池野 慎也 (イケノ シンヤ)

IKENO Shinya

写真a

職名

准教授

研究室住所

福岡県北九州市若松区ひびきの2-4

研究分野・キーワード

バイオプロセス、機能性ペプチド、ナノ粒子

ホームページ

http://www.life.kyutech.ac.jp/~ikeno/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 金沢大学 -  博士(工学)  2003年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院生命体工学研究科   生体機能応用工学専攻   准教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物機能・バイオプロセス

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A short peptide designed from late-embryogenesis abundant protein enhances acid tolerance in Escherichia coli

    Khaled Metwally, Shinya Ikeno

    Applied Biochemistry and Biotechnology      2020年02月  [査読有り]

    DOI

  • Interaction study of peptide-PAMAM as potential bio-nanogate for detecting anti-hepatitis B surface antigen

    Noor Syamila Othman, Amir Syahir Amir Hamzah, Shinya Ikeno, Wen Siang Tan, Haslina Ahmad, Asilah Ahmad Tajudin

    Colloids and Surfaces B: Biointerfaces   ( Elsevier )  185   2019年11月  [査読有り]

    DOI

  • Escherichia coli tolerance of ultraviolet radiation by in vivo expression of a short peptide designed from late embryogenesis abundant protein

    Huwaidi A., Pathak N., Syahir A., Ikeno S.

    Biochemical and Biophysical Research Communications    503 ( 2 ) 910 - 914   2018年09月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2018 Elsevier Inc. Ultraviolet (UV) radiation causes damage in all living organisms, including DNA damage that leads to cell death. Herein, we provide a new technique for UV radiation protection through intracellular short peptide expression. The late embryogenesis abundant (LEA) peptide, which functions as a shield that protects macromolecules from various abiotic stress, was obtained from the Polypedilum vanderplanki group 3 LEA protein. Recombinant Escherichia coli BL21 (DE3) expressing functional LEA short peptide in vivo were exposed to UVA and UVC radiation for 4, 6, and 8 h. E. coli transformants expressing the LEA peptide showed higher cell viability under both UVA and UVC treatment at all time points as compared with that of the control. Furthermore, the cells expressing LEA peptide showed a higher number of colony-forming units per dilution under UVA and UVC treatment. These results suggested that expression of the short peptide could be useful for the development of genetically modified organisms and in applications that require resilience of organisms to UV radiation.

    DOI Scopus

  • In vivo expression of a short peptide designed from late embryogenesis abundant protein for enhancing abiotic stress tolerance in Escherichia coli

    Pathak N., Ikeno S.

    Biochemical and Biophysical Research Communications    492 ( 3 ) 386 - 390   2017年10月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2017 Elsevier Inc. In vivo functional analyses of a late embryogenesis abundant (LEA) short peptide expressed in recombinant Escherichia coli BL21 (DE3) were carried out under abiotic stress (salt, heat, and cold) conditions. Our LEA peptide was derived from the Polypedilum vanderplanki group 3 LEA protein based on distinctive conserved amino acid motif sequences. We focused on high-salt (5% and 7% NaCl) concentrations to evaluate the functional relevance of the peptide under abiotic salt stress. E. coli transformants expressing the LEA peptide showed higher cell viability than the control not expressing the peptide when transferred to a medium containing 5% and 7% NaCl; cells expressing LEA peptide showed a higher number of colony-forming units per dilution under the high salt stress condition. Moreover, expression of the LEA peptide resulted in greater cell survival under heat (48 °C) and cold (4 °C) stress. These results suggest that LEA short peptide co-expression could be useful for developing genetically modified organisms and in applications to prevent E. coli cell death under high salt, heat, and cold stress.

    DOI Scopus

  • Construction and characterization of mutated LEA peptides in Escherichia coli to develop an efficient protein expression system

    Nishit Pathak,Hiro Hamada,Shinya Ikeno

    Journal of Molecular Recognition      2017年08月  [査読有り]

    DOI

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • High expression of Silicatein by using LEA peptide co-expression system

    Kouki Sato, Kazunori Nakashima, Shinya Ikeno

    12th Japan-Korea joint symposium on Bio-microsensing Technology  2019年12月  -  2019年12月   

  • Characterization and optimization of garbage enzyme from sources of organic waste and its potential industrial application

    Nurul Ain Syukriyah Ahmad Muhamud, Rashidah Abdul Rahim, Shinya Ikeno

    12th Japan-Korea joint symposium on Bio-microsensing Technology  2019年12月  -  2019年12月   

  • Responses of Deinococcus radiodurans R1 upon exposure to ultraviolet (UV) radiation

    Khairunisa Amira Ahmad, Asilah Ahmad Tajudin, Shinya Ikeno and Amir Syahir Amir Hamzah

    12th Japan-Korea joint symposium on Bio-microsensing Technology  2019年12月  -  2019年12月   

  • Development of a peptide-integrated microfluidic system for the electrochemical detection of Newcastle disease virus

    Abd Muain, Amir Syahir Amir Hamzah, Lim Hong Ngee, Shinya Ikeno, Asilah Ahmad Tajudin

