石井 和男 (イシイ カズオ)

ISHII Kazuo

写真a

職名

教授

研究室住所

福岡県北九州市若松区ひびきの2-4

研究分野・キーワード

フィールドロボット、水中ロボット、ニューラルネットワーク

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

093-695-6102

研究室FAX

093-695-6102

ホームページ

http://www.brain.kyutech.ac.jp/~ishii

Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 7

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1991年03月   東京大学   工学部   船舶海洋工学科   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1996年09月  東京大学  工学系研究科  船舶海洋工学専攻  博士課程・博士後期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  博士(工学)  1996年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    2020年03月

    九州工業大学   社会ロボット具現化センター   センター長  

  • 2014年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院生命体工学研究科   人間知能システム工学専攻   教授  

  • 2014年04月
    -
    2015年03月

    九州工業大学   イノベーション推進機構   若松分室長  

  • 2011年04月
    -
    2015年03月

    九州工業大学   産学連携推進センター   若松分室長  

  • 2011年04月
    -
    2014年03月

    九州工業大学   大学院生命体工学研究科   脳情報専攻   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2004年03月

    Fraunhofer AIS   客員研究員   ドイツ連邦共和国

  • 1998年04月
    -
    継続中

    東京大学生産技術研究所   研究員   日本国

  • 1996年10月
    -
    1996年11月

    東京大学生産技術研究所   機関研究員   日本国

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中
     

    建設ロボット研究連絡協議会  日本国

  • 2016年12月
    -
    2018年09月
     

    日本機械学会 ROBOMECH2018  日本国

  • 2016年04月
    -
    継続中
     

    土木学会  日本国

  • 2008年04月
    -
    継続中
     

    北九州ロボットフォーラム  日本国

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    水中ロボット競技会推進会議  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 知能機械学・機械システム

  • 船舶海洋工学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Rolling resistance and sinkage analysis by comparing FEM andexperimental data for a grape transporting vehicle

    Enrico di Maria, Giulio Reina, Kazuo Ishii, Nicola Ivan Giannoccaro

    Journal of Terramechanics  ( ELSEVIER )  97   59 - 70   2021年10月  [査読有り]

     概要を見る

    In this study a 2D FEM model was developed to analyze ruts formation, rolling resistance, and power loss for a grape transporting cart aimed to replace the use of heavy tractors while harvesting grape. The model was supported by experiments in a vineyard in South Italy. Cone penetration tests were conducted to estimate frictional and cohesive properties in three soil conditions: firm, soft, and wet saturated. A tractor pulled test rig for a single wheel was developed to measure rolling resistance and sinkage, and complete the selection of the soil parameters. Completed the model, the analysis was conducted for a range of different wheel dimensions, and the outputs analyzed through response surfaces. The results showed the different impacts that width and diameter have on ruts formation and rolling resistance for different soil conditions. Wider wheels determined a main reduction of the sinkage, while the width contribution to the rolling resistance was affected by the total soil volume deformed. Larger diameters led to lower rolling resistance, with a higher impact on more deformable soils. Contact stress was compared with the thresholds recommended in the literature to determine the acceptable designs. This analysis represents a tool to select the running gear dimensions.

    DOI Scopus

  • 団体スポーツにおける自己組織化マップを用いたコーチング

    富永萌子,武村 泰範,石井 和男

    第33回自律分散システム・シンポジウム  ( 計測自動制御学会 システム・情報部門 )    2021年03月

    2021年03月  -  2021年03月

    機関リポジトリ CiNii

  • Acoustic impedance measurement through the modelling of ultrasonic wave transmission

    Mochizuki R., Nishida Y., Ishii K.

    Proceedings of International Conference on Artificial Life and Robotics    2021   271 - 274   2021年01月  [査読有り]

    2021年01月  -  2021年01月

     概要を見る

    In food industry, shortage of workers is a serious problem. Automation of food handling is a critical nowadays. To alleviate the damage during food picking by robotic hand, we propose non-contact acoustic impedance estimation with ultrasonic wave. We have the assumption of the correlation between hardness and acoustic impedance, and, built up ultrasonic transmission model considering attenuation by reflection and absorption, then, made an experiment to estimate the impedance. As the result, we succeeded in detecting acoustic impedance without contact.

