2022/09/09 更新

アオキ シュンスケ
青木 俊介
AOKI Shunsuke
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 7

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院情報工学研究院 生命化学情報工学研究系
職名
教授
メールアドレス
メールアドレス
研究室電話
0948-29-7819
外部リンク

研究キーワード

  • 幹細胞

  • in silico 薬剤設計

  • タンパク質構造

  • 神経再生

  • 神経工学

研究分野

  • ライフサイエンス / 細胞生物学

  • ライフサイエンス / 神経科学一般

  • 情報通信 / 生命、健康、医療情報学

取得学位

  • 大阪大学  -  博士   1998年03月

学内職務経歴

  • 2020年04月 - 現在   九州工業大学     副理事(入試担当)

  • 2019年04月 - 現在   九州工業大学   大学院情報工学研究院   生命化学情報工学研究系     教授

  • 2018年04月 - 2020年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院     副情報工学研究院長

  • 2015年07月 - 2019年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院   生命情報工学研究系     教授

  • 2008年04月 - 2015年06月   九州工業大学   大学院情報工学研究院   生命情報工学研究系     准教授

論文

  • Establishing a parallel compound screening method and identifying novel antimicrobial compounds targeting Staphylococcus aureus dihydrofolate reductase 査読有り

    Nakashima J., Takeuchi M., Kawamoto S., Monobe K., Taira J., Aoki S.

    Journal of Applied Pharmaceutical Science   12 ( 8 )   36 - 47   2022年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    The emergence of drug-resistant Staphylococcus aureus strains, such as methicillin-resistant S. aureus and vancomycin-resistant S. aureus, and their spread not only inside hospitals but also outside hospitals has become a major problem worldwide. In this study, we investigated novel antimicrobial compounds targeting trimethoprim-resistant S. aureus dihydrofolate reductase (TMP-resistant saDHFR). A novel screening method, called the parallel compound screening (PCS) method, was established to analyze a common population of compounds that showed top scores using two docking tools, GOLD and AutoDock Vina. Using 154,118 compounds in the structural library, we conducted a three-step in silico structure-based drug screening, including PCS, and identified nine candidate compounds targeting TMP-resistant saDHFR. The growth inhibitory effects of the candidate compounds on bacteria were examined on Staphylococcus epidermidis, a model microbial strain of S. aureus. Among the candidate compounds, two compounds showed strong growth inhibition against S. epidermidis. The IC50 values of the two compounds (6.34 and 56.94 µM) were determined. Molecular dynamics simulations predicted the direct and stable interactions between the active compounds and TMP-resistant saDHFR. The data regarding these active compounds from this study are expected to contribute to the development of new antibacterial agents against drug-resistant strains of S. aureus.

    DOI: 10.7324/JAPS.2022.120805

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85135560167&origin=inward

  • Establishment of in silico prediction methods for potential bitter molecules using the human T2R14 homology-model structure 査読有り 国際誌

    Kuriki K., Matsumoto R., Ijichi C., Taira J., Aoki S.

    Chemical Biology Letters   9 ( 3 )   2022年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Bitterness is sensed by human taste receptors (hT2Rs) consisting of G protein-coupled receptors (GPCRs). The construction of an in silico evaluation system for bitter molecules using human T2R structure information will enable the identification of new bitter molecules and bitter blockers, which will contribute to food and drug development. Since the crystal structures of the hT2Rs have not been elucidated, we attempted to construct in silico discrimination methods for potential bitter molecules using the hT2R14 model structure in the GPCRdb that was constructed by the homology modelling method. Although the hT2R14 model structure was constructed using characteristics of existing bitter molecules, it was not previously clear whether it could be used for the prediction of new bitter molecules and bitter blockers. In this study, we established novel methods of predicting potential bitter molecule interactions with hT2R14 using datasets of compounds from ChemBridge and FEMA GRAS libraries. We used docking simulation tools, molecular dynamics simulation tools, structure-based machine learning (ML) tools, and sequence-based ML tools to establish potential bitter molecule prediction systems for hT2R14. Finally, we constructed novel in silico prediction systems, one of which can evaluate potential bitter molecules with high accuracy (AUC = 0.850) using consensus scoring based on the structure-based ML tools OnionNet, GNINA and BAPA.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85131796578&origin=inward

  • Identification of novel inhibitors for mycobacterial polyketide synthase 13 via in silico drug screening assisted by the parallel compound screening with genetic algorithm-based programs 査読有り

    Taira J., Murakami K., Monobe K., Kuriki K., Fujita M., Ochi Y., Sakamoto H., Aoki S.

