張 力峰 (チョウ リキホウ)

ZHANG Lifeng

写真a

職名

准教授

研究室住所

福岡県北九州市戸畑区仙水町1-1

研究分野・キーワード

画像強調, 画像圧縮, 生体認証

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1994年06月   東南大学   電子工程系   物理電子技術   卒業   中華人民共和国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2001年03月  九州工業大学  工学研究科  電気工学  博士課程・博士後期課程  修了  日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州工業大学 -  博士(工学)  2001年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    継続中

    九州工業大学   大学院工学研究院   電気電子工学研究系   准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2009年07月
    -
    継続中
     

    IEEE  アメリカ合衆国

  • 2003年04月
    -
    継続中
     

    電子情報通信学会  日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 画像認証

  • 画像処理

  • 通信・ネットワーク工学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Optimization for greedy non-maximum suppression based on multi-task convolutional neural network

    Qingqing Hong, Qian Fan, Lifeng Zhang

    Journal of the Institute of Industrial Applications Engineers  ( The Institute of Industrial Applications Engineers )  8 ( 1 ) 39 - 45   2020年01月  [査読有り]

     概要を見る

    Non-maximum suppression (NMS) is an essential part of the face detection pipeline based on a convolutional neural network (CNN). The typical approach for NMS used by face detection is a greedy, locally optimal strategy, which is to localize objects from a set of candidate locations. However, NMS still has some shortcomings, such as sometimes the detection box has no relationship with a high classification score, which leads to misjudging face localization during NMS. In this paper, we observed that the NMS implemented on the multi-task convolutional neural network (MTCNN) is a cascaded network and the enhanced NMS based on MTCNN to achieve high performance during face detection and alignment. We employ WIDER FACE as the test dataset to evaluate our proposal. The precision and recall curves are drawn when using three subsets at different thresholds. The result shows that the proposed approach can perform better performance than traditional NMS.

    DOI

  • Development of the System which Recognize of Mark of "Stop" and Judge Stop Status by In-vehicle Camera

    Ryota Kaneto, Lifeng Zhang

    Proceedings of the 7th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processings 2019  ( The institute of Industrial Applications Engineers )    219 - 223   2019年09月  [査読有り]

    日本  北九州市  2019年09月  -  2019年09月

    DOI

  • Product Discrimination System Using Deep Learning

    Hitoshi Nakao, Taku Akase, Lifeng Zhang

    Proceedings of the 7th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processings 2019  ( The institute of Industrial Applications Engineers )    217 - 218   2019年09月  [査読有り]

    日本  北九州市  2019年09月  -  2019年09月

    DOI

  • A Semi-Dense Feature-based VSLAM System

    Zhen Li, Yuren Du, Lifeng Zhang

    Proceedings of the 7th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processings 2019  ( The institute of Industrial Applications Engineers )    224 - 229   2019年09月  [査読有り]

    日本  北九州市  2019年09月  -  2019年09月

    DOI

  • The Temperature Warning System based on the Renesas MCU

    Miao Miao Zhu, Shengrong Gong, Zhenjiang Qian, Lifeng Zhang

    Proceedings of the 7th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processings 2019  ( The institute of Industrial Applications Engineers )    230 - 234   2019年09月  [査読有り]

    日本  北九州市  2019年09月  -  2019年09月

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • DSP for In-Vehicle and Mobile Systems

    Lifeng Zhang, Tahaharu Kouda, Hiroshi Kondo, Teruo Shimomura ( 共著 , 担当範囲: 着想・実験・結果分析・論文仕上げ )

    Springer US  2005年01月 ISBN: 978-0-387-22978-2

     概要を見る

    DWTを利用したモバイル向けの画像圧縮法を紹介した。

口頭発表・ポスター発表等 【 表示 / 非表示

  • 光学センサと超音波センサを用いた2 次元座標取得装置の提案

    川原裕也

    第65回電気関係学会九州支部連合大会  (長崎)  2012年09月  -  2012年09月   

     概要を見る

    2次元PSDと超音波センサーを組み合わせて、コンパクトな位置検出センサーを提案。

  • Web カメラを用いた印刷文書の部分的スキャン及び再構成法の提案

    内村要介

    第65回電気関係学会九州支部連合大会  (長崎)  2012年09月  -  2012年09月   

     概要を見る

    一次元ヒストグラム法を用い、部分的に取得した画像を自動的に修正する方法を提案した。

  • Image Denoising Using Non-Gaussian Multivariate Shrinkage Function in Contourlet Domain

    Huimin Lu

    第65回電気関係学会九州支部連合大会  (長崎)  2012年09月  -  2012年09月    電気関係学会

     概要を見る

    Image Denoising Using Non-Gaussian Multivariate Shrinkage Function in Contourlet Domain

