荒木 俊輔 (アラキ シュンスケ)

ARAKI Shunsuke

写真a

職名

准教授

研究室住所

福岡県飯塚市川津680-4

研究分野・キーワード

暗号、情報セキュリティ、擬似乱数生成

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0948-29-7654

研究室FAX

0948-29-7651

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1996年03月   九州工業大学   情報工学部   電子情報工学科   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2000年03月  九州工業大学  情報工学研究科  情報システム  博士課程・博士後期課程  中退  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州工業大学 -  博士  2003年03月

  • 九州工業大学 -  修士  1998年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   情報・通信工学研究系   准教授  

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   情報創成工学研究系   准教授  

  • 2008年04月
    -
    2018年09月

    九州工業大学   大学院情報工学研究院   情報創成工学研究系   助教  

  • 2007年04月
    -
    2008年03月

    九州工業大学   情報工学研究科   助教  

  • 2006年06月
    -
    2007年03月

    九州工業大学   情報工学研究科   助手  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    継続中
     

    電子情報通信学会  日本国

  • 2012年08月
    -
    継続中
     

    一般社団法人日本応用数理学会  日本国

  • 2008年04月
    -
    継続中
     

    情報処理学会  日本国

  • 2003年04月
    -
    2019年03月
     

    地理情報システム学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 情報セキュリティ

  • 暗号系

  • 暗号・セキュリティ

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 制御ネットワークにおける情報セキュリティ技術に関する研究

    制御ネットワーク, IoTネットワーク, デジタル署名, ハッシュ関数, 準同型暗号  

    研究期間: 2016年04月  -  継続中

  • ブロックチェーンにおいてプライバシーやスケーラビリティに関する研究

    ブロックチェーン, プライバシー, スケーラビリティ, デジタル署名, 公開鍵暗号  

    研究期間: 2017年04月  -  継続中

  • 有限精度のカオス写像を用いた擬似乱数生成に関する研究

    擬似乱数, カオス, ロジスティック写像, テント写像  

    研究期間: 2005年01月  -  継続中

     概要を見る

    出力系列がカオス的な振る舞いを示すロジスティック写像やテント写像などを用いた疑似乱数生成器の設計に関する研究

  • 様々な機能を実現するデジタル署名に関する研究

    デジタル署名  

    研究期間: 1996年04月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • 整数上のロジスティック写像におけるビット毎の出現確率に関する考察

    荒木俊輔, 宮崎武, 上原聡, 硴崎賢一

    日本応用数理学会論文誌    25 ( 3 ) 191 - 206   2015年09月  [査読有り]

  • Relations between Evaluations of NIST Tests and Lyapunov Exponents of Sequences Generated by the Piecewise Logistic Map over Integers

    Eguchi S., Miyazaki T., Araki S., Uehara S., Nogami Y.

    2019 9th International Workshop on Signal Design and its Applications in Communications, IWSDA 2019      2019年10月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2019 IEEE. In this paper, we focus on binary sequences obtained from piecewise logistic map over integers, and show the relation between the Lyapunov exponents of the maps and results of the NIST tests for the sequences. When the Lyapunov exponent is a negative value, we confirm that the branch diagram is sparse and the bit occurrence rate is also greatly biased. We also give a sample of that the positive/negative signs of the Lyapunov exponents mostly coincide on the evaluations of the NIST tests. From the branching diagram of the piecewise logistic map, we can moreover find that there are many good pseudorandom sequences generated by the individual control parameters of the map.

    DOI Scopus

  • Properties of Knuth's Quadratic Congruential Sequences with Modulus m = 2<sup>W</sup> p

    Miyazaki T., Araki S., Kawase K., Uehara S., Nogami Y.

    2019 9th International Workshop on Signal Design and its Applications in Communications, IWSDA 2019      2019年10月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2019 IEEE. In this paper, we give some important characteristics of Knuth's quadratic congruential sequences with a particular modulus as a pseudorandom number generator. For modulus m = 2W p where p is an odd prime, we derive some periodic relations of the sequence by using analysis results shown by Iwasaki and Umeno for their one-stroke polynomial. Accordingly, we have theoretical analysis for randomness of these sequences and evaluate pseudorandom number outputs by these sequences by the NIST statistical tests.

    DOI Scopus

  • FPGA implementation of ECDSA for Blockchain

    Tachibana S., Araki S., Kajihara S., Azuchi S., Nakajo Y., Shoda H.

    2019 IEEE International Conference on Consumer Electronics - Taiwan, ICCE-TW 2019      2019年05月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2019 IEEE. In this paper, we address Field Programmable Gate Array (FPGA) implementation of the Elliptic Curve Digital Signature Algorithm(ECDSA), which is suitable for cryptocurrencies in blockchain. Although the ECDSA requires high computational efforts, utilization of a specific logic circuit allows us quick and easy computation. In this paper, we give implementation results of the ECDSA on an FPGA, and mention the superiority of FPGA implementation by comparing its simulation result with that of software based computation using a CPU.

