2022/08/24 更新

ヒキマ トモヒロ
引間 知広
HIKIMA Tomohiro
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 4

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院情報工学研究院 生命化学情報工学研究系
職名
准教授
メールアドレス
メールアドレス
研究室住所
福岡県飯塚市川津680-4
研究室電話
0948-29-7836
研究室FAX
0948-29-7801
外部リンク

研究キーワード

  • ドラッグデリバリーシステム

  • 経皮治療システム

  • 眼科薬物送達システム

  • MEMS

  • 薬物治療

  • 動物実験代替法

  • 化粧品

研究分野

  • ライフサイエンス / 生体医工学

  • ライフサイエンス / 医用システム

  • ライフサイエンス / 薬系分析、物理化学

  • ライフサイエンス / 生体材料学

取得学位

  • 九州工業大学  -  博士(情報工学)   1996年03月

学内職務経歴

  • 2019年04月 - 現在   九州工業大学   大学院情報工学研究院   生命化学情報工学研究系     准教授

  • 2014年02月 - 2019年03月   九州工業大学   大学院情報工学研究院   生命情報工学研究系     准教授

学外略歴

  • 2003年09月 - 2004年09月   カリフォルニア大学サンフランシスコ校   在外研究員   アメリカ合衆国

  • 2000年08月 - 現在   カリフォルニア大学サンフランシスコ校   共同研究員   アメリカ合衆国

  • 1999年09月 - 2000年08月   カリフォルニア大学サンフランシスコ校   研究員   アメリカ合衆国

  • 1996年10月 - 1999年07月   科学技術振興事業団   科学技術特別研究員   日本国

所属学会・委員会

  • 1995年04月 - 現在   コントロールリリース学会 (CRS)   アメリカ合衆国

  • 1998年04月 - 現在   日本DDS学会   日本国

  • 1993年04月 - 現在   アメリカ薬剤学会 (AAPS)   アメリカ合衆国

  • 1992年04月 - 現在   日本薬剤学会   日本国

  • 1991年04月 - 現在   日本薬学会   日本国

  • 2020年04月 - 2022年03月   日本薬剤学会投稿論文審査委員会   日本国

  • 2016年02月 - 現在   日本生物工学会   日本国

  • 2000年04月 - 現在   化学工学会   日本国

▼全件表示

研究経歴

  • バイオ医薬品の体内送達法に関する研究

    薬物送達,バイオ医薬品

    研究期間: 2012年04月  -  現在

  • MEMSを利用した薬物送達システムの開発

    ドラッグデリバリーシステム,MEMS

    研究期間: 2008年04月  -  現在

  • 薬物送達システムに用いる薬物キャリアーの開発

    生分解性ポリマー,ペプチド

    研究期間: 2012年04月  -  現在

  • 経皮治療システムにおける動物実験代替法の確立

    ヒト3次元培養皮膚

    研究期間: 2010年04月  -  現在

  • 皮膚内薬物動態を応用した薬物局所送達に関する研究

    経皮治療,局所

    研究期間: 2004年04月  -  現在

  • ヒト培養皮膚の経皮治療システムへの応用

    ヒト培養皮膚

    研究期間: 2006年04月  -  現在

▼全件表示

論文

  • 医療用マイクロニードルの研究 査読有り

    川端 一輝, 松島 俊也, 水口 凌, 伊藤 高廣, 引間 知広, 村上 直, 松尾 正昭, 田代 康典, 原 正哉, 椿 浩忠

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2021A ( 0 )   387 - 388   2021年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    <p>近年、投薬時の痛みが少なく、患者への負担の少ない投薬方法としてマイクロニードル(MN)を用いた投薬方法が注目されている。投薬性能を有し、金型を用いた射出成形による生産性の高いMNの作製を目指す。本研究では、生分解性材料を用いて、本数違いの烏口型MNを作製し、成形精度の測定と穿刺実験を行った。その結果、烏口型MNの本数違いに伴って、成形精度と穿刺性能の違いが見られた。</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2021a.0_387

    CiNii Research

  • Fabrication of novel-shaped microneedles to overcome the disadvantages of solid microneedles for the transdermal delivery of insulin 査読有り 国際誌

    Mizuno Y., Takasawa K., Hanada T., Nakamura K., Yamada K., Tsubaki H., Hara M., Tashiro Y., Matsuo M., Ito T., Hikima T.

    Biomedical Microdevices   23 ( 3 )   2021年09月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    In this study, we fabricated two different microneedles (MNs) — semi-hollow and bird-bill — to overcome the limitations of solid and coated MNs, respectively. The two MN arrays were developed using a general injection molding process to obtain high-quality MNs with uniform shape. The semi-hollow and bird-bill MNs could penetrate the micropores of swine skin up to depths of 178.5 ± 27.6 µm and 232.1 ± 51.3 µm, respectively. When the semi-hollow MNs were used for the transdermal delivery of insulin in diabetic rats, it was observed that the blood glucose concentration (BGC) decreased remarkably within 30 min, and the desired effect of insulin was maintained for an additional 3 h after the removal of insulin from the skin surface. The bird-bill MN was able to load a coating gel at a maximum capacity of 3.20 ± 0.21 mg per MN array, and the BGC continued to decrease significantly after MN application for up to 2–6 h. In summary, we fabricated semi-hollow and bird-bill MN arrays using the injection molding method; these can be mass produced and are capable of effectively producing micro-holes in the stratum corneum. The two MN arrays could provide effective transdermal delivery of large-molecular-weight drugs such as insulin.

    DOI: 10.1007/s10544-021-00576-x

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85111693907&origin=inward

  • A phase I study of high dose camostat mesylate in healthy adults provides a rationale to repurpose the TMPRSS2 inhibitor for the treatment of COVID-19 査読有り 国際誌

    Kitagawa J., Arai H., Iida H., Mukai J., Furukawa K., Ohtsu S., Nakade S., Hikima T., Haranaka M., Uemura N.

    Clinical and Translational Science   14 ( 5 )   1967 - 1976   2021年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Camostat mesylate, an oral serine protease inhibitor, is used to treat chronic pancreatitis and reflux esophagitis. Recently, camostat mesylate and its active metabolite 4-(4-guanidinobenzoyloxy)phenylacetic acid (GBPA) were reported to inhibit the infection of cells by severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 by inhibiting type II transmembrane serine protease. We conducted a phase I study to investigate high-dose camostat mesylate as a treatment for coronavirus disease 2019. Camostat mesylate was orally administered to healthy adults at 600 mg 4 times daily under either of the following conditions: fasted state, after a meal, 30 min before a meal, or 1 h before a meal, and the pharmacokinetics and safety profiles were evaluated. In addition, the time of plasma GBPA concentration exceeding the effective concentration was estimated as the time above half-maximal effective concentration (EC50) by using pharmacokinetic/pharmacodynamic modeling and simulation. Camostat mesylate was safe and tolerated at all dosages. Compared with the fasted state, the exposure of GBPA after a meal and 30 min before a meal was significantly lower; however, no significant difference was observed at 1 h before a meal. The time above EC50 was 11.5 h when camostat mesylate 600 mg was administered 4 times daily in the fasted state or 1 h before a meal. Based on the results of this phase I study, we are currently conducting a phase III study.