  • Webカメラによる印刷体文書取得法の提案

    内村要介

    第64回電気関係学会九州支部連合大会  (佐賀)  2011年09月  -  2011年09月   

  • Web カメラと超音波センサを用いた3 次元座標の取得法の提案

    第64回電気関係学会九州支部連合大会  (佐賀)  2011年09月  -  2011年09月   

     概要を見る

    現在,電化製品の高機能化に伴い,コマンドが増え,ボタンが増加
    している。そのため,タッチパネルで操作する製品が普及している。
    しかし,限られた平面をパネルとしている2 次元タッチパネルでは,
    ボタンが小さくなり,操作が複雑となっている。この問題を解決する方
    法として3 次元タッチパネルが挙げられる。これは,空間上に任意の
    大きさのボタンを配置することができ,操作しやすい。また,空間の奥
    行きを利用することによりボタンを多く表示できる。この方法として,超
    音波センサを用いた空間タッチパネルが研究されている。これは,
    空間上に設置した3次元の仮想タッチパネルを,指の3次元座標を取
    得することで操作を行う。この3 次元座標は指に装着した超音波送信
    素子からの信号を超音波受信素子4つで受信し,それぞれの距離を
    測定し,計算することで取得している。しかし,この装置は超音波受信
    素子間にある一定以上の距離が必要となるため小型化に限界があり,
    装置自体が大きくなる。そのため,持ち運びが困難で利便性に欠け
    る。
    そこで,本研究ではより実用性の高い3次元タッチパネルを実現す
    るために,超音波センサとWebカメラを組み合わせた,新たな3次元
    座標の取得法を提案する。

全件表示 >>

科研費獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ビデオ画像の周波数解析による無人介護システムへの応用

    若手研究(B)

    研究期間:  2003年04月  -  2006年03月

    研究課題番号:  15700101

受託研究・共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • X線デジタル画像診断装置に関する研究

    受託研究

    研究期間:  2007年09月  -  2010年03月

  • DCTバーコード変換によるリアルタイム顔認証システム

    共同研究

    研究期間:  2001年04月  -  2003年03月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度  画像信号処理特論

  • 2019年度  電子回路応用演習

  • 2019年度  電気回路Ⅲ

  • 2019年度  電気電子工学実験入門

  • 2018年度  画像信号処理特論

全件表示 >>

FD活動への参加 【 表示 / 非表示

  • 2019年12月16日   学生実験に関するFD講習会 

  • 2019年04月24日   本学における学生支援の実際 2019

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • バドミントンサークル顧問

    2007年09月
    -
    継続中

     概要を見る

    バドミントンサークル"ザ・ナポレオンズ"の顧問を引き受け、練習や大学祭などの活動に指導を行っている。

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    2019年09月

    産業応用工学会   IIAE Annual Conference 2019 IIAE; 現地担当委員長

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    産業応用工学会   ICIAE2019; Program Co-Chairs

  • 2018年05月
    -
    継続中

    産業応用工学会   監事

  • 2018年04月
    -
    2019年09月

    産業応用工学会   ICISIP2019; Local Arrangement Chair:

  • 2018年04月
    -
    2018年09月

    産業応用工学会   IIAE Annual Conference 2018 IIAE; プログラム委員長

全件表示 >>

 

国際会議の開催 【 表示 / 非表示

  • The 7th International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2019

    JAPAN  2019年09月05日  -  2019年09月09日  The Institute of Industrial Applications Engineers

  • The 7th International Conference on Industrial Application Engineering 2019

    Japan  2019年03月26日  -  2019年03月30日  The Institute of Industrial Applications Engineers

  • The 6rd International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2018

    JAPAN  2018年09月10日  -  2018年09月14日  The Institute of Industrial Applications Engineers

  • The 6th International Conference on Industrial Application Engineering 2018

    2018年03月27日  -  2018年03月31日  The Institute of Industrial Applications Engineers

  • The 5rd International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2017

    USA  2017年09月07日  -  2017年09月12日  The Institute of Industrial Applications Engineers

全件表示 >>

国際交流窓口担当 【 表示 / 非表示

  • 揚州大学  2012年04月  -  継続中

  • 常熟理工学院  2017年02月  -  継続中

その他国際交流活動 【 表示 / 非表示

  • UPMモビリティ コースプログラム担当

    活動期間:  2020年02月  -  2020年02月

     概要を見る

    九工大の国際協定校であるUPM校より23名がご来訪、電子コース担当されるコースプログラムの計画、立案、実施を行った。

  • 揚州大学語学研修及び工学専門研修

    活動期間:  2020年01月  -  2020年01月

     概要を見る

    工学部及び工学府の学生を率いて、揚州大学に2週間程度の語学研修及び工学専門研修を行った。

  • さくらサイエンスプラン 2019 S2019F0827529

    活動期間:  2019年11月  -  2019年12月

     概要を見る

    揚州大学化学化工学院より6名を九工大へ招聘、研究打ち合わせ、進学相談などし、2020年どに一名博士後期課程入学希望者があった。

  • 第8回楊州大学・九州工業大学学生主催ワークショップ

    活動期間:  2019年03月  -  2019年03月

     概要を見る

    九州工業大学とダブルディグリー協定を結んでいる楊州大学の間、両国の学生によるワークショップの開催を行った。学術交流とともに、文化的な交流も行った。
    今年は日本側での開催

  • 第7回楊州大学・九州工業大学学生主催ワークショップ

    活動期間:  2018年01月  -  2018年01月

     概要を見る

    九州工業大学とダブルディグリー協定を結んでいる楊州大学の間、両国の学生によるワークショップの開催を行った。学術交流とともに、文化的な交流も行った。

全件表示 >>