Updated on 2022/11/24

 
JAHNG Doosub James
 
Scopus Paper Info  
Total Paper Count: 0  Total Citation Count: 0  h-index: 2

Citation count denotes the number of citations in papers published for a particular year.

Affiliation
Graduate School of Life Science and Systems Engineering Department of Human Intelligence Systems
Job
Professor
Phone
+81-93-695-6138
Fax
+81-93-695-6138
External link

Research Interests

  • Team Communication

Research Areas

  • Humanities & Social Sciences / Educational technology  / 産業保健マーケティング

  • Life Science / Hygiene and public health (non-laboratory)  / 産業保健マーケティング

  • Life Science / Hygiene and public health (laboratory)  / 産業保健マーケティング

Post Graduate Education

  • 1989.12   The University of Tokyo   Graduate School, Division of Medical Sciences   Health Sciences   Doctoral Program   Completed   Japan

Degree

  • The University of Tokyo  -  Doctor of Health Sciences   1989.12

Biography in Kyutech

  • 2016.04
    -
    2018.03
     

    Kyushu Institute of Technology   Graduate School of Life Science and Systems Engineering   Department of Human Intelligence Systems   Department Director  

  • 2014.04
     

    Kyushu Institute of Technology   Graduate School of Life Science and Systems Engineering   Department of Human Intelligence Systems   Professor  

  • 2006.10
    -
    2014.03
     

    Kyushu Institute of Technology   Graduate School of Life Science and Systems Engineering   Department of Brain Science and Engineering   Professor  

Biography before Kyutech

  • 2003.10 - 2006.03   産業医科大学産業生態科学研究所産業保健経済学研究室   助教授   Japan

  • 1993.09 - 2003.09   産業医科大学産業生態科学研究所産業保健経済学研究室   講師   Japan

  • 1993.09 - 2003.06   ハーバード大学公衆衛生大学院   インストラクター   United States

  • 1992.09 - 1993.08   ハーバード大学公衆衛生大学院   訪問研究員   United States

  • 1990.10 - 1991.03   帝京大学福祉・保育専門学校   併任講師   Japan

  • 1990.04 - 1993.08   Teikyo University   Research Assistant   Japan

  • 1990.04 - 1992.03   帝京医学技術専門学校   併任講師   Japan

  • 1989.12 - 1990.03   東京大学大学院   医学系研究科   研究員   Japan

▼display all

Academic Society Memberships

  • 2018.04   Biomedical Fuzzy Systems Association   Japan

  • 2015.01 - 2017.03   The Japanese Association of School Health   Japan

  • 2014.04 - 2019.03   Japanese Society for Information and Systems in Education   Japan

  • 2014.03 - 2015.03   Japanese Society of Health Education and Promotion   Japan

  • 2012.05   Safety and Health at Work   Korea, Republic of

  • 2011.05   Japan Society for Educational Technology   Japan

  • 2011.02   The Communication Association of Japan   Japan

  • 2010.05 - 2013.10   Japan Society of Sport Psychology   Japan

  • 2010.05 - 2015.11   Japan Society of Health Promotion   Japan

  • 2010.04 - 2017.03   The Society of Project Management   Japan

  • 1994.04 - 2016.03   American Industrial Hygiene Conference   United States

  • 1994.04 - 2016.03   International Congress on Occupational Health   United States

  • 1993.04 - 2019.03   Japan Society for Occupational Health   Japan

  • 1992.11 - 1993.08   米国環境保全局 米国環境保全学術委員会   United States

  • 1990.04 - 1991.03   Air & Waste Management Association   Others

  • 1985.04   日本公衆衛生学会   Japan

▼display all

Papers

  • Examining the correlation between impressions of intra-organizational communication and mental health illnesses in the workplace Reviewed

    TOKUDA Yousuke, ABE Kenji, UCHIDA Shinji, HONDA Sumihisa, JAHNG Doosub

    Journal of Biomedical Fuzzy Systems Association ( Biomedical Fuzzy Systems Association )   24 ( 1 )   1 - 6   2022.06

     More details

    Authorship:Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    Workers living with mental health illnesses are increasing due to job stress. Previous studies have identified intra-organizational communication as one of the job stressors. This study examined the correlation between intra-organizational communication and mental health illnesses in the workplace. Participants were recruited from Corporation A (N=283). Team Communication Interface Questionnaire (TCIQ) and Kessler 6 Scale (K6) were used to measure intra-organizational communication and mental health illnesses, respectively. TCIQ was used due to having good psychometric properties and for its unique ability to gauge each member’s impressions about their team. Results of the Pearson correlation coefficient indicated that there was a significant negative association between K6 score and total TCIQ score (R=-0.321, P<0.01). The correlation coefficients also reported significant negative associations (P<0.01) between K6 score and each item of TCIQ: mission recognition (-.280), information transmission (-.275), schedule management (-.284), and evaluation awareness (-.227). The results show that intra-organizational communication is related to mental health illnesses. Examining intra-organizational communication through TCIQ in the workplace may promote mental health and help achieve organizational goals more effectively.

    DOI: 10.24466/jbfsa.24.1_1

    CiNii Research

    Other Link: https://search.jamas.or.jp/link/ui/2022237137

  • Relationship between learning score in education and training support system and achievement test results at medical radiology technician school Reviewed

    ABE Hiroyuki, HONDA Sumihisa, JAHNG Doosub

    Journal of Biomedical Fuzzy Systems Association ( Biomedical Fuzzy Systems Association )   23 ( 2 )   69 - 77   2021.12

     More details

    Authorship:Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    This study aimed to assess the relationship of the learning score obtained with the web version of the education and training support system Key Words Meeting (KWM) in respect to the periodic examination results in a given subject of study and to the simulated examination results, on questions in national examinations for medical radiology technician radiation chemistry classes. The periodic examinations were taken in the second year by 68 students, and the simulated examinations were taken in the third year by 61 students. The correlation coefficient (ρ) between learning score and periodic examination results was 0.233 (p=0.055) and between learning score and radiochemistry simulated examination was 0.374 (p<0.01), thus showing significant positive correlation. The periodic examination result was found to correlate significantly with the sociality basic points (ρ=0.407) and additional points (ρ=0.261) of the learning score. Correlation of the radiochemistry result in the simulated examination was also found with respect to the sociality basic points (ρ=0.255) and additional points (ρ=0.294), to the submission basic points (ρ=0.298) and additional points (ρ=0.334), and to the continuous-learning basic points (ρ=0.315) and additional points (ρ =0.316), thus all aspects of learning score evaluation showed significant positive correlation. In the subject of study, the averages of the obtained learning score and periodic examination results score were respectively 89.7 and 78.3, and 7 students failed to attain 60 points in the periodic examination results. The seven underachievers included three who were higher than average in learning score but less than 60 in periodic examination results and four who were lower than average in learning score and less than 60 in periodic examination results. This indicates that observing the learning score, visualizing the individual learning processes, and ascertaining whether the student is motivated to learn and identifying the cause of underachievement can enable effectively focused consideration of underachievers. The quantification of learning activity of student leads to improve their ability and motivation of learning in an early stage, such as in the middle of lecture course.

    DOI: 10.24466/jbfsa.23.2_69

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://search.jamas.or.jp/link/ui/2022082295

  • Relationship Between Shape of Keyword and Memory Retention in an Undergraduate Elective Course Reviewed

    MAYAMA Kazue, JAHNG Esther, KURISHIMA Kazuhiro, HONDA Sumihisa, JAHNG Doosub

    Journal of Biomedical Fuzzy Systems Association ( Biomedical Fuzzy Systems Association )   23 ( 2 )   1 - 9   2021.12

     More details

    Authorship:Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    Teachers commonly prepare for classes by summarizing the learning materials in plain language and presenting them as keywords to the students. The web version of Key Words Meeting (KWM), an education and training support tool, is an interactive learning system that uses ICT to electronically gather data on students’ memory retention rates of keywords that teachers input into the system. In this study, the relationships between word counts, parts of speech, and memory retention rates were examined. Data was collected through KWM for an undergraduate engineering elective course from 2014 to 2018. Results showed that memory retention rates were higher when main keywords, which act as titles, had lower word counts and when sub-keywords, which supplement the main keywords, had higher word counts. Morphological analyses revealed that memory retention rates were higher when main keywords contained combinations of nouns and when sub-keywords contained combinations of parts of speech other than nouns. Results suggest that different combinations of parts of speech and word counts affect memory retention. Further research on the characteristics of teachers’ keywords that yield high memory retention rates may lead to improved learning and memory for students in classes.

    DOI: 10.24466/jbfsa.23.2_1

    CiNii Article

    CiNii Research

  • Development of Safety Communication Interface Questionnaire to Evaluate Impressions of Safety in the Workplace Reviewed

    ABE Kenji, TOKUDA Yousuke, UCHIDA Shinji, TAKAHASHI Katsushige, HONDA Sumihisa, JAHNG Doosub

    Journal of Biomedical Fuzzy Systems Association ( Biomedical Fuzzy Systems Association )   22 ( 2 )   33 - 40   2020.11

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    <p><i>Few studies have examined the claim that engaging in safety activities can contribute to the reduction of occupational accidents in the workplace. Maintenance and promotion of these activities are largely influenced by team communication about safety. Team Communication Interface Questionnaire (TCIQ) has been proposed to examine intra-organizational communication by asking members to share their impressions about their team. Derived from TCIQ, we have developed Safety Communication Interface Questionnaire (SCIQ) to measure impressions of safety in the workplace. In this study we conducted a questionnaire survey and workplace inspection for Company A, examined the reliability and validity of SCIQ, and evaluated safety activities from the viewpoint of safety communication. The 115 subjects had a mean age of 48.3 years and were recruited from the company's two branches. Cronbach's alpha coefficient was used to calculate the internal consistency coefficients of the items in SCIQ: risk prediction activity (0.764), near-miss activity (0.815), 4S activity (0.765), pointing and calling activity (0.807), and greeting movement (0.755). The results of this study demonstrate the reliability of SCIQ. </i><i> </i></p>