    機関リポジトリ DOI Scopus

  • A Greenhouse Project toward Smart Agriculture

    Kazuo Ishii, Yuya Nishida, Shinsuke Yasukawa, Kanako Shirahashi, Yasunori Takemura, Takayuki Matsuo

    Proc. of ICAROB2021      409 - 412   2021年01月  [査読有り]

    2021年01月  -  2021年01月

     概要を見る

    In the future estimation of 2050, the food demand increases 70% and the production decreases 15% caused by global warming, and farmer population be 1/5 of current workers. Until 2050, we need an agricultural system of twice production with the same farmland area and 5 times effective operations. To realize the sustainable society, smart agriculture including robot technology, AI, IoT is one of the solutions for food issues. We have been working for a greenhouse project under enPiT-everi for implementation of robotic, AI and IoT technologies to agriculture. In this paper, we introduce the project and robotic applications.

    機関リポジトリ DOI Scopus

  • Tomato-harvesting-robot competition towards smart agriculture

    Kazuo Ishii, Takayuki Matsuo, Yasunori Takemura, Takashi Sonoda, Yuya Nishida, Shinsuke Yasukawa, Takuya Fujinaga

    Proc. of ICAROB2021      1 - 5   2021年01月  [査読有り]  [招待有り]

    2021年01月  -  2021年01月

     概要を見る

    In agriculture, the aging and depopulation of farmers cause the shortages of farmers and manpower. Most of commercialized robots are industrial robots for factory automation, and most of robots for the first industry, agriculture, forestry and fisheries are still under developing. The reasons are cost-efficiency of the robotization, safety of the works using robots, difficulty of outdoor operations, and knowledge transfer problem from farmers to computer, etc. As one of solutions for the problems, robot technology into the agriculture is expected to contribute to the laborsaving, improvement of production, production line automation, and also the management toward smart-agriculture. We organize the Tomato-harvesting-robot competition to offer the research field and welcome researchers into agricultural robotics.

    機関リポジトリ DOI Scopus

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Safety of Marine Transport, Marine Navigation and Safety of Sea Transportation

    K. Watanabe, K. Ishii, K, Takashima ( 分担執筆 , 担当範囲: Experimental Study for the Development of Ship Hull Cleaning Robot )

    CRC Press  2015年06月 ISBN: 978-1-138-02859-3

     概要を見る

    Recent trend towards increased cost of fuel will continue further, so the reduction of fuel consumption will be required more severely as well as the severe requirement of reduction of C02 emissions. To achieve these requirements, the reduction of resistance is essential for efficient ship navigation. As there has been made many technological challenges to improve fuel efficiency, we believe the prevention of marine biofouling is one of the promising options. Anti-fouling paint is effective to prevent biofouling to the ship hulls like barnacles, however, even the painted hull acquires slime-like biofouling caused by marine alga on its surface easily. The cleaning of the ship hull is generally carried out during inspection in dockyard once a year. Frequent cleaning while the ship is berthing is desirable to keep good fuel efficiency. If frequent ship hull cleaning is possible while ships dock at berth with ease, ships can keep good fuel efficiency that makes the transportation costs and C02 production less. Cleaning by divers costs much and is a high risk task. One possible solution for this issue is to introduce underwater robots for ship hull cleaning.

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 人間とロボットが共生する未来社会のあり方を考える学研ヒルズ学際駅伝大会

    藤永 拓矢,Sungmin Nam,筑紫 彰太,石井 和男,浦 環

    日本ロボット学会学術講演会2019  (東京)  2019年09月  -  2019年09月    日本ロボット学会

  • AUV のためのナビゲーションシステムの開発

    益田 晃次, 藤原 晋也, 石井 和男

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2017年01月  -  2017年01月   

     概要を見る

    <p>AUV is stable for a wide range of search because it does not have an umbilical cable. However, AUV cannot work for a long time because of internal power source. Utilization of charging station in the water is required for long-term operation to solve this problem. In this paper, it is described a navigation system to the station with acoustic positioning system that mounting is possible to the AUV. It has three hydrophones and receives signal from that pinger is mounted the station. Sound source detection is calculated by Cross Correlation Function and Super Short Base Line method. In addition, it is introduced chirp signal as the pinger to develop a robust the system against noises. It is applied the developed system and carried out the experiment for navigation to the pinger. The present result suggested that sound source detection and guidance to the station are feasible in this system.</p>

    CiNii

  • 選手のポジショニングを用いた自己組織化マップによる戦略分析

    富永 萌子, 武村 泰範, 石井 和男

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2017年01月  -  2017年01月   

     概要を見る

    <p>In the soccer games, the behavior selection of each player changes depend on the positional relationship of the ball and the every player's position on the field. The player closest to the ball near the opponent team's goal aims at a shot, and the farthest player waits at a position where he can return at any time to his own goal to protect. Currently most of RoboCup soccer teams keep the same strategy during the game so that the result of game depends on the ability of each player like speed of robot, quality of localization, obstacle avoidance and ball handling. Next issue for the robot intelligence is collaborated team behavior and strategy. The autonomous soccer robots are required to behave cooperatively and make decision using environment and game situation. In this research, the team strategy is analyzed based on the positions of human player using Self-Organizing Map (SOM).</p>

