伊東 啓太郎 (イトウ ケイタロウ)

ITO Keitaro

写真a

職名

教授

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

研究分野・キーワード

エコロジカル・デザイン、生態学、環境設計、公園、遊び場、ビオトープ、子ども、屋上緑化、都市緑化

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

093-884-3104

研究室FAX

093-884-3100

ホームページ

http://www.keitaroito-lab-kit.com

プロフィール

1966年生まれ。農学博士。国立大学法人九州工業大学大学院教授。長崎県立長崎西高、九州大学農学部卒、同大学院農学研究科博士課程修了。2001年、英国ニューカッスル大学ランドスケープ学科客員研究員,2014年ベルリン工科大学客員研究員。ノルウェー、ドイツにおいて、生態学的・知覚心理学的な考えに基づいた環境デザイン、設計プロセス、環境教育プログラム開発に関する国際共同研究を行っている。ランドスケープ設計に、「福岡市立壱岐南小学校ビオトープ」「夜宮公園めぐり坂池」「遠賀川魚道公園」等、プロダクトデザインに「土漆喰植木鉢手作りキット・エコポ」など。2013グッドデザイン賞、2012キッズデザイン賞、2007キッズデザイン賞金賞、2006グッドデザイン賞等。国土交通省遠賀川エコロジカルネットワーク委員会委員長、北九州市都市景観賞審査委員、長崎県景観アドバイザー、日本造園学会作品選集委員等を務める。著書(共著)に、“Landscape design and biodiversity”(2010, Wiley Blackwell,U.K. “Designing Low Carbon Societies in Landscapes”, Springer,Germany (2014),“Children, Nature, Cities”,Routledge, NY (2016),等。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1991年03月   九州大学   農学部   林学   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1999年03月  九州大学  農学研究科  博士課程・博士後期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  博士(農学)  1998年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年10月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院工学研究院   建設社会工学研究系   教授  

  • 2008年04月
    -
    2016年09月

    九州工業大学   大学院工学研究院   建設社会工学研究系   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年05月
    -
    2001年09月

    School of Architecture, Planning and Landscape,University of Newcastle, Newcastle upon Tyne   Guest member of staff   グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国)

  • 1996年04月
    -
    1999年03月

    株式会社プレック研究所環境計画部   研究員   日本国

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2019年08月
    -
    2020年03月
     

    黒崎リノベーションまちづくり構想検討委員会  日本国

  • 2019年02月
    -
    2021年02月
     

    国指定史跡「津屋崎古墳群」整備指導委員会  日本国

  • 2018年04月
    -
    2018年12月
     

    福津市総合計画審議会  日本国

  • 2017年03月
    -
    継続中
     

    日本森林学会  日本国

  • 2015年07月
    -
    2020年02月
     

    遠賀川学識者懇談会  日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 森林科学

  • 土木環境システム

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Growing Placeともに育つ場所 16年間にわたる自然再生デザインのプロセス

    伊東啓太郎

    BIOCITY    ( 76 )   2018年10月  [査読有り]  [招待有り]

  • From Concrete Structures to Green Diversity-Ecological Landscape Design for Restoring Urban Nature and Children's Play

    Keitaro Ito,Tomomi Sudo

    Urban Planet  ( Cambridge University Press )    2018年04月  [査読有り]  [招待有り]

  • Characteristic of National park and forest usage in Urban area: the case study of Hlawga National park in Yangon

    Shwe Yee Lin, Keitaro Ito, Tomomi Sudo, Yurie Hanada, Takahiro Nakamatsu, Yuusuke Oda

    日本森林学会大会発表データベース    128 ( 0 )   2017年01月

     概要を見る

    <p>Being a developing country, the balance of development and nature preservation is the essential role in Myanmar. Urban National Parks are important for nature preservation and recreation opportunities for visitors. It is a place where the communities can have experience the nature landscape, different from city landscape. Hlawga National Park is considered as study area which has easy access from Yangon urban area and connects with Bago Yoma. This study aims to examine the characteristics of park from the preferences and attitude of visitors and the nature of forestry. We consider (1) the present nature of park, (2) the preference and attitude of visitors, and (3) problems for sustainability of nature environment. Our findings will generate further discussion on the planning for conservation management of nature environment and biodiversity with the collaborative processes of visitors and tourists.</p>

