2022/08/09 更新

写真a

タカシマ カズト
髙嶋 一登
TAKASHIMA Kazuto
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 8

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院生命体工学研究科 生体機能応用工学専攻
職名
准教授
メールアドレス
メールアドレス
外部リンク

研究キーワード

  • 人と接するロボット

  • コンピュータ支援外科

  • 医療機器の力学試験

  • 人工筋肉

  • バイオトライボロジー

  • スマートソフトマテリアル

  • 触覚センサ

  • 低侵襲手術

研究分野

  • 情報通信 / 機械力学、メカトロニクス

  • 情報通信 / ロボティクス、知能機械システム

  • ライフサイエンス / 生体材料学

  • ライフサイエンス / 生体医工学

出身学校

  • 1997年03月   京都大学   工学部   機械工学科   卒業   日本国

出身大学院

  • 2006年03月   京都大学   工学研究科   機械工学専攻   博士課程・博士後期課程   修了   日本国

取得学位

  • 京都大学  -  博士(工学)   2006年03月

学内職務経歴

  • 2014年04月 - 現在   九州工業大学   大学院生命体工学研究科   生体機能応用工学専攻     准教授

  • 2010年08月 - 2014年03月   九州工業大学   大学院生命体工学研究科   生体機能専攻     准教授

学外略歴

  • 2010年09月 - 2015年03月   理化学研究所基幹研究所   客員研究員   日本国

  • 2008年04月 - 2010年07月   理化学研究所基幹研究所   研究員   日本国

  • 2006年04月 - 2008年03月   理化学研究所(フロンティア研究システム)   研究員   日本国

  • 2006年04月 - 2007年03月   藤田保健衛生大学短期大学臨床工学技術専攻科   客員講師   日本国

  • 2005年04月 - 2006年03月   日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員   日本国

  • 1999年04月 - 2003年09月   松下電器産業株式会社   社員   日本国

▼全件表示

所属学会・委員会

  • 2013年06月 - 現在   計測自動制御学会   日本国

  • 2009年01月 - 現在   IEEE   アメリカ合衆国

  • 2007年06月 - 現在   日本ロボット学会   日本国

  • 2005年01月 - 現在   日本生体医工学会   日本国

  • 2004年08月 - 現在   日本機械学会   日本国

  • 2013年10月 - 現在   次世代3Dプリンティング研究会   日本国

▼全件表示

研究経歴

  • 低侵襲手術のための医療機器(触覚センサ,手術シミュレータ,手術支援ロボット)の開発

    医療・福祉,触覚センサ,手術シミュレータ,低侵襲手術,バーチャルリアリティ,センサ

    研究期間: 2003年11月  -  現在

  • スマートマテリアル(有機強誘電体,形状記憶ポリマー)のロボットへの応用

    Shape-memory polymer, Shape fixity, Shape recovery, Glass transition temperature

    研究期間: 2006年04月  -  現在

  • 生体組織,細胞の力学的現象の解明

    Endothelial Cell, Cellular Biomechanics, Confocal Laser Scanning Microscope, Biomechanics, Image Processing

    研究期間: 2010年08月  -  現在

論文

  • Fabrication, characterization and modelling of the fabric electrode-based highly stretchable capacitive strain sensor 査読有り 国際誌

    Singh N.K., Takashima K., Pandey S.S.

    Materials Today Communications   32   104095 (10pp)   2022年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Highly stretchable and capacitance-based strain sensors were fabricated utilizing highly stretchable silicone elastomer as dielectric film sandwiched between the conducting and stretchable cloth-based top and bottom electrodes. Electromechanical characterizations for the proposed sensor after multiple and reversible loading and unloading cycles up to 150% applied strain were conducted followed by the modelling of the sensing performance. It has been shown that the sensor exhibits reproducible electromechanical performance under multiple reversible stretching and relaxation cycles. There was a very small deviation (< 10%) in the observed values of the capacitance upon the applied strain of 150% up to the 1000 loading and unloading cycles. Tensile measurement for the sensor under various applied strains, not only exhibits almost constant force indicating negligible Mullins effect and negligible time-dependent changes at a fixed strain up to 100% suggesting that viscoelastic losses can also be neglected. From uniaxial tensile experiments, constitutive model of the dielectric elastomer sensor was validated. For the fitting of the experimental data obtained from the uniaxial tensile measurement, a variety of strain energy formulations have been compared for predicting the constitutive behaviour of sensor using the Mooney– Rivlin, Neo-Hookean, Yeoh and Ogden models, where 2nd term of the Ogden model was found to explain the experimental tensile data most accurately. To explain some observed losses at 150% of applied strain, the Prony series-based time dependent model was used for predicting stress at any value of time and it was found that experimental data was well fit with 4th order of Prony series.

    DOI: 10.1016/j.mtcomm.2022.104095

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85135119451&origin=inward

  • Variable-stiffness and deformable link using shape-memory material and jamming transition phenomenon 査読有り 国際誌

    K. Takashima, T. Imazawa, H. Cho

    Journal of Robotics and Mechatronics   34 ( 2 )   466 - 477   2022年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.20965/jrm.2022.p0466

  • Multipoint detection of structural deformation of pulsating 3D heart model using flexible organic piezoelectric-sensor array 査読有り 国際誌

    Y. Nagayama, Y. Kondo, Y. Koshiba, S. Horike, K. Takashima, K. Ishida

    Japanese Journal of Applied Physics   61   SE1014 (11pp)   2022年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.35848/1347-4065/ac5a04

    Kyutacar

  • Evaluation of effect of aneurysm model material on coil contact force and catheter movement 査読有り 国際誌

    OISHI Takuya, TAKASHIMA Kazuto, YOSHINAKA Kiyoshi, YU Kaihong, OHTA Makoto, MORI Koji, TOMA Naoki

    Journal of Biomechanical Science and Engineering ( 一般社団法人 日本機械学会 )   17 ( 1 )   Article ID: 21-00261 (10pp)   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    To ensure safe coil embolization for cerebral aneurysms, it is important to investigate the contact force between a coil and an aneurysm wall. Therefore, in our previous study, we developed an experimental system for measuring the contact force between a coil and an aneurysm biomodel. However, because the aneurysm model was made of silicone rubber, its physical properties, such as the friction coefficient, differed from those of aneurysms #Iin vivo#IR. Therefore, in this study, we made an aneurysm model using poly (vinyl alcohol) hydrogel (PVA-H) and evaluated the effect of the model material on the contact force. In addition, we acquired images during the experiment and evaluated the behavior of the coil and catheter and the relationship between the catheter movement and the contact force. A commercially available coil was inserted through a catheter into two types of aneurysm models (silicone rubber and PVA-H), and the effects of the model material and the catheter tip position (near dome, at the center, and near neck) were evaluated. The contact force and the total movement of the catheter tip for the PVA-H model were smaller than those for the silicone rubber model. The contact force (total catheter movement) was greater (smaller) when the catheter tip was inserted deeper into the silicone rubber model. These results suggest that the state of contact between the aneurysm and the coil affects the contact force and the catheter movement and that these two values are related.

    DOI: 10.1299/jbse.21-00261

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130008085995

  • Characterization of variable-sensitivity force sensor using stiffness change of shape-memory polymer based on temperature 査読有り 国際誌

    K. Takashima, J. Kobuchi, N. Kamamichi, K. Takagi, T. Mukai

    ROBOMECH Journal   8   Article:24 (15pp)   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1186/s40648-021-00210-8

    Kyutacar

  • Relationship between contact force and catheter movement in aneurysm model 査読有り 国際誌

    T. Oishi, K. Takashima, K. Yoshinaka, K. Yu, M. Ohta, K. Mori, N. Toma

    Eighteenth International Conference on Flow Dynamics (ICFD2021)   420 - 422   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Sendai   2021年10月27日  -  2021年10月29日

  • Parametric study of device insertion simulator for endovascular treatment 査読有り 国際誌

    H. Ota, K. Takashima, Y. Haga, M. Ohta, C. Dai, M. Shojima

    Eighteenth International Conference on Flow Dynamics (ICFD2021)   417 - 419   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Sendai   2021年10月27日  -  2021年10月29日

  • Surface shape changeable tactile sensor using shape-memory polymer 査読有り

    K. Takashima, R. Miyazaki, T. Mukai

    Proceedings of SICE Annual Conference 2021   1166 - 1171   2021年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Tokyo   2021年09月08日  -  2021年09月10日

  • Characteristics of pneumatic artificial rubber muscle using two shape-memory polymer sheets 査読有り 国際誌

    K. Takashima, D. Iwamoto, S. Oshiro, T. Noritsugu, T. Mukai

    Journal of Robotics and Mechatronics   33 ( 3 )   653 - 664   2021年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.20965/jrm.2021.p0653

  • Fatigue life prediction of electroactive polymer strain sensor 査読有り 国際誌

    N. K. Singh, K. Takashima, S. Pandey

    Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering   11587   2021年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1117/12.2584521

  • Evaluation of Contact Force between Aneurysm Model and Coil for Embolization of Intracranial Aneurysms 査読有り 国際誌

    Takashima Kazuto, Ikeda Yuta, Yoshinaka Kiyoshi, Ohta Makoto, Mori Koji, Toma Naoki

    Journal of Neuroendovascular Therapy ( 特定非営利活動法人 日本脳神経血管内治療学会 )   15 ( 4 )   233 - 239   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    #BObjective:#BR To ensure safe coil embolization for intracranial aneurysms, it is important to investigate the contact force between the coil and the aneurysm wall. However, it is unclear how the catheter tip position and the diameter of the secondary loop of the coil influence the contact force. In this study, we measured the contact force between a coil and an aneurysm biomodel under different conditions.
    #BMethods:#BR A commercially available coil was inserted through a microcatheter into a silicone rubber aneurysm model at a constant speed (1 mm/s) using an automatic stage, and the contact force between the coil and the aneurysm wall was measured by a force sensor attached on the aneurysm model. The inner diameter of the spherical aneurysm was 5 mm. The effects of varying the position of the catheter tip (near dome, center, near neck) and the diameter of the secondary coil (4.5 mm) were evaluated.
    #BResults:#BR When the catheter tip was inserted more deeply into the aneurysm (especially near the dome), the contact force increased. The contact force also increased as the secondary coil diameter was increased with the catheter tip near and in the center of the dome.
    #BConclusion:#BR These results suggest that the catheter tip position and the secondary coil diameter affect the contact force. In particular, the contact force should be considered large with the catheter tip near the dome to ensure safe coil deployment.

    DOI: 10.5797/jnet.oa.2020-0069

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007949975

  • 形状記憶ポリマーを用いた剛性と感度を可変のロボットアーム 招待有り 査読有り

    高嶋 一登

    計測と制御 ( 公益社団法人 計測自動制御学会 )   59 ( 11 )   847 - 851   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    DOI: 10.11499/sicejl.59.847

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007941366

  • Improved method of estimating the contact force acting on an endovascular treatment device using image processing 査読有り 国際誌

    T. Onishi, K. Takashima

    Seventeenth International Conference on Flow Dynamics (ICFD2020)   306 - 307   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Sendai   2020年10月28日  -  2020年10月30日

  • Development of a stereo dip-coating system for fabrication of tube-shaped blood vessel models 査読有り 国際誌

    Y. Shimizu, S. Tupin, C. Kiyomitsu, K. Kitamura, K. Takashima, M. Ohta

    Scientific Reports   10   Article number: 6929 (10 pages)   2020年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1038/s41598-020-63718-w

  • Dielectric elastomer based stretchable textile sensor for capturing motion 査読有り

    Singh N.K., Takashima K., Shibata T.

    Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering   11375   2020年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    © 2020 SPIE. This paper presents the fabrication, electromechanical modelling and testing of a highly stretchable textile-dielectric elastomer capacitive sensor for capturing motion. The proposed sensor is made of conductive fabric as electrode and ultra-Thin dielectric elastomer film as dielectric. This type of capacitive sensor exhibits high linearity and sensitivity as compare to available commercial sensors. By using basic calibration technique integrated with microelectronics, such sensors can easily capture motion and can also be paired with a mobile application, which is capable of visualizing the recorded 3D movement in real time domain, has the potential to be used in wearables.

    DOI: 10.1117/12.2565743

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85085581633&origin=inward

  • Development of catheter-type tactile sensor composed of polyvinylidene fluoride (PVDF) film 査読有り 国際誌

    K. Takashima, K. Ota, M. Yamamoto, M. Takenaka, S. Horie, K. Ishida

    ROBOMECH Journal   6   Article:19 (11pp)   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1186/s40648-019-0147-9

    Kyutacar

  • A rigid multibody model to study the translational motion of guidewires based on their mechanical properties 査読有り

    Sharei H., Kieft J., Takashima K., Hayashida N., Van Den Dobbelsteen J.J., Dankelman J.