    Journal of Antibiotics   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Identifying small compounds capable of inhibiting Mycobacterium tuberculosis polyketide synthase 13 (Pks13), in charge of final step of mycolic acid biosynthesis, could lead to the development of a novel antituberculosis drug. This study screened for lead compounds capable of targeting M. tuberculosis Pks13 from a chemical library comprising 154,118 compounds through multiple in silico docking simulations. The parallel compound screening (PCS), conducted via two genetic algorithm-based programs was applied in the screening strategy. Out of seven experimentally validated compounds, four compounds showed inhibitory effects on the growth of the model mycobacteria (Mycobacterium smegmatis). Subsequent docking simulation of analogs of the promising leads with the assistance of PCS resulted in the identification of three additional compounds with potent antimycobacterial effects (compounds A1, A2, and A5). Further, molecular dynamics simulation predicted stable interaction between M. tuberculosis Pks13 active site and compound A2, which showed potent antimycobacterial activity comparable to that of isoniazid. The present study demonstrated the efficacy of in silico structure-based drug screening through PCS in antituberculosis drug discovery.

    DOI: 10.1038/s41429-022-00549-z

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85135688338&origin=inward

  • Computer-Assisted Screening of Mycobacterial Growth Inhibitors: Exclusion of Frequent Hitters with the Assistance of the Multiple Target Screening Method 査読有り

    Kuriki K, Taira Ji, Kuroki M, Sakamoto H, Aoki Shunsuke

    The International Journal of Mycobacteriology ( Wolters Kluwer )   2021年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Improvement of the novel inhibitor for Mycobacterium enoyl-acyl carrier protein reductase (InhA): a structure–activity relationship study of KES4 assisted by in silico structure-based drug screening 査読有り

    Taira J., Umei T., Inoue K., Kitamura M., Berenger F., Sacchettini J.C., Sakamoto H., Aoki S.

    Journal of Antibiotics   2020年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2020, The Author(s), under exclusive licence to the Japan Antibiotics Research Association. InhA or enoyl-acyl carrier protein reductase of Mycobacterium tuberculosis (mtInhA), which controls mycobacterial cell wall construction, has been targeted in the development of antituberculosis drugs. Previously, our in silico structure-based drug screening study identified a novel class of compounds (designated KES4), which is capable of inhibiting the enzymatic activity of mtInhA, as well as mycobacterial growth. The compounds are composed of four ring structures (A–D), and the MD simulation predicted specific interactions with mtInhA of the D-ring and methylene group between the B-ring and C-ring; however, there is still room for improvement in the A-ring structure. In this study, a structure–activity relationship study of the A-ring was attempted with the assistance of in silico docking simulations. In brief, the virtual chemical library of A-ring-modified KES4 was constructed and subjected to in silico docking simulation against mtInhA using the GOLD program. Among the selected candidates, we achieved synthesis of seven compounds, and the bioactivities (effects on InhA activity and mycobacterial growth and cytotoxicity) of the synthesized molecules were evaluated. Among the compounds tested, two candidates (compounds 3d and 3f) exhibited superior properties as mtInhA-targeted anti-infectives for mycobacteria than the lead compound KES4.

    DOI: 10.1038/s41429-020-0293-6

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85081720231&origin=inward

  • Structural modification of a novel inhibitor for mycobacterium enoyl-acyl carrier protein reductase assisted by in silico structure-based drug screening 査読有り

    Taira J., Nagano T., Kitamura M., Yamaguchi M., Sakamoto H., Aoki S.

    International Journal of Mycobacteriology   9 ( 1 )   12 - 17   2020年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2020 Medknow. All rights reserved. Background: Mycobacterium tuberculosis enoyl-acyl carrier protein reductase (mtInhA) is involved in the biosynthesis of mycolic acids, a major component of mycobacterial cell walls, and has been targeted in the development of anti-tuberculosis (TB) drugs. In our previous in silico structure-based drug screening study, we identified KES4, a novel class of mtInhA inhibitor. KES4 is composed of four ring structures (A-D-rings) and molecular dynamic simulation predicted that the D-ring is essential for the interaction with mtInhA. Methods: The structure-activity relationship study of the D-ring was attempted and aided by in silico docking simulations to improve the mtInhA inhibitory activity of KES4. A virtual chemical library of the D-ring-modified KES4 was then constructed and subjected to in silico docking simulation against mtInhA using the GOLD program. The candidate compound showing the highest GOLD score, referred to as KEN1, was synthesized, and its biological properties were compared with those of the lead compound KES4. Results: We achieved the synthesis of KEN1 and evaluated its effects on InhA activity, mycobacterial growth, and cytotoxicity. The antimycobacterial activity of KEN1 was comparable to that of the lead compound (KES4), although it exhibited superior activity in mtInhA inhibition. \Conclusions: We obtained a KES4 derivative with high mtInhA inhibitory activity by in silico docking simulation with a chemical library consisting of a series of D-ring-modified KES4.