    CiNii

  • 視覚情報に基づくトマト果実収穫ロボットの行動戦略(第三報):―栽培環境を表現するモザイク画像生成のための特徴点マッチング―

    藤永 拓矢, 安川 真輔, 李 冰賀, 石井 和男

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2017年01月  -  2017年01月   

     概要を見る

    <p>This paper presents a feature point matching to generate mosaic image that expresses a cultivation environment, as a part of behavior strategy of tomato harvesting robot. Since that mosaic image requires tomato fruits and stems in front face, in this study, an IR image suitable for detecting the object in front is used. Proposed method uses robot moving distance and location of original feature point to decide detection area to search for feature point. Compare features of feature points in this area and original feature point, then decide matching point. Feature point matching of two consecutive infrared images was performed. By adding detection area of feature point, it is possible to reduce false matching.</p>

    CiNii

  • 自律型水中ロボットの長期間展開に向けた研究開発

    中村 佳祐, 中西 亮汰, 石井 和男, 園田 隆

    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集  2017年01月  -  2017年01月   

     概要を見る

    <p>Japan is a maritime country with vast territorial waters. Long-term investigation by Autonomous Underwater Vehicle (AUV) is desired for efficient investigation. This paper reports about deployment of long-term deployment system based on underwater charging station and evaluation of the system by simulator. It succeeded in docking to the station with 68% probability. As a result of the simulation, this system has the ability to be able to search 110 meters square area every day.</p>

    CiNii

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 血栓症予防装置

    特願 '特願2010-170680  特開 特開2012-029787  特許 特許第5598756号  日本国

    石井和男,アミル ナシライ, 園田隆,西田祐也,岡本好司

  • 水中清掃装置

    特願 特願2009-241592  特開 特開2011-088485  特許 特許第5099788号  日本国

    アミール ナシライ,石井和男

  • 水中姿勢安定化装置及びそれを備えた潜水装置

    特願 特願2010-517741  特開 WO2009/154006  特許 特許第5055529号  日本国

    正田明人,山本郁夫,石井和男,アミール ナシライ,原田享

  • 全方位移動用車輪

    特願 特願2009-43468  特開 特開2010-195245  特許 特許第5682941号  日本国

    アミル アリ フォロー ナシライ,石井和男,イバン ゴドレール

  • 水中耐圧容器

    特願 特願2009-79647  特開 特開2010-232501  特許 特許第5099785号  日本国

    アミル アリ フォロー ナシライ,石井和男

講演 【 表示 / 非表示

  • Tomato-harvesting-robot competition towards smart agriculture

    The 2021 International Conference on Artificial Life and Robotics ( online )  2021年01月22日 

  • 社会ロボット具現化センター紹介

    2nd Kyutech International Workshop on Robotics and Innovation ( 北九州市 )  2020年03月13日 

  • トマトロボット競技会を通じたトマト収穫ロボットの開発

    第14回 食料生産技術研究会 ( 東京大学生産技術研究所 )  2020年02月17日  食料生産技術研究会

  • 社会ロボット具現化センター紹介

    1st Kyutech International Workshop on Robotics and Innovation ( 飯塚市 )  2020年01月21日 

  • Introduction to field robotics and robot competition

    14th IEEE International Conference on Industrial and Information Systems 2019 ( Sri Lanka )  2019年12月19日  IEEE Sri Lanka Section

全件表示 >>

報道関係 【 表示 / 非表示

  • 勝山通りに巨大トマト 収穫ロボと展示、技術PR

    西日本新聞  2021年02月01日

    トマト収穫ロボット

  • 2015-2016ロボットコンテストまとめ:トマトロボット競技会

    ロボコンマガジン 3月号  2016年03月01日

    トマトロボット競技会,石井和男,柴田智広,田向権,我妻広明,和田親宗

  • 次世代ロボット研究成果を発表

    西日本新聞  2016年01月16日

    社会ロボット具現化センター

  • 森林管理にロボ技術

    毎日新聞  2016年01月01日

    社会ロボット具現化センター

  • トマト収穫に熱戦

    毎日新聞  2015年12月20日

    トマトロボット競技会

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • SICE International Young Authors Award (SIYA)

    2021年01月13日   The 2021 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII 2021)   日本国