    Journal of Computational and Nonlinear Dynamics   14 ( 10 )   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    During percutaneous coronary interventions (PCI), a guidewire is used as an initial way of accessing a specific vasculature. There are varieties of guidewires on the market and choosing an appropriate one for each case is critical for a safe and successful intervention. The main objective of this study is to predict the behavior of the guidewire and its performance in a vasculature prior to the procedure. Therefore, we evaluate the effectiveness of different mechanical properties of the guidewire on its behavior. A twodimensional (2D) model has been developed in which a guidewire is considered as a set of small rigid segments connected to each other by revolute joints. These joints have two degrees-of-freedom to allow rotation. Linear torsional springs and dampers are applied in each joint to account for the elastic properties of the guidewire; the elastic properties have been measured for two commercially available guidewires (Hi-Torque Balance Middleweight Universal II - Abbot and Amplatz Super Stiff - Boston Scientific) and these are used in the model. Only translational motion has been applied to the guidewires and the effect of bending stiffness of the guidewire and also friction between guidewire and vasculature on its behavior are investigated. The results are validated with actual movement of the guidewires in a simple phantom model. Behavior of a guidewire in a vasculature was predicted using the developed model. The results of both simulation and experiment show that the behavior of a guidewire is influenced by its mechanical properties and by the friction between the guidewire and vasculature. This study is the first step to develop a complete model, which can predict the behavior of a guidewire inside the vasculature. We compared the tip trajectory for two commercial guidewires in one vasculature geometry. In future, this kind of knowledge might support not only the interventionist in choosing the best suitable guidewire for a procedure but also the designer to optimize new instrument to have the desired behavior.

    DOI: 10.1115/1.4043618

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85107464106&origin=inward

  • Fundamental study on the estimation of the contact force acting on an endovascular treatment device using image processing 査読有り

    K. Takashima, T. Sasaki

    6th International Conference on Computational and Mathematical Biomedical Engineering   469 - 472   2019年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Sendai   2019年06月10日  -  2019年06月12日

  • 形状記憶ポリマーを用いた触覚センサのロボットアームへの応用 査読有り

    長田拡,高嶋一登,向井利春

    計測自動制御学会論文集 ( 公益社団法人 計測自動制御学会 )   55 ( 1 )   25 - 34   2019年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p>Tactile sensors typically have elastic covers for reducing the impact of objects that make contact with the sensor. However, elastic covers decrease the spatial resolution of the sensor because of their low-pass spatial filtering characteristics, which vary based on the stiffness of each cover. Therefore, we propose a tactile sensor that uses shape-memory polymer (SMP) with stiffness that varies based on temperature. SMPs can be deformed above their glass transition temperature (<i>T</i><sub>g</sub>) upon application of a small load. The reversible change in the elastic modulus between the glassy and rubbery states of an SMP can be on the order of several hundred-fold. These characteristics can be exploited to alter the spatial resolution and the rigidity of the sensor surface by adjusting the temperature of the SMP. In this study, a prototype sensor was fabricated using an SMP sheet with embedded electrical heating wires, and its fundamental performance was evaluated. The experimental results of a preliminary proof-of-concept investigation conducted using the prototype confirm the feasibility of the proposed sensor. Moreover, using a 4×4 array of pressure sensors, it was possible to distinguish the shape of the object placed on the sensor above and below <i>T</i><sub>g</sub>. The center of pressure applied on the prototype sensor could be measured by a developed program. In addition, we evaluated the control of the position of an object on the robot arm utilizing the prototype sensor attached on the arm. We could hold the constant position of the object on the sensor, although it took a longer time to stabilize the object above <i>T</i><sub>g</sub> because of the deformation of the SMP.</p>

    DOI: 10.9746/sicetr.55.25

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/sicetr/55/1/55_25/_pdf

  • Perspective of Development for PVA-H Custom-made Blood Vessel Models 招待有り 査読有り

    Y. Shimizu, S. Tupin, K. Yu, R. Nagano, C. Kiyomitsu, H. Yoshida, T. Matsunaga, J. Kuzusako, N. Kihara, K. Takashima, Y. Haga, M. Ohta

    Fifteenth International Conference on Flow Dynamics (ICFD2018)   624 - 625   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Sendai   2018年11月07日  -  2018年11月09日

  • Evaluation of error and sensitivity for force sensor using shape-memory polymer 査読有り

    K. Takashima, R. Onoda, T. Mukai

    Proceedings of SICE Annual Conference 2018   1433 - 1438   2018年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Nara   2018年09月11日  -  2018年09月14日

    DOI: 10.23919/SICE.2018.8492564

  • バイオエンジニアリング部門:「脳神経血管内治療に関する 医工学連携研究会(A-TS02-16)」の紹介 招待有り

    太田信,高嶋一登

    日本機械学会誌 ( 日本機械学会 )   121 ( 1197 )   28 - 29   2018年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

    DOI: 10.1299/jsmemag.121.1197_28

  • 血管内治療デバイス留置過程の定量的分析

    高嶋一登

    日本機械学会誌 ( 日本機械学会 )   121 ( 1197 )   31 - 31   2018年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

    DOI: 10.1299/jsmemag.121.1197_31

  • Evaluation of the effect of catheter on the guidewire motion in a blood vessel model by physical and numerical simulations 査読有り

    TAKASHIMA Kazuto, OIKE Atomu, YOSHINAKA Kiyoshi, YU Kaihong, OHTA Makoto, MORI Koji, TOMA Naoki

    Journal of Biomechanical Science and Engineering   12 ( 4 )   Article ID: 17-00181 (13pp)   2017年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Various catheter simulators using a computer or blood vessel biomodels have been developed for training of medical students and young physicians. Moreover, we have developed a system to simulate a guidewire in blood vessels that uses both numerical analysis and experimental observation for the quantitative analysis of treatment technique, surgical planning, intra-operative assistance, and to facilitate the design of new guidewires. However, not limited to our group, there is a lack of studies evaluating the motions of both the guidewire and catheter and their interaction in a blood vessel. Therefore, in the present study, we modified our computer-based system and experimental apparatus to evaluate the catheter motion and compared both results. First, we added a mechanism to the experimental apparatus to move and evaluate the catheter in a poly (vinyl alcohol) hydrogel blood vessel model. Second, we added a new catheter model to the calculation. We subsequently evaluated the behaviors of the medical devices (the guidewire and the catheter) by measuring the three-dimensional position and the contact force between the medical devices and the vessel wall. Comparison of the calculation and experimental results showed that the trajectories and the contact forces of both the experimental and numerically analyzed medical devices had the same tendencies. By considering the flexibility of the catheter in both the experimental and numerical analysis methods, we could reproduce the phenomena seen in clinical situations, such as movement of the catheter during the insertion or removal of the guidewire, and movement of the guidewire during the insertion of the catheter.

    DOI: 10.1299/jbse.17-00181

  • A study of the relationship between the microcatheter shape and stability by numerical simulation 査読有り

    N. Toma, K. Mori, K. Takashima, T. Sano, Y. Umeda, H. Suzuki, T. Saito

    Journal of Neuroendovascular Therapy ( 特定非営利活動法人 日本脳神経血管内治療学会 )   11 ( 7 )   333 - 340   2017年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    <p><b>Objective:</b> The stability of the microcatheter is important in safe coil deployment. However, quantitative information regarding the relationship between the microcatheter shape and stability is limited. We investigated deformation characteristics of the microcatheter by applying loads to the tip of a placed microcatheter using numerical analysis.</p><p><b>Materials and Methods:</b> Microcatheter models were prepared by connecting cylindrical rigid segments with coil springs. Four types of models with shapes mimicking parts of a blood vessel and three types of models with shapes that come into contact with the vascular wall on the opposite side of the aneurysm were prepared.</p><p><b>Results:</b> When the distance between the tip of the microcatheter and the position of its contact with the vascular wall exceeded 12 mm, the suppressive effect on displacement of the microcatheter tip was markedly reduced. When this distance was less than 6 mm, the microcatheter shape exerted a greater effect on the stability than the distance.</p><p><b>Conclusion:</b> These results suggest that not only the position of contact of the microcatheter with the vascular wall but also the shape of the microcatheter near the aneurysm plays an important role in securing the stability.</p>

    DOI: 10.5797/jnet.oa.2016-0094

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jnet/11/7/11_oa.2016-0094/_pdf

  • Force sensor utilizing stiffness change of shape-memory polymer based on temperature 査読有り 国際誌

    K. Takashima, H. Kamizono, M. Takenaka, T. Mukai

    ROBOMECH Journal   4   Article:17 (8pp)   2017年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1186/s40648-017-0086-2

    Kyutacar

  • 圧電ポリマーを用いた携帯式薄板型センサによる表面形状測定 査読有り

    竹中慎,高嶋一登

    日本ロボット学会誌 ( 一般社団法人 日本ロボット学会 )   34 ( 9 )   640 - 651   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    For the quality-check process of manufacturing, skilled workers often use their sense of touch for inspections. However, this method is non-quantitative and depends on the experience of the workers. Therefore, a measurement device that can acquire quantitative surface profile data more easily than existing equipment is required. In our previous study, we prototyped a cantilever structured thin plate tactile sensor, with an attached piezoelectric polymer film as a strain detector, and showed that this sensor can evaluate uneven surface profiles. However, these measurements were performed by moving the tactile sensor with an automatic linear stage. To make the measurement tasks at an actual work site easier, an operator must be able to choose any target surface and evaluate that surface without troublesome settings and jigs. Therefore, in this study, we prototyped a portable, manually operated tactile sensor system comprising two thin plate tactile sensors. We showed that this prototype sensor system can estimate the amount of sensor movement during measurements by calculating the time lag between two sensor signals. Using the estimated amount of movement, this sensor system can evaluate uneven surface profiles easily and quickly.

    DOI: 10.7210/jrsj.34.640

    CiNii Article

    CiNii Research

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jrsj/34/9/34_34_640/_pdf

  • Portable tactile sensor system for evaluating uneven surfaces 査読有り

    M. Takenaka, K. Takashima

    The 8th Asian-Pacific Conference on Biomechanics (AP Biomech 2015)   352 - 352   2015年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Sapporo   2015年09月16日  -  2015年09月19日

  • 圧電ポリマーを用いた薄板型触覚センサの検討-凹凸面評価に関する基礎検討- 査読有り

    竹中慎,平見健一,高嶋一登

    日本ロボット学会誌   32 ( 10 )   903 - 913   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.7210/jrsj.32.903

  • Numerical analysis and experimental observation of guidewire motion in a blood vessel model 査読有り

    K. Takashima, S. Tsuzuki, A. Ooike, K. Yoshinaka, K. Yu, M. Ohta, K. Mori

    Medical Engineering and Physics   36   1672 - 1683   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/j.medengphy.2014.09.012

    Scopus

  • Pneumatic artificial rubber muscle using shape-memory polymer sheet with embedded electrical heating wire 査読有り

    K. Takashima, K. Sugitani, N. Morimoto, S. Sakaguchi, T. Noritsugu, T. Mukai

    Smart Materials and Structures   23 ( 12 )   125005 (9pp)   2014年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1088/0964-1726/23/12/125005

    Scopus

  • Thermal response of novel shape memory polymer-shape memory alloy hybrids 査読有り

    J. Rossiter, K. Takashima, T. Mukai

    Proceedings of SPIE: Behavior and Mechanics of Multifunctional Materials and Composites   9058   8 pages   2014年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   San Diego   2014年03月09日  -  2014年03月13日

    DOI: 10.1117/12.2045175

    Scopus

  • Shape memory polymer hexachiral auxetic structures with tunable stiffness 査読有り

    J. Rossiter, K. Takashima, F. Scarpa, P. Walters, T. Mukai

    Smart Materials and Structures   23 ( 4 )   045007 (11pp)   2014年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1088/0964-1726/23/4/045007

    Scopus

  • 触覚センサを用いた生体触診の技術動向 招待有り 査読有り

    高嶋一登

    トライボロジスト ( 日本トライボロジー学会 )   58 ( 4 )   269 - 274   2013年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

    DOI: 10.18914/tribologist.58.04_269

  • Fundamental study on medical tactile sensor composed of organic ferroelectrics 査読有り

    K. Takashima, S. Horie, M. Takenaka, T. Mukai, K. Ishida, Y. Ueda

    Fifth International Conference on Emerging Trends in Engineering and Technology (ICETET-12)   132 - 136   2012年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Himeji   2012年11月05日  -  2012年11月07日