    DOI: 10.24466/jbfsa.22.2_33

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130008066677

  • A Study on the Establishment of Non-Formal Education Using Information and Communication Technology (ICT) in Japan

    TAKAHASHI Katsushige, KURISHIMA Kazuhiro, HONDA Sumihisa, JAHNG Doosub

    Journal of Biomedical Fuzzy Systems Association ( Biomedical Fuzzy Systems Association )   22 ( 1 )   1 - 12   2020.01

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    <p>In order for children to grow in today's educational environment, they need to receive not only support from schools but also from their local community. Furthermore, improvement in information and communication technology (ICT) literacy is becoming a pressing issue that needs to be addressed. The purpose of this study is to create and consider the possibilities of a venue for non-formal education through a privately-run program utilizing ICT. Content of the non-formal education consisted of observance of rules as law-abiding citizens and topics related to local lifestyles and occupations in the community. Five members from the local area were designated as instructors for the classes. A total of 18 participants were recruited through flyer distribution. The program adapted a web version of Key Words Meeting (KWM), an education and training support system that can produce a visualization from the preparatory stages of the classes to the learning process after the classes. The effectiveness of the classes was evaluated based on the proportion of each keyword that was retained by the participants, as measured by KWM. Classes were held five times from September through November 2017 with 17 children participating in the first class, 15 in the second, 12 in the third, 14 in the fourth, and 7 in the fifth. The results indicated that there were capable members from the local area who could serve as instructors in the classes. Efforts to recruit the participants were affected by factors such as cooperation from local schools, the weather, and club activity schedules. In the classes, the proportions of each keyword retained by the participants came close to or exceeded 75%. The study presents the possibility of sustainable non-formal education through the development of various topics that are specific to the regional characteristics of the local community, as evidenced by the visualized data obtained from KWM.<i> </i></p>

    DOI: 10.24466/jbfsa.22.1_1

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007998430

  • A study on the relationship between the status of lecture content transmission and continuing learning by particpants in mental health education Reviewed

    Etsuko TAKEDA, Kazuhiro KURISHIMA, Sumihisa HONDA, Doosub JAHNG

    21 ( 2 )   187 - 194   2019.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • Team Communication Interface Questionnaire for the assessmentof communication status: Reliability and Validity Study Reviewed

    TOKUDA Yousuke, ABE Kenji, UCHIDA Shinji, HONDA Sumihisa, JAHNG Doosub

    Journal of Biomedical Fuzzy Systems Association ( Biomedical Fuzzy Systems Association )   21 ( 1 )   21 - 30   2019.05

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    <p><i>Organization measures and improves intangible assets for sustainable development. TCI (Team Communication Interface) is a model that generalizes the organization's communication using the interface concept. This study examined the reliability and validity of TCIQ by conducting a questionnaire survey in Corporation A. A total of 330 people (average age=42.4 years) participated in the survey. The Cronbach’s α coefficients for the four interfaces of TCIQ were .933 (Mission recognition), .786 (Information transmission), .811 (Schedule management), and .907 (Evaluation awareness). Pearson's product-moment correlation coefficient values between the four interfaces of TCIQ and three factors calculated from the BJSQ response values were from .256 to .459 (p<0.01). Results suggest that TCIQ has high reliability and criterion-related validity. TCIQ is able to identify differences in how members view their team, which is expected to be used for team development intervention. </i></p>

    DOI: 10.24466/jbfsa.21.1_21

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://search.jamas.or.jp/link/ui/2019299235

  • Team Communication Interface Questionnaire for the assessment of communication status:Reliability and Validity Study Reviewed

    Yousuke TOKUDA, Kenji ABE, Shinji UCHIDA, Sumihisa HONDA, Doosub JAHNG

    Journal of Biomedical Fuzzy Systems Association   21 ( 1 )   21 - 30   2019.05

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • Introduction to the New Assessment Methodology in Educational Settings: Use of KWM in an Engineering Graduate Course Reviewed

    TAIRA Suo, KURISHIMA Kazuhiro, UCHIDA Shinji, KANEKO Shuji, HONDA Sumihisa, JAHNG Doosub

    Journal of Biomedical Fuzzy Systems Association ( Biomedical Fuzzy Systems Association )   20 ( 1 )   47 - 54   2018.05

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    <p><i>Accountability in educational institutions has become a widespread concern, leading to the need of assessment tools that could provide objective results for class improvements. The purpose of this study was to propose the use of an assessment methodology that measures the activities of students and teachers in classroom settings. Subjects were recruited from an elective course in the Graduate School of Engineering. Key Words Meeting </i><i><tt>(</tt></i><i>KWM</i><i><tt>)</tt></i><i> was used to assess the transmission situation of the keywords. Activities of the students and teachers were scored and termed “learning amount” and “guidance amount,” respectively. The average score of “learning amount” was 80.0 points </i><i><tt>(</tt></i><i>SD = 8.9</i><i><tt>)</tt></i><i> and the average score of “guidance amount” was 88.7 points </i><i><tt>(</tt></i><i>SD =1.4</i><i><tt>)</tt></i><i>. The largest difference in the scores of students arose from their activities related to feedback from the teachers. The teachers completed all the activities before and after class, however, there was a difference in the status of students’ transmission situations. From the scores of class activities, assessment criteria for students and teachers were identified. The results of this study may encourage students and teachers to engage in further activities before and after class, and provide a way to objectively assess both in class and out of class activities for concrete class improvements.</i><i> </i></p>

    DOI: 10.24466/jbfsa.20.1_47

    CiNii Article

    CiNii Research

  • Introduction to the New Assessment Methodology in Educational Settings: Use of KWM in an Engineering Graduate Course Reviewed

    Taira, S., Kurishima, K., Uchida, S., Kaneko, S., Honda, S., Jahng, D.

    Journal of Biomedical Fuzzy Systems Association   20 ( 1 )   47 - 54   2018.05

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • Quantification of Keyword Transmission in Corporate Training Programs Reviewed

    Uchida, S., Kurishima, K., Kaneko, S., Abe, K., Honda, S., Jahng, D.

    Journal of Biomedical Fuzzy Systems Association   19 ( 1 )   81 - 88   2017.06

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • ロボットと歩む共生マネジメント

    Jahng, Doosub

    Traffic & Business ( 一般財団法人 道路新産業開発機構 )   114   15 - 21   2017.04

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)

  • Exercise Self-Efficacy as a Mediator between Goal-Setting and Physical Activity: Developing the Workplace as a Setting for Promoting Physical Activity Reviewed

    Iwasaki, Y., Honda, S., Kaneko, S., Kurishima, K., Honda, A., Kakinuma, A. and Jahng, D.

    Safety and Health at Work   8 ( 1 )   94 - 98   2017.03

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    DOI: 10.1016/j.shaw.2016.08.004

  • Quantification of Keyword Transmission in Corporate Training Programs

    UCHIDA Shinji, KURISHIMA Kazuhiro, KANEKO Shuji, ABE Kenji, HONDA Sumihisa, JAHNG Doosub

    Journal of Biomedical Fuzzy Systems Association ( Biomedical Fuzzy Systems Association )   19 ( 1 )   81 - 88   2017.01

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    <p><i>Training follow-up has been recognized as a vital component of effective corporate trainings. Proper implementation of follow-up require the trainers to determine what contents had been transmitted to the participants during the training. The purpose of this study was to quantify the transmission situation of the keywords that were utilized during the corporate training program. Subjects were recruited from two mental health-related trainings. The trainings were divided into one for managerial class and other for rank-and-file employees. Key Words Meeting (KWM) was used to assess the transmission situation of the keywords. The training contents were presented as plural sets of main keyword and sub keywords. Two indexes of transmission situations were proposed: 1) proportion of each keyword retained by participants attending the program and 2) proportion of keywords retained by individual participant. The results of this study may help trainers implement appropriate follow-up and assist with the evaluation of training programs. </i></p>

    DOI: 10.24466/jbfsa.19.1_81

    CiNii Article

    CiNii Research

    Other Link: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007935666

  • Association between Body Fat Percentage and Sleep Disorders in Japanese Female University Students Reviewed

    Japanese Journal of School Health   57 ( 4 )   176 - 182   2015.10

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • 自己組織化マップを用いた職場における労働者の健康分類 Reviewed

    藤末浩司, 本田純久, 磯貝浩久, JAHNG, Doosub

    バイオメディカル・ファジィ・システム学会誌   15 ( 1 )   41 - 49   2013.06

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    労働者の健康に関する3つの情報をSOMに入力し,出力結果から健康分類を行う方法を提案した。調査デザイン担当

  • Evaluation of Waist Circumference Cut-off Values as a Marker for Fatty Liver among Japanese Workers. Reviewed

    Safety and Health at Work   3 ( 4 )   287 - 293   2012.11

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    DOI: 10.5491/SHAW.2012.3.4.287

    Scopus

  • 授業の形成的評価を支援するWebシステム “Key Words Meeting”の開発 Reviewed

    栗島一博, 我妻広明, 金子宗司, 内田信二, JAHNG, Doosub

    教育システム情報学会誌   29 ( 4 )   180 - 189   2012.10

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    Webを用いた教員と学生間の教育コミュニケーションツールの開発について報告した。

  • プレゼンテーションの進め方

    Doosub Jahng

    産業看護 ( メディカ出版 )   4 ( 5 )   13 - 18   2012.05

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)

  • プレゼンテーションの考え方

    Doosub Jahng

    産業看護 ( メディカ出版 )   4 ( 5 )   8 - 12   2012.05

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)

  • Study on the Lifestyle, Subjective Symptoms and Health Cognition Depending on the Sasang Constitution in the Industrial Workers Reviewed

    Kor. J. Oriental Preventive Medical Society   7(2)   1 - 12   2003.12

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

  • The Study on Stress Evaluation with Sasang Constitution and Lifestyle for Labors in Workplace Reviewed

    SB Yun,SH Kwon,ST Kim,SJ Yeon,HK Jung,YC Kim,Doosub Jahng,MJ Wang,YS Song,KN Lee

    Kor. J. Oriental Preventive Medical Society   7(1)   1 - 15   2003.06

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

  • The Evaluation of Sasang Constitution with Use of Health Examination Data in Workplace Reviewed