    DOI: 10.1111/cts.13052

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85107375075&origin=inward

  • 医療用マイクロニードルアレイの作製 査読有り

    山田 一也, 松島 俊也, 水野 有希, 福田 龍彌, 高澤 香奈衣, 伊藤 高廣, 引間 知広, 村上 直, 椿 浩忠, 原 正哉, 田代 康典, 松尾 正昭

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2020A ( 0 )   472 - 473   2020年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    <p>従来の注射に代え、皮膚から体内に薬物を入れる、マイクロニードルアレイを開発した。皮膚に貼るだけで、いつでもどこで誰でも、痛みなく薬を投与できるようになる。工業的生産を目指し、作製には射出成形を用いた。マイクロニードルの先端を十分に鋭くする製造方法及び、精密金型を開発した。表面形状評価、穿刺深さの測定を行いマイクロニードルが十分な性能を持つことを確認した。</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2020a.0_472

    CiNii Article

    CiNii Research

  • 九州工業大学におけるマイクロニードルの研究開発 招待有り

    引間知広

    三島光産技報   2020年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 経強膜イオントフォレシスによる後眼部への高分子化合物の送達促進 査読有り

    引間 知広, 井上 茉莉

    あたらしい眼科 ( メディカル葵出版 )   36 ( 9 )   1149 - 1147   2019年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 医療用マイクロニードルアレイの研究 査読有り

    松島 俊也, 山田 一也, 福田 龍彌, 水野 有希, 伊藤 高廣, 引間 知広, 村上 直, 椿 浩忠, 田代 康典, 原 正哉, 松尾 正昭

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2019A ( 0 )   478 - 479   2019年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    <p>患者の負担軽減のため、皮膚から痛みなく投薬できるマイクロニードルを研究している。穿刺性と薬剤付着量増加を両立できる、コーティング型マイクロニードルの新規形状を提案し、金型射出成形により実現した。新規提案形状によって、付着薬剤を従来と比較して倍以上に増やせることを、モデル薬剤を用いた実験により検証した。</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2019a.0_478

    CiNii Article

    CiNii Research

  • 乾燥肌に対するビート由来グルコシルセラミド含有物の効果 査読有り

    引間 知広, 木下 真梨子

    Fragrance Journal ( フレグランスジャーナル社 )   ( 7月 )   82 - 85   2019年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 医療用マイクロニードルアレイの作製 査読有り

    山田 一也, 花田 大知, 伊藤 高廣, 引間 知広, 村上 直, 椿 浩忠, 福田 龍彌, 原 正哉, 田代 康典, 松尾 正昭

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2019S ( 0 )   879 - 879   2019年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    <p>既存の注射器とは異なる、マイクロニードルアレイを用いて皮膚から薬剤を体内に取り入れることで、だれでも、いつでも、痛みなく投薬できることを目標としている。独自形状によって、従来型形状に比べ、より多くの薬液を保持、投薬できるコーティング方式のマイクロニードルを提案する。烏口型の先端形状により薬液保持量を増やしている。精密金型を用いた射出成形にて作製した。実験を行い効果を評価した。</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2019s.0_879

    CiNii Article

    CiNii Research

  • 医療用マイクロニードルの作製 査読有り

    花田 大知, 伊藤 高廣, 引間 知広, 福田 龍彌, 村上 直, 椿 浩忠, 原 正哉, 田代 康典, 松尾 正昭

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2018A ( 0 )   819 - 819   2018年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    <p>従来の注射に代えて、マイクロニードルアレイにより皮膚から薬剤を体内に入れ、誰でも、どこでも、いつでも、痛みなく投薬ができることを目指している。従来よりさらに多くの薬剤をワンショットで投与できるコーティング型マイクロニードル形状を新たに提案する。独自の先端形状により保持薬剤の量を増やしている。精密金型と、射出成形による作製方法を考案した。また、実験によりその効果も評価した。</p>

    DOI: 10.11522/pscjspe.2018a.0_819

    CiNii Article

    CiNii Research

  • Characterization of an in vitro penetration system for ocular iontophoresis 査読有り 国際誌

    Hikima T., Kawakami M., Tojo K.

    Journal of Chemical Engineering of Japan ( 公益社団法人 化学工学会 )   51 ( 5 )   418 - 422   2018年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    © 2018 The Society of Chemical Engineers, Japan. We have developed an in vitro penetration cell for transcorneal iontophoretic delivery. The thickness of the diffusion boundary layer δ of this in vitro system was evaluated by benzoic acid dissolution experiments under several mixing conditions of receptor solution. The δ under the condition of magnetic stirrer at 300 rpm in the receptor solution for the present KK cell was 201.0± 20.4 μm, which is thinner than that for a Franz diffusion cell (323 μm). Moreover, the mass transfer coefficient km(= D/δ) was calculated by Sh = 2+3.45Re0.11Sc0.33; this equation gave the kmand δ for the KK cell if the value of the diffusion coefficient D, viscosity μ, and density ? of receptor solution were known. The penetration rate across cornea from pig in vitro was proportional to the voltage applied to the cornea during iontophoresis. The effect of iontophoresis on the penetration rate was quantitatively investigated after taking into consideration the hydrodynamic diffusion boundary layer.

    DOI: 10.1252/jcej.17we084

    Scopus

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85047769538&origin=inward

  • Investigation of water-soluble elastin as a multifunctional cosmetic material: Moisturizing and whitening effects 査読有り 国際誌

    Inoue A., Hikima T., Taniguchi S., Nose T., Maeda I.

    Journal of Cosmetic Science   68 ( 1 )   11 - 23   2017年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Elastin and collagen are extracellular matrix proteins that are widely distributed in the body. Although elastin essentially functions as a skin moisturizer, there have been few reports on its other fundamental chemical and biological functions. In this study, we investigated the moisturizing and whitening (tyrosinase inhibition) effects of elastin to examine its usefulness as a cosmetic material. Water-soluble hot alkali pig aorta (HAPA)- elastin was prepared from pig aorta using the hot alkali method. HAPA-elastin showed a widely distributed molecular weight and had a coacervation property that mediated reversible self-assembly of its molecules with increasing temperature. Amino acid analysis of HAPA-elastin showed a high content (81.5%) of hydrophobic amino acids such as Gly, Ala, Val, and Pro. Des (desmosine) and Ide (isodesmosine), which are characteristic amino acids of elastin, accounted for more than 0.4% of the total amino acid content. HAPA-elastin showed a moisture-retaining property. The water content of skin samples treated with and without HAPA-elastin was 77.2% ± 7.8% and 49.4% ± 10.1%, respectively. HAPA-elastin also inhibited tyrosinase activity by 11.3% ± 3.9%. The results obtained indicate that elastin has a useful function as a cosmetic material.