    DOI: 10.1109/ICETET.2012.13

    Scopus

  • Measurement of the piezoelectric properties of vinylidene fluoride oligomer using pneumatic pressure for tactile sensors 査読有り

    K. Takashima, S. Horie, M. Takenaka, T. Mukai, K. Ishida, Y. Ueda

    Journal of Solid Mechanics and Materials Engineering   6 ( 10 )   975 - 988   2012年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

  • 基質伸展下の内皮細胞底面における変位場の微視的解析 査読有り

    高嶋一登,山田宏

    日本バイオレオロジー学会誌   26 ( 3 )   109 - 112   2012年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    CiNii Article

  • Shape memory properties of ionic polymer-metal composites 査読有り

    J. Rossiter, K. Takashima, T. Mukai

    Smart Materials and Structures   21 ( 11 )   1 - 7   2012年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1088/0964-1726/21/11/112002

    Scopus

  • 医療・介護ロボット分野における有機センサの可能性―触覚センサを中心として―

    高嶋一登,堀江聡,石田謙司,上田裕清,竹中慎,向井利春

    応用物理学会 有機分子・バイオエレクトロニクス分科会会誌 ( 応用物理学会 有機分子・バイオエレクトロニクス分科会 )   23 ( 3 )   169 - 174   2012年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • Curved type pneumatic artificial rubber muscle using shape-memory polymer 査読有り

    K. Takashima, T. Noritsugu, J. Rossiter, S. Guo, T. Mukai

    Journal of Robotics and Mechatronics   24 ( 3 )   472 - 479   2012年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 有機強誘電体触覚センサを用いた生体内触診の数値解析—血管の特性のセンサ出力への影響— 査読有り

    高嶋一登,竹中慎,向井利春

    日本ロボット学会誌   30 ( 2 )   195 - 204   2012年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Design of a deployable structure with shape memory polymers 査読有り

    J. Rossiter, F. Scarpa, K. Takashima, P. Walters

    SPIE Smart Structures/NDE 2012   7 pages (8342-32)   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   San Diego   2012年03月11日  -  2012年03月15日

    DOI: 10.1117/12.915476

    Scopus

  • Enhanced IPMC actuation by thermal cycling 査読有り

    J. Rossiter, K. Takashima, T. Mukai

    SPIE Smart Structures/NDE 2012   7 pages (8340-91)   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   San Diego   2012年03月11日  -  2012年03月15日

    DOI: 10.1117/12.915473

    Scopus

  • フレキシブル有機メモリ・センサの研究開発

    石田謙司, 堀江聡, 上田裕清, 高嶋一登

    月刊ディスプレイ ( テクノタイムズ社 )   18 ( 2 )   31 - 36   2012年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • Development of curved type pneumatic artificial rubber muscle using shape-memory polymer 査読有り

    K. Takashima, T. Noritsugu, J. Rossiter, S. Guo, T. Mukai

    Proceedings of SICE Annual Conference 2011   1691 - 1695   2011年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Japan   Tokyo   2011年09月13日  -  2011年09月18日

  • Vinylidene fluoride telomers for piezoelectric devices 査読有り

    N. Durand,B. Ameduri,K. Takashima,K. Ishida,S. Horie,Y. Ueda

    Polymer Journal   43   171 - 179   2011年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1038/pj.2010.102

    Scopus

  • McKibben artificial muscle using shape-memory polymer 査読有り

    K. Takashima,J. Rossiter,T. Mukai

    Sensors & Actuators: A. Physical   164   116 - 124   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    主要雑誌

    DOI: 10.1016/j.sna.2010.09.010

    Scopus

  • 形状記憶ポリマーを用いた姿勢維持モジュールの基礎研究 査読有り

    高嶋一登,張楠,向井利春,郭士傑

    日本ロボット学会誌   28 ( 7 )   905 - 912   2010年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Development of an in vitro tracking system with poly(vinyl alcohol) hydrogel for catheter motion 査読有り

    C. H. Yu,H. Kosukegawa,K. Mamada,K. Kuroki,K. Takashima,K. Yoshinaka,M. Ohta

    Journal of Biomechanical Science and Engineering   5 ( 1 )   11 - 17   2010年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1299/jbse.5.11

    Scopus

  • Dielectric elastomer actuators with zero-energy fixity 査読有り

    J. Rossiter,K. Takashima,T. Mukai

    SPIE Smart Structures/NDE 2010   7642 - 73   2010年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   San Diego   2010年03月  -  2010年03月

    DOI: 10.1117/12.847228

    Scopus

  • Development of a McKibben artificial muscle using a shape-memory polymer 査読有り

    K. Takashima,J. Rossiter,T. Mukai

    SPIE Smart Structures/NDE 2010   7644 - 17   2010年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   San Diego   2010年03月  -  2010年03月

    DOI: 10.1117/12.847229

    Scopus

  • Cytotoxicity test and mass spectrometry of IPMC 査読有り

    Takashima K., Takashima K., Kamamichi N., Kamamichi N., Kamamichi N., Yagi T., Yagi T., Yagi T., Asaka K., Asaka K., Asaka K., Mukai T., Mukai T.

    Electronics and Communications in Japan   93 ( 1 )   1 - 8   2010年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Ionic polymer-metal composites (IPMC) are promising materials in biomedical actuators and sensors, as they are soft and flexible, thus assuring the safety of the device itself. The purpose of this study is to investigate the biocompatibility of IPMC in in vitro experiments in order to evaluate their applicability in biomedical fields. In addition to an IPMC specimen prepared by the conventional "impregnation- reduction method" using cationic gold complexes and reducing agents, two specimens were prepared by additional processes: one specimen was reduced in Na 2 SO 3 solution and the other was cleaned in H 2 O 2 solution. A colony-forming test using Chinese hamster V79 cells showed high cytotoxicity for all IPMC specimens. Examination by direct inlet mass spectrometry (DI-MS) revealed that the peak intensity of the gold complex (particularly, m/z = 180) was different from that of Nafion film. Monitoring the peak at m/z = 180 showed a remnant with the structure of phenanthroline in IPMC specimens that were not cleaned in H 2 O 2 solution. © 2009 Wiley Periodicals, Inc.

    DOI: 10.1002/ecj.10239

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=73349120650&origin=inward

  • Catheter and guidewire simulator for intravascular surgery (Comparison between simulation results and medical images) 査読有り

    K. Takashima,M. Ohta,K. Yoshinaka,T. Mukai,S. Oota

    The World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering 2009   128 - 131   2009年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Germany   Munich   2009年09月  -  2009年09月

  • グリーンフィールド下大静脈フィルターの機械特性の数値解析 査読有り

    高嶋一登,森浩二,葭仲潔,向井利春

    日本機械学会論文集 C編   75 ( 752 )   805 - 814   2009年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Study on a catheter movement with poly (vinyl alcohol) hydrogel for the development of an in-vitro tracking system 査読有り

    C. Yu,H. Kosukegawa,K. Mamada,K. Kuroki,K. Takashima,K. Yoshinaka,M. Ohta

    4th Asian Pacific Conference on Biomechanics   301 - 302   2009年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    New Zealand   Christchurch   2009年04月  -  2009年04月

  • Development of in-vitro tracking system for catheter motion

    M. Ohta,C. Yu,H. Kosukegawa,K. Mamada,K. Kuroki,S. Oota,K. Takashima,K. Yoshinaka

    Nano-Biomedical Engineering 2009: A Tohoku University Global COE Programme Proceedings (Editor: T. Yamaguchi)   83 - 89   2009年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • 触覚センサのためのVDFオリゴマーの圧電特性 査読有り

    高嶋一登,堀江聡,向井利春,石田謙司,松重和美

    日本ロボット学会誌   26 ( 6 )   711 - 717   2008年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • IPMCの細胞毒性試験および質量分析 査読有り

    高嶋一登,釜道紀浩,八木透,安積欣志,向井利春

    電気学会論文誌C   28 ( 7 )   1029 - 1035   2008年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Piezoelectric properties of vinylidene fluoride oligomer for applications as medical tactile sensor 査読有り

    K. Takashima,S. Horie,T. Mukai,K. Ishida,K. Matsushige

    Sensors & Actuators: A. Physical   144   90 - 96   2008年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 脳血管内カテーテル/ガイドワイヤシミュレータの開発

    高嶋一登,大田慎三,太田信,葭仲潔,向井利春

    日本バイオレオロジー学会誌 ( 未設定 )   22 ( 1 )   12 - 18   2008年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • A scrub nurse robot for laparoscopic surgery 査読有り

    K. Takashima,H. Nakashima,T. Mukai,S. Hayashi

    Advanced Robotics   22 ( 13-14 )   1585 - 1601   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • カテーテルシミュレータの開発(第2報,ガイドワイヤのトルク伝達性の評価) 査読有り

    高嶋一登,大田慎三,太田信,葭仲潔,向井利春

    日本機械学会論文集 C編   73 ( 735 )   2988 - 2995   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Vision-based tactile sensor for endoscopy 査読有り

    K. Takashima,K. Yoshinaka,K. Ikeuchi

    Complex Medical Engineering   13 - 23   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Simulation and experimental observation of contact condition between stents and artery models 査読有り

    K. Takashima,T. Kitou,K. Mori,K. Ikeuchi

    Medical Engineering & Physics   29   326 - 335   2007年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Surface friction of internal medical instrument controlled by magnetic field oscillation 査読有り

    K. Yoshinaka,K. Takashima,T. Okazaki,K. Ikeuchi,K. Chinzei,T. Washio

    Tribology International   40   339 - 344   2007年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Contact and friction between catheter and blood vessel 査読有り

    K. Takashima,R. Shimomura,T. Kitou,H. Terada,K. Yoshinaka,K. Ikeuchi

    Tribology International   40   319 - 328   2007年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • カテーテルシミュレータの開発(第1報,ガイドワイヤ・血管の特性の評価) 査読有り

    高嶋一登,大田慎三,太田信,葭仲潔,池内健

    日本機械学会論文集 C編   72 ( 719 )   2137 - 2145   2006年07月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 画像処理を用いた内視鏡触覚センサー

    高嶋一登

    光学 ( 未設定 )   35 ( 10 )   531 - 533   2006年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)

  • 内視鏡用光学式触覚センサに関する研究 査読有り

    高嶋一登,葭仲潔,池内健

    日本臨床バイオメカニクス学会誌   26   447 - 456   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Vision-based tactile sensor for endoscopy 査読有り

    K. Takashima,K. Yoshinaka,K. Ikeuchi

    1st International Conference of Complex Medical Engineering   116 - 121   2005年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Takamatsu   2005年05月  -  2005年05月

  • An endoscopic tactile sensor for low invasive surgery 査読有り

    K. Takashima,K. Yoshinaka,T. Okazaki,K. Ikeuchi

    Sensors & Actuators: A. Physical   119   372 - 383   2005年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Magnetic sensor system for detecting position and orientation of an endocranial catheter tip 査読有り

    K. Takashima,K. Toyoda,T. Okazaki,T. Kitou,K. Yoshinaka,K. Ikeuchi

    1st Asian Pacific Conference on Biomechanics   123 - 124   2004年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Osaka   2004年03月  -  2004年03月

  • Fundamental study for all-ceramic artificial hip joints 査読有り

    J. Kusaka,K. Takashima,D. Yamane,K. Ikeuchi

    Wear   225-229   734 - 742   1999年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • 総セラミック人工関節材料の摩擦と摩耗 査読有り

    池内健,高嶋一登, 日下純

    Orthopaedic Ceramic Implants   18   29 - 31   1998年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Study on the possibility of silicon nitride-silicon nitride as a material for hip prostheses 査読有り

    Y. S. Zhou,M. Ohashi,N. Tomita,K. Ikeuchi,K. Takashima

    Materials Science and Engineering: C   5   125 - 129   1997年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

▼全件表示

著書

  • 「第6章 形状記憶を利用したマテリアルの開発とその特性 第4節 形状記憶ポリマーを用いたアクチュエータ・センサの設計」,自己修復材料、自己組織化、形状記憶材料の開発と応用事例

    高嶋一登(共著 ,  範囲: pp.390-396)

    技術情報協会  2020年03月  ( ISBN:978-4-86104-781-7

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • 「第4章 第3節 〔7〕 低侵襲手術への応用を目的とした小型触覚センサ」,狙いどおりの触覚・触感をつくる技術

    高嶋一登,池野慎也,石田謙司,堀江聡(共著 ,  範囲: pp.476-486)

    サイエンス&テクノロジー  2017年11月  ( ISBN:978-4-8642-8162-1

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • 「第3章 ヘルスケア用センサの高感度化と計測技術 第24節 低侵襲手術用触覚センサの開発と応用技術」,【次世代】ヘルスケア機器の新製品開発

