2022/08/03 更新

写真a

タテノ カツミ
立野 勝巳
TATENO Katsumi
Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 3

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
大学院生命体工学研究科 人間知能システム工学専攻
職名
准教授
メールアドレス
メールアドレス
研究室電話
093-695-6090
外部リンク

研究キーワード

  • 神経情報工学

  • 非線形力学

出身学校

  • 1994年03月   九州工業大学   情報工学部   電子情報工学科   卒業   日本国

出身大学院

  • 1999年03月   九州工業大学   情報工学研究科   情報システム専攻   博士課程・博士後期課程   修了   日本国

取得学位

  • 九州工業大学  -  博士(情報工学)   1999年03月

学内職務経歴

  • 2014年04月 - 現在   九州工業大学   大学院生命体工学研究科   人間知能システム工学専攻     准教授

  • 2007年04月 - 2014年03月   九州工業大学   大学院生命体工学研究科   脳情報専攻     准教授

学外略歴

  • 1999年05月 - 2002年03月   マクギル大学 生理学部   研究員   日本国

所属学会・委員会

  • 2015年04月 - 現在   Society for Neuroscience   アメリカ合衆国

  • 2014年09月 - 現在   日本動物行動学会   日本国

  • 2010年04月 - 現在   日本神経回路学会   日本国

  • 2003年04月 - 現在   電子情報通信学会   日本国

  • 2002年04月 - 現在   日本生物物理学会   日本国

論文

  • Real-time computation of a large-scaled entorhinal-hippocampal spiking neural network using GPU acceleration 査読有り 国際誌

    Kensuke Takada, Katsumi Tateno

    Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE ( The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers )   13 ( 2 )   349 - 354   2022年04月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1587/nolta.13.349

    DOI: 10.1587/nolta.13.349

  • A Memory-Based Entorhinal-Hippocampal Model and its FPGA Implementation by On-Chip RAMs 査読有り 国際誌

    Ichiro Kawashima, Katsumi Tateno, Takashi Morie, Hakaru Tamukoh

    ISCAS   5頁   2022年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    USA   Austin, Texas   2022年05月28日  -  2022年06月01日

  • Taste receptor cells generate oscillating receptor potentials by activating G protein-coupled taste receptors 査読有り 国際誌

    Yoshiki Nakao, Katsumi Tateno, Yoshitaka Ohtubo

    Frontiers in Physiology   13   883372   2022年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.3389/fphys.2022.883372

    DOI: 10.3389/fphys.2022.883372

  • A Neural Network Model of the Entorhinal Cortex and Hippocampus for Event-order Memory Processing 査読有り 国際誌

    Hiroki Nakagawa, Katsumi Tateno, Kensuke Takada, Takashi Morie

    IEEE Access   2022年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1109/access.2022.3168715

    DOI: 10.1109/access.2022.3168715

  • 自己位置と他者位置を符号化する嗅内皮質-海馬スパイキングニューラルネットワークを用いた観察学習

    千口克也,立野勝巳,髙田健介

    信学技報 ( IEICE )   121 ( 390 )   138 - 138   2022年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    2022年03月02日  -  2022年03月04日

    本研究では,自己位置と他者位置を符号化する嗅内皮質−海馬スパイキングニューラルネットワーク(SNN)を考案し,観察T迷路課題への応用を検討する.観察T迷路課題では,観察者は自己位置と他者の位置を脳内で表現する必要がある.海馬には,環境内における自己位置を符号化する場所細胞が存在し,その一部は他者位置を合わせて符号化するジョイント場所細胞である.しかしながら,ジョイント場所細胞の形成機構は未だ明らかにされていない.そこで,内側嗅内皮質に存在するオブジェクトベクトル細胞が他者との距離と方向を符号化すると仮定し,場所細胞とオブジェクトベクトル細胞からの投射によりジョイント場所細胞を形成する嗅内皮質−海馬SNNを提案する.さらに,提案SNNは,ジョイント場所細胞の神経活動と報酬信号に基づいて,T字路でコンパニオンと反対方向に移動するよう学習する.結果として,試行の繰り返しによって,提案SNNが観察T迷路課題を高い正答率で遂行できることを確認した.

  • Brain-Inspired Neural Network Navigation System with Hippocampus, Prefrontal Cortex, and Amygdala Functions 査読有り 国際誌

    Akinobu Mizutani, Yuichiro Tanaka, Hakaru Tamukoh, Yuichi Katori, Katsumi Tateno, Takashi Morie

    Proceedings of International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems 2021 (ISPACS2021) ( IEEE )   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    DOI: 10.1109/ISPACS51563.2021.9651058

    DOI: 10.1109/ISPACS51563.2021.9651058

  • A Reservoir Based Q-Learning Model for Autonomous Mobile Robots 査読有り 国際誌

    Masafumi Inada, Yuichiro Tanaka, Hakaru Tamukoh, Katsumi Tateno, Takashi Morie, Yuichi Katori

    Proceedings of the 2020 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2020)   213 - 216   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    オンライン開催  

  • A Brain-Inspired Artificial Intelligence Model of Hippocampus, Amygdala, and Prefrontal Cortex on Home Service Robots 査読有り 国際誌

    Yuichiro Tanaka, Hakaru Tamukoh, Katsumi Tateno, Yuichi Katori, Takashi Morie

    Proceedings of the 2020 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2020)   138 - 141   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 暗室におけるグラスキャットフィッシュのプランクトン検出

    西尾 星七, 立野 勝巳

    信学技報   120 ( 165 )   45 - 48   2020年09月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 経路依存場所情報を符号化するスパイキングニューラルネットワークを用いた行動選択学習

    立野勝巳,髙田健介

    信学技報 ( 電子情報通信学会 )   119 ( 471 )   115 - 118   2020年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Mixed gas concentration estimation using a spiking neural network model 査読有り 国際誌

    Osamu Nakamura, Katsumi Tateno

    Proceedings of 2020 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing   159 - 162   2020年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • 明暗環境下における正弦波電気刺激に対するグラスキャットフィッシュの忌避行動の変化

