fluidic oscillator has recently been examined from the viewpoint of flow separation control. Studies have proposed active flow control techniques for an airfoil based on sweeping jets. Most of these studies focused on the characteristics of the dynamic forces acting on the airfoil. However, the flow fields formed by the interaction between the sweeping jet and the main flow and their flow mechanisms are poorly understood. In particular, the vortex structure and flow mechanism formed by the interaction with respect to the velocity ratio between the sweeping jet and the main flow and the growth mechanisms of the vortex structure formed by the interaction have not been clarified. The detailed vortex structure generated by the interaction between the sweeping jet and the main flow was quantitatively examined using stereo PIV. The stream tube generated by the interaction between the sweeping jet and the main flow consists of two vortex tubes near the outlet of the sweeping jet at a location of 1.0d to 11.3d. At locations of 22.5d and 30.0d, a pair of vortex tubes gradually separates. Each vortex tube develops in the wake and its vorticity weakens.

    DOI: 10.1115/FEDSM2022-87002

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85139795493&origin=inward

  • Growth Mechanism of a Vortex Structure Formed by a Sweeping Jet and a Main Flow 査読有り 国際誌

    Kobayashi E., Fuchiwaki M., Raghu S.

    American Society of Mechanical Engineers, Fluids Engineering Division (Publication) FEDSM   2   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    The vortex structure generated by a single jet emit into the main flow is known as a jet in cross flow and is a fundamental phenomenon that has been reported in many studies. On the other hand, high-velocity, oscillating, sweeping jets are also attracting attention for their engineering applications, but the flow generated by sweeping jets emitted into the main flow is not fully understood due to a highly unsteady fluid phenomenon. In the present study, a large-scale vortex structure generated by a sweeping jet emitted into the main flow at an angle of 30 degrees from the wall is clarified through numerical simulation. Sweeping jets form a single stream tube near the outlet, specifically at z/d < 4.5, and gradually split into two stream tubes from z/d > 4.5. The vortex rings are generated by the interaction among the sweeping jet, the main flow, and the wall surface. The vortex rings tilt perpendicular to the main flow as they develop but dissipate due to the rotation of the high-velocity jet and transform into numerous elongated vortices.

    DOI: 10.1115/FEDSM2022-79617

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85139834213&origin=inward

  • Flow Patterns and Hysteresis Characteristic of a Poppet Valve 査読有り 国際誌

    HIROSE Naoki, MASUDA Seiei, SHIMIZU Fumio, FUCHIWAKI Masaki, TANAKA Kazuhiro

    JFPS International Journal of Fluid Power System ( 一般社団法人 日本フルードパワーシステム学会 )   15 ( 2 )   53 - 61   2022年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    <p>Previous studies on poppet valves have revealed that there are various flow patterns in the flow field around the valve body and that the flow pattern inside the poppet valve has various effects on the poppet valve. Recently, Masuda et al. have reproduced the hysteresis phenomenon on the pressure and flowrate characteristics of a poppet valve by CFD analysis coupled with an equation of motion. Unfortunately, their paper does not describe the detailed relationship between the hysteresis characteristics and the flow pattern. In this study, by succeeding and developing the work of Masuda et al. and including the results of previous studies, we have systematically organized the flow patterns of poppet valves into five types and clarified the relationship between the hysteresis characteristics and flow patterns. In addition, the flow force acting on the poppet valve connecting the hysteresis characteristic and the flow pattern has also been clarified.</p>

    DOI: 10.5739/jfpsij.15.53

    CiNii Research

  • Pressure drop mechanisms in a cooling system enclosure 査読有り 国際誌

    Kawano T., Fuchiwaki M.

    Journal of Fluid Science and Technology ( 一般社団法人 日本機械学会 )   17 ( 4 )   JFST0014 - JFST0014   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    A potential way to reduce the noise generated by construction machinery cooling systems is to satisfy the flow rate required for cooling at lower fan speeds, and a promising approach to achieving this goal involves finding ways to reduce the pressure drop that occurs in the cooling system ventilation passages. Towards that end, approaches using computational fluid dynamics (CFD) have proven effective for estimating three-dimensional (3D) spatial pressure drops, but there have been few reports on actual loss mechanisms. In this study, the mechanisms of pressure drops that occur inside a cooling system enclosure and around exhaust port vents were investigated by capturing the flow discharged by the axial fan within the enclosure into the atmosphere via the exhaust port. We found that portions of the fan outlet flow divert significantly inside the enclosure and are exhausted at exhaust port outlets located some distance away from the fan. We also found that the pressure drops in such locations are larger than experienced by flow discharged via the shortest path. Since flows within the enclosure collide with each other and become unsettled around the exhaust port, turbulent kinetic energy increases, thus intensifying the pressure drop. Hence, by expelling the flow at the exhaust port via the shortest path without allowing it to mix chaotically inside the enclosure, the flow rate can be increased using the same fan speed.

    DOI: 10.1299/JFST.2022JFST0014

    Scopus

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85147710354&origin=inward

  • 壁面上に吹き出すSweeping jetが生成する渦構造の成長過程

    小林 英世, 渕脇 正樹

    流体工学部門講演会講演論文集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2022 ( 0 )   OS03-30   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)

    <p>The Fluidic Oscillator can permanently generate a high-velocity oscillating jet (Sweeping jet) and give a large fluctuation to the flow field without driving parts. Therefore, it is attracting attention as a new active flow control device. However, the flow characteristics that directly contribute to flow separation control have not been sufficiently clarified, and their optimization and practical application have not progressed. Therefore, in order to clarify the details of the flow characteristics that contribute to the flow separation control, it is necessary to clarify the flow structure generated by the sweeping jet that blows into the main flow from the wall surface.In this study, we clarify the growth process of the vortex structure generated by the interaction of the sweeping jet, which blows out from the wall at 30 degrees to the main flow, by numerical simulation. It is conducted to understand the complex and large-scale flow structure and its generation process generated by a sweeping jet in the main flow. The vortex structure forms one flow tube at <i>z</i>/<i>d</i> < 4.5 and splits into two at <i>z</i>/<i>d</i> > 4.5. Shear layer vortices with the same frequency as the oscillation frequency are generated in the stream tube, and after splitting into two, it is generated alternately to the left and right. After that, at <i>z</i>/<i>d</i> > 6.0, the shear layer vortex begins to collapse due to wall interference, and at <i>z</i>/<i>d</i> > 7.5 it transforms into discrete vortices.</p>

    DOI: 10.1299/jsmefed.2022.os03-30

    CiNii Research

  • 冷却系エンクロージャ内で運転される軸流ファンの翼面圧力変動

    川野 貴史, 渕脇 正樹

    流体工学部門講演会講演論文集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2022 ( 0 )   OS07-15   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>W Suppressing the pressure fluctuations distributed on the blade surface of an axial fan is applied as one of the means to reduce the noise generated in the cooling system of construction machinery. For that purpose, it is effective to use computational fluid dynamics (CFD) to capture the 3D vortex structure around a fan blade. However, while there have been many reports on the flow field formed around the blades of a fan alone or an axial fan with a duct-shaped shroud, the influence of the vortex structure formed at the actual operating point of the axial fan on the pressure fluctuation on the blade surface has not been sufficiently discussed. In this study, the three-dimensional vortex structure around the fan blade installed in the cooling system is investigated, and in particular, the influence of the wing tip leakage vortex on the pressure fluctuation on the fan blade surface is clarified. Wing tip leakage vortex that flow from forward in the direction of rotation of the fan interfere with a blade while oscillating periodically in the y-axis direction. The oscillation of the forward wing tip leakage vortex causes the separation position of the newly formed wing tip leakage vortex to change, and as a result, the pressure fluctuation increases at the tip of the blade suction surface near the separation position.</p>

    DOI: 10.1299/jsmefed.2022.os07-15

    CiNii Research

  • 建設機械における軸流冷却ファンの羽根まわりに形成される渦流れ

    川野 貴史, 渕脇 正樹

    流体工学部門講演会講演論文集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2021 ( 0 )   OS07-16   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>The energy loss of the airflow generated by forced convection in the cooling system included in heavy construction machinery is due to friction and turbulence in its ventilation path, and its behavior is three-dimensional. Therefore, computational fluid dynamics (CFD) is effective in clarifying the three-dimensional energy loss mechanism, but there are few reports that three-dimensionally capture the flow field in the cooling system of construction machinery, especially including some components around the axial fan. In this study, the flow field of the entire cooling system was visualized by numerical simulation using ANSYS-CFX17.0, and the effect of the three-dimensional flow field formed around the blades of the axial flow fan on the fan performance was investigated. From the results of CFD analysis, the fan performance is inferior in the case of the axial fan only than in the case of the entire cooling system, which is consistent with the blockage effect of the wing tip leakage vortex limiting the air flowing into the impeller. The wing tip leakage vortex is large-scale and has a high vorticity, and is divided into leading edge of adjacent blade because it flows in the tangential direction while maintaining the same height as the wing tip.</p>

    DOI: 10.1299/jsmefed.2021.os07-16

    CiNii Research

  • 主流中に吹出すSweeping jetが作り出す三次元渦構造とその生成過程

    小林 英世, 渕脇 正樹

    流体工学部門講演会講演論文集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2021 ( 0 )   OS03-01   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>The sweeping jet has been attracted attention as active flow control and mixing acceleration devices. Especially, the studies of the flow separation control techniques using the sweeping jet have been reported recently. However, most of these results are mainly contribution of the dynamic forces and the study on the flow mechanism produced by a sweeping jet has not been understood sufficiently. Especially, the vortex structure and flow mechanism formed by the interaction between the sweeping jet and the main flow have not been understood sufficiently. The purpose of the present study is to investigate the detailed vortex structure produced by the interaction between the sweeping jet from the Fluidic Oscillator and the main flow by a numerical simulation.</p>

    DOI: 10.1299/jsmefed.2021.os03-01

    CiNii Research

  • 冷却系エンクロージャ内で形成される3次元流れ場の圧力損失分布

    川野 貴史, 渕脇 正樹

    年次大会 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2021 ( 0 )   S055-16   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>A potential way to reduce cooling system noises generated by heavy construction machinery is to generate the required cooling airflow with a low fan speed, and one way to accomplish this is to optimize the ventilation path through which the airflow generated by the cooling fan passes. The computational fluid dynamics (CFD) approach would be effective for modeling the three-dimensional pressure drop characteristic of such systems. However there have been few reports aimed at clarifying the loss generation mechanisms or suggesting minimization methods based on flow field viewpoints. Accordingly, in this study, we visualize the three-dimensional (3D) flow field characteristics of an electric cooling fan system installed within the cooling enclosure of a heavy construction machinery and investigate the details of the system’s pressure drop mechanisms. The total pressure drop that occurs in the exhaust side enclosure accounts for 26% of the total pressure drop that occurs in the entire enclosure. In the exhaust side enclosure, the pressure drop is increased because the shape of the exhaust port is not corresponded to annular flow of the cooling fan wake.</p>

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2021.s055-16

    CiNii Research

  • ポペット弁型圧力制御弁の内部流れ解析とヒステリシスの再現

    増田 精鋭, 清水 文雄, 渕脇 正樹, 田中 和博

    日本フルードパワーシステム学会論文集 ( 一般社団法人 日本フルードパワーシステム学会 )   52 ( 1 )   8 - 15   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>Poppet valves are often used as a pressure / flow rate control valve for a hydraulic system. Much research has been conducted on the characteristics of poppet valves. Hysteresis characteristics have emerged in pressure-flow characteristic experiments of poppet valves designed and prototyped by the author. In order to clarify the mechanism of this hysteresis characteristic, we firconfirmed the reproduction of hysteresis and confirmed the validity of the research policy. Specifically, we investigated the internal flow by CFD analysis and examined the reproduction of hysteresis characteristics by CFD. The CFD software used is Simerics MP +, which allows CFD analysis to be combined with the valve's equation of motion. First, the precision of CFD analysis was verified by confirming that the experimental values of in the reference and calculated values were in good agreement. Furthermore, CFD steady flow analysis of the internal flow was performed, and the validity of the calculation results such as the flow patterns, flow coefficient, and flow force was examined. As a result, it was clarified that there is a flow pattern that can be roughly divided into two types of internal flow with different flow rates. Then, by changing the flow rate in a time-dependent manner using CFD, we were able to reproduce the hysteresis characteristics that are in good agreement with the experimental results.</p>

    DOI: 10.5739/jfps.52.8

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jfps/52/1/52_8/_pdf

  • Pressure drop mechanisms generated in a cooling system enclosure of construction machinery 査読有り 国際誌

    Kawano T., Fuchiwaki M.

    American Society of Mechanical Engineers, Fluids Engineering Division (Publication) FEDSM   2   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    A potential way to reduce cooling system noises generated by heavy construction machines is to generate the required cooling airflow with a low fan speed, and one way to accomplish this is to optimize the ventilation path through which the airflow generated by the cooling fan must travel. However, while the computational fluid dynamics (CFD) approach would be effective for modeling the three-dimensional (3D) pressure drop characteristic of such systems, there have been few reports aimed at clarifying the loss generation mechanisms or suggesting minimization methods based on flow field viewpoints. Accordingly, in this study, we visualize the 3D flow field characteristics of an electric cooling fan system installed within the cooling enclosure of a heavy construction machine and investigate the details of the system s pressure drop mechanisms. Our results confirm that airflow pressure declines in areas other than the radiator account for more than half of the reduced pressure experienced by the whole system. Additionally, we found that, in the exhaust side enclosure, pressure drops increased because the exhaust port outlet shapes were not optimized to the annular airflow of the cooling fan. Most notably, we found that in the region before reaching the exhaust port outlets, the airflow from the fan repeatedly collides with obstacles within the enclosure, thus producing stagnation and turbulence that exacerbates pressure drops before being expelled into the outside environment.

    DOI: 10.1115/FEDSM2021-65578

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85116644778&origin=inward

  • Study on material removal mechanism for Cu-CMP on a patterned silicon wafer 査読有り 国際誌

    Bakier M.A.Y.A., Matsumoto R., Fuchiwaki M., Khajornrungruang P., Suzuki K.

    10th International Conference on Leading Edge Manufacturing Technologies in 21st Century, LEM 2021   243 - 245   2021年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Pattern effect as dishing and erosion on Cu-CMP process become a serious problem to fabricate multilevel interconnect in advanced ULSI devices. In the current study, planarization models using patterned wafer and ANSYS software are suggested to make precise predictions of the post-CMP surface height to support optimize the layout design. The slurry flow effect on the copper body has been investigated and the removed mass character is monitored through the stress distribution at the solid domain. By determination of the removal regions by the calculation, we can avoid the dishing and erosion areas in the patterned area from the post-CMP process.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85124796988&origin=inward

  • Vorticity growth formed in vicinity of a wall on a moving elastic airfoil 査読有り 国際誌

    Fuchiwaki M.

    American Society of Mechanical Engineers, Fluids Engineering Division (Publication) FEDSM   3   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    The flow field around moving airfoils capable of flexible elastic deformation has become a focus of attention. These flow fields may be understood as a fluid-structure interaction (FSI) problem, and the motion and deformation of elastic airfoils, as well as the associated vortex flow phenomena in their vicinity, are complicated. Many studies on the flow filed around the elastic moving airfoil have been investigated by experimental and numerical approached. The macro scale vortex structure and the dynamic forces acting on the elastic moving airfoil have been understood. However, the growth process of the vorticity in a vicinity of the wall of an elastic airfoil has not been clarified sufficiently. In this study, the authors focus on the dynamic behaviors of vorticity in the vicinity of the wall on the elastic heaving airfoil and investigate the growth process of the vorticity in a vicinity of the wall of an elastic airfoil by the fluid structure interaction and LES simulations using ANSYS 17.0/ANSYS CFX 17.0. The vorticity in the vicinity of a wall of the elastic airfoil spreads along the wall simultaneously with the increase of the spatial gradient of the wall, and discrete vorticity regions coalesce into a single layer. The time variation in spatial gradient contribute greatly to the growth and development of vorticity.

    DOI: 10.1115/FEDSM2021-65513

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85116638125&origin=inward

  • Sweeping jet が作り出す壁面近傍の渦構造

    小林 英世, 渕脇 正樹

    年次大会 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2021 ( 0 )   S051-25   2021年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>The Sweeping jet from the Fluidic Oscillator has been attracted attention as an active flow control device. The studies of the flow separation control techniques using the Fluidic Oscillator have been reported. However, most of these results area mainly contribution of the dynamic forces and the study of the flow mechanism produced by a Sweeping jet has not been understood sufficiently. Especially, it is not known the interaction between the Sweeping jet from the Fluidic Oscillator and the main flow and the detailed flow structure due to the interaction. The purpose of the present study is to investigate the detailed vortex structure produced by the interaction between the Sweeping jet from the Fluidic Oscillator and the main flow by a numerical simulation using ANSYS CFX.</p>

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2021.s051-25

    CiNii Research

  • Modelling and reducing fuel flow pulsation of a fuel-metering system by improving response of the pressure control valve during pump mode switching in a turbofan engine 査読有り

    Masuda S., Shimizu F., Fuchiwaki M., Tanaka K.

    ASME/BATH 2019 Symposium on Fluid Power and Motion Control, FPMC 2019   2020年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    In an aircraft turbofan engine, a fuel metering unit meters and supplies the required fuel to the engine according to the flight situation. When a centrifugal fuel pump (CFP) is used as the fuel pump, the ratio of hydraulic power per weight can be increased by raising the rated rotational speed, so the weight of the fuel pump can be decreased compared to when using a gear pump (GFP). There is an advantage that it can be reduced significantly. However, since the operating range of the fuel pump is wide, it is not effective to use CFP in an extremely low flow rate region because the fuel temperature rises due to its PQ characteristics and a large loss. Therefore, it is considered effective to combine CFP and GFP as pressure sources, and to use GFP in the low flow region and CFP in the high flow region. For that purpose, it is necessary to have a pump mode switching mechanism. The disadvantage in this case is that changing the pump mode causes a large pressure change of the fuel pressure source, which in turn causes fuel flow pulsations. There are three possible ways to solve this problem. The first method is to keep the differential pressure control valve (DPCV) unit response constant, which keeps the metering valve differential pressure constant in FMS. A second method is to remove high frequency components that the DPCV cannot follow pressure changes in the fuel control system. A third method is to keep the pressure difference between the two fuel sources small and to reduce the amplitude of the applied disturbance. In this paper, the first method, which makes DPCV response high response, is verified by modeling and simulation, and its effectiveness is confirmed.

    DOI: 10.1115/FPMC2019-1604

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85084162075&origin=inward

  • 主流中に吹出す高速振動流が生成する流れ構造

    小林 英世, 渕脇 正樹

    年次大会 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2020 ( 0 )   S05106   2020年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>A fluidic oscillator generates a sweeping jet with high frequency and large amplitude and is characterized by its capability for jet ejection over a wide range and for fluid oscillation by an internal structure that eliminates the need for a drive unit. Recently, the sweeping jet from the fluidic oscillator has attracted attention as an active flow control device. Many studies on flow control techniques using the sweeping jet have been reported. However, the details of the flow structure produced by the interaction between the sweeping jet and the main flow are not yet understood sufficiently. In particular, the vortex structure or the flow mechanism produced by the interaction between the sweeping jet has not been clarified. The purpose of the present study is to clarify the macro-scale vortex structure produced by the interaction between the sweeping jet from the fluidic oscillator and the main flow. The detailed vortex structure produced by these interactions is visualized quantitatively by a numerical simulation.</p>

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2020.s05106

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmemecj/2020/0/2020_S05106/_pdf

  • 弾性運動翼壁面の移動による渦度の成長

    刀根 千玖沙, 渕脇 正樹

    年次大会 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2020 ( 0 )   S05121   2020年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>Flow field around moving airfoils capable of flexible elastic deformation has become a focus of attention in recent years. These flow fields may be understood as a fluid-structure interaction (FSI) problem, and the motion and deformation of elastic airfoils, as well as the associated vortex flow phenomena in their vicinity, are complicated. Many studies on the flow field and the characteristics of dynamic forces acting on them around the elastic moving body have also carried out by the experimental and numerical approaches. The macro scale vortex structure and the characteristics of dynamic forces acting on the elastic moving airfoil have been understood. However, the details of the vortex structure and the growth process of the vorticity in a vicinity of the wall of an elastic airfoil has not been clarified sufficiently. In this study, the authors investigate the growth process of the vorticity in a vicinity of the wall of an elastic airfoil by FSI simulation using ANSYS 17.0/ANSYS CFX 17.0. In order to clarify the parameters which contributes to the growth process of the vorticity, the flow fields in the vicinity of the wall of the elastic and the rigid airfoils are visualized.</p>

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2020.s05121

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmemecj/2020/0/2020_S05121/_pdf

  • 膜厚比の異なるバイモルフ構造の導電性高分子ソフトアクチュエータ

    林 瑞樹, 許 宗焄, 渕脇 正樹

    年次大会 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2020 ( 0 )   J11119   2020年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>Soft actuators, or artificial muscles, based on conducting polymers, constitute the base for the development of promising polymeric sensing motors, tools for surgeons, or zoomorphic and anthropomorphic soft robots. Some electrochemical characterizations of these soft actuators of artificial muscles have been already reported. In this study, the behaviors of the asymmetric bilayer artificial muscles, PPy-ClO<sub>4</sub>/PPy-DBS worked in 0.5 M NaClO<sub>4</sub> aqueous solutions were discussed by the dynamo-voltammetric responses and coulo-dynamic Evolution responses. Especially, the authors are focusing on the thickness ratio between the PPy-ClO<sub>4</sub> and the PPy-DBS layers in this study. In this study, the author investigates the dynamic behavior of the bending actuation of the asymmetric bilayer artificial muscles based on some kinds of the thickness ratio between the anion-driven and the cation-driven layers.</p>

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2020.j11119

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmemecj/2020/0/2020_J11119/_pdf

  • 運動翼の弾性変形による渦度の成長

    刀根 千玖沙, 渕脇 正樹

    流体工学部門講演会講演論文集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2020 ( 0 )   OS03-07   2020年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>In recent years, there has been increasing interest in the flow field around elastic airfoils that perform unsteady motion, and many studies have been conducted using experimental and numerical approaches. There are many reports on the relationship between the wake structure of the unsteady airfoils and the dynamic fluid force acting on them. On the other hand, the dynamic behaviors of micro vortex structure and the growth process of the vortex structure have not been clarified sufficiently. The purpose of our present study is to clarify the growth process of the vortex structure in the vicinity of the wall. Especially, the authors focus on the movement of the wall and defined the as the temporal change in the spatial gradient in order to evaluate the elastic deformation quantitatively. The authors perform the numerical simulation of the flow field around a heaving elastic airfoil by using ANSYS CFX 17.0 and investigate the dynamic behaviors of the vorticity in vicinity of the wall.</p>

    DOI: 10.1299/jsmefed.2020.os03-07

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmefed/2020/0/2020_OS03-07/_pdf

  • 主流とSweeping jetの干渉により生成する渦流れ構造とその生成過程

    小林 英世, 渕脇 正樹

    流体工学部門講演会講演論文集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2020 ( 0 )   OS03-21   2020年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>A jet in cross flow is one of typical phenomena in fluid engineering and many studies about this flow field have been already reported. On the other hand, a sweeping jet produced by a fluidic oscillator has a high frequency and a large amplitude and is attracted attention from the viewpoint of an active flow control in recent years. However, the studies on sweeping jet in cross flow have not been understood sufficiently and the detailed flow structures and vortex structures have not clarified. The purpose of the present study is to clarify the detailed flow structures in the sweeping jet in cross flow by using a numerical simulation. Especially, the authors focus on the flow structures and its dynamic behaviors formed by an interaction between the sweeping jet and main flow near the outlet of the sweeping jet.</p>

    DOI: 10.1299/jsmefed.2020.os03-21

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmefed/2020/0/2020_OS03-21/_pdf

  • Vorticity Growth Process on a Wall of an Elastic Moving Airfoil 査読有り 国際誌

    Masaki Fuchiwaki, Takahide Tabata

    Proc. of The 15th Asian Symposium on Visualization (ASV15)   2019年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Busan   2019年09月25日  -  2019年09月28日

  • Optimization of Thickness Ratio of Asymmetric Bilayer Artificial Muscle 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Toribio Fernandez Otero

    International Conference on Active Polymer Materials and Soft Robotics (2019)   2019年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    China   Xi'an   2019年08月25日  -  2019年08月28日

  • Flow Structure Generated by a Sweeping Jet in a Cross Flow 査読有り

    Masaki Fuchiwaki1, Surya Raghu

    15th International Conference on Fluid Control, Measurements and Visualization   2019年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Italy   Naples   2019年05月27日  -  2019年05月30日

  • Modelling and reducing fuel flow pulsation of a fuel-metering system during pump mode switching in a turbofan engine 査読有り

    Masuda S., Shimizu F., Fuchiwaki M., Tanaka K.