    高嶋一登,堀江聡,石田謙司,竹中慎,向井利春(共著 ,  範囲: pp.215-220)

    技術情報協会  2014年05月  ( ISBN:978-4-8610-4532-5

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • Numerical Analysis of the Mechanical Properties of a Vena Cava Filter (Editor: Ufuk Çobanoğlu, Pulmonary Embolism)

    K.Takashima, K. Mori, K. Yoshinaka, T. Mukai(共著 ,  範囲: Chapter 11)

    In-Tech  2012年03月  ( ISBN:978-9-5351-0233-5

     詳細を見る

    記述言語:英語

  • 節2.4.8 画像処理を用いた内視鏡用触覚センサ

    池内健,高嶋一登,葭仲潔(共著)

    超五感センサの開発最前線,エヌ・ティー・エス  2005年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • Friction and wear tests of ceramics for all-ceramic artificial joints

    K. Ikeuchi,K. Takashima,M. Ohashi,J. Kusaka(共著)

    S. Imura, M. Wada, H. Omori (Eds.) Joints Arthroplasty, Springer-Verlag  1999年04月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

▼全件表示

口頭発表・ポスター発表等

  • 血管内治療デバイス留置シミュレータの開発(血管分岐部でのガイドワイヤの挙動)

    太田寛人,高嶋一登,芳賀洋一,太田信,庄島正明

    日本機械学会第32回バイオフロンティア講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年01月12日 - 2022年01月13日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 血管内治療デバイス留置シミュレータの開発(コイル挿入条件の影響)

    大石卓弥,高嶋一登,葭中潔,于凱鴻,太田信,森浩二,当麻直樹

    日本機械学会第32回バイオフロンティア講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2022年01月12日 - 2022年01月13日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • PVDFフィルムを用いたカテーテル型触覚センサの周波数特性の評価

    渡邊啓寛,高嶋一登,堀江聡,石田謙司

    第22回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2021)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月15日 - 2021年12月17日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 形状記憶ポリマーを用いた形状変更可能な触覚センサの改良と評価

    宮﨑涼,高嶋一登,向井利春

    第22回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2021)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月15日 - 2021年12月17日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 形状記憶ポリマーを用いた力覚センサのシステム同定法の改良

    小渕穣,高嶋一登,高木賢太郎,釜道紀浩,向井利春

    第22回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2021)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月15日 - 2021年12月17日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 分割形状記憶ポリマーシートを用いた空気圧ゴム人工筋の湾曲動作評価

    岩本大輝,高嶋一登,則次俊郎,向井利春

    第22回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2021)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月15日 - 2021年12月17日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 形状記憶合金とジャミング転移現象を用いた可変剛性リンクの基礎検討

    今澤俊貴,高嶋一登,長 弘基

    第22回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2021)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月15日 - 2021年12月17日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • Development of device insertion simulator for endovascular treatment (Parametric study)

    H. Ota, K. Takashima, Y. Haga, M. Ohta, M. Shojima

    9th International Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2021) 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月05日 - 2021年12月08日   記述言語:英語   開催地:Selangor  

  • 血管内治療デバイスに与えられる操作に対する応答性の評価指標の提案

    菊地斐子,森浩二,高嶋一登,当麻直樹,小柴満美子,齊藤俊

    日本機械学会 2021年度 年次大会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月05日 - 2021年09月08日   記述言語:日本語  

  • 血管内治療デバイスの血管中での3次元形状再構築とジャンピング現象の観察

    森浩二,高嶋一登,当麻直樹,小柴満美子,齊藤俊

    日本機械学会 2021年度 年次大会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月05日 - 2021年09月08日   記述言語:日本語  

  • 血管内治療デバイスの回転操作に対する変形挙動の測定

    末田悠真,森浩二,高嶋一登,当麻直樹,門脇弘子,小柴満美子,齊藤俊

    日本機械学会中国四国学生会 第51階学生員卒業研究発表講演会  日本機械学会中国四国学生会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月04日   記述言語:日本語  

  • ガウス過程回帰を用いたガイドワイヤー先端の接触力を推定する方法

    篠田拓也,森浩二,高嶋一登,当麻直樹,門脇弘子,小柴満美子,齊藤俊

    日本機械学会中国四国学生会 第51階学生員卒業研究発表講演会  日本機械学会中国四国学生会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年03月04日   記述言語:日本語  

  • センサ搭載血管モデルを用いた評価システム

    戴晨鳴, 吉田洋, 鶴岡典子, 于凱鴻, 庄島正明, 高嶋一登, 太田信, 太田寛人, 芳賀洋一

    第54回日本生体医工学会東北支部大会  

     詳細を見る

    開催期間: 2021年01月23日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 形状記憶ポリマーの温度による剛性変化を利用したロボットアームの動作評価

    高橋美貴,高嶋一登,向井利春

    第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2020)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年12月16日 - 2020年12月18日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 形状記憶ポリマーとジャミング転移現象を用いた可変剛性リンクの基礎検討

    今澤俊貴,高嶋一登

    第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2020)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年12月16日 - 2020年12月18日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 複数枚の形状記憶ポリマーシートを用いた空気圧ゴム人工筋の特性評価

    岩本大輝,高嶋一登,則次俊郎,向井利春

    第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2020)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年12月16日 - 2020年12月18日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 形状記憶ポリマーを用いた触覚センサの出力評価

    宮﨑涼,高嶋一登,向井利春

    第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2020)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年12月16日 - 2020年12月18日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 形状記憶ポリマーを用いた小型力覚センサのパラメータ推定

    小渕穣,高嶋一登,向井利春

    第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2020)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年12月16日 - 2020年12月18日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 血管内治療デバイス留置シミュレータの開発(デバイスパラメータの影響)

    太田寛人,高嶋一登,芳賀洋一,戴晨鳴,太田信,庄島正明

    日本機械学会第31回バイオフロンティア講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年12月12日 - 2020年12月13日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • PVDFフィルムを用いたカテーテル型触覚センサの構造改良と評価

    井上魁,高嶋一登,竹中慎,堀江聡,石田謙司

    日本機械学会第31回バイオフロンティア講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年12月12日 - 2020年12月13日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 血管内治療デバイス留置シミュレータの開発(コイル接触力とカテーテルの動作の評価)

    大石卓弥,高嶋一登,葭中潔,于凱鴻,太田信,森浩二,当麻直樹

    日本機械学会第31回バイオフロンティア講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年12月12日 - 2020年12月13日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • 画像処理を用いた血管内治療デバイスの接触力推定(血管モデルへの挿入実験)

    大西統耀,高嶋一登

    日本機械学会第31回バイオフロンティア講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年12月12日 - 2020年12月13日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • マイクロセンサを搭載した血管モデル

    戴晨鳴, 吉田洋, 松永忠雄, 鶴岡典子, 于凱鴻, 清水康智, 太田 信, 庄島正明, 高嶋一登, 原田香奈子, 益田泰輔, 新井史人, 芳賀洋一

    生体医工学シンポジウム2020 

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月18日 - 2020年09月19日   記述言語:日本語   開催地:弘前大学(オンライン)  

  • 3次元血管モデルの位置合わせ方法とデバイスの3次元位置推定方法の組み合わせが精度におよぼす影響

    李和信,森浩二,高嶋一登,当麻直樹,門脇弘子,齊藤俊

    日本機械学会2020年度年次大会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年09月13日 - 2020年09月16日   記述言語:日本語  

  • 3次元血管モデルの位置合わせがデバイスの3次元位置推定の精度に及ぼす影響

    李和信,森浩二,高嶋一登,当麻直樹,門脇弘子,齊藤俊

    日本機械学会 中国四国支部 第58期総会・講演会  日本機械学会 中国四国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月06日   記述言語:日本語  

  • 回転操作が与えられたガイドワイヤーの血管内での挙動

    菊地斐子,森浩二,高嶋一登,当麻直樹,門脇弘子,齊藤俊

    日本機械学会 中国四国支部 第58期総会・講演会  日本機械学会 中国四国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2020年03月06日   記述言語:日本語  

  • 脳動脈瘤実体モデルを用いたコイルの接触面積・荷重の評価(接触面積算出手法の改良)

    池田雄太,高嶋一登,葭中潔,于凱鴻,太田信,森浩二,当麻直樹

    日本機械学会第32回バイオエンジニアリング講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年12月20日 - 2019年12月21日   記述言語:日本語   開催地:金沢  

  • 血管内治療デバイスの挿入操作に関する応答性の評価方法の提案

    中川賀文,森浩二,高嶋一登,当麻直樹,門脇弘子,齊藤俊

    日本機械学会第32回バイオエンジニアリング講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年12月20日 - 2019年12月21日   記述言語:日本語   開催地:金沢  

  • 画像処理を用いた血管内治療デバイスの接触力推定(推定プログラムの改良)

    大西統耀,高嶋一登

    日本機械学会第32回バイオエンジニアリング講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年12月20日 - 2019年12月21日   記述言語:日本語   開催地:金沢  

  • PVDFフィルムを用いたカテーテル型触覚センサの作製方法の検討

    井上魁,高嶋一登,竹中慎,堀江聡,石田謙司

    日本機械学会第32回バイオエンジニアリング講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年12月20日 - 2019年12月21日   記述言語:日本語   開催地:金沢  

  • 1枚の画像からガイドワイヤー先端の 3次元位置推定手法の提案

    三宅亮太,森浩二,高嶋一登,当麻直樹,門脇弘子,齊藤俊

    日本機械学会第32回バイオエンジニアリング講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年12月20日 - 2019年12月21日   記述言語:日本語   開催地:金沢  

  • 形状記憶ポリマーの温度による剛性変化を利用したロボットアームの性能評価

    高橋美貴,高嶋一登,向井利春

    第20回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2019)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年12月12日 - 2019年12月14日   記述言語:日本語   開催地:高松  

  • 形状記憶ポリマーシートを用いた空気圧ゴム人工筋の開発(ロボットハンドへの応用)

    大城竣,高嶋一登,則次俊郎,向井利春

    第20回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2019)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年12月12日 - 2019年12月14日   記述言語:日本語   開催地:高松  

  • 形状記憶ポリマーを用いた小型力覚センサの性能評価

    茂呂和樹,高嶋一登,向井利春

    第20回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2019)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年12月12日 - 2019年12月14日   記述言語:日本語   開催地:高松  

  • 電熱線を埋め込んだ分割形状記憶ポリマーシートの機械的特性の評価

    岩本大輝,高嶋一登,則次俊郎,向井利春

    第20回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2019)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年12月12日 - 2019年12月14日   記述言語:日本語   開催地:高松  

  • 形状記憶ポリマーを用いた触覚センサの構造改良および評価

    三浦智史,高嶋一登,向井利春

    第20回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2019)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年12月12日 - 2019年12月14日   記述言語:日本語   開催地:高松  

  • 脳動脈瘤コイル留置のシミュレーション-目的と課題- 招待有り

    当麻直樹,高嶋一登,太田信,森浩二

    第35回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会  日本脳神経血管内治療学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月21日 - 2019年11月23日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • Error Correction for Contact Force Estimation on Endovascular Treatment Device Using Image Processing

    T.Onishi,T.Sasaki,K.Takashima

    7th International Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2019) 

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月11日 - 2019年11月12日   記述言語:英語   開催地:Selangor  

  • 形状記憶ポリマーを用いた触覚センサの変形特性評価

    三浦智史,高嶋一登,向井利春

    日本機械学会第30回バイオフロンティア講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年07月19日 - 2019年07月20日   記述言語:日本語   開催地:霧島  

    CiNii Article

  • 形状記憶ポリマーシートを用いた空気圧ゴム人工筋の構造改良および評価

    大城竣,高嶋一登,則次俊郎,向井利春

    日本機械学会第30回バイオフロンティア講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年07月19日 - 2019年07月20日   記述言語:日本語   開催地:霧島  

    CiNii Article

  • 形状記憶ポリマーを用いた小型力覚センサの構造評価

    茂呂和樹,高嶋一登,向井利春

    日本機械学会第30回バイオフロンティア講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年07月19日 - 2019年07月20日   記述言語:日本語   開催地:霧島  

    CiNii Article

  • 実体血管モデルを用いたコイルの接触面積・荷重の評価

    池田雄太,高嶋一登,葭仲潔,于凱鴻,太田信,森浩二,当麻直樹,鈴木秀謙

    第42回日本バイオレオロジー学会年会  日本バイオレオロジー学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年06月01日 - 2019年06月02日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • 血管内治療デバイスの血管内における位置の推定に関する基礎実験