    DOI: 10.4103/ijmy.ijmy_184_19

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85081752977&origin=inward

  • ケモインフォマティクス手法を用いた精油構成化学成分における抗菌作用機序の予測 査読有り

    角崎丈司, 三重野雄貴, 浜出百合菜, 青木俊介

    アロマテラピー学雑誌   16   2016年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

  • Identification of novel antimycobacterial chemical agents through the in silico multi-conformational structure-based drug screening of a large-scale chemical library 査読有り

    Koseki Y, Kinjo T, Kobayashi M, Aoki S

    Eur J Med Chem   ( 60 )   333 - 339   2013年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Aberrant structures of Parkinson’s disease-associated ubiquitin C-terminal hydrolase L1 predicted by molecular dynamics. 査読有り

    Koseki Y, Kinjyo T, Kuroki M, Aoki S.

    Chem Phys let   ( 535 )   163 - 168   2012年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.cplett.2012.03.083

    Scopus

  • Surgical anatomy of the swine face. 査読有り

    Sasaki R,Watanabe Y,Yamato M,Aoki S,Okano T,Ando T.

    Lab Anim.   44 ( 4 )   359 - 363   2010年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌
    引用数 0回(2012年3月現在)

    DOI: 10.1258/la.2010.009127

    Scopus

  • A protocol for immunofluorescence staining of floating neurospheres. 査読有り

    Sasaki R,Aoki S,Yamato M,Uchiyama H,Wada K,Ogiuchi H,Okano T,Ando T

    Neurosci Lett.   479 ( 2 )   126 - 127   2010年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌
    引用数 1回(2012年3月現在)

    DOI: 10.1016/j.neulet.2010.05.042

    Scopus

  • Identification of a novel chemical potentiator and inhibitors of UCH-L1 by in silico drug screening. 査読有り

    Mitsui T,Hirayama K,Aoki S,Nishikawa K,Uchida K,Matsumoto T,Kabuta T,Wada K.

    Neurochem Int.   56 ( 5 )   679 - 686   2010年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌
    引用数 2回(2012年3月現在)

    DOI: 10.1016/j.neuint.2010.01.016

    Scopus

  • Clock genes regulate neurogenic transcription factors, including NeuroD1, and the neuronal differentiation of adult neural stem/progenitor cells. 査読有り

    Kimiwada T,Sakurai M,Ohashi H,Aoki S,Tominaga T,Wada K.

    Neurochem Int.   52   227 - 235   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌
    引用数 3回(2012年3月現在)

  • G-protein-coupled receptor screen reveals a role for chemokine receptor CCR5 in suppressing microglial neurotoxicity. 査読有り

    Gamo K,Kiryu-Seo S,Konishi H,Aoki S,Matsushima K,Wada K,Kiyama H.

    J Neurosci.   28 ( 46 )   11980 - 11988   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌
    引用数 16回(2012年3月現在)

  • Aberrant interaction between Parkinson disease-associated mutant UCH-L1 and the lysosomal receptor for chaperone-mediated autophagy. 査読有り

    Kabuta T,Furuta A,Aoki S,Furuta K,Wada K.

    J Biol Chem.   283 ( 35 )   23731 - 23738   2008年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌
    引用数 50回(2012年3月現在)

  • Tubulation with dental pulp cells promotes facial nerve regeneration in rats. 査読有り

    Sasaki R,Aoki S,Yamato M,Uchiyama H,Wada K,Okano T,Ogiuchi H.

    Tissue Eng Part A   14 ( 7 )   1141 - 1147   2008年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌
    引用数 2回(2012年3月現在)

  • Aberrant molecular properties shared by familial Parkinson's disease-associated mutant UCH-L1 and carbonyl-modified UCH-L1. 査読有り

    Kabuta T,Setsuie R,Mitsui T,Kinugawa A,Sakurai M,Aoki S,Uchida K,Wada K.