    受賞者:  Takuya Fujinaga

  • 第7回トマトロボット競技会 第3位

    2020年12月05日   第7回トマトロボット競技会実行委員会   日本国

    受賞者:  藤永拓也、他、Hibikino-Toms

  • 第6回 沖縄海洋ロボットコンペティション AUV部門優勝

    2020年11月09日   沖縄海洋ロボットコンペティション実行委員会   日本国

    受賞者:  田中良樹, 松村 俊志, 濱田大樹, 九州工業大学 KYUBIC

  • ICAROB2020 Young Author Award

    2020年01月15日   ICAROB2020   日本国

    受賞者:  Katsuaki Suzuki, Yuya Nishida, Takeshi Sonoda, Kazuo Ishii

  • 第6回トマトロボット競技会総合優勝

    2019年12月08日   第6回トマトロボット競技会実行委員会   日本国

    受賞者:  藤永拓也、他、Hibikino-Toms

全件表示 >>

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 船底清掃用水中ロボットシステムの研究開発

    基盤研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月

    研究課題番号:  23360390

  • マニピュレータを搭載した水中ロボットの開発と救難活動への適用可能性の検討

    基盤研究(C)

    研究期間:  2008年05月  -  2011年03月

    研究課題番号:  20560748

受託研究・共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • センチメートル海底地形図と海底モザイク画像を基礎として生物サンプリングをおこなう自律型海中ロボット部隊の創出

    受託研究

    研究期間:  2011年12月  -  継続中

     概要を見る

    チーム型研究(CREST)

  • 緊急船舶等の船底への海洋生物清掃自律型水中ロボットの研究開発

    受託研究

    研究期間:  2011年09月  -  2012年05月

     概要を見る

    SBIR技術革新事業

  • 自動隊列走行を実現するマルチホップ無線通信を用いた搬送システムの開発

    受託研究

    研究期間:  2011年08月  -  2013年02月

  • 三次元管状環境を対象としたロボットによる調査システムの研究開発

    受託研究

    研究期間:  2010年09月  -  2012年03月

  • 静脈血栓症予防のための小型下肢運動補助ロボットの開発

    受託研究

    研究期間:  2010年04月  -  2011年03月

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  ロボット運動学

  • 2018年度  ロボット運動学

  • 2017年度  知能機械設計演習2

  • 2017年度  ロボット運動学

  • 2016年度  知能機械設計演習2

全件表示 >>

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など 【 表示 / 非表示

  • SICE International Young Authors Award (SIYA)

    2021年01月   SICE

  • 第7回トマトロボット競技会 第3位

    2020年12月   第7回トマトロボット競技会実行委員会

  • 第6回沖縄海洋ロボットコンペティション AUV部門優勝

    2020年11月   沖縄海洋ロボットコンペティション実行委員会

  • ICAROB2020 Young Author Award

    2020年01月   2020 International Conference on Artificial Life and Robotics

  • 第6回トマトロボット競技会 総合優勝

    2019年12月   第6回トマトロボット競技会実行委員会

全件表示 >>

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • enPiT-everi 農業用IoT実践ラボ

    2016年04月
    -
    継続中

     概要を見る

    北九大主幹の社会人向け教育プログラムにおいて

  • カーロボ連携大学院・実習担当

    2013年04月
    -
    継続中

     概要を見る

    移動ロボット総合実習の担当

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    2021年03月

    ISARC2020   The 37th International Symposium on Automation and Robotics in Construction, Vice-chair

  • 2018年04月
    -
    2020年03月

    建設ロボット研究連絡協議会   建設ロボットシンポジウム2019 副実行委員長

  • 2006年04月
    -
    継続中

    水中ロボット競技会推進会議   運営委員

社会貢献活動(講演会・出前講義等) 【 表示 / 非表示

  • 第7回トマトロボット競技会

    2020年12月
     
     

     概要を見る

    競技会の企画運営

  • 第6回沖縄海洋ロボットコンペティション

    2020年04月
    -
    2021年03月

     概要を見る

    実行委員

  • 第6回トマトロボット競技会

    2019年12月
     
     

     概要を見る

    競技会の企画運営

  • 水中ロボットフェスティバル2019 in 北九州

    2019年10月
     
     
  • 第6回学研ヒルズ学際駅伝大会

    2019年05月
     
     

     概要を見る

    企画運営

全件表示 >>

 

国際会議の開催 【 表示 / 非表示

  • 12th Postech-Kyutech joint workshop on neuroinformatics

    2012年08月20日  -  2012年08月22日  九州工業大学,ポハン工科大学

  • 11th Postech-Kyutech joint workshop on neuroinformatics

    韓国  2011年08月29日  -  2011年08月31日  九州工業大学,ポハン工科大学