    IOP Conference Series: Earth and Environmental Science   240 ( 5 )   2019年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    In this research, the transient characteristics of a new type fuel metering system for aircraft turbofan engines using two types of pumps, a gear pump and a centrifugal pump, were studied by modelling and simulation. This new fuel metering system is capable of hydraulically unloading the operating state of each pump by the pump mode switching mechanism within the permissible range of the pump rotation speed and the fuel flow rate and it is possible to reduce the fuel temperature rise due to the pressure loss in the circuit in the operation region of the entire fuel system. In addition to this, by using a small centrifugal pump that can realize high discharge flow rate, it is possible to reduce weight compared to the conventional fuel system. However, when the pump mode is switched, unexpected fluctuation in the fuel flow rate can occur when a large change in the inlet pressure of the system occurs, the pressure control unit cannot follow the change, and the transient phenomenon cannot be suppressed. At this time, the pressure waveform generated at the time of changing the pump mode includes a high frequency component such that the pressure control unit, which plays a role of keeping the metering valve differential pressure constant, cannot follow up. Therefore, in this paper, we focused on the frequency of the pressure change waveform when the pump mode was changed and studied the model of the fuel system inlet pressure in the gear pump mode. Based on that model, we propose a method to reduce the frequency characteristics of the pressure change occurring at the time of pump mode change.

    DOI: 10.1088/1755-1315/240/5/052030

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85063873118&origin=inward

  • 運動翼の弾性変形が作り出す渦度とその成長

    刀根 千玖沙, 渕脇 正樹

    年次大会 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2019 ( 0 )   S05123P   2019年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>Previous studies have shown that the elastic airfoil with heaving motion generates a strong vorticity on the airfoil wall and emits a strong vorticity in the wake compared to the rigid airfoil. However, how spatial gradient and vorticity development are related has not been elucidated. This research investigates the relationship between the time change of the spatial gradient of the airfoil wall and the vorticity created on the moving airfoil wall. Specifically, using NACA0010 with heaving motion with the strength of heaving motion <i>St</i> = 0.3, the heaving amplitude <i>A</i> = <i>c</i>/5, the attack angle <i>α</i> is 16 °, Re based on chord length is Re = 4,000. The airfoil has a non-dimensional distance from the leading edge <i>x</i>/<i>c</i> = 0 to 0.25 as a rigid part and <i>x</i>/<i>c</i> = 0.25 to 1.0 as an elastic part, and numerical analysis by fluid-structure interaction analysis using ANSYS 17.0 / ANSYS-CFX 17.0. For the turbulence model, we use k-ω of RANS, which has a relatively small computational load. The fact that the non-dimensional vorticity vicinity the trailing edge of the airfoil is developing when the downward deformation is small and only near the trailing edge, not when the airfoil wall is largely deformed downward.</p>

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2019.s05123p

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmemecj/2019/0/2019_S05123P/_pdf

  • 弾性運動翼壁面上の渦度の成長過程

    刀根 千玖沙, 渕脇 正樹

    流体工学部門講演会講演論文集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2019 ( 0 )   OS3-45   2019年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>The flow field around moving airfoil capable of flexible elastic deformation has become a focus of attention in recent years. These flow fields may be understood as a fluid-structure interaction (FSI) problem, and the motion and deformation of elastic airfoils, as well as the associated vortex flow phenomena in their vicinity, are complicated. Many studies on the flow filed around the elastic moving body have also carried out. The macro scale vortex structure and the dynamic forces acting on the elastic moving airfoil have been understood. However, the growth process of the vorticity in a vicinity of the wall of an elastic airfoil has not been clarified sufficiently. In this study, the authors investigate the growth process of the vorticity in a vicinity of the wall of an elastic airfoil by FSI simulation using ANSYS 17.0 / ANSYS CFX 17.0. Especially, the authors focus on the relationship between the spatial gradient of the wall of the elastic airfoils and the growth process of the vorticity in a vicinity of the wall.</p>

    DOI: 10.1299/jsmefed.2019.os3-45

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmefed/2019/0/2019_OS3-45/_pdf

  • 主流に交わるSweeping jetが作り出す渦構造

    平尾 拓也, 渕脇 正樹

    年次大会 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2019 ( 0 )   S05122P   2019年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>The fluidic oscillator generates a sweeping jet with a high frequency and a large amplitude and is characterized by its capability for jet ejection over a wide range and for fluid oscillation by an internal structure. The sweeping jet from a fluidic oscillator has attracted attention as an active flow control device. Many studies on flow control techniques using a sweeping jet have been conducted. However, these studies focused on the characteristics of the dynamic forces acting on an airfoil in conjunction with a fluidic oscillator. The purpose of the present study is to investigate the detailed vortex structure generated by the interaction between the sweeping jet from the fluidic oscillator and the main flow. The detailed vortex structure produced by these interactions is visualized quantitatively by a stereo PIV measurement. The detailed vortex structure and the flow mechanism generated by these interactions are investigated.</p>

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2019.s05122p

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmemecj/2019/0/2019_S05122P/_pdf

  • Sweeping Jetと主流の干渉により作り出す流れ構造

    平尾 拓也, 渕脇 正樹

    流体工学部門講演会講演論文集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2019 ( 0 )   OS3-46   2019年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>The sweeping jet from a fluidic oscillator has attracted attention as an active flow control device. Many studies on flow control techniques using a sweeping jet have been conducted. However, interaction between the sweeping jet and the main flow is expected to occur, and a complex vortex structure will be generated. The authors have reported the flow characteristics generated by interactions between the sweeping jet from the fluidic oscillator and the main flow based on stereo particle image velocimetry (PIV) measurement. Finally, the sweeping jet from the fluidic oscillator spreads out over a wider range due to its interaction with the main flow. At the high-velocity rate, <i>V<sub>j</sub></i>/<i>V<sub>0</sub></i>, the high-velocity jets at the center of the sweeping jet are surrounded by low-velocity jets with a strong rotational component at the outside. The purpose of the present study is to clarify the development process of the detailed vortex structure generated by the interaction between the sweeping jet from the fluidic oscillator and the main flow.</p>

    DOI: 10.1299/jsmefed.2019.os3-46

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmefed/2019/0/2019_OS3-46/_pdf

  • Growth of Vortcity in a Vicinity of Wall of an Elastic Moving Airfoil 査読有り

    Masaki Fuchiwaki and Aphaiwong Junchangpood

    Proc. of The 9th TSME International Conference on Mechanical Engineering   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand   Phuket   2018年12月11日  -  2018年12月14日

  • Breakup of Bubble Cloud Ejected into a Main Flow 査読有り

    Tankuji Ikeda and Masaki Fuchiwaki

    Proc. of the 8th International Conference on Vortex Flow Mechanics   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    China   Xi'an   2018年10月15日  -  2018年10月18日

  • Flow structure formed by a sweeping jet ejected into a main flow 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Surya Raghu

    Proc. of the ASME 2018 5th Joint US-European Fluids Engineering Summer Conference   2018年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Canada   Montreal   2018年07月15日  -  2018年07月20日

  • Dynamic Behavior of Leading Edge vortex and Vorticity on Suction Surface of a Heaving Elastic Airfoil 査読有り

    Masaki Fuchiwaki

    Proc. of the IUTAM Symposium on Critical flow dynamics involving moving/deformable structures with design applications   2018年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Greece   Santorini Island   2018年06月18日  -  2018年06月22日

  • Flow structure formed by a sweeping jet ejected into a main flow 査読有り

    Fuchiwaki M., Raghu S.

    American Society of Mechanical Engineers, Fluids Engineering Division (Publication) FEDSM   1   2018年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Various methods of controlling flow separation have been proposed and many studies have been performed on active separation control in correspondence with the flow state. However, their efficiency has been hampered by the requirement of electric power for the added stream. Recently, an active flow separation control device based on a fluidic oscillator that does not require electric power has been reported. This device is able to generate a sweeping jet over a wide spatial range as well as fluid oscillations, and its internal structure eliminates the need for a drive unit. The studies of the flow separation control techniques using the fluidic oscillator have been reported. However, most of these results are mainly contribution of the dynamic forces from the viewpoint of the flow control and the study on the flow mechanism for the separation flow control using the fluidic oscillator have not been understood. Especially, it is not known the interaction between the sweeping jet from the fluidic oscillator and the main flow and the flow structure due to the interaction. In order to make a flow separation control devise with high efficiency using the fluidic oscillator, it is require to be understood the complex flow structure by the interaction between the sweeping jet from the fluidic oscillator and the main flow. The purpose of the present study is to investigate the flow structure by the interaction between the sweeping jet from the fluidic oscillator and the main flow quantitatively by the stereo PIV measurement. The sweeping jet ejected from a fluidic oscillator evidently disrupts the main flow at high velocity ratios, leading to a significant change in flow structure. A high-speed jet appears at the center part of the structure, accompanied by low-speed flow at the outside, producing a 3D distribution. The sweeping jet ejected from the fluidic oscillator maintains the spreading angleas a result of the interaction between the two flows at high velocity ratios.

    DOI: 10.1115/FEDSM2018-83045

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85056200413&origin=inward

  • 主流中に吹き出される気泡塊の動的挙動

    池田 拓士, 渕脇 正樹

    年次大会 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2018 ( 0 )   S0530305   2018年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>The gas-liquid two-phase flow is a flow in which gas and liquid are mixed, and in particular, the behavior of the gas-liquid interface is a complicated flow field with strong three-dimensional and extremely non-stationarity, it is considered difficult to understanding. In this study, we focused on clarifying the dynamic behavior of gas and the mechanism of bubbles breakup in the cross flow in which another fluid is blown into the main flow and revealed them. Concretely, we caught the three-dimensional dynamic behavior of the gas-liquid interface by VOF method using ANSYS CFX 17.2. As the results, at the gas-liquid interface of the bubble cloud, there are waves propagating from the cylinder to the rear end of the bubble cloud. These waves are formed by iso-surfaces of the pressure which stretches in a tubular shape and these periodically occur from the wall surface of cylinder.</p>

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2018.s0530305

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmemecj/2018/0/2018_S0530305/_pdf

  • 弾性運動翼壁面上の渦度の成長

    重信 樹, 渕脇 正樹

    年次大会 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2018 ( 0 )   S0510102   2018年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>The flow field around a moving airfoil is one of the typical unsteady flow and many studies on the flow field around the moving airfoil have been carried out with experimental and numerical approaches. Especially, not only the dynamic behavior of the leading edge vortex and wake structure of moving airfoils, but also their dynamic lift and thrust characteristics have been already reported. In recent years, the flow field around an elastic moving body has been attracted attention. The flow field around the elastic body is treated as a coupled problem between the fluid and structure (fluid structure interaction, FSI), and a series of phenomena, motions, structural deformations and the generation/growth/development of vortices are reported continuously. Many studies on the flow field around the elastic moving body have also carried out. However, the impact of elastic deformation effects on the vortices generated in the vicinity of the wall and the dynamic behaviors of the micro scale vortices have not been clarified sufficiently. The objective of this study is to investigate the dynamic behaviors of the vorticity in the vicinity of the wall of the heaving elastic airfoil by FSI simulation using ANSYS 17.0/ANSYS CFX 17.0.</p>

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2018.s0510102

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmemecj/2018/0/2018_S0510102/_pdf

  • 蝶の翅が生み出す非定常流体力特性

    近藤 晋, 渕脇 正樹

    年次大会 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2018 ( 0 )   J0210203   2018年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>A typical example of the flow field around a moving elastic body is that around butterfly wings, which contain many veins and can undergo elastic deformation. In recent years, quantitative flow visualization techniques, such as Particle Image Velocimetry (PIV) measurement, have advanced rapidly, and the flow fields around insect wings have been actively investigated using such techniques. The characteristics of the dynamic forces generated by the flapping insect wing have attracted a great deal of attention. However, the characteristics of dynamic forces generated by the flapping insect wing are not yet sufficiently understood. The purpose of the present study is to investigate the characteristics of dynamic lift generated by the flapping butterfly wing. We measured the dynamic lift produced by a flapping butterfly, using a six-axes sensor. The sixaxes sensor was synchronized with a high speed camera to capture the flapping motion of the wing, and the dynamic lift was related to the flapping motion of the butterfly wing.</p>

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2018.j0210203

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmemecj/2018/0/2018_J0210203/_pdf

  • 主流中に吹き出される気泡塊の分裂過程

    池田 拓士, 渕脇 正樹

    流体工学部門講演会講演論文集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2018 ( 0 )   OS2-19   2018年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>Many studies on the dynamic behaviors of bubble in the jet in cross flow have been already reported in both experimental and numerical approaches. However, the break-up mechanism has not been understood. The authors are trying to understand the break-up mechanism from the bubble cloud to small bubbles. In this study, the authors tried to clarify the break-up process from the bubble cloud in the jet in cross flow to small bubbles using by VOF method using ANSYS CFX 17.2. The waves on the surface of the bubble cloud synchronized with the karman vortex street. Moreover, the break-up of the bubble from the bubble cloud also synchronized with the dynamic behavior of the karman vortex. Based on these results, it is predicted that the dynamic behavior of the karman vortex rolled up from the cylinder contributes to the break-up of the bubble from the bubble cloud.</p>

    DOI: 10.1299/jsmefed.2018.os2-19

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmefed/2018/0/2018_OS2-19/_pdf

  • Dynamic Behavior of Vortices Rolled up from a Heaving Elastic Airfoil by a FSI simulation 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka

    Proc. of the 8th TSME International Conference on Mechanical Engineering   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand   Bangkok   2017年12月12日  -  2017年12月15日

  • Dynamic Forces Generated by a Flapping Butterfly Wing in a Fixed Condition 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka

    Proceedings of of the Ninth JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference   2017年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   那覇   2017年10月28日  -  2017年10月30日

  • Flow structure formed by an interaction between a Jet Flow from a Fluidic Oscillator and a Main Flow 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Surya Raghu

    Proc. of the International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows   2017年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Cincinnati   2017年10月09日  -  2017年10月12日

  • Characteristics of Dynamic Forces Generated by a Flapping Butterfly and Its Wake Structure 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka

    Proceedings of the ASME 2017 Fluids Engineering Division Summer Meeting   2017年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    United State   Hawaii   2017年07月31日  -  2017年08月04日

  • Cooperative Actuation of Asymmetric Bilayer Muscles based on Polypyrrole 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Toribio Fernandez Otero

    Proceedings of Euro EAP Conference 2017   2017年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Spain   Cartagena   2017年06月05日  -  2017年06月06日

  • Characteristics of dynamic forces generated by a flapping butterfly and its wake structure 査読有り 国際誌

    Fuchiwaki M., Tanaka K.

    American Society of Mechanical Engineers, Fluids Engineering Division (Publication) FEDSM   1C-2017   2017年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2017 ASME. A typical example of the flow field around a moving elastic body is that around butterfly wings. Butterflies fly by skillfully controlling this flow field, and vortices are generated around their bodies. The motion of their elastic wings produces dynamic fluid forces by manipulating the flow field. For this reason, there has been increased academic interest in the flow field and dynamic fluid forces produced by butterfly wings. A number of recent studies have qualitatively and quantitatively examined the flow field around insect wings. In some such previous studies, the vortex ring or vortex loop formed on the wing was visualized. However, the characteristics of dynamic forces generated by the flapping insect wing are not yet sufficiently understood. The purpose of the present study is to investigate the characteristics of dynamic lift and thrust produced by the flapping butterfly wing and the relationship between the dynamic lift and thrust and the flow field around the butterfly. We conducted the dynamic lift and thrust measurements of a fixed flapping butterfly, Idea leuconoe, using a six-axes sensor. Moreover, two-dimensional PIV measurement was conducted in the wake of the butterfly. The butterfly produced dynamic lift in downward flapping which became maximum at a flapping angle of approximately 0.0 deg. At the same time, the butterfly produced negative dynamic thrust during downward flapping. The negative dynamic thrust was not produced hydrodynamically by a flapping butterfly wing because a jet was not formed in front of the butterfly. The negative dynamic thrust was the kicking force for jumping and the maximum of this kicking force was about 6.0 times as large as the weight. On the other hand, the butterfly produced dynamic thrust in upward flapping which was approximately 6.0 times as large as the weight of the butterfly. However, the attacking force by the abdomen of the butterfly was included in the dynamic thrust and we have not yet clarified quantitatively the dynamic thrust produced by the butterfly wing.

    DOI: 10.1115/FEDSM2017-69285

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85033772689&origin=inward

  • はく離領域にてヒービング運動する弾性翼後縁の弾性変形とその非定常揚力

    池田 拓士, 渕脇 正樹

    年次大会 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2017 ( 0 )   S0520501   2017年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>The flow field around an unsteady airfoil is a common type of unsteady flow, and many researchers have experimentally and numerically investigated unsteady flows around moving airfoils. In recent years, the flow field around moving airfoils capable of flexible elastic deformation has become a focus of attention. The flow field around an elastically deforming airfoil may be understood as a fluid-structure interaction (FSI) problem, and the motion and deformation of elastic airfoils, as well as the associated dynamic behavior of the vortices, are complicated. In this study, the dynamic behavior of the vortices rolled up from the leading edge of a heaving elastic airfoil in a separation region through FSI simulation using ANSYS 16.1/ANSYS CFX 16.1. In particular, the FSI simulation of the flow field on a heaving elastic airfoil at an angle of attack of 16°, which is in the separation region under stationary conditions, and the dynamic behavior of both the leading edge vortex and the vorticity in the vicinity of the suction surface were clarified.</p>

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2017.s0520501

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmemecj/2017/0/2017_S0520501/_pdf

  • Vortex Structure around a Heaving Elastic Airfoil in Separation Region 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Aphaiwong Junchangpood, Kazuhiro Tanaka

    Proc. of the 7th TSME International Conference on Mechanical Engineering   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand   Chiang Mai   2016年12月13日  -  2016年12月16日

  • Vortex Ring Developed in Wake of a Flapping Butterfly Wing and Its Contribution to Dynamic Lift 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka

    Proc. of the 7th International Conference on Vortex Flows and Vortex Models   2016年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Germany   Rostock   2016年09月19日  -  2016年09月22日

  • Dynamic Behaviors of Vortex Ring Rolled up by a Butterfly Wing and Its Dynamic Lift 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka

    Proc. of the ASME 2016 Fluids Engineering Division Summer Meeting   2016年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    United State   Washington DC   2016年07月10日  -  2016年07月14日

  • Asymmetric Bilayer Artificial Muscles based on Polypyrrole 招待有り 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Jose Gabriel Martínez,Toribio Fernandez Otero

    Proc. of the 5th International Conference Smart and Multifunctional Materials Structures & Systems   2016年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Italy   Perugia   2016年06月06日  -  2016年06月09日

  • Vortex rings formed behind a free-flight butterfly and their dynamic behaviors 査読有り

    Fuchiwaki M., Tanaka K.

    Springer Proceedings in Physics   185   547 - 553   2016年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © Springer International Publishing Switzerland 2016.A number of studies on not only the mechanism of insect flight but also the flow field around insect wings have been performed using experimental and numerical approaches. However, these results are for the flow field under a tethered condition. It is considered that the flow field around a butterfly wing in free-flight assumes a more complicated vortex flow structure. In the present study, we attempt to clarify the dynamic behavior of the vortex rings from the viewpoint of the velocity fields in the wake of a free-flight butterfly. We conducted a stereo PIV measurement in the wake of a free-flight butterfly (Cynthia cardui) and measured the three-component velocity fields in the wake. Jets are induced by the vortex rings in the wake, and they grow strong even after two or three wing chord lengths. That is, the vortex rings grow over time and spread gradually in the transverse direction. The maximum velocity of the jets was almost the same as the flight velocity even after two or three wing chord lengths. Therefore, it is expected that the butterfly is given a reactive force (lift) by the jets of the vortex ring, and the jets strongly influence the butterfly’s flight.

    DOI: 10.1007/978-3-319-30602-5_67

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84978952332&origin=inward

  • Dynamic behaviors of vortex ring rolled up by a butterfly wing and its dynamic lift 査読有り

    Fuchiwaki M., Tanaka K.

    American Society of Mechanical Engineers, Fluids Engineering Division (Publication) FEDSM   1A-2016   2016年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © Copyright 2016 by ASME. The wing motion of a flying insect such as a butterfly produces fluid force by manipulating the flow field around the wing. These forces enable a butterfly to rapidly accelerate, turn, and hover. A number of recent studies have examined the flow field around insect wings. In recent years, quantitative flow visualization techniques, such as PIV measurement, have been advanced rapidly, and the study of the flow field around insect wings using PIV has been actively performed. As a result, the two- and three-dimensional vortex structures and their dynamic behaviors have been investigated quantitatively. However, the dynamic behaviors of these vortex structures have not been related to the dynamic force characteristics. The purpose of the present study is to clarify the relationship between the dynamic lift generated by the flapping butterfly wing and the dynamic behavior of the vortex ring rolled up from the butterfly wing as well as to investigate the role of the vortex ring. We conducted a dynamic force measurement of a flapping Cynthia cardui using a six-axes sensor and three kinds of shafts: a straight shaft, a short L-shaped shaft, and a long L-shaped shaft. Moreover, a two-dimensional PIV measurement was conducted in the wake of the butterfly. The butterfly is given not only negative dynamic lift but also the reactive force (positive lift) due to the jet flow induced by the vortex ring in the upward flapping. As a result, the butterfly produces dynamic lift in the downward flapping and produces not only negative dynamic lift but also dynamic lift in the upward flapping. Based on these results, it is considered that the vortex ring released into the wake contributes to the dynamic lift generated furing flight. That is, it was concluded that the vortex ring rolled up from the flapping wing has an important role in flight even after being released into the wake.

