宮本 弘之 (ミヤモト ヒロユキ)

MIYAMOTO Hiroyuki

写真a

職名

准教授

研究室住所

福岡県北九州市若松区ひびきの2-4

研究分野・キーワード

ニューラルネットワーク、ロボット

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

093-695-6126

研究室FAX

093-695-6126

ホームページ

http://www.brain.kyutech.ac.jp/~miyamo/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1985年03月   大阪大学   基礎工学部   生物工学科   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1994年03月  大阪大学  基礎工学研究科  物理系  博士課程・博士後期課程  単位取得満期退学  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学 -  博士(工学)  1999年01月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院生命体工学研究科   人間知能システム工学専攻   准教授  

  • 2007年04月
    -
    2014年03月

    九州工業大学   大学院生命体工学研究科   脳情報専攻   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年10月
    -
    2001年03月

    科学技術振興事業団川人学習動態脳プロジェクト   研究員   日本国

  • 1994年04月
    -
    1996年09月

    ATR人間情報通信研究所   研究員   日本国

  • 1987年04月
    -
    1989年01月

    住友電気工業   研究員   日本国

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2010年08月
    -
    継続中
     

    日本機械学会  日本国

  • 2003年04月
    -
    継続中
     

    日本神経回路学会  日本国

  • 2003年04月
    -
    継続中
     

    電子情報通信学会  日本国

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 球体駆動式全方向移動装置の普及促進のための廉価版の開発

    球駆動, 全方向移動  

    研究期間: 2011年12月  -  2012年07月

  • 球駆動式全方向移動機構を用いた電動車椅子の 開発

    球駆動, 全方向移動  

    研究期間: 2009年04月  -  2012年03月

論文 【 表示 / 非表示

  • A source domain extension method for inductive transfer learning based on flipping output

    Koishi Y., Ishida S., Tabaru T., Miyamoto H.

    Algorithms    12 ( 5 )   2019年05月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2019 by the authors. Transfer learning aims for high accuracy by applying knowledge of source domains for which data collection is easy in order to target domains where data collection is difficult, and has attracted attention in recent years because of its significant potential to enable the application of machine learning to a wide range of real-world problems. However, since the technique is user-dependent, with data prepared as a source domain which in turn becomes a knowledge source for transfer learning, it often involves the adoption of inappropriate data. In such cases, the accuracy may be reduced due to "negative transfer." Thus, in this paper, we propose a novel transfer learning method that utilizes the flipping output technique to provide multiple labels in the source domain. The accuracy of the proposed method is statistically demonstrated to be significantly better than that of the conventional transfer learning method, and its effect size is as high as 0.9, showing high performance.

    DOI Scopus

  • Improvement of sampling inspection for wire bonding using thin AE sensor and transfer learning

    Koishi Y., Ishida S., Tabaru T., Iwasaki W., Miyamoto H.

    Journal of Japan Institute of Electronics Packaging  ( 一般社団法人エレクトロニクス実装学会 )  22 ( 3 ) 209 - 217   2019年01月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2019 Japan Institute of Electronics Packaging. All rights reserved. Wire bonding is an important process in semiconductor manufacturing. The quality of wire bonding is guaranteed by destructive sampling inspection. However, sampling inspection is not able to detect defective products that occur non-systematically. Therefore, it is desirable to shift to inspection of each part. In this paper, we propose an inspection method based on the wire bonding state using a Thin-film AE sensor and transfer learning. We place the thin film AE sensor in the immediate vicinity of the bonding junction and measure the applied AE wave. We improve the quality determination performance in the sampling inspection by determining the quality from the measured AE waves using the transfer learning method we developed. We applied the proposed method to experiment using actual bonding samples and confirmed that it showed a 10.7% higher quality determination ability than sampling inspection.

    DOI Scopus CiNii

  • Basic Study on Viewpoints Classification Method using Car Distribution on the Road

    Noda M., Miyamoto H., Tangsuksant W., Kitagawa K., Wada C.

    2018 International Conference on Information and Communication Technology Robotics, ICT-ROBOT 2018      2018年11月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2018 IEEE. In order to provide a notification system for the blind awaiting a bus, a classification of viewpoints is necessary. In a previous study, we classified the viewpoints in non-congested traffic using road features extraction. However, the viewpoints in congested traffic have not yet been discussed; hence this paper proposes a viewpoints classification using car distribution on the road in congested traffic. The study aimed to classify the viewpoints to two classes as "Good Viewpoints" and "Bad Viewpoints" with 100 images for each class. The experimental results showed a 76% accuracy of the proposed method.