    DOI CiNii

  • 森林を活用した子どもの遊びと生態系学習に関する研究 ―ノルウェー・日本における野外教育の取り組み―

    須藤 朋美, 伊東 啓太郎, Ingunn Fjørtoft, 山下 太郎, 山下 育子

    日本森林学会大会発表データベース    128 ( 0 )   2017年01月

     概要を見る

    <p>本研究では、森林を活用した教育を行っている日本の幼稚園、ノルウェーの小学校において、子どもたちと教育者がどのように森林と関わり、遊びや学びを行っているか報告する。日本での対象地は、京都府京都市の東山三十六峰からつながる緑地の中に位置する、北白川幼稚園である。木々に囲まれた立地から、子どもたちは外遊びの中で植物や昆虫を対象にした遊びを行っている。副園長による日々の活動記録のテキストデータより、自然に関わる遊びを分析したところ、180種類の自然遊びが確認できた。ノルウェーでの対象地は、首都オスロから約55km南西に位置するオルモウセン小学校で、周辺には松が優占する森林や湿地がある。周辺の自然環境を活用したカリキュラムを実施するため、小学校の職員とともに周辺環境の調査を行い、授業で活用できる場所を検討した。さらにその後、周辺の湿地に生息するサンショウウオを題材に、科目を横断して実践的に学ぶ体験型の野外学習が5年生の生徒を対象に実施している。2つの対象地で、森林生態系を活用した学習や遊びが確認できたが、今後は活動を通した自然環境の保全の取り組みの方針について、議論していく必要があると考えられる。</p>

    DOI CiNii

  • 環境基本計画・生物多様性地域戦略と連動した市民参加による森林管理ー福津市におけるプロジェクトマネジメントとその課題ー

    伊東 啓太郎, 須藤 朋美, 花田 有里絵, 仲松 孝洋, 池尻 絵美, Shwe Yee Lin

    日本森林学会大会発表データベース    128 ( 0 )   2017年01月

     概要を見る

    <p>福津市は、九州北部に位置する人口約60,000人の都市である。福岡市のベッドタウンとして開発が進み、人口は2010年以来増加傾向にある。玄界灘に面し、津屋崎干潟、里地里山、河川、総延長約8.5kmの松林が存在する。航空写真の解析から1963年から2012年にかけて、2,255ha から1,435ha、36.3%(約820ha)の森林が減少している。その一部は、玄海国定公園として国定公園区域の特別地域に指定されており、里山環境として重要な場所であるが、管理放棄、竹林の拡大などの課題がある。また、海岸林は、防風林、燃料の採取場所として人々の生活とともに存在してきたが、この機能も失われつつある。九州工業大学環境デザイン研究室では、市からの依頼を受け2014年から「福津市環境基本計画」、「生物多様性地域戦略策定」のプロジェクトを、市民、地域の環境保全グループ、県立水産高校、県立光陵高校と連携し、生態系学習、情報共有を進めながら現場での実践を行っている。市の環境政策と連動し、地域の生態系サービスを持続しながら、協働で森林マネジメントを行っていくプロセス及びその課題について考察し、議論したい。</p>

    DOI CiNii

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Characteristics of spatial distribution, vegetation structure, and managment system of shrine/ temple forest as urban green space: The case of Kitakyushu city

    Manabe Tohru,ITO Keitaro,Hashimoto Daisuke,Dai Isono,Tkashi Umeno and Shuji Iijima ( 共著 )

    Springer  2010年05月

  • Urban Biodiversity and Design, "Conservation Science and Practice Series", Landscape Design and children’s participation in a Japanese primary school - Planning process of school biotope for 5 years -,(eds)N.Muller, P.Werner, J.G.Kelcey, Oxford, UK