    木戸友博,森浩二,高嶋一登,当麻直樹,鈴木秀謙,門脇弘子,斉藤俊

    日本機械学会 中国四国支部 第57期総会・講演会  日本機械学会 中国四国支部

     詳細を見る

    開催期間: 2019年03月07日   記述言語:日本語   開催地:宇部  

    CiNii Article

  • 形状記憶ポリマーシートを用いた空気圧ゴム人工筋の湾曲角度制御(誤差補正方法の検討)

    大城竣,高嶋一登,則次俊郎,向井利春

    第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2018)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月13日 - 2018年12月15日   記述言語:日本語   開催地:大阪  

  • 形状記憶ポリマーシートを用いた空気圧ゴム人工筋の繰返し湾曲動作

    久佛良明,高嶋一登,則次俊郎,向井利春

    第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2018)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月13日 - 2018年12月15日   記述言語:日本語   開催地:大阪  

  • 形状記憶ポリマーを用いた関節機構の評価

    服部成浩,高嶋一登,向井利春

    第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2018)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月13日 - 2018年12月15日   記述言語:日本語   開催地:大阪  

  • 形状記憶ポリマーを用いた触覚センサの応用と検証

    三浦智史,高嶋一登,向井利春

    第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2018)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月13日 - 2018年12月15日   記述言語:日本語   開催地:大阪  

  • 形状記憶ポリマーを用いた力覚センサの小型化

    茂呂和樹,高嶋一登,向井利春

    第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2018)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月13日 - 2018年12月15日   記述言語:日本語   開催地:大阪  

  • 血管内治療デバイス留置シミュレータの開発(コイルと動脈瘤モデルの接触面積・荷重の評価)

    池田雄太,高嶋一登,葭仲潔,于凱鴻,太田信,森浩二,当麻直樹,鈴木秀謙

    第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2018)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月13日 - 2018年12月15日   記述言語:日本語   開催地:大阪  

  • 画像処理を用いた血管内治療デバイスの接触力推定(誤差補正方法の検討)

    佐々木拓真,高嶋一登

    第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2018)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月13日 - 2018年12月15日   記述言語:日本語   開催地:大阪  

  • 2枚のPVDFフィルムを用いたカテーテル型触覚センサの試作

    山本雅樹,高嶋一登,竹中慎,堀江聡,石田謙司

    第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2018)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月13日 - 2018年12月15日   記述言語:日本語   開催地:大阪  

  • Actuators and Sensors Utilizing Stiffness Change of Shape-memory Polymer According to Temperature

    K. Takashima

    Japan-China Joint Workshop on Recent Advances on Active Soft Materials 2018 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年08月28日   記述言語:英語   開催地:Tokyo, Japan  

  • 圧電ポリマーを用いた携帯式薄板型触覚センサの応用

    竹中慎,猪原健史,高嶋一登

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2018(ROBOMECH2018)  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月02日 - 2018年06月05日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • 形状記憶ポリマーを利用した関節と皮膚の剛性可変なロボットアームの研究

    服部成浩,高嶋一登,久佛良明,長田拡,向井利春

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2018(ROBOMECH2018)  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月02日 - 2018年06月05日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • PVDFフィルムを用いたカテーテル型触覚センサによる血管モデルの表面性状測定

    山本雅樹,高嶋一登,佐々木拓真,竹中慎,堀江聡,石田謙司

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2018(ROBOMECH2018)  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月02日 - 2018年06月05日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • 形状記憶ポリマーを用いたロボットアームの制御

    服部成浩,高嶋一登,向井利春

    第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2017)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年12月20日 - 2017年12月22日   記述言語:日本語   開催地:仙台  

  • 電熱線埋め込み型形状記憶ポリマーシートの繰返し引張試験

    久佛良明,高嶋一登,向井利春

    第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2017)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年12月20日 - 2017年12月22日   記述言語:日本語   開催地:仙台  

  • 圧電ポリマーを用いた携帯式薄板型触覚センサの構造評価

    猪原健史,高嶋一登,竹中慎

    第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2017)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年12月20日 - 2017年12月22日   記述言語:日本語   開催地:仙台  

  • 形状記憶ポリマーを用いた力覚センサの誤差評価

    小野田亮,高嶋一登,向井利春

    第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2017)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年12月20日 - 2017年12月22日   記述言語:日本語   開催地:仙台  

  • 形状記憶ポリマーを用いた触覚センサのロボットアームへの応用

    長田拡,高嶋一登,向井利春

    第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2017)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年12月20日 - 2017年12月22日   記述言語:日本語   開催地:仙台  

  • 形状記憶ポリマーを用いた空気圧ゴム人工筋の角度制御

    松本翔平,高嶋一登,則次俊郎,向井利春

    第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2017)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年12月20日 - 2017年12月22日   記述言語:日本語   開催地:仙台  

  • 血管内治療デバイス留置シミュレータの開発(動脈瘤壁面性状のコイル挙動への影響)

    田中嵩大,高嶋一登,森浩二,当麻直樹,佐野貴則,梅田靖之,鈴木秀謙

    日本機械学会第30回バイオエンジニアリング講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年12月14日 - 2017年12月15日   記述言語:日本語   開催地:京都  

  • 画像処理を用いた線状柔軟物体の接触力推定(血管内治療への応用)

    佐々木拓真,高嶋一登,林田典大

    日本機械学会第30回バイオエンジニアリング講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年12月14日 - 2017年12月15日   記述言語:日本語   開催地:京都  

  • 有機強誘電体を用いたカテーテル型触覚センサによる血管モデルの測定

    山本雅樹,高嶋一登,竹中慎,堀江聡,石田謙司

    日本機械学会第30回バイオエンジニアリング講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年12月14日 - 2017年12月15日   記述言語:日本語   開催地:京都  

  • 血管内治療デバイス留置シミュレータの開発 (コイルと動脈瘤モデルの接触状態の可視化)

    林田典大,高嶋一登,葭仲潔,于凱鴻,太田信,森浩二,当麻直樹,佐野貴則,梅田靖之,鈴木秀謙

    日本機械学会第30回バイオエンジニアリング講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年12月14日 - 2017年12月15日   記述言語:日本語   開催地:京都  

  • 血管内治療デバイス留置シミュレータの開発(血管経路の違いがガイドワイヤー挙動におよぼす影響)

    森浩二,高嶋一登,当麻直樹,佐野貴則,梅田靖之,鈴木秀謙,門脇弘子,森川治,齊藤俊

    日本機械学会2017年度年次大会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月03日 - 2017年09月06日   記述言語:日本語   開催地:さいたま  

  • 血管内治療デバイス留置シミュレータの開発 (血管バイオモデルを用いたコイルの変形挙動評価)

    林田典大,高嶋一登,葭仲潔,于凱鴻,太田信,森浩二,当麻直樹,佐野貴則,梅田靖之,鈴木秀謙

    日本機械学会第29回バイオエンジニアリング講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年01月19日 - 2017年01月20日   記述言語:日本語   開催地:名古屋  

  • 血管内治療デバイス留置シミュレータの開発(動脈瘤コイル塞栓の数値シミュレーション)

    田中嵩大,高嶋一登,森浩二,当麻直樹,佐野貴則,梅田靖之,鈴木秀謙

    日本機械学会第29回バイオエンジニアリング講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年01月19日 - 2017年01月20日   記述言語:日本語   開催地:名古屋  

  • 圧電ポリマーを用いた携帯式薄板型触覚センサの改良

    猪原健史,高嶋一登,竹中慎

    日本機械学会第29回バイオエンジニアリング講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年01月19日 - 2017年01月20日   記述言語:日本語   開催地:名古屋  

  • 有機強誘電体を用いたカテーテル型触覚センサによる摩擦測定

    太田啓允,高嶋一登,池野慎也,竹中慎,堀江聡,石田謙司

    日本機械学会第29回バイオエンジニアリング講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年01月19日 - 2017年01月20日   記述言語:日本語   開催地:名古屋  

  • Evaluation of deformation behavior of catheter using PVA-H blood vessel biomodel

    A. Oike, K. Takashima, K. Yoshinaka, K. Yu, M. Ohta, K. Mori

    3rd International Conference on Computational Methods in Engineering and Health Sciences (ICCMEH-2016) 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月17日 - 2016年12月18日   記述言語:英語   開催地:Kitakyushu  

  • 複数枚の形状記憶ポリマーシートを用いた空気圧ゴム人工筋の動作制御

    松本翔平,高嶋一登,則次俊郎,向井利春

    第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2016)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月15日 - 2016年12月17日   記述言語:日本語   開催地:札幌  

  • 形状記憶ポリマーの温度による剛性変化を利用した触覚センサの作製と評価

    長田拡,高嶋一登,向井利春

    第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2016)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月15日 - 2016年12月17日   記述言語:日本語   開催地:札幌  

  • 形状記憶ポリマーを用いた力覚センサの誤差補正のための温度制御と構造評価

    松尾卓也,高嶋一登,竹中慎,向井利春

    第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2016)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月15日 - 2016年12月17日   記述言語:日本語   開催地:札幌  

  • 形状記憶ポリマーを用いたロボットアームの開発

    服部成浩,高嶋一登,向井利春

    第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2016)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月15日 - 2016年12月17日   記述言語:日本語   開催地:札幌  

  • 形状記憶ポリマーを用いた肘関節拮抗型姿勢維持装置の改良

    金井田峻太,高嶋一登,向井利春

    第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2016)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月15日 - 2016年12月17日   記述言語:日本語   開催地:札幌  

  • 血管内カテーテル・ガイドワイヤーシミュレーターの研究(カテーテルの挿入手法が治療に与える影響の調査)

    渡邉温,森浩二,高嶋一登,石井勇樹,当麻直樹,佐野貴則,梅田靖之,鈴木秀謙,門脇弘子,森川治,斎藤俊

    日本機械学会2016年度年次大会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月11日 - 2016年09月14日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • 形状記憶ポリマーのロボットへの応用

    高嶋一登

    日本機械学会2016年度年次大会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月11日 - 2016年09月14日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • 形状記憶ポリマーの温度による剛性変化を利用した触覚センサの開発

    高嶋一登,帆足悠人,向井利春

    日本機械学会2016年度年次大会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月11日 - 2016年09月14日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • 圧電ポリマーを用いた携帯式触覚センサシステムによる表面形状の測定

    竹中慎,高嶋一登

    日本機械学会2016年度年次大会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月11日 - 2016年09月14日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • 有機強誘電体を用いたカテーテル型触覚センサの小型化

    太田啓允,高嶋一登,竹中慎,向井利春,堀江聡,石田謙司

    第34回日本ロボット学会学術講演会  日本ロボット学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年09月07日 - 2016年09月09日   記述言語:日本語   開催地:山形  

  • 血管内治療デバイス留置シミュレータの開発 (PVA-H血管バイオモデルを用いたカテーテルの変形挙動評価)

    大池亜斗夢,高嶋一登,葭仲潔,于凱鴻,太田信,森浩二

    日本機械学会第28回バイオエンジニアリング講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年01月09日 - 2016年01月10日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 血管内治療デバイス留置シミュレータの開発(動脈瘤のコイル塞栓)

    大平睦朗,高嶋一登,森浩二,当麻直樹,佐野貴則,梅田靖之,鈴木秀謙

    日本機械学会第28回バイオエンジニアリング講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年01月09日 - 2016年01月10日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 有機強誘電体を用いたカテーテル型触覚センサによるデータ取得・処理の基礎研究

    太田啓允,高嶋一登,竹中慎,向井利春,堀江聡,石田謙司

    日本機械学会第28回バイオエンジニアリング講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2016年01月09日 - 2016年01月10日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 形状記憶ポリマーシートを用いた触覚センサの改良

    帆足悠人,高嶋一登,向井利春

    第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2015)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年12月14日 - 2015年12月16日   記述言語:日本語   開催地:名古屋  

  • 形状記憶ポリマーシートを用いた空気圧ゴム人工筋の多自由度化

    坂口聖也,高嶋一登,則次俊郎,向井利春

    第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2015)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年12月14日 - 2015年12月16日   記述言語:日本語   開催地:名古屋  

  • 形状記憶ポリマーシートを用いた肘関節拮抗型姿勢維持装置の開発

    金井田峻太,高嶋一登,向井利春

    第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2015)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年12月14日 - 2015年12月16日   記述言語:日本語   開催地:名古屋  

  • 形状記憶ポリマーを用いた力覚センサの誤差補正方法の検討

    松尾卓也,高嶋一登,竹中慎,向井利春

    第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2015)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年12月14日 - 2015年12月16日   記述言語:日本語   開催地:名古屋  

  • 定量的血管内治療シミュレータの開発

    当麻直樹,高嶋一登,森浩二,梅田靖之,佐野貴則,鈴木秀謙

    第31回日本脳神経血管内治療学会  日本脳神経血管内治療学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年11月19日 - 2015年11月21日   記述言語:日本語   開催地:岡山  