    DOI Scopus

  • Label Estimation Method with Modifications for Unreliable Examples in Taming

    Koishi Yasutake, Ishida Shuichi, Tabaru Tatsuo, Miyamoto Hiroyuki

    IJNC    8 ( 2 ) 153 - 165   2018年07月

     概要を見る

    Methods for improving learning accuracy by utilizing a plurality of data sets with different reliabilities have been studied extensively. Unreliable data sets often include data with incorrect labels, and the accuracy of learning from such data sets is thus affected. Here, we focused on a learning problem, Taming, which deals with two kinds of data sets with different reliabilities. We propose a label estimation method for use in data sets that include data with incorrect labels. The proposed method is an extension of BaggTaming, which has been proposed as a solution to Taming. We conducted experiments to verify the effectiveness of the proposed method by using a benchmark data set in which the labels were intentionally changed to make them incorrect. We confirmed that learning accuracy could be improved by using the proposed method and data sets with modified labels.

    DOI CiNii

  • 薄型AEセンサとオートエンコーダの再構成誤差を用いた 回転式真空ポンプの異常検知

    内田 雅人, 石田 秀一, 田原 竜夫, 宮本 弘之

    制御論文    54 ( 7 ) 599 - 605   2018年07月

     概要を見る

    <p>A vacuum pump is always using in semiconductor manufacturing equipment. Anomaly of a vacuum pump leads to troubles such as stoppage of equipment. Therefore, anomaly detection of a vacuum pump is very important. We considered a vacuum pump state estimation using thin AE (Acoustic Emission) sensor and machine learning. However, anomaly data is not always available in a production line. Anomaly detector is necessary to learn from only normal data. There is an anomaly detection using autoencoder in recent years. In autoencoder, normal data is reconstructed and anomaly data is not reconstructed. As a result, anomaly detection can using reconstruction error. In this paper, we propose anomaly detection for rotary vacuum pump by thin AE sensor and reconstruction error of autoencoder. Performance of the proposed method is evaluated by detect exhaust anomaly of a vacuum pump.</p>

    DOI CiNii

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • ロボット情報学ハンドブック、計算論に基づく模倣:ヒューマノイドロボットDB、項目名「見まねによる運動学習」

    宮本弘之、琴坂信哉 ( 共著 )

    ナノオプトニクスエナジー  2010年03月

  • Computing the optimal trajectory of arm movement: the TOPS (Task Optimization in the Presence of Signal-dependent noise) model

    Hiroyuki Miyamoto, DM Wolpert, Mitsuo Kawato ( 共著 )

    Springer-Verlag  2002年01月

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 薄型AEセンサとオートエンコーダを用いた回転式真空ポンプの排気不良の検出

    内田 雅人

    計測自動制御学会 産業応用部門2018年度大会  (国立研究開発法人産業技術総合研究所 臨海副都心センター 別館)  2018年11月  -  2018年11月    計測自動制御学会

  • 薄型AEセンサと転移学習を用いたワイヤボンディング抜取検査の性能向上

    小石泰毅

    エレクトロニクス実装学会 官能検査システム化技術 セッション  (東京理科大学 野田キャンパス(千葉県野田市山崎2641))  2018年03月  -  2018年03月    エレクトロニクス実装学会

  • 飼いならし学習を用いたAE源の位置標定

    内田雅人

    第36回計測自動制御学会九州支部学術講演会  (鹿児島大学郡元キャンパス(工学部))  2017年11月  -  2017年11月    計測自動制御学会

  • 多様性を考慮した飼いならし学習の精度向上に関する研究

    小石泰穀

    第36回計測自動制御学会九州支部学術講演会  (鹿児島大学郡元キャンパス(工学部))  2017年11月  -  2017年11月    計測自動制御学会

  • Development of User Interface that enables operation by physical action(poster)

    Atsuto Kamikawatoko

    International Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES 2017)  (Universiti Putra Malaysia, serdang, Malaysia)  2017年11月  -  2017年11月    Universiti Putra Malaysia (UPM)