    Human Molecular Genetics   17 ( 10 )   1482 - 1496   2008年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌
    引用数 29回(2012年3月現在)

  • Neurosphere generation from dental pulp of adult rat incisor. 査読有り

    Sasaki R,Aoki S,Yamato M,Uchiyama H,Wada K,Okano T,Ogiuchi H.

    Europian Journal of Neuroscience   27 ( 3 )   538 - 548   2008年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌
    引用数 14回(2012年3月現在)

  • Alpha 1-adrenoceptor agonists protect against stress-induced death of neural progenitor cells. 査読有り

    Ohashi H, Nishikawa K, Ayukawa K, Hara Y, Nishimoto M, Kudo Y, Abe T, Aoki S, Wada K

    Eur J Pharmacol   573 ( 1-3 )   20 - 28   2007年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要論文
    引用数 3回(2012年3月現在)

  • Identification of novel chemical inhibitors for ubiquitin C-terminal hydrolase-L3 by virtual screening. 査読有り

    Hirayama K, Aoki S, Nishikawa K, Matsumoto T, Wada K

    Bioorg Med Chem   15 ( 21 )   6810 - 6818   2007年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要論文
    引用数 13回(2012年3月現在)

  • Melanocortin receptor 4 is induced in nerve-injured motor and sensory neurons of mouse. 招待有り 査読有り

    Tanabe K, Gamo K, Aoki S, Wada K, Kiyama H

    J Neurochem   101 ( 4 )   1145 - 1152   2007年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要論文
    引用数 6回(2012年3月現在)

  • Neuroprotective role of bradykinin because of the attenuation of pro-inflammatory cytokine release from activated microglia. 査読有り

    Noda M, Kariura Y, Pannasch U, Nishikawa K, Wang L, Seike T, Ifuku M, Kosai Y, Wang B, Nolte C, Aoki S, Kettenmann H, Wada K

    J Neurochem   101 ( 2 )   397 - 410   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要論文
    引用数 27回(2012年3月現在)

▼全件表示

口頭発表・ポスター発表等

  • in silico ドッキングシミュレーション手法を用いた 結核菌polyketide synthase 13に対する新規抗菌薬の探索

    Kahori Murakami, Shunsuke Aoki , Rina Takeda

    日本バイオインフォマティクス学会年会  2021年09月  日本バイオインフォマティクス学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月27日 - 2021年09月29日   記述言語:英語   開催地:オンライン   国名:日本国  

  • Identification of novel chemical inhibitors for hepatocyte growth factor by in silico structure-based drug screening.

    Koseki Y

    CBI/JSBi/Omix 2012合同大会 生命医薬情報学連合大会  CBI/JSBi/Omix

     詳細を見る

    開催期間: 2012年10月14日 - 2012年10月17日   記述言語:英語   開催地:東京  

  • Identification of novel potential antibiotics for Staphylococcus by Structure-Based Drug Screening

    小林舞子

    第30回バイオ情報学研究会 (SIG-BIO) 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年08月09日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • 分子動力学計算によるUCH-L1変異体の構造変化予測

    小関 祐司

    第30回バイオ情報学研究会   情報処理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年08月09日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • in silico structure-based drug screening手法を用いたMycobacteriumに対する新規抗菌作用化合物の同定

    金城知広

    in silico structure-based drug screening手法を用いたMycobacteriumに対する新規抗菌作用化合物の同定  情報処理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年08月09日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • ドッキングシュミレーション手法を用いたスタフィロコッカス属細菌に対する新規抗菌薬同定の試み

    小林舞子

    日本生物物理学会 九州支部例会  日本生物物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年12月04日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • in silico Structure-Based Drug Screening 手法を用いた結核菌Enoylacyl carrier protein reductase に対する新規抗菌作用化合物の同定

    金城知広

    日本生物物理学会 九州支部例会  日本生物物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年12月04日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • in silico Structure-Based Drug Screening 手法を用いた結核菌に対する新規抗菌作用化合物の同定

    金城知広

    日本生物物理学会 九州支部例会  日本生物物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年12月04日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • Aberrant structure of Parkinson's disease-associated Ubiquitin C-terminal hydrolase L1 predicted by molecular dynamics

    Koseki Y

    CBI/JSBi 2011 合同大会  CBI/JSBi

     詳細を見る

    開催期間: 2011年11月08日 - 2011年11月10日   記述言語:日本語   開催地:神戸  

  • Identification of novel chemical inhibitors for angiogenic growth factors by in silico structure-based drug screening