    12th Japan-Korea joint symposium on Bio-microsensing Technology  2019年12月  -  2019年12月   

  • Codon usage of LEA peptide is affect to efficient expression of GFP in Escherichia coli

    Junpei Shoji, Khaled Metwally, Shinya Ikeno

    12th Japan-Korea joint symposium on Bio-microsensing Technology  2019年12月  -  2019年12月   

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 有用タンパク質の高発現方法

    特願 特願2012-544317  特許 5875052  日本国

    池野慎也,春山哲也

  • 受容体発現細胞とそれを用いた標的物質の機能の評価方法

    特願 '出願2005-87695  特開 '公開2006-262813  日本国

    春山 哲也,カリ ケイネネン,池野 慎也

     概要を見る

    【課題】遺伝子工学的手法により、チャネルゲートレセプター機能を有する取り扱い容易な細胞を構築すること、そしてそれを用いた機能計測システムを構築すること。
    【解決手段】特定の機能を有する受容体とレポータータンパク質との融合タンパク質を発現し得る遺伝子を、培養容易な細胞に形質導入して得られる受容体発現細胞。そして、こ
    の細胞の発現するレポータータンパク質の活性を測定することによって、受容体の特定の機能を定量的に評価し、活性が標準化されたモデル細胞とする。これに標的物質を作用さ
    せ、モデル細胞が接触する電極の電位変化を測定、あるいは、モデル細胞周辺のイオン濃度の変化を測定することによって、標的物質と受容体との相互作用を評価するシステムが
    提供される。

講演 【 表示 / 非表示

  • Development of functional short peptide and its application

    Pure and Applied Chemistry International Conference 2020   2020年02月14日 

  • Functional peptide: its full potential and application

    International Congress of The Malaysian Society For Microbiology 2019   2019年11月13日 

  • c-face配向性を有するZnO球状粒子の微生物殺菌への応用

    平成24年度第1回 食品・バイオテクノロジー技術研究会講演会 ( リファレンス駅東ビル 3階会議室 )  2012年10月03日  産業技術研究所 計測・診断システム研究協議会

  • バイオサーベイランスを目的とした人工酵素の分子設計・合成とそのセンサ応用

    金沢大学 第10回バイオサイエンスシンポジウム ( 金沢 )  2007年11月09日 

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 乾燥ストレス耐性ペプチドを利用したタンパク質発現系の構築とその作用機構の解明

    若手研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月

    研究課題番号:  25820405

  • 分子修飾ナノ粒子を用いた核内受容体を標的とする簡易薬剤スクリーニング法の開発

    若手研究(B)

    研究期間:  2009年04月  -  2011年03月

    研究課題番号:  21760644

受託研究・共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 機能性ペプチド共発現法を用いた大腸菌による殺虫タンパク質の大量発現技術の実現

    受託研究

    研究期間:  2018年09月  -  2020年03月

  • 機能性ペプチド共発現法を利用した微生物殺虫剤の生産性向上技術の開発

    受託研究

    研究期間:  2016年06月  -  2017年03月

  • LEAペプチド共発現によるタンパク質高発現法の昆虫細胞発現系への応用

    受託研究

    研究期間:  2012年04月  -  2013年02月

  • (AS232Z00962E)乾燥ストレス耐性ペプチドの共発現によるタンパク質高効率発現技術の開発

    受託研究

    研究期間:  2012年04月  -  2012年07月

  • (AS232Z00962E)乾燥ストレス耐性ペプチドの共発現によるタンパク質高効率発現技術の開発

    受託研究

    研究期間:  2011年12月  -  2012年03月

     概要を見る

    研究成果最適展開支援プログラムフィージビリティスタディステージ探索タイプ
    (A-STEP)

全件表示 >>

寄附金・講座 【 表示 / 非表示

  • 公益財団法人柿原科学技術研究財団平成30年度科学技術研究助成金

    公益財団法人柿原科学技術研究財団  2018年10月

  • 吉田学術教育振興会

    公益財団法人吉田学術教育振興会   2016年03月

  • 田中貴金属 第16回「貴金属に関わる研究助成金」

      2015年03月

  • 旭硝子財団 研究奨励

    公益財団法人 旭硝子財団  2013年04月

  • 平成22年度研究助成金 池谷科学技術振興財団

      2010年04月

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 微生物殺虫剤の大量生産技術を可能とする機能性ペプチドの探索

    提供機関:  公益財団法人 北九州産業学術推進機構 

    研究期間:  2018年04月  -  2019年02月

  • 機能性銀ナノ粒子を用いた高感度芽胞検出システムの開発

    提供機関:  独立行政法人 科学技術振興機構 

    研究期間:  2009年07月  -  2010年03月

     概要を見る

    シーズ発掘試験A(発掘型)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度  生物機能分子工学

  • 2018年度  化学Ⅱ

  • 2018年度  バイオインフォマティクス演習

  • 2018年度  生物機能分子工学

  • 2017年度  化学ⅡA

全件表示 >>

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など 【 表示 / 非表示

  • ベストポスター発表賞(Applied Biology部門)

    2019年11月   SAES2019