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • ライン引き装置

    特願 特願 2015-002461  日本国

    宮本 弘之, 塩田 脩也

  • 光学デバイス駆動装置

    特願 特願2014-032653  特許 特許第5702007号  日本国

    ゴドレール イヴァン, 佐藤 能臣, 宮本 弘之

  • 球体モジュール及びそれを用いた搬送装置

    特願 "特願2010-288261  日本国

    森政男, 宮本弘之

  • 自立式の歩行支援装置

    特願 '特願2010-105428  特開 2011-229838  特許 5633779  日本国

    宮本弘之,石田秀一,森政男

  • 球体駆動式全方向移動装置

    特願 '特願2009-063256  特開 2010-173570  特許 5305290  日本国

    宮本弘之,藤岡毅

     概要を見る

    【発明が解決しようとする課題】本技術では、3つの球と3つのモータを用いた全方向移動装置を提案する。従来装置では走行安定性が低い,モータを4つ必要とし高コストとな
    る,などの欠点があった。本手法では必要最低限のモータを用いて,かつ,高い走行安定性を実現する.
    【課題を解決するための手段】ひとつのモータでふたつの球を駆動し,球を正三角形の頂点になるように配置した.
    【発明の効果】球の回転方向が装置全体の移動方向と一致するため,走行安定性が高くなった.また移動の自由度と同じ3個のモータを用いるためコストを低くすることができ
    る.。
    【発明を実施するための最良の形態】シリコンボールなどの摩擦係数の高い球と,モータの回転を球に伝達するロータと,モータとロータを接続するためのギヤ,ベルト,チェー
    ンから構成する.

全件表示 >>

報道関係 【 表示 / 非表示

  • 【おはよう日本】開発進む“ライン引きロボット”

    11 NHK総合   2015年05月12日

    宮本弘之

  • おはよう九州沖縄「􏳡􏲒􏲒􏲓􏲓􏳢􏳢􏲻􏲻􏳗􏳗􏱆􏱆􏳣􏳣􏰏􏰏􏰎􏰎􏳤􏳤􏳉􏳉􏳥􏳥􏱕􏱕􏳦􏳦􏰝􏰝􏰖􏰖􏰠􏰠􏰙􏰙􏳧􏳧􏳨􏳨􏳡􏲒􏲒􏲓􏲓􏳢􏳢􏲻􏲻􏳗􏳗􏱆􏱆􏳣􏳣􏰏􏰏􏰎􏰎􏳤􏳤􏳉􏳉􏳥􏳥􏱕􏱕􏳦􏳦􏰝􏰝􏰖􏰖􏰠􏰠􏰙􏰙􏳧􏳧􏳨􏳨􏳡􏲒􏲒􏲓􏲓􏳢􏳢􏲻􏲻􏳗􏳗􏱆􏱆􏳣􏳣􏰏􏰏􏰎􏰎􏳤􏳤􏳉􏳉􏳥􏳥􏱕􏱕􏳦􏳦􏰝􏰝􏰖􏰖􏰠􏰠􏰙􏰙􏳧􏳧􏳨􏳨北九州発!新ロボット 役目は白いライン引き」

    NHK九州沖縄地域  2015年04月17日

    宮本弘之

  • ロクイチ福岡「野球のグラウンドのライン引きをするロボットを紹介。100メートル近い白線をぶれることなく まっすぐ引けるよう開発中」

    NHK福岡放送局  2015年04月16日

    宮本弘之

  • ニュースブリッジ北九州 「野球場のライン引きにも自動化の波!新ロボット開発」

    NHK北九州放送局  2015年04月09日

    宮本弘之

  • 「ものづくりを担う人材を」学生の実践的な研究開発支援

    西日本新聞  2015年03月17日

    研究室学生

     概要を見る

    ひびきのハイテクチャレンジ報告会の報道で、研究室のテーマが第一位となった。

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第 32 回エレクトロニクス実装学会春季講演大会優秀賞

    2018年09月11日   エレクトロニクス実装学会   日本国

    受賞者:  小石泰毅, 石田秀一, 田原竜夫, 岩崎渉, 宮本弘之

  • 平成26年度特別研究員等審査会専門委員(書面担当) 表彰

    2015年08月01日   日本学術振興会   日本国

    受賞者:  宮本 弘之

  • 平成26年電気学会産業応用部門研究会論文発表賞 部門表彰

    2015年01月26日   電気学会   日本国

    受賞者:  新福宜侑,宮本貴章,宮本弘之

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 球駆動式全方向移動機構を用いた電動車椅子の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2009年04月  -  2012年03月

    研究課題番号:  21560265

  • リアルタイム高次統合視覚集積システムの開発とマーカレス身振り認識への応用

    基盤研究(B)