    元親俊輔,上田雄也,立野勝巳,堀尾恵一

    信学技報 ( 電子情報通信学会 )   119 ( 381 )   19 - 22   2020年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • 海馬の文脈依存情報および報酬に基づいて行動を制御する前頭前野モデル

    田上天羽,立野勝巳

    信学技報 ( 電子情報通信学会 )   119 ( 381 )   23 - 26   2020年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Counting algorithm for sequential optical images of immunoreactive mouse taste-bud cells 査読有り 国際誌

    Katsumi Tateno, Osamu Shiku, Yoshitaka Ohtubo

    ICIC Express Letters   14 ( 1 )   1 - 8   2020年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.24507/icicel.14.01.1

  • 家庭用サービスロボットのための海馬―嗅内皮質の集積回路モデル

    下留諒,川内聖士,高田健介,立野勝巳,田向権,森江隆

    信学技報   118 ( 414 )   5 - 10   2019年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Random pulse induced synchronization and resonance in uncoupled non-identical neuron models 査読有り

    Osamu Nakamura, Katsumi Tateno

    Cognitive Neurodynamics   2019年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/s11571-018-09518-5

  • 正弦波電気刺激に対するグラスキャットフィッシュの電気受容求心性神経の応答と行動反応

    足立侑駿,立野勝巳

    信学技報   118 ( 15 )   107 - 110   2018年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

  • Development of frequency based taste receptors using bioinspired glucose nanobiosensor 査読有り

    Amin Termeh Yousefi, Katsumi Tateno, Samira Bagheri & Hirofumi Tanaka

    Scientific Reports   7 ( 1623 )   2017年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1038/s41598-017-01855-5

  • Nonlinear Characteristics of electroreceptors of glass catfish to electrical stimulation and its behavior responses 査読有り 国際誌

    Yu Adachi, Katsumi Tateno

    Proceedings of 2017 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing   233 - 236   2017年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    アメリカ   グアム   2017年02月28日  -  2017年03月03日

  • Periodic synchronization induced by common random pulse with periodic pulse in a spiking neural network model for sensor signal coding 査読有り

    Osamu Nakamura, Katsumi Tateno

    Proceedings of 2017 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing   2017年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    アメリカ   グアム   2017年02月28日  -  2017年03月03日

  • ラット海馬スライスにおけるカルバコール誘導β振動中の神経細胞・アストロサイトダイナミクス

    蔭山逸行, 立野勝巳, 夏目季代久

    信学技報   115 ( 426 )   39 - 44   2016年01月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    日本   北九州市   2016年01月28日  -  2016年01月29日

  • 神経パルスの同期の程度と周期性を利用したセンサー情報の符号化

    角 昌吾, 中村 修, 立野 勝巳

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 ( 一般社団法人電子情報通信学会 )   2014   S-3 - S-4   2014年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

    CiNii Article

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/110009831299

  • Cell-type-dependent action potentials and voltage-gated currents in mouse fungiform taste buds 査読有り

    Kenji Kimura, Yoshitaka Ohtubo, Katsumi Tateno, Keita Takeuchi, Takashi Kumazawa and Kiyonori Yoshii

    European Journal of Neuroscience   39 ( 1 )   24 - 34   2014年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1111/ejn.12388

    Scopus

  • マウス味蕾の細胞型依存性から考える味情報処理 招待有り

    立野勝巳,大坪義孝

    日本神経回路学会誌 ( 日本神経回路学会 )   20 ( 4 )   159 - 165   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

    CiNii Article

  • Triggered initiation of retrograde wave propagation in a cable of FitzHugh-Nagumo cells 査読有り

    Katsumi Tateno

    Proceedings of the 20th International Conference on Neural Information Processing   49 - 54   2013年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Korea   Daegu   2013年11月03日  -  2013年11月07日

    DOI: 10.1007/978-3-642-42051-1_7

    Scopus

  • Avoidance behavior of glass catfish to weak sinusoidal electric stimuli 査読有り

    Hiroyuki Yoshimoto, Masaya Hiruta, Katsumi Tateno

    2013 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing   436 - 439   2013年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    アメリカ合衆国   クアラ・コナ、ハワイ   2013年03月04日  -  2013年03月07日

  • Network model of chemical-sensing system inspired by mouse taste buds 査読有り 国際誌

    Katsumi Tateno, Jun Igarashi, Yoshitaka Ohtubo, Kazuki Nakada, Tsutomu Miki, Kiyonori Yoshii

    Biological Cybernetics   105 ( 1 )   21 - 27   2011年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/s00422-011-0447-5

    Scopus

    その他リンク: http://www.springerlink.com/content/m456118n815q6637/

  • FPGAによる2変数神経細胞モデルの数値計算とその分岐特性

    立野 勝巳

    信学技報   110 ( 246 )   41 - 45   2010年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • A chemical sensor array inspired by mouse taste buds 査読有り 国際誌

    Jun Igarashi,Katsumi Tateno,Kazuki Nakada,Tsutomu Miki,Yoshitaka Ohtubo,Kiyonori Yoshii

    Studies in Computational Intelligence   266   159 - 164   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州市   2007年11月14日  -  2007年11月16日

    DOI: 10.1007/978-3-642-04025-2_27

  • Functional properties of Resonate-and-Fire Neuron circuits for bio-inspired chemical sensor array 査読有り

    Kazuki Nakada,Katsumi Tateno,Hatsuo Hayashi,Kiyonori Yoshii

    Studies in Computational Intelligence   266   129 - 133   2010年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    北九州市   2007年11月14日  -  2007年11月16日

  • Noise-induced Phenomena in a Bio-inspired Chemical Sensor Array 査読有り

    Kazuki Nakada,Katsumi Tateno,Hatsuo Hayashi,Kiyonori Yoshii

    18th IEEE Workshop on Nonlinear Dynamics of Electronic Systems (NDES2010)   82 - 85   2010年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Germany   Dresden   2010年05月26日  -  2010年05月28日