  • 血管内カテーテル・ガイドワイヤーシミュレータの研究(ガイドワイヤー形状がカテーテルの挿入時の形状に与える影響)

    石井勇樹,森浩二,渡邉温,高嶋一登,当麻直樹,佐野貴則,梅田靖之,鈴木秀謙,斎藤俊

    日本機械学会第26回バイオフロンティア講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年10月02日 - 2015年10月03日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • 圧電ポリマーを用いた表面形状評価用触覚センサの開発

    竹中慎,高嶋一登

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2015  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年05月17日 - 2015年05月19日   記述言語:日本語   開催地:京都  

  • 有機強誘電体を用いたカテーテル型触覚センサの表面改質

    黒田大介,高嶋一登,池野慎也,竹中慎,向井利春,堀江聡,石田謙司

    日本機械学会第27回バイオエンジニアリング講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年01月09日 - 2015年01月10日   記述言語:日本語   開催地:新潟  

  • 血管内カテーテル/ガイドワイヤシミュレータの研究(ガイドワイヤ形状の影響)

    大池亜斗夢,高嶋一登,葭仲潔,于凱鴻,太田信,森浩二

    日本機械学会第27回バイオエンジニアリング講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年01月09日 - 2015年01月10日   記述言語:日本語   開催地:新潟  

  • 血管内カテーテル/ガイドワイヤシミュレータの研究(動脈瘤のコイル塞栓)

    大平睦朗,高嶋一登,森浩二,当麻直樹,佐野貴則,梅田靖之,鈴木秀謙

    日本機械学会第27回バイオエンジニアリング講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年01月09日 - 2015年01月10日   記述言語:日本語   開催地:新潟  

  • Thin Plate Type Tactile Sensor Using PVDF for Evaluating Uneven Surfaces

    M.Takenaka,K.Takashima

    2nd International Symposium on Applied Engineering and Sciences (2nd International Symposium on Applied Engineering and Sciences) 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月20日 - 2014年12月21日   記述言語:英語   開催地:北九州  

  • Fundamental Study on Joint Stiffness Control Using Shape-memory Polymer Sheet with Embedded Electrical Heating Wire

    N.Morimoto,K.Takashima,T.Mukai

    2nd International Symposium on Applied Engineering and Sciences (2nd International Symposium on Applied Engineering and Sciences) 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月20日 - 2014年12月21日   記述言語:英語   開催地:北九州  

  • 形状記憶ポリマーを用いたウェアラブル姿勢維持機構の開発

    森本尚祐,高嶋一登,竹中慎,則次俊郎,向井利春

    第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2014)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月14日 - 2014年12月17日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 形状記憶ポリマーの温度による剛性変化を利用した触覚センサに関する研究

    帆足悠人,高嶋一登,神園大樹,向井利春

    第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2014)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月14日 - 2014年12月17日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 電熱線埋め込み型形状記憶ポリマーシートを用いた力覚センサの改良

    神園大樹,高嶋一登,竹中慎,向井利春

    第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2014)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月14日 - 2014年12月17日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 圧電ポリマーを用いた薄板型触覚センサの検討-携帯型センサの走査量評価-

    竹中慎,高嶋一登

    第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2014)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月14日 - 2014年12月17日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 電熱線埋め込み型形状記憶ポリマーシートを用いた空気圧ゴム人工筋に関する研究

    坂口聖也,高嶋一登,則次俊郎,向井利春

    第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2014)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年12月14日 - 2014年12月17日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • ブタ頸椎を用いた単純X線画像による複数頸椎の相対的姿勢の推定

    小野原一巳,森浩二,市原和彦,小西尚則,高嶋一登,中島大介,西田周泰,田口敏彦,齊藤俊

    第41回日本臨床バイオメカニクス学会  日本臨床バイオメカニクス学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年11月21日 - 2014年11月22日   記述言語:日本語   開催地:奈良  

  • 有機強誘電体を用いたカテーテル型触覚センサの改良

    黒田大介,高嶋一登,竹中慎,向井利春,堀江聡,石田謙司

    日本機械学会第25回バイオフロンティア講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年10月03日 - 2014年10月04日   記述言語:日本語   開催地:鳥取  

  • 電熱線埋め込み型形状記憶ポリマーシートを用いた力覚センサに関する研究

    神園大樹,高嶋一登,竹中慎,向井利春

    日本機械学会第25回バイオフロンティア講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年10月03日 - 2014年10月04日   記述言語:日本語   開催地:鳥取  

  • 血管内ガイドワイヤーシミュレータの研究(N型血管モデルにおけるガイドワイヤー先端の接触力の調査)

    村田拡一,森浩二,高嶋一登,金村進路,石井勇樹,当麻直樹,佐野貴則,梅田靖之,鈴木秀謙,齊藤俊

    日本機械学会 九州支部 第67期総会・講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月13日 - 2014年03月14日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • 血管内ガイドワイヤシミュレータの開発(PVA-H血管バイオモデルを用いた実験と計算の結果比較)

    都築正太郎,高嶋一登,葭仲潔,于凱鴻,太田信,森浩二

    日本機械学会 九州支部 第67期総会・講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月13日 - 2014年03月14日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • PVDFを用いた薄板型触覚センサに関する基礎検討

    竹中慎,高嶋一登

    日本機械学会 九州支部 第67期総会・講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月13日 - 2014年03月14日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

    CiNii Article

  • 有機強誘電体を用いたカテーテル型触覚センサに関する研究

    黒田大介,高嶋一登,竹中慎,向井利春,堀江聡,石田謙司,上田裕清

    日本機械学会第26回バイオエンジニアリング講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年01月11日 - 2014年01月12日   記述言語:日本語   開催地:仙台  

    CiNii Article

  • 血管内カテーテル/ガイドワイヤシミュレータの研究(ガイドワイヤ先端接触力の推定)

    森浩二,高嶋一登,金村進路,村田拡一,当麻直樹,佐野貴則,梅田靖之,鈴木秀謙,齋藤俊

    日本機械学会第26回バイオエンジニアリング講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年01月11日 - 2014年01月12日   記述言語:日本語   開催地:仙台  

    CiNii Article

  • 血管内カテーテル/ガイドワイヤシミュレータの研究(血管モデル内でのワイヤの三次元追跡)

    都築正太郎,高嶋一登,葭仲潔,于凱鴻,太田信,森浩二

    日本機械学会第26回バイオエンジニアリング講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年01月11日 - 2014年01月12日   記述言語:日本語   開催地:仙台  

  • 血管内カテーテル/ガイドワイヤシミュレータの研究(カテーテルの変形挙動)

    梅谷未生,高嶋一登,森浩二,当麻直樹,佐野貴則,梅田靖之,鈴木秀謙

    日本機械学会第26回バイオエンジニアリング講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年01月11日 - 2014年01月12日   記述言語:日本語   開催地:仙台  

  • PVDFを用いた薄板型触覚センサによる表面性状の評価

    竹中慎,高嶋一登

    日本機械学会第26回バイオエンジニアリング講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年01月11日 - 2014年01月12日   記述言語:日本語   開催地:仙台  

    CiNii Article

  • 電熱線埋め込み型形状記憶ポリマーシートを用いた空気圧ゴム人工筋の動作特性の評価

    杉谷和洪,高嶋一登,則次俊郎,向井利春

    第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2013)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年12月18日 - 2013年12月20日   記述言語:日本語   開催地:神戸  

  • 電熱線埋め込み型形状記憶ポリマーシートを用いた関節剛性制御に関する研究

    森本尚祐,高嶋一登,向井利春

    第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2013)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年12月18日 - 2013年12月20日   記述言語:日本語   開催地:神戸  

  • 形状記憶ポリマーの温度による剛性変化を利用した力覚センサに関する研究

    神園大樹,高嶋一登,向井利春

    第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2013)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年12月18日 - 2013年12月20日   記述言語:日本語   開催地:神戸  

  • Guidewire Simulator for Intravascular Surgery (Comparison between Simulation and Experimental Results using Blood Vessel Model)

    K. Takashima, S. Tsuzuki, M. Umetani, K. Yoshinaka, Y. Hoshino, M. Ohta, K. Mori

    International Symposium on Applied Engineering & Sciences 2013 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月30日 - 2013年10月01日   記述言語:英語   開催地:UPM Serdang, Malaysia  

  • 血管内ガイドワイヤーシミュレータの研究(血管と血管内治療デバイスの形状類似性がガイドワイヤー先端の接触力に及ぼす影響)

    金村進路,森浩二,高嶋一登,村田拡一,当麻直樹,佐野貴則,梅田靖之,鈴木秀謙,齊藤俊

    日本機械学会2013年度年次大会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月08日 - 2013年09月11日   記述言語:日本語   開催地:岡山  

  • 血管内ガイドワイヤーシミュレータの研究(血管と血管内治療デバイスの形状類似性がデバイスの誘導性に及ぼす影響)

    村田拡一,森浩二,高嶋一登,金村進路,当麻直樹,佐野貴則,梅田靖之,鈴木秀謙,齊藤俊

    日本機械学会2013年度年次大会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月08日 - 2013年09月11日   記述言語:日本語   開催地:岡山  

  • 電熱線埋め込み型形状記憶ポリマーシートの力学的特性の評価

    杉谷和洪,高嶋一登,則次俊郎,向井利春

    日本機械学会2013年度年次大会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月08日 - 2013年09月11日   記述言語:日本語   開催地:岡山  

  • 血管内ガイドワイヤシミュレータの研究(実験結果に基づくシミュレーションモデルの改良)

    高嶋一登,都築正太郎,葭仲潔,星野佑輔,太田信,森浩二

    日本機械学会2013年度年次大会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月08日 - 2013年09月11日   記述言語:日本語   開催地:岡山  

  • 血管内ガイドワイヤシミュレータの研究(計算と血管モデルを用いた実験の結果比較)

    都築正太郎,葭仲潔,星野佑輔,太田信,森浩二,高嶋一登

    日本機械学会第25回バイオエンジニアリング講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年01月09日 - 2013年01月11日   記述言語:日本語   開催地:つくば  

  • 血管内ガイドワイヤシミュレーションの研究(血管モデル,ガイドワイヤ,カテーテルの接触解析)

    森浩二,高嶋一登,当麻直樹,佐野貴則,梅田靖之,鈴木秀譲,齋藤俊

    日本機械学会第25回バイオエンジニアリング講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年01月09日 - 2013年01月11日   記述言語:日本語   開催地:つくば  

  • 形状記憶ポリマーを用いた空気圧ゴム人工筋の温度制御の検討

    杉谷和洪,則次俊郎,向井利春,高嶋一登

    第13回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2012)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年12月18日 - 2012年12月20日   記述言語:日本語   開催地:博多  

  • 複数のPVDFフィルムを用いた薄板型触覚センサシステムの開発

    平見健一,竹中慎,高嶋一登

    第13回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2012)  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年12月18日 - 2012年12月20日   記述言語:日本語   開催地:博多  

  • 血管に挿入されたガイドワイヤとカテーテルの動的挙動

    高嶋一登,森浩二,当麻直樹,梅田靖之,佐野貴則,滝和郎

    第51回日本生体医工学会大会  日本生体医工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年05月10日 - 2012年05月12日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • 血管に挿入されたガイドワイヤーの数値解析

    森浩二,高嶋一登,当麻直樹,梅田靖之,佐野貴則,滝和郎

    第51回日本生体医工学会大会  日本生体医工学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年05月10日 - 2012年05月12日   記述言語:日本語   開催地:福岡  

  • PVDFを用いた薄板形触覚センサの開発

    平見健一,高嶋一登

    日本機械学会第24回バイオエンジニアリング講演会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年01月07日 - 2012年01月08日   記述言語:日本語   開催地:豊中  

  • PVA-H 血管バイオモデルの厚さ制御機構の開発

    清光千早,小助川博之,黒木完樹,高嶋一登,太田信

    日本機械学会第24回バイオエンジニアリング講演会   日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年01月07日 - 2012年01月08日   記述言語:日本語   開催地:豊中  

  • 血管に挿入されたガイドワイヤーとカテーテルの数値解析 (ガイドワイヤー形状と接触力の関係)

    森浩二,高嶋一登,宮村拓馬,野田晃史,当麻直樹,梅田靖之,佐野貴則,滝和郎,斉藤俊

    日本機械学会2011年度年次大会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月11日 - 2011年09月14日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 血管に挿入されたガイドワイヤとカテーテルの数値解析(ガイドワイヤの動的挙動)