    DOI: 10.1115/FEDSM2016-7586

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85021908714&origin=inward

  • 壁面に囲まれた弾性運動翼後流に発達する渦構造

    ラフマン シャハナ, 渕脇 正樹

    年次大会 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2016 ( 0 )   S0520305   2016年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>We investigate the dynamic behavior of the vortices rolled up from the trailing edge of the heaving elastic airfoil, the wake structure and the accelerating flow in the wake by a Fluid Structure Interaction simulation using ANSYS CFX 16.0 / ANSYS 16.0. The vortices rolled up from the trailing edge of the heaving elastic airfoil covered with wall are interfered with wall strongly and the vorticity in the wake are kept high compared with that without wall. As a result, the thrust producing vortex street is formed clearly in the wake of the heaving elastic airfoil with wall and their vorticities are also kept high. Moreover, the clear accelerating flow is formed in the wake of the heaving elastic airfoil with wall and it becomes large even behind eight chord length due to the interaction between vortices and wall.</p>

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2016.s0520305

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmemecj/2016/0/2016_S0520305/_pdf

  • はく離領域にてヒービング運動する弾性翼から巻き上がる渦の動的挙動

    渕脇 正樹, 田中 和博

    流体工学部門講演会講演論文集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )   2016 ( 0 )   0214   2016年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    <p>Many researchers have experimentally and numerically investigated the flow field around an unsteady airfoil, which is a common unsteady flow. In particular, there have been a number of studies on the flow field around a pitching airfoil, a heaving airfoil and a combination airfoil with combined pitching and heaving motions. In recent years, the flow field in the vicinity of moving airfoils capable of flexible elastic deformation has become a focus of attention. Flow in the vicinity of an elastically deforming airfoil may be understood as a fluid-structure interaction (FSI) problem, and the motion and deformation of elastic airfoils, as well as the associated vortex flow phenomena in their vicinity, are complicated. In this study, we investigate the dynamic behavior of vortices on elastic heaving airfoil in a separation region, at 16 degree of attack angle, by fluid structure interaction simulation using ANSYS 16.1/ANSYS CFX 16.1.</p>

    DOI: 10.1299/jsmefed.2016.0214

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmefed/2016/0/2016_0214/_pdf

  • Characteristics of Dynamic Forces acting on Elastic Heaving Airfoil in a Separation Region 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka

    Proc. of the 6th TSME International Conference on Mechanical Engineering   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand   Hua-hin   2015年12月15日  -  2015年12月17日

  • 1312 蝶の翅から巻き上がる渦群の動的挙動とその非定常揚力

    高橋 遼, 渕脇 正樹

    流体工学部門講演会講演論文集   2015   "1312 - 1"-"1312-2"   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Butterflies fly by skillfully controlling the deformation of the wings, which contain many veins and can undergo elastic deformation. A number of studies on the mechanism of butterfly flight have been carried out. Recently, there have also been many attempts at visualizing the flow field around insect wings. The present authors have investigated the vortex structure and dynamic behavior produced. However, the relationship between the dynamic behaviors of the vortex rings and the dynamic lift has not been understood sufficiently. In the present study, we performed the direct measurement of the dynamic lift generated by a flapping butterfly using six-axes sensor, and investigated the detailed relationship between the dynamic behaviors of the vortex rings and the dynamic lift.

    CiNii Article

    その他リンク: http://ci.nii.ac.jp/naid/110010047254

  • Wake Structures of Heaving Elastic Airfoils covered with walls 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka

    Proc. of the 26th International Symposium on Transport Phenomena   2015年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    AUstria   Leoben   2015年09月28日  -  2015年09月30日

  • S0540106 飛翔する蝶の後流に形成される渦群とその誘起流れ

    高橋 遼, 渕脇 正樹

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2015   "S0540106 - 1"-"S0540106-5"   2015年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Recently, Many researchers are interested in the flight mechanism of insects. In all the insects, especially butterfly has a larger wing area and less frequency of flapping motion than the other insects. Therefore, the butterfly is able to fly efficiently. If the flying mechanism of butterfly is revealed, it would be believed to apply the flying mechanism to engineering field. The purpose of this study is to clarify vortex structure and its dynamic behavior in the wake of the butterfly in free flight. Specifically, the authors was visualized the flow after the flight to butterfly by a stereo particle image velocimetry (stereo-PIV). As a result, we were able to visualize the end of the vortex ring. In addition, it was also found out that there is the presence of induced flow with three-dimensional expanse in the vortex ring.

    CiNii Article

    その他リンク: http://ci.nii.ac.jp/naid/110010049412

  • J0260106 イオン性液体を用いた導電性高分子ソフトアクチュエータの基礎性能

    弥永 鴻志, 渕脇 正樹

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2015   "J0260106 - 1"-"J0260106-5"   2015年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Upon oxidization and reduction, the conducting polymers change the physical properties as swelling or shrinking. The change of the dimension is induced by the electrochemical cycle, which is called electrochemomechanical deformation (ECMD) and can be utilized as soft actuators. Many researchers have already reported the ECMD in conducting polymers, such as polyaniline (PAn), poly(o-methoxyaniline) (PmAn) and polypyrroles (PPy). In particular, polypyrrole-based conducting polymer soft actuators are constructed from high-quality film. However, these actuators need ions and solvents and work in the electrolyte solutions. In this study, the authors proposed a conducting polymer soft actuator, based on polypyrrole, worked in the air condition. The five layers conducting polymer soft actuator worked in the air is fabricated by simple electro polymerization and is evaluated the basic characteristic, the angular velocity, the specific electrical energy and the durability.

    CiNii Article

    その他リンク: http://ci.nii.ac.jp/naid/110010048710

  • S0510204 Fluidic Oscillatorから吹き出すジェットと主流の干渉

    国本 千春, 渕脇 正樹

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2015   "S0510204 - 1"-"S0510204-5"   2015年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Flow separation is an important problem in the fluid engineering field. Many studies on flow separation control have been carried out with experimental and numerical approaches. There are a lots of active flow control systems in recent years. A fluidic oscillator is one of the important active flow control system and is small, light and simple structure. A fluidic oscillator makes a jet with wide range and high frequency and gives a momentum in the separation region. Recently, a 3D printer technology develops rapidly and the fluidic oscillator is expected to apply the flow control devices. The studies on basic characteristics of the fluidic oscillator have been reported in recent years. However, an interaction between the jet from the fluidic oscillator and main flow has not been calcified sufficiently. In this study, the interaction between the jet and main flow is visualized quantitatively by a stereoscopic PIV measurement.

    CiNii Article

    その他リンク: http://ci.nii.ac.jp/naid/110010049373

  • S0540105 ヒービング運動を行う薄翼の壁面近傍の渦度の成長

    嶋田 愛子, 渕脇 正樹

    年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan   2015   "S0540105 - 1"-"S0540105-5"   2015年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Though a lot of researches on boundary layers around a moving body have been conducted, not only details of growing process of vortices but also relation between moving wall and vortices in the boundary layers are not clarified. In this study, the growing process of vortices near moving wall is explored numerically in case of heaving and elastic thin airfoil during one cycle Re=4,000 and St=0.36 using ANSYS 14.5. As a result, the time and space variations of vorticity on the wall is similar between rigid and elastic airfoils. The vorticity on the wall is strongly depended on the effect of the moving condition, so the effect of the deformation is small. The deformation influence the vorticity near the trailing edge. Consequently, the vortex rolling up from the rigid airfoil is released earlier than that of elastic airfoil.

    CiNii Article

    その他リンク: http://ci.nii.ac.jp/naid/110010049411

  • Interaction of Vortices Rolled Up from a Moving Elastic Thin Film with Low Aspect Ratio 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka

    Proc. of the ASME-JSME-KSME Joint Fluids Engineering   2015年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    South Korea   Seoul   2015年06月27日  -  2015年07月31日

  • Growth of vortex rolled up from moving thin airfoil and their angular momentum 査読有り

    Aiko Shimada, Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka

    Proc. of the ASME-JSME-KSME Joint Fluids Engineering   2015年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    South Korea   Seoul   2015年07月27日  -  2015年07月31日

  • Vortex Rings formed behind a Free-Flight Butterfly and Their Dynamic Behaviors 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka

    Proc. of the International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows   2015年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Sweden   Stockholm   2015年06月15日  -  2015年06月18日

  • Polypyrrole Asymmetric Bilayer Artificial Muscle: Driven Reactions, Cooperative Actuation, and Osmotic Effects 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Jose Gabriel Martinez and Toribio Fernandez Otero

    Advanced Functional Materials   25 ( 10 )   1535 - 1541   2015年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1002/adfm.201404061

    Scopus

  • 導電性高分子ソフトアクチュエータの制御機器への応用

    渕脇 正樹

    計測と制御   54 ( 1 )   60 - 61   2015年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.11499/sicejl.54.60

    CiNii Article

    その他リンク: http://ci.nii.ac.jp/naid/130005129326

  • Artificial Muscles based on Conducting Polymer, Polypyrrole, Move in Air and Water 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka

    The 6th International Symposium on Aero Aqua Bio-Mechanisms   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Honolulu   2014年11月13日  -  2014年11月16日

  • Characteristics of Dynamic Thrust Acting on Elastic Heaving Airfoils by Strouhal Number and Bending Stiffness 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka

    Proc. of the 25th International Symposium on Transport Phenomena   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand   Krabi   2014年11月05日  -  2014年11月07日

  • Growth of Vortex Structure around a Butterfly Wing in the Free Flight 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Taichi Kuroki, Kazuhiro Tanaka

    Proc. of the 6th International Conference on Vortex Flows and Vortex Models   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Nagoya   2014年11月17日  -  2014年11月20日

  • Dynamic Behaviors of Vortex Rings Rolled up from Moving Body and Their Dynamic Forces 査読有り

    Taichi Kuroki, Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka

    Proc. of the 6th International Conference on Vortex Flows and Vortex Models   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Nagoya   2014年11月17日  -  2014年11月20日

  • Momentum thickness of heaving rigid and elastic thin airfoil 査読有り

    Aiko Shimada, Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka

    Proc. of the 6th International Conference on Vortex Flows and Vortex Models   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Nagoya   2014年11月17日  -  2014年11月20日

  • Three-dimensional Vortex Structure around a Free Flight Butterfly 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Taichi Kuroki, Kazuhiro Tanaka,Takahide Tabata

    Proc. of the ASME 2014 4th Joint US-European Fluids Engineering Division Summer Meeting and 11th International Conference on Nanochannels, Microchannels, and Minichannels   2014年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Chicago   2014年08月03日  -  2014年08月07日

    DOI: 10.1115/FEDSM2014-21303

    Scopus

  • Dynamic Forces acting on Elastic Heaving Airfoils based on the Bending Stiffness Considerations 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Tetsushi Nagata and Kazuhiro Tanaka

    Proc. of the ASME 2014 4th Joint US-European Fluids Engineering Division Summer Meeting and 11th International Conference on Nanochannels, Microchannels, and Minichannels   2014年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Chicago   2014年08月03日  -  2014年08月07日

    DOI: 10.1115/FEDSM2014-21302

    Scopus

  • Micro pump driven by a pair of conducting polymer soft actuators 査読有り

    Fuchiwaki M.

    Soft Actuators: Materials, Modeling, Applications, and Future Perspectives   435 - 446   2014年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2014 Springer Japan. All rights reserved.Micro pumps are regarded as key components of many MEMS devices. They are widely used in the fluid operations systems of fields ranging from chemistry and biotechnology to mechanical engineering. The micro pumps developed to present generally incorporate piezoelectric-element, thermopneumatic, electrostatic, electromagnetic, electroosmotic, electromagnetic-fluid, and various other drives, but along with their reduced size they have increased in component number and structural complexity. The conducting polymer soft actuator based on polypyrrole opens widely and closes completely as a result of electrochemical oxidation and reduction, respectively. The opening and closing movement of the soft actuator, inside which the cation-driven layer is arranged, becomes large because the anion-driven layer that is arranged outside is the predominant driver. We developed a micro pump that is driven by a pair of conducting polymer soft actuator based on polypyrrole and clarified the fundamental characteristics and transport mechanism of the micro pump. The proposed micro pump can transport fluids unidirectionally without backflow by means of a pair of conducting polymer soft actuators that open and close. Furthermore, a wider range of flow rates and a greater maximum delivery head was obtained with the proposed micro pump. The energy consumption rate of the proposed micro pump is dramatically lower than the energy consumption rates of conventional micro pumps because the conducting polymer soft actuator can be driven with a low voltage.

    DOI: 10.1007/978-4-431-54767-9_31

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84930701675&origin=inward

  • Wake Structure behind a Free Flight Butterfly and its Growth Process 査読有り

    Masaki Fuchiwaki Taichi Kuroki, Kazuhiro Tanaka, Takahide Tabata

    Proc. of the 16th International Symposium on Flow Visualization   2014年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Okinawa   2014年06月24日  -  2014年06月27日

  • Structural Electrochemistry from Freestanding Polypyrrole Films: Full Hydrogen Inhibition from Aqueous Solutions 査読有り

    Toribio Fernandez Otero, Jose Gabriel Martinez, Masaki Fuchiwaki and Laura Valero

    Advanced Functional Materials   24 ( 9 )   1265 - 1274   2014年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1002/adfm.201302469

    Scopus

  • Polypyrrole–para-phenolsulfonic acid/tape artificial muscle as a tool to clarify biomimetic driven reactions and ionic exchanges 査読有り

    Masaki Fuchiwaki and Toribio Fernandez Otero

    Journal of Materials Chemistry B   2   1954 - 1965   2014年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1039/c3tb21653e

    Scopus

  • Micro pump driven by a conducting polymer soft actuator 査読有り

    Fuchiwaki M.

    Seimitsu Kogaku Kaishi/Journal of the Japan Society for Precision Engineering   80 ( 8 )   731 - 734   2014年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.2493/jjspe.80.731

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84906252897&origin=inward

  • Characteristics of dynamic forces generated by a flapping butterfly 査読有り

    Kuroki T., Fuchiwaki M., Tanaka K., Tabata T.

    American Society of Mechanical Engineers, Fluids Engineering Division (Publication) FEDSM   1 A   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Many studies on the mechanism of butterfly flight have been carried out. A number of recent studies have examined the flow field around insect wings. Moreover, Micro-air-vehicles and micro-flight robots that mimic the flight mechanisms of insects have attracted significant attention, and a number of MAVs and micro-flight robots that use various devices have been reported. However, these robots were not practical. One of the reasons for this is that the flying mechanism of insects has not yet been clarified sufficiently. The present authors developed a flapping-wing robot without tail wings and focused on the flow field around the wings created by the flapping motion and its elastic deformation. In the present study, we attempt to clarify the relationship between the vortex ring over the wing and the dynamic lift generated by the flapping wing. The dynamic lift becomes large rapidly in the downward flapping and reaches a maximum at a flapping angle of -30 deg. After the maximum, the dynamic lift decreases gradually and the dynamic lift in upward flapping is approximately constant. The growth of the vortex ring formed by the flapping wing was clarified to contribute significantly to the dynamic lift acting on the butterfly. We should consider the interaction of both vortex ring both in downward flapping and in upward flapping in order to estimate the dynamic lift exactly using the circulation of the vortex ring. Copyright © 2013 by ASME.

    DOI: 10.1115/FEDSM2013-16363

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84892998970&origin=inward

  • Vortex Pairs Formed behind a Butterfly in Free Flight, The 4th TSME International Conference on Mechanical Engineering 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Takuya Kawahara and Kazuhiro Tanaka

    The 4th TSME International Conference on Mechanical Engineering   143   (DVD-ROM)   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand   Pattaya   2013年10月16日  -  2013年10月18日

  • Dynamic Lift Produced by Vortex Ring over a Butterfly Wing 査読有り

    Taichi Kuroki, Masaki Fuchiwaki and Kazuhiro Tanaka

    Proc. of the 4th International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows   ID ICJWSF2013-1148 (DVD-ROM)   2013年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    japan   Nagoya   2013年09月17日  -  2013年09月21日

  • Characterization of a polypyrrole-PPS Conducting Polymer Soft Actuator 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, José Gabriel Martínez and Toribio Fernandez Otero

    Proc. of the XXXIV Reunión Bienal de la Real Sociedad Española de Química   (DVD-ROM)   2013年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    spain   Santander   2013年09月15日  -  2013年09月18日

  • Electrochemomechanical Deformations of Asymmetric Bilayers Conducting Polymer Actuators Exchanging Anions and Cations based on Polypyrrole 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Toribio Fernandez Otero , Kazuhiro Tanaka

    The 7th World Congress on Biomimetics, Artificial Muscles and Nano-Bio   (DVD-ROM)   2013年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Jeju Island   2013年08月26日  -  2013年08月30日

  • Characteristics of Dynamic Force Generated by a Flapping Butterfly 査読有り

    Taichi Kuroki, Masaki Fuchiwaki and Kazuhiro Tanaka

    Proc. of the ASME Fluid Engineering Division Summer Meeting   D FEDSM 2013-16363   2013年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Nevada   2013年07月07日  -  2013年07月11日

  • Electrochemical Behavior of a polypyrrole-PPS Conducting Polymer Actuator 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, José Gabriel Martínez and Toribio Fernandez Otero

    TProc. of the XXXIV Reunión del Grupo de Electroquímica de la Real Sociedad Española de Química y XV Encontro Ibérico de Electroquímica   143   (DVD-ROM)   2013年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    spain   Valencia   2013年07月15日  -  2013年07月17日

  • The Growth of Vortices in the Vicinity of a Wall of Elastic Moving Airfoils 査読有り

    Masaki Fuchiwaki and Kazuhiro Tanaka

    Proc. of the ASME Fluid Engineering Division Summer Meeting   ID FEDSM 2013-16362(DVD-ROM)   2013年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Nevada   2013年07月07日  -  2013年07月11日

    DOI: 10.1115/FEDSM2013-16362

    Scopus

  • Dynamics of Vortices Shed from an Elastic Heaving Thin Film by Fluid-Structure Interaction Simulation 査読有り

    Nagata T., Fuchiwaki M., Tanaka K.

    Intelligent Systems, Control and Automation: Science and Engineering   65   299 - 309   2013年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/978-4-431-54276-6_21

    Scopus

  • Dynmaics of Vortices shed from and Elastic Heaving Thin Film by Fluid Structure Interaction Simulation 査読有り

    Tetsushi Nagata, Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka

    Springer   Chapter 21 ( 65 )   299 - 309   2013年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Dynamic behavior of the vortex ring formed on a butterfly wing 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Taichi Kuroki, Kazuhiro Tanaka, Takahide Tababa

    Experiments in Fluids   54 ( 1450 )   DOI 10.1007/s00348-012-1450-x   2013年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Dynamic behavior of a vortex ring over a butterfly wing and its dynamic lift 査読有り

    Kuroki T., Fuchiwaki M., Tanaka K., Tabata T.

    42nd AIAA Fluid Dynamics Conference and Exhibit 2012   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Recently, the mechanism of butterfly flight has attracted significant attentions in bio-hydrodynamics. Especially, a number of recent studies have examined the flow field around an insect wing. However, the detailed flow structure around insect wing and its growth process have not been understood. The purpose of the present study is to clarify the dynamic behavior of the vortices around the flapping butterfly wing. Moreover, we estimated the dynamic lift produced by the butterfly wing using the circulation of the vortex ring. A vortex ring is formed over the butterfly wings when the wings flap downward to the bottom dead position, and then passes through the butterfly completely and grows until reaching the wake at the bottom dead position. The dynamic lift produced by the butterfly wing in flapping downward estimated using the circulation of the vortex ring. The dynamic lift becomes large rapidly as the vortex ring develops over the wing sufficiently. Maximum lift is about four times of the gravity of the butterfly at -30 deg. © 2012 by the American Institute of Aeronautics and Astronautics, Inc. All rights reserved.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84881244748&origin=inward

  • The Vortex Growth on a Wall of Elastic Airfoils and Effect of Relative Angle of Attack 査読有り

    Tomoki Kurinami, Masaki Fuchiwaki and Kazuhiro Tanaka

    Proc. of Int. Conference on Intelligent Unmanned Systems-2012   ICIUS2012-015, (DVD-ROM)    2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Singapore   2012年10月22日  -  2012年10月24日

  • Vortex Flow Structures determined by Stiffness of an Elastic Moving Thin Film 査読有り

    Tetsushi Nagata, Masaki Fuchiwaki and Kazuhiro Tanaka

    Proc. of Int. Conference on Intelligent Unmanned Systems-2012   ICIUS2012-015, (DVD-ROM)    2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Singapore   2012年10月22日  -  2012年10月24日

  • Asymmetric Bilayers Conducting Polymer Actuator Exchanging Anions and Cations based on Polypyrrole 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Toribio Fernandez Otero, Kazuhiro Tanaka

    IUMRS-International Conference on Electronic Materials (IUMRS-ICEM 2012)   (DVD-ROM)   2012年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   横浜   2012年09月23日  -  2012年09月28日

  • Prediction of a Dynamic Lift Generated by a Butterfly 査読有り

    Taichi Kuroki, Masaki Fuchiwaki and Kazuhiro Tanaka

    Proc. of the Fifth Int. Symposium on Aero Aqua Bio-Mechanisms   ID40   (DVD-ROM)   2012年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Taiwan   Taipei   2012年08月25日  -  2012年08月28日

  • A Pair of Vortex behind a Free Flight Butterfly 査読有り

    Masaki Fuchiwaki and Kazuhiro Tanaka

    Proc. of the Fifth Int. Symposium on Aero Aqua Bio-Mechanisms   ID29   (DVD-ROM)   2012年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Taiwan   Taipei   2012年08月25日  -  2012年08月28日

  • Dynamic Lift Estimated by a Vortex Ring over a Butterfly Wing 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Taichi Kuroki, Kazuhiro Tanaka, Takahide Tababa

    18th Congress of the European Society of Biomechanics (ESB2012)   ,(DVD-ROM)   2012年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Portgal   Lisbon   2012年07月01日  -  2012年07月04日

  • The Vortex Growth on a Wall of Elastic Airfoils and Effect of Relative Angle of Attack 査読有り

    Tomoki Kurinami, Masaki Fuchiwaki and Kazuhiro Tanaka

    Proc. of Int. Micro Air Vehicle Conference and Flight Competition   IMAV2012-0026, (DVD-ROM)    2012年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Germany   Braunschweig   2012年07月03日  -  2012年07月06日

  • Vortex Structure around Moving Elastic Bodies by Fluid Structure Interaction Simulation 査読有り

    Tetsushi Nagata, Masaki Fuchiwaki and Kazuhiro Tanaka

    Proc. of Int. Micro Air Vehicle Conference and Flight Competition   IMAV2012-0031, (DVD-ROM)    2012年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Germany   Braunschweig   2012年07月03日  -  2012年07月06日

  • Detailed Wake Structure around Moving Elastic Airfoils and Their Characteristics of Dynamic Thrust 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Tomoki Kurinami, Kazuhiro Tanaka, Takahide Tababa

    Proceedings of ASME 2012 Fluids Engineering Summer Meeting   FEDSM2012-72369, (DVD-ROM)   2012年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Perto Rico   USA   2012年07月08日  -  2012年07月12日

    DOI: 10.1115/FEDSM2012-72369

    Scopus

  • Dynamic Behavior of a Vortex Ring over a Butterfly Wing 査読有り

    Taichi Kuroki, Masaki Fuchiwaki and Kazuhiro Tanaka

    Proc. of AIAA 42nd AIAA Fluid Dynamics Conference   1282855   (DVD-ROM)    2012年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   New Orleans   2012年06月25日  -  2012年06月28日

  • Concentration and temperature dependencies of asymmetric bilayers conducting polymer actuator based on polypyrrole 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Toribio Fernandez Otero, Kazuhiro Tanaka

    Second International conference on Electromechanically Active Polymer (EAP) transducers & artificial muscles   (DVD-ROM)   2012年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Germany   Potsdam   2012年05月29日  -  2012年05月30日

  • Dynamic Forces acting on Elastic Moving Thin Film and Their Vorticty Components 査読有り

    Tetsushi Nagata, Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka

    Proceedings of 8th KSME-JSME Thermal and Fluids Engineering Conference 2012   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    KOREA   Incheon   2012年03月18日  -  2012年03月21日

  • Characteristics of Dynamic Thrust Acting on Unsteady Elastic Airfoils 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Tomoki Kurinami, Kazuhiro Tanaka, Takahide Tabata

    Proceedings of 8th KSME-JSME Thermal and Fluids Engineering Conference 2012   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    KOREA   Incheon   2012年03月18日  -  2012年03月21日

  • The Growth Process of Vorticity Rolled up from Trailing Edge of Elastic Moving Airfoil, 査読有り

    Tomoki Kurinami, Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka

    Proceedings of 8th KSME-JSME Thermal and Fluids Engineering Conference 2012   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    KOREA   Incheon   2012年03月18日  -  2012年03月21日

  • 三次元内部流動様式を考慮した油圧シリンダ内部の一次元温度予測法 査読有り

    富岡弘毅,城田勇介,田中和博,渕脇正樹

    日本フルードパワーシステム学会論文集   第43 ( 第2 )   39 - 45   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Wake structure around moving elastic airfoils with projections and their characteristics of dynamic forces by fluid structure interaction simulation 査読有り

    Aphaiwong J., Nagata T., Fuchiwaki M., Tanaka K.