  • Signal detection inspired by mouse taste receptor cells 査読有り

    Katsumi Tateno,Jun Igarashi,Kazuki Nakada,Tsutomu Miki,Yoshitaka Ohtubo,Kiyonori Yoshii

    2009 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications   198 - 201   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    札幌市   2009年10月18日  -  2009年10月21日

    主要論文集(会議)

  • Dynamical properties of the two-process model for sleep-wake cycles in infantile autism 査読有り 国際誌

    Hirotsune Matsuura,Katsumi Tateno,Shuji Aou

    Cognitive Neurodynamics   221 - 228   2008年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Synchronized spike selection in a hippocampal dentate gyrus network model in the theta frequency range 査読有り 国際誌

    Katsumi Tateno,Hatsuo Hayashi,Satoru Ishizuka

    International Congress Series (BrainIT2006)   1301   79 - 82   2007年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州市   2006年09月27日  -  2006年09月29日

  • A network model toward a taste bud inspired sensor 査読有り 国際誌

    Katsumi Tateno,Kiyonori Yoshii,Yoshitaka Ohtubo,Tsutomu Miki

    International Congress Series (BrainIT2006)   1301   52 - 55   2007年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    北九州市   2006年09月27日  -  2006年09月29日

  • A model of irregular sleep-wake pattern in autistic children aged 4 or older 査読有り 国際誌

    Hirotsune Matsuura,Katsumi Tateno,Shuji Aou

    International Congress Series (BrainIT2006)   1301   286 - 289   2007年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    北九州市   2006年09月27日  -  2006年09月29日

  • Brain-inspired adaptive models based on motivational ans emotional processes 査読有り 国際誌

    Shuji Aou, Katsumi Tateno,Hironori Matsuura,Masaharu Mizuno,Tetsuya Fujimoto,Olga Hangodi,Keiichi Horio, Takeshi Yamakawa

    International Congress Series   1301   56 - 59   2007年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    日本   北九州市   2006年09月27日  -  2006年09月29日

  • A model of irregular sleep-wake pattern in autistic children aged 4 or older 査読有り 国際誌

    Matsuura H., Tateno K., Aou S.

    International Congress Series   1301   286 - 289   2007年07月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    Autistic children often experience sleep problems, such as large fluctuations in sleep onset time and frequent awakenings at night. Those symptoms change for the better with age. Naps, however, remain after the age of 4 in autistic children. Previously, we proposed piecewise-linear circle maps of irregular sleep-wake patterns in autistic children under the age of 4, but not for autistic children aged 4 or older. In the present study, we repropose piecewise-linear circle maps which reproduce irregular sleep-wake patterns in autistic children both under the age of 4, and age 4 and above. For the purpose of the reproduction, fluctuations in nap onset times were limited, and the time range of the sleep in early evening was adjusted. Those parameters were varied by age of child. As a result, the present circle map reproduced irregular sleep-wake patterns in autistic children not only under the age of 4, but also aged 4 and older. Furthermore, the circle map showed regular sleep-wake patterns in control children. © 2007.

    DOI: 10.1016/j.ics.2006.11.004

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=34250001402&origin=inward

  • A network model toward a taste bud inspired sensor 査読有り 国際誌

    Tateno K., Yoshii K., Ohtubo Y., Miki T.

    International Congress Series   1301   52 - 55   2007年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    This study shows a computational model of a taste-sensing system inspired by physiological properties of mammalian taste organs. The experimental results indicated that the taste bud cells (TBCs) form cell networks within single taste buds. The computational model includes those cell networks between taste-sensing cells (leaky integrate-and-fire (LIAF) model) and output cells (bursting cell model). Each LIAF model was heterogeneous. Outputs of a plurality of the LIAF models were integrated in the bursting cells. The dc bias current caused irregular interbeat intervals in the LIAF models. Noisy input from the LIAF models induced synchronization in the bursting cells. The degree of synchronization between the bursting cells was considered output of the network. The degree of synchronization increased with an increase in the mean dc current in the LIAF models. Although we do not know how the taste stimuli charge the LIAF models, the present network model potentially detects the taste stimuli as the degree of synchronization of TBCs. © 2006 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.ics.2006.12.025

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=34250016064&origin=inward

  • Theta phase coding in a network model of the entorhinal cortex layer II with entorhinal-hippocampal loop connections 査読有り

    Jun Igarashi,Hatsuo Hayashi,Katsumi Tateno

    Cognitive Neurodynamics   1 ( 2 )   169 - 184   2007年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/s11571-006-9003-8

  • 自閉症児の睡眠の1次元写像モデルに関する研究

    松浦弘典,立野勝巳,粟生修司

    信学技報   105 ( 417 )   59 - 64   2005年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • 感覚入力信号の周波数に依存した嗅内皮質-海馬閉回路形成と位相コーディング

    五十嵐潤,立野勝巳,林初男

    信学技報   105 ( 417 )   47 - 52   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Phase coding by organization of Entorhinal cortex - Hippocampus loop circuits 査読有り 国際誌

    Jun Igarashi,Katsumi Tateno,Hatsuo Hayashi

    BrainIT2005   66 - 66   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    北九州市   2005年10月07日  -  2005年10月09日

  • Synchronized theta rhythm selection in the dentate gyrus network model 査読有り 国際誌

    Katsumi Tateno,Hatsuo Hayashi,Satoru Ishizuka

    International Joint Conference on Neural Networks 2005   405 - 409   2005年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    Canada   Montreal   2005年07月31日  -  2005年08月04日

  • ランダムシナプス入力による苔状細胞モデルの応答性の向上

    立野勝巳,林初男,石塚智

    信学技報   104 ( 471 )   1 - 5   2004年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

  • Selective communication and a band-pass filter in the rat dentate gyrus 査読有り 国際誌

    Ishizuka S., Nakashima K., Tateno K., Hayashi H.