    Tsuruta K

    CBI/JSBi 合同大会  CBI/JSBi

     詳細を見る

    開催期間: 2011年11月08日 - 2011年11月10日   記述言語:日本語   開催地:神戸  

  • in silico Structure-Based Drug Screening手法による結核に対する新規抗菌化合物同定の試み

    小関 祐司

    日本生化学会九州支部例会  日本生化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年05月21日 - 2011年05月22日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • FDA認可薬構造ライブラリを用いたブルーリ潰瘍に対する治療薬のStructure-Based Drug Screeningによる探索

    山田淳美

    日本生化学会九州支部例会  日本生化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年05月21日 - 2011年05月22日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • 血管新生因子群を標的とした in silico structure based drug screening による新規薬剤探索の試み

    鶴田 康一朗

    日本生化学会 九州支部例会  日本生化学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年05月21日 - 2011年05月22日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • Virtual screeningによるNK1-heparin複合体を標的とした新規薬剤の同定の試み

    出水園 優也

    BMB2010(第33回日本分子生物学会年会、第83回日本生化学会大会 合同大会)  日本分子生物学会、日本生化学学会

     詳細を見る

    開催期間: 2010年12月07日 - 2010年12月10日   記述言語:日本語   開催地: 神戸  

  • Identification of a novel chemical inhibitor for epidermal growth factor receptor by in silico virtual screening

    Yuji Koseki

    CBI Annual Meeting 2010 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月15日 - 2010年09月17日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • Quantitative analysis tools for secondary structuretrajectory result of protein molecular dynamics

    Masato Kuroki

    CBI学会2010年大会  CBI

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月15日 - 2010年09月16日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • Identification of a novel chemical inhibitor for VEGF receptor by virtual screening

    Tsuruta,K

    CBI学会2010年大会  CBI

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月15日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • Identification of novel anti-biotics for tuberculosis by virtual screening

    出水園優也

    CBI Annual meeting 2010  CBI

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月15日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • Degradable Poly (Dl-Lactide-Co-Glycolide) (Plga) Artificial Nerve Conduits With Dental Pulp Cells Promotes Facial Nerve Regeneration

    R. Sasaki

    EUROPEAN ASSOCIATION FOR CRANIO-MAXILLO-FACIAL SURGERY  EUROPEAN ASSOCIATION FOR CRANIO-MAXILLO-FACIAL SURGERY

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月13日   記述言語:英語   開催地: Belgium  

  • Identification of a novel chemical inhibitor for NGF by virtual screening

    Takahiro Shibata

    Neuro2010  日本神経科学会

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月03日   記述言語:日本語   開催地: 神戸  

  • 血管内皮細胞増殖因子(VEGF)の立体構造を用いたvirtual screeningによる機能阻害化合物の同定

    鶴田 康一朗

    日本分子生物学会 第10回春季シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年06月07日 - 2010年06月08日   記述言語:日本語   開催地:宮城  

  • PACAP/PAC1システムによる神経系前駆細胞の増殖, 並びにアストロサイト新生への機能的制御

    西本美香

    CREST研究領域「脳の機能発達と学習メカニズムの解明」第5回領域内研究報告会  独立行政法人科学技術振興機構

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月05日   記述言語:日本語  

  • virtual screeningによるUCH-Lファミリー活性調節剤探索研究

    平山和徳

    第2回ナノバイオテクノロジー連携群成果報告会  内閣府

     詳細を見る

    開催期間: 2007年12月05日   記述言語:日本語  

  • 神経変性タンパク質の細胞局所場に於ける動態・フィブリル化のイメージングに基づく効率的な医薬品評価系の開発

    松田知巳

    第2回ナノバイオテクノロジー連携群成果報告会.   内閣府

     詳細を見る

    開催期間: 2007年12月05日   記述言語:英語   開催地:東京  

  • Virtual screeningによるUCH-L3の新規阻害剤同定

    平山和徳

    第35回構造活性相関シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年11月15日   記述言語:日本語   開催地:京都  

  • Clock genes regulate neurogenic transcription factors and the neuronal differentiation of adult neural stem/progenitor cells.

    Kimiwada T

    Neuro2007  神経科学会

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月11日   記述言語:日本語   開催地:神奈川  

  • Identification of novel UCH-L1-potentiating compounds by in silico drug screening.