    ASME-JSME-KSME 2011 Joint Fluids Engineering Conference, AJK 2011   1 ( PARTS A, B, C, D )   2189 - 2196   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    The flow around an elastic body is treated as a fluid-structure interaction (FSI), numerous fluid-structure coupled problems have been performed. Recently, two-way coupled analysis, which considers the fluid-structure interaction, has been performed extensively. In the present paper, we simulate a flow field around an elastic heaving flat plate with a variable surface shape and various Young's moduli and perform bidirectional coupling analysis using ANSYS 12.1/ANSYS-CFX 12.1. In the case of the results without projection, the vorticity that grows along the plate surface, rolled up from the trailing edge, and developed in the wake are dependent on Strouhal number, independent of the Young's modulus. However, in the case of the results with the projections, the vortex behaviors are different with the Young's modulus. At E = 3.53 [MPa], the projections effect on the vortex behavior and the dynamic thrust exhibit approximately the same tendency with or without a projection. On the other hand, at E = 10.0 [MPa], the projection effect has an impact on the vortex behavior and the dynamic thrust. The vorticity and the dynamic thrust of E = 10.0 [MPa] become smaller than that of E = 3.53 [MPa] because of strong effects from the projections of the heaving elastic plate. Copyright © 2011 by ASME.

    DOI: 10.1115/AJK2011-08020

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84881407366&origin=inward

  • The growth of vorticity in the vicinity of a wall of an elastic moving airfoil and their developing processes 査読有り

    Kurinami T., Fuchiwaki M., Tanaka K., Nagata T.

    ASME-JSME-KSME 2011 Joint Fluids Engineering Conference, AJK 2011   1 ( PARTS A, B, C, D )   2255 - 2261   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    The behavior of a vortex generated by a moving object subjected to vibration and fluidic noise has been investigated both experimentally and numerically. Animals fly and swim by skillfully controlling vorticies generated around their bodies. Moreover, an elastic airfoil that enables elastic deformation in order to fly and swim with low energy has recently attracted a great deal of attention, and industrial applications of this elastic airfoil are expected. The authors performed the PIV measurement for vortex flow in the vicinity of a wall of the elastic NACA0010 and clarified quantitatively the change in the developing process of vortices generated in the vicinity of a wall with elastic deformation. The vorticity generated in the vicinity of the wall near the elastic NACA0010 continues to increase until the acceleration becomes maximum, because the vorticity develops for main flow direction (x-direction). Therefore, the growth and development of vortices generated in the vicinity of the wall near the trailing edge of a heaving airfoil depend strongly on the variation of accelerations of the trailing edge. Copyright © 2011 by ASME.

    DOI: 10.1115/AJK2011-08036

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84881402562&origin=inward

  • Vortex ring formed over the wings of a flapping butterfly and a small flapping robot 査読有り

    Fuchiwaki M., Kuroki T., Tanaka K., Tabata T.

    41st AIAA Fluid Dynamics Conference and Exhibit   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Micro-Air-Vehicles (MAVs) and micro-flight robot have been attracting significant attention in recent years. Many researchers have attempted to develop them with various actuators and devices so far however their studies have not led to practical applications yet. One of the reasons is that flying mechanisms of insects has not been clarified sufficiently. In this study, we clarify the dynamic behavior and the detailed structure of the vortices of the flapping butterfly wing and small flapping robot wing. We conducted a PIV measurement around the flapping butterfly wing of Idea leuconoe and investigated the vortex structure of the wing and its dynamic behavior. Moreover, we compared the vortex structures on the butterfly wing with that on our small flapping robot wing. The vortex ring is formed over the wings regardless of the butterflies and robot. It was found that the vortex ring formed over the wing is one of the most importanat parameter for stbale flight. © 2011 by the American Institute of Aeronautics and Astronautics, Inc. All rights reserved.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84884647395&origin=inward

  • Vortex structure rolled up from elastic thin film by fluid structure interaction simulation 査読有り

    Nagata T., Fuchiwaki M., Tanaka K.

    ASME-JSME-KSME 2011 Joint Fluids Engineering Conference, AJK 2011   1 ( PARTS A, B, C, D )   2197 - 2203   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    The flow field around a moving body is treated as a fluid-structure interaction (FSI), which is a series of phenomena from the elastic deformation of a body to vortex generation/growing/development. In the present paper, we simulate the fluid structure interaction of a flow field around an elastic heaving thin film with large deformation using ANSYS 12.1/ANSYS-CFX 12.1, and clarify the elastic deformation, velocity, acceleration, vortex roll-up from the trailing edge, circulation, and dynamic lift, as well as other important parameters to obtain the vorticities, circulations and dynamic lifts. The elastic deformation, velocity and acceleration can produce the large vorticity and the circulation. In particular, the vorticity that rolled up from the trailing edge of the thin film is dependent on the elastic velocity, and the vorticity production at the trailing edge is dependent on the elastic acceleration. Moreover, the vortex production is also distributed to the circulation production and the dynamic lift. Therefore, the elastic deformation, velocity and acceleration can produce and change the flow field for the vorticity, circulation, and dynamic force. Copyright © 2011 by ASME.

    DOI: 10.1115/AJK2011-08021

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84881407114&origin=inward

  • Vorticity Components of Vortices rolled up from an Elastic Moving Thin Film 査読有り

    Tetsushi Nagata, Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka

    Proceedings of Eighth International Conference on Flow Dynamics   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    日本   仙台   2011年11月09日  -  2011年11月11日

  • Flight Velocity Control of Small Flapping Robot by Flapping Frequency 査読有り

    Tadatsugu Imura, Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka

    Proceedings of Eighth International Conference on Flow Dynamics   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    日本   仙台   2011年11月09日  -  2011年11月11日

  • The Variation of Growth Process of Vortex in the Vicinity of a Wall by Elastic Deformation 査読有り

    Tomoki Kurinami, Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka

    Proceedings of Eighth International Conference on Flow Dynamics   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    日本   仙台   2011年11月09日  -  2011年11月11日

  • Dynamics of Vortices shed from an Elastic Heaving Thin Film by Fluid Structure Interaction Simulation 査読有り

    Tetsushi Nagata, Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka

    Proceedings of The International Conference on Intelligent Unmanned Systems 2011, ICIUS2011   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    日本   千葉   2011年10月31日  -  2011年11月02日

  • Development of Vorticity over a Wall of Elastic Heaving Airfoils 査読有り

    Tomoki Kurinami, Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka, Testushi Nagata

    Proceedings of The International Conference on Intelligent Unmanned Systems 2011, ICIUS2011   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    日本   千葉   2011年10月31日  -  2011年11月02日

  • Numerical Study of Cavitating flows and Cavitation Surge in a Double-Suction Volute Pump System 査読有り

    K. TANAKA, T. SATO, A. INOUE, T. NAGAHARA, F. SHIMIZU, M. FUCHIWAKI

    4th International Meeting on Cavitation and Dynamic Problems in Hydraulic Machinery and Systems   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Serbia   Belgrade   2011年10月26日  -  2011年10月28日

  • Characteristic of conducting polymer actuators based on Polypyrrole 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Toribio Fernadez Otero, Kazuhiro Tanaka

    Proceedings of 6th World congress on Biomimetics, Artificial Muscles and Nano-Bio   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    France   Paris   2011年10月25日  -  2011年10月27日

  • Study on an Ideal Elastic Deformation of the Flapping Wing Due to Some Ribs by Finite Element Method 査読有り

    Aphaiwong Junchangpood, Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka

    Proceedings of the 2nd TSME-ICoM International Conference on Mechanical Engineering   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Thailand   Krabi   2011年10月19日  -  2011年10月21日

  • Optimizetion of Actuating System for Flapping Robot Design 査読有り

    Tadatsugu Imura, Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka

    Proceedings of The 5th International Conference on Integrated Modeling and Analysis in Applied Control and Automation   2011年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Italy   Rome   2011年09月12日  -  2011年09月14日

  • New Concept of Modeling To Predict Temperature In Oil-Hydraulic Cylinder Chamber Considering Internal Flow 査読有り

    Kazuhiro Tanaka, Kouki Tomioka, Masaki Fuchiwaki, Katsuya Suzuki

    The 8th International Mediterranean & Latin American Modelling Multiconference   2011年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Italy   Rome   2011年09月12日  -  2011年09月15日

  • Dynamic Behaviors of a Vortex Ring on a Butterfly and a Small Flapping Robot 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Taichi Kuroki, Kazuhiro Tanaka, Takahide Tabata

    Proceedings of International Conference on Micro Air Vehicles 2011   2011年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    the Netherlands   't Harde   2011年09月12日  -  2011年09月15日

  • Vortex Structure rolled up from Elastic Thin Film by Fluid Structure Interaction Simulation 査読有り

    Tetsushi Nagata, Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka

    Proceedings of ASME-JSME-KSME Joint Fluids Engineering Conference 2011   2011年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    日本   浜松   2011年07月24日  -  2011年07月29日

  • Vortex Structure of a Vortex Ring Over a Butterfly Wing and Its Dynamic Behavior 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Taichi Kuroki, Kazuhiro Tanaka, Takahide Tabata

    Proceedings of ASME-JSME-KSME Joint Fluids Engineering Conference 2011   2011年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    日本   浜松   2011年07月24日  -  2011年07月29日

    DOI: 10.1115/AJK2011-19010

    Scopus

  • Control of Flight Altitude of a Small Flapping Robot by Wing Flapping Frequency 査読有り

    Tadatsugu Imura, Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka

    Proceedings of ASME-JSME-KSME Joint Fluids Engineering Conference 2011   2011年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    日本   浜松   2011年07月24日  -  2011年07月29日

    DOI: 10.1115/AJK2011-15032

    Scopus

  • The Growth of Vorticity in the vicinity of a Wall of an Elastic Moving Airfoil and Their Developing Processes 査読有り

    Aphaiwong Junchangpood, Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka

    Proceedings of ASME-JSME-KSME Joint Fluids Engineering Conference 2011   2011年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    日本   浜松   2011年07月24日  -  2011年07月29日

  • The Growth of Vorticity in the vicinity of a Wall of an Elastic Moving Airfoil and Their Developing Processes 査読有り

    Tomoki Kurinami, Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka

    Proceedings of ASME-JSME-KSME Joint Fluids Engineering Conference 2011   2011年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    日本   浜松   2011年07月24日  -  2011年07月29日

  • Growth and Development of a Vortex Ring over the Butterfly Wing 査読有り

    Taichi Kuroki, Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka, Takahide Tabata

    Proceedings of 9TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON PARTICLE IMAGE VELOCIMETRY   2011年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    日本   神戸   2011年07月21日  -  2011年07月23日

  • Vortex Flow Developed in the Vicinity of a Wall of an Elastic Heaving Airfoils and its Wake Structure 査読有り

    Tomoki Kurinami, Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka

    Special Issue on Jets, Wakes and Separated Flows, Vol. 6, No. 4,   Vol.6 ( No.4 )   562 - 574   2011年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

  • Oscillation Caused by Vortex Cavitation in a Double-Suction Volute Pump 査読有り

    Kazuhiro TANAKA, Akira INOUE, Toshiyuki SATO, Takahide NAGAHARA, Masaki FUCHIWAKI, Fumio SHIMIZU,

    Proceedings of ASME-JSME-KSME Joint Fluids Engineering Conference 2011   2011年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    日本   浜松   2011年06月24日  -  2011年06月29日

    DOI: 10.1115/AJK2011-08040

    Scopus

  • Movement characteristic of a bimorph conducting polymer actuators 査読有り

    Masaki Fuchiwaki, Toribio Fernadez Otero, Kazuhiro Tanaka

    Proceedings of First International conference on Electromechanically Active Polymer (EAP) transducers & artificial muscles   2011年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    イタリア   Pisa   2011年06月08日  -  2011年06月09日

  • Numerical Visualization of Cavitating Flows in a Double-Suction Volute Pump 査読有り

    Akira INOUE, Toshiyuki SATO (Hitachi Plant Technologies), Kazuhiro TANAKA, Takahide NAGAHARA (Hitachi Plant Technologies), Fumio SHIMIZU, Masaki FUCHIWAKI

    The 11th ASISN Symposium on Visualization   2011年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    日本   新潟   2011年06月05日  -  2011年06月09日

  • Flight Attitude of a Small Flapping Robot and Its Flight Performance 査読有り

    Tadatsugu Imura, Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka

    Proceeding of 11th Asian Symposium on Visualization   2011年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    日本   新潟   2011年06月05日  -  2011年06月09日

  • Optimizetion of actuating system for flapping robot design 査読有り

    Imura T., Fuchiwaki M., Tanaka K.

    5th Int. Conference on Integrated Modeling and Analysis in Applied Control and Automation, IMAACA 2011, Held at the International Mediterranean and Latin American Modeling Multiconference, I3M 2011   301 - 306   2011年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    In this paper, my purpose is suggestion for design method for actuating system of flapping robot. It is necessary to develop that. Considering the drag of flapping wings and the characteristic of motor revolution for its load, the actuating system of flapping robot is modeled. The motor whose resultant flapping frequency and wing loading required for flapping robot is selected, and flapping robot is developed by that result. As the result, the flapping robot can fly stably for about 15 minutes. Moreover, the design method is effective in case of attaching important to the increase in flight altitude by clarifying that flapping frequency play an important role for control of flight altitude.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84899416589&origin=inward

  • New concept of modeling to predict temperature in oilhydraulic cylinder chamber considering internal flow 査読有り

    Tanaka K., Tomioka K., Fuchiwaki M., Suzuki K.

    International Conference on Integrated Modeling and Analysis in Applied Control and Automation   1   287 - 292   2011年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    It is important to study a precise and practical way to predict temperature rise of oil hydraulic systems. It is interesting whether internal flow patterns have any effect on temperature change in a cylinder. Nowadays commercial CFD (Computational Fluid Dynamics) codes give accurate solutions of temperature as well as flow patterns. The authors have calculated the flow patterns in a cylinder using a reliable CFD code and have found that three-dimensional effect is very strong there and the internal flow patterns can be classified into two flow regions with 3D vortex flow pattern and 1D parallel flow pattern. So, it becomes possible to predict precisely temperature change in a cylinder by incorporating the internal flow patterns with modeling method based on a lumped parameter system. A new method with prediction of temperature rise in a cylinder is proposed in this study.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84896969481&origin=inward

  • New concept of modeling to predict temperature in oilhydraulic cylinder chamber considering internal flow 査読有り

    Tanaka K., Tomioka K., Fuchiwaki M., Suzuki K.

    5th Int. Conference on Integrated Modeling and Analysis in Applied Control and Automation, IMAACA 2011, Held at the International Mediterranean and Latin American Modeling Multiconference, I3M 2011   287 - 292   2011年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    It is important to study a precise and practical way to predict temperature rise of oil hydraulic systems. It is interesting whether internal flow patterns have any effect on temperature change in a cylinder. Nowadays commercial CFD (Computational Fluid Dynamics) codes give accurate solutions of temperature as well as flow patterns. The authors have calculated the flow patterns in a cylinder using a reliable CFD code and have found that three-dimensional effect is very strong there and the internal flow patterns can be classified into two flow regions with 3D vortex flow pattern and 1D parallel flow pattern. So, it becomes possible to predict precisely temperature change in a cylinder by incorporating the internal flow patterns with modeling method based on a lumped parameter system. A new method with prediction of temperature rise in a cylinder is proposed in this study.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84899444380&origin=inward

  • Optimizetion of actuating system for flapping robot design 査読有り

    Imura T., Fuchiwaki M., Tanaka K.

    International Conference on Integrated Modeling and Analysis in Applied Control and Automation   1   301 - 306   2011年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In this paper, my purpose is suggestion for design method for actuating system of flapping robot. It is necessary to develop that. Considering the drag of flapping wings and the characteristic of motor revolution for its load, the actuating system of flapping robot is modeled. The motor whose resultant flapping frequency and wing loading required for flapping robot is selected, and flapping robot is developed by that result. As the result, the flapping robot can fly stably for about 15 minutes. Moreover, the design method is effective in case of attaching important to the increase in flight altitude by clarifying that flapping frequency play an important role for control of flight altitude.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84896928345&origin=inward

  • スプール弁に作用する流体力に関する一考察 査読有り

    田中和博,富岡弘毅,清水文雄,渕脇正樹

    日本フルードパワーシステム学会論文集   42 ( 1 )   13 - 18   2011年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Vortex Cavitation from Baffle Plate and Pump Vibration in a Double-Suction Volute Pump 査読有り

    Toshiyuki Sato,Takahide Nagahara,Kazuhiro Tanaka,Masaki Fuchiwaki,Fumio Shimizu and Akira Inoue

    International Journal of Fluid Machinery and Systems   4 ( 1 )   76 - 83   2011年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Vortex structure around heaving elastic airfoils and characteristics of dynamic thrust 査読有り

    Kurinami T., Fuchiwaki M., Tanaka K.

    48th AIAA Aerospace Sciences Meeting Including the New Horizons Forum and Aerospace Exposition   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    It is well known that insects and aquatic animals fly or swim by skillfully controlling wings that deform elastically and vortices generated around the body. A flow around an elastic body is treated as a coupled problem of a fluid and a structure and it has been studied mainly by numerical analyses so far. The authors measured vortex flow in the wake of the rigid flat plate, rigid NACA0010, elastic flat plate and elastic NACA0010 with heaving motions and evaluated accelerating flows induced by the vortex flow patterns and vortex flows in the wake of the airfoils. Furthermore, we measured dynamic thrusts acting on these airfoils with heaving motions and clarified their relations with vortex flows. © 2010 by the American Institute of Aeronautics and Astronautics, Inc.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=78649857913&origin=inward

  • Characteristics of butterfly wing motions and their application to micro flight robot 査読有り

    Fuchiwaki M., Imura T., Tanaka K.

    48th AIAA Aerospace Sciences Meeting Including the New Horizons Forum and Aerospace Exposition   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Many researchers have attempted to develop MAV and micro-flight robot with various actuators and devices so far however their studies have not led to practical applications yet. One of the reasons is that flying mechanism of birds and insects has not been clarified sufficiently. In this study, we evaluate dynamic behaviors of a wing observed from the butterfly's viewpoint in its flight. The authors conduct a flight observation experiment of Cynthia cardui performing a free flight and fixed flight and an image analysis and calculate flapping angles, lead-lag angle and feathering angles of the butterfly performing flapping flight to clarify the relation between them. Furthermore, we aim at developing the micro flight robot like the butterfly using these results. The micro flapping robot flied stably for 12 minutes, which was the battery's duration. Copyright © 2010 by the American Institute of Aeronautics and Astronautics, Inc.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=78649814470&origin=inward

  • Study on Vortex Structure and Dynamic Forces on Flapping Wing of Small Flying Robot by Numerical Simulation 査読有り

    Junchangpood Aphaiwong,Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka

    10th Global Congress on Manufacturing and Management(GCMM2010)   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Thailand   Bangkok   2010年11月22日  -  2010年11月24日

  • Dynamic Behaviors of Butterfly Wing and Their Application to Small Flapping Robot 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Tadatsugu Imura,Kazuhiro Tanaka

    International Conference on Intelligent Unmanned Systems ICIUS2010   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Indonesia   Bari   2010年11月03日  -  2010年11月05日

  • Vortex Flow Developed in the Vicinity of a Wall of an Elastic Heaving Airfoil and its Dynamic Behavior 査読有り

    Tomoki Kurinami,Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka

    International Conference on Intelligent Unmanned Systems ICIUS2010   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Indonesia   Bari   2010年11月03日  -  2010年11月05日

  • Fluid Structure Interaction Simulation of Flow Field around Elastic Moving Airfoils 査読有り

    Tetsushi Nagata,Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka

    International Conference on Intelligent Unmanned Systems ICIUS2010   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Indonesia   Bari   2010年11月03日  -  2010年11月05日

  • Fuel Consumption Improvement of Vehicle with CVT by Bondgraphs, 査読有り

    Katsuya Suzuki,Kazuhiro Tanaka,Sho Yamakawa,Fumio Shimizu,Masaki Fuchiwaki

    The 7th International Mediterranean and Latin American Modeling Multi Conference   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Morocco   Fez   2010年10月  -  2010年10月

  • Study on Vortex Flow Structure and Dynamic Forces on an Elastic Heaving Airfoil by Fluid-Structure Interaction Simulation 査読有り

    Tetsushi Nagata,Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka

    International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows, ICJWSF-2010   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    USA   Ohio   2010年09月28日  -  2010年09月30日

  • Dynamic behavior of vortex ring formed on a butterfly wing and its structure 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Taichi Kuroki,Kazuhiro Tanaka,Takahide Tababa

    International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows, ICJWSF-2010   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    USA   Ohio   2010年09月27日  -  2010年09月30日

  • Vortex Flow Developed in the Vicinity of a Wall of an Elastic Moving Airfoil and Its Wake Structure 査読有り

    Tomoki Kurinami,Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka

    International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows, ICJWSF-2010   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    USA   Ohio   2010年09月28日  -  2010年09月30日

  • Vortex cavitation and oscillation in a double-suction volute pump 査読有り

    Toshiyuki Sato,Takahide Nagahara,Kazuhiro Tanaka,Masaki Fuchiwaki,Fumio Shimizu

    Proceedings of the 25th IAHR Symposium on Hydraulic Machinery and Systems   1   141 - 148   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Romania   Timisoara   2010年09月20日  -  2010年09月24日

  • Property of electromotive force generated from electroconductive polymer film by ionic species 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka

    XII International Symposium on Polymer Electrolytes   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Italy   Padova   2010年08月29日  -  2010年09月03日

  • Vortex Structure around Moving Elastic Airfoils and Their Characteristics of Dynamic Forces 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Tomoki Kurinami,Tetsushi Nagata,Kazuhiro Tanaka,Takahide Tababa

    Proceedings of ASME 2010 3rd Joint US-European Fluids Engineering Summer Meetingand 8th International Conference on Nanochannels, Microchannels, and Minichannels, FEDSM2010-ICNMM2010   2010年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Canada   Montreal   2010年08月01日  -  2010年08月05日

  • Feedback Control of an Ionic Conducting Polymer Soft Actuator 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Yoshitaka Naka,Kazuhiro Tanaka

    International Conference on the Science and Technology of Synthetic Metals   2010年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Kyoto   2010年07月04日  -  2010年07月10日

  • Optimization Design of Bimorph Conducting Polymer Soft Actuator and Their Application 査読有り

    Yoshitaka Naka,Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka

    International Conference on the Science and Technology of Synthetic Metals   2010年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Kyoto   2010年07月04日  -  2010年07月10日

  • Dynamic behavior of vortices on a flapping butterfly wing 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Taichi Kuroki,Kazuhiro Tanaka,Takahide Tababa

    International Symposium on Flow Visualization, ISFV14   2010年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Korea   Daegu   2010年06月21日  -  2010年06月24日

  • Retaining Control of an Ion Conducting Polymer Soft Actuato 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Yoshitaka Naka,Kazuhiro Tanaka

    Actuator 10   2010年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Deutschland   Bremen   2010年06月14日  -  2010年06月16日

  • Amicropump driven by a polypyrrole-based conducting polymer soft actuator 査読有り

    Naka Y., Fuchiwaki M., Tanaka K.