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85044740990&origin=inward

  • 医療用マイクロニードルの作製 査読有り

    花田 大知, 伊藤 高廣, 引間 知広, 村上 直, 椿 浩忠, 原 正哉, 黒木 潤二, 田代 康典, 松尾 正昭

    精密工学会学術講演会講演論文集 ( 公益社団法人 精密工学会 )   2017A ( 0 )   287 - 288   2017年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    従来の注射に代えて、マイクロニードルアレイにより皮膚から薬剤を体内に入れ、誰でも、どこでも、いつでも、痛みなく投薬ができることを目指している。皮膚に開けた穴が塞がりにくくしたマイクロニードル形状とその製作方法を提案する。独自の窪み形状により皮膚の穴が塞がることを防ぐと同時に、薬剤の量を増やしている。精密金型と、射出成形による作製方法を考案した。また、動物実験によりその効果も評価した。

    DOI: 10.11522/pscjspe.2017a.0_287

    CiNii Article

    CiNii Research

  • 経皮吸収の改善/促進法とマイクロニードル

    引間知広

    Fragrance Journal ( フレグランスジャーナル社 )   ( 1月 )   12 - 19   2015年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 経皮治療システムの現状と微細加工技術の応用 招待有り

    引間知広

    三島光産技報 ( 三島光産 )   35   15 - 20   2014年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • Effect of diffusive direction across the skin on the penetration profile of chemicals in vitro 査読有り

    Ryo MOROFUJI, Tomohiro HIKIMA, Kakuji TOJO

    Biological & Pharmaceutical Bulletin   36 ( 11 )   1760 - 1765   2013年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1248/bpb.b13-00331

    Scopus

    CiNii Article

  • 経皮吸収に関する研究

    引間知広

    Cosme Tech Japan ( 株式会社じほう )   2013年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • Prediction of percutaneous absorption in human of nicotine from marketed TTS using three-dimensional human cultured epidermis 査読有り

    Tomohiro Hikima,Mayumi Komatsu,Daisuke Mori,Kakuji Tojo

    Journal of Controlled Release   2013年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Skin accumulation and penetration of a hydrophilic compound by a novel gemini surfactant, sodium dilauramidoglutamide lysine. 査読有り

    Tomohiro HIKIMA, Yoshinaga TAMURA, Yukio YAMAWAKI, Masashi YAMAMOTO, Kakuji TOJO

    International Journal of Pharmaceutics   443 ( 1-2 )   288 - 292   2013年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.ijpharm.2012.12.034

    Scopus

  • Prediction of percutaneous absorption in human using three-dimensional human cultureed epidermis LabCyte EPI-MODEL 査読有り

    Tomohiro Hikima, Noriaki Kaneda, kyouhei Matsuo, Kakuji Tojo

    Biological & Pharmaceutical Bulletin   35 ( 3 )   362 - 368   2012年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1248/bpb.35.362

    Scopus

    CiNii Article

  • 経皮治療システムにおける透過促進剤

    引間知広,冨永健治

    Cosmetic Stage ( 技術情報協会 )   ( 7 )   10 - 13   2010年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 経皮治療システムにおける物理的透過促進法

    引間知広,冨永健治

    Cosmetic Stage ( 技術情報協会 )   ( 7 )   14 - 18   2010年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Mechanism of the synergistic skin penetration by sonophoresis and iontophoresis. 査読有り

    Tomohiro Hikima,Shinya Ohsumi,Kenta Shirouzu,Kakuji Tojo

    Biological & Pharmaceutical Bulletin   32 ( 5 )   905 - 909   2009年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Control of barrier capacity of stratum corneum by microdermabrasion. 査読有り

    Kouhei Shirakami,Tomohiro Hikima,Kakuji Tojo

    Journal of Chemical Engineering of Japan   41 ( 12 )   1123 - 1126   2008年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Synergistic effect of sonophoresis and iontophoresis in transdermal drug delivery 査読有り

    Kenta Shirouzu,Tetsuya Nishiyama,Tomohiro Hikima,Kakuji Tojo

    Journal of Chemical Engineering of Japan   42 ( 4 )   300 - 305   2008年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 経皮治療システム用貼付剤製造装置の開発 招待有り 査読有り

    引間知広,因昭一,中村昭範,東條角治

    膜   32 ( 2 )   116 - 119   2007年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Bioequivalence of marketed transdermal delivery systems for tulobuterol 査読有り

    Kakuji Tojo,Tomohiro Hikima

    Biological & Pharmaceutical Bulletin   30 ( 8 )   1576 - 1579   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Effect of molecular weight of penetrants on iontophortic transdermal delivery in vitro 査読有り

    Takamitsu Miyagi,Tomohiro Hikima,Kakuji Tojo

    American Institute of Chemical Engineers   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    U.S.A.   San Francisco   2006年11月12日  -  2006年11月12日

  • Skin enzymes distribution in transdermal drug delivery 査読有り

    Tomohiro Hikima,Howard I. Maibach,Kakuji Tojo

    American Institute of Chemical Engineers   2006年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    U.S.A.   San Francisco   2006年11月12日  -  2006年11月12日

  • Gender differences of enzymatic activity and distribution of 17s-hydroxysteroid dehydrogenase in human skin in vitro 査読有り

    Tomohiro Hikima,Howard I. Maibach

    Skin Pharmacology and Physiology   20 ( 4 )   168 - 174   2006年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Effect of molecular weight of penetrants on iontophoretic transdermal delivery in vitro 査読有り

    Takamitsu Miyagi,Tomohiro Hikima,Kakuji Tojo

    Journal of Chemical Engineering of Japan   39 ( 3 )   360 - 365   2006年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Skin penetration flux and lag-time of steroids across hydrated and dehydrated human skin in vitro 査読有り

    Tomohiro Hikima,Howard I. Maibach

    Biological & Pharmaceutical Bulltein   29 ( 11 )   2270 - 2273   2006年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Effect of molecular weight of FITC-dextrans on iontophoretic transdermaldelivery in vitro 査読有り

    Takamitsu Miyagi,Tomohiro Hikima,Kakuji Tojo

    The aaps Journal (AAPS Natonal Biotechnology Conference)   7 ( S1 )   2005年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    U.S.A   San Francisco   2005年06月  -  2005年06月

  • Age and gender differences of enzymes distrbution and activity in human skin 査読有り

    Tomohiro Hikima,Howard I.Maibach,KakujiTojo

    The AAPS Journal (AAPS National Biotechnoligy Conference)   7 ( S1 )   2005年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    U.S.A.   San Francisco   2005年06月  -  2005年06月

  • Skin metabolism in transdermal therapeutic systems

    Tomohiro Hikima, Kakuji Tojo, and Howard I. Maibach

    Skin Pharmacology and Physiology ( Karger Publishers )   18 ( 4 )   153 - 159   2005年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Skin penetration enhancement by synergistic effect of supersaturated dissolution and chemical enhancers 査読有り

    Qing Wang,Tomohiro Hikima,Kakuji Tojo

    Journal of Chemical Engineering of Japan   36 ( 1 )   92 - 97   2003年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • In vivo evaluation of skin permeability using microdermabration system 査読有り

    Tomoko Fujimoto,Tomohiro Hikima,Kakuji Tojo

    29th International Symposium on Controlled Release of Bioactive Materials   20 - 25   2002年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    Seaul, Korea   2002年07月20日  -  2002年07月25日

  • Studies on the synergistic enhancement of supersaturated dissolution and enhancer in matrix transdermal drug delivery system 査読有り

    Qing Wang,Tomohiro Hikima,Kakuji Tojo

    Journal of Chemical Engineering of Japan   35 ( 8 )   771 - 777   2002年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Comparison of Skin Distribution of Hydrolytic Activity for Bioconversion of β-Estradiol 17-Acetate Between Man and Several Animals in Vitro. 査読有り

    Tomohiro Hikima,Kayoko Yamada,Tohru Kimura,Howard I. Maibach,Kakuji Tojo

    European Journal of Pharmaceutics and Biopharmaceutics   54 ( 2 )   155 - 160   2002年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 薬物の皮膚透過と皮膚代謝に及ぼす超音波の影響 招待有り