    ITO Keitaro,Fjortoft Ingunn,Manabe Tohru,Masuda Kentaro,Kamada Mahito,Fujiwara Katsunori ( 共著 )

    Springer  2010年05月

  • Landscape Ecology in Asian Culture

    Tohru Manabe,Keitaro Ito,Daisuke Hahimoto,Dai Isono,Takashi Umeno,Shuji Iijima ( 共著 , 担当範囲: Characteristics of the spatial distribution, vegetation structure and management systems of shrine/temple forests as urban green space ~The case of Kitakyushu City~ )

    Springer  2009年05月

  • 九工大世界トップ技術Vol.02「土に還る緑のデザイン~漆喰土壁が植木鉢になりました~」

    伊東啓太郎,行平信義,尾池哲郎,原田進,高木正三郎 ( 共著 )

    西日本新聞社  2008年04月

  • Landscape Ecological Applications in Man-Influenced Areas - Linking Man and Nature Systems

    Tohru Manabe,Keitaro Ito,Dai Isono,Takashi Umeno ( 共著 , 担当範囲: Effects of regulation system on structure and dynamics of green space in urban landscape - a case of Kitakyushu City )

    Springer  2007年04月

全件表示 >>

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • Green infrastructure management for biodiversity conservation of Satoyama landscape in Fukutsu,Japan

    Hayato, Hasegawa

    The 10th ICLEE  (Dankook University,Cheonan,Korea(壇国大学))  2019年10月  -  2019年11月    ICLEE

  • Urban children's play environments in Myanmar and Japan

    Lin,Shwe yee

    The 10th ICLEE  (Dankook University,Cheonan,Korea(壇国大学))  2019年10月  -  2019年11月    ICLEE

  • ふくつの里山・干潟・海のつながりについて考えよう!ー高校・大学の協働による大峰山の森づくりー

    長谷川速人、水産高校アクアライフ科

    ふくつ環境シンポジウム2019 /生き物のつながりから考えよう、福津の自然とSDGs  (津屋崎中学校)  2019年10月  -  2019年10月    福津市・九州工業大学環境デザイン研究室

  • 海岸マツ林を守り・育てる人のつながり

    柳田壮真

    ふくつ環境シンポジウム2019 /生き物のつながりから考えよう、福津の自然とSDGs  (津屋崎中学校)  2019年10月  -  2019年10月    福津市・九州工業大学環境デザイン研究室

  • Green infrastructure management in cooperation with local governmentand residents

    Hayato, Hasegawa

    15th KMK Joint Seminar  (室蘭工業大学)  2019年08月  -  2019年08月    九州工業大学、室蘭工業大学、韓国海洋大学

全件表示 >>

作品 【 表示 / 非表示

  • 遠賀川魚道公園

    2013年03月
     
     
     

  • 九工大エネルギー循環型棚田モデルビオトープ設計

    伊東啓太郎,環境デザイン研究室,三谷康範 

    2012年03月
     
     
     

  • 遠賀川中間堰上屋設計(建設中)

    伊東啓太郎,環境デザイン研究室,国土交通省,建設技術研究所 

    2012年03月
     
     
     

  • 小倉勝山公園植栽デザイン

    伊東啓太郎,環境デザイン研究室,北九州市役所 

    2012年03月
     
     
     

  • 遠賀川中間堰操作室及び周辺環境設計(建設中)

    伊東啓太郎,環境デザイン研究室,国土交通省,建設技術研究所 

    2012年03月
     
     
     

全件表示 >>

講演 【 表示 / 非表示

  • 福津市環境基本計画の推進と課題

    生物多様性あなん戦略 ( 阿南ひまわり会館 )  2020年02月08日  阿南市、阿南工業専門学校

  • 自然の恵みを活かすまちづくり

    ふくつ環境シンポジウム2019 /生き物のつながりから考えよう、福津の自然とSDGs ( 津屋崎中学校 )  2019年10月05日  福津市・九州工業大学環境デザイン研究室