    SH Kwon,YN Jahng,JS Park,MS Chong,Doosub Jahng,YS Song,KN Lee

    Kor. J. Oriental Preventive Medical Society   7(1)   139 - 150   2003.06

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

  • The Study on the Relationship between Health Concern, Health Behavior, and Subjective Health Cognition in Urban and Rural Area Reviewed

    SY Jun,SH Kwon,HJ Yu,Doosub Jahng,YS Song,KN Lee

    Kor. J. Oriental Preventive Medical Society   6(2)   19 - 35   2002.12

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

  • Particle Size Analysis of Cadmium Aerosol for Cadmium Inhalation Toxicology Study (766ppm Cadmium Nebulizing Solution) Reviewed

    Jae Yeal Jeung,Donald K. Milton,Tae Hyeung Kim,Jong Young Lee,Doosub Jahng,Sung Ho Kang,Young Sun Song,Ki Nam Lee

    Korean J. Oriental Physiology & Pathology   16(5)   1035 - 1041   2002.10

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

  • The Study on the Contents and Satisfaction of Oriental Medicine Examination Program Reviewed

    Eun-Kyoung Lee,Doosub Jahng,Yung-Sun Song,Ki-Nam Lee

    Kor. J. Oriental Preventive Medical Society   6(1)   51 - 59   2002.06

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

  • A Study on the Factors Affecting Health Promotion Lifestyles of Workers in the Small Scale Industries Reviewed

    Kor. J. Oriental Preventive Medical Society   5(2)   10 - 30   2001.12

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

  • Research on the Relation between Musculoskeletal symptoms and Diagnosis using Moire Topography among Workers at an Automobile Manufacturing Plant Reviewed

    Eun-Joo Chun,Young-Gi Lee,Doosub Jahng,Ki-Nam Lee,Yung-Sun Song

    Kor. J. Oriental Preventive Medical Society   5(2)   69 - 92   2001.12

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

  • A Study on the Relationship between Musculoskeletal Symptoms and Health Promoting Life Style among Some Workers Reviewed

    Kor. J. Oriental Preventive Medical Society   5(2)   40 - 68   2001.12

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

  • Study on Life Style of Health Promotion for the Elderly - Centering on farming villages in Jeollabuk-do Province Reviewed

    Kor. J. Oriental Preventive Medical Society   5(2)   8 - 28   2001.12

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

  • 歯科用ラテックスグローブの溶出タンパク量とラテックスアレルギーの周辺事情 Reviewed

    内藤徹,Doosub Jahng,横田誠

    日本歯科評論   61(9)   97 - 99   2001.09

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • The Assessment on Health Status of Workers by using HPLP and Sasang Constitutional Questionnaire Reviewed

    Kor. J. Oriental Preventive Medical Society   5(1)   41 - 56   2001.06

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

  • The Studies of Neurotransmitter and Brain Metabolism by Using Oriental Herbs Reviewed

    The Journal of Traditional Korean Medicine   11(1)   51 - 69   2001.02

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

  • A Study on Oriental Medical Diagnosis of Musculoskeletal Disorders using Moire Image Reviewed

    Kor. J. Oriental Preventive Medical Society   4(2)   72 - 92   2000.12

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

  • A Study on the Factors Affecting Health Promoting Lifestyles of Some Workers Reviewed

    Kor. J. Oriental Preventive Medical Society   4(2)   119 - 141   2000.12

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

  • 歯科医療従事者のラテックスアレルギーの危険性と関連市場の構造的側面 Reviewed

    内藤徹,Doosub Jahng,横田誠

    アレルギーの臨床   20(11)   27 - 33   2000.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • Research on the Development of the Oriental Medical Model on the Health Examination in the Industry Reviewed

    Kor. J. Oriental Preventive Medical Society   4(1)   32 - 50   2000.06

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (other academic)

  • The Effects of Health Promotion Program on medical parameters and lifestyle. Reviewed

    K. Furuki,N. Katoh,Doosub J. Jahng,M. Ikeda,T. Okubo

    the 26th International Congress on Occupational Health   2000.04

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    Singapore   2000.04  -  2000.04

  • Activities of Daily Living and Instrumental Activities of Daily Living of the Elderly in Chollabuk-Do Area Reviewed

    Ki-Nam Lee,Jae-Yeal Jeung,Doosub Jahng,Sung-Kook Lee

    Korean J. of Rural Medicine   25(1)   65 - 83   2000.03

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • 企業外労働衛生機関による健康診断受診時における受診者満足度とその影響因子 Reviewed

    江嵜高史,本田純久,橋本英樹,Doosub Jahng

    産衛生誌   41(5)   159 - 165   1999.09

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)

  • The Effects of a Health Promotion Program on Body Mass Index Reviewed

    K. Furuki,S. Honda,Doosub Jahng,M. Ikeda,T. Okubo

    J. of Occup. Health   41(1)   19 - 26   1999.01

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • 産業保健計画 ・ 立案の実践理論その1 ―対象集団選択と需要調査に対する理論的考察(OPST研究報告その2) Reviewed

    Doosub Jahng,橋本英樹,古木勝也

    産業医科大学雑誌   18(3)   193 - 201   1996.09

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)

  • 産業保健計画 ・立案の実践理論その2 ― 優先順位決定から報告書作成までの理論的考察 (OPST研究報告その3) Reviewed

    Doosub Jahng,橋本英樹,古木勝也

    産業医科大学雑誌   18(3)   203 - 211   1996.09

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)

  • 産業医サポートシステム(OPSS)の開発 (OPST研究報告) Reviewed

    Doosub Jahng,古木勝也,橋本英樹

    産業医学ジャーナル   19(4)   36 - 42   1996.07

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • Environmental Awareness Study II - Development of Questionnaire and the Results of Pilot Studies Reviewed

    Doosub Jahng ,Y. Yanagisawa

    Air & Waste Management Association (AWMA) Proceeding   #95-FA166.02   1 - 13   1995.06

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • Development of the Occupational Physician Support System in Japan. Reviewed

    Doosub J. Jahng,K. Furuki

    the 55th AIHCE   1995.04

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    America   Kansas City, Missouri   1995.04  -  1995.04

  • Development of the Questionnaire to Investigate Environmental Awareness. Reviewed

    Doosub J. Jahng,Yukio Yanagisawa

    the 54th American Industrial Hygiene Conference & Exposition (AIHCE)   1994.04

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    America   Anaheim, California   1994.04  -  1994.04

  • 環境と健康リスク -ディーゼル排気ガスのリスクマネジメント- Reviewed

    ジァン ドゥーソッブ

    環境科学会誌   6(4)   403 - 411   1993.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • A New Medical Technology for Early Diagnosis of COPD and Its Contribution to Public Health in Industrializing Countries. Reviewed

    Intaek Hahn,Doosub J. Jahng,James D. Blanchad,Joseph D. Brain

    the 86th Annual Meeting & Exhibition of AWMA   1993.04

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    America   Denver, Colorado   1993.04  -  1993.04

  • Introduction to Interdisciplinary Research for Sustainable Development in Industrializing Countries. Reviewed

    the 86th Annual Meeting & Exhibition of AWMA   1993.04

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    America   Denver, Colorado   1993.04  -  1993.04

  • Risk Management Approaches Relative to Diesel Particulate Emissions Reviewed

    Doosub Jahng,K. Maeda

    Air & Waste Management Association (AWMA) Proceeding   #92-57-07   1 - 11   1992.06

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • Risk Management Approaches Relative to Diesel Particulate Emissions: A Case Study for Tokyo Reviewed

    Doosub Jahng,K. Maeda

    J. of Clean Technology and Environmental Sciences   2(1)   1 - 12   1992.01

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)

  • The Costs and Effectiveness of Replacing Diesel Vehicles with Gasoline Vehicles. Reviewed

    Doosub J. Jahng,K. Maeda

    the 2nd IUAPPA Regional Conference on Air Pollution   1991.04

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)

    Korea   Seoul   1991.04  -  1991.04

  • 医療費と喫煙習慣との関連-国民健康保険診療報酬請求明細書を用いて- Reviewed

    Doosub Jahng,T. Mori,K. Maeda

    日本公衆衛生学会誌   34 (2)   89 - 94   1987.02

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)

    主要雑誌

▼display all

Publications (Books)

  • 運動指導専門研修テキストⅠ

    ジァン ドゥーソッブ(Joint author ,  第8章研究討議第2節 -健康づくりの企画と運営II(手法の紹介)-)

    中央労働災害防止協会  2009.02 

     More details

    Language:Japanese

    2001年テキストの改訂版で,企画運営の考え方と進め方について述べた。

  • 元気に働くための3つの基本、目標管理、指示報告、予定管理

    ジァン ドゥーソッブ(Sole author)

    中央労働災害防止協会  2003.10 

     More details

    Language:Japanese

    病気ではない状態を超えて、元気に働くために必要である目標管理、指示報告、予定管理を自主的に取得できる実用書である。

  • 産業保健マーケティング -働く人の健康資源を企業戦略に確保するための考え方と進め方-

    ジァン ドゥーソッブ(Sole author)

    中央労働災害防止協会  2002.04 

     More details

    Language:Japanese

    従業員に必要であるものと従業員が必要とするものに対するサービスにおける考え方と進め方を体系化した理論書である。

  • ヘルシーカンパニーの実現 -21世紀の企業の健康に携わる方々へ-、CHC編

    尾立源幸,ジァン ドゥーソッブ(Joint author ,  第2部2章チームオペレーティングサイクル、第3部21世紀の産業医に必要な素養)

    バイオコミュニケーションズ株式会社  2001.12 

     More details

    Language:Japanese

    チーム構築の考え方と進め方をまとめた。優れた産業医から学ぶべき素養について述べた。

  • THP指導者のための実務向上研修テキスト(Aコース)

    ジァン ドゥーソッブ(Sole author ,  産業医に求められる健康づくりのプランニング)

