北田 栄 (キタダ サカエ)

KITADA Sakae

写真a

職名

准教授

研究室住所

福岡県飯塚市川津680-4

研究分野・キーワード

生化学

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0948-29-7847

ホームページ

http://www.bio.kyutech.ac.jp/~kitada/

Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 5

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1991年03月   九州大学   理学部   化学科   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1996年03月  九州大学  理学研究科  化学専攻  博士課程・博士後期課程  単位取得満期退学  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  博士(理学)  1997年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   生命化学情報工学研究系   准教授  

  • 2010年04月
    -
    2019年03月

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   生命情報工学研究系   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    2007年03月

    九州大学   助手   日本国

  • 2007年04月
    -
    2010年03月

    九州大学   助教   日本国

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1991年04月
    -
    継続中
     

    日本生化学会  日本国

  • 2008年04月
    -
    継続中
     

    国際無脊椎病理学会(Society of invertebrate pathology)  日本国

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    トキシンシンポジウム  日本国

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    パラスポリン命名委員会  日本国

  • 2008年04月
    -
    継続中
     

    パラスポリン研究会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 細胞生物学

  • 応用微生物学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 微生物由来がん細胞破壊性タンパク質の作用機構

    BT,毒素,受容体,がん  

    研究期間: 2000年04月  -  継続中

  • 細胞内共生細菌ボルバキアの分子細胞生物学

    ボルバキア、 細胞内共生、ミトコンドリア、昆虫、進化、共生  

    研究期間: 2011年04月  -  継続中

  • オルガネラの形成と進化

    ミトコンドリア,ヒドロゲノソーム  

    研究期間: 2000年04月  -  継続中

  • ミトコンドリアタンパク質のプロセシング

    ミトコンドリア,プロテア-ゼ,プロセシング  

    研究期間: 1991年04月  -  2008年03月

論文 【 表示 / 非表示

  • Selection of the Bacillus thuringiensis Berliner strain to produce a parasporin with cytotoxic activity against MCF-7 breast cancer cells

    Melo A.L.A., Kitada S.

    Breast Disease    39 ( 1 ) 37 - 42   2020年01月  [査読有り]

     概要を見る

    BACKGROUND: Bacillus thuringiensis (Bt) is a Gram-positive bacterium that is known worldwide for its entomopathogenic properties. Recent studies indicate that bacteria produces protein inclusions called parasporins (PSs) that have anti-cancer activity against several types of tumor cells. OBJECTIVE: The present work aimed to select a Bt strain that produces an active PS against MCF-7 breast cancer cells, and to provide an initial quantification of its toxicity and protein concentration. METHODS: Two batches of Bt strains were fermented, and the parasporins were produced and isolated. In vitro tests were performed in 96-well plates and analyzed by a spectrophotometer. RESULTS: Most peptides did not have any cytopathic effect, but the A14d2 strain produces a PS with high toxicity to cancer cells. In the MTT test, the A14d2 strain PS was efficient with an LD50 of 14.83 μg/mL and a protein concentration of 520 μg/mL. At the end of the experiments, this PS was added to bacterial cells that produce other biologically active bacterial toxins against MCF-7 cells, which allowed it to be produced by a safe and inert microorganism to humans. CONCLUSION: PSs represent a potential tool to treat this form of breast cancer by providing peptides that may be useful in therapy.

    DOI Scopus

  • Glycan region of GPI anchored-protein is required for cytocidal oligomerization of an anticancer parasporin-2, Cry46Aa1 protein, from Bacillus thuringiensis strain A1547

    Abe Y., Inoue H., Ashida H., Maeda Y., Kinoshita T., Kitada S.

    Journal of Invertebrate Pathology    142   71 - 81   2017年01月  [査読有り]  [招待有り]

     概要を見る

    Parasporin-2 (PS2), alternatively named Cry46Aa1, an anticancer protein derived from Bacillus thuringiensis strain A1547, causes specific cell damage via PS2 oligomerization in the cell membrane. Although PS2 requires glycosylphosphatidylinositol (GPI)-anchored proteins for its cytocidal action, their precise role is unknown. Here, we report that the glycan of GPI induces PS2 oligomerization, which causes cell death. Cytotoxicity, cell-binding and oligomerization of the toxin were not observed in GPI-anchored protein-deficient Chinese hamster ovary cells. Expression and protease-treatment analyses showed that the actions of the toxin were dependent on the glycan core, not the polypeptide moiety, of GPI-anchored proteins. However, surface expression of some GPI-anchored proteins is observed in PS2-insensitive cells. These data suggest that GPI-anchored proteins do not determine the target specificity, but instead function as a kind of coreceptor, in the cytocidal action of PS2.

    DOI Scopus

  • Response to leopoldo palma. Comments on ekino et al. Cloning and characterization of a unique cytotoxic protein parasporin-5 produced by bacillus thuringiensis a1100 strain. Toxins 2014, 6, 1882–1895

    Ekino K., Okumura S., Ishikawa T., Kitada S., Saitoh H., Akao T., Oka T., Nomura Y., Ohba M., Shin T., Mizuki E.

    Toxins    7 ( 12 ) 5096 - 5097   2015年11月  [査読有り]

    DOI Scopus

  • Parasporins as new natural anticancer agents: A review

    Okassov A., Nersesyan A., Kitada S., Ilin A.