    引間知広,東條角治

    超音波テクノ   14 ( 1 )   51 - 54   2002年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Bioconversion of beta-estradiol 17-acetate in skin: distribution of hydrolytic activity in human and animal skin 査読有り

    Tomohiro HIKIMA,Kayoko YAMADA,Tohru KIMURA,Howard I. MAIBACH,Kakuji TOJO

    28th International Symposium on Controlled Release of Bioactive Materials   2001年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    San Deigo, USA   2001年06月23日  -  2001年06月27日

  • 経皮治療システム研究における皮膚モデル 査読有り

    引間知広,東條角治

    Drug Delivery System   16 ( 3 )   179 - 181   2001年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Metabolism of prednisolone 21-acetate in hairless mouse skin 査読有り

    Tomohiro Hikima,Yasuo Ohno,Howard I. Maibach

    Skin Pharmacology and Applied Skin Physiology   14 ( 4 )   203 - 209   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Distribution of hydrolytic activity catalyze the biotransformation of prednisolone 21-acetate in human skin 査読有り

    Tomohiro Hikima,Howard I. Maibach

    Skin Pharmacology and Applied Skin Physiology   14 ( 4 )   196 - 202   2001年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 薬物の皮膚透過および皮膚内代謝活性のヘアレスマウス系統による差異 査読有り

    引間知広,東條角治

    Drug Delivery System   15 ( 3 )   203 - 207   2000年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Effect of intensity and duration of ultrasound application on skin metabolism of prednisolone 21-acetate 査読有り

    Tomohiro Hikima,Kayoko Yamada,Kakuji Tojo

    The 25th International Symposium on Controlled Release of Bioactive Materials   1998年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    U.S.A.   1998年06月  -  1998年06月

  • Effect of ultrasound application on skin metabolism of prednsisolone 21-acetate 査読有り

    Tomohiro HIkima,Yoshiaki Hirai,Kakuji Tojo

    Pharmaceutical Research   15 ( 11 )   1680 - 1683   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Binding of prednisolone and its ester prodrugs in the skin 査読有り

    Tomohiro Hikima,Kakuji Tojo

    Pharmaceutical Research   14 ( 2 )   197 - 202   1997年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Effect of ultrasound application on skin metabolism and penetration of prednisolone acetate 査読有り

    Tomohiro Hikima,Yoshiaki Hirai,Kakuji Tojo

    AAPS Annual Meetings   1996年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    U.S.A.   1996年11月  -  1996年11月

  • Percutaneous absorption of drugs: Diffusion, binding and metabolism 査読有り

    Kakuji Tojo, Kayoko Yamada, Tomohiro Hikima

    3rd U.S.-Japan Symposium on Drug Delivery Systems   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • Topical delivery of prednisolone using prodrugs 査読有り

    Tomohiro Hikima,Kayoko Yamada,Kakuji Tojo

    The 22th International Symposium on Controlled Release of Bioactive Materials   1995年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    1995年07月30日  -  1995年07月30日

  • 結合と代謝をともなう薬物の皮膚吸収 査読有り

    引間知広,東條角治

    薬剤学   55   122 - 126   1995年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Diffusion and metabolism of prednisolone farnesylate in the stripped skin 査読有り

    Kakuji Tojo,Kayoko Yamada,Tomohiro Hikima

    Pharmaceutical Research   11 ( 3 )   393 - 397   1994年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Diffusion and metabolism of prednisolone farnesylate in the hairless mouse skin. 査読有り

    Tomohiro Hikima,Kayoko Yamada,Kakuji Tojo

    AAPS Annual Meetings   1993年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

    1993年11月  -  1993年11月

  • 薬物の皮膚代謝におよぼす透過促進剤の影響 査読有り

    引間知広,東條角治

    Drug Delivery System   8   291 - 295   1993年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 代謝をともなう薬物の皮膚透過 査読有り

    引間知広,山田佳世子,山下明泰,東條角治

    Drug Delivery System   7   453 - 457   1992年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

▼全件表示

著書

  • Combined use of iontophoresis and other physical methods

    Hikima T., Tojo K.(共著)

    Percutaneous Penetration Enhancers Physical Methods in Penetration Enhancement  2017年05月  ( ISBN:9783662532737

     詳細を見る

    記述言語:英語

    Scopus

  • MEMSを利用した薬物送達システムの開発事例

    引間知広(単著)

    株式会社技術情報協会  2013年03月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • 物理的促進法の最新技術概論

    引間知広,東條角治(共著)

    シーエムシー出版  2011年07月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • ホットメルト 材料および装置、製品の最新技術と使い方ノウハウ

    引間知広(単著 ,  範囲: 試料作成装置用途として)

    (株)技術情報協会  2011年01月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

口頭発表・ポスター発表等

  • 医療用マイクロニードルの研究

    川端一輝, 松島俊也, 水口凌, 伊藤高廣, 引間知広, 村上直, 松尾正昭, 田代康典, 原正哉, 椿浩忠

    2021年度精密工学会秋季大会学術講演会  精密工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月21日 - 2021年09月27日   記述言語:日本語  

  • 烏口型マイクロニードルのニードル本数による経皮薬物送達促進への影響に関する研究

    水口凌, 水野有希, 山田一也, 松島俊也, 田代康典, 松尾正昭, 伊藤高廣, 引間知広

    第37回日本DDS学会学術集会  日本DDS学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年06月29日 - 2021年06月30日   記述言語:日本語  

  • 油中ナノ粒子分散体による親水性高分子の皮膚透過促進メカニズムの解明

    袖本菜々美, 井上亜沙子, 佐藤宏晶, 引間知広

    第37回日本DDS学会学術集会  日本DDS学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年06月29日 - 2021年06月30日   記述言語:日本語  

  • A Phase I study to evaluate safety, tolerability and pharmacokinetics of high doses of camostat mesylate in healthy subjects provides a rationale to repurpose the TMPRSS2 inhibitor for the treatment of COVID-19

    Junsaku KITAGAWA, Hayato ARAI, Hiroyuki IIDA, Jiro MUKAI, Kenji FURUKAWA, Seitaro OHTSU, Susumu NAKADE, Tomohiro HIKIMA, Miwa HARANAKA, Naoto UEMURA

    ASCPT 2021 Annual Meeting  American Society for Clinical Pharmacology & Therapeutics

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月   記述言語:英語  

  • 医療用マイクロニードルの研究

    山田一也、松島俊也, 水野有希, 福田龍彌, 高澤香奈衣, 伊藤高廣, 引間知広, 村上直, 椿浩忠, 原正哉, 田代康典, 松尾正昭

    2020年度精密工学会秋季大会学術講演会  精密工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月01日 - 2020年09月07日   記述言語:日本語  

  • イオントフォレシスによる荷電性薬物の後眼部への送達促進

    武内宏樹, 江崎晴彦, 引間知広

    第36回日本DDS学会学術集会  日本DDS学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年08月28日 - 2020年08月29日   記述言語:日本語  

  • 医療用マイクロニードルアレイの研究 −新規形状の提案と評価 –

    松島俊也, 山田一也, 伊藤高廣, 引間知広, 福田龍彌, 水野有希, 村上直, 椿浩忠, 原正哉, 田代康典, 松尾正昭

    2019年度精密工学会秋季大会学術講演会  精密工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月04日 - 2019年09月06日   記述言語:日本語  