    中央労働災害防止協会  2001.10 

     More details

    Language:Japanese

    産業医に必要な産業保健企画の手法について述べた。

  • 運動指導専門研修テキストⅠ

    ジァン ドゥーソッブ(Joint author ,  研究討議第9章第2節-健康づくりの企画と運営Ⅱ(手法の紹介)-)

    中央労働災害防止協会  2001.04 

     More details

    Language:Japanese

    1997年テキストの改訂版で、企画の立て方とチーム活動の評価手法を加えた。

  • 研究開国、橋爪大三郎、神谷勇治編著

    ジァン ドゥーソッブ(Joint author ,  第2章 4.ちっょとした困ること)

    富士通ブックス  1997.09 

     More details

    Language:Japanese

    科技庁フォーラムで論議した内容で、外国人研究者が直面する問題と対応を提言した。

  • 産業衛生スタッフのための職場復帰の理論と実際、産業医科大学産業生態科学研究所編

    森 光爾,ジァン ドゥーソッブ(Joint author ,  5.4職場復帰業務の客観化を目指して-OPSSの適用)

    中央労働災害防止協会  1997.09 

     More details

    Language:Japanese

    産業医のための企画ツールを復職のシステムに応用した。

  • 運動指導専門研修テキスト

    ジァン ドゥーソッブ(Joint author ,  研究討議第9章第1節 -健康づくりの企画と運営-)

    中央労働災害防止協会  1997.04 

     More details

    Language:Japanese

    産業保健スタッフのためのチーム運営の考え方と進め方について述べた。2部ではプレゼンテーション・スキル向上法についても述べた。

  • 愛とビジネスには国境はなかったか

    ジァン ドゥーソッブ,キム スミ(Joint author)

    白馬出版社  1991.01 

     More details

    Language:Japanese

    韓国ビズネスマンのサクセスストーリーを翻訳した。

▼display all

Conference Prsentations (Oral, Poster)

  • ICT(Key Words MeetingのWeb版(KWM))を活用したノンフォーマル教育の場の設置に関する研究

    Doosub JHANG

    日本教育工学会第37回全国大会   日本教育工学会

     More details

    Event date: 2020.09.30   Language:Japanese  

  • The Relationship between Physical Activity Level and Budget for Exercise.

    Iwasaki, Y.

    International Congress on Physical Activity and Public Health  International Society for Physical Activity and Health

     More details

    Event date: 2016.11.16 - 2016.11.19   Language:English  

  • 中学校の授業におけるKey Words Meetingの導入の効果

    古賀 修治

    日本教育工学会第32回全国大会  日本教育工学会

     More details

    Event date: 2016.09.17 - 2016.09.19   Language:Japanese  

  • 企業内メンタルヘルス教育におけるKey Word Meetingの導入の試み

    竹田悦子

    第89回日本産業衛生学会  日本産業衛生学会

     More details

    Event date: 2016.05.24 - 2016.05.27   Language:Japanese  

  • 学生の学習量ならびに教員の指導量に基づく評価手法の開発

    Doosub JAHNG

    日本教育工学会第31回全国大会  日本教育工学会

     More details

    Event date: 2015.09.21 - 2015.09.23   Language:Japanese  

  • 理解度の定性的・定量的分析を可能にする教育支援ツールKWMを用いた記憶状況と課題評点の関係

    我妻広明

    日本教育工学会第31回全国大会  日本教育工学会

     More details

    Event date: 2015.09.21 - 2015.09.23   Language:Japanese  

  • 中学校の授業におけるKey Words Meetingの導入の試み

    古賀修司

    日本教育工学会第31回全国大会  日本教育工学会

     More details

    Event date: 2015.09.21 - 2015.09.23   Language:Japanese  

  • Association between Body Fat Percentage and Sleep Disorders in Japanese Female University Students.

    Ishikawa, E.

    12th Asian Congress of Nutrition 

     More details

    Event date: 2015.05.15   Language:English  

  • 工学系大学院教育における理解度の分析-教育支援ツールKWMを用いた記憶状況と課題評点の関係から

    我妻広明

    日本教育工学会第30回全国大会  日本教育工学会

     More details

    Event date: 2014.09.19 - 2014.09.21   Language:Japanese  

  • 3つの授業支援ツールを用いた大学院授業における学習実態

    Doosub JAHNG

    日本教育工学会第30回全国大会  日本教育工学会

     More details

    Event date: 2014.09.19 - 2014.09.21   Language:Japanese  

  • 大学院専門科目における開講期間中の学習状況の可視化-Key Words Meetingを用いて−

    平良素生

    日本教育工学会第30回全国大会  日本教育工学会

     More details

    Event date: 2014.09.19 - 2014.09.21   Language:Japanese  

  • Key Words Meetingを用いた小学校での歯科保健授業の取り組みについて

    岡藤美紀

    日本健康教育学会  日本健康教育学会

     More details

    Event date: 2014.07.12 - 2014.07.13   Language:Japanese  

  • Assessment of a mental health seminar with Key Words Meeting system

     More details

    Event date: 2014.05.21 - 2014.05.24   Language:Japanese  

  • 職域のウォーキング促進イベント参加者におけるデバイスの活用

    岩崎美枝

    第86回日本産業衛生学会講演集 

     More details

    Event date: 2013.05.14 - 2013.05.17   Language:Japanese  

  • 産業保健マーケティングの研究報告1.−包括的健康資源ソリューション(CHRIS)の紹介

    ジァン ドゥーソッブ

    第85回日本産業衛生学会講演集 

     More details

    Event date: 2012.05.30 - 2012.06.02   Language:Japanese  

  • 産業保健マーケティングの研究報告4.−TCI(Team Communication Interface)チーム尺度の信評価

    徳田洋祐

    第85回日本産業衛生学会講演集 

     More details

    Event date: 2012.05.30 - 2012.06.02   Language:Japanese  

  • 産業保健マーケティングの研究報告3.−教育支援ツールKWMの職域への応用可能性

    栗島一博

    第85回日本産業衛生学会講演集 

     More details

    Event date: 2012.05.30 - 2012.06.02   Language:Japanese  

  • 産業保健マーケティングの研究報告2.−SOMを用いた対象集団選択手法

    金子宗司

    第85回日本産業衛生学会講演集 

     More details

    Event date: 2012.05.30 - 2012.06.02   Language:Japanese  

  • 看護大学で管理工学・システム工学を学ぶことの検討.

    日本赤十字九州国際看護大学

    日本公衆衛生雑誌 

     More details

    Event date: 2010.10.27 - 2010.10.29   Language:Japanese  

  • 教育の形成的評価を支援するWebツール”Key Words Meeting”の開発.

    ジァン ドゥーソッブ

    日本公衆衛生雑誌 

     More details

    Event date: 2010.10.27 - 2010.10.29   Language:Japanese  

  • スポーツ集団におけるMPS尺度の開発.

    藤末浩司

    九州スポーツ心理学研究 

     More details

    Event date: 2010.03   Language:Japanese  

  • 健康診断結果で見られた健康認識別セグメントに対する産業保健マーケティング対応

    ジァン ドゥーソッブ

    日本公衆衛生雑誌(第68回日本公衆衛生学会総会抄録集) 

     More details

    Event date: 2009.10.21 - 2009.10.23   Language:Japanese  

  • 職域健康診断における精神的健康状態と主観的健康認識の関連

    栗島一博

    日本公衆衛生雑誌(第68回日本公衆衛生学会総会抄録集) 

     More details

    Event date: 2009.10.21 - 2009.10.23   Language:Japanese  

  • 職域健診における脂肪肝改善因子の検討

    阿部尚美

    日本公衆衛生雑誌(第68回日本公衆衛生学会総会抄録集) 

     More details

    Event date: 2009.10.21 - 2009.10.23   Language:Japanese  

  • 自己組織化マップを用いた健康状態の分類と健康診断データの活用

    生命体工学研究科・脳情報専攻 藤末浩司

    日本公衆衛生雑誌(第68回公衆衛生学会総会抄録集) 

     More details

    Event date: 2009.10.21 - 2009.10.23   Language:Japanese  

  • 健康認識と定期健康診断結果を用いた健康分類の試み

    ジァン ドゥーソッブ

    第82回日本産業衛生学会講演集 

     More details

    Event date: 2009.05.20 - 2009.05.22   Language:Japanese  

  • 健康診断における無所見者の健康関連活動と健康認識

    坂本宣明

    第82回日本産業衛生学会講演集 

     More details

    Event date: 2009.05.20 - 2009.05.22   Language:Japanese  

  • 自己組織化マップを用いた健康分類

    生命体工学研究科・脳情報専攻 藤末浩司

    第82回日本産業衛生学会講演集 

     More details

    Event date: 2009.05.20 - 2009.05.22   Language:Japanese  

  • 健康関連プログラム参加候補者の健康認識

    河津雄一郎

    第82回日本産業衛生学会講演集 

     More details

    Event date: 2009.05.20 - 2009.05.22   Language:Japanese  

  • 男性労働者の高血圧の割合と治療コントロール調査

    大江奈津子

    第82回日本産業衛生学会講演集 

     More details

    Event date: 2009.05.20 - 2009.05.22   Language:Japanese  

  • 企業のグローバル化に伴う産業保健戦略への提案 ―IBMの日本における産業保健活動の展開から―

    西原亜紀子

    第82回日本産業衛生学会講演集 

     More details

    Event date: 2009.05.20 - 2009.05.22   Language:Japanese  

  • 職域健診における腹囲計測値と脂肪肝、生活習慣病の関連について

    阿部尚美

    第81回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2008.04   Language:Japanese  

  • 過重労働の継続がメンタルヘルスへ与える影響

    戸津崎貴文

    第81回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2008.04   Language:Japanese  

  • 体重変動と生活習慣病の危険因子の増減との関連

    第67回日本公衆衛生学会総会 

     More details

    Event date: 2008.04   Language:Japanese  

  • 自己組織化マップを用いた健康診断データの解析

    藤末浩司

    第67回日本公衆衛生学会総会 

     More details

    Event date: 2008.04   Language:Japanese  

  • 男性労働者におけるメタボリックシンドロームとライフスタイル要因に関する検討

    伊佐将人

    第81回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2008.04   Language:Japanese  

