大屋 勝敬 (オオヤ マサヒロ)

OYA Masahiro

写真a

職名

教授

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

研究分野・キーワード

適応制御,自動車の制御,ロボットの制御

Scopus 論文情報  
総論文数: 0  総Citation: 0  h-index: 6

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1983年03月   広島大学   工学部   第一類   卒業   日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1988年03月  広島大学  工学研究科  設計工学専攻  博士課程・博士後期課程  単位取得満期退学  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 広島大学 -  工学博士  1990年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   工学部   工学部機械知能工学科長  

  • 2016年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院工学研究院   工学研究院機械知能工学研究系長  

  • 2010年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院工学研究院   機械知能工学研究系   教授  

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Robust Adaptive Control for A Novel Fully-Actuated Octocopter UAV with Wind Disturbance

    Shu P., Li F., Zhao J., Oya M.

    Journal of Intelligent and Robotic Systems: Theory and Applications    103 ( 1 )   2021年09月  [査読有り]

     概要を見る

    In this paper, we propose a robust adaptive control scheme for a novel fully-actuated octocopter unmanned aerial vehicle (UAV). For standard multirotor UAV, it is difficult to track arbitrary trajectories because of strong coupling feature between translational motion and rotation motion (e.g., it can hover on the spot only when horizontal). However, this novel fully-actuated octocopter UAV can realize translational motion and rotation motion independently, and realize arbitrary trajectory tracking. This capability can make multirotor UAV having better operation and control performances, and expand application scope, for example, the operation performance of manipulator can have better operation performance if this novel octocopter is utilized as the moving base, for this octocopter can realize more smooth movement performance than standard multirotor UAV. To deal with influence of parametric uncertainties and external disturbance, a robust adaptive control scheme is developed for this novel octocopter UAV. Finally, numerical simulations are utilized to show the effectiveness of the proposed controller.

    DOI Scopus

  • Rollover prevention control of vehicles with crosswind disturbance

    Yamamoto K., Ejiri A., Oya M.

    Artificial Life and Robotics    26 ( 2 ) 250 - 258   2021年05月  [査読有り]

     概要を見る

    In this paper, we propose a design method for a rollover prevention controller using front and rear wheel steering that takes into account the variation of vehicle velocity. First, we propose a new description for vehicles. The description is suitable for controller design in case when vehicle velocity varies. Next, based on the description, we develop a new rollover prevention control scheme. In the vehicle control system using the developed controller, the lateral acceleration tracks the estimated crosswind disturbance in the case of the high risk of rollover so that the risk of rollover can be reduced. Finally, numerical simulations are carried out to demonstrate the usefulness of the proposed controller.

    DOI Scopus

  • Development of driver braking control model based on ride comfort index

    Seina Kosaki, Arata Ejiri, Masahiro Oya

    Artificial Life and Robotics      Published Online   2021年02月  [査読有り]

    DOI

  • Development of Robot Hands Driven by Myoelectric Signal input - Thumb Joint Dynamics -

    Norihiro Goto, Arata Ejiri1, Hidetaka Ohata, Yuichiro Taira, Masahiro Oya

    Proceedings of the Twenty-Sixth International Symposium on Artificial Life and Robotics      603 - 606   2021年01月  [査読有り]

    日本  別府  2021年01月  -  2021年01月

  • Design of an impedance controller for an underwater vehicle-manipulator system with a differently-controlled vehicle

    Yuichiro Taira, Shinichi Sagara, Masahiro Oya

    Proceedings of the Twenty-Sixth International Symposium on Artificial Life and Robotics      624 - 629   2021年01月  [査読有り]

    日本  別府  2021年01月  -  2021年01月

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 初めて学ぶ 現代制御の基礎(改訂版)

    江口 弘文,大屋勝敬 ( 共著 , 担当範囲: 4~7章 )

    東京電機大学出版局(改訂版)  2010年09月

  • メカトロニクス技術者のための制御応用入門

    大屋勝敬 ( 共著 )

    日本機械学会  2008年04月

  • 初めて学ぶ 現代制御の基礎

    江口 弘文,大屋勝敬 ( 共著 , 担当範囲: 4~7章 )

    東京電機大学出版局  2007年04月

  • Robust Adaptive Control of Nonlinear Systems with Dynamic backlash-like Hysteresis, Chapter Ten of Adaptive Control of Nonsmooth Dynamic Systems

    C.-Y. Su,M. Oya,X.-K. Chen ( 共著 , 担当範囲: Chapter Ten )

    Springer  2001年04月

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 車速ならびに荷物重量変化を考慮した横転抑制制御法

    宮本省吾 ,大多英隆, 大屋勝敬

    自動制御連合講演会講演論文集  2020年11月  -  2020年11月   

  • 操縦者ブレーキ制御モデルの開発

    小崎聖那, 大多英隆, 大屋勝敬

    自動制御連合講演会講演論文集  2019年11月  -  2019年11月   

  • 風外乱を考慮した車両の横転抑制制御

    山本航輝,大多英隆,奥村克博,大屋勝敬

    自動制御連合講演会講演論文集  2019年11月  -  2019年11月   

  • 筋電信号より指の第二関節までのダイナミックモデル

    飯田洋介,井上 修,大多英隆,大屋勝敬

    制御部門マルチシンポジウム予稿集  2019年03月  -  2019年03月   

  • 本体とマニピュレータが独立駆動される水中ロボットの動作制御系の性能解析

    平 雄一郎,相良 慎一,大屋 勝敬

    自動制御学会中国支部学術講演会論文集  2018年12月  -  2018年12月   

全件表示 >>

報道関係 【 表示 / 非表示

  • 地震のがれきロボにおまかせ 北九州市で訓練

    朝日新聞社  2004年12月10日

    株式会社テムザック,京都大学,九州工業大学

  • レスキューロボがれきもヒョイ 門司の出初式出勤

    朝日新聞社  2004年01月12日

    株式会社テムザック,京都大学,九州工業大学

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 操縦者特性を考慮した大型車両横転抑制技術の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月

    研究課題番号:  25420189

  • 高速移動ロボットの振動抑制技術の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2009年04月  -  2012年03月

    研究課題番号:  21560245

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  制御系構成論Ⅱ

  • 2020年度  制御工学基礎

  • 2020年度  制御系構成特論

  • 2020年度  振動工学

  • 2020年度  自動運転車両特論

全件表示 >>