  • 新規形状のコーティング型マイクロニードルの開発

    水野有希, 福田龍彌, 原正哉, 田代康典, 松尾正昭, 伊藤高廣, 引間知広

    第35回日本DDS学会学術集会  日本DDS学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年07月04日 - 2019年07月05日   記述言語:日本語  

  • イオントフォレシスによる眼球内への高分子薬物送達における薬物分子量の影響

    江﨑晴彦, 井上茉莉, 、引間知広

    第35回日本DDS学会学術集会  日本DDS学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年07月04日 - 2019年07月05日   記述言語:日本語  

  • 医療用マイクロニードルアレイの研究

    山田一也, 花田大知, 伊藤高廣, 引間知広, 福田龍彌, 村上直, 椿浩忠, 原正哉, 田代康典, 松尾正昭

    2019年度精密工学会春季大会  精密工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月13日 - 2019年03月15日   記述言語:日本語  

  • 医療用マイクロニードルの作製

    花田大知,伊藤高廣,引間知広,福田龍彌,村上直,椿浩忠,原正哉,田代康典,松尾正昭

    2018年度精密工学会秋季大会  精密工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年09月05日 - 2018年09月07日   記述言語:日本語   開催地:函館アリーナ  

  • 薬物キャリアとしての生体由来エラスチン

    引間知広,坂井透麻,井上亜沙子,谷口卓,前田衣織

    第34回日本DDS学会学術集会  日本DDS学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月21日 - 2018年06月22日   記述言語:日本語   開催地:長崎ブリックホール  

  • 医療用マイクロニードルの作製

    花田 大知, 伊藤 高廣, 引間 知広, 村上 直, 椿 浩忠, 原 正哉, 黒木 潤二, 田代 康典, 松尾 正昭

    精密工学会学術講演会講演論文集 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月20日   記述言語:日本語  

    従来の注射に代えて、マイクロニードルアレイにより皮膚から薬剤を体内に入れ、誰でも、どこでも、いつでも、痛みなく投薬ができることを目指している。皮膚に開けた穴が塞がりにくくしたマイクロニードル形状とその製作方法を提案する。独自の窪み形状により皮膚の穴が塞がることを防ぐと同時に、薬剤の量を増やしている。精密金型と、射出成形による作製方法を考案した。また、動物実験によりその効果も評価した。

    CiNii Article

  • 疑似中空型マイクロニードルの作成並びに高分子薬物の経皮吸収促進

    高澤香奈衣,中村響,黒木潤二,原正哉,田代康典,伊藤高廣,引間知広

    第33回日本DDS学会学術集会  日本DDS学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月06日 - 2017年07月07日   記述言語:日本語   開催地:京都勧業館みやこめっせ  

  • エラスチン微粒子からの化合物放出挙動に対するpHの影響

    松下幹司,坂井透麻,前田衣織,引間知広

    第33回日本DDS学会学術集会  日本DDS学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年07月06日 - 2017年07月07日   記述言語:日本語   開催地:京都勧業館みやこめっせ  

  • 生体由来エラスチンの自己集合能及びその応用に関する研究

    坂井透麻,松下幹司,谷口卓,井上亜沙子,前田衣織,引間知広

    第23回日本生物工学会九州支部飯塚大会  日本生物工学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月03日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学  

  • 低周波超音波と直流パルス電流の併用による高分子化合物の経皮透過促進

    増田貴仁,引間知広

    第23回日本生物工学会九州支部飯塚大会  日本生物工学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月03日   記述言語:日本語   開催地:九州工業大学  

  • 経皮吸収型製剤における添加剤が及ぼす薬物皮膚透過パラメータへの影響

    高澤香奈衣,引間知広

    第32回日本DDS学会学術集会  日本DDS学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年06月30日 - 2016年07月01日   記述言語:日本語   開催地:静岡コンベンションアーツセンター  

  • 生体由来エラスチンの薬物キャリアとしての可能性に関する検討

    坂井透麻,引間知広

    第32回日本DDS学会学術集会  日本DDS学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年06月30日 - 2016年07月01日   記述言語:日本語   開催地:静岡コンベンションアーツセンター  

  • イオントフォレシスによる後眼部への高分子化合物の送達促進

    井上茉莉,引間知広

    第31回日本DDS学会  日本DDS学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年07月02日 - 2015年07月03日   記述言語:日本語   開催地:京王プラザホテル  

  • パルス直流電流イオントフォレシスを用いた高分子化合物の経皮送達促進

    増田貴仁,引間知広

    第31回日本DDS学会  日本DDS学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年07月02日 - 2015年07月03日   記述言語:日本語   開催地:京王プラザホテル  

  • エラスチン由来ペプチドのヒト3次元培養皮膚に対する効果

    井上亜沙子,引間知広,野瀬健,前田衣織

    第31回日本DDS学会  日本DDS学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年07月02日 - 2015年07月03日   記述言語:日本語   開催地:京王プラザホテル  

  • 後眼部への薬物送達促進

    井上茉莉,引間知広

    第21回日本生物工学会九州支部熊本大会  日本生物工学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月06日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学  

  • 電場による両性界面活性剤の皮膚透過促進

    松田洋輔,増田貴仁,引間知広

    第21回日本生物工学会九州支部熊本大会  日本生物工学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月06日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学  

  • 培養皮膚を用いた経皮吸収製剤の評価

    石井信弥,白尾嘉郎,引間知広

    第21回日本生物工学会九州支部熊本大会  日本生物工学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月06日   記述言語:日本語   開催地:熊本大学  

  • ジェミニ型両親媒性化合物による薬物の皮膚内貯留メカニズムの解明

    原田篤知,引間知広

    第30回日本DDS学会  日本DDS学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年07月30日 - 2014年07月31日   記述言語:日本語   開催地:慶應義塾大学薬学部芝共立キャンパス  

  • 経皮吸収型製剤のin vitro-in silico血中濃度予測法

    森大輔,釘宮健,原田篤知,引間知広

    第30回日本DDS学会  日本DDS学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年07月30日 - 2014年07月31日   記述言語:日本語   開催地:慶應義塾大学薬学部芝共立キャンパス  

  • 剤形の違いによる薬物皮膚透過挙動への影響

    釘宮健,引間知広

    第30回日本DDS学会  日本DDS学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年07月30日 - 2014年07月31日   記述言語:日本語   開催地:慶應義塾大学薬学部芝共立キャンパス  

  • In vitro動物皮膚透過データに基づいたヒト経皮吸収シミュレーション

    森大輔,釘宮健,原田篤知,引間知広

    日本薬剤学会第29年会  日本薬剤学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年05月20日 - 2014年05月22日   記述言語:日本語   開催地:大宮ソニックシティビル  

  • マイクロデバイスを用いた経皮治療システムの開発

    中島広嗣,吉田昂広,岡部英明,成瀬早矢加,東條角治,引間知広

    第20回日本生物工学会九州支部佐賀大会  日本生物工学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2013年12月07日   記述言語:日本語   開催地:佐賀大学  

  • 培養皮膚の経皮治療システムへの応用

    原田篤知,釘宮健,引間知広

    第20回日本生物工学会九州支部佐賀大会  日本生物工学会九州支部

     詳細を見る

    開催期間: 2013年12月07日   記述言語:日本語   開催地:佐賀大学  

  • Microneedle arrayによる皮膚透過促進とその予測

    引間知広,吉田昂広,岡部英明,伊藤高廣,東條角治

    日本DDS学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2012年07月04日 - 2012年07月05日   記述言語:日本語  