    Polymer International   59 ( 3 )   352 - 356   2010年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Micropumps are essential components of microfluidic systems and biosensing systems. In particular, micropumps used for micro total analysis systems transport fluids at a microflow rate with high precision. Moreover, they are also needed to transport high-viscosity fluids in cases where there are various types of drugs to be transported. Therefore, in order to realize a micropump that can transport solutions at a microflow rate, it is necessary to develop a high-precision microdeformable actuator with a simple mechanism. The conducting polymer soft actuator reported here opens widely and closes completely as a result of electrochemical oxidation and reduction, respectively. The opening and closing movement of the soft actuator, inside which the cation-driven layer is arranged, becomes large because the anion-driven layer that is arranged outside is the predominant driver. We developed amicropump driven by a conducting polymer soft actuator that opens and closes. Although the developed micropump contains no valve, the micropump can transport fluids in one direction without backflow. The newly developed micropump driven by the conducting polymer soft actuator can transport fluids in one direction without backflow by the opening and closing of two soft actuators. Furthermore, a wider range of flow rates and greater maximum delivery heads are obtained using the newly developed micropump. The energy consumption rate of the micropump is markedly lower than those of conventionalmicropumps. © 2010 Society of Chemical Industry.

    DOI: 10.1002/pi.2762

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=77953336816&origin=inward

  • Fuel consumption improvement of vehicle with cvt by bond graphs 査読有り

    Suzuki K., Tanaka K., Yamakawa S., Shimizu F., Fuchiwaki M.

    International Conference on Integrated Modeling and Analysis in Applied Control and Automation   21 - 26   2010年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Dynamic system simulation is important for automotive development and improvement as well as for analyzing mechanism of the system. A vehicle power train with a continuously variable transmission (CVT) was modeled into a simple and a detailed Bond Graph model and the fuel economy and engine power performance was simulated by use of the models according to the Japanese 10 Mode cycle. As a result, it is verified that the proposed Bond Graph models represent the basic dynamic characteristics of vehicle power train system with CVT and it is useful to calculate the optimum gear change pattern for low fuel consumption.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84896914494&origin=inward

  • Fuel consumption improvement of vehicle with CVT by Bond Graphs 査読有り

    Suzuki K., Tanaka K., Yamakawa S., Shimizu F., Fuchiwaki M.

    4th Int. Conference on Integrated Modeling and Analysis in Applied Control and Automation, IMAACA 2010, Held at the International Mediterranean and Latin American Modeling Multiconference, I3M 2010   21 - 26   2010年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Dynamic system simulation is important for automotive development and improvement as well as for analyzing mechanism of the system. A vehicle power train with a continuously variable transmission (CVT) was modeled into a simple and a detailed Bond Graph model and the fuel economy and engine power performance was simulated by use of the models according to the Japanese 10 Mode cycle. As a result, it is verified that the proposed Bond Graph models represent the basic dynamic characteristics of vehicle power train system with CVT and it is useful to calculate the optimum gear change pattern for low fuel consumption.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84899424480&origin=inward

  • Characteristics of Butterfly Wing Motions and Their application to Micro Flight Robot 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Tadatsugu Imura,Kazuhiro Tanaka

    Proceedings of 48th AIAA Aerospace Sciences Meeting Including the New Horizons Forum and Aerospace Exposition   2010年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    America   2010年01月  -  2010年01月

  • Performance of a Micro Pump driven by Conducting Polymer Soft Actuator based on Polypyrrole 査読有り

    Yoshitaka Naka,Masaki Fuchiwaki,kazuhiro Tanaka

    Proceedings of International Conference on Functionalized and Sensing Materials (FuSeM 2009)   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Thailand   2009年12月  -  2009年12月

    DOI: 10.4028/www.scientific.net/AMR.93-94.615

    Scopus

  • Characteristics of a Valve-Less Micro Pump Driven by a Polypyrrole-based Conducting Polymer Soft Actuator 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Yoshitaka Naka and Kazuhiro Tanaka

    Proceedings of 5th World Congress on Biomimetics, Artificial Muscles and Nano-Bio   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    2009年11月27日  -  2009年11月27日

  • Wake structure of Heaving Elastic Airfoils and Their Dynamic Thrust 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Tomoki Kurinami,Kazuhiro Tanaka,Takahide Tabata

    Proceedings of the ASME Fluids Engineering Division Summer Meeting, FEDSM2009   2009年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    America   2009年08月  -  2009年08月

  • Dynamic Behaviors of Butterfly Wing and Their application to Micro Flight Robot 査読有り

    Tadatsugu Imura,Masaki Fuchiwaki,kazuhiro Tanaka

    Proceedings of the ASME Fluids Engineering Division Summer Meeting, FEDSM2009   2009年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    America   2009年08月  -  2009年08月

  • A micro pump driven by conducting polymer soft actuator based on polypyrrole 査読有り

    Yoshitaka Naka,Masaki Fuchiwaki,kazuhiro Tanaka

    Proceedings of the ASME Fluids Engineering Division Summer Meeting, FEDSM2009   2009年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    America   2009年08月  -  2009年08月

  • Efficiency of a Micro Pump driven by Conducting polymer soft actuator with open/close movement 査読有り

    Yoshitaka Naka,Masaki Fuchiwaki,kazuhiro Tanaka

    Proceedings of ICROS-SICE International Joint Conference 2009   2009年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    日本   2009年08月  -  2009年08月

  • Vortex Flow Visualization of a Flapping Butterfly Wing Performing a Fixed Flight 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka

    Proceedings of Society for Experimental Biology 2009 (2009)   2009年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    スコットランド   2009年06月  -  2009年06月

  • Detailed Wake Structure behind an Elastic Airfoil 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Tomoki Kurinami,Kazuhiro Tanaka

    Journal of Fluid Science and Technology   4   391 - 400   2009年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • 固定飛翔する蝶の翅上に形成される渦流れ

    渕脇正樹,川野貴史,田中和博,田畑隆英

    第21回バイオエンジニアリング講演会講演論文集   ( 08-53 )   241 - 242   2009年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Planate conducting polymer actuator based on polypyrrole and its application 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka,Keiichi Kaneto

    Sensors and Actuators A; Physical   150   272 - 276   2009年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    主要雑誌 代表的研究業績

  • A Micro Pump Driven by a Polypyrrole-based Conducting Polymer Soft Actuator 査読有り

    Yoshitaka Naka ,Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka

    Polymer International   59   352 - 356   2009年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Detailed Wake Structure behind a Elastic Airfoil 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka

    Int. Conf. on Jets,Wakes and Separated Flows,ICJWSF-2008   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    2008年04月  -  2008年04月

  • Characteristics of a Micro Pump using Conducting Polymer Soft Actuator 査読有り

    Y.NAKA,M.FUCHIWAKI,K.TANAKA

    Proceedings of the 25th Sensor Symposium   807 - 808   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    2008年04月  -  2008年04月

  • Vortex Flow Visualization behind an Unsteady Elastic Airfoil 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka

    Proceedings of The Seventh JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference (TFEC7)   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    2008年04月  -  2008年04月

  • Dynamic Behavior of Butterfly Wing and its Vortex Flow 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka

    ISFV 13-13th International Symposium on Flow Visualization FLUVISU 12-12th French Congress on Visualization in Fluid Mechanics   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    2008年04月  -  2008年04月

  • Characteristic of Micro Pump Driven by Conducting Polymer Soft Actuator 査読有り

    Yoshitaka Naka,Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka

    Proceedings of the Fluids Engineering Division Summer Conference,FEDSM2008   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    2008年04月  -  2008年04月

  • Vortex Flow behind a Heaving Elastic Flat Plate 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka

    Proceedings of the Fluids Engineering Division Summer Conference,FEDSM2008   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    2008年04月  -  2008年04月

  • A Micro Pump Driven by Conducting Polymer Soft Actuator with Open/Close movement 査読有り

    Yoshitaka Naka,Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka

    Proceedings of The Seventh JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference (TFEC7)   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    2008年04月  -  2008年04月

  • 導電性高分子ソフトアクチュエータを駆動源とするマイクロポンプの基礎性能

    渕脇正樹,中喜隆,田中和博

    第54回高分子研究発表会(神戸)   78 - 78   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • イオン導電性高分子ソフトアクチュエータの一定値保持制御

    中喜隆,渕脇正樹,田中和博

    第54回高分子研究発表会(神戸)   79 - 79   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Conducting Polymer Actuator in Open-Close movement and Its Application to Micro Pump 査読有り

    M.Fuchiwaki,K.Tanaka,K.Kaneto

    Ⅳ World Congress on Biomimetics, Artificial Muscles & Nano-Bio 2007   45 - 45   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Spain   Torre Pacheco   2007年11月06日  -  2007年11月09日

  • GEOMETRIC PROPERTY OF FLAPPING MOTION ON A BUTTERFLY WING 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka

    FLUCOME 2007   2007年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    America   Florida   2007年09月16日  -  2007年09月19日

  • 弾性を有する平板翼後流の渦流れ

    渕脇正樹,田中和博

    日本機械学会創立110周年記念 2007年度年次大会   2 ( 07-1 )   311 - 312   2007年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    日本機械学会 講演論文集

  • CHARACTERISTICS OF DYNAMIC THRUST ON AN UNSTEADY AIRFOIL IN PITCHING AND HEAVING MOTIONS 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka,Masahiro Nakashima

    FEDSM 2007   2007年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    America   California   2007年07月30日  -  2007年08月02日

  • BIMORPH TYPE SOFT ACTUATOR BASED ON CONDUCTING POLYMER AND ITS APPLICATION TO MICRO PUMP 査読有り

    Masaki Fichiwaki,Yoshitaka Naka,Kazuhiro tanaka

    FEDSM 2007   2007年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    America   California   2007年07月30日  -  2007年08月02日

  • Detailed Wake Structure behind Unsteady Airfoils and Characteristics of Dynamic Thrust 査読有り

    Masaki FUCHIWAKI,Kazuhiro TANAKA

    IUTAM Symposium on Unsteady Separated Flowns and their Control   2007年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Greece   Corfu   2007年06月18日  -  2007年06月22日

  • Dynamic behavior of Butterfly Wing on Free and Bound Flights 査読有り

    M.Fuchiwaki,K.Tanaka

    The 9th Asian Symposium on Visualization   267 - 268   2007年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    中国   Hong Kong   2007年06月04日  -  2007年06月08日

  • 非定常運動翼後流の渦流れと非定常推進力 査読有り

    渕脇正樹,田中和博,永山勝也

    日本機械学会論文集(B編)   73 ( 728 )   922 - 929   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • ピッチング運動翼から発生する渦の挙動と非定常流体力 査読有り

    渕脇正樹,田中和博

    日本機械学会論文集(B編)   73 ( 726 )   419 - 427   2007年02月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Vortex Flow on a Butterfly Wing 査読有り

    Masaki FUCHIAKI,Kazuhiro TANAKA

    12th International Symposium on Flow Visualization   2006年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Germany   ゲッティンゲン   2006年09月10日  -  2006年09月14日

  • Vortex Flow behind an Unsteady Airfoil in Pitching and Heaving Motions and Dynamic Thrust 査読有り

    Masaki FUCHIWAKI,Kazuhiro TANAKA

    Proceedings of FEDSM2006 2006 Joint U.S.-European Fluids Engineering Summer Meeting   FEDSM2006-98487(CD-ROM)   2006年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Amerika   Florida   2006年07月17日  -  2006年07月20日

  • Planate Conducting Polymer Actuator and Its Application 査読有り

    Masaki FUCHIWAKI,Kazuhiro TANAKA,Keiichi KANETO

    Proceedings of FEDSM2006 2006 Joint U.S.-European Fluids Engineering Summer Meeting   FEDSM2006-98486   2006年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Amerika   Florida   2006年07月17日  -  2006年07月20日

  • Planate Soft Actuator based on Polypyrrole Film and Its Application 査読有り

    Masaki FUCHIWAKI,Kazuhiro TANAKA,Keiichi KANETO

    Hokkaido Univ-AIST collaborative conferene   2006年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    東京   2006年05月30日  -  2006年05月31日

  • Vortex Structure and Scale on an Unsteady Airfoil 査読有り

    Masaki FUCHIWAKI,Kazuhiro TANAKA

    JSME International Journal(Series B)   49 ( 4 )   1056 - 1063   2006年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • ヒービング運動翼に働く非定常流体力 査読有り

    梁昌照,田中和博,渕脇正樹

    日本機械学会誌(B)編   71 ( 701 )   104 - 110   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Modeling and Ionic Characteristics of an Ion Conducting Polymer Actuator 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka

    4th World Congress on Industrial Process Tomography   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    会津若松   2005年04月  -  2005年04月

  • Wake Structure and Dynamic Thrust of an Unsteady Airfoil 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka

    2005 ASME Fluids Engineering Division Summer Meeting and Exhibition   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    America   Houston   2005年04月  -  2005年04月

  • Effect of Film Morphorogy on the Actuatoion Behavior in Polypyrrole Films 査読有り

    Shyam Sudhir Pandey,Wataru Takashima,Masaki Fuchiwaki,Keiichi Kaneto

    Synthetic Metals   135   59 - 60   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Detailed Vortex Structure on the wake of unsteady airfoils and dynamic thrust 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka

    16th International Symposium on Transport phenomena   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Czech Republic   Prague   2005年04月  -  2005年04月

  • Vortex Structure and Scale on an Unsteady Airfoil 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka

    International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows   591 - 591   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    鳥羽   2005年04月  -  2005年04月

  • Vortex Flow Visualization behind Unsteady Airfoils at Low Reynolds Number Region 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka

    The Third International Conference on Vortex Flows and Vortex Models   167 - 167   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    横浜   2005年04月  -  2005年04月

  • Characteristics of Dynamic Thrust acting on Unsteady Airfoils 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka

    The 6th KSME-JSME Thermal & Fluids Engineering Conference   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Jeju   2005年04月  -  2005年04月

  • Vortex Structure and Jet Characteristics behind Unsteady Airfoils 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka

    The 7th Asian Symposium on Visualization   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Thailand   Chiangmai   2005年04月  -  2005年04月

  • Flow control around an Airfoil by an artificial Muscle 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka,Shingo Sewa,Kazuo Onishi

    The Second Conference on Artificial Muscles   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    大阪   2004年04月  -  2004年04月

  • Detailed Vortex Structure on the Wake of Unsteady Airfoils 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka

    11th International Symposium on Flow Visualization   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    America   Notre Dame   2004年04月  -  2004年04月

  • Vortex structure in unsteady separation on an unsteady airf 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka

    International Conference on Advanced Optical Diagnostics in Fluids, Solids and Combustion   2004年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    東京   2004年04月  -  2004年04月

  • Proposal of Novel Actuators Using Conducting Polymer Laminates 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Wataru Takashima,Shyam Sudhir Pandey,Keiichi Kaneto

    Synthetic Metals   135   135 - 136   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Unsteady Separation and Vortex around Moving Airfoil 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Chang Jo Yang,Kazuhiro Tanaka

    4th JSME/ASME Joint Fluids Engineering Division Annual Summer Meeting   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    America   honolulu   2003年04月  -  2003年04月

  • Vortex Control by an Artificial Muscle Based on a Conducting Polymer 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka,Shingo Sewa,Kazuo Onishi

    4th JSME/ASME Joint Fluids Engineering Division Annual Summer Meeting   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    America   honolulu   2003年04月  -  2003年04月

  • Effective Control of Vortex Shedding by an Artificial Muscle 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka,Shingo Sewa,Kazuo Onishi

    7th International Symposium on Fluid Control, Measurement and Visualization   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Italy   Sorrento   2003年04月  -  2003年04月

  • Detailed Visualization of Re-circulation Region on Unsteady Airfoils 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Chang Jo Yang,Kazuhiro Tanaka

    The 7th Asian Symposium on Visualization   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Singapore   2003年04月  -  2003年04月

  • Experimental and Numerical Analysis of Unsteady Separation Around an Unsteady Airfoil 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Chang Jo Yang,Kazuhiro Tanaka

    7th International Symposium on Fluid Control, Measurement and Visualization   2003年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Italy   Sorrento   2003年04月  -  2003年04月

  • Unsteady Fluid Forces and Flow Patterns of a Heaving Airfoil 査読有り

    Chang Jo Yang,Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka,Young-Ho Lee

    The Fifth JSME-KSME Fluids Engineering Conference   435 - 435   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    名古屋   2002年11月  -  2002年11月

  • Vortex Scale of Unsteady Separation on a Pitching Airfoil 査読有り

    Masaki FUCHIWAKI,Kazuhiro Tanaka

    Visualization and Imaging in Transport Phenomena   972   61 - 66   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Cyclic Step-voltammetric Analysis of Cation-driven and Anion-driven Actuation in Polypyrrole Films 査読有り

    Wataru Takashima,Shyam S Pandy,Masaki Fuchiwaki,Keiichi Kaneto

    Japanese Journal of Applied Physics, December   41 ( 12 )   7532 - 7536   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Soft Actuators Based on Poly(3-alkyl thiophene) Films Upon Electrochemical Oxidation and Reduction 査読有り

    Masaki FUCHIWAKI,Wataru TAKASHIMA,Keiichi Kaneto

    Molecular Crystals and Liquid Crystals   374   513 - 520   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Dynamic Thrust and Vortex on a Pitching Airfoil 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka,Tatsuya Hayashi

    The 10th International Symposium on Flow Visualization   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    京都   2002年04月  -  2002年04月

  • Proposal of Novel Actuators Using Conducting Polymer Laminates 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Wataru Takashima,Shyam Sudhir Pandey,Keiichi Kaneto

    International Conference on Science and Technology of Synthetic Metals   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    China   Shanghai   2002年04月  -  2002年04月

  • Flow Control by an Artificial Muscle 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka,Keiichi Kaneto

    The 10th International Symposium on Flow Visualization   2002年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    京都   2002年04月  -  2002年04月

  • Comparative Study of Electrochemomechanical Deformations of poly (3-alkylthiophene)s, Polyanilines and Polypyrrole Films 査読有り

    Masaki FUCHIWAKI,Wataru TAKASHIMA,Keiichi Kaneto

    Japanese Journal of Applied Physics   40 ( 12 )   7110 - 7116   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Study on Propulsion Characteristics of a Pitching Airfoil 査読有り

    Chang Jo Yang,Tatsuya Hayashi,Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro Tanaka

    Proceedings of International Conference on Marine Engineering   313 - 318   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Busan   2001年10月  -  2001年10月

  • Two Dimensional Structure of the Wake behind a Pitching Airfoil with Higher Non-dimensional Pitching Rate 査読有り

    Masaki FUCHIWAKI,Kazuhiro TANAKA

    Journal of Visualization   4 ( 4 )   323 - 329   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Soft Actuators Base on Conducting Polymers, Polypyrrole and Polythiophen Films 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Wataru Takashima,Keiichi Kaneto

    Sixth International Conference on Frontiers of Polymers and Advances Materials   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Brasil   2001年04月  -  2001年04月

  • Vortex Structure in Unsteady Separation around a Pitching Airfoil 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro TANAKA

    International Symposium on Visualization and Imaging in Transport Phenomena   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Turkey   Antalya   2001年04月  -  2001年04月

  • Arrangement and Dynamic Behavior of Vortices from a Pitching airfoil 査読有り

    Masaki FUCHIWAKI,KazuhiroTANAKA

    JSME International Journal, Series B   43 ( 3 )   443 - 448   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Two Dimensional Structure on the wake of a Pitching Airfoil with Higher Non-dimensional Pitching Rate 査読有り

    Masaki Fuchiwaki,Kazuhiro TANAKA,Tatsuya HAYASHI,Kazutaka NAGASHIMA

    9th International Symposium on Flow Visualization   2000年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Scotland   Edinburgh   2000年04月  -  2000年04月

  • ピッチング運動翼に働く非定常流体力 査読有り

    渕脇正樹,田中和博,田中博喜

    日本機械学会誌(B)編   65 ( 634 )   1970 - 1977   1999年06月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • ピッチング運動翼より発生するはく離渦の挙動とその構造 査読有り

    渕脇正樹,田中和博,田中彰

    日本機械学会誌(B)編   65 ( 632 )   1271 - 1276   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Unsteady Characteristics of Lift Acting on a Pitching Airfoil 査読有り

    Masaki FUCHIWAKI,Kazuhiro TANAKA,Hiroki TANAKA

    ASME Fluids Engineering Division Annual Summer Meeting   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    America   Washington D.C.   1999年04月  -  1999年04月

  • Flow Patterns Behind Pitching Airfoil and Unsteady Fluid Forces 査読有り

    Masaki FUCHIWAKI,Kazuhiro TANAKA,Hiroki TANAKA,Kyoji KAMEMOTO,Oktay Baysal

    3rd ASME/JSME Joint Fluids Engineering Division Annual Summer Meeting   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    America   San Francisco   1999年04月  -  1999年04月

  • Dynamic Behavior of Vortices from an Airfoil Undergoing Pitching Motion 査読有り

    Masaki FUCHIWAKI,Kazuhiro TANAKA,Oktay Baysal

    ASME Fluids Engineering Division Annual Summer Meeting   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    America   Washington D.C.   1998年04月  -  1998年04月

  • Unsteady Fluid Forces on an Airfoil Undergoing Pitching Motion 査読有り

    Masaki FUCHIWAKI,Kazuhiro TANAKA,Hiroki TANAKA

    The Fourth KSME-JSME Fluids Engineering Conference   337 - 340   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Pusan   1998年04月  -  1998年04月

  • Discrete Vortex Visualization on the Integrated Streakline of Unsteady Separation 査読有り

    Masaki FUCHIWAKI,Kazuhiro TANAKA,Hiroki TANAKA,Takeshi NAKADA

    8th International Symposium on Flow Visualization   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Italy   Solento   1998年04月  -  1998年04月

  • Unsteady Separation and Dynamic Lift around an Airfoil Undergoing Pitching Motion 査読有り

    Kazuhiro TANAKA,Masaki FUCHIWAKI,Hiroshi TSUKAMOTO,Hiroki TANAKA

    ASME Fluids Engineering Division Annual Summer Meeting   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Canada   Vancouver   1997年04月  -  1997年04月

▼全件表示

著書

  • Antimicrobial and Antiviral Materials: Polymers, Metals, Ceramics, and Applications

    Masaki Fuchiwaki(共著)

    CRC Press  2022年02月  ( ISBN:0367697440

     詳細を見る

    総ページ数:1-256   記述言語:英語

  • Dynamic Behavior of Leading Edge Vortex and Vorticity on Suction Surface of a Heaving Elastic Airfoil

    Fuchiwaki M.(単著)

    2021年01月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    The flow field around an elastic moving body has attracted attention in recent years and can be modeled as a coupled problem between the fluid and structure (fluid/structure interaction, FSI). Many studies have been carried out on the flow field around an elastic moving body using experimental and numerical approaches. However, the impact of elastic deformation on the vortices generated in the vicinity of the wall and the dynamic behavior of micro scale vortices have not been clarified sufficiently. The present study investigates the dynamic behavior of the leading-edge vortex and the vortices that form on the suction surface of a heaving elastic airfoil via FSI simulation using ANSYS 16.1/ANSYS CFX 16.1. The growth of the leading-edge vortex of the elastic airfoil is slightly delayed compared to that of the rigid airfoil due to the effective angle of attack. Moreover, the small effective angle of attack for the elastic airfoil strengthens the leading-edge vortex and delays its growth. Vorticity with clockwise rotation grows in the vicinity of the wall due to elastic deformation. This vorticity mainly consists of a strong rotational component.