  • 環境基本計画・生物多様性地域戦略と連動した市民参加による環境保全と地域づくり

    ふくつ環境シンポジウム2019 みんなで考えよう!持続可能な福津のまちづくりと環境保全 ( 福津市文化会館 カメリアホール )  2019年01月26日  福津市役所うみがめ課 ・九州工業大学 環境デザイン研究室

  • 地域のグリーンインフラ保全・活用を目的とした協働のプロセス〜福岡県福津市における環境基本計画策定、計画の実践と課題〜

    生態系管理フォーラム 地域計画と自然環境保全 ( 東邦大学 習志野キャンパス )  2018年12月09日  日本生態学会・東邦大学理学部

  • What have learned from ecological landscape design in urban area in Japan

    URBIO 2018   2018年09月11日  International Network for Urban Biodiversity and Design

全件表示 >>

報道関係 【 表示 / 非表示

  • 夜宮公園巡り坂池

    公益社団法人日本造園学会 造園作品選集2014  2014年04月01日

    伊東啓太郎 深町健太郎,須藤朋美,舛本哲也,山本礼子,掲野慎一郎,川添裕,浅野新一郎,中本昭,伊藤拓也,九州工業大学環境デザイン研究室,有限会社爽環境計画

  • Growing Place -壱岐南小学校ビオトーププロジェクト-

    公益社団法人日本造園学会 造園作品選集2014  2014年04月01日

    伊東啓太郎,富井俊,高橋千裕,宮口龍太,山田眞,九州工業大学環境デザイン研究室

  • 地域に根ざし,育まれる施設 公園をボランティア清掃

    西日本新聞  2014年01月19日

    NPO法人障がい者YYくらぶ,遠賀川魚道公園

  • 遠賀川魚道公園 いいね!

    朝日新聞  2013年11月28日

    伊東啓太郎,九州工業大学環境デザイン研究室,国土交通省遠賀川河川事務所,芦屋町役場

  • 彦山川生かしまちづくり

    読売新聞  2013年11月13日

    伊東啓太郎,田川市,国土交通省遠賀川河川事務所

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 2014キッズデザイン賞

    2014年07月04日   キッズデザイン協議会   日本国

    受賞者:  伊東啓太郎研究室、天籟寺小学校、北九州市、有限会社爽環境計画

  • 2013 グッドデザイン賞

    2013年01月   日本デザイン振興会   日本国

    受賞者:  九州工業大学伊東啓太郎研究室、国土交通省遠賀川河川事務所

  • 2007 キッズデザイン賞 「金賞」(経済産業大臣賞)

    2007年10月09日   日本産業デザイン振興会   日本国

    受賞者:  伊東啓太郎,壱岐南小学校

  • 2006 グッドデザイン賞

    2006年10月02日   日本産業デザイン振興会   日本国

    受賞者:  伊東啓太郎,行平信義

  • 学校ビオトープ優秀賞(計画部門) 全国学校ビオトープ・コンクール2005

    2006年02月11日   財団法人 日本生態系協会   日本国

    受賞者:  壱岐南小学校

全件表示 >>

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 直接的自然体験を目的とした環境デザインと空間活用に関する実践研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2019年03月

    研究課題番号:  15H02870

  • 子どもの遊びと自然体験を促す環境デザイン及び学習プログラムの開発に関する実践研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月

    研究課題番号:  23601013

  • 都市における生物多様性指標の開発

    基盤研究(A)

    研究期間:  2010年05月  -  2013年03月

    研究課題番号:  22241010

  • 子どもの遊びと環境学習を目的とした生態心理学的な環境デザインに関する実践研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2007年05月  -  2011年03月

    研究課題番号:  19300264

  • 子どもの遊びと環境学習を目的とした環境設計と教材開発に関する実践的研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2005年04月  -  2007年03月