  • 皮膚透過促進に及ぼすMicroneedle Arrayの構造の影響

    情報科学専攻,岡部英明

    化学工学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月22日 - 2011年03月24日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 薬物の皮膚透過速度に及ぼす拡散方向の影響

    諸藤遼

    日本DDS学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年06月17日 - 2010年06月18日   記述言語:日本語   開催地:日本 大阪  

  • 皮膚透過促進法におけるLabCtye EPI-MODELのヒト代替皮膚モデルとしての有用性

    本人

    日本DDS学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年06月17日 - 2010年06月18日   記述言語:日本語   開催地:日本 大阪  

  • 新規ジェミニ型界面活性剤の皮膚透過促進剤としての作用機序

    本人

    日本薬剤学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年05月12日 - 2010年05月14日   記述言語:日本語   開催地:日本 徳島  

  • ヒト3次元培養表皮モデルLabCtye EPI-MODELを用いた薬物の皮膚透過性の評価

    日本医工学治療学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年04月   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • 超音波と電場による皮膚透過促進の相乗効果メカニズム

    本人

    日本DDS学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年06月   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • ヒト3次元培養表皮モデルLabCyte EPI-MODELを用いた薬物透過性の評価

    松尾恭平

    化学工学会第73年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年03月17日 - 2008年03月19日   記述言語:日本語   開催地:日本 浜松  

  • 超音波と電場を用いた薬物皮膚透過速度制御

    本人

    第23回日本DDS学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年06月14日 - 2007年06月15日   記述言語:日本語   開催地:日本 熊本  

  • ツロブテロール貼付薬の生物学的同等性の評価-皮膚透過性の観点から-

    東條角治

    第19回日本アレルギー学会春季臨床大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年06月10日   記述言語:日本語   開催地:日本 横浜  

  • 薬物皮膚透過促進における電場と超音波の相乗効果

    白水健太

    日本薬剤学会第22年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年05月   記述言語:日本語   開催地:日本 大宮  

  • 経皮吸収型ツロブテロール製剤の生物学的同等性評価-皮膚透過性の観点から-

    東條角治

    日本薬剤学会第22年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年05月   記述言語:日本語   開催地:日本 大宮  

  • マイクロダーマブレーションによる角質層剥離制御

    白神浩平

    日本薬剤学会第22年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年05月   記述言語:日本語   開催地:日本 大宮  

  • 生分解性埋め込み製剤の作成方法および剤型による放出挙動とそのメカニズム

    本田尚

    化学工学会第38回秋季大会, 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月16日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 電場と超音波を併用した薬物皮膚吸収促進

    白水健太

    化学工学会第38回秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月16日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 皮膚表層部での薬物貯留を目指した経皮投与のin-vitro実験での検討

    本人

    日本薬剤学会第20年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • マトリクス製剤中薬物の再結晶に及ぼすPVPの抑制作用とそのメカニズム

    化学工学会 第35回秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年09月20日   記述言語:日本語   開催地:日本 神戸  

  • 代謝を伴う薬物の経皮吸収におけるヒト代替皮膚を用いる臨床性能の予測

    古賀徹

    化学工学会 第35回秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年09月20日   記述言語:日本語   開催地:日本 神戸  

  • 経皮及び眼科薬物送達における電場の利用

    川上雅智

    化学工学会 第35回秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年09月20日   記述言語:日本語   開催地:日本 神戸  

  • イオン電気導入法による眼科薬物の角膜透過促進

    立川久

    化学工学会第67年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年03月27日 - 2002年03月29日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 皮膚内代謝機能を利用する薬物の皮膚吸収促進

    古賀徹

    化学工学会第67年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年03月27日 - 2002年03月29日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 生体リズムを考慮した経皮治療システム

    森大輔

    化学工学会第67年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年03月27日 - 2002年03月29日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • ポリ乳酸ロッドDDSからの生理活性物質の時間制御

    藤川佳子

    化学工学会第67年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年03月27日 - 2002年03月29日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • Synergistic enhancement in transdermal penetration of 17-β-estradiol by supersaturated dissolution and chemical enhancer

    汪晴

    化学工学会第67年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年03月27日 - 2002年03月29日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 生分解性埋め込みDDSにおける超音波による薬物放出時間制御

    高崎宏

    化学工学会第67年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年03月27日 - 2002年03月29日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • マイクロピーリングシステムを利用した薬物皮膚吸収速度の評価法

    藤本朋子

    化学工学会第67年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年03月27日 - 2002年03月29日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • コンビネーション型経皮吸収製剤における薬物相互作用

    宮城孝満

    化学工学会第67年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年03月27日 - 2002年03月29日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 新規マトリクス型エストラジオ-ル経皮吸収製剤の開発

    宮城孝満

    第17回日本DDS学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年07月12日 - 2001年07月13日   記述言語:日本語   開催地:日本 大阪  

  • 経皮吸収製剤の臨床性能予測法

    東條角治

    第17回日本DDS学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年07月12日 - 2001年07月13日   記述言語:日本語   開催地:日本 大阪  

  • 薬物の基剤中過飽和溶解による皮膚透過促進

    汪晴

    第17回日本DDS学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年07月12日 - 2001年07月13日   記述言語:日本語   開催地:日本 大阪  

  • 麻薬系鎮痛剤による痛みの時間治療システム

    森大輔

    化学工学会第66年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年04月02日 - 2001年04月04日   記述言語:日本語   開催地:日本 広島  

  • 代謝を伴う薬物の皮膚吸収モデル

    本人

    化学工学会第66年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年04月02日 - 2001年04月04日   記述言語:日本語   開催地:日本 広島  

  • Effect of ultrasound on rate of penetration and metabolism of drugs in the skin

    Tojo Kakuji

    The 2nd International Symposium on Sonodynamic Therapy 

     詳細を見る

    開催期間: 2001年03月30日   記述言語:英語   開催地:日本  

  • 2-Mercaptobenzimidazole(MBI)およびそのメチル誘導体のラット肝薬物代謝酵素系に及ぼす影響について

    宮島敦子,簾内桃子,引間知広,酒見和枝,津田充宥,大野泰雄

    第26回トキシコロジ−学会 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年07月   記述言語:日本語  

  • In vitroおよびIn vivo皮膚透過実験におけるモデル動物としてのヘアレスドッグの有用性

    引間知広,木村透,東條角治

    日本薬剤学会 第14年会 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年03月26日 - 1999年03月28日   記述言語:日本語  

  • ジフェニルのラットおよびBDF1マウスでの代謝(1)

    紅林秀雄,小澤正吾,宮島敦子,簾内桃子,韓晶,引間知広,酒見和枝,津田充宥,大野泰雄

    第115回 日本薬学会年会 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年03月31日 - 1998年04月02日   記述言語:日本語  