    Scopus

  • Notes on Numerical Fluid Mechanics and Multidisciplinary Design

    W. Schröder., E. Mäteling(共著)

    Springer Nature  2021年01月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  • PIVハンドブック第2版

    Masaki Fuchiwaki(共著)

    森北出版株式会社  2018年03月  ( ISBN:978-4-627-67182-9

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • Micro Pump Driven by a Pair of Conducting Polymer Soft Actuators

    Masaki Fuchiwaki(単著)

    Springer  2014年09月  ( ISBN:978-4-431-54766-2

     詳細を見る

    記述言語:英語

  • Dynamics of Vortices Shed from an Elastic Heaving Thin Film by Fluid-Structure Interaction Simulation

    Tetsushi Nagata, Masaki Fuchiwaki, Kazuhiro Tanaka(共著)

    Springer  2013年11月  ( ISBN:978-4-431-54275-9

     詳細を見る

    記述言語:英語

  • 未来を動かすソフトアクチュエータ-高分子・生体材料を中心とした研究開発- 第26章 高分子ソフトアクチュエータのマイクロポンプへの応用

    渕脇正樹(共著)

    シーエムシー出版  2010年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

口頭発表・ポスター発表等

  • 厚みの異なる導電性高分子ソフトアクチュエータの最適化設計

    山口裕登,渕脇正樹

    日本機械学会九州学生会第52回卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月09日   記述言語:日本語  

  • 変形する運動翼壁面上を成長する渦度

    三村裕就,渕脇正樹

    日本機械学会九州学生会第52回卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月09日   記述言語:日本語  

  • 羽ばたき運動する蝶の翅が生み出す非定常揚力/推進力

    葉石晴風,渕脇正樹

    日本機械学会九州学生会第52回卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月09日   記述言語:日本語  

  • 主流とSweeping jetの干渉により生成する渦流れ構造とその生成過程

    小林英世,渕脇正樹

    日本機械学会第98期流体工学部門講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年11月11日 - 2020年11月13日   記述言語:日本語  

  • 運動翼の弾性変形による渦度の成長

    刀根 千玖沙,渕脇正樹

    日本機械学会第98期流体工学部門講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年11月11日 - 2020年11月13日   記述言語:日本語  

  • 主流中に吹出す高速振動流が生成する流れ構造

    小林英世,渕脇正樹

    日本機械学会2020年度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月14日 - 2020年09月16日   記述言語:日本語  

  • 弾性運動翼壁面の移動による渦度の成長

    刀根 千玖沙,渕脇正樹

    日本機械学会2020年度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月14日 - 2020年09月16日   記述言語:日本語  

  • Sweeping Jetと主流の干渉により作り出す流れ構造

    平尾拓也,渕脇正樹

    日本機械学会第97期流体工学部門講演会  社団法人日本機械学会流体工学部門

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月07日 - 2019年11月08日   記述言語:日本語   開催地:ホテルアソシア豊橋  

  • 弾性運動翼壁面上の渦度の成長過程

    刀根千玖沙,渕脇正樹

    日本機械学会第97期流体工学部門講演会  社団法人日本機械学会流体工学部門

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月07日 - 2019年11月08日   記述言語:日本語   開催地:ホテルアソシア豊橋  

  • 主流に交わるSweeping jetが作り出す渦構造

    平尾拓也,渕脇正樹

    日本機械学会2019年度年次大会  社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月08日 - 2019年09月11日   記述言語:日本語   開催地:秋田大学  

  • 運動翼の弾性変形が作り出す渦度とその成長

    刀根千玖沙,渕脇正樹

    日本機械学会2019年度年次大会  社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月08日 - 2019年09月11日   記述言語:日本語   開催地:秋田大学  

  • 主流中に吹き出すSweeping jetが作り出す流れ構造

    平尾拓也,渕脇正樹

    第47 回可視化情報シンポジウム  社団法人可視化情報学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年07月25日 - 2019年07月27日   記述言語:日本語   開催地:京都大学  

  • 主流中に吹き出される気泡塊の分裂過程

    池田拓士,渕脇正樹

    日本機械学会第96期流体工学部門  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年11月29日 - 2018年11月30日   記述言語:日本語   開催地:蓬莱殿  

  • Fluidic Oscillatorから吹き出されるSweeping jetと主流の干渉による流れ構造

    渕脇正樹

    第46回可視化情報シンポジウム  可視化情報学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月14日 - 2018年09月16日   記述言語:日本語   開催地:明治大学  

  • 弾性運動翼壁面上の渦度の成長

    重信樹,渕脇正樹

    日本機械学会 2018年度年次大会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月09日 - 2018年09月12日   記述言語:日本語  

  • 主流中に吹き出される気泡塊の動的挙動

    池田拓士,渕脇正樹

    日本機械学会 2018年度年次大会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月09日 - 2018年09月12日   記述言語:日本語  

  • 蝶の翅が生み出す非定常流体力特性

    近藤晋,渕脇正樹

    日本機械学会 2018年度年次大会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月09日 - 2018年09月12日   記述言語:日本語  

  • ヒービング運動翼の前縁はく離渦とその背面を成長する渦度

    重信樹,渕脇正樹

    日本機械学会九州学生会 第49回卒業研究発表講演会  日本機械学会九州学生会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月02日   記述言語:日本語   開催地:大分大学  

  • バイモルフ構造導電性高分子薄膜の電解伸縮メカニズム

    岡本健太,渕脇正樹

    日本機械学会九州学生会 第49回卒業研究発表講演会  日本機械学会九州学生会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月02日   記述言語:日本語   開催地:大分大学  

  • 主流中に吹き出されたsweeping jetによって作り出される流れ構造

    大田浩平,渕脇正樹

    日本機械学会九州学生会 第49回卒業研究発表講演会  日本機械学会九州学生会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月02日   記述言語:日本語   開催地:大分大学  

  • 蝶の翅の羽ばたき運動により生み 出される非定常流体力特性

    近藤晋,渕脇正樹

    日本機械学会九州学生会 第49回卒業研究発表講演会  日本機械学会九州学生会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年03月02日   記述言語:日本語   開催地:大分大学  

  • はく離領域にてヒービング運動する弾性翼後縁の弾性変形とその非定常揚力

    池田 拓士, 渕脇 正樹

    年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年01月   記述言語:日本語  

    <p>The flow field around an unsteady airfoil is a common type of unsteady flow, and many researchers have experimentally and numerically investigated unsteady flows around moving airfoils. In recent years, the flow field around moving airfoils capable of flexible elastic deformation has become a focus of attention. The flow field around an elastically deforming airfoil may be understood as a fluid-structure interaction (FSI) problem, and the motion and deformation of elastic airfoils, as well as the associated dynamic behavior of the vortices, are complicated. In this study, the dynamic behavior of the vortices rolled up from the leading edge of a heaving elastic airfoil in a separation region through FSI simulation using ANSYS 16.1/ANSYS CFX 16.1. In particular, the FSI simulation of the flow field on a heaving elastic airfoil at an angle of attack of 16°, which is in the separation region under stationary conditions, and the dynamic behavior of both the leading edge vortex and the vorticity in the vicinity of the suction surface were clarified.</p>

    CiNii Article

  • 日本MRS年次大会

    渕脇正樹

    導電性高分子ポリピロールによるバイモルフソフトアクチュエータ 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月19日 - 2016年12月21日   記述言語:日本語  

  • 日本機械学会流体工学部門講演会

    渕脇正樹

    はく離領域にてヒービング運動する弾性翼から巻き上がる渦の動的挙動  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年11月12日 - 2016年11月13日   記述言語:日本語   開催地:山口大学工学部  

  • 蝶の後流に発達する渦輪とその非定常揚力

    渕脇正樹

    日本流体力学会年会  日本流体力学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月26日 - 2016年09月28日   記述言語:日本語   開催地:名古屋工業大学  

  • 壁面に囲まれた弾性運動翼後流に発達する渦構造

    ラフマンシャハナ

    日本機械学会2016年度年次大会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月11日 - 2016年09月14日   記述言語:日本語   開催地:九州大学  

  • 蝶の後流に巻き上がる渦輪とその非定常揚力

    渕脇正樹

    第44回可視化情報シンポジウム  可視化情報学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年07月19日 - 2016年07月20日   記述言語:日本語   開催地:工学院大学  

  • 壁面に囲まれた弾性運動翼後流に発達する渦構造

    ラフマン シャハナ, 渕脇 正樹

    年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年01月   記述言語:日本語  

    <p>We investigate the dynamic behavior of the vortices rolled up from the trailing edge of the heaving elastic airfoil, the wake structure and the accelerating flow in the wake by a Fluid Structure Interaction simulation using ANSYS CFX 16.0 / ANSYS 16.0. The vortices rolled up from the trailing edge of the heaving elastic airfoil covered with wall are interfered with wall strongly and the vorticity in the wake are kept high compared with that without wall. As a result, the thrust producing vortex street is formed clearly in the wake of the heaving elastic airfoil with wall and their vorticities are also kept high. Moreover, the clear accelerating flow is formed in the wake of the heaving elastic airfoil with wall and it becomes large even behind eight chord length due to the interaction between vortices and wall.</p>

    CiNii Article

  • はく離領域にてヒービング運動する弾性翼から巻き上がる渦の動的挙動

    渕脇 正樹, 田中 和博

    流体工学部門講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年01月   記述言語:日本語  

    <p>Many researchers have experimentally and numerically investigated the flow field around an unsteady airfoil, which is a common unsteady flow. In particular, there have been a number of studies on the flow field around a pitching airfoil, a heaving airfoil and a combination airfoil with combined pitching and heaving motions. In recent years, the flow field in the vicinity of moving airfoils capable of flexible elastic deformation has become a focus of attention. Flow in the vicinity of an elastically deforming airfoil may be understood as a fluid-structure interaction (FSI) problem, and the motion and deformation of elastic airfoils, as well as the associated vortex flow phenomena in their vicinity, are complicated. In this study, we investigate the dynamic behavior of vortices on elastic heaving airfoil in a separation region, at 16 degree of attack angle, by fluid structure interaction simulation using ANSYS 16.1/ANSYS CFX 16.1.</p>

    CiNii Article

  • 蝶の翅から巻き上がる渦群の動的挙動とその非定常揚力

    高橋遼, 渕脇正樹

    日本機械学会流体工学部門講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月07日 - 2015年11月08日   記述言語:日本語  

  • はく離領域においてヒービング運動する弾性運動翼まわりの渦構造

    森政成, 渕脇正樹

    日本機械学会流体工学部門講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月07日 - 2015年11月08日   記述言語:日本語  

  • Fluidic Oscillatorから吹き出すジェットと主流の干渉

    国本千春, 渕脇正樹

    日本機械学会2015年 度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月14日 - 2015年09月17日   記述言語:日本語  

  • ヒービング運動を行う薄翼の壁面近傍の渦度の成長

    嶋田愛子, 渕脇正樹

    日本機械学会2015年 度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月14日 - 2015年09月17日   記述言語:日本語  

  • 飛翔する蝶の後流に形成される渦群とその誘起流れ

    高橋遼, 渕脇正樹

    日本機械学会2015年 度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月14日 - 2015年09月17日   記述言語:日本語  

  • イオン性液体を用いた導電性高分子ソフトアクチュエータの基礎性能

    弥永鴻志, 渕脇正樹

    日本機械学会2015年 度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月14日 - 2015年09月17日   記述言語:日本語  

  • 飛翔する蝶の翅から巻き上がる渦輪の動的挙動

    渕脇正樹

    第43回可視化情報シンポジウム  可視化情報学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年07月21日 - 2015年07月22日   記述言語:日本語   開催地:工学院大学  

  • 筐体内部の狭路内の自然対流の可視化

    高橋遼,渕脇正樹

    第43回可視化情報シンポジウム  可視化情報学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年07月21日 - 2015年07月22日   記述言語:日本語   開催地:工学院大学  

  • 壁面を有する弾性翼後流に発達する渦列

    ラフマンシャハナ, 渕脇正樹, 田中和博

    日本機械学会九州学生会 第46回卒業研究発表講演会  日本機械学会九州学生会 第46回卒業研究発表講演会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月03日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • 飛翔する蝶の後流の可視化

    松田啓, 渕脇正樹, 田中和博

    日本機械学会九州学生会 第46回卒業研究発表講演会  日本機械学会九州学生会 第46回卒業研究発表講演会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月03日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • 導電性高分子ポリピロールによるソフトアクチュエータの電解伸縮速度

    田尾和之, 渕脇正樹, 田中和博

    日本機械学会九州学生会 第46回卒業研究発表講演会  日本機械学会九州学生会 第46回卒業研究発表講演会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月03日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • シックナー内部における低濃度スラリー流動解析

    大島玄慈, 渕脇正樹, 田中和博

    日本機械学会九州学生会 第46回卒業研究発表講演会  日本機械学会九州学生会 第46回卒業研究発表講演会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年03月03日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • 空気中で駆動する導電性高分子ソフトアクチュエータの基礎性能

    弥永鴻志, 渕脇正樹, 田中和博

    第15回 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  第15回 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月15日 - 2014年12月17日   記述言語:英語   開催地:東京  

  • 三次元弾性薄膜から巻き上がる渦の干渉とその非定常流体力

    金城篤, 渕脇正樹, 田中和博

    三次元弾性薄膜から巻き上がる渦の干渉とその非定常流体力  日本機械学会流体工学部門講演会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年10月25日 - 2014年10月26日   記述言語:日本語   開催地:富山  

  • 弾性を有する運動壁面近傍に形成される渦の成長過程とその渦放出

    嶋田愛子, 渕脇正樹, 田中和博

    弾性を有する運動壁面近傍に形成される渦の成長過程とその渦放出  日本機械学会流体工学部門講演会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年10月25日 - 2014年10月26日   記述言語:日本語   開催地:富山  

  • 運動物体から巻き上がる渦輪の動的挙動とその非定常揚力

    黒木太一, 渕脇正樹, 田中和博

    日本機械学会流体工学部門講演会  日本機械学会流体工学部門講演会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年10月25日 - 2014年10月26日   記述言語:日本語   開催地:富山  

  • 非定常運動を行う剛体/弾性薄翼の運動量厚さと非定常流体力

    嶋田愛子, 渕脇正樹, 田中和博

    非定常運動を行う剛体/弾性薄翼の運動量厚さと非定常流体力  第63回理論応用力学講演会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月26日 - 2014年09月28日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • ポリピロールによるバイモルフ構造の導電性高分子ソフトアクチュエータの最適化設計

    渕脇正樹

    ポリピロールによるバイモルフ構造の導電性高分子ソフトアクチュエータの最適化設計  日本応用物理学会秋季講演会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月17日 - 2014年09月20日   記述言語:日本語   開催地:札幌  

  • 自由飛翔する蝶の後流に形成される渦輪

    渕脇正樹,黒木太一,田中和博

    自由飛翔する蝶の後流に形成される渦輪  日本流体力学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月15日 - 2014年09月17日   記述言語:日本語   開催地:仙台  

  • 自由飛翔する蝶の後流に形成される渦輪とその挙動

    水澤大樹, 渕脇正樹, 田中和博

    自由飛翔する蝶の後流に形成される渦輪とその挙動  本機械学会2014年度年次大会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月07日 - 2014年09月10日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • シックナー内部の流れ解析とそのスラリーモデルの検討

    藤岡周平, 渕脇正樹, 田中和博

    シックナー内部の流れ解析とそのスラリーモデルの検討  本機械学会2014年度年次大会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月07日 - 2014年09月10日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 弾性運動体から巻き上がる渦の生成とその成長過程

    金城篤, 渕脇正樹, 田中和博

    弾性運動体から巻き上がる渦の生成とその成長過程  本機械学会2014年度年次大会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月07日 - 2014年09月10日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 運動体から巻き上がる渦輪の成長とその非定常揚力

    黒木太一, 渕脇正樹, 田中和博

    運動体から巻き上がる渦輪の成長とその非定常揚力  本機械学会2014年度年次大会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月07日 - 2014年09月10日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 飛翔する蝶の翅から巻き上がる渦輪の動的挙動

    渕脇正樹

    飛翔する蝶の翅から巻き上がる渦輪の動的挙動  第42回可視化情報シンポジウム講演会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年07月21日 - 2014年07月22日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 運動体から巻き上がる渦輪とそれにより生み出される非定常揚力

    黒木太一, 渕脇正樹, 田中和博

    運動体から巻き上がる渦輪とそれにより生み出される非定常揚力  第42回可視化情報シンポジウム講演会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年07月21日 - 2014年07月22日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • フィン列周りの熱交換特性の数値シミュレーション

    寄能 智紀,田中 和博,渕脇 正樹

    第45回卒業研究発表講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月04日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • トルクコンバータ内部のステータ翼列周りの流れの可 視化

    大谷 修平,田中 和博,渕脇 正樹

    第45回卒業研究発表講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月04日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • 横穴が設けられた配管からの空気中への流出特性

    有畑 圭人,田中 和博,渕脇 正樹

    第45回卒業研究発表講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月04日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • 動特性を考慮した油圧制御弁の回路モデリングとシミ ュレーション

    江口 拓行,田中 和博,渕脇 正樹

    第45回卒業研究発表講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月04日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • 壁に囲まれた領域の壁面噴流により発生する渦の流れ 場解析

    中島由智,田中 和博,渕脇 正樹

    第45回卒業研究発表講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月04日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • 電空ハイブリッドアクチュエータの特性解析

    津田真依,肥後 寛,田中 和博,渕脇 正樹

    第45回卒業研究発表講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月04日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • 数値解析による運動翼の後流構造とその非定常推進力特性

    森政成, 渕脇正樹, 田中和博

    第45回卒業研究発表講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月04日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • 導電性高分子ソフトアクチュエーターの電解伸縮過程

    松亮介, 渕脇正樹, 田中和博

    第45回卒業研究発表講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月04日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • シックナー内部のレーキまわりの流れ解析

    高倉康顧, 渕脇正樹, 田中和博博

    第45回卒業研究発表講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月04日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • 自由飛翔する蝶の翅まわりに形成される渦構造の可視化

    国本千春, 渕脇正樹, 田中和博

    第45回卒業研究発表講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月04日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • 横穴を設けた配管の流動特性

    河野功典, 田中和博, 渕脇正樹

    第91期流体工学部門講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月09日 - 2013年11月13日   記述言語:日本語   開催地:九州大学  

  • 蝶の翅上および後流に発達する渦輪とその非定常揚力

    黒木太一,渕脇正樹,田中和博

    第91期流体工学部門講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月09日 - 2013年11月13日   記述言語:日本語   開催地:九州大学  

  • トルクコンバータの損失特性に関する研究

    坂元竜起, 田中和博, 渕脇正樹

    第91期流体工学部門講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月09日 - 2013年11月13日   記述言語:日本語   開催地:九州大学  

  • 弾性を有する運動壁面近傍に形成される渦の成長過程とその渦放出

    嶋田愛子, 田中和博, 渕脇正樹

    第91期流体工学部門講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月09日 - 2013年11月13日   記述言語:日本語   開催地:九州大学  

  • 弾性運動翼の曲げ剛性による翼面近傍の速度勾配と非定常流体力特性

    金城篤, 渕脇正樹, 田中和博

    第91期流体工学部門講演会   日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年11月09日 - 2013年11月13日   記述言語:日本語   開催地:九州大学  

  • 蝶の翅上を発達する渦輪から見積もる非定常揚力

    黒木太一,渕脇正樹,田中和博

    2013年度年次大会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月08日 - 2013年09月11日   記述言語:日本語   開催地:岡山  

  • 曲げ剛性を考慮した弾性運動翼の非定常流体力特性

    金城篤, 渕脇正樹, 田中和博

    2013年度年次大会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月08日 - 2013年09月11日   記述言語:日本語   開催地:岡山  

  • 飛翔する蝶の後流に形成される二対の渦構造

    川原卓也, 渕脇正樹, 田中和博博

    第41回可視化情報シンポジウム  一般社団法人 可視化情報学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年07月16日 - 2013年07月17日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • トルクコンバータ内のステータ翼列周りの流れの可視化

    城戸裕季, 田中和博, 渕脇正樹

    日本機械学会九州支部第44回卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月05日 - 2013年03月06日   記述言語:日本語   開催地:日本 熊本  

  • 動特性を考慮した油圧回路のモデリング

    吉田英明, 田中和博, 渕脇正樹

    日本機械学会九州支部第44回卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月05日 - 2013年03月06日   記述言語:日本語   開催地:日本 熊本  

  • 空気中で動く導電性高分子ソフトアクチュエータとその基礎メカニズム

    水澤大樹, 渕脇正樹, 田中和博

    日本機械学会九州支部第44回卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月05日 - 2013年03月06日   記述言語:日本語   開催地:日本 熊本  

  • 自由飛翔する蝶の後流構造の可視化

    水澤大樹, 渕脇正樹, 田中和博

    日本機械学会九州支部第44回卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月05日 - 2013年03月06日   記述言語:日本語   開催地:日本 熊本  

  • 狭い隙間をもつ偏心二重円筒管内の流れ解析

    堀高之, 田中和博, 渕脇正樹

    日本機械学会九州支部第44回卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月05日 - 2013年03月06日   記述言語:日本語   開催地:日本 熊本  

  • 配管横孔からの流れ解析

    中村知行, 田中和博, 渕脇正樹

    日本機械学会九州支部第44回卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月05日 - 2013年03月06日   記述言語:日本語   開催地:日本 熊本  

  • 矩形管内部流れにおける熱交換特性の数値シミュレーション

    中村拓也, 田中和博, 渕脇正樹

    日本機械学会九州支部第44回卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月05日 - 2013年03月06日   記述言語:日本語   開催地:日本 熊本  

  • 遮音カバー壁面の振動測定と音圧解析

    玉尾淳一郎, 田中和博, 清水文雄, 渕脇正樹

    日本機械学会九州支部第44回卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月05日 - 2013年03月06日   記述言語:日本語   開催地:日本 熊本  

  • 弾性翼に働く非定常流体力とその弾性変形の効果

    田中宏幸, 渕脇正樹, 田中和博

    日本機械学会九州支部第44回卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月05日 - 2013年03月06日   記述言語:日本語   開催地:日本 熊本  

  • 流体構造連成解析による弾性運動翼の曲げ剛性を考慮した非定常流体力特性

    金城篤, 渕脇正樹, 田中和博

    日本機械学会九州支部第44回卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年03月05日 - 2013年03月06日   記述言語:日本語   開催地:日本 熊本  

  • バイモルフ構造の導電性高分子ソフトアクチュエータの電解伸縮特性

    渕脇正樹,田中和博

    第13回 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年12月18日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 弾性運動翼壁面近傍の渦の成長とそれに伴う非定常流体力

    栗波智樹,渕脇正樹,田中和博

    第90期日本機械学会2012流体工学部門講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年11月17日 - 2012年11月18日   記述言語:日本語   開催地:日本 京都  

  • 羽ばたき振幅中心が無尾翼・羽ばたき飛翔に及ぼす影響

    井村忠継,渕脇正樹,田中和博

    第90期日本機械学会2012流体工学部門講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年11月17日 - 2012年11月18日   記述言語:日本語   開催地:日本 京都  

  • 蝶の翅の羽ばたき運動により生み出される非定常揚力

    黒木太一, 渕脇正樹, 田中和博

    第90期日本機械学会2012流体工学部門講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年11月17日 - 2012年11月18日   記述言語:日本語   開催地:日本 京都  

  • 弾性運動体の曲げ剛性による非定常流体力特性

    永田哲志,渕脇正樹,田中和博

    第90期日本機械学会2012流体工学部門講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年11月17日 - 2012年11月18日   記述言語:日本語   開催地:日本 京都  

  • 壁面上の渦の成長に与える弾性変形と非定常運動の効果

    栗波智樹,渕脇正樹,田中和博

    可視化情報学会全国講演会(姫路2012) 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年10月04日 - 2012年10月05日   記述言語:日本語   開催地:日本 姫路  

  • 小型羽ばたき飛翔体の羽ばたき周波数特性と姿勢角の飛翔への影響

    井村忠継,渕脇正樹,田中和博

    可視化情報学会全国講演会(姫路2012) 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年10月04日 - 2012年10月05日   記述言語:日本語   開催地:日本 姫路  

  • 飛翔する蝶の後方の渦構造とその生成過程

    川原卓也, 渕脇正樹, 田中和博

    可視化情報学会全国講演会(姫路2012) 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年10月04日 - 2012年10月05日   記述言語:日本語   開催地:日本 姫路  