    Hirayama K

    Neuro 2007  神経科学会

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月10日   記述言語:日本語   開催地:神奈川  

  • 歯髄を用いた癌切除後顔面神経欠損の再生

    佐々木亮

    第16回日本癌病態治療研究会  日本癌病態治療研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2007年06月27日   記述言語:英語   開催地:東京  

  • G-蛋白共役型受容体(GPCR)を標的とした神経系前駆細胞の細胞表面マーカーの探索

    青木俊介

    神経組織の成長・再生・移植研究会第22回学術集会  神経組織の成長・再生・移植研究会

     詳細を見る

    開催期間: 2007年05月26日   記述言語:日本語   開催地:岡山  

▼全件表示

科研費獲得実績

  • テーラーメード構造ライブラリからの新規トリクロサン類縁抗結核化合物の有機合成展開

    研究課題番号:26460145  2014年04月 - 2017年03月   基盤研究(C)

  • 初期-後期エンドソーム移行による神経突起伸長制御機構の解明

    研究課題番号:19500338  2007年04月 - 2010年03月   基盤研究(C)

担当授業科目(学内)

  • 2021年度   細胞情報伝達特論

  • 2021年度   創薬ケモインフォマティクス

  • 2020年度   細胞情報伝達特論

  • 2020年度   創薬ケモインフォマティクス

  • 2019年度   細胞情報伝達特論

  • 2019年度   科学技術英語Ⅰ

  • 2019年度   生体情報学

  • 2018年度   生体情報学

  • 2018年度   科学技術英語Ⅰ

  • 2018年度   細胞情報伝達特論

  • 2017年度   科学技術英語Ⅰ

  • 2017年度   生体情報学

  • 2017年度   計算機システムⅡ-2

  • 2017年度   計算機システムⅡ-1

  • 2017年度   細胞情報伝達特論

  • 2016年度   細胞情報伝達特論

  • 2016年度   科学技術英語Ⅰ

  • 2016年度   生体情報学

  • 2016年度   計算機システムⅡ-2

  • 2016年度   計算機システムⅡ-1

  • 2015年度   計算機システムⅡ-1

  • 2015年度   計算機システムⅡ-2

  • 2015年度   生体情報学

  • 2015年度   科学技術英語Ⅰ

  • 2015年度   ライフサイエンス実験 I

  • 2015年度   細胞情報伝達特論

  • 2014年度   生体情報学

  • 2014年度   ライフサイエンス実験 I

  • 2014年度   細胞情報伝達特論

  • 2014年度   計算機システムⅡ

  • 2013年度   細胞情報伝達特論

  • 2013年度   ライフサイエンス実験 I

  • 2013年度   生体情報学

  • 2012年度   計算機システムⅡ

  • 2012年度   生体情報学

  • 2012年度   細胞情報伝達特論

  • 2012年度   ライフサイエンス実験Ⅰ

▼全件表示

社会貢献活動(講演会・出前講義等)

  • 情報工学のもたらす新世界探訪-情報工学の可能性は∞-

    役割:講師

    九州工業大学  福岡県立明善高等学校  2022年02月19日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 情報工学のもたらす新世界探訪-情報工学の可能性は∞-

    役割:講師

    九州工業大学  福岡県立講倫館高等学校  2021年06月04日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 技術者ってかっこよくって、わるくない-アニメや映画にみる技術者の姿-

    2014年11月13日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立早筑前高等学校

  • 技術者ってかっこよくって、わるくない-アニメや映画にみる技術者の姿-

    2014年10月24日

     詳細を見る

    対象: 中学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    九州国際大学付属中学校

  • 情報工学のもたらす新世界探訪-情報工学部の可能性は∞-

    2014年09月09日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    熊本県立天草高等学校

  • 情報工学のもたらす新世界探訪-情報工学部の可能性は∞-

    2014年07月14日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立東鷹高等学校

  • 技術者ってかっこよくって、わるくない-アニメや映画にみる技術者の姿-

    2014年07月11日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:セミナー・ワークショップ

    山口県立下関南高等学校

  • 技術者ってかっこよくって、わるくない-アニメや映画にみる技術者の姿-

    2014年06月12日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立早良高等学校

  • 技術者ってかっこよくって、わるくない!-アニメや映画にみる技術者の姿-

    2013年07月10日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    島根県立大田高等学校

  • 技術者ってかっこよくって、わるくない!-アニメや映画にみる技術者の姿-

    2013年06月12日

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    福岡県立中間高等学校

▼全件表示