    研究課題番号:  17500594

全件表示 >>

受託研究・共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 遠賀川流域景観検討

    受託研究

    研究期間:  2012年08月  -  2013年03月

  • 遠賀川の景観に関する整理

    受託研究

    研究期間:  2011年12月  -  2012年03月

  • 中間堰操作室景観検討

    受託研究

    研究期間:  2011年11月  -  2012年03月

寄附金・講座 【 表示 / 非表示

  • FAIS試作品事業 

      2007年10月

  • 日産科学振興財団・総合研究

      2003年04月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度  環境保全と生態工学

  • 2018年度  総合ランドスケープ演習

  • 2018年度  卒業研究

  • 2018年度  建設総合演習

  • 2018年度  地域計画と景域デザイン

全件表示 >>

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • 平成22年度九州工業大学学生創造プロジェクト「里山再生プロジェクト」

    2010年08月
    -
    2011年03月
  • 平成20年度九州工業大学学生創造プロジェクト「里山再生プロジェクト-地域の情報発信ステーション-」

    2008年08月
    -
    2010年03月
  • 平成20年度九州工業大学学生創造プロジェクト「里山再生プロジェクト-地域の情報発信ステーション-」

    2008年08月
    -
    2009年03月
  • 建設技術フォーラム パネラー 橋本大輔(修士2年)

    2007年11月
     
     

     概要を見る

    建設技術フォーラムにて、九州地区学生生代表として参加。

  • 平成19年度九州工業大学学生創造プロジェクト「里山再生プロジェクト-地域の情報発信ステーション-」

    2007年10月
    -
    2008年03月
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    2018年12月

    福津市総合計画審議会   委員

  • 2017年09月
     
     

    日本景観生態学会   3学会合同大会実行委員長(日本緑化工学会・日本景観生態学会・応用生態工学会)

  • 2016年01月
    -
    継続中

    日本景観生態学会   副幹事長

  • 2015年07月
    -
    2020年01月

    遠賀川学識者懇談会   委員

  • 2015年06月
     
     

    日本景観生態学会   第25回日本景観生態学会 全国大会(北九州)実行委員長

全件表示 >>

社会貢献活動(講演会・出前講義等) 【 表示 / 非表示

  • 郷育カレッジ講座

    2019年11月
     
     

     概要を見る

    「自然と人がともに生きるまちへ〜世界とふくつの自然・ランドスケイプ〜」

  • 遊びと学びのランドスケイプデザインー子ども環境、都市・地域の自然再生について考えるー

    2019年11月
     
     
  • ふくつ環境シンポジウム2019 みんなで考えよう!持続可能な福津のまちづくりと環境保全

    2019年01月
     
     

     概要を見る

    主催者:福津市役所うみがめ課・九州工業大学 環境デザイン研究室
    会場:福津市文化会館 カメリアホール

  • 郷育カレッジ講座

    2018年11月
     
     

     概要を見る

    「自然と人がともに生きるまちへ〜世界とふくつの自然・ランドスケイプ〜」
    主催:福津市郷育推進課
    会場:中央公民館

  • 北九州市民カレッジ

    2018年11月
     
     

     概要を見る

    「世界と日本における緑のランドスケイプをまちづくりー公園・都市緑化・遊び環境のデザインー」

    主催:北九州市生涯学習総合センター
    会場:九州工業大学

全件表示 >>

 

国際会議の開催 【 表示 / 非表示

  • URBIO 2018

    南アフリカ  2018年09月11日  -  2018年09月14日 

  • URBIO 2016

    パナマ  2016年10月25日  -  2016年10月27日 

  • URBIO 2014

    韓国  2014年10月09日  -  2014年10月12日 

  • URBIO 2012

    インド  2012年10月  -  2012年10月 

国際交流窓口担当 【 表示 / 非表示

  • サウスイーストノルウェー大学  2016年02月  -  2016年02月

  • 国立台湾科技大学  2015年08月  -  2015年08月

  • 国立台湾科技大学  2014年10月  -  継続中

  • サウスイーストノルウェー大学  2006年03月  -  継続中