  • 弾性運動体の曲げ剛性により変化する後流の渦構造

    永田哲志, 渕脇正樹, 田中和博,

    可視化情報学会全国講演会(姫路2012) 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年10月04日 - 2012年10月05日   記述言語:日本語   開催地:日本 姫路  

  • 飛翔する蝶の後流に形成される2つの渦対

    渕脇正樹, 黒木太一,田中和博,田畑隆英

    日本流体力学会年会2012 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月16日 - 2012年09月18日   記述言語:日本語   開催地:日本 高知  

  • 弾性翼壁面近傍の渦の成長と相対迎え角の効果

    栗波智樹,渕脇正樹,田中和博

    日本機械学会2012年度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月09日 - 2012年09月12日   記述言語:日本語   開催地:日本 金沢  

  • 蝶の翅まわりに発達する渦輪とそれに生み出される非定常揚力

    黒木太一, 渕脇正樹, 田中和博

    日本機械学会2012年度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月09日 - 2012年09月12日   記述言語:日本語   開催地:日本 金沢  

  • 変形する弾性体から巻き上がる渦の生成と非定常流体力

    永田哲志,渕脇正樹,田中和博

    日本機械学会2012年度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月09日 - 2012年09月12日   記述言語:日本語   開催地:日本 金沢  

  • 飛翔する蝶の後流に形成される渦対

    川原卓也, 渕脇正樹, 田中和博

    第40回可視化情報シンポジウム (東京2012) 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年07月24日 - 2012年07月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 画像相関法による車前方に飛び出す人物の抽出とその事故未然防止システムへの応用

    渕脇正樹,田中和博

    自動車技術会2011年秋季大会学術講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年10月12日 - 2011年10月14日   記述言語:日本語   開催地:日本 札幌  

  • 羽ばたき運動する蝶の翅から巻き上がる渦輪の発達

    黒木太一, 渕脇正樹, 田中和博

    可視化情報学会全国講演会(富山2011) 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月26日 - 2011年09月27日   記述言語:日本語   開催地:日本 富山  

  • 流体構造連成解析による弾性変形する運動薄膜から巻き上がる渦の成長・発達

    永田哲志, 渕脇正樹, 田中和博

    可視化情報学会全国講演会(富山2011) 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月26日 - 2011年09月27日   記述言語:日本語   開催地:日本 富山  

  • 弾性運動翼の空間的な加速度による壁面近傍の渦の成長の変化

    栗波智樹,渕脇正樹,田中和博

    可視化情報学会全国講演会(富山2011) 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月26日 - 2011年09月27日   記述言語:日本語   開催地:日本 富山  

  • 弾性運動翼の壁面近傍を発達する渦度の空間変化

    栗波智樹,渕脇正樹,田中和博

    日本機械学会2011年度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月11日 - 2011年09月14日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 蝶の翅上に形成される渦輪とその非定常揚力

    黒木太一, 渕脇正樹, 田中和博

    日本機械学会2011年度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月11日 - 2011年09月14日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 曲げ剛性による弾性運動体から巻き上がる渦の成長・発達

    永田哲志,渕脇正樹,田中和博

    日本機械学会2011年度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月11日 - 2011年09月14日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • バイモルフ構造の導電性高分子ソフトアクチュエータの運動特性

    中山洋平,渕脇正樹,田中和博

    秋季第72回応用物理学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年08月29日 - 2011年09月02日   記述言語:日本語   開催地:日本 山形  

  • 蝶の翅の打ち上げ/打ち下ろし時に形成される渦輪の挙動

    黒木太一, 渕脇正樹, 田中和博

    可視化情報シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年07月19日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 画像相関法による右左折時する自動車前方に飛び出す人物の抽出

    渕脇正樹,田中和博

    可視化情報シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年07月18日 - 2011年07月19日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 両吸込み渦巻きポンプに発生 する渦キャビテーションとポンプ振動

    井上朗,田中和博,清水文雄,渕脇正樹

    第65回ターボ機械協会総会講演会講演 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年05月   記述言語:日本語   開催地:日本 東京大学  

  • 弾性運動翼の後流構造とその非定常推進力特性

    (社)日本機会学会九州学生会 第42回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月11日   記述言語:日本語   開催地:日本 大分工業高等専門学校  

  • バイモルフ構造の導電性高分子ソフトアクチュエータの電気化学特性

    (社)日本機会学会九州学生会 第42回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月11日   記述言語:日本語   開催地:日本 大分工業高等専門学校  

  • 両吸込み渦巻きポンプに発生するキャビテーションの数値解析

    (社)日本機会学会九州学生会 第42回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月11日   記述言語:日本語   開催地:日本 大分工業高等専門学校  

  • 2リンク型電空ハイブリッドマニピュレータに関する研究

    (社)日本機会学会九州学生会 第42回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月11日   記述言語:日本語   開催地:日本 大分工業高等専門学校  

  • 流体構造連成解析による非定常運動する薄膜まわりに発達する三次元渦構造

    (社)日本機会学会流体工学部門講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年10月30日 - 2010年10月31日   記述言語:日本語   開催地:日本 山形大学工学部  

  • 弾性運動翼に働く非定常流体力特性のヤング率と翼面形状の影響

    (社)日本機会学会流体工学部門講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年10月30日 - 2010年10月31日   記述言語:日本語   開催地:日本 山形大学工学部  

  • 無尾翼・小型羽ばたき飛翔体の安定性とその姿勢制御

    (社)日本機会学会流体工学部門講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年10月30日 - 2010年10月31日   記述言語:日本語   開催地:日本 山形大学工学部  

  • 弾性運動翼の弾性変形による壁面近傍の渦の成長・発達過程

    (社)日本機会学会流体工学部門講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年10月30日 - 2010年10月31日   記述言語:日本語   開催地:日本 山形大学工学部  

  • 蝶の翅上に形成される渦輪の構造とその動的挙動

    (社)日本機会学会流体工学部門講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年10月30日 - 2010年10月31日   記述言語:日本語   開催地:日本 山形大学工学部  

  • 蠕動運動するソフトアクチュエータを駆動源とするマイクロポンプの基礎特性

    (社)日本機会学会流体工学部門講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年10月30日 - 2010年10月31日   記述言語:日本語   開催地:日本 山形大学工学部  

  • 防音カバー近傍の音と振動の実験的可視化

    社)可視化情報学会全国講演会(鹿児島2010)講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年10月07日 - 2010年10月08日   記述言語:日本語   開催地:日本 霧島市シビックセンター(鹿児島)  

  • 流体構造連成解析による突起物を有する弾性運動翼まわりの渦流れ

    社)可視化情報学会全国講演会(鹿児島2010)講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年10月07日 - 2010年10月08日   記述言語:日本語   開催地:日本 霧島市シビックセンター(鹿児島)  

  • 車載カメラにより撮影された車前方に飛び出す人物の検出

    社)可視化情報学会全国講演会(鹿児島2010)講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年10月07日 - 2010年10月08日   記述言語:日本語   開催地:日本 霧島市シビックセンター(鹿児島)  

  • 画像相関を利用した移動人物の抽出とその事故未然防止システムへの応用

    (社)自動車技術会2010年秋季大会学術講演会前刷集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月29日 - 2010年10月01日   記述言語:日本語   開催地:日本 西日本総合展示場・北九州国際会議場・リーガロイヤルホテル小倉  

  • 蝶の翅上に形成される渦輪の構造とその動的挙動

    本人

    日本流体力学会年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月09日 - 2010年09月11日   記述言語:日本語   開催地:日本 北海道大学  

  • ヒービング運動する弾性翼の壁近傍に発達する渦流れとその挙動

    (社)日本機会学会2010年度年次大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月05日 - 2010年09月08日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋工業大学  

  • 無尾翼・小型羽ばたき飛翔体の翅の挙動とその安定性

    (社)日本機会学会2010年度年次大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月05日 - 2010年09月08日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋工業大学  

  • 弾性変形する薄膜まわりの流れ場の流体構造連成解析

    (社)日本機会学会2010年度年次大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月05日 - 2010年09月08日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋工業大学  

  • キャビテーションサージの発生予測についての検討

    第64回ターボ機械協会総会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 岩手大学 工学部  

  • 三次元解析によるトルク コンバータ損失の検討,ターボ機械協会

    第64回ターボ機械協会盛岡講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 岩手大学  

  • 羽ばたき運動する蝶の翅上に形成される渦輪とその挙動

    (社)可視化情報学会第38回可視化情報シンポジウム講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年07月20日 - 2010年07月21日   記述言語:日本語   開催地:日本 工学院大学  

  • 画像相関法を利用した車載カメラからの人物の抽出

    本人

    (社)可視化情報学会第38回可視化情報シンポジウム講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年07月20日   記述言語:日本語   開催地:日本 工学院大学  

  • 両吸込み渦巻きポンプに発生 する渦キャビテーションの各種計算条件下でのCFD解析

    第63回ターボ機械協会総会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年05月   記述言語:日本語   開催地:日本 東京大学 生産技術研究所  

  • サーボモータと空気圧シリンダを併用した2リンクマニピュレータの試作

    平成22年 春季フルードパワーシステム講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年05月   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 蝶の羽ばたき運動時に翅上に形成される渦流れの可視化

    (社)日本機会学会九州学生会 第41回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月09日   記述言語:日本語   開催地:日本 九州大学  

  • 空気圧システムの一次元モデルの作成

    (社)日本機会学会九州学生会 第41回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月09日   記述言語:日本語   開催地:日本 九州大学  

  • イオン種による導電性高分子ソフトアクチュエータの起電力特性

    (社)日本機会学会九州学生会 第41回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月09日   記述言語:日本語   開催地:日本 九州大学  

  • 数値解析による運動翼後縁から巻き上がる渦とその後流構造の可視化

    (社)日本機会学会九州学生会 第41回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月09日   記述言語:日本語   開催地:日本 九州大学  

  • 弾性運動翼に働く非定常推進力特性

    (社)日本機会学会九州学生会 第41回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月09日   記述言語:日本語   開催地:日本 九州大学  

  • アーム型電空ハイブリッドアクチュエータのアーム角度制御法

    平成21年秋季フルードパワーシステム講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年11月26日 - 2009年11月27日   記述言語:日本語   開催地:日本 機械振興会館  

  • 三次元解析を利用した複雑形状をもつ油路の一次元モデル作成法

    平成21年秋季フルードパワーシステム講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年11月26日 - 2009年11月27日   記述言語:日本語   開催地:日本 機械振興会館  

  • 三次元複雑形状の油路を持つ油圧システムの動特性解析

    平成21年秋季フルードパワーシステム講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年11月26日 - 2009年11月27日   記述言語:日本語   開催地:日本 機械振興会館  

  • ボンドグラフ法を用いたトルクコンバータを含む自動車の一次元シミュレーション

    平成21年秋季フルードパワーシステム講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年11月26日 - 2009年11月27日   記述言語:日本語   開催地:日本 機械振興会館  

  • 弾性を有するヒービング運動翼まわりの流れ場の流体構造連成解析

    日本機会学会流体工学部門講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年11月07日 - 2009年11月08日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋工業大学  

  • 無尾翼・小型羽ばたき飛翔体の飛翔性能とその安全性

    日本機会学会流体工学部門講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年11月07日 - 2009年11月08日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋工業大学  

  • ピッチング運動とヒービング運動が組み合った運動を行う弾性翼の非定常流体力特性

    日本機会学会流体工学部門講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年11月07日 - 2009年11月08日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋工業大学  

  • ヒービング運動翼の境界層を含む壁近傍に発達する渦流れ

    日本機会学会流体工学部門講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年11月07日 - 2009年11月08日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋工業大学  

  • 蝶の翅のスパン方向に発達する渦構造

    日本機会学会流体工学部門講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年11月07日 - 2009年11月08日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋工業大学  

  • ボンドグラフ法を用いたCVT機構を含む自動車の一次元シミュレーション

    学術講演会前刷集2009年秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年10月09日   記述言語:日本語   開催地:日本 仙台国際センター  

  • 数値解析によるヒービング運動する弾性翼後流の渦流れ構造

    可視化情報全国講演会(米沢2009) 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年10月   記述言語:日本語   開催地:日本 山形大学  

  • ヒービング運動する突起物を有する弾性翼後流の構造

    可視化情報全国講演会(米沢2009) 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年10月   記述言語:日本語   開催地:日本 山形大学  

  • 両吸込み渦巻きポンプに発生する渦キャビテーションの把握

    第62回ターボ機械協会名古屋講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋大学  

  • キャビテーション発生に伴うポンプ振動の測定

    第62回ターボ機械協会名古屋講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋大学  

  • 導電性高分子ソフトアクチュエータを駆動源とするマイクロポンプの効率

    日本機会学会2009年度年次大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月13日 - 2009年09月16日   記述言語:日本語   開催地:日本 岩手大学  

  • 弾性を持つヒービング運動翼に働く非定常推進力特性

    日本機会学会2009年度年次大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月13日 - 2009年09月16日   記述言語:日本語   開催地:日本 岩手大学  

  • 画像相関を利用した車載カメラからの移動人物の抽出

    第37回可視化情報シンポジウム講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年07月21日   記述言語:日本語   開催地:日本 工学院大学  

  • 固定飛翔する蝶の翅上に発達する渦流れ

    第37回可視化情報シンポジウム講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年07月21日   記述言語:日本語   開催地:日本 工学院大学  

  • スプール弁に作用する流体力の数値解析

    平成21年春季フルードパワーシステム講演会演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年06月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 東北大学  

  • アーム型電空ハイブリッドアクチュエータのトルクフィードバック制御

    平成21年春季フルードパワーシステム講演会演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年06月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 東北大学  

  • 両吸込み渦巻きポンプのキャビテーション解析

    第61回ターボ機械協会総会講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年05月15日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京大学  

  • 複雑形状を持つ油路と等価な動特性を持つ一次元モデル作成

    (社)日本機械学会九州学生会第40回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年04月   記述言語:日本語  

  • 騒音低減のための防音カバー周りの音圧レベル測定実験

    (社)日本機械学会九州学生会第40回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年04月   記述言語:日本語  

  • マイクロポンプの駆動源のための導電性高分子ソフトアクチュエータの最適化設計

    (社)日本機械学会九州学生会第40回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年04月   記述言語:日本語  

  • ボンドグラフ法を用いた自動車の燃費及び動力性能シミュレーション

    (社)日本機械学会九州学生会第40回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年04月   記述言語:日本語  

  • 導電性高分子フィルムから発生する微小起電力特性

    (社)日本機械学会九州学生会第40回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年04月   記述言語:日本語  

  • 羽ばたき飛翔する蝶の翅まわりに形成される渦流れのPIV計測

    (社)日本機械学会九州学生会第40回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年04月   記述言語:日本語  

  • 数値解析による導電性高分子ソフトアクチュエータを駆動源としたマイクロポンプの性能評価

    (社)日本機械学会九州学生会第40回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年04月   記述言語:日本語  

  • 弾性を有する運動翼面上に形成される渦の挙動の数値解析

    (社)日本機械学会九州学生会第40回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年04月   記述言語:日本語  

  • 騒音低減のための防音カバー周りの音圧レベル測定実験

    日本機械学会九州学生会第40回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月09日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡(九州工業大学)  

  • 弾性を有する運動翼後流の渦流れ

    可視化情報全国講演会(釧路2008)講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年04月   記述言語:日本語  

  • 羽ばたき飛翔する蝶の翅の運動解析

    第36回可視化情報シンポジウム講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年04月   記述言語:日本語  

  • 羽ばたき飛翔する蝶の翅の運動軌跡

    2008年度年次大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年04月   記述言語:日本語  

  • ヒービング運動する弾性翼に働く非定常推進力

    2008年度年次大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年04月   記述言語:日本語  

  • 開閉運動する導電性高分子ソフトアクチュエータを駆動源とするマイクロポンプの基礎特性

    2008年(平成20年)秋季 第69回応用物理学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年04月   記述言語:日本語  

  • 開閉/収縮運動する導電性高分子ソフトアクチュエータとそのマイクロポンプへの応用

    2008年度年次大会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年04月   記述言語:日本語  

  • 開閉運動する導電性高分子ソフトアクチュエータの開発

    日本機会学会九州学生会第39回卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月   記述言語:日本語  

  • 尾状突起を有する蝶の飛翔特性

    日本機会学会九州学生会第39回卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月   記述言語:日本語  

  • ヒービング運動する弾性翼まわりの渦流れ

    日本機会学会九州学生会第39回卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月   記述言語:日本語  

  • 導電性高分子の起電力を利用したセンサの基礎特性

    日本機会学会九州学生会第39回卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月   記述言語:日本語  

  • 羽ばたき飛翔する蝶の翅の運動解析

    日本機会学会九州学生会第39回卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月   記述言語:日本語  

  • 弾性を有する運動翼に働く非定常流体力特性

    日本機会学会九州学生会第39回卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月   記述言語:日本語  

  • 運動翼後流に形成される渦流れ構造

    日本機会学会九州学生会第39回卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月   記述言語:日本語  

  • FLUENTを用いた物体周りの渦流れの可視化

    日本機会学会九州学生会第39回卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月   記述言語:日本語  

  • 油圧システムの1次元モデリングによる動特性シミュレーション

    日本機会学会九州学生会第39回卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月   記述言語:日本語  

  • 導電性高分子による開閉運動アクチュエータを駆動源としたマイクロポンプの基礎特性

    流体工学部門講演会 講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年11月16日   記述言語:日本語  

  • 導電性高分子によるチューブ状ソフトアクチュエータとその流体工学的応用

    流体工学部門講演会 講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年11月16日   記述言語:日本語  

  • 飛翔する蝶の羽ばたき運動の幾何学的解析

    流体工学部門講演会 講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年11月16日   記述言語:日本語  

  • 流体-構造の連成計算による防音カバー周りの音圧レベル分布解析

    流体工学部門講演会 講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年11月16日   記述言語:日本語  

  • ヒービング運動する弾性平板翼後流の渦流れ

    流体工学部門講演会 講演概要集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年11月16日   記述言語:日本語  

  • 油圧シリンダ内流れ場解析を利用した一次元熱解析モデルの高精度化

    平成19年秋季フルードパワーシステム講演会 講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年11月15日   記述言語:日本語  

  • 導電性高分子によるソフトアクチュエータ

    平成19年秋季フルードパワーシステム講演会 講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年11月15日   記述言語:日本語  

  • イオン導電性高分子アクチュエータのフィードバック制御

    第68回応用物理学会学術講演会 講演予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月04日   記述言語:日本語  

  • 開閉運動する導電性高分子ソフトアクチュエータとそのマイクロポンプへの応用

    第68回応用物理学会学術講演会 講演予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月04日   記述言語:日本語  

  • 飛翔する蝶の翅の挙動とその特性

    第35回可視化情報シンポジウム 講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年07月   記述言語:日本語  

  • 油圧システムの一次元熱解析手法の提案

    日本機械学会九州学生会第38回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月14日   記述言語:日本語   開催地:日本 佐賀  

  • 異なる駆動原理を組み合わせた導電性高分子ソフトアクチュエータの基本特性

    日本機械学会九州学生会第38回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月14日   記述言語:日本語   開催地:日本 佐賀  

  • 飛翔する蝶の翅の動的挙動

    日本機械学会九州学生会第38回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月14日   記述言語:日本語   開催地:日本 佐賀  

  • 基本的音場モデルの数値シミュレーション

    日本機械学会九州学生会第38回卒業研究発表講演会論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月14日   記述言語:日本語   開催地:日本 佐賀  

  • 蝶の翅を利用した小型飛翔体の開発とその飛翔性能

    日本機械学会第19回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年01月07日 - 2007年01月08日   記述言語:日本語   開催地:日本 仙台  

  • 自由飛翔と拘束飛翔を行う蝶の翅の動的挙動

    日本機械学会第19回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年01月07日 - 2007年01月08日   記述言語:日本語   開催地:日本 仙台  

  • 蝶の翅まわりに発達する渦流れ構造

    本人

    日本機械学会流体工学部門講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年10月28日 - 2006年10月29日   記述言語:日本語   開催地:日本 川越  

  • 非定常運動翼後流の渦流れの可視化と数値解析

    本人

    可視化情報全国講演会(神戸2006) 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月27日 - 2006年09月28日   記述言語:日本語   開催地:日本 神戸  

  • ピッチング運動とヒービング運動が組合った運動翼に働く非定常推進力

    本人

    日本機械学会2006年度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月18日 - 2006年09月22日   記述言語:日本語   開催地:日本 熊本  

  • 蝶の飛翔時の翅まわりに形成される渦流れ

    第34回可視化情報シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年07月24日 - 2006年07月26日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 蝶の翅を利用した飛翔体の開発とその渦流れの可視化

    未入力 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 大牟田市  

  • 数値解析による非定常運動翼後流の渦流れ解析

    未入力 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 大牟田市  

  • 蝶の翅周りに形成される渦流れの可視化

    日本機械学会九州学生会第37回学生員卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 大牟田市  

  • ピッチング運動とヒービング運動が組み合った非定常運動欲に働く非定常推進力

    日本機械学会九州学生会第37回学生員卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 大牟田市  

  • 面状の導電性高分子ソフトアクチュエータの開発とそのマイクロポンプへの応用

    日本機械学会九州学生会第37回学生員卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 大牟田市  

  • 蝶の飛翔における翅の挙動

    本人

    第33回可視化情報シンポジウム講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 局所的に変形する平面状導電性高分子アクチュエータ

    本人

    日本機械学会2005年度年次大会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 調布  

  • 微小変形する平面状導電性高分子アクチュエータとそのマイクロポンプへの応用

    本人

    日本機械学会流体工学部門講演会講演論文集(CD-ROM) 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 金沢  

  • ピッチング運動とヒービング運動が組合った非定常運動翼後流の渦流れ

    本人

    日本機械学会2005年度年次大会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 調布  

  • ピッチング運動とヒービング運動が組合った非定常運動翼後流と非定常推進力

    本人

    日本機械学会流体工学部門講演会講演論文集(CD-ROM) 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 金沢  

  • 運動翼後流の渦流れ

    本人

    日本機械学会流体工学部門講演会講演論文集(CD-ROM) 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 金沢  

  • 渦法による非定常運動翼後流の数値解析

    本人

    日本機械学会東北支部第41期秋期講演会講演論文集  

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 山形  

  • 複雑な非定常運動を行う翼後流の渦流れパターン

    本人

    日本機械学会東北支部第41期秋期講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 山形  

  • Characteristics of Dynamic Thrust acting on Unsteady Airfoils

    本人

    The 6th KSME-JSME Thermal & Fluids Engineering Conference 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月20日 - 2005年03月23日   記述言語:英語   開催地: Korea Jeju  

  • 蝶の飛翔技巧と揚力

    本人

    第17回バイオエンジニアリング講演会後援論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年01月   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋  

  • 導電性高分子による微小変形するソフトアクチュエータ

    本人

    第17回バイオエンジニアリング講演会後援論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年01月   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋  

  • Vortex structure in unsteady separation on an unsteady airfoil

    本人

    International Conference on Advanced Optical Diagnostics in Fluids, Solids and Combustion 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年12月   記述言語:英語   開催地:日本 Tokyo  

  • ピッチング/ヒービング運動翼後流の渦構造と非定常推進力特性

    本人

    日本機械学会流体工学部門講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月   記述言語:日本語   開催地:日本 九工大  

  • ピッチング/ヒービング運動翼後流の渦構造

    本人

    日本機械学会2004年度年次大会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 北海道  

  • ヒービング運動翼の後流構造と非定常推進力

    本人

    日本機械学会2004年度年次大会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 北海道  

  • イオン導電性高分子アクチュエータの動的挙動の予測

    本人

    日本機械学会2004年度年次大会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 北海道  

  • Detailed Vortex Structure on the Wake of Unsteady Airfoils

    本人

    11th International Symposium on Flow Visualization 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年08月   記述言語:英語   開催地: アメリカ  