    高嶋一登,森浩二,当麻直樹,梅田靖之,佐野貴則,滝和郎

    日本機械学会2011年度年次大会  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月11日 - 2011年09月14日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 有機強誘電体触覚センサの圧電特性 -基板拘束が圧電特性に及ぼす影響の数値解析-

    竹中慎,高嶋一登,堀江聡,向井利春,石田謙司,上田 裕清

    第29回日本ロボット学会学術講演会  日本ロボット学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年09月07日 - 2011年09月09日   記述言語:日本語   開催地:東京  

  • 基質伸展下の内皮細胞底面における変位場の画像解析

    高嶋一登,山田宏

    M&M2011 材料力学カンファレンス  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年07月15日 - 2011年07月18日   記述言語:日本語   開催地:北九州  

  • 形状記憶ポリマーを用いた湾曲型空気圧ゴム人工筋の開発

    高嶋一登,則次俊郎,J.Rossiter,郭士傑,向井利春

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2011  日本機械学会

     詳細を見る

    開催期間: 2011年05月26日 - 2011年05月28日   記述言語:日本語   開催地:岡山  

  • Numerical analysis of palpation in vivo using tactile sensor

    本人

    第50回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年04月29日 - 2011年05月01日   記述言語:英語   開催地:日本 東京  

  • 頸動脈の帯状および環状試験片に対する単軸引張試験システムの開発

    坂本有卯幾(生命体工学研究科生体機能専攻)

    日本機械学会九州支部 第64 期総会・講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月17日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡市  

  • 触覚センサを用いた生体内触診に関する基礎研究

    本人

    第23回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年01月08日 - 2011年01月09日   記述言語:日本語   開催地:日本 熊本  

  • 形状記憶ポリマーのロボットの姿勢維持への応用

    本人

    M&M2010 材料力学カンファレンス 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年10月09日 - 2010年10月11日   記述言語:日本語   開催地:日本 長岡  

  • 柔軟なフィルムに成膜したVDFオリゴマーの圧電特性

    本人

    第28回日本ロボット学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月22日 - 2010年09月24日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋  

  • 有機強誘電体触覚センサを用いた生体内触診に関する基礎研究

    本人

    第28回日本ロボット学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月22日 - 2010年09月24日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋  

  • 形状記憶ポリマーを用いたMcKibben型アクチュエータの開発

    本人

    日本機械学会2010年度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月05日 - 2010年09月08日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋  

  • 血管内を移動するガイドワイヤーの三次元経路予測に関する研究

    宮村拓馬(山口大学)

    日本機械学会2010年度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年09月05日 - 2010年09月08日   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋  

  • Computational Simulation of Catheter Motion in Hepatic Blood Vessels

    本人

    第49回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年06月   記述言語:英語   開催地:日本 大阪  

  • Ferroelectric and piezoelectric properties of newly synthesized vinylidene fluoride telomer with CnF2n+1 group

    Fluoropolymer 2010,  

     詳細を見る

    開催期間: 2010年06月   記述言語:英語   開催地: France Meze  

  • 新規合成された低分子強誘電体薄膜の構造および電気特性評価

    第57回応用物理学関係連合講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年03月   記述言語:日本語  

  • Experimental study on a catheter movement for evaluating catheter designs using an in-vitro tracking system

    Sixth International Conference on Flow Dynamics (ICFD), Global COE Program 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年11月   記述言語:英語  

  • 形状記憶ポリマーを用いた姿勢維持モジュールの開発

    本人

    第27回日本ロボット学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月   記述言語:日本語   開催地:横浜  

  • VDFオリゴマー触覚センサを用いた表面あらさ測定

    本人

    第27回日本ロボット学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月   記述言語:日本語  

  • Prototype of catheter tactile sensor of vinylidene fluoride oligomer

    本人

    The World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering 2009 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年09月   記述言語:英語   開催地: Germany Munich  

  • Computational simulation for catheter and guidewire motion in blood vessels

    本人

    6th International Intracranial Stent Meeting (ICS09) 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年08月   記述言語:日本語   開催地:日本 Sendai  

  • Experimental study on a catheter movement for evaluating catheter designs

    6th International Intracranial Stent Meeting (ICS09) 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年08月   記述言語:英語   開催地:日本 Sendai  

  • VDFオリゴマーを用いたカテーテル型触覚センサの試作

    本人

    第48回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • 血管内カテーテル/ガイドワイヤシミュレータ(計算結果と医用画像との比較)

    本人

    第48回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 東京  

  • Development of an in-vitro tracking system for catheter motion

    9th International Symposium of Tohoku University Global COE Progaramme 

     詳細を見る

    開催期間: 2009年03月   記述言語:英語   開催地:日本 Sendai  

  • Development for catheter motion tracking system using poly (vinyl alcohol) hydro-gel biomodel

    AFI/TFI 2008 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年12月   記述言語:英語   開催地:日本 Sendai  

  • 脳血管内カテーテル/ガイドワイヤシミュレータ

    本人

    第24回日本脳神経血管内治療学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年11月   記述言語:日本語   開催地:日本 名古屋  

  • VDF オリゴマーを用いた触覚センサの試作

    本人

    第26回日本ロボット学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 神戸  

  • 内視鏡手術支援ロボットと周辺技術の開発

    第108回日本外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年05月   記述言語:日本語   開催地:日本 長崎  

  • 下大静脈フィルターの機械特性の数値解析

    本人

    第47回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年05月   記述言語:日本語   開催地:日本 神戸  

  • 内視鏡手術アシストロボットの開発

    本人

    第8回計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年12月   記述言語:日本語   開催地:日本 広島  

  • 画像処理を用いた触覚センサによる視触覚融合システム

    本人

    第18回バイオフロンティア講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年10月   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • 触覚センサのためのVDF オリゴマーの圧電特性

    本人

    第25回日本ロボット学会学術講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 習志野  

  • 脳血管内カテーテル/ガイドワイヤシミュレータの開発

    本人

    第30回日本バイオレオロジー学会年会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年06月   記述言語:日本語   開催地:日本 札幌  

  • Development of a guidewire simulator for intravascular surgery

    本人

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年06月   記述言語:日本語   開催地: Germany Berlin  

  • Development of an assist robot for laparoscopic surgery

    本人

    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年06月   記述言語:日本語   開催地: Germany Berlin  

  • IPMC の生体適合性

    本人

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2007 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年05月   記述言語:日本語   開催地:日本 秋田  

  • 血管内ガイドワイヤシミュレータの開発

    本人

    第46回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 仙台  

  • 血管内カテーテルシミュレータに関する基礎研究(第2報,接触力算出方法の評価)

    本人

    第17回バイオフロンティア講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年11月   記述言語:日本語   開催地:日本 上田  

  • トレーニング用血管内カテーテルシミュレータの開発

    本人

    日本機械学会2006年度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 熊本  

  • Development of a catheter simulator for intravascular surgical planning

    本人

    The World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering 2006 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年08月   記述言語:英語   開催地: Korea Seoul  

  • Position measurement of internal medical instrument using magnet impedance sensor

    5th World Congress of Biomechanics, Journal of Biomechanics 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年08月   記述言語:英語   開催地: Germany Munich  

  • 血管内カテーテルシミュレータの開発

    本人

    京都大学再生医科学研究所 第20回医工学若手研究発表会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年03月   記述言語:日本語   開催地:日本 京都  

  • 磁気センサを用いたカテーテル先端の位置検出システムの改良

    第18回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年01月   記述言語:日本語   開催地:日本 新潟  

  • 血管内カテーテルシミュレータに関する基礎研究

    本人

    第18回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年01月   記述言語:日本語   開催地:日本 新潟  

  • ステントにおけるセル・リンクの寸法比が剛性におよぼす影響の実験的評価

    日本機械学会2005年度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 調布  

  • カテーテルの位置検出のための磁気センサシステムの構築

    日本機械学会2005年度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 調布  

  • ステントと血管モデルの接触状態の可視化

    本人

    日本機械学会2005年度年次大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月   記述言語:日本語   開催地:日本 調布  

  • Reduction method of surface friction of internal medical instrument using magnetic field oscillation

    19th International Congress and Exhibition CARS2005 ICS-1281 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年06月   記述言語:英語   開催地: Germany Berlin  

  • Experimental study on contact and friction between catheter and blood vessel

    本人

    Biotribology Symposium 2005 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年06月   記述言語:英語   開催地:日本 Kobe  

  • 画像処理を用いた内視鏡用触覚センサ

    本人

    第44回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 つくば  

  • 磁場センサによる無侵襲体内位置計測に関する研究

    第44回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年04月   記述言語:日本語   開催地:日本 つくば  

  • Surface friction of internal medical instrument controlled by magnetic field oscillation

    1st International Conference on Advanced Tribology 2004 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年12月   記述言語:英語   開催地: Singapore  

  • Contact and friction between catheter and blood vessel

    本人

    1st International Conference on Advanced Tribology 2004 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年12月   記述言語:英語   開催地: Singapore  

  • Fundamental study for all-ceramic artificial hip joints

    12th International Conference on Wear of Materials 

     詳細を見る

    開催期間: 1999年04月   記述言語:英語   開催地: USA Atlanta  

  • Lubrication of ceramics for the next generation of artificial joints

    Third World Congress of Biomechanics 

     詳細を見る

    開催期間: 1998年08月   記述言語:英語   開催地:日本 Sapporo  

▼全件表示

工業所有権

  • 力センサ装置、力測定方法、ロードセル、ロボットハンドおよびロボットアーム

    高嶋一登

     詳細を見る

    出願番号:特願2022-027370  出願日:2022年02月25日

  • ロボット用構造体

    高嶋一登,今澤俊貴

     詳細を見る

    出願番号:特願2021-9698  出願日:2021年01月25日

講演

  • Soft actuators and sensors using shape-memory polymer

    Recent Trends in Control System Engineering 2021  2021年06月 

     詳細を見る

    発表言語:英語   講演種別:招待講演   開催地:Online  

  • 形状記憶ポリマーのソフトアクチュエータへの応用

    次世代アクチュエータ材料応用研究会 第4回研究会  2021年06月  公益財団法人科学技術交流財団

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:招待講演   開催地:愛知教育大学(オンライン講演)  

  • 有機強誘電体薄膜を用いた触覚センサの開発

    2020年度膜工学サロン  2021年03月  一般社団法人先端膜工学研究推進機構

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:招待講演   開催地:オンライン  

  • 生体力学現象のセンシング,シミュレーション技術

    岐阜大学工学部 特別講義G  2021年01月 

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:特別講演   開催地:岐阜  

  • 脳動脈瘤コイル留置のシミュレーション—手法と応用例—

    第35回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会  2019年11月  NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:招待講演   開催地:福岡  

  • 血管内治療デバイスの動作解析

    脳神経血管内治療に関する医工学連携研究会  2019年07月  脳神経血管内治療に関する医工学連携研究会

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:鹿児島  

  • 有機強誘電体薄膜を用いたカテーテル型触覚センサ

    フレキシブルエネルギーデバイスコンソーシアム 2019年度第2回講演会  2019年07月  フレキシブルエネルギーデバイスコンソーシアム

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:東京  

  • 細長い柔軟な医療機器の動作解析―血管内治療への応用―

    第42回日本バイオレオロジー学会年会・第27回福岡県臨床工学会  2019年06月  日本バイオレオロジー学会

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:北九州  

  • 形状記憶ポリマーと有機圧電フィルムのアクチュエータ・センサへの応用

    日本機械学会機素潤滑設計部門 第7回ヒューマン・マシン・インターフェイス設計研究会   2019年01月  日本機械学会機素潤滑設計部門 ヒューマン・マシン・インターフェイス設計研究会

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:北九州  

  • 形状記憶ポリマーを用いたアクチュエータ・センサ

    日本MRS 研究会「ソフトアクチュエータ産業化研究会」シンポジウム  2018年12月  日本MRS ソフトアクチュエータ産業化研究会

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:北九州  

  • 形状記憶ポリマーの温度による剛性変化を利用したロボット

    第168回産学交流サロン「ひびきのサロン」  2018年08月  財団法人北九州産業学術推進機構

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:北九州  

  • 血管内治療デバイス留置過程の定量的分析

    脳神経血管内治療に関する医工学連携研究会  2018年01月  脳神経血管内治療に関する医工学連携研究会

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:北九州  

  • Development of Device Placement Simulator for Endovascular Treatment

    Thirteenth International Conference on Flow Dynamics (ICFD2016)  2016年10月 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年10月10日 - 2016年10月12日   発表言語:英語   講演種別:特別講演   開催地:Sendai  