    Journal of B.U.ON.    20 ( 1 ) 5 - 16   2015年01月  [査読有り]  [招待有り]

     概要を見る

    In 1999 Mizuki and co-authors studied for the first time the parasporal inclusion proteins extracted from B. thuring- iensis strains (a Gram-positive, soil-dwelling bacterium) for cytotoxic activity against human leukaemia T-cells. Later some other proteins with this unusual property to recognize human leukemic cells were isolatedfrom this strain of bacteria and named parasporins. At present 6 types of parasporins are identified and characterized. This review summarizes the properties of these new potentially useful antitumor agents of natural origin. Various types of parasporins possess unique cytotoxic mechanisms against cancer cells. The cytotoxic activity for cancer cells makes parasporins possible candidates for anticancer agents in clinical oncology. Recently, genetic engineering was applied for the production of parasporins and the gene responsible for the production of the proteins was expressed in E. coli. However, there are virtually no data regarding the cytotoxic (antitumor) activity of parasporins in vivo. These relatively new cytotoxic proteins warrant further investigation, especially in rodents, for possible application in clinical oncology.

    Scopus

  • Cloning and characterization of a unique cytotoxic protein parasporin-5 produced by Bacillus thuringiensis A1100 strain

    Ekino K., Okumura O, Ishikawa T., Kitada S, Saitoh H., Akao T., Oka T., Nomura N., Ohba M., Shin S., Mizuki E.

    Toxins    6   2115 - 2126   2014年06月  [査読有り]

    DOI Scopus

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 微生物毒素パラスポリン2の細胞認識を利用した生体での抗癌効果と作用解明 (若手奨励賞受賞)

    本村恭平、麻﨑一哉、岩崎新司、木村雄作、日下雅友、北田 栄

    第61回トキシンシンポジウム  2014年09月  -  2014年09月   

  • Molecular basis of parasporin-2 action toward cancer cells

    Sakae Kitada, Yusuke Yoshida, Yoshimi Ozaki, Hirioyasu Shimada

    47th Annual Meeting of the Society for Invertebrate Pathology   2014年08月  -  2014年08月   

  • がん移植マウスに対するparasporin-2の局所投与による抗がん作用

    麻﨑一哉、大林隆志、北田有美子、北田 栄

    第5回パラスポリン研究会  2012年12月  -  2012年12月   

  • 直腸がん移植マウスに対するパラスポリン2腹腔内投与の抗がん効果

    岩崎新司、大林隆志、木村雄作、麻崎一哉、北田有美子、北田 栄

    第5回パラスポリン研究会  2012年12月  -  2012年12月   

  • 抗がん性タンパク質パラスポリン2のマウスに対する毒性の解明

    木村雄作、北田有美子、日下雅友、北田 栄

    第5回パラスポリン研究会  2012年12月  -  2012年12月   

全件表示 >>

報道関係 【 表示 / 非表示

  • Bt菌毒素でがん細胞を死滅させる

    西日本新聞  2010年07月08日

    北田栄

  • 抗がんたんぱく質立証

    読売新聞  2009年02月26日

    北田栄

  • 正常細胞ダメージ少なくガン細胞を狙い撃ち

    科学新聞  2009年02月20日

    北田栄

  • がん攻撃の新規たん白

    化学工業新聞  2009年02月06日

    北田栄

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 細胞内共生細菌から探るミトコンドリアの進化的形成

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2014年04月  -  2016年03月

    研究課題番号:  26650061

  • チューリンジェンシス菌からの新しい抗病原体活性物質の大規模検索とその作用

    基盤研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2018年03月

    研究課題番号:  25292052

     概要を見る

    10,000株のチューリンジェンシス菌から、がん・病原異性物・ウイルスなどの病原体に作用する新規毒素タンパク質とその遺伝子を同定する。それらの分子作用を解明しバイオ分野への基礎とする。

  • 細胞内共生細菌ボルバキアのオルガネラコミュニケーション

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月

    研究課題番号:  23657133

  • 細胞毒素を利用した制がん研究への総合展開

    特定領域研究

    研究期間:  2008年04月  -  2010年03月

    研究課題番号:  20011007

  • 脂質ラフトを標的とする毒素の細胞認識とオリゴマーの分子機構

    若手研究(A)

    研究期間:  2006年04月  -  2009年03月

    研究課題番号:  18687007

全件表示 >>

受託研究・共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • Bt菌新規生物活性因子探索

    その他共同研究等

    研究期間:  2013年04月  -  継続中

  • すい臓がんに作用する微生物毒素の探索

    受託研究

    研究期間:  2012年11月  -  2013年10月

  • パラスポリン2の膜作用における電気生理学的解析

    その他共同研究等

    研究期間:  2005年09月  -  継続中

  • ミトコンドリアプロセシングペプチダーゼの立体構造解析

    その他共同研究等

    研究期間:  2000年04月  -  2001年03月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  遺伝情報特論

  • 2019年度  遺伝情報特論

  • 2016年度  バイオテクノロジー実験

  • 2016年度  遺伝情報特論

  • 2016年度  基礎生物学

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2011年09月
     
     

    日本生化学会   シンポジウムオーガナイザー

  • 2006年04月
    -
    継続中

    パラスポリン命名委員会   委員