JAHNG Doosub

写真a

Title

Professor

Laboratory

2-4 Hibikino, Wakamatsu-ku, Kitakyushu-shi, Fukuoka

Research Fields, Keywords

Team Communication

Phone

+81-93-695-6138

Fax

+81-93-695-6138

Post Graduate Education 【 display / non-display

  • 1989.12  The University of Tokyo  Graduate School, Division of Medical Sciences  Health Sciences  Doctoral Program  Completed  JAPAN

Degree 【 display / non-display

  • The University of Tokyo -  Doctor of Health Sciences  1989.12

Biography in Kyutech 【 display / non-display

  • 2016.04
    -
    2018.03

    Kyushu Institute of TechnologyGraduate School of Life Science and Systems Engineering   Department of Human Intelligence Systems   Department Director  

  • 2014.04
    -
    Now

    Kyushu Institute of TechnologyGraduate School of Life Science and Systems Engineering   Department of Human Intelligence Systems   Professor  

  • 2006.10
    -
    2014.03

    Kyushu Institute of TechnologyGraduate School of Life Science and Systems Engineering   Department of Brain Science and Engineering   Professor  

Biography before Kyutech 【 display / non-display

  • 2003.10
    -
    2006.03

      Associate Professor (as old post name)   JAPAN

  • 1993.09
    -
    2003.09

      Lecturer   JAPAN

  • 1990.04
    -
    1993.08

      Research Assistant   JAPAN

  • 1989.12
    -
    1990.03

      Researcher   JAPAN

Academic Society Memberships 【 display / non-display

  • 2018.04
    -
    Now
     

    Biomedical Fuzzy Systems Association  JAPAN

  • 2015.01
    -
    2017.03
     

    The Japanese Association of School Health  JAPAN

  • 2014.04
    -
    2019.03
     

    Japanese Society for Information and Systems in Education  JAPAN

  • 2014.03
    -
    2015.03
     

    Japanese Society of Health Education and Promotion  JAPAN

  • 2012.05
    -
    Now
     

    Safety and Health at Work  KOREA REPUBLIC OF

display all >>

Specialized Field (scientific research fund) 【 display / non-display

  • Hygiene and public health

  • Educational technology

 

Publications (Article) 【 display / non-display

  • Team Communication Interface Questionnaire for the assessment of communication status:Reliability and Validity Study

    Yousuke TOKUDA, Kenji ABE, Shinji UCHIDA, Sumihisa HONDA, Doosub JAHNG

    Journal of Biomedical Fuzzy Systems Association    21 ( 1 ) 21 - 30   2019.05  [Refereed]

  • Introduction to the New Assessment Methodology in Educational Settings: Use of KWM in an Engineering Graduate Course

    Taira, S., Kurishima, K., Uchida, S., Kaneko, S., Honda, S., Jahng, D.

    Journal of Biomedical Fuzzy Systems Association    20 ( 1 ) 47 - 54   2018.05  [Refereed]

  • Quantification of Keyword Transmission in Corporate Training Programs

    Uchida, S., Kurishima, K., Kaneko, S., Abe, K., Honda, S., Jahng, D.

    Journal of Biomedical Fuzzy Systems Association    19 ( 1 ) 81 - 88   2017.06  [Refereed]

  • ロボットと歩む共生マネジメント

    Jahng, Doosub

    Traffic & Business  ( 一般財団法人 道路新産業開発機構 )  114   15 - 21   2017.04

  • Exercise Self-Efficacy as a Mediator between Goal-Setting and Physical Activity: Developing the Workplace as a Setting for Promoting Physical Activity

    Iwasaki, Y., Honda, S., Kaneko, S., Kurishima, K., Honda, A., Kakinuma, A. and Jahng, D.

