春山 哲也 (ハルヤマ テツヤ)

HARUYAMA Tetsuya

写真a

職名

教授

研究室住所

福岡県北九州市若松区ひびきの2-4

研究分野・キーワード

ホームページ

http://www.life.kyutech.ac.jp/~haruyama/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学 -  博士(工学)  1993年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院生命体工学研究科   生体機能応用工学専攻   教授  

  • 2013年10月
    -
    継続中

    九州工業大学   イノベーション推進機構   副機構長  

  • 2013年05月
    -
    継続中

    九州工業大学   教育研究評議会   評議員(重点研究プロジェクト担当)  

  • 2010年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   研究戦略検討会   議長  

  • 2007年04月
    -
    2018年03月

    九州工業大学   先端エコフィッテイング技術研究開発センター   センター長  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    2020年03月

    日本学術振興会   国際事業委員会   教授   日本国

  • 2007年04月
    -
    継続中

    物質材料研究機構   リサーチアドバイザー   日本国

  • 2002年04月
    -
    継続中

    英国クランフィールド大学   客員教授(Visiting Professor)   グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国)

  • 2002年04月
    -
    2007年03月

    国立環境研究所   客員研究員(研究プロジェクト推進担当)   日本国

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    継続中
     

    米国電気化学会  アメリカ合衆国

  • 2003年04月
    -
    継続中
     

    日本化学会  日本国

  • 2003年04月
    -
    継続中
     

    電気化学会  日本国

  • 2002年04月
    -
    継続中
     

    社団法人未踏科学技術協会  日本国

  • 2002年04月
    -
    2004年03月
     

    産業学術振興施策検討委員会  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物電子工学

  • 分子界面科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Contribution of discharge excited atomic N, N2*, and N2+ to a plasma/liquid interfacial reaction as suggested by quantitative analysis.

    Tatsuya Sakakura, Naoya Murakami, Yoshiyuki Takatsuji, Masayuki Morimoto, Tetsuya Haruyama

    ChemPhysChem    20   1467 - 1474   2019年09月  [査読有り]

    DOI

  • Highly Selective Methane Production Through Electrochemical CO<inf>2</inf> reduction by Electrolytically Plated Cu-Co Electrode

    Takatsuji Y., Nakata I., Morimoto M., Sakakura T., Yamasaki R., Haruyama T.

    Electrocatalysis    10 ( 1 ) 29 - 34   2019年01月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2018, Springer Science+Business Media, LLC, part of Springer Nature. Among the electrode materials used for electrolytic CO2 reduction, only Cu shows a special function of producing not only carbon monoxide (CO), but also hydrocarbons from CO2. We found that, in electrolytic CO2 reduction using an electrolytically plated Cu-Co electrode, a hydrocarbon product with high faradaic efficiency (FE) could be obtained with low-FE CO. The plated electrodes have a Co solid solution on the Cu surface. The non-localized Co changes the adsorption energy of the reaction intermediate in CO2 reduction. Consequently, by increasing the Co content in Cu, HCOOH can be selectively produced. Further, in electrolytic CO2 reduction with an applied potential of − 1.19 V vs. reversible hydrogen electrode (RHE), the selectivity of methane (CH4) production improved, while the selectivity of ethylene (C2H4) formation lowered. In the reduction using the plated electrode containing 14% Co, the FE of CH4 production reached the highest at 47.7%. These results suggested that mixing Co in Cu promotes the hydrogenation of CH2* to CH3* and inhibits the dimerization of CH2* species. Furthermore, this research on plated electrodes is useful for the development of catalytic electrodes for electrolytic CO2 reduction. [Figure not available: see fulltext.]

    DOI Scopus

  • Experimental and Theoretical Elucidation of Electrochemical CO <inf>2</inf> Reduction on an Electrodeposited Cu <inf>3</inf> Sn Alloy

    Morimoto M., Takatsuji Y., Iikubo S., Kawano S., Sakakura T., Haruyama T.