    DOI Scopus

  • A Study on Computational Methods of the Logistic Map over Integers for a Pseudorandom Number Generator

    Shunsuke Araki, Hideyuki Muraoka, Takeru Miyazaki, Satoshi Uehara, Ken'ichi Kakizaki

    Proc. of 2018 International Symposium on Information Theory and its Applications      486 - 489   2018年10月  [査読有り]

    Singapore  2018年10月  -  2018年10月

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 利用目的による系列の周期探索アルゴリズム選択

    宮崎武,荒木俊輔,上原聡

    火の国情報シンポジウム2020  (九州工業大学飯塚キャンパス)  2020年03月  -  2020年03月    情報処理学会九州支部

  • 整数上のロジスティック写像における制御変数の定義域の変化に対する出力値系列の類似性に関する一考察

    小薗元,荒木俊輔,宮崎武,上原聡,硴崎賢一

    火の国情報シンポジウム2020  (九州工業大学飯塚キャンパス)  2020年03月  -  2020年03月    情報処理学会九州支部

  • 整数上のピースワイズ・ロジスティック写像の区分数に関する一考察

    江口颯太,宮崎武,荒木俊輔,上原聡,野上保之

    火の国情報シンポジウム2020  (九州工業大学飯塚キャンパス)  2020年03月  -  2020年03月    情報処理学会九州支部

  • 整数上のピースワイズロジスティック写像における区分数と生成系列の乱数性

    江口颯太,宮崎武,荒木俊輔,上原聡,野上保之

    第42回情報理論とその応用シンポジウム  (鹿児島県霧島市霧島国際ホテル)  2019年11月  -  2019年11月    第42回情報理論とその応用シンポジウム実行委員会

  • 小型デバイスへ実装可能なXorshift乱数生成器の改良に関する一考察

    川瀬航平,宮崎武,荒木俊輔,上原聡,野上保之

    第42回情報理論とその応用シンポジウム  (鹿児島県霧島市霧島国際ホテル)  2019年11月  -  2019年11月    第42回情報理論とその応用シンポジウム実行委員会

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 擬似乱数生成装置及び擬似乱数生成プログラム

    特願 2016-238902  特開 2018-97438  特許 6678958  日本国

    奥富英俊, 荒木俊輔, 宮崎武, 上原聡

講演 【 表示 / 非表示

  • ブロックチェーン技術の基礎

    日本技術士会九州本部令和元年度第1回CPD ( 福岡県福岡市、福岡商工会議所 )  2019年05月25日  公益社団法人日本技術士会

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 2017 3rd IEEE International Conference on Computer Communications Excellent Presentation

    2017年12月16日   2017 3rd IEEE International Conference on Computer Communications   日本国

    受賞者:  Akiyoshi Tashiro, Hideyuki Muraoka, Shunsuke Araki, Ken'ichi Kakizaki, Satoshi Uehara

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 三次元景観表示用航空写真に対する画像圧縮形式と電子透かしに関する研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2006年04月  -  2009年03月

    研究課題番号:  18700093

海外研究歴 【 表示 / 非表示

  • 整数上のロジスティック写像を用いた擬似乱数生成器に関する情報理論的側面からの考察

    メルボルン大学  オーストラリア  研究期間:  2014年09月06日  -  2014年12月05日

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度  ネットワークセキュリティ

  • 2019年度  チームソフトウエアプロセス演習 II

  • 2019年度  チームソフトウエアプロセス演習 I

  • 2019年度  パーソナルソフトウエアプロセス品質演習

  • 2019年度  情報通信工学実験Ⅰ

全件表示 >>

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • enPit2-BasicSecCapの取りまとめ教員

    2019年04月
    -
    継続中

     概要を見る

    enPiT2におけるセキュリティ分野BasicSecCapにおける学部内とりまとめ

  • enPit-SecCapの取りまとめ教員

    2017年04月
    -
    継続中

     概要を見る

    enPiTにおけるセキュリティ分野SecCapにおける学部内とりまとめ

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2016年06月
    -
    2020年06月

    電子情報通信学会   英文論文誌A編集委員会編集委員

  • 2017年12月
    -
    2020年03月

    電子情報通信学会   第42回情報理論とその応用シンポジウム(2019年)総務担当

  • 2019年04月
    -
    継続中

    情報処理学会   九州支部幹事

  • 2019年10月
    -
    継続中

    電子情報通信学会   編集委員: 英文論文誌IWSDA小特集

  • 2019年04月
    -
    2020年03月

    情報処理学会   2020年火の国情報シンポジウム実行委員長

社会貢献活動(講演会・出前講義等) 【 表示 / 非表示

  • オープンキャンパス

    2020年06月
     
     

     概要を見る

    オンラインオープンキャンパスにおける、研究紹介動画

  • 飯塚市立内野小学校プログラミング講義・演習

    2018年04月
    -
    2019年03月

     概要を見る

    スクラッチとRaspberry Piを用いた、プログラミング講義・演習(2018年度3回実施、各回120分)

  • 飯塚市立内野小学校プログラミング講義・演習

    2017年04月
    -
    2018年03月

     概要を見る

    スクラッチとRaspberry Piを用いた、プログラミング講義・演習(2017年度5回実施、各回120分)

 

国際会議の開催 【 表示 / 非表示

  • The 8th International Workshop on Signal Design and its Applications in Communications

    2017年09月24日  -  2017年09月28日  IEEE, 電子情報通信学会