    International Congress Series   1269   77 - 80   2004年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    We investigated filtering properties of the dentate gyrus by using rat ventral hippocampal slices. We showed preliminary results that the dentate gyrus network selectively transmits at around 8 Hz train pulses from the cortex to the hippocampal CA3, and the application of the GABAA antagonist, Bicuculline, erases the resonance-like features of the frequency responses. The possibility of selective communication between neurons was discussed. © 2004, Elsevier B.V.

    DOI: 10.1016/j.ics.2004.05.040

    Scopus

    その他リンク: https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=33744790365&origin=inward

  • Synchronized subthreshold oscillations and phase coding in a network model of the entorhinal cortex 査読有り

    Jun Igarashi,Motoharu Yoshida,Katsumi Tateno,Hatsuo Hayashi

    International Joint Conference on Neural Networks   4   3119 - 3123   2004年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    ハンガリー   ブダペスト   2004年07月25日  -  2004年07月29日

    主要論文集(会議)

  • Theta rhythm selection of a dentate gyrus network model 査読有り

    Katsumi Tateno,Takahiro Hashimoto,Satoru Ishizuka,Koushi Nakashima,Hatsuo Hayashi

    International Joint Conference on Neural Networks 2004   1529 - 1532   2004年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    ハンガリー   2004年07月25日  -  2004年07月29日

  • Phase dependent transition between multi-stable states in a neural network with reciprocal inhibition 査読有り

    Katsumi Tateno,Hideyuki Tomonari,Hatsuo Hayashi,Satoru Ishizuka

    International Journal of Bifurcation and Chaos   14 ( 5 )   1559 - 1575   2004年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1142/S0218127404010138

  • Signal generation and selection in a neural network model 査読有り 国際誌

    Katsumi Tateno,Hatsuo Hayashi,Satoru Ishizuka

    International Congress Series   1269   117 - 120   2004年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    2004年04月  -  2004年04月

    DOI: 10.1016/j.ics.2004.05.136

  • RR間隔とΔRRのヒストグラムを用いた心房細動の自動検出

    立野勝巳,Leon Glass

    信学技報   103 ( 464 )   43 - 46   2003年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • 海馬歯状回神経回路モデルのフィルタ特性に対する苔状細胞へのランダム入力の効果

    橋本高宏,立野勝巳,中村彰一,神野尚三,小坂俊夫,石塚智,林初男

    信学技報   103 ( 464 )   37 - 42   2003年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • 嗅内皮質II層ネットワークモデルの同期した電位振動と位相コーディング

    五十嵐潤,吉田基治,立野勝巳,林初男

    信学技報   103 ( 464 )   47 - 52   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

  • Spontaneous initiation and termination of complex rhythms in cardiac cell culture 査読有り 国際誌

    Gil Bub,Katsumi Tateno,Alvin Shrier,Leon Glass

    Journal of Cardiovascular Electrophysiology   14   S229 - S236   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1046/j.1540.8167.90315.x

  • Stochastic resonance in the hippocampal CA3-CA1 model: a possible memory recall mechanism 査読有り 国際誌

    Motoharu Yoshida,Hatsuo Hayashi,Katsumi Tateno,Satoru Ishizuka

    Neural Networks   15 ( 10 )   1171 - 1183   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/s0893-6080(02)00092-8

  • Automatic detection of atrial fibrillation using the coefficient of variation and density histograms of RR and deltaRR intervals 査読有り 国際誌

    Katsumi Tateno,Leon Glass

    Medical & Biological Engineering & Computing   39 ( 6 )   664 - 671   2001年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1007/bf02345439

  • A method for detection of atrial fibrillation using RR intervals 査読有り 国際誌

    Katsumi Tateno,Leon Glass

    Computers in Cardiology   27   391 - 394   2000年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    2000年04月  -  2000年04月

    DOI: 10.1109/CIC.2000.898539

  • Spatial correlation of spontaneous activity of a CA3 network model 査読有り 国際誌

    Katsumi Tateno,Hatsuo Hayashi,Satoru Ishizuka

    The 3rd International Workshop on Neuronal Coding '99   1   207 - 210   1999年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    大阪府   1999年04月  -  1999年04月

  • Complexity of spatiotemporal activity of a neural network model which depends on the degree of synchronization 査読有り 国際誌

    Katsumi Tateno,Hatsuo Hayashi and Satoru Ishizuka

    Neural Networks   11 ( 6 )   985 - 1003   1998年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)

    DOI: 10.1016/S0893-6080(98)00086-0

  • Spontaneous spatiotemporal activity of a hippocampal CA3 network model which depends on the connectivity 査読有り 国際誌

    Katsumi Tateno,Hatsuo Hayashi,Satoru Ishizuka

    Proceedings of ICONIP'98   3   1533 - 1536   1998年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    1998年04月  -  1998年04月

  • Spatiotemporal activity of a hippocampal CA3 model and associative LTP of the perforant path to a CA1 pyramidal cell model 査読有り 国際誌

    Katsumi Tateno,Hatsuo Hayashi,Satoru Ishizuka

    Proceedings of NOLTA'97   1   177 - 180   1997年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

    1997年04月  -  1997年04月

▼全件表示

口頭発表・ポスター発表等

  • A memory-based LSI architecture for entorhinal-hippocampal model

    Osamu Nomura, Ichiro Kawashima, Seiji Uenohara, Yuichiro Tanaka, Akinobu Mizutani, Kensuke Takada, Katsumi Tateno, Hakaru Tamukoh, Takashi Morie

    The 3rd International Symposium on Neuromorphic AI Hardware  2022年03月  Research Center for Neuromorphic AI Hardware

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月18日 - 2022年03月19日   記述言語:英語   開催地:北九州市   国名:日本国  

  • Recurrent spiking neural network for self-localization inspired by medial entorhinal cortex

    Mau Tanoue, Katsumi Tateno

    The 3rd International Symposium on Neuromorphic AI Hardware  2022年03月  Research Center for Neuromorphic AI Hardware

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月18日 - 2022年03月19日   記述言語:英語   開催地:北九州市   国名:日本国  

