髙嶋 一登 (タカシマ カズト)

TAKASHIMA Kazuto

写真a

職名

准教授

研究室住所

福岡県北九州市若松区ひびきの2-4

研究分野・キーワード

触覚センサ,スマートソフトマテリアル,低侵襲手術,人と接するロボット,コンピュータ支援外科,医療機器の力学試験,人工筋肉,バイオトライボロジー

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.life.kyutech.ac.jp/~ktakashima/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1997年03月   京都大学   工学部   機械工学科   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2006年03月  京都大学  工学研究科  機械工学専攻  博士課程・博士後期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  博士(工学)  2006年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院生命体工学研究科   生体機能応用工学専攻   准教授  

  • 2010年08月
    -
    2014年03月

    九州工業大学   大学院生命体工学研究科   生体機能専攻   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年09月
    -
    2015年03月

    理化学研究所基幹研究所   客員研究員   日本国

  • 2008年04月
    -
    2010年07月

    理化学研究所基幹研究所   研究員   日本国

  • 2006年04月
    -
    2008年03月

    理化学研究所(フロンティア研究システム)   研究員   日本国

  • 2006年04月
    -
    2007年03月

    藤田保健衛生大学短期大学臨床工学技術専攻科   客員講師   日本国

  • 2005年04月
    -
    2006年03月

    日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員   日本国

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2013年06月
    -
    継続中
     

    計測自動制御学会  日本国

  • 2009年01月
    -
    継続中
     

    IEEE  アメリカ合衆国

  • 2007年06月
    -
    継続中
     

    日本ロボット学会  日本国

  • 2005年01月
    -
    継続中
     

    日本生体医工学会  日本国

  • 2004年08月
    -
    継続中
     

    日本機械学会  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 知能機械学・機械システム

  • 生体医工学・生体材料学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 低侵襲手術のための医療機器(触覚センサ,手術シミュレータ,手術支援ロボット)の開発

    医療・福祉,触覚センサ,手術シミュレータ,低侵襲手術,バーチャルリアリティ,センサ  

    研究期間: 2003年11月  -  継続中

  • スマートマテリアル(有機強誘電体,形状記憶ポリマー)のロボットへの応用

    Shape-memory polymer, Shape fixity, Shape recovery, Glass transition temperature  

    研究期間: 2006年04月  -  継続中

  • 生体組織,細胞の力学的現象の解明

    Endothelial Cell, Cellular Biomechanics, Confocal Laser Scanning Microscope, Biomechanics, Image Processing  

    研究期間: 2010年08月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • Evaluation of Contact Force between Aneurysm Model and Coil for Embolization of Intracranial Aneurysms

    Takashima Kazuto, Ikeda Yuta, Yoshinaka Kiyoshi, Ohta Makoto, Mori Koji, Toma Naoki

    脳神経血管内治療  ( 特定非営利活動法人 日本脳神経血管内治療学会 )    2020年12月  [査読有り]

     概要を見る

    <p><b>Objective:</b> To ensure safe coil embolization for intracranial aneurysms, it is important to investigate the contact force between the coil and the aneurysm wall. However, it is unclear how the catheter tip position and the diameter of the secondary loop of the coil influence the contact force. In this study, we measured the contact force between a coil and an aneurysm biomodel under different conditions.</p><p><b>Methods:</b> A commercially available coil was inserted through a microcatheter into a silicone rubber aneurysm model at a constant speed (1 mm/s) using an automatic stage, and the contact force between the coil and the aneurysm wall was measured by a force sensor attached on the aneurysm model. The inner diameter of the spherical aneurysm was 5 mm. The effects of varying the position of the catheter tip (near dome, center, near neck) and the diameter of the secondary coil (4.5 mm) were evaluated.</p><p><b>Results:</b> When the catheter tip was inserted more deeply into the aneurysm (especially near the dome), the contact force increased. The contact force also increased as the secondary coil diameter was increased with the catheter tip near and in the center of the dome.</p><p><b>Conclusion:</b> These results suggest that the catheter tip position and the secondary coil diameter affect the contact force. In particular, the contact force should be considered large with the catheter tip near the dome to ensure safe coil deployment.</p>

    DOI CiNii

  • 形状記憶ポリマーを用いた剛性と感度を可変のロボットアーム

    高嶋 一登

    計測と制御  ( 公益社団法人 計測自動制御学会 )  59 ( 11 ) 847 - 851   2020年11月  [査読有り]  [招待有り]

    DOI CiNii

  • Improved method of estimating the contact force acting on an endovascular treatment device using image processing

    T. Onishi, K. Takashima

    Seventeenth International Conference on Flow Dynamics (ICFD2020)      306 - 307   2020年10月  [査読有り]

    Japan  Sendai  2020年10月  -  2020年10月

  • Development of a stereo dip-coating system for fabrication of tube-shaped blood vessel models

    Y. Shimizu, S. Tupin, C. Kiyomitsu, K. Kitamura, K. Takashima, M. Ohta

    Scientific Reports    10   Article number: 6929 (10 pages)   2020年04月  [査読有り]

    DOI

  • Dielectric elastomer based stretchable textile sensor for capturing motion

    Singh N.K., Takashima K., Shibata T.

    Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering    11375   2020年04月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2020 SPIE. This paper presents the fabrication, electromechanical modelling and testing of a highly stretchable textile-dielectric elastomer capacitive sensor for capturing motion. The proposed sensor is made of conductive fabric as electrode and ultra-Thin dielectric elastomer film as dielectric. This type of capacitive sensor exhibits high linearity and sensitivity as compare to available commercial sensors. By using basic calibration technique integrated with microelectronics, such sensors can easily capture motion and can also be paired with a mobile application, which is capable of visualizing the recorded 3D movement in real time domain, has the potential to be used in wearables.

    DOI Scopus

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 「第6章 形状記憶を利用したマテリアルの開発とその特性 第4節 形状記憶ポリマーを用いたアクチュエータ・センサの設計」,自己修復材料、自己組織化、形状記憶材料の開発と応用事例

    高嶋一登 ( 共著 , 担当範囲: pp.390-396 )

    技術情報協会  2020年03月 ISBN: 978-4-86104-781-7

  • 「第4章 第3節 〔7〕 低侵襲手術への応用を目的とした小型触覚センサ」,狙いどおりの触覚・触感をつくる技術

    高嶋一登,池野慎也,石田謙司,堀江聡 ( 共著 , 担当範囲: pp.476-486 )

    サイエンス&テクノロジー  2017年11月 ISBN: 978-4-8642-8162-1

  • 「第3章 ヘルスケア用センサの高感度化と計測技術 第24節 低侵襲手術用触覚センサの開発と応用技術」,【次世代】ヘルスケア機器の新製品開発

    高嶋一登,堀江聡,石田謙司,竹中慎,向井利春 ( 共著 , 担当範囲: pp.215-220 )

    技術情報協会  2014年05月 ISBN: 978-4-8610-4532-5

  • Numerical Analysis of the Mechanical Properties of a Vena Cava Filter (Editor: Ufuk Çobanoğlu, Pulmonary Embolism)

    K.Takashima, K. Mori, K. Yoshinaka, T. Mukai ( 共著 , 担当範囲: Chapter 11 )

    In-Tech  2012年03月 ISBN: 978-9-5351-0233-5

  • 節2.4.8 画像処理を用いた内視鏡用触覚センサ

    池内健,高嶋一登,葭仲潔 ( 共著 )

    超五感センサの開発最前線,エヌ・ティー・エス  2005年11月

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 形状記憶ポリマーの温度による剛性変化を利用したロボットアームの動作評価

    高橋美貴,高嶋一登,向井利春

    第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2020)  (オンライン)  2020年12月  -  2020年12月    計測自動制御学会

  • 形状記憶ポリマーとジャミング転移現象を用いた可変剛性リンクの基礎検討

    今澤俊貴,高嶋一登

    第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2020)  (オンライン)  2020年12月  -  2020年12月    計測自動制御学会

  • 複数枚の形状記憶ポリマーシートを用いた空気圧ゴム人工筋の特性評価

    岩本大輝,高嶋一登,則次俊郎,向井利春

    第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2020)  (オンライン)  2020年12月  -  2020年12月    計測自動制御学会

  • 形状記憶ポリマーを用いた触覚センサの出力評価

    宮﨑涼,高嶋一登,向井利春

    第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2020)  (オンライン)  2020年12月  -  2020年12月    計測自動制御学会

  • 形状記憶ポリマーを用いた小型力覚センサのパラメータ推定

    小渕穣,高嶋一登,向井利春

    第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2020)  (オンライン)  2020年12月  -  2020年12月    計測自動制御学会

全件表示 >>

講演 【 表示 / 非表示

  • 生体力学現象のセンシング,シミュレーション技術

    岐阜大学工学部 特別講義G ( 岐阜 )  2021年01月08日 

  • 脳動脈瘤コイル留置のシミュレーション—手法と応用例—

    第35回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 ( 福岡 )  2019年11月22日  NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会

  • 血管内治療デバイスの動作解析

    脳神経血管内治療に関する医工学連携研究会 ( 鹿児島 )  2019年07月18日  脳神経血管内治療に関する医工学連携研究会

  • 有機強誘電体薄膜を用いたカテーテル型触覚センサ

    フレキシブルエネルギーデバイスコンソーシアム 2019年度第2回講演会 ( 東京 )  2019年07月17日  フレキシブルエネルギーデバイスコンソーシアム

  • 細長い柔軟な医療機器の動作解析―血管内治療への応用―

    第42回日本バイオレオロジー学会年会・第27回福岡県臨床工学会 ( 北九州 )  2019年06月02日  日本バイオレオロジー学会

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • SI2014優秀講演賞

    2014年12月17日   第15回 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会   日本国

    受賞者:  竹中慎,高嶋一登

  • SI2013優秀講演賞

    2013年12月20日   第14回 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会   日本国

    受賞者:  杉谷和洪,高嶋一登,則次俊郎,向井利春

  • JRM表彰

    2013年05月23日   一般社団法人 日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門   日本国