  • 脂肪肝指標としての腹囲及びBMIカットオフ値の検討

    阿部尚美

    第67回日本公衆衛生学会総会 

     More details

    Event date: 2008.04   Language:Japanese  

  • 健康診断結果に関する「よくある質問」の検討

    坂本宣明

    第81回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2008.04   Language:Japanese  

  • 新たな産業保健テーマ口腔保健分野の立ち上げについて 第一報OHQによるニーズ調査段階の報告

    古澤真美

    第80回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2007.04   Language:Japanese  

  • 某食品製造業におけるライフスタイルと定期健康診断結果の関連

    伊佐将人

    第80回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2007.04   Language:Japanese  

  • 職域定期健康診断に基づく有所見率の年次推移

    南郷里奈

    第80回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2007.04   Language:Japanese  

  • 34歳以下での血液検査の受診状況と35歳時の健診結果との関連

    坂本宣明

    第80回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2007.04   Language:Japanese  

  • 就労女性の生活状況と身体状況の経年変化

    大江奈津子

    第80回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2007.04   Language:Japanese  

  • 働く中高年女性の健康診断における基準値設定の試み

    阿部尚美

    第80回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2007.04   Language:Japanese  

  • 過重労働従事者における疲労蓄積度と健康認識

    戸津崎貴文

    第80回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2007.04   Language:Japanese  

  • 動物展示施設における感染症対策 その1~感染症対策システム構築の一例~

    堀愛

    第79回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2006.04   Language:Japanese  

  • 過重労働従事者における疲労蓄積度とMPS個人尺度

    戸津崎貴文

    第79回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2006.04   Language:Japanese  

  • 安全衛生委員による職場パトロール議事録の有効性に関する研究

    坂本宣明

    第79回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2006.04   Language:Japanese  

  • パート社員の雇用時健康診断結果分析

    河津雄一郎

    第79回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2006.04   Language:Japanese  

  • 産業保健マーケティングの実践 その4―動物園における観察・ヒアリング・定量化の実践とその意義の検討―

    堀愛

    第78回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2005.04   Language:Japanese  

  • 産業保健マーケティングの実践 その1―健康認識質問票(HAQ)活動報告―

    櫻木園子

    第78回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2005.04   Language:Japanese  

  • 産業保健マーケティングの実践 その3―産業保健における顧客志向の引継ぎリストの開発―

    江口尚

    第78回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2005.04   Language:Japanese  

  • 産業保健マーケティングの実践 その2―従業員のストレスと健康認識との関連―

    戸津崎貴文

    第78回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2005.04   Language:Japanese  

  • 顧客志向の産業保健サービス提供モデルの提案 健康認識質問票(HAQ)調査報告 その1

    ジァン ドゥーソッブ

    第77回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2004.04   Language:Japanese  

  • メンタルヘルスにおける産業保健サービスのあり方、シンポジウム5、健康職場―メンタルヘルスの一次予防

    ジァン ドゥーソッブ

    第77回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2004.04   Language:Japanese  

  • 健康づくりプログラムへの参加希望者の健康認識についての考察 健康認識質問票(HAQ)調査報告 その2

    佐藤優美

    第77回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2004.04   Language:Japanese  

  • 健康診断異常所見に対する受診者と医療スタッフの認識差についての考察 健康認識質問票(HAQ)調査報告 その3

    河津雄一郎

    第77回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2004.04   Language:Japanese  

  • 腰部負荷提示人形を使用した腰痛予防教育効果の検討

    河津雄一郎

    第76回産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2003.04   Language:Japanese  

  • MPSチーム運営モデルの有用性の検討~1959年のK社集団赤痢対策のケーススタディを用いて

    荘司榮徳

    第76回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2003.04   Language:Japanese  

  • MPS Teamingと産業保健チーム運営の評価~ミッション・プレゼンテーション・予定管理を用いたチーム運営について~

    ジァン ドゥーソッブ

    第76回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2003.04   Language:Japanese  

  • これからの産業保健企画

    ジァン ドゥーソッブ

    第6回日本産業衛生学会、産業衛生技術部会大会 

     More details

    Event date: 2002.04   Language:Japanese  

  • BITOP企業診断ツールを応用した結核発生時対応システムの構築

    河津雄一郎

    第75回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2002.04   Language:Japanese  

  • ある食品会社におけるラテックス手袋使用に関する質問票調査

    古沢真美

    第75回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2002.04   Language:Japanese  

  • 魅力ある産業保健チームを目指して-チームビルディングを考える-

    荘司榮徳

    第61回全国産業安全衛生大会労働衛生専門部会 健康づくり分科会てい談 

     More details

    Event date: 2002.04   Language:Japanese  

  • 健康認識質問票(HAQ)を用いた顧客ニーズのセグメンテーション

    江嵜高史

    第75回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2002.04   Language:Japanese  

  • 産業保健マーケティングの概観 -顧客志向型産業保健活動の提案-

    ジァン ドゥーソッブ

    第75回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2002.04   Language:Japanese  

  • 健康診断における受診者満足度に関する研究-企業外労働衛生機関における受診者満足度改善事例

    江嵜高史

    第73回日本産業衛生学会 

     More details

    Event date: 2000.04   Language:Japanese  

  • 医療費削減効果からみた大腿骨頚部骨折の治療 -人工骨頭置換術と骨折合術の比較-

    渡部欣忍

    第24回日本骨折治療学会シンポジウム 

     More details

    Event date: 1998.04   Language:Japanese  

  • 産業保健活動の評価への提言

    ジァン ドゥーソッブ

    第54回全国産業安全衛生大会・THP集会 

     More details

    Event date: 1995.04   Language:Japanese  

  • 産業医のためのプレゼンテーション技法(メインシンポジウム)

    ジァン ドゥーソッブ

    第6回産業医学推進研究会 

     More details

    Event date: 1994.04   Language:Japanese  

  • 産業医支援システム開発と優先順位決定方法(パネルディスカッションA)

    ジァン ドゥーソッブ

    第6回産業医学推進研究会 

     More details

    Event date: 1994.04   Language:Japanese  

  • 公衆衛生的にみた地球環境と環境税の問題

    村田洋

    第5回日本公衆衛生学会 

     More details

    Event date: 1992.04   Language:Japanese  

▼display all

Industrial Property

  • 画像を用いた情報伝達活動の評価支援システム

    ジァン ドゥーソッブ

     More details

    Application no:特願2018-001894  Date applied:2018.01.10

  • 情報伝達活動の評価支援システム

    ジァン ドゥーソッブ

     More details

    Application no:特願2011-178636  Date applied:2011.08.17

    Patent/Registration no:5833376  Date registered:2015.11.06 

    情報を伝達する側(発信者)及び情報を受け取る側(受信者)の双方にとって有益な、情報伝達の達成度の評価を支援するシステムを提供する。

  • KWM

    Jahng Doosub

     More details

    Application no:商願2010-53190  Date applied:2010.07.06

  • 情報リレーモデルによる情報伝達ネットワーク形成及び情報伝達方法

    ジァン ドゥーソッブ

     More details

    Application no:特願2004-177198  Date applied:2003.04.01

    的確な指示授受のための項目、効果的プレゼンテーションのための教育ツール、円滑な情報伝達のための組織内の人員配置のための数式モデルによって効果的に情報を伝達するこ
    とができる。

Lectures

  • データ分析における土壌:産業保健の素地の理解 福岡・大阪・東京

    一般財団法人日本予防医学協会 福岡・大阪・東京  2018.03  一般財団法人日本予防医学協会 福岡・大阪・東京

     More details

    Presentation type:Special lecture   Venue:一般財団法人日本予防医学協会  

  • データ分析における土壌:産業保健の素地の理解 福岡・大阪・東京

    一般財団法人日本予防医学協会 福岡・大阪・東京  2018.02  一般財団法人日本予防医学協会 福岡・大阪・東京

     More details

    Presentation type:Special lecture   Venue:一般財団法人日本予防医学協会  

  • データ分析における土壌:産業保健の素地の理解 福岡・大阪・東京

    一般財団法人日本予防医学協会 福岡・大阪・東京  2018.01  一般財団法人日本予防医学協会 福岡・大阪・東京

     More details

    Presentation type:Special lecture   Venue:一般財団法人日本予防医学協会  

  • 教育研修におけるPDCAサイクル

    産業保健マーケティング研究会  2017.01  産業保健マーケティング研究会

     More details

    Presentation type:Special lecture   Venue:東洋公衆衛生学院  

  • 事例で学ぶ産業保健マーケティング

    産業保健マーケティング研究会秋季セミナー  2015.09  産業保健マーケティング研究会

     More details

    Presentation type:Discussion meeting   Venue:九州工業大学サテライト福岡天神  

  • 教育・学習の評価

    産業保健マーケティング研究会秋季セミナー  2014.09  産業保健マーケティング研究会

     More details

    Presentation type:Special lecture   Venue:株式会社内田洋行 新川オフィス(東京 ユビキタス協創広場 CANVAS)  

  • 教育・研修現場のMissing Link

    第19回産業保健マーケティング研究会  2014.05  産業保健マーケティング研究会

     More details

    Presentation type:Special lecture   Venue:岡山コンベンションセンター 3階 302会議室(第7会場)  

  • WESKTプレゼンテーション

    産業保健マーケティング研究会  2013.11  東京著者会

     More details

    Presentation type:Special lecture   Venue:梅田センタービル 大阪  

  • 「教」と「育」の話

    東京著者と読む会  2013.11  東京著者と読む会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:中央労働災害防止協会 東京  

  • 然れど、産業保健マーケティング

    第1回 関西産業保健を考える会  2013.10  大塚製薬株式会社 京都

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:ホテルグランブィア 京都  

  • TCI調査結果報告と対処

    健康管理グループ研修会  2013.09  コニカミノルタ株式会社

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:コニカミノルタ株式会社 大阪  

  • 産業保健マーケティングの考え方と進め方

    平成25年度日医認定産業医研修会「集中講座」  2013.08  京都府医師会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:京都府医師会館  