  • Memory-based action planning inspired by hippocampal replay

    Akinobu Mizutani, Yuichiro Tanaka, Ichiro Kawashima, Hakaru Tamukoh, Katsumi Tateno, and Takashi Morie

    The 3rd International Symposium on Neuromorphic AI Hardware  2022年03月  Research Center for Neuromorphic AI Hardware

     詳細を見る

    開催期間: 2022年03月18日 - 2022年03月19日   記述言語:英語   開催地:北九州市   国名:日本国  

  • A situation-dependent navigation system by brain-inspired neural networks with hippocampus, prefrontal cortex, and amygdala functions

    Akinobu Mizutani, Yuichiro Tanaka, Hakaru Tamukoh, Yuichi Katori, Katsumi Tateno and Takashi Morie

    The 10th RIEC International Symposium on Brain Functions and Brain Computer (BFBC2022)  2022年02月  Research Institute of Electrical Communication, Tohoku University

     詳細を見る

    開催期間: 2022年02月18日 - 2022年02月19日   記述言語:英語  

  • Spiking neural network model encoding the position of others for spatial observational learning

    Kensuke Takada, Katsumi Tateno

    The 2021 Nonlinear Science Workshop (NLSW2021)  2021年12月  Research Society of Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月06日 - 2021年12月08日   記述言語:英語   開催地:Online  

  • Spiking neural network model encoding the position of others for spatial observational learning

    Katsuya chiguchi, Katsumi Tateno

    9th International Joint Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2021)  2021年12月 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年12月05日 - 2021年12月08日   記述言語:英語   開催地:Online  

  • アセチルコリンによるシナプス抑制とシータリズムを用いた海馬リプレイの獲得・想起モデル

    髙田 健介,立野 勝巳

    第31回日本神経回路学会全国大会  日本神経回路学会

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月21日 - 2021年09月23日   記述言語:日本語   開催地:オンライン  

  • A Hippocampus Model for Episodic Memory Processing Using Associative Memory

    Hiroki Nakagawa, Katsumi Tateno, Kensuke Takada, Takashi Morie

    2020 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications  Research Society of Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE

     詳細を見る

    開催期間: 2020年11月16日 - 2020年11月19日   記述言語:英語   開催地:オンライン開催  

  • 家庭用サービスロボットのための海馬-嗅内皮質モデルにおける場のオブジェクト表現と統合

    前田優輔,立野勝巳,森江隆

    ニューロコンピューティング研究会  一般社団法人 電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年01月23日 - 2020年01月25日   記述言語:日本語   開催地:宮古島マリンターミナル  

  • Delay Conditioning for Glass Catfish with Electric Stimulus as Conditioned Stimulus

    Ryoya Ito, Katsumi Tateno

    The 7th International Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2019)  Universiti Putra Malaysia and Kyushu Institute of Technology

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月11日 - 2019年11月12日   記述言語:英語   開催地:Universiti Putra Malaysia  

  • Predatory Behavior of Glass Catfish Under a Dark Condition

    Sena Nishio, Katsumi Tateno

    The 7th International Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2019)  Universiti Putra Malaysia and Kyushu Institute of Technology

     詳細を見る

    開催期間: 2019年11月11日 - 2019年11月12日   記述言語:英語   開催地:Universiti Putra Malaysia  

  • 魚群行動の計測結果と Boids モデルの定量的比較および検証

    上田雄也,立野勝巳,堀尾恵一

    第29回インテリジェント・システム・シンポジウム  日本知能情報ファジィ学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月17日 - 2019年09月18日   記述言語:日本語   開催地:富山国際会議場  

  • 海馬・扁桃体・前頭前野の機能を統合した脳型人工知能モデル

    田中 悠一朗

    第29回 日本神経回路学会 全国大会 (JNNS 2019)  日本神経回路学会

     詳細を見る

    開催期間: 2019年09月03日 - 2019年09月06日   記述言語:日本語   開催地:東京工業大学 蔵前会館  

  • A concerted spiking induced by a random pulse in uncoupled non-identical neuron models

    Nakamura Osamu

    International Symposium on Applied Engineering and Sciences (SAES2018)   九州工業大学

     詳細を見る

    開催期間: 2018年12月15日 - 2018年12月16日   記述言語:英語   開催地:九州工業大学 戸畑キャンパス  

  • A Hippocampal Spiking Neural Network Model for Path-Dependent Place Cells

    Masashi Kawauchi

    日本神経回路学会 第28回全国大会(JNNS2018)  日本神経回路学会

     詳細を見る

    開催期間: 2018年10月24日 - 2018年10月27日   記述言語:英語   開催地:OISTカンファレンスセンター、沖縄県  

  • Effects of synaptic properties on time cell-like firing based on attractor dynamics

    Kensuke Takada

    the 11th FENS Forum of Neuroscience  Federation of European Neuroscience Societies

     詳細を見る

    開催期間: 2018年07月07日 - 2018年07月11日   記述言語:英語   開催地:CityCube Berlin, Berlin, Germany  

  • Electroreception in glass catfish

    Katsumi Tateno

    The Leon Glass and Michael C. Mackey Diamond Symposium 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年06月14日 - 2018年06月15日   記述言語:英語  

  • 印刷業における有機溶剤の健康障害リスクの把握と作業環境改善(続報)

    中村 修

    第91回日本産業衛生学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2018年05月16日 - 2018年05月19日   記述言語:日本語  

  • Comparative study of movement behavior and spiking patterns of the electrosensory nerves in glass catfish under sinusoidal electrical stimulation

    Yu Adachi, Katsumi Tateno

    Neuroscience 2017 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年11月11日 - 2017年11月15日   記述言語:英語  

  • Attractor transitions for time cell-like elapsed time dependent activity in a hippocampal CA1-CA3 network model

    Kensuke Takada

    Neuroscience 2017 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年11月11日 - 2017年11月15日   記述言語:英語  

  • 共通ランダムパルスと協働した閾値下周期パルス入力による非結合神経細胞の周期的同期発火

    中村 修

    第27回日本神経回路学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月20日 - 2017年09月22日   記述言語:日本語  