    Safety and Health at Work    8 ( 1 ) 94 - 98   2017.03  [Refereed]

    DOI

display all >>

Publications (Books) 【 display / non-display

  • 運動指導専門研修テキストⅠ

    ジァン ドゥーソッブ ( Joint Work ,  第8章研究討議第2節 -健康づくりの企画と運営II(手法の紹介)- )

    中央労働災害防止協会  2009.02

     View Summary

    2001年テキストの改訂版で,企画運営の考え方と進め方について述べた。

  • 元気に働くための3つの基本、目標管理、指示報告、予定管理

    ジァン ドゥーソッブ ( Single Work )

    中央労働災害防止協会  2003.10

     View Summary

    病気ではない状態を超えて、元気に働くために必要である目標管理、指示報告、予定管理を自主的に取得できる実用書である。

  • 産業保健マーケティング -働く人の健康資源を企業戦略に確保するための考え方と進め方-

    ジァン ドゥーソッブ ( Single Work )

    中央労働災害防止協会  2002.04

     View Summary

    従業員に必要であるものと従業員が必要とするものに対するサービスにおける考え方と進め方を体系化した理論書である。

  • ヘルシーカンパニーの実現 -21世紀の企業の健康に携わる方々へ-、CHC編

    尾立源幸,ジァン ドゥーソッブ ( Joint Work ,  第2部2章チームオペレーティングサイクル、第3部21世紀の産業医に必要な素養 )

    バイオコミュニケーションズ株式会社  2001.12

     View Summary

    チーム構築の考え方と進め方をまとめた。優れた産業医から学ぶべき素養について述べた。

  • THP指導者のための実務向上研修テキスト(Aコース)

    ジァン ドゥーソッブ ( Single Work ,  産業医に求められる健康づくりのプランニング )

    中央労働災害防止協会  2001.10

     View Summary

    産業医に必要な産業保健企画の手法について述べた。

display all >>

Conference Prsentations (Oral, Poster) 【 display / non-display

  • The Relationship between Physical Activity Level and Budget for Exercise.

    Iwasaki, Y.

    International Congress on Physical Activity and Public Health  (Bangkok, Thailand)  2016.11  -  2016.11  International Society for Physical Activity and Health

  • 中学校の授業におけるKey Words Meetingの導入の効果

    古賀 修治

    日本教育工学会第32回全国大会  (大阪)  2016.09  -  2016.09  日本教育工学会

  • 企業内メンタルヘルス教育におけるKey Word Meetingの導入の試み

    竹田悦子

    第89回日本産業衛生学会  (福島)  2016.05  -  2016.05  日本産業衛生学会

  • 学生の学習量ならびに教員の指導量に基づく評価手法の開発

    Doosub JAHNG

    日本教育工学会第31回全国大会  (東京)  2015.09  -  2015.09  日本教育工学会

  • 理解度の定性的・定量的分析を可能にする教育支援ツールKWMを用いた記憶状況と課題評点の関係

    我妻広明

    日本教育工学会第31回全国大会  (東京)  2015.09  -  2015.09  日本教育工学会

display all >>

Industrial Property 【 display / non-display

  • KWM

    Industrial Property No 商願2010-53190  JAPAN

    Jahng Doosub

Lectures 【 display / non-display

  • データ分析における土壌:産業保健の素地の理解 福岡・大阪・東京

    一般財団法人日本予防医学協会 福岡・大阪・東京 ( 一般財団法人日本予防医学協会 )  2018.03.13  一般財団法人日本予防医学協会 福岡・大阪・東京

  • データ分析における土壌:産業保健の素地の理解 福岡・大阪・東京

    一般財団法人日本予防医学協会 福岡・大阪・東京 ( 一般財団法人日本予防医学協会 )  2018.02.20  一般財団法人日本予防医学協会 福岡・大阪・東京

  • データ分析における土壌:産業保健の素地の理解 福岡・大阪・東京

    一般財団法人日本予防医学協会 福岡・大阪・東京 ( 一般財団法人日本予防医学協会 )  2018.01.23  一般財団法人日本予防医学協会 福岡・大阪・東京

  • 教育研修におけるPDCAサイクル

    産業保健マーケティング研究会 ( 東洋公衆衛生学院 )  2017.01.28  産業保健マーケティング研究会

  • 事例で学ぶ産業保健マーケティング

    産業保健マーケティング研究会秋季セミナー ( 九州工業大学サテライト福岡天神 )  2015.09.26  産業保健マーケティング研究会

display all >>

Contracts 【 display / non-display

  • Update and recent reports on air pollution exposure and health effects

    Other joint research

    Project Year:  2001.04  -  2001.04

Other Research Activities 【 display / non-display

  • DJ & Health Resources Management Labratory

    2006.12
    -
    Now

 

Activities of Academic societies and Committees 【 display / non-display

  • 2003.04
    -
    2019.03

    Japan Society for Occupational Health