  • ロボットと歩む共生マネジメント

    社会ロボット具現化センター開所記念式典及び設立シンポジウム「働くロボット達の夢」  2013.06  九州工業大学社会ロボット具現化センター

     More details

    Presentation type:Others   Venue:九州工業大学 百周年中村記念館  

  • コミュニケーションの考え方と進め方

    京都府医師会平成24年度日医認定産業医研修  2013.02  京都府医師会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:京都府医師会館  

  • 授業支援システムKWMを用いた看護大学における疫学講義

    沖縄県立看護大学(7/20-21)  2012.07  沖縄県立看護大学

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:那覇市  

  • 帰郷・プレゼンテーション、包括的健康資源ソリューションCHRISの紹介

    合同著者会(7/15)  2012.07  合同著者会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:北九州市  

  • Faculty Development Staff Development研修会

    日本赤十字九州国際看護大学  2012.06  日本赤十字九州国際看護大学

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:福岡県宗像市  

  • 事業主・医療保険者の協働による効果的な健康支援-人材マネジメントにおける「健康資源確保」の考え方と進め方-

    株式会社JTBベネフィット  2011.11  株式会社JTBベネフィット

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • 帰郷・コミュニケーション論

    合同著者会(7/16-17)  2011.07  合同著者会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:大阪  

  • 分かる講義の作り方

    福岡歯科大学FD講演会  2011.02  福岡歯科大学

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:福岡市  

  • コミュニケーションの考え方と進め方

    中部心理相談委員会  2011.01  中部心理相談委員会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:静岡県  

  • プレゼンテーション&コミュニケーション特別講義

    特別講義  2010.10  東京大学大学院医学系研究科

     More details

    Presentation type:Others   Venue:東京都  

  • ケーススタディ:よい先生と悪い先生-評価とは-

    著者と読む会 2010年9月〜2011年6月  2010.09  著者と読む会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:福岡市  

  • ケーススタディ:共生

    著者と読む会 2010年9月〜2011年6月  2010.09  著者と読む会

     More details

    Presentation type:Invited lecture  

  • ケーススタディ:保健師の孤独

    著者と読む会 2010年9月〜2011年6月  2010.09  著者と読む会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:名古屋市  

  • ケーススタディ:産業保健現場における国境問題

    著者と読む会 2010年9月〜2011年6月  2010.09  著者と読む会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • 帰郷・もう一度聞きたい3基本と産業保健マーケティング

    合同著者会(7/18-19)  2010.07  合同著者会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:北九州市  

  • 学生に伝わる授業のためのワークショップ

    久留米大学医学部看護学科  2010.03  久留米大学医学部看護学科

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:久留米市  

  • 元気に働くための3つの基本(目標管理・指示報告・予定管理)

    沖縄県立看護大学  2010.03  沖縄県立看護大学

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:那覇市  

  • 健康づくりの企画と運営Ⅱ

    中央労働災害防止協会  2010.02  中央労働災害防止協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • プレゼンテーション特論

    プレゼンテーション特論  2009.11  東京大学大学院医学系研究科

     More details

    Presentation type:Others   Venue:東京都  

  • コミュニケーションの考え方と進め方

    日本産業衛生学会九州地方会  2009.09  日本産業衛生学会九州地方会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:福岡市  

  • 元気に働くための3つの基本・産業保健マーケティング

    著者と読む会 2009年9月〜2010年6月  2009.09  著者と読む会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:福岡市  

  • 元気に働くための3つの基本・産業保健マーケティング

    著者と読む会 2009年9月〜2010年6月  2009.09  著者と読む会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • 元気に働くための3つの基本・産業保健マーケティング

    著者と読む会 2009年9月〜2010年6月  2009.09  著者と読む会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:名古屋市  

  • 元気に働くための3つの基本・産業保健マーケティング

    著者と読む会 2009年9月〜2010年6月  2009.09  著者と読む会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:大阪府  

  • 桃太郎チームはどのように強くなったのか

    チームマネジメント戦略  2009.08  京都経営者協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:京都府  

  • 看護実践者(社会人)のための大学院博士前期課程入学準備プログラム

    看護実践者(社会人)のための大学院博士前期課程入学準備プログラム(7/18-19)  2009.07  沖縄県立看護大学

     More details

    Presentation type:Others   Venue:石垣島  

  • 健康づくりの企画と運営Ⅱ

    中央労働災害防止協会  2009.02  中央労働災害防止協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • 地域保健活動とマーケティング

    三重県健康福祉部健康づくり室  2008.10  三重県健康福祉部健康づくり室

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:三重県津市  

  • 元気に働くための3つの基本・産業保健マーケティング

    著者と読む会 2008年10月〜2009年7月  2008.10  著者と読む会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:大阪府  

  • 元気に働くための3つの基本・産業保健マーケティング

    著者と読む会 2008年6月〜2009年7月  2008.06  著者と読む会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • 健康づくりの企画と運営Ⅱ

    中央労働災害防止協会  2008.01  中央労働災害防止協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • 第19回衛生会合

    第19回衛生会合招待講演  2007.10  古河電気工業株式会社

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:逗子市  

  • 産業保健スタッフのためのチーム構築・活動・評価(Teaming)

    古河電工グループ  2006.10  古河電工グループ

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:逗子市  

  • 女性の社員のためのTeaming

    女性社員シリーズ講演、10回  2006.09  財団法人日本予防医学協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • 営業社員のためのTeaming

    社員研修招待講演、5回  2006.08  財団法人日本予防医学協会本部

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • 産業保健マーケティングとTeaming

    健康管理研究会  2006.06  財団法人日本予防医学協会東海センター

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:名古屋市  

  • Teaming

    招待講演  2006.05  韓国カソリック大学院

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:韓国ソウル市  

  • チーム構築と文化施設運営

    アートマネジメント  2006.02  文化庁

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • 健康づくりの企画と運営II

    THP指導者養成専門研修  2006.01  中央労働災害防止協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • Teaming

    株式会社アクシス  2005.03  株式会社アクシス

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:北九州市  

  • コミュニケーションの重要性

    基調講演  2005.03  社団法人日本工学教育協会

     More details

    Presentation type:Keynote lecture   Venue:東京都  

  • 産業保健マーケティング

    招待講演  2005.03  韓国カソリック医科大学

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:韓国ソウル市  

  • 保健医療におけるマーケティングの考え方とすすめ方

    保健・医療セミナー  2005.03  自治労熊本県本部

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:熊本県  

  • 産業保健マーケティングと企画

    荒川産業医研修会  2005.02  荒川産業医研修会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • 産業保健活動の企画と評価

    クボタ健保  2005.02  クボタ健保

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:大阪府  

  • 産業保健スタッフのためのチーム運営

    ヤマハ発動機株式会社  2005.02  ヤマハ発動機株式会社

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:磐田市  

  • 産業保健マーケティングとチームワーク

    株式会社東芝  2005.01  株式会社東芝

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:北九州市  

  • 産業保健の正当性と有効性

    社団法人全国労働衛生団体連合会  2004.11  社団法人全国労働衛生団体連合会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • 国際コミュニケーション

    北九州市立大学国際環境工学部  2004.11  北九州市立大学国際環境工学部

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:北九州市  

  • マーケティングの考え方・手法を活用した地域保健福祉活動

    熊本県健康福祉政策課  2004.11  熊本県健康福祉政策課

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:熊本県  

  • 健康づくりの企画と運営II

    THP指導者養成専門研修  2004.11  中央労働災害防止協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • 健康管理におけるマーケティングの考え方と進め方

    保健師職能別集会・産業保健研修会  2004.10  社団法人岡山県看護協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:岡山県  

  • 産業保健スタッフにおける効果的チームワーク作りのために

    職域保健師等研修会  2004.10  財団法人地方公務員安全衛生推進協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • 元気に働くための3つの基本

    保健師職能研究会  2004.09  財団法人福岡県看護協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:福岡市  

  • 産業保健活動の正当性と有効性

    第6全国訪問健康指導協会全国大会、教育講演  2004.06  全国訪問健康指導協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • コミュニケーションの重要性

    社団法人日本工学教育協会  2004.03 

     More details

    Presentation type:Keynote lecture   Venue:千葉県  

  • 産業保健マーケティング

    第84回健康管理研究会  2004.02  財団法人日本予防医学協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:福岡市  

  • MPSセミナー

    MPSセミナー  2004.02  広島県産業保健研究会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:広島県  

  • MPSセミナー

    MPSセミナー  2004.02  中央労働災害防止協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:大阪府  

  • 健康教育MPSセミナー(3)

    THP特別講演会  2004.01  中央労働災害防止協会

     More details

    Presentation type:Special lecture   Venue:東京都  

  • 元気に働くための基本

    日本産業衛生学会関東地方会・東京都医師会  2003.12  日本産業衛生学会関東地方会・東京都医師会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • 健康づくりの企画と運営Ⅱ

    第1回運動指導専門研修  2003.12  中央労働災害防止協会

     More details

    Presentation type:Others   Venue:東京都  

  • 健康教育MPSセミナー(2)

    健康教育MPSセミナー  2003.12  中央労働災害防止協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • 産業保健マーケティング

    健康保険組合連合会  2003.11  健康保険組合連合会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:新潟県  

  • 基本への回帰

    第15回産業医学推進研究会全国大会  2003.11  産業医学推進研究会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • 健康教育MPSセミナー(1)

    健康教育MPSセミナー  2003.11  中央労働災害防止協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • 産業保健マーケティング

    第318回健康管理研究会  2003.11  財団法人日本予防医学協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:大阪府  

  • 産業保健マーケティング

    第333回健康管理研究会  2003.10  財団法人日本予防医学協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • 「Presentation What, Why, How」