  • 正弦波電気刺激によって変調されたグラスキャットフィッシュの電気受容器の求心性線維の自発発火の非線形特性と忌避行動の関連性

    足立 侑駿, 立野 勝巳

    第27回日本神経回路学会全国大会  日本神経回路学会

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月20日 - 2017年09月22日   記述言語:日本語  

  • 海馬神経回路においてセル・アセンブリから生成される経時依存的発火に関する計算機シミュレーション

    高田 健介

    第27回日本神経回路学会全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2017年09月20日 - 2017年09月22日   記述言語:日本語  

  • Algorithm for estimating gas concentration under a mixed VOC gas

    Takaki Nakagawa

    4th Kyushu Institute of Technology - Universiti Putra Malaysia International Symposium on Applied Engineering and Sciences 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月17日 - 2016年12月18日   記述言語:英語   開催地:Kyushu Institute of Technology, Kitakyushu  

  • Counting algorithm for sequential optical images of immunoreactive mouse taste-bud cells

    Katsumi Tateno

    3rd International Conference on Computational Methods in Engineering and Health Sciences (ICCMEH2016) 

     詳細を見る

    開催期間: 2016年12月17日 - 2016年12月18日   記述言語:英語   開催地:Kyushu Institute of Technology, Kitakyushu  

  • Non-periodic responses to sinusoidal electric stimulation in ampullary electroreceptors of glass catfish

    Yu Adachi, Katsumi Tateno

    Neuroscience 2015  Society for Neuroscience

     詳細を見る

    開催期間: 2015年10月17日 - 2015年10月21日   記述言語:英語   開催地:McCormick Place,シカゴ,米国  

  • Spatiotemporal synaptic input pattern sensitivity of persistent firing in hippocampal CA1 neuron model

    Kensuke Takada, Katsumi Tateno

    Neuroscience 2015  Society for Neuroscience

     詳細を見る

    開催期間: 2015年10月17日 - 2015年10月21日   記述言語:英語   開催地:McCormick Place,シカゴ,米国  

  • Nonlinear characteristics of electrosensory afferent nerve impulses elicited by sinusoidal electric stimulation in glass catfish

    Yu Adachi, Katsumi Tateno

    第53回日本生物物理学会年会  日本生物物理学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月13日 - 2015年09月15日   記述言語:英語   開催地:金沢大学  

  • ラット海馬スライスにおけるカルバコール誘導振動の計算機シミュレーションによる研究

    蔭山逸行

    第25回日本神経回路学会全国大会  日本神経回路学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月02日 - 2015年09月04日   記述言語:日本語   開催地:電気通信大学  

  • Synaptic input pattern dependent persistent firing in hippocampal CA1 network model

    高田健介,立野勝巳

    第25回日本神経回路学会全国大会  日本神経回路学会

     詳細を見る

    開催期間: 2015年09月02日 - 2015年09月04日   記述言語:日本語   開催地:電気通信大学  

  • グラスキャットフィッシュの忌避行動における正弦波電気刺激周波数依存性

    立野勝巳,蛭田昌也

    日本動物行動学会第33回長崎大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年11月01日 - 2014年11月03日   記述言語:日本語  

  • Cell-type-dependent action potentials of mouse taste bud cell models

    Katsumi Tateno, Yoshitaka Ohtubo, Kenji Kimura, Keita Takeuchi, Takashi Kumazawa, Kiyonori Yoshii

    Advances in Neuroinformatics 2014 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年09月25日 - 2014年09月26日   記述言語:英語   開催地:Riken, Wako, Japan  

  • Simple neuron models of the perirhinal cortex

    Katsumi Tateno, Saizo Hayama, Motoharu Yoshida

    日本神経回路学会第24回全国大会  日本神経回路学会

     詳細を見る

    開催期間: 2014年08月27日 - 2014年08月29日   記述言語:英語   開催地:公立はこだて未来大学  

  • 神経パルスの同期の程度と周期性を利用したセンサー情報の符号化

    角 昌吾, 中村 修, 立野 勝巳

    2014年電子情報通信学会総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2014年03月18日 - 2014年03月21日   記述言語:日本語  

  • 免疫陽性味蕾細胞の自動計数アルゴリズム

    立野 勝巳, 志久 修, 大坪 義孝

    日本味と匂学会第47会大会  日本味と匂学会

     詳細を見る

    開催期間: 2013年09月05日 - 2013年09月07日   記述言語:英語   開催地:仙台市民会館  

  • Neural pulse coding in the taste bud-inspired sensor network

    Katsumi Tateno

    Workshop on Brain-Inspired Systems 

     詳細を見る

    開催期間: 2013年01月29日 - 2013年01月30日   記述言語:英語   開催地:Frankfurt Institute of Advanced Studies  

  • Modeling of a slowly activating hemichannel current in mouse taste bud cells

    Katsumi Tateno

    第22回日本神経回路学会全国大会  日本神経回路学会

     詳細を見る

    開催期間: 2012年09月12日 - 2012年09月14日   記述言語:英語   開催地:名古屋工業大学  

  • A feedback neural network for filtering theta rhythm

    本人

    DFG-BMBF-JST Workshop Computational Neuroscience 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年03月02日 - 2011年03月05日   記述言語:英語   開催地:日本 沖縄県国頭郡  

  • Bandpass filtering induced by non-signal inputs in a feedback neural network model

    本人

    East-Asia Inter-University Workshop on Brain Engineering (EAW2011) 

     詳細を見る

    開催期間: 2011年02月27日 - 2011年03月01日   記述言語:英語   開催地:日本 北九州市  

  • Neural network model for taste information processing

    本人

    The 10th Postech-Kyutech Joint Workshop on Neuroinformatics 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年08月23日 - 2010年08月25日   記述言語:英語   開催地:日本 北九州市  

  • マウス味蕾に発想を得たセンサシステムにおける神経発火の確率的同期

    本人

    第54回システム制御情報学会研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年05月19日 - 2010年05月21日   記述言語:日本語   開催地:日本 京都市  