    Journal of Physical Chemistry C      2019年01月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2019 American Chemical Society. The reaction selectivity of an electrode catalyst can be modulated by regulating its crystal structure, and the modified electrode may show different CO 2 reduction selectivity from that of its constituent metal. In this study, we investigated the mechanisms of the electrochemical CO 2 reduction on an electrodeposited Cu 3 Sn alloy by experimental and theoretical analyses. The electrodeposited Cu 3 Sn alloy electrode showed selectivity for CO production at all the applied potentials, and HCOOH production increased with an increase in the applied potential. In particular, hydrocarbon generation was well suppressed on Cu 3 Sn(002). To understand this selectivity change in electrochemical CO 2 reduction, we conducted density functional theory calculations for the reaction on the Cu 3 Sn(002) surface. According to the theoretical analysis, the Cu sites in Cu 3 Sn(002) contributed more to the stabilization of H, COOH, and CO∗ as compared with the Sn sites. Furthermore, the results indicated that Cu 3 Sn(002) decreased the surface coverage of reaction intermediates such as H, COOH, and CO. We believe that these effects promoted CO∗ desorption while suppressing H 2 generation, CO∗ protonation, and C-C bond formation. The results also suggested that the surface Sn concentration significantly affected the reaction selectivity for HCOOH production from CO 2 .

    DOI Scopus

  • Visualization of catalytic edge reactivity in electrochemical CO<inf>2</inf> reduction on porous Zn electrode

    Morimoto M., Takatsuji Y., Hirata K., Fukuma T., Ohno T., Sakakura T., Haruyama T.

    Electrochimica Acta    290   255 - 261   2018年11月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2018 Elsevier Ltd In the study, the catalytic edge reactivity on porous Zn electrode has successfully visualized through the electrochemical CO2 reduction to CO. It is well known that the activity of a CO2 reduction reaction catalyst depend on the type of material and surface nano-structure. Consequently, numerous researchers are interested in the relation between the catalyst activity and surface conditions such as morphology, oxidation state, and crystal orientation. However, it is difficult to explain the mechanisms of catalytic CO2 reduction and visualize the catalytic activity. Our results demonstrate, that this strategy not only improved the selective CO production, but also helped visualize the catalytic reactivity on the edge site via open-loop electric potential microscopy (OL-EPM). The obtained OL-EPM image strongly suggests that the edge site of porous Zn acts as an efficient reactive site in the CO2 electrochemical reduction reaction.

    DOI Scopus

  • Green Surface Cleaning in a Radical Vapor Reactor to Remove Organic Fouling on a Substrate

    2. Ryota Yamasaki, Yoshiyuki Takatsuji, Masayuki Morimoto, Tatsuya Sakakura, Keishi Matsuo, Tetsuya Haruyama

    Electrochemistry      ACCCEPTED in 2018.8.7   2018年10月  [査読有り]

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 細胞・生体分子の固定化と機能発現

    高辻義行、春山哲也 ( 共著 , 担当範囲: 第4章「電気化学反応や自己組織化による分子固定化技術と応用:ペプチドからタンパク質分子まで」の全文 )

    シーエムシー出版  2018年04月 ISBN: 978-4-7813-1326-9

  • Encyclopedia of Physical Organic Chemistry

    Tetsuya Haruyama ( その他 , 担当範囲: Chapter Author: Vol.3, Chapter 37 )

    Wiley  2017年06月 ISBN: 978-1-118-47045-9

     概要を見る

    Encyclopedia of Physical Organic Chemistry (Ed. By W. Zerong)に於けるChaptor Author. Chaptor Title: Molecular Functionalization of Interfaces between Different Phases from the Standpoint of Functional-Interface Engineering

  • バイオセンサの先端科学技術と新製品への応用開発

    春山哲也(分担) ( 共著 )

    技術情報協会  2014年04月

  • これからの技術と需要をつなぐものエコノミー & エコロジー from エコフィッティング(九工大 世界トップ技術 Vol.3)

    春山哲也(編、著)ほか ( 共著 , 担当範囲: 編集委員長および著者を務めた。 )

    西日本新聞社  2012年03月

  • 環境・エネルギー材料 ハンドブック

    春山哲也 ( 共著 )