    受賞者:  K.Takashima,T.Noritsugu,J.Rossiter,S.Guo,T.Mukai

  • Smart Materials and Structures Highlights of 2012

    2013年02月21日   Smart Materials and Structures   日本国

    受賞者:  J.Rossiter,K.Takashima,T.Mukai

  • Best paper Award

    2005年05月   1st international conference of complex medical engineering (CME2005)   日本国

    受賞者:  K. Takashima,K. Yoshinaka,K. Ikeuchi

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 低侵襲手術用触覚センサを用いた生体内計測・診断技術の確立

    若手研究(B)

    研究期間:  2010年04月  -  2012年03月

    研究課題番号:  22700485

  • 低侵襲手術のための触覚センサおよび手術シミュレータの開発およびその応用

    若手研究(スタートアップ)

    研究期間:  2006年04月  -  2008年03月

    研究課題番号:  18800087

  • 低侵襲医療デバイスの生体内における制御・誘導技術に関する研究

    特別研究員奨励費

    研究期間:  2005年04月  -  2006年03月

    研究課題番号:  05J01745

受託研究・共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 有機強誘電体を用いたカテーテル型高感度触覚センサの開発

    受託研究

    研究期間:  2012年11月  -  2013年10月

寄附金・講座 【 表示 / 非表示

  • 中谷医工計測技術振興財団 平成27年度技術開発研究助成 開発研究助成金

    公益財団法人中谷医工計測技術振興財団  2016年03月

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 形状記憶ポリマーの温度による剛性変化を利用した関節および皮膚の柔軟性可変のロボットアームの開発

    提供機関:  地方自治体 

    研究期間:  2016年04月  -  2017年02月

  • 生体分子で機能化したカテーテル型触覚センサの開発補助事業

    提供機関:  公益財団法人JKA 

    研究期間:  2014年04月  -  2015年03月

  • 形状記憶ポリマーの温度による剛性変化を利用したロボットの姿勢維持機構に関する研究

    提供機関:  民間財団等 

    研究期間:  2012年11月  -  2014年03月

  • 熟練工の皮膚感覚を模倣した触覚センサの開発

    提供機関:  北九州産業学術推進機構 

    研究期間:  2011年04月  -  2012年02月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度  制御工学基礎

  • 2019年度  制御システム工学

  • 2019年度  生体機械力学

  • 2019年度  生命体工学概論B

  • 2019年度  トライボロジー

全件表示 >>

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など 【 表示 / 非表示

  • Best poster award

    2019年11月   The 7th International Symposium on Applied Engineering and Sciences

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2019年01月
    -
    継続中

    計測自動制御学会   ソフトマテリアル応用部会・幹事

  • 2016年01月
    -
    継続中

    日本機械学会   脳神経血管内治療に関する医工学連携研究会・幹事

  • 2020年03月
    -
    継続中

    日本機械学会   九州支部代表会員

  • 2019年06月
     
     

    6th International Conference on Computational and Mathematical Biomedical Engineering   Organising Committee

  • 2019年04月
    -
    2019年07月

    日本機械学会   第30回バイオフロンティア講演会実行委員

全件表示 >>

 

PR 【 表示 / 非表示

  • (企業向けPR)

    <主な研究テーマ>
    1) 高感度,小サイズ,柔軟な触覚センサを開発し,医療機器の操作性向上や生体内触診に応用.さらに,微小な圧電応答部を2次元配置し,ロボットの指の触覚へも応用
    2) 血管内に挿入されるカテーテルの経路・反力を計算し,術前・術中計画,カテーテル/ガイドワイヤの製品設計に応用
    3) 形状記憶ポリマーなどのスマートソフトマテリアルを利用し,人間と同様に「柔軟性」と「大きな力」を両立できるロボットの実現

    <応用可能な分野>
    ・触覚センサ
    ・手術支援システム
    ・医療・福祉ロボット
    ・医療機器の力学特性評価
    ・ワイヤなど柔軟構造物の力学特性評価

    ・近年、ロボット技術が医療・福祉分野に適用され、ロボットが人と接する機会が増えています。その場合、従来の産業用ロボットと異なり、人とロボットが接したときのお互いの損傷が少ないように柔軟な素材を使ってアクチュエータやセンサを構成することが必要です。そのような背景から、主に「柔軟なセンサ・アクチュエータの医療・福祉への応用」を検討しています。
    ・それ以外のテーマについても、企業・大学でいろいろ携わってきました。医療・福祉分野に限らず、お気軽にご連絡下さい。