  • 非定常運動翼後流の渦構造

    本人

    第32回可視化情報シンポジウム講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年07月   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • Flow control around an Airfoil by an artificial Muscle

    本人

    The Second Conference on Artificial Muscles 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年05月   記述言語:英語   開催地:日本 Osaka  

  • 非定常運動翼から発生する渦の構造

    日本機械学会九州学生会第36回学生員卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 長崎  

  • ヒービング運動翼背面上の渦構造と非定常揚力特性

    本人

    日本流体力学会年会2003講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 低レイノルズ数領域における非定常運動翼(ピッチング運動翼/ヒービング運動翼)の渦構造と非定常流体力特性

    本人

    日本機械学会流体工学部門講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 大阪  

  • 導電性高分子アクチュエータ動特性のボンドグラフ法による解析

    本人

    平成15年秋季フルードパワーシステム講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 那覇  

  • 人工筋肉を用いた流れ制御の可視化

    本人

    日本機械学会鹿児島地方講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 鹿児島  

  • ピッチング/ヒービング運動翼背面上の渦構造の可視化

    本人

    日本機械学会鹿児島地方講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 鹿児島  

  • 人工筋肉による翼まわりの流れ制

    本人

    第16回バイオエンジニアリング講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 北九州市  

  • ピッチング/ヒービング運動翼まわりの渦構造と非定常揚力/推進力特性

    日本機械学会九州学生会第35回卒業研究発表講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 非定常運動翼背面上に形成される再循環領域の構造

    本人

    日本機械学会2003年度年次大会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 徳島  

  • 人工筋肉による流れの効果的制御

    本人

    日本機械学会流体工学部門講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 大阪  

  • 流れの制御に対応した人工筋肉の機械的特性評価

    本人

    日本機械学会2003年度年次大会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 徳島  

  • 非定常運動翼まわりの渦構造とその流体力への影響

    日本機械学会九州学生会第34回卒業研究発表講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 那覇  

  • 人工筋肉の渦制御に対応した機械的特性評価

    本人

    日本機械学会九州学生会第34回卒業研究発表講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年04月   記述言語:日本語   開催地: 那覇  

  • 導電性高分子による人工筋肉を用いた流れの制御

    本人

    日本機械学会2002年度年次大会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • ピッチング運動翼に働く非定常推進力特性

    本人

    日本流体力学会年会2002講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 仙台  

  • 人工筋肉による推進機構の開発

    本人

    第15回バイオエンジニアリング講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 北九州  

  • 高無次元角速度のピッチング運動翼に働く非定常揚力

    本人

    日本機械学会2002年度年次大会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年04月   記述言語:日本語   開催地: 東京  

  • 低Re数領域における非定常運動翼に働く推進力特性

    本人

    日本機械学会流体工学部門講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 蔵王  

  • ポリチオフェンの電解伸縮

    本人

    高分子学会2001年第50回高分子討論会高分子学会予稿集 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 低レイノルズ数領域におけるピッチング運動翼の推進力特性に関する研究

    本人

    日本機械学会2001年度年次大会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 福井  

  • ピッチング運動翼から発生する不安定渦の再付着

    本人

    日本機械学会2000年度年次大会講演会,講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋  

  • 高無次元角速度をもつピッチング運動翼後流のフローパターン

    本人

    日本機械学会流体工学部門講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2000年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 室蘭  

  • ピッチング運動翼まわりのフローパターンと非定常流体力

    本人

    日本機械学会1999年度年次大会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • ピッチング運動翼後流の渦塊と非定常揚力

    本人

    日本機械学会流体工学部門講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 鳥取  

  • ピッチング運動翼まわりのはく離渦挙動

    本人

    日本機械学会九州支部夏期講演会宮崎地方講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 宮崎  

  • ピッチング運動翼まわりの非定常はく離のフローパターン

    日本機械学会九州学生会第30回卒業研究発表講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 熊本市  

  • ピッチング運動を行う翼に発生するはく離渦の挙動

    本人

    日本機械学会第75期通常総会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 振動翼まわりのはく離流脈の数値解析

    本人

    日本機械学会第75期通常総会講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • ピッチング運動を行う翼に伴うはく離流脈上の渦の挙動

    本人

    日本機械学会九州支部創立50周年記念講演講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 1997年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • シロッコファンの性能向上に関する研究

    日本機械学会九州学生会第29回卒業研究発表講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 1997年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 佐賀  

  • ピッチング運動を行う翼に伴う非定常流体力特性

    日本機械学会九州学生会第29回卒業研究発表講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 1997年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 佐賀市  

  • ピッチング運動を行う翼周りの非定常はく離と非定常揚力

    日本機械学会九州学生会第28回卒業研究発表講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 1997年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 大分  

  • ピッチング運動を行う翼に伴う非定常流体力

    本人

    日本機械学会九州支部創立50周年記念講演講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 1997年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 振動翼まわりの流動解析

    日本数値流体力学会第11回数値流体力学シンポジウム講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 1997年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • ピッチング運動を行う翼周りの非定常はく離現象

    本人

    日本機械学会第74期通常総会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 1996年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 形状記憶合金アクチュエータを用いた翼形状制御可能な翼列の性能評価

    日本機械学会九州学生会第26回卒業研究発表講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 1995年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 北九州市  

▼全件表示

講演

  • バイモルフ構造の導電性高分子ソフトアクチュエータの電解伸縮特性とその工学的応用

    ソフトアクチュエータ産業化研究会MRS-Jポストシンポジウム  2015年12月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

報道関係

  • チョウはなぜ飛べる

    渕脇正樹

    朝日新聞  2018年12月13日

  • 学生が作った世界初のロボット

    渕脇正樹

    テレビ西日本(TNC) ハチナビ  2009年09月03日

  • 踊るモノづくりキャンパス"チョウ"すごいロボット

    渕脇正樹

    TVQ九州放送(TVQ) 踊るモノづくりキャンパス"チョウ"すごいロボット  2009年06月14日

  • 世界初 蝶型ロボット

    渕脇正樹

    日本テレビ放送網(NTV) ズームイン!SUPER  2009年05月29日

  • 世界初の蝶型ロボット

    渕脇正樹

    RKBラジオ 中西一清スタミナラジオ  2009年05月26日

  • 世界初のチョウ型ロボ

    渕脇正樹

    西日本新聞27面 先端駆ける九州工業大100年 (1)  2009年05月20日

  • 小型羽ばたき飛翔ロボット

    渕脇正樹

    RKB今日感テレビ  2009年02月06日

▼全件表示

学術関係受賞

  • 日本機械学会流体工学部門フロンティア表彰

    日本機械学会流体工学部門   2017年10月29日

    渕脇正樹

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Best Paper Award

    The 9th TSME International Conference on Mechanical Engineering   2018年12月13日

    Masaki Fuchiwaki

     詳細を見る

    受賞国:タイ王国

  • 日本機械学会九州学生会 第48回卒業研究発表講演会優秀講演賞(指導)

    日本機械学会九州学生会   2018年03月02日

    岡本健太

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本機械学会九州学生会 第48回卒業研究発表講演会優秀講演賞(指導)

    日本機械学会九州学生会   2018年03月02日

    近藤晋

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 可視化情報全国講演会(室蘭2017)ベストプレゼンテーション賞(指導)

    可視化情報学会   2017年11月03日

    池田拓士

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • The Outstanding Paper Award

    The 6th International Conference on Mechanical Engineering (TSME-ICoME 2015)   2016年12月16日

    Masaki Fuchiwaki

     詳細を見る

    受賞国:タイ王国

  • 日本機械学会九州学生会 第46回卒業研究発表講演会優秀講演賞(指導)

    日本機械学会九州学生会   2015年03月03日

    田尾和之

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本機械学会九州学生会 第46回卒業研究発表講演会優秀講演賞(指導)

    日本機械学会九州学生会   2015年03月03日

    ラフマンシャハナ

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

科研費獲得実績

  • Re数,St数,曲げ剛性により決定できる弾性翼・薄膜まわりの渦流れの解明

    研究課題番号:25420126  2013年04月 - 2016年03月   基盤研究(C)

  • 弾性翼の運動-流体-構造の連関機構と境界層内渦度成長勾配の解明

    研究課題番号:22360080  2010年04月 - 2012年03月   基盤研究(B)

  • ねじり運動するソフトアクチュエータの最適化設計法とそのマイクロポンプへの応用

    研究課題番号:20760116  2008年06月 - 2010年03月   若手研究(B)

  • 人工心臓開発のための袋状ソフトアクチュエータ実現に向けた基礎特性評価

    研究課題番号:18760128  2006年04月 - 2008年03月   若手研究(B)

  • 人工筋肉を用いた渦構造の効果的制御と推進機構の創造

    研究課題番号:15760113  2003年04月 - 2005年03月   若手研究(B)

受託研究・共同研究実施実績

  • 流れの可視化を活用した空冷技術の研究

    2014年09月 - 2015年03月

     詳細を見る

    研究区分:共同研究

海外研究歴

  • 機械/情報/化学の融合によるバイモルフ構造の導電性高分子ソフトアクチュエータの創製

    Universidad Politecnica de Cartagena  スペイン  研究期間:  2013年03月27日 - 2014年03月27日

担当授業科目(学内)

  • 2023年度   国際エンジニアリング共同講義Ⅴ

  • 2023年度   メカノインフォマティクスシミュレーション特論

  • 2023年度   流体力学特論AM

  • 2023年度   情報機械実践演習I

  • 2023年度   計算熱流体工学

  • 2023年度   流動システム

  • 2023年度   流体システム

  • 2023年度   力学Ⅰ

  • 2022年度   国際エンジニアリング共同講義Ⅴ

  • 2022年度   メカノインフォマティクスシミュレーション特論

  • 2022年度   流体力学特論AM

  • 2022年度   情報機械実践演習I

  • 2022年度   学際情報特別実験及び演習Ⅱ

  • 2022年度   学際情報特別実験及び演習Ⅱ

  • 2022年度   学際情報講究Ⅱ

  • 2022年度   学際情報講究Ⅱ

  • 2022年度   計算熱流体工学

  • 2022年度   流動システム

  • 2022年度   流体システム

  • 2022年度   力学Ⅰ

  • 2021年度   学際情報特別実験及び演習Ⅱ

  • 2021年度   学際情報特別実験及び演習Ⅱ

  • 2021年度   学際情報講究Ⅱ

  • 2021年度   学際情報講究Ⅱ

  • 2021年度   流体力学特論

  • 2021年度   計算熱流体工学

  • 2021年度   流動システム

  • 2021年度   流体システム

  • 2021年度   力学Ⅰ

  • 2020年度   学際情報特別実験及び演習Ⅱ

  • 2020年度   学際情報特別実験及び演習Ⅱ

  • 2020年度   学際情報講究Ⅱ

  • 2020年度   学際情報講究Ⅱ

  • 2020年度   流体力学特論

  • 2020年度   流動システム

  • 2020年度   流体システム

  • 2020年度   力学Ⅰ

  • 2019年度   学際情報特別実験及び演習Ⅱ

  • 2019年度   学際情報講究Ⅱ

  • 2019年度   流体力学特論

  • 2019年度   流れ学 I

  • 2019年度   力学Ⅰ

  • 2018年度   流れ学 I

  • 2018年度   学際情報特別実験及び演習Ⅱ

  • 2018年度   学際情報講究Ⅱ

  • 2018年度   流体力学特論

  • 2018年度   力学Ⅰ

  • 2017年度   流体力学特論

  • 2017年度   流れ学 I

  • 2017年度   基礎物理学・同演習

  • 2016年度   センサ・アクチュエータ特論

  • 2016年度   流れ学 I

  • 2016年度   基礎物理学・同演習

  • 2015年度   基礎物理学・同演習

  • 2015年度   流れ学 I

  • 2015年度   センサ・アクチュエータ特論

  • 2014年度   センサ・アクチュエータ特論

  • 2014年度   基礎物理学・同演習

  • 2014年度   流れ学 I

  • 2012年度   基礎物理学・同演習

  • 2012年度   流れ学

  • 2012年度   クラスワーク400

  • 2012年度   クラスワーク301

  • 2012年度   センサ・アクチュエータ特論

  • 2012年度   留学

  • 2012年度   海外研修

  • 2012年度   クラスワーク400

  • 2012年度   クラスワーク201

  • 2012年度   クラスワーク302

  • 2012年度   クラスワーク101

  • 2012年度   クラスワーク202

  • 2012年度   クラスワーク102

  • 2012年度   Sciences in English

  • 2012年度   留学

  • 2012年度   海外研修

▼全件表示

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など

  • 日本機械学会第97期流体工学部門講演会 優秀講演表彰

    日本機械学会流体工学部門  

    2019年11月19日

    刀根千玖沙

  • 第47回可視化情報シンポジウムベストプレゼンテーション賞

    可視化情報学会  

    2019年07月19日

    平尾拓也

学会・委員会等活動

  • 日本機械学会   九州地区流体工学研究会(A-TS05-13 )主査  

    2022年04月 - 2023年03月

  • 日本機械学会   九州東地区九州学生会顧問  

    2022年04月 - 2023年03月

  • 日本機械学会   代表会員  

    2021年04月 - 2022年03月

  • 日本機械学会   九州地区流体工学研究会(A-TS05-13 )主査  

    2021年04月 - 2022年03月

  • 日本機械学会   流体工学部門学術表彰WG主査  

    2020年04月 - 2021年03月

  • 可視化情報学会   理事  

    2020年04月 - 2021年03月

  • 日本機械学会   代表会員  

    2020年04月 - 2021年03月

  • 日本機械学会   九州地区流体工学研究会(A-TS05-13 )主査  

    2020年04月 - 2021年03月

  • 日本機械学会   九州東地区地区長  

    2020年04月 - 2021年03月

  • 可視化情報学会   可視化情報シンポジウムワークショップセッション生物の生きる知恵と流体工学・委員  

    2019年07月

  • 可視化情報学会   理事  

    2019年04月 - 2020年03月

  • 日本機械学会   流体工学部門学術表彰WG幹事  

    2019年04月 - 2020年03月

  • 可視化情報学会   可視化情報シンポジウムワークショップセッション生物の生きる知恵と流体工学・委員  

    2018年09月

  • 可視化情報学会   可視化情報シンポジウムワークショップセッション生物の生きる知恵と流体工学・委員  

    2017年07月

  • International Conference on Vortex Flow Mechanics   Exective Committee  

    2017年04月 - 現在

  • 可視化情報学会   代議員  

    2017年04月 - 現在

  • 可視化情報学会   可視化情報シンポジウムワークショップセッション生物の生きる知恵と流体工学・委員  

    2016年07月

  • 日本機械学会   九州学生会顧問  

    2016年04月 - 現在

  • ターボ機械協会   代議員  

    2016年04月 - 現在

  • 可視化情報学会   可視化情報シンポジウムワークショップセッション生物の生きる知恵と流体工学・委員  

    2015年07月

  • International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows   The International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows Advisory Committee  

    2015年06月

  • 日本機械学会   EFDワークショップ委員  

    2015年04月 - 現在

  • 渦流れ研究会   6th International Conference on Vortex Flows and Vortex Models Local Organizing Committee  

    2014年11月

  • エアロアクアバイオメカニズム学会   The 6th International Symposium on Aero-aqua Bio-Mechanisms Accountant  

    2014年11月

  • 可視化情報学会   可視化情報シンポジウムワークショップセッション生物の生きる知恵と流体工学・委員  

    2014年07月

  • 可視化情報学会   The 16th International Symposium on Flow Visualization International Scientific Committee  

    2014年06月

  • エアロアクアバイオメカニズム学会   幹事会委員  

    2014年04月 - 現在

  • International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows   4th International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows Organizing Committee  

    2013年09月

  • 可視化情報学会   可視化情報シンポジウムワークショップセッション生物の生きる知恵と流体工学・委員  

    2013年07月

  • エアロアクアバイオメカニズム学会   幹事会委員  

    2013年04月 - 2014年03月

  • エアロアクアバイオメカニズム学会   幹事会委員  

    2012年10月 - 2013年03月

  • エアロアクアバイオメカニズム学会   The 5th International Symposium on Aero-aqua Bio-Mechanisms Accountant  

    2012年08月

▼全件表示

社会貢献活動(講演会・出前講義等)

  • 見えない”流れ”を視る!-何故、ボールは変化する?何故、昆虫は飛ぶことができる?- 

    役割:講師

    九州工業大学  愛知県立安城東高等学校  2022年10月13日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 蝶の飛翔メカニズムと世界初!蝶ロボットの開発-蝶が作る不思議な渦!何故、蝶は飛ぶことができるのか?-

    役割:講師

    九州工業大学  折尾愛真高等学校  2022年10月03日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 蝶の飛翔メカニズムと世界初!蝶ロボットの開発-蝶が作る不思議な渦!何故、蝶は飛ぶことができるのか?-

    役割:講師

    九州工業大学  熊本県立第一高等学校  2022年07月07日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 蝶の飛翔メカニズムと世界初!蝶ロボットの開発-蝶が作る不思議な渦!何故、蝶は飛ぶことができるのか?-

    役割:講師

    九州工業大学  山口県立徳山高等学校  2022年03月17日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 蝶の飛翔メカニズムと世界初!蝶ロボットの開発-蝶が作る不思議な渦!何故、蝶は飛ぶことができるのか?-

    役割:講師

    九州工業大学  福岡県立小倉南高等学校  2021年12月20日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • ISGフェスタ2018

    2018年10月27日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 見えない“流れ”を視る!-何故、ボールは変化する?何故、昆虫は飛ぶことができる?-

    2018年09月28日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    熊本県立東稜高等学校

  • 見えない“流れ”を視る!-何故、ボールは変化する?何故、昆虫は飛ぶことができる?-

    2018年07月27日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立八女高等学校

  • 見えない“流れ”を視る!-何故、ボールは変化する?何故、昆虫は飛ぶことができる?-

    2018年07月05日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    愛媛県立松山中央高等学校

  • ISGフェスタ2017

    2017年10月28日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 蝶の飛翔メカニズムと世界初!蝶ロボットの開発-蝶が作る不思議な渦!何故、蝶は飛ぶことができるのか?-

    2017年09月14日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    鹿児島玉龍高校

  • 見えない“流れ”を視る!-何故、ボールは変化する?何故、昆虫は飛ぶことができる?-

    2017年07月06日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    愛媛県立松山中央高等学校

  • 見えない“流れ”を視る!-何故、ボールは変化する?何故、昆虫は飛ぶことができる?-

    2017年06月23日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    広島県立海田高等学校

  • 蝶の飛翔メカニズムと世界初!蝶ロボットの開発-蝶が作る不思議な渦!何故、蝶は飛ぶことができるのか?-

    2016年12月09日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立朝倉東高等学校

  • ISGフェスタ2016

    2016年11月05日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 見えない“流れ”を視る!-何故、ボールは変化する?何故、昆虫は飛ぶことができる?-

    2016年07月29日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    長崎県立諫早高等学校

  • 見えない“流れ”を視る!-何故、ボールは変化する?何故、昆虫は飛ぶことができる?-

    2015年11月13日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    熊本県立熊本西高等学校

  • ISGフェスタ2015

    2015年10月31日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 蝶の飛翔メカニズムと世界初!蝶ロボットの開発-蝶が作る不思議な渦!何故、蝶は飛ぶことができるのか?-

    2015年10月22日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    鹿児島県立伊集院高等学校

  • 夢ナビライブ2015

    2015年10月19日

     詳細を見る

    種別:その他

  • 見えない“流れ”を視る!-何故、ボールは変化する?何故、昆虫は飛ぶことができる?-

    2015年10月16日

     詳細を見る

    対象: 中学生, 高校生

    種別:出前授業

    熊本県立宇土中学校・宇土高等学校

  • 見えない“流れ”を視る!-何故、ボールは変化する?何故、昆虫は飛ぶことができる?-

    2015年09月25日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    鹿児島県立出水高等学校

  • 蝶の飛翔メカニズムと世界初!蝶ロボットの開発-蝶が作る不思議な渦!何故、蝶は飛ぶことができるのか?-

    2015年08月04日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    長崎県立佐世保西高等学校

  • 見えない“流れ”を視る!-何故、ボールは変化する?何故、昆虫は飛ぶことができる?-

    2015年07月28日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立八女高等学校

  • 見えない“流れ”を視る!-何故、ボールは変化する?何故、昆虫は飛ぶことができる?-

    2015年06月03日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    大分県立宇佐高等学校

  • ISGフェスタ2014

    2014年11月08日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 見えない“流れ”を視る!-何故、ボールは変化する?何故、昆虫は飛ぶことができる?-

    2014年10月31日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    金光学園高等学校

  • 見えない“流れ”を視る!-何故、ボールは変化する?何故、昆虫は飛ぶことができる?-

    2014年10月28日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立新宮高等学校

  • 見えない“流れ”を視る!-何故、ボールは変化する?何故、昆虫は飛ぶことができる?-

    2014年10月27日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    長崎県立長崎北陽台高等学校

  • 蝶の飛翔メカニズムと世界初!蝶ロボットの開発-蝶が作る不思議な渦!何故、蝶は飛ぶことができるのか?-

    2014年10月21日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立鞍手高等学校

  • 蝶の飛翔メカニズムと世界初!蝶ロボットの開発-蝶が作る不思議な渦!何故、蝶は飛ぶことができるのか?-

    2014年10月16日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    島根県立浜田高等学校

  • 蝶の飛翔メカニズムと世界初!蝶ロボットの開発-蝶が作る不思議な渦!何故、蝶は飛ぶことができるのか?-

    2014年09月26日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    鹿児島県立出水高等学校

  • ISGフェスタ2013

    2013年11月09日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 世界初!蝶ロボットの開発-何故、蝶は飛ぶことができるのか?-

    2012年11月14日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立伝習館高等学校 1~2年

  • 見えない“流れ”を視る!-何故、ボールは変化する?何故、昆虫は飛ぶことができる?-

    2012年11月08日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立朝倉高等学校 1年

  • 世界初!蝶ロボットの開発-何故、蝶は飛ぶことができるのか?-

    2012年11月02日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    金光学園高等学校 2年

  • 見えない“流れ”を視る!-何故、ボールは変化する?何故、昆虫は飛ぶことができる?-

    2012年08月31日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    熊本県立天草高等学校 2年

  • 見えない“流れ”を視る!-何故、ボールは変化する?何故、昆虫は飛ぶことができる?-

    2012年07月31日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立八女高等学校 2年

  • 世界初!蝶ロボットの開発-何故、蝶は飛ぶことができるのか?-

    2012年07月21日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    熊本県立第二高等学校 2年

  • 世界初!蝶ロボットの開発-何故、蝶は飛ぶことができるのか?-

    2012年06月22日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    広島県立海田高等学校 2年

  • 見えない“流れ”を視る! -何故,ボールは変化する?何故,昆虫は飛ぶことができる?-

    2011年12月21日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立香住丘高等学校 2年

  • 見えない“流れ”を視る! -何故,ボールは変化する?何故,昆虫は飛ぶことができる?-

    2011年11月02日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    鹿児島県立大島高等学校  1~2年

  • 世界初!蝶ロボットの開発 -何故,蝶は飛ぶことができるのか?-

    2011年06月21日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    広島県立海田高等学校 2年

  • 世界初!蝶ロボットの開発 -何故,蝶は飛ぶことができるのか?-

    2010年11月16日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県小倉西高等学校 2年

  • 世界初!蝶ロボットの開発 -何故,蝶は飛ぶことができるのか?-

    2010年11月11日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立筑前高等学校 2年

  • ISGフェスタ2010

    2010年10月30日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 世界初!蝶ロボットの開発 -何故,蝶は飛ぶことができるのか?-

    2010年07月08日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡市立西陵高等学校 2年

▼全件表示