    オーム社  2011年02月

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 金属担持を制御した炭素電極によるCO2電解還元

    高辻義行、川野明日香、森本将行、春山哲也

    電気化学会第83回大会  2016年03月  -  2016年03月   

  • Radical Vapor Reactorで発生させた活性酸素による殺菌効果

    石川祥子、見寄暢宏、春山哲也

    電気化学会第83回大会  2016年03月  -  2016年03月   

  • 微小Ag担持した炭素電極によるCO2電解還元

    森本将行、高辻義行、春山哲也

    電気化学会第83回大会  2016年03月  -  2016年03月   

  • Cu担持制御した炭素電極によるCO2電解還元

    川野明日香、高辻義行、森本将行、春山哲也

    電気化学会第83回大会  2016年03月  -  2016年03月   

  • 空気と水を使った1段階でのアンモニア合成

    浪瀬貴充、上村進太郎、下清水直哉、春山哲也

    日本化学工学会 第81年会  2016年03月  -  2016年03月   

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 金属担持材料、金属担持材料,金属担持材料の製造方法及び触媒の製造方法

    特願 2014-115035  日本国

    春山哲也、高辻義行

  • 有用タンパク質の高発現方法

    特願 特願2010-257410  日本国

    池野慎也、春山哲也

  • 粒子の電気化学的固定化法

    特願 '2006-304671  日本国

    春山哲也、坂元博昭

  • 化学反応触媒担体を用いたリン酸結合類の測定方法

    特願 '2004-188609  特許 4755097  日本国

    春山哲也

  • 生体分子固定化およびその利用

    特願 '2003-207081  特許 '4300325  日本国

    春山哲也

全件表示 >>

講演 【 表示 / 非表示

  • 分子相の搖動設計による分子界面の高機能化

    第24回シンテリジェント材料/システムシンポジウム   2015年01月19日 

  • 分子界面のナノ構造制御とその電気化学的応用

    電気化学会第81回大会 ( 関西大学 )  2013年03月30日  電気化学会

  • Designed interface and designed cell for cellular biosensing

    第14回国際化学センサ会議 ( Nuremberg, Germany )  2012年05月21日  IMCS

  • Living cell based qualified analysis; Cellular biosensing as through-put analysis (HTA)

    第7回細胞工学研究会 ( 物質材料研究機構 MANA )  2012年03月02日  物質材料研究機構 MANA 生体機能材料ユニット

  • Cultured cell based biosensor for qualified analysis as high through-put analysis (HTA)

    International Symposium on Olfaction and Electronic Nose (ISOEN 2011) ( Rockefeller University, New York City, USA )  2011年05月02日  ISOEN

全件表示 >>

報道関係 【 表示 / 非表示

  • 生物系物質を一括検出~九工大、センサーを開発

    日経産業新聞  2007年07月27日

    春山哲也

  • 新しい人工酵素センサー

    日経  2005年02月28日

    春山哲也

  • 「ナノテク便り」

    日刊産業新聞  2005年02月28日

    春山哲也

  • リサーチフラッシュ

    日経ナノビジネス  2005年02月14日

    春山哲也

  • 画期的な人工酵素バイオセンサー

    日経ナノビジネス  2005年02月14日

    春山哲也

全件表示 >>

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 液滴表面の自己組織化分子層のAFMその場観察の実現

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2014年04月  -  2016年03月

    研究課題番号:  26600005

受託研究・共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • オゾン応用製品技術(ラジカルベーパーリアクター及びプラズマベイパーリアクターの研究開発

    共同研究

    研究期間:  2014年04月  -  2020年03月

  • オゾン処理プロセスによる細胞接着・非接着パターン化基板作製法の開発

    共同研究

    研究期間:  2009年07月  -  2014年03月

  • 新規バイオセンサ検出原理の開発

    共同研究

    研究期間:  2005年04月  -  2011年03月

  • 新規バイオセンサのための分子認識機構の開発

    共同研究

    研究期間:  2004年12月  -  2007年03月

  • ウイルス感染検査システムの開発

    共同研究

    研究期間:  2004年08月  -  2005年03月

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 空気と水をアンモニアに転換する常温常圧1段階プロセス

    提供機関:  経済産業省 

    研究期間:  2016年01月  -  継続中

  • CO2の資源化を実現するナノ構造を制御した光触媒電極の構築

    提供機関:  文部科学省 

    研究期間:  2013年10月  -  2018年03月

  • 細胞バイオセンシングへのケモメトリクスの適用による薬剤機能解析HTAの実現

    提供機関:  文部科学省 

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 若手研究者育成(ステージチェンジ)のリーディング教授としての活動