  • 皮膚内代謝におよぼす超音波照射の影響

    引間知広,東條角治

    第12回 DDS学会 

     詳細を見る

    開催期間: 1996年07月07日 - 1996年07月08日   記述言語:英語  

  • 埋め込み型シリコーンロッドからの薬物制御放出

    古川芳子,平井良明,引間知広,東條角治

    第12回 日本薬学会九州支部大会 

     詳細を見る

    開催期間: 1995年12月02日 - 1995年12月03日   記述言語:日本語  

  • 代謝と結合をともなうプレドニゾロンエステルの皮膚吸収

    引間知広,東條角治

    日本薬剤学会 第11年会 

     詳細を見る

    開催期間: 1995年09月11日 - 1995年09月13日   記述言語:日本語   開催地:神戸国際会議場  

  • プレドニゾロンエステルの皮膚内結合性:皮下組織への薬物送達

    引間知広,東條角治

    第11回 DDS 学会 

     詳細を見る

    開催期間: 1995年07月06日 - 1995年07月07日   記述言語:日本語   開催地:広島国際会議場  

  • Transdermal estradiol delivery by prodrug bioconversion

    Kayoko Yamada, Tomohiro Hikima, Akihiro Yamashita, Kakuji Tojo

    The Seventh Symposium on Chemical Engineering Kyushu-Taejon/ Chungnam 

     詳細を見る

    開催期間: 1994年12月15日 - 1994年12月16日   記述言語:英語  

  • 代謝と結合をともなう薬物の皮膚透過

    引間知広,山田佳世子,東條角治

    第11回日本薬学会九州支部大会 

     詳細を見る

    開催期間: 1994年11月26日 - 1994年11月27日   記述言語:日本語   開催地:長崎大学  

  • 薬物の経皮吸収における超音波の透過促進効果

    平井良明,引間知広,山下明泰,東條角治

    第27回化学工学会秋季大会 

     詳細を見る

    開催期間: 1994年09月27日 - 1994年09月29日   記述言語:日本語   開催地:中部大学  

  • 結合をともなう薬物の皮膚吸収

    畠山直久,引間知広,山下明泰,東條角治

    日本膜学会 第16年会 

     詳細を見る

    開催期間: 1994年05月18日 - 1994年05月19日   記述言語:日本語   開催地:早稲田大学  

  • 代謝をともなうエストラジオールエステルの皮膚吸収

    山田佳世子,引間知広,東條角治

    日本膜学会 第16年会 

     詳細を見る

    開催期間: 1994年05月18日 - 1994年05月19日   記述言語:日本語   開催地:早稲田大学  

  • ファルネシル酸の皮膚透過および皮膚内結合

    引間知広,畠山直久,東條角治

    第10回 日本薬学会九州支部大会 

     詳細を見る

    開催期間: 1993年11月27日 - 1993年11月28日   記述言語:日本語   開催地:九州大学  

  • エストラジオールエステルの皮膚内代謝速度分布

    山田佳世子,引間知広,東條角治

    第10回 日本薬学会九州支部大会 

     詳細を見る

    開催期間: 1993年11月27日 - 1993年11月28日   記述言語:日本語   開催地:九州大学  

  • 透過促進剤の皮膚代謝におよぼす影響

    引間知広,東條角治

    日本薬学会 第113年会 

     詳細を見る

    開催期間: 1993年03月29日 - 1993年03月31日   記述言語:日本語   開催地:大阪工業大学  

  • 代謝反応をともなう薬物の皮膚吸収:拡散モデルによる理論的考察

    山田佳世子,引間知広,山下明泰,東條角治

    第9回 日本薬学会九州支部大会 

     詳細を見る

    開催期間: 1992年11月28日 - 1992年11月29日   記述言語:日本語   開催地:第一薬科大学  

  • Viable skin 内代謝と結合をともなう薬物の皮膚吸収:in vitro 実験

    引間知広,東條角治

    第9回 日本薬学会九州支部大会 

     詳細を見る

    開催期間: 1992年11月28日 - 1992年11月29日   記述言語:日本語   開催地:第一薬科大学  

  • 経皮薬物送達システムと物質移動

    東條角治,引間知広,山田佳世子,山下明泰

    化学工学会東海支部浜松大会 

     詳細を見る

    開催期間: 1992年11月21日 - 1992年11月22日   記述言語:日本語   開催地:静岡大学  

  • 代謝をともなう薬物の皮膚透過

    引間知広,山田佳世子,山下明泰,東條角治

    日本薬剤学会第8年会 

     詳細を見る

    開催期間: 1992年09月24日 - 1992年09月26日   記述言語:日本語   開催地:広島国際会議場  

  • Computer simulation of transdermal drug delivery

    K.Tojo, A.Yamashita, T.Hikima, Y.W. Chien

    International Symposia on Information Sciences 

     詳細を見る

    開催期間: 1992年07月13日 - 1992年07月15日   記述言語:英語  

  • 薬物皮膚透過の温度依存性

    引間知広,大鳥聡,山下明泰,東條角治

    日本薬学会第112年会 

     詳細を見る

    開催期間: 1992年03月29日 - 1992年03月31日   記述言語:日本語   開催地:福岡サンパレス  

  • 薬物皮膚透過におよぼす温度の影響 -In vitro実験による評価-

    山下明泰,引間知広,大鳥聡,東條角治

    第6回 経皮吸収型製剤シンポジウム 

     詳細を見る

    開催期間: 1992年02月25日   記述言語:日本語   開催地:東京全日空ホテル  

▼全件表示

工業所有権

  • マイクロニードルアレイ

    中利明,松尾正昭,田代康典,原正哉,伊藤高廣,引間知広

     詳細を見る

    出願番号:2021-14454  出願日:2021年02月01日

    公開番号:2022-117769  公開日:2022年08月12日

  • マイクロニードルアレイ

    中利明,松尾正昭,田代康典,原正哉,黒木潤二,伊藤高廣,引間知広

     詳細を見る

    出願番号:2017-249120  出願日:2017年12月26日

    登録番号:特許6375435  登録日:2018年07月27日

  • マイクロニードルアレイ

    中利明,松尾正昭,田代康典,原正哉,黒木潤二,伊藤高廣,引間知広

     詳細を見る

    出願番号:2017-088392  出願日:2017年04月17日

    登録番号:特許6261795  登録日:2017年12月22日

  • マイクロニードルアレイ

    原正哉,黒木潤二,谷口史樹,小寺啓二,中利明,東島敦弘,松尾正昭,田代康典,伊藤高廣,引間知広,高田正人

     詳細を見る

    出願番号:2016-112572  出願日:2016年07月04日

    登録番号:特許第6608336号 

  • 経皮吸収素材、並びに、経皮吸収式化粧品、及び、経皮吸収式薬剤

    前田衣織,引間知広,野瀬健

     詳細を見る

    出願番号:特願2015-25675  出願日:2015年02月12日

    登録番号:6736036  登録日:2016年08月16日

  • 透過促進剤

    山本政嗣,山脇幸男,田村幸永,引間知広

     詳細を見る

    出願番号:特願2010-111118  出願日:2010年05月13日

    公開番号:特開2011-236179  公開日:2011年11月24日

    登録番号:特開2011-236179  登録日:2011年11月24日

▼全件表示

講演

  • MEMS/射出成型/切削機械加工などの種々の微細加工技術によるものづくりについて−マイクロニードル/デバイスの実用化に向けて−

    令和元年度メディショナルナノテク研究会  2019年10月 

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:招待講演  

  • 九工大マイクロニードル研究の進捗について

    令和元年度メディショナルナノテク研究会  2019年10月 

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:招待講演  

  • 皮膚内送達&次世代経皮治療システムに向けて

    平成30年度「メディショナルナノテク研究会」  2018年07月  メディショナルナノテク研究会

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:九州工業大学  

  • 次世代経皮治療システムの開発