  • 化学センサシステム開発に向けたマウス味蕾細胞の数理モデル化

    本人

    第22回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催期間: 2010年01月09日 - 2010年01月10日   記述言語:日本語   開催地:日本 岡山市  

  • 自閉症児の睡眠の2プロセスモデル

    脳情報専攻 松浦弘典

    日本神経回路学会 第18回全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月24日 - 2008年09月26日   記述言語:日本語   開催地:日本 つくば市  

  • バースト放電細胞を含むフィードバック回路による帯域通過型フィルタ

    本人

    日本神経回路学会 第18回全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年09月24日 - 2008年09月26日   記述言語:日本語   開催地:日本 つくば市  

  • Two-process model of irregular sleep-wake cycle in autistic children

    脳情報専攻 松浦弘典

    脳と心のメカニズム 第9回 夏のワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年08月09日 - 2008年08月10日   記述言語:英語   開催地:日本 札幌市  

  • Chemical sensor array consisting of non-identical model neurons

    本人

    The First Japan-Korea Joint Symposium on Bio-microsensing Technology 

     詳細を見る

    開催期間: 2008年05月23日   記述言語:英語   開催地:日本 北九州市  

  • A chemical sensor system with non-uniform alcohol sensors

    本人

    The 5th Neuroscience Workshop in Kyushu 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年11月30日 - 2007年12月01日   記述言語:英語   開催地:日本 福岡県糟屋郡  

  • Two process model for sleep-wake cycles in infantile autism

    脳情報専攻

    The 15th IEEE International Workshop on Nonlinear Dynamics of Electronic Systems (NDES07) 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年07月23日 - 2007年07月26日   記述言語:英語   開催地:日本 徳島市  

  • Dynamical properties of mathematical models of sleep-wake cycles in autism

    本人

    10th Tamagawa-Riken Dynamic Brain Forum -DBF2007- 

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月07日 - 2007年03月09日   記述言語:英語   開催地:日本 長野県北安曇郡白馬村  

  • 自閉症児の不規則睡眠のダイナミクス

    脳情報専攻、松浦弘典

    第3回人工頭脳工学シンポジウムThe 3rd Symposium on Bionic and Cybernetic Engineering (BCES'07)  

     詳細を見る

    開催期間: 2007年03月04日   記述言語:日本語   開催地:日本 佐賀県佐賀市  

  • 摂食調節と睡眠

    脳情報専攻、粟生修司

    第47回日本心身医学会総会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年05月30日 - 2006年05月31日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡  

  • からだからアプローチする心身相関モデル:自閉症の睡眠モデル

    脳情報専攻、粟生修司

    第45回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2006年05月15日 - 2006年05月17日   記述言語:日本語   開催地:日本  

  • The one-dimensional map model of sleep-wake patterns in autistic children

    脳情報専攻、松浦弘典

    第4回ニューロサイエンスワークショップ in 九州 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年12月09日 - 2005年12月10日   記述言語:英語   開催地:日本 福岡県糟屋郡  

  • 嗅内皮質-海馬閉回路による位相コーディング

    五十嵐潤(脳情報専攻)

    日本神経回路学会 第15回全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月20日 - 2005年09月22日   記述言語:日本語   開催地:日本 鹿児島市  

  • 苔状細胞へのランダムなシナプス入力に依存した歯状回モデルの帯域通過型フィルタ特性

    本人

    平成17年 電気学会 電子・情報・システム部門大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年09月06日 - 2005年09月07日   記述言語:日本語   開催地:日本 北九州市  

  • シミュレータNEURONを用いた神経回路網モデル-海馬歯状回を例として-

    本人

    第7回ブレインサイエンス研究会 

     詳細を見る

    開催期間: 2005年05月14日 - 2005年05月15日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡県筑後市  

  • Theta rhythm selection in the dentate gyrus: Experiments and Simulation

    本人

    2004 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年11月29日 - 2004年12月03日   記述言語:英語   開催地:日本 福岡市  

  • ランダムシナプス入力により発火率を上げる苔状細胞モデル

    本人

    日本神経回路学会 第14回全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年09月27日 - 2004年09月29日   記述言語:日本語   開催地:日本 京都市  

  • ランダムシナプス入力を使ってθリズムを選択する神経回路モデル

    本人

    電子情報通信学会2004年総合大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年03月22日 - 2004年03月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京都  

  • Stochastic band-pass filter of a dentate gyrus network model

    本人

    International Conference on Dynamical Systems Theory and Its Applications to Biology and Enviromental Science 

     詳細を見る

    開催期間: 2004年03月14日 - 2004年03月17日   記述言語:英語   開催地:日本 静岡県浜松市  

  • ペースメーカ細胞を含む側抑制神経回路モデルのシナプス遅延に依存した双安定性

    本人

    日本神経回路学会 第13回全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月08日 - 2003年09月10日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京都  

  • 海馬歯状回モデルにおけるランダムシナプス入力によるθリズムの選択的通過

    脳情報専攻、橋本高宏

    日本神経回路学会 第13回全国大会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年09月08日 - 2003年09月10日   記述言語:日本語   開催地:日本 東京都  

  • 歯状回ネットワークモデルのθリズム周波数帯域の選択的通過特性

    本人

    脳と心のメカニズム 第4回夏のワークショップ 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年08月23日 - 2003年08月25日   記述言語:日本語   開催地:日本 新潟県南魚沼郡  

  • 側抑制神経回路網モデルのシナプス遅延に依存した放電パターンの切替り

    本人

    九州地区動物生理学談話会 

     詳細を見る

    開催期間: 2003年08月04日   記述言語:日本語   開催地:日本 福岡県  

  • 自発発火する海馬単一ニューロンモデルのフィードバック刺激効果

    日本生物物理学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年11月02日 - 2002年11月04日   記述言語:日本語   開催地:名古屋大学  

  • ペースメーカ細胞を含む遅延のある側抑制神経回路網の双安定性

    日本生物物理学会 

     詳細を見る

    開催期間: 2002年11月02日 - 2002年11月04日   記述言語:日本語   開催地:名古屋大学  

▼全件表示

工業所有権

  • Detection of cardiac arrhythmia using mathematical representation of standard DELTA RR probability density histograms