    2014年04月
    -
    継続中
     

     概要を見る

    先端エコフィッティング技術研究開発センターにおいて平成26年度からセンター長およびセンター活動参画教授のうち研究力にすぐれた3教授により「若手研究者のステージチェンジを目的としたユニット内、ユニット間コラボレーション形成」を推進している。小職も「リーディング教授」として、3名の若手准教授に対してコラボレーション課題を提示し、その全ての共同研究発足に成功。若手3研究者が新研究領域へステージチェンジすることを成功させつつある。引き続き小職自身が若手3研究者とそれぞれ研究推進しており、研究成果(論文等)の創出も近いと考えている。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度  生物物理化学

  • 2018年度  界面機能工学

  • 2017年度  生物物理化学

  • 2016年度  生物物理化学

  • 2016年度  界面機能工学

全件表示 >>

 

社会貢献活動(講演会・出前講義等) 【 表示 / 非表示

  • 先端エコフィッティング技術研究開発センターワークショップ

    2014年10月
     
     
  • 先端エコフィッティング技術研究開発センターワークショップ

    2013年10月
     
     
  • 九工大シンポジウム(先端エコフィッティング技術研究開発センター)

    2012年03月
     
     
  • 先端エコフィッティング技術研究開発センターワークショップ

    2011年10月
     
     
  • 先端エコフィッティング技術研究開発センターワークショップ

    2010年10月
     
     

全件表示 >>

 

PR 【 表示 / 非表示

  • (企業向けPR)


    春山研究室(界面機能工学分野)では、独自のアプローチで様々な界面機能の創成目指す研究と大学院教育に取り組んでいます。
    「CO2資源化を実現する触媒表面形成」「超低コストで実現するラジカル化学反応プロセス」「革新的エネルギー物質生産(水素ほか)」「超高感度・超高再現性のバイオセンサ」など、様々な「界面機能工学」研究成果に基づく応用技術を創出しています!


    〈界面機能工学への取り組み〉 
     物理的あるいは化学的な情報やエネルギーを、情報あるいはエネルギーとして取り出す、あるいはエネルギーを入力して物質を変換する。それは、2相以上から構成されるヘテロ界面反応であり、界面が律速になるヘテロジニアス反応系です。春山研究室では、界面の機能を創り、各相および界面の律速を理解する基礎研究と、それを社会へ役立てるための開発研究とを並行的に進めることをミッションとして、日々研究に励んでいます。
    春山はこの分野、すなわち「分子界面化学」のディシプリンを形成しようと研究を推進し、同時にその技術を擁する「分子界面工学」を確立しようとしています。
    春山研究室で推進中の研究課題や研究室活動などを春山研究室ホームページでは「主な研究の内容」で紹介しています!ご覧ください!
    http://www.life.kyutech.ac.jp/~haruyama/

  • (学生向けPR)

    春山研究室(界面機能工学分野)では、独自のアプローチで様々な界面機能の創成目指す研究と大学院教育に取り組んでいます。
    「CO2資源化を実現する触媒表面形成」「超低コストで実現するラジカル化学反応プロセス」「革新的エネルギー物質生産(水素ほか)」「超高感度・超高再現性のバイオセンサ」など、様々な「界面機能工学」研究成果に基づく応用技術を創出しています!

    〈界面機能工学への取り組み〉 
     物理的あるいは化学的な情報やエネルギーを、情報あるいはエネルギーとして取り出す、あるいはエネルギーを入力して物質を変換する。それは、2相以上から構成されるヘテロ界面反応であり、界面が律速になるヘテロジニアス反応系です。春山研究室では、界面の機能を創り、各相および界面の律速を理解する基礎研究と、それを社会へ役立てるための開発研究とを並行的に進めることをミッションとして、日々研究に励んでいます。
    春山はこの分野、すなわち「分子界面化学」のディシプリンを形成しようと研究を推進し、同時にその技術を擁する「分子界面工学」を確立しようとしています。
    春山研究室で推進中の研究課題や研究室活動などを春山研究室ホームページでは「主な研究の内容」で紹介しています!ご覧ください!
    http://www.life.kyutech.ac.jp/~haruyama/