    研究期間:  2007年04月  -  2010年03月

    研究課題番号:  19300079

受託研究・共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 球体駆動式全方向移動装置の開発

    共同研究

    研究期間:  2013年05月  -  2013年10月

  • 福祉・介護用ロボットの研究および最新モータ制御技術の習得

    共同研究

    研究期間:  2011年07月  -  2012年03月

  • ピッキングロボットに必要な実用技術の開発

    共同研究

    研究期間:  2010年07月  -  2011年03月

  • ピッキングロボット用画像処理プログラムの開発

    共同研究

    研究期間:  2009年04月  -  2010年03月

  • 球駆動台車の研究

    共同研究

    研究期間:  2008年04月  -  2009年03月

全件表示 >>

寄附金・講座 【 表示 / 非表示

  • 球体駆動式全方向移動装置の開発

      2013年12月

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 屋内軽作業向け球体駆動式全方向移動台車の開発

    提供機関:  地方自治体 

    研究期間:  2015年07月  -  2016年03月

     概要を見る

    屋内軽作業向け球体駆動式全方向移動台車の開発

  • 運動競技場用ライン引きロボットの開発

    提供機関:  地方自治体 

    研究期間:  2015年07月  -  2016年03月

  • 運動競技場用ライン引きロボットの開発

    提供機関:  地方自治体 

    研究期間:  2014年07月  -  2015年03月

  • 屋内軽作業向け球体駆動式全方向移動台車の開発

    提供機関:  地方自治体 

    研究期間:  2014年07月  -  2015年03月

     概要を見る

    屋内軽作業向け球体駆動式全方向移動台車の開発

  • 運動競技場用ライン引きロボットの開発

    提供機関:  地方自治体 

    研究期間:  2013年07月  -  2014年03月

     概要を見る

    運動競技場用ライン引きロボットの開発を行う。

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 国際ロボット展2015

    2015年12月
     
     
     

     概要を見る

    ライン引きロボットを展示した。

  • 未来の技術を見つけに~「第3回おおた研究・開発フェア-産学連携・新技術展」

    2013年10月
     
     
     

     概要を見る

    球駆動式全方向移動装置の展示

  •  新技術説明会

    2011年12月
     
     
     

  • 西日本総合機械 展

    2011年06月
     
     
     

  • 北九州イノベーシ ョンギャラリー特 別展「北九州発! イノベーション のたまご展」

    2010年12月
     
     
     

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度  ロボット学習制御

  • 2019年度  センサ工学Ⅱ

  • 2019年度  制御基礎I

  • 2018年度  ロボット学習制御

  • 2018年度  センサ工学Ⅱ

全件表示 >>

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など 【 表示 / 非表示

  • 優秀講演賞(Best Presentation Awards)

    2005年03月   日本機械学会

FD活動への参加 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月   授業アンケート

  • 2002年04月   授業アンケート

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • 平成 27 年度 ひびきの学研都市高度ものづくり実践人材育成事業「ひびきのハイテクチャレンジ」

    2015年04月
    -
    2016年03月

     概要を見る

    平成 2 7年度 「ひびきのハイテクチャレンジ」
    屋内軽作業向け球体駆動式全方向移動台車の開発

  • 平成 26 年度 ひびきの学研都市高度ものづくり実践人材育成事業「ひびきのハイテクチャレンジ」

    2014年04月
    -
    2015年03月

     概要を見る

    平成 26 年度 「ひびきのハイテクチャレンジ」中間報告会 結果報告
    1位 屋内軽作業向け球体駆動式全方向移動台車の開発

  • 平成 25 年度 ひびきの学研都市高度ものづくり実践人材育成事業「ひびきのハイテクチャレンジ」

    2013年04月
    -
    2014年03月

     概要を見る

    運動競技場用ライン引きロボットの開発

  • 平成24年度 ひびきの学研都市高度ものづくり実践人材育成事業ひびきのハイテクチャレンジ

    2012年04月
    -
    2013年03月

     概要を見る

    成果発表会
    1位 「安定化装置付き小型全方向移動車いすの開発」

  • COE渡り鳥教育

    2007年10月
    -
    2008年03月

     概要を見る

    COE渡り鳥教育での指導を行った

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    継続中

    電子情報通信学会   査読委員

社会貢献活動(講演会・出前講義等) 【 表示 / 非表示

  • 北九州ゆめみらいワーク2018

    2018年08月
     
     

     概要を見る

    市内外の大学や短期大学のゼミ体験や理工系大学等の日頃の研究内容を紹介し、その面白さや魅力、学びの重要性を伝えます。

  • 新技術説明会

    2017年12月
     
     
  • 東京国際ロボット展

    2015年12月
     
     

     概要を見る

    覧引きロボットを展示した。

  • 新技術説明会

    2015年10月
     
     

     概要を見る

    医歯食工連携ネットワークの技術シーズ 合同新技術説明会
    「球駆動式全方向移動車いす」
    球駆動式全方向移動装置を用いた電動車椅子について説明した。

  • 産学連携フェア

    2015年10月
     
     

     概要を見る

    ブース展示を行った

全件表示 >>

 

PR 【 表示 / 非表示

  • (企業向けPR)

    球駆動式全方向移動機構を用いた電動車いすや搬送台車