  • 数値計算と実験を統合した血管内治療デバイス留置シミュレータの開発

    第21回 流体科学におけるバイオ・医療に関する講演会  2016年09月  東北大学流体科学研究所 健康・福祉・医療クラスター

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:仙台  

  • 血管内治療デバイス留置シミュレータ

    日本機械学会 第28回バイオエンジニアリング講演会  2016年01月  日本機械学会

     詳細を見る

    講演種別:基調講演   開催地:東京  

  • Development of Tactile Sensor Composed of Organic Ferroelectrics

    Japan-the Netherlands Symposium on Soft-Tribology  2015年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月10日 - 2015年09月13日   発表言語:英語   講演種別:基調講演   開催地:Kumamoto  

  • カテーテル/ガイドワイヤーシミュレータの開発

    第5回豊橋ライブデモンストレーションコース  2015年05月  東海ライブ研究会

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:豊橋  

  • 柔軟な形状記憶ポリマーと有機強誘電体のロボットへの応用

    理研‐住友理工人間共存ロボット連携センター最終シンポジウム  2015年03月 

     詳細を見る

    講演種別:特別講演   開催地:名古屋  

  • 柔軟なセンサ,アクチュエータの医療,福祉,産業への応用

    かがわ次世代ものづくり研究会 ロボット分野 第2回勉強会  2012年11月  香川県産業技術センター

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:高松  

  • 医療・介護ロボット分野における有機センサの可能性―触覚センサを中心として―

    M&BE新分野開拓研究会2012 「有機センサの現状と可能性」  2012年08月  応用物理学会・有機分子バイオエレクトロニクス分科会

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:和光  

  • 柔軟な触覚センサの医療,福祉,産業への応用

    第105回産学交流サロン「ひびきのサロン」  2011年11月  財団法人北九州産業学術推進機構

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:北九州  

  • 形状記憶ポリマーと有機強誘電体の人と接するロボットへの応用

    山形大学 第43回国際事業化研究センター談話会  2010年12月  山形大学 国際事業化研究センター

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:米沢  

▼全件表示

学術関係受賞

  • SI2021優秀講演賞

    第22回 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会   形状記憶ポリマーを用いた力覚センサのシステム同定法の改良   2021年12月24日

    小渕穣,高嶋一登,高木賢太郎,釜道紀浩,向井利春

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • SI2021優秀講演賞

    第22回 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会   形状記憶合金とジャミング転移現象を用いた可変剛性リンクの基礎検討   2021年12月24日

    今澤俊貴,高嶋一登,長弘基

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • SI2014優秀講演賞

    第15回 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会   圧電ポリマーを用いた薄板型触覚センサの検討-携帯型センサの走査量評価-   2014年12月17日

    竹中慎,高嶋一登

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • SI2013優秀講演賞

    第14回 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会   電熱線埋め込み型形状記憶ポリマーシートを用いた空気圧ゴム人工筋の動作特性の評価   2013年12月20日

    杉谷和洪,高嶋一登,則次俊郎,向井利春

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • JRM表彰

    一般社団法人 日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門   Curved type pneumatic artificial rubber muscle using shape-memory polymer   2013年05月23日

    K.Takashima,T.Noritsugu,J.Rossiter,S.Guo,T.Mukai

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Smart Materials and Structures Highlights of 2012

    Smart Materials and Structures   Shape memory properties of ionic polymer-metal composites   2013年02月21日

    J.Rossiter,K.Takashima,T.Mukai

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Best paper Award

    1st international conference of complex medical engineering (CME2005)   Vision-based Tactile Sensor for Endoscopy   2005年05月

    K. Takashima,K. Yoshinaka,K. Ikeuchi

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

科研費獲得実績

  • 形状記憶ポリマーの温度による剛性変化を利用したロボットアームの開発

    研究課題番号:17K06265  2017年04月 - 2020年03月   基盤研究(C)

  • 生体内発電にむけた超フレキシブル有機圧電フィルムの創製

    研究課題番号:17H06229  2017年04月 - 2020年03月   挑戦的研究(開拓)

  • 低侵襲手術用触覚センサを用いた生体内計測・診断技術の確立

    研究課題番号:22700485  2010年04月 - 2012年03月   若手研究(B)

  • 低侵襲手術のための触覚センサおよび手術シミュレータの開発およびその応用

    研究課題番号:18800087  2006年04月 - 2008年03月   若手研究(スタートアップ)

  • 低侵襲医療デバイスの生体内における制御・誘導技術に関する研究

    研究課題番号:05J01745  2005年04月 - 2006年03月   特別研究員奨励費

受託研究・共同研究実施実績

  • 有機強誘電体を用いたカテーテル型高感度触覚センサの開発

    2012年11月 - 2013年10月

     詳細を見る

    研究区分:受託研究

寄附金・講座

  • 中谷医工計測技術振興財団 平成27年度技術開発研究助成 開発研究助成金  公益財団法人中谷医工計測技術振興財団  2016年03月

その他競争的資金獲得実績

  • 形状記憶ポリマーの温度による剛性変化を利用した関節および皮膚の柔軟性可変のロボットアームの開発

    2016年04月 - 2017年02月

    (公財)北九州産業学術推進機構 シーズ探索助成金  

  • 生体分子で機能化したカテーテル型触覚センサの開発補助事業

    2014年04月 - 2015年03月

    自転車等機械工業振興事業補助金  

  • 形状記憶ポリマーの温度による剛性変化を利用したロボットの姿勢維持機構に関する研究

    2012年11月 - 2014年03月

    第28回マツダ研究助成  

  • 熟練工の皮膚感覚を模倣した触覚センサの開発

    2011年04月 - 2012年02月

    (財)北九州産業学術推進機構 平成23年度産学連携研究開発助成金  

担当授業科目(学内)

  • 2021年度   計算バイオメカニクス演習

  • 2021年度   生体機械力学

  • 2021年度   制御システム工学

  • 2021年度   トライボロジー

  • 2021年度   制御工学基礎

  • 2021年度   生体工学概論

  • 2021年度   トライボロジー

  • 2020年度   生体機械力学

  • 2020年度   制御システム工学

  • 2020年度   制御工学基礎

  • 2020年度   トライボロジー

  • 2020年度   トライボロジー

  • 2020年度   トライボロジー

  • 2020年度   生体工学概論

  • 2020年度   生命体工学概論B

  • 2020年度   計算バイオメカニクス演習

  • 2019年度   生体機械力学

  • 2019年度   制御システム工学

  • 2019年度   制御工学基礎

  • 2019年度   生体工学概論

  • 2019年度   計算バイオメカニクス演習

  • 2019年度   生命体工学概論B

  • 2019年度   トライボロジー

  • 2018年度   生体機械力学

  • 2018年度   計算バイオメカニクス演習

  • 2018年度   生命体工学概論

  • 2018年度   トライボロジー

  • 2018年度   生体工学概論

  • 2017年度   生体機械力学

  • 2017年度   生体工学概論

  • 2017年度   生命体工学概論

  • 2017年度   生命体工学セミナー

  • 2017年度   トライボロジー

  • 2017年度   計算バイオメカニクス演習

  • 2016年度   生体機械力学

  • 2016年度   生体機能応用工学特論

  • 2016年度   生体工学概論

  • 2016年度   生命体工学概論

  • 2016年度   計算バイオメカニクス演習

  • 2016年度   トライボロジー

  • 2015年度   生体機械力学

  • 2015年度   トライボロジー

  • 2015年度   計算バイオメカニクス演習

  • 2015年度   生体工学概論

  • 2014年度   生体機械力学

  • 2014年度   生体工学概論

  • 2014年度   計算バイオメカニクス演習

  • 2014年度   トライボロジー

  • 2013年度   生体機械力学

  • 2013年度   生体工学概論

  • 2013年度   生体機能概論

  • 2013年度   計算バイオメカニクス演習

  • 2013年度   トライボロジー

  • 2012年度   生体機械力学

  • 2012年度   生体工学概論

  • 2012年度   生体機能概論

  • 2012年度   計算バイオメカニクス演習

  • 2012年度   トライボロジー

  • 2011年度   生体機械力学

  • 2011年度   生体工学概論

  • 2011年度   生体機能概論

  • 2011年度   計算バイオメカニクス演習

  • 2011年度   トライボロジー

▼全件表示

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など

  • Best Presentation Award for Young Researcher

    Eighteenth International Conference on Flow Dynamics (ICFD2021)  

    2021年10月21日

    大石 卓弥(指導学生)

  • Best poster award

    The 7th International Symposium on Applied Engineering and Sciences  

    2019年11月19日

    大西 統耀(指導学生)

学会・委員会等活動

  • 日本機械学会   脳神経血管内治療に関する医工学連携研究会・幹事  

    2016年01月 - 現在

  • 計測自動制御学会   第21回SICEシステムインテグレーション部門講演会・プログラム委員  

    2020年08月 - 2020年12月

  • 日本機械学会   九州支部代表会員  

    2020年03月 - 現在

  • 計測自動制御学会   第20回SICEシステムインテグレーション部門講演会・プログラム委員  

    2019年08月 - 2019年12月

  • 6th International Conference on Computational and Mathematical Biomedical Engineering   Organising Committee  

    2019年06月

  • 日本機械学会   第30回バイオフロンティア講演会実行委員  

    2019年04月 - 2019年07月

  • 計測自動制御学会   ソフトマテリアル応用部会・幹事  

    2019年01月 - 2020年12月

  • 計測自動制御学会   第19回SICEシステムインテグレーション部門講演会・プログラム委員  

    2018年08月 - 2018年12月

  • バイオレオロジー学会   第42回日本バイオレオロジー学会年会実行委員会幹事  

    2018年05月 - 2019年06月

  • 計測自動制御学会   会誌出版委員会  

    2018年03月 - 2020年02月

  • 計測自動制御学会   計測自動制御学会論文集 SI2017特集号ゲストアソシエートエディタ  

    2018年02月 - 2019年01月

  • 計測自動制御学会   SICE Annual Conference 2018, Program Committee Member  

    2018年01月 - 2018年09月

  • 計測自動制御学会   第18回SICEシステムインテグレーション部門講演会・プログラム委員  

    2017年08月 - 2017年12月

  • 日本ロボット学会   第35回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2017)・プログラム委員  

    2017年07月 - 2017年09月

  • 日本機械学会   九州支部福岡東地区役員  

    2017年04月 - 2019年03月

  • 計測自動制御学会   ソフトマテリアル応用部会・主査  

    2017年01月 - 2018年12月

  • 計測自動制御学会   第17回SICEシステムインテグレーション部門講演会・プログラム委員  

    2016年08月 - 2016年12月

  • 日本ロボット学会   第34回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2016)・プログラム委員  

    2016年07月 - 2016年09月

  • 日本機械学会   ロボティクス・メカトロニクス講演会2018(ROBOMECH2018)プログラム副委員長  

    2015年09月 - 2018年09月

  • 計測自動制御学会   第16回SICEシステムインテグレーション部門講演会・プログラム委員  

    2015年08月 - 2015年12月

  • 計測自動制御学会   ソフトマテリアル応用部会・副主査  

    2015年01月 - 2016年12月

  • 日本機械学会   バイオエンジニアリング部門運営委員会委員  

    2014年04月 - 2016年03月

  • 日本機械学会   九州支部福岡東地区役員  

    2012年04月 - 2013年03月

  • 計測自動制御学会   ソフトマテリアル応用部会委員  

    2010年10月 - 現在

  • バイオメカニズム学会   第22回バイオメカニズムシンポジウム実行委員  

    2010年09月 - 2011年07月

▼全件表示

PR

  • (企業向けPR)

    <主な研究テーマ>
    1) 高感度,小サイズ,柔軟な触覚センサを開発し,医療機器の操作性向上や生体内触診に応用.さらに,微小な圧電応答部を2次元配置し,ロボットの指の触覚へも応用
    2) 血管内に挿入されるカテーテルの経路・反力を計算し,術前・術中計画,カテーテル/ガイドワイヤの製品設計に応用
    3) 形状記憶ポリマーなどのスマートソフトマテリアルを利用し,人間と同様に「柔軟性」と「大きな力」を両立できるロボットの実現

    <応用可能な分野>
    ・触覚センサ
    ・手術支援システム
    ・医療・福祉ロボット
    ・医療機器の力学特性評価
    ・ワイヤなど柔軟構造物の力学特性評価

    ・近年、ロボット技術が医療・福祉分野に適用され、ロボットが人と接する機会が増えています。その場合、従来の産業用ロボットと異なり、人とロボットが接したときのお互いの損傷が少ないように柔軟な素材を使ってアクチュエータやセンサを構成することが必要です。そのような背景から、主に「柔軟なセンサ・アクチュエータの医療・福祉への応用」を検討しています。
    ・それ以外のテーマについても、企業・大学でいろいろ携わってきました。医療・福祉分野に限らず、お気軽にご連絡下さい。