    北九州市立大学国際環境工学部  2003.10  北九州市立大学国際環境工学部

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:北九州市  

  • 「産業保健マーケティング」―働く人の健康資源を企業戦略的に確保するための考え方と進め方―

    TDK健康管理センター  2003.09  TDK健康管理センター

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:秋田県  

  • 「産業保健マーケティング」―働く人の健康資源を企業戦略的に確保するための考え方と進め方―

    千葉県産業衛生協議会  2003.09  千葉県産業衛生協議会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:千葉県  

  • 元気に働くための3つの基本~目標管理・指示報告・予定管理~

    THP特別講演会  2003.09  中央労働災害防止協会

     More details

    Presentation type:Special lecture   Venue:東京都  

  • 産業保健マーケティングと新たな産業保健活動の技法

    健康保険組合連合会  2003.08  健康保険組合連合会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • 元気に働くための三つの基本、そして回帰

    富山県産業医会・富山県医師会  2003.08  富山県産業医会・富山県医師会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:富山県  

  • 国際会議におけるプレゼンテーションのセミナー

    第9回国際会議におけるプレゼンテーションのセミナー  2003.08  財団法人北九州コンベンションビューロー

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:北九州市  

  • マーケティングの考え方・手法を活用した地域保健福祉活動

    熊本県健康福祉政策課  2003.07  熊本県健康福祉政策課

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:熊本県  

  • 企業経営と健康管理

    財団法人近畿健康管理センター  2003.06  財団法人近畿健康管理センター

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:滋賀県  

  • コミュニケーションの重要性

    基調講演  2003.03  社団法人日本工学教育協会

     More details

    Presentation type:Keynote lecture   Venue:東京都  

  • 第8回産業医に求められる健康づくりのプランニング

    中央労働災害防止協会  2003.02  中央労働災害防止協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:大阪府  

  • 顧客志向型産業保健推進論~産業保健企画ソリューション~

    財団法人日本予防医学協会  2003.02  財団法人日本予防医学協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:福岡市  

  • 健康管理と産業保健マーケティング

    健康保険組合連合会  2003.02  健康保険組合連合会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • 第7回 産業医に求められる健康づくりのプランニング

    中央労働災害防止協会  2002.12  中央労働災害防止協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • “Team building”(集団として働くこと)~チーム運営サイクルにおけるMPS~

    三菱住友シリコン株式会社  2002.11  三菱住友シリコン株式会社

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:佐賀県伊万里市  

  • 産業保健活動のパフォーマンスを高めるチームビルディング

    THP特別講演会  2002.11 

     More details

    Presentation type:Special lecture   Venue:東京都  

  • 健康づくりの企画と運営Ⅱ

    第1回運動指導専門研修  2002.11  中央労働災害防止協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • MPS Teaming

    尾立村形会計事務所  2002.11  尾立村形会計事務所

     More details

    Presentation type:Others   Venue:東京都  

  • マーケティングの考え方・手法を活用した地域保健福祉活動

    熊本県健康福祉政策課  2002.11  熊本県健康福祉政策課

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:熊本県  

  • これからの産業保健企画

    第6回日本産業衛生学会・産業衛生技術部会大会  2002.10  日本産業衛生学会・産業衛生技術部会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:福岡市  

  • 魅力ある産業保健チームを目指して―チームビルディングを考える―

    第61回全国産業安全衛生大会  2002.10  中央労働災害防止協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:福岡市  

  • 顧客とニーズ、そしてマーケティング

    第40回健康管理研究協議会総会  2002.09  健康管理研究協議会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • 産業保健活動におけるチームビルディング

    さんぽ会(産業保健研究会)  2002.09  さんぽ会(産業保健研究会)

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • チームワークとプレゼンテーション

    エクソンモービル有限会社  2002.07  エクソンモービル有限会社

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • 国際会議におけるプレゼンテーション

    第8回国際会議プレゼンテーションセミナー  2002.06  財団法人北九州コンベンションビューロー

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:北九州市  

  • プレゼンテーション特論

    プレゼンテーション特論  2002.05  山梨大学工学部電気電子システム工学科

     More details

    Presentation type:Others   Venue:山梨県  

  • チーム作りと産業保健

    住友金属工業株式会社総合技術研究所  2002.02  住友金属工業株式会社総合技術研究所

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:兵庫県  

  • 健康づくりの企画と運営Ⅰ

    第1回運動指導専門研修  2002.02  中央労働災害防止協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • 第6回産業医に求められる健康づくりのプランニング

    中央労働災害防止協会  2002.02  中央労働災害防止協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:大阪府  

  • プレゼンテーション

    宮城工業高等専門学校  2002.01  宮城工業高等専門学校

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:仙台市  

  • メンタルヘルスの産業保健マーケティング的アプローチ

    財団法人京都工場保健会  2001.11  財団法人京都工場保健会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:京都府  

  • 第5回産業医に求められる健康づくりのプランニング

    中央労働災害防止協会  2001.11  中央労働災害防止協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • コミュニケーションの重要性

    基調講演  2001.11  社団法人日本工学教育協会

     More details

    Presentation type:Keynote lecture   Venue:東京都  

  • 国際会議におけるプレゼンテーション

    第7回国際会議におけるプレゼンテーションのセミナー  2001.08  財団法人北九州コンベンションビューロー

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:北九州市  

  • 健康づくりの企画と運営

    運動指導者専門研修  2001.02  中央労働災害防止協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • OPSSから見たJK活動と産業保健活動推進のためのTips

    財団法人京都工場保健会  2000.10  財団法人京都工場保健会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:京都府  

  • ビジネスにおけるプレゼンテーションとマーケティング

    株式会社アクシス企業研修6回シリーズ  2000.09  株式会社アクシス

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:北九州市  

  • 国際会議におけるプレゼンテーション

    第6回国際会議におけるプレゼンテーションのセミナー  2000.08  財団法人北九州コンベンションビューロー

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:北九州市  

  • 健康づくりの企画と運営

    運動指導者専門研修  2000.01  中央労働災害防止協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • 国際会議におけるプレゼンテーション

    第5回国際会議におけるプレゼンテーションのセミナー  1999.11  財団法人北九州コンベンションビューロー

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:北九州市  

  • 国際会議におけるプレゼンテーション

    第4回国際会議におけるプレゼンテーションのセミナー  1998.07  財団法人北九州コンベンションビューロー

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:北九州市  

  • 健康づくりの企画と運営

    運動指導者専門研修  1998.05  中央労働災害防止協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • 産業保健調査研究企画

    日本医師会認定産業医基礎研修会夏期集中講座(九州ブロック)  1998.02  福岡県医師会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:北九州市産業医科大  

  • 大気汚染の疫学4

    特別講演  1998.02  財団法人道路環境研究所

     More details

    Presentation type:Special lecture   Venue:北九州市  

  • 企業内における環境教育

    研究所セミナー  1998.01  国立環境研究所

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:茨城県筑波市  

  • 大気汚染の疫学3

    特別講演  1998.01  財団法人道路環境研究所

     More details

    Presentation type:Special lecture   Venue:東京都  

  • 健康づくりの企画と運営

    運動指導者専門研修  1998.01  中央労働災害防止協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:東京都  

  • 産業看護職のためのプレゼンテーション

    産業看護研修会  1997.11  産業衛生学九州地方会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:福岡市  

  • 国際会議におけるプレゼンテーション

    第3回国際会議におけるプレゼンテーションのセミナー  1997.08  財団法人北九州コンベンションビューロー

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:北九州市  

  • 自主活動の企画と評価

    JK(自主活動)の講演会  1997.07  住友金属工業株式会社総合技術研究所

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:兵庫県尼崎市  

  • 大気汚染の疫学2

    特別講演  1997.06  財団法人道路環境研究所

     More details

    Presentation type:Special lecture   Venue:東京都  

  • 健康づくりの企画と運営

    運動指導者専門研修  1997.05  中央労働災害防止協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture  

  • 大気汚染の疫学1

    特別講演  1997.03  財団法人道路環境研究所

     More details

    Presentation type:Special lecture   Venue:東京都  

  • 産業医学推進研究会産業保健従事者のための計画・立案について

    九州山口地区定期勉強会  1997.03  産業医学推進研究会九州地方会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:北九州市  

  • 企業プロデュース・トップマネジメント5

    産業保健計画・立案セミナー  1997.03  財団法人京都工場保健会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:京都府  

  • 産業保健分野における企画の必要性

    韓国圓光大学院生海外セミナー  1997.02  圓光大学

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:北九州市  

  • 企業プロデュース・トップマネジメント4

    産業保健計画・立案実践セミナー  1997.01  財団法人京都工場保健会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:京都府  

  • 病院改革のためのマネジメント・サイエンス

    社団法人福岡病院協会  1996.12  社団法人福岡病院協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:福岡市  

  • 企業プロデュース・トップマネジメント3

    産業保健計画・立案実践セミナー  1996.11  財団法人京都工場保健会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:京都府  

  • 企業プロデュース・トップマネジメント2

    産業保健計画・立案実践セミナー  1996.10  財団法人京都工場保健会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:京都府  

  • 環境認識の違いと社会教育

    宗像市消費者センター  1996.08  宗像市消費者センター

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:宗像市  

  • 国際会議におけるプレゼンテーション

    第2回国際会議プレゼンテーションセミナー  1996.08  財団法人北九州コンベンションビューロー

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:北九州市  

  • 企業プロデュース・トップマネジメント1

    産業保健計画・立案実践セミナー  1996.07  財団法人京都工場保健会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:京都府  

  • 産業保健計画・立案のための実践ツールの開発

    山陽三県共催衛生管理講習会  1996.07  山陽三県共催衛生管理講習会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:岡山市・広島市・山口市  

  • 企業プロデュース・トップマネジメント#5.評価及びまとめ

    THA集会  1996.03  財団法人京都工場保健会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:京都府  

  • トレーナーのためのプレゼンテーション

    第4回ヘルスケア・トレーナー実務向上研修  1996.03  中央労働災害防止協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:福岡市  

  • 産業保健活動と環境問題との接点

    国立環境研究所  1996.02  国立環境研究所

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:茨城県つくば市  

  • 企業プロデュース・トップマネジメント#4.優先順位決定とプログラム設計

    THA集会  1996.02  財団法人京都工場保健会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:京都府  