    平成29年度「メディショナルナノテク研究会」第1回例会  2017年07月  メディショナルナノテク研究会

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:広島市立大学  

  • 化粧品分野への経皮治療システム研究の応用

    第3回JCC産学交流セミナー  2017年03月  ジャパンコスメティックセンター

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:唐津  

  • 経皮吸収製剤のin silico薬物動態評価

    第29回日本実験動物代替法学会  2016年11月 

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:招待講演  

  • 経皮治療システム研究への再生培養皮膚応用の試み

    日本DDS学会  2005年07月  日本DDS学会

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:長崎  

  • 薬物の皮膚内代謝:実験動物とヒトとの相関

    経皮治療システムシンポジウム  2003年01月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:福岡  

  • 経皮治療システム研究における皮膚モデル

    シンポジウム:ヒト細胞培養法による最新の治療システム  1998年05月 

     詳細を見る

    講演種別:基調講演  

  • 経皮治療システムの最近の進歩

    第5回経皮治療システムシンポジウム  1998年01月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

  • 薬物の皮膚代謝と結合

    第4回経皮治療システムシンポジウム  1997年01月 

     詳細を見る

    講演種別:招待講演  

▼全件表示

科研費獲得実績

  • 烏口型マイクロニードルと物理的透過促進法による薬物皮膚透過速度制御システムの研究

    研究課題番号:22K12846  2022年04月 - 2024年03月   基盤研究(C)

受託研究・共同研究実施実績

  • ジアシルグルタミン酸リシンNa塩を含む新規ジェミニ型界面活性剤の皮膚への浸透性及び浸透促進剤としての機能に関する研究

    2009年06月 - 2012年05月

     詳細を見る

    研究区分:受託研究

  • 培養皮膚の経皮治療システム研究への応用

    2006年11月 - 現在

     詳細を見る

    研究区分:受託研究

その他競争的資金獲得実績

  • 非溶解型美容用マイクロニードルの実用化

    2022年08月 - 2023年03月

    令和4年度研究開発プロジェクト支援事業(実用化研究開発事業)  

  • 穿刺性を薬剤供給量に優れ、安価かつ手軽に使用出来る新型マイクロニードルシステムの開発

    2021年05月 - 2022年03月

    2021年度/A-STEP 令和2年度追加公募(トライアウトタイプ)標準  

  • 大容量薬剤コーティング型マイクロニードルの医療用途としての優位性の検証と実用化可能なアプリケータの開発と性能把握

    2020年04月 - 2021年02月

    新成長戦略推進研究開発事業(実用化研究開発事業)  

  • 大容量コーティング型医療用マイクロニードルアレイ製造、穿刺技術の確立と薬剤効果の検証

    2019年04月 - 2020年02月

    新成長戦略推進研究開発事業(実用化研究開発事業)  

  • 新型医療用マイクロニードルの実用化開発

    2018年04月 - 2019年03月

    公益財団法人金型技術振興財団助成金  

  • 医療用マイクロニードルの開発

    2015年04月 - 2016年03月

    北九州市環境未来技術開発助成事業  

  • 皮膚内送達を目指した新規ペプチド粒子の合成

    2014年06月 - 2015年03月

    部局長裁量経費による研究グループ支援  

  • 医療用マイクロニードルの開発

    2014年04月 - 2015年03月

    北九州市環境未来技術開発助成事業  

  • 皮膚内送達を目指した新規ペプチド粒子の合成

    2013年06月 - 2014年03月

    部局長裁量経費による研究グループ支援  

  • 医療用マイクロニードルの実用化開発

    2013年04月 - 2014年03月

    医療・保健・介護分野製品開発事業  

  • 皮膚内送達を目指した新規ペプチド粒子の合成

    2012年06月 - 2013年03月

    部局長裁量経費による研究グループ支援  

▼全件表示

その他研究活動

  • 研究成果の展示会への出展

    2018年08月

     詳細を見る

    イノベーションジャパン2018への出店

  • 研究成果の展示会への出展

    2015年06月

     詳細を見る

    CITE Japan 2015への出展

担当授業科目(学内)

  • 2021年度   医用工学特論

  • 2021年度   医用情報工学

  • 2021年度   生命化学情報工学実験Ⅰ

  • 2021年度   生物物理情報実験

  • 2021年度   化学Ⅱ

  • 2021年度   化学Ⅰ

  • 2020年度   医用工学特論

  • 2020年度   医用情報工学

  • 2020年度   生命化学情報工学実験Ⅰ

  • 2020年度   生物物理情報実験

  • 2020年度   化学Ⅱ

  • 2020年度   化学Ⅰ

  • 2019年度   医用工学特論

  • 2019年度   ライフサイエンス実験

  • 2019年度   医用工学

  • 2019年度   化学Ⅱ

  • 2019年度   化学Ⅰ

  • 2018年度   化学Ⅰ

  • 2018年度   医用工学

  • 2018年度   生物化学工学

  • 2018年度   ライフサイエンス実験

  • 2018年度   医用工学特論

  • 2017年度   ライフサイエンス実験

  • 2017年度   生物化学工学

  • 2017年度   医用工学

  • 2017年度   医用工学特論

  • 2016年度   医用工学特論

  • 2016年度   ライフサイエンス実験

  • 2016年度   生物化学工学

  • 2016年度   医用工学

  • 2015年度   医用工学

  • 2015年度   医用工学特論

  • 2014年度   医用工学

  • 2014年度   科学技術英語Ⅰ

  • 2014年度   ライフサイエンス実験Ⅰ

  • 2014年度   バイオテクノロジー実験Ⅱ

  • 2014年度   専門概要

  • 2013年度   生物化学工学

  • 2012年度   生物化学工学

▼全件表示

担当経験のある授業科目(学外)

  • 地球圏科学特別講義C

    2022年09月 - 2023年03月   機関名:福岡大学

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

  • 地球圏科学特別講義C

    2021年09月 - 2022年03月   機関名:福岡大学

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

  • 地球圏科学特別講義C

    2020年09月 - 2021年03月   機関名:福岡大学

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

  • 地球圏科学特別講義C

    2019年09月 - 2020年03月   機関名:福岡大学

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

FD活動への参加

  • 2022年07月   研修会参加

その他教育活動

  • 非常勤講師

    2009年04月
    -
    2009年10月

     詳細を見る

    近畿大学付属高等学校看護科において生化学の講義を担当

  • 非常勤講師

    2008年04月
    -
    2008年10月

     詳細を見る

    近畿大学付属高等学校看護科において生化学の講義を担当

  • 非常勤講師

    2007年04月
    -
    2007年10月

     詳細を見る

    近畿大学付属高等学校看護科において生化学の講義を担当

学会・委員会等活動

  • 日本薬剤学会   投稿論文審査委員  

    2018年04月 - 現在

社会貢献活動(講演会・出前講義等)

  • 九州工業大学オープンキャンパス公開講義

    2014年07月19日 - 2014年07月20日

     詳細を見る

    種別:施設一般公開

  • 経皮吸収研究の基礎 薬物の膜透過について

    2014年04月21日

     詳細を見る

    種別:その他

  • 九州工業大学情報技術セミナー

    2010年08月23日 - 2010年08月27日

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    講師:東條角治,引間知広
    主催者:九州工業大学
    役割:講師
    会場:九州工業大学情報工学部