    Leon Glass,Katsumi Tateno

     詳細を見る

    登録番号:'US7146206  登録日:2006年12月05日

    心電図のRR間隔の差分ΔRRの分布を数式で記述し、自動検出の効率化を図った。

  • Method and system for detection of cardiac arrhythmia

    Leon Glass,Katsumi Tateno

     詳細を見る

    登録番号:'US7120485  登録日:2006年10月10日

    心房細動を含む心電図のRR間隔の差分ΔRRからヒストグラムを作成し、その分布の形状から心房細動を検出する。

講演

  • 海馬・扁桃体・前頭前野の機能を統合した脳型AIハードウェア

    第82回応用物理学会秋季学術講演会  2021年09月 

     詳細を見る

    開催期間: 2021年09月10日 - 2021年09月13日   発表言語:日本語   講演種別:招待講演   開催地:オンライン  

  • Brainmorphic hardware architecture inspired by hippocampus functions

    第30回 日本神経回路学会 全国大会  2020年12月  日本神経回路学会

     詳細を見る

    開催期間: 2020年12月02日 - 2020年12月05日   発表言語:日本語   講演種別:特別講演   開催地:オンライン開催  

  • 海馬の経路依存場所細胞を再現するスパイキングニューラルネットワークモデル

    脳型情報処理によるロボットラーニングの技術革新  2020年01月 

     詳細を見る

    発表言語:日本語   講演種別:招待講演  

  • Periodic phase synchronization induced by random pulse in uncoupled non-identical neuron models

    International Conference on Communication and Computing Systems 2016  2016年09月  Dronacharya College of Technology

     詳細を見る

    講演種別:招待講演   開催地:Dronacharya College of Technology, Gurgaon, India  

  • 電気工学から脳研究へ

    有明高専 電気工学科 特別講演  2004年01月 

     詳細を見る

    講演種別:特別講演   開催地:有明工業高等専門学校  

学術関係受賞

  • 電子情報通信学会NOLTAソサイエティ貢献賞

    電子情報通信学会   2021年09月15日

    立野勝巳

     詳細を見る

    受賞国:日本国

科研費獲得実績

  • ヘラチョウザメの電気感覚に発想を得たネットワーク型化学センサシステム

    研究課題番号:22700235  2010年04月 - 2013年03月   若手研究(B)

  • 神経細胞モデルのリアルタイム計算LSIに関する研究

    研究課題番号:17700294  2005年04月 - 2008年03月   若手研究(B)

  • 海馬における時間情報をコードするニューロン集団の形成

    研究課題番号:16015289  2004年04月 - 2005年03月   特定領域研究

  • 貫通路信号の時間空間関係の海馬におけるコーディング

    研究課題番号:15016084  2003年04月 - 2004年03月   特定領域研究

  • 海馬における時間情報の空間コーディング

    研究課題番号:14017074  2002年04月 - 2003年03月   特定領域研究

その他研究活動

  • 学術雑誌の編集委員

    2015年01月
    -
    2016年12月

     詳細を見る

    日本生物物理学会の和文誌編集委員

  • 学術雑誌の編集委員

    2010年09月
    -
    2012年12月

     詳細を見る

    日本神経回路学会の和文誌編集委員

担当授業科目(学内)

  • 2021年度   数理神経工学B

  • 2021年度   数理神経工学A

  • 2021年度   神経情報処理演習

  • 2021年度   車載用知的情報処理

  • 2021年度   数値計算法

  • 2020年度   数理神経工学B

  • 2020年度   数理神経工学A

  • 2020年度   神経情報処理演習

  • 2020年度   数値計算法

  • 2020年度   人間知能システム概論

  • 2020年度   車載用知的情報処理

  • 2019年度   数理神経工学B

  • 2019年度   数理神経工学A

  • 2019年度   神経情報処理演習

  • 2019年度   生体情報システムE

  • 2019年度   数値計算法

  • 2019年度   生命体工学概論B

  • 2019年度   車載用知的情報処理

  • 2019年度   人間知能システム概論

  • 2018年度   数理神経工学A

  • 2018年度   数理神経工学B

  • 2018年度   数値計算法

  • 2018年度   生体情報システムE

  • 2018年度   神経情報処理演習

  • 2017年度   生体情報システムE

  • 2017年度   数値計算法

  • 2016年度   神経情報処理演習

  • 2016年度   数理神経工学

  • 2016年度   生体情報システムE

  • 2015年度   生体情報システムE

  • 2015年度   数理神経工学

  • 2014年度   生体情報システムE

  • 2014年度   数理神経工学

  • 2013年度   神経情報処理演習

  • 2013年度   数理神経工学

  • 2013年度   神経情報システム

  • 2013年度   生体情報システムE

  • 2012年度   神経情報システム

  • 2012年度   数理神経工学

  • 2012年度   神経情報処理演習

  • 2012年度   生体情報システムE

  • 2011年度   数理神経工学

  • 2011年度   神経情報処理演習

  • 2011年度   生体情報システムE

  • 2010年度   数理神経工学

  • 2010年度   神経情報処理演習

  • 2010年度   生体情報システムE

▼全件表示

担当経験のある授業科目(学外)

  • 数値解析

    2020年04月 - 現在   機関名:数値解析

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

教育活動に関する受賞・指導学生の受賞など

  • ICT による教育改善事例「Good practice of Improvement on Education by ICT」

    九州工業大学  

    2012年02月12日

FD活動への参加

  • 2021年05月   研修会参加

  • 2020年06月   研修会参加

  • 2019年07月   研修会参加

学会・委員会等活動

  • 電子情報通信学会   非線形問題研究会 幹事  

    2019年06月 - 2021年05月

  • 日本生物物理学会   会誌編集委員  

    2015年01月 - 2016年12月

  • 日本神経回路学会   理事  

    2013年04月 - 2016年03月