  • 日本の研究職のオープン化

    第15回三権科学技術フォーラム第3分科  1996.01  財団法人日本科学技術振興財団

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:栃木県那須  

  • 健康づくりの評価

    ヘルスケア・トレーナー合同研修  1996.01  中央労働災害防止協会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:京都府亀岡市  

  • 企業プロデュース・トップマネジメント#3.需要調査

    THA集会  1995.12  財団法人京都工場保健会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:京都府  

  • 産業医サポートシステムについて

    THP推進会議  1995.11  北九州東労働基準監督署門司支署

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:北九州市  

  • 企業プロデュース・トップマネジメント#2.プレゼンテーション技法

    THA集会  1995.11  財団法人京都工場保健会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:京都府  

  • 企業プロデュース・トップマネジメント#1.産業保健活動の計画立案の概要

    THA集会  1995.10  財団法人京都工場保健会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:京都府  

  • 国際会議におけるプレゼンテーション

    第1回国際会議におけるプレゼンテーションのセミナー  1995.10  財団法人北九州コンベンションビューロー

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:北九州市  

  • 疫学と高脂血症

    産業医サポートシステム  1995.04  万有製薬株式会社

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:日立市日立製作所  

  • プレゼンテーション技法

    キャノンゼロワン  1995.03  キャノンゼロワン

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:北九州市小倉  

  • 産業保健分野における企画の必要性

    韓国圓光大学院生海外セミナー  1995.01  圓光大学

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:北九州市  

  • 水俣病発生に関する社会・経済学的要因に関する研究

    国立水俣研究所  1994.10  国立水俣研究所

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:熊本県水俣市  

  • 産業医サポートシステムの概説

    財団法人京都工場保健会  1994.07  財団法人京都工場保健会

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:京都府国際交流会館  

  • 産業医サポートシステムと疫学

    長崎大学医学部  1994.07  長崎大学医学部

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:長崎県長崎市  

  • 水俣病発生に関する社会・経済学的要因のモデル化

    国立水俣研究所  1994.03  国立水俣研究所

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:熊本県水俣市  

  • 産業医サポートシステムの開発

    海外勤務健康管理センター  1994.02  横浜労災病院

     More details

    Presentation type:Invited lecture   Venue:横浜  

▼display all

Press

  • 研究室最前線 授業の現場を支援!!KWMで先生と学生の伝達と理解をスムーズに

    ジァン ドゥーソッブ

    北九州学術研究都市 ひびきのNEWS 第36号  2013.03

  • 特集:産業保健マーケティング

    ジァン ドゥーソッブ

    財団法人日本予防医学協会、よぼういがく34  2004.04

  • 社員・住民主体の1次予防,顧客とニーズ,そしてマーケティング

    ジァン ドゥーソッブ

    健康管理研究協議会 健康管理7月  2003.07

  • 特集:社員・住民主体の一次予防、顧客とニーズ、そしてマーケティング-第40回健康管理研究協議会総会・シンポジウム-

    ジァン ドゥーソッブ

    健康管理7月  2003.06

  • 健康日本21 NOW:ニーズに合った健康支援を効果的に進める秘訣

    ジァン ドゥーソッブ

    How to 健康管理229号  2003.04

  • 市民ニーズに対応した双方向のPR

    ジァン ドゥーソッブ

    北九州広報室広報課  2002.04

  • 特集:マーケティング的発想で健康支援を効果的に!

    ジァン ドゥーソッブ

    How to 健康管理216号  2002.04

  • プレゼンテーションは

    ジァン ドゥーソッブ

    Convention Communication Magazine Forum Paper, Vol.39〜42  2000.04

  • 知っておきたい健康管理の基礎知識「産業保健ニーズ」

    ジァン ドゥーソッブ

    How to 健康管理  1999.05

  • 第16回産業医科大学国際シンポジウム-職場復帰の実際-を終えて

    ジァン ドゥーソッブ

    産業医学ジャーナル 第20巻, 第2号, pp.41〜43  1997.03

  • 産業保健領域における計画・立案について(1)~(11)

    ジァン ドゥーソッブ

    働く人の健康づくり協会 Vol.63〜73(11回連載)  1996.05

  • 国際プレゼンテーションセミナー

    ジァン ドゥーソッブ

    Convention communication magazine Forum paper, Vol.22〜25  1996.04

  • トピックス:第54回全国産業安全衛生大会

    ジァン ドゥーソッブ

    How to 健康管理135号  1996.04

  • 特集:これからの健康づくりに向けて

    ジァン ドゥーソッブ

    労働衛生2月号  1996.02

  • AIHCEに行ってきました-学会に対する考え方と今回感じたこと-

    ジァン ドゥーソッブ

    産業医科大学ニュース  1995.09

  • 「企業プロデュースマネジメント」優先順位決定から企画書の提出まで

    ジァン ドゥーソッブ

    労働衛生ジャーナル  1995.04

  • 時間区分によるプレゼンテーションとスライド

    ジァン ドゥーソッブ

    Medical Mac Mook, No.5  1995.02.20

  • 第6回産業医学推進研究会、大会レポート

    ジァン ドゥーソッブ

    労働安全衛生広報  1994.12

  • 第6回産業医学推進研究会「今、産業医学が変わる」

    ジァン ドゥーソッブ

    労働衛生ジャーナル  1994.04

  • 外国人留学生の健康問題

    ジァン ドゥーソッブ

    杏林書院 保健の科学, 第30巻, 第5号  1988.05.01

▼display all

Honors and Awards

  • 北九州コンベンションビューロ理事長感謝状

    北九州コンベンションビューロ理事長   2005.05.01

    ジァン ドゥーソッブ

     More details

    Country:Japan

  • 産業医科大学産業生態科学研究所最優秀講師賞

    産業生態科学研究所 所長 田中勇武   1998.07.27

    ジァン ドゥーソッブ

     More details

    Country:Japan

Grants-in-Aid for Scientific Research

  • KWMを用いたラーニング・アナリティクス的教育実践サイクルの開発

    Grant number:26560123  2014.04 - 2016.03   挑戦的萌芽研究

Contracts

  • 小中学校におけるICTを活用した形成的授業評価による授業力向上の調査研究

    2012.04

     More details

    Grant type:Other joint research

    嘉麻市立小中学校における研究報告書

  • 労働者の自立性を高める健康増進プログラムの開発と効果の評価手法に関する研究

    2004.04

     More details

    Grant type:Other joint research

    平成15年度中央労働災害防止協会委託,労働安全衛生に関する調査研究報告書

  • マーケティング手法を用いた健康づくりプログラムに関する調査研究

    2003.04

     More details

    Grant type:Other joint research

    平成14年度中央労働災害防止協会委託,労働安全衛生に関する調査研究報告書

  • Update and recent reports on air pollution exposure and health effects

    2001.04

     More details

    Grant type:Other joint research

  • 温暖化による健康影響と環境変化による社会の脆弱性の予測と適応によるリスクの低減化に関する研究

    2001.04

     More details

    Grant type:Other joint research

    環境省地球環境研究総合推進費終了研究報告書 平成11年度~平成13年度,B-10 (2),pp.34-63

  • 平成11年度 大気汚染物質の健康影響に関する調査研究業績報告書第4分冊-大気汚染物質への曝露と健康影響に関する科学論文

    2000.04

     More details

    Grant type:Other joint research

  • 企業における受動喫煙対策に関する経済学的評価

    2000.04

     More details

    Grant type:Other joint research

  • 平成12年度 大気汚染物質の健康影響に関する調査研究業務報告書

    2000.04

     More details

    Grant type:Other joint research

  • 平成10年度 大気汚染物質の健康影響に関する調査研究業務報告書第3分冊-疫学文献

    1998.04

     More details

    Grant type:Other joint research

  • 研究所特別研究報告書,職域における健診の経済的評価

    1997.04

     More details

    Grant type:Other joint research

  • 平成9年度 大気汚染物質の健康影響に関する調査研究業務報告書第2分冊-アメリカにおける疫学調査結果

    1997.04

     More details

    Grant type:Other joint research

  • アジアにおける環境問題の認識に関する研究 (継続)

    1997.04

     More details

    Grant type:Other joint research

  • アジアにおける環境問題の認識に関する研究 (継続)

    1996.04

     More details

    Grant type:Other joint research

  • 交通環境 (特に大気汚染) の健康影響に関する研究-交通安全面も視野に入れて

    1996.04

     More details

    Grant type:Other joint research

  • 生活習慣改善状況調査票研究会,生活改善状況調査票に関する研究報告

    1996.04

     More details

    Grant type:Other joint research

  • アジアにおける環境問題の認識に関する質問票の開発

    1995.04

     More details

    Grant type:Other joint research

  • 環境疫学の方法論に関する研究- 交通安全対策面への反応を考える

    1995.04

     More details

    Grant type:Other joint research

▼display all

Other Research Activities

  • DJ & Health Resources Management Labratory

    2006.12

Activities of Academic societies and Committees

  • Japan Society for Occupational Health  

    2003.04 - 2019.03

PR

  • (PR for company)

    (研究内容)本研究室の基幹テーマである、「包括的健康資源のためのソリューション群;Comprehensive Health Resources Integrated Solutions, CHRIS)と連携して、チーム・コミュニケーション・インタフェース(目標共有、情報伝達、時間管理、評価)のモデル構築から、評価尺度開発、教育支援までを包括的に取り組んでいます。また、様々な教育現場における教育支援ツールの開発を行っています。
    (応用可能な分野)チーム構築・活動・評価のコンサルティング、初期企業家教育、教育評価

    チーム内のコミュニケーション不全は業績不振はもちろんメンタルヘルスへの影響など、様々な問題を持っています。私たちが取り組んでいるチームコミュニケーションインタフェースを用いた評価尺度は、御社のチーム内のコミュンケーションの現状を、「教育により改善できる項目」で把握し、そのための教育方法から教育効果測定まで、課題発見から改善までを包括的に支援するソリューションを提供できると思います。